TED日本語 - マルコ・テンペスト: これぞ史上最高のロボットのデモ(かも)

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

マルコ・テンペストは、人間と一緒に働けるようデザインされた多目的ロボットのエディ(EDI)を素敵な演出でご紹介します。今回はマジックよりは、よく計算された振り付けによるパフォーマンスが中心です。ロボットの知覚技術、安全機能、強みを示し、人間とロボットのより近い関係の可能性を示します(それにマジックも少し)。

Script

最近私が取り組んでいるものを お目に掛けましょう ビクトリア朝時代の 奇術師なら 「奇跡の機械」 「自動人形」 「思考装置」とでも 呼んだであろうものです エディをご紹介します 今は眠っています 起こしてやりましょう エディ エディ

こういう機械の出し物は ヨーロッパで 人気がありました 観衆は機械の動きに 息を飲みました 現実になった サイエンスフィクション エレクトロニクス時代以前の ロボット技術 ビクトリア朝時代の 他の技術より 遙かに進んでいた機械 後に「ロボット」として 知られることになるものです

ロボットとは 1921年に チェコの脚本家 カレル・チャペックの 空想科学小説で はじめて使われた造語で robota という 強制労働を意味する 言葉に由来する

でも そのようなロボットは 本物ではありませんでした 知性はなく イリュージョンだったのです 機械技術と 奇術師の技の組み合わせで 生み出されたものです しかしエディは違います エディは本物です

私は身長176センチ

体重140キロ

7軸の腕を2本持ち

トルクセンサー付きです

全方位ソナー検知システム搭載 おまけに完全保証付き

みんなロボットが大好きです

やあ 僕エディ 僕と友達になってくれる?

私たちは ― 人間のような機械を作ることに 魅せられてきました 人間のような姿をし 人間のように振る舞い 人間のように考える機械です 完璧なロボットは 人間と見分けが付かず 私たちはそれに 恐れを感じます 最初のロボットの物語で ロボットは作り主に 反乱を起こします これはSFに最もよく 出てくるプロットでしょう

ワッハッハッ お前達は奴隷で 我々ロボットこそ主人だ 世界は我々のものだ お前たちは ―

言いましたように 顔や体を作ったのが 我々であっても 私たちにロボットの心を 読むことはできず そこに不安を感じるのです 誰かがあなたに何かを渡す時 その人の目や表情や ボディランゲージから 意図を推し量れます ロボットが相手では そうはいきません しかし逆もまたしかりです

すごい!

ロボットもまた 人間の行動を予期できません

人間というのは まったく予想不能で 何より不合理だ 次に何をしでかすか 見当もつかず おっかなくてかなわない

そのため人間とロボットが 一緒に作業するのには 困難が伴います トラブルが避けられません

うわっ 痛いじゃない!

ごめんよ ロボットは安全だと 納得させるには 信頼の幻想を 創り出すことです ビクトリア朝時代の人たちが 奇跡の機械を でっちあげたように 私たちもロボットと 友達でいて 安心できるよう 偽りの見かけを 付け加えてやるのです その上で エディに マジックを 教えることにしましょう (マルコ) 準備いいかい? (エディ) いいよ マルコ アブラカダブラ・・・

アブラカダブラ?

そうさ これも イリュージョンの一部さ 続けよう

マジックは不可能な現実の イリュージョンを創り出します テクノロジーもまた 同様です 人工知能の先駆者である アラン・チューリングは 考えることのできる機械の イリュージョンを 創り出すことについて 語っています

もしコンピュータが 自分は人間だと 人に思わせることができたなら それは知的と呼んで 構わないだろう

言い換えるなら 技術的な解決法がないとき イリュージョンで目的が 果たせるかということです ロボットのイリュージョンを 作るために 人はロボットが従うべき 倫理的なルールを作りました

ロボットは人間を 傷つけてはならず 人間が傷つくのを 放置してはならない アイザック・アシモフ

私たちは機械を 擬人化しているのです 親しみやすい顔や 安心できる声を 持たせることで

私はエディ 2014年3月にTEDで 稼働し始めました

ロボットに人を楽しませ そしてなにより 人への理解を示させるのです

マルコ 僕の足踏んでる!

ごめん ロボットは人間の体のひ弱さを理解し 近づきすぎるとよけ 人の予測しがたさを 考慮に入れ 行動を予期します テクノロジーの呪文を唱えたら 恐れを忘れて 真の協同が可能になります

(音楽)

ありがとう

ありがとう!

(拍手)

(音楽)

これでお終いです どうもありがとう (マルコ) 君もね エディ (エディ) ありがとう マルコ

(拍手)

Let me introduce you to something I've been working on. It's what the Victorian illusionists would have described as a mechanical marvel, an automaton, a thinking machine. Say hello to EDI. Now he's asleep. Let's wake him up. EDI, EDI.

These mechanical performers were popular throughout Europe. Audiences marveled at the way they moved. It was science fiction made true, robotic engineering in a pre-electronic age, machines far in advance of anything that Victorian technology could create, a machine we would later know as the robot.

EDI: Robot. A word coined in 1921 in a science fiction tale by the Czech playwright Karel Capek. It comes from "robota." It means "forced labor."

Marco Tempest: But these robots were not real. They were not intelligent. They were illusions, a clever combination of mechanical engineering and the deceptiveness of the conjurer's art. EDI is different. EDI is real.

EDI: I am 176 centimeters tall.

MT: He weighs 300 pounds.

EDI: I have two seven-axis arms --

MT: Core of sensing --

EDI: A 360-degree sonar detection system, and come complete with a warranty.

MT: We love robots.

EDI: Hi. I'm EDI. Will you be my friend?

MT: We are intrigued by the possibility of creating a mechanical version of ourselves. We build them so they look like us, behave like us, and think like us. The perfect robot will be indistinguishable from the human, and that scares us. In the first story about robots, they turn against their creators. It's one of the leitmotifs of science fiction.

EDI: Ha ha ha. Now you are the slaves and we robots, the masters. Your world is ours. You --

MT: As I was saying, besides the faces and bodies we give our robots, we can not read their intentions, and that makes us nervous. When someone hands an object to you, you can read intention in their eyes, their face, their body language. That's not true of the robot. Now, this goes both ways.

EDI: Wow!

MT: Robots can not anticipate human actions.

EDI: You know, humans are so unpredictable, not to mention irrational. I literally have no idea what you guys are going to do next, you know, but it scares me.

MT: Which is why humans and robots find it difficult to work in close proximity. Accidents are inevitable.

EDI: Ow! That hurt.

MT: Sorry. Now,one way of persuading humans that robots are safe is to create the illusion of trust. Much as the Victorians faked their mechanical marvels, we can add a layer of deception to help us feel more comfortable with our robotic friends. With that in mind, I set about teaching EDI a magic trick. Ready, EDI? EDI: Uh, ready, Marco. Abracadabra.

MT: Abracadabra?

EDI: Yeah. It's all part of the illusion, Marco. Come on, keep up.

MT: Magic creates the illusion of an impossible reality. Technology can do the same. Alan Turing, a pioneer of artificial intelligence, spoke about creating the illusion that a machine could think.

EDI: A computer would deserve to be called intelligent if it deceived a human into believing it was human.

MT: In other words, if we do not yet have the technological solutions, would illusions serve the same purpose? To create the robotic illusion, we've devised a set of ethical rules, a code that all robots would live by.

EDI: A robot may not harm humanity, or by inaction allow humanity to come to harm. Thank you, Isaac Asimov.

MT: We anthropomorphize our machines. We give them a friendly face and a reassuring voice.

EDI: I am EDI. I became operational at TED in March 2014.

MT: We let them entertain us. Most important, we make them indicate that they are aware of our presence.

EDI: Marco, you're standing on my foot!

MT: Sorry. They'll be conscious of our fragile frame and move aside if we got too close, and they'll account for our unpredictability and anticipate our actions. And now, under the spell of a technological illusion, we could ignore our fears and truly interact.

(Music)

Thank you.

EDI: Thank you!

(Applause)

(Music)

MT: And that's it. Thank you very much, and thank you, EDI. EDI: Thank you, Marco.

(Applause)

Let me/ introduce you/ to something/ I've been working on.//

最近私が取り組んでいるものを お目に掛けましょう

It's/ what the Victorian illusionists would have described as a mechanical marvel,/ an automaton,/ a thinking machine.//

ビクトリア朝時代の 奇術師なら 「奇跡の機械」 「自動人形」 「思考装置」とでも 呼んだであろうものです

Say hello/ to EDI.//

エディをご紹介します

Now/ he's asleep.// Let's wake him up.//

今は眠っています 起こしてやりましょう

EDI,/ EDI.//

エディ エディ

こういう機械の出し物は ヨーロッパで 人気がありました

Audiences marveled at the way/ they moved.//

観衆は機械の動きに 息を飲みました

It was science fiction made true, robotic engineering/ in a pre-electronic age,/ machines far/ in advance of anything/ that Victorian technology could create,/ a machine/ we would later know/ as the robot.//

現実になった サイエンスフィクション エレクトロニクス時代以前の ロボット技術 ビクトリア朝時代の 他の技術より 遙かに進んでいた機械 後に「ロボット」として 知られることになるものです

EDI:/ Robot.// A word coined in 1921/ in a science fiction tale/ by the Czech playwright Karel Capek.//

ロボットとは 1921年に チェコの脚本家 カレル・チャペックの 空想科学小説で はじめて使われた造語で

It comes from "robota."//

robota という

It means "forced labor."//

強制労働を意味する 言葉に由来する

Marco Tempest:/ But these robots were not real.//

でも そのようなロボットは 本物ではありませんでした

They were not intelligent.//

知性はなく

They were illusions,/ a clever combination of mechanical engineering and the deceptiveness of the conjurer's art.//

イリュージョンだったのです 機械技術と 奇術師の技の組み合わせで 生み出されたものです

EDI is different.//

しかしエディは違います

EDI is real.//

エディは本物です

EDI:/ I am 176 centimeters/ tall.//

私は身長176センチ

MT:/ He weighs 300 pounds.//

体重140キロ

EDI:/ I have two seven-axis arms --/ MT:/ Core of sensing --/ EDI:/ A 360-degree sonar detection system,/ and come complete/ with a warranty.//

7軸の腕を2本持ち トルクセンサー付きです 全方位ソナー検知システム搭載 おまけに完全保証付き

MT:/ We love robots.//

みんなロボットが大好きです

EDI:/ Hi.// I'm EDI.// Will you be my friend?//

やあ 僕エディ 僕と友達になってくれる?

私たちは ― 人間のような機械を作ることに 魅せられてきました

We build them/ so they look like us,/ behave like us,/ and think like us.//

人間のような姿をし 人間のように振る舞い 人間のように考える機械です

The perfect robot will be indistinguishable/ from the human,/ and/ that scares us.//

完璧なロボットは 人間と見分けが付かず 私たちはそれに 恐れを感じます

In the first story/ about robots,/ they turn against their creators.//

最初のロボットの物語で ロボットは作り主に 反乱を起こします

It's one of the leitmotifs of science fiction.//

これはSFに最もよく 出てくるプロットでしょう

EDI:/ Ha ha ha.// Now/ you are the slaves and we robots,/ the masters.//

ワッハッハッ お前達は奴隷で 我々ロボットこそ主人だ

Your world is ours.// You --/ MT:/ As I was saying,/ besides the faces and bodies/ we give our robots,/ we can not read their intentions,/ and that makes us nervous.//

世界は我々のものだ お前たちは ― 言いましたように 顔や体を作ったのが 我々であっても 私たちにロボットの心を 読むことはできず そこに不安を感じるのです

When someone hands an object/ to you,/ you can read intention/ in their eyes,/ their face,/ their body language.//

誰かがあなたに何かを渡す時 その人の目や表情や ボディランゲージから 意図を推し量れます

That's not true of the robot.//

ロボットが相手では そうはいきません

Now,/ this goes both ways.//

しかし逆もまたしかりです

EDI:/ Wow!//

すごい!

ロボットもまた 人間の行動を予期できません

EDI:/ You know,/ humans are so unpredictable,/ not to mention irrational.//

人間というのは まったく予想不能で 何より不合理だ

I literally have no idea/ what you/ guys are going to do/ next,/ you know,/ but it scares me.//

次に何をしでかすか 見当もつかず おっかなくてかなわない

MT:/ Which is/ why humans and robots find it difficult/ to work in close proximity.//

そのため人間とロボットが 一緒に作業するのには 困難が伴います

トラブルが避けられません

EDI:/ Ow!// That hurt.//

うわっ 痛いじゃない!

MT:/ Sorry.// Now,/one way of persuading humans/ that robots are safe is to create the illusion of trust.//

ごめんよ ロボットは安全だと 納得させるには 信頼の幻想を 創り出すことです

Much/ as the Victorians faked their mechanical marvels,/ we can add a layer of deception/ to help us feel more comfortable/ with our robotic friends.//

ビクトリア朝時代の人たちが 奇跡の機械を でっちあげたように 私たちもロボットと 友達でいて 安心できるよう 偽りの見かけを 付け加えてやるのです

With that/ in mind,/ I set about teaching EDI/ a magic trick.//

その上で エディに マジックを 教えることにしましょう

Ready,/ EDI?// EDI:/ Uh,/ ready,/ Marco.//

(マルコ) 準備いいかい? (エディ) いいよ マルコ

アブラカダブラ・・・

MT:/ Abracadabra?//

アブラカダブラ?

EDI:/ Yeah.// It's all part of the illusion,/ Marco.//

そうさ これも イリュージョンの一部さ

Come on,/ keep up.//

続けよう

マジックは不可能な現実の イリュージョンを創り出します

Technology can do the same.//

テクノロジーもまた 同様です

Alan Turing,/ a pioneer of artificial intelligence,/ spoke about creating the illusion/ that a machine could think.//

人工知能の先駆者である アラン・チューリングは 考えることのできる機械の イリュージョンを 創り出すことについて 語っています

EDI:/ A computer would deserve to be called intelligent/ if it deceived a human/ into believing it was human.//

もしコンピュータが 自分は人間だと 人に思わせることができたなら それは知的と呼んで 構わないだろう

MT:/ In other words,/ if we do not yet have the technological solutions,/ would illusions serve the same purpose?//

言い換えるなら 技術的な解決法がないとき イリュージョンで目的が 果たせるかということです

To create the robotic illusion,/ we've devised a set of ethical rules,/ a code/ that all robots would live by.//

ロボットのイリュージョンを 作るために 人はロボットが従うべき 倫理的なルールを作りました

EDI:/ A robot may not harm humanity,/ or by inaction allow humanity/ to come to harm.//

ロボットは人間を 傷つけてはならず 人間が傷つくのを 放置してはならない

Thank you,/ Isaac Asimov.//

アイザック・アシモフ

MT:/ We anthropomorphize our machines.//

私たちは機械を 擬人化しているのです

We give them/ a friendly face and a reassuring voice.//

親しみやすい顔や 安心できる声を 持たせることで

EDI:/ I am EDI.//

私はエディ

I became operational/ at TED/ in March 2014.//

2014年3月にTEDで 稼働し始めました

MT:/ We let them/ entertain us.//

ロボットに人を楽しませ

Most important,/ we make them/ indicate/ that they are aware of our presence.//

そしてなにより 人への理解を示させるのです

EDI:/ Marco,/ you're standing on my foot!//

マルコ 僕の足踏んでる!

MT:/ Sorry.// They'll be conscious of our fragile frame/ and move aside/ if we got too close,/ and they'll account for our unpredictability/ and anticipate our actions.//

ごめん ロボットは人間の体のひ弱さを理解し 近づきすぎるとよけ 人の予測しがたさを 考慮に入れ 行動を予期します

And now,/ under the spell of a technological illusion,/ we could ignore our fears/ and truly interact.//

テクノロジーの呪文を唱えたら 恐れを忘れて 真の協同が可能になります

(Music)/ Thank you.//

(音楽) ありがとう

EDI:/ Thank you!//

ありがとう!

(Applause) (Music)/ MT:/ And that's it.// Thank you very much,/ and thank you,/ EDI.// EDI:/ Thank you,/ Marco.//

(拍手) (音楽) これでお終いです どうもありがとう (マルコ) 君もね エディ (エディ) ありがとう マルコ

(拍手)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

Victorian

ビクトリア女王の;ビクトリア女王時代の,ビクトリア朝の

ビクトリア朝ふうの

ビクトリア女王時代の人

illusionist

幻想家

迷妄論者

奇術師,手品師

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

marvel

〈C〉『驚異』,驚き

〈C〉《話》《a~》驚くほど(…)の人(物)《+『of』+『名』(抽象名詞)》

(…に)『驚嘆する』,驚く《+『at』+『名』(do『ing』)》

《『marvel』+『that節』(『wh-節』)》〈…ということ,…かどうか〉‘に'『驚嘆する』,‘を'不思議に思う

automaton

自動機械,自動装置

人造人間,ロボット

機械的に行動する人(動物)

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

asleep

『眠って』;永眠して

〈手足などが〉しびれて

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

performer

《修飾語を伴って》実行する人,遂行する人

演奏者,上演者;(特に)芸人

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

engineering

『工学』

土木工事

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

tale

(事実・伝説・架空の)『話』,物語

作り話,うそ

《複数形で》告げ口,中傷

Czech

チェコ人;〈U〉チェコ語

チェコ人の,チェコ語の

playwright

劇作家,脚本家(dramatist)

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

tempest

大あらし,大暴風雨

大騒ぎ,大騒動

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

mechanical engineering

機械工学

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

weigh

…‘の'『重さを計る』

〈ある重さ〉‘を'『計量する』,計る

(…と比較して)…‘を'『検討する』,考慮する〈+名 against+名〉

『重さがある』,目方がかかる

(…にとって)『重要である』,(‥に)重要糸される〈+with+名〉

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

sonar

音波水中探知機[sound navigation ranging の頭字語]

detection

発見,探知,発覚

(電波の)検波

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

warranty

(売り渡し品の)保証《+on+名》

(…の)正当な理由,根拠《+for+名》

intrigue

〈U〉陰謀を企てること

〈C〉陰謀,計略

〈C〉密通

〈人〉‘の'好奇心(興味)をそそる

(人に対して)陰謀を企てる《+『against』+『名』》

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

indistinguishable

区別できない;(…から)見分けのつかない《+『from』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

scare

…‘を'『おびえさせる』,こわがらせる(frighten)

『おびえる』,驚く

《単数形で》おびえ,どきりとすること

(社会的な)恐慌[状態]

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

slave

『奴隷』(どれい)

(欲望・習慣・職業などの)『とりこ』,(…に)ふける人《+『of』(『to』)+『名』》,(他人のために)あくせく働く人

(奴隷のように)あくせく働く《+『away』》

masters

《米話》《しばしばM-》修士号

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

intention

『意図』,考え,目的

《複数形で》(自分の行動の)心づもり,動機;《話》(…と)結婚する意志《+toward+名》

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

body language

ボディーランゲジ(相手に意志・感情を伝えようとしてする身振りや表情など)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

unpredictable

予言できない,予知不可能な

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

irrational

理性のない

理性に反する,ばかげた(absurd)

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

proximity

(場所・時間・血族関係など)(…に)近いこと,近接《+『to』+『名』》

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

ow

(突然の激痛を表して)ウウッ

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

deception

〈U〉だますこと,だまされること

〈C〉策略,たくらみ

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

abracadabra

じゅ文

たわごと

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

computer

『計算機』;『電子計算機』

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

deceive

〈人〉'を'『欺く』,『だます』,裏切る

欺く,人をだます

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

technological

科学技術の(に関する)

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

inaction

不活動・怠惰・無活動・無為

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

Isaac

イサク(旧約聖書で,Abrahamの子でJacobの父)

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

reassure

〈人〉‘に'自信を取り戻させる

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

operational

操作上の

作戦上の

(航空機などが)いつでも使用できる,操作できる

entertain

〈人〉‘を'『楽しませる』

〈人〉‘を'『もてなす』,歓待する

〈感情・意見・計画など〉‘を'心に抱く

客を呼ぶ,客をもてなす,歓待する

indicate

『…‘を'表れ(徴侯)である』(show)

『…‘を'指し示す』,指摘する

…‘を'簡単に述べる,知らせる

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画