TED日本語 - デーヴ・トロイ: ソーシャルマップが街に住む人々の往来と、さらに分離を描き出す

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

どの街にもそれぞれ特色や個性のある区域、派閥やクラブ、そして同じ街に住む人々を括ったり分け隔てたりする隠れた線引きなどがあるものです。人々がオンラインで共有する情報から、街について何が読み解けるでしょうか?彼自身の住むボルティモアから始めて、デーヴ・トロイは市の住民のツイートを視覚化してきました。そこから見えてくるのは、どんな人々が住んでいるのか、彼らは誰と話すのか、或いは話さないのかについてです。

Script

街をマッピングすることを考えるとき 道路や歩道や建物や 街の成り立ちにまつわる物語や あるいは 都市デザイナーの大胆なビジョン といったものを連想しがちです でも都市のマッピングには もっと様々な考え方や 手法があります 今日は新しい種類の 地図をご紹介します この地図は地理を表すのではなく 僕の住むメリーランド州の ボルティモアに住む人々の 関わり合いを表しています それぞれの点は人を表し 線は人々の関わりを表します そしてネットワークの中の コミュニティは色分けされています

僕がいるのはこの右端の緑色の地域 ギーク達がいるところです TEDxも同じ所ですね(笑) 一方 ネットワークの反対側には 主にアフリカ系アメリカ人達や ラティーノ達がいます 彼らはギーク達とはちょっと違う 事柄に関心があります そして分かりやすいように ネットワークの緑色の部分を 「スモールティモア」と呼ぶことにしました なぜなら そこの住人達は とても小さな街に住んでいる ように思えるからです 僕たちは同じ人達に 何度も何度も会いますが それは僕達が街を 深く広く冒険しないからです ネットワークの反対側には ヒップホップなどが 好きな人達がいます 彼らは 再開発されたボルティモアの街よりも DMV(ワシントンDC、メリーランド州、ヴァージニア州)一帯の 風土のほうが肌に合うと感じています 中央には 2つのコミュニティを つないでいるものが見えます スポーツですね アメフトチームのボルティモア・オリオールズや レイヴンズがあり オリンピック選手の マイケル・フェルプスもいます 有名なアンダー・アーマー社も ボルティモアにあります スポーツに関心のある このコミュニティだけが ネットワーク両端のコミュニティを 結びつけています

サンフランシスコを見てみましょう ここではまた違った様子が見られます メディア、政治、ニュースなどのグループは ボルティモアなど他の都市でも よく見られますが 特に目を引くのは ネットワークの上半分を占める ギークや技術者達です それにも増して分かりやすいのが ツイッター社の従業員達です ギークの隣 下のゲーマー達と ギークの間にいますね 反対側には ヒップホップの集団が広がっています ご覧のように サンフランシスコで起こっている という緊張状態 ― 街が高所得者達に向けたものに なりつつある事だとか 新興テクノロジー会社が 新たな富や転入者を 流入させているという不安は 現実のものだと分かります この図でそれが確認出来るのです LGBTのコミュニティは ギークのコミュニティや アート、音楽のコミュニティとも 親和性がそうあるわけでは無いようです それでこういうことが起こるわけです [ツイッターを追い出せ] 誰かが数週間前に送ってきたこの写真は サンフランシスコの地で 今起こっている現実を見せつけます こんなマップを見ると それが分かることでしょう

リオデジャネイロを 見てみましょう 最近数週間かけて リオのデータを集めました この街について目立ったのは 誰もが 本当に どうも 色々と混ざっているんです ここはボルティモアやサンフランシスコ とは違いとても多様性の高い街です 政府や新聞社、政治家、コラムニストといったグループが やはり見られます TEDxRioは右下 ブロガーやライターの直ぐ隣です それから様々な音楽に興味のある じつにバラエティに富んだ人々もいます ジャスティン・ビーバーのファンまで 細かく可視化されています その他のボーイ・バンド、カントリー・シンガー ゴスペル音楽、ファンクやラップ、スタンダップ・コメディ ドラッグやジョークに特化した 一帯すらあります すごいでしょう? サッカーのCRフラメンゴチームの ファンもここにいます このように スポーツや 市民活動 芸術や音楽に関する 人々の広がりが見られるのは同じでも その散らばり方は全く違っています 僕にはこれが 私たちが考える リオ つまり 多文化で多様な音楽の息づく街の姿を 良く表しているように思えます

こうしたデータが私たちにはある訳です 信じられないほど 豊富なデータが 街々について手に入ります 今まで入手できたどんなデータよりも 豊かかも知れません では それで何が出来るか? そうですね まず最初に 人種による分離は 社会的に構成されたものだと 理解することができます それは私たちが選択した結果であって それを選択しない道もあるでしょう 更に 考えてみれば 私たちがしていることは 宇宙望遠鏡を街へ向けて まるでそこが広大な 高校のカフェテリアであるかのように 皆がそれぞれどんな席を陣取っているか 覗き見ているかのようです そろそろその席順を 引っ掻き回してやる時かも知れません

それから 他に分かってくるのは 人種という括りは 多様性の幅を非常に 狭めてしまうことです このマップ上には あらゆる人種の人々を 反映させていますが 人種だけに目を向けても 多様性のある社会を育てることの 助けにはあまりなりません だからもし多様性という観点から 社会の難問を解決しようとするならば その多様性の捉え方をまず 改める必要があります

最後に 私たちは 街を新しく形作る為の 介入策を創造することが出来ます 私たちにそうしたことが出来る 能力があるのなら それを実行するのが 私たちの責任ですらないでしょうか

では 街とは何でしょう? 道や建物が集まった 地理的な領域だ と言う人もいるかも知れませんが 僕の考えでは 街はそこに住む人々の 関係性の集積です そして私たちがこうした関係性をありのままに 描き出すことが出来るようになれば ひょっとしたら 私たちが望むような街づくりを 実現出来るのではないでしょうか

ありがとうございました

(拍手)

When we think about mapping cities, we tend to think about roads and streets and buildings, and the settlement narrative that led to their creation, or you might think about the bold vision of an urban designer, but there's other ways to think about mapping cities and how they got to be made. Today, I want to show you a new kind of map. This is not a geographic map. This is a map of the relationships between people in my hometown of Baltimore, Maryland, and what you can see here is that each dot represents a person, each line represents a relationship between those people, and each color represents a community within the network.

Now, I'm here on the green side, down on the far right where the geeks are, and TEDx also is down on the far right. (Laughter) Now, on the other side of the network, you tend to have primarily African-American and Latino folks who are really concerned about somewhat different things than the geeks are, but just to give some sense, the green part of the network we call Smalltimore, for those of us that inhabit it, because it seems as though we're living in a very small town. We see the same people over and over again, but that's because we're not really exploring the full depth and breadth of the city. On the other end of the network, you have folks who are interested in things like hip-hop music and they even identify with living in the DC/Maryland/Virginia area over, say, the Baltimore city designation proper. But in the middle, you see that there's something that connects the two communities together, and that's sports. We have the Baltimore Orioles, the Baltimore Ravens football team, Michael Phelps, the Olympian. Under Armour, you may have heard of, is a Baltimore company, and that community of sports acts as the only bridge between these two ends of the network.

Let's take a look at San Francisco. You see something a little bit different happening in San Francisco. On the one hand, you do have the media, politics and news lobe that tends to exist in Baltimore and other cities, but you also have this very predominant group of geeks and techies that are sort of taking over the top half of the network, and there's even a group that's so distinct and clear that we can identify it as Twitter employees, next to the geeks, in between the gamers and the geeks, at the opposite end of the hip-hop spectrum. So you can see, though, that the tensions that we've heard about in San Francisco in terms of people being concerned about gentrification and all the new tech companies that are bringing new wealth and settlement into the city are real, and you can actually see that documented here. You can see the LGBT community is not really getting along with the geek community that well, the arts community, the music community. And so it leads to things like this. [ "Evict Twitter" ] Somebody sent me this photo a few weeks ago, and it shows what is happening on the ground in San Francisco, and I think you can actually try to understand that through looking at a map like this.

Let's take a look at Rio de Janeiro. I spent the last few weeks gathering data about Rio, and one of the things that stood out to me about this city is that everything's really kind of mixed up. It's a very heterogenous city in a way that Baltimore or San Francisco is not. You still have the lobe of people involved with government, newspapers, politics, columnists. TEDxRio is down in the lower right, right next to bloggers and writers. But then you also have this tremendous diversity of people that are interested in different kinds of music. Even Justin Bieber fans are represented here. Other boy bands, country singers, gospel music, funk and rap and stand-up comedy, and there's even a whole section around drugs and jokes. How cool is that? And then the Flamengo football team is also represented here. So you have that same kind of spread of sports and civics and the arts and music, but it's represented in a very different way, and I think that maybe fits with our understanding of Rio as being a very multicultural, musically diverse city.

So we have all this data. It's an incredibly rich set of data that we have about cities now, maybe even richer than any data set that we've ever had before. So what can we do with it? Well, I think the first thing that we can try to understand is that segregation is a social construct. It's something that we choose to do, and we could choose not to do it, and if you kind of think about it, what we're doing with this data is aiming a space telescope at a city and looking at it as if was a giant high school cafeteria, and seeing how everybody arranged themselves in a seating chart. Well maybe it's time to shake up the seating chart a little bit.

The other thing that we start to realize is that race is a really poor proxy for diversity. We've got people represented from all different types of races across the entire map here -- only looking at race doesn't really contribute to our development of diversity. So if we're trying to use diversity as a way to tackle some of our more intractable problems, we need to start to think about diversity in a new way.

And lastly, we have the ability to create interventions to start to reshape our cities in a new way, and I believe that if we have that capability, we may even bear some responsibility to do so.

So what is a city? I think some might say that it is a geographical area or a collection of streets and buildings, but I believe that a city is the sum of the relationships of the people that live there, and I believe that if we can start to document those relationships in a real way then maybe we have a real shot at creating those kinds of cities that we'd like to have.

Thank you.

(Applause)

When we think about mapping cities,/ we tend to think/ about roads and streets and buildings,/ and the settlement narrative/ that led to their creation,/ or you might think about the bold vision of an urban designer,/ but there's other ways/ to think about mapping cities/ and how they got to be made.//

街をマッピングすることを考えるとき 道路や歩道や建物や 街の成り立ちにまつわる物語や あるいは 都市デザイナーの大胆なビジョン といったものを連想しがちです でも都市のマッピングには もっと様々な考え方や 手法があります

Today,/ I want to show/ you/ a new kind of map.//

今日は新しい種類の 地図をご紹介します

This is not a geographic map.//

この地図は地理を表すのではなく

This is a map of the relationships/ between people/ in my hometown of Baltimore,/ Maryland,/ and what you can see/ here is/ that each dot represents a person,/ each line represents a relationship/ between those people,/ and each color represents a community/ within the network.//

僕の住むメリーランド州の ボルティモアに住む人々の 関わり合いを表しています それぞれの点は人を表し 線は人々の関わりを表します そしてネットワークの中の コミュニティは色分けされています

Now,/ I'm here/ on the green side,/ down/ on the far right/ where the geeks are,/ and TEDx also is down/ on the far right.// (Laughter)

僕がいるのはこの右端の緑色の地域 ギーク達がいるところです TEDxも同じ所ですね(笑)

Now,/ on the other side of the network,/ you tend to have/ primarily African-American and Latino folks/ who are really concerned about somewhat different things/ than the geeks are,/ but just to give some sense,/ the green part of the network/ we call Smalltimore,/ for those of us/ that inhabit it,/ because it seems/ as though we're living/ in a very small town.//

一方 ネットワークの反対側には 主にアフリカ系アメリカ人達や ラティーノ達がいます 彼らはギーク達とはちょっと違う 事柄に関心があります そして分かりやすいように ネットワークの緑色の部分を 「スモールティモア」と呼ぶことにしました なぜなら そこの住人達は とても小さな街に住んでいる ように思えるからです

We see the same people over and over again,/ but that's/ because we're not really exploring/ the full depth and breadth of the city.//

僕たちは同じ人達に 何度も何度も会いますが それは僕達が街を 深く広く冒険しないからです

On the other end of the network,/ you have folks/ who are interested/ in things/ like hip-hop music/ and they even identify with living in the DC/Maryland/Virginia area over,/ say,/ the Baltimore city designation proper.//

ネットワークの反対側には ヒップホップなどが 好きな人達がいます 彼らは 再開発されたボルティモアの街よりも DMV(ワシントンDC、メリーランド州、ヴァージニア州)一帯の 風土のほうが肌に合うと感じています

But in the middle,/ you see/ that there's something/ that connects the two communities together,/ and that's sports.//

中央には 2つのコミュニティを つないでいるものが見えます スポーツですね

We have the Baltimore Orioles,/ the Baltimore Ravens football team,/ Michael Phelps,/ the Olympian.//

アメフトチームのボルティモア・オリオールズや レイヴンズがあり オリンピック選手の マイケル・フェルプスもいます

Under Armour,/ you may have heard of,/ is a Baltimore company,/ and/ that community of sports acts as the only bridge/ between these two ends of the network.//

有名なアンダー・アーマー社も ボルティモアにあります スポーツに関心のある このコミュニティだけが ネットワーク両端のコミュニティを 結びつけています

Let's take a look/ at San Francisco.//

サンフランシスコを見てみましょう

You see something/ a little bit different happening/ in San Francisco.//

ここではまた違った様子が見られます

On the one hand,/ you do have the media,/ politics/ and news lobe/ that tends to exist/ in Baltimore and other cities,/ but you also have this very predominant group of geeks and techies/ that are sort of taking over/ the top half of the network,/ and there's even/ a group/ that's so distinct and clear/ that we can identify it/ as Twitter employees,/ next/ to the geeks,/ in between the gamers and the geeks,/ at the opposite end of the hip-hop spectrum.//

メディア、政治、ニュースなどのグループは ボルティモアなど他の都市でも よく見られますが 特に目を引くのは ネットワークの上半分を占める ギークや技術者達です それにも増して分かりやすいのが ツイッター社の従業員達です ギークの隣 下のゲーマー達と ギークの間にいますね 反対側には ヒップホップの集団が広がっています

So you can see,/ though,/ that the tensions/ that we've heard about/ in San Francisco/ in terms of people/ being concerned about gentrification/ and all the new tech companies/ that are bringing new wealth and settlement/ into the city are real,/ and you can actually see/ that documented here.//

ご覧のように サンフランシスコで起こっている という緊張状態 ― 街が高所得者達に向けたものに なりつつある事だとか 新興テクノロジー会社が 新たな富や転入者を 流入させているという不安は 現実のものだと分かります この図でそれが確認出来るのです

You can see/ the LGBT community is not really getting along/ with the geek community/ that well,/ the arts community,/ the music community.//

LGBTのコミュニティは ギークのコミュニティや アート、音楽のコミュニティとも 親和性がそうあるわけでは無いようです

And so/ it leads to things/ like this.//

それでこういうことが起こるわけです

[ "Evict Twitter"/ ]/ Somebody sent me/ this photo/ a few weeks ago,/ and it shows/ what is happening on the ground/ in San Francisco,/ and I think/ you can actually try to understand/ that through looking at a map/ like this.//

[ツイッターを追い出せ] 誰かが数週間前に送ってきたこの写真は サンフランシスコの地で 今起こっている現実を見せつけます こんなマップを見ると それが分かることでしょう

Let's take a look/ at Rio de Janeiro.//

リオデジャネイロを 見てみましょう

I spent the last few weeks/ gathering data/ about Rio,/ and one of the things/ that stood out to me/ about this city is/ that everything's really kind of mixed up.//

最近数週間かけて リオのデータを集めました この街について目立ったのは 誰もが 本当に どうも 色々と混ざっているんです

It's a very heterogenous city/ in a way/ that Baltimore/ or San Francisco is not.//

ここはボルティモアやサンフランシスコ とは違いとても多様性の高い街です

You still have the lobe of people involved with government,/ newspapers,/ politics,/ columnists.//

政府や新聞社、政治家、コラムニストといったグループが やはり見られます

TEDxRio is down/ in the lower right,/ right next/ to bloggers and writers.//

TEDxRioは右下 ブロガーやライターの直ぐ隣です

But then/ you also have this tremendous diversity of people/ that are interested/ in different kinds of music.//

それから様々な音楽に興味のある じつにバラエティに富んだ人々もいます

Even Justin Bieber fans are represented here.//

ジャスティン・ビーバーのファンまで 細かく可視化されています

Other boy bands,/ country singers,/ gospel music,/ funk and rap and stand-up comedy,/ and there's even/ a whole section/ around drugs and jokes.//

その他のボーイ・バンド、カントリー・シンガー ゴスペル音楽、ファンクやラップ、スタンダップ・コメディ ドラッグやジョークに特化した 一帯すらあります

How cool is that?//

すごいでしょう?

And then/ the Flamengo football team is also represented here.//

サッカーのCRフラメンゴチームの ファンもここにいます

So you have/ that same kind of spread of sports and civics and the arts and music,/ but it's represented in a very different way,/ and I think/ that maybe fits with our understanding of Rio/ as being a very multicultural, musically diverse city.//

このように スポーツや 市民活動 芸術や音楽に関する 人々の広がりが見られるのは同じでも その散らばり方は全く違っています 僕にはこれが 私たちが考える リオ つまり 多文化で多様な音楽の息づく街の姿を 良く表しているように思えます

So we have all this data.//

こうしたデータが私たちにはある訳です

It's an incredibly rich set of data/ that we have about cities now,/ maybe even richer/ than any data set/ that we've ever had before.//

信じられないほど 豊富なデータが 街々について手に入ります 今まで入手できたどんなデータよりも 豊かかも知れません

So/ what can we do with it?//

では それで何が出来るか?

Well,/ I think the first thing/ that we can try to understand/ is/ that segregation is a social construct.//

そうですね まず最初に 人種による分離は 社会的に構成されたものだと 理解することができます

It's something/ that we choose to do,/ and we could choose not to do it,/ and/ if you kind of think/ about it,/ what we're doing/ with this data is aiming a space telescope/ at a city/ and looking at it/ as if was a giant high school cafeteria,/ and seeing/ how everybody arranged themselves/ in a seating chart.//

それは私たちが選択した結果であって それを選択しない道もあるでしょう 更に 考えてみれば 私たちがしていることは 宇宙望遠鏡を街へ向けて まるでそこが広大な 高校のカフェテリアであるかのように 皆がそれぞれどんな席を陣取っているか 覗き見ているかのようです

Well maybe/ it's time/ to shake up/ the seating chart/ a little bit.//

そろそろその席順を 引っ掻き回してやる時かも知れません

The other thing/ that we start to realize/ is/ that race is a really poor proxy/ for diversity.//

それから 他に分かってくるのは 人種という括りは 多様性の幅を非常に 狭めてしまうことです

We've got/ people represented from all different types of races/ across the entire map here --/ only/ looking at race doesn't really contribute to our development of diversity.//

このマップ上には あらゆる人種の人々を 反映させていますが 人種だけに目を向けても 多様性のある社会を育てることの 助けにはあまりなりません

So/ if we're trying to use/ diversity/ as a way/ to tackle some of our more intractable problems,/ we need to start to think/ about diversity/ in a new way.//

だからもし多様性という観点から 社会の難問を解決しようとするならば その多様性の捉え方をまず 改める必要があります

And lastly,/ we have the ability/ to create interventions/ to start to reshape/ our cities/ in a new way,/ and I believe/ that if we have/ that capability,/ we may even bear some responsibility/ to do so.//

最後に 私たちは 街を新しく形作る為の 介入策を創造することが出来ます 私たちにそうしたことが出来る 能力があるのなら それを実行するのが 私たちの責任ですらないでしょうか

So/ what is a city?//

では 街とは何でしょう?

I think/ some might say/ that it is a geographical area or a collection of streets and buildings,/ but I believe/ that a city is the sum of the relationships of the people/ that live there,/ and I believe/ that if we can start to document/ those relationships/ in a real way then maybe/ we have a real shot/ at creating those kinds of cities/ that we'd like to have.//

道や建物が集まった 地理的な領域だ と言う人もいるかも知れませんが 僕の考えでは 街はそこに住む人々の 関係性の集積です そして私たちがこうした関係性をありのままに 描き出すことが出来るようになれば ひょっとしたら 私たちが望むような街づくりを 実現出来るのではないでしょうか

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

settlement

〈U〉〈C〉(…の)『解決』,決定《+『of』+『名』》;定住,身を固めること

小さい村,村落,部落

〈U〉植民,移民

〈C〉(特に初期の)植民地(colony)

〈U〉(貸借などの)清算,決算

(またsettlement house)〈C〉(恵まれない人の福祉に奉仕する)隣保事業館,セツルメント

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

urban

都市(都会)の

都市に住む

designer

『設計者』,デザイナー

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

hometown

今までいちばん長く住んだ町(市);子供のとき過ごした町(市);生まれた町(市)

Baltimore

ボルチモア(米国Maryland州北部の海港)

Maryland

メリーランド州(米国東部の州;州都はAnnapolis;《略》『Md.,MD』)

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

laughter

『笑い』,笑い声

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

Latino

ラテンアメリカ系のアメリカ市民

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

somewhat

『幾分か』,少し

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

inhabit

…‘に'『住む』,居る

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

depth

〈U〉〈C〉《通例単数形で》『深さ』;奥行き

〈U〉(知識・知性などの)『深遠さ』,深さ

〈U〉(声・音などの調子の)『低さ』;(色の)濃さ

〈C〉《複数形で》『奥まった場所』,奥地

〈C〉深い所,深み

〈U〉〈C〉《時に複数形で》最中

breadth

『幅』,広さ(breadth)

(心などの)広さ,大きさ;寛容

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

designation

〈U〉指名,任命

〈C〉名称,称号

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

sports

=sport{形}

oriole

コウライウグイス(明るい色の鳴き鳥)

raven

ワタリガラス,大ガラス(普通のカラス(crow)よりも大型で,不吉な鳥とされる)

漆黒(しっこく)の

football

〈U〉《米》『フットボール』(《英》 American football)

《英》=soccer

〈C〉フットボール用ボール

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

Olympian

オリンポス(Olympus)山の;オリンポスの神々の

堂々たる,威厳のある

オリンポア(Olympia)

オリンポス山の神

オリンピック競技選手

armour

《英》=armor

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

lobe

耳たぶ

(内臓・組織の)葉(よう)(肺葉・肝葉など)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

predominant

優勢な;(…に対して)有力な《+『over』+『名』》

最も(ひんぱんに)目につく

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

evict

(法律の力で)(家・土地などから)〈人〉‘を'立ち退かせる《+『名』+『from』+『名』》

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

photo

『写真』[photographの短縮形]

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

Rio de Janeiro

リオデジャネイロ(Brazilの旧首都で海港)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

datum

dataの単数形

既知の事実

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

columnist

(新聞・雑誌などの)コラムニスト,特約寄稿家

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

gospel

〈U〉『福音』(ふくいん);キリスト教の教義

《G-》『福音書』(新約聖書のMatthew,Mark,Luke,Johnの4福音書の一つ)

〈U〉〈C〉《おどけて》金科玉条;主義,信条

〈C〉安心して信じられるもの

funk

《a ~》《話》おじけ

おくびょう者

〈物事〉‘に'おじけづかせる

怖がる,しりごみする

rap

(…を)『コツン』(『トン』)『とたたくこと』(『音』)《+『on』(『at』)+『名』》

《話》(人のしたことに対する)非難,とがめ《+『for』+『名』》

《俗》おしゃべり

…‘を'コツン(トン)とたたく

〈命令など〉‘を'びしゃりと言う《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)コツン(トン)とたたく《+『at』(on)+『名』》

《俗》互いに気持ちよく話す・〔俗〕 非難(する); 叱る; 〔俗〕 告訴[処罰,逮捕](する); 〔俗〕 おしゃべり(する); 〔米俗〕 ラップ(ミュージック); 〔米俗〕 ラップで歌う・「take the rap」で「甘んじて罰を受ける」

comedy

〈U〉(劇の一部門としての)『喜劇』;〈C〉(一編の作品としての)喜劇

〈U〉〈C〉(劇・文学作品・人生などの)喜劇的要素;(実人生における)喜劇的事件(場面)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

civic

市民の,市民としての

都市の,市の

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

data

『資料』,事実;情報

incredibly

信じられないほど

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

first thing

まず最初に,朝一番に

segregation

分離(隔離,差別)すること(された状態)

(特に黒人に対する)人種差別

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

construct

(一定の計画・設計に従って)…'を'『組み立てる』,建造する,建設する

〈文・理論など〉'を'構成する,考案する

(幾何で)〈図形〉'を'描く,作図する

(心の中の)複合概念

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

cafeteria

『カフェテリア』(セルフサービスの簡易食堂)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

seating

着席

座席配置,収容力

馬の乗り方

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

proxy

〈U〉(…の)代理,代理権;〈C〉代理人《+『for』+『名』》

〈C〉委任状

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

intractable

(人・人の性質が)手に負えない,強情な

(物事が)処理しにくい,取り扱いにくい

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

lastly

最後に,結局

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

shot

shootの過去・過去分詞

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画