TED日本語 - ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ: 富を贈ることが最高の喜び

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

1993年、婚約中のビルとメリンダ・ゲイツはザンジバルの海岸を歩きながら、マイクロソフト社から得た富を社会に確実に還元する方法について大胆な決断をしました。クリス・アンダーソンを交えたトークで、ゲイツ夫妻が自身のビル&メリンダ・ゲイツ財団にまつわる活動、結婚生活、子供たち、失敗について、そして富のほとんどを贈ることにどれほど満足しているかを語ります。

Script

クリス・アンダーソン:今回は 一味違ったインタビューになります 百聞は一見にしかずと言います そこで ― 私がビルとメリンダに お願いしたのは 彼らがやってきたことを 説明してくれるような写真を 引っ張り出してきてもらい それをもとに話していきます

この写真からですね メリンダ、これはいつで 場所はどこですか? 隣のハンサムな男性は どなたでしょうか?

メリンダ・ゲイツ:大きな眼鏡の人ですね? これはアフリカです 私たち2人が 初めてアフリカを訪れた 1993年の秋でした すでに婚約していて 数ヵ月後に結婚しました この旅で私たちは動物やサバンナを 実際に見ることができました 素晴らしかったです ビルは それまで 長期休暇はとりませんでした でも 本当に心が動かされたのは 極貧状態にある 現地の人々でした 私たちは自問を始めたのです 「これでいいのか?」と 旅行の終盤で ザンジバルに行き 海岸を散歩しました 私たちが付き合っていた頃 よくそうしていました マイクロソフトがもたらした富を いずれ社会に還元する話は 以前からしていましたが 内容や方法について 話し始めたのは まさに この海岸での散歩だったのです

この休暇が 世界最大の民間基金設立に 繋がったわけですね 休暇にしては高くつきました (笑)

そうですね でも楽しかったです

どちらのアイデアだったんでしょうか? それとも どちらからともなく? ビル・ゲイツ:そうですね 私たちの人生で 一緒に取り組めることがあって 2人ともワクワクしていました どうやったら 自分達の富を 返せるだろうと この時 話し合っていたのは 極貧の人々のことでした 彼らに大きな影響を与えられるか? 手付かずの事柄はあるだろうか? 知らないことが沢山ありました 振り返ると当時の自分たちの考えは 驚くほど甘く でも ある種の情熱がありました それは 次の段階 ― マイクロソフト後の人生では 慈善事業に従事するということです

ビルは60才を過ぎてからだと 想定していましたが まだ60手前ですから 変更になった部分もあるわけです

そこから始まって 急速に進展しました 始まりは93年 そして97年 ― 財団が活動を始める前ですよね

そうね 97年 世界では沢山の子供たちが 下痢で命を落としている という記事を読みながら こう言い続けていたんです 「そんなはずはない 米国なら薬局に行けば済む」 それで科学者を集め 人口のデータやワクチンや 効果があったものと なかったものについて学びました この時ですね 活動を始めたのは 1998年の後半から 1999年でした

お二人は 大金を手にしていて 一方で ― 世界では様々な問題が 溢れていたわけですね 一体どうやって 焦点を合わせたんですか?

私たちはテーマを2つ 選ぶことにしました とにかく世界規模で最も深刻な 不平等の中から 私たちが選んだのは 死にゆく子供たちや 栄養不足で成長できない子供たち 立ち往生している国々でした 死亡率が高く 親達は沢山子供を生むので 爆発的な人口増加が起こり 子供たちは病にかかり きちんとした教育も受けられず 将来も期待できません これが1つ目でした 他方で米国では 私たちは2人とも 立派な教育を受け 米国が機会均等を保障できるのは 素晴らしい教育システムが あればこそだと考えていました でも学ぶにつれ 気づいたのは 実際はさほど保障されてないと いうことでした こうして2つを選び 私たちの財団がやっていることは すべてそこにフォーカスしています

お二人それぞれに ご自身の活動を物語る 写真を選んでもらいました こちらはメリンダが選んだものですね どんな写真でしょうか?

私が旅行する時に 好きなことの一つは 農村地域に出かけて 女性達と話すことです バングラデシュでもインドでも アフリカの国々でも 私は名も無き 西洋の女性として行きます 自分が誰とか名乗りません 普段着で行きます そこで女性と話して 何度も何度も 旅をするほど耳にしたのは 「この注射を使えるようになりたいけど」 現地で 子供が受ける ワクチンについて話すと それをきっかけに こんな話になったんです 「じゃあ私が打っている注射は?」 彼女達はデポプロベラと呼ばれる 避妊薬を 注射していたんです 帰国してグローバルヘルスの 専門家に話すと 彼らは「いや 避妊薬は ― 開発途上国に在庫があるよ」と 報告書を更に調査する 必要がありました チームが調べた結果 アフリカの女性たちが 使いたいと いちばん希望する薬が 年間200日以上も 欠品になっていたのです それで女性たちが私に こう言っていた理由がわかりました 「旦那に内緒で 10キロも歩いて ようやく診療所に着いたけど 何もなかった」 アフリカにはコンドームは 十分ありました エイズ撲滅に従事する 米国や その他の国の 支援のおかげです でも女性たちが繰り返し言うのは 「夫とコンドームの話なんてできない 彼か私がエイズを患っていると 言っているようなものだから 必要なのは 避妊薬で 次の出産までの時間を延ばすこと そうすれば子供たちに ご飯を食べさせて 教育の機会も与えられる」

メリンダ、貴女は カトリック教徒ですね この問題について そして中絶の是非について 賛成派と反対派の両方から 議論に巻き込まれてきました どうやって対処していますか?

そうですね それは大切なポイントだと思います 国際社会として私たちが 避妊の議論を 敬遠してきたことです 私たちは世界の 2億1千万人もの女性が 避妊薬を望んでいることを 知りながら 米国内にある避妊薬を 提供することさえしませんでした わが国の政治的議論が原因です 私に言わせれば それは まさに犯罪行為でした この問題をグローバルな舞台で 取り上げてくれる人を ずっと探しましたが ついに悟ったのは ― 私がやるしかないということでした 私はカトリック信者ですが 避妊を支持しています 米国のほとんどの カトリック信者の女性が 避妊薬の使用経験はあると言います この議論を障壁にすべきではないと 考えたのです 米国には かつて避妊に関する 世論調査がありましたが 私たちはそれをグローバルに行い 26億ドルを集めることができました 女性の避妊を助けるためです (拍手)

ビル、こちらは君のグラフですね 何についてですか?

私のグラフには 数字がありますね (笑) いいグラフです これは 毎年5才の誕生日を 迎える前に 亡くなった 子供たちの数です ここでお伝えしたいのは あまり良く知られていない 驚くべきサクセスストーリーで 私たちは素晴らしい成果を 上げているということです 2千万人というのが 私が生まれた頃の数字ですが この数を今や 6百万に減らすことができました これは主にワクチンの おかげです かつては天然痘で命を落とす子どもが 年に数百万人いました 天然痘は根絶されて ゼロになりました 麻疹が年に数百万人の命を奪いました この数字も数十万人に減りました つまり このグラフが示すのは 引き続き死者数が 減少していくという希望であり 新しいワクチンの研究を利用し 子どもたちに届けることで 可能になるということです この動きを加速させることも可能です 過去10年で 亡くなっていく子供たちの数は かつてない速さで減少しています ですから 私が気に入っているのは 新しいワクチンが開発できたら それを手に入れて このような最新情報を使って きちんと届ける ― すると奇跡が起こりうるということです

つまり 計算してみると 前年と比べて 1日あたり数千人の子供の命が 救われているということですね これは報道されていませんね 200人余りが亡くなった航空機事故などは これよりずっと大きく取り上げられます 頭に来ませんか?

そうですね 音を立てずに 事態が進んでいます 子供は一人 また一人と 亡くなっているのです 死因の98%は 自然災害とは無関係です 自然災害に対する人々の 支援活動は素晴らしいです 「明日は我が身だ」と思わせ お金が集まるのは すごいことです 他方で 子供たちの問題は 見えにくいのです 現在「ミレニアム開発目標」や その他の取り組みが進んでいます 支援の輪も広がり 目標は ― 百万人をはるかに下回るように することで 私たちの世代で実現すべきです

必要だったのは 悲しみに暮れる人ではなく 数字やグラフが得意な人の 関与だったのかもしれません 今年の年次レターにも 先ほどのお話同様 世間の情報に反して 開発途上国の支援は 無駄でも崩壊しているわけでもなく 有効なのだと展開されました

そうです たとえば ― 善意があっても 上手くいかなかった 援助がありますね ベンチャー投資だって 真面目にやっても 上手くいかないことはあります 完璧な成果がないというだけで 試み自体が悪かったと 言うべきではありません 着目すべきは ゴールは何だったか? どうやって栄養状態や 生存率、識字率を上げて その国の自助努力に つなげようとしているか そうやって良し悪しを判断し もっと賢くなるべきです 私たちは援助を賢く使えます 全てが万能薬とは行きませんが 投資事業よりは上手く行くと思います これは大成功した一例です

昔から良く言われているのは 夫婦で働くことは難しい ということですが お二人の秘訣は何ですか? 沢山の女性から言われたのは 「私なら夫と働くのは無理 絶対上手くいかない」でした でも私たちは楽しくやっています 人生という勉強の旅で 財団の事業は 私たち2人の所へやってきたものです 実は財団の仕事で 一緒に出張することは ビルがマイクロソフトにいた頃ほど 多くはありません 別々に出張する機会が多いですが 私が分かっているのは 私が帰ったら ビルは私が学んだことに 興味を示します 女性や少女たちの現状 ワクチンの調達に関する 新しいニュースや 素晴らしいリーダーについて じっくり耳を傾けて 興味を示してくれます ビルにとっても同様です 家に帰れば 彼の講演の話や データや 彼が学んだことについて 私は心から関心があり 二人で協力関係を 築いていると思います もちろん四六時中 そうとはいきませんが (笑)

でも今は協力していますね よかったです メリンダ、財団創立の当初は 貴女が主に仕切っていましたね 6年前でしょうか ビルがマイクロソフト社の 第一線から退いて 常勤になりました 慣れるまで 大変だったんじゃないですか?

そうですね ビルを迎えるにあたり 私よりも 多くの不安があったのは 財団職員の方だと思います 私はワクワクしていました ビルがこの決断を下したのは 当然 2006年に公表する前のことで 彼自身が決めたことでした でも 始まりは あのビーチ休暇で ビーチを2人で歩きながら ビルがアイデアを構想しました 私にとっては ビルが 彼の知性とハートを 立ちはだかるグローバル問題や 不公正に注ぐのは 嬉しかったです 他方で財団職員には 漠然とした不安がありました (拍手)

素晴らしいです

でもビルが来て3ヶ月で それは消えました

職員も何人か消えたね

そう 職員のことよ 貴方の就任後3ヶ月で消えたでしょ

ビル:冗談だよ メリンダ:職員は消えてないわよ

数人は消えたよ いいけどさ (笑)

お二人はどんなことで 議論されますか? 日曜日の朝11時 仕事は休み 話題は何ですか? どんな議論になりますか?

私たちは財団を一から 2人で築き上げました 素晴らしい協力関係にあります マイクロソフトを立ち上げた頃 私のパートナーは ポール・アレンでした 会社が成長する頃は スティーブ・バルマーでした そして今はメリンダです これまで以上に強固で 対等なパートナーです 私たちが議論するのは 何を もっと与えるべきか どの団体がうまく行っているか?です メリンダは沢山の見識があり 職員とも膝を交えて話します 彼女が話したとおり 出張は別々です そんな感じで協力してやっていることが 沢山あります 2人の内のどちらかが 絶対に意見を譲れないというような場面は 思いつきません

でもメリンダは? 思いつくんじゃない?(笑) あり得ますよ

私の考えはこうです 私たちは取り組む角度が違い それが良いんだと思います ビルはビッグデータを見て 「僕はグローバルな統計をもとに 活動したい」と言います 私は直感に従います 現地で沢山の人達と会います ビルが教えてくれたのは 集めた会話をもとに グローバルなデータと照合すること 私がビルに教えたのは データをもとに 現地の人々と会って 「このワクチンを届けられるか?」 「母親たちはポリオの薬を飲ませることを 了承するか?」 などを判断することです なぜなら流通の部分は 科学と全く同様に重要だからです ですから この活動によって お互いの考え方が 徐々に近づいてきていて 率直に言って そのお陰で いい仕事ができていると思います

さてワクチンとポリオなどにおいて お二人は素晴らしい成功を おさめていますが 失敗例はどうでしょう? 失敗や そこから学んだことを 話していただくことはできますか?

そうですね 幸い いくつかネタがあります 当然 失敗はありました 薬やワクチンに関する仕事を たくさんやれば いろんな失敗をするものです たとえば大きな反響を呼んだ例は 次世代コンドームの公募です 何百もの応募がありました 一部は成功するかもしれません 私たちの考えは甘かったんです 間違いなく私は甘かった インドの内臓リーシュマニア症の 治療薬について 私は薬さえ手に入れば 病を 根絶できると考えていました でも実際には注射を10日間 毎日 打つ必要がありました 薬の開発は予想より3年長くかかり しかもそれを現地に届ける 手段が無いことが分かったのです 幸運にも私たちは サシチョウバエを殺せば病を防げることを 突き止めましたが 私たちは5年も費やしました 5年の歳月と6千万ドルが ほんのわずかな進歩にしかならず 無駄遣いだったと 言われても仕方ありません

お二人は年間 約10億ドルを ― 教育にだったと思いますが 助成されています そこに至るまでの物語は かなり長く複雑なものです お話しいただける失敗はありますか?

初期の活動から得た大きな教訓は 学校が小さければ 解決すると 私たちが思っていたことです 小さいことは確かに有効です 中退率低下に貢献しています 小規模学校では 暴力や犯罪も少ないです ただ この事業で 私たちが学んだこと そして重要な鍵だとわかったのは 教室に立つ 素晴らしい教師の存在です 力のある教師が 現場にいなければ ― 建物の大小は どうでもいいんです 大学に進めるかどうか 生徒の進路を変えることはできません (拍手)

メリンダ、この写真は 貴女と長女のジェンですね ほんの3~4週間前ですね これはどこですか?

タンザニアです ジェンは以前にも 行っています うちの子たちは アフリカに 何度も行っています 私たちは趣向を変えて 2泊3日を現地の家族と 一緒に過ごしました ご両親の名前はアナとサナレです ボマ(小屋)で 寝泊まりさせてくれました 私たちが訪れる前 その囲いのついた小屋には ヤギがいたんでしょうね その家族に泊めてもらい そこで身をもって学んだのは タンザニアの 農村の暮らしです ちょっと訪ねて行って 半日過ごして帰ってくるのと 宿泊するのとは まったく違いました これについて一つだけ ご説明します 彼らには子供が6人います 私はアナと 調理用の小屋で その日 5時間 料理していました 話しながら分かったのは アナが ご主人と相談し計画的に 出産の間隔を空けていること とても愛情深い夫婦関係でした ご主人はマサイ族の戦士でしたが 2人は結婚を決めました 尊敬と愛がはっきりわかるような 関係でした 6人の子供たちの真ん中には 13才の 男の子と女の子との双子がいて 女の子の名前はグレースです 私たちは薪割りなど グレースと母親がやることを 全部やりました グレースは思春期で もう子供ではありませんが 大人でもありません 彼女はとってもシャイでした 私とジェンに話しかけたい様子で 私たちも声をかけましたが 恥ずかしがっていました でも夜になって タンザニアの僻地らしく 電気は全て消えました それは初日の夜で 月もなく 星も出ていませんでした ジェンがアウトドア用の ヘッドランプを付けて小屋から出ると グレースが直ぐに後を追いました 通訳者を連れて ジェンに一目散に駆け寄ると 「帰るときに ヘッドランプくれない? そしたら夜も勉強できるわ」と

すごいですね

父親に聞いたのですが 中学校の試験に受かった 双子の男の子の方と違って 家事を手伝うグレースは 試験に合格できず まだ公立学校に入れないのです 父親は「彼女の教育費を 工面できるかわからない 私立は高すぎるから 妻のように ― 娘は この農場で 一生を終えるかもしれない」と つまり彼らは教育が 大きな違いを もたらすと知っているのです

こちらは別の写真ですね お二人のお子さんの ローリーとフィービーが ポール・ファーマーと写っています 世界で最も裕福な家庭で 3人の子供を育てるのは あまり前例がない 社会的実験をするようなものです 成功の秘訣は何ですか? どのように子育てされましたか?

そうですね 私たちの子供は 素晴らしい教育を受けましたが 子供たちには 自分の能力や進路 将来何をするかを しっかり意識させてきました 私たちが とても明確に示してきた方針は 資産の殆どを財団に 寄付するということと 子供たちが夢中になれることを 見つける支援をすることです 私たちは子供たちに バランスを取ってほしいのです 何をやるのも自由ですが 大金が降ってきて 何もせずに遊んで暮らせるようには なりませんから これまでのところ 子供たちは まあ勤勉で 自分たちの進路選択に 心を踊らせています

当然ながら お子さんのプライバシーを 守ることに留意されてきましたね 今回お子さんの写真を見せる許可を 下さったのは何故ですか 興味深いことに 大きくなった子供たちには 我が家の信念が「責任」であると よくわかっています 米国に住み 素晴らしい教育を 受けられるだけでも 信じられない境遇であり 世界に還元する責任があるのです 彼らが成長する中で 私たちは教え 世界各国を訪れてもいますが 彼らは言うのです 「ママとパパの活動を 私たちが信じていると 皆に知って欲しいから 私たちのことを もっと話しても良いよ」と それで この写真を公開して 良いことになりました おそらくポール・ファーマーは 著書に載せるだろうと思います 子供たちは財団の使命も 本当に気にかけてくれるんです

ご自身の財団に 莫大な寄付をされても 3人のお子さんを 億万長者にできるだけの 資産をお持ちですよね そのような計画はありますか?

いいえ そんな風に残すつもりはありません 子供たちは自分の仕事こそが やりがいであり大切だと 実感してもらわなくてはなりません 私たちは結婚前に ある記事に載っていた ウォーレン・バフェットの言葉を読んで 子供に莫大な資産を残すのは 社会のためにも 子供のためにも良くないと確信しました

ウォーレン・バフェット氏ですが 2006年に素晴らしい出来事がありました 米国一の大富豪を競う 唯一のライバルだった彼が 突然 方針を変え 資産の8割を貴方の財団に 寄付すると決めました 一体何が起こったんですか? 長いバージョンと短いバージョンが あるでしょう 今日は短い方をお願いします

分かりました ウォーレンは親しい友人でした 彼は財産のすべてを奥様のスージーに 残すつもりでした 残念なことに その前にスージーが亡くなってしまい 委譲することが大好きな ― (笑) ウォーレンは・・・

今のツイートして

何かに長けている人がいて お金を求めずに それをやってくれる人がいたら それで良いのではないかと 私たちは驚きを隠せませんでした メリンダ:本当に驚いたわ ビル:想像だにしてなかったからね そこからは驚きの連続でした いただいた寄付によって 財団の可能性を 劇的に広げることができました 財団の資産の半分は ウォーレンの驚くべき 寛大な寄付によるものです

お二人は 役目を終える頃までに 資産の95%以上を 財団に寄付すると公約されています

そのとおり

ウォーレンとの ― 素晴らしいですよね (拍手) 最近ですが お二人とウォーレンは 他の億万長者や成功者たちにも 資産の半分以上を 慈善活動に 寄付するよう 説得することに 奔走されています 進み具合はどうですか? これまで約120名の方々が 「寄付の誓い」に賛同してくれました この活動の魅力は 賛同者が毎年集まって 雇用を増やしたとか どんな施しをしたとか 話し合うことです 均質化は目指しません 慈善活動の長所は 驚くほどの多様性です 誰かが施しをします 私たちはそれを見て 感嘆の声をあげます それが良いんです それが慈善の役割で たとえば教育のような 一つのテーマの中でも 様々な手段を採ることです もっと実験する必要があります でも楽しくやっています メンバーに会って 慈善活動に至った経過や 子育ての話を聞きます やり方は皆それぞれです 思い描いていた以上に 成功しています 今後 団体は規模の面で 成長を続けていくでしょう

慈善活動によって 変化を生み出している人の姿を 人々に示すことにも意義があります なにしろ 彼らは自ら ビジネスを立ち上げ 創造力を元手に すごいアイデアを 実現した人たちです 彼らのアイデアと能力を元手に 慈善活動を起こせば 世界を変えることができます 彼らは他の人達の活動を見て こう言います 「自分の資産で同じことをやりたい」 私はそこが素晴らしいと思います

私が思うに 一部の人達にとっては そのような大金を 間接的に他のことに使うということ自体 理解しがたいです この会場にも大富豪や成功者が いらっしゃるでしょう ここで売り込んでみませんか? どんな風に誘いますか?

この活動によって私たちは 最高の充実感を味わっています 亡くなる時に お金は持って行けません お子さんに富を残すことが 得策でなければ 何が出来るか 一緒に アイデアを出し合いましょう 過去の慈善活動家のお陰で 世界は ずっと良い場所になりました 慈善活動は米国の伝統であり 世界で最も力のある 羨望の的です 私がこれほど楽観的なのは 社会奉仕活動が広がっていき 政治では行き届かない部分に 光を当て 正しい方向へ導いていくだろうと 思っているからです

世界には許しがたい不平等が はびこっていて 構造的とも言える 不平等の問題が増えています より多くの賛同者が お二人が築き上げてきた道に従えば 問題そのものについても 問題の認識についても 効果があるように思います いかがでしょうか?

賛成です 持てる者の富を そうでない人達に渡せたら 良いと思います バランスが取れますし 公正です

でも体制も変える必要があります 米国では教育システムを 誰にとっても公正で 生徒全員の役に立つように 変えようとしています 私が思うに これが不平等を解消する 真の変革です

一番大切なことだね (拍手)

会場にお越しいただいた皆さんと 世界中の何百万人の方々が お二人のこれまでの軌跡と 未来を形作るための お二人の目覚しい貢献度に 畏敬の念を抱いていることでしょう お二人のTEDへのご参加 ― お話と活動の全てに感謝します

ビル:ありがとう メリンダ:ありがとう (拍手)

ビル:ありがとう メリンダ:本当にありがとう ビル:お疲れさま (拍手)

Chris Anderson: So, this is an interview with a difference. On the basis that a picture is worth a thousand words, what I did was, I asked Bill and Melinda to dig out from their archive some images that would help explain some of what they've done, and do a few things that way.

So, we're going to start here. Melinda, when and where was this, and who is that handsome man next to you?

Melinda Gates: With those big glasses, huh? This is in Africa, our very first trip, the first time either of us had ever been to Africa, in the fall of 1993. We were already engaged to be married. We married a few months later, and this was the trip where we really went to see the animals and to see the savanna. It was incredible. Bill had never taken that much time off from work. But what really touched us, actually, were the people, and the extreme poverty. We started asking ourselves questions. Does it have to be like this? And at the end of the trip, we went out to Zanzibar, and took some time to walk on the beach, which is something we had done a lot while we were dating. And we'd already been talking about during that time that the wealth that had come from Microsoft would be given back to society, but it was really on that beach walk that we started to talk about, well, what might we do and how might we go about it?

CA: So, given that this vacation led to the creation of the world's biggest private foundation, it's pretty expensive as vacations go. (Laughter)

MG: I guess so. We enjoyed it.

CA: Which of you was the key instigator here, or was it symmetrical? Bill Gates: Well, I think we were excited that there'd be a phase of our life where we'd get to work together and figure out how to give this money back. At this stage, we were talking about the poorest, and could you have a big impact on them? Were there things that weren't being done? There was a lot we didn't know. Our naivete is pretty incredible, when we look back on it. But we had a certain enthusiasm that that would be the phase, the post-Microsoft phase would be our philanthropy.

MG: Which Bill always thought was going to come after he was 60, so he hasn't quite hit 60 yet, so some things change along the way.

CA: So it started there, but it got accelerated. So that was '93, and it was '97, really, before the foundation itself started.

MA: Yeah, in '97, we read an article about diarrheal diseases killing so many kids around the world, and we kept saying to ourselves, "Well that can't be. In the U.S., you just go down to the drug store." And so we started gathering scientists and started learning about population, learning about vaccines, learning about what had worked and what had failed, and that's really when we got going, was in late 1998,1999.

CA: So, you've got a big pot of money and a world full of so many different issues. How on Earth do you decide what to focus on?

BG: Well, we decided that we'd pick two causes, whatever the biggest inequity was globally, and there we looked at children dying, children not having enough nutrition to ever develop, and countries that were really stuck, because with that level of death, and parents would have so many kids that they'd get huge population growth, and that the kids were so sick that they really couldn't be educated and lift themselves up. So that was our global thing, and then in the U.S., both of us have had amazing educations, and we saw that as the way that the U.S. could live up to its promise of equal opportunity is by having a phenomenal education system, and the more we learned, the more we realized we're not really fulfilling that promise. And so we picked those two things, and everything the foundation does is focused there.

CA: So, I asked each of you to pick an image that you like that illustrates your work, and Melinda, this is what you picked. What's this about?

MG: So I,one of the things I love to do when I travel is to go out to the rural areas and talk to the women, whether it's Bangladesh, India, lots of countries in Africa, and I go in as a Western woman without a name. I don't tell them who I am. Pair of khakis. And I kept hearing from women, over and over and over, the more I traveled, "I want to be able to use this shot." I would be there to talk to them about childhood vaccines, and they would bring the conversation around to "But what about the shot I get?" which is an injection they were getting called Depo-Provera, which is a contraceptive. And I would come back and talk to global health experts, and they'd say, "Oh no, contraceptives are stocked in in the developing world." Well, you had to dig deeper into the reports, and this is what the team came to me with, which is, to have the number one thing that women tell you in Africa they want to use stocked out more than 200 days a year explains why women were saying to me, "I walked 10 kilometers without my husband knowing it, and I got to the clinic, and there was nothing there." And so condoms were stocked in in Africa because of all the AIDS work that the U.S. and others supported. But women will tell you over and over again, "I can't negotiate a condom with my husband. I'm either suggesting he has AIDS or I have AIDS, and I need that tool because then I can space the births of my children, and I can feed them and have a chance of educating them."

CA: Melinda, you're Roman Catholic, and you've often been embroiled in controversy over this issue, and on the abortion question, on both sides, really. How do you navigate that?

MG: Yeah, so I think that's a really important point, which is, we had backed away from contraceptives as a global community. We knew that 210 million women were saying they wanted access to contraceptives, even the contraceptives we have here in the United States, and we weren't providing them because of the political controversy in our country, and to me that was just a crime, and I kept looking around trying to find the person that would get this back on the global stage, and I finally realized I just had to do it. And even though I'm Catholic, I believe in contraceptives just like most of the Catholic women in the United States who report using contraceptives, and I shouldn't let that controversy be the thing that holds us back. We used to have consensus in the United States around contraceptives, and so we got back to that global consensus, and actually raised 2.6 billion dollars around exactly this issue for women. (Applause)

CA: Bill, this is your graph. What's this about?

BG: Well, my graph has numbers on it. (Laughter) I really like this graph. This is the number of children who die before the age of five every year. And what you find is really a phenomenal success story which is not widely known, that we are making incredible progress. We go from 20 million not long after I was born to now we're down to about six million. So this is a story largely of vaccines. Smallpox was killing a couple million kids a year. That was eradicated, so that got down to zero. Measles was killing a couple million a year. That's down to a few hundred thousand. Anyway, this is a chart where you want to get that number to continue, and it's going to be possible, using the science of new vaccines, getting the vaccines out to kids. We can actually accelerate the progress. The last decade, that number has dropped faster than ever in history, and so I just love the fact that you can say, okay, if we can invent new vaccines, we can get them out there, use the very latest understanding of these things, and get the delivery right, that we can perform a miracle.

CA: I mean, you do the math on this, and it works out, I think, literally to thousands of kids' lives saved every day compared to the prior year. It's not reported. An airliner with 200-plus deaths is a far, far bigger story than that. Does that drive you crazy?

BG: Yeah, because it's a silent thing going on. It's a kid,one kid at a time. Ninety-eight percent of this has nothing to do with natural disasters, and yet, people's charity, when they see a natural disaster, are wonderful. It's incredible how people think, okay, that could be me, and the money flows. These causes have been a bit invisible. Now that the Millennium Development Goals and various things are getting out there, we are seeing some increased generosity, so the goal is to get this well below a million, which should be possible in our lifetime.

CA: Maybe it needed someone who is turned on by numbers and graphs rather than just the big, sad face to get engaged. I mean, you've used it in your letter this year, you used basically this argument to say that aid, contrary to the current meme that aid is kind of worthless and broken, that actually it has been effective.

BG: Yeah, well people can take, there is some aid that was well-meaning and didn't go well. There's some venture capital investments that were well-meaning and didn't go well. You shouldn't just say, okay, because of that, because we don't have a perfect record, this is a bad endeavor. You should look at, what was your goal? How are you trying to uplift nutrition and survival and literacy so these countries can take care of themselves, and say wow, this is going well, and be smarter. We can spend aid smarter. It is not all a panacea. We can do better than venture capital, I think, including big hits like this.

CA: Traditional wisdom is that it's pretty hard for married couples to work together. How have you guys managed it? MG: Yeah, I've had a lot of women say to me, "I really don't think I could work with my husband. That just wouldn't work out." You know, we enjoy it, and we don't -- this foundation has been a coming to for both of us in its continuous learning journey, and we don't travel together as much for the foundation, actually, as we used to when Bill was working at Microsoft. We have more trips where we're traveling separately, but I always know when I come home, Bill's going to be interested in what I learned, whether it's about women or girls or something new about the vaccine delivery chain, or this person that is a great leader. He's going to listen and be really interested. And he knows when he comes home, even if it's to talk about the speech he did or the data or what he's learned, I'm really interested, and I think we have a really collaborative relationship. But we don't every minute together, that's for sure. (Laughter)

CA: But now you are, and we're very happy that you are. Melinda, early on, you were basically largely running the show. Six years ago, I guess, Bill came on full time, so moved from Microsoft and became full time. That must have been hard, adjusting to that. No?

MG: Yeah. I think actually, for the foundation employees, there was way more angst for them than there was for me about Bill coming. I was actually really excited. I mean, Bill made this decision even obviously before it got announced in 2006, and it was really his decision, but again, it was a beach vacation where we were walking on the beach and he was starting to think of this idea. And for me, the excitement of Bill putting his brain and his heart against these huge global problems, these inequities, to me that was exciting. Yes, the foundation employees had angst about that. (Applause)

CA: That's cool.

MG: But that went away within three months, once he was there.

BG: Including some of the employees.

MG: That's what I said, the employees, it went away for them three months after you were there.

BG: No, I'm kidding. MG: Oh, you mean, the employees didn't go away.

BG: A few of them did, but -- (Laughter)

CA: So what do you guys argue about? Sunday,11 o'clock, you're away from work, what comes up? What's the argument?

BG: Because we built this thing together from the beginning, it's this great partnership. I had that with Paul Allen in the early days of Microsoft. I had it with Steve Ballmer as Microsoft got bigger, and now Melinda, and in even stronger, equal ways, is the partner, so we talk a lot about which things should we give more to, which groups are working well? She's got a lot of insight. She'll sit down with the employees a lot. We'll take the different trips she described. So there's a lot of collaboration. I can't think of anything where one of us had a super strong opinion about one thing or another?

CA: How about you, Melinda, though? Can you? (Laughter) You never know.

MG: Well, here's the thing. We come at things from different angles, and I actually think that's really good. So Bill can look at the big data and say, "I want to act based on these global statistics." For me, I come at it from intuition. I meet with lots of people on the ground and Bill's taught me to take that and read up to the global data and see if they match, and I think what I've taught him is to take that data and meet with people on the ground to understand, can you actually deliver that vaccine? Can you get a woman to accept those polio drops in her child's mouth? Because the delivery piece is every bit as important as the science. So I think it's been more a coming to over time towards each other's point of view, and quite frankly, the work is better because of it.

CA: So, in vaccines and polio and so forth, you've had some amazing successes. What about failure, though? Can you talk about a failure and maybe what you've learned from it?

BG: Yeah. Fortunately, we can afford a few failures, because we've certainly had them. We do a lot of drug work or vaccine work that you know you're going to have different failures. Like, we put out,one that got a lot of publicity was asking for a better condom. Well, we got hundreds of ideas. Maybe a few of those will work out. We were very naive, certainly I was, about a drug for a disease in India, visceral leishmaniasis, that I thought, once I got this drug, we can just go wipe out the disease. Well, turns out it took an injection every day for 10 days. It took three more years to get it than we expected, and then there was no way it was going to get out there. Fortunately, we found out that if you go kill the sand flies, you probably can have success there, but we spent five years, you could say wasted five years, and about 60 million, on a path that turned out to have very modest benefit when we got there.

CA: You're spending, like, a billion dollars a year in education, I think, something like that. Is anything, the story of what's gone right there is quite a long and complex one. Are there any failures that you can talk about?

MG: Well, I would say a huge lesson for us out of the early work is we thought that these small schools were the answer, and small schools definitely help. They bring down the dropout rate. They have less violence and crime in those schools. But the thing that we learned from that work, and what turned out to be the fundamental key, is a great teacher in front of the classroom. If you don't have an effective teacher in the front of the classroom, I don't care how big or small the building is, you're not going to change the trajectory of whether that student will be ready for college. (Applause)

CA: So Melinda, this is you and your eldest daughter, Jenn. And just taken about three weeks ago, I think,three or four weeks ago. Where was this?

MG: So we went to Tanzania. Jenn's been to Tanzania. All our kids have been to Africa quite a bit, actually. And we did something very different, which is, we decided to go spend two nights and three days with a family. Anna and Sanare are the parents. They invited us to come and stay in their boma. Actually, the goats had been there, I think, living in that particular little hut on their little compound before we got there. And we stayed with their family, and we really, really learned what life is like in rural Tanzania. And the difference between just going and visiting for half a day or three quarters of a day versus staying overnight was profound, and so let me just give you one explanation of that. They had six children, and as I talked to Anna in the kitchen, we cooked for about five hours in the cooking hut that day, and as I talked to her, she had absolutely planned and spaced with her husband the births of their children. It was a very loving relationship. This was a Maasai warrior and his wife, but they had decided to get married, they clearly had respect and love in the relationship. Their children, their six children, the two in the middle were twins,13, a boy, and a girl named Grace. And when we'd go out to chop wood and do all the things that Grace and her mother would do, Grace was not a child, she was an adolescent, but she wasn't an adult. She was very, very shy. So she kept wanting to talk to me and Jenn. We kept trying to engage her, but she was shy. And at night, though, when all the lights went out in rural Tanzania, and there was no moon that night, the first night, and no stars, and Jenn came out of our hut with her REI little headlamp on, Grace went immediately, and got the translator, came straight up to my Jenn and said, "When you go home, can I have your headlamp so I can study at night?"

CA: Oh, wow.

MG: And her dad had told me how afraid he was that unlike the son, who had passed his secondary exams, because of her chores, she'd not done so well and wasn't in the government school yet. He said, "I don't know how I'm going to pay for her education. I can't pay for private school, and she may end up on this farm like my wife." So they know the difference that an education can make in a huge, profound way.

CA: I mean, this is another pic of your other two kids, Rory and Phoebe, along with Paul Farmer. Bringing up three children when you're the world's richest family seems like a social experiment without much prior art. How have you managed it? What's been your approach?

BG: Well, I'd say overall the kids get a great education, but you've got to make sure they have a sense of their own ability and what they're going to go and do, and our philosophy has been to be very clear with them -- most of the money's going to the foundation -- and help them find something they're excited about. We want to strike a balance where they have the freedom to do anything but not a lot of money showered on them so they could go out and do nothing. And so far, they're fairly diligent, excited to pick their own direction.

CA: You've obviously guarded their privacy carefully for obvious reasons. I'm curious why you've given me permission to show this picture now here at TED. MG: Well, it's interesting. As they get older, they so know that our family belief is about responsibility, that we are in an unbelievable situation just to live in the United States and have a great education, and we have a responsibility to give back to the world. And so as they get older and we are teaching them -- they have been to so many countries around the world -- they're saying, we do want people to know that we believe in what you're doing, Mom and Dad, and it is okay to show us more. So we have their permission to show this picture, and I think Paul Farmer is probably going to put it eventually in some of his work. But they really care deeply about the mission of the foundation, too.

CA: You've easily got enough money despite your vast contributions to the foundation to make them all billionaires. Is that your plan for them?

BG: Nope. No. They won't have anything like that. They need to have a sense that their own work is meaningful and important. We read an article long, actually, before we got married, where Warren Buffett talked about that, and we're quite convinced that it wasn't a favor either to society or to the kids.

CA: Well, speaking of Warren Buffett, something really amazing happened in 2006, when somehow your only real rival for richest person in America suddenly turned around and agreed to give 80 percent of his fortune to your foundation. How on Earth did that happen? I guess there's a long version and a short version of that. We've got time for the short version.

BG: All right. Well, Warren was a close friend, and he was going to have his wife Suzie give it all away. Tragically, she passed away before he did, and he's big on delegation, and -- (Laughter) -- he said --

CA: Tweet that.

BG: If he's got somebody who is doing something well, and is willing to do it at no charge, maybe that's okay. But we were stunned. MG: Totally stunned. BG: We had never expected it, and it has been unbelievable. It's allowed us to increase our ambition in what the foundation can do quite dramatically. Half the resources we have come from Warren's mind-blowing generosity.

CA: And I think you've pledged that by the time you're done, more than, or 95 percent of your wealth, will be given to the foundation.

BG: Yes.

CA: And since this relationship, it's amazing? (Applause) And recently, you and Warren have been going around trying to persuade other billionaires and successful people to pledge to give, what, more than half of their assets for philanthropy. How is that going? BG: Well, we've got about 120 people who have now taken this giving pledge. The thing that's great is that we get together yearly and talk about, okay, do you hire staff, what do you give to them? We're not trying to homogenize it. I mean, the beauty of philanthropy is this mind-blowing diversity. People give to some things. We look and go, "Wow." But that's great. That's the role of philanthropy is to pick different approaches, including even in one space, like education. We need more experimentation. But it's been wonderful, meeting those people, sharing their journey to philanthropy, how they involve their kids, where they're doing it differently, and it's been way more successful than we expected. Now it looks like it'll just keep growing in size in the years ahead.

MG: And having people see that other people are making change with philanthropy, I mean, these are people who have created their own businesses, put their own ingenuity behind incredible ideas. If they put their ideas and their brain behind philanthropy, they can change the world. And they start to see others doing it, and saying, "Wow, I want to do that with my own money." To me, that's the piece that's incredible.

CA: It seems to me, it's actually really hard for some people to figure out even how to remotely spend that much money on something else. There are probably some billionaires in the room and certainly some successful people. I'm curious, can you make the pitch? What's the pitch?

BG: Well, it's the most fulfilling thing we've ever done, and you can't take it with you, and if it's not good for your kids, let's get together and brainstorm about what we can be done. The world is a far better place because of the philanthropists of the past, and the U.S. tradition here, which is the strongest, is the envy of the world. And part of the reason I'm so optimistic is because I do think philanthropy is going to grow and take some of these things government's not just good at working on and discovering and shine some light in the right direction.

CA: The world's got this terrible inequality, growing inequality problem that seems structural. It does seem to me that if more of your peers took the approach that you two have made, it would make a dent both in that problem and certainly in the perception of that problem. Is that a fair comment?

BG: Oh yeah. If you take from the most wealthy and give to the least wealthy, it's good. It tries to balance out, and that's just.

MG: But you change systems. In the U.S., we're trying to change the education system so it's just for everybody and it works for all students. That, to me, really changes the inequality balance.

BG: That's the most important. (Applause)

CA: Well, I really think that most people here and many millions around the world are just in awe of the trajectory your lives have taken and the spectacular degree to which you have shaped the future. Thank you so much for coming to TED and for sharing with us and for all you do.

BG: Thank you. MG: Thank you. (Applause)

BG: Thank you. MG: Thank you very much. BG: All right, good job. (Applause)

Chris Anderson:/ So,/ this is an interview/ with a difference.//

クリス・アンダーソン:今回は 一味違ったインタビューになります

On the basis/ that a picture is worth/ a thousand words,/ what I did/ was,/ I asked Bill and Melinda/ to dig out/ from their archive some images/ that would help explain some of what they've done,/ and do a few things/ that way.//

百聞は一見にしかずと言います そこで ― 私がビルとメリンダに お願いしたのは 彼らがやってきたことを 説明してくれるような写真を 引っ張り出してきてもらい それをもとに話していきます

So,/ we're going to start here.//

この写真からですね

Melinda,/ when and where was this,/ and who is/ that handsome man/ next/ to you?//

メリンダ、これはいつで 場所はどこですか? 隣のハンサムな男性は どなたでしょうか?

Melinda Gates:/ With those big glasses,/ huh?//

メリンダ・ゲイツ:大きな眼鏡の人ですね?

This is in Africa,/ our very first trip,/ the first time/ either of us had ever been to Africa,/ in the fall of 1993.//

これはアフリカです 私たち2人が 初めてアフリカを訪れた 1993年の秋でした

We were already engaged to be married.//

すでに婚約していて

We married a few months later,/ and this was the trip/ where we really went to see/ the animals/ and to see the savanna.//

数ヵ月後に結婚しました この旅で私たちは動物やサバンナを 実際に見ることができました

It was incredible.// Bill had never taken/ that much time off/ from work.//

素晴らしかったです ビルは それまで 長期休暇はとりませんでした

But what really touched us,/ actually,/ were the people,/ and the extreme poverty.//

でも 本当に心が動かされたのは 極貧状態にある 現地の人々でした

We started asking/ ourselves/ questions.//

私たちは自問を始めたのです

Does it have to be like this?//

「これでいいのか?」と

And at the end of the trip,/ we went out to Zanzibar,/ and took some time/ to walk on the beach,/ which is something/ we had done a lot/ while we were dating.//

旅行の終盤で ザンジバルに行き 海岸を散歩しました 私たちが付き合っていた頃 よくそうしていました

And we'd already been talking about/ during that time that/ the wealth/ that had come from Microsoft would be given back/ to society,/ but it was really on that beach walk/ that we started to talk/ about,/ well,/ what might we do/ and how might we go about it?//

マイクロソフトがもたらした富を いずれ社会に還元する話は 以前からしていましたが 内容や方法について 話し始めたのは まさに この海岸での散歩だったのです

CA:/ So,/ given/ that this vacation led to the creation of the world's biggest private foundation,/ it's pretty expensive/ as vacations/ go.// (Laughter)/ MG:/ I guess so.// We enjoyed it.//

この休暇が 世界最大の民間基金設立に 繋がったわけですね 休暇にしては高くつきました (笑) そうですね でも楽しかったです

CA:/ Which of you was the key instigator here,/ or was it symmetrical?//

どちらのアイデアだったんでしょうか? それとも どちらからともなく?

Bill Gates:/ Well,/ I think/ we were excited/ that there'd be a phase of our life/ where we'd get to work together/ and figure out/ how to give this money back.//

ビル・ゲイツ:そうですね 私たちの人生で 一緒に取り組めることがあって 2人ともワクワクしていました どうやったら 自分達の富を 返せるだろうと

At this stage,/ we were talking about the poorest,/ and could you have a big impact/ on them?//

この時 話し合っていたのは 極貧の人々のことでした 彼らに大きな影響を与えられるか?

Were there things/ that weren't being done?//

手付かずの事柄はあるだろうか?

There was a lot/ we didn't know.//

知らないことが沢山ありました

Our naivete is pretty incredible,/ when we look back/ on it.//

振り返ると当時の自分たちの考えは 驚くほど甘く

But we had a certain enthusiasm/ that/ that would be the phase,/ the post-Microsoft phase would be our philanthropy.//

でも ある種の情熱がありました それは 次の段階 ― マイクロソフト後の人生では 慈善事業に従事するということです

MG:/ Which Bill always thought/ was going to come/ after he was 60,/ so he hasn't quite hit 60 yet,/ so some things change along the way.//

ビルは60才を過ぎてからだと 想定していましたが まだ60手前ですから 変更になった部分もあるわけです

CA:/ So it started there,/ but it got accelerated.//

そこから始まって 急速に進展しました

So/ that was '93,/ and it was '97,/ really,/ before the foundation/ itself started.//

始まりは93年 そして97年 ― 財団が活動を始める前ですよね

MA:/ Yeah,/ in '97,/ we read an article/ about diarrheal diseases/ killing so many kids/ around the world,/ and we kept saying/ to ourselves,/ "Well/ that can't be.//

そうね 97年 世界では沢山の子供たちが 下痢で命を落としている という記事を読みながら こう言い続けていたんです 「そんなはずはない

In the U.S.//,/ you just go down/ to the drug store."//

米国なら薬局に行けば済む」

And so/ we started gathering/ scientists/ and started learning/ about population,/ learning about vaccines,/ learning about what had worked/ and what had failed,/ and that's really/ when we got going,/ was in late 1998,1999.//

それで科学者を集め 人口のデータやワクチンや 効果があったものと なかったものについて学びました この時ですね 活動を始めたのは 1998年の後半から 1999年でした

CA:/ So,/ you've got a big pot of money and a world full of so many different issues.//

お二人は 大金を手にしていて 一方で ― 世界では様々な問題が 溢れていたわけですね

How on Earth do you decide/ what to focus on?//

一体どうやって 焦点を合わせたんですか?

BG:/ Well,/ we decided/ that we'd pick two causes,/ whatever the biggest inequity was globally,/ and there/ we looked at children/ dying,/ children not having/ enough nutrition/ to ever develop,/ and countries/ that were really stuck,/ because with that level of death,/ and parents would have so many kids/ that they'd get huge population growth,/ and/ that the kids were so sick/ that they really couldn't be educated/ and lift themselves up.//

私たちはテーマを2つ 選ぶことにしました とにかく世界規模で最も深刻な 不平等の中から 私たちが選んだのは 死にゆく子供たちや 栄養不足で成長できない子供たち 立ち往生している国々でした 死亡率が高く 親達は沢山子供を生むので 爆発的な人口増加が起こり 子供たちは病にかかり きちんとした教育も受けられず 将来も期待できません

So that was our global thing,/ and then/ in the U.S.//,/ both of us have had amazing educations,/ and we saw/ that as the way/ that the U.S. could live up/ to its promise of equal opportunity is by having a phenomenal education system,/ and the more/ we learned,/ the more/ we realized/ we're not really fulfilling/ that promise.//

これが1つ目でした 他方で米国では 私たちは2人とも 立派な教育を受け 米国が機会均等を保障できるのは 素晴らしい教育システムが あればこそだと考えていました でも学ぶにつれ 気づいたのは 実際はさほど保障されてないと いうことでした

And so/ we picked those two things,/ and everything/ the foundation does/ is focused there.//

こうして2つを選び 私たちの財団がやっていることは すべてそこにフォーカスしています

CA:/ So,/ I asked each of you/ to pick an image/ that you like that illustrates your work,/ and Melinda,/ this is/ what you picked.//

お二人それぞれに ご自身の活動を物語る 写真を選んでもらいました こちらはメリンダが選んだものですね

What's this about?//

どんな写真でしょうか?

MG:/ So I,one of the things/ I love to do/ when I travel is to go out/ to the rural areas/ and talk to the women,/ whether it's Bangladesh,/ India,/ lots of countries/ in Africa,/ and I go in as a Western woman/ without a name.//

私が旅行する時に 好きなことの一つは 農村地域に出かけて 女性達と話すことです バングラデシュでもインドでも アフリカの国々でも 私は名も無き 西洋の女性として行きます

I don't tell them/ who I am.// Pair of khakis.//

自分が誰とか名乗りません 普段着で行きます

And I kept hearing/ from women,/ over and over and over,/ the more/ I traveled,/ "I want to be able to use this shot."//

そこで女性と話して 何度も何度も 旅をするほど耳にしたのは 「この注射を使えるようになりたいけど」

I would be there to talk to them/ about childhood vaccines,/ and they would bring the conversation/ around/ to "But what about the shot/ I get?"//

現地で 子供が受ける ワクチンについて話すと それをきっかけに こんな話になったんです 「じゃあ私が打っている注射は?」

which is an injection/ they were getting called Depo-Provera,/ which is a contraceptive.//

彼女達はデポプロベラと呼ばれる 避妊薬を 注射していたんです

And I would come back/ and talk to global health experts,/ and they'd say,/ "Oh no,/ contraceptives are stocked in in the developing world."//

帰国してグローバルヘルスの 専門家に話すと 彼らは「いや 避妊薬は ― 開発途上国に在庫があるよ」と

Well,/ you had to dig deeper/ into the reports,/ and this is/ what the team came to me with,/ which is,/ to have the number one thing/ that women tell you/ in Africa/ they want to use stocked out/ more than 200 days/ a year explains/ why women were saying to me,/ "I walked 10 kilometers/ without my husband/ knowing it,/ and I got to the clinic,/ and there was nothing there."//

報告書を更に調査する 必要がありました チームが調べた結果 アフリカの女性たちが 使いたいと いちばん希望する薬が 年間200日以上も 欠品になっていたのです それで女性たちが私に こう言っていた理由がわかりました 「旦那に内緒で 10キロも歩いて ようやく診療所に着いたけど 何もなかった」

And so condoms were stocked in in Africa/ because of all the AIDS work/ that the U.S./ and others supported.//

アフリカにはコンドームは 十分ありました エイズ撲滅に従事する 米国や その他の国の 支援のおかげです

But women will tell you over and over again,/ "I can't negotiate a condom/ with my husband.//

でも女性たちが繰り返し言うのは 「夫とコンドームの話なんてできない

I'm/ either suggesting he has AIDS/ or I have AIDS,/ and I need/ that tool/ because then/ I can space the births of my children,/ and I can feed them/ and have a chance of educating them."//

彼か私がエイズを患っていると 言っているようなものだから 必要なのは 避妊薬で 次の出産までの時間を延ばすこと そうすれば子供たちに ご飯を食べさせて 教育の機会も与えられる」

CA:/ Melinda,/ you're Roman Catholic,/ and you've often been embroiled in controversy/ over this issue,/ and on the abortion question,/ on both sides,/ really.//

メリンダ、貴女は カトリック教徒ですね この問題について そして中絶の是非について 賛成派と反対派の両方から 議論に巻き込まれてきました

How do you navigate/ that?//

どうやって対処していますか?

MG:/ Yeah,/ so I think/ that's a really important point,/ which is,/ we had backed away/ from contraceptives/ as a global community.//

そうですね それは大切なポイントだと思います 国際社会として私たちが 避妊の議論を 敬遠してきたことです

We knew/ that 210 million women were saying they wanted access/ to contraceptives,/ even the contraceptives/ we have here/ in the United States,/ and we weren't providing them/ because of the political controversy/ in our country,/ and to me/ that was just a crime,/ and I kept looking/ around trying to find/ the person/ that would get this back/ on the global stage,/ and I finally realized I just had to do it.//

私たちは世界の 2億1千万人もの女性が 避妊薬を望んでいることを 知りながら 米国内にある避妊薬を 提供することさえしませんでした わが国の政治的議論が原因です 私に言わせれば それは まさに犯罪行為でした この問題をグローバルな舞台で 取り上げてくれる人を ずっと探しましたが ついに悟ったのは ― 私がやるしかないということでした

And/ even though I'm Catholic,/ I believe in contraceptives/ just like most of the Catholic women/ in the United States/ who report using/ contraceptives,/ and I shouldn't let/ that controversy be the thing/ that holds us back.//

私はカトリック信者ですが 避妊を支持しています 米国のほとんどの カトリック信者の女性が 避妊薬の使用経験はあると言います この議論を障壁にすべきではないと 考えたのです

We used to have/ consensus/ in the United States/ around contraceptives,/ and/ so we got back/ to that global consensus,/ and actually raised 2.6 billion dollars/ around exactly this issue/ for women.//

米国には かつて避妊に関する 世論調査がありましたが 私たちはそれをグローバルに行い 26億ドルを集めることができました 女性の避妊を助けるためです

(Applause)/ CA:/ Bill,/ this is your graph.// What's this about?//

(拍手) ビル、こちらは君のグラフですね 何についてですか?

BG:/ Well,/ my graph has numbers/ on it.//

私のグラフには 数字がありますね

(Laughter)/ I really like this graph.//

(笑) いいグラフです

This is the number of children/ who die before the age of five/ every year.//

これは 毎年5才の誕生日を 迎える前に 亡くなった 子供たちの数です

And what you find/ is really a phenomenal success story/ which is not widely known,/ that we are making incredible progress.//

ここでお伝えしたいのは あまり良く知られていない 驚くべきサクセスストーリーで 私たちは素晴らしい成果を 上げているということです

We go from 20 million not long/ after I was born to now/ we're down/ to about six million.//

2千万人というのが 私が生まれた頃の数字ですが この数を今や 6百万に減らすことができました

So this is a story largely of vaccines.//

これは主にワクチンの おかげです

かつては天然痘で命を落とす子どもが 年に数百万人いました

That was eradicated,/ so that got down/ to zero.//

天然痘は根絶されて ゼロになりました

Measles was killing a couple million/ a year.//

麻疹が年に数百万人の命を奪いました

That's down to a few hundred/ thousand.//

この数字も数十万人に減りました

Anyway,/ this is a chart/ where you want to get/ that number/ to continue,/ and it's going to be possible,/ using the science of new vaccines,/ getting the vaccines out to kids.//

つまり このグラフが示すのは 引き続き死者数が 減少していくという希望であり 新しいワクチンの研究を利用し 子どもたちに届けることで 可能になるということです

この動きを加速させることも可能です

The last decade,/ that number has dropped faster/ than ever/ in history,/ and so I just love the fact/ that you can say,/ okay,/ if we can invent new vaccines,/ we can get them/ out there,/ use the very latest understanding of these things,/ and get the delivery right,/ that we can perform a miracle.//

過去10年で 亡くなっていく子供たちの数は かつてない速さで減少しています ですから 私が気に入っているのは 新しいワクチンが開発できたら それを手に入れて このような最新情報を使って きちんと届ける ― すると奇跡が起こりうるということです

CA:/ I mean,/ you do the math/ on this,/ and it works out,/ I think,/ literally/ to thousands of kids/' lives saved/ every day compared to the prior year.//

つまり 計算してみると 前年と比べて 1日あたり数千人の子供の命が 救われているということですね

It's not reported.//

これは報道されていませんね

An airliner/ with 200-plus deaths is a far,/ far bigger story/ than that.//

200人余りが亡くなった航空機事故などは これよりずっと大きく取り上げられます

Does/ that drive you crazy?//

頭に来ませんか?

BG:/ Yeah,/ because it's a silent thing/ going/ on.//

そうですね 音を立てずに 事態が進んでいます

It's a kid,/one kid/ at a time.//

子供は一人 また一人と 亡くなっているのです

Ninety-eight percent of this has nothing/ to do with natural disasters,/ and yet,/ people's charity,/ when they see a natural disaster,/ are wonderful.//

死因の98%は 自然災害とは無関係です 自然災害に対する人々の 支援活動は素晴らしいです

It's incredible/ how people think,/ okay,/ that could be me,/ and the money flows.//

「明日は我が身だ」と思わせ お金が集まるのは すごいことです

These causes have been a bit invisible.//

他方で 子供たちの問題は 見えにくいのです

Now/ that the Millennium Development Goals/ and various things are getting out there,/ we are seeing some increased generosity,/ so the goal is to get this well/ below a million,/ which should be possible/ in our lifetime.//

現在「ミレニアム開発目標」や その他の取り組みが進んでいます 支援の輪も広がり 目標は ― 百万人をはるかに下回るように することで 私たちの世代で実現すべきです

CA:/ Maybe/ it needed someone/ who is turned on/ by numbers and graphs/ rather than just the big, sad face to get engaged.//

必要だったのは 悲しみに暮れる人ではなく 数字やグラフが得意な人の 関与だったのかもしれません

I mean,/ you've used it/ in your letter/ this year,/ you used basically/ this argument/ to say that aid,/ contrary/ to the current meme/ that aid is kind of worthless and broken,/ that actually/ it has been effective.//

今年の年次レターにも 先ほどのお話同様 世間の情報に反して 開発途上国の支援は 無駄でも崩壊しているわけでもなく 有効なのだと展開されました

BG:/ Yeah,/ well/ people can take,/ there is some aid/ that was well-meaning/ and didn't go well.//

そうです たとえば ― 善意があっても 上手くいかなかった 援助がありますね

There's some venture capital investments/ that were well-meaning/ and didn't go well.//

ベンチャー投資だって 真面目にやっても 上手くいかないことはあります

You shouldn't just say,/ okay,/ because of that,/ because we don't have a perfect record,/ this is a bad endeavor.//

完璧な成果がないというだけで 試み自体が悪かったと 言うべきではありません

You should look at,/ what was your goal?//

着目すべきは ゴールは何だったか?

How are you/ trying to uplift nutrition and survival and literacy/ so these countries can take care of themselves,/ and say wow,/ this is going well,/ and be smarter.//

どうやって栄養状態や 生存率、識字率を上げて その国の自助努力に つなげようとしているか そうやって良し悪しを判断し もっと賢くなるべきです

We can spend aid smarter.//

私たちは援助を賢く使えます

It is not all a panacea.//

全てが万能薬とは行きませんが

We can do better/ than venture capital,/ I think,/ including/ big hits/ like this.//

投資事業よりは上手く行くと思います これは大成功した一例です

CA:/ Traditional wisdom is/ that it's pretty hard/ for married couples/ to work together.//

昔から良く言われているのは 夫婦で働くことは難しい ということですが

How have you/ guys managed it?//

お二人の秘訣は何ですか?

MG:/ Yeah,/ I've had a lot of women say to me,/ "I really don't think/ I could work with my husband.//

沢山の女性から言われたのは 「私なら夫と働くのは無理

That just wouldn't work out."//

絶対上手くいかない」でした

You know,/ we enjoy it,/ and we don't --/ this foundation has been a coming/ to/ for both of us/ in its continuous learning journey,/ and we don't travel together/ as much/ for the foundation,/ actually,/ as we used to/ when Bill was working at Microsoft.//

でも私たちは楽しくやっています 人生という勉強の旅で 財団の事業は 私たち2人の所へやってきたものです 実は財団の仕事で 一緒に出張することは ビルがマイクロソフトにいた頃ほど 多くはありません

We have more trips/ where we're traveling/ separately,/ but I always know/ when I come home,/ Bill's going to be interested/ in what I learned,/ whether it's about women or girls or something new/ about the vaccine delivery chain,/ or this person/ that is a great leader.//

別々に出張する機会が多いですが 私が分かっているのは 私が帰ったら ビルは私が学んだことに 興味を示します 女性や少女たちの現状 ワクチンの調達に関する 新しいニュースや 素晴らしいリーダーについて

He's going to listen and be really interested.//

じっくり耳を傾けて 興味を示してくれます

And he knows/ when he comes home,/ even if it's to talk/ about the speech/ he did/ or the data/ or what he's learned,/ I'm really interested,/ and I think/ we have a really collaborative relationship.//

ビルにとっても同様です 家に帰れば 彼の講演の話や データや 彼が学んだことについて 私は心から関心があり 二人で協力関係を 築いていると思います

But we don't every minute together,/ that's for sure.//

もちろん四六時中 そうとはいきませんが

(Laughter)/ CA:/ But now/ you are,/ and we're very happy/ that you are.//

(笑) でも今は協力していますね よかったです

Melinda,/ early on,/ you were basically largely running the show.//

メリンダ、財団創立の当初は 貴女が主に仕切っていましたね

Six years ago,/ I guess,/ Bill came on full time,/ so moved from Microsoft/ and became full time.//

6年前でしょうか ビルがマイクロソフト社の 第一線から退いて 常勤になりました

That must have been hard,/ adjusting to that.// No?//

慣れるまで 大変だったんじゃないですか?

MG:/ Yeah.// I think actually,/ for the foundation employees,/ there was way/ more angst/ for them/ than there was for me/ about Bill coming.//

そうですね ビルを迎えるにあたり 私よりも 多くの不安があったのは 財団職員の方だと思います

I was actually really excited.//

私はワクワクしていました

I mean,/ Bill made this decision even obviously/ before it got announced in 2006,/ and it was really his decision,/ but again,/ it was a beach vacation/ where we were walking on the beach/ and he was starting to think/ of this idea.//

ビルがこの決断を下したのは 当然 2006年に公表する前のことで 彼自身が決めたことでした でも 始まりは あのビーチ休暇で ビーチを2人で歩きながら ビルがアイデアを構想しました

And for me,/ the excitement of Bill/ putting his brain and his heart/ against these huge global problems,/ these inequities,/ to me/ that was exciting.//

私にとっては ビルが 彼の知性とハートを 立ちはだかるグローバル問題や 不公正に注ぐのは 嬉しかったです

Yes, the foundation employees had angst about that.//

他方で財団職員には 漠然とした不安がありました

(拍手)

CA:/ That's cool.//

素晴らしいです

MG:/ But that went away/ within three months,/ once he was there.//

でもビルが来て3ヶ月で それは消えました

BG:/ Including some of the employees.//

職員も何人か消えたね

MG:/ That's/ what I said,/ the employees,/ it went away/ for them/ three months/ after you were there.//

そう 職員のことよ 貴方の就任後3ヶ月で消えたでしょ

BG:/ No, I'm kidding.// MG:/ Oh,/ you mean,/ the employees didn't go away.//

ビル:冗談だよ メリンダ:職員は消えてないわよ

BG:/ A few of them did,/ but --/ (Laughter)/ CA:/ So/ what do you/ guys argue about?//

数人は消えたよ いいけどさ (笑) お二人はどんなことで 議論されますか?

Sunday,/11 o'clock,/ you're away/ from work,/ what comes up?// What's the argument?//

日曜日の朝11時 仕事は休み 話題は何ですか? どんな議論になりますか?

BG:/ Because we built this thing together/ from the beginning,/ it's this great partnership.//

私たちは財団を一から 2人で築き上げました 素晴らしい協力関係にあります

I had/ that with Paul Allen/ in the early days of Microsoft.//

マイクロソフトを立ち上げた頃 私のパートナーは ポール・アレンでした

I had it/ with Steve Ballmer/ as Microsoft got bigger,/ and now/ Melinda,/ and in even stronger, equal ways,/ is the partner,/ so we talk a lot/ about which things should/ we give more/ to,/ which groups are working well?//

会社が成長する頃は スティーブ・バルマーでした そして今はメリンダです これまで以上に強固で 対等なパートナーです 私たちが議論するのは 何を もっと与えるべきか どの団体がうまく行っているか?です

She's got a lot of insight.//

メリンダは沢山の見識があり

She'll sit down/ with the employees/ a lot.//

職員とも膝を交えて話します

We'll take the different trips/ she described.//

彼女が話したとおり 出張は別々です

So there's a lot of collaboration.//

そんな感じで協力してやっていることが 沢山あります

I can't think of anything/ where one of us had a super strong opinion/ about one thing or another?//

2人の内のどちらかが 絶対に意見を譲れないというような場面は 思いつきません

CA:/ How about you,/ Melinda,/ though?// Can you?// (Laughter)/ You never know.//

でもメリンダは? 思いつくんじゃない?(笑) あり得ますよ

MG:/ Well,/ here's the thing.//

私の考えはこうです

We come at things/ from different angles,/ and I actually think/ that's really good.//

私たちは取り組む角度が違い それが良いんだと思います

So Bill can look at the big data/ and say,/ "I want to act based on these global statistics."//

ビルはビッグデータを見て 「僕はグローバルな統計をもとに 活動したい」と言います

For me,/ I come at it/ from intuition.//

私は直感に従います

I meet with lots of people/ on the ground/ and Bill's taught me/ to take that/ and read up to the global data/ and see/ if they match,/ and I think/ what I've taught him is to take that data/ and meet with people/ on the ground/ to understand,/ can you actually deliver that vaccine?//

現地で沢山の人達と会います ビルが教えてくれたのは 集めた会話をもとに グローバルなデータと照合すること 私がビルに教えたのは データをもとに 現地の人々と会って 「このワクチンを届けられるか?」

Can you get a woman/ to accept those polio drops in her child's mouth?//

「母親たちはポリオの薬を飲ませることを 了承するか?」 などを判断することです

Because the delivery piece is every bit as important/ as the science.//

なぜなら流通の部分は 科学と全く同様に重要だからです

So/ I think/ it's been more/ a coming/ to/ over time/ towards each other's point of view,/ and quite frankly,/ the work is better/ because of it.//

ですから この活動によって お互いの考え方が 徐々に近づいてきていて 率直に言って そのお陰で いい仕事ができていると思います

CA:/ So,/ in vaccines/ and polio/ and so forth,/ you've had some amazing successes.//

さてワクチンとポリオなどにおいて お二人は素晴らしい成功を おさめていますが

What about failure,/ though?//

失敗例はどうでしょう?

Can you talk about a failure/ and maybe/ what you've learned from it?//

失敗や そこから学んだことを 話していただくことはできますか?

BG:/ Yeah.// Fortunately,/ we can afford a few failures,/ because we've certainly had them.//

そうですね 幸い いくつかネタがあります 当然 失敗はありました

We do a lot of drug work/ or vaccine work/ that you know you're going to have/ different failures.//

薬やワクチンに関する仕事を たくさんやれば いろんな失敗をするものです

Like,/ we put out,/one/ that got a lot of publicity was asking for a better condom.//

たとえば大きな反響を呼んだ例は 次世代コンドームの公募です

Well,/ we got hundreds of ideas.//

何百もの応募がありました

Maybe a few of those will work out.//

一部は成功するかもしれません

We were very naive,/ certainly/ I was,/ about a drug/ for a disease/ in India,/ visceral leishmaniasis,/ that I thought,/ once I got this drug,/ we can just go wipe out/ the disease.//

私たちの考えは甘かったんです 間違いなく私は甘かった インドの内臓リーシュマニア症の 治療薬について 私は薬さえ手に入れば 病を 根絶できると考えていました

Well,/ turns out/ it took an injection/ every day/ for 10 days.//

でも実際には注射を10日間 毎日 打つ必要がありました

It took three more years/ to get it/ than we expected,/ and then/ there was no way/ it was going to get out/ there.//

薬の開発は予想より3年長くかかり しかもそれを現地に届ける 手段が無いことが分かったのです

Fortunately,/ we found out/ that if you go kill the sand flies,/ you probably can have success there,/ but we spent five years,/ you could say wasted five years,/ and about 60 million,/ on a path/ that turned out/ to have very modest benefit/ when we got there.//

幸運にも私たちは サシチョウバエを殺せば病を防げることを 突き止めましたが 私たちは5年も費やしました 5年の歳月と6千万ドルが ほんのわずかな進歩にしかならず 無駄遣いだったと 言われても仕方ありません

CA:/ You're spending,/ like,/ a billion dollars/ a year/ in education,/ I think,/ something/ like that.//

お二人は年間 約10億ドルを ― 教育にだったと思いますが 助成されています

Is anything,/ the story of what's gone right/ there is quite a long and complex one.//

そこに至るまでの物語は かなり長く複雑なものです

Are there any failures/ that you can talk about?//

お話しいただける失敗はありますか?

MG:/ Well,/ I would say a huge lesson/ for us/ out of the early work is we thought/ that these small schools were the answer,/ and small schools definitely help.//

初期の活動から得た大きな教訓は 学校が小さければ 解決すると 私たちが思っていたことです 小さいことは確かに有効です

They bring down/ the dropout rate.//

中退率低下に貢献しています

They have less violence and crime/ in those schools.//

小規模学校では 暴力や犯罪も少ないです

But the thing/ that we learned from that work,/ and what turned out/ to be the fundamental key,/ is a great teacher/ in front of the classroom.//

ただ この事業で 私たちが学んだこと そして重要な鍵だとわかったのは 教室に立つ 素晴らしい教師の存在です

If you don't have an effective teacher/ in the front of the classroom,/ I don't care how big or small/ the building is,/ you're not going to change/ the trajectory of whether that student will be ready/ for college.//

力のある教師が 現場にいなければ ― 建物の大小は どうでもいいんです 大学に進めるかどうか 生徒の進路を変えることはできません

(拍手)

CA:/ So Melinda,/ this is you and your eldest daughter,/ Jenn.//

メリンダ、この写真は 貴女と長女のジェンですね

And just taken about three weeks ago,/ I think,/three or four weeks ago.// Where was this?//

ほんの3~4週間前ですね これはどこですか?

MG:/ So we went to Tanzania.//

タンザニアです ジェンは以前にも

Jenn's been to Tanzania.//

行っています

All/ our kids have been to Africa/ quite a bit,/ actually.//

うちの子たちは アフリカに 何度も行っています

And we did something very different,/ which is,/ we decided to go spend two nights and three days/ with a family.//

私たちは趣向を変えて 2泊3日を現地の家族と 一緒に過ごしました

Anna and Sanare are the parents.//

ご両親の名前はアナとサナレです

They invited us/ to come and stay in their boma.//

ボマ(小屋)で 寝泊まりさせてくれました

Actually,/ the goats had been there,/ I think,/ living in that particular little hut/ on their little compound/ before we got there.//

私たちが訪れる前 その囲いのついた小屋には ヤギがいたんでしょうね

And we stayed with their family,/ and we really,/ really learned/ what life is like in rural Tanzania.//

その家族に泊めてもらい そこで身をもって学んだのは タンザニアの 農村の暮らしです

And the difference/ between just going and visiting for half a day/ or three quarters of a day/ versus staying overnight was profound,/ and so let me just give you/ one explanation of that.//

ちょっと訪ねて行って 半日過ごして帰ってくるのと 宿泊するのとは まったく違いました これについて一つだけ ご説明します

They had six children,/ and/ as I talked to Anna/ in the kitchen,/ we cooked for about five hours/ in the cooking hut that day,/ and/ as I talked to her,/ she had absolutely planned/ and spaced with her husband/ the births of their children.//

彼らには子供が6人います 私はアナと 調理用の小屋で その日 5時間 料理していました 話しながら分かったのは アナが ご主人と相談し計画的に 出産の間隔を空けていること

It was a very loving relationship.//

とても愛情深い夫婦関係でした

This was a Maasai warrior and his wife,/ but they had decided to get married,/ they clearly had respect/ and love in the relationship.//

ご主人はマサイ族の戦士でしたが 2人は結婚を決めました 尊敬と愛がはっきりわかるような 関係でした

Their children,/ their six children,/ the two/ in the middle were twins,/13,/ a boy,/ and a girl named Grace.//

6人の子供たちの真ん中には 13才の 男の子と女の子との双子がいて 女の子の名前はグレースです

And when we'd go out/ to chop wood/ and do all the things/ that Grace/ and her mother would do,/ Grace was not a child,/ she was an adolescent,/ but she wasn't an adult.//

私たちは薪割りなど グレースと母親がやることを 全部やりました グレースは思春期で もう子供ではありませんが 大人でもありません

She was very,/ very shy.//

彼女はとってもシャイでした

So she kept wanting to talk/ to me and Jenn.//

私とジェンに話しかけたい様子で

We kept trying to engage/ her,/ but she was shy.//

私たちも声をかけましたが 恥ずかしがっていました

And/ at night,/ though,/ when all the lights went out/ in rural Tanzania,/ and there was no moon/ that night,/ the first night,/ and no stars,/ and Jenn came out of our hut/ with her REI little headlamp on,/ Grace went immediately,/ and got the translator,/ came straight/ up/ to my Jenn/ and said,/ "When you go home,/ can I have your headlamp/ so I can study at night?"//

でも夜になって タンザニアの僻地らしく 電気は全て消えました それは初日の夜で 月もなく 星も出ていませんでした ジェンがアウトドア用の ヘッドランプを付けて小屋から出ると グレースが直ぐに後を追いました 通訳者を連れて ジェンに一目散に駆け寄ると 「帰るときに ヘッドランプくれない? そしたら夜も勉強できるわ」と

CA:/ Oh,/ wow.//

すごいですね

MG:/ And her dad had told me/ how afraid/ he was/ that unlike the son,/ who had passed his secondary exams,/ because of her chores,/ she'd not done so well/ and wasn't in the government school yet.//

父親に聞いたのですが 中学校の試験に受かった 双子の男の子の方と違って 家事を手伝うグレースは 試験に合格できず まだ公立学校に入れないのです

He said,/ "I don't know/ how I'm going to pay/ for her education.//

父親は「彼女の教育費を 工面できるかわからない

I can't pay for private school,/ and she may end up/ on this farm/ like my wife."//

私立は高すぎるから 妻のように ― 娘は この農場で 一生を終えるかもしれない」と

So they know the difference/ that an education can make in a huge, profound way.//

つまり彼らは教育が 大きな違いを もたらすと知っているのです

CA:/ I mean,/ this is another pic of your other two kids,/ Rory and Phoebe,/ along with Paul Farmer.//

こちらは別の写真ですね お二人のお子さんの ローリーとフィービーが ポール・ファーマーと写っています

Bringing up/ three children/ when you're the world's richest family seems like a social experiment/ without much prior art.//

世界で最も裕福な家庭で 3人の子供を育てるのは あまり前例がない 社会的実験をするようなものです

How have you managed it?//

成功の秘訣は何ですか?

What's been your approach?//

どのように子育てされましたか?

BG:/ Well,/ I'd say overall/ the kids get a great education,/ but you've got to make/ sure/ they have a sense of their own ability/ and what they're going to go and do,/ and our philosophy has been to be very clear/ with them --/ most of the money's going to the foundation --/ and help them/ find something/ they're excited about.//

そうですね 私たちの子供は 素晴らしい教育を受けましたが 子供たちには 自分の能力や進路 将来何をするかを しっかり意識させてきました 私たちが とても明確に示してきた方針は 資産の殆どを財団に 寄付するということと 子供たちが夢中になれることを 見つける支援をすることです

We want to strike/ a balance/ where they have the freedom/ to do anything/ but not a lot of money showered on them/ so they could go out/ and do nothing.//

私たちは子供たちに バランスを取ってほしいのです 何をやるのも自由ですが 大金が降ってきて 何もせずに遊んで暮らせるようには なりませんから

And so far,/ they're fairly diligent,/ excited to pick/ their own direction.//

これまでのところ 子供たちは まあ勤勉で 自分たちの進路選択に 心を踊らせています

当然ながら お子さんのプライバシーを 守ることに留意されてきましたね

I'm curious/ why you've given me/ permission/ to show this picture now here/ at TED.//

今回お子さんの写真を見せる許可を 下さったのは何故ですか

MG:/ Well,/ it's interesting.//

興味深いことに

As they get older,/ they so know/ that our family belief is about responsibility,/ that we are in an unbelievable situation just/ to live in the United States/ and have a great education,/ and we have a responsibility/ to give back/ to the world.//

大きくなった子供たちには 我が家の信念が「責任」であると よくわかっています 米国に住み 素晴らしい教育を 受けられるだけでも 信じられない境遇であり 世界に還元する責任があるのです

And so/ as they get older/ and we are teaching them --/ they have been to so many countries/ around the world --/ they're saying,/ we do want people/ to know/ that we believe in what you're doing,/ Mom and Dad,/ and it is okay/ to show us more.//

彼らが成長する中で 私たちは教え 世界各国を訪れてもいますが 彼らは言うのです 「ママとパパの活動を 私たちが信じていると 皆に知って欲しいから 私たちのことを もっと話しても良いよ」と

So/ we have their permission/ to show this picture,/ and I think/ Paul Farmer is probably going to put/ it eventually/ in some of his work.//

それで この写真を公開して 良いことになりました おそらくポール・ファーマーは 著書に載せるだろうと思います

But they really care deeply/ about the mission of the foundation,/ too.//

子供たちは財団の使命も 本当に気にかけてくれるんです

CA:/ You've easily got enough money/ despite your vast contributions/ to the foundation/ to make them/ all billionaires.//

ご自身の財団に 莫大な寄付をされても 3人のお子さんを 億万長者にできるだけの 資産をお持ちですよね

Is/ that your plan/ for them?//

そのような計画はありますか?

BG:/ Nope.// No.// They won't have anything/ like that.//

いいえ そんな風に残すつもりはありません

They need to have/ a sense/ that their own work is meaningful and important.//

子供たちは自分の仕事こそが やりがいであり大切だと 実感してもらわなくてはなりません

We read an article long,/ actually,/ before we got married,/ where Warren Buffett talked about that,/ and we're quite convinced/ that it wasn't a favor/ either/ to society/ or/ to the kids.//

私たちは結婚前に ある記事に載っていた ウォーレン・バフェットの言葉を読んで 子供に莫大な資産を残すのは 社会のためにも 子供のためにも良くないと確信しました

CA:/ Well,/ speaking of Warren Buffett,/ something really amazing happened in 2006,/ when somehow/ your only real rival/ for richest person/ in America suddenly turned around/ and agreed to give/ 80 percent of his fortune/ to your foundation.//

ウォーレン・バフェット氏ですが 2006年に素晴らしい出来事がありました 米国一の大富豪を競う 唯一のライバルだった彼が 突然 方針を変え 資産の8割を貴方の財団に 寄付すると決めました

How on Earth did that happen?//

一体何が起こったんですか?

I guess/ there's a long version and a short version of that.//

長いバージョンと短いバージョンが あるでしょう

We've got time/ for the short version.//

今日は短い方をお願いします

BG:/ All right.// Well,/ Warren was a close friend,/ and he was going to have/ his wife Suzie give it all away.//

分かりました ウォーレンは親しい友人でした 彼は財産のすべてを奥様のスージーに 残すつもりでした

Tragically,/ she passed away/ before he did,/ and he's big/ on delegation,/ and --/ (Laughter) --/ he said --/ CA:/ Tweet that.//

残念なことに その前にスージーが亡くなってしまい 委譲することが大好きな ― (笑) ウォーレンは・・・ 今のツイートして

BG:/ If he's got somebody/ who is doing something well,/ and is willing/ to do it/ at no charge,/ maybe/ that's okay.// But we were stunned.//

何かに長けている人がいて お金を求めずに それをやってくれる人がいたら それで良いのではないかと 私たちは驚きを隠せませんでした

MG:/ Totally stunned.// BG:/ We had never expected it,/ and it has been unbelievable.//

メリンダ:本当に驚いたわ ビル:想像だにしてなかったからね そこからは驚きの連続でした

It's allowed us/ to increase our ambition/ in what the foundation can do quite dramatically.//

いただいた寄付によって 財団の可能性を 劇的に広げることができました

Half the resources/ we have come from Warren's mind-blowing generosity.//

財団の資産の半分は ウォーレンの驚くべき 寛大な寄付によるものです

CA:/ And I think/ you've pledged/ that by the time/ you're done,/ more than,/ or 95 percent of your wealth,/ will be given to the foundation.//

お二人は 役目を終える頃までに 資産の95%以上を 財団に寄付すると公約されています

BG:/ Yes.//

そのとおり

CA:/ And/ since this relationship,/ it's amazing?//

ウォーレンとの ― 素晴らしいですよね

(Applause)/ And recently,/ you/ and Warren have been going around trying to persuade/ other billionaires/ and successful people/ to pledge to give,/ what,/ more than half of their assets/ for philanthropy.//

(拍手) 最近ですが お二人とウォーレンは 他の億万長者や成功者たちにも 資産の半分以上を 慈善活動に 寄付するよう 説得することに 奔走されています

How is/ that going?//

進み具合はどうですか?

BG:/ Well,/ we've got about 120 people/ who have now taken this giving pledge.//

これまで約120名の方々が 「寄付の誓い」に賛同してくれました

The thing/ that's great is/ that we get together yearly/ and talk about,/ okay,/ do/ you hire staff,/ what do you give to them?//

この活動の魅力は 賛同者が毎年集まって 雇用を増やしたとか どんな施しをしたとか 話し合うことです

We're not trying to homogenize/ it.//

均質化は目指しません

I mean,/ the beauty of philanthropy is this mind-blowing diversity.//

慈善活動の長所は 驚くほどの多様性です

People give to some things.//

誰かが施しをします

We look and go,/ "Wow."//

私たちはそれを見て 感嘆の声をあげます

But that's great.//

それが良いんです

That's the role of philanthropy is to pick different approaches,/ including even/ in one space,/ like education.//

それが慈善の役割で たとえば教育のような 一つのテーマの中でも 様々な手段を採ることです

We need more experimentation.//

もっと実験する必要があります

But it's been wonderful,/ meeting those people,/ sharing their journey/ to philanthropy,/ how they involve their kids,/ where they're doing/ it differently,/ and it's been way more successful/ than we expected.//

でも楽しくやっています メンバーに会って 慈善活動に至った経過や 子育ての話を聞きます やり方は皆それぞれです 思い描いていた以上に 成功しています

Now/ it looks/ like it'll just keep growing/ in size/ in the years/ ahead.//

今後 団体は規模の面で 成長を続けていくでしょう

MG:/ And having people see/ that other people are making change/ with philanthropy,/ I mean,/ these are people/ who have created their own businesses,/ put their own ingenuity/ behind incredible ideas.//

慈善活動によって 変化を生み出している人の姿を 人々に示すことにも意義があります なにしろ 彼らは自ら ビジネスを立ち上げ 創造力を元手に すごいアイデアを 実現した人たちです

If they put their ideas and their brain/ behind philanthropy,/ they can change the world.//

彼らのアイデアと能力を元手に 慈善活動を起こせば 世界を変えることができます

And they start to see/ others/ doing it,/ and saying,/ "Wow,/ I want to do/ that/ with my own money."//

彼らは他の人達の活動を見て こう言います 「自分の資産で同じことをやりたい」

To me,/ that's the piece/ that's incredible.//

私はそこが素晴らしいと思います

CA:/ It seems to me,/ it's actually really hard/ for some people/ to figure out/ even how/ to remotely spend/ that much money/ on something else.//

私が思うに 一部の人達にとっては そのような大金を 間接的に他のことに使うということ自体 理解しがたいです

There are probably some billionaires/ in the room/ and certainly/ some successful people.//

この会場にも大富豪や成功者が いらっしゃるでしょう

I'm curious,/ can you make the pitch?//

ここで売り込んでみませんか?

What's the pitch?//

どんな風に誘いますか?

BG:/ Well,/ it's the most fulfilling thing/ we've ever done,/ and you can't take it/ with you,/ and/ if it's not good/ for your kids,/ let's get together/ and brainstorm about what we can be done.//

この活動によって私たちは 最高の充実感を味わっています 亡くなる時に お金は持って行けません お子さんに富を残すことが 得策でなければ 何が出来るか 一緒に アイデアを出し合いましょう

The world is a far better place/ because of the philanthropists of the past,/ and the U.S. tradition here,/ which is the strongest,/ is the envy of the world.//

過去の慈善活動家のお陰で 世界は ずっと良い場所になりました 慈善活動は米国の伝統であり 世界で最も力のある 羨望の的です

And part of the reason/ I'm/ so optimistic is/ because I do think philanthropy is going to grow and take some of these things government's not just good/ at working on and discovering/ and shine some light/ in the right direction.//

私がこれほど楽観的なのは 社会奉仕活動が広がっていき 政治では行き届かない部分に 光を当て 正しい方向へ導いていくだろうと 思っているからです

CA:/ The world's got this terrible inequality,/ growing inequality problem/ that seems structural.//

世界には許しがたい不平等が はびこっていて 構造的とも言える 不平等の問題が増えています

It does seem to me/ that if more of your peers took the approach/ that you/ two have made,/ it would make a dent/ both/ in that problem/ and certainly/ in the perception of that problem.//

より多くの賛同者が お二人が築き上げてきた道に従えば 問題そのものについても 問題の認識についても 効果があるように思います

Is/ that a fair comment?//

いかがでしょうか?

BG:/ Oh yeah.// If you take from the most wealthy/ and give to the least wealthy,/ it's good.//

賛成です 持てる者の富を そうでない人達に渡せたら 良いと思います

It tries to balance out,/ and that's just.//

バランスが取れますし 公正です

MG:/ But you change systems.//

でも体制も変える必要があります

In the U.S.//,/ we're trying to change/ the education system/ so it's just/ for everybody/ and it works for all students.//

米国では教育システムを 誰にとっても公正で 生徒全員の役に立つように 変えようとしています

That,/ to me,/ really changes the inequality balance.//

私が思うに これが不平等を解消する 真の変革です

BG:/ That's the most important.//

一番大切なことだね

(Applause)/ CA:/ Well,/ I really think/ that most people here/ and many millions/ around the world are just in awe of the trajectory/ your lives have taken/ and the spectacular degree/ to/ which you have shaped the future.//

(拍手) 会場にお越しいただいた皆さんと 世界中の何百万人の方々が お二人のこれまでの軌跡と 未来を形作るための お二人の目覚しい貢献度に 畏敬の念を抱いていることでしょう

Thank/ you so much/ for coming to TED/ and for sharing with us/ and for all you do.//

お二人のTEDへのご参加 ― お話と活動の全てに感謝します

BG:/ Thank you.// MG:/ Thank you.//

ビル:ありがとう メリンダ:ありがとう

(Applause)/ BG:/ Thank you.// MG:/ Thank you/ very much.//

(拍手) ビル:ありがとう メリンダ:本当にありがとう

BG:/ All right, good job.// (Applause)//

ビル:お疲れさま (拍手)

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

handsome

『風采』(ふうさい)『のよい』,(通例男性が)魅力的で均整の取れた,目鼻だちの整った(good-looking),りっぱな

(形・色などが)優れた,みごとな…(趣味などが)洗練された

(数量が)かなりの,たっぷりの

《米》器用な,上手な

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

Zanzibar

ザンジバル島(アフリカ東岸沖の島;Tanzaniaの一部)

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

expensive

『費用のかかる』,高価な

laughter

『笑い』,笑い声

mg

milligram[s]

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

instigator

扇動者

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

naivete

〈U〉天真らんまん,純真;〈C〉《複数形で》無邪気な言葉(行為)

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

enthusiasm

(…に対する)『熱中』,『熱狂』,熱意《+『for』(『about』)+『名』》

philanthropy

〈U〉博愛,慈善

〈C〉慈善事業,慈善行為;博愛(慈善)団体

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

vaccine

牛痘種,痘苗(牛痘を起こすビールスで,天然痘予防のために人体に接種される)

(伝染病の病原菌から作った)ワクチン

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

pot

〈C〉(金属・陶器・ガラス製などの)『つぼ』,かめ,鉢(はち);深なべ・〈C〉びん・つぼ・かめ・なべなどの)1杯分(の分量)《+『of』+『名』》

〈C〉室内用便器(chamber pot)

〈C〉《話》優勝カップ

〈U〉《the pot》《おもに米》(ポーカーなどの)1回の総賭(か)け金

〈C〉《しばしば複数形で》《話》多額[の金]

〈U〉《the pot》《米》(仲間が共同で使えるように出し合う)基金

〈C〉《話》《おもに英》お偉方,大物

〈U〉《属》マリファナ(marijuana)

=potbelly

〈植物〉‘を'鉢植えにする

〈食物〉‘を'容器に入れて保存する

(食用・スポーツとして)〈獲物〉‘を'撃ち殺す

《話》〈子供〉‘を'室内便器に坐らせる

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

inequity

公平(公正)でないこと;〈C〉公平(公正)でない行為

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

phenomenal

自然現象の(に関する)

並みはずれた,驚異的な

知覚できる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

picked

精選された

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

Bangladesh

バングラデシュ人民共和国(インド半島東部の国;首都Dacca)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

khaki

カーキ色の

〈U〉カーキ色

〈U〉カーキ色の服地;《複数扱い》カーキ色の軍服

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

shot

shootの過去・過去分詞

childhood

『幼時』,子供時代

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

injection

〈U〉〈C〉注射,注入

〈C〉注射液

contraceptive

避妊薬;避妊用具

避妊[用]の

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

stock

〈C〉〈U〉(…の)『在庫品』,仕入れ品,ストック《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)貯蔵,蓄え《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『家畜』

〈U〉血統,家系,家柄

〈U〉〈C〉(動植物の)種属

〈U〉(スープ種・ソース種などに用いる)煮出し汁

〈U〉〈C〉《おもに米》(株式会社の)株,株式;〈C〉株券,《英》国債,地方債

〈U〉原料

〈C〉《複数形で》(刑罰用の昔の)さらし台

〈C〉(銃の)台じり

〈C〉(接ぎ木の)台木

〈C〉(接ぎ穂をとる)親株

〈C〉(植物の)幹,茎

〈C〉(錨(いかり)のリングの下の)横棒

〈C〉(劇場の)専属劇団[のレパートリー]

〈C〉アラセイトウ(春,赤紫色の花を開く)

(商品を)〈店など〉‘に'『仕入れる』,蓄える《+『名』〈店〉+『with』+『名』〈商品〉》

…‘を'『仕入れている』,貯蔵している

(家畜などを)〈農場など〉‘に'入れる,(…を)〈川・草地など〉‘に'放つ《+『名』〈農場など〉+『with』+『名』》

(…を)仕入れる,蓄える《+『up with』+『名』》

常に仕入れてある,常置の;標準の

ありふれた,陳腐な

在庫品を扱う

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

condom

コンドーム(ゴム製の避妊具・性病予防具)

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

negotiate

(人と)〈物事〉‘を'『取り決める』,『協定する』《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

〈小切手・手形・証券など〉‘を'売却する,換金する

《話》〈障害・因難〉‘を'うまく乗り越える,切り抜ける

(人と物事について)取り決める,協定する《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

Roman Catholic

ローマカトリック教会の

ローマカトリック教徒

embroil

(口論などに)〈人〉‘を'巻き込む《+『名』+『in』+『名』》

…‘を'混乱させる

controversy

(通例紙上での)『論争』;議論,口論

abortion

〈U〉〈C〉流産;妊娠中絶

〈U〉(計画などの)失敗;〈C〉(実現しなかった)案,計画

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

Catholic

[『ローマ』]『カトリック教会の』,旧教の

(東西教会分裂以前の)全キリスト教会の

《c-》《文》全般的な,普遍的な;(趣味・関心などが)片寄っていない

『旧教徒』,)特に)[ローマ]カトリック教徒

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

consensus

(多人数の意見などの)一致,調和《+『of』+『名』》;一致した意見,総意

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

women

woman の複数形

applause

『拍手かっさい』;称賛

graph

グラフ,図表

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

smallpox

天然痘(とう),ほうそう

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

eradicate

…を根絶する,完全に取り除く

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

measles

はしか,麻疹(しん)

風疹(German measlesなど,はしかに似ているが軽症)

anyway

=anyhow

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

decade

『10年間』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

okay

=OK,O.K.

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

prior

(時間・順序が)『前の』先の;(重要さが)優先する

airliner

(大型の)定期旅客機

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

silent

『音がしない』,静かな

『沈黙の』,口に出さない;音をたてない・無口の・《補語にのみ用いて》(…について)意見を述べていない,触れていない《+『about』(『on』)+『名』》

活動していない・(映画が)無声の・(文字が)発音されない・無声映画

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

charity

〈U〉『博愛』,慈愛,思いやり;(キリスト教の)愛

〈U〉『慈善』,施し;〈C〉施し物,寄付

〈C〉《通例複数形で》慈善事業,慈善施設

〈U〉(他人の言動に対する)寛容

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

millennium

〈C〉1000年間

《the ~》至福千年(キリストが再臨してこの世を治めるという神聖な1000年間;新約聖書「ヨハネの黙示録」)

《the ~》(待ち望まれる幸福と平和と繁栄の)黄金時代,理想的な時代

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

generosity

〈U〉『寛大さ』,心の広さ;気前のよさ

〈C〉《複数形で》『寛大な』(『気前のよい』)『行為』

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

engaged

《補語にのみ用いて》(…に)忙しい《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《英》(電話などが)話し中の,ふさがっている(《米》busy)

《補語にのみ用いて》約束済みの

婚約中の

交戦中の

(歯車が)かみ合った

basically

基本的に,根本的に;元来は

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

worthless

『価値のない』,つまらない;役に立たない

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

well-meaning

(人が)善意の,善意をもつ

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

uplift

…‘を'あげる,持ち上げる

〈精神〉‘を'高揚する,〈意気〉‘を'盛んにする

(社会的・道徳的・知的に)…‘を'向上させる

持ち上げること;(道徳的・社会的・知的)向上;精神的高揚

(土地の)隆起

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

literacy

読み書きする能力

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

panacea

万能薬

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

continuous

(時間的・空間的に)『切り目なく続く』;続けざまの,途切れない

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

separately

分かれて;別々に,単独で

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

datum

dataの単数形

既知の事実

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

angst

(ばく然とした)不安

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

excited

興奮した

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

obviously

明らかに,明白に

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

exciting

(物事が)『興奮させる』

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

o'clock

《時間を表す数と共に》…『時』(じ)

(自分の位置を時計の文字盤の中央に置いて)…時の位置(方角)に

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

partnership

〈U〉提携,協力

〈U〉組合契約;〈C〉合名会社

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

statistics

《複数扱》『統計』,統計資料,統計表

《単数扱い》『統計学』

intuition

〈U〉直観[力],直覚[力]

〈C〉直観的洞察(知識)

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

polio

小児麻痺(まひ),ポリオ[poliomyelitisの短縮形]

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

towards

toward

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

fortunately

『運よく』,幸いにも

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

publicity

『広く知られていること』,周知;評判

(…についての)宣伝,広報《+『about』+『名』》;(…の)広報《+『for』+『名』》

naive

(若き・経験不足から)〈人・言葉などが〉無邪気な,天真らんまんな,世間知らずな

人を信じやすい,だまされやすい 日本語で「繊細な」という意味で「ナイーブ」使われることがありますが、英語では「ナイーブ」にそのようなニュアンスは含まれません。

visceral

内臓の,腸の

《米》本能的な,感情的な

wipe

〈物など〉‘を'『ふく』,ふぐう

〈よごれなど〉‘を'『ふき取る』,ぬぐい去る《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ふき取る《+『名』+『off』(『from, out of』)+『名』》

(…に)〈布など〉‘を'こすりつけてふく(ぬぐう)《+名+over(across)+鳴》

ふくこと,ぬぐうこと

days

たいてい昼間は

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

sand fly

スナバエ(海岸にいる蚊に似たハエ)

probably

『たぶん』,『おそらく』

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

modest

『謙そんした』,謙虚な;控え目な

(特に女性について)品のいい,しとやかな

じみな,質素な(simple)

(量・規模・程度が)中ぐらいの,並の(moderate)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

dropout

(世間一般とは別の生き方を求める)脱落者

中途退学者

(ラグビーで)ドロップアウト

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

classroom

『クラスルーム』,教室

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

Tanzania

タンザニア(アフリカ東部の共和国;首都 Dares Salaam)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

hut

(丸太などで造った)『小屋』,仮小屋,ヒュッテ

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

kitchen

『台所』,調理場

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

cooking

料理;料理法

料理用の

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

loving

(人を)『愛する』,愛情深い

warrior

戦士,武人(soldier)

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

twin

『双生児の一人』;《複数形で》双生児,ふたご

よく似た人(物)の片方;《複数形で》対

ふたごの;対の

〈ある都市〉‘を'(…と)姉妹関係にする《+名+with+名》

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

chop

(なた・おのなどで)…'を'『たたき切る』,ぶった切る

…'を'たたき切って(切り開いて)作る

…'を'切り刻む《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'切って短くする

(テニス・クリケットで)〈ボール〉'を'切る

(…を)たたき切る,(…に)打ってかかる《+『at』+『名』》

(テニス・クリケットで)ボールを切る

『たたき切ること』,ぶった切り

切り取った物;(骨つきの)厚切りの肉

小さく立ち騒ぐ波,逆波

チョップ(テニス・クリケットで切りつけるように打つこと)

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

adolescent

青春期の,青年らしい

青春期の人,若者

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

shy

(人が)『恥ずかしがり屋の』,内気な;(態度などが)恥ずかしそうな,引っ込み思案の・(動物が)『おく病な』,びくびくする・《補語にのみ用いて》(…を)用心する,警戒する,ためらう,いやがる《+『of』+『名』(do『ing』)》・《補語にのみ用いて》《米語》(…が)足りない,欠けている(short)《+『of』+『名』》・(…に)〈馬が〉驚いて(おびえて)後ずさりする《+『at』+『名』》;(…から)しりごみする(…に)おじける《《+『away』『from』+『名』(do『ing』)》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

first night

(演劇の)初日

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

headlamp

=headlight

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

translator

(特に専門の)翻訳者,翻訳家

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

dad

『おとうちゃん』

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

secondary

『第2の』,2番目の;(…の)次の《+『to』+『名』》

派生的な,二次的な,あまり重要でない

中等学校[教育]の

二次電流の

exam

試験

chore

(家庭や農場の)雑用,毎日のきまりきった仕事

(きまりきっていて)つまらない仕事

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

private school

私立学校

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

pic

映画

写真[pictureの短縮形]

phoebe

フェーベ(ヒタキ類の北米産の小鳥;その名は鳴き声に由来する)

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

philosophy

〈U〉『哲学』

〈C〉哲学体系

〈U〉(学問・知識などの)原理,理論《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉人生哲学,人生観;信条

〈U〉冷静,沈着;悟り,達観

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

shower

《しばしば複数形で》『にわか雨』,にわか雪(あられ) ・(涙・弾丸・祝福・批判などの)『雨』,(…の)洪水《+『of』+『名』》・《米》共同して金を集めてお祝いのプレゼントを贈ること,祝い品贈呈会(特に結婚や出産を控えた婦人を祝って贈物をするパーティー) ・(また『shower bath』) ・『シャワー』・…に『水を注ぐ』・…を『降り注ぐ』・《itを主語にして》にわか雨が降る・(…に)降り注ぐ《+『on』(『upon』)+『名』》

シャワーを浴びる

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

diligent

『勤勉な』

念入りの,苦心した

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

guard

〈C〉『見張り』,番人;歩哨(ほしょう),番兵;護衛兵

〈U〉(…を)見張ること,監視すること《+『over』+『名』》;(…を)警戒(用心)すること《+『against』+『名』》

〈C〉《英》(列車・電車の)『車掌』(《米》conductor)

《the Guards》《英》近衛(このえ)連隊

〈U〉〈C〉(ボクシング・フェンシングなどで,相手の攻撃に対する)ガード,防御

〈C〉(米式フットボール・バスケットボールの)ガード

〈C〉《しばしば複合語を作って》「(危険などを)防止する物,保護物」の輔を表す

…‘を'『見張る』,環視する

(…から)…‘を'『警戒する』,守る《+『against』(『from』)+『名』》

(…に備えて)『警戒する』,用心する《+『against』+『名』(do『ing』)》

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

carefully

『注意深く』,気をつけて

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

permission

『許可』,承諾

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

unbelievable

信どられない

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

mom

=mother

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

despite

…『にもかかわらず』

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

contribution

〈U〉(…を…に)『寄付』(『寄与』)『すること』《+『to』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉(…に)寄付した物;寄与(貢献)したこと;(…への)寄稿記事《+『to』+『名』》

billionaire

億万長者

nope

いいや,いえ(no)

meaningful

有意義な,意義のある

warren

(ウサギなどの)飼育場

ごみごみした地区(建物)

convinced

確信(納得)している

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

rival

(…の)『競争相手』,『ライバル』,好敵手,匹敵する人(物)《+『for』+『名』》,(…における)競争相手《+『in』+『名』》

競争する,対坑する

(…において)…‘と'『競争する』《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《おもに米》(…において)…‘に'『匹敵する』,‘と'肩を並べる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

suddenly

『突然に』,だしぬけに

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

tragically

悲劇的に,悲惨にも

delegation

〈U〉『代表派遣』,代表任命

〈C〉《集合的に》『代表団』,派遣団

tweet

(小鳥の)さえずり,チュッヂュッ

さえずる,チュッチュッと名く(chirp)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

totally

全く,完全に

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

ambition

『大望』,野心,野望

〈C〉大望(野心)の対象(目的)

dramatically

劇的に,非常に効果的に

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

mind-blowing

気持ちが吹っ飛んでいくような

(麻薬などが)幻覚症状を起こす

pledge

〈C〉〈U〉『誓約』,固い約束

〈C〉(…の)担保,抵当品《+『of』(『for』)+『名』》

〈U〉『担保』,『抵当』,質入れ

〈C〉(友情・忠誠などの)印,あかし《+『of』+『名』》

〈C〉《文》乾杯(toast)

…‘を'『誓約する』,堅く約束する

〈人・自分〉‘に'誓約させる

…‘を'担保(抵当)に入れる

《文》…‘の'ために乾杯する

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

yearly

『年1回の』;毎年の

1年間の,年間の

年1回,毎年

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

experimentation

実験,実験演習

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

ingenuity

発明(くふう)の才能,創意くふう力

巧妙さ,精巧さ

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

brainstorm

(突然の一時的な)精神錯乱

《米話》ひらめき,突然浮かんだ名案

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

philanthropist

慈善家

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

envy

〈U〉(…に対する)『ねたみ』,羨望(せんぼう)《+『of』(『at』)+『名』》

〈C〉(…の)『羨望の的』,うらやましい物(人,事)《+『of』+『名』》

…‘を'『うらやむ』,ねたむ

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

optimistic

楽天主義の;楽観的な,のんきな

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

structural

構造[上]の,構成[上]の,組織[上]の

建築[用]の

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

dent

くぼみ,へこみ

…‘を'くぼませる,へこませる

へこむ,くぼむ

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

awe

『畏敬』(いけい),畏怖

…‘に'畏敬の念を起こさせる

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

関連動画