TED日本語 - ジョン・ディレイニー: 海底ケーブル網で実現するリアルタイム海洋観測

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

海洋学者ジョン・ディレイニーは、高解像度カメラとセンサーのネットワークを構築することにより、海洋を全地球的な双方向の実験室にしようとしている。海底とその下の地中の世界について、膨大な量のデータを誰もが引き出せる時代がそこまで来ている。

Script

想像してみてください 心のスクリーンに思い描いてほしいのです ここは17世紀の日本 西の海岸です 真夜中近く 小山の頂へと 急ぎ足で向かう しわだらけの年老いた僧 小山にたどり着くと 濡れた身体のまま そこに佇み 佐渡の方を見やる 海を見渡し 空を仰ぐ そして静かにつぶやく 「荒海や 佐渡に横たふ 天河(あまのがわ)」 芭蕉はすばらしい人物でした 私の知る限り 誰よりも少ない言葉で 誰よりも多くを語りました わずか17音節で 芭蕉が描いた情景は 嵐が去った後の 荒海と 信じられないほど美しい 銀河にきらめく 無数の星々 何百万という星には 数えきれないほどの惑星が存在するはずで そこにはいつかシルビアと呼ばれる 海があるかもしれません 芭蕉は晩年 門人たちから よくこう問われました 「どんな秘密があるのでしょう これほど美しい句を なぜ そんなに易々と詠めるのですか?」 芭蕉はこう答えていました 「松のことは 松に習え」 それだけです

(笑)

海を知るには ありったけの力を傾けなければならないと シルビア(Sylvia Earle)は言いました 海を知りたければ 海に習わねばなりません 今日みなさんにお話ししたいのは 人と海との関係 人と海との相互作用に 変化をもたらしつつあるものです この新しい能力は 今はまだ普及していませんが いずれ広まればと願っています キーポイントを挙げておくと まず 地球上の生活の質を維持するのに 海が中心的な役割を果たしているということ 次に これまで海の研究に あまり使われなかった まったく新しい方法を 私たちが手にしているということ そして最後に 私たちのコミュニティが研究している この新しい方法は 地球や海についての見方を変え ひいては地球全体の扱い方を 一変させるでしょう その価値にふさわしいやり方へと 科学者がまず手をつけるのは 自分の扱う系を決めることです それがどのような系かを最初に定義します チェサピーク湾でもなく 千島弧でも 太平洋全体でもない 地球全体です 大陸も海も含めた この惑星全体 それが私たちの扱う系です

基本的に 私たちが挑戦しているのは この惑星に暮らす利点を 最大限に利用し リスクを軽減することです 地球の生命に影響するエネルギーは 2つのプロセス 2つの源からのみ供給されます 1つは太陽で 風や波 雲や嵐を起こし 光合成を可能にします もう1つは 地球内部のエネルギーです これら2つが ほぼ絶え間なく 互いにせめぎ合っています 山脈すなわち プレートテクトニクスが 大陸を移動させ 鉱床を形成し 火山を噴火させます それが私たちの暮らす惑星 きわめて複雑な系です

この場ですべてを詳細に 理解してもらえるとは思いませんが 皆さんに分かっていただきたいのは 海の中で過去40億年にわたって ほぼ絶え間なく 続いてきたプロセスの これは約10パーセントだということです この系は非常に長期続いています あらゆるものが共進化してきました どういう意味かというと すべてが絶えず 相互に作用しあっているということ すべてが互いに影響を及ぼしています 私たちが目にするこの系の複雑さ 上層はほとんどが 太陽の影響を受けていますが 下層には 地下からくる熱 その他のプロセスの 影響を受けています このことは とても重要です 地球上の生命は このるつぼのような系から 生じたのですから 私たちはこのことを 理解すべき段階にきています ぜひとも理解しなければ これはシルビアが 注意を喚起したテーマの1つ 私たちの海を理解すること 生命を支える基本的な系 ― この惑星上の生命を支える 支配的な系を理解すること

この複雑さを見てください これは変数の一つです 複雑さに目を向けると 小さな渦や 大きな渦の 動きが分かります 単に海水の表面温度を示していますが ものすごく複雑です さらに下の層では 相互に作用する 温度の関数でもあり 他のすべての要因の関数でもある 2~300のプロセスが導入されます これは本当に複雑な系です 私たちが挑戦しているのは 新しい驚異的な方法で この系を理解することです これは緊急の課題です なぜなら 1つには いまこの惑星に暮らしている人々のうち ほぼ10億人が 栄養不足や飢餓に苦しんでいるから また1つには ここにいるコーディーのため ― コーディーはいま 16歳で ― 年齢のことを言う許しをもらっていますが ― 40年後 コーディが ナンシー・ブラウンの年齢になったとき この惑星上の人口は さらに25億人増えているでしょう 海に目を向けるだけで すべての問題を 解決できるわけではありませんが この惑星の生命を支える 基本的な系について 現在よりずっと詳細に 理解することができなければ 私たちは ― コーディーも 98歳になったナンシーも 本当に深刻な事態に直面するでしょう

では 海の重要性について 別の面からお話ししましょう この図を見てください 水温の高いところを赤 低いところを青で示しています 大陸の明るい緑の部分は 植物が生えているところ オリーブ色は植物が枯死しているところです 左下に時間の経過が示され 1982年から1998年までを 繰り返しています ここから何が分かるかというと 植物の成長のリズムは ― 大陸での食糧生産もそこに含まれますが ― 海水の表面温度のリズムと 直接結びついているということです 海は 大陸における植物の成長や 干ばつや 降水パターンと 関連があり はっきりとした影響を与え コントロールさえしています だから カンザス州で小麦を栽培する人々も 自分たちにとって 海がきわめて重要だということを 理解する必要があります 別の複雑さをお見せしましょう これは海洋の年代を示しています そこに構造プレートを重ねます 海洋の年代と 構造プレートを重ね合わせると まったく新しい現象が見られることが このカンファレンスで 紹介されました

ここで リアルタイムで捉えた 高画質ビデオをお見せしましょう この映像は 撮影時点からほんの数秒遅れで 北京やシドニー アムステルダム ワシントンDCで見られていました 熱水噴出孔のことはご存じと思いますが もう1つの発見は 海底よりずっと下の地中で 大量の微生物が活動しているということ まだ発見されたばかりで 研究する方法はほとんどありませんが ある人たちの推定によると この微生物 ― 海底やそのもっと下の 割れ目や小さな孔に棲んでいる 微生物のバイオマスは 地表に棲んでいる生物の バイオマス全体に匹敵するといいます これは驚くべき発見で ごく最近わかったことです たいへん刺激的です 製薬の分野にとって これが次の “熱帯雨林” になるかもしれません まだほとんどわかっていません

マルセル・プルーストはこう言いました 「真の発見の旅は 新しい土地を探すことよりも むしろ新しい目を持つことにある」 新しい物の見方 新しい考え方です 覚えている人も多いでしょうが 初期の海洋研究では 手近にあるものを使うしかありませんでした 当時は 本当に大変だったのです きっと覚えている人もいるはずです でも今は いろいろな道具が使えます 実に強力なツールが揃っています 調査船 観測衛星 係留ブイ 必ずしも期待通りではありません 必要を満たしてくれるとは限らない

プログラムのごく一部をここで紹介します プログラムには研究費が提供され 画面の下の方を動いていくような 自走式の機器も使えます モデリングは 右側に見えるような コンピュータによる 非常に複雑なモデルを使います 左側にあるのは 新しいタイプの係留ブイで これはすぐ後で お目にかけます いくつかの点で 基本となるのは 海は複雑であり 地球上の生命にとって 欠かせないものだということ 海は急速に変化していますが 予測はできません 将来を予測するにはモデルが必要ですが モデルを精緻化するための 十分なデータがありません コンピュータの計算能力は 驚くほど高まっています しかし データがなければ モデルを予測に役立てることはできません 本当に必要なのはデータです いろいろな理由で危険な面もありますが 海洋観測所イニシアチブ(OOI) ― このイニシアチブに 国立科学財団が 研究費を提供していて 状況が大きく変わる可能性があります プログラムの目標は 科学的発見と理解を 海底や さらにその下の領域に届かせること 広くアクセス可能な インタラクティブな テレプレゼンスを使ってです これが新しい世界です

広い海のどこにでも 思うがままに移動し リアルタイムで情報を得られます このシステムの 南半球にあるいくつかの観測点を 円で示しています 北半球には観測点が4つあります 詳しくは説明しませんが 米西海岸の 四角で囲った施設は 地域規模ノードと呼ばれています かつてはNeptune(ネプチューン)と 呼ばれていました この仕組みを支えるのは

光ファイバーによる次世代の通信技術です ここに銅の部分が見えますね 電力も送れますが データを送る広帯域の経路となるのは 髪の毛よりも細いファイバーです ここに示したケーブルで 1秒間に3~5テラビットの情報を 伝送できます きわめて大きな帯域幅です 地球全体がこんなふうに結ばれて いわば光ファイバーの コルセットをしたような具合です ちょうどこんなふうに 大陸と大陸をケーブルで結んで 非常に強力なシステムが 私たちの通信のほとんどを支えています

これが先ほどの 西海岸のシステムで たまたまフアン・デ・フカという プレートと重なっています 大電力を送れる給電路と かつてないほどの帯域幅が これほどの規模で 海中へ 海底とその下の地中へと供給され 広帯域の伝送路と電力 さらにいろいろなプロセスが 機能するようになります これが主要なノードの1つ ― 電源と通信機能を備えた 海中ステーションで シアトルほどの面積をカバーできます どんな科学研究に役立つか ― それは どれだけ多様な科学者が参加し 科学計測のアイデアを 出せるかにかかっています 計測方法を考案し 結びつける いわば 天文台で望遠鏡の使用時間を 配分するようなものです ただし自分のポートで利用可能です 気候変動 海の酸性化 溶存酸素 炭素循環 沿岸湧昇 漁業資源の変動 ― 地球科学と海洋科学の あらゆる領域において 同じ規模で 同時にデータが得られます 後から参加する人は誰でも ただデータベースにアクセスすれば どんな事象についてであれ 必要な情報を引き出せるのです これはほんの手始めで カナダの研究者たちと協力して作った システムです

では このカルデラを見てみましょう 左側にあるのは アキシアル海山という大きな火山です アニメーションで アキシアル海山の中に降りてみましょう このシステムは今 このように計画されています とても強力です 上昇下降を繰り返すエレベーターは 地上から 制御できます インドや中国にいる人に しばらくの間 制御を委ねることもできます すべてがインターネットを通じて 直接結ばれるからです 膨大なデータが陸上へと流れ 興味があれば 誰でも入手できるようになります どこか1箇所に船を出し また別の場所に移動する ― そんなやり方よりも ずっと強力です

いま カルデラの底を横切っています いくつもロボットシステムがあります カメラのスイッチも 実験内容に応じて ― 自由にオンオフできます 配置されるシステム ― 海底に設置される観測機器は ― 画面の文字が読めるでしょうか ― カメラ 圧力センサ 蛍光計 地震計… ありとあらゆる観測機器です そこの盛り上がっている部分は 実際はこんなふうに見えます これが実際の様子です そしてこれが 高解像度で見る実際の活動 ― ケーブルの帯域幅が きわめて広いので 5~10系統の ステレオHDシステムを 継続的に作動させつつ 地上からの ロボット技術で操縦できます たいへん強力です 現在 私たちはこうした活動に 研究費を得ています

将来はどんなことが可能に? いまはちょうど 技術的発展の波に乗ろうというところ 海洋学に関連する分野で 新しい技術がどんどん生まれていて やがて海洋学の研究に 取り入られていくでしょう さまざまな技術が組み合わされて 海洋学はさらに驚異的な変貌を 遂げるでしょう いまやロボットシステムは 驚くほど高度なものになっています 私たちはあらゆる種類のロボット技術を 海に持ち込もうとしています これはナノテクを使った小さな発電装置 切手よりも小さく シャツに付けて身体を動かすだけで 発電できます ただ動くだけで 電力が得られるのです 海で継続的に使える装置が いろいろあります 画像処理技術については 私より皆さんの方が詳しいでしょう 解像度が現在のHDの4倍という 立体画像が 5年以内に当たり前のものになります

本当に見事なものです ヒトジノム解析の成果により 私たちは今や 海で起きている事象についても ― たとえば海底火山の噴火 といった事象について 試料を収集することが出来ます 噴出物を システムに送り込み ボタンを押すと ジノム解析が行われ データは直ちに陸上へと送られます 広大な海について 物理や化学だけでなく 食物連鎖の基盤も 絶え間なく流入するデータに基づいて 見通せるようになります グリッドコンピュータのパワーは 本当に驚異的です グリッドコンピューティングは近いうちに データの調整その他 データに関係する ほぼすべての作業に 使われるようになるでしょう そのための電力は 海で作られます 次世代の光ファイバーも 本当に素晴らしい 現在の光ファイバーを はるかに超えるものです 電力と広帯域の伝送路が 環境に供給されることで すべての新しいテクノロジーを かつてないやり方で組み込めます

5年から7年のうちに テレプレゼンスを使って 海のどこからでも 情報を収集し すべてがインターネットで結ばれ 大勢の人たちとやりとりできます 電力と広帯域の伝送路を 海に張り巡らすことで 適応力が劇的に増大します 一例をあげると 地震が起きたとき これまで見たこともない新種の微生物が 海底から噴き出してきます 新しい方法で これを分析できるのです ここに示す地震活動から 火山の噴火が始まったと判断して 部隊を派遣します もちろん 自律走行する機器の部隊です 活動を始めた海底火山へと急行し 海底からの噴出物の サンプルを集めます そこには今まで 一度も地上に出たことのない 微生物が含まれています サンプルの入った容器が射出され 海面に浮上すると 自律飛行する航空機がそれを拾い上げ 研究所に運びます 噴火が始まって24時間以内にです これは実現可能で 技術はすべてそろっています

9月7日に何があったか ご存じの方は多いでしょう ニューヨークにいる外科医のチームが 遠隔操作で フランスにいる女性の患者の 胆嚢切除術をしたのです 海底でも 驚くようなことができるでしょう 見ていて面白い作業なら テレビで生中継もできます まったく新しいテレプレゼンスを 世界中の海へと広げられるのです ここでは海底の様子を見てもらいました 目標は 地球上のどこからでも 海とリアルタイムでやりとりできる技術 本当に驚くようなことが実現します

たとえば教室の中に 何を持ち込めるかということ さらには ポケットの中にさえ持ち込める 考えたこともないという人は多いでしょうが ポケットの中に海があるという時代がきます 遠い先の話ではありません

では 締めくくりとして また別の詩人の言葉を 皆さんに贈りたいと思います 1943年に T.S.エリオットは 『四つの四重奏』を 書きました ノーベル文学賞を受賞したのは 1948年 『リトル・ギッディング』で エリオットは ― 人類全体のことを語っています もちろん TEDカンファレンスと シルビアのことでもあります 「われらは探索をやめることがない すべてわれらの探索は われらが出発した場所に回帰して終わる しかもその地を 初めて知ることになる 未知でありながら 記憶の中に残る門を抜け 地上で最後に見出すその場所は 最初にあったところなのだ 最も長い川の源には 隠された滝の声 知られていないのは 探していないから それでも聞こえる かすかに聞こえる 海の波の下 静けさのなかに」

ありがとう

(拍手)

For a moment, what I need to do is project something on the screen of your imagination. We're in 17th century Japan on the west coast, and a little, wizened monk is hurrying along, near midnight, to the crest of a small hill. He arrives on the small hill, dripping with water. He stands there, and he looks across at the island, Sado. And he scans across the ocean, and he looks at the sky. Then he says to himself, very quietly, "[ Turbulent the sea, ] [ Stretching across to Sado ] [ The Milky Way ] ." Basho was a brilliant man. He said more with less than any human that I have ever read or talked to. Basho, in 17 syllables, juxtaposed a turbulent ocean driven by a storm now past, and captured the almost impossible beauty of our home galaxy with millions of stars, probably hundreds and hundreds of -- who knows how many -- planets, maybe even an ocean that we will probably call Sylvia in time. As he was nearing his death, his disciples and followers kept asking him, "What's the secret? How can you make haiku poems so beautiful so easily?" And toward the end, he said, "If you would know the pine tree, go to the pine tree." That was it.

(Laughter)

Sylvia has said we must use every capacity we have in order to know the oceans. If we would know the oceans, we must go to the oceans. And what I'd like to talk to you today about, a little bit, is really transforming the relationship, or the interplay, between humans and oceans with a new capability that is not at all routine yet. I hope it will be. There are a few key points. One of them is the oceans are central to the quality of life on earth. Another is that there are bold, new ways of studying oceans that we have not used well yet. And the last is that these bold, new ways that we are exploring as a community will transform the way we look at our planet, our oceans, and eventually how we manage probably the entire planet, for what it's worth. So what scientists do when they begin is to start with the system. They define what the system is. The system isn't Chesapeake Bay. It's not the Kuril arc. It's not even the entire Pacific. It's the whole planet, the entire planet, continents and oceans together. That's the system.

And basically, our challenge is to optimize the benefits and mitigate the risks of living on a planet that's driven by only two processes,two sources of energy,one of which is solar, that drives the winds, the waves, the clouds, the storms and photosynthesis. The second one is internal energy. And these two war against one another almost continuously. Mountain ranges, plate tectonics, moves the continents around, forms ore deposits. Volcanoes erupt. That's the planet that we live on. It's immensely complex.

Now I don't expect all of you to see all the details here, but what I want you to see is this is about 10 percent of the processes that operate within the oceans almost continuously, and have for the last 4 billion years. This is a system that's been around a very long time. And these have all co-evolved. What do I mean by that? They interact with one another constantly. All of them interact with one another. So the complexity of this system that we're looking at, the one driven by the sun -- upper portion, mostly -- and the lower portion is partly driven by the input from heat below and by other processes. This is very, very important because this is the system, this is the crucible, out of which life on the planet came, and it's now time for us to understand it. We must understand it. That's one of the themes that Sylvia reminds us about: understand this ocean of ours, this basic life support system, the dominant life support system on the planet.

Look at this complexity here. This is only one variable. If you can see the complexity, you can see how tiny, little eddies and large eddies and the motion -- this is just sea surface temperature, but it's immensely complicated. Now a layer in, the other two or three hundred processes that are all interacting, partly as a function of temperature, partly as a function of all the other factors, and you've got a really complicated system. That's our challenge, is to understand, understand this system in new and phenomenal ways. And there's an urgency to this. Part of the urgency comes from the fact that, of order, a billion people on the planet currently are undernourished or starving. And part of the issue is for Cody -- who's here,16 years old -- and I have permission to relay this number. When he,40 years from now, is the age of Nancy Brown, there are going to be another two and a half billion people on the planet. We can't solve all the problems by looking only at the oceans, but if we don't understand the fundamental life support system of this planet much more thoroughly than we do now, then the stresses that we will face, and that Cody will face, and even Nancy, who's going to live till she's 98, will have really problems coping.

All right, let's talk about another perspective on the importance of the oceans. Look at this diagram, which is showing warm waters in red, cool waters in blue, and on the continents, what you're seeing in bright green, is the growth of vegetation, and in olive green, the dieback of vegetation. And in the lower left hand corner there's a clock ticking away from 1982 to 1998 and then cycling again. What you'll see is that the rhythms of growth, of vegetation -- a subset of which is food on the continents -- is directly tied to the rhythms of the sea surface temperatures. The oceans control, or at least significantly influence, correlate with, the growth patterns and the drought patterns and the rain patterns on the continents. So people in Kansas, in a wheat field in Kansas, need to understand that the oceans are central to them as well. Another complexity: this is the age of the oceans. I'm going to layer in on top of this the tectonic plates. The age of the ocean, the tectonic plates, gives rise to a totally new phenomenon that we have heard about in this conference.

And I share with you some very high-definition video that we collected in real time. Seconds after this video was taken, people in Beijing, people in Sydney, people in Amsterdam, people in Washington D.C. were watching this. Now you've heard of hydrothermal vents, but the other discovery is that deep below the sea floor, there is vast reservoir of microbial activity, which we have only just discovered and we have almost no way to study. Some people have estimated that the biomass tied up in these microbes living in the pours and the cracks of the sea floor and below rival the total amount of living biomass at the surface of the planet. It's an astonishing insight, and we have only found out about this recently. This is very, very exciting. It may be the next rainforest, in terms of pharmaceuticals. We know little or nothing about it.

Well, Marcel Proust has this wonderful saying that, "The real voyage of discovery consists not so much in seeking new territory, but possibly in having new sets of eyes," new ways of seeing things, a new mindset. And many of you remember the early stages of oceanography, when we had to use what we had at our fingertips. And it wasn't easy. It wasn't easy in those days. Some of you remember this, I'm sure. And now, we have an entire suite of tools that are really pretty powerful -- ships, satellites, moorings. But they don't quite cut it. They don't quite give us what we need.

And the program that I wanted to talk to you about just a little bit here, was funded, and it involves autonomous vehicles like the one running across the base of this image. Modeling: on the right hand side, there's a very complex computational model. On the left hand side, there's a new type of mooring, which I'll show you in just a second. And on the basis of several points, the oceans are complex, and they're central to the life on earth. They are changing rapidly, but not predictably. And the models that we need to predict the future do not have enough data to refine them. The computational power is amazing. But without data, those models will never ever be predicted. And that's what we really need. For a variety of reasons they're dangerous, but we feel that OOI, this Ocean Observatory Initiative, which the National Science Foundation has begun to fund, has the potential to really transform things. And the goal of the program is to launch an era of scientific discovery and understanding across and within the ocean basins, utilizing widely accessible, interactive telepresence. It's a new world.

We will be present throughout the volume of the ocean, at will, communicating in real time. And this is what the system involves, a number of sites in the southern hemisphere, shown in those circles. And in the northern hemisphere there are four sites. I won't talk a lot about most of them right here, but the one on the west coast, that's in the box, is called the regional scale nodes. It was once called Neptune. And let me show you what's behind it.

Fiber: next-generation way of communicating. You can see the copper tips on these things. You can transmit power, but the bandwidth is in those tiny, little threads smaller than the hair on your head in diameter. And this particular set here can transmit something of the order of three to five terabits per second. This is phenomenal bandwidth. And this is what the planet looks like. We are already laced up as if we're in a fiber optic corset, if you like. This is what it looks like. And the cables go really continent to continent. It's a very powerful system, and most of our communications consist of it.

So this is the system that I'm talking about, off the west coast. It's coincident with the tectonic plate, the Juan de Fuca tectonic plate. And it's going to deliver abundant power and unprecedented bandwidth across this entire volume -- in the overlying ocean, on the sea floor and below the sea floor. Bandwidth and power and a wide variety of processes that will be operating. This is what one of those primary nodes looks like, and it's like a sub station with power and bandwidth that can spread out over an area the size of Seattle. And the kind of science that can be done will be determined by a variety of scientists who want to be involved and can bring the instrumentation to the table. They will bring it and link it in. It'll be, in a sense, like having time on a telescope, except you'll have your own port. Climate change, ocean acidification, dissolved oxygen, carbon cycle, coastal upwelling, fishing dynamics -- the full spectrum of earth science and ocean science simultaneously in the same volume. So anyone coming along later simply accesses the database and can draw down the information they need about anything that has taken place. And this is just the first of these. In conjunction with our Canadian colleagues, we've set this up.

Now I want to take you into the caldera. On the left hand side there is a large volcano called Axial Seamount. And we're going to go down into the Axial Seamount using animation. Here's what this system is going to look like that we are funded to build at this point. Very powerful. That's an elevator that's constantly moving up and down, but it can be controlled by the folks on land who are responsible for it. Or they can transfer control to someone in India or China who can take over for a while, because it's all going to be directly connected through the Internet. There will be massive amounts of data flowing ashore, all available to anyone who has any interest in using it. This is going to be much more powerful than having a single ship in a single location, then move to a new location.

We're flying across the caldera floor. There is a number of robotic systems. There's cameras that can be turned on and off at your will, if those are your experiments. The kinds of systems that will be down there, the kinds of instruments that will be on the sea floor, consist of -- if you can read them there -- there's cameras, there's pressure sensors, fluorometers, there's seismometers. It's a full spectrum of tools. Now, that mound right there actually looks like this. This is what it actually looks like. And this is the kind of activity that we can see with high-definition video, because the bandwidth of these cables is so huge that we could have five to 10 stereo HD systems running continuously and, again, directed through robotic techniques from land. Very, very powerful. And these are the things that we're funded to do today.

So what can we actually do tomorrow? We're about to ride the wave of technological opportunity. There are emerging technologies throughout the field around oceanography, which we will incorporate into oceanography, and through that convergence, we will transform oceanography into something even more magical. Robotics systems are just incredible these days, absolutely incredible. And we will be bringing robotics of all sorts into the ocean. Nanotechnology: this is a small generator. It's smaller than a postage stamp, and it can generate power just by being attached to your shirt as you move. Just as you move, it generates power. There are many kinds of things that can be used in the ocean, continuously. Imaging: Many of you know a good deal more about this type of thing than I, but stereo imaging at four times the definition that we have in HD will be routine within five years.

And this is the magic one. As a result of the human genome process, we are in a situation where events that take place in the ocean -- like an erupting volcano, or something of that sort -- can actually be sampled. We pump the fluid through one of these systems, and we press the button, and it's analyzed for the genomic character. And that's transmitted back to land immediately. So in the volume of the ocean, we will know, not just the physics and the chemistry, but the base of the food chain will be transparent to us with data on a continuous basis. Grid computing: the power of grid computers is going to be just amazing here. We will soon be using grid computing to do pretty much everything, like adjust the data and everything that goes with the data. The power generation will come from the ocean itself. And the next generation fiber will be simply magic. It's far beyond what we currently have. So the presence of the power and the bandwidth in the environment will allow all of these new technologies to converge in a manner that is just unprecedented.

So within five to seven years, I see us having a capacity to be completely present throughout the ocean and have all of that connected to the Internet, so we can reach many, many folks. Delivering the power and the bandwidth into the ocean will dramatically accelerate adaptation. Here's an example. When earthquakes take place, massive amounts of these new microbes we've never seen before come out of the sea floor. We have a way of addressing that, a new way of addressing that. We've determined from the earthquake activity that you're seeing here that the top of that volcano is erupting, so we deploy the troops. What are the troops? The troops are the autonomous vehicles, of course. And they fly into the erupting volcano. They sample the fluids coming out of the sea floor during an eruption, which have the microbes that have never been to the surface of the planet before. They eject it to the surface where it floats, and it is picked up by an autonomous airplane, and it's brought back to the laboratory within 24 hours of the eruption. This is doable. All the pieces are there.

A laboratory: many of you heard what happened on 9/7. Some doctors in New York City removed the gallbladder of a woman in France. We could do work on the sea floor that would be stunning, and it would be on live TV, if we have interesting things to show. So we can bring an entirely new telepresence to the world, throughout the ocean. This -- I've shown you sea floor -- but so the goal here is real time interaction with the oceans from anywhere on earth. It's going to be amazing.

And as I go here, I just want to show you what we can bring into classrooms, and indeed, what we can bring into your pocket. Many of you don't think of this yet, but the ocean will be in your pocket. It won't be long. It won't be long.

So let me leave you then with a few words from another poet, if you'll forgive me. In 1943, T.S. Eliot wrote the "Four Quartets." He won the Nobel Prize for literature in 1948. In "Little Gidding" he says -- speaking I think for the human race, but certainly for the TED Conference and Sylvia -- "We shall not cease from exploration, and the end of all our exploring will be to arrive where we started and know the place for the first time, arrive through the unknown remembered gate where the last of earth left to discover is that which was the beginning. At the source of the longest river the voice of a hidden waterfall not known because not looked for, but heard, half heard in the stillness beneath the waves of the sea."

Thank you.

(Applause)

For a moment,/ what I need to do/ is project something/ on the screen of your imagination.//

想像してみてください 心のスクリーンに思い描いてほしいのです

We're in 17th century/ Japan/ on the west coast,/ and a little, wizened monk is hurrying along,/ near midnight,/ to the crest of a small hill.//

ここは17世紀の日本 西の海岸です 真夜中近く 小山の頂へと 急ぎ足で向かう しわだらけの年老いた僧

He arrives on the small hill,/ dripping with water.//

小山にたどり着くと 濡れた身体のまま

He stands there,/ and he looks across/ at the island,/ Sado.//

そこに佇み 佐渡の方を見やる

And he scans across the ocean,/ and he looks at the sky.//

海を見渡し 空を仰ぐ

Then/ he says to himself,/ very quietly,/ "[ Turbulent/ the sea,/ ] [ Stretching across to Sado ] [ The Milky Way ] ."//

そして静かにつぶやく 「荒海や 佐渡に横たふ 天河(あまのがわ)」

Basho was a brilliant man.//

芭蕉はすばらしい人物でした

He said more/ with less/ than any human/ that I have ever read or talked to.//

私の知る限り 誰よりも少ない言葉で 誰よりも多くを語りました

Basho,/ in 17 syllables,/ juxtaposed/ a turbulent ocean driven by a storm now past,/ and captured the almost impossible beauty of our home galaxy/ with millions of stars,/ probably hundreds and hundreds of --/ who knows how many --/ planets,/ maybe even/ an ocean/ that we will probably call Sylvia/ in time.//

わずか17音節で 芭蕉が描いた情景は 嵐が去った後の 荒海と 信じられないほど美しい 銀河にきらめく 無数の星々 何百万という星には 数えきれないほどの惑星が存在するはずで そこにはいつかシルビアと呼ばれる 海があるかもしれません

As he was nearing his death,/ his disciples and followers kept asking/ him,/ "What's the secret?//

芭蕉は晩年 門人たちから よくこう問われました 「どんな秘密があるのでしょう

How can you make haiku poems so beautiful so easily?"//

これほど美しい句を なぜ そんなに易々と詠めるのですか?」

And toward the end,/ he said,/ "If you would know the pine tree,/ go to the pine tree."//

芭蕉はこう答えていました 「松のことは 松に習え」

That was it.//

それだけです

(笑)

Sylvia has said/ we must use every capacity/ we have/ in order/ to know the oceans.//

海を知るには ありったけの力を傾けなければならないと シルビア(Sylvia Earle)は言いました

If we would know the oceans,/ we must go to the oceans.//

海を知りたければ 海に習わねばなりません

And what I'd like to talk/ to you/ today about,/ a little bit,/ is really transforming the relationship,/ or the interplay,/ between humans and oceans/ with a new capability/ that is not at all routine yet.//

今日みなさんにお話ししたいのは 人と海との関係 人と海との相互作用に 変化をもたらしつつあるものです この新しい能力は 今はまだ普及していませんが

I hope/ it will be.//

いずれ広まればと願っています

There are a few key points.//

キーポイントを挙げておくと

One of them is the oceans are central/ to the quality of life/ on earth.//

まず 地球上の生活の質を維持するのに 海が中心的な役割を果たしているということ

Another is/ that there are bold, new ways of studying oceans/ that we have not used well yet.//

次に これまで海の研究に あまり使われなかった まったく新しい方法を 私たちが手にしているということ

And the last is/ that these bold, new ways/ that we are exploring as a community will transform the way/ we look at our planet,/ our oceans,/ and eventually/ how we manage probably/ the entire planet,/ for what it's worth.//

そして最後に 私たちのコミュニティが研究している この新しい方法は 地球や海についての見方を変え ひいては地球全体の扱い方を 一変させるでしょう その価値にふさわしいやり方へと

So/ what scientists do/ when they begin is to start with the system.//

科学者がまず手をつけるのは 自分の扱う系を決めることです

They define/ what the system is.//

それがどのような系かを最初に定義します

The system isn't Chesapeake Bay.//

チェサピーク湾でもなく

It's not the Kuril arc.// It's not even the entire Pacific.//

千島弧でも 太平洋全体でもない

It's the whole planet,/ the entire planet,/ continents and oceans together.//

地球全体です 大陸も海も含めた この惑星全体

That's the system.//

それが私たちの扱う系です

And basically,/ our challenge is to optimize the benefits/ and mitigate the risks of living on a planet/ that's driven by only two processes,/two sources of energy,/one of which is solar,/ that drives the winds,/ the waves,/ the clouds,/ the storms/ and photosynthesis.//

基本的に 私たちが挑戦しているのは この惑星に暮らす利点を 最大限に利用し リスクを軽減することです 地球の生命に影響するエネルギーは 2つのプロセス 2つの源からのみ供給されます 1つは太陽で 風や波 雲や嵐を起こし 光合成を可能にします

The second one is internal energy.//

もう1つは 地球内部のエネルギーです

And these two war/ against one/ another almost continuously.//

これら2つが ほぼ絶え間なく 互いにせめぎ合っています

Mountain ranges,/ plate tectonics,/ moves the continents around,/ forms ore deposits.//

山脈すなわち プレートテクトニクスが 大陸を移動させ 鉱床を形成し

火山を噴火させます

That's the planet/ that we live on.//

それが私たちの暮らす惑星

きわめて複雑な系です

Now/ I don't expect all of you/ to see all the details here,/ but what I want/ you to see is this is about 10 percent of the processes/ that operate within the oceans almost continuously,/ and have for the last 4 billion years.//

この場ですべてを詳細に 理解してもらえるとは思いませんが 皆さんに分かっていただきたいのは 海の中で過去40億年にわたって ほぼ絶え間なく 続いてきたプロセスの これは約10パーセントだということです

This is a system/ that's been around a very long time.//

この系は非常に長期続いています

And these have all co-evolved.//

あらゆるものが共進化してきました

What do I mean by that?//

どういう意味かというと

They interact with one/ another constantly.//

すべてが絶えず 相互に作用しあっているということ

All of them interact with one another.//

すべてが互いに影響を及ぼしています

So the complexity of this system/ that we're looking/ at,/ the one driven by the sun --/ upper portion,/ mostly --/ and the lower portion is partly driven by the input/ from heat/ below and by other processes.//

私たちが目にするこの系の複雑さ 上層はほとんどが 太陽の影響を受けていますが 下層には 地下からくる熱 その他のプロセスの 影響を受けています

This is very, very important/ because this is the system,/ this is the crucible,/ out of which life/ on the planet came,/ and it's now/ time/ for us/ to understand it.//

このことは とても重要です 地球上の生命は このるつぼのような系から 生じたのですから 私たちはこのことを 理解すべき段階にきています

We must understand it.//

ぜひとも理解しなければ

That's one of the themes/ that Sylvia reminds us about:/ understand this ocean of ours,/ this basic life support system,/ the dominant life support system/ on the planet.//

これはシルビアが 注意を喚起したテーマの1つ 私たちの海を理解すること 生命を支える基本的な系 ― この惑星上の生命を支える 支配的な系を理解すること

Look at this complexity here.//

この複雑さを見てください

This is only one variable.//

これは変数の一つです

If you can see the complexity,/ you can see how tiny,/ little eddies and large eddies and the motion --/ this is just sea surface temperature,/ but it's immensely complicated.//

複雑さに目を向けると 小さな渦や 大きな渦の 動きが分かります 単に海水の表面温度を示していますが ものすごく複雑です

Now/ a layer in,/ the other two or three hundred processes/ that are all interacting,/ partly/ as a function of temperature,/ partly/ as a function of all the other factors,/ and you've got a really complicated system.//

さらに下の層では 相互に作用する 温度の関数でもあり 他のすべての要因の関数でもある 2~300のプロセスが導入されます これは本当に複雑な系です

That's our challenge,/ is to understand,/ understand this system/ in new and phenomenal ways.//

私たちが挑戦しているのは 新しい驚異的な方法で この系を理解することです

And there's an urgency/ to this.//

これは緊急の課題です

Part of the urgency comes from the fact/ that,/ of order,/ a billion people/ on the planet currently are undernourished or starving.//

なぜなら 1つには いまこの惑星に暮らしている人々のうち ほぼ10億人が 栄養不足や飢餓に苦しんでいるから

And part of the issue is for Cody --/ who's here,/16 years old --/ and I have permission/ to relay this number.//

また1つには ここにいるコーディーのため ― コーディーはいま 16歳で ― 年齢のことを言う許しをもらっていますが ―

When he,/40 years/ from now,/ is the age of Nancy Brown,/ there are going to be another two and a half billion people/ on the planet.//

40年後 コーディが ナンシー・ブラウンの年齢になったとき この惑星上の人口は さらに25億人増えているでしょう

We can't solve all the problems/ by looking only/ at the oceans,/ but/ if we don't understand the fundamental life support system of this planet much more thoroughly/ than we do now,/ then/ the stresses/ that we will face,/ and/ that Cody will face,/ and even/ Nancy,/ who's going to live/ till she's 98,/ will have really/ problems coping.//

海に目を向けるだけで すべての問題を 解決できるわけではありませんが この惑星の生命を支える 基本的な系について 現在よりずっと詳細に 理解することができなければ 私たちは ― コーディーも 98歳になったナンシーも 本当に深刻な事態に直面するでしょう

All right,/ let's talk/ about another perspective/ on the importance of the oceans.//

では 海の重要性について 別の面からお話ししましょう

Look/ at this diagram,/ which is showing warm waters/ in red, cool waters/ in blue,/ and on the continents,/ what you're seeing/ in bright green,/ is the growth of vegetation,/ and in olive green,/ the dieback of vegetation.//

この図を見てください 水温の高いところを赤 低いところを青で示しています 大陸の明るい緑の部分は 植物が生えているところ オリーブ色は植物が枯死しているところです

And in the lower left hand corner/ there's a clock/ ticking away/ from 1982/ to 1998/ and then/ cycling again.//

左下に時間の経過が示され 1982年から1998年までを 繰り返しています

What you'll see/ is/ that the rhythms of growth,/ of vegetation --/ a subset of which is food/ on the continents --/ is directly tied to the rhythms of the sea surface temperatures.//

ここから何が分かるかというと 植物の成長のリズムは ― 大陸での食糧生産もそこに含まれますが ― 海水の表面温度のリズムと 直接結びついているということです

The oceans control,/ or at least significantly influence,/ correlate with,/ the growth patterns and the drought patterns and the rain patterns/ on the continents.//

海は 大陸における植物の成長や 干ばつや 降水パターンと 関連があり はっきりとした影響を与え コントロールさえしています

So people/ in Kansas,/ in a wheat field/ in Kansas,/ need to understand/ that the oceans are central/ to them/ as well.//

だから カンザス州で小麦を栽培する人々も 自分たちにとって 海がきわめて重要だということを 理解する必要があります

Another complexity:/ this is the age of the oceans.//

別の複雑さをお見せしましょう

I'm going to layer in/ on top of this the tectonic plates.//

これは海洋の年代を示しています そこに構造プレートを重ねます

The age of the ocean,/ the tectonic plates,/ gives rise/ to a totally new phenomenon/ that we have heard about/ in this conference.//

海洋の年代と 構造プレートを重ね合わせると まったく新しい現象が見られることが このカンファレンスで 紹介されました

And I share with you/ some very high-definition video/ that we collected in real time.//

ここで リアルタイムで捉えた 高画質ビデオをお見せしましょう

Seconds/ after this video was taken,/ people/ in Beijing,/ people/ in Sydney,/ people/ in Amsterdam,/ people/ in Washington D.C. were watching this.//

この映像は 撮影時点からほんの数秒遅れで 北京やシドニー アムステルダム ワシントンDCで見られていました

Now/ you've heard of hydrothermal vents,/ but the other discovery is/ that deep/ below the sea floor,/ there is vast reservoir of microbial activity,/ which we have only just discovered/ and we have almost no way/ to study.//

熱水噴出孔のことはご存じと思いますが もう1つの発見は 海底よりずっと下の地中で 大量の微生物が活動しているということ まだ発見されたばかりで 研究する方法はほとんどありませんが

Some people have estimated/ that the biomass tied up/ in these microbes/ living in the pours and the cracks of the sea floor/ and/ below rival/ the total amount of living biomass/ at the surface of the planet.//

ある人たちの推定によると この微生物 ― 海底やそのもっと下の 割れ目や小さな孔に棲んでいる 微生物のバイオマスは 地表に棲んでいる生物の バイオマス全体に匹敵するといいます

It's an astonishing insight,/ and we have only found out/ about this recently.//

これは驚くべき発見で ごく最近わかったことです

This is very, very exciting.//

たいへん刺激的です

It may be the next rainforest,/ in terms of pharmaceuticals.//

製薬の分野にとって これが次の “熱帯雨林” になるかもしれません

We know little or nothing/ about it.//

まだほとんどわかっていません

Well,/ Marcel Proust has this wonderful saying/ that,/ "The real voyage of discovery consists not so much/ in seeking new territory,/ but possibly/ in having new sets of eyes,/"/ new ways of seeing things,/ a new mindset.//

マルセル・プルーストはこう言いました 「真の発見の旅は 新しい土地を探すことよりも むしろ新しい目を持つことにある」 新しい物の見方 新しい考え方です

And many of you remember the early stages of oceanography,/ when we had to use/ what we had at our fingertips.//

覚えている人も多いでしょうが 初期の海洋研究では 手近にあるものを使うしかありませんでした

And it wasn't easy.// It wasn't easy/ in those days.//

当時は 本当に大変だったのです

Some of you remember this,/ I'm sure.//

きっと覚えている人もいるはずです

And now,/ we have an entire suite of tools/ that are really pretty powerful --/ ships,/ satellites,/ moorings.//

でも今は いろいろな道具が使えます 実に強力なツールが揃っています 調査船 観測衛星 係留ブイ

But they don't quite cut it.// They don't quite give us/ what we need.//

必ずしも期待通りではありません 必要を満たしてくれるとは限らない

And the program/ that I wanted to talk/ to you/ about just a little bit here,/ was funded,/ and it involves autonomous vehicles/ like the one running/ across the base of this image.//

プログラムのごく一部をここで紹介します プログラムには研究費が提供され 画面の下の方を動いていくような 自走式の機器も使えます

Modeling:/ on the right hand side,/ there's a very complex computational model.//

モデリングは 右側に見えるような コンピュータによる 非常に複雑なモデルを使います

On the left hand side,/ there's a new type of mooring,/ which I'll show you/ in just a second.//

左側にあるのは 新しいタイプの係留ブイで これはすぐ後で お目にかけます

And/ on the basis of several points,/ the oceans are complex,/ and they're central/ to the life/ on earth.//

いくつかの点で 基本となるのは 海は複雑であり 地球上の生命にとって 欠かせないものだということ

They are changing rapidly,/ but not predictably.//

海は急速に変化していますが 予測はできません

And the models/ that we need to predict/ the future do not have enough data/ to refine them.//

将来を予測するにはモデルが必要ですが モデルを精緻化するための 十分なデータがありません

The computational power is amazing.//

コンピュータの計算能力は 驚くほど高まっています

But without data,/ those models will never ever be predicted.//

しかし データがなければ モデルを予測に役立てることはできません

And that's/ what we really need.//

本当に必要なのはデータです

For a variety of reasons/ they're dangerous,/ but we feel/ that OOI,/ this Ocean Observatory Initiative,/ which the National Science Foundation has begun to fund,/ has the potential/ to really transform things.//

いろいろな理由で危険な面もありますが 海洋観測所イニシアチブ(OOI) ― このイニシアチブに 国立科学財団が 研究費を提供していて 状況が大きく変わる可能性があります

And the goal of the program is to launch an era of scientific discovery and understanding/ across and within the ocean basins,/ utilizing widely accessible, interactive telepresence.//

プログラムの目標は 科学的発見と理解を 海底や さらにその下の領域に届かせること 広くアクセス可能な インタラクティブな テレプレゼンスを使ってです

It's a new world.//

これが新しい世界です

We will be present/ throughout the volume of the ocean,/ at will,/ communicating in real time.//

広い海のどこにでも 思うがままに移動し リアルタイムで情報を得られます

And this is/ what the system involves,/ a number of sites/ in the southern hemisphere,/ shown in those circles.//

このシステムの 南半球にあるいくつかの観測点を 円で示しています

And in the northern hemisphere/ there are four sites.//

北半球には観測点が4つあります

I won't talk a lot/ about most of them right here,/ but the one/ on the west coast,/ that's in the box,/ is called the regional scale nodes.//

詳しくは説明しませんが 米西海岸の 四角で囲った施設は 地域規模ノードと呼ばれています

It was once called Neptune.//

かつてはNeptune(ネプチューン)と 呼ばれていました

And let me/ show you/ what's behind it.//

この仕組みを支えるのは

Fiber:/ next-generation way of communicating.//

光ファイバーによる次世代の通信技術です

You can see the copper tips/ on these things.//

ここに銅の部分が見えますね

You can transmit power,/ but the bandwidth is in those tiny, little threads smaller/ than the hair/ on your head/ in diameter.//

電力も送れますが データを送る広帯域の経路となるのは 髪の毛よりも細いファイバーです

And this particular set here can transmit something of the order of three to five terabits/ per second.//

ここに示したケーブルで 1秒間に3~5テラビットの情報を 伝送できます

This is phenomenal bandwidth.//

きわめて大きな帯域幅です

And this is/ what the planet looks/ like.//

地球全体がこんなふうに結ばれて

We are already laced up/ as if we're in a fiber optic corset,/ if you like.//

いわば光ファイバーの コルセットをしたような具合です

This is/ what it looks like.//

ちょうどこんなふうに

And the cables go really continent/ to continent.//

大陸と大陸をケーブルで結んで

It's a very powerful system,/ and most of our communications consist of it.//

非常に強力なシステムが 私たちの通信のほとんどを支えています

So this is the system/ that I'm talking/ about,/ off the west coast.// It's coincident/ with the tectonic plate,/ the Juan de Fuca tectonic plate.//

これが先ほどの 西海岸のシステムで たまたまフアン・デ・フカという プレートと重なっています

And it's going to deliver/ abundant power and unprecedented bandwidth/ across this entire volume --/ in the overlying ocean,/ on the sea floor/ and/ below the sea floor.//

大電力を送れる給電路と かつてないほどの帯域幅が これほどの規模で 海中へ 海底とその下の地中へと供給され

Bandwidth and power/ and a wide variety of processes/ that will be operating.//

広帯域の伝送路と電力 さらにいろいろなプロセスが 機能するようになります

This is/ what one of those primary nodes looks like,/ and it's like a sub station/ with power and bandwidth/ that can spread out/ over an area/ the size of Seattle.//

これが主要なノードの1つ ― 電源と通信機能を備えた 海中ステーションで シアトルほどの面積をカバーできます

And the kind of science/ that can be done/ will be determined by a variety of scientists/ who want to be involved/ and can bring the instrumentation/ to the table.//

どんな科学研究に役立つか ― それは どれだけ多様な科学者が参加し 科学計測のアイデアを 出せるかにかかっています

They will bring it/ and link it in.//

計測方法を考案し 結びつける

It'll be,/ in a sense,/ like having time/ on a telescope,/ except you'll have your own port.//

いわば 天文台で望遠鏡の使用時間を 配分するようなものです ただし自分のポートで利用可能です

Climate change,/ ocean acidification,/ dissolved oxygen,/ carbon cycle,/ coastal upwelling,/ fishing dynamics --/ the full spectrum of earth science and ocean science simultaneously/ in the same volume.//

気候変動 海の酸性化 溶存酸素 炭素循環 沿岸湧昇 漁業資源の変動 ― 地球科学と海洋科学の あらゆる領域において 同じ規模で 同時にデータが得られます

So anyone/ coming along later simply accesses the database/ and can draw down/ the information/ they need about anything/ that has taken place.//

後から参加する人は誰でも ただデータベースにアクセスすれば どんな事象についてであれ 必要な情報を引き出せるのです

And this is just the first of these.//

これはほんの手始めで

In conjunction/ with our Canadian colleagues,/ we've set this up.//

カナダの研究者たちと協力して作った システムです

Now/ I want to take/ you/ into the caldera.//

では このカルデラを見てみましょう

On the left hand side/ there is a large volcano called Axial Seamount.//

左側にあるのは アキシアル海山という大きな火山です

And we're going to go down/ into the Axial Seamount/ using animation.//

アニメーションで アキシアル海山の中に降りてみましょう

Here's/ what this system is going to look/ like that we are funded to build/ at this point.//

このシステムは今 このように計画されています

Very powerful.//

とても強力です

That's an elevator/ that's constantly moving/ up and down,/ but it can be controlled by the folks/ on land/ who are responsible/ for it.//

上昇下降を繰り返すエレベーターは 地上から 制御できます

Or they can transfer control/ to someone/ in India or China/ who can take over/ for a while,/ because it's all going to be directly connected through the Internet.//

インドや中国にいる人に しばらくの間 制御を委ねることもできます すべてがインターネットを通じて 直接結ばれるからです

There will be massive amounts of data/ flowing ashore,/ all available/ to anyone/ who has any interest/ in using it.//

膨大なデータが陸上へと流れ 興味があれば 誰でも入手できるようになります

This is going to be much more powerful/ than having a single ship/ in a single location,/ then move to a new location.//

どこか1箇所に船を出し また別の場所に移動する ― そんなやり方よりも ずっと強力です

We're flying/ across the caldera floor.//

いま カルデラの底を横切っています

There is a number of robotic systems.//

いくつもロボットシステムがあります

There's cameras/ that can be turned on and off/ at your will,/ if those are your experiments.//

カメラのスイッチも 実験内容に応じて ― 自由にオンオフできます

The kinds of systems/ that will be down there,/ the kinds of instruments/ that will be on the sea floor,/ consist of --/ if you can read them there --/ there's cameras,/ there's pressure sensors,/ fluorometers,/ there's seismometers.//

配置されるシステム ― 海底に設置される観測機器は ― 画面の文字が読めるでしょうか ― カメラ 圧力センサ 蛍光計 地震計…

It's a full spectrum of tools.//

ありとあらゆる観測機器です

Now,/ that mound right there actually looks like this.//

そこの盛り上がっている部分は 実際はこんなふうに見えます

This is/ what it actually looks like.//

これが実際の様子です

And this is the kind of activity/ that we can see with high-definition video,/ because the bandwidth of these cables is so huge/ that we could have five to 10 stereo HD systems/ running continuously and,/ again,/ directed through robotic techniques/ from land.//

そしてこれが 高解像度で見る実際の活動 ― ケーブルの帯域幅が きわめて広いので 5~10系統の ステレオHDシステムを 継続的に作動させつつ 地上からの ロボット技術で操縦できます

Very,/ very powerful.//

たいへん強力です

And these are the things/ that we're funded to do today.//

現在 私たちはこうした活動に 研究費を得ています

So/ what can we actually do tomorrow?//

将来はどんなことが可能に?

We're/ about to ride the wave of technological opportunity.//

いまはちょうど 技術的発展の波に乗ろうというところ

There are emerging technologies/ throughout the field/ around oceanography,/ which we will incorporate into oceanography,/ and through that convergence,/ we will transform oceanography/ into something/ even more magical.//

海洋学に関連する分野で 新しい技術がどんどん生まれていて やがて海洋学の研究に 取り入られていくでしょう さまざまな技術が組み合わされて 海洋学はさらに驚異的な変貌を 遂げるでしょう

Robotics systems are just incredible these days,/ absolutely/ incredible.//

いまやロボットシステムは 驚くほど高度なものになっています

And we will be bringing robotics of all sorts/ into the ocean.//

私たちはあらゆる種類のロボット技術を 海に持ち込もうとしています

Nanotechnology:/ this is a small generator.//

これはナノテクを使った小さな発電装置

It's smaller/ than a postage stamp,/ and it can generate power just/ by being attached to your shirt/ as you move.//

切手よりも小さく シャツに付けて身体を動かすだけで 発電できます

Just/ as you move,/ it generates power.//

ただ動くだけで 電力が得られるのです

There are many kinds of things/ that can be used in the ocean,/ continuously.//

海で継続的に使える装置が いろいろあります

Imaging:/ Many of you know a good deal more/ about this type of thing/ than I,/ but stereo imaging/ at four times the definition/ that we have in HD will be routine/ within five years.//

画像処理技術については 私より皆さんの方が詳しいでしょう 解像度が現在のHDの4倍という 立体画像が 5年以内に当たり前のものになります

And this is the magic one.//

本当に見事なものです

As a result of the human genome process,/ we are in a situation/ where events/ that take place/ in the ocean --/ like an erupting volcano,/ or something of that sort --/ can actually be sampled.//

ヒトジノム解析の成果により 私たちは今や 海で起きている事象についても ― たとえば海底火山の噴火 といった事象について 試料を収集することが出来ます

We pump the fluid/ through one of these systems,/ and we press the button,/ and it's analyzed for the genomic character.//

噴出物を システムに送り込み ボタンを押すと ジノム解析が行われ

And that's transmitted back/ to land immediately.//

データは直ちに陸上へと送られます

So/ in the volume of the ocean,/ we will know,/ not just/ the physics and the chemistry,/ but the base of the food chain will be transparent/ to us/ with data/ on a continuous basis.//

広大な海について 物理や化学だけでなく 食物連鎖の基盤も 絶え間なく流入するデータに基づいて 見通せるようになります

Grid computing:/ the power of grid computers is going to be just amazing here.//

グリッドコンピュータのパワーは 本当に驚異的です

We will soon be using grid computing/ to do pretty much everything,/ like adjust the data and everything/ that goes with the data.//

グリッドコンピューティングは近いうちに データの調整その他 データに関係する ほぼすべての作業に 使われるようになるでしょう

The power generation will come from the ocean itself.//

そのための電力は 海で作られます

And the next generation fiber will be simply magic.//

次世代の光ファイバーも 本当に素晴らしい

It's far/ beyond what we currently have.//

現在の光ファイバーを はるかに超えるものです

So the presence of the power/ and the bandwidth/ in the environment will allow all of these new technologies/ to converge in a manner/ that is just unprecedented.//

電力と広帯域の伝送路が 環境に供給されることで すべての新しいテクノロジーを かつてないやり方で組み込めます

So/ within five to seven years,/ I see us/ having a capacity/ to be completely present/ throughout the ocean/ and have all of that connected to the Internet,/ so we can reach many, many folks.//

5年から7年のうちに テレプレゼンスを使って 海のどこからでも 情報を収集し すべてがインターネットで結ばれ 大勢の人たちとやりとりできます

Delivering the power/ and the bandwidth/ into the ocean will dramatically accelerate adaptation.//

電力と広帯域の伝送路を 海に張り巡らすことで 適応力が劇的に増大します

Here's an example.//

一例をあげると

When earthquakes take place,/ massive amounts of these new microbes/ we've never seen/ before come out of the sea floor.//

地震が起きたとき これまで見たこともない新種の微生物が 海底から噴き出してきます

We have a way of addressing/ that,/ a new way of addressing that.//

新しい方法で これを分析できるのです

We've determined from the earthquake activity/ that you're seeing/ here/ that the top of that volcano is erupting,/ so we deploy the troops.//

ここに示す地震活動から 火山の噴火が始まったと判断して 部隊を派遣します

What are the troops?// The troops are the autonomous vehicles,/ of course.//

もちろん 自律走行する機器の部隊です

And they fly into the erupting volcano.//

活動を始めた海底火山へと急行し

They sample the fluids/ coming out of the sea floor/ during an eruption,/ which have the microbes/ that have never been to the surface of the planet before.//

海底からの噴出物の サンプルを集めます そこには今まで 一度も地上に出たことのない 微生物が含まれています

They eject it/ to the surface/ where it floats,/ and it is picked up/ by an autonomous airplane,/ and it's brought back/ to the laboratory/ within 24 hours of the eruption.//

サンプルの入った容器が射出され 海面に浮上すると 自律飛行する航空機がそれを拾い上げ 研究所に運びます 噴火が始まって24時間以内にです

This is doable.// All the pieces are there.//

これは実現可能で 技術はすべてそろっています

A laboratory:/ many of you heard/ what happened on 9/7.//

9月7日に何があったか ご存じの方は多いでしょう

Some doctors/ in New York City removed the gallbladder of a woman/ in France.//

ニューヨークにいる外科医のチームが 遠隔操作で フランスにいる女性の患者の 胆嚢切除術をしたのです

We could do work on the sea floor/ that would be stunning,/ and it would be on live TV,/ if we have interesting things/ to show.//

海底でも 驚くようなことができるでしょう 見ていて面白い作業なら テレビで生中継もできます

So/ we can bring an entirely new telepresence/ to the world,/ throughout the ocean.//

まったく新しいテレプレゼンスを 世界中の海へと広げられるのです

This --/ I've shown you/ sea floor --/ but so/ the goal here is real time interaction/ with the oceans/ from anywhere/ on earth.//

ここでは海底の様子を見てもらいました 目標は 地球上のどこからでも 海とリアルタイムでやりとりできる技術

It's going to be amazing.//

本当に驚くようなことが実現します

And/ as I go here,/ I just want to show/ you/ what we can bring into classrooms,/ and indeed,/ what we can bring into your pocket.//

たとえば教室の中に 何を持ち込めるかということ さらには ポケットの中にさえ持ち込める

Many of you don't think of this yet,/ but the ocean will be in your pocket.//

考えたこともないという人は多いでしょうが ポケットの中に海があるという時代がきます

It won't be long.// It won't be/ long.//

遠い先の話ではありません

So let me leave you then/ with a few words/ from another poet,/ if you'll forgive me.//

では 締めくくりとして また別の詩人の言葉を 皆さんに贈りたいと思います

In 1943,/ T.S.// Eliot wrote the "Four Quartets."//

1943年に T.S.エリオットは 『四つの四重奏』を 書きました

He won the Nobel Prize/ for literature/ in 1948.//

ノーベル文学賞を受賞したのは 1948年

In "Little Gidding"/ he says --/ speaking I think for the human race,/ but certainly/ for the TED Conference and Sylvia --/ "We shall not cease from exploration,/ and the end of all our exploring will be to arrive/ where we started/ and know the place/ for the first time,/ arrive through the unknown remembered gate/ where the last of earth left/ to discover is/ that/ which was the beginning.//

『リトル・ギッディング』で エリオットは ― 人類全体のことを語っています もちろん TEDカンファレンスと シルビアのことでもあります 「われらは探索をやめることがない すべてわれらの探索は われらが出発した場所に回帰して終わる しかもその地を 初めて知ることになる 未知でありながら 記憶の中に残る門を抜け 地上で最後に見出すその場所は 最初にあったところなのだ

At the source of the longest river/ the voice of a hidden waterfall not known/ because not looked for,/ but heard,/ half heard/ in the stillness/ beneath the waves of the sea."//

最も長い川の源には 隠された滝の声 知られていないのは 探していないから それでも聞こえる かすかに聞こえる 海の波の下 静けさのなかに」

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

w

week

width

weight

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

wizened

しなびた

monk

(一般に)修道僧,僧侶(そうりょ);(キリスト教の)修道士,道士

hurry

『急ぐ』,あわてて行く(する)

〈動作など〉‘を'『早める』,〈事〉‘を'『急いでする』,急がせる

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'急がせる,せき立てる

(…へ)…‘を'急いで動かす(送る,運ぶ)《+『名』+『to』+『名』》

急ぐこと,大急ぎ

《否定文・疑問文で》(…を)急ぐ必要《+『for』(『about』)+『名』》

《話》なかなか…する気にならない《+『to』 do》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

midnight

『真夜中』,夜の12時

真夜中の,真夜中に起こる

真夜中のような,まっ暗の

crest

(鳥の)とさか

(かぶとの)前立て,羽根飾り

山頂,尾根;波がしら;(一般に)絶頂,最上

紋章,家紋

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

drip

〈液体が〉『したたる』,しずくを垂らす,ぽたぽた落ちる《+『down』》;(…から)したたる《+『from』+『名』》

〈容器などが〉しずくを垂らす

(…で)びしょぬれになる,あふれる《+『with』+『名』》

〈液体〉‘を'したたらせる

〈C〉『したたり』,しずく

〈U〉したたること;しずくの落ちる音

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

quietly

『静かに』

『穏やかに』

じみに

turbulent

荒れ狂う,混乱した

不穏な,騒がしい,動乱の

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

Milky Way

銀河,天の川(the Galaxy)

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

syllable

音節,シラブル

《通例否定語と共に用いて》一言,一語

juxtapose

…‘を'並べて置く,並列する

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

storm

『あらし』,暴風[雨],荒天

(感情・言動などの)『あらし』,激発《+『of』+『名』》

(一般に)激動,波乱,騒動

(弾丸などが)雨あられと飛ぶこと《+『of』+『名』》

《itを主語にして》〈天候が〉『荒れる』

猛然と突進する;激しく怒る

…‘を'強襲する,急襲する

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

probably

『たぶん』,『おそらく』

planet

『惑星』,遊星

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

disciple

(特に信仰上の)『弟子』,門人

《しばしば『D-』》使徒(キリストの12使徒のひとり)

follower

後から来る人,後に続く人

(信仰・思想などで)『人に従う人』;弟子,門人,信奉者,支持者

随行者,家来,部下

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

poem

(一編の)『詩』

詩的な美しさ(趣き)を持つもの

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

pine

(また『pine tree』)〈C〉『松』,松の木

〈U〉松材

laughter

『笑い』,笑い声

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

interplay

相互作用

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

bay

『湾』,『入り江』

arc

『弧』,円弧

電弧(2点間を弧状に流れる電流)

弧を描く

電弧を生じる

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

continent

自制した,禁欲的な

basically

基本的に,根本的に;元来は

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

photosynthesis

(緑色植物の)光合成

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

mountain range

山脈,連山

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

ore

鉱石,原鉱

deposit

〈貴重品など〉‘を'『預ける』,〈金〉‘を'預金する

(注意深く,確実に)…‘を'置く,おろす

(自然の作用によって)〈泥・土など〉‘を'沈殿させる

(銀行への)『預金』,預け入れ

『担保』,手付け金

(自然の作用による)『堆積物』,沈殿物

(特に石油・鉱石の)鉱床,埋蔵物

volcano

『火山』

erupt

〈火山灰・間欠泉などが〉噴出する,〈火山が〉噴火する

〈争いなどが〉突然起こる;〈感情が〉爆発する

〈溶岩・熱湯など〉‘を'噴出させる

〈怒りなど〉‘を'爆発させる

immensely

広大に,ばく大に

《話》非常に,とても(greatly)

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

portion

(…の)『部分』,一部分《+『of』+『名』》

(…の)分け前,割り当て(share)《+『of』+『名』》

(『食物の』)『1人前』,一盛り,1杯《+『of』+『名』》

《単数形》《おもに文》運命,定め

(人に)…‘を'分ける,分割する,分配する《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『between』(『among』)+『名』〈人〉》

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

crucible

るつぼ(高温で溶解した金属などを入れる)

(溶鉱炉下底部の)湯だまり

厳しい試練

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

life support system

生命保持装置(宇宙船内で生命を維持するための装置)

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

variable

『変わりやすい』,一定しない,気まぐれの

変えられる,可変の,調節できる

《英》《遠回しに》(演技などが)むらがある

変化するもの,変化しやすいもの

(数学で)変数

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

eddy

うず,(風・霧・煙などの)渦巻き

渦を巻く

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

complicate

…'を'複雑にする

phenomenal

自然現象の(に関する)

並みはずれた,驚異的な

知覚できる

urgency

さし迫ったこと,切迫,緊急

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

currently

現在は;広く,一般に

undernourished

栄養不足(不良)の

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

permission

『許可』,承諾

relay

(駅馬車などの)替え馬,継ぎ馬

(仕事の)交代,交代班

《話》=relay race

(放送の)中継;(電気の)継電器

(…へ)〈伝言・放送など〉‘を'中継する,中継して伝える《+『名』+『to』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

thoroughly

『徹底的に』,完ぺきに,全く

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

coping

(へい・手すりなどの上に置く)かさ石,かさ木

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

diagram

説明図,略図;図表,予定表,グラフ;図解

…‘を'図解する,図示する,‘の'図表を作る

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

vegetation

(ある地域の)植物

《集合的に》植物,草木

olive

〈C〉『オリーブ』[の木](南欧産の常緑樹)

〈C〉オリーブの実(ピクルスにしたり,オリーブ油を採る)

(また『olive green』)〈U〉オリーブ色,黄録色

オリーブの;オリーブ色のの

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

tick

(時計まどの)カチカチ[という音]

《英語》瞬間

照合(点検)済みの印,チェック

<時計などが>カチカチ音がする《+away》

<時が>過ぎる,経過する∥+by(away)》

《話》<人が>行動する,<機械などが>動く

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

rhythm

〈U〉『律動,リズム』;韻律

〈C〉(特定の)リズム

subset

(一組・一団などの一部を成す)小さな一組

(数学の集合論で)部分集合

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

significantly

意味ありげに,意味深長に

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

correlate

…‘に'相互関係を持たせる;…'を'(…と)関連させる《+『名』+『with』+『名』》

相互に関連がある;(…と)関連がある《+『with』+『名』》

相互関係にあるもの

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

drought

『干ばつ』,日照り続き

Kansas

カンザス州(米国中部の州;州都はTopeka;{略}『Kan.,Kans.,KS』)

wheat

小麦

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

totally

全く,完全に

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

Sydney

シドニー(オーストリラア最大の都市;東海岸にある海港)

Amsterdam

アムステルダム(オランダの名目上の首都・港市)

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

vent

(気体・液体の出入する)『抜け口』,漏れ口,通風(気)孔

(鳥・魚などの)肛門

《単数形で》(感情の)はけ口

…‘に'出口(はけ口)を与える

(…に向けて)〈感情など〉‘を'あらわにする,漏らす《+名+on+名》

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

reservoir

(天然または人工の)『貯水池』,貯水そう

(液体・ガス用の)容器,つぼ

(知識・富などの)貯蔵,蓄積(store)

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

microbe

微生物,(特に)細菌

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

rival

(…の)『競争相手』,『ライバル』,好敵手,匹敵する人(物)《+『for』+『名』》,(…における)競争相手《+『in』+『名』》

競争する,対坑する

(…において)…‘と'『競争する』《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《おもに米》(…において)…‘に'『匹敵する』,‘と'肩を並べる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

astonishing

『驚くべき』,びっくりするような

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

exciting

(物事が)『興奮させる』

rainforest

熱帯雨林

雨林、降雨林、多雨林

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

voyage

(…への,を巡る)(遠距離の)『航海』,航行《+to(around)+名》

(…への,を巡る)(飛行機による長い)空の旅;宇宙旅行《+to(around)+名》

航海する;旅行する

consist

《『consist of』+『名』》〈団体・物・事が〉(…から)『成る』,(…で)成り立っいる受動態にできない;

《『consist in』+『名』(do『ing』)》〈事の本質が〉(…に)ある,含まれている(受動態にできない)

《『consist with』+『名』》〈事柄が〉(…と)一致する,両立する

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

oceanography

海洋学

fingertip

指先

days

たいてい昼間は

suite

(ホテルなどで寝室・居間・客間などの)一続きの豪華な部屋

(家具などの)一そろい,一組

(いっしょに使われるものの)一続き,一組,一そろい

(楽曲の一形式である)組曲

《集合的に》《まれ》随行員,従者の一行

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

mooring

〈U〉係船,停泊

〈C〉《複数形で》係船設備(用具)(錨(いかり)・ロープ・ブイなど)

〈C〉《複数形で》船つなぎ場,停泊所

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

autonomous

自治の,自治権のある

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

running

走ること,競走,(野球の)走累

走っている

流れている

連続している,絶え間のない

(機械などが)動いている

走りながら行う

うみの出る,汁を出す

続けて,連続して

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

right hand

右の,右側の

右手に関する;右手を用いる

片腕となる,たいへん頼りになる

右手 片腕となる人 有能な補佐役

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

rapidly

『速く』,『すみやかに』

predictably

予言(予想)どおりに,案の定

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

datum

dataの単数形

既知の事実

refine

…‘を'『精製する』,精錬する

〈言葉・態度など〉‘を'『洗練する』,上品にする,優雅にする

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

observatory

(自然現象,特に天体の)観察所

展朋台

initiative

開始,第一歩,手始め

『主導権』

独創力,創意工夫;進取の精神

(一般国民の)発議;発議権の手続き

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

basin

『たらい』,はぢ(bowl);洗面器

(…の)たらい1杯[分]《+『of』+『名』》

(自然または人工の)水たまり,池

(川の)流域;くぼ地,盆地

入江,内湾,船だまり

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

hemisphere

(地球の)『半球』

半球体

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

regional

地方の,地域の;地方に特有の,局地的な

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

Neptune

ネプチューン(ローマ神話の海神で,ギリシャ神話のPoseidonにあたる)

海王星

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

copper

〈U〉『銅』(化学記号は『Cu』)

〈C〉《英話》銅貨

〈C〉銅製品,銅器;《英》(先濯用)銅の大がま

〈U〉赤銅色

銅[製]の

赤銅色の

…‘に'をかぶせる,銅板を張る

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

transmit

〈手紙・品物など〉‘を'送る,(ある人・場所・物から他へ)…‘を'伝える,移す

(相続・遺伝などによって子孫に)〈財産・性質など〉‘を'伝える《+名+to+名》

(媒介によって)〈光・熱・音・力など〉‘を'伝える,伝導する;〈ラジオ・テレビなどの内容〉‘を'放送する,〈信号など〉‘を'送信する

thread

〈U〉〈C〉(縫ったり,織ったりするための)『糸』

〈C〉(…の)糸状の物,細長い物《+of+名》

〈C〉(話などの)『筋道』,脈絡《+of+名》

ねじ筋,ねじ山

<針など>‘に'『糸を通す』

<真珠など>‘を'糸でつなぐ

…‘を'縫うように進む

…‘に'ねじ山をつける

縫うように進む

(煮詰まったシロップが)糸を引く,細い糸状になる

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

lace

〈C〉(靴・衣類などを締める)『ひも』

〈U〉『レース』

〈U〉(制服などの装飾用)モール

〈靴など〉‘を'『ひもで締める』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…で)〈衣類など〉‘に'レース飾りをする,へり飾りをつける《+『名』+『with』+『名』》

(…を)〈布地など〉‘に'織り混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

(酒を)…‘に'加える《+『名』+『with』+『名』》

〈靴・衣類などが〉ひもで締まる

optic

目の;視覚の

corset

コルセット(胴部を締める婦人用下着)

cable

〈C〉〈U〉

(麻・針金をより合わせた)『太綱』

〈C〉〈U〉

(電信などの)『ケーブル線』,被覆電線

(またcablegram)〈C〉『海底電信』,外国電報

…'を'太綱でつなぐ

…‘に'を敷く

〈通信〉'を'『海外電報で送る』

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

coincident

同時に起こる;(…と)同時に起こる《+『with』+『名』》

一致した,符合した;(…と)一致する《+『with』+『名』》

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

abundant

『豊富な』,十分な

unprecedented

先例のない,みぞうの

overlie

〈覆い・地層などが〉‥‘の'上に横たわる(重なる)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

sub

=submarine

(おもにスポーツで)=substitute

=subordinate

《英》=sublieutenant

=subeditor

《英》給料の前払い分

(…の)代役を勤める,代りとなる《+for+名》

《英》給料を前借り(前貸し)する

〈給料〉‘を'前借り(前貸し)する

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

Seattle

シアトル(米国Washington州の港市)

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

instrumentation

(特にオーケストラのための)器楽編法[法]

(特に科学・産業での)器具(器械)の使用

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

dissolve

…‘を'『溶かす』,溶液にする

…‘を'解消する,終りにする

…‘を'分解する;…‘を'解明する

〈物質が〉『溶ける』,溶解する,液化する

〈霧などが〉消散する,四散する(disperse)

次第に消滅する,次第に薄れる(fade away)

(強い感情に)負ける

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

coastal

海岸の,沿岸の

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

earth science

地球科学(地理学・地質学など地球に関する学問)

simultaneously

同時に

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

conjunction

〈C〉『接続詞』(and,but,for,sinceなど)

《文》〈U〉〈C〉結合,連結;(事件などの)同時発生

〈U〉合(ごう)(二つ以上の天体が同じ黄経上にあること)

Canadian

『カナダの;カナダ人の』

『カナダ人』

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

caldera

カルデラ(火山の中央部の大きな盆地状のくぼみ)

axial

軸の,軸をなす

軸上に位置した

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

elevator

《米》『エレベーター』,昇降機(《英》lift)

(揚げ下ろしの設備のある)穀物倉庫

(飛行機の)昇降舵(だ)

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

ashore

『岸へ(に)』

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

seismometer

地震計

mound

『盛り土』,塚;土手,古墳

(自然の)『小さい丘』,小山

(一般に)盛り上げたもの,堆積

(野球の投手の)マウンド

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

stereo

ステロ版,鉛版(stereotype)

『ステレオ』(立体音響再生装置)(stereo set)

=stereophonic

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

technological

科学技術の(に関する)

opportunity

『機会』,好機

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

convergence

1点に集まること;〈C〉1点に集まった箇所

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

generator

発電機(dynamo)

ガス(蒸気)発生器

postage stamp

『郵便切手』

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

food chain

食物連鎖(小さい生物が順に大きいものに食われるという食性の関係)

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

data

『資料』,事実;情報

continuous

(時間的・空間的に)『切り目なく続く』;続けざまの,途切れない

grid

格子(こうし);焼き網

グリッド(真空管で陽極と陰極との中間に装置する金属の格子)

高圧送電線網

(地図などの)碁盤目

computer

『計算機』;『電子計算機』

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

converge

(同一点・同一場所に)集まる,集中する《+『on』+『名』》

(物理・数学で)収れんする

…'を'1点に集める

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

completely

『完全に』,全く,十分に

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

dramatically

劇的に,非常に効果的に

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

adaptation

〈U〉適応,順応

〈U〉脚色,翻案;〈C〉翻案物,改作物

earthquake

『地震』

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

eruption

(病気・災害などの)『突発』,(戦争などの)勃(ぼっ)発;(怒り・笑いの)爆発《+『of』+『名』》

(溶岩・熱湯などの)『噴出』;(火山の)『噴出』;(火山の)『噴火』《+『of』+『名』》;(火山・間欠泉などからの)噴出物

eject

(…から)〈人〉‘を'追い出す,追放する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'噴出する,排出する,放出する《+『名』+『from』+『名』》

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

airplane

『飛行機』(《英》aeroplane)

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

doable

する(行う)ことができる,なされうる

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

gallbladder

胆のう

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

classroom

『クラスルーム』,教室

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

forgive

〈人・罪など〉‘を'『許す』,大目に見る

〈義務など〉‘を'免除する

許す

t.

teaspoon; teaspoonful

temperature

tense

time

ton

transit

transitive

troy

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

Nobel Prize

ノーベル賞

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

human race

人類,人間

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

cease

『やむ』,終わる

…'を'『やめる』,中止する

終止

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

hidden

隠された,隠れた,秘密の

waterfall

『滝』,瀑布(ばくふ)(cascade)

(滝のように)どっとくるもの

stillness

静けさ,静寂

beneath

《位置・場所》…の下に

…の圧力下に,に支配されて

《地位・能力・価値など》…より下に(で),より劣って

…に値しない,ふさわしくない

下に,下方に

下位に,劣って

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画