TED日本語 - キャサリン・ブレイシー: なぜ優れたハッカーは良い市民となるのか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

いたずらをすることや政治的な転覆を図ることのみがハッキングではありません。キャサリン・ブレイシーが、この活発なトークで説明しているように、ハッキングは善と悪どちらにも全く同様に力を持ちます。彼女は、ホノルル、オークランド、メキシコシティでの刺激的な市民志向のプロジェクトに関する話を通じて、誰もが参加に必要な何かを持っていると強く訴えます。

Script

ハッカーについて話そうと思います ハッカーと聞いた時 皆さんはおそらく ベンジャミン・フランクリンは連想しないと思いますが 実は彼がハッカーと関係している理由を これから説明していきます

皆さんの頭に浮かぶのはむしろ 地下室で何かいたずらをする 青白い顔の子どもか 個人情報を盗もうとする怪しげな犯罪者 ― もしくは 政治的目標を掲げる 国際的ハッカー集団ではないでしょうか ハッカーは恐るべき存在であるという考えは ほとんどの人が持っているようです

しかし ほとんどの技術や 技術の世界そのものと同じく ハッキングの力は 良い方にも悪い方にも働きます 個人情報を盗もうとするハッカーに対して 災害後に大切な人を見つけるのに役立つ技術や 石油が流出した後に 環境状態を監視するのに 役立つ技術をつくる者もいます ハッキングは既存システムへの アマチュアによる革新にすぎず 極めて民主的な行為です それは批判的思考であり 既存のやり方に疑問を持つことです ある問題にただ不満を言うのではなく 解決に努めるという考えです 色々な意味でハッキングは アメリカを築きました ベッツィー・ロスはハッカーでした 「地下鉄道」は素晴らしいハッカー組織でした ライト兄弟からスティーブ・ジョブズまで ハッキングは常に 米国民主主義の基盤でした

今日ここで皆さんにお伝えしたいことは 今後ハッカーについて考えるときは このジュリアン・アサンジではなく 史上最も偉大なハッカーの1人 ― ベンジャミン・フランクリンを思い浮かべて もらいたいのです 彼はきわめて多数の発明をしていますが 周知の通り 特許申請をしませんでした すべての人間の知識は 自由に利用できるべきだと考えたからです 彼は遠近両用眼鏡や避雷針 ― もちろん 米国民主主義の革新の 一助となりました

そしてコード・フォー・アメリカでは 彼の精神を体現しようとしています アマチュア発明家で政治家でもあった 彼が抱く市民権の概念は 常に行動に基づくものでした 彼は市民が政府をつくると信じました 我々はそうした人々を 市民ハッカーと呼びます

健全な民主主義の根底にある 協調や権限付与 ― 参加や企業家精神といった価値観が インターネットの基礎をなすのも 不思議ではありません 多くのハッカーが政府の問題に 注意を向けることも当然です

市民のハッキングの例を挙げる前に はっきりお伝えしたいのは プログラマーにならずとも 市民ハッカーになれるということです 皆さんは21世紀のツールを用いて 政府が直面する問題に影響を 与えられると信じるだけでよいのです コード・フォー・アメリカの 市民ハッカーの会では プロジェクトにこれほど テクニカルではない作業が あるとは思わなかったと聞きます 覚えておいてください 皆さん誰もが市民ハッカーになりうるのです

では市民のハッキングとはどんなものでしょうか? 昨年ホノルルに派遣したチームでは 3人がフルタイムで1年間 行政サービスを支援し ウェブサイトの再構築に取り組みました それは何万ページにも及ぶ大規模なもので 与えられた数ヶ月では不可能だったでしょう そこで代わりに 彼らは市のウェブサイトで 市民がどのように情報交換をしたいかという希望に基づいた パラレルサイトを構築することにしたのです 市民は質問への解答を求めていて 得られ次第 行動を起こしたいのですが このようなサイトからではすごく大変です そこで我々のチームは ホノルル・アンサーズを立ち上げました 入力された検索語や質問に対して 利用者がどうしたらいいかを簡単な言葉で答えてくれる 非常にシンプルな検索インタフェースです サイト自体の構築は簡単でしたが すべての内容をどう追加するかという 困難に直面しました 3人だけでやっていたら かなりの時間がかかっていたでしょう 誰もホノルル出身ではありませんでしたから そこで彼らは 行政のそれまでの慣例から見れば 非常に急進的なことをしました 彼らは市民に内容を書くよう求めたのです ハッカソン(ハック マラソン)のように 土曜の午後に ライタソン(書くマラソン)を開催しました (「迷惑な野生のブタをどうしよう」) (笑) 野生のブタはホノルルで大きな問題となっているようですね たった半日のうちに 「よくある質問」の内容を 載せ替えられました しかし それより重要なのは 彼らが 行政への参加の新しい方法を 市民に提供したということです

これ自体本当に画期的な話ですが 話はこれで終わりではありません 去年の6月の市民ハッキングの日に 私の住むオークランドで コード・フォー・アメリカのチームは ホノルル・アンサーズのオープンソースをもとに オークランド・アンサーズを構築しました そしてライタソンを開催し ここでも「よくある質問」を取り上げ 市民の皆さんに 回答を書いてもらいました 私もその活動に加わりました これを含めたいくつかの質問に答えを書きました 今日に至るまで私は 自分の住む場所で感じた権限や責任を こうした小さな行動で 発信しています 市民のハッキングだからこそ可能な 私の小さな参加の行動と 何千人もの行動を合わせると 市民権に再び活力を与え 行政への信頼を回復できると考えています

これについて皆さんはきっと 市の職員の考えが気になるでしょうが 意外にも好感触のようです ご存知のように 市は毎日 少ない労力で多くの仕事をこなさねばならず 固定化した問題への革新的な解決策を 常に模索しています 役所の公聴会に出席する以外の 参加の方法を市民に与えることで 市は 地域社会の持つ 行政の仕事に必要な力を 得ることができます

市民のハッキングが アメリカでだけ 行われているとは 考えてほしくありません 実際 世界中で起きていて 私が例にあげるのが好きなのは メキシコシティです 今年の初め メキシコ下院は ソフトウェア開発会社と契約を結び 内容は 議員が法案を追跡する際に使用する アプリケーションを作成しました つまりこれは 少数の議会議員のためだけの ものだったのです 契約は2年契約で 930万ドルでした こんなに簡単なアプリに対して 930万ドルは法外な値段だと 分かる専門家はもちろん たくさんの人が激怒しました しかし 街頭で抗議する代わりに 彼らは他の方法で挑戦しました メキシコのプログラマーに より優れた安価なアプリの作成を依頼し 9300ドルの報酬を提示しました すなわち 政府の契約の 1万分の1もの安さです 参加者に与えられたのは10日間でした そしてその期間に 173のアプリが提出され うち5つが議会に出され 今もアップストアにあります その行動によって 政府の契約は無効になり メキシコシティでの運動に火をつけました そこには我々のパートナーである コード・フォー・メキシコシティがあります

ホノルル オークランド メキシコシティ この3つの市で共通しているのは 市民のハッキングの核となる要素です 市民が改善できそうな問題に目をつけ 解決しようと決めたのです そして それを通じて 21世紀型の参加体系を創り出しています 彼らは 投票や嘆願書の署名 ― 抗議に加え 全く新しい 市民が関与する方法を生み出し 実際の行政を作っているのです

では ベンジャミン・フランクリンの話に戻ります この功績はあまり知られてはいませんが 彼は1736年にフィラデルフィアでブリゲートという 初となるボランティアの消防隊を結成しました 彼と友人は 市の管轄内で起こる火災の すべてに対応するのは難しいと 気づいていたのです そこで まさに市民ハッカーらしい やり方で 解決策を生み出しました

そして コード・フォー・アメリカには これらのプロジェクトに取り組む 独自の支部が存在します 皆さんにお願いしたいのは ベンジャミン・フランクリンの後に続き 一緒に活動に参加していただくことです 米国には31の支部がありますが ポーランド 日本 アイルランド共和国を皮切りに 初めて海外に 支部を設立することになったことを 喜んでお知らせいたします お住まいの地域に支部があるかどうかは brigade.codeforamerica.orgでご確認できます なければ 設立をお手伝いします brigade.codeforamerica.orgには 設立のお手伝いをするため作成したツールキットがあり 我々が設立をお手伝いします 我々の目標は 既存システムを革新する シビック・ハッカーの 世界的なネットワークを築くことです 固定化した問題を解決し 地方自治体を支え 市民に力を与える ツールを作るのです

一緒にハッキングしに来てください

ありがとうございました

(拍手)

I'm going to talk about hackers. And the image that comes to your mind when I say that word is probably not of Benjamin Franklin, but I'm going to explain to you why it should be.

The image that comes to your mind is probably more likely of a pasty kid sitting in a basement doing something mischievous, or of a shady criminal who is trying to steal your identity, or of an international rogue with a political agenda. And mainstream culture has kind of fed this idea that hackers are people that we should be afraid of.

But like most things in technology and the technology world, hacking has equal power for good as it has for evil. For every hacker that's trying to steal your identity there's one that's building a tool that will help you find your loved ones after a disaster or to monitor environmental quality after an oil spill. Hacking is really just any amateur innovation on an existing system, and it is a deeply democratic activity. It's about critical thinking. It's about questioning existing ways of doing things. It's the idea that if you see a problem, you work to fix it, and not just complain about it. And in many ways, hacking is what built America. Betsy Ross was a hacker. The Underground Railroad was a brilliant hack. And from the Wright brothers to Steve Jobs, hacking has always been at the foundation of American democracy.

So if there's one thing I want to leave you here with today, it's that the next time you think about who a hacker is, you think not of this guy but of this guy, Benjamin Franklin, who was one of the greatest hackers of all time. He was one of America's most prolific inventors, though he famously never filed a patent, because he thought that all human knowledge should be freely available. He brought us bifocals and the lightning rod, and of course there was his collaboration on the invention of American democracy.

And in Code For America, we really try to embody the spirit of Ben Franklin. He was a tinkerer and a statesman whose conception of citizenship was always predicated on action. He believed that government could be built by the people, and we call those people civic hackers.

So it's no wonder that the values that underly a healthy democracy, like collaboration and empowerment and participation and enterprise, are the same values that underly the Internet. And so it's no surprise that many hackers are turning their attention to the problem of government.

But before I give you a few examples of what civic hacking looks like, I want to make clear that you don't have to be a programmer to be a civic hacker. You just have to believe that you can bring a 21st-century tool set to bear on the problems that government faces. And we hear all the time from our community of civic hackers at Code for America that they didn't understand how much nontechnical work actually went into civic hacking projects. So keep that in mind. All of you are potential civic hackers.

So what does civic hacking look like? Our team last year in Honolulu, which in this case was three full-time fellows who were doing a year of public service, were asked by the city to rebuild the website. And it's a massive thing of tens of thousands of pages which just wasn't going to be possible in the few months that they had. So instead, they decided to build a parallel site that better conformed to how citizens actually want to interact with information on a city website. They're looking for answers to questions, and they want to take action when they're done, which is really hard to do from a site that looks like this. So our team built Honolulu Answers, which is a super-simple search interface where you enter a search term or a question and get back plain language answers that drive a user towards action. Now the site itself was easy enough to build, but the team was faced with the challenge of how they populate all of the content. It would have taken the three of them a very long time, especially given that none of them are actually from Honolulu. And so they did something that's really radical, when you think about how government is used to working. They asked citizens to write the content. So you've heard of a hack-a-thon. They held a write-a-thon, where on one Saturday afternoon -- ("What do I do about wild pigs being a nuisance?") (Laughter) -- Wild pigs are a huge problem in Honolulu, apparently. In one Saturday afternoon, they were able to populate most of the content for most of the frequently asked questions, but more importantly than that, they created a new way for citizens to participate in their government.

Now, I think this is a really cool story in and of itself, but it gets more awesome. On the National Day of Civic Hacking this past June in Oakland, where I live, the Code For America team in Oakland took the open source code base of Honolulu Answers and turned it into Oakland Answers, and again we held a write-a-thon where we took the most frequently asked questions and had citizens write the answers to them, and I got into the act. I authored this answer, and a few others. And I'm trying to this day to articulate the sense of empowerment and responsibility that I feel for the place that I live based simply on this small act of participation. And by stitching together my small act with the thousands of other small acts of participation that we're enabling through civic hacking, we think we can reenergize citizenship and restore trust in government.

At this point, you may be wondering what city officials think of all this. They actually love it. As most of you guys know, cities are being asked every day to do more with less, and they're always looking for innovative solutions to entrenched problems. So when you give citizens a way to participate beyond attending a town hall meeting, cities can actually capture the capacity in their communities to do the business of government.

Now I don't want to leave the impression that civic hacking is just an American phenomenon. It's happening across the globe, and one of my favorite examples is from Mexico City, where earlier this year, the Mexico House of Representatives entered into a contract with a software development firm to build an app that legislators would use to track bills. So this was just for the handful of legislators in the House. And the contract was a two-year contract for 9.3 million dollars. Now a lot of people were really angry about this, especially geeks who knew that 9.3 million dollars was an absolutely outrageous amount of money for what was a very simple app. But instead of taking to the streets, they issued a challenge. They asked programmers in Mexico to build something better and cheaper, and they offered a prize of 9,300 dollars -- 10,000 times cheaper than the government contract, and they gave the entrants 10 days. And in those 10 days, they submitted 173 apps,five of which were presented to Congress and are still in the app store today. And because of this action, that contract was vacated, and now this has sparked a movement in Mexico City which is home to one of our partners, Code for Mexico City.

And so what you see in all three of these places, in Honolulu and in Oakland and in Mexico City, are the elements that are at the core of civic hacking. It's citizens who saw things that could be working better and they decided to fix them, and through that work, they're creating a 21st-century ecosystem of participation. They're creating a whole new set of ways for citizens to be involved, besides voting or signing a petition or protesting. They can actually build government.

So back to our friend Ben Franklin, who,one of his lesser-known accomplishments was that in 1736 he founded the first volunteer firefighting company in Philadelphia, called a brigade. And it's because he and his friends noticed that the city was having trouble keeping up with all the fires that were happening in the city, so in true civic hacker fashion, they built a solution.

And we have our own brigades at Code for America working on the projects that I've just described, and we want to ask you to follow in Ben Franklin's footsteps and come join us. We have 31 brigades in the U.S. We are pleased to announce today that we're opening up the brigade to international cities for the first time, starting with cities in Poland and Japan and Ireland. You can find out if there's a brigade where you live at brigade.codeforamerica.org, and if there's not a brigade where you live, we will help you. We've created a tool kit which also lives at brigade.codeforamerica.org, and we will support you along the way. Our goal is to create a global network of civic hackers who are innovating on the existing system in order to build tools that will solve entrenched problems, that will support local government, and that will empower citizens.

So please come hack with us.

Thank you.

(Applause)

I'm going to talk/ about hackers.//

ハッカーについて話そうと思います

And the image/ that comes to your mind/ when I say/ that word is probably not of Benjamin Franklin,/ but I'm going to explain/ to you/ why it should be.//

ハッカーと聞いた時 皆さんはおそらく ベンジャミン・フランクリンは連想しないと思いますが 実は彼がハッカーと関係している理由を これから説明していきます

The image/ that comes to your mind is probably more likely of a pasty kid/ sitting in a basement/ doing something mischievous,/ or of a shady criminal/ who is trying to steal/ your identity,/ or of an international rogue/ with a political agenda.//

皆さんの頭に浮かぶのはむしろ 地下室で何かいたずらをする 青白い顔の子どもか 個人情報を盗もうとする怪しげな犯罪者 ― もしくは 政治的目標を掲げる 国際的ハッカー集団ではないでしょうか

And mainstream culture has kind of fed this idea/ that hackers are people/ that we should be afraid of.//

ハッカーは恐るべき存在であるという考えは ほとんどの人が持っているようです

But like most things/ in technology and the technology world,/ hacking has equal power/ for good/ as it has for evil.//

しかし ほとんどの技術や 技術の世界そのものと同じく ハッキングの力は 良い方にも悪い方にも働きます

For every hacker/ that's trying to steal/ your identity/ there's one/ that's building a tool/ that will help you find your loved ones/ after a disaster/ or to monitor environmental quality/ after an oil spill.//

個人情報を盗もうとするハッカーに対して 災害後に大切な人を見つけるのに役立つ技術や 石油が流出した後に 環境状態を監視するのに 役立つ技術をつくる者もいます

Hacking is really just any amateur innovation/ on an existing system,/ and it is a deeply democratic activity.//

ハッキングは既存システムへの アマチュアによる革新にすぎず 極めて民主的な行為です

It's about critical/ thinking.//

それは批判的思考であり

It's about questioning existing ways of doing things.//

既存のやり方に疑問を持つことです

It's the idea/ that if you see a problem,/ you work to fix it,/ and not just complain about it.//

ある問題にただ不満を言うのではなく 解決に努めるという考えです

And/ in many ways,/ hacking is/ what built America.//

色々な意味でハッキングは アメリカを築きました

Betsy Ross was a hacker.//

ベッツィー・ロスはハッカーでした

「地下鉄道」は素晴らしいハッカー組織でした

And/ from the Wright brothers/ to Steve Jobs,/ hacking has always been at the foundation of American democracy.//

ライト兄弟からスティーブ・ジョブズまで ハッキングは常に 米国民主主義の基盤でした

So/ if there's one thing/ I want to leave/ you here/ with today,/ it's/ that the next time/ you think about who a hacker is,/ you think not of this guy/ but of this guy,/ Benjamin Franklin,/ who was one of the greatest hackers of all time.//

今日ここで皆さんにお伝えしたいことは 今後ハッカーについて考えるときは このジュリアン・アサンジではなく 史上最も偉大なハッカーの1人 ― ベンジャミン・フランクリンを思い浮かべて もらいたいのです

He was one of America's most prolific inventors,/ though he famously never filed a patent,/ because he thought/ that all human knowledge should be freely available.//

彼はきわめて多数の発明をしていますが 周知の通り 特許申請をしませんでした すべての人間の知識は 自由に利用できるべきだと考えたからです

He brought us/ bifocals and the lightning rod, and of course/ there was his collaboration/ on the invention of American democracy.//

彼は遠近両用眼鏡や避雷針 ― もちろん 米国民主主義の革新の 一助となりました

And/ in Code For America,/ we really try to embody/ the spirit of Ben Franklin.//

そしてコード・フォー・アメリカでは 彼の精神を体現しようとしています

He was a tinkerer/ and a statesman/ whose conception of citizenship was always predicated on action.//

アマチュア発明家で政治家でもあった 彼が抱く市民権の概念は 常に行動に基づくものでした

He believed/ that government could be built by the people,/ and we call those people/ civic hackers.//

彼は市民が政府をつくると信じました 我々はそうした人々を 市民ハッカーと呼びます

So it's no wonder/ that the values/ that underly a healthy democracy,/ like collaboration and empowerment and participation and enterprise,/ are the same values/ that underly the Internet.//

健全な民主主義の根底にある 協調や権限付与 ― 参加や企業家精神といった価値観が インターネットの基礎をなすのも 不思議ではありません

And/ so it's no surprise/ that many hackers are turning their attention/ to the problem of government.//

多くのハッカーが政府の問題に 注意を向けることも当然です

But/ before I give you/ a few examples of what civic hacking looks like,/ I want to make/ clear/ that you don't have to be a programmer/ to be a civic hacker.//

市民のハッキングの例を挙げる前に はっきりお伝えしたいのは プログラマーにならずとも 市民ハッカーになれるということです

You just have to believe/ that you can bring a 21st-century tool set to bear/ on the problems/ that government faces.//

皆さんは21世紀のツールを用いて 政府が直面する問題に影響を 与えられると信じるだけでよいのです

And we hear all the time/ from our community of civic hackers/ at Code/ for America/ that they didn't understand how much/ nontechnical work actually went into civic hacking projects.//

コード・フォー・アメリカの 市民ハッカーの会では プロジェクトにこれほど テクニカルではない作業が あるとは思わなかったと聞きます

So keep/ that in mind.//

覚えておいてください

All of you are potential civic hackers.//

皆さん誰もが市民ハッカーになりうるのです

So/ what does civic hacking look like?//

では市民のハッキングとはどんなものでしょうか?

Our team/ last year/ in Honolulu,/ which in this case was three full-time fellows/ who were doing a year of public service,/ were asked by the city/ to rebuild the website.//

昨年ホノルルに派遣したチームでは 3人がフルタイムで1年間 行政サービスを支援し ウェブサイトの再構築に取り組みました

And it's a massive thing of tens of thousands of pages/ which just wasn't going to be possible/ in the few months/ that they had.//

それは何万ページにも及ぶ大規模なもので 与えられた数ヶ月では不可能だったでしょう

So instead,/ they decided to build/ a parallel site/ that better conformed to/ how citizens actually want to interact/ with information/ on a city website.//

そこで代わりに 彼らは市のウェブサイトで 市民がどのように情報交換をしたいかという希望に基づいた パラレルサイトを構築することにしたのです

They're looking/ for answers/ to questions,/ and they want to take/ action/ when they're done,/ which is really hard/ to do from a site/ that looks like this.//

市民は質問への解答を求めていて 得られ次第 行動を起こしたいのですが このようなサイトからではすごく大変です

So/ our team built Honolulu Answers,/ which is a super-simple search interface/ where you enter a search term/ or a question/ and get back/ plain language answers/ that drive a user/ towards action.//

そこで我々のチームは ホノルル・アンサーズを立ち上げました 入力された検索語や質問に対して 利用者がどうしたらいいかを簡単な言葉で答えてくれる 非常にシンプルな検索インタフェースです

Now/ the site/ itself was easy enough/ to build,/ but the team was faced with the challenge of how they populate all of the content.//

サイト自体の構築は簡単でしたが すべての内容をどう追加するかという 困難に直面しました

It would have taken the three of them/ a very long time,/ especially given/ that none of them are actually from Honolulu.//

3人だけでやっていたら かなりの時間がかかっていたでしょう 誰もホノルル出身ではありませんでしたから

And so/ they did something/ that's really radical,/ when you think about how government is used to working.//

そこで彼らは 行政のそれまでの慣例から見れば 非常に急進的なことをしました

They asked citizens/ to write the content.//

彼らは市民に内容を書くよう求めたのです

So you've heard of a hack-a-thon.//

ハッカソン(ハック マラソン)のように

They held a write-a-thon,/ where on one Saturday afternoon --/ ("What do I do about wild pigs being a nuisance?"//) (Laughter) --/ Wild pigs are a huge problem/ in Honolulu,/ apparently.//

土曜の午後に ライタソン(書くマラソン)を開催しました (「迷惑な野生のブタをどうしよう」) (笑) 野生のブタはホノルルで大きな問題となっているようですね

In one Saturday afternoon,/ they were able to populate most of the content/ for most of the frequently asked questions,/ but more importantly/ than that,/ they created a new way/ for citizens/ to participate in their government.//

たった半日のうちに 「よくある質問」の内容を 載せ替えられました しかし それより重要なのは 彼らが 行政への参加の新しい方法を 市民に提供したということです

Now,/ I think/ this is a really cool story/ in and of itself,/ but it gets more awesome.//

これ自体本当に画期的な話ですが 話はこれで終わりではありません

On the National Day of Civic Hacking/ this past June/ in Oakland,/ where I live,/ the Code For America team/ in Oakland took the open source code base of Honolulu Answers/ and turned it/ into Oakland Answers,/ and again/ we held a write-a-thon/ where we took the most frequently asked questions/ and had citizens write the answers/ to them,/ and I got into the act.//

去年の6月の市民ハッキングの日に 私の住むオークランドで コード・フォー・アメリカのチームは ホノルル・アンサーズのオープンソースをもとに オークランド・アンサーズを構築しました そしてライタソンを開催し ここでも「よくある質問」を取り上げ 市民の皆さんに 回答を書いてもらいました 私もその活動に加わりました

I authored this answer,/ and a few others.//

これを含めたいくつかの質問に答えを書きました

And I'm trying/ to this day/ to articulate the sense of empowerment and responsibility/ that I feel for the place/ that I live based simply/ on this small act of participation.//

今日に至るまで私は 自分の住む場所で感じた権限や責任を こうした小さな行動で 発信しています

And by stitching together/ my small act/ with the thousands of other small acts of participation/ that we're enabling through civic hacking,/ we think/ we can reenergize citizenship/ and restore trust/ in government.//

市民のハッキングだからこそ可能な 私の小さな参加の行動と 何千人もの行動を合わせると 市民権に再び活力を与え 行政への信頼を回復できると考えています

At this point,/ you may be wondering/ what city officials think of all this.//

これについて皆さんはきっと 市の職員の考えが気になるでしょうが

They actually love it.//

意外にも好感触のようです

As most of you/ guys know,/ cities are being asked every day/ to do more/ with less,/ and they're always looking/ for innovative solutions/ to entrenched problems.//

ご存知のように 市は毎日 少ない労力で多くの仕事をこなさねばならず 固定化した問題への革新的な解決策を 常に模索しています

So/ when you give citizens/ a way/ to participate beyond attending a town hall meeting,/ cities can actually capture the capacity/ in their communities/ to do the business of government.//

役所の公聴会に出席する以外の 参加の方法を市民に与えることで 市は 地域社会の持つ 行政の仕事に必要な力を 得ることができます

Now/ I don't want to leave/ the impression/ that civic hacking is just an American phenomenon.//

市民のハッキングが アメリカでだけ 行われているとは 考えてほしくありません

It's happening across the globe,/ and one of my favorite examples is from Mexico City,/ where earlier this year,/ the Mexico House of Representatives entered into a contract/ with a software development firm/ to build an app/ that legislators would use to track bills.//

実際 世界中で起きていて 私が例にあげるのが好きなのは メキシコシティです 今年の初め メキシコ下院は ソフトウェア開発会社と契約を結び 内容は 議員が法案を追跡する際に使用する アプリケーションを作成しました

So this was just for the handful of legislators/ in the House.//

つまりこれは 少数の議会議員のためだけの ものだったのです

And the contract was a two-year contract/ for 9.3 million dollars.//

契約は2年契約で 930万ドルでした

Now/ a lot of people were really angry/ about this,/ especially geeks/ who knew/ that 9.3 million dollars was an absolutely outrageous amount of money/ for what was a very simple app.//

こんなに簡単なアプリに対して 930万ドルは法外な値段だと 分かる専門家はもちろん たくさんの人が激怒しました

But instead of taking to the streets,/ they issued a challenge.//

しかし 街頭で抗議する代わりに 彼らは他の方法で挑戦しました

They asked programmers/ in Mexico/ to build something/ better and cheaper,/ and they offered a prize of 9,300 dollars --/ 10,000 times cheaper/ than the government contract,/ and they gave the entrants/ 10 days.//

メキシコのプログラマーに より優れた安価なアプリの作成を依頼し 9300ドルの報酬を提示しました すなわち 政府の契約の 1万分の1もの安さです 参加者に与えられたのは10日間でした

And/ in those 10 days,/ they submitted 173 apps,/five of which were presented to Congress/ and are still in the app store today.//

そしてその期間に 173のアプリが提出され うち5つが議会に出され 今もアップストアにあります

And because of this action,/ that contract was vacated,/ and now/ this has sparked a movement/ in Mexico City/ which is home to one of our partners,/ Code/ for Mexico City.//

その行動によって 政府の契約は無効になり メキシコシティでの運動に火をつけました そこには我々のパートナーである コード・フォー・メキシコシティがあります

And so/ what you see in all three of these places,/ in Honolulu/ and/ in Oakland/ and/ in Mexico City,/ are the elements/ that are at the core of civic hacking.//

ホノルル オークランド メキシコシティ この3つの市で共通しているのは 市民のハッキングの核となる要素です

It's citizens/ who saw things/ that could be working better/ and they decided to fix/ them,/ and through that work,/ they're creating/ a 21st-century ecosystem of participation.//

市民が改善できそうな問題に目をつけ 解決しようと決めたのです そして それを通じて 21世紀型の参加体系を創り出しています

They're creating/ a whole new set of ways/ for citizens/ to be involved,/ besides voting or signing a petition or protesting.//

彼らは 投票や嘆願書の署名 ― 抗議に加え 全く新しい 市民が関与する方法を生み出し

実際の行政を作っているのです

So back/ to our friend Ben Franklin,/ who,/one of his lesser-known accomplishments was/ that in 1736/ he founded the first volunteer firefighting company/ in Philadelphia,/ called a brigade.//

では ベンジャミン・フランクリンの話に戻ります この功績はあまり知られてはいませんが 彼は1736年にフィラデルフィアでブリゲートという 初となるボランティアの消防隊を結成しました

And it's/ because he/ and his friends noticed/ that the city was having trouble/ keeping up/ with all the fires/ that were happening in the city,/ so/ in true civic hacker fashion,/ they built a solution.//

彼と友人は 市の管轄内で起こる火災の すべてに対応するのは難しいと 気づいていたのです そこで まさに市民ハッカーらしい やり方で 解決策を生み出しました

And we have our own brigades/ at Code/ for America/ working on the projects/ that I've just described,/ and we want to ask/ you/ to follow in Ben Franklin's footsteps/ and come join us.//

そして コード・フォー・アメリカには これらのプロジェクトに取り組む 独自の支部が存在します 皆さんにお願いしたいのは ベンジャミン・フランクリンの後に続き 一緒に活動に参加していただくことです

We have 31 brigades/ in the U.S.//

米国には31の支部がありますが

We are pleased to announce/ today/ that we're opening up/ the brigade/ to international cities/ for the first time,/ starting with cities/ in Poland and Japan and Ireland.//

ポーランド 日本 アイルランド共和国を皮切りに 初めて海外に 支部を設立することになったことを 喜んでお知らせいたします

You can find out/ if there's a brigade/ where you live at brigade.codeforamerica.org,/ and/ if there's not a brigade/ where you live,/ we will help you.//

お住まいの地域に支部があるかどうかは brigade.codeforamerica.orgでご確認できます なければ 設立をお手伝いします

We've created a tool kit/ which also lives at brigade.codeforamerica.org,/ and we will support you/ along the way.//

brigade.codeforamerica.orgには 設立のお手伝いをするため作成したツールキットがあり 我々が設立をお手伝いします

Our goal is to create a global network of civic hackers/ who are innovating on the existing system/ in order to build tools/ that will solve entrenched problems,/ that will support local government,/ and that will empower citizens.//

我々の目標は 既存システムを革新する シビック・ハッカーの 世界的なネットワークを築くことです 固定化した問題を解決し 地方自治体を支え 市民に力を与える ツールを作るのです

So please come hack/ with us.//

一緒にハッキングしに来てください

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

probably

『たぶん』,『おそらく』

Benjamin

ベニヤミン(旧約聖所でイスラエルの祖のJacobの末子)

Franklin

フランクリン(Benjamin Franklin;1706‐90; 米国の政治家・外交官・著述家・物理学者、避雷針の発明者)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

pasty

のりのような

(顔色などが)青白くて不健康な(pale)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

basement

地階,地下室

mischievous

(子供などが)いたずら好きの,わんぱくな

(目付きなどが)いたずらっぽい,茶目っ気のある

(道徳的に)害をなす,人を傷つける

shady

『陰になっている』,陰の多い

陰を生ずる

《話》うさん臭いところがある,うしろ暗い

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

rogue

『悪党』(vagrant),いんちき野郎(scoundrel)

いたずらなひょうきん者,(特に)いたずらっ子

群れを離れた危険な野生動物(特に象)

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

environmental

環境の;自然環境の

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

spill

(特に,うっかりして)〈液体・粉など〉‘を'『こぼす』

《しばしば受動態で》《おもに文》(人を傷つけて)〈血〉‘を'流す

〈馬・車などか〉〈人など〉‘を'ほうり出す,振り落す

《話》〈秘密など〉‘を'もらす;(…に)…‘を'もらす《+『名』+『to』+『名』》

〈液体・粉などが〉『こぼれる』,流れ出る

こぼれること,こぼすこと

こぼれたもの

落ちること;落馬

amateur

(専門家に対して)アマチュア,しろうと

愛好者,ファン

未熟者,未経験者

アマチュアの,しろうとの

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

complain

(人に…について)『不平を言う』,泣きごとを言う,訴える

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

railroad

『鉄道』,鉄道線路

『鉄道会社』;鉄道施設

《米》…‘を'鉄道で輸送する

《話》〈法案など〉‘を'大急ぎで(…を)通す《+『名』+『through』+『名』》

《米俗》〈人〉‘を'でっち上げの証拠で牢に送りこむ

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

prolific

(動植物が)多産の;(…を)たくさん生む《+『of』(『in』)+『名』》

(作家が)多作の

inventor

(…の)『発明者』,考案者《+『of』+『名』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

famously

すばらしく,すてきに,たいへんうまく

file

やすり

…‘に'やすりをかける;…‘を'やすりで切る(削り取る)

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

freely

『自由に』;かってに

『惜しげなく』,十分に

率直に;無遠虜に

自分から進んで

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

bifocal

焦点が2つある;(遠視・近視の)2焦点のある

(遠視,近視の)2焦点レンズ;《複数形で)(遠視,近視両用の》2焦点めがね

lightning rod

避雷針

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

embody

〈思相・感情など〉‘を'『具体化する』

(ある形態の中に)…‘を'まとめる,包含する

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

statesman

(特に有能で公正な)『政治家』

conception

〈U〉『概念』,観念,考え(idea)

〈C〉着想,思いつき,案

〈U〉妊娠,受胎

citizenship

市民権,公民権

predicate

(文法で)述部,述語

述部の,述語の

(しばしば受動態で》(…に)〈行動・主張〉‘の'根拠を置く《+『名』+『on』+『名』》

《文》…‘を'断言する

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

civic

市民の,市民としての

都市の,市の

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

Honolulu

『ホノルル』(米国Hawaii州の州都)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

instead

『その代りとして』,それよりも

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

conform

(慣例・規範などに)『従って行動する』(『考える』)《+『to』(『with』)+『名』》・〈物事が〉(…と)一鋳する,符合する《+『to』+『名』》・(…に)…'を'一致させる,適応させる《+『名』+『to』+『名』》

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

plain

『はっきり見える』(『聞こえる』)

『はっきり理解できる』,明白な

全くの(sheer)

混ぜ物のない,生(き)のままの;飾りのない;無地の

ありのままの

『質素な』,飾り(模様)のない

(食べ物が)淡白な

平凡な,並みの,普通の;素朴な

『平原』,平野;《the Great Plains》(北米の)大平原地帯

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

towards

toward

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

populate

(植民のために)…‘に'人を移住させる,植民する

《しばしば受動態で》〈ある所〉‘に'住む

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

especially

『特に』,特別に;きわだって

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

nuisance

(…に)『迷惑をかける人』(『もの』,『行為』);〈U〉(…に対する)『迷惑』,不愉快《+『to』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

frequently

『しばしば』,たびたび

importantly

重要性をもって;もったいぶって

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

Oakland

オークランド(米国California州のサンフランシスコ湾に臨む港市)

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

articulate

(音節や単語が)はっきり話される,分節的な

(自分の考えなど)はっきりと表現できる;(人が)考えを口に出せる

(動物が)関節のある

〈語・音節〉'を'はっきり発音する

〈気持・考えなど〉'を'はっきり表現する

…'を'関節でつなぐ,接合する

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

stitch

〈C〉(縫い物・外科手術などの)『一針』,(編み物の)一編み

〈C〉針目,縫い目,編み目

〈C〉縫い方,編み方

〈U〉《しばしばa~》(わき腹・背などの)激痛,差し込み

〈C〉《話》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』》

…‘を'縫う,縫い付ける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

縫う

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

entrenched

(権利・信念などが)確固とした

ざんごうで防備された

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

attend

…‘に'『出席する』,参列する,〈学校など〉‘に'通う

〈人〉‘の'『世話をする』,看護をする,‘に'仕える,付き添う

《文》(結果として)〈物事が〉…‘に'伴う,付随する(accompany)

(…に)『注意する』,気をつける,(…を)傾聴する《+『to』+『名』》

(仕事に)励む,専心する《+『to』+『名』》

(…の)面倒をみる,世話をする《+『to』+『名』》

(…に)出席する,参列する《+『at』+『名』》

town hall

公会堂,町役場

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

Mexico City

メキシコシティ(メキシコ合衆国の首都)

Mexico

メキシコ合衆国

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

legislator

法律制定者,立法者

立法府(国会・州議会)議員

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

outrageous

法外な,とんでもない

乱暴な,残虐な;けしからぬ,ふらちな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

entrant

(競技などの)参加者《+『for』+『名』》

(…の)新会員,新入生,新入者,(新しい識務などに)つく人《+『to』(『into』)+『名』》

days

たいてい昼間は

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

vacate

〈席・家・場所など〉‘を'あける,立ちのく

〈地位・役職など〉‘を'退く,辞任する

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

ecosystem

生態系

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

petition

(正式の)『請願書』,陳情書

『請願』,陳情

…‘に'『請願する』,陳情する

(…を)『請願する』,陳情する《+『for』+『名』》

accomplishment

〈U〉完成,成就(じょうじゅ)

〈C〉業績

《複数形で》教養,たしなみ,才芸

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

Philadelphia

『フィラデルフィア』(米国Pennsylvania州の大都市;1776年7月4日,米国独立宣言の行われた所)

brigade

(陸軍の)旅団

(ある目的のために組織した)団体,隊,組

〈人〉‘を'旅団(隊,組)に編成する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

footstep

『足音』

『足跡』(footprint)

歩幅

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

Poland

ポーランド(ヨーロッパ中部の共和国;首都はWarsaw)

Ireland

『アイルランド』(首都はDublin;北東部は英本国の一部であるが,南部はthe Republic of Ireland(アイルランド共和国)という独立国)

kit

〈C〉(特定の目的のための)用具(器具など)一式

〈C〉一式の用具を入れる箱(袋など)

〈U〉《おもに英》(旅行者・水夫・兵士などの衣類など)身の回り品一式

〈C〉(全体を構成する)部品(材料)の一そろい

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画