TED日本語 - フレッド・スワニカー: アフリカを荒廃させた指導者とアフリカを回復させる世代

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

18歳になるまでにフレッド・スワニカーは、ガーナ、ガンビア、ボツワナ、ジンバブエで暮らしてきました。アフリカの色々な国で暮らした子ども時代に学んだことは、社会制度がしっかりした社会では優れた指導者でもさほど大きな違いを生み出せませんが、社会制度の整わない国では、指導者が国を築きもできれば壊すこともできるということです。スワニカーは、異なる世代のアフリカの指導者に目を向け、未来の指導者をいかに育てるかという構想を熱っぽく語ります。

Script

私は4歳の時 はじめて クーデターを経験しました クーデターのために 家族は祖国ガーナを離れ ガンビアに移りました 運が悪いことに 移住して半年後 そこでも軍事クーデターが 起こりました 真夜中に起こされ 僅かばかりの所持品をかき集め 2時間ほど歩いて 隠れ家まで行ったのを はっきり覚えています 銃弾が窓から 飛び込んでくるのを恐れ 1週間ベッドの下で 寝ていました

それから8歳の時に 家族はボツワナに移りました 今回は前回と違って クーデターはありませんでした 全てが順調で 素晴らしい教育も受けられました インフラも良く 当時のボツワナでは 光ファイバー電話が 西洋で普及するずっと前から 使われていたのです

ボツワナになかったのは 自前のテレビ局だけでした そのため 隣国の 南アフリカのテレビを見ており 獄中にいるネルソン・マンデラが アパルトヘイト闘争から 手を引けば釈放すると 持ちかけられたのが 報じられていました マンデラは これに応じず 南アからアパルトヘイトを なくす目標を 諦めることは ありませんでした そして たった一人の 優れた指導者が アフリカにどれほど大きな違いを もたらせるか 感銘を受けました

そして私が12歳の時 家族は私をジンバブエの中学に 行かせてくれました そこも最初の頃は 素晴らしいものでした 成長を続ける経済 素晴らしいインフラ まるでアフリカの経済発展の お手本のようでありました ジンバブエの高校を卒業し 外国の大学に進学しました

6年後 ジンバブエに 戻ってきた時には 全てが変わっていました 国はバラバラになっていました 何百万人もが国を逃れ 経済はメチャメチャで 30年間の発展が突如 消え失せたかのようでした どうしてジンバブエは そんなに急速に悪化したのでしょう? 多くの人が認めているのは すべては指導者のせい ということです ロバート・ムガベ大統領という男が たった一人で この国を崩壊させてしまったのです

アフリカの様々な国で 成長期を過ごした経験は 私に二つものを 与えてくれました 第一にアフリカへの愛です どこに行っても アフリカの 見事な美しさを体験し 人々の力強さや精神を 見てきました 残りの人生をかけ アフリカのために働き 素晴らしい大陸したいと 思うようになったのは その頃です 同時に アフリカを 素晴らしい大陸にするには この指導者の問題を 解決する必要があると気付きました お話ししたように 私が暮らした国々 ― ガーナや ガンビアや ジンバブエでは クーデターや汚職を 目の当たりにしましたが 対照的に ボツワナや南アフリカでは 素晴らしいリーダーシップの 実例が見られました 指導者の質で アフリカは 良くも悪くもなることが 分かったのです

指導者が重要なのは どこでも同じだと 思うかもしれません しかし 今日の私の話から 学ぶことが一つあるとすれば 「アフリカは 世界のどこよりも 一人の優れた指導者に もたらせる違いが大きい」 ということです なぜなら ― アフリカは 司法や憲法 市民社会などの 社会制度が貧弱だからです 経験的に言えるのは 社会制度がしっかりした社会では 一人の指導者にできることは 制限されていますが 社会制度の整わない社会では 一人の指導者に 国を築きもできれば 崩壊させもできる ということです

より具体的に お話ししましょう あなたがアメリカの 大統領になったとしましょう 「ワオ ついに登りつめた 世界で最も権力のある男になった」と 思うことでしょう それで ひとつ法律でも 作ってやろうと思うと 突然 議会に肩をたたかれ 「ちょっと ちょっと ダメですよ」と言われます 「ひとつこんな風にしてみたい」と あなたが言うと 上院が立ちはだかって 「そんなのダメです」と 言われます 「お金を増刷しよう 経済には刺激が必要だからね」と あなたが言うと 中央銀行総裁は あなたが狂っていると思い 弾劾するかもしれません しかし あなたがジンバブエの大統領なら 「大統領職が気に入ったから 生涯続けることにするよ」と 言えば ― (笑) 大統領職をずっと 続けられるのです あなたがお金を増刷しようと決め 中央銀行総裁に電話をして 「通貨供給量を倍にしてくれ」と 言うと 中央銀行総裁は 「かしこまりました 他にご用件はございますか?」 と言うでしょう これがアフリカの指導者の 権力であり これが指導者によって アフリカが大きく変わる 理由なのです

ありがたいのは アフリカの指導者の質が 改善していることです アフリカの指導者には 三つの世代があると思います 50年代や60年代に登場したのが 第一世代です ガーナのクワメ・エンクルマとか タンザニアのジュリウス・ ニエレレといった人々です 彼らが遺したものは アフリカの独立です 植民地支配から 人民を解放した功績を 認めてあげましょう 彼らの次に登場するのが 第二世代です この人たちは アフリカを大混乱に 陥れる以外は 何もしていません 戦争に 汚職に 人権侵害 アフリカの指導者というと みんながイメージするものです ザイールのモブツ・セセ・セコとか ナイジェリアのサニ・アバチャなどです 救いは これらの指導者の 大半は既に消え 第三世代が現れたことです 故ネルソン・マンデラとか ポール・カガメなど 今日のアフリカの 指導者の大半が こういった人々です そういう指導者も 決して完璧ではありませんが 成果の一つに 第二世代のあらかたの 尻拭いを行ってきたことが あげられます 彼らは紛争を終わらせました 私は「安定化世代」と呼んでいます 彼らは人民に対して ずっと責任を負い マクロ経済政策を 改善させています 私たちは初めて アフリカが 成長するのを目の当りにし しかもそれが 世界第二位の経済成長なのです これらの指導者は 決して完璧ではないにせよ 過去50年の歴史の中で 概ね最も優れた指導者なのです

それでは これからどこに 向かうのでしょうか? この世代の後に登場する 第四世代には アフリカを変革する またとない機会があると 信じています 特に 彼らには 前の世代にできなかった 二つのことができると思います 彼らがすべき最初のことは アフリカに 繁栄をもたらすことです どうして繁栄が 大切なのでしょうか? なぜなら前の世代は 貧困問題に 取組めなかったからです 今日のアフリカは 世界で最も早く 人口が増えており しかも最も貧しいのです 2030年までに アフリカの労働人口は 中国をしのぎ 2050年までに世界最大の 労働人口を抱えることになります アフリカで10億人が 職を必要とするようになるのです 経済を急速に 発展させる必要があります これはアフリカだけでなく 世界全体にとっても 時限爆弾の上に 座っているようなものです

この繁栄をもたらすというのを 実現している 一人の人物を 例にとってみましょう ― ラティシャです ラティシャは ケニア出身の若い女性で 家族が学費を払えなかったので 13歳で学校を中退しました そのため 彼女の住む地域の 珍味である ウサギを飼育する 事業を始めました 事業は順調に行って 1年もせずに 15人の女性を雇い 高い収益を上げるようになり 自身で進学するだけでなく これらの女性を通じて 65人の子どもが学校に行く 資金援助をしました 儲けたお金で 彼女は学校を建て 今日では地域の 400人の子どもに 教育の機会を与えています 彼女は18歳に なったばかりです (拍手)

もう一つの例は エリック・ラジョナリで マダガスカル島出身です マダガスカルの地方部で 雇用創出の要となるのは 農業ですが ― マダガスカルの農民の大半には 肥料は高くて手が出せないことに 彼は気付いていました マダガスカルには 大変栄養価の高いフンをする 特別なコウモリがいます 2006年 エリックは公認会計士を辞め コウモリのフンから肥料を作る 会社を起ち上げました 今日ではエリックの会社は 数百万ドルの収益を上げています 正社員が70人いて コウモリのフンが 一番取れる時期には さらに800人を雇っています 私がこの話を好きなのは 繁栄を生み出すチャンスは どこにでも転がっていると 示しているところです エリックは「バットマン」として 知られています (笑) いったい誰が コウモリのフンなどから 多くの人を雇用し 数百万ドルの収益を上げる 会社を作れると 思ったことでしょう? この第四世代がすべき 二つ目のことは 我々自身による 社会機構を作ることです 第四世代は ロバート・ムガベのような 一部の人の 好き勝手にされない 社会機構を作る必要があります

これらはすべて素晴らしい話に 聞こえますが 第四世代は どこから来るのでしょうか? 彼らがどこからともなく 現れるのを待つのか? それとも 神が彼らを お遣わしになるのでしょうか? いいえ 私はそうは思いません 我々にとって重要な問題なので 運任せにはできません 我々はアフリカ色のある 自前の機構を作り出し 体系的かつ実践的に 指導者となる人を 見出し 育てる必要があります アフリカン・リーダーシップ・ アカデミーでは 過去10年間 そのようなことを 行ってきました ラティシャは 我々の若きリーダーの一人です 今日では 7百人に アフリカのための 教育をしており 今後50年で 6千人を輩出したい と思っています

しかし 一つ問題があります 若きリーダー養成の 百人の枠に対し 毎年4千人もの人から応募が 寄せられているのです リーダー養成コースに対し とても大きな需要があるのですが 我々にはそれを 満たせませんでした だからアフリカン・リーダーシップ・ アカデミーの 構想を拡大する計画を 今日ここで初めて公開しようと思います アフリカに大学を25校新設し アフリカの ― 次代を担うリーダーを 養成します 各キャンパスで一度に 1万人のリーダーを育て いつでも 25万人の リーダーを 教育していく予定です (拍手)

今後50年で アフリカを変革する 3百万人のリーダーを 養成します

私の願いは その半数が 我々の必要とする起業家となって 雇用を創出し 残りの半分が 政府やNPOで働き 我々が必要とする 社会機構を作ることです 彼らは単に学問を 学ぶだけではありません リーダーになる方法を学び 起業家としてのスキルを磨きます だから アフリカ版アイビーリーグだと お考えください しかしここでの入学条件は SATの点数や 家の裕福さや 血筋の良さではありません この大学への主な入学基準は アフリカを変革させる 潜在能力があるか ということです

それでも 我々が作ろうとしているのは 一個の組織に過ぎません 我々だけでアフリカを 変革することはできません 私の願いは 多くのアフリカ発の 組織が咲き乱れ 第四世代となる 次世代のアフリカの 指導者を育てるという 同じ理念のもとに 共働することです そして共通の課題である 「雇用創出と社会機構の構築」 について教えるのです

ネルソン・マンデラが かつて言っていました 「時折 偉大と言われる世代が 現れますが 皆さんは その偉大な世代に なれるのです」 我々が注意深く アフリカの次世代の指導者を 認識し養成するなら 来るべき第四世代は アフリカだけでなく 世界でもかつてなかった 最高の世代となることでしょう

ご清聴 ありがとうございました

(拍手)

I experienced my first coup d'etat at the age of four. Because of the coup d'etat, my family had to leave my native home of Ghana and move to the Gambia. As luck would have it,six months after we arrived, they too had a military coup. I vividly remember being woken up in the middle of the night and gathering the few belongings we could and walking for about two hours to a safe house. For a week, we slept under our beds because we were worried that bullets might fly through the window.

Then, at the age of eight, we moved to Botswana. This time, it was different. There were no coups. Everything worked. Great education. They had such good infrastructure that even at the time they had a fiber-optic telephone system, long before it had reached Western countries.

The only thing they didn't have is that they didn't have their own national television station, and so I remember watching TV from neighboring South Africa, and watching Nelson Mandela in jail being offered a chance to come out if he would give up the apartheid struggle. But he didn't. He refused to do that until he actually achieved his objective of freeing South Africa from apartheid. And I remember feeling how just one good leader could make such a big difference in Africa.

Then at the age of 12, my family sent me to high school in Zimbabwe. Initially, this too was amazing: growing economy, excellent infrastructure, and it seemed like it was a model for economic development in Africa. I graduated from high school in Zimbabwe and I went off to college.

Six years later, I returned to the country. Everything was different. It had shattered into pieces. Millions of people had emigrated, the economy was in a shambles, and it seemed all of a sudden that 30 years of development had been wiped out. How could a country go so bad so fast? Most people would agree that it's all because of leadership. One man, President Robert Mugabe, is almost single-handedly responsible for having destroyed this country.

Now, all these experiences of living in different parts of Africa growing up did two things to me. The first is it made me fall in love with Africa. Everywhere I went, I experienced the wonderful beauty of our continent and saw the resilience and the spirit of our people, and at the time, I realized that I wanted to dedicate the rest of my life to making this continent great. But I also realized that making Africa great would require addressing this issue of leadership. You see, all these countries I lived in, the coups d'etat and the corruption I'd seen in Ghana and Gambia and in Zimbabwe, contrasted with the wonderful examples I had seen in Botswana and in South Africa of good leadership. It made me realize that Africa would rise or fall because of the quality of our leaders.

Now, one might think, of course, leadership matters everywhere. But if there's one thing you take away from my talk today, it is this: In Africa, more than anywhere else in the world, the difference that just one good leader can make is much greater than anywhere else, and here's why. It's because in Africa, we have weak institutions, like the judiciary, the constitution, civil society and so forth. So here's a general rule of thumb that I believe in: When societies have strong institutions, the difference that one good leader can make is limited, but when you have weak institutions, then just one good leader can make or break that country.

Let me make it a bit more concrete. You become the president of the United States. You think, "Wow, I've arrived. I'm the most powerful man in the world." So you decide, perhaps let me pass a law. All of a sudden, Congress taps you on the shoulder and says, "No, no, no, no, no, you can't do that." You say, "Let me try this way." The Senate comes and says, "Uh-uh, we don't think you can do that." You say, perhaps, "Let me print some money. I think the economy needs a stimulus." The central bank governor will think you're crazy. You might get impeached for that. But if you become the president of Zimbabwe, and you say, "You know, I really like this job. I think I'd like to stay in it forever." (Laughter) Well, you just can. You decide you want to print money. You call the central bank governor and you say, "Please double the money supply." He'll say, "Okay, yes, sir, is there anything else I can do for you?" This is the power that African leaders have, and this is why they make the most difference on the continent.

The good news is that the quality of leadership in Africa has been improving. We've had three generations of leaders, in my mind. Generation one are those who appeared in the '50s and '60s. These are people like Kwame Nkrumah of Ghana and Julius Nyerere of Tanzania. The legacy they left is that they brought independence to Africa. They freed us from colonialism, and let's give them credit for that. They were followed by generation two. These are people that brought nothing but havoc to Africa. Think warfare, corruption, human rights abuses. This is the stereotype of the typical African leader that we typically think of: Mobutu Sese Seko from Zaire, Sani Abacha from Nigeria. The good news is that most of these leaders have moved on, and they were replaced by generation three. These are people like the late Nelson Mandela and most of the leaders that we see in Africa today, like Paul Kagame and so forth. Now these leaders are by no means perfect, but the one thing they have done is that they have cleaned up much of the mess of generation two. They've stopped the fighting, and I call them the stabilizer generation. They're much more accountable to their people, they've improved macroeconomic policies, and we are seeing for the first time Africa's growing, and in fact it's the second fastest growing economic region in the world. So these leaders are by no means perfect, but they are by and large the best leaders we've seen in the last 50 years.

So where to from here? I believe that the next generation to come after this, generation four, has a unique opportunity to transform the continent. Specifically, they can do two things that previous generations have not done. The first thing they need to do is they need to create prosperity for the continent. Why is prosperity so important? Because none of the previous generations have been able to tackle this issue of poverty. Africa today has the fastest growing population in the world, but also is the poorest. By 2030, Africa will have a larger workforce than China, and by 2050, it will have the largest workforce in the world. One billion people will need jobs in Africa, so if we don't grow our economies fast enough, we're sitting on a ticking time bomb, not just for Africa but for the entire world.

Let me show you an example of one person who is living up to this legacy of creating prosperity: Laetitia. Laetitia's a young woman from Kenya who at the age of 13 had to drop out of school because her family couldn't afford to pay fees for her. So she started her own business rearing rabbits, which happen to be a delicacy in this part of Kenya that she's from. This business did so well that within a year, she was employing 15 women and was able to generate enough income that she was able to send herself to school, and through these women fund another 65 children to go to school. The profits that she generated, she used that to build a school, and today she educates 400 children in her community. And she's just turned 18. (Applause)

Another example is Erick Rajaonary. Erick comes from the island of Madagascar. Now, Erick realized that agriculture would be the key to creating jobs in the rural areas of Madagascar, but he also realized that fertilizer was a very expensive input for most farmers in Madagascar. Madagascar has these very special bats that produce these droppings that are very high in nutrients. In 2006, Erick quit his job as a chartered accountant and started a company to manufacture fertilizer from the bat droppings. Today, Erick has built a business that generates several million dollars of revenue, and he employs 70 people full time and another 800 people during the season when the bats drop their droppings the most. Now, what I like about this story is that it shows that opportunities to create prosperity can be found almost anywhere. Erick is known as the Batman. (Laughter) And who would have thought that you would have been able to build a multimillion-dollar business employing so many people just from bat poo? The second thing that this generation needs to do is to create our institutions. They need to build these institutions such that we are never held to ransom again by a few individuals like Robert Mugabe.

Now, all of this sounds great, but where are we going to get this generation four from? Do we just sit and hope that they emerge by chance, or that God gives them to us? No, I don't think so. It's too important an issue for us to leave it to chance. I believe that we need to create African institutions, home-grown, that will identify and develop these leaders in a systematic, practical way. We've been doing this for the last 10 years through the African Leadership Academy. Laetitia is one of our young leaders. Today, we have 700 of them that are being groomed for the African continent, and over the next 50 years, we expect to create 6,000 of them.

But one thing has been troubling me. We would get about 4,000 applications a year for 100 young leaders that we could take into this academy, and so I saw the tremendous hunger that existed for this leadership training that we're offering. But we couldn't satisfy it. So today, I'm announcing for the first time in public an extension to this vision for the African Leadership Academy. We're building 25 brand new universities in Africa that are going to cultivate this next generation of African leaders. Each campus will have 10,000 leaders at a time so we'll be educating and developing 250,000 leaders at any given time. (Applause)

Over the next 50 years, this institution will create three million transformative leaders for the continent.

My hope is that half of them will become the entrepreneurs that we need, who will create these jobs that we need, and the other half will go into government and the nonprofit sector, and they will build the institutions that we need. But they won't just learn academics. They will also learn how to become leaders, and they will develop their skills as entrepreneurs. So think of this as Africa's Ivy League, but instead of getting admitted because of your SAT scores or because of how much money you have or which family you come from, the main criteria for getting into this university will be what is the potential that you have for transforming Africa?

But what we're doing is just one group of institutions. We can not transform Africa by ourselves. My hope is that many, many other home-grown African institutions will blossom, and these institutions will all come together with a common vision of developing this next generation of African leaders, generation four, and they will teach them this common message: create jobs, build our institutions.

Nelson Mandela once said, "Every now and then, a generation is called upon to be great. You can be that great generation." I believe that if we carefully identify and cultivate the next generation of African leaders, then this generation four that is coming up will be the greatest generation that Africa and indeed the entire world has ever seen.

Thank you.

(Applause)

I experienced my first coup d'etat/ at the age of four.//

私は4歳の時 はじめて クーデターを経験しました

Because of the coup d'etat,/ my family had to leave/ my native home of Ghana/ and move to the Gambia.//

クーデターのために 家族は祖国ガーナを離れ ガンビアに移りました

As luck would have it,/six months/ after we arrived,/ they too had a military coup.//

運が悪いことに 移住して半年後 そこでも軍事クーデターが 起こりました

I vividly remember being woken up/ in the middle of the night/ and gathering the few belongings/ we could/ and walking for about two hours/ to a safe house.//

真夜中に起こされ 僅かばかりの所持品をかき集め 2時間ほど歩いて 隠れ家まで行ったのを はっきり覚えています

For a week,/ we slept under our beds/ because we were worried/ that bullets might fly through the window.//

銃弾が窓から 飛び込んでくるのを恐れ 1週間ベッドの下で 寝ていました

Then,/ at the age of eight,/ we moved to Botswana.//

それから8歳の時に 家族はボツワナに移りました

This time,/ it was different.//

今回は前回と違って

There were no coups.//

クーデターはありませんでした

Everything worked.// Great education.//

全てが順調で 素晴らしい教育も受けられました

They had such good infrastructure/ that even/ at the time/ they had a fiber-optic telephone system,/ long/ before it had reached Western countries.//

インフラも良く 当時のボツワナでは 光ファイバー電話が 西洋で普及するずっと前から 使われていたのです

The only thing/ they didn't have/ is/ that they didn't have their own national television station,/ and so I remember watching/ TV/ from neighboring South Africa,/ and watching Nelson Mandela/ in jail/ being offered a chance to come out/ if he would give up/ the apartheid struggle.//

ボツワナになかったのは 自前のテレビ局だけでした そのため 隣国の 南アフリカのテレビを見ており 獄中にいるネルソン・マンデラが アパルトヘイト闘争から 手を引けば釈放すると 持ちかけられたのが 報じられていました

But he didn't.// He refused to do/ that/ until he actually achieved his objective of freeing South Africa/ from apartheid.//

マンデラは これに応じず 南アからアパルトヘイトを なくす目標を 諦めることは ありませんでした

And I remember feeling/ how just one good leader could make such a big difference/ in Africa.//

そして たった一人の 優れた指導者が アフリカにどれほど大きな違いを もたらせるか 感銘を受けました

Then/ at the age of 12,/ my family sent me/ to high school/ in Zimbabwe.//

そして私が12歳の時 家族は私をジンバブエの中学に 行かせてくれました

Initially,/ this too was amazing:/ growing economy,/ excellent infrastructure,/ and it seemed/ like it was a model/ for economic development/ in Africa.//

そこも最初の頃は 素晴らしいものでした 成長を続ける経済 素晴らしいインフラ まるでアフリカの経済発展の お手本のようでありました

I graduated from high school/ in Zimbabwe/ and I went off/ to college.//

ジンバブエの高校を卒業し 外国の大学に進学しました

Six years later,/ I returned to the country.//

6年後 ジンバブエに 戻ってきた時には

Everything was different.//

全てが変わっていました

It had shattered into pieces.//

国はバラバラになっていました

Millions of people had emigrated,/ the economy was in a shambles,/ and it seemed all of a sudden/ that 30 years of development had been wiped out.//

何百万人もが国を逃れ 経済はメチャメチャで 30年間の発展が突如 消え失せたかのようでした

How could a country go so bad so fast?//

どうしてジンバブエは そんなに急速に悪化したのでしょう?

Most people would agree/ that it's all/ because of leadership.//

多くの人が認めているのは すべては指導者のせい ということです

One man,/ President Robert Mugabe,/ is almost single-handedly responsible/ for having destroyed this country.//

ロバート・ムガベ大統領という男が たった一人で この国を崩壊させてしまったのです

Now,/ all these experiences of living/ in different parts of Africa/ growing up/ did two things/ to me.//

アフリカの様々な国で 成長期を過ごした経験は 私に二つものを 与えてくれました

The first is/ it made me fall in love/ with Africa.//

第一にアフリカへの愛です

Everywhere/ I went,/ I experienced the wonderful beauty of our continent/ and saw the resilience and the spirit of our people, and/ at the time,/ I realized/ that I wanted to dedicate/ the rest of my life/ to making this continent great.//

どこに行っても アフリカの 見事な美しさを体験し 人々の力強さや精神を 見てきました 残りの人生をかけ アフリカのために働き 素晴らしい大陸したいと 思うようになったのは その頃です

But I also realized/ that making Africa great would require addressing/ this issue of leadership.//

同時に アフリカを 素晴らしい大陸にするには この指導者の問題を 解決する必要があると気付きました

You see,/ all these countries/ I lived in,/ the coups d'etat/ and the corruption/ I'd seen in Ghana and Gambia/ and/ in Zimbabwe,/ contrasted with the wonderful examples/ I had seen in Botswana/ and/ in South Africa of good leadership.//

お話ししたように 私が暮らした国々 ― ガーナや ガンビアや ジンバブエでは クーデターや汚職を 目の当たりにしましたが 対照的に ボツワナや南アフリカでは 素晴らしいリーダーシップの 実例が見られました

It made me/ realize/ that Africa would rise or fall because of the quality of our leaders.//

指導者の質で アフリカは 良くも悪くもなることが 分かったのです

Now,/ one might think,/ of course,/ leadership matters everywhere.//

指導者が重要なのは どこでも同じだと 思うかもしれません

But/ if there's one thing/ you take away/ from my talk/ today,/ it is this:/ In Africa,/ more than anywhere else/ in the world,/ the difference/ that just one good leader can make/ is much greater/ than anywhere else,/ and here's/ why.//

しかし 今日の私の話から 学ぶことが一つあるとすれば 「アフリカは 世界のどこよりも 一人の優れた指導者に もたらせる違いが大きい」 ということです なぜなら ―

It's/ because in Africa,/ we have weak institutions,/ like the judiciary,/ the constitution,/ civil society/ and so forth.//

アフリカは 司法や憲法 市民社会などの 社会制度が貧弱だからです

So here's a general rule of thumb/ that I believe in:/ When societies have strong institutions,/ the difference/ that one good leader can make/ is limited,/ but when you have weak institutions,/ then/ just one good leader can make or break that country.//

経験的に言えるのは 社会制度がしっかりした社会では 一人の指導者にできることは 制限されていますが 社会制度の整わない社会では 一人の指導者に 国を築きもできれば 崩壊させもできる ということです

Let me/ make it/ a bit more concrete.//

より具体的に お話ししましょう

You become the president of the United States.//

あなたがアメリカの 大統領になったとしましょう

You think,/ "Wow,/ I've arrived.//

「ワオ ついに登りつめた

I'm the most powerful man/ in the world."//

世界で最も権力のある男になった」と 思うことでしょう

So you decide,/ perhaps let me/ pass a law.//

それで ひとつ法律でも 作ってやろうと思うと

All of a sudden,/ Congress taps you/ on the shoulder/ and says,/ "No, no,/ no,/ no,/ no,/ you can't do that."//

突然 議会に肩をたたかれ 「ちょっと ちょっと ダメですよ」と言われます

You say,/ "Let me/ try this way."//

「ひとつこんな風にしてみたい」と あなたが言うと

The Senate comes and says,/ "Uh-uh,/ we don't think/ you can do that."//

上院が立ちはだかって 「そんなのダメです」と 言われます

You say,/ perhaps,/ "Let me/ print some money.//

「お金を増刷しよう 経済には刺激が必要だからね」と

I think/ the economy needs a stimulus."//

あなたが言うと

The central bank governor will think/ you're crazy.//

中央銀行総裁は

You might get impeached for that.//

あなたが狂っていると思い 弾劾するかもしれません

But/ if you become the president of Zimbabwe,/ and you say,/ "You know,/ I really like this job.//

しかし あなたがジンバブエの大統領なら 「大統領職が気に入ったから

I think/ I'd like to stay/ in it/ forever."// (Laughter)/

生涯続けることにするよ」と 言えば ― (笑)

Well,/ you just can.//

大統領職をずっと 続けられるのです

You decide/ you want to print/ money.//

あなたがお金を増刷しようと決め

You call the central bank governor/ and you say,/ "Please double the money supply."//

中央銀行総裁に電話をして 「通貨供給量を倍にしてくれ」と 言うと

He'll say,/ "Okay,/ yes,/ sir,/ is there anything else I can do for you?"//

中央銀行総裁は 「かしこまりました 他にご用件はございますか?」 と言うでしょう

This is the power/ that African leaders have,/ and this is/ why they make the most difference/ on the continent.//

これがアフリカの指導者の 権力であり これが指導者によって アフリカが大きく変わる 理由なのです

The good news is/ that the quality of leadership/ in Africa has been improving.//

ありがたいのは アフリカの指導者の質が 改善していることです

We've had three generations of leaders,/ in my mind.//

アフリカの指導者には 三つの世代があると思います

Generation one are those/ who appeared in the '50s and '60s.//

50年代や60年代に登場したのが 第一世代です

These are people/ like Kwame Nkrumah of Ghana and Julius Nyerere of Tanzania.//

ガーナのクワメ・エンクルマとか タンザニアのジュリウス・ ニエレレといった人々です

The legacy/ they left/ is/ that they brought independence/ to Africa.//

彼らが遺したものは アフリカの独立です

They freed us/ from colonialism,/ and let's give them/ credit/ for that.//

植民地支配から 人民を解放した功績を 認めてあげましょう

They were followed by generation two.//

彼らの次に登場するのが 第二世代です

These are people/ that brought nothing but havoc/ to Africa.//

この人たちは アフリカを大混乱に 陥れる以外は 何もしていません

Think warfare,/ corruption,/ human rights abuses.//

戦争に 汚職に 人権侵害

This is the stereotype of the typical African leader/ that we typically think of:/ Mobutu Sese Seko/ from Zaire,/ Sani Abacha/ from Nigeria.//

アフリカの指導者というと みんながイメージするものです ザイールのモブツ・セセ・セコとか ナイジェリアのサニ・アバチャなどです

The good news is/ that most of these leaders have moved on,/ and they were replaced by generation three.//

救いは これらの指導者の 大半は既に消え 第三世代が現れたことです

These are people/ like the late Nelson Mandela/ and most of the leaders/ that we see in Africa/ today,/ like Paul Kagame/ and so forth.//

故ネルソン・マンデラとか ポール・カガメなど 今日のアフリカの 指導者の大半が こういった人々です

Now/ these leaders are by no means perfect,/ but the one thing/ they have done/ is/ that they have cleaned up/ much of the mess of generation two.//

そういう指導者も 決して完璧ではありませんが 成果の一つに 第二世代のあらかたの 尻拭いを行ってきたことが あげられます

They've stopped the fighting,/ and I call them/ the stabilizer generation.//

彼らは紛争を終わらせました 私は「安定化世代」と呼んでいます

They're much more accountable/ to their people,/ they've improved macroeconomic policies,/ and we are seeing for the first time/ Africa's growing,/ and in fact/ it's the second fastest growing economic region/ in the world.//

彼らは人民に対して ずっと責任を負い マクロ経済政策を 改善させています 私たちは初めて アフリカが 成長するのを目の当りにし しかもそれが 世界第二位の経済成長なのです

So these leaders are by no means perfect,/ but they are by and large the best leaders/ we've seen in the last 50 years.//

これらの指導者は 決して完璧ではないにせよ 過去50年の歴史の中で 概ね最も優れた指導者なのです

So/ where to/ from here?//

それでは これからどこに 向かうのでしょうか?

I believe/ that the next generation/ to come after this,/ generation four,/ has a unique opportunity/ to transform the continent.//

この世代の後に登場する 第四世代には アフリカを変革する またとない機会があると 信じています

Specifically,/ they can do two things/ that previous generations have not done.//

特に 彼らには 前の世代にできなかった 二つのことができると思います

The first thing/ they need to do/ is they need to create/ prosperity/ for the continent.//

彼らがすべき最初のことは アフリカに 繁栄をもたらすことです

Why is prosperity so important?//

どうして繁栄が 大切なのでしょうか?

Because none of the previous generations have been able to tackle this issue of poverty.//

なぜなら前の世代は 貧困問題に 取組めなかったからです

Africa/ today has the fastest growing population/ in the world,/ but also is the poorest.//

今日のアフリカは 世界で最も早く 人口が増えており しかも最も貧しいのです

By 2030,/ Africa will have a larger workforce/ than China,/ and by 2050,/ it will have the largest workforce/ in the world.//

2030年までに アフリカの労働人口は 中国をしのぎ 2050年までに世界最大の 労働人口を抱えることになります

One billion people will need jobs/ in Africa,/ so/ if we don't grow our economies fast enough,/ we're sitting/ on a ticking time bomb,/ not just/ for Africa/ but/ for the entire world.//

アフリカで10億人が 職を必要とするようになるのです 経済を急速に 発展させる必要があります これはアフリカだけでなく 世界全体にとっても 時限爆弾の上に 座っているようなものです

Let me/ show you/ an example of one person/ who is living up to this legacy of creating prosperity:/ Laetitia.//

この繁栄をもたらすというのを 実現している 一人の人物を 例にとってみましょう ― ラティシャです

Laetitia's a young woman/ from Kenya/ who at the age of 13 had to drop/ out of school/ because her family couldn't afford to pay/ fees/ for her.//

ラティシャは ケニア出身の若い女性で 家族が学費を払えなかったので 13歳で学校を中退しました

So she started her own business/ rearing rabbits,/ which happen to be a delicacy/ in this part of Kenya/ that she's from.//

そのため 彼女の住む地域の 珍味である ウサギを飼育する 事業を始めました

This business did so well/ that within a year,/ she was employing 15 women/ and was able to generate enough income/ that she was able to send herself/ to school,/ and through these women fund another 65 children/ to go to school.//

事業は順調に行って 1年もせずに 15人の女性を雇い 高い収益を上げるようになり 自身で進学するだけでなく これらの女性を通じて 65人の子どもが学校に行く 資金援助をしました

The profits/ that she generated,/ she used that to build a school,/ and today/ she educates 400 children/ in her community.//

儲けたお金で 彼女は学校を建て 今日では地域の 400人の子どもに 教育の機会を与えています

And she's just turned 18.//

彼女は18歳に なったばかりです

(拍手)

Another example is Erick Rajaonary.//

もう一つの例は エリック・ラジョナリで

Erick comes from the island of Madagascar.//

マダガスカル島出身です

Now,/ Erick realized/ that agriculture would be the key/ to creating jobs/ in the rural areas of Madagascar,/ but he also realized/ that fertilizer was a very expensive input/ for most farmers/ in Madagascar.//

マダガスカルの地方部で 雇用創出の要となるのは 農業ですが ― マダガスカルの農民の大半には 肥料は高くて手が出せないことに 彼は気付いていました

Madagascar has these very special bats/ that produce these droppings/ that are very high/ in nutrients.//

マダガスカルには 大変栄養価の高いフンをする 特別なコウモリがいます

In 2006,/ Erick quit his job/ as a chartered accountant/ and started a company/ to manufacture fertilizer/ from the bat droppings.//

2006年 エリックは公認会計士を辞め コウモリのフンから肥料を作る 会社を起ち上げました

Today,/ Erick has built a business/ that generates several million dollars of revenue,/ and he employs 70 people/ full time/ and another 800 people/ during the season/ when the bats drop their droppings/ the most.//

今日ではエリックの会社は 数百万ドルの収益を上げています 正社員が70人いて コウモリのフンが 一番取れる時期には さらに800人を雇っています

Now,/ what I like about this story is/ that it shows/ that opportunities/ to create prosperity can be found almost anywhere.//

私がこの話を好きなのは 繁栄を生み出すチャンスは どこにでも転がっていると 示しているところです

Erick is known as the Batman.//

エリックは「バットマン」として 知られています

(笑)

And who would have thought/ that you would have been able to build a multimillion-dollar business employing so many people just/ from bat poo?//

いったい誰が コウモリのフンなどから 多くの人を雇用し 数百万ドルの収益を上げる 会社を作れると 思ったことでしょう?

The second thing/ that this generation needs to do/ is to create our institutions.//

この第四世代がすべき 二つ目のことは 我々自身による 社会機構を作ることです

They need to build/ these institutions such/ that we are never held to ransom again/ by a few individuals/ like Robert Mugabe.//

第四世代は ロバート・ムガベのような 一部の人の 好き勝手にされない 社会機構を作る必要があります

Now,/ all of this sounds great,/ but where are we going to get this generation/ four from?//

これらはすべて素晴らしい話に 聞こえますが 第四世代は どこから来るのでしょうか?

Do we just sit and hope/ that they emerge by chance,/ or/ that God gives them/ to us?//

彼らがどこからともなく 現れるのを待つのか? それとも 神が彼らを お遣わしになるのでしょうか?

No, I don't think so.//

いいえ 私はそうは思いません

It's too important/ an issue/ for us/ to leave it/ to chance.//

我々にとって重要な問題なので 運任せにはできません

I believe/ that we need to create/ African institutions,/ home-grown,/ that will identify and develop these leaders/ in a systematic, practical way.//

我々はアフリカ色のある 自前の機構を作り出し 体系的かつ実践的に 指導者となる人を 見出し 育てる必要があります

We've been doing this/ for the last 10 years/ through the African Leadership Academy.//

アフリカン・リーダーシップ・ アカデミーでは 過去10年間 そのようなことを 行ってきました

Laetitia is one of our young leaders.//

ラティシャは 我々の若きリーダーの一人です

Today,/ we have 700 of them/ that are being groomed for the African continent,/ and over the next 50 years,/ we expect to create/ 6,000 of them.//

今日では 7百人に アフリカのための 教育をしており 今後50年で 6千人を輩出したい と思っています

But one thing has been troubling me.//

しかし 一つ問題があります

We would get about 4,000 applications/ a year/ for 100 young leaders/ that we could take into this academy,/ and so I saw the tremendous hunger/ that existed for this leadership training/ that we're offering.//

若きリーダー養成の 百人の枠に対し 毎年4千人もの人から応募が 寄せられているのです リーダー養成コースに対し とても大きな需要があるのですが

But we couldn't satisfy it.//

我々にはそれを 満たせませんでした

So/ today,/ I'm announcing/ for the first time/ in public an extension/ to this vision/ for the African Leadership Academy.//

だからアフリカン・リーダーシップ・ アカデミーの 構想を拡大する計画を 今日ここで初めて公開しようと思います

We're building/ 25 brand new universities/ in Africa/ that are going to cultivate/ this next generation of African leaders.//

アフリカに大学を25校新設し アフリカの ― 次代を担うリーダーを 養成します

Each campus will have 10,000 leaders/ at a time/ so we'll be educating and developing 250,000 leaders/ at any given time.//

各キャンパスで一度に 1万人のリーダーを育て いつでも 25万人の リーダーを 教育していく予定です

(拍手)

Over the next 50 years,/ this institution will create three million transformative leaders/ for the continent.//

今後50年で アフリカを変革する 3百万人のリーダーを 養成します

My hope is that half of them will become the entrepreneurs/ that we need,/ who will create these jobs/ that we need,/ and the other half will go into government and the nonprofit sector,/ and they will build the institutions/ that we need.//

私の願いは その半数が 我々の必要とする起業家となって 雇用を創出し 残りの半分が 政府やNPOで働き 我々が必要とする 社会機構を作ることです

But they won't just learn academics.//

彼らは単に学問を 学ぶだけではありません

They will also learn/ how to become leaders,/ and they will develop their skills/ as entrepreneurs.//

リーダーになる方法を学び 起業家としてのスキルを磨きます

So think of this/ as Africa's Ivy League,/ but instead of getting admitted because of your SAT scores/ or because of how much money/ you have/ or which family/ you come from,/ the main criteria/ for getting into this university will be/ what is the potential/ that you have for transforming Africa?//

だから アフリカ版アイビーリーグだと お考えください しかしここでの入学条件は SATの点数や 家の裕福さや 血筋の良さではありません この大学への主な入学基準は アフリカを変革させる 潜在能力があるか ということです

But/ what we're doing/ is just one group of institutions.//

それでも 我々が作ろうとしているのは 一個の組織に過ぎません

We can not transform Africa/ by ourselves.//

我々だけでアフリカを 変革することはできません

My hope is/ that many, many other home-grown African institutions will blossom,/ and these institutions will all come together/ with a common vision of developing this next generation of African leaders,/ generation four,/ and they will teach them/ this common message:/ create jobs,/ build our institutions.//

私の願いは 多くのアフリカ発の 組織が咲き乱れ 第四世代となる 次世代のアフリカの 指導者を育てるという 同じ理念のもとに 共働することです そして共通の課題である 「雇用創出と社会機構の構築」 について教えるのです

Nelson Mandela once said,/ "Every now/ and then,/ a generation is called upon to be great.//

ネルソン・マンデラが かつて言っていました 「時折 偉大と言われる世代が 現れますが

You can be/ that great generation."//

皆さんは その偉大な世代に なれるのです」

I believe/ that if we carefully identify/ and cultivate the next generation of African leaders,/ then/ this generation/ four/ that is coming up/ will be the greatest generation/ that Africa/ and indeed/ the entire world has ever seen.//

我々が注意深く アフリカの次世代の指導者を 認識し養成するなら 来るべき第四世代は アフリカだけでなく 世界でもかつてなかった 最高の世代となることでしょう

Thank you.//

ご清聴 ありがとうございました

(拍手)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

coup d'etat

クーデター(武力で反対派を弾圧して国家の権力を握ること)

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

Ghana

ガーナ(西部アフリカの共和国;首都はAccra)

Gambia

ガンビア(アフリカ西部にある共和国)

luck

『運』,巡り合わせ

『幸運』

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

coup

不意に一激

大当たり,大成功

=coup d'etat

vividly

あざやかに;はっきりと;生き生きと

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

belonging

所属

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

bullet

『弾丸』,銃弾,小銃弾

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

Botswana

ボツワナ(南アフリカの共和国)

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

telephone

〈C〉『電話機』

〈U〉『電話』(《話》phone)

〈人〉‘に'『電話をかける』

〈場所〉‘に'電話をかける

電話をかける

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

nelson

(レスリングの)首固め

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

apartheid

(特に南アフリカにおける)人種隔離政策

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

Zimbabwe

ジンバブウェ(南アフリカの共和国;もと Rhodesia,1980年4月独立)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

economic

『経済の』

『経済学の』

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

shatter

〈物〉‘を'『粉々に打ち砕く』,粉砕する

(回復の余地なく)〈計画・健康・希望など〉‘を'『壊す』

『粉々になる』

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

emigrate

(自国から他国へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

shamble

よろよろ歩く

よろよろ歩く

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

wipe

〈物など〉‘を'『ふく』,ふぐう

〈よごれなど〉‘を'『ふき取る』,ぬぐい去る《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ふき取る《+『名』+『off』(『from, out of』)+『名』》

(…に)〈布など〉‘を'こすりつけてふく(ぬぐう)《+名+over(across)+鳴》

ふくこと,ぬぐうこと

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

continent

自制した,禁欲的な

resilience

はね返り;弾力[性]

(病気や不幸などからの)回復

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

corruption

(官吏などの)不正行為,汚職

堕落

(物の)腐敗

(原文の)改悪;(言語の)なまり

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

judiciary

司法の;裁判所の;裁判官の

〈C〉司法部

〈C〉(国の)司法制度

《集合的に》《《米》単数扱い,《英》単数・複数扱い》裁判官

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

thumb

『親指』;(手袋などの)親指の部分

〈本のページ〉‘を'親指でめくる

《話》〈ヒッチハイカーが〉〈便乗〉‘を'親指を立てて頼む

ヒッチハイクする

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

tap

…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》

…‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》

(…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》

『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》

(靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具

《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

senate

(古代ローマの)元老院

《the S-》(米国・カナダ・フランスなどの)『上院』

(大学の)評議会,理事会

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

stimulus

刺激[するもの]

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

governor

(米国の州の)『知事』

(植民地・属領などの)『総督』

(協会・銀行などの)総裁,理事;(公共施設・病院などの)長,管理者

(燃料の供給を加減してエンジンの速度を調節する)調速機

《英話》部(課)長,上役(boss);おやじ

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

impeach

《おもに米》(不法行為のために)〈載判官・公務員〉‘を'弾劾(だんがい)する;(…のかどで)〈人〉‘を'非難する《+『名』+『for』(『of, with』)+『名』(do『ing』)》

《文》…‘を'疑う,問いただす

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

laughter

『笑い』,笑い声

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

money supply

需要額(当座預金額と通貨流通額)

okay

=OK,O.K.

sir

《時にS-》《冠詞なしで》《男性の目上の人・見知らぬ人・店の客・上官・先生・議長などに対する敬った丁寧な呼び掛け語として》『あなた』,だんな,先生,(警官などが男性を呼び止めて)おい,君

《S-》〈U〉サー

《しばしばS-》〈C〉《手紙の書き出しのあいさつに用いて》『拝啓』

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

Tanzania

タンザニア(アフリカ東部の共和国;首都 Dares Salaam)

legacy

(特に遺言によって相読する)遺産

(祖先・先人から受け継いだ精神的・物質的)遺産

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

colonialism

植民地[獲得]政策,植民地主義

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

havoc

(自然の力・暴動などによる)大破壊,荒廃,大混乱,大騒ぎ

warfare

『戦争』,交戦状態,戦争行為

『争い』,闘争

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

abuse

〈U〉〈C〉(自分の,あるいは人の権利などの)『乱用』,悪用《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》悪習,悪弊

〈U〉『悪口』,悪態,ののしり

〈地位・権力など〉'を'『乱用する』,悪用する

…'を'『虐待する』(maltreat),酷使する

…'を'『ののしる』,‘の'悪口をいう

stereotype

ステロ版,鉛版;ステロ版作製(印刷)

定型;決まり文句,常套手段;型にはまったイメージ

…‘を'ステロ版で印刷する

…‘を'固定させる,型にはめる

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

Zaire

ザイール(アフリカ中部の共和国;旧名 Congo;首都 Kinshasa)

Nigeria

ナイジェリア(アフリカ西部の共和国で英連邦の一員;首都はLagos)

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

fighting

戦闘;好戦的な(warlike) 戦い, 戦闘; (形容詞的) 戦闘(用)の

accountable

(物事が)説明のつく

《補語にのみ用いて》(…について)説明できる,責任を持てる《+『for』+『名』》

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

opportunity

『機会』,好機

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

first thing

まず最初に,朝一番に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

prosperity

『繁栄』,成功

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

workforce

労働人口,全労働力

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

ticking

(ふとん・まくら・テント用の)じょうぶな綿布

time bomb

時限爆弾

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

rear

(ある物の)『背後』,『後方』

(ある物の)『後部』

(軍・艦隊などの)最後尾,後衛・「bring up the rear」で「しんがりを務める」・《後回しに》尻

後方の;後部の

rabbit

〈C〉ウサギ;《米》(一般にhareも含めて)ウサギ

〈U〉ウサギの毛皮(肉)

〈C〉《英話》(ゴルフ・クリケット,特にテニスの)へたなプレーヤー

ウサギを狩る

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

delicacy

〈U〉(形状・感触などの)『優美さ』,精巧さ,繊細さ《+『of』+『名』》

〈C〉『おいしいもの』,珍味

〈U〉(身体の)『か弱さ』,きゃしゃ,ひ弱さ《+『of』+『名』》

〈U〉(門題などの)『微妙さ』,扱いにくさ《+『of』+『名』》

〈U〉(趣味・技能・感情などの)『繊細さ』,鋭さ《+『of』+『名』》

(対人関係における)心遺い,思いやり

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

income

(一定の)『収入』,所得

herself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼女自身』,彼女自ら

《再帰用法》

《動詞・前置詞の目的語として》『彼女自身を(に)』,自分を(に)

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

applause

『拍手かっさい』;称賛

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Madagascar

マダカスカル(アフリカ南東岸沖にある共和国)

agriculture

『農業』,農学

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

expensive

『費用のかかる』,高価な

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

bat

『コウモリ』

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

charter

(君主・政府などが人民・組織・個人に与える権利の)『特許状』,免許状,憲章

(組織の趣旨を述べた)『憲章』

(バス・飛行機・船などの)貸借契約

〈組織など〉‘に'『特許(免許)を与える』

(契約によって)〈バス・飛行機・船など〉'を'『借り切る』

accountant

会計係,会計士,計理士

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

droppings

(鳥獣の)ふん

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

batman

(陸軍将校の)従卒

poo

= poo-poo・(幼児語)うんち・うんちをする

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

ransom

〈C〉身のしろ金

〈U〉(身のしろ金の支払いによる人質などの)解放,釈放

〈人質〉‘を'身のしろ金を取って釈放する

〈人質〉‘を'身のしろ金を払って釈放させる

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

groom

『馬丁』

=bridegroom

〈馬〉‘の'手入れをする

〈身なり,頭髪など〉‘を'きちんと整える,身づくろいする

(公職・役柄などのために)〈人〉‘を'仕込む,訓練する《+『名』+『for』+『名』》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

offering

〈U〉(…の)申し出,提供《+『of』+『名』》

〈C〉(神への)お供え,ささげ物,(教会への)献金;(一般に)贈り物

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

cultivate

〈土地〉'を'『耕す』;〈作物〉'を'『栽培する』;〈魚など〉'を'養殖する

…'を'『教化する』,養成する,育成する

…'を'得ようとする

campus

(大学などの)『構内』,キャンパス;学園

《米》(大学の)分校

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

nonprofit

非営利的な

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

ivy

ツタ

league

リーグ(昔の距離の単位;約3マイル(5キロメートル))

instead

『その代りとして』,それよりも

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

criterion

(価値判断の)規準,尺度

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

blossom

〈C〉(特に果樹の)花

〈U〉《集合的に》花(木立または木全部の花)

〈C〉開花;開花期

〈木が〉花が咲く,花が開く

発展する,栄える《+out》;(…に)成長する《+[out]into+名》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

upon

『…の上に』

carefully

『注意深く』,気をつけて

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

関連動画