TED日本語 - マーカム・ノーラン: オンライン上で 事実とフィクションを区別する方法

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

この話が終わる頃には、YouTubeで864時間分のビデオ、FacebookとInstagramで250万枚の写真が増えているでしょう。では、私達はこのような情報の洪水を、どう整理したらいいのでしょうか。ロンドンでのTEDSalonでマーカム・ノーランが語るのは、彼がチームとともにリアル・タイムで情報を確認するために使う、調査のテクニックです。ハリケーンに襲われた自由の女神の写真やシリアから流出したビデオは本物でしょうか。

Script

17才の頃からジャーナリストをしていますが この業界は今 とても面白いです ご存じの通り メディア業界では ものすごい変化が起きているからです ただ ほとんどの人はビジネスモデルの崩壊や Googleの一人勝ちといった 観点から変化を捉えています

ジャーナリストとして本当に面白いですが 私が興味あるのは記事自体の変化ではありません 書く前の段階の変化つまり情報入手や ― 取材方法に関心があります 力関係は新聞社から読者へと 大きくシフトし 取材が様変わりしたからです 読み手はこれまで ニュースに 影響も変化も与えられませんでした 接点がなかったのです でも状況は変わりました

私が初めてメディアに関心をもったのは 1984年 BBCがストを実施したときです マンガまで休みになり怒っていたのです だから手紙を書きました 嫌がらせの手紙に最高の結びは こうです 「愛を込めて マーカム 4才」これは今でも通用します ストに与えたインパクトは不明です ただ わかったのは返事に3週間もかかったこと 行動を起こして 結果を知りたくても そんなに時間がかかったのです それもすっかり変わりました 誰もが瞬時にやり取りします 読者が記事に反応した時代は終わり 今ではジャーナリストが読者に頼っているのです 読者がニュースを探してくれます 取材の切り口も 皆が知りたい事も読者が教えてくれます 全部リアルタイムであっという間です いつもこんな状態で追いつくのに必死です

どのくらい読者に頼っているか ― 9月5日 コスタリカの地震を例に 見てみましょう M7.6の大地震でした 地震が起きて60秒後 ― 250km先のマナグアが揺れました マナグアが揺れるまでに60秒かかっているのです その30秒後第一報がツイートされます "temblor" 地震というつぶやきでした 地震が到達するのに 60秒かかりました その30秒後には 地震のニュースが 瞬時に世界中を駆け巡ります 世界中の誰もが マナグアの地震を 知り得たのです きっかけは最初の1人が 状況を伝えたいと思い投稿したことです いまは誰もが投稿します 最新情報や写真やビデオは 絶え間なくクラウドに流れ込んでいきます

常に膨大なデータが アップロードされています データによれば YouTubeでは毎分72時間以上のビデオが投稿されます 1秒間に1時間分を超える投稿があるのです Instagramでは1秒に58枚の写真 ― Facebookでは 3,500枚以上の写真が投稿されます だから 私がこの話を終える頃には YouTubeには864時間分のビデオ ― FacebookとInstagramには250万枚の写真が投稿されています

あらゆる情報が入手可能な立場は ジャーナリストにとって面白い状況です 世界中の出来事を ほぼ同時に しかもタダで知ることができます この状況は 誰にとっても同じです

ただ問題があって 情報が大量になると 価値があるものを見つけるのが 難しくなります これを痛切に感じたのが ハリケーン・サンディのときです 長らく経験していなかった巨大ハリケーンが iPhoneの総本山を襲ったのです(笑) さらに多種多様なメディアをみんなが持っています だからニセモノや 再投稿された古い写真 ― 過去の写真を使った合成写真を ジャーナリストは見分ける必要があります 映画『デイ・アフター・トゥモロー』の写真まで混じっています (笑) 中には リアルすぎて 本物かどうかわからないものも (笑)

冗談はさておきInstagramからの この写真では 徹底した検証が必要でした Instagramでフィルタがかけられています 光の当たり方が疑わしく見えました でも これは本物でした 水没したマンハッタン アベニューCです 本物と判明したのは 情報源が特定できたからです NYのフード・ブロガーで よく知られ 尊敬されていました この場合は本物だと証明できました これがジャーナリストの仕事情報の確認です 外に出て情報を集め それを読者に見せる代わりに 問題になりそうな情報を止めます

信頼できる情報源の発見が重要になるため ジャーナリストはTwitterを頻繁に利用します 大量の情報が集まるので使い方がわかれば まるで記事配信サービスのように利用できます

役に立つ反面難しい面もあることが 2011年のエジプト革命でわかりました アラビア語が話せず エジプトではなく ダブリンにいる私にとっては Twitterリストや 質の高い情報源のリストや信頼できる人が 重要でした そんなリストを 一から作るにはどうしたらよいか? 何を探すべきか知らないととても大変です これはイタリアの学者アンドレ・パニソンが タハリール広場でのTwitter上のやり取りを 視覚化したものです ムバラク大統領が辞任した その日です 点はリツイートで 誰かがメッセージを リツイートすると2点がつながります 回数が多い程 ― つながりが増えていきます すごい方法で会話を視覚化しています ただ ここから得られるのは誰に関心をもち 誰を調べるべきかを知る手がかりだけです 会話が展開するとどんどん活発になり 最終的に 会話は 巨大な リズムを刻む点の塊になります つながりを見て こう思うかも 「彼らについて調べよう 何か知ってるかもしれない どんな人間か 調べてみよう」

私たちジャーナリストは情報があふれる今 ― ウェブの同時性にとても興味を覚えます この種の調査に使えるツールが 今はたくさんあるからです 以前よりも とても詳しく 情報源を調べることができます

よさそうなネタを見つけたと思っても 本当に使えるかどうか ― 確信がもてない場合があります 信頼できる情報源か ― 合成か 再投稿かわからないからです 調べる必要があります ご覧頂いているビデオは 2週間前に見つけました

ビデオ 「風が強くなってきたわ」

(風雨の音)

(爆発音)「大変!」

プロデューサーなら放送したくなるはずです すごい掘り出し物ですから 生々しい反応です 裏庭で撮影されました でも 本物か ニセモノか 古いものか 再投稿かを知る方法は?

ビデオを調べて わかったのは YouTubeのユーザー名だけでした このアカウントの投稿は 1件だけ ユーザー名は "Rita Krill" 本名か 偽名かはわかりません そこで ネット上の無料ツールで調べ始めました まずSpokeoで名前を探しました 全米を調べ NY ペンシルベニア ― ネバダ フロリダで この名を見つけました 次にWolfram Alphaを使って ビデオが投稿された日の 気象情報をチェックしました 名前が挙がった場所の内 ― その日 フロリダが雷雨でした だからWhitePagesの 電話帳でRita Krillをいくつか見つけ 住所を洗ったところ ― Google Mapsで 家を見つけました ビデオと よく似た ― プールがある家です再びビデオを見て ヒントを探しました ビデオをよく見ると大きなパラソルと 白いエアマットがあり プールの角は曲線を描いています 背景には木が2本 Google Mapsに戻り よく見ると エアマットも 2本の木も パラソルもあります 写真では閉じています 少し工夫するとプールの角が丸いこともわかります 調査をもとにリタに電話をかけ 自分で撮ったものだと確認しました クライアントは安心して放映できました

一方 真実を知ることが 重大な結果をともなう場合があります 私達がシリアに注目するのは 戦争犯罪の証拠となりうる情報の 真偽を判断することが当然 多くなるからです この場合 YouTubeが 世界情勢を知るために重要な情報源です

このビデオは かなり残酷なので 音声の一部を お聞きください 出所はシリアのハマーです (叫び声) 映像は血だらけの死体が ピックアップトラックから降ろされて 橋から投げ落とされる場面です ムスリム同胞団のメンバーが シリア軍兵士の死体を捨てる所とされています でも男達は 呪いや冒涜の言葉を言っており 本当は何者なのか ビデオの説明通りなのかは意見が分かれます

そこでTwitterでやり取りしていた ― ハマーにいる人達にこの件を尋ねました 注目したのは橋です特定できるかも知れません 3つの情報源の証言はバラバラでした ある協力者は「橋はない」 別の協力者は「橋はあるがハマーではない」 3人目は「橋はあると思う でも上流のダムが閉鎖しており 川に水がないはずで映像と一致しない」 最後の証言がヒントになりました 手がかりを探して ビデオを見ると 特徴のある手すりに気づきました 歩道上の影が 南へ伸びているので 橋は東西方向にかかっています 歩道は白と黒に塗られています 川面を見ると 西側にコンクリート護岸血の流れが見えます つまり川が南から北へ 流れているのです 橋から向こうを見ると 土手に削られた部分があり 川幅が狭まっています

次にGoogle Mapsで 橋を全部見ていきました 先ほどのダムから下流に向かって 橋がある場所を すべて確認し 該当しないものを外しました 探すのは東西にかかる橋です でもダムからハマーまで見ましたが 橋がありません でも航空写真に切り替えると 橋がひとつあったのです証拠がまとまり始めます この橋は東西にかかっているようです この橋でしょうかズームしてみましょう 橋の中央に線があり2車線だとわかります 白と黒に塗られた歩道もあります さらにクリックすると アップロードされた写真がマップ上に現れます 写真をクリックすると 細部を見て ビデオと照合できます 最初に気づくのは白と黒の縁石です 手がかりになりそうです 特徴のある手すりも見えますここから男達が 死体を投げ捨てていました これが探していた橋だと確信するまで検証を続けました

ここから何がわかるでしょう? 思い出してほしいのは3人の情報 ― 「橋がない」という情報と 「ハマーではない」という情報 ― そして「橋はあるが水位がおかしい」という情報です 3人目の情報が急に信頼できるものに見えて来ました 私達はそれを無料ツールで確認する事ができました ダブリンのオフィスにいながら たった20分で です これが作業の醍醐味です ネット上には大量の情報が行き交っているので 選別はとても大変ですし日々 難しくなります でも情報を適切に使えば素晴らしい情報が手に入ります 手がかりさえあれば 皆さんが知られたくない情報だって探り出せるでしょう

今は これまでにない程 ― 大量の情報があり選別も難しいですが 強力なツールがあります 無料のツールで お話ししたような調査が可能です 洗練されたアルゴリズムや 高速なコンピュータもあります

でもアルゴリズムは規則の集まりに過ぎず YesかNo 白か黒なのです 真実はそうではありません真実には価値があります 真実は感情に訴え 流動的で何より人間的なものです コンピュータが どれほど速くなろうと 情報がどれほど増えようと ― 真実を探すためには人間が欠かせません 真実の探求は人間の特性なのですから ありがとうございました (拍手)

I've been a journalist now since I was about 17, and it's an interesting industry to be in at the moment, because as you all know, there's a huge amount of upheaval going on in media, and most of you probably know this from the business angle, which is that the business model is pretty screwed, and as my grandfather would say, the profits have all been gobbled up by Google.

So it's a really interesting time to be a journalist, but the upheaval that I'm interested in is not on the output side. It's on the input side. It's concern with how we get information and how we gather the news. And that's changed, because we've had a huge shift in the balance of power from the news organizations to the audience. And the audience for such a long time was in a position where they didn't have any way of affecting news or making any change. They couldn't really connect. And that's changed irrevocably.

My first connection with the news media was in 1984, the BBC had a one-day strike. I wasn't happy. I was angry. I couldn't see my cartoons. So I wrote a letter. And it's a very effective way of ending your hate mail: "Love Markham, Aged 4." Still works. I'm not sure if I had any impact on the one-day strike, but what I do know is that it took them three weeks to get back to me. And that was the round journey. It took that long for anyone to have any impact and get some feedback. And that's changed now because, as journalists, we interact in real time. We're not in a position where the audience is reacting to news. We're reacting to the audience, and we're actually relying on them. They're helping us find the news. They're helping us figure out what is the best angle to take and what is the stuff that they want to hear. So it's a real-time thing. It's much quicker. It's happening on a constant basis, and the journalist is always playing catch up.

To give an example of how we rely on the audience, on the 5th of September in Costa Rica, an earthquake hit. It was a 7.6 magnitude. It was fairly big. And 60 seconds is the amount of time it took for it to travel 250 kilometers to Managua. So the ground shook in Managua 60 seconds after it hit the epicenter. Thirty seconds later, the first message went onto Twitter, and this was someone saying "temblor," which means earthquake. So 60 seconds was how long it took for the physical earthquake to travel. Thirty seconds later news of that earthquake had traveled all around the world, instantly. Everyone in the world, hypothetically, had the potential to know that an earthquake was happening in Managua. And that happened because this one person had a documentary instinct, which was to post a status update, which is what we all do now, so if something happens, we put our status update, or we post a photo, we post a video, and it all goes up into the cloud in a constant stream.

And what that means is just constant, huge volumes of data going up. It's actually staggering. When you look at the numbers, every minute there are 72 more hours of video on YouTube. So that's, every second, more than an hour of video gets uploaded. And in photos, Instagram,58 photos are uploaded to Instagram a second. More than three and a half thousand photos go up onto Facebook. So by the time I'm finished talking here, there'll be 864 more hours of video on Youtube than there were when I started, and two and a half million more photos on Facebook and Instagram than when I started.

So it's an interesting position to be in as a journalist, because we should have access to everything. Any event that happens anywhere in the world, I should be able to know about it pretty much instantaneously, as it happens, for free. And that goes for every single person in this room.

The only problem is, when you have that much information, you have to find the good stuff, and that can be incredibly difficult when you're dealing with those volumes. And nowhere was this brought home more than during Hurricane Sandy. So what you had in Hurricane Sandy was a superstorm, the likes of which we hadn't seen for a long time, hitting the iPhone capital of the universe -- (Laughter) -- and you got volumes of media like we'd never seen before. And that meant that journalists had to deal with fakes, so we had to deal with old photos that were being reposted. We had to deal with composite images that were merging photos from previous storms. We had to deal with images from films like "The Day After Tomorrow." (Laughter) And we had to deal with images that were so realistic it was nearly difficult to tell if they were real at all. (Laughter)

But joking aside, there were images like this one from Instagram which was subjected to a grilling by journalists. They weren't really sure. It was filtered in Instagram. The lighting was questioned. Everything was questioned about it. And it turned out to be true. It was from Avenue C in downtown Manhattan, which was flooded. And the reason that they could tell that it was real was because they could get to the source, and in this case, these guys were New York food bloggers. They were well respected. They were known. So this one wasn't a debunk, it was actually something that they could prove. And that was the job of the journalist. It was filtering all this stuff. And you were, instead of going and finding the information and bringing it back to the reader, you were holding back the stuff that was potentially damaging.

And finding the source becomes more and more important -- finding the good source -- and Twitter is where most journalists now go. It's like the de facto real-time newswire, if you know how to use it, because there is so much on Twitter.

And a good example of how useful it can be but also how difficult was the Egyptian revolution in 2011. As a non-Arabic speaker, as someone who was looking from the outside, from Dublin, Twitter lists, and lists of good sources, people we could establish were credible, were really important. And how do you build a list like that from scratch? Well, it can be quite difficult, but you have to know what to look for. This visualization was done by an Italian academic. He's called Andre Pannison, and he basically took the Twitter conversation in Tahrir Square on the day that Hosni Mubarak would eventually resign, and the dots you can see are retweets, so when someone retweets a message, a connection is made between two dots, and the more times that message is retweeted by other people, the more you get to see these nodes, these connections being made. And it's an amazing way of visualizing the conversation, but what you get is hints at who is more interesting and who is worth investigating. And as the conversation grew and grew, it became more and more lively, and eventually you were left with this huge, big, rhythmic pointer of this conversation. You could find the nodes, though, and then you went, and you go, "Right, I've got to investigate these people. These are the ones that are obviously making sense. Let's see who they are."

Now in the deluge of information, this is where the real-time web gets really interesting for a journalist like myself, because we have more tools than ever to do that kind of investigation. And when you start digging into the sources, you can go further and further than you ever could before.

Sometimes you come across a piece of content that is so compelling, you want to use it, you're dying to use it, but you're not 100 percent sure if you can because you don't know if the source is credible. You don't know if it's a scrape. You don't know if it's a re-upload. And you have to do that investigative work. And this video, which I'm going to let run through, was one we discovered a couple of weeks ago.

Video: Getting real windy in just a second.

(Rain and wind sounds)

(Explosion) Oh, shit!

Markham Nolan: Okay, so now if you're a news producer, this is something you'd love to run with, because obviously, this is gold. You know? This is a fantastic reaction from someone, very genuine video that they've shot in their back garden. But how do you find if this person, if it's true, if it's faked, or if it's something that's old and that's been reposted?

So we set about going to work on this video, and the only thing that we had to go on was the username on the YouTube account. There was only one video posted to that account, and the username was Rita Krill. And we didn't know if Rita existed or if it was a fake name. But we started looking, and we used free Internet tools to do so. The first one was called Spokeo, which allowed us to look for Rita Krills. So we looked all over the U.S. We found them in New York, we found them in Pennsylvania, Nevada and Florida. So we went and we looked for a second free Internet tool called Wolfram Alpha, and we checked the weather reports for the day in which this video had been uploaded, and when we went through all those various cities, we found that in Florida, there were thunderstorms and rain on the day. So we went to the white pages, and we found, we looked through the Rita Krills in the phonebook, and we looked through a couple of different addresses, and that took us to Google Maps, where we found a house. And we found a house with a swimming pool that looked remarkably like Rita's. So we went back to the video, and we had to look for clues that we could cross-reference. So if you look in the video, there's the big umbrella, there's a white lilo in the pool, there are some unusually rounded edges in the swimming pool, and there's two trees in the background. And we went back to Google Maps, and we looked a little bit closer, and sure enough, there's the white lilo, there are the two trees, there's the umbrella. It's actually folded in this photo. Little bit of trickery. And there are the rounded edges on the swimming pool. So we were able to call Rita, clear the video, make sure that it had been shot, and then our clients were delighted because they were able to run it without being worried.

Sometimes the search for truth, though, is a little bit less flippant, and it has much greater consequences. Syria has been really interesting for us, because obviously a lot of the time you're trying to debunk stuff that can be potentially war crime evidence, so this is where YouTube actually becomes the most important repository of information about what's going on in the world.

So this video, I'm not going to show you the whole thing, because it's quite gruesome, but you'll hear some of the sounds. This is from Hama. Video: (Shouting) And what this video shows, when you watch the whole thing through, is bloody bodies being taken out of a pickup truck and thrown off a bridge. The allegations were that these guys were Muslim Brotherhood and they were throwing Syrian Army officers' bodies off the bridge, and they were cursing and using blasphemous language, and there were lots of counterclaims about who they were, and whether or not they were what the video said it was.

So we talked to some sources in Hama who we had been back and forth with on Twitter, and we asked them about this, and the bridge was interesting to us because it was something we could identify. Three different sources said three different things about the bridge. They said,one, the bridge doesn't exist. Another one said the bridge does exist, but it's not in Hama. It's somewhere else. And the third one said, "I think the bridge does exist, but the dam upstream of the bridge was closed, so the river should actually have been dry, so this doesn't make sense." So that was the only one that gave us a clue. We looked through the video for other clues. We saw the distinctive railings, which we could use. We looked at the curbs. The curbs were throwing shadows south, so we could tell the bridge was running east-west across the river. It had black-and-white curbs. As we looked at the river itself, you could see there's a concrete stone on the west side. There's a cloud of blood. That's blood in the river. So the river is flowing south to north. That's what that tells me. And also, as you look away from the bridge, there's a divot on the left-hand side of the bank, and the river narrows.

So onto Google Maps we go, and we start looking through literally every single bridge. We go to the dam that we talked about, we start just literally going through every time that road crosses the river, crossing off the bridges that don't match. We're looking for one that crosses east-west. And we get to Hama. We get all the way from the dam to Hama and there's no bridge. So we go a bit further. We switch to the satellite view, and we find another bridge, and everything starts to line up. The bridge looks like it's crossing the river east to west. So this could be our bridge. And we zoom right in. We start to see that it's got a median, so it's a two-lane bridge. And it's got the black-and-white curbs that we saw in the video, and as we click through it, you can see someone's uploaded photos to go with the map, which is very handy, so we click into the photos. And the photos start showing us more detail that we can cross-reference with the video. The first thing that we see is we see black-and-white curbing, which is handy because we've seen that before. We see the distinctive railing that we saw the guys throwing the bodies over. And we keep going through it until we're certain that this is our bridge.

So what does that tell me? I've got to go back now to my three sources and look at what they told me: the one who said the bridge didn't exist, the one who said the bridge wasn't in Hama, and the one guy who said, "Yes, the bridge does exist, but I'm not sure about the water levels." Number three is looking like the most truthful all of a sudden, and we've been able to find that out using some free Internet tools sitting in a cubicle in an office in Dublin in the space of 20 minutes. And that's part of the joy of this. Although the web is running like a torrent, there's so much information there that it's incredibly hard to sift and getting harder every day, if you use them intelligently, you can find out incredible information. Given a couple of clues, I could probably find out a lot of things about most of you in the audience that you might not like me finding out.

But what it tells me is that, at a time when there's more -- there's a greater abundance of information than there ever has been, it's harder to filter, we have greater tools. We have free Internet tools that allow us, help us do this kind of investigation. We have algorithms that are smarter than ever before, and computers that are quicker than ever before.

But here's the thing. Algorithms are rules. They're binary. They're yes or no, they're black or white. Truth is never binary. Truth is a value. Truth is emotional, it's fluid, and above all, it's human. No matter how quick we get with computers, no matter how much information we have, you'll never be able to remove the human from the truth-seeking exercise, because in the end, it is a uniquely human trait. Thanks very much. (Applause)

I've been a journalist now/ since I was about 17,/ and it's an interesting industry/ to be in at the moment,/ because/ as you/ all know,/ there's a huge amount of upheaval/ going on/ in media,/ and most of you probably know this/ from the business angle,/ which is/ that the business model is pretty screwed,/ and as my grandfather would say,/ the profits have all been gobbled up/ by Google.//

17才の頃からジャーナリストをしていますが この業界は今 とても面白いです ご存じの通り メディア業界では ものすごい変化が起きているからです ただ ほとんどの人はビジネスモデルの崩壊や Googleの一人勝ちといった 観点から変化を捉えています

So it's a really interesting time/ to be a journalist,/ but the upheaval/ that I'm interested/ in is not on the output side.//

ジャーナリストとして本当に面白いですが 私が興味あるのは記事自体の変化ではありません

It's on the input side.// It's concern/ with how we get information/ and how we gather the news.//

書く前の段階の変化つまり情報入手や ― 取材方法に関心があります

And that's changed,/ because we've had a huge shift/ in the balance of power/ from the news organizations/ to the audience.//

力関係は新聞社から読者へと 大きくシフトし 取材が様変わりしたからです

And the audience/ for such a long time was in a position/ where they didn't have any way of affecting news/ or making any change.// They couldn't really connect.//

読み手はこれまで ニュースに 影響も変化も与えられませんでした 接点がなかったのです

And that's changed irrevocably.//

でも状況は変わりました

My first connection/ with the news media was in 1984,/ the BBC had a one-day strike.//

私が初めてメディアに関心をもったのは 1984年 BBCがストを実施したときです

I wasn't happy.// I was angry.// I couldn't see my cartoons.//

マンガまで休みになり怒っていたのです

So I wrote a letter.//

だから手紙を書きました

And it's a very effective way of ending your hate mail:/ "Love Markham,/ Aged 4."// Still/ works.//

嫌がらせの手紙に最高の結びは こうです 「愛を込めて マーカム 4才」これは今でも通用します

I'm not sure/ if I had any impact/ on the one-day strike,/ but what I do know/ is/ that it took them/ three weeks/ to get back/ to me.//

ストに与えたインパクトは不明です ただ わかったのは返事に3週間もかかったこと

And that was the round journey.// It took that long/ for anyone/ to have any impact/ and get some feedback.//

行動を起こして 結果を知りたくても そんなに時間がかかったのです

And that's changed now/ because,/ as journalists,/ we interact in real time.// We're not in a position/ where the audience is reacting to news.//

それもすっかり変わりました 誰もが瞬時にやり取りします 読者が記事に反応した時代は終わり

We're reacting/ to the audience,/ and we're actually relying/ on them.//

今ではジャーナリストが読者に頼っているのです

They're helping/ us/ find the news.// They're helping/ us/ figure out/ what is the best angle/ to take/ and what is the stuff/ that they want to hear.//

読者がニュースを探してくれます 取材の切り口も 皆が知りたい事も読者が教えてくれます

So it's a real-time thing.// It's much quicker.// It's happening on a constant basis,/ and the journalist is always playing catch up.//

全部リアルタイムであっという間です いつもこんな状態で追いつくのに必死です

To give an example of how we rely on the audience,/ on the 5th of September/ in Costa Rica,/ an earthquake hit.//

どのくらい読者に頼っているか ― 9月5日 コスタリカの地震を例に 見てみましょう

It was a 7.6 magnitude.// It was fairly big.//

M7.6の大地震でした

And 60 seconds is the amount of time/ it took/ for it/ to travel 250 kilometers/ to Managua.//

地震が起きて60秒後 ― 250km先のマナグアが揺れました

So/ the ground shook in Managua 60 seconds/ after it hit the epicenter.//

マナグアが揺れるまでに60秒かかっているのです

Thirty seconds later,/ the first message went onto Twitter,/ and this was someone/ saying "temblor,/"/ which means earthquake.//

その30秒後第一報がツイートされます "temblor" 地震というつぶやきでした

So 60 seconds was/ how long/ it took for the physical earthquake/ to travel.//

地震が到達するのに 60秒かかりました

Thirty seconds/ later news of that earthquake had traveled all/ around the world,/ instantly.// Everyone/ in the world,/ hypothetically,/ had the potential/ to know/ that an earthquake was happening in Managua.//

その30秒後には 地震のニュースが 瞬時に世界中を駆け巡ります 世界中の誰もが マナグアの地震を 知り得たのです

And/ that happened/ because this one person had a documentary instinct,/ which was to post a status update,/ which is/ what we/ all do now,/ so/ if something happens,/ we put our status update,/ or we post a photo,/ we post a video,/ and it/ all goes up/ into the cloud/ in a constant stream.//

きっかけは最初の1人が 状況を伝えたいと思い投稿したことです いまは誰もが投稿します 最新情報や写真やビデオは 絶え間なくクラウドに流れ込んでいきます

And what that means/ is just/ constant, huge volumes of data/ going up.//

常に膨大なデータが アップロードされています

It's actually staggering.// When you look at the numbers,/ every minute/ there are 72 more hours of video/ on YouTube.//

データによれば YouTubeでは毎分72時間以上のビデオが投稿されます

So/ that's,/ every second,/ more/ than an hour of video gets uploaded.//

1秒間に1時間分を超える投稿があるのです

And in photos,/ Instagram,/58 photos are uploaded to Instagram/ a second.//

Instagramでは1秒に58枚の写真 ―

More/ than three/ and a half thousand photos go up/ onto Facebook.//

Facebookでは 3,500枚以上の写真が投稿されます

So/ by the time/ I'm finished talking/ here,/ there'll be 864 more hours of video/ on Youtube/ than there were/ when I started,/ and two and a half million more photos/ on Facebook and Instagram/ than when I started.//

だから 私がこの話を終える頃には YouTubeには864時間分のビデオ ― FacebookとInstagramには250万枚の写真が投稿されています

So it's an interesting position/ to be in as a journalist,/ because we should have access/ to everything.//

あらゆる情報が入手可能な立場は ジャーナリストにとって面白い状況です

Any event/ that happens anywhere/ in the world,/ I should be able to know about it pretty much instantaneously,/ as it happens,/ for free.//

世界中の出来事を ほぼ同時に しかもタダで知ることができます

And that goes for every single person/ in this room.//

この状況は 誰にとっても同じです

The only problem is,/ when you have/ that much information,/ you have to find/ the good stuff,/ and that can be incredibly difficult/ when you're dealing/ with those volumes.//

ただ問題があって 情報が大量になると 価値があるものを見つけるのが 難しくなります

And nowhere was this brought home more/ than during Hurricane Sandy.// So/ what you had in Hurricane Sandy was a superstorm,/ the likes of which we hadn't seen for a long time,/ hitting the iPhone capital of the universe --/ (Laughter) --/ and you got volumes of media/ like we'd never seen before.//

これを痛切に感じたのが ハリケーン・サンディのときです 長らく経験していなかった巨大ハリケーンが iPhoneの総本山を襲ったのです(笑) さらに多種多様なメディアをみんなが持っています

And that meant/ that journalists had to deal/ with fakes,/ so we had to deal/ with old photos/ that were being reposted.//

だからニセモノや 再投稿された古い写真 ―

We had to deal/ with composite images/ that were merging photos/ from previous storms.//

過去の写真を使った合成写真を ジャーナリストは見分ける必要があります

We had to deal/ with images/ from films/ like "The Day After Tomorrow."// (Laughter)/ And we had to deal/ with images/ that were so realistic/ it was nearly difficult/ to tell/ if they were real/ at all.//

映画『デイ・アフター・トゥモロー』の写真まで混じっています (笑) 中には リアルすぎて 本物かどうかわからないものも

(笑)

But joking aside,/ there were images/ like this one/ from Instagram/ which was subjected to a grilling/ by journalists.//

冗談はさておきInstagramからの この写真では 徹底した検証が必要でした

They weren't really sure.// It was filtered in Instagram.//

Instagramでフィルタがかけられています

The lighting was questioned.// Everything was questioned about it.//

光の当たり方が疑わしく見えました

And it turned out/ to be true.// It was from Avenue C/ in downtown Manhattan,/ which was flooded.//

でも これは本物でした 水没したマンハッタン アベニューCです

And the reason/ that they could tell/ that it was real was/ because they could get to the source,/ and in this case,/ these guys were New York food bloggers.//

本物と判明したのは 情報源が特定できたからです NYのフード・ブロガーで

They were well respected.// They were known.//

よく知られ 尊敬されていました

So this one wasn't a debunk,/ it was actually something/ that they could prove.//

この場合は本物だと証明できました

And that was the job of the journalist.// It was filtering all this stuff.//

これがジャーナリストの仕事情報の確認です

And you were,/ instead of going and finding the information/ and bringing it back/ to the reader,/ you were holding back/ the stuff/ that was potentially damaging.//

外に出て情報を集め それを読者に見せる代わりに 問題になりそうな情報を止めます

And finding the source becomes more and more important --/ finding the good source --/ and Twitter is/ where most journalists now go.//

信頼できる情報源の発見が重要になるため ジャーナリストはTwitterを頻繁に利用します

It's like the de facto real-time newswire,/ if you know/ how to use it,/ because there is so much/ on Twitter.//

大量の情報が集まるので使い方がわかれば まるで記事配信サービスのように利用できます

And a good example of how useful/ it can be but also how difficult was the Egyptian revolution/ in 2011.//

役に立つ反面難しい面もあることが 2011年のエジプト革命でわかりました

As a non-Arabic speaker,/ as someone/ who was looking from the outside,/ from Dublin,/ Twitter lists,/ and lists of good sources,/ people/ we could establish/ were credible,/ were really important.//

アラビア語が話せず エジプトではなく ダブリンにいる私にとっては Twitterリストや 質の高い情報源のリストや信頼できる人が 重要でした

And how do you build a list/ like that/ from scratch?//

そんなリストを 一から作るにはどうしたらよいか?

Well,/ it can be quite difficult,/ but you have to know/ what to look for.//

何を探すべきか知らないととても大変です

This visualization was done by an Italian academic.//

これはイタリアの学者アンドレ・パニソンが

He's called Andre Pannison,/ and he basically took the Twitter conversation/ in Tahrir Square/ on the day/ that Hosni Mubarak would eventually resign,/ and the dots/ you can see/ are retweets,/ so/ when someone retweets a message,/ a connection is made between two dots,/ and the more times/ that message is retweeted by other people,/ the more/ you get to see/ these nodes,/ these connections/ being made.//

タハリール広場でのTwitter上のやり取りを 視覚化したものです ムバラク大統領が辞任した その日です 点はリツイートで 誰かがメッセージを リツイートすると2点がつながります 回数が多い程 ― つながりが増えていきます

And it's an amazing way of visualizing the conversation,/ but what you get/ is hints/ at who is more interesting/ and who is worth/ investigating.//

すごい方法で会話を視覚化しています ただ ここから得られるのは誰に関心をもち 誰を調べるべきかを知る手がかりだけです

And as the conversation grew and grew,/ it became more and more lively,/ and eventually/ you were left with this huge, big, rhythmic pointer of this conversation.//

会話が展開するとどんどん活発になり 最終的に 会話は 巨大な リズムを刻む点の塊になります

You could find the nodes,/ though,/ and then/ you went,/ and you go,/ "Right,/ I've got to investigate/ these people.//

つながりを見て こう思うかも 「彼らについて調べよう

These are the ones/ that are obviously making sense.//

何か知ってるかもしれない

Let's see/ who they are."//

どんな人間か 調べてみよう」

Now/ in the deluge of information,/ this is/ where the real-time web gets really interesting/ for a journalist/ like myself,/ because we have more tools/ than ever/ to do that kind of investigation.//

私たちジャーナリストは情報があふれる今 ― ウェブの同時性にとても興味を覚えます この種の調査に使えるツールが 今はたくさんあるからです

And when you start digging/ into the sources,/ you can go further and further/ than you ever could before.//

以前よりも とても詳しく 情報源を調べることができます

Sometimes/ you come across a piece of content/ that is so compelling,/ you want to use/ it,/ you're dying to use/ it,/ but you're not 100 percent sure/ if you can/ because you don't know/ if the source is credible.//

よさそうなネタを見つけたと思っても 本当に使えるかどうか ― 確信がもてない場合があります 信頼できる情報源か ―

You don't know/ if it's a scrape.// You don't know/ if it's a re-upload.//

合成か 再投稿かわからないからです

And you have to do/ that investigative work.//

調べる必要があります

And this video,/ which I'm going to let/ run through,/ was one/ we discovered a couple of weeks ago.//

ご覧頂いているビデオは 2週間前に見つけました

Video:/ Getting real windy/ in just a second.//

ビデオ 「風が強くなってきたわ」

(Rain and wind sounds)//

(風雨の音)

(Explosion)/ Oh, shit!//

(爆発音)「大変!」

Markham Nolan:/ Okay,/ so now/ if you're a news producer,/ this is something/ you'd love to run/ with,/ because obviously,/ this is gold.//

プロデューサーなら放送したくなるはずです すごい掘り出し物ですから

You know?// This is a fantastic reaction/ from someone,/ very genuine video/ that they've shot in their back garden.//

生々しい反応です 裏庭で撮影されました

But how do you find/ if this person,/ if it's true,/ if it's faked,/ or/ if it's something/ that's old/ and that's been reposted?//

でも 本物か ニセモノか 古いものか 再投稿かを知る方法は?

So we set about going to work/ on this video,/ and the only thing/ that we had to go on/ was the username/ on the YouTube account.//

ビデオを調べて わかったのは YouTubeのユーザー名だけでした

There was only one video posted to that account,/ and the username was Rita Krill.//

このアカウントの投稿は 1件だけ ユーザー名は "Rita Krill"

And we didn't know/ if Rita existed/ or/ if it was a fake name.//

本名か 偽名かはわかりません

But we started looking,/ and we used free Internet tools/ to do so.//

そこで ネット上の無料ツールで調べ始めました

The first one was called Spokeo,/ which allowed us/ to look for Rita Krills.//

まずSpokeoで名前を探しました

So/ we looked all/ over the U.S.// We found them/ in New York,/ we found them/ in Pennsylvania, Nevada and Florida.//

全米を調べ NY ペンシルベニア ― ネバダ フロリダで この名を見つけました

So/ we went/ and we looked for a second free Internet tool called Wolfram Alpha,/ and we checked the weather reports/ for the day/ in which this video had been uploaded,/ and when we went through all those various cities,/ we found/ that in Florida,/ there were thunderstorms and rain/ on the day.//

次にWolfram Alphaを使って ビデオが投稿された日の 気象情報をチェックしました 名前が挙がった場所の内 ― その日 フロリダが雷雨でした

So/ we went to the white pages,/ and we found,/ we looked through the Rita Krills/ in the phonebook,/ and we looked through a couple of different addresses,/ and that took us/ to Google Maps,/ where we found a house.//

だからWhitePagesの 電話帳でRita Krillをいくつか見つけ 住所を洗ったところ ― Google Mapsで 家を見つけました

And we found a house/ with a swimming pool/ that looked remarkably/ like Rita's.// So/ we went back/ to the video,/ and we had to look/ for clues/ that we could cross-reference.//

ビデオと よく似た ― プールがある家です再びビデオを見て ヒントを探しました

So/ if you look in the video,/ there's the big umbrella,/ there's a white lilo/ in the pool,/ there are some unusually rounded edges/ in the swimming pool,/ and there's two trees/ in the background.//

ビデオをよく見ると大きなパラソルと 白いエアマットがあり プールの角は曲線を描いています 背景には木が2本

And we went back/ to Google Maps,/ and we looked a little bit closer,/ and sure enough,/ there's the white lilo,/ there are the two trees,/ there's the umbrella.// It's actually folded in this photo.//

Google Mapsに戻り よく見ると エアマットも 2本の木も パラソルもあります 写真では閉じています

Little bit of trickery.// And there are the rounded edges/ on the swimming pool.//

少し工夫するとプールの角が丸いこともわかります

So/ we were able to call Rita,/ clear/ the video,/ make sure/ that it had been shot,/ and then/ our clients were delighted/ because they were able to run it/ without being worried.//

調査をもとにリタに電話をかけ 自分で撮ったものだと確認しました クライアントは安心して放映できました

Sometimes/ the search/ for truth,/ though,/ is a little bit less flippant,/ and it has much greater consequences.//

一方 真実を知ることが 重大な結果をともなう場合があります

Syria has been really interesting/ for us,/ because obviously/ a lot of the time/ you're trying to debunk/ stuff/ that can be potentially war crime evidence,/ so/ this is/ where YouTube actually becomes the most important repository of information/ about what's going on/ in the world.//

私達がシリアに注目するのは 戦争犯罪の証拠となりうる情報の 真偽を判断することが当然 多くなるからです この場合 YouTubeが 世界情勢を知るために重要な情報源です

So this video,/ I'm not going to show/ you/ the whole thing,/ because it's quite gruesome,/ but you'll hear some of the sounds.//

このビデオは かなり残酷なので 音声の一部を お聞きください

This is from Hama.//

出所はシリアのハマーです

Video:/ (Shouting)/ And what this video shows,/ when you watch the whole thing through,/ is bloody bodies/ being taken out of a pickup truck/ and thrown off/ a bridge.//

(叫び声) 映像は血だらけの死体が ピックアップトラックから降ろされて 橋から投げ落とされる場面です

The allegations were/ that these guys were Muslim Brotherhood/ and they were throwing Syrian Army officers/' bodies/ off the bridge,/ and they were cursing and using blasphemous language,/ and there were lots of counterclaims/ about who they were,/ and/ whether or not they were/ what the video said it was.//

ムスリム同胞団のメンバーが シリア軍兵士の死体を捨てる所とされています でも男達は 呪いや冒涜の言葉を言っており 本当は何者なのか ビデオの説明通りなのかは意見が分かれます

So we talked to some sources/ in Hama/ who we had been back and forth/ with on Twitter,/ and we asked them/ about this,/ and the bridge was interesting/ to us/ because it was something/ we could identify.//

そこでTwitterでやり取りしていた ― ハマーにいる人達にこの件を尋ねました 注目したのは橋です特定できるかも知れません

Three different sources said three different things/ about the bridge.//

3つの情報源の証言はバラバラでした

They said,/one,/ the bridge doesn't exist.//

ある協力者は「橋はない」

Another one said/ the bridge does exist,/ but it's not in Hama.// It's somewhere else.//

別の協力者は「橋はあるがハマーではない」

And the third one said,/ "I think/ the bridge does exist,/ but the dam upstream of the bridge was closed,/ so the river should actually have been dry,/ so/ this doesn't make sense."//

3人目は「橋はあると思う でも上流のダムが閉鎖しており 川に水がないはずで映像と一致しない」

So/ that was the only one/ that gave us/ a clue.//

最後の証言がヒントになりました

We looked through the video/ for other clues.//

手がかりを探して

We saw the distinctive railings,/ which we could use.//

ビデオを見ると 特徴のある手すりに気づきました

We looked at the curbs.// The curbs were throwing shadows south,/ so we could tell/ the bridge was running east-west/ across the river.//

歩道上の影が 南へ伸びているので 橋は東西方向にかかっています

It had black-and-white curbs.//

歩道は白と黒に塗られています

As we looked at the river/ itself,/ you could see/ there's a concrete stone/ on the west side.// There's a cloud of blood.//

川面を見ると 西側にコンクリート護岸血の流れが見えます

That's blood/ in the river.// So the river is flowing south/ to north.// That's/ what/ that tells me.//

つまり川が南から北へ 流れているのです

And also,/ as you look away/ from the bridge,/ there's a divot/ on the left-hand side of the bank,/ and the river narrows.//

橋から向こうを見ると 土手に削られた部分があり 川幅が狭まっています

So/ onto Google Maps/ we go,/ and we start looking/ through literally every single bridge.//

次にGoogle Mapsで 橋を全部見ていきました

We go to the dam/ that we talked about,/ we start just literally going/ through every time/ that road crosses the river,/ crossing off/ the bridges/ that don't match.//

先ほどのダムから下流に向かって 橋がある場所を すべて確認し 該当しないものを外しました

We're looking/ for one/ that crosses east-west.//

探すのは東西にかかる橋です

And we get to Hama.// We get all the way/ from the dam/ to Hama/ and there's no bridge.//

でもダムからハマーまで見ましたが 橋がありません

So/ we go a bit further.// We switch to the satellite view,/ and we find another bridge,/ and everything starts to line up.//

でも航空写真に切り替えると 橋がひとつあったのです証拠がまとまり始めます

The bridge looks/ like it's crossing the river east/ to west.//

この橋は東西にかかっているようです

So this could be our bridge.// And we zoom right in.//

この橋でしょうかズームしてみましょう

We start to see/ that it's got a median,/ so it's a two-lane bridge.//

橋の中央に線があり2車線だとわかります

And it's got the black-and-white curbs/ that we saw in the video,/ and/ as we click through it,/ you can see someone's uploaded photos/ to go with the map,/ which is very handy,/ so we click into the photos.// And the photos start showing/ us/ more detail/ that we can cross-reference with the video.//

白と黒に塗られた歩道もあります さらにクリックすると アップロードされた写真がマップ上に現れます 写真をクリックすると 細部を見て ビデオと照合できます

The first thing/ that we see/ is we see black-and-white curbing,/ which is handy/ because we've seen/ that before.//

最初に気づくのは白と黒の縁石です 手がかりになりそうです

We see the distinctive railing/ that we saw the guys/ throwing the bodies over.//

特徴のある手すりも見えますここから男達が 死体を投げ捨てていました

And we keep going/ through it/ until we're certain/ that this is our bridge.//

これが探していた橋だと確信するまで検証を続けました

So/ what does/ that tell me?// I've got to go back now/ to my three sources/ and look at what they told me:/ the one/ who said/ the bridge didn't exist,/ the one/ who said/ the bridge wasn't in Hama,/ and the one guy/ who said,/ "Yes, the bridge does exist,/ but I'm not sure/ about the water levels."//

ここから何がわかるでしょう? 思い出してほしいのは3人の情報 ― 「橋がない」という情報と 「ハマーではない」という情報 ― そして「橋はあるが水位がおかしい」という情報です

Number three is looking like the most truthful/ all of a sudden,/ and we've been able to find/ that out/ using some free Internet tools/ sitting in a cubicle/ in an office/ in Dublin/ in the space of 20 minutes.//

3人目の情報が急に信頼できるものに見えて来ました 私達はそれを無料ツールで確認する事ができました ダブリンのオフィスにいながら たった20分で です

And that's part of the joy of this.// Although the web is running like a torrent,/ there's so much information there/ that it's incredibly hard/ to sift/ and getting harder every day,/ if you use them intelligently,/ you can find out/ incredible information.//

これが作業の醍醐味です ネット上には大量の情報が行き交っているので 選別はとても大変ですし日々 難しくなります でも情報を適切に使えば素晴らしい情報が手に入ります

Given a couple of clues,/ I could probably find out/ a lot of things/ about most of you/ in the audience/ that you might not like me/ finding out.//

手がかりさえあれば 皆さんが知られたくない情報だって探り出せるでしょう

But what it tells me/ is/ that,/ at a time/ when there's more --/ there's a greater abundance of information/ than there ever has been,/ it's harder/ to filter,/ we have greater tools.//

今は これまでにない程 ― 大量の情報があり選別も難しいですが 強力なツールがあります

We have free Internet tools/ that allow us,/ help us/ do this kind of investigation.//

無料のツールで お話ししたような調査が可能です

We have algorithms/ that are smarter than ever before,/ and computers/ that are quicker than ever before.//

洗練されたアルゴリズムや 高速なコンピュータもあります

But here's the thing.// Algorithms are rules.// They're binary.//

でもアルゴリズムは規則の集まりに過ぎず

They're yes or no,/ they're black or white.//

YesかNo 白か黒なのです

Truth is never binary.// Truth is a value.//

真実はそうではありません真実には価値があります

Truth is emotional,/ it's fluid,/ and above all,/ it's human.//

真実は感情に訴え 流動的で何より人間的なものです

No matter how quick/ we get with computers,/ no matter/ how much information we have,/ you'll never be able to remove the human/ from the truth-seeking exercise,/ because in the end,/ it is a uniquely human trait.//

コンピュータが どれほど速くなろうと 情報がどれほど増えようと ― 真実を探すためには人間が欠かせません 真実の探求は人間の特性なのですから

Thanks very much.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

journalist

ジャーナリスト

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

upheaval

(地面の)隆起

(社会状態などの)大変動,激変

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

probably

『たぶん』,『おそらく』

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

screw

『ねじ』ねじくぎ,ねじボルト

ねじ(らせん)状のもの

(ねじの)ひとひねり,ひと回し

(またscrew propeller)(船などの)スクリュー

《英俗》看守

《英俗》給料

《英俗》おいぼれ馬

(…に)…‘を'『ねじでとめる』,ねじくぎ(ねじボルト)で取り付ける《+『down』(『up』)+『名』+『to』(into, on』)+『名』》

(…に)〈ねじ・電球など〉‘を'回してはめる《+『名』+『on』(『into』)+『名』》

(…から)…‘を'紋り取る,無理に取る《+『名』+『out of』+『名』》

《俗》《受動態で》…‘を'だます,だまし取る

《俗》〈男が〉〈女〉‘と'性交をする

〈物が〉(…に)ねじでとまる(つく)《+『to』(『into』)+『名』》

〈ねじ・電球などが〉(…に)回してはめこんである《+『into』+『名』》

《俗》性交する

grandfather

『祖父』

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

gobble

〈食物〉‘を'がつがつ(ぺろっと)食う《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《話》…‘に'つかみ掛かる,飛が付く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

output

生産高

(コンピューターなどの)アウトプット,出力

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

balance of power

(国家・集団間などの)力の均衡

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

irrevocably

取り消し(変更)できないように,取り返しのつかぬほどに

BBC

British Broadcasting Corporation 英国放送協会

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

cartoon

(政治的な)風刺漫画・(モザイク・壁掛け・壁画などの)実物大の下絵・

(一続きの)漫画・…'を'漫画化する・(1 枚の時事)風刺漫画・アニメ映画,動画(animated cartoon)・(新聞などの)続き漫画・(壁画などの)実物大下絵・漫画を描く

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

mail

鎖かたびら,よろい

…‘に'鎖かたびらを着せる,武装させる

aged

《補語にのみ用い,数詞を伴って》…『歳の』

(酒・チーズなどが)熟成した

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

rely

『あてにする』,たよる

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

real-time

実際にかかる時間の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

Costa Rica

コスタリカ(中央アメリカの共和国;首都はSan Jose)

earthquake

『地震』

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

magnitude

『大きさ』,規模

『重要さ』(importance);(精神的な)偉大さ,高潔

(星の)光度,等級

マグニチュード(地震の強さなどの数量的単位)

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

temblor

地震(earthquake)

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

instinct

『本能』

〈C〉(…に対する)(生まれつきの)才能,素質,天分《+『for』+『名』(do『ing』)》

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

update

…を最新のものにする

最新情報

photo

『写真』[photographの短縮形]

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

datum

dataの単数形

既知の事実

staggering

よろめく

驚くほどの

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

instantaneously

即座に,瞬時に,即刻

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

incredibly

信じられないほど

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

hurricane

(西インド緒島などに発生する熱帯性の)リリケーン,大施風;大暴風

(感情などの)激発

sandy

『砂の』;砂だらけの

砂色の,薄茶色の(yellowish brown)

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

laughter

『笑い』,笑い声

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

composite

合成の,複合の

キク科の

合成物,複合物

キク科植物

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

merge

〈会社・組織が〉合併する,合体する;(…と)合併する《+『with』+『名』》

(…に)溶け込む,しだいに変わる《+『into』(『in』)+『名』》

〈会社・組織〉‘を'合併する,合体する;(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

storm

『あらし』,暴風[雨],荒天

(感情・言動などの)『あらし』,激発《+『of』+『名』》

(一般に)激動,波乱,騒動

(弾丸などが)雨あられと飛ぶこと《+『of』+『名』》

《itを主語にして》〈天候が〉『荒れる』

猛然と突進する;激しく怒る

…‘を'強襲する,急襲する

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

lighting

照明,点火

照明方法(装置)

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

downtown

(都市の中心の)商業地区へ(で),町の中心街へ(で)

商業地区の(にある),町の中心街の(にある)

(市の中心街をなす)商業地区,下町

Manhattan

マンハッタン区(ニューヨーク市内南東部の島で商業地区;国連本部などがある)

〈C〉〈U〉《しばしばm-》《米》マンハッタン(カクテルの一種)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

known

knowの過去分詞

『名高い』,知られた

debunk

〈人〉‘の'仮面をはぐ,〈物事〉‘の'正体を暴露する

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

de facto

事実上[の]

Egyptian

エジプトの;エジプト人(語)の

〈C〉エジプト人

〈U〉(古代の)エジプト語

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

Dublin

ダブリン(アイルランド共和国の首都)

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

credible

信用できる,確実な

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

Italian

〈C〉『イタリア人』

〈U〉『イタリア語』

イタリアの;イタリア人の;イタリア語の

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

basically

基本的に,根本的に;元来は

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

resign

『辞職する』,辞任する;(…を)辞める《+『from』(『as』)+『名』》

…‘を'『辞職する』,辞任する,辞める

(…に)〈人〉‘を'任せる,従わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

hint

『暗示』,ほのめかし

《しばしば複数形で》(…に)役に立つ情報,(…に対する)心得,(…の)手がかり《+『for』(『on』,『to』)+『名』(do『ing』)》

(…の)微量,わずか《+『of』+『名』》

…‘を'『ほのめかす』

(…を)ほのめかす《+『at』+『名』》

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

lively

『生気にあふれた』,活気のある(vigorous)

陽気な(cheerful)

独創的な(creative)

(色彩などが)鮮やかな(vivid)

(描写が)真に迫った

(ベールが)よくはずむ

元気よくはやく,急いで

pointer

指す人(もの)

(時計・計器などの)針

(地図などを指す)むち

ポインター(猟犬の一種)

《話》助言,忠告(advice)

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

obviously

明らかに,明白に

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

deluge

〈C〉(…の)大洪水,大水《+『of』+『名』》

《しばしばa deluge》供水のように押し寄せるもの《+『of』+『名』》

《the Deluge》(聖書ど)ノア(Noah)の大供水

…'を'水浸しにする,はんらんさせる

《通例受動態で》(…で)〈人〉'を'供水のように圧倒うる《+『名』+『with』+『名』》

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

scrape

(堅い物などにぶつかって)…‘に'『すり傷をつける』《+『名』+『on』(『against』)+『名』》

…‘を'ギーッと引く(動かす)

…‘を'乱暴にこする

(表面をなめらかにするため)…‘を'『こする』

(…から)…‘を'『こすって取る』《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

《話》…‘を'なんとかかき集める(作る)《+『up』(『together』)+『名』》

(…を)荒々しく(音をきしらせて)『こする』《+『against』(『along, on』)+『名』》

なんとかやりとげる

こすった跡,すり傷

こすること;(こすって生じる)きしる音

《話》苦境,難局

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

windy

『風の吹く』,風の強い

風の当たる,風を受ける

内容のない,空虚な;おしゃべりな,口数の多い

《おもに英俗》びくびくした,おびえた

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

okay

=OK,O.K.

producer

『生産者』;産出地

(劇・映画などの)製作者,プロデューサー

gold

『金』,黄金(おうごん)

《集合的に》『金貨』(gold coins)

金銭,富,財宝

黄金色,金色

《しばしば…of goldの形で》(金のように)価値のあるもの;純真,親切

『金の』,金製の

金色の

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

genuine

『本物の』,真の

(疫病が)『真性の』

『誠実な』,[真]心からの

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

Pennsylvania

ペンシルバニア州(米国東部の州で,州都はHarrisburg…《略》『Pa.,PA,Penn.,Penna.』)

Nevada

ネバダ州(米国西部の州;州都はCarson City;{略}『Nev.,NV』)

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

wolfram

=tungsten

alpha

アルファ(ギリシア語アルファベットの第1字A,α;英語のA,aに相当)

アルファ星(星座の主星)

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

thunderstorm

大雷雨,雷を伴ったあらし

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

swimming pool

『水泳プール』

remarkably

著しく,目立って

clue

(問題・なぞなどを解く)『手がかり』,(研究などの)『糸口』,端緒;(話などの)筋道《+『to』+『名』》

=ciew1

=clew3

《『clue in』(『up』)+『名,clue』+『名』+『in』(『up』)》(…について)…‘に'手掛かり(情報)を与える《+『about』(『on』)+『名』》

cross-reference

(同一書物中での)前後(相互)参照

umbrella

傘(かさ),こうもり傘,雨傘,日傘

(一般に,傘状の)保護物,影響力

lilo

空気ベッド(プラスチック製で海岸などで用いる)

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

unusually

『異常に』,一風変わって

《話》非常に,ひどく

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

trickery

ごまかし,いんちき:by trickery ごまかして

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

delighted

うれしい,喜んだ

worried

(人・表情などが)心配そうな

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

flippant

軽薄な;不まじめな;生意気な

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

war crime

戦争犯罪

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

repository

倉庫,貯蔵所

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

gruesome

恐ろしい,ぞっとする

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

bloody

『出血している』(bleeding)

『血まみれの』,血でよごれた

血なまぐさい,残酷な

《英俗》ひどい,忌まわしい(damned)

ひどく(damned)

…'を'血まみれにする

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

pickup truck

(荷台の屋根のない)小型集配用トラック

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

allegation

(十分な証拠を持たない)主張,申し立て

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

brotherhood

{U}兄弟の間がら,兄弟愛;(兄弟のような)親しい間がら

{C}組合,協会;《集合的に》同業者

Syrian

シリアの,シリア人の,シリア語の

シリア人

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

officer

『公務員』,役人(会社などの)役員,幹部

『将校』,士官

(商船の)高級船員;船長(master)

警官,巡査(policeman)

curse

…'を'『のろう』;(…のことで)…'を'『ののしる』,'を'悪口を言う《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(宗教で)〈人〉'を'破門する

(人を)『ののしる』,(人に)悪態をつく《+『at』+『名』》

『のろい』

『のろいの言葉』(Damn!, Confound it!, Go to hell!など),悪態(Shit!など)

(…への)『たたり』;災いのもと,やっかいなもの《+『on』+『名』》

blasphemous

(神・神聖なものに対して)不敬な,冒とく的な

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

counterclaim

反対要求,(特に)反訴

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

dam

〈C〉『ダム』,せき

〈U〉ダムでせき止めた水

〈水流など〉'を'『せき止める』《+『up』+『名』,+『up』+『名』》

〈感情など〉'を'むりやり抑える《+『up』(『back』)+『名,』+『名』+『up』》

upstream

上流に,流れおさかのぼって

上流の

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

distinctive

はっきりした差異のある,特有の,独特の

railing

〈娩〉《しばしば複数形で》柵(さく);手すり;ガードレール

〈U〉《集合的に》レール;レールの材料

curb

(馬の)くつわ鎖,止めぐつわ

拘束,抑制

《米》(歩道を車道と区分するため縁にそって並べた)縁石(《英》kerb)

(止めぐつわで)〈馬〉'を'制御する

〈感情・欲望など〉'を'抑制する

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

w

week

width

weight

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

divot

(ゴルフクラブでそぎ取られた)芝生の小さな塊

left-hand

《名詩の前にのみ用いて》

左側の,左方の

左手による,左手の

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

median

中央の,中間の

中間数の,中央値の

(統計・数学で)中間数,中央値;中点

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

handy

『取り扱いに便利な』,手ごろな,重宝な

《話》すぐ手元の,すぐ使える(at hand)

(人が)『器用な』,手先の達者な;(…を)巧みに使う《+『at』(『about, with』)+『名』》

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

first thing

まず最初に,朝一番に

curbing

(歩道の)縁石

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

water level

水位,水平面

truthful

(人が)真実をいう,誠実な

(記述・説明などが)真実の,正確な(accurate)

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

cubicle

(寄宿舎などの仕切った)小寝室

仕切った狭い場所(プールの脱衣室・電話ボックス・投票所など)

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

torrent

『ほとばしり出るもの』;(…の)『奔流』《+of+名》

(言葉・感情などの)ほとばしり,激発《+of+名》

sift

〈粉・砂・灰など〉‘を'『ふるいにかける』

…‘を'入念に調べる

ふるい分けをする

(ふるい,すき間を通して)ぱらぱらと降りかかる

(…を)入念に調べる《+『through』+『名』》

intelligently

理知的に,そう明に

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

abundance

(あり余るほど)『たくさん』,『豊富』;《an~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

computer

『計算機』;『電子計算機』

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

binary

二つから成る,二つを含む;二元の,複の(dual)

二進法による

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

trait

特性,特質,特色

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画