TED日本語 - ヘテン・パテル: 自分は誰か、もう一度考えよう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私達は自分が誰なのかをどうやって決めるのでしょうか?ヘテン・パテルはアイデンティティや言語や訛りを駆使して、驚くようなパフォーマンスを繰り広げます。そして人の外見だけでなく、もっと深いレベルで考えるように、あなたに挑みます。舞踊家のユーユー・ラウと共に送る、自己に関する明るい瞑想、そしてブルース・リーに触発されたパフォーマンスです。

Script

Hetain Patel: (中国語で)

Yuyu Rau: 私はヘテンですアーティストです こちらはユーユー 一緒に活動している舞踊家です 通訳をお願いしました

HP: (中国語で)

YR: 私自身と私の作品について ちょっとだけ お聞きください

HP: (中国語で)

YR: 私が生まれ育ったのは イングランドの マンチェスター近郊ですが英語では話しません 私が話す北部訛りで 先入観を持たれたくないんです

(笑)

HP: (中国語で)

中国語で訛りを隠すことには 一つ 欠点があります 私が中国を訪れた時に 暗記したこのフレーズしか 話せないことです (笑) だから同じフレーズを色々なトーンで繰り返して 気付かれないようにしています

(笑)

HP: (中国語で)

(笑)

YR: この中に中国語を話す方がいらっしゃったら ― 申し訳ありません

子どもの頃 インド風の ― クルターのパジャマを着せられるのが嫌でした カッコよくなかったから ドレスみたいで女の子っぽくて ― ズボンはゆるゆるで ちゃんと縛っていないと 下がってきて恥ずかしいんです 父はまったく着なかったから 私も着なくていいと思っていました それに 着るとなんだか居心地が悪いんです 私が純インド風なんだと 誰もが思ってしまうんです 自分ではそんな風に思っていないのに

HP: (中国語で)

YR: 落ち着いてこれを身に付けられる ― たった一つの方法は カンフーの達人の衣装だと思い込むことです 『グリーン・デスティニー』に出てくる ― リー・ムーバイみたいな達人です

(音楽)

さて ― 私が作品で扱うのはアイデンティティと言語 ― それから 見た目や出身地や ジェンダーや人種階級に根差している ― 厄介な思い込みです では 私達を「私達」にしているのは何でしょうか?

HP: (中国語で)

YR: 昔はよく『スパイダーマン』を読み カンフー映画を見て ブルース・リーの哲学を学びました 彼はこう言いました

HP: 「心を空っぽにしろ ― (笑) 姿も形もなくすんだ水のように・・・ 水はカップに注がれれば カップの形になり ビンに注がれればビンになる 急須に注がれれば急須になる 水は静かな流れにも ― 激流にもなれる 友よ 水になるんだ」(拍手)

YR: 私は今年で32才です ブルース・リーが亡くなった年齢です 私は最近考えるんです もし彼が生きていて 私がTEDで話すと聞いたら どんなアドバイスをしてくれだろうって

HP: 「声まねはするな 不愉快だ」

(笑)

YR: もっともな助言です でも 人を真似ることで私達は自分が何者なのかを 学べると思っています 皆さんだって子どもの頃のヒーローや 母さんや父さんを真似してきたでしょう 私は真似しました

HP: 数年前 作品で使おうと思ってこのビデオを撮りました 髪をそり落としてから また生やして父が1960年代に インドから最初に移住してきた ― その時の髪型にしました 父は横分けにしていて口ひげを整えていました

最初は上手くいきました インド人の店で値引きしてくれる程でした

(笑)

ところが ひげが生えるスピードが 思ったより速くて 伸びすぎてしまったんです こうなるとインド人には見えません 皆が道の向こう側から スペイン語を叫んでくるんです

HP and YR: アリーバ アリーバ!アンダレ アンダレ!

(笑)

HP: 本当は こんなインド訛りもなくていい 訛りなんて父にも ないんですから 今ではイギリス風の話し方です

結局 私が真似てきたのは父だけではないのです 数年前に中国に何か月か滞在しましたが 私は中国語が話せません そんな不満を 文章に書いて 中国語に翻訳してもらい暗記したんです 音楽みたいにね

YR: この文章は記憶に刻まれていて カードの暗唱番号よりはっきり覚えています だから中国語が達者なフリができるんです この文章を覚えてすぐに 中国のアーティストに どのくらい正確か聞いてもらいました

私がしゃべると彼は笑って言いました 「すごく上手だけど 女言葉みたいだよ」

どういうことか聞くと

「女性に習ったんだろ?」と言われました

「そうだけど 何で?」

そこで彼は説明してくれました 男性と女性では 言葉のトーンが明らかに違うことでした よく覚えたけれど女性の口調だったんです

(笑)

(拍手)

HP: この様に人を真似ることにも リスクがあります どんなに優秀な通訳がいたって 思い通りに行くとは限りません それでも私はあきらめません というのも普通の発想とは逆で 誰かを真似ると自分の個性があらわになるからです 父の真似が うまくいかない時には 私は私自身になっています ブルース・リーの真似がうまくいかない時は 私は本当の私になっています

これが私のアートです 一生懸命 本物を求めています 私達があまり予想しないような 形をとることもあります 最近になって気づいたんですが こんな風に座るようになったのは インド人だからというわけではなくて スパイダーマンを読んで覚えたんです

(笑)

ありがとう

(拍手)

Hetain Patel: (In Chinese)

Yuyu Rau: Hi, I'm Hetain. I'm an artist. And this is Yuyu, who is a dancer I have been working with. I have asked her to translate for me.

HP: (In Chinese)

YR: If I may, I would like to tell you a little bit about myself and my artwork.

HP: (In Chinese)

YR: I was born and raised near Manchester, in England, but I'm not going to say it in English to you, because I'm trying to avoid any assumptions that might be made from my northern accent.

(Laughter)

HP: (In Chinese)

YR: The only problem with masking it with Chinese Mandarin is I can only speak this paragraph, which I have learned by heart when I was visiting in China. (Laughter) So all I can do is keep repeating it in different tones and hope you won't notice.

(Laughter)

HP: (In Chinese)

(Laughter)

YR: Needless to say, I would like to apologize to any Mandarin speakers in the audience.

As a child, I would hate being made to wear the Indian kurta pajama, because I didn't think it was very cool. It felt a bit girly to me, like a dress, and it had this baggy trouser part you had to tie really tight to avoid the embarrassment of them falling down. My dad never wore it, so I didn't see why I had to. Also, it makes me feel a bit uncomfortable, that people assume I represent something genuinely Indian when I wear it, because that's not how I feel.

HP: (In Chinese)

YR: Actually, the only way I feel comfortable wearing it is by pretending they are the robes of a kung fu warrior like Li Mu Bai from that film, "Crouching Tiger, Hidden Dragon."

(Music)

Okay. So my artwork is about identity and language, challenging common assumptions based on how we look like or where we come from, gender, race, class. What makes us who we are anyway?

HP: (In Chinese)

YR: I used to read Spider-Man comics, watch kung fu movies, take philosophy lessons from Bruce Lee. He would say things like --

HP: Empty your mind. (Laughter) Be formless, shapeless, like water. Now you put water into a cup. It becomes the cup. You put water into a bottle, it becomes the bottle. Put it in a teapot, it becomes the teapot. Now, water can flow or it can crash. Be water, my friend. (Applause)

YR: This year, I am 32 years old, the same age Bruce Lee was when he died. I have been wondering recently, if he were alive today, what advice he would give me about making this TED Talk.

HP: Don't imitate my voice. It offends me.

(Laughter)

YR: Good advice, but I still think that we learn who we are by copying others. Who here hasn't imitated their childhood hero in the playground, or mum or father? I have.

HP: A few years ago, in order to make this video for my artwork, I shaved off all my hair so that I could grow it back as my father had it when he first emigrated from India to the U.K. in the 1960s. He had a side parting and a neat mustache.

At first, it was going very well. I even started to get discounts in Indian shops.

(Laughter)

But then very quickly, I started to underestimate my mustache growing ability, and it got way too big. It didn't look Indian anymore. Instead, people from across the road, they would shout things like --

HP and YR: Arriba! Arriba! Andale! Andale!

(Laughter)

HP: Actually, I don't know why I am even talking like this. My dad doesn't even have an Indian accent anymore. He talks like this now.

So it's not just my father that I've imitated. A few years ago I went to China for a few months, and I couldn't speak Chinese, and this frustrated me, so I wrote about this and had it translated into Chinese, and then I learned this by heart, like music, I guess.

YR: This phrase is now etched into my mind clearer than the pin number to my bank card, so I can pretend I speak Chinese fluently. When I had learned this phrase, I had an artist over there hear me out to see how accurate it sounded.

I spoke the phrase, and then he laughed and told me, "Oh yeah, that's great, only it kind of sounds like a woman."

I said, "What?"

He said, "Yeah, you learned from a woman?"

I said, "Yes. So?"

He then explained the tonal differences between male and female voices are very different and distinct, and that I had learned it very well, but in a woman's voice.

(Laughter)

(Applause)

HP: Okay. So this imitation business does come with risk. It doesn't always go as you plan it, even with a talented translator. But I am going to stick with it, because contrary to what we might usually assume, imitating somebody can reveal something unique. So every time I fail to become more like my father, I become more like myself. Every time I fail to become Bruce Lee, I become more authentically me.

This is my art. I strive for authenticity, even if it comes in a shape that we might not usually expect. It's only recently that I've started to understand that I didn't learn to sit like this through being Indian. I learned this from Spider-Man.

(Laughter)

Thank you.

(Applause)

Hetain Patel:/ (In Chinese)//

Hetain Patel: (中国語で)

Yuyu Rau:/ Hi,/ I'm Hetain.// I'm an artist.//

Yuyu Rau: 私はヘテンですアーティストです

And this is Yuyu,/ who is a dancer/ I have been working with.//

こちらはユーユー 一緒に活動している舞踊家です

I have asked her/ to translate for me.//

通訳をお願いしました

HP:/ (In Chinese)//

HP: (中国語で)

YR:/ If I may,/ I would like to tell/ you/ a little bit/ about myself and my artwork.//

YR: 私自身と私の作品について ちょっとだけ お聞きください

HP:/ (In Chinese)//

HP: (中国語で)

YR:/ I was born and raised near Manchester,/ in England,/ but I'm not going to say/ it/ in English/ to you,/ because I'm trying to avoid/ any assumptions/ that might be made from my northern accent.//

YR: 私が生まれ育ったのは イングランドの マンチェスター近郊ですが英語では話しません 私が話す北部訛りで 先入観を持たれたくないんです

(笑)

HP:/ (In Chinese)//

HP: (中国語で)

YR:/ The only problem/ with masking it/ with Chinese Mandarin is I can only speak this paragraph,/ which I have learned by heart/ when I was visiting in China.// (Laughter)/ So all I can do/ is keep repeating it/ in different tones/ and hope you won't notice.//

中国語で訛りを隠すことには 一つ 欠点があります 私が中国を訪れた時に 暗記したこのフレーズしか 話せないことです (笑) だから同じフレーズを色々なトーンで繰り返して 気付かれないようにしています

(笑)

HP:/ (In Chinese)//

HP: (中国語で)

(笑)

YR:/ Needless to say,/ I would like to apologize/ to any Mandarin speakers/ in the audience.//

YR: この中に中国語を話す方がいらっしゃったら ― 申し訳ありません

As a child,/ I would hate being made to wear the Indian kurta pajama,/ because I didn't think/ it was very cool.//

子どもの頃 インド風の ― クルターのパジャマを着せられるのが嫌でした カッコよくなかったから

It felt a bit girly/ to me,/ like a dress,/ and it had this baggy trouser part/ you had to tie/ really tight/ to avoid the embarrassment of them/ falling down.//

ドレスみたいで女の子っぽくて ― ズボンはゆるゆるで ちゃんと縛っていないと 下がってきて恥ずかしいんです

My dad never wore it,/ so I didn't see/ why I had to.//

父はまったく着なかったから 私も着なくていいと思っていました

Also,/ it makes me/ feel a bit uncomfortable,/ that people assume/ I represent something genuinely Indian/ when I wear it,/ because that's not/ how I feel.//

それに 着るとなんだか居心地が悪いんです 私が純インド風なんだと 誰もが思ってしまうんです 自分ではそんな風に思っていないのに

HP:/ (In Chinese)//

HP: (中国語で)

YR:/ Actually,/ the only way/ I feel comfortable/ wearing it is by pretending they are the robes of a kung fu warrior/ like Li Mu Bai/ from that film,/ "Crouching Tiger,/ Hidden Dragon."//

YR: 落ち着いてこれを身に付けられる ― たった一つの方法は カンフーの達人の衣装だと思い込むことです 『グリーン・デスティニー』に出てくる ― リー・ムーバイみたいな達人です

(Music)//

(音楽)

さて ―

So/ my artwork is about identity and language,/ challenging common assumptions based on how we look like or where we come from,/ gender,/ race,/ class.//

私が作品で扱うのはアイデンティティと言語 ― それから 見た目や出身地や ジェンダーや人種階級に根差している ― 厄介な思い込みです

What makes us/ who we are anyway?//

では 私達を「私達」にしているのは何でしょうか?

HP:/ (In Chinese)//

HP: (中国語で)

YR:/ I used to read/ Spider-Man comics,/ watch kung fu movies,/ take philosophy lessons/ from Bruce Lee.//

YR: 昔はよく『スパイダーマン』を読み カンフー映画を見て ブルース・リーの哲学を学びました

He would say things like --//

彼はこう言いました

HP:/ Empty/ your mind.//

HP: 「心を空っぽにしろ ―

(Laughter)/ Be formless, shapeless,/ like water.//

(笑) 姿も形もなくすんだ水のように・・・

Now/ you put water/ into a cup.//

水はカップに注がれれば

It becomes the cup.//

カップの形になり

You put water/ into a bottle,/ it becomes the bottle.//

ビンに注がれればビンになる

Put/ it/ in a teapot,/ it becomes the teapot.//

急須に注がれれば急須になる

Now,/ water can flow/ or it can crash.//

水は静かな流れにも ― 激流にもなれる

Be water,/ my friend.// (Applause)//

友よ 水になるんだ」(拍手)

YR:/ This year,/ I am 32 years old,/ the same age Bruce Lee was/ when he died.//

YR: 私は今年で32才です ブルース・リーが亡くなった年齢です

I have been wondering recently,/ if he were alive/ today,/ what advice/ he would give me/ about making this TED Talk.//

私は最近考えるんです もし彼が生きていて 私がTEDで話すと聞いたら どんなアドバイスをしてくれだろうって

HP:/ Don't imitate my voice.//

HP: 「声まねはするな

It offends me.//

不愉快だ」

(笑)

YR:/ Good advice,/ but I still think/ that we learn/ who we are by copying others.//

YR: もっともな助言です でも 人を真似ることで私達は自分が何者なのかを 学べると思っています

Who here hasn't imitated their childhood hero/ in the playground,/ or mum or father?//

皆さんだって子どもの頃のヒーローや 母さんや父さんを真似してきたでしょう

I have.//

私は真似しました

HP:/ A few years ago,/ in order to make this video/ for my artwork,/ I shaved off/ all my hair/ so that I could grow it back/ as my father had it/ when he first emigrated from India/ to the U.K./ in the 1960s.//

HP: 数年前 作品で使おうと思ってこのビデオを撮りました 髪をそり落としてから また生やして父が1960年代に インドから最初に移住してきた ― その時の髪型にしました

He had a side parting and a neat mustache.//

父は横分けにしていて口ひげを整えていました

At first,/ it was going very well.//

最初は上手くいきました

I even started to get/ discounts/ in Indian shops.//

インド人の店で値引きしてくれる程でした

(笑)

But then very quickly,/ I started to underestimate/ my mustache growing ability,/ and it got way too big.//

ところが ひげが生えるスピードが 思ったより速くて 伸びすぎてしまったんです

It didn't look Indian anymore.//

こうなるとインド人には見えません

Instead,/ people/ from across the road,/ they would shout things like --//

皆が道の向こう側から スペイン語を叫んでくるんです

HP and YR:/ Arriba!// Arriba!// Andale!// Andale!//

HP and YR: アリーバ アリーバ!アンダレ アンダレ!

(笑)

HP:/ Actually,/ I don't know/ why I am even talking like this.//

HP: 本当は こんなインド訛りもなくていい

My dad doesn't even have an Indian accent anymore.//

訛りなんて父にも ないんですから

He talks like this now.//

今ではイギリス風の話し方です

So it's not just my father/ that I've imitated.//

結局 私が真似てきたのは父だけではないのです

A few years ago/ I went to China/ for a few months,/ and I couldn't speak Chinese,/ and this frustrated me,/ so I wrote about this/ and had it translated into Chinese,/ and then/ I learned this/ by heart,/ like music,/ I guess.//

数年前に中国に何か月か滞在しましたが 私は中国語が話せません そんな不満を 文章に書いて 中国語に翻訳してもらい暗記したんです 音楽みたいにね

YR:/ This phrase is now etched into my mind clearer/ than the pin number/ to my bank card,/ so I can pretend/ I speak Chinese fluently.//

YR: この文章は記憶に刻まれていて カードの暗唱番号よりはっきり覚えています だから中国語が達者なフリができるんです

When I had learned this phrase,/ I had an artist/ over there hear me out/ to see how accurate/ it sounded.//

この文章を覚えてすぐに 中国のアーティストに どのくらい正確か聞いてもらいました

I spoke the phrase,/ and then/ he laughed and told me,/ "Oh yeah,/ that's great,/ only it kind of sounds/ like a woman."//

私がしゃべると彼は笑って言いました 「すごく上手だけど 女言葉みたいだよ」

I said,/ "What?"//

どういうことか聞くと

He said,/ "Yeah,/ you learned from a woman?"//

「女性に習ったんだろ?」と言われました

I said,/ "Yes.// So?"//

「そうだけど 何で?」

He then explained the tonal differences/ between male and female voices are very different and distinct,/ and/ that I had learned it very well,/ but in a woman's voice.//

そこで彼は説明してくれました 男性と女性では 言葉のトーンが明らかに違うことでした よく覚えたけれど女性の口調だったんです

(笑)

(拍手)

HP:/ Okay.// So/ this imitation business does come with risk.//

HP: この様に人を真似ることにも リスクがあります

It doesn't always go/ as you plan it,/ even/ with a talented translator.//

どんなに優秀な通訳がいたって 思い通りに行くとは限りません

But I am going to stick/ with it,/ because contrary/ to/ what we might usually assume,/ imitating somebody can reveal something unique.//

それでも私はあきらめません というのも普通の発想とは逆で 誰かを真似ると自分の個性があらわになるからです

So/ every time/ I fail to become more/ like my father,/ I become more/ like myself.//

父の真似が うまくいかない時には 私は私自身になっています

Every time/ I fail to become/ Bruce Lee,/ I become/ more authentically me.//

ブルース・リーの真似がうまくいかない時は 私は本当の私になっています

This is my art.//

これが私のアートです

I strive for authenticity,/ even if it comes in a shape/ that we might not usually expect.//

一生懸命 本物を求めています 私達があまり予想しないような 形をとることもあります

It's only recently/ that I've started to understand that/ I didn't learn to sit/ like this/ through being Indian.//

最近になって気づいたんですが こんな風に座るようになったのは インド人だからというわけではなくて

I learned this/ from Spider-Man.//

スパイダーマンを読んで覚えたんです

(笑)

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

dancer

『踊り子,ダンサー』,舞踊家

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

Manchester

マンチェスター(英国Lancashire叔の商工業都市)

England

『イングランド』(Great Britain島からScotlandとWalesを除いた部分;首都London)

『英国』,イギリス本国

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

accent

〈C〉〈U〉『アクセント』,『強勢』;アクセント記号

〈C〉(言葉の)なまり

《複数形で》『口調』,音調(tone)

〈C〉〈U〉強調,重視

…‘に'アクセントをおく;…‘に'アクセント符号をつける

…'を'強調する,目立たせる

laughter

『笑い』,笑い声

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

mask

(顔の一部または全部をおおう)『仮面』,覆面

(防護用の)『マスク』,面

(石膏(せっこう)などの)面型

(物・事柄を)覆い隠すもの;見せかけ

〈顔〉‘に'面をかぶせる

(…から)〈物・事柄など〉‘を'隠す《+『名』+『from』+『名』》

mandarin

〈V〉(中国清朝時代の)官吏

〈U〉《M-》北京(ペキン)官話(中国の標準語として使われる)

(また『mandarin orange』)〈C〉マンダリンミカン(日本のミカンはこれに属する)

paragraph

(文章の一つの)『区切り』,『節』,項,段落

(新聞などの)小記事,小論説

段落記号

〈文章〉‘を'節に分ける,‘に'段落を付ける

〈新聞など〉‘に'小記事(寸評)を書く

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

needless

『不必要な』

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

Indian

インドの,インド人の

アメリカインディアンの

〈C〉インド人

(また『American Indian』)〈C〉『アメリカンインディアン』

〈U〉アメリカインディアンの言語

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

baggy

ふくれた,だぶだぶの

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

tight

『きっちり締まった(結ばれた)』

『すきまのない』,(水・空気などの)漏らない

『ぴんと張った』

(衣服などが)『きつい』

(時間的・空間的に)余裕のない,ぎっしり詰まった

(立場などが)困難な,扱いにくい

厳しい

《話》けちな(stingy)

《話》(試合などが)互角の

《俗》酔った

(品物・仕事・取り引きなどが)試底した,詰まった,(金融が)ひっ迫した

embarrassment

〈U〉困惑,当惑;きまりの悪さ

〈U〉〈C〉財政困難

〈C〉じゃま者,妨害物

dad

『おとうちゃん』

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

pretend

…‘の'『ふりをする』,‘に'見せかける

《話》《『pretend』『to』do》…すると言い張る,主張する

(遊びで)…‘の'まねごとをする

『見せかける』,『取り繕う』,まねごとをする

(知識・才能などがあると)自負する,自任する《+『to』+『名』》

(王位などの権利があると)主張する《+『to』+『名』》

おもちゃの,空想上の

robe

『ローブ』(長いゆったりとした外衣;特に化粧着・部屋着・バスローブなど)

《しばしば複数形で》(すそまでの長いゆったりした)礼服,式服,職服,法衣

《米》(戸外競技を見るときにひざなどにかける毛皮・布・編物などの,暖かい)おおい

(礼服・式服などを)〈人〉‘に'ゆったりとまとわせる《+『名』+『in』+『名』》

ローブ(礼服・式服など)を着る

warrior

戦士,武人(soldier)

mu

ミュー(ギリシア語アルファベットの第12字М,μ;英語のM,mに相当)

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

hidden

隠された,隠れた,秘密の

dragon

『リュウ,竜』(翼とうろこがあり,火を吐く伝説上の怪獣)

okay

=OK,O.K.

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

gender

(名詞・代名詞の)性

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

anyway

=anyhow

comic

喜劇の,喜劇的な

こっけいな,おかしな,おどけた

〈C〉《話》喜劇依優,コメディアン,こっけいな人

〈C〉=comic book

《複数形で》=comic strip

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

philosophy

〈U〉『哲学』

〈C〉哲学体系

〈U〉(学問・知識などの)原理,理論《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉人生哲学,人生観;信条

〈U〉冷静,沈着;悟り,達観

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

Lee

リー将軍(Robert Edward ~;1807‐70;南北戦争における南軍の総司令官)

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

formless

形のない,無定形の

ぶざまな,ぶかっこうな

shapeless

定形のない,はっきりした形のない

格好の悪い,ぶざまな

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

teapot

(紅茶を入れるときに使う)きゅうす,ティーポット

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

crash

『ガラガラ』,『ドシン』(物が倒れたり砕けたりするときの音)

(飛行機の)『墜落』;(車の)『衝突』

(事業・相場などの)崩壊,破産

『ガチャン』(『ドシン』,『ガラガラ』)『と大きな音をたてる』

(…に)ガチャン(ドシン)と衝突する《+『into』(『against』)+『名』》

大きな音をたてて動く

〈飛行機が〉墜落する

〈事業などが〉つぶれる

(…にぶつけて)…'を'『ガチャン』(ドシン),『ガラガラ』)『と壊す』《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》

〈飛行機・車など〉'を'衝突させる

《話》(またgatecrash)(招待状・切符なしで)…‘に'押し掛ける・もぐり込む

応急の

applause

『拍手かっさい』;称賛

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

imitate

…‘を'『見習う』,手本にする

…‘の'『まねをする』

…‘を'『模写(模造)する』,‘に'似せて作る

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

offend

《しばしば受動態で》〈人〉‘の'『感情を傷つける』,‘を'恐らせる

〈感覚など〉‘を'不快感を与える,さわる

罪を犯す

(法律・規則などに)反する,そむく《+『against』+『名』》

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

childhood

『幼時』,子供時代

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

playground

(おもに子供の)『遊び場』,運動場

行楽地

mum

《補語にのみ用いて》沈黙した,物を言わない(silent)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

shave

〈ひげなど〉‘を'『そる』《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

…‘を'削り落とす,うすく削り取る,〈木板〉‘に'かんなをかける

《話》…‘を'かする,すれすれに通る

『ひげをそる』,かみそりをあてる

(…を)かすめる《+『past』+『名』》

『ひげそり』

すれすれに通ること,辛うじて逃れること

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

emigrate

(自国から他国へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

parting

〈U〉〈C〉別れ,別離・死別

〈U〉〈C〉分割(division)

〈C〉(道路の)分かれ目

〈C〉《おもに英》(頭髪ま)分れ目(《米》part)

別れの,最後の

去り行く

neat

(見た目に)『きちんと整った』,小ぎれいな

(人などが)きれい好きな;(服装などが)さっぱりした

(やり方・話し方などが)手ぎわのよい

《米話;現在はまれ》すばらしい,すてきな

《話》(酒などが)水で割らない,ストレートの

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

discount

(手形・商品の)『割引』[額]

〈手形・料金〉‘を'『割引する』,〈商品〉‘を'割り引いて売る

〈話・見解など〉‘を'割り引いて聞く,軽視する

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

instead

『その代りとして』,それよりも

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

etch

〈絵など〉‘を'エッチングで描く(彫る)

エッチングで描く

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

pin

『ピン』・留め針・《しばしば複合語を作って》ピンの働きをする物

(留め針の付いた)『記章』,『バッジ』

(木・プラスチック・金属などの)留めくぎ,掛けくぎ(peg);(弦楽器の)糸巻き

《複数形で》《英話》脚(legs)

《a~》《否定文で》ほんのわずか

(ゴルフ・ボウリングの)ピン

(…に)…‘を'『ピンで留める』《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

(人・物事に)〈望み・信頼など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'動けなくする《+『名』+『against』(『to, under』)+『名』》

《話》〈罪・過失など〉‘を'(人の)せいだとする《+『名』+『on』+『名』〈人〉》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

accurate

『正確な』,的確な,精密な

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

tonal

音の;色調の

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

imitation

〈U〉(…を)『見習うこと;』(…の)『まねをすること』,模倣;(…を)模写(模造)すること《+of+名》

〈C〉(…の)物まね,人まね(+of+名)

〈C〉模造品,にせ物,まがい物

模造の,人造の

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

translator

(特に専門の)翻訳者,翻訳家

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

authentically

確かに,ほんとうに

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

strive

『大いに努力する』,励む

(…と)『戦う』,(…に)抵抗する《+against+『名』》

authenticity

確実性;本物であること

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

関連動画