TED日本語 - マルコ・テンペスト: 空前絶後のサイバー・カードマジック

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

カードの種類や数字や色は,季節,月の周期,暦を表しています。マルコ・テンペストが拡張現実ゴーグルをつけて,詩的な語りとともに見たこともないようなカードマジックを披露します。(このバージョンは,当初のパフォーマンスで見られた技術上の問題を修正しています。それ以外はTEDGlobalで披露されたものと同一で,見事な拡張現実の効果もご覧いただけます。)

Script

マジックは現実の先を見る ? 優れた手段です 科学が描く 未来を すぐに実現できます 僕はサイバー・マジシャンとして イリュージョンと科学を組み合わせ未来の技術がもたらす世界を 体感できるようにします

Googleの「プロジェクト・グラス」をご存知でしょうか 新しいテクノロジーです それを使うと見ているものに情報が付加されます 例えば 場所や史跡 建物の名前です 将来 すれ違う人の名前まで表示されるかも知れません こちらは僕のイリュージョン・グラス 試作品なので少し大きめです これを使うと サイバー・イリュージョニストの心の中がのぞけます

お見せしましょう 必要なのはトランプです1枚とって ― 印をつけて わかるようにしておきましょう 特別なマークです 真ん中あたりに戻して 始めましょう

(音楽)

声「システム起動 映像を取り込み中」

トランプをしない人のために・・・ カードは4種類 ― ハート クラブ ? ダイヤ スペード です とても古くからあるシンボルで いろいろな解釈があります 一説によると 4種類のカードは 4つの季節を表します 春と夏 ? 秋 そして ―

「冬は 好きな季節です」僕もそうだよ 冬はマジックのようです冬は変化の季節 ― 寒くなると 雨は雪に変わり そして消えていきます カードは種類ごとに13枚ずつあります

「それぞれが13の月齢を表します」

こちらが干潮 ― こちらが満潮 ― 真ん中に月があります

「月は強力な魔術的シンボルです」

カードは2色 赤いカードと 黒いカードです 絶え間なく入れ替わる ― 昼と夜を表しています

「そんなこともできたんですね」 (笑)

カードが52枚あることと 一年が 52週なのは偶然の一致でしょうか?

(音楽)

「カードの点数を足し合わせると 全部で365になります」

一年も365日ですね 誕生日から次の誕生日までの 日数です 願い事をして(吹き消す音)

「願いは誰にも言わないで」

6才の誕生日に 初めて自分のトランプを手にして その日から 世界中でマジックを披露してきました 男の子や女の子に ― 男性や女性に旦那さんや奥さんに ― 王様や王妃様にも (拍手)

「誰ですか?」ジョーカーだよ 見ていて 起きなさい

「わあ」準備はいいかい?

「いいよ!」何ができるんだい?

「じゃあいくよ ホッピングだ」気をつけて

「わっ わっ わー!」

でも今日のお客さんはいつもとは違います TEDのためのマジックです

「サイン入りカードを発見」こう聞かれることがあります マジシャンになる方法は?仕事は9時から5時まで? 違いますよ!毎日24時間 週7日練習です ただ 24時間 週7日は額面通りではありません 24時間 週7日はちょっと大げさかも でも練習は必要です こう言われることもありますマジックは超自然的な 悪魔の力に違いないって (笑)(拍手)

(音楽)

おお でも そんな話には「ノー ノー」ドイツ語だったら ― 「ナイン ナイン」です (笑) マジックは それほど深刻なものではありません でも カードをこんな風に配る人とプレーするなら お金はかけないで

(音楽)

「なぜ? いい手ですよこの手が来る確率は 4,165分の1です」

確かに でも僕の方が強い逆転勝利です

「願い事が叶いましたね」そして最後に残ったのは 一番 大切なカード ― 特別な印のついたカード これまで見てきたどれとも違います 「サイン入りカードを発見」

これは間違いなく本物です

バイバイ

どうもありがとう (歓声)

(歓声)

ありがとうございました (拍手)

(拍手)

Good morning. So magic is an excellent way for staying ahead of the reality curve, to make possible today what science will make a reality tomorrow. As a cyber-magician, I combine elements of illusion and science to give us a feel of how future technologies might be experienced.

You've probably all heard of Google's Project Glass. It's new technology. You look through them and the world you see is augmented with data: names of places, monuments, buildings, maybe one day even the names of the strangers that pass you on the street. So these are my illusion glasses. They're a little bigger. They're a prototype. And when you look through them, you get a glimpse into the mind of the cyber-illusionist.

Let me show you what I mean. All we need is a playing card. Any card will do. Like this. And let me mark it so we can recognize it when we see it again. All right. Very significant mark. And let's put it back into the deck, somewhere in the middle, and let's get started.

(Music)

Voice: System ready. Acquiring image.

Marco Tempest: For those of you who don't play cards, a deck of cards is made up of four different suits: hearts, clubs, diamonds and spades. The cards are amongst the oldest of symbols, and have been interpreted in many different ways. Now, some say that the four suits represent the four seasons. There's spring, summer, autumn and a

Voice: My favorite season is winter.MT: Well yeah, mine too. Winter is like magic. It's a time of change, when warmth turns to cold, water turns to snow, and then it all disappears. There are 13 cards in each suit. (Music)

Voice: Each card represents a phase of the 13 lunar cycles.

MT: So over here is low tide, and over here is high tide, and in the middle is the moon.

Voice: The moon is one of the most potent symbols of magic.

MT: There are two colors in a deck of cards. There is the color red and the color black, representing the constant change from day to night.

Voice: Marco, I did not know you could do that. (Laughter)

MT: And is it a coincidence that there are 52 cards in a deck of cards, just as there are 52 weeks in a year?

(Music)

Voice: If you total all the spots on a deck of cards, the result is 365.

MT: Oh,365, the number of days in a year, the number of days between each birthday. Make a wish. (Blowing noise)

Voice: Don't tell, or it won't come true.

MT: Well, as a matter of fact, it was on my sixth birthday that I received my first deck of cards, and ever since that day, I have traveled around the world performing magic for boys and girls, men and women, husbands and wives, even kings and queens. (Applause)

Voice: And who are these? MT: Ah, mischief-makers. Watch. Wake up.

Joker: Whoa.MT: Are you ready for your party piece?

Joker: Ready! MT: Let me see what you've got.

Joker: Presenting my pogo stick.MT: Ah. Watch out.

Joker: Whoa, whoa, whoa, oh! (Music)

MT: But today, I am performing for a different kind of audience. I'm performing for you.

Voice: Signed card detected.MT: Well, sometimes people ask me how do you become a magician? Is it a 9-to-5 job? Of course not! You've got to practice 24/7. I don't literally mean 24 hours,seven days a week. 24/7 is a little bit of an exaggeration, but it does take practice. Now, some people will say, well, magic, that must be the work of some evil supernatural force. (Laughter) (Applause)

(Music)

Whoa. Well, to this, I just say, no no. Actually, in German, it's nein nein. (Laughter) Magic isn't that intense. I have to warn you, though, if you ever play with someone who deals cards like this, don't play for money.

(Music)

Voice: Why not? That's a very good hand. The odds of getting it are 4,165 to one.

MT: Yeah, but I guess my hand is better. We beat the odds.

Voice: I think you got your birthday wish.MT: And that actually leaves me with the last, and most important card of all: the one with this very significant mark on it. And unlike anything else we've just seen, virtual or not.Voice: Signed card detected.

Digital MT: This is without a question the real thing.

MT: Bye bye. (Music)

Thank you. (Applause)

(Applause)

Thank you very much. (Applause)

(Applause)

Good morning.// So magic is an excellent way/ for staying ahead of the reality curve,/ to make possible/ today/ what science will make a reality tomorrow.//

マジックは現実の先を見る ? 優れた手段です 科学が描く 未来を すぐに実現できます

As a cyber-magician,/ I combine elements of illusion and science/ to give us/ a feel of how future technologies might be experienced.//

僕はサイバー・マジシャンとして イリュージョンと科学を組み合わせ未来の技術がもたらす世界を 体感できるようにします

You've probably/ all heard of Google's Project Glass.//

Googleの「プロジェクト・グラス」をご存知でしょうか

It's new technology.// You look through them/ and the world/ you see is augmented with data:/ names of places,/ monuments,/ buildings,/ maybe/ one day/ even the names of the strangers/ that pass you/ on the street.//

新しいテクノロジーです それを使うと見ているものに情報が付加されます 例えば 場所や史跡 建物の名前です 将来 すれ違う人の名前まで表示されるかも知れません

So/ these are my illusion glasses.//

こちらは僕のイリュージョン・グラス

They're a little bigger.// They're a prototype.//

試作品なので少し大きめです

And when you look through them,/ you get a glimpse/ into the mind of the cyber-illusionist.//

これを使うと サイバー・イリュージョニストの心の中がのぞけます

Let me/ show you/ what I mean.//

お見せしましょう

All we need/ is a playing card.// Any card will do.//

必要なのはトランプです1枚とって ―

Like this.// And let me/ mark it/ so we can recognize it/ when we see it again.//

印をつけて わかるようにしておきましょう

All right.// Very significant mark.//

特別なマークです

And let's put it back/ into the deck,/ somewhere/ in the middle,/ and let's get started.//

真ん中あたりに戻して 始めましょう

(Music)//

(音楽)

Voice:/ System ready.// Acquiring image.//

声「システム起動 映像を取り込み中」

Marco Tempest:/ For those of you/ who don't play cards,/ a deck of cards is made up/ of four different suits:/ hearts,/ clubs,/ diamonds/ and spades.//

トランプをしない人のために・・・ カードは4種類 ― ハート クラブ ? ダイヤ スペード です

The cards are amongst the oldest of symbols,/ and have been interpreted in many different ways.//

とても古くからあるシンボルで いろいろな解釈があります

Now,/ some say/ that the four suits represent the four seasons.//

一説によると 4種類のカードは 4つの季節を表します

There's spring,/ summer,/ autumn and a//

春と夏 ? 秋 そして ―

Voice:/ My favorite season is winter.MT:/ Well yeah,/ mine too.//

「冬は 好きな季節です」僕もそうだよ

Winter is like magic.// It's a time of change,/ when warmth turns to cold,/ water turns to snow,/ and then/ it/ all disappears.//

冬はマジックのようです冬は変化の季節 ― 寒くなると 雨は雪に変わり そして消えていきます

There are 13 cards/ in each suit.// (Music)//

カードは種類ごとに13枚ずつあります

Voice:/ Each card represents a phase of the 13 lunar cycles.//

「それぞれが13の月齢を表します」

MT:/ So/ over here is low tide,/ and over here is high tide,/ and in the middle is the moon.//

こちらが干潮 ― こちらが満潮 ― 真ん中に月があります

Voice:/ The moon is one of the most potent symbols of magic.//

「月は強力な魔術的シンボルです」

MT:/ There are two colors/ in a deck of cards.//

カードは2色

There is the color red and the color black,/ representing the constant change/ from day/ to night.//

赤いカードと 黒いカードです 絶え間なく入れ替わる ― 昼と夜を表しています

Voice:/ Marco,/ I did not know/ you could do that.// (Laughter)//

「そんなこともできたんですね」 (笑)

MT:/ And is it/ a coincidence/ that there are 52 cards/ in a deck of cards,/ just as there are 52 weeks in a year?//

カードが52枚あることと 一年が 52週なのは偶然の一致でしょうか?

(Music)//

(音楽)

Voice:/ If you total all the spots/ on a deck of cards,/ the result is 365.//

「カードの点数を足し合わせると 全部で365になります」

MT:/ Oh,/365,/ the number of days/ in a year,/ the number of days/ between each birthday.//

一年も365日ですね 誕生日から次の誕生日までの 日数です

Make a wish.// (Blowing noise)//

願い事をして(吹き消す音)

Voice:/ Don't tell,/ or it won't come true.//

「願いは誰にも言わないで」

MT:/ Well,/ as a matter of fact,/ it was on my sixth birthday/ that I received my first deck of cards,/ and ever/ since that day,/ I have traveled around the world/ performing magic/ for boys and girls, men and women, husbands and wives,/ even kings and queens.// (Applause)//

6才の誕生日に 初めて自分のトランプを手にして その日から 世界中でマジックを披露してきました 男の子や女の子に ― 男性や女性に旦那さんや奥さんに ― 王様や王妃様にも (拍手)

Voice:/ And who are these?// MT:/ Ah,/ mischief-makers.// Watch.//

「誰ですか?」ジョーカーだよ 見ていて

Wake up.//

起きなさい

Joker:/ Whoa.MT:/ Are you ready/ for your party piece?//

「わあ」準備はいいかい?

Joker:/ Ready!// MT:/ Let me/ see/ what you've got.//

「いいよ!」何ができるんだい?

Joker:/ Presenting my pogo stick.MT:/ Ah.// Watch out.//

「じゃあいくよ ホッピングだ」気をつけて

Joker:/ Whoa,/ whoa,/ whoa,/ oh!// (Music)//

「わっ わっ わー!」

MT:/ But today,/ I am performing for a different kind of audience.//

でも今日のお客さんはいつもとは違います

I'm performing/ for you.//

TEDのためのマジックです

Voice:/ Signed card detected.MT:/ Well,/ sometimes/ people ask me/ how do you become a magician?// Is it a 9-to-5 job?//

「サイン入りカードを発見」こう聞かれることがあります マジシャンになる方法は?仕事は9時から5時まで?

Of course not!// You've got to practice/ 24/7.//

違いますよ!毎日24時間 週7日練習です

I don't literally mean 24 hours,/seven days/ a week.//

ただ 24時間 週7日は額面通りではありません

24/7 is a little bit of an exaggeration,/ but it does take practice.// Now,/ some people will say,/ well,/ magic,/ that must be the work of some evil supernatural force.// (Laughter) (Applause)//

24時間 週7日はちょっと大げさかも でも練習は必要です こう言われることもありますマジックは超自然的な 悪魔の力に違いないって (笑)(拍手)

(Music)//

(音楽)

おお

Well,/ to this,/ I just say,/ no no.//

でも そんな話には「ノー ノー」ドイツ語だったら ―

Actually,/ in German,/ it's nein nein.// (Laughter)/ Magic isn't/ that intense.// I have to warn/ you,/ though,/ if you ever play with someone/ who deals cards/ like this,/ don't play for money.//

「ナイン ナイン」です (笑) マジックは それほど深刻なものではありません でも カードをこんな風に配る人とプレーするなら お金はかけないで

(Music)//

(音楽)

Voice:/ Why not?// That's a very good hand.//

「なぜ? いい手ですよこの手が来る確率は

The odds of getting it are 4,165/ to one.//

4,165分の1です」

MT:/ Yeah,/ but I guess/ my hand is better.// We beat the odds.//

確かに でも僕の方が強い逆転勝利です

Voice:/ I think/ you got your birthday wish.MT:/ And that actually leaves me/ with the last,/ and most important card of all:/ the one/ with this very significant mark/ on it.//

「願い事が叶いましたね」そして最後に残ったのは 一番 大切なカード ― 特別な印のついたカード

And unlike anything else/ we've just seen,/ virtual or not.Voice:/ Signed card detected.//

これまで見てきたどれとも違います 「サイン入りカードを発見」

Digital MT:/ This is without a question/ the real thing.//

これは間違いなく本物です

MT:/ Bye bye.// (Music)//

バイバイ

Thank you.// (Applause)//

どうもありがとう (歓声)

(歓声)

Thank you very much.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

(拍手)

good morning

『おはよう』,こんにちは

《古》さようなら(午前中に別れるとき)

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

experienced

(…に)『経験を積んだ』《+『in』+『名』(do『ing』)》

probably

『たぶん』,『おそらく』

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

datum

dataの単数形

既知の事実

monument

(人物・事件などの)『記念碑』,記念像,記念婿造物《+『to』+『名』》

(故人への)墓碑(tombstone);(地所を示す)標識

遺物,遺跡;景勝地

(…の)後世に残る偉業,金字塔《+『of』+『名』》

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

deck

『デッキ,甲板』

デッキ状の部分(バス・電車の床,トラックの荷台,電気装置の配置台など)

《おもに米》(カードの)1組(《英》pack)

《話》地面

(…で)…'を'飾る,装飾する《+『out』+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'美しくする,めかす《+『out』+『名』+『in』+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

tempest

大あらし,大暴風雨

大騒ぎ,大騒動

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

diamond

『ダイヤモンド』,ダイヤ,金剛石

ガラス切り

菱(ひし)形[のもの]

(カードの)ダイヤの札

(野球の)内野;野球場

ダイヤモンド製の;ダイヤモンド入りの

ダイヤモンド形の

ダイヤモンド記念の(結婚記念日などが75回目,または60回目)

spade

『すき』踏みぐわ(シャベルを違って金属部分が平ら)

〈土など〉‘を'すきで掘る

amongst

=among

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

interpret

〈物事〉‘を'『解釈する』,受け取る;…‘の'意味を明らかにする,‘を'説明する

〈外国語で表現されたもの〉‘を'『通訳する』,翻訳する(translate)

…‘を'自分の解釈に基づいて演じる(演奏する)

『通訳をする』

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

autumn

『秋』(北半球では秋分から冬至まで,南半球では北半球の春分から夏至まで)

爛熟(ちんじゅく)期,衰退期,初老期

秋の

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

yeah

=yes

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

warmth

(…に)『暖かさ』《+of+名》

熱心,熱意,興奮

心の暖かさ,温情

snow

〈U〉『雪』

〈C〉《単数形で》『降雪』;《複数形で》積雪

〈U〉〈C〉雪のような物;(特に)コカイン,ヘロイン

《itを主語にして》『雪が降る』

(…に)雪のように降る《+『on』+『名』》;雪のように舞い込む《+『in』》

…‘を'雪のように降らせる

…‘を'雪でおおう(閉じ込める)《+『名』+『in』(『under, up』)》

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

lunar

年の,年に関連する

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

low tide

干潮,干潮時

high tide

〈C〉〈U〉高潮(たかしお),満潮

〈C〉《単数形で》最高潮,絶頂

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

potent

《文》(特に政治的に)有力な,強力な

(薬・酒などが)効きめのある

(議論などが)説得力のある,力強い

(男性が)性交可能な

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

laughter

『笑い』,笑い声

coincidence

〈U〉(事件などの)同時発生《+『of』+『名』》

〈U〉偶然の一致,符合;〈C〉一致(符合)したもの(事)

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

sixth

『第6の』,6番目の

6分の1の

〈U〉《the ~》『第6』,6番目[のもの],(月の)6日

〈C〉6分の1

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

applause

『拍手かっさい』;称賛

ah

『ああ』(悲しみ・嘆き・驚き・同情・喜び・得意・哀れみ・軽べつなどを表す声)

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

joker

冗談を言う人,おどけ者

(カードの)ジョーカー

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

whoa

(特に馬に対して)どおどお,止まれ(stop)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

magician

『魔法使い』;手品師,奇術師(conjurer)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

exaggeration

〈U〉誇張,過大視

〈C〉誇張した表現,大げさな言い方

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

supernatural

超自然の

幽霊(よう精)の

超自然的な現象,神秘

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

warn

〈人〉に『警告する』

〈人・物事などが〉〈人〉‘に'『予告する』

〈人・立て札などが〉(…に近寄らないように,…から立ち退くように)〈人〉‘に'通告する《+名〈人〉+away from(from,off,out of)+名》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

odds

(ある率で起こる)『可能性』,見込み

(競技などで弱いほうに与えられる)『有利な条件』(handicap)

(勝負などでの)『優勢』[の方],強み,勝ち目(advantage)

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

bye

二の次の事(物)

付随的な,副次的な

関連動画