TED日本語 - ビアディーマン: ポリフォニックな私

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

音楽創造家のビアディーマン(本名:ダレン・フォアマン)は、2つの音程を同時に発声できないことを不満に思い、自分の声をループさせ多重化させるマシンを開発しました。この世にあるほとんどすべての楽器の音をまねるだけでなく、赤ん坊の泣き声からハエの羽音までなんなく発声できる才能を持つ彼にとっても、このマシンで作り出す音は多様性に富んでいます。さあ、リラックスして目くらむような音の波に身を任せてみましょう。

Script

会場の皆さん 自分自身に尋ねてください これまで尋ねたことのない問いを

人間の声で何ができるのか? 人間の声にできることは何か?

(ヒューマンビートボックス) - オー ベイビィ -

- ベイビィ -

- ベイビィ - (赤ん坊の泣き声)

- ベイビィ - (猫の鳴き声)

(犬の吠え声)

どうでしょう

(拍手) (ブーメランが飛ぶ音)

まっすぐ返ってきたので 避けられなかったんです

皆さん想像できるでしょうね 私は奇妙な子供でした

(笑)

というのも 私は常に 自分が出すことのできる音の範囲を 最大限広げようとしていました 常に音の実験をしていたのです 現在も続けています 私が出すことのできる 音を探しています 昔よりも 少しばかり賢く上手になりました 出せない音があることも知りました 肉体という制限があるからです 体にできないことはできません 誰にも声に出せない音があります

たとえば 2つの音程を同時に出すことはできません 2つの音色は同時に出せます お坊さんの詠唱ですね

(2音色の朗詠)

これはほんとはインチキです しかものどを痛めます 人間にはできないことがあります 肉声の限界に常に悩まされてきました ビートボックスの音は理想の音楽を 頭の中から世界に発する最良の方法ですが それでも素描程度に過ぎません それに満足できなかったのです もしもひょっとして 私の理想をそのままで 妨げられず出す方法があるのでは?

そう思い これらの仲間と協力しあって このマシンを作りました この機械は その場で音を作り出すマシンです リアルタイム音楽製造機です この機械を使えば 私の声だけを使い 頭の中に聞こえたままの音楽をリアルタイムで 肉体から生じる制約に 邪魔されることなく作り出すことができます 今その性能をお見せしましょう

私の声を使って 音を作り出す前に もう一度繰り返しますが今から聞こえる音は すべて私の声を素材にこの場で作られます この機械は -- どうもありがとう助手君 -- この機械自体には音源がありません 私が声を入力して 初めて音が出せます 前もって録音したサンプル音など全くありません いったんマシンをオンにして 私の入力する声を処理し始めると 人の声には聞こえなくなりますが 実際人の声なのです少しずつご紹介しましょう まずは軽いものから

まずはポリフォニーから: 私の声は一つです 同時にほしいだけの数の声を 得るというこの問題を どう解決するか? 最も簡単な方法はこれです

(ビートボックス)

リズムに乗ります こんな具合に

(音楽)

どうも

(拍手)

これがもっとも簡単な方法です もっと即時的に行うにはどうすれば? ライブルーピング以上をするには? 声を多重化できる方法が他にもあります 音程を変えること これですごい効果が得られます それをお聴かせしましょう

別のビート音から始めます

(ビートボックス) まず少し踊りましょう 楽しいでしょう 手をたたいてもいいですよ 無理しないでさあ 始めますよ ベースを加えます (音楽) ロカビリーギターが加わります

なかなかいいでしょ さらに-- (拍手) -- ありがとうロックオルガンは 入るでしょうか? もちろん 私の声を録音して

(オルガンの響き)

これでよし 録音完了 キーボードに割り付けて

(音楽)

イケますね

(拍手)

ピンク・フロイドのバンド全員の音がほしいときには? 不可能だ? いいえ 可能ですとっても簡単 このマシンを使って魔法みたいに聞いてください

(音楽)

聞こえる音すべては 私の声そのものです 録音を再生しているのではありません サンプル音も シンセサイザーもなく私の声を処理しているだけなのです ここまで来ると 聞きたくなるでしょう? 「一体何が言いたいんだ?」って 「何故こんなことをするんだ?」って (笑) 「ピンク・フロイドを雇うより安く付くからね」 というのが簡単な答えです 実は このマシンを作ったのは 既存の音をまねるためではなく 私が想像するあらゆる音を 作り出すためなのです よろしければ 今日は皆さんに私の心の中にあるものを お聞かせしましょう 気に入っていただけるといいのですが ちょっと変わった音楽です これほど変わった音楽が すべて私の声からできていると思うと ちょっと信じがたく思われるでしょうね

(音声処理した声)

(音楽)

これはどうでしょう

(音楽) ほんの概要ですが これが「人間の声に何が可能か」への答えです

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

I'd like you all to ask yourselves a question which you may never have asked yourselves before:

What is possible with the human voice? What is possible with the human voice?

(Beatboxing) - Ooh baby -

- baby -

- baby -

- baby - (Baby crying)

- baby - (Baby crying) - baby - (Cat meowing)

(Dog barking)

Yeah.

(Applause) (Boomerang noises)

It was coming straight for me. I had to. It was, yeah.

As you can probably well imagine, I was a strange child.

(Laughter)

Because the thing is, I was constantly trying to extend my repertoire of noises to be the very maximum that it could be. I was constantly experimenting with these noises. And I'm still on that mission. I'm still trying to find every noise that I can possibly make. And the thing is, I'm a bit older and wiser now, and I know that there's some noises I'll never be able to make because I'm hemmed in by my physical body, and there's things it can't do. And there's things that no one's voice can do.

For example, no one can do two notes at the same time. You can do two-tone singing, which monks can do, which is like ...

(Two-tone singing)

But that's cheating. And it hurts your throat. So there's things you can't do, and these limitations on the human voice have always really annoyed me, because beatbox is the best way of getting musical ideas out of your head and into the world, but they're sketches at best, which is what's annoyed me. If only, if only there was a way for these ideas to come out unimpeded by the restrictions which my body gives it.

So I've been working with these guys, and we've made a machine. We've made a system which is basically a live production machine, a real-time music production machine, and it enables me to, using nothing but my voice, create music in real time as I hear it in my head unimpeded by any physical restrictions that my body might place on me. And I'm going to show you what it can do.

And before I start making noises with it, and using it to manipulate my voice, I want to reiterate that everything that you're about to hear is being made by my voice. This system has -- thank you, beautiful assistant -- this system has no sounds in it itself until I start putting sounds in it, so there's no prerecorded samples of any kind. So once this thing really gets going, and it really starts to mangle the audio I'm putting into it, it becomes not obvious that it is the human voice, but it is, so I'm going to take you through it bit by bit and start nice and simple.

So the polyphony problem: I've only got one voice. How do I get around the problem of really wanting to have as many different voices going on at the same time. The simplest way to do it is something like this.

(Beatboxing)

By dancing. It's like this.

(Music)

Thanks.

(Applause)

So that's probably the easiest way. But if you want to do something a little bit more immediate, something that you can't achieve with live looping, there's other ways to layer your voice up. There's things like pitch-shifting, which are awesome, and I'm going to show you now what that sounds like.

So I'm going to start another beat for you, like this.

(Beatboxing) There's always got to be a bit of a dance at the start, because it's just fun, so you can clap along if you want. You don't have to. It's fine. Check it out. I'm going to lay down a bass sound now. (Music) And now, a rockabilly guitar.

Which is nice. But what if I want to make, say, a -- (Applause) -- Thanks. What if I want to make, say, a rock organ? Is that possible? Yes, it is, by recording myself like this.

(Organ sound)

And now I have that, I have that recorded. Assign it to a keyboard.

(Music)

So that's cool.

(Applause)

But what if I wanted to sound like the whole of Pink Floyd? Impossible, you say. No. It is possible, and you can do it very simply using this machine. It's really fantastic. Check it out.

(Music)

So every noise you can hear there is my voice. I didn't just trigger something which sounds like that. There's no samples. There's no synthesizers. That is literally all my voice being manipulated, and when you get to that point, you have to ask, don't you, what's the point? Why do this? (Laughter) Because it's cheaper than hiring the whole of Pink Floyd, I suppose, is the easy answer. But in actual fact, I haven't made this machine so that I can emulate things that already exist. I've made this so that I can make any noise that I can imagine. So with your permission, I'm going to do some things that are in my mind, and I hope you enjoy them, because they're rather unusual, especially when you're doing things which are as unusual as this, it can be hard to believe that it is all my voice, you see.

(Voice effects)

(Music)

Like this.

(Music) So, loosely defined, that is what's possible with the human voice.

Thank you very much, ladies and gentlemen.

(Applause)

I'd like you all/ to ask yourselves/ a question/ which you may never have asked yourselves/ before://

会場の皆さん 自分自身に尋ねてください これまで尋ねたことのない問いを

What is possible with the human voice?//

人間の声で何ができるのか?

What is possible with the human voice?//

人間の声にできることは何か?

(Beatboxing)/ - Ooh baby -//

(ヒューマンビートボックス) - オー ベイビィ -

- baby -//

- ベイビィ -

- baby -//

- baby - (Baby/ crying)//

- ベイビィ - (赤ん坊の泣き声)

- baby - (Baby/ crying)/ - baby - (Cat meowing)//

- ベイビィ - (猫の鳴き声)

(Dog barking)//

(犬の吠え声)

Yeah.//

どうでしょう

(拍手) (ブーメランが飛ぶ音)

It was coming straight/ for me.// I had to.// It was,/ yeah.//

まっすぐ返ってきたので 避けられなかったんです

As you can probably well imagine,/ I was a strange child.//

皆さん想像できるでしょうね 私は奇妙な子供でした

(笑)

Because the thing is,/ I was constantly trying to extend/ my repertoire of noises/ to be the very maximum/ that it could be.//

というのも 私は常に 自分が出すことのできる音の範囲を 最大限広げようとしていました

I was constantly experimenting with these noises.//

常に音の実験をしていたのです

And I'm still/ on that mission.//

現在も続けています

I'm still trying to find/ every noise/ that I can possibly make.//

私が出すことのできる 音を探しています

And the thing is,/ I'm a bit older and wiser now,/ and I know/ that there's some noises/ I'll never be able to make/ because I'm hemmed in by my physical body,/ and there's things/ it can't do.//

昔よりも 少しばかり賢く上手になりました 出せない音があることも知りました 肉体という制限があるからです 体にできないことはできません

And there's things/ that no one's voice can do.//

誰にも声に出せない音があります

For example,/ no one can do two notes/ at the same time.//

たとえば 2つの音程を同時に出すことはできません

You can do two-tone singing,/ which monks can do,/ which is like ...//

2つの音色は同時に出せます お坊さんの詠唱ですね

(2音色の朗詠)

But that's cheating.//

これはほんとはインチキです

And it hurts your throat.//

しかものどを痛めます

So there's things/ you can't do,/ and these limitations/ on the human voice have always really annoyed me,/ because beatbox is the best way of getting musical ideas/ out of your head and into the world,/ but they're sketches at best,/ which is/ what's annoyed me.//

人間にはできないことがあります 肉声の限界に常に悩まされてきました ビートボックスの音は理想の音楽を 頭の中から世界に発する最良の方法ですが それでも素描程度に過ぎません それに満足できなかったのです

If only,/ if only/ there was a way/ for these ideas/ to come out/ unimpeded/ by the restrictions/ which my body gives it.//

もしもひょっとして 私の理想をそのままで 妨げられず出す方法があるのでは?

So I've been working with these guys,/ and we've made a machine.//

そう思い これらの仲間と協力しあって このマシンを作りました

We've made a system/ which is basically a live production machine,/ a real-time music production machine,/ and it enables me/ to,/ using nothing but my voice,/ create music/ in real time/ as I hear it/ in my head unimpeded/ by any physical restrictions/ that my body might place on me.//

この機械は その場で音を作り出すマシンです リアルタイム音楽製造機です この機械を使えば 私の声だけを使い 頭の中に聞こえたままの音楽をリアルタイムで 肉体から生じる制約に 邪魔されることなく作り出すことができます

And I'm going to show/ you/ what it can do.//

今その性能をお見せしましょう

And/ before I start making/ noises/ with it,/ and using it to manipulate my voice,/ I want to reiterate/ that everything/ that you're/ about to hear is being made by my voice.//

私の声を使って 音を作り出す前に もう一度繰り返しますが今から聞こえる音は すべて私の声を素材にこの場で作られます

This system has --/ thank you,/ beautiful assistant --/ this system has no sounds/ in it/ itself/ until I start putting/ sounds/ in it,/ so there's no prerecorded samples of any kind.//

この機械は -- どうもありがとう助手君 -- この機械自体には音源がありません 私が声を入力して 初めて音が出せます 前もって録音したサンプル音など全くありません

So once/ this thing really gets going,/ and it really starts to mangle/ the audio/ I'm putting/ into it,/ it becomes not obvious/ that it is the human voice,/ but it is,/ so I'm going to take/ you/ through it/ bit/ by bit/ and start nice and simple.//

いったんマシンをオンにして 私の入力する声を処理し始めると 人の声には聞こえなくなりますが 実際人の声なのです少しずつご紹介しましょう まずは軽いものから

So the polyphony problem:/ I've only got one voice.//

まずはポリフォニーから: 私の声は一つです

How do I get around the problem of really wanting to have/ as many different voices/ going on/ at the same time.//

同時にほしいだけの数の声を 得るというこの問題を どう解決するか?

The simplest way to do it is something/ like this.//

最も簡単な方法はこれです

(Beatboxing)//

(ビートボックス)

By dancing.// It's like this.//

リズムに乗ります こんな具合に

(Music)//

(音楽)

どうも

(拍手)

So that's probably/ the easiest way.//

これがもっとも簡単な方法です

But/ if you want to do/ something/ a little bit more immediate,/ something/ that you can't achieve with live looping,/ there's other ways/ to layer your voice up.//

もっと即時的に行うにはどうすれば? ライブルーピング以上をするには? 声を多重化できる方法が他にもあります

There's things/ like pitch-shifting,/ which are awesome,/ and I'm going to show/ you now/ what/ that sounds like.//

音程を変えること これですごい効果が得られます それをお聴かせしましょう

So I'm going to start/ another beat/ for you,/ like this.//

別のビート音から始めます

(Beatboxing)/ There's always got to be a bit of a dance/ at the start,/ because it's just/ fun,/ so you can clap along/ if you want.//

(ビートボックス) まず少し踊りましょう 楽しいでしょう 手をたたいてもいいですよ

You don't have to.// It's fine.// Check/ it out.//

無理しないでさあ 始めますよ

I'm going to lay down/ a bass sound now.//

ベースを加えます

(Music)/ And now,/ a rockabilly guitar.//

(音楽) ロカビリーギターが加わります

Which is nice.// But what if I want to make,/ say,/ a --/ (Applause) --/ Thanks.// What if I want to make,/ say,/ a rock organ?//

なかなかいいでしょ さらに-- (拍手) -- ありがとうロックオルガンは

Is/ that possible?// Yes, it is,/ by recording myself/ like this.//

入るでしょうか? もちろん 私の声を録音して

(オルガンの響き)

And now/ I have/ that,/ I have/ that recorded.//

これでよし 録音完了

Assign/ it/ to a keyboard.//

キーボードに割り付けて

(Music)//

(音楽)

So that's cool.//

イケますね

(拍手)

But what if I wanted to sound/ like the whole of Pink Floyd?//

ピンク・フロイドのバンド全員の音がほしいときには?

Impossible,/ you say.// No.//

不可能だ? いいえ

It is possible,/ and you can do it very simply/ using this machine.// It's really/ fantastic.// Check/ it out.//

可能ですとっても簡単 このマシンを使って魔法みたいに聞いてください

(Music)//

(音楽)

So every noise/ you can hear/ there is my voice.//

聞こえる音すべては 私の声そのものです

I didn't just trigger something/ which sounds like that.//

録音を再生しているのではありません

There's no samples.// There's no synthesizers.//

サンプル音も シンセサイザーもなく私の声を処理しているだけなのです

That is literally all my voice/ being manipulated,/ and when you get to that point,/ you have to ask,/ don't you,/ what's the point?//

ここまで来ると 聞きたくなるでしょう? 「一体何が言いたいんだ?」って

Why do this?// (Laughter)/ Because it's cheaper/ than hiring the whole of Pink Floyd,/ I suppose,/ is the easy answer.//

「何故こんなことをするんだ?」って (笑) 「ピンク・フロイドを雇うより安く付くからね」 というのが簡単な答えです

But in actual fact,/ I haven't made this machine/ so that I can emulate things/ that already exist.//

実は このマシンを作ったのは 既存の音をまねるためではなく

I've made this/ so that I can make any noise/ that I can imagine.//

私が想像するあらゆる音を 作り出すためなのです

So/ with your permission,/ I'm going to do/ some things/ that are in my mind,/ and I hope/ you enjoy them,/ because they're rather unusual,/ especially/ when you're doing/ things/ which are as unusual/ as this,/ it can be hard/ to believe/ that it is all my voice,/ you see.//

よろしければ 今日は皆さんに私の心の中にあるものを お聞かせしましょう 気に入っていただけるといいのですが ちょっと変わった音楽です これほど変わった音楽が すべて私の声からできていると思うと ちょっと信じがたく思われるでしょうね

(音声処理した声)

(Music)//

(音楽)

Like this.//

これはどうでしょう

(Music) So,/ loosely defined,/ that is/ what's possible/ with the human voice.//

(音楽) ほんの概要ですが これが「人間の声に何が可能か」への答えです

Thank you very much,/ ladies and gentlemen.//

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

yourselves

yourself の複数形

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

applause

『拍手かっさい』;称賛

boomerang

ブーメラン(投げた所へ戻ってくるオーストラリアの正住民の飛び道具)

《比喩(ひゆ)的に》自分にはね返ってくるもの…やぶへび

自分の手元へ戻る,やぶへびとなる

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

probably

『たぶん』,『おそらく』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

repertoire

上演目録,演秦曲目,レパートリー

maximum

(量・数・程度の)『最大限』

(数学で)極大;最大値;極大点

最高の,最大の

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

wise

(人・行為などが)『賢い』,賢明な,思慮分別のある

『博識な』,学識豊かな;事情に詳しい,物事が分かっている

《俗》生意気な

…‘を'気づかせる,…‘に'教える《+up+『名』,+『名』+up》

(…に)気づく,(…を)知る《+up to+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

hem

(折り返して縫った衣類や布の)へり,縁

(一般に)へり,縁

〈布・着物〉‘の'へりを折り返して縫う;…‘の'縁どりをする

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

no one

『だれも』…『ない』

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

two-tone

《名詞の前にのみ用いて》2色の,ツートンカラーの

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

monk

(一般に)修道僧,僧侶(そうりょ);(キリスト教の)修道士,道士

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

throat

(気管・食道部分としての)『のど』,咽喉部

のど首

のど状の物;(容器などの)首

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

annoy

《しばしば受動態で》〈物事が〉…'を'『困らせる』,悩ませる,いらいらさせる

musical

《名詞の前にのみ用いて》『音楽の』;音楽を伴う,音楽に合わせた

(声などが)『音調の美しい』音楽的な

(人が)『音楽好きの』;音楽の才のある

=musical comedy

=musical film

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

restriction

(…を)『制限』(『限定』)『すること』《+『of』+『名』》,制限(限定)されていること

〈C〉(…に対する)制限事項,制約《+『on』(『against』)+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

basically

基本的に,根本的に;元来は

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

real-time

実際にかかる時間の

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

reiterate

…‘を'繰り返す(repeat);…‘だと'繰り返し言う《+『that節』》

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

prerecord

〈番組の〉‘の'録画(録音)をとる

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

mangle

《しばしば受動態で》〈人・手防〉‘を'ずたずたに切る,めった切りにする

…‘を'めちゃめちゃにする

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

polyphony

(音楽で)対位法,多声音楽

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

clap

(短く鋭い)ピシャリ(パチン,バタン,ガタン)という音

《単数形で》平手打ち

〈手〉'を'『パチン』(『パチパチ』)『とたたく』

…'を'ピシャリ(パチン)とたたく(打ちつける)

(激励・あいさつとして)〈人〉'を'ポンとたたく

(ある方向・状態に)…'を'急に動かす,さっと送る

(…に)手をたたく《+『for』+『名』》

ピシャン(パチン,バタン)と音を立てる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

bass

低音の

〈U〉,低音,バス(男声の最低音域)

〈C〉低音歌手

guitar

『ギター』

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

assign

〈物・仕事など〉'を'『割り当てる』,あてがう,与える

(…のために)〈日時・場所〉'を'『指定する』,決める《+『名』+『for』+『名』》

〈人〉'を'『任命する』,選任する,指名する

(…に)〈原因など〉'を'帰する《+『名』+『to』+『名』》

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

emulate

…‘と'張り合う,‘に'負けまいとする

…‘を'手本とする,見習う

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

permission

『許可』,承諾

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

especially

『特に』,特別に;きわだって

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

loosely

緩く,だらりと

大ざっぱに,漠然と

だらしなく;不身持ちに

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

関連動画