TED日本語 - アンソニー・ロビンズ: 何が人を動かすのか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アンソニー・ロビンズが、人の行動の動機となる「見えない力」について話します・・・それに客席最前列のアル・ゴアとのハイタッチもあります。

Script

(拍手) 私は困難と興奮の 両方を感じています 興奮は この場で恩返し ができるからで 困難は 私のセミナーは 一番短くて 50時間だからです (笑) 誇張ではないです セミナーは週末にしていて コーチングなんかをしていますが イマージョン学習に興味があって― 皆さんは言語をどう学びましたか? 基本を習っただけ ではないでしょう 何度も繰り返して 身につけたはずです

私がここにいる理由は クレイジーな 男だからというのは別として やる気を引き出すため ではありません 皆さんには 必要ないですよね みんなそれが私の仕事と 思っているようで 大違いですなんですが 「やる気なら間に合ってる」と 言われることがあって 「私の仕事はそんなんじゃないですよ」 と答えています 「なぜ」を探求するのが私です 人が行動する理由を知りたいんです

皆さんを行動に 突き動かすのは何か? 今 皆さんの人生を動かしているのは何か? 10年前と何が変わったか? それとも同じことを 繰り返しているのか? 内的動機付けの 見えない力こそが 世界で最も大事なものだと 信じているからです 感情こそ 人生の原動力だと 信じているからこそ 私はここにいます この場にいる人は皆 素晴らしい心の持ち主です まあ 大部分はそうでしょう? 他の分野はともかく 考え方はみんな分かっていて 何でも合理化できます 何だってできます 数日前にやっていた話には同意します 人は利己的に行動する というやつです

でも時に それは 当てはまりません いつでも利己的な わけではないのです 感情がからむと 思考の回路が 変わるからです 世の中のあり方について 私たちが 知的に考えるのは 素晴らしいことです 頭のいい人は 頭の中で ゲームだってできます でも一番知りたいのは 何が人を動かすのか

この講演の終わりまでに 皆さんを説得したいのは 自分が今いる場所を 探索するということです 理由の1つは もっと 貢献できるように もう1つは 他の人を もっと理解し もっと認め 今日の社会が直面する問題に 歯止めをかけられる 「つながり」を 作り出すためです 私たちを繋ぐテクノロジーで 問題は拡大するばかりです テクノロジーで私たちは接し合いますが 接し合うことが必ずしも 「皆が皆を理解し 皆が皆を認める」 という視点を 作り出しはしないからです

私が30年間 夢中になってきたのは 「何が人生の質に違いをもたらし 何が成果の違いをもたらすのか?」 ということです それが私の仕事です 今すぐ結果を出すこと それが30年間 私のやってきたことです 電話がかかってきます 全国放送で中継されるゴルフの試合で 選手が大きなミスをして 5打差もあったのに コースに戻れなくなったと 即座に答えを出さないと 無に帰します あるいはまた 電話で 子どもが自殺を図っていると 即座に何とかしなければならない この29年間 ありがたいことに 私は一度もやり損ねませんでした これから先もやり損ねない とは言えませんが そうできた理由は 人間のニーズへの理解にあります

そういった電話を受けたとき 問題なのは そこなんです どうやって変えるか? それに人が自分を越えた何かに 貢献する能力を形作るのは何か ということも探求しています だから本当の疑問が 何かというと 人生を見ていると 2つ大きな教訓があって 1つは達成の科学 うまくいくものがすべて よく身に付けているものです 見えないものを どうやって 見えるようにするか 夢見ていることを どうやって 実現するか ビジネス 社会貢献 お金 何であれ 自分 友達 家族 誰のためであれ

一方で 身に付けられる人が少ないのは 充足の技です 科学は易しいですからね 規則があり コードを書けば 結果が出ます 一度ゲームを理解すれば 掛け金を上げられます しかし充足となると これは技です というのも それは 認めることであり 貢献することだからです 自分で感じ取るしかありません ある現実の疑問に答えるための 面白い実験の機会が あったんですが その疑問とは「すべてを与えられた時に 人はどう変わるか?」です リソースやなにか 必要と言うものを すべて与えます 100ドルPCではなく 最高級のPCをあげます 愛や喜びを与え 彼らの満足のために 尽くします そうした人たちは 得てして 皆さんご存じと思いますが 愛 教育 お金 後ろ盾に 恵まれながら 更正施設を出入りして 人生の残りを過ごすのです 一方で 究極の苦難の 中にある人々が 心理的 性的 精神的 感情的に 虐げられながらも 社会に大きく 貢献することがあります

これはどういうことなのか 我々は問わねばなりません 我々を形作るのは 一体何なのか? 我々はセラピー文化に 生きています その意味は すべては過去で決まると 思い込んでいるということです そのように考えているなら そもそも この場にいないでしょうが 多くの社会で人生は 運命だと考えられています 過去と未来に違いはありません そこに生きていればそうなります この場のみんなが 知っていて 思い起こさなければならないのは― というのも 何をすべきか 頭で分かっていても 実際やるとは限らないので―

思い起こすべきなのは 決断には究極の力がある ということです 何か達成しそこねたことについて 尋ねてみたなら 人生で重要なことを達成し そこねたかことのある人は 「はい」と答えてください

はい

熱意ある参加ありがとう (笑)

なぜできなかったのか 聞いてみたなら 部下や パートナーや 自分自身に 失敗した理由を聞いたなら どう答えるでしょう? 知識が足りなかった 資金がなかった 時間がなかった 技術がなかった マネージャーがダメだった

(アル・ゴア) 連邦最高裁がダメだった

それでは― (拍手) それでは― (拍手) 連邦最高裁も含め ここで共通しているものは何か? (笑) リソースが足りなかったと言います それはその通りかもしれません 資金や 連邦最高裁の 問題かもしれない でも それは決定的要因 ではないんです (拍手) 間違っていたら 正してください 決定的要因はリソースではなく 問題解決力です 私が言いたいのは もし人間的な 感情があるなら これは一昨日の あなたの姿に 強く見出したものですが もしあの感情をもって 話していたなら きっと勝っていたはずです (拍手)

まあ どうすべきか 言うのは簡単ですけどね (笑) 「ロビンズのばかが」 でもあの時 討論を見ていて この人の知性や能力に対する 理解を妨げる感情がありました それがあの日 ある人々に訪れたのです あなたに投票したかったのに しなかった人がいるのを知っています 私は苛立ちましたが そこにはある感情があったのです 私の言うことが分かる人?

(観衆) はい

つまり感情なのです 適切な感情を持ったなら 何だって やり遂げられます クリエイティブで 陽気で 楽しかったなら 意志は通じるでしょ?

(観衆) はい

お金がなくても 創意と決意で 道は見つけられる それが究極のリソースなのです でもみんなが言い訳する話は 違っています みんないろんな 言い訳をします リソースがどうとか でも究極的には こちらを見てもらうと 達成できなかった言い訳は― その次のスライドです 誰かさんのお陰で すっかり調子が狂いました (笑) 熱意は評価しますよ (笑)

リソースを決めるのは何か? 決断が運命を作ると言いました その決断には3つあります 何に集中するか 集中するところを すぐ決める必要があります 意識するにせよ しないにせよ 集中するものを決めた瞬間 それに意味付け するようになり そして意味は 感情を生み出すのです これは終わりなのか始まりなのか? 神は罰しているのか報いているのか あるいはサイコロの目に過ぎないのか そして感情が 行動を引き出すのです

決断が運命を開いた時を 思い起こしてください 重たい話に聞こえるでしょうが ここ5年 10年 15年で もし違う決断を していたら 人生がまったく違う ものになっていた そういう例を いくつ思い付くでしょう? 良くも悪くも ありますよね?

(観衆) はい

結果は 勤め先だったり 人生の伴侶だったり 仕事上の決断かもしれません ここにいたGoogleの天才たちは 最初技術を 売るつもりでした もし彼らが 自ら文化を 生み出す代わりに そうしていたなら 世界はどう違っていたか? 彼らの人生やインパクトは どう違っていたか? 歴史はそういった 決断の結果なのです ある女性が立ち上がって 「バスの後ろに行く気はないわ」と言う 自分の人生だけでなく 文化全体に影響を与えたのです あの戦車の前に立ちはだかる男もそう ランス・アームストロングの 立場だったとして 「精巣癌です」と告知されたら 男性には辛いことです 特に自転車乗りには (笑) 脳に腫瘍ができたら 肺にできたら 彼は何に集中する決断を したでしょう? 多くの人とは 違うことです それは終わりではなく 始まりです そこで自分は何をするのか? それまで勝ったことのない選手権で 彼はその後 7回優勝します 感情的にタフになったからです 心理的な強さです 人間として違うところです 私はラボを通し

29年に渡り 80カ国の 300万人と関わってきて そのうちパターンが 見えるようになりました 南アメリカとアフリカは 昔繋がっていたのかもしれない みんな「ばかばかしい」と言います ランスを形作ったのは何か? 2つの見えない力です 1つは「状態」 みんな経験があると思いますが 何かをしては 振り返り 「何でやったんだ?」 「馬鹿じゃないのか」と思う そういうことのある人?

(観衆) はい

何かやった後に 「あれやったの俺だぜ!」 と思ったことは? (笑) これは能力でなく 状態です 世界のモデルが 長期的には 自分を形作るのです 世界のモデルはフィルタです それが私たちを形作ります それが決断をさせます 誰かに影響を与えたいなら 何に影響されるか 知ることです 3つの部分が あると思います 1つは目的 何を追い求めているのか これは欲求とは違います これまでにゴールを達成して 「もっとないのか?」と 思ったことのある人? そういう経験あるでしょう?

(観衆) はい

私たちが持っているのはニーズで 人のニーズには6つあります もう1つは 自分を動かす 目的を把握したら それを顕わにします 作るのではなく顕わにするのです すると地図が見つかります ニーズを満たす方法を示す 信念システムです ニーズを満たす方法が 世界の破壊という人もいます 何かを作ることだという人 誰かを愛することだという人もいます それが自分に合った燃料なのです では6つのニーズを簡単に説明しましょう

1つ目は「確実性」です ニーズは ゴールや欲求と違い 普遍的です みんな苦痛を避け 快適さを求めるため 確実性を必要とします どうやって手に入れるか? 人を支配する? スキルを磨く? あきらめる? 煙草を吸う? すっかり確実性を手に入れると 皮肉なことに 必要なものであるにもかかわらず 健康や子どもやお金への 不安があると あまり考えられなくなります 天井が崩れ落ちないか不安なら 講演なんて上の空になります しかし確実性を追って すっかり手に入れたなら どう感じるでしょう? 何が いつ どう起きるか 分かっていたら どう感じるか 退屈するでしょう 神はその無限の叡智で― (笑) 人間に第2のニーズとして 「不確かさ」を与えたのです 私たちは変化を 驚きを必要とします 驚きが好きな人は?

(観衆) はい

ウソだね 好きなのは 好ましい驚きだけでしょう (笑) 問題を起こしたくはないけれど 必要としているのです 変化は重要です 見たことのある映画を 借りたことありますか? やったことのある人? 他にやることないの? (笑) どうしてそんなことを するのか? いい映画だし 前に見たのは随分前で 忘れているので 変化があると期待するのです

第3のニーズは 「重要性」です 重要だ 特別だ 唯一だと感じたい お金を稼ぐことで得られ 精神性を求めることで得られます タトゥーやピアスを 誰も見たがらないような場所に 入れることで 得られます でも一番手っ取り早いのは 暴力です 何の経歴も 文化も 信条も リソースも 能力もないなら 暴力です 頭に銃を突きつけたなら 相手にとって私は即座に 重要になります 0 から10のレベルのどこかと 言えば 10でしょう 相手が私に反応する確実性は 10 です では不確実性は? 何が起こるか分からない興奮です 洞窟をよじ登って 下まで滑り降りるような まったくの変化と不確実性です そして命を賭けようと思うのも 重要性のためです それが常に暴力が 存在する理由です 種として意識的に 変わろうとでもしない限り 重要性を得る方法は 無数にありますが ユニークで違ったものに なる必要があります

そして本当に必要なもの「繋がりと愛」 第4のニーズです みんな愛を望みますが 多くの人は繋がりに落ち着きます 愛は怖いからです 傷つきたくない 深い関係で傷ついた ことのある人 (笑) 手を挙げない人は 別な問題を 抱えることになるね (笑) そしてまた傷つくことになる このポジティブな集まりに 来て良かったでしょう? (笑) これは必要なもので 親密さ 友情 祈り 自然の中を歩くこと などを通して得られます どれもうまくいかなかったら 犬を飼いましょう ほんの数分離れていただけでも 半年ぶりに会うかのように 喜びます (笑)

はじめの4つのニーズは 誰もが出会えるものです 自分に嘘をつこうと 人格を分裂させる必要があろうと でも残りの2つは違います 最初の4つは人格的ニーズでしたが あとの2つは精神的ニーズです これこそ 充足の 得られるものです 最初の4つで充足は得られません 喫煙 飲酒なんかでも最初の4つは得られますが あとの2つはそうはいきません 第5のニーズ「成長」 これはみんな知っています 成長しなければ 人間関係が発展しなければ ビジネスが成長しなければ 自分が成長しなければ お金がいくらあっても 無意味です どれほど友達や 愛してくれる人がいようと 地獄のように感じるでしょう 私たちが成長する理由は 与えられる価値あるものを 持つためです

第6のニーズは 自分を越えた 「貢献」です 言い古されてますが 生きる秘訣は与えることです 人生とは「私」ではなく「私たち」のもの 文化はそれを知っており この場のみんなが知っています ネグロポンテが 100ドルPCの話をしたとき 何よりも興奮するのは 今や彼は天才というだけでなく 使命があるということです 彼の変化を感じられ それは素晴らしいことです 彼の使命は 他の人も感化します 私の人生にもありました 11歳の時ですが 感謝祭にお金も食べ物もなく 飢えていました 父はまったく失敗し 母は父にそれを 分からせようとしていました そこへ誰かが戸口にやってきて 食べ物を届けてくれました 父は3つの決意をしました 「これは慈善だ それはどういう意味か 自分は無価値ということ 何をすべきだったのか? 家族を離れよう」 それが父のしたことです これは私の最も辛い体験でした 私の3つの決意は違った道を辿りました 1番目「食料確保への集中」 なんて考えでしょう! (笑)

2番目 これは私の人生を 形作ったものですが 「知らない人からの贈り物」 父はいつも言っていました 「誰も気にかけてくれはしない」 それが突然 知らない人が 何も求めることなく ただ私の家族に気を配り 食べ物をくれたのです それは私に考えさせました 「他人が気にかけてくれるというのは どういうことだろう?」 他人が自分を気に かけてくれるなら 自分も人のことを 気にかけて 何かをしよう それで17歳の時の感謝祭の日に それまで貯めていたお金で 2つの家族に 食べ物を届けたのです 私の人生で最高に楽しく 感動的な体験でした 次の年は4家族に 誰にもその話はせずにです その次の年は8家族 褒められたくてやったんじゃありません でもその後に クソッ 誰かの助けがいる と思いました (笑)

それで私はどうしたでしょう? 友達を誘って 会社を作りました 11の会社ができ 基金を作りました 18年たった今 誇りを持って言えます この基金を通じて 35カ国の200万人に 感謝祭やクリスマスの休日に 食べ物を届けました (拍手) 世界中のあらゆる国で 素晴らしいことでした (拍手) ありがとうございます (拍手) この話をするのは 自慢のためではなく 人間であることに誇りを感じるからです みんな貢献できることにワクワクしています 言えるからではなく 体験できるからです

もう時間切れですが 最後に 目的が人間を作るという話をします 人によって違うところです 同じニーズを持っていても 一番重視するのは 確実性か それとも不確実さか? 洞窟を登る人間は確実性派ではありません 動かされるのは 重要性か愛か 6つとも必要ですが どれを優先するかによって 向かう方向が変わってきます そして向かう方向によって 行き着く先も変わります もう1つの要素は地図です 目的地への行き方を示してくれる システムと考えください ある人の地図は 「たとえ自分の命にかえても 人の命を救う」 消防士です あるいは 「目的のためには人を殺しもする」 重要性のニーズを満たそうとします 神や家族のために働こうとしますが 持っている地図が違います

異なる信条が7つあります 時間がないので この話ははしょります そして最後の要素が感情です 地図のある部分は時間ですが 長い時間が100年を指す人もいれば 3秒の人もいます 私に残された時間ですね (笑) 最後のやつは自分に かかってきます 目的があって 地図があれば Macでうまく動かないので Googleマップを使えないんですが MapQuestを使うという 致命的な判断をした人は どれくらいいますか? (笑) 目的地にたどり着けません 自分の信念が 目的地にたどり着けないことを 保証するとしたらどうでしょう? (笑)

最後は感情です 英語で名前のついている感情は 6000種類あります 単なる言語表現ですが 言語によって違います しかし支配的な感情が― もっと時間があれば 普段体験する あらゆる感情を みんなに書いてもらい 必要なだけ時間をかけて 紙の両面に それぞれ 力付ける感情と 無力化する感情を書きます 何種類の感情を体験すると思いますか? 12個以下です その半分はクソみたいに感じさせるもので 良い感情は5、6個 たがらこんな感じです 「嬉しい 嬉しい 興奮する くそっ むかつく むかつく 落ち込む うんざりする」 何が起ころうとも 腹を立てる人間を 知っているという人は どれくらいいますか? (笑) 一方で 何が起きようとも 幸せや興奮を 見出す人もいるでしょう?

9.11テロが起こったとき 私はハワイにいました 45カ国から2000人が参加し 4カ国語に同時通訳される 1週間に渡るプログラムでした その夜のテーマは 「感情をマスターする」でしたが 何をするかまだ決めてなくて 花火や何やら 楽しいものを用意していて こういう予定ですと 言うつもりでしたが 予定通りにやったためしがなく 突然こう言いました 「人が本当に生き始めるのはいつか? 死に直面したときです」 そしてこう続けました 9日後にこの島を出ることなく 死ぬとしたら 誰に電話して何と言い 何をしますか? これは 9.11テロの起きている 最中でしたが ある女性がセミナーに 来て話しました 前の彼氏は 誘拐され 殺されていました 今の彼氏にプロポーズされましたが 彼女は断りました

「もしそのハワイのセミナーに行くなら 僕たちは終わりだ」 「終わりにしましょう」 セミナーの後 彼女は彼に電話し 彼は貿易センタービルの 最上階で働いていていたんですが 伝言を残しました 「愛してるわ 結婚したいとだけ伝えたかったの 私バカだったわ」 彼が電話をかけ返してきたとき こちらでは朝の3時で 彼女は眠っていました 「これが何を意味するのか わからないけど 君は僕にとても素晴らしい 贈り物をしてくれたんだ 僕は死んでいくんだから」 彼女はその録音をみんなに 聞かせてくれました 彼女は後にラリー・キングの番組にも出ています 彼は言いました 「何で2度もこんなことが 起きるのかと思うだろうけど これは君への神の メッセージだと思う これからの人生 日々 持てるものを与え 全力で愛しなさい 何者にも立ち止まらずに」 彼女が話し終えると 男が立ち上がりました 「私はパキスタン人で イスラム教徒です あなたの手を握って言いたい お気の毒ですが これは報いです」 続きは話せませんね 時間切れです (ブーイング) じゃあ10秒で (拍手)

10秒で話しましょう 時間は守りたい その男性と 世界貿易センターで働く ニューヨークの男性に ステージに上がってもらいました その場にニューヨークから来た人が 200人ほどいて 会社や 友人を失った人も 50人いました トレーダーをしている鉄のような女性が 30人の友人を失い 泣いていました 私は彼ら言いました 「何に焦点を当てましょうか? これは何を意味しているのか 我々は何をすべきか?」

このテーマをみんなに 考えてもらいました 今日 誰かを失わなかった人は 他の誰かを どう助けるか がテーマです ある女性が立ち上がって すごく怒って叫び出しました ニューヨークの人でも アメリカ人でもないのに 誰も知っている人はいませんでした 「いつも怒っているんですか?」 彼女は「ええ」と 罪のある人は罪を 悲しい人は悲しみを感じました それからさっきの2人に 代表として議論してもらいました 占領地区に家族のいるユダヤ人で もし普段通り仕事に行っていたら 死んでいただろうニューヨークの人と テロリストになりたいという 意志を持つ人です ビデオがありますので ご覧になりたい方には お送りします 私の話よりいいでしょう 2人は歩み寄っただけでなく 信条と世界観を変えました 彼らはもう4年も一緒に モスクやシナゴーグを通して 平和のための活動をしています 彼はまた 「私の聖戦 ― 平和への道」という本も 書きました 変化は起こせるのです

だから皆さんに 頭の中にある織物― 自分をコントロールしている ニーズ 信念 感情を 探求してほしいのです 2つの理由があります より多くの人が与え 達成すること みんなそうしたいとは 思っています 与えることでこそ 私たちは満たされるのです もう1つは 認められるようになること 知的に理解するだけでなく 他の人を動かしているものを 認めるということです それこそが この世界を変えられる 唯一のものです ありがとうございました お役に立てたなら光栄です (拍手)

(Applause) Thank you. I have to tell you I'm both challenged and excited. My excitement is: I get a chance to give something back. My challenge is: the shortest seminar I usually do is 50 hours. (Laughter) I'm not exaggerating. I do weekends, and what I do -- I do even more than that, obviously, coach people -- but I'm into immersion. Because how did you learn language? You didn't learn it by just learning principles, you got in it and you did it so often that it became real.

And the bottom line of why I'm here, besides being a crazy mofo, is that I'm really in a position -- I'm not here to motivate you, obviously; you don't need that. And a lot of times that's what people think I do, and it's the furthest thing from it. What happens, though, is people say to me, "I don't need any motivation." And I say, "Well, that's interesting. That's not what I do." I'm the "Why" guy. I want to know why you do what you do.

What is your motive for action? What is it that drives you in your life today? Not 10 years ago. Or are you running the same pattern? Because I believe that the invisible force of internal drive, activated, is the most important thing in the world. I'm here because I believe emotion is the force of life. All of us here have great minds. You know? Most of us here have great minds, right? I don't know about another category, but we all know how to think. And with our minds we can rationalize anything. We can make anything happen. We can -- I agree with what was described a few days ago, about this idea that people work in their self-interest.

But we all know that that's bullshit at times. You don't work in your self-interest all the time, because when emotion comes into it, the wiring changes in the way it functions. And so it's wonderful for us to think intellectually about how the life of the world is, and especially those who are very smart -- we can play this game in our head. But I really want to know what's driving you.

And what I would like to maybe invite you to do by the end of this talk is explore where you are today, for two reasons. One: so that you can contribute more. And two: so that hopefully we can not just understand other people more, but maybe appreciate them more, and create the kinds of connections that can stop some of the challenges that we face in our society today. They're only going to get magnified by the very technology that's connecting us, because it's making us intersect. And that intersection doesn't always create the view of "everybody now understands everybody, and everybody appreciates everybody."

So, I've had an obsession basically for 30 years, and that obsession has been, "What makes the difference in the quality of peoples lives? What makes the difference in their performance?" Because that's what I got hired to do. I've got to produce the result now. That's what I've done for 30 years. I get the phone call when the athlete is burning down on national television, and they were ahead by five strokes and now they can't get back on the course. And I've got to do something right now to get the result or nothing matters. I get the phone call when the child is going commit suicide, and I've got to do something right now. And in 29 years -- I'm very grateful to tell you I've never lost one in 29 years. It doesn't mean I won't some day. But I haven't done it, and the reason is an understanding of these human needs that I want to talk to you about.

So, when I get those calls about performance, that's one thing. How do you make a change? But also, I'm looking to see what is it that's shaping that person's ability to contribute, to do something beyond themselves. So maybe the real question is, you know, I look at life and say, there's two master lessons. One is: there's the science of achievement, which almost everything that's run is mastered to an amazing extent. That's "How do you take the invisible and make it visible," right? How do you take what you're dreaming of and make it happen? Whether it be your business, your contribution to society, money -- whatever it is for you -- your body, your family.

But the other lesson of life that is rarely mastered is the art of fulfillment. Because science is easy, right? We know the rules. You write the code. You follow the -- and you get the results. Once you know the game you just, you know, you up the ante, don't you? But when it comes to fulfillment -- that's an art. And the reason is, it's about appreciation and it's about contribution. You can only feel so much by yourself. So, I've had an interesting laboratory to try to answer the question of the real question, which is what's the difference in somebody's life if you look at somebody like those people that you've given everything to? Like all the resources they say they need. You gave them not a 100-dollar computer; you gave them the best computer. You gave them love; you gave them joy. You were there to comfort them. And those people very often -- and you know some of them, I'm sure -- end up the rest of their life with all this love, education, money and background, spending their life going in and out of rehab. And then you meet people that have been through ultimate pain -- psychologically, sexually, spiritually, emotionally abused -- and not always, but often, they become some of the people that contribute the most to society.

So, the question we've got to ask ourselves really is, what is it? What is it that shapes us? And we live in a therapy culture. Most of us don't do that, but the culture's a therapy culture. And what I mean by that is the mindset that we are our past. And everybody in this room -- you wouldn't be in this room if you bought that theory -- but the -- most of society thinks biography is destiny. The past equals the future. And of course it does if you live there. But what people in this room know, and what we have to remind ourselves, though -- because you can know something intellectually, you can know what to do and then not use it, not apply it.

So really, we're going to remind ourselves that decision is the ultimate power. That's what it really is. Now, when you ask people, you know, have you failed to achieve something? How many have ever failed to achieve something significant in your life? Say, "Aye."

Audience: Aye.

TR: Thanks for the interaction on a high level there. (Laughter)

But if you ask people, why didn't you achieve something? Somebody who's working for you, you know, or a partner, or even yourself. When you fail to achieve a goal, what's the reason people say they fail to achieve? What do they tell you? Don't have the -- didn't know enough, didn't have the -- knowledge. Didn't have the -- money. Didn't have the -- time. Didn't have the -- technology. You know, I didn't have the right manager. Didn't have the ...

Al Gore: Supreme Court. (Laughter)

TR: And -- (Applause) and -- (Applause) -- what do all those, including the Supreme Court, have in common? (Laughter) They are a claim to you missing resources, and they may be accurate. You may not have the money; you may not have the Supreme Court; but that is not the defining factor. (Applause) And you correct me if I'm wrong. The defining factor is never resources; it's resourcefulness. And what I mean specifically, rather than just some phrase, is if you have emotion, human emotion, something that I experienced from you a day before yesterday at a level that is as profound as I've ever experienced, and if you'd communicated with that emotion I believe you would have beat his ass and won. (Applause)

But, how easy for me to tell him what he should do. (Laughter) Idiot, Robbins. But I know when we watched the debate at that time, there were emotions that blocked people's ability to get this man's intellect and capacity. And the way that it came across to some people on that day -- because I know people that wanted to vote in your direction and didn't, and I was upset. But there was emotion that was there. How many know what I'm talking about here? Say, "Aye."

Audience: Aye.

TR: So, emotion is it. And if we get the right emotion, we can get ourselves to do anything. We can get through it. If you're creative enough, playful enough, fun enough, can you get through to anybody? Yes or no?

Audience: Yes.

TR: If you don't have the money, but you're creative and determined enough, you find the way. So this is the ultimate resource. But this is not the story that people tell us, right? The story people tell us is a bunch of different stories. They tell us we don't have the resources, but ultimately, if you take a look here -- flip it up, if you would -- they say, what are all the reasons they haven't accomplished that? Next one, please. He's broken my pattern, that son-of-a-bitch. (Laughter) But I appreciated the energy, I'll tell you that. (Laughter)

What determines your resources? We've said decisions shape destiny, which is my focus here. If decisions shape destiny, what determines it is three decisions. What are you going to focus on? Right now, you have to decide what you're going to focus on. In this second, consciously or unconsciously, the minute you decide to focus on something you've got to give it a meaning, and whatever that meaning is produces emotion. Is this the end or the beginning? Is God punishing me or rewarding me, or is this the roll of the dice? An emotion, then, creates what we're going to do or the action.

So, think about your own life, the decisions that have shaped your destiny. And that sounds really heavy, but in the last five or 10 years,15 years, how have there been some decisions you've made that if you'd made a different decision, your life would be completely different? How many can think about it? Honestly, better or worse? Say, "Aye."

Audience: Aye.

TR: So the bottom line is, maybe it was where to go to work, and you met the love of your life there. Maybe it was a career decision. I know the Google geniuses I saw here -- I mean, I understand that their decision was to sell their technology at first. What if they made that decision versus to build their own culture? How would the world be different? How would their lives be different? Their impact? The history of our world is these decisions. When a woman stands up and says, "No, I won't go to the back of the bus," she didn't just affect her life. That decision shaped our culture. Or someone standing in front of a tank. Or being in a position like Lance Armstrong, and someone says to you, "You've got testicular cancer." That's pretty tough for any male, especially if you ride a bike. (Laughter) You've got it in your brain; you've got it in your lungs. But what was his decision of what to focus on? Different than most people. What did it mean? It wasn't the end; it was the beginning. What am I going to do? He goes off and wins seven championships he never once won before the cancer, because he got emotional fitness, psychological strength. That's the difference in human beings that I've seen of the three million that I've been around.

Because that's about my lab. I've had three million people from 80 different countries that I've had a chance to interact with over the last 29 years. And after a while, patterns become obvious. You see that South America and Africa may be connected in a certain way, right? Other people say, "Oh, that sounds ridiculous." It's simple. So, what shaped Lance? What shapes you? Two invisible forces. Very quickly. One: state. We all have had time. So if you had a time you did something, and after you did it you thought to yourself, I can't believe I said that, I can't believe I did that, that was so stupid -- who's been there? Say, "Aye."

Audience: Aye.

TR: Have you ever done something, after you did it, you go, "That was me!" (Laughter) Right? It wasn't your ability; it was your state. Your model of the world is what shapes you long term. Your model of the world is the filter. That's what's shaping us. That's what makes people make decisions. When we want to influence somebody, we've got to know what already influences them. And it's made up of three parts, I believe. First, what's your target? What are you after? Which, I believe -- it's not your desires. You can get your desires or goals. How many have ever got a goal or desire and thought, is this all there is? How many have been there? Say, "Aye."

Audience: Aye.

TR: So, it's needs we have. I believe there are six human needs. Second, once you know what the target that's driving you is and you uncover it for the truth -- you don't form it; you uncover it -- then you find out what's your map, what's the belief systems that are telling you how to get those needs. Some people think the way to get those needs is destroy the world, some people is to build something, create something, love someone. And then there's the fuel you pick. So very quickly,six needs.

Let me tell you what they are. First one: certainty. Now, these are not goals or desires, these are universal. Everyone needs certainty that they can avoid pain and at least be comfortable. Now, how do you get it? Control everybody? Develop a skill? Give up? Smoke a cigarette? And if you got totally certain, ironically, even though we all need that -- like if you're not certain about your health, or your children, or money, you don't think about much. You're not sure if the ceiling's going to hold up, you're not going to listen to any speaker. But, while we go for certainty differently, if we get total certainty, we get what? What do you feel if you're certain? You know what's going to happen, when it's going to happen, how it's going to happen -- what would you feel? Bored out of your minds. So, God, in Her infinite wisdom, (Laughter) gave us a second human need, which is uncertainty. We need variety. We need surprise. How many of you here love surprises? Say, "Aye."

Audience: Aye.

TR: Bullshit. You like the surprises you want. (Laughter) The ones you don't want you call problems, but you need them. So, variety is important. Have you ever rented a video or a film that you've already seen? Who's done this? Get a fucking life. (Laughter) All right. Why are you doing it? You're certain it's good because you read it before, saw it before, but you're hoping it's been long enough you've forgotten, that there's variety.

Third human need, critical: significance. We all need to feel important, special, unique. You can get it by making more money. You can do it by being more spiritual. You can do it by getting yourself in a situation where you put more tattoos and earrings in places humans don't want to know. Whatever it takes. The fastest way to do this, if you have no background, no culture, no belief and resources or resourcefulness, is violence. If I put a gun to your head and I live in the 'hood, instantly I'm significant. Zero to 10. How high? 10. How certain am I that you're going to respond to me? 10. How much uncertainty? Who knows what's going to happen next? Kind of exciting. Like climbing up into a cave and doing that stuff all the way down there. Total variety and uncertainty. And it's significant, isn't it? So you want to risk your life for it. So that's why violence has always been around and will be around unless we have a consciousness change as a species. Now, you can get significance a million ways, but to be significant, you've got to be unique and different.

Here's what we really need: connection and love -- fourth need. We all want it. Most people settle for connection because love's too scary. Don't want to get hurt. Who here has ever been hurt in an intimate relationship? Say, "Aye." (Laughter) If you don't raise your hand, you'll have had other shit too, come on. (Laughter) And you're going to get hurt again. Aren't you glad you came to this positive visit? (Laughter) But here's what's true -- we need it. We can do it through intimacy, through friendship, through prayer, through walking in nature. If nothing else works for you, get a dog. Don't get a cat. Get a dog, because if you leave for two minutes, it's like you've been gone for six months when you show back up again five minutes later, right? (Laughter)

Now, these first four needs, every human finds a way to meet. Even if you lie to yourself, you need to have split personalities. But the last two needs -- the first four needs are called the needs of the personalities, is what I call it -- the last two are the needs of the spirit. And this is where fulfillment comes. You won't get fulfillment from the first four. You'll figure a way -- smoke, drink, do whatever -- to meet the first four, but the last two -- number five: you must grow. We all know the answer here. If you don't grow, you're what? If a relationship's not growing, if a business is not growing, if you're not growing, it doesn't matter how much money you have, how many friends you have, how many people love you, you feel like hell. And the reason we grow, I believe, is so we have something to give of value.

Because the sixth need is to contribute beyond ourselves. Because we all know, corny as it sounds, the secret to living is giving. We all know life's not about me; it's about we. This culture knows that. This room knows that. And it's exciting. When you see Nicholas up here talking about his $ 100 computer, the most passionate exciting thing is: here's a genius, but he's got a calling now. You can feel the difference in him and it's beautiful. And that calling can touch other people. In my own life, my life was touched because when I was 11 years old, Thanksgiving, no money, no food -- we're not going to starve, but my father was totally messed up. My mom was letting him know how bad he messed up. And somebody came to the door and delivered food. My father made three decisions. I know what they were briefly. His focus was: "This is charity. What does it mean? I'm worthless. What've I got to do? Leave my family." Which he did. The time was one of the most painful experiences of life. My three decisions gave me a different path. I said, "Focus on: 'there's food'" -- what a concept, you know. (Laughter)

Second -- but this is what changed my life, this is what shaped me as a human being -- "Somebody's gift. I don't even know who it is." My father always said, "No one gives a shit." And all of a sudden, somebody I don't know, they're not asking for anything, they're just giving our family food, looking out for us. It made me believe this: "What does it mean that strangers care?" And what that made me decide is, if strangers care about me and my family, I care about them. What am I going to do? I'm going to do something to make a difference. So, when I was 17, I went out one day on Thanksgiving. It was my target for years to have enough money to feed two families. The most fun thing I ever did in my life, the most moving. Then next year I did four. I didn't tell anybody what I was doing. Next year eight. I wasn't doing it for brownie points, but after eight, I thought, shit, I could use some help. (Laughter)

So sure enough, I went out and what did I do? I got my friends involved and I grew companies and then I got 11 companies and I built the foundation. Now,18 years later, I'm proud to tell you, last year we fed two million people in 35 countries through our foundation, all during the holidays: Thanksgiving, Christmas -- (Applause) -- in all the different countries around the world. It's been fantastic. (Applause) Thank you. (Applause) So, I don't tell you that to brag; I tell you because I'm proud of human beings, because they get excited to contribute once they've had the chance to experience it, not talk about it.

So, finally -- and I'm about out of time -- the target that shapes you -- here's what's different about people. We have the same needs, but are you a certainty freak? Is that what you value most, or uncertainty? This man here couldn't be a certainty freak if he climbed through those caves. Are you driven by significance or love? We all need all six, but whatever your lead system is, tilts you in a different direction. And as you move in a direction, you have a destination or destiny. The second piece is the map. Think of that as the operating system that tells you how to get there. And some people's map is: "I'm going to save lives even if I die for other people," and they're firemen. Somebody else is: "I'm going to kill people to do it." They're trying to meet the same needs of significance, right? They want to honor God or honor their family, but they have a different map.

And there are seven different beliefs. I can't go through them because I'm done. The last piece is emotion. I'd say one of the parts of the map is like time. Some people's idea of a long time is 100 years. Somebody else's is three seconds, which is what I have. (Laughter) And the last one I've already mentioned, that fell to you. If you've got a target and you've got a map and let's say -- I can't use Google because I love Macs and they haven't made it good for Macs yet -- so if you use MapQuest -- how many have made this fatal mistake of using MapQuest at some time? (Laughter) You use this thing and you don't get there. Well, imagine if your beliefs guarantee you can never get to where you want to go? (Laughter)

The last thing is emotion. Now, here's what I'll tell you about emotion. There are 6,000 emotions that we all have words for in the English language, which is just a linguistic representation, right, that changes by language. But if your dominant emotions -- if I had more time, I have 20,000 people or 1,000, and I have them write down all the emotions that they experience in an average week, and I gave them as long as they needed, and on one side they write empowering emotions, the other's disempowering -- guess how many emotions people experience? Less than 12. And half of those make them feel like shit. So they got five or six good frickin' feelings, right? It's like they feel "happy, happy, excited, oh shit, frustrated, frustrated, overwhelmed, depressed." How many of you know somebody who no matter what happens finds a way to get pissed off? How many know somebody like this? (Laughter) Or, no matter what happens, they find a way to be happy or excited. How may know somebody like this? Come on.

When 9/11 happened -- I'll finish with this -- I was in Hawaii. I was with 2,000 people from 45 countries. We were translating four languages simultaneously for a program that I was conducting for a week. The night before was called "Emotional Mastering." I got up, had no plan for the this, and I said -- we had all these fireworks -- I do crazy shit, fun stuff -- and then at the end I stopped -- I had this plan I was going to say but I never do what I'm going to say. And all of a sudden I said, "When do people really start to live? When they face death." And then I went through this whole thing about, if you weren't going to get off this island, if nine days from now you were going to die, who would you call, what would you say, what would you do? One woman -- well, that night is when 9/11 happened -- one woman had come to the seminar and when she came there, her previous boyfriend had been kidnapped and murdered. Her friend, her new boyfriend, wanted to marry her, and she said no.

He said, "If you leave and go to that Hawaii thing, it's over with us." She said, "It's over." When I finished that night, she called him and left a message -- true story -- at the top of the World Trade Center where he worked, saying, "Honey, I love you, I just want you to know I want to marry you. It was stupid of me." She was asleep, because it was 3 a.m. for us, when he called her back from the top and said, "Honey, I can't tell you what this means." He said, "I don't know how to tell you this, but you gave me the greatest gift because I'm going to die." And she played the recording for us in the room. She was on Larry King later, and he said, "You're probably wondering how on Earth this could happen to you twice." And he said, "All I can say to you is, this must be God's message to you, honey. From now on, every day give your all, love your all. Don't let anything ever stop you." She finishes, and a man stands up and he says, "I'm from Pakistan; I'm a Muslim. I'd love to hold your hand and say I'm sorry, but, frankly, this is retribution." I can't tell you the rest because I'm out of time. (Laughter) 10 seconds. (Applause)

10 seconds, that's all. I want to be respectful. 10 seconds. All I can tell you is, I brought this man on stage with a man from New York who worked in the World Trade Center, because I had about 200 New Yorkers there. More than 50 lost their entire companies, their friends, marking off their Palm Pilots -- one financial trader, this woman made of steel, bawling -- 30 friends crossing off that all died. And what I did to people is said, "What are we going to focus on? What does this mean and what are we going to do?"

And I took the group and got people to focus on: if you didn't lose somebody today, your focus is going to be how to serve somebody else. There are people -- then one woman got up and she was so angry and screaming and yelling. Then I found out she wasn't from New York; she's not an American; she doesn't know anybody here. I said, "Do you always get angry?" She said, "Yes." Guilty people got guilty, sad people got sad. And I took these two men and did what I call an indirect negotiation. Jewish man with family in the occupied territory, someone in New York who would have died if he was at work that day, and this man who wanted to be a terrorist and made it very clear. And the integration that happened is on a film, which I'll be happy to send you, so you can really see what actually happened instead of my verbalization of it, but the two of them not only came together and changed their beliefs and morals of the world, but they worked together to bring, for almost four years now, through various mosques and synagogues, the idea of how to create peace. And he wrote a book, which is called "My Jihad, My Way of Peace." So, transformation can happen.

So my invitation to you is this: explore your web, the web in here -- the needs, the beliefs, the emotions that are controlling you, for two reasons: so there's more of you to give -- and achieve too, we all want to do it -- but I mean give, because that's what's going to fill you up. And secondly, so you can appreciate -- not just understand, that's intellectual, that's the mind -- but appreciate what's driving other people. It's the only way our world's going to change. God bless you. Thank you. I hope this was of service. (Applause)

(Applause)/ Thank you.// I have to tell/ you/ I'm/ both challenged/ and excited.//

(拍手) 私は困難と興奮の 両方を感じています

My excitement is:/ I get a chance/ to give something back.//

興奮は この場で恩返し ができるからで

My challenge is:/ the shortest seminar/ I usually do/ is 50 hours.//

困難は 私のセミナーは 一番短くて 50時間だからです

(Laughter)/ I'm not exaggerating.// I do weekends,/ and what I do --/ I do even more/ than that,/ obviously,/ coach people --/ but I'm into immersion.// Because/ how did you learn language?//

(笑) 誇張ではないです セミナーは週末にしていて コーチングなんかをしていますが イマージョン学習に興味があって― 皆さんは言語をどう学びましたか?

You didn't learn it/ by just learning/ principles,/ you got in it/ and you did it so often/ that it became real.//

基本を習っただけ ではないでしょう 何度も繰り返して 身につけたはずです

And the bottom line of why I'm here,/ besides being a crazy mofo,/ is/ that I'm really/ in a position --/ I'm not here/ to motivate you,/ obviously;/ you don't need that.//

私がここにいる理由は クレイジーな 男だからというのは別として やる気を引き出すため ではありません 皆さんには 必要ないですよね

And a lot of times/ that's/ what people think I do,/ and it's the furthest thing/ from it.// What happens,/ though,/ is people say to me,/ "I don't need any motivation."//

みんなそれが私の仕事と 思っているようで 大違いですなんですが 「やる気なら間に合ってる」と 言われることがあって

And I say,/ "Well,/ that's interesting.// That's not/ what I do."//

「私の仕事はそんなんじゃないですよ」 と答えています

I'm the "Why"/ guy.// I want to know/ why you do/ what you do.//

「なぜ」を探求するのが私です 人が行動する理由を知りたいんです

What is your motive for action?//

皆さんを行動に 突き動かすのは何か?

What is it/ that drives you/ in your life/ today?// Not/ 10 years ago.//

今 皆さんの人生を動かしているのは何か? 10年前と何が変わったか?

Or are you running the same pattern?// Because I believe/ that the invisible force of internal drive,/ activated,/ is the most important thing/ in the world.//

それとも同じことを 繰り返しているのか? 内的動機付けの 見えない力こそが 世界で最も大事なものだと 信じているからです

I'm here/ because I believe emotion is the force of life.//

感情こそ 人生の原動力だと 信じているからこそ 私はここにいます

All of us here have great minds.//

この場にいる人は皆 素晴らしい心の持ち主です

You know?// Most of us here have great minds,/ right?//

まあ 大部分はそうでしょう?

I don't know about another category,/ but we/ all know/ how to think.//

他の分野はともかく 考え方はみんな分かっていて

And with our minds/ we can rationalize anything.//

何でも合理化できます

We can make anything happen.// We can --/ I agree with what was described a few days ago,/ about this idea/ that people work in their self-interest.//

何だってできます 数日前にやっていた話には同意します 人は利己的に行動する というやつです

But we/ all know/ that that's bullshit/ at times.//

でも時に それは 当てはまりません

You don't work in your self-interest/ all the time,/ because/ when emotion comes into it,/ the wiring changes/ in the way/ it functions.//

いつでも利己的な わけではないのです 感情がからむと 思考の回路が 変わるからです

And/ so it's wonderful/ for us/ to think intellectually/ about how the life of the world is,/ and especially/ those/ who are very smart --/ we can play this game/ in our head.//

世の中のあり方について 私たちが 知的に考えるのは 素晴らしいことです 頭のいい人は 頭の中で ゲームだってできます

But I really want to know/ what's driving you.//

でも一番知りたいのは 何が人を動かすのか

And what I would like to maybe invite you/ to do by the end of this talk is explore/ where you are today,/ for two reasons.// One:/ so that you can contribute more.// And two:/ so that hopefully/ we can not just understand other people/ more,/ but maybe appreciate them/ more,/ and create the kinds of connections/ that can stop some of the challenges/ that we face in our society today.//

この講演の終わりまでに 皆さんを説得したいのは 自分が今いる場所を 探索するということです 理由の1つは もっと 貢献できるように もう1つは 他の人を もっと理解し もっと認め 今日の社会が直面する問題に 歯止めをかけられる 「つながり」を 作り出すためです

They're only going to get magnified by the very technology/ that's connecting us,/ because it's making us intersect.// And that/ intersection doesn't always create the view of "everybody now understands everybody,/ and everybody appreciates everybody."//

私たちを繋ぐテクノロジーで 問題は拡大するばかりです テクノロジーで私たちは接し合いますが 接し合うことが必ずしも 「皆が皆を理解し 皆が皆を認める」 という視点を 作り出しはしないからです

So,/ I've had an obsession basically/ for 30 years,/ and/ that obsession has been,/ "What makes the difference/ in the quality of peoples lives?//

私が30年間 夢中になってきたのは 「何が人生の質に違いをもたらし 何が成果の違いをもたらすのか?」

What makes the difference/ in their performance?"//

ということです

Because that's/ what I got hired to do.//

それが私の仕事です

I've got to produce/ the result now.//

今すぐ結果を出すこと

That's/ what I've done for 30 years.// I get the phone call/ when the athlete is burning down/ on national television,/ and they were ahead by five strokes/ and now/ they can't get back/ on the course.//

それが30年間 私のやってきたことです 電話がかかってきます 全国放送で中継されるゴルフの試合で 選手が大きなミスをして 5打差もあったのに コースに戻れなくなったと

And I've got to do/ something right now/ to get the result or nothing matters.// I get the phone call/ when the child is going commit suicide,/ and I've got to do/ something right now.// And in 29 years --/ I'm very grateful/ to tell you/ I've never lost one in 29 years.//

即座に答えを出さないと 無に帰します あるいはまた 電話で 子どもが自殺を図っていると 即座に何とかしなければならない この29年間 ありがたいことに 私は一度もやり損ねませんでした

It doesn't mean/ I won't some day.// But I haven't done it,/ and the reason is an understanding of these human needs/ that I want to talk/ to you about.//

これから先もやり損ねない とは言えませんが そうできた理由は 人間のニーズへの理解にあります

So,/ when I get those calls/ about performance,/ that's one thing.//

そういった電話を受けたとき 問題なのは そこなんです

How do you make a change?//

どうやって変えるか?

But also,/ I'm looking to see/ what is it/ that's shaping that person's ability/ to contribute,/ to do something/ beyond themselves.// So maybe/ the real question is,/ you know,/ I look at life/ and say,/ there's two master/ lessons.//

それに人が自分を越えた何かに 貢献する能力を形作るのは何か ということも探求しています だから本当の疑問が 何かというと 人生を見ていると 2つ大きな教訓があって

One is:/ there's the science of achievement,/ which almost everything/ that's run/ is mastered to an amazing extent.//

1つは達成の科学 うまくいくものがすべて よく身に付けているものです

That's "How do you take the invisible/ and make it visible,/"/ right?//

見えないものを どうやって 見えるようにするか

How do you take/ what you're dreaming/ of and make it happen?//

夢見ていることを どうやって 実現するか

Whether it be your business,/ your contribution/ to society,/ money --/ whatever it is/ for you --/ your body,/ your family.//

ビジネス 社会貢献 お金 何であれ 自分 友達 家族 誰のためであれ

But the other lesson of life/ that is rarely mastered is the art of fulfillment.//

一方で 身に付けられる人が少ないのは 充足の技です

Because science is easy,/ right?//

科学は易しいですからね

We know the rules.// You write the code.// You follow the --/ and you get the results.// Once/ you know the game/ you just,/ you know,/ you up/ the ante,/ don't you?//

規則があり コードを書けば 結果が出ます 一度ゲームを理解すれば 掛け金を上げられます

But when it comes to fulfillment --/ that's an art.//

しかし充足となると これは技です

And the reason is,/ it's about appreciation/ and it's about contribution.// You can only feel so much/ by yourself.//

というのも それは 認めることであり 貢献することだからです 自分で感じ取るしかありません

So,/ I've had an interesting laboratory/ to try to answer/ the question of the real question,/ which is/ what's the difference/ in somebody's life/ if you look at somebody/ like those people/ that you've given everything/ to?// Like all the resources/ they say they need.// You gave them not a 100-dollar computer;/ you gave them/ the best computer.// You gave them/ love;/ you gave them/ joy.// You were there to comfort them.//

ある現実の疑問に答えるための 面白い実験の機会が あったんですが その疑問とは「すべてを与えられた時に 人はどう変わるか?」です リソースやなにか 必要と言うものを すべて与えます 100ドルPCではなく 最高級のPCをあげます 愛や喜びを与え 彼らの満足のために 尽くします

And those people very often --/ and you know some of them,/ I'm sure --/ end up/ the rest of their life/ with all this love, education, money and background,/ spending their life/ going in and out of rehab.//

そうした人たちは 得てして 皆さんご存じと思いますが 愛 教育 お金 後ろ盾に 恵まれながら 更正施設を出入りして 人生の残りを過ごすのです

And then/ you meet people/ that have been through ultimate pain --/ psychologically,/ sexually,/ spiritually,/ emotionally abused --/ and not always,/ but often,/ they become some of the people/ that contribute the most/ to society.//

一方で 究極の苦難の 中にある人々が 心理的 性的 精神的 感情的に 虐げられながらも 社会に大きく 貢献することがあります

So,/ the question/ we've got to ask/ ourselves really is,/ what is it?//

これはどういうことなのか 我々は問わねばなりません

What is it/ that shapes us?// And we live in a therapy culture.//

我々を形作るのは 一体何なのか?

Most of us don't do that,/ but the culture's a therapy culture.//

我々はセラピー文化に 生きています

And what I mean by that is the mindset/ that we are our past.//

その意味は すべては過去で決まると 思い込んでいるということです

And everybody/ in this room --/ you wouldn't be in this room/ if you bought/ that theory --/ but the --/ most of society thinks/ biography is destiny.//

そのように考えているなら そもそも この場にいないでしょうが 多くの社会で人生は 運命だと考えられています

The past equals the future.// And of course/ it does/ if you live there.//

過去と未来に違いはありません そこに生きていればそうなります

But what people/ in this room know,/ and what we have to remind/ ourselves,/ though --/ because you can know something intellectually,/ you can know/ what to do/ and then not use it,/ not apply it.//

この場のみんなが 知っていて 思い起こさなければならないのは― というのも 何をすべきか 頭で分かっていても 実際やるとは限らないので―

So really,/ we're going to remind/ ourselves/ that decision is the ultimate power.// That's/ what it really is.//

思い起こすべきなのは 決断には究極の力がある ということです

Now,/ when you ask people,/ you know,/ have you failed to achieve/ something?//

何か達成しそこねたことについて 尋ねてみたなら

How many have ever failed to achieve/ something significant/ in your life?// Say,/ "Aye."//

人生で重要なことを達成し そこねたかことのある人は 「はい」と答えてください

Audience:/ Aye.//

はい

TR:/ Thanks/ for the interaction/ on a high level there.//

熱意ある参加ありがとう

(Laughter)/ But/ if you ask people,/ why didn't you achieve something?//

(笑) なぜできなかったのか 聞いてみたなら

Somebody/ who's working for you,/ you know,/ or a partner,/ or even/ yourself.// When you fail to achieve/ a goal,/ what's the reason/ people say they fail to achieve?//

部下や パートナーや 自分自身に 失敗した理由を聞いたなら

What do they tell you?// Don't have the --/ didn't know enough,/ didn't have the --/ knowledge.// Didn't have the --/ money.//

どう答えるでしょう? 知識が足りなかった 資金がなかった

Didn't have the --/ time.// Didn't have the --/ technology.// You know,/ I didn't have the right manager.// Didn't have the ...//

時間がなかった 技術がなかった マネージャーがダメだった

Al Gore:/ Supreme Court.// (Laughter)/ TR:/ And --/ (Applause) and --/ (Applause) --/ what do all those,/ including/ the Supreme Court,/ have in common?//

(アル・ゴア) 連邦最高裁がダメだった それでは― (拍手) それでは― (拍手) 連邦最高裁も含め ここで共通しているものは何か?

(Laughter)/ They are a claim/ to you/ missing resources,/ and they may be accurate.//

(笑) リソースが足りなかったと言います それはその通りかもしれません

You may not have the money;/ you may not have the Supreme Court;/ but that is not the defining factor.//

資金や 連邦最高裁の 問題かもしれない でも それは決定的要因 ではないんです

(Applause)/ And you correct me/ if I'm wrong.//

(拍手) 間違っていたら 正してください

The defining factor is never resources;/ it's resourcefulness.//

決定的要因はリソースではなく 問題解決力です

And what I mean specifically,/ rather than just some phrase,/ is/ if you have emotion,/ human emotion,/ something/ that I experienced from you/ a day/ before yesterday/ at a level/ that is as profound/ as I've ever experienced,/ and/ if you'd communicated with that emotion/ I believe you would have beat his ass and won.//

私が言いたいのは もし人間的な 感情があるなら これは一昨日の あなたの姿に 強く見出したものですが もしあの感情をもって 話していたなら きっと勝っていたはずです

(Applause) But,/ how easy/ for me to tell him/ what he should do.//

(拍手) まあ どうすべきか 言うのは簡単ですけどね

(Laughter)/ Idiot,/ Robbins.// But I know/ when we watched the debate/ at that time,/ there were emotions/ that blocked people's ability/ to get this man's intellect and capacity.//

(笑) 「ロビンズのばかが」 でもあの時 討論を見ていて この人の知性や能力に対する 理解を妨げる感情がありました

And the way/ that it came across/ to some people/ on that day --/ because I know people/ that wanted to vote/ in your direction/ and didn't,/ and I was upset.// But there was emotion/ that was there.//

それがあの日 ある人々に訪れたのです あなたに投票したかったのに しなかった人がいるのを知っています 私は苛立ちましたが そこにはある感情があったのです

How many know/ what I'm talking/ about/ here?// Say,/ "Aye."//

私の言うことが分かる人?

Audience:/ Aye.//

(観衆) はい

TR:/ So,/ emotion is it.// And/ if we get the right emotion,/ we can get ourselves/ to do anything.// We can get through it.//

つまり感情なのです 適切な感情を持ったなら 何だって やり遂げられます

If you're creative enough,/ playful enough,/ fun enough,/ can you get through/ to anybody?// Yes or no?//

クリエイティブで 陽気で 楽しかったなら 意志は通じるでしょ?

Audience:/ Yes.//

(観衆) はい

TR:/ If you don't have the money,/ but you're creative/ and determined enough,/ you find the way.// So this is the ultimate resource.//

お金がなくても 創意と決意で 道は見つけられる それが究極のリソースなのです

But this is not the story/ that people tell us,/ right?//

でもみんなが言い訳する話は 違っています

The story people tell us/ is a bunch of different stories.//

みんないろんな 言い訳をします

They tell us/ we don't have the resources,/ but ultimately,/ if you take a look here --/ flip it up,/ if you would --/ they say,/ what are all the reasons they haven't accomplished/ that?//

リソースがどうとか でも究極的には こちらを見てもらうと 達成できなかった言い訳は―

Next one,/ please.// He's broken my pattern,/ that son-of-a-bitch.//

その次のスライドです 誰かさんのお陰で すっかり調子が狂いました

(Laughter)/ But I appreciated the energy,/ I'll tell you that.//

(笑) 熱意は評価しますよ

(Laughter)/ What determines your resources?// We've said/ decisions shape destiny,/ which is my focus here.// If decisions shape destiny,/ what determines/ it is three decisions.// What are you going to focus on?//

(笑) リソースを決めるのは何か? 決断が運命を作ると言いました その決断には3つあります 何に集中するか

Right now,/ you have to decide/ what you're going to focus on.//

集中するところを すぐ決める必要があります

In this second,/ consciously or unconsciously,/ the minute/ you decide to focus/ on something/ you've got to give/ it/ a meaning,/ and whatever that/ meaning is produces emotion.//

意識するにせよ しないにせよ 集中するものを決めた瞬間 それに意味付け するようになり そして意味は 感情を生み出すのです

Is this the end or the beginning?// Is God/ punishing me/ or rewarding me,/ or is this the roll of the dice?//

これは終わりなのか始まりなのか? 神は罰しているのか報いているのか あるいはサイコロの目に過ぎないのか

An emotion,/ then,/ creates/ what we're going to do or the action.//

そして感情が 行動を引き出すのです

So,/ think about your own life,/ the decisions/ that have shaped your destiny.//

決断が運命を開いた時を 思い起こしてください

And that sounds really heavy,/ but in the last five or 10 years,/15 years,/ how have there been some decisions/ you've made/ that if you'd made a different decision,/ your life would be completely different?// How many can think about it?//

重たい話に聞こえるでしょうが ここ5年 10年 15年で もし違う決断を していたら 人生がまったく違う ものになっていた そういう例を いくつ思い付くでしょう? 良くも悪くも

Honestly,/ better or worse?// Say,/ "Aye."//

ありますよね?

Audience:/ Aye.//

(観衆) はい

TR:/ So the bottom line is,/ maybe/ it was/ where to go to work,/ and you met the love of your life there.//

結果は 勤め先だったり 人生の伴侶だったり

Maybe/ it was a career decision.// I know the Google geniuses/ I saw here --/ I mean,/ I understand/ that their decision was to sell their technology/ at first.// What if they made that decision versus/ to build their own culture?// How would the world be different?//

仕事上の決断かもしれません ここにいたGoogleの天才たちは 最初技術を 売るつもりでした もし彼らが 自ら文化を 生み出す代わりに そうしていたなら 世界はどう違っていたか?

How would their lives be different?// Their impact?//

彼らの人生やインパクトは どう違っていたか?

The history of our world is these decisions.//

歴史はそういった 決断の結果なのです

When a woman stands up/ and says,/ "No, I won't go to the back of the bus,/"/ she didn't just affect her/ life.// That decision shaped our culture.//

ある女性が立ち上がって 「バスの後ろに行く気はないわ」と言う 自分の人生だけでなく 文化全体に影響を与えたのです

Or someone standing/ in front of a tank.// Or being in a position/ like Lance Armstrong,/ and someone says to you,/ "You've got testicular cancer."// That's pretty tough/ for any male,/ especially/ if you ride a bike.//

あの戦車の前に立ちはだかる男もそう ランス・アームストロングの 立場だったとして 「精巣癌です」と告知されたら 男性には辛いことです 特に自転車乗りには

(Laughter)/ You've got it/ in your brain;/ you've got it/ in your lungs.//

(笑) 脳に腫瘍ができたら 肺にできたら

But what was his decision of what to focus on?//

彼は何に集中する決断を したでしょう?

Different/ than most people.// What did it mean?//

多くの人とは 違うことです

It wasn't the end;/ it was the beginning.// What am I going to do?//

それは終わりではなく 始まりです そこで自分は何をするのか?

He goes off/ and wins seven championships/ he never once won/ before the cancer,/ because he got emotional fitness,/ psychological strength.// That's the difference/ in human beings/ that I've seen of the three million/ that I've been around.//

それまで勝ったことのない選手権で 彼はその後 7回優勝します 感情的にタフになったからです 心理的な強さです 人間として違うところです 私はラボを通し

Because that's about my lab.// I've had three million people/ from 80 different countries/ that I've had a chance/ to interact with over the last 29 years.// And/ after a while,/ patterns become obvious.//

29年に渡り 80カ国の 300万人と関わってきて そのうちパターンが 見えるようになりました

You see/ that South America/ and Africa may be connected in a certain way,/ right?// Other people say,/ "Oh,/ that sounds ridiculous."// It's simple.// So,/ what shaped Lance?//

南アメリカとアフリカは 昔繋がっていたのかもしれない みんな「ばかばかしい」と言います ランスを形作ったのは何か?

What shapes you?// Two invisible forces.// Very quickly.// One:/ state.//

2つの見えない力です 1つは「状態」

We/ all have had time.//

みんな経験があると思いますが

So/ if you had a time/ you did something,/ and/ after you did it/ you thought to yourself,/ I can't believe/ I said/ that,/ I can't believe/ I did/ that,/ that was so stupid --/ who's been there?//

何かをしては 振り返り 「何でやったんだ?」 「馬鹿じゃないのか」と思う

Say,/ "Aye."//

そういうことのある人?

Audience:/ Aye.//

(観衆) はい

TR:/ Have/ you ever done something,/ after you did it,/ you go,/ "That was me!"//

何かやった後に 「あれやったの俺だぜ!」

(Laughter)/ Right?// It wasn't your ability;/ it was your state.//

と思ったことは? (笑) これは能力でなく 状態です

Your model of the world is/ what shapes you long term.//

世界のモデルが 長期的には 自分を形作るのです

Your model of the world is the filter.// That's/ what's shaping us.//

世界のモデルはフィルタです それが私たちを形作ります

That's/ what makes people make decisions.//

それが決断をさせます

When we want to influence/ somebody,/ we've got to know/ what already influences them.//

誰かに影響を与えたいなら 何に影響されるか 知ることです

And it's made up/ of three parts,/ I believe.//

3つの部分が あると思います

First,/ what's your target?// What are you/ after?//

1つは目的 何を追い求めているのか

Which,/ I believe --/ it's not your desires.//

これは欲求とは違います

You can get your desires or goals.// How many have ever got a goal or desire and thought,/ is this all there is?//

これまでにゴールを達成して 「もっとないのか?」と 思ったことのある人?

How many have been there?// Say,/ "Aye."//

そういう経験あるでしょう?

Audience:/ Aye.//

(観衆) はい

TR:/ So,/ it's needs/ we have.// I believe/ there are six human needs.//

私たちが持っているのはニーズで 人のニーズには6つあります

Second,/ once you know/ what the target/ that's driving you is/ and you uncover it/ for the truth --/ you don't form it;/ you uncover it --/ then/ you find out/ what's your map,/ what's the belief systems/ that are telling you/ how to get those needs.//

もう1つは 自分を動かす 目的を把握したら それを顕わにします 作るのではなく顕わにするのです すると地図が見つかります ニーズを満たす方法を示す 信念システムです

Some people think the way/ to get those needs is destroy/ the world,/ some people is to build something,/ create something,/ love someone.//

ニーズを満たす方法が 世界の破壊という人もいます 何かを作ることだという人 誰かを愛することだという人もいます

And then/ there's the fuel/ you pick.// So very quickly,/six needs.//

それが自分に合った燃料なのです では6つのニーズを簡単に説明しましょう

Let me tell you/ what they are.// First one:/ certainty.//

1つ目は「確実性」です

Now,/ these are not goals or desires,/ these are universal.//

ニーズは ゴールや欲求と違い 普遍的です

Everyone needs certainty/ that they can avoid pain/ and at least be comfortable.// Now,/ how do you get it?//

みんな苦痛を避け 快適さを求めるため 確実性を必要とします

Control everybody?// Develop/ a skill?// Give up?// Smoke/ a cigarette?//

どうやって手に入れるか? 人を支配する? スキルを磨く? あきらめる? 煙草を吸う?

And/ if you got totally certain,/ ironically,/ even though we/ all need that --/ like if you're not certain/ about your health,/ or your children,/ or money,/ you don't think about much.//

すっかり確実性を手に入れると 皮肉なことに 必要なものであるにもかかわらず 健康や子どもやお金への 不安があると あまり考えられなくなります

You're not sure/ if the ceiling's going to hold up,/ you're not going to listen/ to any speaker.//

天井が崩れ落ちないか不安なら 講演なんて上の空になります

But,/ while we go for certainty differently,/ if we get total certainty,/ we get/ what?// What do you feel/ if you're certain?//

しかし確実性を追って すっかり手に入れたなら どう感じるでしょう?

You know/ what's going to happen,/ when it's going to happen,/ how it's going to happen --/ what would you feel?//

何が いつ どう起きるか 分かっていたら どう感じるか

Bored out of your minds.// So,/ God,/ in Her infinite wisdom,/ (Laughter) gave us/ a second human need,/ which is uncertainty.//

退屈するでしょう 神はその無限の叡智で― (笑) 人間に第2のニーズとして 「不確かさ」を与えたのです

We need variety.// We need surprise.//

私たちは変化を 驚きを必要とします

How many of you here love surprises?// Say,/ "Aye."//

驚きが好きな人は?

Audience:/ Aye.//

(観衆) はい

TR:/ Bullshit.// You/ like the surprises/ you want.//

ウソだね 好きなのは

(Laughter)/ The ones/ you don't want/ you call problems,/ but you need them.//

好ましい驚きだけでしょう (笑) 問題を起こしたくはないけれど 必要としているのです

So,/ variety is important.// Have you ever rented a video/ or a film/ that you've already seen?// Who's done this?// Get/ a fucking life.//

変化は重要です 見たことのある映画を 借りたことありますか? やったことのある人? 他にやることないの?

(Laughter)/ All right.// Why are you doing it?// You're certain/ it's good/ because you read it before,/ saw it before,/ but you're hoping/ it's been long enough/ you've forgotten,/ that there's variety.//

(笑) どうしてそんなことを するのか? いい映画だし 前に見たのは随分前で 忘れているので 変化があると期待するのです

Third human need,/ critical:/ significance.// We/ all need to feel/ important, special, unique.// You can get it/ by making more money.//

第3のニーズは 「重要性」です 重要だ 特別だ 唯一だと感じたい お金を稼ぐことで得られ

You can do it/ by being more spiritual.//

精神性を求めることで得られます

You can do it/ by getting yourself/ in a situation/ where you put more tattoos and earrings/ in places humans don't want to know.//

タトゥーやピアスを 誰も見たがらないような場所に 入れることで 得られます

Whatever it takes.// The fastest way to do this,/ if you have no background,/ no culture,/ no belief and resources or resourcefulness,/ is violence.// If I put a gun/ to your head/ and I live in the 'hood,/ instantly/ I'm significant.//

でも一番手っ取り早いのは 暴力です 何の経歴も 文化も 信条も リソースも 能力もないなら 暴力です 頭に銃を突きつけたなら 相手にとって私は即座に 重要になります

Zero/ to 10.// How high?// 10.// How certain am I/ that you're going to respond/ to me?// 10.// How much uncertainty?//

0 から10のレベルのどこかと 言えば 10でしょう 相手が私に反応する確実性は 10 です では不確実性は?

Who knows/ what's going to happen/ next?// Kind of exciting.//

何が起こるか分からない興奮です

Like climbing up/ into a cave/ and doing that stuff/ all the way/ down there.// Total variety and uncertainty.//

洞窟をよじ登って 下まで滑り降りるような まったくの変化と不確実性です

And it's significant,/ isn't it?// So you want to risk/ your life/ for it.//

そして命を賭けようと思うのも 重要性のためです

So/ that's/ why violence has always been around/ and will be around/ unless we have a consciousness change/ as a species.//

それが常に暴力が 存在する理由です 種として意識的に 変わろうとでもしない限り

Now,/ you can get significance a million ways,/ but to be significant,/ you've got to be unique and different.//

重要性を得る方法は 無数にありますが ユニークで違ったものに なる必要があります

Here's/ what we really need:/ connection/ and love --/ fourth need.//

そして本当に必要なもの「繋がりと愛」 第4のニーズです

We/ all want it.// Most people settle for connection/ because love's too scary.// Don't want to get hurt.//

みんな愛を望みますが 多くの人は繋がりに落ち着きます 愛は怖いからです 傷つきたくない

Who here has ever been hurt in an intimate relationship?// Say,/ "Aye."//

深い関係で傷ついた ことのある人

(Laughter)/ If you don't raise your hand,/ you'll have had other shit too,/ come on.//

(笑) 手を挙げない人は 別な問題を 抱えることになるね

(Laughter)/ And you're going to get hurt again.//

(笑) そしてまた傷つくことになる

Aren't you glad you came to this positive visit?//

このポジティブな集まりに 来て良かったでしょう?

(Laughter)/ But here's/ what's true --/ we need it.// We can do it/ through intimacy,/ through friendship,/ through prayer,/ through walking in nature.//

(笑) これは必要なもので 親密さ 友情 祈り 自然の中を歩くこと などを通して得られます

If nothing else works for you,/ get a dog.// Don't get a cat.// Get/ a dog,/ because/ if you leave for two minutes,/ it's like you've been gone for six months/ when you show back/ up again/ five minutes later,/ right?//

どれもうまくいかなかったら 犬を飼いましょう ほんの数分離れていただけでも 半年ぶりに会うかのように 喜びます

(笑)

Now,/ these first four needs,/ every human finds a way/ to meet.//

はじめの4つのニーズは 誰もが出会えるものです

Even if you lie to yourself,/ you need to have split personalities.//

自分に嘘をつこうと 人格を分裂させる必要があろうと

But the last two needs --/ the first four needs are called the needs of the personalities,/ is/ what I call it --/ the last two are the needs of the spirit.//

でも残りの2つは違います 最初の4つは人格的ニーズでしたが あとの2つは精神的ニーズです

And this is/ where fulfillment comes.// You won't get fulfillment/ from the first four.// You'll figure a way --/ smoke,/ drink,/ do/ whatever --/ to meet the first four,/ but the last two --/ number five:/ you must grow.// We/ all know the answer here.//

これこそ 充足の 得られるものです 最初の4つで充足は得られません 喫煙 飲酒なんかでも最初の4つは得られますが あとの2つはそうはいきません 第5のニーズ「成長」 これはみんな知っています

If you don't grow,/ you're/ what?// If a relationship's not growing,/ if a business is not growing,/ if you're not growing,/ it doesn't matter how much money/ you have,/ how many friends/ you have,/ how many people love you,/ you feel like hell.// And the reason/ we grow,/ I believe,/ is/ so we have something/ to give of value.//

成長しなければ 人間関係が発展しなければ ビジネスが成長しなければ 自分が成長しなければ お金がいくらあっても 無意味です どれほど友達や 愛してくれる人がいようと 地獄のように感じるでしょう 私たちが成長する理由は 与えられる価値あるものを 持つためです

Because the sixth need is to contribute beyond ourselves.//

第6のニーズは 自分を越えた 「貢献」です

Because we/ all know,/ corny/ as it sounds,/ the secret/ to living is giving.// We all know/ life's not about me;/ it's about we.// This culture knows that.// This room knows that.//

言い古されてますが 生きる秘訣は与えることです 人生とは「私」ではなく「私たち」のもの 文化はそれを知っており この場のみんなが知っています

And it's exciting.// When you see Nicholas up here/ talking about his $ 100 computer,/ the most passionate exciting thing is:/ here's a genius,/ but he's got a calling now.//

ネグロポンテが 100ドルPCの話をしたとき 何よりも興奮するのは 今や彼は天才というだけでなく 使命があるということです

You can feel the difference/ in him/ and it's beautiful.//

彼の変化を感じられ それは素晴らしいことです

And that calling can touch other people.// In my own life,/ my life was touched/ because/ when I was 11 years old,/ Thanksgiving,/ no money,/ no food --/ we're not going to starve,/ but my father was totally messed up.// My mom was letting him know how bad/ he messed up.// And somebody came to the door/ and delivered food.// My father made three decisions.//

彼の使命は 他の人も感化します 私の人生にもありました 11歳の時ですが 感謝祭にお金も食べ物もなく 飢えていました 父はまったく失敗し 母は父にそれを 分からせようとしていました そこへ誰かが戸口にやってきて 食べ物を届けてくれました 父は3つの決意をしました

I know/ what they were briefly.// His focus was:/ "This is charity.//

「これは慈善だ それはどういう意味か

What does it mean?// I'm worthless.// What've I got to do?//

自分は無価値ということ 何をすべきだったのか?

Leave my family."// Which he did.// The time was one of the most painful experiences of life.// My three decisions gave me/ a different path.//

家族を離れよう」 それが父のしたことです これは私の最も辛い体験でした 私の3つの決意は違った道を辿りました

I said,/ "Focus on:/ 'there's food'/" --/ what a concept,/ you know.//

1番目「食料確保への集中」 なんて考えでしょう!

(Laughter)/ Second --/ but this is/ what changed my life,/ this is/ what shaped me/ as a human being --/ "Somebody's gift.//

(笑) 2番目 これは私の人生を 形作ったものですが 「知らない人からの贈り物」

I don't even know/ who it is."// My father always said,/ "No one gives a shit."// And all of a sudden,/ somebody/ I don't know,/ they're not asking/ for anything,/ they're just giving/ our family food,/ looking out/ for us.// It made me/ believe this:/ "What does it mean/ that strangers care?"// And what/ that made me/ decide is,/ if strangers care about me and my family,/ I care about them.//

父はいつも言っていました 「誰も気にかけてくれはしない」 それが突然 知らない人が 何も求めることなく ただ私の家族に気を配り 食べ物をくれたのです それは私に考えさせました 「他人が気にかけてくれるというのは どういうことだろう?」 他人が自分を気に かけてくれるなら

What am I going to do?// I'm going to do/ something/ to make a difference.// So,/ when I was 17,/ I went out/ one day/ on Thanksgiving.// It was my target/ for years/ to have enough money/ to feed two families.//

自分も人のことを 気にかけて 何かをしよう それで17歳の時の感謝祭の日に それまで貯めていたお金で 2つの家族に 食べ物を届けたのです

The most fun thing/ I ever did in my life,/ the most moving.//

私の人生で最高に楽しく 感動的な体験でした

Then/ next year/ I did four.// I didn't tell anybody/ what I was doing.//

次の年は4家族に 誰にもその話はせずにです

Next year eight.// I wasn't doing it/ for brownie points,/ but after eight,/ I thought,/ shit,/ I could use some help.//

その次の年は8家族 褒められたくてやったんじゃありません でもその後に

(Laughter) So sure enough,/ I went out/ and what did I do?//

クソッ 誰かの助けがいる と思いました (笑) それで私はどうしたでしょう?

I got/ my friends involved/ and I grew companies/ and then/ I got 11 companies/ and I built the foundation.//

友達を誘って 会社を作りました 11の会社ができ 基金を作りました

Now,/18 years later,/ I'm proud/ to tell you,/ last year/ we fed two million people/ in 35 countries/ through our foundation,/ all/ during the holidays:/ Thanksgiving,/ Christmas --/ (Applause) --/ in all the different countries/ around the world.//

18年たった今 誇りを持って言えます この基金を通じて 35カ国の200万人に 感謝祭やクリスマスの休日に 食べ物を届けました (拍手) 世界中のあらゆる国で

It's been fantastic.//

素晴らしいことでした

(Applause)/ Thank you.//

(拍手) ありがとうございます

(Applause) So,/ I don't tell you/ that to brag;/ I tell you/ because I'm proud of human beings,/ because they get excited to contribute/ once they've had the chance/ to experience it,/ not talk about it.//

(拍手) この話をするのは 自慢のためではなく 人間であることに誇りを感じるからです みんな貢献できることにワクワクしています 言えるからではなく 体験できるからです

So,/ finally --/ and I'm about out of time --/ the target/ that shapes you --/ here's/ what's different/ about people.// We have the same needs,/ but are you a certainty freak?// Is/ that/ what you value most,/ or uncertainty?// This man here couldn't be a certainty freak/ if he climbed through those caves.// Are you driven by significance/ or love?// We/ all need all six,/ but whatever your lead system is,/ tilts/ you/ in a different direction.//

もう時間切れですが 最後に 目的が人間を作るという話をします 人によって違うところです 同じニーズを持っていても 一番重視するのは 確実性か それとも不確実さか? 洞窟を登る人間は確実性派ではありません 動かされるのは 重要性か愛か 6つとも必要ですが どれを優先するかによって 向かう方向が変わってきます

And/ as you move in a direction,/ you have a destination/ or destiny.//

そして向かう方向によって 行き着く先も変わります

The second piece is the map.// Think of that/ as the operating system/ that tells you/ how to get there.// And some people's map is:/ "I'm going to save/ lives/ even if I die for other people,/"/ and they're firemen.// Somebody else is:/ "I'm going to kill/ people/ to do it."// They're trying to meet/ the same needs of significance,/ right?// They want to honor/ God/ or honor their family,/ but they have a different map.//

もう1つの要素は地図です 目的地への行き方を示してくれる システムと考えください ある人の地図は 「たとえ自分の命にかえても 人の命を救う」 消防士です あるいは 「目的のためには人を殺しもする」 重要性のニーズを満たそうとします 神や家族のために働こうとしますが 持っている地図が違います

And there are seven different beliefs.// I can't go through them/ because I'm done.// The last piece is emotion.//

異なる信条が7つあります 時間がないので この話ははしょります そして最後の要素が感情です

I'd say one of the parts of the map is like time.// Some/ people's idea of a long time is 100 years.// Somebody else's is three seconds,/ which is/ what I have.//

地図のある部分は時間ですが 長い時間が100年を指す人もいれば 3秒の人もいます 私に残された時間ですね

(Laughter)/ And the last one/ I've already mentioned,/ that fell to you.//

(笑) 最後のやつは自分に かかってきます

If you've got a target/ and you've got a map/ and let's say --/ I can't use Google/ because I love Macs/ and they haven't made it good/ for Macs yet --/ so if you use MapQuest --/ how many have made this fatal mistake of using MapQuest/ at some time?//

目的があって 地図があれば Macでうまく動かないので Googleマップを使えないんですが MapQuestを使うという 致命的な判断をした人は どれくらいいますか?

(Laughter)/ You use this thing/ and you don't get there.// Well,/ imagine/ if your beliefs guarantee you can never get to/ where you want to go?//

(笑) 目的地にたどり着けません 自分の信念が 目的地にたどり着けないことを 保証するとしたらどうでしょう?

(Laughter)/ The last thing is emotion.//

(笑) 最後は感情です

Now,/ here's/ what I'll tell you/ about emotion.// There are 6,000 emotions/ that we/ all have words/ for in the English language,/ which is just a linguistic representation,/ right,/ that changes/ by language.// But/ if your dominant emotions --/ if I had more time,/ I have 20,000 people or 1,000,/ and I have them/ write down/ all the emotions/ that they experience in an average week,/ and I gave them as long/ as they needed,/ and on one side/ they write empowering/ emotions,/ the other's disempowering --/ guess/ how many emotions people experience?// Less/ than 12.//

英語で名前のついている感情は 6000種類あります 単なる言語表現ですが 言語によって違います しかし支配的な感情が― もっと時間があれば 普段体験する あらゆる感情を みんなに書いてもらい 必要なだけ時間をかけて 紙の両面に それぞれ 力付ける感情と 無力化する感情を書きます 何種類の感情を体験すると思いますか? 12個以下です

And half of those make them/ feel like shit.// So they got five or six good frickin'/ feelings,/ right?// It's like they feel "happy, happy, excited, oh shit,/ frustrated, frustrated, overwhelmed, depressed."//

その半分はクソみたいに感じさせるもので 良い感情は5、6個 たがらこんな感じです 「嬉しい 嬉しい 興奮する くそっ むかつく むかつく 落ち込む うんざりする」

How many of you know somebody/ who no matter/ what happens finds a way/ to get pissed off?// How many know somebody/ like this?//

何が起ころうとも 腹を立てる人間を 知っているという人は どれくらいいますか?

(Laughter)/ Or,/ no matter/ what happens,/ they find a way/ to be happy or excited.//

(笑) 一方で 何が起きようとも 幸せや興奮を

How may know somebody/ like this?// Come on.//

見出す人もいるでしょう?

When 9/11 happened --/ I'll finish with this --/ I was in Hawaii.//

9.11テロが起こったとき 私はハワイにいました

I was with 2,000 people/ from 45 countries.// We were translating four languages simultaneously/ for a program/ that I was conducting for a week.// The night/ before was called "Emotional Mastering."// I got up,/ had no plan/ for the this,/ and I said --/ we had all these fireworks --/ I do crazy shit,/ fun stuff --/ and then/ at the end/ I stopped --/ I had this plan/ I was going to say/ but I never do/ what I'm going to say.// And all of a sudden/ I said,/ "When do people really start to live?// When they face death."//

45カ国から2000人が参加し 4カ国語に同時通訳される 1週間に渡るプログラムでした その夜のテーマは 「感情をマスターする」でしたが 何をするかまだ決めてなくて 花火や何やら 楽しいものを用意していて こういう予定ですと 言うつもりでしたが 予定通りにやったためしがなく 突然こう言いました 「人が本当に生き始めるのはいつか? 死に直面したときです」

And then/ I went through this whole thing about,/ if you weren't going to get off/ this island,/ if nine days/ from now/ you were going to die,/ who would/ you call,/ what would/ you say,/ what would you do?// One woman --/ well,/ that night is/ when 9/11 happened --/ one woman had come to the seminar/ and when she came there,/ her previous boyfriend had been kidnapped/ and murdered.//

そしてこう続けました 9日後にこの島を出ることなく 死ぬとしたら 誰に電話して何と言い 何をしますか? これは 9.11テロの起きている 最中でしたが ある女性がセミナーに 来て話しました 前の彼氏は 誘拐され 殺されていました

Her friend,/ her new boyfriend,/ wanted to marry/ her,/ and she said no.//

今の彼氏にプロポーズされましたが 彼女は断りました

He said,/ "If you leave/ and go to that Hawaii thing,/ it's over/ with us."//

「もしそのハワイのセミナーに行くなら 僕たちは終わりだ」

She said,/ "It's over."// When I finished/ that night,/ she called him/ and left a message --/ true story --/ at the top of the World Trade Center/ where he worked,/ saying,/ "Honey,/ I love you,/ I just want you/ to know I want to marry/ you.// It was stupid of me."// She was asleep,/ because it was 3 a.m./ for us,/ when he called her back/ from the top/ and said,/ "Honey,/ I can't tell you/ what this means."//

「終わりにしましょう」 セミナーの後 彼女は彼に電話し 彼は貿易センタービルの 最上階で働いていていたんですが 伝言を残しました 「愛してるわ 結婚したいとだけ伝えたかったの 私バカだったわ」 彼が電話をかけ返してきたとき こちらでは朝の3時で 彼女は眠っていました 「これが何を意味するのか わからないけど

He said,/ "I don't know/ how to tell you/ this,/ but you gave me/ the greatest gift/ because I'm going to die."//

君は僕にとても素晴らしい 贈り物をしてくれたんだ 僕は死んでいくんだから」

And she played the recording/ for us/ in the room.//

彼女はその録音をみんなに 聞かせてくれました

She was on Larry King later,/ and he said,/ "You're probably wondering/ how on Earth/ this could happen to you twice."// And he said,/ "All I can say to you is,/ this must be God's message/ to you,/ honey.// From now on,/ every day give your all,/ love your all.//

彼女は後にラリー・キングの番組にも出ています 彼は言いました 「何で2度もこんなことが 起きるのかと思うだろうけど これは君への神の メッセージだと思う これからの人生 日々 持てるものを与え 全力で愛しなさい

Don't let anything ever/ stop you."// She finishes,/ and a man stands up/ and he says,/ "I'm from Pakistan;/ I'm a Muslim.//

何者にも立ち止まらずに」 彼女が話し終えると 男が立ち上がりました 「私はパキスタン人で イスラム教徒です

I'd love to hold/ your hand/ and say I'm sorry,/ but,/ frankly,/ this is retribution."// I can't tell you/ the rest/ because I'm out of time.//

あなたの手を握って言いたい お気の毒ですが これは報いです」 続きは話せませんね 時間切れです

(ブーイング) じゃあ10秒で

(拍手)

10 seconds,/ that's all.// I want to be respectful.// 10 seconds.//

10秒で話しましょう 時間は守りたい

All I can tell/ you is,/ I brought this man/ on stage/ with a man/ from New York/ who worked in the World Trade Center,/ because I had about 200 New Yorkers/ there.// More than 50 lost their entire companies,/ their friends,/ marking off/ their Palm Pilots --/ one financial trader,/ this woman made of steel,/ bawling --/ 30 friends/ crossing off/ that all died.//

その男性と 世界貿易センターで働く ニューヨークの男性に ステージに上がってもらいました その場にニューヨークから来た人が 200人ほどいて 会社や 友人を失った人も 50人いました トレーダーをしている鉄のような女性が 30人の友人を失い 泣いていました

And what I did to people is said,/ "What are we going to focus on?//

私は彼ら言いました 「何に焦点を当てましょうか?

What does this mean/ and what are we going to do?"//

これは何を意味しているのか 我々は何をすべきか?」

And I took the group/ and got people/ to focus on:/ if you didn't lose somebody/ today,/ your focus is going to be/ how to serve somebody else.// There are people --/ then/ one woman got up/ and she was so angry and screaming and yelling.//

このテーマをみんなに 考えてもらいました 今日 誰かを失わなかった人は 他の誰かを どう助けるか がテーマです ある女性が立ち上がって すごく怒って叫び出しました

Then/ I found out/ she wasn't from New York;/ she's not an American;/ she doesn't know anybody here.// I said,/ "Do you always get angry?"//

ニューヨークの人でも アメリカ人でもないのに 誰も知っている人はいませんでした 「いつも怒っているんですか?」

She said,/ "Yes."// Guilty people got guilty, sad people got sad.//

彼女は「ええ」と 罪のある人は罪を 悲しい人は悲しみを感じました

And I took these two men/ and did/ what I call an indirect negotiation.//

それからさっきの2人に 代表として議論してもらいました

Jewish man/ with family/ in the occupied territory,/ someone/ in New York/ who would have died/ if he was at work/ that day,/ and this man/ who wanted to be a terrorist/ and made it very clear.//

占領地区に家族のいるユダヤ人で もし普段通り仕事に行っていたら 死んでいただろうニューヨークの人と テロリストになりたいという 意志を持つ人です

And the integration/ that happened/ is on a film,/ which I'll be happy/ to send you,/ so you can really see/ what actually happened instead of my verbalization of it,/ but the two of them not only came together/ and changed their beliefs and morals of the world,/ but they worked together/ to bring,/ for almost four years now,/ through various mosques and synagogues,/ the idea of how to create peace.// And he wrote a book,/ which is called "My Jihad,/ My Way of Peace."// So,/ transformation can happen.//

ビデオがありますので ご覧になりたい方には お送りします 私の話よりいいでしょう 2人は歩み寄っただけでなく 信条と世界観を変えました 彼らはもう4年も一緒に モスクやシナゴーグを通して 平和のための活動をしています 彼はまた 「私の聖戦 ― 平和への道」という本も 書きました 変化は起こせるのです

So my invitation/ to you is this:/ explore your web,/ the web/ in here --/ the needs,/ the beliefs,/ the emotions/ that are controlling you,/ for two reasons:/ so there's more of you/ to give --/ and achieve too,/ we/ all want to do/ it --/ but I mean give,/ because that's/ what's going to fill/ you up.// And secondly,/ so you can appreciate --/ not just understand,/ that's intellectual,/ that's the mind --/ but appreciate/ what's driving other people.//

だから皆さんに 頭の中にある織物― 自分をコントロールしている ニーズ 信念 感情を 探求してほしいのです 2つの理由があります より多くの人が与え 達成すること みんなそうしたいとは 思っています 与えることでこそ 私たちは満たされるのです もう1つは 認められるようになること 知的に理解するだけでなく 他の人を動かしているものを 認めるということです

It's the only way/ our world's going to change.// God bless you.//

それこそが この世界を変えられる 唯一のものです

Thank you.// I hope/ this was of service.//

ありがとうございました お役に立てたなら光栄です

(拍手)

applause

『拍手かっさい』;称賛

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

excited

興奮した

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

seminar

(指導教授のもとで行う大学の)研究(演習)グループ,研究会,演習,セミナー,ゼミナール

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

laughter

『笑い』,笑い声

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

obviously

明らかに,明白に

coach

(箱形・屋根付き)『大型四輪馬車』;(鉄道以前の)駅馬車

(sleeping car, parlor carと区別して)普通客車

《米》大型バス;《英》長距離バス

(また『coacher』)(競技車・チームなどの)『コーチ』,監督;(野球で)(1塁・3塁の)走塁コーチ;(歌手・俳優などの)指導者;(受験指導の)家庭教師

〈米〉(飛行機・列車・バスなどの)普通席

〈チーム・学生など〉'を'『指導する』;…‘に'(…の)指導をする《+『名』+『for』+『名』

+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

指導をする,コーチをする

immersion

〈U〉水(液体)に浸す(沈める)こと

〈U〉〈C〉浸礼(体全体を水中に浸す洗礼)

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

bottom line

(損益計算書や収益報告書の)最下行、計算結果、最終帳尻、最終的な収益[損益]、純損失、利益高、当期利益、純利益、総決算

最終結果、最終決定、結論、肝心な点、本質、かなめ、重要点、本当のこと、本音

基本線

女性のヒップの線

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

motivation

動機を与えること,動機づけ

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

motive

(・・・の)『動機』,誘因,目的《+『for(of)』+『名』(do『ing』)》

=motif

運動の;運動に関する;運動を起こす

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

self-interest

私利,私欲;利己主義(selfishness) = self interest

bullshit

《俗》たわこと,うそ

ばかな,うそだ

くだらない話、でたらめ、でっち上げ、ナンセンス【略】B.S.

bs・でたらめな

でたらめ[たわごと・心にもないこと]を言う、とぼける、ごまかす、でっち上げる、だます、(ずる賢い)うそをつく

times

…掛ける

wiring

(電気の)配線[工事]

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

intellectually

知的に,理知的に

especially

『特に』,特別に;きわだって

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

magnify

〈レンズなどが〉…‘を'『拡大うる』

〈危険・問題など〉‘を'誇張する

〈レンズなどが〉物を拡大して見せる

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

intersect

…‘を'横切る,交差する

〈線などが〉交わる

intersection

〈C〉(特に道路の)交差点

〈U〉交差

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

obsession

〈U〉(悪魔・妄想などが)つきまとうこと;(悪魔・妄想などに)つきまとわれること

〈C〉(…についての)妄想,強迫観念《+『about』+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

athlete

競技者,運動家;強壮な人;《英》陸上競技選手

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

contribution

〈U〉(…を…に)『寄付』(『寄与』)『すること』《+『to』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉(…に)寄付した物;寄与(貢献)したこと;(…への)寄稿記事《+『to』+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

ante

アンティ(ポーカーで新しい札を引く前に出すかけ金)

《俗》分け前

appreciation

〈U〉(…を)『正しく認識すること』,(…の)識別,評価《+『of』+『名』》

〈U〉《時にan~》(文学・芸術などの)理解,鑑賞;批評,論評《+『of』+『名』》

〈U〉(…に対する)感謝《+『for』+『名』》

〈U〉《時にa~》(価格の)騰貴

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

computer

『計算機』;『電子計算機』

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

spiritually

精神的に

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

biography

『〈C〉伝記』

〈U〉《集合的に》伝記文学

destiny

『運命』,宿命;使命

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

gore

(特に戦い,けんかなどで傷から流れ出た)血,血の塊

Supreme Court

(米国連邦の,また米国各州の)最高裁判所

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

accurate

『正確な』,的確な,精密な

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

ass

ロバ

ばか者

won

win の過去・過去分詞

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

intellect

〈U〉〈C〉『知性』,知力

《複数形・単数形で;集合的に》《文》知識人

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

creative

『創造力のある』

『独創的な』

playful

(人・動物が)遊び好きな,ふざけたがる

(言葉・態度が)冗談の,ふざけた

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

ultimately

最後に,ついに

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

accomplish

〈仕事・目的など〉'を'『成し遂げる』,仕上げる(perform)

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

consciously

意識して,故意に

unconsciously

意識を失って;知らずに,無意識に,何気なく

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

dice

さい,さいころ

さいころ遊び,ばくち

…‘を'ばくちで失う

(…をかけて)〈人〉‘と'さいころを振る《+『名』+『for』+『名』(『wh-節』)》

〈野菜など〉‘を'さいの目に切る

ばくちをする

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

completely

『完全に』,全く,十分に

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

standing

〈U〉〈C〉『身分』,地位;名声,評伴;立場

〈U〉継続,存続(duration)

『立っている』,立ったままで行う

動かない,止まった

絶え間まなく続く,永続的な;固定した,いつもの;常備の,常設の

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

lance

(槍騎兵(そうきへい)が突撃のときに使う)やり

(魚を突く)やす,もり

槍騎兵(=lancer)

=lancet

…‘を'やりで突く

…‘を'ランセット(lancet)で切開する

…‘を'投げつける,投げ飛ばす

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

bike

=bicycle

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

championship

〈C〉優勝者の地位(名誉)

《しばしば複数形で》《単数扱い》選手権試合

〈U〉(自由・権利などの)擁護

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

fitness

(…を)適性,ふさわしさ《+『for』+『名』》

体調の良いこと

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

human being

人,人間

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

lab

実験室(laboratory)

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

ridiculous

『おかしな』・『ばかばかしい』,とんでもない

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

uncover

…‘の'『おおい』(ふた)『を取る』

〈秘密など〉‘を'『明らかにする』,暴露する

《古》(敬意を表して)〈頭〉‘から'帽子を取る

(敬意を表して)脱帽する

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

certainty

〈U〉確実性,必然性;確信

〈C〉確実なもの(こと),確かな見込み

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

totally

全く,完全に

ironically

皮肉に,反語的に

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

ceiling

『天井』

いちばん高い所,頂上

(価格・賃金などの)最高限度

(航空機の)上昇限度

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

bore

bear(実をつける)の過去形

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

rent

(…の)ほころび;裂け目;嶺れ目,割れ目《+『in』+『名』》

(…の)分裂,不和《+『in』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

fucking

いらいらした時などに用いる強勢語

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

significance

『重要性』,重大さ(importance)

(…の)『意味』,意義(meaning)《+『of』+『名』》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

tattoo

(軍隊の)帰営ラッパ

(軍隊の)夜間軍楽行進

トントン(コツコツ)たたく音;(心臓の)ドキドキいう音

earring

イヤリング,耳飾り

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

exciting

(物事が)『興奮させる』

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

cave

『ほら穴』,(特に)横穴

〈地盤などが〉陥没する

〈帽子など〉'を'へこます

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

intimate

『たいへん親しい』,親密な

個人的な(private)

(理解・知識などについて)身近によく知っている,くわしい

親友,心の許せる友

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

intimacy

(…との)親密さ《+『with』+『名』》

(…との)親交《+『with』+『名』》

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

prayer

〈U〉『祈ること』

〈C〉『願いごと』,祈り;嘆願

〈C〉(定められた)『祈りの言葉』,祈祷(きとう)文

〈U〉《しばしばP-》(教会の)礼拝,祈祷

〈C〉《通例複数形で》(家庭などの)おつとめ

《米話》《通例否定文で》成功の機会

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

sixth

『第6の』,6番目の

6分の1の

〈U〉《the ~》『第6』,6番目[のもの],(月の)6日

〈C〉6分の1

corny

陳腐な,古くさい;お涙ちょうだいの

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

calling

〈U〉呼ぶこと,叫ぶこと

〈U〉《文》天職,職業

(天職に対する)強い義務感,使命感《+『for』+『名』》;(…にしたい)強い義務感《+『to』do》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

thanksgiving

〈U〉(神への)感謝,謝恩;〈C〉感謝祈とう[式]

《T-》《米》=Thanksgiving Day

starve

『餓死する』

(…を)切望する,(…に)飢える《+『for』+『名』》

《話》空腹である,ひもじい

…‘を'飢え死にさせる

〈人〉‘を'飢えさせる,腹ぺこにさせる

(…を)…‘に'切望させる,(…の)欠乏を感じさせる《+『名』+『for(of)』+『名』》

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

mom

=mother

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

briefly

手短に,簡単に

charity

〈U〉『博愛』,慈愛,思いやり;(キリスト教の)愛

〈U〉『慈善』,施し;〈C〉施し物,寄付

〈C〉《通例複数形で》慈善事業,慈善施設

〈U〉(他人の言動に対する)寛容

worthless

『価値のない』,つまらない;役に立たない

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

no one

『だれも』…『ない』

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

brownie

ブラウニー(Scotlandの伝説で夜間に現れひそかに農家の仕事をするという小妖精)

《米》ピーナッ入りチョコレートケーキ

《B-》(《米》Girl Scouts,《英》Girl Guidesの)幼年団員

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

Christmas

(また『Christmas Day』)『クリスマス』,キリスト降誕祭(12月25日)

=Christmastide

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

brag

(…を)自慢する《+『of』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《『brag』+『that』節》…'を'自慢する

〈C〉自慢の種

〈C〉ほら吹き

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

freak

気まぐれ,移り気

奇形,変態

《話》奇人,変人;熱狂的ファン

奇形の,異常な

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

tilt

…‘を'傾ける

(馬上槍試合で)〈槍〉‘を'突き出す,〈相手〉‘を'槍で突く

傾く

馬上槍試合をする

(相手を)槍で突く《+at+名》

(文章・言葉で)(…を)攻撃する《+at+名》

傾き,傾斜(slope)

(中世騎士の)馬上槍試合

(一般に)対決,試合

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

Mac

おい,君,名前の分からない相手(男)に対して呼びかけるときに使う, Apple社のMacintoshコンピューター

fatal

『運命の』,宿命的な,避けられない(inevitable)

『致命的な』,命にかかわる

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

linguistic

言語学の;言語上の

representation

(…を)『表現(描写)すること』;(…が)表現されていること《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(個々の)説明,申し立て,抗議

〈C〉(個々の)絵画,画像,彫像

〈U〉(立法府などの)代表制

〈U〉《集合的な》代表団,議員団

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

depressed

元気のない,憂うつな

(力・価値などの)低下した,弱められた

不景気の,不況の;(特に)貧困にあぇぐ

押し下げられた;抑圧された

piss

おしっこする・…‘を'おしっこでぬらす・「piss誰々off」で「誰々を怒らせる」

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

Hawaii

『ハワイ州』(ハワイ諸島より成る米国の州;州都はHonolulu)

ハワイ島(ハワイ諸島中の最大の島)

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

simultaneously

同時に

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

firework

花火;花火大会

(怒りなどの)爆発

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

boyfriend

《話》男友だち(恋人),ボーイフレンド

男友だち(恋人),ボーイフレンド

kidnap

〈人〉‘を'誘拐する

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

asleep

『眠って』;永眠して

〈手足などが〉しびれて

means

〈C〉《単数・複数扱い》『方法』,『手段』

《複数扱い》『資力』,『財産』,富

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

probably

『たぶん』,『おそらく』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

Pakistan

パキスタン(イスラム教共和国;首都はIslamabad)

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

retribution

仕返しをすること,報復すること;《特にa ~》(…の)報い,天罰《+『for』+『名』》

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

respectful

礼儀正しい,ていねいな

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

New Yorker

ニューヨーク市民,ニューヨーク州の住民

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

palm

(人動物の)『手のひら』;(手袋の)手のひらの部分

パーム(手のひらの幅を基準にした長さ;8‐10`)

…‘を'手で殖れる,手の中に隠す

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

trader

商人,貿易業者

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

bawl

叫ぶ,どなる《+『away』》

泣きわめく

どなる,わめく

〈品物〉'を'呼び売りする

叫び,わめき声

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

screaming

金切り声(鋭い音)を出す

人を驚かせるような,目立つ

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

indirect

(道などが)『真っすぐでない』,回り道の

(話し方が)遠回しの,率直でない

(結果などが)『間接的な』,二次的な

negotiation

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》(物事についての人との)『取り決め』,『交渉』,話し合い《+『with』(『between』)+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

〈U〉(手形などの)換金,譲渡

〈U〉《話》(障害・因難などの)克服

Jewish

ユダヤ人の;ユダヤ民族[特有]の

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

integration

統合,集成,完成

(学校や住居における)人種差別の撤廃

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

instead

『その代りとして』,それよりも

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

mosque

イスラム教寺院(外部に数個の尖塔(せんとう)がある独特の建築物)

synagogue

ユダヤ教の礼拝堂

《the ~》ユダヤ教徒の集会

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

jihad

(イスラム教を守るための)聖戦

(思想や主義のための)運動

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

invitation

〈U〉〈C〉招待,案内

〈C〉(…への)『招待状』《+『to』+『名』》

〈C〉(…を)勧誘(誘惑)するもの《+『to』+『名』》

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

secondly

第一に,次に(in the second place)

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

関連動画