TED日本語 - ポール・スネルグローブ: 海洋生物調査

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

海洋学者ポール・スネルグローブが、10年間にわたるプロジェクトの結果を私たちに話してくれます。このプロジェクトの目的は、海に生息する生物をすべて調査するというものです。センサス・オブ・マリン・ライフの調査による驚愕の発見を映し出した見事な写真を披露してくれます。

Script

私たちが住んでいる惑星の70%が海で覆われています アーサー・C・クラークが私たちの惑星を 呼ぶのにふさわしい名前は海の惑星だと言った時 彼は的を得ていると思いました さて 海にはとてつもない生産力があります それは光合成の衛星画像によって 新しい生命の生産量を見ればわかるでしょう 事実 地球上で日々生まれる生命の半分を 海が生みだしているのです そればかりでなく私たちが呼吸する酸素の約半分も 海が生み出しているんですよ さて 地球上の多様な生物が海を住処にしていますが その海に生息している生物について あまり分かっていません そこで本日 そのいくつかについて話してみたいと思います 私たちが海からタンパク質を収穫する お話は含まれていません 地球上で必要とされるタンパク質の10%くらいしか 海からとっていません 島国の中には100%海からとっている国もありますけれども

もしあなたが95%の生物圏(生物が生存可能な場所)まで 潜って行ったら そこは直ちに暗闇の世界になっていることでしょう そしてそこには小さな光があるだけで その光は生物発光体から出ているのです ライトを照らして見ると 時に目を見張るような生物が泳ぎ過ぎていくことでしょう これらは深海の住民 つまり 海深くに生息する生物なんです 潜り続けていくと 最後には 海底が見えてきます 海の生息地が地球上のほとんどの表面を覆っていて その他の生息地すべてをあわせたよりも ずっと広いのです 海については未知でも月や火星の表面について 私たちはもっとたくさんのことを知っています でも この月や火星から 1グラムの食料 一呼吸分の酸素 そして水一滴さえも 採取したことさえないにもかかわらずにですよ

さて10年前のことですが マリン・ライフ・センサス(海洋生物調査) と呼ばれる国際プログラムが開始されました そのプログラムにより 世界中の海洋に生息する 生物の理解を促進しようとしました 世界中から17のプロジェクトが加わりました これはさまざまな違ったプロジェクトの足跡です このプログラムにより全地球規模の調査が達成できたことを 評価してもらいたいと思います フレデリック・グラッスルとジェシー・オースベルという 二人の科学者が マサチューセッツ州ウッズホールで出会ったことから 全てが始まりました ウッズホールには有名は海洋研究所があり 二人はそこのゲストとして招待されていました フレッドは海洋生物の多様性について嘆いていました 何しろそれがどんどん減少するのに 放置されたままでしたから まあ それが議論の発端となりプログラムが誕生した訳です そしてこのプログラムには2700人の科学者が 世界80カ国以上から参加しました 科学者たちは総額6億5千万ドルの研究費で 540の海洋研究に従事し 地球上の海洋生物の分布 多様性と個体数を 調査したのです

さて そこでの発見は何だったか 私たちは目を見張るような新種を発見しました その新種は驚愕するような美しさで しかも海岸線から深海までのいたるところで発見され 微生物から魚に至るまでです 未知の生物の多様性に関しての調査に比べ 分類学の専門家が手間取りました 分類学者は新種を同定し 目録化する知識を持った専門家です 分類学者自体が絶滅危惧種でした 事実 海に関しては4つから5つの新種が 日々登録されています ですから とにかく膨大な数となるわけです

さて私はカナダのニューファンドランド 北米大陸の東海岸沖合の島の出身です ニューファンドランドは人類史上最悪の漁場の 乱獲に見舞われました この写真を見て下さい 男の子がタラの横に立っていますね 1900年頃のことです 私がこの写真に写っている子ぐらいの時 よく祖父と魚釣りに行ったものです でも私が釣った魚はこの魚の半分しかありませんでした まあ それが当時は普通の大きさだと思っていました こんな大きな魚なんて見たことがありませんでしたから 今日 そこに行っても 漁業がすっかり駄目になり20年も経っていますから 魚を釣ることができたとしても 釣ること自体も難儀ですが 釣った魚は 当時 私が釣った魚の半分くらいのものでしょう 今 シフティングベースライン (価値基準の変化)を経験しているわけです 海の生産能力の大きさを 私たちは理解していないのです 自分の生涯で見たことがないからです

今 殆どの人々が 私も含めて 人間による海洋搾取がこの50年 いや恐らく この100年で ひどい状態に なってしまったと思っています そこで海洋生物調査は実際に入手可能な あらゆる情報を駆使し過去を検証しました レストランのメニューから 修道院の記録や航海日誌まで 海がどんなものであったかを調べるためには 何でも収集したのです 科学データは第2次世界大戦ころまで 遡れます 事実 分かったことは 海洋搾取が なんとローマ時代に始まっていたのです 勿論当時冷凍設備などはありませんでした だから漁師はその日に 食べたり売りさばける量だけを獲っていました しかしローマ人は塩漬けにすることを思いつきました そして塩漬けすることで 魚を蓄えたり 遠く離れたところに輸送できるようになりました その結果漁業の産業化が始まったのです

このグラフは私たちが推測して 作成したものですが 人類出現以前と比較して どれだけ魚を失ったかを示しています 生物の大多数のグループでは 失われたものが 65%から98%に及んでいることを 濃紺のバーが示しています さて危害を加えず保護した動物 近年の海洋哺乳動物や海鳥などですが ある程度回復が伺えます だから まったく絶望的だということではないのです しかし 大抵の場合 私たちは塩漬けにし 取り尽してしまう行為に及んでいます

さてこの線は大変興味深いものを示しています この写真はフロリダ沖合釣り大会の優勝魚です 1950年代に撮影されたものです このスライドでは魚の大きさに着目してください 1980年代に写された優勝魚を見ると こちらの魚の方がずっと小さい それにその他の変化にも気が付きますよね 優勝魚として釣られた魚の種類も変わっています 2007年までには優勝魚というには 実に笑ってしまうようなサイズです でも笑っている場合じゃないんです 海が多くの生産力をなくしてしまったのですから そして私たちにその責任があるのです

じゃあ 何が残されているのか 実はかなり多くのものがあります わくわくするものがたくさんあるんです これからそれについてちょっと話しましょう まず技術について少々触れておきたいと思います これはTED Conferenceですし 聴衆の皆さんも技術について何か知りたいはずですよね 深海から試料を採取するために 遠隔操作の探査機を使います これがケーブル式探査機で 海床まで降ろし 海床で私たちの目となり手となって 働いてくれます 2、3年前 私は海洋調査の旅に参加しようとしましたが 日程が合わず 行けませんでした しかし衛星回線を通して家から参加できました それも 犬が私の足下でうずくまり 私は紅茶を飲みながら 「そこでサンプルを採って」 と指示できるのです するとパイロットはきちんと採取してくれます そんなことが今日では技術によって可能なんですね 10年前でさえ こんなことはできませんでした 技術によりこんな深海にある 驚くような生息地から しかも光から遥か遠くの場所からも採取が可能になりました

海洋から採取をするために使用する道具に 音波があります 音波は光よりずっと 水中をよく伝播できるのが利点です つまり 音波を送ると 魚のような物体に当たると反射するんです この画面では海洋生物調査の科学者が 2隻の船を使っています 一隻の船が音波を出し それが反射する その音波を2隻目の船が受信するという仕掛けです この方法だと大変詳細な推測ができるんです この場合ですと2500億匹のニシンの群れがあることが 約1分で分かるのです しかもそのニシンの群れは マンハッタン島くらい広がっているんです このような推測ができるなんて 実に素晴らしい漁具です 何匹魚がいるかを把握できるのは重要です

音波以外にも通信衛星タグというものも使っています この通信衛星タグは 海洋を移動する物を追跡できるんです 動物が呼吸するために海面にあがります 例えばこのゾウアザラシみたいにね ゾウアザラシが海面に出てくるとデータが送られ 海のどこにいるのか 正確に把握できます このデータからゾウアザラシの足跡を作成できますよ 例えば 濃紺の色をたどれば ゾウアザラシが北太平洋のどこにいるかが分かるでしょう あっ 今 気がついたのですが この中に色盲の方がいらしたらこのスライドじゃ 駄目ですね すみませんが それでも 私の説明におつきあいください

さて 海面に浮上しない動物については ポップアップタグと呼ばれる器具があります これは光に関してや日出日没の時間に関しての データを収集します つまり ポップアップタグはある時間になると海面に 浮上し 私たちのところにデーターを送ってくれるのです とにかく海の下ではGPSは機能しませんから この道具が必要なんです これから この青い帯状の部分が分かりますね この帯が海の中のホットスポットです このホットスポットの部分は最大優先して 海洋保護をすべき場所です

さて 皆さんもすでにお気付きかもしれませんが スーパーに行き買い物をするときに品物をスキャンしますね 品物にはバーコードがついていて バーコードによってコンピューターが どんな品物であるかを認識しますよね 遺伝学者も遺伝子バーコードと言う 類似した方法を開発しました そのバーコードで何をするかというと ある生物が同じ種であればが必ず持つCO1と言う 特別な遺伝子を使うのです この特別な遺伝子は種によって異なります つまり 明らかにどの種であるか 識別できるのです どんなにお互いが似て見えたとしても 生物学的には全く異種であることが分かるのです

これに関して良い例を挙げてみたいと思います 二人の若い女の子 ニューヨークの高校生の話ですが 海洋生物調査の仕事をしていました ニューヨークのレストランや市場から魚を集め その魚のバーコードを調べました すると 魚の名前が違っていることが分かりました 例えば マグロ とても高価な魚ですよね マグロという名前で 売られていた魚は実はティラピアでした ティラピアはマグロよりずっと安い魚ですね また絶滅危惧種の魚が ごくありふれた魚として売られていたことも分かりました バーコード法によって 魚の種類を調査でき また食糧の素性が分かるのです

オーシャン・バイオジオグラフィック・インフォメーション・ システムは 海洋生物調査の全データベースです 誰でもアクセス可能で 自由にそのデータをダウンロードできます そこには海洋生物調査からの資料もありますが それに加え皆さんもデータを提供することができます それを使ってできることは 種の分布や海のどこに生物がいるかを示すことができます ここにある図は手持ちのデータで作成しました これは最も採集努力をしているところです 今ご覧になっているデータは 特に上手く採集できた北大西洋地域 北海 そして北米東海岸のものです この赤い色の地域がかなりデータ採取ができた地域で 青い色や黒色の部分が 殆どデータ採取ができていない地域です ですから 今まで10年間調査しても 依然として調査し尽くせない地域がたくさんあります

さて テキサス州の科学者グループが メキシコ湾で研究していますが 彼らは報酬なしで メキシコ湾の生物の多様性について 英知を結集しようと決心しました 研究者はすべての種のリスト どこにどのような生物がいるかの リスト作成に一丸となっていましたし これはとても難解かつ 科学的な任務であるように見受けられました しかし その時 石油掘削施設「ディープ・ホライズン」の 事故により原油が流出し 報酬を期待せずにしていた研究が つまり経済的な理由を何も持っていなかった研究が 突如 大変重要な情報になりました つまり生態系がどのように回復するのか 回復にはどのくらいの期間が必要か またこれから起きる訴訟や 数十億ドルの物議をかもす話し合いが どのように決着していくのかという点で 非常に重大な情報となるのです

さて 私たちが発見したものは何か? それを話すために何時間もかかるのでもちろん 今ここでは話せません 海洋生物調査の発見から 印象的ないくつかを話しましょう 発見とは 多様性のホットスポットはどこか? 海洋生物の大半の種はどこで見つかるか? 良く知られている種の位置を描いてみると このような分布が得られます 沿岸生物群については ― つまり海岸近くに生息する生物は 熱帯地域が一番多様性に富んでいます このことは 実は以前から分かっていたことですから 新発見とは言えません

でも 本当にわくわくすることは 海洋生物群 ― 岸から遠くの生物たちは 実は中間緯度で多様であると言うことです 保護すべき海洋域の優先順位づけをしようというなら 管理者はこの種のデータを利用できます 皆さんだって地球規模でこれを利用できるし 地域ごとにも利用できるます だからこそ 多様性に関するデータは とても価値があるのです

さて 海洋生物調査が発見した多くの生物の種が 小さく見つけにくいんですが しかし小さいものばかりだとは限りません 例えば信じがたいことですが 3キロもあるロブスターが科学者の目を逃れていました 実は数年前 南アフリカの漁師が輸出許可を申請した時に初めて これが新種だと言うことに気がついたんです 同様にこの黄金V昆布もそうです これは アラスカの低水位線の下で採取されたのですが 恐らく新種です 長さが3メートルもあるにもかかわらず これもまた科学者の目から逃れていました どうですか このアオリイカは長さが7メートルあります 公正を期すために言いますが これは大西洋中央海嶺の深海に棲息しているから とても見つけにくかったのです 大きい わくわくするような生き物が これからまだまだ発見される可能性があるんですよ この写真のエビを私たちは ジュラシック・シュリンプというあだ名で呼んでいるんですが これは50年前にとっくに絶滅したと思われています 少なくとも海洋生物調査が発見するまでのことですけれども でもこのエビはオーストラリアの沖合で棲息し なかなか元気にやっていますよ 海はあまりに広大ですから 長い間 秘密をかくすことができるんですね そう だからスティーブン・スピルバーグも悩んでいますよね

生物分布についてですが 実際には 分布は劇的に変化するんです 私たちの記録の一つによると ハイイロミズナギドリは はるかニュージーランドから アラスカまで 壮大な渡りをしますが 常夏を求めて帰っていきます そのような渡りを一生繰り返していくのです ホホジロザメ・カフェについても話したことがありますが ホホジロザメ・カフェとはホホジロザメが群がっている 太平洋上のある場所のことを言います なぜそこで群がっているのか私たちにはわかりません 本当に全然わからないのです これを解くのは未来の課題です

高校時代に教えられてきたことに 動物は生きるために酸素が必要だということがありますね さてこの小さいな奇妙な動物 1ミリの半分しかないサイズで カリスマ性なんて微塵もありません 1980年代初頭に発見されたばかりです これについてとても興味深いことは 数年前 海洋生物調査の科学者が発見したことです どんなことかというと こいつは地中海の深海で 酸素がごく少ない沈殿物の中でもすくすくと育つんです 要するに 分かったことは 動物は酸素なしでも生きることができる 少なくともそういった動物がいる そしてそういう動物は とても厳しい環境にも適応できるということです

もし海から水を吸い出してしまったら 残るものは 海床にある生物のバイオマスです この巨大なバイオマスは 南極と北極の近くに多く見られますが その中間にはあまり見られません 私たちは極端な条件下でも生物を発見しました 私たちが発見した新生物は 氷の中で生きていました その生物は氷中の食物連鎖を支えています

この目を見張るようなイエティークラブも 私たちが発見しました これはイースター島の沸騰する 熱水孔の近くで生きています このカニは 本当に世間から注目を浴びました もっとも深い熱水孔は5千メートル 一番高温なものが407度であるということは既知のことです そしてその熱水孔が南太平洋と南極にもありますが そこでは何の生物も発見されませんでした 新しい環境には依然として今後発見を待つ領域があり

未知ということに関していうなら 本当にたくさんのことがまだわかっていません ではこれから簡単に未知のものについて まとめていきましょう 第一に海にはどのくらいの種類の魚がいるのか 現実的にはどの海洋生物より 私たちは魚に関して知っています 海の哺乳類は別としてね これまでの発見率から予測して この先どのくらいの種を発見できるんでしょうか これについては実際 計算してみたのですが 1万6500種類の海の種が知られており あと千から4千くらいを発見することになるでしょう ということで 私たちはかなり上手くやりました つまり75%について もしくは90%くらいも 魚については分かっているのです しかし先ほど申し上げたように魚についてなら 一番分かっているということです

私たちの知識レベルはほかの生物に関しては 依然として低いのです この数字は実は新しい論文に基づいたもので PLoSバイオロジーから発表されます その内容は あと何種の生物種が 陸上と海にいるかという推定です 分かったことは 海に関して9%くらいの生物の種が解明されており つまり海洋生物調査以降でさえも91%が依然として 発見されていないのです つまり結局200万種類にも なるということです これからもたくさんやるべきことはあります 未知のことに関してはね

次にこのバクテリアは これはチリの沿岸沖で見つけられた バクテリアの群れの一部です このような群れをあわせると 実にギリシア全土覆うくらいの大きさになります 今 話題にしているこのバクテリアは 実際に裸眼でも見られます これがどのくらいのバイオマスになるのか想像もできます でも微生物に関して実に驚くべきなのは 微生物には非常に多様性があるということです 一滴の海水には 160もの違った微生物のタイプが含まれていると 言ってもいいでしょう 海全体には 10億以上もの違った微生物がいる 可能性があると考えられています だから本当に興味がそそられるのです 一体微生物はそこで何をしているのでしょうね 私たちには本当のことが分からないのです

さてこの調査で最も面白いことは 地球規模の科学の役割です 夜 光のイメージの中で私たちは 地上にはたくさんの地域があり 人間の発展が顕著な地域もあれば そうではない地域もある しかし その間には大きな暗い地域が存在し それがまだ未到の海です もう一点指摘したいことは 海は繋がっていると言うことです 海洋生物は各国間の境界線など気にしていません 彼らは自分の意思で動いています だからこそ地球規模での協力が さらに一層重要になるのです

私たちは既にたくさんの楽園を失ってきました 例えば こういうマグロは北海ではかつて豊富だったのに 今ではほとんどいなくなっています 地中海の海深くではトロール網漁業をしていますが 網に引っかかるものは魚よりもゴミの方が多いのです 深海なんですよ 地球に残された まだ人類が汚していないと 思われている深海の環境がこのざまなんです まだまだ他にも圧力はかかっています 海洋の温暖化同様 海洋の酸性化も大きな懸念事項です これによる影響が珊瑚礁でも見られることでしょう 数十年という単位で 私たちが生きている間にも 珊瑚礁が損なわれていくのを目の当たりにするでしょう

残りの生涯をかけ と言っても限られた期間しかありませんが 海に関するこういった懸念を 何度も何度も繰り返し話していくつもりです しかし私としては もう少し明るい感じで終わらせたいと思っています そこで大きな課題は 残されたものを守り通すということです 残されたものにも 依然として目を見張るような美があるのですから そして海には生産力があり 海の中では起きている様々なこと それがすべて人間に関係しています だから利己的な観点からでさえも 私たちは過去したことよりも もっと良いことをする必要があるんです 従って こういったホットスポットを認識し そこを保護するために最大限努力しなくてはなりません

このような写真を見ると その美しさにはっとさせられますが そればかりか海が供給する酸素によって 私たちの呼吸を助けているのです 海洋生物調査の科学者たちは雨の中も 寒さの中も 水中でも水上でも調査研究を行い この驚くべき発見 静かなこの広大な未知なるもの 海洋生物に見たこの目を見張るような適応に 光を当てる努力をしてきました チリの山岳に暮らすヤクの牧人であろうが ニューヨークの株式仲買人であろうが エジンバラに住むTEDの関係者であろうが 海に関係しています つまり海が生き続ける限り私たちも生き続けるのです

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

The oceans cover some 70 percent of our planet. And I think Arthur C. Clarke probably had it right when he said that perhaps we ought to call our planet Planet Ocean. And the oceans are hugely productive, as you can see by the satellite image of photosynthesis, the production of new life. In fact, the oceans produce half of the new life every day on Earth as well as about half the oxygen that we breathe. In addition to that, it harbors a lot of the biodiversity on Earth, and much of it we don't know about. But I'll tell you some of that today. That also doesn't even get into the whole protein extraction that we do from the ocean. That's about 10 percent of our global needs and 100 percent of some island nations.

If you were to descend into the 95 percent of the biosphere that's livable, it would quickly become pitch black, interrupted only by pinpoints of light from bioluminescent organisms. And if you turn the lights on, you might periodically see spectacular organisms swim by, because those are the denizens of the deep, the things that live in the deep ocean. And eventually, the deep sea floor would come into view. This type of habitat covers more of the Earth's surface than all other habitats combined. And yet, we know more about the surface of the Moon and about Mars than we do about this habitat, despite the fact that we have yet to extract a gram of food, a breath of oxygen or a drop of water from those bodies.

And so 10 years ago, an international program began called the Census of Marine Life, which set out to try and improve our understanding of life in the global oceans. It involved 17 different projects around the world. As you can see, these are the footprints of the different projects. And I hope you'll appreciate the level of global coverage that it managed to achieve. It all began when two scientists, Fred Grassle and Jesse Ausubel, met in Woods Hole, Massachusetts where both were guests at the famed oceanographic institute. And Fred was lamenting the state of marine biodiversity and the fact that it was in trouble and nothing was being done about it. Well, from that discussion grew this program that involved 2,700 scientists from more than 80 countries around the world who engaged in 540 ocean expeditions at a combined cost of 650 million dollars to study the distribution, diversity and abundance of life in the global ocean.

And so what did we find? We found spectacular new species, the most beautiful and visually stunning things everywhere we looked -- from the shoreline to the abyss, form microbes all the way up to fish and everything in between. And the limiting step here wasn't the unknown diversity of life, but rather the taxonomic specialists who can identify and catalog these species that became the limiting step. They, in fact, are an endangered species themselves. There are actually four to five new species described everyday for the oceans. And as I say, it could be a much larger number.

Now, I come from Newfoundland in Canada -- It's an island off the east coast of that continent -- where we experienced one of the worst fishing disasters in human history. And so this photograph shows a small boy next to a codfish. It's around 1900. Now, when I was a boy of about his age, I would go out fishing with my grandfather and we would catch fish about half that size. And I thought that was the norm, because I had never seen fish like this. If you were to go out there today,20 years after this fishery collapsed, if you could catch a fish, which would be a bit of a challenge, it would be half that size still. So what we're experiencing is something called shifting baselines. Our expectations of what the oceans can produce is something that we don't really appreciate because we haven't seen it in our lifetimes.

Now most of us, and I would say me included, think that human exploitation of the oceans really only became very serious in the last 50 to, perhaps,100 years or so. The census actually tried to look back in time, using every source of information they could get their hands on. And so anything from restaurant menus to monastery records to ships' logs to see what the oceans looked like. Because science data really goes back to, at best, World War II, for the most part. And so what they found, in fact, is that exploitation really began heavily with the Romans. And so at that time, of course, there was no refrigeration. So fishermen could only catch what they could either eat or sell that day. But the Romans developed salting. And with salting, it became possible to store fish and to transport it long distances. And so began industrial fishing.

And so these are the sorts of extrapolations that we have of what sort of loss we've had relative to pre-human impacts on the ocean. They range from 65 to 98 percent for these major groups of organisms, as shown in the dark blue bars. Now for those species the we managed to leave alone, that we protect -- for example, marine mammals in recent years and sea birds -- there is some recovery. So it's not all hopeless. But for the most part, we've gone from salting to exhausting.

Now this other line of evidence is a really interesting one. It's from trophy fish caught off the coast of Florida. And so this is a photograph from the 1950s. I want you to notice the scale on the slide, because when you see the same picture from the 1980s, we see the fish are much smaller and we're also seeing a change in terms of the composition of those fish. By 2007, the catch was actually laughable in terms of the size for a trophy fish. But this is no laughing matter. The oceans have lost a lot of their productivity and we're responsible for it.

So what's left? Actually quite a lot. There's a lot of exciting things, and I'm going to tell you a little bit about them. And I want to start with a bit on technology, because, of course, this is a TED Conference and you want to hear something on technology. So one of the tools that we use to sample the deep ocean are remotely operated vehicles. So these are tethered vehicles we lower down to the sea floor where they're our eyes and our hands for working on the sea bottom. So a couple of years ago, I was supposed to go on an oceanographic cruise and I couldn't go because of a scheduling conflict. But through a satellite link I was able to sit at my study at home with my dog curled up at my feet, a cup of tea in my hand, and I could tell the pilot, "I want a sample right there." And that's exactly what the pilot did for me. That's the sort of technology that's available today that really wasn't available even a decade ago. So it allows us to sample these amazing habitats that are very far from the surface and very far from light.

And so one of the tools that we can use to sample the oceans is acoustics, or sound waves. And the advantage of sound waves is that they actually pass well through water, unlike light. And so we can send out sound waves, they bounce off objects like fish and are reflected back. And so in this example, a census scientist took out two ships. One would send out sound waves that would bounce back. They would be received by a second ship, and that would give us very precise estimates, in this case, of 250 billion herring in a period of about a minute. And that's an area about the size of Manhattan Island. And to be able to do that is a tremendous fisheries tool, because knowing how many fish are there is really critical.

We can also use satellite tags to track animals as they move through the oceans. And so for animals that come to the surface to breathe, such as this elephant seal, it's an opportunity to send data back to shore and tell us where exactly it is in the ocean. And so from that we can produce these tracks. For example, the dark blue shows you where the elephant seal moved in the north Pacific. Now I realize for those of you who are colorblind, this slide is not very helpful, but stick with me nonetheless.

For animals that don't surface, we have something called pop-up tags, which collect data about light and what time the sun rises and sets. And then at some period of time it pops up to the surface and, again, relays that data back to shore. Because GPS doesn't work under water. That's why we need these tools. And so from this we're able to identify these blue highways, these hot spots in the ocean, that should be real priority areas for ocean conservation.

Now one of the other things that you may think about is that, when you go to the supermarket and you buy things, they're scanned. And so there's a barcode on that product that tells the computer exactly what the product is. Geneticists have developed a similar tool called genetic barcoding. And what barcoding does is use a specific gene called CO1 that's consistent within a species, but varies among species. And so what that means is we can unambiguously identify which species are which even if they look similar to each other, but may be biologically quite different.

Now one of the nicest examples I like to cite on this is the story of two young women, high school students in New York City, who worked with the census. They went out and collected fish from markets and from restaurants in New York City and they barcoded it. Well what they found was mislabeled fish. So for example, they found something which was sold as tuna, which is very valuable, was in fact tilapia, which is a much less valuable fish. They also found an endangered species sold as a common one. So barcoding allows us to know what we're working with and also what we're eating.

The Ocean Biogeographic Information System is the database for all the census data. It's open access; you can all go in and download data as you wish. And it contains all the data from the census plus other data sets that people were willing to contribute. And so what you can do with that is to plot the distribution of species and where they occur in the oceans. What I've plotted up here is the data that we have on hand. This is where our sampling effort has concentrated. Now what you can see is we've sampled the area in the North Atlantic, in the North Sea in particular, and also the east coast of North America fairly well. That's the warm colors which show a well-sampled region. The cold colors, the blue and the black, show areas where we have almost no data. So even after a 10-year census, there are large areas that still remain unexplored.

Now there are a group of scientists living in Texas, working in the Gulf of Mexico who decided really as a labor of love to pull together all the knowledge they could about biodiversity in the Gulf of Mexico. And so they put this together, a list of all the species, where they're known to occur, and it really seemed like a very esoteric, scientific type of exercise. But then, of course, there was the Deep Horizon oil spill. So all of a sudden, this labor of love for no obvious economic reason has become a critical piece of information in terms of how that system is going to recover, how long it will take and how the lawsuits and the multi-billion-dollar discussions that are going to happen in the coming years are likely to be resolved.

So what did we find? Well, I could stand here for hours, but, of course, I'm not allowed to do that. But I will tell you some of my favorite discoveries from the census. So one of the things we discovered is where are the hot spots of diversity? Where do we find the most species of ocean life? And what we find if we plot up the well-known species is this sort of a distribution. And what we see is that for coastal tags, for those organisms that live near the shoreline, they're most diverse in the tropics. This is something we've actually known for a while, so it's not a real breakthrough.

What is really exciting though is that the oceanic tags, or the ones that live far from the coast, are actually more diverse at intermediate latitudes. This is the sort of data, again, that managers could use if they want to prioritize areas of the ocean that we need to conserve. You can do this on a global scale, but you can also do it on a regional scale. And that's why biodiversity data can be so valuable.

Now while a lot of the species we discovered in the census are things that are small and hard to see, that certainly wasn't always the case. For example, while it's hard to believe that a three kilogram lobster could elude scientists, it did until a few years ago when South African fishermen requested an export permit and scientists realized that this was something new to science. Similarly this Golden V kelp collected in Alaska just below the low water mark is probably a new species. Even though it's three meters long, it actually, again, eluded science. Now this guy, this bigfin squid, is seven meters in length. But to be fair, it lives in the deep waters of the Mid-Atlantic Ridge, so it was a lot harder to find. But there's still potential for discovery of big and exciting things. This particular shrimp, we've dubbed it the Jurassic shrimp, it's thought to have gone extinct 50 years ago -- at least it was, until the census discovered it was living and doing just fine off the coast of Australia. And it shows that the ocean, because of its vastness, can hide secrets for a very long time. So, Steven Spielberg, eat your heart out.

If we look at distributions, in fact distributions change dramatically. And so one of the records that we had was this sooty shearwater, which undergoes these spectacular migrations all the way from New Zealand all the way up to Alaska and back again in search of endless summer as they complete their life cycles. We also talked about the White Shark Cafe. This is a location in the Pacific where white shark converge. We don't know why they converge there, we simply don't know. That's a question for the future.

One of the things that we're taught in high school is that all animals require oxygen in order to survive. Now this little critter, it's only about half a millimeter in size, not terribly charismatic. But it was only discovered in the early 1980s. But the really interesting thing about it is that, a few years ago, census scientists discovered that this guy can thrive in oxygen-poor sediments in the deep Mediterranean Sea. So now they know that, in fact, animals can live without oxygen, at least some of them, and that they can adapt to even the harshest of conditions.

If you were to suck all the water out of the ocean, this is what you'd be left behind with, and that's the biomass of life on the sea floor. Now what we see is huge biomass towards the poles and not much biomass in between. We found life in the extremes. And so there were new species that were found that live inside ice and help to support an ice-based food web.

And we also found this spectacular yeti crab that lives near boiling hot hydrothermal vents at Easter Island. And this particular species really captured the public's attention. We also found the deepest vents known yet -- 5,000 meters -- the hottest vents at 407 degrees Celsius -- vents in the South Pacific and also in the Arctic where none had been found before. So even new environments are still within the domain of the discoverable.

Now in terms of the unknowns, there are many. And I'm just going to summarize just a few of them very quickly for you. First of all, we might ask, how many fishes in the sea? We actually know the fishes better than we do any other group in the ocean other than marine mammals. And so we can actually extrapolate based on rates of discovery how many more species we're likely to discover. And from that, we actually calculate that we know about 16,500 marine species and there are probably another 1,000 to 4,000 left to go. So we've done pretty well. We've got about 75 percent of the fish, maybe as much as 90 percent. But the fishes, as I say, are the best known.

So our level of knowledge is much less for other groups of organisms. Now this figure is actually based on a brand new paper that's going to come out in the journal PLoS Biology. And what is does is predict how many more species there are on land and in the ocean. And what they found is that they think that we know of about nine percent of the species in the ocean. That means 91 percent, even after the census, still remain to be discovered. And so that turns out to be about two million species once all is said and done. So we still have quite a lot of work to do in terms of unknowns.

Now this bacterium is part of mats that are found off the coast of Chile. And these mats actually cover an area the size of Greece. And so this particular bacterium is actually visible to the naked eye. But you can imagine the biomass that represents. But the really intriguing thing about the microbes is just how diverse they are. A single drop of seawater could contain 160 different types of microbes. And the oceans themselves are thought potentially to contain as many as a billion different types. So that's really exciting. What are they all doing out there? We actually don't know.

The most exciting thing, I would say, about this census is the role of global science. And so as we see in this image of light during the night, there are lots of areas of the Earth where human development is much greater and other areas where it's much less, but between them we see large dark areas of relatively unexplored ocean. The other point I'd like to make about this is that this ocean's interconnected. Marine organisms do not care about international boundaries; they move where they will. And so the importance then of global collaboration becomes all the more important.

We've lost a lot of paradise. For example, these tuna that were once so abundant in the North Sea are now effectively gone. There were trawls taken in the deep sea in the Mediterranean, which collected more garbage than they did animals. And that's the deep sea, that's the environment that we consider to be among the most pristine left on Earth. And there are a lot of other pressures. Ocean acidification is a really big issue that people are concerned with, as well as ocean warming, and the effects they're going to have on coral reefs. On the scale of decades, in our lifetimes, we're going to see a lot of damage to coral reefs.

And I could spend the rest of my time, which is getting very limited, going through this litany of concerns about the ocean, but I want to end on a more positive note. And so the grand challenge then is to try and make sure that we preserve what's left, because there is still spectacular beauty. And the oceans are so productive, there's so much going on in there that's of relevance to humans that we really need to, even from a selfish perspective, try to do better than we have in the past. So we need to recognize those hot spots and do our best to protect them.

When we look at pictures like this, they take our breath away, in addition to helping to give us breath by the oxygen that the oceans provide. Census scientists worked in the rain, they worked in the cold, they worked under water and they worked above water trying to illuminate the wondrous discovery, the still vast unknown, the spectacular adaptations that we see in ocean life. So whether you're a yak herder living in the mountains of Chile, whether you're a stockbroker in New York City or whether you're a TEDster living in Edinburgh, the oceans matter. And as the oceans go so shall we.

Thanks for listening.

(Applause)

The oceans cover some 70 percent of our planet.//

私たちが住んでいる惑星の70%が海で覆われています

And I think Arthur C.// Clarke probably had it right/ when he said/ that perhaps/ we ought to call/ our planet Planet Ocean.//

アーサー・C・クラークが私たちの惑星を 呼ぶのにふさわしい名前は海の惑星だと言った時 彼は的を得ていると思いました

And the oceans are hugely productive,/ as you can see by the satellite image of photosynthesis,/ the production of new life.//

さて 海にはとてつもない生産力があります それは光合成の衛星画像によって 新しい生命の生産量を見ればわかるでしょう

In fact,/ the oceans produce half of the new life/ every day/ on Earth/ as well as about half the oxygen/ that we breathe.//

事実 地球上で日々生まれる生命の半分を 海が生みだしているのです そればかりでなく私たちが呼吸する酸素の約半分も 海が生み出しているんですよ

In addition/ to that,/ it harbors a lot of the biodiversity/ on Earth,/ and much of it/ we don't know about.//

さて 地球上の多様な生物が海を住処にしていますが その海に生息している生物について あまり分かっていません

But I'll tell you/ some of that today.//

そこで本日 そのいくつかについて話してみたいと思います

That also doesn't even get into the whole protein extraction/ that we do from the ocean.//

私たちが海からタンパク質を収穫する お話は含まれていません

That's about 10 percent of our global needs and 100 percent of some island nations.//

地球上で必要とされるタンパク質の10%くらいしか 海からとっていません 島国の中には100%海からとっている国もありますけれども

If you were to descend/ into the 95 percent of the biosphere/ that's livable,/ it would quickly become pitch black,/ interrupted only/ by pinpoints of light/ from bioluminescent organisms.//

もしあなたが95%の生物圏(生物が生存可能な場所)まで 潜って行ったら そこは直ちに暗闇の世界になっていることでしょう そしてそこには小さな光があるだけで その光は生物発光体から出ているのです

And/ if you turn the lights on,/ you might periodically see/ spectacular organisms swim by,/ because those are the denizens of the deep,/ the things/ that live in the deep ocean.//

ライトを照らして見ると 時に目を見張るような生物が泳ぎ過ぎていくことでしょう これらは深海の住民 つまり 海深くに生息する生物なんです

And eventually,/ the deep sea floor would come into view.//

潜り続けていくと 最後には 海底が見えてきます

This type of habitat covers more of the Earth's surface/ than all other habitats combined.//

海の生息地が地球上のほとんどの表面を覆っていて その他の生息地すべてをあわせたよりも ずっと広いのです

And yet,/ we know more/ about the surface of the Moon/ and about Mars/ than we do about this habitat,/ despite the fact/ that we have yet to extract/ a gram of food,/ a breath of oxygen or a drop of water/ from those bodies.//

海については未知でも月や火星の表面について 私たちはもっとたくさんのことを知っています でも この月や火星から 1グラムの食料 一呼吸分の酸素 そして水一滴さえも 採取したことさえないにもかかわらずにですよ

And so/ 10 years ago,/ an international program began called the Census of Marine Life,/ which set out/ to try and improve our understanding of life/ in the global oceans.//

さて10年前のことですが マリン・ライフ・センサス(海洋生物調査) と呼ばれる国際プログラムが開始されました そのプログラムにより 世界中の海洋に生息する 生物の理解を促進しようとしました

It involved 17 different projects/ around the world.//

世界中から17のプロジェクトが加わりました

As you can see,/ these are the footprints of the different projects.//

これはさまざまな違ったプロジェクトの足跡です

And I hope/ you'll appreciate the level of global coverage/ that it managed to achieve.//

このプログラムにより全地球規模の調査が達成できたことを 評価してもらいたいと思います

It/ all began/ when two scientists,/ Fred Grassle and Jesse Ausubel,/ met in Woods Hole,/ Massachusetts/ where both were guests/ at the famed oceanographic institute.//

フレデリック・グラッスルとジェシー・オースベルという 二人の科学者が マサチューセッツ州ウッズホールで出会ったことから 全てが始まりました ウッズホールには有名は海洋研究所があり 二人はそこのゲストとして招待されていました

And Fred was lamenting the state of marine biodiversity/ and the fact/ that it was in trouble/ and nothing was being done about it.//

フレッドは海洋生物の多様性について嘆いていました 何しろそれがどんどん減少するのに 放置されたままでしたから

Well,/ from that discussion grew this program/ that involved 2,700 scientists/ from more than 80 countries/ around the world/ who engaged in 540 ocean expeditions/ at a combined cost of 650 million dollars/ to study the distribution, diversity and abundance of life/ in the global ocean.//

まあ それが議論の発端となりプログラムが誕生した訳です そしてこのプログラムには2700人の科学者が 世界80カ国以上から参加しました 科学者たちは総額6億5千万ドルの研究費で 540の海洋研究に従事し 地球上の海洋生物の分布 多様性と個体数を 調査したのです

And so/ what did we find?//

さて そこでの発見は何だったか

We found spectacular new species,/ the most beautiful and visually stunning things everywhere/ we looked --/ from the shoreline/ to the abyss,/ form microbes/ all the way/ up/ to fish and everything/ in between.//

私たちは目を見張るような新種を発見しました その新種は驚愕するような美しさで しかも海岸線から深海までのいたるところで発見され 微生物から魚に至るまでです

And the limiting step here wasn't the unknown diversity of life,/ but rather/ the taxonomic specialists/ who can identify and catalog these species/ that became the limiting/ step.//

未知の生物の多様性に関しての調査に比べ 分類学の専門家が手間取りました 分類学者は新種を同定し 目録化する知識を持った専門家です

They,/ in fact,/ are an endangered species/ themselves.//

分類学者自体が絶滅危惧種でした

There are actually four to five new species described everyday/ for the oceans.//

事実 海に関しては4つから5つの新種が 日々登録されています

And/ as I say,/ it could be a much larger number.//

ですから とにかく膨大な数となるわけです

Now,/ I come from Newfoundland/ in Canada --/ It's an island/ off the east coast of that continent --/ where we experienced one of the worst fishing disasters/ in human history.//

さて私はカナダのニューファンドランド 北米大陸の東海岸沖合の島の出身です ニューファンドランドは人類史上最悪の漁場の 乱獲に見舞われました

And so/ this photograph shows a small boy next/ to a codfish.//

この写真を見て下さい 男の子がタラの横に立っていますね

It's around/ 1900.//

1900年頃のことです

Now,/ when I was a boy of about his age,/ I would go out/ fishing/ with my grandfather/ and we would catch fish/ about half/ that size.//

私がこの写真に写っている子ぐらいの時 よく祖父と魚釣りに行ったものです でも私が釣った魚はこの魚の半分しかありませんでした

And I thought/ that was the norm,/ because I had never seen fish/ like this.//

まあ それが当時は普通の大きさだと思っていました こんな大きな魚なんて見たことがありませんでしたから

If you were to go out there/ today,/20 years/ after this fishery collapsed,/ if you could catch a fish,/ which would be a bit of a challenge,/ it would be half/ that size still.//

今日 そこに行っても 漁業がすっかり駄目になり20年も経っていますから 魚を釣ることができたとしても 釣ること自体も難儀ですが 釣った魚は 当時 私が釣った魚の半分くらいのものでしょう

So/ what we're experiencing/ is something called shifting/ baselines.//

今 シフティングベースライン (価値基準の変化)を経験しているわけです

Our expectations of what the oceans can produce/ is something/ that we don't really appreciate/ because we haven't seen it/ in our lifetimes.//

海の生産能力の大きさを 私たちは理解していないのです 自分の生涯で見たことがないからです

Now/ most of us,/ and I would say me/ included,/ think/ that human exploitation of the oceans really only became very serious/ in the last 50/ to,/ perhaps,/100 years/ or so.//

今 殆どの人々が 私も含めて 人間による海洋搾取がこの50年 いや恐らく この100年で ひどい状態に なってしまったと思っています

The census actually tried to look back/ in time,/ using every source of information/ they could get their hands on.//

そこで海洋生物調査は実際に入手可能な あらゆる情報を駆使し過去を検証しました

And so/ anything/ from restaurant menus/ to monastery records/ to ships/' logs to see/ what the oceans looked like.//

レストランのメニューから 修道院の記録や航海日誌まで 海がどんなものであったかを調べるためには 何でも収集したのです

Because science data really goes back/ to,/ at best,/ World War II,/ for the most part.//

科学データは第2次世界大戦ころまで 遡れます

And so/ what they found,/ in fact,/ is that/ exploitation really began heavily/ with the Romans.//

事実 分かったことは 海洋搾取が なんとローマ時代に始まっていたのです

And so/ at that time,/ of course,/ there was no refrigeration.//

勿論当時冷凍設備などはありませんでした

So fishermen could only catch/ what they could either eat or sell that day.//

だから漁師はその日に 食べたり売りさばける量だけを獲っていました

But the Romans developed salting.//

しかしローマ人は塩漬けにすることを思いつきました

And/ with salting,/ it became possible/ to store fish/ and to transport it/ long distances.//

そして塩漬けすることで 魚を蓄えたり 遠く離れたところに輸送できるようになりました

And so began industrial fishing.//

その結果漁業の産業化が始まったのです

And so/ these are the sorts of extrapolations/ that we have of what sort of loss/ we've had relative/ to pre-human impacts/ on the ocean.//

このグラフは私たちが推測して 作成したものですが 人類出現以前と比較して どれだけ魚を失ったかを示しています

They range from 65/ to 98 percent/ for these major groups of organisms,/ as shown in the dark blue bars.//

生物の大多数のグループでは 失われたものが 65%から98%に及んでいることを 濃紺のバーが示しています

Now/ for those species/ the we managed to leave alone,/ that we protect --/ for example,/ marine mammals/ in recent years and sea birds --/ there is some recovery.//

さて危害を加えず保護した動物 近年の海洋哺乳動物や海鳥などですが ある程度回復が伺えます

So it's not all hopeless.//

だから まったく絶望的だということではないのです

But/ for the most part,/ we've gone from salting to exhausting.//

しかし 大抵の場合 私たちは塩漬けにし 取り尽してしまう行為に及んでいます

Now/ this other line of evidence is a really interesting/ one.//

さてこの線は大変興味深いものを示しています

It's from trophy fish caught off/ the coast of Florida.//

この写真はフロリダ沖合釣り大会の優勝魚です

And so/ this is a photograph/ from the 1950s.//

1950年代に撮影されたものです

I want you/ to notice the scale/ on the slide,/ because/ when you see the same picture/ from the 1980s,/ we see/ the fish are much smaller/ and we're also seeing/ a change/ in terms of the composition of those fish.//

このスライドでは魚の大きさに着目してください 1980年代に写された優勝魚を見ると こちらの魚の方がずっと小さい それにその他の変化にも気が付きますよね 優勝魚として釣られた魚の種類も変わっています

By 2007,/ the catch was actually laughable/ in terms of the size/ for a trophy fish.//

2007年までには優勝魚というには 実に笑ってしまうようなサイズです

But this is no laughing matter.//

でも笑っている場合じゃないんです

The oceans have lost a lot of their productivity/ and we're responsible/ for it.//

海が多くの生産力をなくしてしまったのですから そして私たちにその責任があるのです

So/ what's left?// Actually/ quite a lot.//

じゃあ 何が残されているのか 実はかなり多くのものがあります

There's a lot of exciting things,/ and I'm going to tell/ you/ a little bit/ about them.//

わくわくするものがたくさんあるんです これからそれについてちょっと話しましょう

And I want to start/ with a bit/ on technology,/ because,/ of course,/ this is a TED Conference/ and you want to hear/ something/ on technology.//

まず技術について少々触れておきたいと思います これはTED Conferenceですし 聴衆の皆さんも技術について何か知りたいはずですよね

So one of the tools/ that we use to sample/ the deep ocean are remotely operated vehicles.//

深海から試料を採取するために 遠隔操作の探査機を使います

So/ these are tethered vehicles/ we lower/ down/ to the sea floor/ where they're our eyes/ and our hands/ for working on the sea bottom.//

これがケーブル式探査機で 海床まで降ろし 海床で私たちの目となり手となって 働いてくれます

So a couple of years ago,/ I was supposed to go/ on an oceanographic cruise/ and I couldn't go because of a scheduling conflict.//

2、3年前 私は海洋調査の旅に参加しようとしましたが 日程が合わず 行けませんでした

But through a satellite link/ I was able to sit at my study/ at home/ with my dog curled up/ at my feet,/ a cup of tea/ in my hand,/ and I could tell the pilot,/ "I want a sample right there."//

しかし衛星回線を通して家から参加できました それも 犬が私の足下でうずくまり 私は紅茶を飲みながら 「そこでサンプルを採って」 と指示できるのです

And that's exactly/ what the pilot did for me.//

するとパイロットはきちんと採取してくれます

That's the sort of technology/ that's available/ today/ that really wasn't available/ even a decade ago.//

そんなことが今日では技術によって可能なんですね 10年前でさえ こんなことはできませんでした

So/ it allows us/ to sample these amazing habitats/ that are very far/ from the surface/ and very far/ from light.//

技術によりこんな深海にある 驚くような生息地から しかも光から遥か遠くの場所からも採取が可能になりました

And so one of the tools/ that we can use/ to sample the oceans is acoustics,/ or sound waves.//

海洋から採取をするために使用する道具に 音波があります

And the advantage of sound waves is/ that they actually pass well/ through water,/ unlike light.//

音波は光よりずっと 水中をよく伝播できるのが利点です

And so/ we can send out/ sound waves,/ they bounce off/ objects/ like fish/ and are reflected back.//

つまり 音波を送ると 魚のような物体に当たると反射するんです

And so/ in this example,/ a census scientist took out/ two ships.//

この画面では海洋生物調査の科学者が 2隻の船を使っています

One would send out/ sound waves/ that would bounce back.//

一隻の船が音波を出し それが反射する

They would be received by a second ship,/ and that would give us/ very precise estimates,/ in this case,/ of 250 billion/ herring in a period of about a minute.//

その音波を2隻目の船が受信するという仕掛けです この方法だと大変詳細な推測ができるんです この場合ですと2500億匹のニシンの群れがあることが 約1分で分かるのです

And that's an area/ about the size of Manhattan Island.//

しかもそのニシンの群れは マンハッタン島くらい広がっているんです

And to be able to do that is a tremendous fisheries tool,/ because knowing how many fish are there is really critical.//

このような推測ができるなんて 実に素晴らしい漁具です 何匹魚がいるかを把握できるのは重要です

We can also use satellite tags/ to track animals/ as they move through the oceans.//

音波以外にも通信衛星タグというものも使っています この通信衛星タグは 海洋を移動する物を追跡できるんです

And so/ for animals/ that come to the surface/ to breathe,/ such as this elephant seal,/ it's an opportunity/ to send data back/ to shore and tell us/ where exactly/ it is in the ocean.//

動物が呼吸するために海面にあがります 例えばこのゾウアザラシみたいにね ゾウアザラシが海面に出てくるとデータが送られ 海のどこにいるのか 正確に把握できます

And so/ from that we can produce these tracks.//

このデータからゾウアザラシの足跡を作成できますよ

For example,/ the dark blue shows you/ where the elephant seal moved in the north Pacific.//

例えば 濃紺の色をたどれば ゾウアザラシが北太平洋のどこにいるかが分かるでしょう

Now/ I realize for those of you/ who are colorblind,/ this slide is not very helpful,/ but stick with me nonetheless.//

あっ 今 気がついたのですが この中に色盲の方がいらしたらこのスライドじゃ 駄目ですね すみませんが それでも 私の説明におつきあいください

For animals/ that don't surface,/ we have/ something called pop-up tags,/ which collect data/ about light and what time/ the sun rises and sets.//

さて 海面に浮上しない動物については ポップアップタグと呼ばれる器具があります これは光に関してや日出日没の時間に関しての データを収集します

And then/ at some period of time/ it pops up to the surface and,/ again,/ relays/ that data back/ to shore.//

つまり ポップアップタグはある時間になると海面に 浮上し 私たちのところにデーターを送ってくれるのです

Because GPS doesn't work under water.// That's/ why we need these tools.//

とにかく海の下ではGPSは機能しませんから この道具が必要なんです

And so/ from this we're able/ to identify these blue highways,/ these hot spots/ in the ocean,/ that should be real priority areas/ for ocean conservation.//

これから この青い帯状の部分が分かりますね この帯が海の中のホットスポットです このホットスポットの部分は最大優先して 海洋保護をすべき場所です

Now/ one of the other things/ that you may think/ about is that,/ when you go to the supermarket/ and you buy things,/ they're scanned.//

さて 皆さんもすでにお気付きかもしれませんが スーパーに行き買い物をするときに品物をスキャンしますね

And so/ there's a barcode/ on that product/ that tells the computer exactly/ what the product is.//

品物にはバーコードがついていて バーコードによってコンピューターが どんな品物であるかを認識しますよね

Geneticists have developed/ a similar tool called genetic barcoding.//

遺伝学者も遺伝子バーコードと言う 類似した方法を開発しました

And what barcoding does/ is use a specific gene called CO1/ that's consistent/ within a species,/ but varies among species.//

そのバーコードで何をするかというと ある生物が同じ種であればが必ず持つCO1と言う 特別な遺伝子を使うのです この特別な遺伝子は種によって異なります

And so/ what that means/ is we can unambiguously identify/ which species are/ which even if they look similar/ to each other,/ but may be/ biologically quite different.//

つまり 明らかにどの種であるか 識別できるのです どんなにお互いが似て見えたとしても 生物学的には全く異種であることが分かるのです

Now/ one of the nicest examples/ I like to cite/ on this is the story of two young women,/ high school students/ in New York City,/ who worked with the census.//

これに関して良い例を挙げてみたいと思います 二人の若い女の子 ニューヨークの高校生の話ですが 海洋生物調査の仕事をしていました

They went out/ and collected fish/ from markets/ and/ from restaurants/ in New York City/ and they barcoded it.//

ニューヨークのレストランや市場から魚を集め その魚のバーコードを調べました

Well/ what they found/ was mislabeled fish.//

すると 魚の名前が違っていることが分かりました

So/ for example,/ they found something/ which was sold as tuna,/ which is very valuable,/ was in fact tilapia,/ which is a much less/ valuable fish.//

例えば マグロ とても高価な魚ですよね マグロという名前で 売られていた魚は実はティラピアでした ティラピアはマグロよりずっと安い魚ですね

They also found/ an endangered species sold as a common one.//

また絶滅危惧種の魚が ごくありふれた魚として売られていたことも分かりました

So barcoding allows us/ to know/ what we're working/ with and also/ what we're eating.//

バーコード法によって 魚の種類を調査でき また食糧の素性が分かるのです

The Ocean Biogeographic Information System is the database/ for all the census data.//

オーシャン・バイオジオグラフィック・インフォメーション・ システムは 海洋生物調査の全データベースです

It's open access;/ you can all go in and download data/ as you wish.//

誰でもアクセス可能で 自由にそのデータをダウンロードできます

And it contains all the data/ from the census/ plus other data sets/ that people were willing/ to contribute.//

そこには海洋生物調査からの資料もありますが それに加え皆さんもデータを提供することができます

And so/ what you can do with that is to plot the distribution of species/ and where they occur in the oceans.//

それを使ってできることは 種の分布や海のどこに生物がいるかを示すことができます

What I've plotted up/ here is the data/ that we have on hand.//

ここにある図は手持ちのデータで作成しました

This is/ where our sampling effort has concentrated.//

これは最も採集努力をしているところです

Now/ what you can see/ is we've sampled the area/ in the North Atlantic,/ in the North Sea/ in particular,/ and also/ the east coast of North America fairly well.//

今ご覧になっているデータは 特に上手く採集できた北大西洋地域 北海 そして北米東海岸のものです

That's the warm colors/ which show a well-sampled region.//

この赤い色の地域がかなりデータ採取ができた地域で

The cold colors,/ the blue and the black, show areas/ where we have almost no data.//

青い色や黒色の部分が 殆どデータ採取ができていない地域です

So even/ after a 10-year census,/ there are large areas/ that still remain unexplored.//

ですから 今まで10年間調査しても 依然として調査し尽くせない地域がたくさんあります

Now/ there are a group of scientists/ living in Texas,/ working in the Gulf of Mexico/ who decided really/ as a labor of love/ to pull together/ all the knowledge/ they could about biodiversity/ in the Gulf of Mexico.//

さて テキサス州の科学者グループが メキシコ湾で研究していますが 彼らは報酬なしで メキシコ湾の生物の多様性について 英知を結集しようと決心しました

And/ so they put this together,/ a list of all the species,/ where they're known to occur,/ and it really seemed like a very esoteric, scientific type of exercise.//

研究者はすべての種のリスト どこにどのような生物がいるかの リスト作成に一丸となっていましたし これはとても難解かつ 科学的な任務であるように見受けられました

But then,/ of course,/ there was the Deep Horizon oil spill.//

しかし その時 石油掘削施設「ディープ・ホライズン」の 事故により原油が流出し

So all of a sudden,/ this labor of love/ for no obvious economic reason has become a critical piece of information/ in terms of how that system is going to recover,/ how long/ it will take/ and how the lawsuits/ and the multi-billion-dollar discussions/ that are going to happen/ in the coming years are likely/ to be resolved.//

報酬を期待せずにしていた研究が つまり経済的な理由を何も持っていなかった研究が 突如 大変重要な情報になりました つまり生態系がどのように回復するのか 回復にはどのくらいの期間が必要か またこれから起きる訴訟や 数十億ドルの物議をかもす話し合いが どのように決着していくのかという点で 非常に重大な情報となるのです

So/ what did we find?//

さて 私たちが発見したものは何か?

Well,/ I could stand here/ for hours,/ but,/ of course,/ I'm not allowed to do that.//

それを話すために何時間もかかるのでもちろん 今ここでは話せません

But I will tell you/ some of my favorite discoveries/ from the census.//

海洋生物調査の発見から 印象的ないくつかを話しましょう

So one of the things/ we discovered is/ where are the hot spots of diversity?//

発見とは 多様性のホットスポットはどこか?

Where do we find the most species of ocean life?//

海洋生物の大半の種はどこで見つかるか?

And what we find/ if we plot up/ the well-known species is this sort of a distribution.//

良く知られている種の位置を描いてみると このような分布が得られます

And what we see/ is/ that for coastal tags,/ for those organisms/ that live near the shoreline,/ they're most diverse/ in the tropics.//

沿岸生物群については ― つまり海岸近くに生息する生物は 熱帯地域が一番多様性に富んでいます

This is something/ we've actually known for a while,/ so it's not a real breakthrough.//

このことは 実は以前から分かっていたことですから 新発見とは言えません

What is really exciting/ though is/ that the oceanic tags,/ or the ones/ that live far/ from the coast,/ are actually more diverse/ at intermediate latitudes.//

でも 本当にわくわくすることは 海洋生物群 ― 岸から遠くの生物たちは 実は中間緯度で多様であると言うことです

This is the sort of data,/ again,/ that managers could use/ if they want to prioritize/ areas of the ocean/ that we need to conserve.//

保護すべき海洋域の優先順位づけをしようというなら 管理者はこの種のデータを利用できます

You can do this/ on a global scale,/ but you can also do it/ on a regional scale.//

皆さんだって地球規模でこれを利用できるし 地域ごとにも利用できるます

And that's/ why biodiversity data can be so valuable.//

だからこそ 多様性に関するデータは とても価値があるのです

Now/ while a lot of the species/ we discovered in the census are things/ that are small/ and hard/ to see,/ that certainly wasn't always/ the case.//

さて 海洋生物調査が発見した多くの生物の種が 小さく見つけにくいんですが しかし小さいものばかりだとは限りません

For example,/ while it's hard/ to believe/ that a three kilogram lobster could elude scientists,/ it did/ until a few years ago/ when South African fishermen requested an export permit/ and scientists realized/ that this was something new/ to science.//

例えば信じがたいことですが 3キロもあるロブスターが科学者の目を逃れていました 実は数年前 南アフリカの漁師が輸出許可を申請した時に初めて これが新種だと言うことに気がついたんです

同様にこの黄金V昆布もそうです これは アラスカの低水位線の下で採取されたのですが 恐らく新種です

Even though it's three meters long,/ it actually,/ again,/ eluded science.//

長さが3メートルもあるにもかかわらず これもまた科学者の目から逃れていました

Now/ this guy,/ this bigfin squid,/ is seven meters/ in length.//

どうですか このアオリイカは長さが7メートルあります

But to be fair,/ it lives in the deep waters of the Mid-Atlantic Ridge,/ so it was a lot harder/ to find.//

公正を期すために言いますが これは大西洋中央海嶺の深海に棲息しているから とても見つけにくかったのです

But there's still potential/ for discovery of big and exciting things.//

大きい わくわくするような生き物が これからまだまだ発見される可能性があるんですよ

This particular shrimp,/ we've dubbed it/ the Jurassic shrimp,/ it's thought to have gone extinct 50 years ago --/ at least/ it was,/ until the census discovered/ it was living and doing just fine/ off the coast of Australia.//

この写真のエビを私たちは ジュラシック・シュリンプというあだ名で呼んでいるんですが これは50年前にとっくに絶滅したと思われています 少なくとも海洋生物調査が発見するまでのことですけれども でもこのエビはオーストラリアの沖合で棲息し なかなか元気にやっていますよ

And it shows/ that the ocean,/ because of its vastness,/ can hide secrets/ for a very long time.//

海はあまりに広大ですから 長い間 秘密をかくすことができるんですね

So,/ Steven Spielberg,/ eat your heart out.//

そう だからスティーブン・スピルバーグも悩んでいますよね

生物分布についてですが 実際には 分布は劇的に変化するんです

And so one of the records/ that we had was this sooty shearwater,/ which undergoes these spectacular migrations/ all the way/ from New Zealand/ all the way/ up/ to Alaska/ and back again/ in search of endless summer/ as they complete their life cycles.//

私たちの記録の一つによると ハイイロミズナギドリは はるかニュージーランドから アラスカまで 壮大な渡りをしますが 常夏を求めて帰っていきます そのような渡りを一生繰り返していくのです

We also talked about the White Shark Cafe.//

ホホジロザメ・カフェについても話したことがありますが

This is a location/ in the Pacific/ where white shark converge.//

ホホジロザメ・カフェとはホホジロザメが群がっている 太平洋上のある場所のことを言います

We don't know/ why they converge there,/ we simply don't know.//

なぜそこで群がっているのか私たちにはわかりません 本当に全然わからないのです

That's a question/ for the future.//

これを解くのは未来の課題です

One of the things/ that we're taught in high school is/ that all animals require oxygen/ in order to survive.//

高校時代に教えられてきたことに 動物は生きるために酸素が必要だということがありますね

Now/ this little critter,/ it's only about half a millimeter/ in size,/ not terribly charismatic.//

さてこの小さいな奇妙な動物 1ミリの半分しかないサイズで カリスマ性なんて微塵もありません

But it was only discovered in the early 1980s.//

1980年代初頭に発見されたばかりです

But the really interesting thing/ about it is/ that,/ a few years ago,/ census scientists discovered/ that this guy can thrive in oxygen-poor sediments/ in the deep Mediterranean Sea.//

これについてとても興味深いことは 数年前 海洋生物調査の科学者が発見したことです どんなことかというと こいつは地中海の深海で 酸素がごく少ない沈殿物の中でもすくすくと育つんです

So now/ they know/ that,/ in fact,/ animals can live without oxygen,/ at least/ some of them,/ and/ that they can adapt to even/ the harshest of conditions.//

要するに 分かったことは 動物は酸素なしでも生きることができる 少なくともそういった動物がいる そしてそういう動物は とても厳しい環境にも適応できるということです

If you were to suck/ all the water/ out of the ocean,/ this is/ what you'd be left behind/ with,/ and that's the biomass of life/ on the sea floor.//

もし海から水を吸い出してしまったら 残るものは 海床にある生物のバイオマスです

Now/ what we see/ is huge biomass/ towards the poles and not much biomass/ in between.//

この巨大なバイオマスは 南極と北極の近くに多く見られますが その中間にはあまり見られません

We found life/ in the extremes.//

私たちは極端な条件下でも生物を発見しました

And so/ there were new species/ that were found/ that live inside ice/ and help to support/ an ice-based food web.//

私たちが発見した新生物は 氷の中で生きていました その生物は氷中の食物連鎖を支えています

And we also found this spectacular yeti crab/ that lives near boiling hot hydrothermal vents/ at Easter Island.//

この目を見張るようなイエティークラブも 私たちが発見しました これはイースター島の沸騰する 熱水孔の近くで生きています

And this particular species really captured the public's attention.//

このカニは 本当に世間から注目を浴びました

We also found/ the deepest vents known yet --/ 5,000 meters --/ the hottest vents/ at 407 degrees/ Celsius --/ vents/ in the South Pacific/ and also/ in the Arctic/ where none had been found before.//

もっとも深い熱水孔は5千メートル 一番高温なものが407度であるということは既知のことです そしてその熱水孔が南太平洋と南極にもありますが そこでは何の生物も発見されませんでした

So even new environments are still within the domain of the discoverable.//

新しい環境には依然として今後発見を待つ領域があり

Now/ in terms of the unknowns,/ there are many.//

未知ということに関していうなら 本当にたくさんのことがまだわかっていません

And I'm just going to summarize/ just a few of them very quickly/ for you.//

ではこれから簡単に未知のものについて まとめていきましょう

First of all,/ we might ask,/ how many fishes/ in the sea?//

第一に海にはどのくらいの種類の魚がいるのか

We actually know the fishes better/ than we do any other group/ in the ocean other/ than marine mammals.//

現実的にはどの海洋生物より 私たちは魚に関して知っています 海の哺乳類は別としてね

And so/ we can actually extrapolate based on rates of discovery/ how many more species/ we're likely/ to discover.//

これまでの発見率から予測して この先どのくらいの種を発見できるんでしょうか

And from that,/ we actually calculate/ that we know about 16,500 marine species/ and there are probably another 1,000 to 4,000 left to go.//

これについては実際 計算してみたのですが 1万6500種類の海の種が知られており あと千から4千くらいを発見することになるでしょう

So we've done pretty well.//

ということで 私たちはかなり上手くやりました

We've got about 75 percent of the fish,/ maybe/ as much as 90 percent.//

つまり75%について もしくは90%くらいも 魚については分かっているのです

But the fishes,/ as I say,/ are the best known.//

しかし先ほど申し上げたように魚についてなら 一番分かっているということです

So our level of knowledge is much less/ for other groups of organisms.//

私たちの知識レベルはほかの生物に関しては 依然として低いのです

Now/ this figure is actually based on a brand new paper/ that's going to come out/ in the journal PLoS Biology.//

この数字は実は新しい論文に基づいたもので PLoSバイオロジーから発表されます

And/ what is does is predict how many more species there are on land/ and/ in the ocean.//

その内容は あと何種の生物種が 陸上と海にいるかという推定です

And what they found/ is/ that they think/ that we know of about nine percent of the species/ in the ocean.//

分かったことは 海に関して9%くらいの生物の種が解明されており

That means 91 percent,/ even/ after the census,/ still remain to be discovered.//

つまり海洋生物調査以降でさえも91%が依然として 発見されていないのです

And so/ that turns out/ to be about two million species/ once all is said/ and done.//

つまり結局200万種類にも なるということです

So we still have quite a lot of work/ to do in terms of unknowns.//

これからもたくさんやるべきことはあります 未知のことに関してはね

Now/ this bacterium is part of mats/ that are found off the coast of Chile.//

次にこのバクテリアは これはチリの沿岸沖で見つけられた バクテリアの群れの一部です

And/ these mats actually cover an area/ the size of Greece.//

このような群れをあわせると 実にギリシア全土覆うくらいの大きさになります

And so/ this particular bacterium is actually visible/ to the naked eye.//

今 話題にしているこのバクテリアは 実際に裸眼でも見られます

But you can imagine the biomass/ that represents.//

これがどのくらいのバイオマスになるのか想像もできます

But the really intriguing thing/ about the microbes is just how diverse/ they are.//

でも微生物に関して実に驚くべきなのは 微生物には非常に多様性があるということです

A single drop of seawater could contain 160 different types of microbes.//

一滴の海水には 160もの違った微生物のタイプが含まれていると 言ってもいいでしょう

And the oceans/ themselves are thought potentially/ to contain as many/ as a billion different types.//

海全体には 10億以上もの違った微生物がいる 可能性があると考えられています

So/ that's really exciting.// What are they all doing out there?//

だから本当に興味がそそられるのです 一体微生物はそこで何をしているのでしょうね

We actually don't know.//

私たちには本当のことが分からないのです

The most exciting thing,/ I would say,/ about this census is the role of global science.//

さてこの調査で最も面白いことは 地球規模の科学の役割です

And so/ as we see in this image of light/ during the night,/ there are lots of areas of the Earth/ where human development is much greater/ and other areas/ where it's much less,/ but between them/ we see large dark areas of relatively unexplored ocean.//

夜 光のイメージの中で私たちは 地上にはたくさんの地域があり 人間の発展が顕著な地域もあれば そうではない地域もある しかし その間には大きな暗い地域が存在し それがまだ未到の海です

The other point/ I'd like to make/ about this is/ that this ocean's interconnected.//

もう一点指摘したいことは 海は繋がっていると言うことです

Marine organisms do not care about international boundaries;/ they move/ where they will.//

海洋生物は各国間の境界線など気にしていません 彼らは自分の意思で動いています

And/ so the importance then of global collaboration becomes all the more important.//

だからこそ地球規模での協力が さらに一層重要になるのです

We've lost a lot of paradise.//

私たちは既にたくさんの楽園を失ってきました

For example,/ these tuna/ that were once so abundant/ in the North Sea are now effectively gone.//

例えば こういうマグロは北海ではかつて豊富だったのに 今ではほとんどいなくなっています

There were trawls taken in the deep sea/ in the Mediterranean,/ which collected more garbage/ than they did animals.//

地中海の海深くではトロール網漁業をしていますが 網に引っかかるものは魚よりもゴミの方が多いのです

And that's the deep sea,/ that's the environment/ that we consider to be among the most pristine left on Earth.//

深海なんですよ 地球に残された まだ人類が汚していないと 思われている深海の環境がこのざまなんです

And there are a lot of other pressures.//

まだまだ他にも圧力はかかっています

Ocean acidification is a really big issue/ that people are concerned with,/ as well as/ ocean warming,/ and the effects/ they're going to have/ on coral reefs.//

海洋の温暖化同様 海洋の酸性化も大きな懸念事項です これによる影響が珊瑚礁でも見られることでしょう

On the scale of decades,/ in our lifetimes,/ we're going to see/ a lot of damage/ to coral reefs.//

数十年という単位で 私たちが生きている間にも 珊瑚礁が損なわれていくのを目の当たりにするでしょう

And I could spend the rest of my time,/ which is getting very limited,/ going through this litany of concerns/ about the ocean,/ but I want to end/ on a more positive note.//

残りの生涯をかけ と言っても限られた期間しかありませんが 海に関するこういった懸念を 何度も何度も繰り返し話していくつもりです しかし私としては もう少し明るい感じで終わらせたいと思っています

And so/ the grand challenge then is to try and make sure/ that we preserve/ what's left,/ because there is still spectacular beauty.//

そこで大きな課題は 残されたものを守り通すということです 残されたものにも 依然として目を見張るような美があるのですから

And the oceans are so productive,/ there's so much going on/ in there/ that's of relevance/ to humans/ that we really need to,/ even/ from a selfish perspective,/ try to do better/ than we have in the past.//

そして海には生産力があり 海の中では起きている様々なこと それがすべて人間に関係しています だから利己的な観点からでさえも 私たちは過去したことよりも もっと良いことをする必要があるんです

So we need to recognize/ those hot spots/ and do our best/ to protect them.//

従って こういったホットスポットを認識し そこを保護するために最大限努力しなくてはなりません

When we look at pictures/ like this,/ they take our breath away,/ in addition/ to helping to give us/ breath/ by the oxygen/ that the oceans provide.//

このような写真を見ると その美しさにはっとさせられますが そればかりか海が供給する酸素によって 私たちの呼吸を助けているのです

Census scientists worked in the rain,/ they worked in the cold,/ they worked under water/ and they worked above water/ trying to illuminate/ the wondrous discovery,/ the still vast unknown,/ the spectacular adaptations/ that we see in ocean life.//

海洋生物調査の科学者たちは雨の中も 寒さの中も 水中でも水上でも調査研究を行い この驚くべき発見 静かなこの広大な未知なるもの 海洋生物に見たこの目を見張るような適応に 光を当てる努力をしてきました

So/ whether you're a yak herder/ living in the mountains of Chile,/ whether you're a stockbroker/ in New York City/ or/ whether you're a TEDster living/ in Edinburgh,/ the oceans matter.//

チリの山岳に暮らすヤクの牧人であろうが ニューヨークの株式仲買人であろうが エジンバラに住むTEDの関係者であろうが 海に関係しています

And/ as the oceans go/ so shall we.//

つまり海が生き続ける限り私たちも生き続けるのです

Thanks/ for listening.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

planet

『惑星』,遊星

Arthur

アーサー王(6世紀ごろの伝説上の英国王;円卓の騎士Knights of the Round Tableを従えた)

probably

『たぶん』,『おそらく』

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

photosynthesis

(緑色植物の)光合成

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

protein

蛋白(たんばく)質

extraction

〈U〉〈C〉引き出すこと,抜き取ること,摘出

〈C〉引き出されたもの,抜き取られたもの,抽出物,エキス;抜粋

〈U〉生まれ,皿統

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

descend

(高い所から低い所へ)『下る』,『降りる』《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(古い時代から新しい時代へ)『伝わる』,系統を引く《+『from』+『名』+『to』+『名』》

身を落とす

〈人などが〉…‘を'下る,降りる;〈道などが〉…‘を'下る

(…の)子孫である

biosphere

生活圏,生物圏(土の中・水中・空中など生物が存在できる所)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

interrupt

(行動や話の途中で)〈人〉‘を'『さえぎる』,妨げる

〈行為・話など〉‘を'『中断する』

〈物事〉‘を'さえぎる

『じゃまする』,話の腰を折る

pinpoint

ピン先

針先(ほどの…)《+『of』+『名』》

…‘を'正確にねらう(示す,述べる)

ピン先ほどの,ごく小さな

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

denizen

(ある場織に育つ)動植物,(ある土地の)居住者《+『of』+『名』》

外来動植物

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

habitat

(動・植物の)産地,生息地

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

despite

…『にもかかわらず』

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

census

人口調査,国勢調査

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

footprint

足跡

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

coverage

(テレビ・ラジオ・新聞などの)報道;報道範囲

《a~おおう範囲;保険の補償範囲,補償金額

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

woods

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

famed

名高い;(…で)有名な《+『for』+『名』》

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

lament

(…を)『嘆く』,嘆き悲しむ《+『for』(『over, about』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『嘆く』,嘆き悲しむ

(…の)嘆き,悲しみ,悲嘆《+『for』+『名』》

哀歌,挽歌(elegy)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

expedition

〈C〉(一定の目的をもって組職された集団が行う)『遠征』,探検

〈C〉『遠征隊』,探検隊

〈U〉《文》急速,迅速

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

abundance

(あり余るほど)『たくさん』,『豊富』;《an~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

shoreline

海岸線

abyss

底知れぬほど深いもの,奈落

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

microbe

微生物,(特に)細菌

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

taxonomic

分類の, 分類学上の

specialist

専門家

専門医

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

endangered

危険にさらされた

(動・植物が)絶滅寸前の

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

Newfoundland

ニューファンドランド島(カナダ東部の大きな島;カナダ領)

〈C〉ニューファンドランド犬)

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

continent

自制した,禁欲的な

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

codfish

(またcod)〈C〉(魚の)タラ

〈U〉タラの身

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

grandfather

『祖父』

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

fishery

〈U〉漁業,水産業

〈C〉漁場;養魚場

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

baseline

基線

(テニスコートの)ベースライン

(野球の)ベースライン

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

exploitation

(鉱山・資源などの)開発;活用《+『of』+『名』》

(…の)利己的な利用,(労働などの)搾取《+『of』+『名』》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

menu

(レストランの)『メニュー』,献立表

料理

monastery

〈C〉男子修道院

〈U〉《集合的に》修道僧

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

datum

dataの単数形

既知の事実

world war

『世界大戦』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

roman

ローマ字体,ローマン活字体

ローマ字体の

refrigeration

冷凍,冷却;冷蔵

fisherman

『漁夫』,漁師

(楽しみとして)釣りをする人;釣り人(びと)

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

Roman

(古代・現代の)『ローマの』,ローマ人の,ローマ文化の

ローマカトリック教会(教徒)の

(特に古代の)『ローマ人』,ローマ市民

(現代の)ローマ人

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

long distance

長距離電話

長距離電話の交換局(交換手), 長距離

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

mammal

哺(ほ)乳動物

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

hopeless

『希望を失った』

(物事が)『望み(見込み)のない』,絶望的な

《話》どうしようもない,役に立たない

salt

〈U〉『塩』食塩

〈U〉(化学で)塩

《複数形で》薬用塩類(Epsom salt[s],smelling salts)

〈U〉生気(刺激,興趣)を与えるもの

〈C〉《話》(特に老練な)水夫

塩の,塩を含んでいる;塩気のある,塩辛い

塩漬けにした

(土地が)塩につかった

塩信でできた,塩水の中で育つ

〈食べ物〉‘を'塩で味をつける;〈肉・魚など〉‘を'塩漬けにして保存する《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

《受動態で》(…で)〈言葉・話なで〉‘を'ぴりっとさせる,‘に'味をつける《+『名』+『with』+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

trophy

(狩猟・戦争などで得た)『戦利品』,記念品

(競技の)トロフィー;優勝記念品;優勝旗(杯・たて)

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

composition

〈U〉(文学・美術・音楽作品などの)『創作』,制作[法];『作文』,『作曲』,〈C〉作品,楽曲

〈U〉(混合物などの)『成分』《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)気質,性質,性分(constitution)

〈U〉(文学作品・音楽作品などの)構成,構想,(絵画などの)構図《+『of』+『名』》

(またcompo)〈C〉混合物,合成物

〈U〉(活字の)植字,組み

laughable

笑いを誘う;(特に)失笑を買う

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

productivity

生産力,生産性

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

exciting

(物事が)『興奮させる』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

tether

(動物をつなぐ)綱,鎖

(能力,財産などの)範囲,限界

(…に)〈動物〉‘を'つなぎ綱(鎖)でつなぐ《+名+to+名》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

cruise

(特定の目的地を決めずに)〈船・飛行機が〉巡航(遊航)する;〈タクシーが〉流す

〈車・飛行機などが〉巡航(経済的な)速度で進む

〈ある地域〉'を'巡航(巡回)する

〈飛行機・車など〉'を'巡航(経済的な)速度で進ませる

(レジャーを目的とした)巡洋航海

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

curl

〈C〉『巻き毛』カール;《複数形で》巻き毛の髪

〈C〉うず巻き[状のもの],うねり

〈C〉〈C〉カールすること,ねじれ

〈頭髪〉'を'カールさせる

|'を'曲げる,ねじる

〈頭髪が〉カールする

〈煙が〉うず巻く

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

decade

『10年間』

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

acoustic

音響の;聴覚の

(特に楽器が電気的に増幅・変化されていない)自然音を出す

sound wave

音波

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

bounce

〈ボールなどが〉『はずむ』,はる返る

〈人が〉『はねる』

…'を'『はずませる』,はる返らせる

〈C〉『はね返り』,はずみ

〈U〉『弾力』

〈U〉《話》元気,活気

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

Manhattan

マンハッタン区(ニューヨーク市内南東部の島で商業地区;国連本部などがある)

〈C〉〈U〉《しばしばm-》《米》マンハッタン(カクテルの一種)

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

elephant

『ゾウ』

(共和党の象徴としての)象

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

opportunity

『機会』,好機

shore

〈C〉(海・湖・河の)『岸』,海岸,湖畔,河岸・〈U〉陸・《しばしば複数形で》地方,国(country)

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

helpful

『助けになる』,役に伝つ

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

nonetheless

『それでもなお』

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

relay

(駅馬車などの)替え馬,継ぎ馬

(仕事の)交代,交代班

《話》=relay race

(放送の)中継;(電気の)継電器

(…へ)〈伝言・放送など〉‘を'中継する,中継して伝える《+『名』+『to』+『名』》

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

priority

〈U〉(時間・順序で)(…より)先(前)であること《+『of』(『to』)+『名』》

〈C〉優先するもの(こと)

conservation

保存,(特に自然環境の)保護

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

computer

『計算機』;『電子計算機』

geneticist

遺伝学者

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

gene

遺伝子

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

cite

(作家・作品から)〈文章・句〉'を'『引用する』(quote)《+『名』+『from』+『名』》

…'を'召喚する,呼び出す(summon)

(証拠・確認などのために)…'を'引き合いに出す

…‘に'感謝状を出す,'を'表彰する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

tuna

〈C〉(また tunny)マグロ

(また tunny, tuna fish)マグロの肉

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

endanger

〈生命・富・健康・計画など〉‘を'危うくする,危険にさらす

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

data

『資料』,事実;情報

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

concentrated

集中した

濃縮した

Atlantic

『大西洋の』

《the ~》『大西洋』

North Sea

北海(イギリス・オランダ・デンマーク・ノルウェーに囲まれた海)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

unexplored

探検されない,前人未踏の;未調査の

Texas

テキサス州(米国西南部の州;州都は Austin;{略}Tex.,TX)

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

Mexico

メキシコ合衆国

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

esoteric

(興味・知識などが)少数の人だけの

難解な

秘密の

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

spill

(特に,うっかりして)〈液体・粉など〉‘を'『こぼす』

《しばしば受動態で》《おもに文》(人を傷つけて)〈血〉‘を'流す

〈馬・車などか〉〈人など〉‘を'ほうり出す,振り落す

《話》〈秘密など〉‘を'もらす;(…に)…‘を'もらす《+『名』+『to』+『名』》

〈液体・粉などが〉『こぼれる』,流れ出る

こぼれること,こぼすこと

こぼれたもの

落ちること;落馬

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

economic

『経済の』

『経済学の』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

lawsuit

訴訟[事件]

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

resolved

決心した,決意の堅い

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

well-known

『有名な』,周知の

coastal

海岸の,沿岸の

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

tropic

〈C〉回帰線

《the tropics》熱帯地方

熱帯[地方]の(tropical)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

oceanic

大洋の;《O-》大洋州(オセアニア)の

大洋に住む

大洋のような,巨大な

intermediate

(程度・距離・時間などにおいて)中間の,中間にある(起こる)

latitude

〈U〉『緯度』(《略》『lat.』)

《複数形で》(緯度からみた)地帯,地方

〈U〉(思想・行動などの)自由;自由の範囲,許容の程度

〈U〉(露出の)寛容度(最少露出から最高露出までのフイルムの許容感度の幅)

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

conserve

(損傷・腐敗などしないように)…'を'保存する,保護する

《文》〈果物〉'を'砂糖煮にする,ジャムにする

(果物の)砂糖煮,ジャム

regional

地方の,地域の;地方に特有の,局地的な

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

lobster

ウミザリガニ(はさみのある大えび);(日本でいう)伊勢えびなど

elude

(うまく身をかわして)…‘を'逃れる,避ける(evade)

〈意味などが〉〈人〉‘に'理解できない;〈名前などが〉〈人〉に思い出せない

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

South African

南アフリカの

南アフリカ共和国の

南アフリカ人

request

〈物事〉‘を'『頼む』,要請する;〈人〉‘に'『頼む』,要請する

〈U〉〈C〉『頼むこと』,『要請』,依頼

〈C〉頼んだもの(こと)

〈U〉需要

export

(外国へ)〈商品〉‘を'『輸出する』《+『名』+『to』+『名』》

〈C〉『輸出品』

〈U〉(…の)『輸出』《+『of』+『名』》

permit

〈人が〉…‘を'『許可する』

〈物事が〉…‘の'機会を与える,‘を'可能にする

〈事が〉許す

許可証(書)

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

golden

『金の』,金製の

『金色の』,黄金色の

(金のように)貴重な,すばらしい

kelp

ケルプ(コンブ・アラメなど大形の海草の総称)

ケルプ灰(ヨードを含む)

Alaska

アラスカ州(米国西北端の州;州都はJuneau;{略}AK,Alas.)

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

low water

(川などの)最低水位[時]

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

squid

ヤリイカ

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

ridge

『山の背』,尾根

(動物の)背,背すじ;(畑などの)うね,あぜ

(一般に,うねのような)隆起

〈屋根〉‘に'むねをつける;〈畑など〉‘に'うねをたてる

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

shrimp

(食用の)小エビ

《俗》ちび,子供;取るに足りない人

dub

《文または古》(国王がナイトの爵位授与式で)〈武人〉‘を'剣で肩を軽くたたいて(ナイトに)叙する《+『名』+『名』〈補〉》

(…と)…‘に'あだな(名称)を付ける《+『名』+『名(形)』〈補〉》

Jurassic

(地質時代の)ジュラ紀の

ジュラ紀

extinct

(生物・民族などが)絶滅した;(貫習などが)滅びてしまった

(火山などが)活動をやめた

(火が)消えた,燃えていない

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

vastness

〈U〉 広大さ,ばく大

〈C〉《複数形》広大な広がり

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

dramatically

劇的に,非常に効果的に

sooty

すすでおおわれた,すすで汚れた

すすの,すすのような

undergo

〈変化・検査など〉‘を'『受ける』,経験する(experience)

〈困難など〉‘に'耐える,あう

migration

〈U〉〈C〉移住,(動物の)移動

〈C〉《集合的に》(人・動物などの)移動の群

New Zealand

『ニュージーランド』(オーストラリア南東方の英国自治領;南北両島から成る;首都Wellington;《略》『N.Z.』)

endless

『無限の』,果てしのない

絶え間のない,ひっきりなしの

(端と端がつながって)輪になっている

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

shark

サメ,フカ

詐欺師,ぺてん師

《米俗》名人,達人

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

converge

(同一点・同一場所に)集まる,集中する《+『on』+『名』》

(物理・数学で)収れんする

…'を'1点に集める

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

charismatic

人を引きつける非凡な能力(影響力)のある,教祖的力のある

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

sediment

《時にa~》沈殿物,かす(dregs)

(岩・石・土砂などの)堆積(たいせき)物

Mediterranean Sea

『地中海』

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

harsh

(感触や目・耳など五感に)『不快な』,いやな

『厳しい』(severe);過酷な(stern)

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

towards

toward

pole

(木製・金属性などの)『棒』,さお

(牛車・馬車の)ながえ

ボール(長さの単位,5.03メートル;面積の単位,25.3平方メートル)

…‘を'棒で動かす(押す,突く,たたく)

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

food web

食物網(生物の捕食・被捕食関係の総称)

yeti

=Abominable Snowman

crab

〈C〉カニ;〈U〉カニの肉・〈C〉巻き揚げ機・〈C〉《話》気むずかし屋・カニをとる・《話》ぶつぶつ不平を言う・…'を'ふくれさせる・= crab louse(毛ジラミ)

boil

沸く

煮える

〈人,人の気持が〉(怒り・興奮で)煮えくりかえる,激する《+『with』+『名』》

(沸騰する湯のように)わき立つ

…'を'『沸かす』

…'を'『煮る』,ゆでる

煮沸,沸騰;《the ~》沸騰点

vent

(気体・液体の出入する)『抜け口』,漏れ口,通風(気)孔

(鳥・魚などの)肛門

《単数形で》(感情の)はけ口

…‘に'出口(はけ口)を与える

(…に向けて)〈感情など〉‘を'あらわにする,漏らす《+名+on+名》

Easter

『復活祭』,イースター(キリストの復活を祝って春分(3月21日ころ)後の満月の日の次の日曜日(Easter DayまたはEaster Sunday)に行われる祭り.新しい生命の象徴である彩色した鶏卵(Easter egg)を友人に贈ったり,盛装をして町をねり歩く習慣がある)

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

Celsius

摂氏の(centigrade)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

arctic

『北極の』

極寒の(frigid)

〈U〉《the A-》北極(地方)

《複数形で》《米》(くるぶしの上までくる)防水靴

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

domain

(国の)領地,領土;(個人の)所有地

(関心・活動などの)範囲,分野

(個人・一族の)所有地

(数学で)変域(関数の独立変数がとる値の集合)

discoverable

発見できる,気付くことができる

extrapolate

(数学で,与えられた値から)〈未確認の変数値〉‘を'推定する,外挿する

(既知のものから)…‘を'推定する,推測する

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

known

knowの過去分詞

『名高い』,知られた

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

biology

『生物学』

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

mat

(床などに敷く)『マット』,敷物,むしろ,畳

(花びん・置き物などの)下敷き

(レスリング・体操用の)詰め物をした厚い敷物

《a ~》(毛・雑草などの)もつれ《+『of』+『名』》

〈床など〉‘に'マットを敷く,‘を'マットで覆う

…‘を'もつれさせる

もつれる

Chile

チリ(南米太平洋岸の共和国;首都はSantiago)

Greece

『ギリシア』(首都はAthens)

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

naked

(体の全部,または一部が)『裸の』

『はぎ取られた』,むき出しにされた

(目が)肉眼の,裸眼の

《名詞の前にのみ用いて》(事が)赤裸裸の,あからさまの

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

seawater

海水

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

boundary

『境界線』,境(border)

限界

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

paradise

〈C〉〈U〉《通例P-》『天国』,極楽(heaven)

〈C〉《話》(一般に)楽園,もってこいの場所;〈U〉この上ない幸福,至福

abundant

『豊富な』,十分な

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

trawl

(また trawl net)トロール網,底引き網

(また trawl line)《米》はえなわ(多数の釣り針を付けた漁具の一種)

トロール網を引く;《米》はえなわで釣る

Mediterranean

=Mediterranean Sea

地中海地方

『地中海の』;地中海地方[の住民]特有の

garbage

(台所から出る)生ごみ,食べかす,残飯

くだらないもの,がらくた

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

pristine

原始時代の;元の

純な,汚されていない

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

coral reef

サンゴ礁

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

litany

(キリスト教会の)連祷(れんとう)(司祭語句に会衆が唱和する祈りの形式)

《the L-》英国国教会祈祷書(the Book of Common Prayer)中の連祷・嘆願; 反復する詠唱; 延々と続くもの[リスト], 長談議, 退屈な説明

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

relevance

適切

(…に対する)関連性《+『to』+『名』》

selfish

(人・言動などが)『利己的な』,自分本位の

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

illuminate

…‘を'『照らす』,照明する,明るくする

…‘を'『照明で飾る』

…‘を'明らかにする,解明する

〈ページ・写本など〉‘を'色模様(飾り字)で飾る

wondrous

=wonderful

はなはだ,著しく

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

adaptation

〈U〉適応,順応

〈U〉脚色,翻案;〈C〉翻案物,改作物

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

yak

ヤク(チベット・中央アジアの荷物運搬用の毛の長い牛)

herder

家畜の番人,枚夫,家畜の飼い主

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

stockbroker

株式仲買人

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

Edinburgh

エジンバラ(スコットランドの首都)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画