TED日本語 - ヴィンセント・ムーン、ナナ・ヴァスコンセロス: 世界に潜む音楽の儀式

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

フランスの映像作家ヴィンセント・ムーンは、リュックとノートパソコンとカメラだけを持って世界中を旅します。彼は、エレベーター内のアーケイド・ファイア、アパートのキッチンのボン・イヴェール、そしてワンテイクで撮ったチェチェンのスーフィーの儀式や、ペルーのアヤワスカの儀式の映像を撮影してきました。ここで彼が説明するのは、人々が映像と音楽によって、自分たちの文化を新たな視点から捉えるようになる様子です。それに続いて、ジャズ界の巨匠ナナ・ヴァスコンセロスがパフォーマンスを披露します。

Script

コンピュータと カメラとマイクを使い これまでとは できるだけ違った方法で 世界を表現することは できるでしょうか? どうすれば インターネットを使って 新たな形式の映画を作ることが 可能になるでしょうか? そもそも なぜ我々は 映像に記録するのでしょうか?

そんな単純な疑問を抱きながら 私は10年前に映画を撮り始めました 初めは友人の クリストフ・アブリクと一緒でした 彼はインディーズ音楽専門サイト ― “La Blogotheque” を 運営していました 私たちは音楽に のめり込んでいました できるだけ今までとは 違う形で音楽を表現し 大好きな音楽や 尊敬するミュージシャンたちを 映像に収める際に 音楽業界やそこにつきまとう 月並みな描写とは 距離をおきたいと考えました 私たちは演奏を 毎週インターネットに 公開し始めました ここでいくつかお見せしましょう

シャワー室で演奏する グリズリー・ベア パリのカフェで演奏するシガー・ロス エッフェル塔の傍らで 演奏するフェニックス ニューヨークのホテルの 一室ではトム・ジョーンズ オランピアード駅のエレベーターでは アーケイド・ファイア ブルックリンでは 階段を降りるベイルート 車の中では R.E.M. 夜の南フランスで テーブルを囲む ザ・ナショナル モンマルトルのアパートメントで 友人たちと演奏する ボン・イヴェール 長い夜を楽しく過ごす イェーセイヤー その他 有名無名のバンドを 本当にたくさん 撮影しました

私たちはこの映像をすべて ネットで無料公開しました 映像を全部共有して 今までとは違うやり方で 音楽を表現したかったのです あらゆる最新技術を駆使して これまでとは違う親密さを 作り出したかったのです 10年前には まだネット上に そういうものはなかったので 私たちのプロジェクト “Take Away Shows" は かなりの成功を収め 視聴者は数百万人に達しました

しばらくして私はちょっと ― どこかに出かけたくなりました 旅に出て 違った音楽を発見しながら 世界の辺境を訪ね歩きたいという 衝動にかられたのです それに私の頭の中には 「放浪する映画」という アイデアがありました 新しいテクノロジーと路上を どう結びつけられるだろう? アンデス山脈を横断するバスの車中で 映画を編集するには どうしたらいいだろう? こうして私は5年に渡る 世界旅行に出かけました その頃 デジタル映画音楽レーベル “Collection Petites Planetes” を始めました これは映像作家クリス・マルケルへの オマージュでもあります それでは その映像の中から さらにいくつかご覧ください

ブラジル北部 テクノブレガの歌姫 ガビ・アマラントス チェチェンの女性アンサンブル シンガポールで実験的電子音楽を 演奏する One Man Nation サンパウロの自宅の屋上で歌う ブラジルの巨匠 トン・ゼー アルメニアの素晴らしい ロック・バンド The Bambir グルジアの首都トビリシの レストランでの伝統音楽 インドネシア ジャカルタの素晴らしい レトロポップバンド ホワイト・シューズ ウクライナ キエフの 革新的バンド DakhaBrakha 友人とバンドネオンを奏でる アルゼンチン ブエノスアイレスの トミ・レブレロ その他 世界中いろいろな場所の ミュージシャンたちです

私は旅をしながら 制作したいと思っていました こういった映像を撮るためには 大企業をバックにつけ 組織的にやっても だめだったでしょう 私はリュック1つに コンピュータとカメラと マイクを入れて 一人旅をしていました そして全くの素人の 地元の人たちと私だけで その場でチームを組んでいったのです 場所を転々と変えて旅しながら 映画を撮りました 私が心から信じていたのは 映画をもっとシンプルなものに できるはずだということです 「映画を撮りたいから 一晩泊めてください」とか 「映像と交換にカイピリーニャを おごってください」という感じです 場所によって 他の酒になりますが

ペルーでは みんな ピスコサワーを飲みます 私がペルーについた時は 何をするかなんて 全く考えていませんでした 手元には電話番号がたった1つ あるだけでした でも3か月後には 国中を旅してまわった結果 33本の映画ができていました 地元の人たちの 協力だけが頼りでした 「今日ここで映像に記録する価値が あるものは何ですか?」という 質問に答えてくれた 人々の協力だけです そんな風に過ごしながら 組織も作らず作業したおかげで その瞬間瞬間に応じて 判断できました 「今 撮るべきだ」とか 「その人の全人格を記録すべきだ」とか 「このやりとりは するべきだ」 といった判断です 私がチェチェンに行った時 最初に出会った人が 私を見て言いました 「ここで何をしているんだ? ジャーナリストか? NGOか?政治家か? どんな問題を 調査するつもりなんだ?」 でも実際に調べに来たのは チェチェンのスーフィーの儀式と スーフィズム文化の素晴らしさでした これは この地方以外では 全く知られていないものです 私が撮った映像を 渡すことにしていると 彼らが知ると・・・ そもそも映像は CCライセンスにもとづいて 無料公開していましたが 土地の人々にも直接渡して 自由に使えるようにしていました 私は美しい光の中で 彼らを表現できれば十分ですから それに私が人々を撮影する時には その人たちの孫が映像を見て こう言いたくなるように 撮りたいのです 「おじいちゃん素敵 ビヨンセみたいだ」って(笑) これがとても大切なのです (拍手)

本当に大切です なぜなら こうすることで 自分たちの文化や地域に対する 見方が変わるからです 考え方も変わっていくでしょう これは文化の多様性を維持する ひとつの方法かも知れません さて なぜ映像を 記録するのでしょうか? アメリカの思想家ハキム・ベイが うまいことを言っています 「あらゆる記録は ライブ・パフォーマンスの 墓碑に過ぎない」 覚えておく価値のある いい言葉です 現代は映像が あふれる時代ですから 記録することに どんな意味があるのか? それを使って どこに向かうのか? 私は調査しながら 考え続けていました そこにどんな意味があるのか? 音楽について調べながら 糸をたぐるように その起源の一端に 迫ろうとしていました すべてはどこから来たのか? フランス人の私に 何が発見できるかは わかりませんでしたが 実はシンプルなことなんです つまり あらゆるものが神聖で 音楽は魂を癒やすものなのです 私のカメラ この小さな道具を どのように使えば もっと近づいて トランスの儀式を撮るだけでなく それと同じ価値をもつ 人々と完全に調和した状態 ― 言わば「シネ・トランス」を 捉えられるのだろうか?

それこそが 今 新たに取り組んでいる 世界中の新しい信仰心の調査です もう少し映像をお見せしましょう インドネシア タナ・トラジャの葬送儀式 エチオピア北部の 復活祭の儀式 よく知られているジャワ島の トランスの儀式ジャティラン ブラジル北部のウンバンダ チェチェンのスーフィーの儀式 アルメニアの神聖教会でのミサ エチオピアの聖地ハラールの スーフィー音楽 ペルー国内アマゾンの奥地 シピボ族の アヤワスカの儀式 そしてここブラジルで 制作中の新作が “Hibridos”で プリシラ・テルモンとの共同制作です この作品ではブラジル国内の 様々な形の新しい信仰心を調べています 私はこのささやかな探求を 「実験的民族誌」と呼んでいます いろいろな分野を 全部掛け合わせて 少しでも複雑さを 取り戻そうとする試みです

なぜ私たちは映像を記録するのか? 私はまだそこにこだわっていました 映画は私たちに ものの見方を 教えてくれるはずです 表現方法が 世界の見方を 変えていくのです 私たちが生きる現代 ― マスメディアが描く世界は 本当にひどいものです 暴力や過激派 派手なだけの出来事や 日常生活をただ単純化したもの・・・ 私は 映像を記録することは ある種の複雑さを 取り戻すことだと思います 現代の生活を作り変えるために 私たちは新しい形式の 映像を作る必要があります そして それはとても シンプルなことなのです

どうもありがとう

(拍手)

(ブルーノ・ジュッサーニ) ヴィンセント どうもありがとう 次のパフォーマンスを準備する間に 質問をさせてください あなたは今見せてくれた いろいろな場所に カメラを担いで出向いたんですよね たぶん歓迎されたとは思いますが いつも心から受け入れられた わけではないでしょう その村や街や集団の 神聖な儀式や内輪だけの瞬間に 足を踏み入れるわけですから レンズを向けながら出向く時に 見えない壁を どう乗り越えるんですか?

(ヴィンセント・ムーン) 私は頭を使うより 体を使って壁を乗り越えます 旅することでそれを学びました 頭で覚えたことよりも 体で覚えたことを信頼するんです 敬意とは一歩退くことではなく 一歩踏み出すことです その瞬間 その儀式 その場所に 全身で関わることで みんな歓迎してくれるし 熱意を理解してくれます

(ジュッサーニ)あなたは映像を ほとんどワンテイクで撮っていて あまり編集はしないそうですね セッションの冒頭で流した映像は 時間などの関係で 編集してもらいましたが そういう事情がない限り あなたは現場に行って あまり計画を立てず 目の前で起こることを 撮影していると言っても いいでしょうか?

(ムーン)私の考えはこうです 映像にカットを入れず 観客が見るのに任せていれば 観客がもっと その瞬間やその場所に 近づいていける気がします これは観客に対する 敬意の問題だと思います カットしてあちこちを つなぎあわせるのではなく 時間の流れに任せるんです

(ジュッサーニ) ここブラジルで制作中の新作 “Hibridos” について 少し教えてください このTEDGlobalに来る直前まで あなたは撮影で 国中を旅していましたよね それについて教えてください

(ムーン)“Hibridos” ですが・・・ 私はブラジルが 世界でも屈指の敬虔な国で 信仰心においても その実践においても 極めて偉大な国だと 心から思います これは今年ずっと取り組んでいる 大規模なプロジェクトで ブラジル国内の さまざまな地域で さまざまな祭礼を調べて いかに人々が 信仰と共に生きるのかを 理解しようとしています

(ジュッサーニ)この後 ステージに登場する人物を ヴィンセントが紹介してくれますが 彼は以前被写体になった 人々のひとりです 彼を撮影したのはいつですか?

(ムーン)確か4年前に 私が初めて旅をした時です

(ジュッサーニ)ブラジルで 撮影した中では初期のビデオですね (ムーン)はい 初期の1本です 彼の出身地である レシフェで撮影しました

(ジュッサーニ)それでは 紹介をお願いします

(ムーン)手短にしましょう ブラジルが生んだ 最高のミュージシャンのひとりを このステージに招くのは とても光栄です お迎えください ナナ・ヴァスコンセロスです

(ジュッサーニ) ナナ・ヴァスコンセロスです

(拍手)

(音楽)

ジャングルに行こう

(拍手)

Vincent Moon: How can we use computers, cameras, microphones to represent the world in an alternative way, as much as possible? How, maybe, is it possible to use the Internet to create a new form of cinema? And actually, why do we record?

Well, it is with such simple questions in mind that I started to make films 10 years ago, first with a friend, Christophe Abric. He had a website, La Blogotheque, dedicated to independent music. We were crazy about music. We wanted to represent music in a different way, to film the music we love, the musicians we admired, as much as possible, far from the music industry and far from the cliches attached to it. We started to publish every week sessions on the Internet. We are going to see a few extracts now.

From Grizzly Bear in the shower to Sigur Ros playing in a Parisian cafe. From Phoenix playing by the Eiffel Tower to Tom Jones in his hotel room in New York. From Arcade Fire in an elevator in the Olympiades to Beirut going down a staircase in Brooklyn. From R.E.M. in a car to The National around a table at night in the south of France. From Bon Iver playing with some friends in an apartment in Montmartre to Yeasayer having a long night, and many, many, many more unknown or very famous bands.

We published all those films for free on the Internet, and we wanted to share all those films and represent music in a different way. We wanted to create another type of intimacy using all those new technologies. At the time,10 years ago actually, there was no such project on the Internet, and I guess that's why the project we were making, the Take Away Shows, got quite successful, reaching millions of viewers.

After a while, I got a bit -- I wanted to go somewhere else. I felt the need to travel and to discover some other music, to explore the world, going to other corners, and actually it was also this idea of nomadic cinema, sort of, that I had in mind. How could the use of new technologies and the road fit together? How could I edit my films in a bus crossing the Andes? So I went on five-year travels around the globe. I started at the time in the digital film and music label collection Petites Planetes, which was also an homage to French filmmaker Chris Marker. We're going to see now a few more extracts of those new films.

From the tecno brega diva of northern Brazil, Gaby Amarantos to a female ensemble in Chechnya. From experimental electronic music in Singapore with One Man Nation to Brazilian icon Tom Ze singing on his rooftop in Sao Paolo. From The Bambir, the great rock band from Armenia to some traditional songs in a restaurant in Tbilisi, Georgia. From White Shoes, a great retro pop band from Jakarta, Indonesia to DakhaBrakha, the revolutionary band from Kiev, Ukraine. From Tomi Lebrero and his bandoneon and his friends in Buenos Aires, Argentina, to many other places and musicians around the world.

My desire was to make it as a trek. To do all those films, it would have been impossible with a big company behind me, with a structure or anything. I was traveling alone with a backpack -- computer, camera, microphones in it. Alone, actually, but just with local people, meeting my team, which was absolutely not professional people, on the spot there, going from one place to another and to make cinema as a trek. I really believed that cinema could be this very simple thing: I want to make a film and you're going to give me a place to stay for the night. I give you a moment of cinema and you offer me a capirinha. Well, or other drinks, depending on where you are.

In Peru, they drink pisco sour. Well, when I arrived in Peru, actually, I had no idea about what I would do there. And I just had one phone number, actually, of one person. Three months later, after traveling all around the country, I had recorded 33 films, only with the help of local people, only with the help of people that I was asking all the time the same question: What is important to record here today? By living in such a way, by working without any structure, I was able to react to the moment and to decide, oh, this is important to make now. This is important to record that whole person. This is important to create this exchange. When I went to Chechnya, the first person I met looked at me and was like, "What are you doing here? Are you a journalist? NGO? Politics? What kind of problems are you going to study?" Well, I was there to research on Sufi rituals in Chechnya, actually -- incredible culture of Sufism in Chechnya, which is absolutely unknown outside of the region. As soon as people understood that I would give them those films -- I would publish them online for free under a Creative Commons license, but I would also really give them to the people and I would let them do what they want with it. I just want to represent them in a beautiful light. I just want to portray them in a way that their grandchildren are going to look at their grandfather, and they're going to be like, "Whoa, my grandfather is as cool as Beyonce." (Laughter) It's a really important thing. (Applause)

It's really important, because that's the way people are going to look differently at their own culture, at their own land. They're going to think about it differently. It may be a way to maintain a certain diversity. Why you will record? Hmm. There's a really good quote by American thinker Hakim Bey which says, "Every recording is a tombstone of a live performance." It's a really good sentence to keep in mind nowadays in an era saturated by images. What's the point of that? Where do we go with it? I was researching. I was still keeping this idea in mind: What's the point? I was researching on music, trying to pull, trying to get closer to a certain origin of it. Where is this all coming from? I am French. I had no idea about what I would discover, which is a very simple thing: Everything was sacred, at first, and music was spiritual healing. How could I use my camera, my little tool, to get closer and maybe not only capture the trance but find an equivalent, a cine-trance, maybe, something in complete harmony with the people?

That is now my new research I'm doing on spirituality, on new spirits around the world. Maybe a few more extracts now. From the Tana Toraja funeral ritual in Indonesia to an Easter ceremony in the north of Ethiopia. From jathilan, a popular trance ritual on the island of Java, to Umbanda in the north of Brazil. The Sufi rituals of Chechnya to a mass in the holiest church of Armenia. Some Sufi songs in Harar, the holy city of Ethiopia, to an ayahuasca ceremony deep in the Amazon of Peru with the Shipibo. Then to my new project, the one I'm doing now here in Brazil, named "Hibridos." I'm doing it with Priscilla Telmon. It's research on the new spiritualities all around the country. This is my quest, my own little quest of what I call experimental ethnography, trying to hybrid all those different genres, trying to regain a certain complexity.

Why do we record? I was still there. I really believe cinema teaches us to see. The way we show the world is going to change the way we see this world, and we live in a moment where the mass media are doing a terrible, terrible job at representing the world: violence, extremists, only spectacular events, only simplifications of everyday life. I think we are recording to regain a certain complexity. To reinvent life today, we have to make new forms of images. And it's very simple.

Muito obrigado.

(Applause)

Bruno Giussani: Vincent, Vincent, Vincent. Merci. We have to prepare for the following performance, and I have a question for you, and the question is this: You show up in places like the ones you just have shown us, and you are carrying a camera and I assume that you are welcome but you are not always absolutely welcome. You walk into sacred rituals, private moments in a village, a town, a group of people. How do you break the barrier when you show up with a lens?

VM: I think you break it with your body, more than with your knowledge. That's what it taught me to travel, to trust the memory of the body more than the memory of the brain. The respect is stepping forward, not stepping backward, and I really think that by engaging your body in the moment, in the ceremony, in the places, people welcome you and understand your energy.

BG: You told me that most of the videos you have made are actually one single shot. You don't do much editing. I mean, you edited the ones for us at the beginning of the sessions because of the length, etc. Otherwise, you just go in and capture whatever happens in front of your eyes without much planning, and so is that the case? It's correct?

VM: My idea is that I think that as long as we don't cut, in a way, as long as we let the viewer watch, more and more viewers are going to feel closer, are going to get closer to the moment, to that moment and to that place. I really think of that as a matter of respecting the viewer, to not cut all the time from one place to another, to just let the time go.

BG: Tell me in a few words about your new project, "Hibridos," here in Brazil. Just before coming to TEDGlobal, you have actually been traveling around the country for that. Tell us a couple of things.

VM: "Hibridos" is -- I really believe Brazil, far from the cliches, is the greatest religious country in the world, the greatest country in terms of spirituality and in experimentations in spiritualities. And it's a big project I'm doing over this year, which is researching in very different regions of Brazil, in very different forms of cults, and trying to understand how people live together with spirituality nowadays.

BG: The man who is going to appear onstage momentarily, and Vincent's going to introduce him, is one of the subjects of one of his past videos. When did you do a video with him?

VM: I guess four years ago,four years in my first travel.

BG: So it was one of your first ones in Brazil. VM: It was amongst the first ones in Brazil, yeah. I shot the film in Recife, in the place where he is from.

BG: So let's introduce him. Who are we waiting for?

VM: I'll just make it very short. It's a very great honor for me to welcome onstage one of the greatest Brazilian musicians of all time. Please welcome Nana Vasconcelos.

BG: Nana Vasconcelos!

(Applause)

(Music)

Nana Vasconcelos: Let's go to the jungle.

(Applause)

Vincent Moon:/ How can/ we use computers,/ cameras,/ microphones to represent the world/ in an alternative way,/ as much/ as possible?//

コンピュータと カメラとマイクを使い これまでとは できるだけ違った方法で 世界を表現することは できるでしょうか?

How,/ maybe,/ is it possible to use the Internet to create a new form of cinema?//

どうすれば インターネットを使って 新たな形式の映画を作ることが 可能になるでしょうか?

And actually,/ why do we record?//

そもそも なぜ我々は 映像に記録するのでしょうか?

Well,/ it is with such simple questions/ in mind/ that I started to make/ films/ 10 years ago,/ first/ with a friend,/ Christophe Abric.//

そんな単純な疑問を抱きながら 私は10年前に映画を撮り始めました 初めは友人の クリストフ・アブリクと一緒でした

He had a website,/ La Blogotheque,/ dedicated to independent music.//

彼はインディーズ音楽専門サイト ― “La Blogotheque” を 運営していました

We were crazy/ about music.//

私たちは音楽に のめり込んでいました

We wanted to represent/ music/ in a different way,/ to film the music/ we love,/ the musicians/ we admired,/ as much/ as possible,/ far/ from the music industry/ and far/ from the cliches attached to it.//

できるだけ今までとは 違う形で音楽を表現し 大好きな音楽や 尊敬するミュージシャンたちを 映像に収める際に 音楽業界やそこにつきまとう 月並みな描写とは 距離をおきたいと考えました

We started to publish/ every week sessions/ on the Internet.//

私たちは演奏を 毎週インターネットに 公開し始めました

We are going to see/ a few extracts now.//

ここでいくつかお見せしましょう

From Grizzly Bear/ in the shower/ to Sigur Ros/ playing in a Parisian cafe.//

シャワー室で演奏する グリズリー・ベア パリのカフェで演奏するシガー・ロス

From Phoenix/ playing by the Eiffel Tower/ to Tom Jones/ in his hotel room/ in New York.//

エッフェル塔の傍らで 演奏するフェニックス ニューヨークのホテルの 一室ではトム・ジョーンズ

From Arcade Fire/ in an elevator/ in the Olympiades to Beirut going down/ a staircase/ in Brooklyn.//

オランピアード駅のエレベーターでは アーケイド・ファイア ブルックリンでは 階段を降りるベイルート

From R.E.M./ in a car/ to The National/ around a table/ at night/ in the south of France.//

車の中では R.E.M. 夜の南フランスで テーブルを囲む ザ・ナショナル

From Bon Iver/ playing with some friends/ in an apartment/ in Montmartre to Yeasayer having a long night,/ and many, many, many more unknown or very famous bands.//

モンマルトルのアパートメントで 友人たちと演奏する ボン・イヴェール 長い夜を楽しく過ごす イェーセイヤー その他 有名無名のバンドを 本当にたくさん 撮影しました

We published all those films/ for free/ on the Internet,/ and we wanted to share/ all those films/ and represent music/ in a different way.//

私たちはこの映像をすべて ネットで無料公開しました 映像を全部共有して 今までとは違うやり方で 音楽を表現したかったのです

We wanted to create/ another type of intimacy/ using all those new technologies.//

あらゆる最新技術を駆使して これまでとは違う親密さを 作り出したかったのです

At the time,/10 years ago actually,/ there was no such project/ on the Internet,/ and I guess/ that's/ why the project/ we were making,/ the Take Away Shows,/ got quite successful,/ reaching millions of viewers.//

10年前には まだネット上に そういうものはなかったので 私たちのプロジェクト “Take Away Shows" は かなりの成功を収め 視聴者は数百万人に達しました

After a while,/ I got a bit --/ I wanted to go somewhere else.//

しばらくして私はちょっと ― どこかに出かけたくなりました

I felt the need/ to travel/ and to discover some other music,/ to explore the world,/ going to other corners,/ and actually/ it was also this idea of nomadic cinema,/ sort of,/ that I had in mind.//

旅に出て 違った音楽を発見しながら 世界の辺境を訪ね歩きたいという 衝動にかられたのです それに私の頭の中には 「放浪する映画」という アイデアがありました

How could the use of new technologies/ and the road fit together?//

新しいテクノロジーと路上を どう結びつけられるだろう?

How could I edit my films/ in a bus crossing the Andes?//

アンデス山脈を横断するバスの車中で 映画を編集するには どうしたらいいだろう?

So I went on five-year travels/ around the globe.//

こうして私は5年に渡る 世界旅行に出かけました

I started at the time/ in the digital film and music label collection Petites Planetes,/ which was also an homage/ to French filmmaker Chris Marker.//

その頃 デジタル映画音楽レーベル “Collection Petites Planetes” を始めました これは映像作家クリス・マルケルへの オマージュでもあります

We're going to see now/ a few more extracts of those new films.//

それでは その映像の中から さらにいくつかご覧ください

From the tecno brega diva of northern Brazil,/ Gaby Amarantos/ to a female ensemble/ in Chechnya.//

ブラジル北部 テクノブレガの歌姫 ガビ・アマラントス チェチェンの女性アンサンブル

From experimental electronic music/ in Singapore/ with One Man Nation/ to Brazilian icon Tom Ze/ singing on his rooftop/ in Sao Paolo.//

シンガポールで実験的電子音楽を 演奏する One Man Nation サンパウロの自宅の屋上で歌う ブラジルの巨匠 トン・ゼー

From/ The Bambir,/ the great rock band/ from Armenia/ to some traditional songs/ in a restaurant/ in Tbilisi,/ Georgia.//

アルメニアの素晴らしい ロック・バンド The Bambir グルジアの首都トビリシの レストランでの伝統音楽

From White Shoes,/ a great retro pop band/ from Jakarta,/ Indonesia/ to DakhaBrakha,/ the revolutionary band/ from Kiev,/ Ukraine.//

インドネシア ジャカルタの素晴らしい レトロポップバンド ホワイト・シューズ ウクライナ キエフの 革新的バンド DakhaBrakha

From Tomi Lebrero and his bandoneon and his friends/ in Buenos Aires,/ Argentina,/ to many other places and musicians/ around the world.//

友人とバンドネオンを奏でる アルゼンチン ブエノスアイレスの トミ・レブレロ その他 世界中いろいろな場所の ミュージシャンたちです

My desire was to make it/ as a trek.//

私は旅をしながら 制作したいと思っていました

To do all those films,/ it would have been impossible/ with a big company/ behind me,/ with a structure/ or anything.//

こういった映像を撮るためには 大企業をバックにつけ 組織的にやっても だめだったでしょう

I was traveling alone/ with a backpack --/ computer,/ camera,/ microphones/ in it.//

私はリュック1つに コンピュータとカメラと マイクを入れて 一人旅をしていました

Alone,/ actually,/ but just/ with local people,/ meeting my team,/ which was absolutely not professional people,/ on the spot there,/ going from one place/ to another/ and to make cinema/ as a trek.//

そして全くの素人の 地元の人たちと私だけで その場でチームを組んでいったのです 場所を転々と変えて旅しながら 映画を撮りました

I really believed/ that cinema could be this very simple thing:/ I want to make/ a film/ and you're going to give/ me/ a place/ to stay for the night.//

私が心から信じていたのは 映画をもっとシンプルなものに できるはずだということです 「映画を撮りたいから 一晩泊めてください」とか

I give you/ a moment of cinema/ and you offer me/ a capirinha.//

「映像と交換にカイピリーニャを おごってください」という感じです

Well,/ or other drinks,/ depending on where you are.//

場所によって 他の酒になりますが

In Peru,/ they drink pisco sour.//

ペルーでは みんな ピスコサワーを飲みます

Well,/ when I arrived in Peru,/ actually,/ I had no idea/ about what I would do there.//

私がペルーについた時は 何をするかなんて 全く考えていませんでした

And I just had one phone number,/ actually,/ of one person.//

手元には電話番号がたった1つ あるだけでした

Three months later,/ after traveling all/ around the country,/ I had recorded 33 films,/ only/ with the help of local people,/ only/ with the help of people/ that I was asking all the time/ the same question:/ What is important to record here/ today?//

でも3か月後には 国中を旅してまわった結果 33本の映画ができていました 地元の人たちの 協力だけが頼りでした 「今日ここで映像に記録する価値が あるものは何ですか?」という 質問に答えてくれた 人々の協力だけです

By living in such a way,/ by working without any structure,/ I was able to react to the moment/ and to decide,/ oh,/ this is important/ to make now.//

そんな風に過ごしながら 組織も作らず作業したおかげで その瞬間瞬間に応じて 判断できました 「今 撮るべきだ」とか

This is important/ to record/ that whole person.//

「その人の全人格を記録すべきだ」とか

This is important/ to create this exchange.//

「このやりとりは するべきだ」 といった判断です

When I went to Chechnya,/ the first person/ I met looked at me/ and was like,/ "What are you doing here?//

私がチェチェンに行った時 最初に出会った人が 私を見て言いました 「ここで何をしているんだ?

Are you a journalist?// NGO?// Politics?//

ジャーナリストか? NGOか?政治家か?

What kind of problems are you going to study?"//

どんな問題を 調査するつもりなんだ?」

Well,/ I was there to research/ on Sufi rituals/ in Chechnya,/ actually --/ incredible culture of Sufism/ in Chechnya,/ which is absolutely unknown outside of the region.//

でも実際に調べに来たのは チェチェンのスーフィーの儀式と スーフィズム文化の素晴らしさでした これは この地方以外では 全く知られていないものです

As soon/ as people understood/ that I would give them/ those films --/ I would publish them online/ for free/ under a Creative Commons license,/ but I would also really give them/ to the people/ and I would let them do/ what they want with it.//

私が撮った映像を 渡すことにしていると 彼らが知ると・・・ そもそも映像は CCライセンスにもとづいて 無料公開していましたが 土地の人々にも直接渡して 自由に使えるようにしていました

I just want to represent/ them/ in a beautiful light.//

私は美しい光の中で 彼らを表現できれば十分ですから

I just want to portray/ them/ in a way/ that their grandchildren are going to look/ at their grandfather,/ and they're going to be like,/ "Whoa,/ my grandfather is as cool/ as Beyonce."// (Laughter)/

それに私が人々を撮影する時には その人たちの孫が映像を見て こう言いたくなるように 撮りたいのです 「おじいちゃん素敵 ビヨンセみたいだ」って(笑)

It's a really important thing.//

これがとても大切なのです

(拍手)

It's really important,/ because that's the way/ people are going to look differently/ at their own culture,/ at their own land.//

本当に大切です なぜなら こうすることで 自分たちの文化や地域に対する 見方が変わるからです

They're going to think/ about it differently.//

考え方も変わっていくでしょう

It may be a way/ to maintain a certain diversity.//

これは文化の多様性を維持する ひとつの方法かも知れません

Why you will record?//

さて なぜ映像を 記録するのでしょうか?

Hmm.// There's a really good quote/ by American thinker Hakim Bey/ which says,/ "Every recording is a tombstone of a live performance."//

アメリカの思想家ハキム・ベイが うまいことを言っています 「あらゆる記録は ライブ・パフォーマンスの 墓碑に過ぎない」

It's a really good sentence/ to keep in mind nowadays/ in an era saturated by images.//

覚えておく価値のある いい言葉です 現代は映像が あふれる時代ですから

What's the point of that?//

記録することに どんな意味があるのか?

Where do we go with it?//

それを使って どこに向かうのか?

I was researching.// I was still keeping this idea/ in mind:/ What's the point?//

私は調査しながら 考え続けていました そこにどんな意味があるのか?

I was researching on music,/ trying to pull,/ trying to get closer/ to a certain origin of it.//

音楽について調べながら 糸をたぐるように その起源の一端に 迫ろうとしていました

Where is this all coming from?//

すべてはどこから来たのか?

I am French.// I had no idea/ about what I would discover,/ which is a very simple thing:/ Everything was sacred,/ at first,/ and music was spiritual healing.//

フランス人の私に 何が発見できるかは わかりませんでしたが 実はシンプルなことなんです つまり あらゆるものが神聖で 音楽は魂を癒やすものなのです

How could/ I use my camera,/ my little tool,/ to get closer/ and maybe not only capture the trance/ but find an equivalent,/ a cine-trance,/ maybe,/ something/ in complete harmony/ with the people?//

私のカメラ この小さな道具を どのように使えば もっと近づいて トランスの儀式を撮るだけでなく それと同じ価値をもつ 人々と完全に調和した状態 ― 言わば「シネ・トランス」を 捉えられるのだろうか?

That is now my new research/ I'm doing/ on spirituality,/ on new spirits/ around the world.//

それこそが 今 新たに取り組んでいる 世界中の新しい信仰心の調査です

Maybe/ a few more extracts now.//

もう少し映像をお見せしましょう

From the Tana Toraja funeral ritual/ in Indonesia/ to an Easter ceremony/ in the north of Ethiopia.//

インドネシア タナ・トラジャの葬送儀式 エチオピア北部の 復活祭の儀式

From jathilan,/ a popular trance ritual/ on the island of Java,/ to Umbanda/ in the north of Brazil.//

よく知られているジャワ島の トランスの儀式ジャティラン ブラジル北部のウンバンダ

The Sufi rituals of Chechnya/ to a mass/ in the holiest church of Armenia.//

チェチェンのスーフィーの儀式 アルメニアの神聖教会でのミサ

Some Sufi songs/ in Harar,/ the holy city of Ethiopia,/ to an ayahuasca ceremony deep/ in the Amazon of Peru/ with the Shipibo.//

エチオピアの聖地ハラールの スーフィー音楽 ペルー国内アマゾンの奥地 シピボ族の アヤワスカの儀式

Then/ to my new project,/ the one/ I'm doing/ now here/ in Brazil,/ named "Hibridos."//

そしてここブラジルで 制作中の新作が “Hibridos”で

I'm doing/ it/ with Priscilla Telmon.//

プリシラ・テルモンとの共同制作です

It's research/ on the new spiritualities all/ around the country.//

この作品ではブラジル国内の 様々な形の新しい信仰心を調べています

This is my quest,/ my own little quest of what I call experimental ethnography,/ trying to hybrid all those different genres,/ trying to regain a certain complexity.//

私はこのささやかな探求を 「実験的民族誌」と呼んでいます いろいろな分野を 全部掛け合わせて 少しでも複雑さを 取り戻そうとする試みです

Why do we record?//

なぜ私たちは映像を記録するのか?

I was still there.//

私はまだそこにこだわっていました

I really believe/ cinema teaches us/ to see.//

映画は私たちに ものの見方を 教えてくれるはずです

The way/ we show/ the world is going to change/ the way/ we see this world,/ and we live in a moment/ where the mass media are doing a terrible, terrible job/ at representing the world:/ violence,/ extremists,/ only spectacular events,/ only simplifications of everyday life.//

表現方法が 世界の見方を 変えていくのです 私たちが生きる現代 ― マスメディアが描く世界は 本当にひどいものです 暴力や過激派 派手なだけの出来事や 日常生活をただ単純化したもの・・・

I think/ we are recording to regain/ a certain complexity.//

私は 映像を記録することは ある種の複雑さを 取り戻すことだと思います

To reinvent life/ today,/ we have to make/ new forms of images.//

現代の生活を作り変えるために 私たちは新しい形式の 映像を作る必要があります

And it's very simple.//

そして それはとても シンプルなことなのです

Muito obrigado.//

どうもありがとう

(拍手)

Bruno Giussani:/ Vincent,/ Vincent,/ Vincent.//

(ブルーノ・ジュッサーニ) ヴィンセント

Merci.// We have to prepare/ for the following performance,/ and I have a question/ for you,/ and the question is this:/ You show up/ in places/ like the ones/ you just have shown us,/ and you are carrying a camera/ and I assume/ that you are welcome/ but you are not always absolutely welcome.//

どうもありがとう 次のパフォーマンスを準備する間に 質問をさせてください あなたは今見せてくれた いろいろな場所に カメラを担いで出向いたんですよね たぶん歓迎されたとは思いますが いつも心から受け入れられた わけではないでしょう

You walk into sacred rituals,/ private moments/ in a village,/ a town,/ a group of people.//

その村や街や集団の 神聖な儀式や内輪だけの瞬間に 足を踏み入れるわけですから

How do you break the barrier/ when you show up/ with a lens?//

レンズを向けながら出向く時に 見えない壁を どう乗り越えるんですか?

VM:/ I think/ you break it/ with your body,/ more/ than with your knowledge.//

(ヴィンセント・ムーン) 私は頭を使うより 体を使って壁を乗り越えます

That's/ what it taught me/ to travel,/ to trust the memory of the body more/ than the memory of the brain.//

旅することでそれを学びました 頭で覚えたことよりも 体で覚えたことを信頼するんです

The respect is stepping forward,/ not stepping backward,/ and I really think/ that by engaging your body/ in the moment,/ in the ceremony,/ in the places,/ people welcome you/ and understand your energy.//

敬意とは一歩退くことではなく 一歩踏み出すことです その瞬間 その儀式 その場所に 全身で関わることで みんな歓迎してくれるし 熱意を理解してくれます

BG:/ You told me/ that most of the videos/ you have made are actually one single shot.//

(ジュッサーニ)あなたは映像を ほとんどワンテイクで撮っていて

You don't do much editing.//

あまり編集はしないそうですね

I mean,/ you edited the ones/ for us/ at the beginning of the sessions/ because of the length, etc.//

セッションの冒頭で流した映像は 時間などの関係で 編集してもらいましたが

Otherwise,/ you just go in and capture/ whatever happens in front of your eyes/ without much planning,/ and so is/ that the case?//

そういう事情がない限り あなたは現場に行って あまり計画を立てず 目の前で起こることを

It's correct?//

撮影していると言っても いいでしょうか?

VM:/ My idea is/ that I think/ that as long/ as we don't cut,/ in a way,/ as long/ as we let the viewer watch,/ more and more viewers are going to feel closer,/ are going to get closer/ to the moment,/ to that moment/ and/ to that place.//

(ムーン)私の考えはこうです 映像にカットを入れず 観客が見るのに任せていれば 観客がもっと その瞬間やその場所に 近づいていける気がします

I really think of that/ as a matter of respecting the viewer,/ to not cut all the time/ from one place/ to another,/ to just let the time/ go.//

これは観客に対する 敬意の問題だと思います カットしてあちこちを つなぎあわせるのではなく 時間の流れに任せるんです

BG:/ Tell me/ in a few words/ about your new project,/ "Hibridos,/"/ here/ in Brazil.//

(ジュッサーニ) ここブラジルで制作中の新作 “Hibridos” について 少し教えてください

Just/ before coming to TEDGlobal,/ you have actually been traveling around the country/ for that.//

このTEDGlobalに来る直前まで あなたは撮影で 国中を旅していましたよね

Tell/ us/ a couple of things.//

それについて教えてください

VM:/ "Hibridos"/ is --/ I really believe Brazil,/ far/ from the cliches,/ is the greatest religious country/ in the world,/ the greatest country/ in terms of spirituality/ and/ in experimentations/ in spiritualities.//

(ムーン)“Hibridos” ですが・・・ 私はブラジルが 世界でも屈指の敬虔な国で 信仰心においても その実践においても 極めて偉大な国だと 心から思います

And it's a big project/ I'm doing/ over this year,/ which is researching in very different regions of Brazil,/ in very different forms of cults,/ and trying to understand/ how people live together/ with spirituality nowadays.//

これは今年ずっと取り組んでいる 大規模なプロジェクトで ブラジル国内の さまざまな地域で さまざまな祭礼を調べて いかに人々が 信仰と共に生きるのかを 理解しようとしています

BG:/ The man/ who is going to appear/ onstage momentarily,/ and Vincent's going to introduce him,/ is one of the subjects of one of his past videos.//

(ジュッサーニ)この後 ステージに登場する人物を ヴィンセントが紹介してくれますが 彼は以前被写体になった 人々のひとりです

When did you do a video/ with him?//

彼を撮影したのはいつですか?

VM:/ I guess four years ago,/four years/ in my first travel.//

(ムーン)確か4年前に 私が初めて旅をした時です

BG:/ So it was one of your first ones/ in Brazil.//

(ジュッサーニ)ブラジルで 撮影した中では初期のビデオですね

VM:/ It was amongst the first ones/ in Brazil,/ yeah.//

(ムーン)はい 初期の1本です

I shot the film/ in Recife,/ in the place/ where he is from.//

彼の出身地である レシフェで撮影しました

BG:/ So let's introduce him.// Who are we waiting for?//

(ジュッサーニ)それでは 紹介をお願いします

VM:/ I'll just make it very short.//

(ムーン)手短にしましょう

It's a very great honor/ for me/ to welcome onstage/ one of the greatest Brazilian musicians of all time.//

ブラジルが生んだ 最高のミュージシャンのひとりを このステージに招くのは とても光栄です

Please welcome Nana Vasconcelos.//

お迎えください ナナ・ヴァスコンセロスです

BG:/ Nana Vasconcelos!//

(ジュッサーニ) ナナ・ヴァスコンセロスです

(拍手)

(Music)/

(音楽)

Nana Vasconcelos:/ Let's go/ to the jungle.//

ジャングルに行こう

(拍手)

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

cinema

〈C〉『映画館』(《米》movie theater)

《the ~》映画産業;《集合的に》『映画』(《米》movie[s])

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

admire

…‘に'『感嘆する』,感嘆して見とれる,'を'賞賛する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

cliche

陳腐なきまり文句;月並みな考え

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

grizzly bear

灰色グマ(北米Rocky山脈に住むどう猛な大グマ)

shower

《しばしば複数形で》『にわか雨』,にわか雪(あられ) ・(涙・弾丸・祝福・批判などの)『雨』,(…の)洪水《+『of』+『名』》・《米》共同して金を集めてお祝いのプレゼントを贈ること,祝い品贈呈会(特に結婚や出産を控えた婦人を祝って贈物をするパーティー) ・(また『shower bath』) ・『シャワー』・…に『水を注ぐ』・…を『降り注ぐ』・《itを主語にして》にわか雨が降る・(…に)降り注ぐ《+『on』(『upon』)+『名』》

シャワーを浴びる

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

phoenix

不死鳥,フェニックス(エジプト神話の霊鳥;500年ごとに自ら焼け死んで生まれかわるという)

Eiffel Tower

エッフェル塔

tom

(動物の)雄;(特に)雄猫

hotel

『ホテル』,旅館

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

arcade

拱廊(きょうろう)(建物の側面につけた廊下状の通路)

アーケード(両側に商店が並ぶ屋根つき街路)

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

elevator

《米》『エレベーター』,昇降機(《英》lift)

(揚げ下ろしの設備のある)穀物倉庫

(飛行機の)昇降舵(だ)

Beirut

ベイルート(Lebanonの港市で首都)

staircase

(手すりを含めた一続きの)『階段』,はしご段

Brooklyn

ブルックリン(New York市の1区で,Long Islandの西部にある)

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

intimacy

(…との)親密さ《+『with』+『名』》

(…との)親交《+『with』+『名』》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

viewer

テレビを視聴者

観察者,見物人

ビューアー(スライド・標本などを拡大して見る装置)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

nomadic

遊牧の

放浪の

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

Andes

《the ~》アンデス山脈(南米西部の大山脈)

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

petite

(女性が)小柄な,きゃしゃな

homage

尊敬,敬意,服従

(中世に臣下が主君に対して行った)忠誠の誓い

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

marker

印をつける人(道具)

(ゲームなどの)採点者

目印,目標

diva

(オペラなどの)プリマドンナ

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

ensemble

(一体をなすものとしてとらえられた各部分の)総体;全体的効果

(調和のとれた)婦人服の一そろい,アンサンブル

(小人数の)合奏団,合唱団,アンサンブル

《集合的に》(劇などの)共演者

experimental

実験の,実験に基づく:

実験に使われる,実験用の

実験的な,試験的な

electronic music

電子音楽

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

Brazilian

ブラジルの

ブラジル人

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

rooftop

屋根;屋上

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

Armenia

アルメニア(西アジアにあるソビエト連邦構成共和国の一つ)

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

Georgia

ジョージア州(米国南東部の州;州都はAtlanta;{略}Ga.,GA)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

Jakarta

=Djakarta

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

Kiev

キエフ(旧ソ連南西部の都市;ウクライナ(Ukraine)共和国の首都)

Ukraine

ウクライナ(旧ソ連南西部の共和国;豊かな農産地で首都は Kiev)

Buenos Aires

ブエノスアイレス(アルゼンチン共和国の首都)

Argentina

アルゼンチン(南米南部の共和国;首都はBuenos Aires;正式名the Argentine Republic)

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

trek

長くつらい旅をする

長くつらい旅

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

backpack

背のう(リュックサック・ナップサックなど)

リュックサックを背おって行く

〈リュックサックなど〉'を'背おう;〈物〉'を'背のうで運ぶ バックパック[リュックサック](を背負って旅行する), バックパックに入れる

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

Peru

ペルー(南米の共和国;首都はLima)

sour

(酢・レモンのように)『すっぱい』

『発酵してすっぱい』

(においなどが)不快な

よくない,まずい

『気難しい』,不きげんな

(土地が)酸性の

…‘を'すっぱくする

…‘を'不きげんにする

すっぱくなる

不きげんになる

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

journalist

ジャーナリスト

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

ritual

儀式の,儀式として行う

《集合的に》(宗教上の)儀式[形式];(特定の)儀式

(社会的慣習としての)礼儀,作法(おじき・脱帽・握手など)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

commons

《古》平民,庶民

《the C-》《英》下院(the House of Commons);《集合的に》下院議員

(大学の大食堂での)共同食事

《単数扱い》(特に大学の)大食堂

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

grandchild

grandfather

『祖父』

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

thinker

考える人;思想家,思索家

bey

ベイ(中東の高官の称号)

ベイ(Mr.に当たるトルコ語)

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

tombstone

墓石,墓碑

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

saturate

《しばしば受動態で》〈水などが〉…‘に'しみ込む‘を'浸す;(で)…‘を'浸す《+『名』+『with』+『名』》

(一般に)(…で)…‘を'満たす《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

(…で)〈溶媒・溶液〉‘を'飽和させる《+『名』+『with』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

trance

(催眠術・麻薬などによる)意識もうろう,催眠状態

(目覚める直前の)夢うつつ[の状態]

(白日夢や瞑想による)忘我の境,恍愡(こうこつ)

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

harmony

〈U〉(色など)『調和』;(意見などの)一致,和合;(…との)調和《+『with』+『名』》

(音楽ど)和声(音)

spirituality

(物欲に対し)精神的であること,精神性

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

funeral

『葬式』,葬儀,告別式

(死者を送る)葬列

葬式の,葬儀の

Easter

『復活祭』,イースター(キリストの復活を祝って春分(3月21日ころ)後の満月の日の次の日曜日(Easter DayまたはEaster Sunday)に行われる祭り.新しい生命の象徴である彩色した鶏卵(Easter egg)を友人に贈ったり,盛装をして町をねり歩く習慣がある)

ceremony

〈C〉《しばしば複数形で》『儀式』

〈U〉『礼儀』,礼式;社交的作法

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

Ethiopia

エチオピア(アフリカ東部の国;首都はAddis Ababa;旧称はAbyssinia)

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Java

ジャワ島(インドネシア共和国の主島)

《java》《米話》(一般に)コーヒー

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

ethnography

民族誌[学]

hybrid

(動物植の)雑種,(物の)混成物

混種語(語源の異なる二つ以上の要素から成る語;たとえばshortageは英語(short)とフランス語(hybridage)の混種語)

雑種(混成)の

genre

(芸術・文学作品における)形式,種類,様式,ジャンル

風俗画

日常生活を描いた;風俗画の

regain

〈健康・記憶など〉‘を'『取り戻す』,回復する

〈場所・状態など〉‘に'立ち帰る,再び着く

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

extremist

(特に政治上の)過激論者,過激主義者

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

simplification

単純化,簡易化,単一化

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

merci

(フランス語)ありがとう

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

shot

shootの過去・過去分詞

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

experimentation

実験,実験演習

cult

(宗教的)儀式;信仰,祭礼

(人・物に対する)崇拝,礼賛,…熱《+『of』+『名』》

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

onstage

舞台の上で(に)

舞台上の

momentarily

ちょっとの間,瞬時(for a moment)

すぐに,今にも

刻々と;今か今かと

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

amongst

=among

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

jungle

《the~》(特に熱帯地方の)『密林』[地帯],ジャングル

〈C〉(物の)ごたごたした集まり,からみ合ったもの《+『of』+『名』》

〈C〉非情な競争の場,激しい生存競争の場

関連動画