TED日本語 - フィールズ・ウィッカー・ミウリン: リーダーシップに関する「隠れたマニュアル」

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

リーダシップにはマニュアルはありませんが、地域レベルで働く素晴らしいリーダー達は良い見本になるとフィールズ・ウィカー・ミウリンは述べます。彼女がロンドンのTEDサロンで3人のリーダーについて語ります。

Script

これからお話しするのは 私が仕事を通じて 世界中で発見したことです それは惑星や新しい技術の-- 発見ではなく 科学的な-- 発見でもありません 私は人について 人の在り方と 新しいリーダーシップについて 発見をしました

彼の名前はビンキーです アシャニンカ族の長で 彼の部族はブラジルと ペルーで暮らしています ビンキーはアマゾンの 奥地にある村の出身です そこにたどり着くには 空路で水の上に着陸するか カヌーで何日間も旅するしかありません 3年前 私はサンパウロで 先住民族の-- リーダー達と各国のリーダー達が 会う機会を設けた時に 初めて ビンキーに会いました 私達は互いに学びあい 状況を共有したかったのです

アシャニンカ族の人々は 南アメリカで 彼らの威厳 豊かな精神 そして侵略に対する 強い抵抗で知られています インカ帝国に始まり 19世紀には ゴムの木の樹液を採取する 労働者達と戦ってきました 今 アシャニンカ族とビンキーを 最も脅かしているものは 森林の違法伐採です-- 人々が美しい森林に侵入し マホガニーの古木を切り倒し 川に浮かべて世界の市場へと 運んでいます ビンキーは彼の森と環境に 起こっている異変に気がついていました ビンキーは2歳のとき 森林と 部族の生活様式を 学び始めるために 祖父のもとに預けられました 彼がわずか10歳のときに祖父が亡くなり ビンキーは10歳という若さで 彼の住むコミュニティのパジェになりました アシャニンカ族の伝統と文化において パジェはコミュニティの中で 最も重要な人物です 何世紀もの間積み重ねてきた 生命に関する知恵と知識の 全てを内に秘めた存在なのです それは自分達の 部族のことだけではなく 部族の生存に関わる全てのことを含みます: 木に鳥-- 水に土 そして森 ビンキーはわずか10歳でパジェに-- 部族のリーダーになり 彼らと話し始めました 彼らが守るべき森林について これから育んでいくべき生活様式について ビンキーは皆に説明したのです 大事なのは適者生存の問題ではなく 生き残るために そして 森林を守るために必要なものを 理解することだと伝えました

それから8年後 18歳の若者だったビンキーは 初めて森を離れ 3,000マイルも 離れたリオで開かれる地球サミットに 参加する旅に出ました 彼の小さな村で起こっている-- 事を世界に知らせるために そして世界が耳を 傾けてくれることを願って 何人かは耳を傾けましたが 皆ではありません 想像してみてください 長いローブと髪飾りを纏い 英語はもちろんのこと ポルトガル語という 新しい言語を学んで リオに出かけていく若者の姿を 敵意の少なくないこの世界で 初対面の人達と繋がるため 架け橋を作りあげていく姿を しかし彼は落胆することなく

沢山のアイディアを持って 村に帰ってきました 例えば 新しい技術や研究結果 物事に対する新しい考え方などです それ以来彼は 仲間と共に 問題に取り組み続けました アシャニンカ族だけでなく アマゾンとその向こうに住む 人々を巻き込んで 彼は学校を建て 子供達に 森林を大事にするよう教えています 同時に彼は 森林再生を指揮し 伐採業者によって破壊された 土地の25%を再生したのです そして協同組織をつくり 生計を立てる手段を多様化しました 彼はインターネットと衛星技術を 森に持ち込みました-- そうすることで 森林伐採を監視するだけでなく 彼は その森林から世界へ 語りかけることができるのです もし あなたがビンキーに会い 「何故このようなことをするのですか どうして自ら危険を冒すのですか なぜ この敵意ある世界に 自分をさらすのですか」と尋ねたら 彼は私に答えてくれたように あなたにもこう答えるでしょう 「自分自身に問いかけたのです 私の祖父母や曾祖父母は 私のために 森を守るため 何をしていたのだろうか そして私は今何をしているのだろうか」と

この彼の言葉について考えると 私の孫やひ孫達が 自分達に その問いを尋ねた時 彼らはどんな答えを 見つけるのか 考えてしまいます 深く考えてみると 私には この世界があまり望ましくない未来へと 向かっているように思えます 未来の詳細は分かりませんが 未来についての サインは出ています ビンキーが彼の周りでサインを見たように 私達に必要な物が 足りなくなっています 新鮮な水が足りなくなり 化石燃料も足りなくなり 土地が足りなくなってきています 気候変動が皆に影響することも明白です どんな影響かはわかりませんが 影響はします 今までのどの時代よりも 人が増えます-- 40年後の人口は60年前に比べて 5倍に増えるのです 私達に必要な物は 足りないのです また 世界が別の意味で 変化していることもわかっています 1960年以降 この地球上に 存在する独立国家の数は それまでの 3分の1増えました エゴと政治システム-- 互いに模索しながら-- 本当に大きな変化です そのことに加え 5つの新しい大国が将来発言権を 持つことに私達は気付いています まだ聞こえぬ発言権を持つのは 中国 インド ロシア 南アフリカ そしてビンキーの国 ブラジルです 1988年に公布された憲法により ビンキーは公民権を認められました

しかし 皆さんは全てご存知です ビンキーが森を離れ 3,000マイルの 旅に出る前に得ていた知識より 多くを知っています さらにわかっているのは 今までと同じようなやり方を 続けていては 同じ結果を 繰り返すということです 百年以上前にソールズベリー卿が ビクトリア女王に「変わってください」と 詰め寄られたときに返した 言葉を思い出します 彼は言いました「変わる? なぜ変わるんですか? 見てのとおり すでに状況はとても悪いのです」 私達は変わらなければなりません 世界を見渡すと 私達自身が変わることが 不可欠だと私には思えるのです リーダーとしての新しい手本が 必要です リーダーとして 一人の人間として 新しいモデルが必要なのです

私は最初 銀行員として働いていました といっても私は親しい友人以外に そのことは認めたくないのですが しかし この過去8年間 私は 全く違った事に取り組んできました 私は仕事で世界中を周り ビンキーのように それぞれの-- コミュニティーで変化を 起こしている人達に 出会えるという光栄を 賜ることが出来ました-- 世界を違う視点で見て 異なる質問を投げかけ 異なる答えを出し 世界に出た時に 自分達が持つフィルターを 理解している人達なのです

これはサンガミトラの写真です サンガミトラはバンガロールの出身です 8年前 私がバンガロールで 難しい社会問題に取組む NGOのリーダー達とのワークショップを 開いていた時にサンガミトラと出会いました サンガミトラは初めからNGOの リーダーだったわけではありません 大学教授としてキャリアを始め 英文学を教えていました しかし その仕事は周りと 繋がっていないと 仕事は好きでしたが 繋がりがないと気付きました そして 1993年に ずいぶん前の話になりますが サムラクシャと呼ばれる新しい団体を 設立する決意をしました その団体は インドで 当時の世界で最も困難な 問題に取り組むものでした-- HIV/AIDSです その時から サムラクシャは成長し 影響力を強め 今ではインドにおいて 健康問題への取り組みを リードするNGOの一つです しかし 1993年の世界情勢と HIV/AIDSに関する 知識について考えてみると-- 当時のインドでは患者が急激に増え 原因が誰にもわかりませんでした そして皆が非常に恐れていたのです 今日でもインドでは 300万人のHIV感染者がいます 世界で2番目に多い数です

ある時 サンガミトラに 「どうやって 英文学からHIV/AIDSに たどり着いたのか」とたずねました 2つは全く違った道のように見えます 彼女はこう答えました 「すべては繋がっていたのです 文学は人を敏感にさせ 人々や 彼らの夢やアイディアに 共感できるようになるのです それから彼女のリーダーシップの下 サムラクシャはHIV/AIDSに 関連するあらゆる分野での 先駆者になりました 彼らは初の介護ホームを持ち 初の治療センターを持ち 初の カウンセリングサービスを提供しました 都会--700万人の住むバンガロール-- だけではなく カルナタカ州にある 遠く離れた村に対してもです 彼女はそれだけで満足せず 政府レベルで政策を変えようとしました 彼女が先陣を切ったプログラムのうち 10個が現在政策として 予算がついています 彼らは現在 カルナタカ周辺の 1,000以上の村で20,000人余りの人々を

地元出身の このムラリ・クリシュナのような 人達と共に看護しています 彼は2年前にエイズで奥さんを亡くし 彼自身もHIV感染者です 彼はサンガミトラと 彼女のチームの村に対する 仕事 看護 そして思いやりを目にして その一員になりたいと思いました リーダズクエストの一員であることは 彼の仕事に役立っています 彼らは村々への情報伝達を新しい 先駆的な方法で行っています パンフレットを配布するような よくありがちな方法の代わりに 劇団 歌 音楽 そして踊りを提供します そして 席につき お互いの 夢について語るのです

先週彼女は教えてくれました-- 彼女は村に2週間滞在し そこで 大きな飛躍があったことを 彼らが輪になって座りながら 村の夢について 語っていたところ 村のある女性が声をあげ 「私達は夢を変えました 私達の夢は 私達のパートナーや 私達の旦那を占いによって 決めるのではなく HIVの 検査結果をもって 決めていくことです」と言ったのです あなたが幸運にもサンガミトラに会い 何故そしてどのようにして そのような 沢山のことを 成し遂げられたのかを尋ねたら 彼女はあなたを見て とても静かに そしてやさしく答えるでしょう 「ただそうなっただけです 心の内から湧いてきたのです」

この方はファン・ジェンチュアン博士です 彼は中国の南西に位置する 四川省の出身で 1957年に生まれました 過去50年間の混乱の中で 彼が幼少期に何を見て 何を感じたか 想像するに難くありません 彼は兵士 教師 政治家 副市長 そして企業家 それら全てを経験しました でも もし彼と対面し 「あなたは本当は何なのですか お仕事は何ですか」と聞くと 彼はこう答えるでしょう 「私はコレクターで 博物館を所有しています」と 彼のことはよく耳にしていて 幸運なことに 今年の初めに 成都市の彼の博物館で 彼に会うことができました

60年代はじめ 4~5歳くらいだった時から 彼は生涯を通してコレクターです 1960年代初期の中国を 考えてみてください 文化大革命やその後に起こったこと すべてを乗り越えて 彼は生涯を通して 作品を集め続けているのです そして現在 彼の博物館には 中国の現代史を映し出す 800万以上の作品が保管されています これらは世界中 他のどの博物館でも 見ることは出来ません 理由の一つは それらの作品は中国の人達が 忘れようとしている 歴史を記録しているからです 例えば 彼は日中戦争を記録した 作品を100万以上所有しています 中国ではあまり語られない戦争で 戦った英雄の名誉は認められていません なぜ彼はこのようなことを-- しているのでしょう? それは彼の国が 過去に犯した間違いを 繰り返さないようにするためです

日中戦争で戦った英雄達-- 互いに殺し合い 敗れて 中国本土を離れて-- 台湾に向かった者達も含む-- 彼らの 実物大より-- 少し大きな銅像の設置から 全ての無名の 生き残った 兵士達を称えるために 彼らの手形を 取ることに至るまで 彼は伝えようと-- 一人の男が伝えようとしているのです-- 歴史は忘れ去られていないと それに彼は中国の英雄だけを 気にかけている-- わけではありません この建物には-- 長い戦争の間 中国側に 味方をしたアメリカ兵-- フライングタイガーを-- 称える文書や展示品の 世界最大のコレクションがあります 他にも9つの建物があり すでに一般公開されています それらの建物は現代中国史を記録した 展示品で埋め尽くされています 最もデリケートな2つの建物には 生涯にわたり集めた文化大革命に-- 関するコレクションがあります これは中国の人々の多くが 忘れ去りたいと思っている時代です しかし彼は 自分の国にこの時代を 決して忘れてほしくないと思っています

彼らの様な人達は私に希望を-- 与えてくれます なぜなら彼らは私達に 世界の見方を 自分達が生きる-- 世界の見方を変えれば-- 何を成し遂げられるか 教えてくれるからです 彼らはまず 外の世界に目を向け そして 内側を変えていきました 彼らはビジネススクールに通わず 「良いリーダーのための10ヶ条」 のようなマニュアルも読んでいません しかし 彼らには誰にでも分かる 共通点-- やる気と情熱 献身の気持ちがあるのです 従来の行いから離れ 知り得なかった 何かへと 彼らは進んでいきました 存在していたことに気付いていなかった 世界と繋がろうとしました 彼らは架け橋をつくり その上を渡ったのです 彼らには大きな時間の流れと 自らの小さい存在の自覚があり 自らが過去の人達を引き継ぎ 自らが引き継がれることを知っています 彼らは自分達が全体の一部であり 他者に頼っていると気づいています 自分達のためではない けれども 自分達が始めなければならない そして彼らは謙虚です それはただ起こるのです

しかし ただ起こりはしません ですよね? 物事の実現には多くが必要で なおかつ 今世界が どこへ向かっているか-- 私達はわかっています なので私は-- 世界規模での 後継者育成が必要だと考えます 次の世代や新しく来る人達が 良きリーダーに なるのを待つことはできません 私達から始めなければならないと思います 私達も 彼らのように それがいかに困難か わかっています しかし 私達は完全に手さぐりではなく ビンキーやサンガミトラやジェンチュアン のような モデルと模範があるという 幸運に恵まれています 彼らが成し遂げたことに 目を向けることが出来 そしてそこから学ぶことができるのです 世界の中の 自分の在り方について 見方を変えられるのです そしてもし幸運であれば 私達のひ孫がビンキーと同じ 質問を尋ねた時の答えを 変えることができるでしょう

ありがとうございました

(拍手)

I'm going to talk about some of my discoveries around the world through my work. These are not discoveries of planets or new technologies or science. They're discoveries of people and the way people are, and new leadership.

This is Benki. Benki is a leader of the Ashaninka Nation. His people live in Brazil and in Peru. Benki comes from a village so remote up in the Amazon that to get there, either you have to fly and land on water, or go by canoe for several days. I met Benki three years ago in Sao Paulo when I'd brought him and other leaders from indigenous peoples to meet with me and leaders from around the world, because we wanted to learn from each other. We wanted to share our stories with each other.

The Ashaninka people are known throughout South America for their dignity, their spirit and their resistance, starting with the Incas and continuing through the 19th century with the rubber tappers. Today's biggest threat to the Ashaninka people and to Benki comes from illegal logging -- the people who come into the beautiful forest and cut down ancient mahogany trees, float them down the river to world markets. Benki knew this. He could see what was happening to his forest, to his environment, because he was taken under his grandfather's wing when he was only two years old to begin to learn about the forest and the way of life of his people. His grandfather died when he was only 10. And at that young age,10 years old, Benki became the paje of his community. Now, in the Ashaninka tradition and culture, the paje is the most important person in the community. This is the person who contains within him all the knowledge, all the wisdom of centuries and centuries of life, and not just about his people, but about everything that his people's survival depended on: the trees, the birds, the water, the soil, the forest. So when he was only 10 and he became the paje, he began to lead his people. He began to talk to them about the forest that they needed to protect, the way of life they needed to nurture. He explained to them that it was not a question of survival of the fittest; it was a question of understanding what they needed to survive and to protect that.

Eight years later, when he was a young man of 18, Benki left the forest for the first time. He went 3,000 miles on an odyssey to Rio to the Earth Summit to tell the world what was happening in his tiny, little corner. And he went because he hoped the world would listen. Some did, not everybody. But if you can imagine this young man with his headdress and his flowing robe, learning a new language, Portuguese, not to mention English, going to Rio, building a bridge to reach out to people he'd never met before -- a pretty hostile world. But he wasn't dismayed.

Benki came back to his village full of ideas -- new technologies, new research, new ways of understanding what was going on. Since that time, he's continued to work with his people, and not only the Ashaninka Nation, but all the peoples of the Amazon and beyond. He's built schools to teach children to care for the forest. Together, he's led the reforestation of over 25 percent of the land that had been destroyed by the loggers. He's created a cooperative to help people diversify their livelihoods. And he's brought the internet and satellite technology to the forest -- both so that people themselves could monitor the deforestation, but also that he could speak from the forest to the rest of the world. If you were to meet Benki and ask him, "Why are you doing this? Why are you putting yourself at risk? Why are you making yourself vulnerable to what is often a hostile world?" he would tell you, as he told me, "I asked myself," he said, "What did my grandparents and my great-grandparents do to protect the forest for me? And what am I doing?"

So when I think of that, I wonder what our grandchildren and our great-grandchildren, when they ask themselves that question, I wonder how they will answer. For me, the world is veering towards a future we don't much want when we really think about it deep inside. It's a future we don't know the details of, but it's a future that has signs, just like Benki saw the signs around him. We know we are running out of what we need. We're running out of fresh water. We're running out of fossil fuels. We're running out of land. We know climate change is going to affect all of us. We don't know how, but we know it will. And we know that there will be more of us than ever before -- five times as many people in 40 years than 60 years ago. We are running out of what we need. And we also know that the world has changed in other ways, that since 1960 there are one-third as many new countries that exist as independent entities on the planet. Egos, systems of government -- figuring it out -- massive change. And in addition to that, we know that five other really big countries are going to have a say in the future, a say we haven't even really started to hear yet -- China, India, Russia, South Africa and Benki's own Brazil, where Benki got his civil rights only in the 1988 constitution.

But you know all that. You know more than Benki knew when he left his forest and went 3,000 miles. You also know that we can't just keep doing what we've always done, because we'll get the results we've always gotten. And this reminds me of something I understand Lord Salisbury said to Queen Victoria over a hundred years ago, when she was pressing him, "Please change." He said, "Change? Why change? Things are bad enough as they are." We have to change. It's imperative to me, when I look around the world, that we need to change ourselves. We need new models of what it means to be a leader. We need new models of being a leader and a human in the world.

I started life as a banker. Now I don't admit to that to anybody but my very close friends. But for the past eight years, I've done something completely different. My work has taken me around the world, where I've had the real privilege of meeting people like Benki and many others who are making change happen in their communities -- people who see the world differently, who are asking different questions, who have different answers, who understand the filters that they wear when they go out into the world.

This is Sanghamitra. Sanghamitra comes from Bangalore. I met Sanghamitra eight years ago when I was in Bangalore organizing a workshop with leaders of different NGO's working in some of the hardest aspects of society. Sanghamitra didn't start life as a leader of an NGO, she started her career as university professor, teaching English literature. But she realized that she was much too detached from the world doing that. She loved it, but she was too detached. And so in 1993, a long time ago, she decided to start a new organization called Samraksha focused on one of the hardest areas,one of the hardest issues in India -- anywhere in the world at the time -- HIV/AIDS. Since that time, Samraksha has grown from strength to strength and is now one of the leading health NGO's in India. But if you just think about the state of the world and knowledge of HIV/AIDS in 1993 -- in India at that time it was skyrocketing and nobody understood why, and everyone was actually very, very afraid. Today there are still three million HIV-positive people in India. That's the second largest population in the world.

When I asked Sanghamitra, "How did you get from English literature to HIV/AIDS?" not an obvious path, she said to me, "It's all connected. Literature makes one sensitive, sensitive to people, to their dreams and to their ideas." Since that time, under her leadership, Samraksha has been a pioneer in all fields related to HIV/AIDS. They have respite homes, the first, the first care centers, the first counseling services -- and not just in urban, 7-million-population Bangalore, but in the hardest to reach villages in the state of Karnataka. Even that wasn't enough. She wanted to change policy at the government level. 10 of their programs that she pioneered are now government policy and funded by the government. They take care of 20, 000-odd people today in over 1,000 villages around Karnataka.

She works with people like Murali Krishna. Murali Krishna comes from one of those villages. He lost his wife to AIDS a couple of years ago, and he's HIV-positive. But he saw the work, the care, the compassion that Sanghamitra and her team brought to the village, and he wanted to be part of it. He's a Leaders' Quest fellow, and that helps him with his work. They've pioneered a different approach to villages. Instead of handing out information in pamphlets, as is so often the case, they bring theater troupes, songs, music, dance. And they sit around, and they talk about dreams.

Sanghamitra told me just last week -- she had just come back from two weeks in the villages, and she had a real breakthrough. They were sitting in a circle, talking about the dreams for the village. And the young women in the village spoke up and said, "We've changed our dream. Our dream is for our partners, our husbands, not to be given to us because of a horoscope, but to be given to us because they've been tested for HIV." If you are lucky enough to meet Sanghamitra and ask her why and how, how have you achieved so much? She would look at you and very quietly, very softly say, "It just happened. It's the spirit inside."

This is Dr. Fan Jianchuan. Jianchuan comes from Sichuan Province in southwest China. He was born in 1957, and you can imagine what his childhood looked like and felt like, and what his life has been like over the last 50 tumultuous years. He's been a soldier, a teacher, a politician, a vice-mayor and a business man. But if you sat down and asked him, "Who are you really, and what do you do?" He would tell you, "I'm a collector, and I curate a museum." I was lucky; I had heard about him for years, and I finally met him earlier this year at his museum in Chengdu.

He's been a collector all of his life, starting when he was four or five in the early 1960's. Now, just think of the early 1960's in China. Over a lifetime, through everything, through the Cultural Revolution and everything afterward, he's kept collecting, so that he now has over eight million pieces in his museums documenting contemporary Chinese history. These are pieces that you won't find anywhere else in the world, in part because they document parts of history Chinese choose to forget. For example, he's got over one million pieces documenting the Sino-Japanese War, a war that's not talked about in China very much and whose heroes are not honored. Why did he do all this? Because he thought a nation should never repeat the mistakes of the past.

So, from commissioning slightly larger than life bronze statues of the heroes of the Sino-Japanese War, including those Chinese who then fought with each other and left mainland China to go to Taiwan, to commemorating all the unknown, ordinary soldiers who survived, by asking them to take prints of their hands, he is making sure -- one man is making sure -- that history is not forgotten. But it's not just Chinese heroes he cares about. This building contains the world's largest collection of documents and artifacts commemorating the U.S. role in fighting on the Chinese side in that long war -- the Flying Tigers. He has nine other buildings -- that are already open to the public -- filled to the rafters with artifacts documenting contemporary Chinese history. Two of the most sensitive buildings include a lifetime of collection about the Cultural Revolution, a period that actually most Chinese would prefer to forget. But he doesn't want his nation ever to forget.

These people inspire me, and they inspire me because they show us what is possible when you change the way you look at the world, change the way you look at your place in the world. They looked outside, and then they changed what was on the inside. They didn't go to business school. They didn't read a manual, "How to Be a Good Leader in 10 Easy Steps." But they have qualities we'd all recognize. They have drive, passion, commitment. They've gone away from what they did before, and they've gone to something they didn't know. They've tried to connect worlds they didn't know existed before. They've built bridges, and they've walked across them. They have a sense of the great arc of time and their tiny place in it. They know people have come before them and will follow them. And they know that they're part of a whole, that they depend on other people. It's not about them, they know that, but it has to start with them. And they have humility. It just happens.

But we know it doesn't just happen, don't we? We know it takes a lot to make it happen, and we know the direction the world is going in. So I think we need succession planning on a global basis. We can't wait for the next generation, the new joiners, to come in and learn how to be the good leaders we need. I think it has to start with us. And we know, just like they knew, how hard it is. But the good news is that we don't have to figure it out as we go along; we have models, we have examples, like Benki and Sanghamitra and Jianchuan. We can look at what they've done, if we look. We can learn from what they've learned. We can change the way we see ourselves in the world. And if we're lucky, we can change the way our great-grandchildren will answer Benki's question.

Thank you.

(Applause)

I'm going to talk/ about some of my discoveries/ around the world/ through my work.//

これからお話しするのは 私が仕事を通じて 世界中で発見したことです

These are not discoveries of planets/ or new technologies/ or science.//

それは惑星や新しい技術の-- 発見ではなく 科学的な-- 発見でもありません

They're discoveries of people/ and the way/ people are,/ and new leadership.//

私は人について 人の在り方と 新しいリーダーシップについて 発見をしました

This is Benki.//

彼の名前はビンキーです

Benki is a leader of the Ashaninka Nation.//

アシャニンカ族の長で

His people live in Brazil/ and/ in Peru.//

彼の部族はブラジルと ペルーで暮らしています

Benki comes from a village so remote up/ in the Amazon/ that to get there,/ either you have to fly and land on water,/ or go by canoe/ for several days.//

ビンキーはアマゾンの 奥地にある村の出身です そこにたどり着くには 空路で水の上に着陸するか カヌーで何日間も旅するしかありません

I met Benki/ three years ago/ in Sao Paulo/ when I'd brought him/ and other leaders/ from indigenous peoples/ to meet with me and leaders/ from around the world,/ because we wanted to learn/ from each other.//

3年前 私はサンパウロで 先住民族の-- リーダー達と各国のリーダー達が 会う機会を設けた時に 初めて ビンキーに会いました 私達は互いに学びあい

We wanted to share/ our stories/ with each other.//

状況を共有したかったのです

The Ashaninka people are known throughout South America/ for their dignity,/ their spirit and their resistance,/ starting with the Incas/ and continuing through the 19th century/ with the rubber tappers.//

アシャニンカ族の人々は 南アメリカで 彼らの威厳 豊かな精神 そして侵略に対する 強い抵抗で知られています インカ帝国に始まり 19世紀には ゴムの木の樹液を採取する 労働者達と戦ってきました

Today's biggest threat/ to the Ashaninka people/ and to Benki comes from illegal logging --/ the people/ who come into the beautiful forest/ and cut down/ ancient mahogany trees,/ float them down/ the river/ to world markets.//

今 アシャニンカ族とビンキーを 最も脅かしているものは 森林の違法伐採です-- 人々が美しい森林に侵入し マホガニーの古木を切り倒し 川に浮かべて世界の市場へと 運んでいます

Benki knew this.//

ビンキーは彼の森と環境に 起こっている異変に気がついていました

He could see/ what was happening to his forest,/ to his environment,/ because he was taken under his grandfather's wing/ when he was only two years old/ to begin to learn/ about the forest and the way of life of his people.//

ビンキーは2歳のとき 森林と 部族の生活様式を 学び始めるために 祖父のもとに預けられました

His grandfather died/ when he was only 10.//

彼がわずか10歳のときに祖父が亡くなり

And at that young age,/10 years old,/ Benki became the paje of his community.//

ビンキーは10歳という若さで 彼の住むコミュニティのパジェになりました

Now,/ in the Ashaninka tradition and culture,/ the paje is the most important person/ in the community.//

アシャニンカ族の伝統と文化において パジェはコミュニティの中で 最も重要な人物です

This is the person/ who contains within him/ all the knowledge,/ all the wisdom of centuries and centuries of life,/ and not just about/ his people, but about everything/ that his people's survival depended on:/ the trees,/ the birds,/ the water,/ the soil,/ the forest.//

何世紀もの間積み重ねてきた 生命に関する知恵と知識の 全てを内に秘めた存在なのです それは自分達の 部族のことだけではなく 部族の生存に関わる全てのことを含みます: 木に鳥-- 水に土 そして森

So/ when he was only 10/ and he became the paje,/ he began to lead/ his people.//

ビンキーはわずか10歳でパジェに-- 部族のリーダーになり

He began to talk/ to them/ about the forest/ that they needed to protect,/ the way of life/ they needed to nurture.//

彼らと話し始めました 彼らが守るべき森林について これから育んでいくべき生活様式について

He explained to them/ that it was not a question of survival of the fittest;/ it was a question of understanding/ what they needed to survive/ and to protect that.//

ビンキーは皆に説明したのです 大事なのは適者生存の問題ではなく 生き残るために そして 森林を守るために必要なものを 理解することだと伝えました

Eight years later,/ when he was a young man of 18,/ Benki left the forest/ for the first time.//

それから8年後 18歳の若者だったビンキーは 初めて森を離れ 3,000マイルも

He went 3,000 miles/ on an odyssey/ to Rio/ to the Earth Summit to tell the world/ what was happening in his tiny, little corner.//

離れたリオで開かれる地球サミットに 参加する旅に出ました 彼の小さな村で起こっている-- 事を世界に知らせるために

And he went/ because he hoped the world would listen.//

そして世界が耳を 傾けてくれることを願って

Some did,/ not everybody.//

何人かは耳を傾けましたが 皆ではありません

But/ if you can imagine this young man/ with his headdress and his flowing robe,/ learning a new language,/ Portuguese,/ not to mention English,/ going to Rio,/ building a bridge to reach out to people/ he'd never met before --/ a pretty hostile world.//

想像してみてください 長いローブと髪飾りを纏い 英語はもちろんのこと ポルトガル語という 新しい言語を学んで リオに出かけていく若者の姿を 敵意の少なくないこの世界で 初対面の人達と繋がるため 架け橋を作りあげていく姿を

But he wasn't dismayed.//

しかし彼は落胆することなく

Benki came back/ to his village full of ideas --/ new technologies,/ new research,/ new ways of understanding/ what was going on.//

沢山のアイディアを持って 村に帰ってきました 例えば 新しい技術や研究結果 物事に対する新しい考え方などです

Since that time,/ he's continued to work/ with his people, and not only/ the Ashaninka Nation,/ but all the peoples of the Amazon/ and beyond.//

それ以来彼は 仲間と共に 問題に取り組み続けました アシャニンカ族だけでなく アマゾンとその向こうに住む 人々を巻き込んで

He's built schools/ to teach children/ to care for the forest.//

彼は学校を建て 子供達に 森林を大事にするよう教えています

Together,/ he's led the reforestation of over 25 percent of the land/ that had been destroyed by the loggers.//

同時に彼は 森林再生を指揮し 伐採業者によって破壊された 土地の25%を再生したのです

He's created a cooperative/ to help people diversify their livelihoods.//

そして協同組織をつくり 生計を立てる手段を多様化しました

And he's brought the internet and satellite technology/ to the forest --/ both/ so that people/ themselves could monitor the deforestation,/ but also/ that he could speak from the forest/ to the rest of the world.//

彼はインターネットと衛星技術を 森に持ち込みました-- そうすることで 森林伐採を監視するだけでなく 彼は その森林から世界へ 語りかけることができるのです

If you were to meet/ Benki/ and ask him,/ "Why are you doing this?//

もし あなたがビンキーに会い 「何故このようなことをするのですか

Why are you putting yourself/ at risk?//

どうして自ら危険を冒すのですか

Why are you making yourself vulnerable/ to/ what is often a hostile world?"//

なぜ この敵意ある世界に 自分をさらすのですか」と尋ねたら

he would tell you,/ as he told me,/ "I asked myself,/"/ he said,/ "What did my grandparents/ and my great-grandparents do to protect/ the forest/ for me?//

彼は私に答えてくれたように あなたにもこう答えるでしょう 「自分自身に問いかけたのです 私の祖父母や曾祖父母は 私のために 森を守るため 何をしていたのだろうか

And what am I doing?"//

そして私は今何をしているのだろうか」と

So/ when I think of that,/ I wonder/ what our grandchildren and our great-grandchildren,/ when they ask themselves/ that question,/ I wonder/ how they will answer.//

この彼の言葉について考えると 私の孫やひ孫達が 自分達に その問いを尋ねた時 彼らはどんな答えを 見つけるのか 考えてしまいます

For me,/ the world is veering towards a future/ we don't much want/ when we really think about it/ deep inside.//

深く考えてみると 私には この世界があまり望ましくない未来へと 向かっているように思えます

It's a future/ we don't know the details of,/ but it's a future/ that has signs,/ just like Benki saw the signs/ around him.//

未来の詳細は分かりませんが 未来についての サインは出ています ビンキーが彼の周りでサインを見たように

We know/ we are running out of what we need.//

私達に必要な物が 足りなくなっています

We're running/ out of fresh water.//

新鮮な水が足りなくなり

We're running/ out of fossil fuels.//

化石燃料も足りなくなり

We're running/ out of land.//

土地が足りなくなってきています

We know/ climate change is going to affect/ all of us.//

気候変動が皆に影響することも明白です

We don't know/ how,/ but we know/ it will.//

どんな影響かはわかりませんが 影響はします

And we know/ that there will be more of us/ than ever before --/ five times as many people/ in 40 years/ than 60 years/ ago.//

今までのどの時代よりも 人が増えます-- 40年後の人口は60年前に比べて 5倍に増えるのです

We are running out of what we need.//

私達に必要な物は 足りないのです

And we also know/ that the world has changed in other ways,/ that since 1960/ there are one-third/ as many new countries/ that exist as independent entities/ on the planet.//

また 世界が別の意味で 変化していることもわかっています 1960年以降 この地球上に 存在する独立国家の数は それまでの 3分の1増えました

エゴと政治システム-- 互いに模索しながら-- 本当に大きな変化です

And/ in addition/ to that,/ we know/ that five other really big countries are going to have/ a say/ in the future,/ a say/ we haven't even really started to hear yet --/ China,/ India,/ Russia,/ South Africa and Benki's own Brazil,/ where Benki got his civil rights only/ in the 1988 constitution.//

そのことに加え 5つの新しい大国が将来発言権を 持つことに私達は気付いています まだ聞こえぬ発言権を持つのは 中国 インド ロシア 南アフリカ そしてビンキーの国 ブラジルです 1988年に公布された憲法により ビンキーは公民権を認められました

But you know all that.//

しかし 皆さんは全てご存知です

You know more than Benki knew/ when he left his forest/ and went 3,000 miles.//

ビンキーが森を離れ 3,000マイルの 旅に出る前に得ていた知識より 多くを知っています

You also know/ that we can't just keep doing/ what we've always done,/ because we'll get the results/ we've always gotten.//

さらにわかっているのは 今までと同じようなやり方を 続けていては 同じ結果を 繰り返すということです

And this reminds me of something/ I understand Lord Salisbury said to Queen Victoria/ over a hundred years ago,/ when she was pressing him,/ "Please change."//

百年以上前にソールズベリー卿が ビクトリア女王に「変わってください」と 詰め寄られたときに返した 言葉を思い出します

He said,/ "Change?//

彼は言いました「変わる?

Why change?//

なぜ変わるんですか?

Things are bad enough/ as they are."//

見てのとおり すでに状況はとても悪いのです」

We have to change.//

私達は変わらなければなりません

It's imperative/ to me,/ when I look around the world,/ that we need to change ourselves.//

世界を見渡すと 私達自身が変わることが 不可欠だと私には思えるのです

We need new models of what it means to be a leader.//

リーダーとしての新しい手本が 必要です

We need new models of being a leader and a human/ in the world.//

リーダーとして 一人の人間として 新しいモデルが必要なのです

I started life/ as a banker.//

私は最初 銀行員として働いていました

Now/ I don't admit to that/ to anybody but my very close friends.//

といっても私は親しい友人以外に そのことは認めたくないのですが

But/ for the past eight years,/ I've done/ something completely different.//

しかし この過去8年間 私は 全く違った事に取り組んできました

My work has taken me/ around the world,/ where I've had the real privilege of meeting people/ like Benki/ and many others/ who are making change happen in their communities --/ people/ who see the world differently,/ who are asking different questions,/ who have different answers,/ who understand the filters/ that they wear/ when they go out/ into the world.//

私は仕事で世界中を周り ビンキーのように それぞれの-- コミュニティーで変化を 起こしている人達に 出会えるという光栄を 賜ることが出来ました-- 世界を違う視点で見て 異なる質問を投げかけ 異なる答えを出し 世界に出た時に 自分達が持つフィルターを 理解している人達なのです

This is Sanghamitra.//

これはサンガミトラの写真です

Sanghamitra comes from Bangalore.//

サンガミトラはバンガロールの出身です

I met Sanghamitra/ eight years ago/ when I was in Bangalore/ organizing a workshop/ with leaders of different NGO's working/ in some of the hardest aspects of society.//

8年前 私がバンガロールで 難しい社会問題に取組む NGOのリーダー達とのワークショップを 開いていた時にサンガミトラと出会いました

Sanghamitra didn't start life/ as a leader of an NGO,/ she started her career/ as university professor,/ teaching English literature.//

サンガミトラは初めからNGOの リーダーだったわけではありません 大学教授としてキャリアを始め 英文学を教えていました

But she realized/ that she was much too detached from the world/ doing/ that.//

しかし その仕事は周りと 繋がっていないと

She loved it,/ but she was too detached.//

仕事は好きでしたが 繋がりがないと気付きました

And so/ in 1993,/ a long time ago,/ she decided to start/ a new organization called Samraksha focused on one of the hardest areas,/one of the hardest issues/ in India --/ anywhere/ in the world/ at the time --/ HIV/AIDS.//

そして 1993年に ずいぶん前の話になりますが サムラクシャと呼ばれる新しい団体を 設立する決意をしました その団体は インドで 当時の世界で最も困難な 問題に取り組むものでした-- HIV/AIDSです

Since that time,/ Samraksha has grown from strength/ to strength/ and is now one of the leading health NGO's in India.//

その時から サムラクシャは成長し 影響力を強め 今ではインドにおいて 健康問題への取り組みを リードするNGOの一つです

But/ if you just think about the state of the world and knowledge of HIV/AIDS/ in 1993 --/ in India/ at that time/ it was skyrocketing/ and nobody understood/ why,/ and everyone was actually very,/ very afraid.//

しかし 1993年の世界情勢と HIV/AIDSに関する 知識について考えてみると-- 当時のインドでは患者が急激に増え 原因が誰にもわかりませんでした そして皆が非常に恐れていたのです

Today/ there are still three million HIV-positive people/ in India.//

今日でもインドでは 300万人のHIV感染者がいます

That's the second largest population/ in the world.//

世界で2番目に多い数です

When I asked Sanghamitra,/ "How did you get from English literature/ to HIV/AIDS?"//

ある時 サンガミトラに 「どうやって 英文学からHIV/AIDSに たどり着いたのか」とたずねました

not an obvious path,/ she said to me,/ "It's all connected.//

2つは全く違った道のように見えます 彼女はこう答えました 「すべては繋がっていたのです

Literature makes one sensitive, sensitive/ to people,/ to their dreams/ and/ to their ideas."//

文学は人を敏感にさせ 人々や 彼らの夢やアイディアに 共感できるようになるのです

Since that time,/ under her leadership,/ Samraksha has been a pioneer/ in all fields related to HIV/AIDS.//

それから彼女のリーダーシップの下 サムラクシャはHIV/AIDSに 関連するあらゆる分野での 先駆者になりました

They have respite homes,/ the first,/ the first care centers,/ the first counseling services --/ and not just/ in urban, 7-million-population Bangalore,/ but in the hardest to reach villages/ in the state of Karnataka.//

彼らは初の介護ホームを持ち 初の治療センターを持ち 初の カウンセリングサービスを提供しました 都会--700万人の住むバンガロール-- だけではなく カルナタカ州にある 遠く離れた村に対してもです

Even/ that wasn't enough.//

彼女はそれだけで満足せず

She wanted to change/ policy/ at the government level.//

政府レベルで政策を変えようとしました

10 of their programs/ that she pioneered/ are now government policy/ and funded by the government.//

彼女が先陣を切ったプログラムのうち 10個が現在政策として 予算がついています

They take care of 20,/ 000-odd people/ today/ in over 1,000 villages/ around Karnataka.//

彼らは現在 カルナタカ周辺の 1,000以上の村で20,000人余りの人々を

She works with people/ like Murali Krishna.//

地元出身の このムラリ・クリシュナのような

Murali Krishna comes from one of those villages.//

人達と共に看護しています

He lost his wife/ to AIDS/ a couple of years ago,/ and he's HIV-positive.//

彼は2年前にエイズで奥さんを亡くし 彼自身もHIV感染者です

But he saw the work,/ the care,/ the compassion/ that Sanghamitra/ and her team brought to the village,/ and he wanted to be part of it.//

彼はサンガミトラと 彼女のチームの村に対する 仕事 看護 そして思いやりを目にして その一員になりたいと思いました

He's a Leaders/' Quest fellow,/ and that helps him/ with his work.//

リーダズクエストの一員であることは 彼の仕事に役立っています

They've pioneered a different approach/ to villages.//

彼らは村々への情報伝達を新しい

Instead of handing out/ information/ in pamphlets,/ as is so often/ the case,/ they bring theater troupes,/ songs,/ music,/ dance.//

先駆的な方法で行っています パンフレットを配布するような よくありがちな方法の代わりに 劇団 歌 音楽 そして踊りを提供します

And they sit around,/ and they talk about dreams.//

そして 席につき お互いの 夢について語るのです

Sanghamitra told me/ just last week --/ she had just come back/ from two weeks/ in the villages,/ and she had a real breakthrough.//

先週彼女は教えてくれました-- 彼女は村に2週間滞在し そこで 大きな飛躍があったことを

They were sitting in a circle,/ talking about the dreams/ for the village.//

彼らが輪になって座りながら 村の夢について

And the young women/ in the village spoke up/ and said,/ "We've changed our dream.//

語っていたところ 村のある女性が声をあげ 「私達は夢を変えました 私達の夢は

Our dream is/ for our partners,/ our husbands,/ not to be given to us/ because of a horoscope,/ but to be given to us/ because they've been tested for HIV."//

私達のパートナーや 私達の旦那を占いによって 決めるのではなく HIVの 検査結果をもって 決めていくことです」と言ったのです

If you are lucky enough/ to meet Sanghamitra/ and ask her/ why and how,/ how have you achieved so much?//

あなたが幸運にもサンガミトラに会い 何故そしてどのようにして そのような 沢山のことを 成し遂げられたのかを尋ねたら

She would look at you/ and very quietly,/ very softly say,/ "It just happened.//

彼女はあなたを見て とても静かに そしてやさしく答えるでしょう 「ただそうなっただけです

It's the spirit inside."//

心の内から湧いてきたのです」

This is Dr.// Fan Jianchuan.//

この方はファン・ジェンチュアン博士です

Jianchuan comes from Sichuan Province/ in southwest China.//

彼は中国の南西に位置する 四川省の出身で

He was born in 1957,/ and you can imagine/ what his childhood looked like and felt like,/ and what his life has been like over the last 50 tumultuous years.//

1957年に生まれました 過去50年間の混乱の中で 彼が幼少期に何を見て 何を感じたか 想像するに難くありません

He's been a soldier,/ a teacher,/ a politician,/ a vice-mayor and a business man.//

彼は兵士 教師 政治家 副市長 そして企業家 それら全てを経験しました

But/ if you sat down/ and asked him,/ "Who are you really,/ and what do you do?"//

でも もし彼と対面し 「あなたは本当は何なのですか お仕事は何ですか」と聞くと

He would tell you,/ "I'm a collector,/ and I curate a museum."//

彼はこう答えるでしょう 「私はコレクターで 博物館を所有しています」と

I was lucky;/ I had heard about him/ for years,/ and I finally met him/ earlier this year/ at his museum/ in Chengdu.//

彼のことはよく耳にしていて 幸運なことに 今年の初めに 成都市の彼の博物館で 彼に会うことができました

He's been a collector/ all of his life,/ starting/ when he was four or five/ in the early 1960's.//

60年代はじめ 4~5歳くらいだった時から 彼は生涯を通してコレクターです

Now,/ just think of the early 1960's in China.//

1960年代初期の中国を 考えてみてください

Over/ a lifetime,/ through everything,/ through the Cultural Revolution and everything afterward,/ he's kept collecting,/ so that he now has over eight million pieces/ in his museums/ documenting contemporary Chinese history.//

文化大革命やその後に起こったこと すべてを乗り越えて 彼は生涯を通して 作品を集め続けているのです そして現在 彼の博物館には 中国の現代史を映し出す 800万以上の作品が保管されています

These are pieces/ that you won't find anywhere else/ in the world,/ in part/ because they document parts of history Chinese choose/ to forget.//

これらは世界中 他のどの博物館でも 見ることは出来ません 理由の一つは それらの作品は中国の人達が 忘れようとしている 歴史を記録しているからです

For example,/ he's got over one million pieces/ documenting the Sino-Japanese War,/ a war/ that's not talked about/ in China very much/ and whose heroes are not honored.//

例えば 彼は日中戦争を記録した 作品を100万以上所有しています 中国ではあまり語られない戦争で 戦った英雄の名誉は認められていません

Why did he do all this?//

なぜ彼はこのようなことを--

Because he thought/ a nation should never repeat the mistakes of the past.//

しているのでしょう? それは彼の国が 過去に犯した間違いを 繰り返さないようにするためです

So,/ from commissioning slightly larger/ than life bronze statues of the heroes of the Sino-Japanese War,/ including those Chinese/ who then fought with each other and left mainland China/ to go to Taiwan,/ to commemorating all the unknown, ordinary soldiers/ who survived,/ by asking them to take prints of their hands,/ he is making sure --/ one man is making sure --/ that history is not forgotten.//

日中戦争で戦った英雄達-- 互いに殺し合い 敗れて 中国本土を離れて-- 台湾に向かった者達も含む-- 彼らの 実物大より-- 少し大きな銅像の設置から 全ての無名の 生き残った 兵士達を称えるために 彼らの手形を 取ることに至るまで 彼は伝えようと-- 一人の男が伝えようとしているのです-- 歴史は忘れ去られていないと

But it's not just Chinese heroes/ he cares about.//

それに彼は中国の英雄だけを 気にかけている--

This building contains the world's largest collection of documents and artifacts/ commemorating the U.S. role/ in fighting on the Chinese side/ in that long war --/ the Flying Tigers.//

わけではありません この建物には-- 長い戦争の間 中国側に 味方をしたアメリカ兵-- フライングタイガーを-- 称える文書や展示品の 世界最大のコレクションがあります

He has nine other buildings --/ that are already open/ to the public --/ filled to the rafters/ with artifacts/ documenting contemporary Chinese history.//

他にも9つの建物があり すでに一般公開されています それらの建物は現代中国史を記録した 展示品で埋め尽くされています

Two of the most sensitive buildings include a lifetime of collection/ about the Cultural Revolution,/ a period/ that actually/ most Chinese would prefer to forget.//

最もデリケートな2つの建物には 生涯にわたり集めた文化大革命に-- 関するコレクションがあります これは中国の人々の多くが 忘れ去りたいと思っている時代です

But he doesn't want his nation ever/ to forget.//

しかし彼は 自分の国にこの時代を 決して忘れてほしくないと思っています

These people inspire me,/ and they inspire me/ because they show us/ what is possible/ when you change the way/ you look at the world,/ change the way/ you look at your place/ in the world.//

彼らの様な人達は私に希望を-- 与えてくれます なぜなら彼らは私達に 世界の見方を 自分達が生きる-- 世界の見方を変えれば-- 何を成し遂げられるか 教えてくれるからです

They looked outside,/ and then/ they changed/ what was on the inside.//

彼らはまず 外の世界に目を向け そして 内側を変えていきました

They didn't go to business school.//

彼らはビジネススクールに通わず

They didn't read a manual,/ "How to Be a Good Leader/ in 10 Easy Steps."//

「良いリーダーのための10ヶ条」 のようなマニュアルも読んでいません

But they have qualities/ we'd all recognize.//

しかし 彼らには誰にでも分かる 共通点--

They have drive,/ passion,/ commitment.//

やる気と情熱 献身の気持ちがあるのです

They've gone away/ from what they did before,/ and they've gone to something/ they didn't know.//

従来の行いから離れ 知り得なかった 何かへと 彼らは進んでいきました

They've tried to connect/ worlds/ they didn't know existed before.//

存在していたことに気付いていなかった 世界と繋がろうとしました

They've built bridges,/ and they've walked across them.//

彼らは架け橋をつくり その上を渡ったのです

They have a sense of the great arc of time and their tiny place/ in it.//

彼らには大きな時間の流れと 自らの小さい存在の自覚があり

They know/ people have come before them/ and will follow them.//

自らが過去の人達を引き継ぎ 自らが引き継がれることを知っています

And they know/ that they're part of a whole,/ that they depend on other people.//

彼らは自分達が全体の一部であり 他者に頼っていると気づいています

It's not about them,/ they know/ that,/ but it has to start/ with them.//

自分達のためではない けれども 自分達が始めなければならない

And they have humility.//

そして彼らは謙虚です

It just happens.//

それはただ起こるのです

But we know/ it doesn't just happen,/ don't we?//

しかし ただ起こりはしません ですよね?

We know/ it takes a lot/ to make it happen,/ and we know the direction/ the world is going in.//

物事の実現には多くが必要で なおかつ 今世界が どこへ向かっているか--

So/ I think/ we need succession/ planning on a global basis.//

私達はわかっています なので私は-- 世界規模での 後継者育成が必要だと考えます

We can't wait for the next generation,/ the new joiners,/ to come in/ and learn/ how to be the good leaders/ we need.//

次の世代や新しく来る人達が 良きリーダーに なるのを待つことはできません

I think/ it has to start/ with us.//

私達から始めなければならないと思います

And we know,/ just like they knew,/ how hard/ it/ is.//

私達も 彼らのように それがいかに困難か わかっています

But the good news is/ that we don't have to figure/ it out/ as we go along;/ we have models,/ we have examples,/ like Benki and Sanghamitra and Jianchuan.//

しかし 私達は完全に手さぐりではなく ビンキーやサンガミトラやジェンチュアン のような モデルと模範があるという 幸運に恵まれています

We can look at what they've done,/ if we look.//

彼らが成し遂げたことに 目を向けることが出来

We can learn from what they've learned.//

そしてそこから学ぶことができるのです

We can change the way/ we see ourselves/ in the world.//

世界の中の 自分の在り方について 見方を変えられるのです

And/ if we're lucky,/ we can change the way/ our great-grandchildren will answer Benki's question.//

そしてもし幸運であれば 私達のひ孫がビンキーと同じ 質問を尋ねた時の答えを 変えることができるでしょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

planet

『惑星』,遊星

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

Peru

ペルー(南米の共和国;首都はLima)

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

canoe

『カヌー』,丸木舟

カヌーで行く

〈湖など〉'を'カヌーで渡る

〈物〉'を'カヌーで運ぶ

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

days

たいてい昼間は

Sao Paulo

サンパウロ(ブラジル南部の州及びその州都でコーヒーの大産地)

indigenous

固有の,土着の,生まれながらの

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

rubber

(またIndia rubber)〈U〉ゴム

《複数形で》《米》オーバーシューズ(靴の上にはくゴムの防水靴);《英》(ロッククライミング用の)スニーカー

〈C〉《英》ゴムの製品,消しゴム

〈C〉こする物

〈C〉マッサージ師

〈C〉《米俗》コンドーム

ゴム製の

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

illegal

『不法の』,違法の

logging

丸太切り出し

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

mahogany

〈C〉マホガニー(熱帯フメリカ産の赤褐色の堅い木;家具の材料)

〈U〉赤褐色

マホガニー製の

赤褐色の

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

grandfather

『祖父』

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

summit

=something

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

headdress

頭飾り,かぶり物

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

robe

『ローブ』(長いゆったりとした外衣;特に化粧着・部屋着・バスローブなど)

《しばしば複数形で》(すそまでの長いゆったりした)礼服,式服,職服,法衣

《米》(戸外競技を見るときにひざなどにかける毛皮・布・編物などの,暖かい)おおい

(礼服・式服などを)〈人〉‘に'ゆったりとまとわせる《+『名』+『in』+『名』》

ローブ(礼服・式服など)を着る

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

Portuguese

ポルトガルの;ポルトガル人(語)の

〈C〉ポルトガル人

〈U〉ポルトガル語

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

hostile

『敵の』,敵国(軍)の

『敵意のある』,敵対する

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

reforestation

再植林

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

logger

きこり

丸太運搬機

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

cooperative

協力的な,助けになる

協力の,協同の

協同組織の

協同組合

共同アパート(コーポ)

diversify

…‘を'多様化する,いろいろ変化させる

livelihood

『生計』,暮らしの費用

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

deforestation

森林伐採,森林開拓

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

grandparent

祖父母;その一方

great-grandparent

曾(そう)祖父母

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

grandchild

veer

〈人・車・道路などが〉向き(進路)を変える,方向が変わる

〈意見・話題・感情などが〉変わる

〈風が〉右回りに向きを変える

〈船が〉風下に向きを変える

〈船〉の方向(進路)を変える

〈船〉を風下に向きを変える

towards

toward

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

entity

実在するもの,実体

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

gotten

getの過去分詞

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

lord

〈C〉『主人』,支配者;(封建時代の)『君主』,領主

〈U〉《the Lord, our Lord》『主』)しゅ)

《Lord》《呼びかけや感嘆の表現に用いて》

〈C〉『貴族』;《Lords》(英国の)上院議員たち

〈U〉《Lord》…卿(きょう)(英国の貴族および高位の官職の尊称)

Salisbury

ソールズベリー(アフリカ南部Zimbabweの首都)

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

Victoria

ビクトリア女王(Queen Victoria(1837‐1901);1819‐1901)

ビクトリア湖(Lake Victoria;アフリカ大陸中央東部の湖でナイル川の源901)

オーストラリア南東部の州

Hong Kong の主都

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

imperative

『命令的な』,断固とした

(行動などが)‐避けられない』,のっぴきならない

(文法で動詞が)命令法の

(文法で)命令法;〈C〉命令文

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

completely

『完全に』,全く,十分に

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

workshop

仕事場,工作場

《米》(セミナー形式の)形究会,討論会

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

detach

(…から)…‘を'引き離す,分離する,取り外す《+『名』+『from』+『名』》

(特別任務に)〈部隊・軍艦など〉‘を'派遣する,分遣する

detached

離れた,分離した;分遣された

(意見・判断が)公平な

超然とした,無関心の

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

skyrocket

流星花火,のろし

〈物価・名声などが〉急に上がる,急騰する

…‘を'急に上げる;…‘を'突然有名にする

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

respite

労働の合間の)ひと休み,(苦痛などの)一時的な途切れ《+『from』+『名』》

(責務の)延期,(死刑などの)執行猶予

…‘に'刑の執行を猶予する

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

urban

都市(都会)の

都市に住む

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

krishna

クリシュナ神(ヒンズー教の神;Vishnu神の化身)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

compassion

(…に対する)あわれみ,深い同情(sympathy)《+『on』(『for』)+『名』》

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

pamphlet

『パンフレット』,小冊子;(特に時事問題の)小論文

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

troupe

(軽業師・役者・歌手などの)一座,一団

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

horoscope

星占い

(星占い用の)天宮図,十二宮図

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

quietly

『静かに』

『穏やかに』

じみに

softly

『柔らかに』

静かに

優しく;寛大に

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

province

〈C〉(国の行政区画としての)州,省,県

〈U〉(権威・績任などの及ぶ)範囲,(学問・活動などの)領域,分野

《the provinces》(首都・大都市に対して)『地方』,いなか

〈U〉(特定の動植物の)生息地域,繁殖地域

〈C〉属州(古代ローマで,ローマの支配下にあったイタリア本国以外の土地)

〈C〉(大主教・修道会の)管区

southwest

〈U〉《the~》『南西』(《略》『SW,D.W.,s.w.』)

《the~》南西地域,南西部;《the S-》米国南西部[地方]

南西へ向かう

(風が)南西からの

南西へ(に)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

childhood

『幼時』,子供時代

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

tumultuous

(群衆などが)騒然とした

(心が)取り乱した

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

collector

(…の)収集家,採集者《+『of』+『名』》

(…の)集金人,取り立て人;徴税官;(一般に)(…を)集める人《+『of』+『名』》

curate

(おもに英国国教会の)牧師補,副牧師(rectorまたはvicarの助手または代理);(カトリックの)助任司祭

museum

『博物館』;美術館

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

cultural revolution

文化革命

《the C-R-》(中国の)文化大革命

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

commission

〈U〉〈C〉(任務・職権などの)『委任』,委託;委任状

〈U〉(委任された)『権限』,職権

〈C〉(権威筋より発せられた)命令,指示;責務,任務

〈C〉委任された仕事,頼まれごと;(…する)依頼,注文《+『to』 do》

《集合的に》『委員会』

〈U〉(商取引における)委託,代理業務;〈C〉(委託業務に対する)手数料,口銭

〈U〉(犯罪などを)犯すこと,遂行《+『of』+『名』》

〈C〉将校任命辞令;〈U〉将校の地位

〈人〉‘に'権限を与える,特別の依頼をする

〈将官に〉任命する

〈船など〉'を'就航させる

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

bronze

〈U〉『青銅』,ブロンズ

〈C〉青銅製の美術品

〈U〉青銅色

青銅色の

青銅の,青銅製の

…'を'青銅のようにする,青銅色にする,〈日光などが〉〈皮膚など〉'を'褐色に焼く

青銅色になる,日に焼ける

statue

『像』,彫像,立像

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

mainland

《通例 the~》本土,大陸(付近の島と区別した)

Taiwan

台湾

commemorate

(祝典・儀式などで)…'を'祝う,記念する

…‘の'記念となる

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

forgotten

forgetの過去分詞

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

artifact

(天然物と区別して)人工物,加工品;(特に)古代人が使った道具(武器,装飾品)

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

flying

飛ぶ,飛行する

ひらひらする,翻る:flying flags翻る旗

飛ぶように速い

《名詞の前のみの用いて》大急ぎの

飛ぶこと,飛行

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

rafter

たる木(むねから軒先に平行に張り渡す木材)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

arc

『弧』,円弧

電弧(2点間を弧状に流れる電流)

弧を描く

電弧を生じる

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

humility

謙そん,卑下;〈C〉《複数形で》謙虚な行為

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

succession

〈C〉(…の)『連続』(series)《+of+名》

〈U〉『続くこと』,連続

〈U〉(地位・財産などの)『継承[権]』,相続[権]《+to+名》

〈U〉(…に対する)継承(相続)順位《+to+名》

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

joiner

建具職,指物(さしもの)師

《話》多くの団体に好んで加入する人

結合する人(物)

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

learned

『学問のある』,博学な

学問的な,学術的な

《名詞的に;the~》学者たち

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画