TED日本語 - メリッサ・マーシャル: 私に科学を熱く語って!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

メリッサ・マーシャルは、科学の門外漢として、全ての科学者にメッセージを送ります。「あんたたちのしていることに興味あるわ。だから語って聞かせてよ。ただしわかる言葉でお願い」。 マーシャルは、複雑な科学のアイデアを一般の人に紹介する時に有効となるコツを、たった4分で語り明かしてくれます。

Script

5年前 私は 『不思議の国のアリス』のアリスになったような体験をしました ペンシルバニア州立大学から 工学部の学生相手に コミュニケーションの授業をするよう頼まれたんですけど 恐怖を感じたものです(笑) 工学部の学生は頭が良くて 分厚い本を抱え 分からない言葉を使うものだと思って 怖かったんです でも 彼らと会話をするにつれ 私は アリスがウサギ穴に落ちて 新世界への扉を見たときに感じたであろう体験をしました 不思議の国というのが まさに私が学生と話して 感じたことです 彼らのアイデアには驚かされました そして他の人にもこの不思議の国を体験してほしいと思いました その扉を開ける鍵こそが 素晴らしいコミュニケーションであると 私は信じています

世界を変えるために 私たちは 科学者やエンジニアと 意思疎通を図る必要があります 私たちの抱える最も難しい問題に 立ち向かってくれるのは 彼らなのです エネルギー問題 環境問題ヘルス・ケアなど 私たちがそれらの問題を理解しなければ 問題解決には至らないでしょうし 門外漢の私たちにも 問題を理解する責任があると思います こういった意思疎通を図るためには 彼らに 不思議の国へと 招待してもらう必要があります 科学者とエンジニアの皆さん どうか私たちに熱く科学を語ってください

科学の素晴らしさや工学の魅力を 私たち 門外漢にも分からせるための 重要なポイントを紹介します まずは「それがどうした?」という疑問に答えることです その科学が私たちにどう関わるのか 説明するのです 単に「骨梁を研究しています」ではなく こう言うのです 「骨にある網目状の構造の骨梁を研究していますが これは骨粗しょう症の理解と治療のために重要なんです」

そして科学について語るときは 専門用語に注意してください 専門用語は アイデア理解の障壁となります 時空なんたらという用語がありますけど もっと分かりやすく 「時間と空間」と言えませんか? ただ 話を分かりやすくしても不正確な内容にはしないことです アインシュタインが言ったようにするんです 可能な限り簡潔に でもそれ以上簡潔にしようとはしないこと 誤魔化しを入れずに 科学を明確に語ることだって可能なのです 良い方法は 説明に 例やストーリーや比喩を交えることです そうすることで 専門的な話が 私たちにとっても魅力的になります 研究を紹介するのに 箇条書き(bullet point) はやめましょう なんで bullet point (銃弾点) と呼ばれているか分かりますか?(笑) 銃弾が何をするものか考えてください そう プレゼンテーションを殺してしまうのです こういったスライドは退屈なだけでなく 脳の言語野に大きな負担をかけ 見る人を圧倒します 一方 ジュヌビエーブ・ブラウンが作ったこのスライドは ずっと効果的です 骨梁が特殊で頑丈な構造を持つことを示していて エッフェル塔の独特な設計にも応用されたことが分かります コツは 文を1つに絞ることです 聴衆が筋を見失っても 立ち戻れるように そして視覚的イメージを貼ることで 言語野ではない部分を刺激し 説明されていることに対する理解を いっそう深めることができます

この何点かに注意するだけで 門外漢を不思議の国へと誘う上で ずっと違ってくるんです さて 受講している工学部の学生たちに 内に秘めたオタク心をくすぐられたので 今回の内容を方程式に書いてまとめたいと思います (笑) 「科学」から 「箇条書き」と「専門用語」を差し引き 聴き手にどう関わるかを意味する 「関連性」で割り 研究に注いでいる「情熱」を 掛け合わせると 高い「理解度」を伴う 素晴らしい意思疎通が得られます 科学者やエンジニアの皆さん この方程式を解いて ぜひとも 私に熱く科学を語ってください (笑) (拍手)

Five years ago, I experienced a bit of what it must have been like to be Alice in Wonderland. Penn State asked me, a communications teacher, to teach a communications class for engineering students. And I was scared. (Laughter) Really scared. Scared of these students with their big brains and their big books and their big, unfamiliar words. But as these conversations unfolded, I experienced what Alice must have when she went down that rabbit hole and saw that door to a whole new world. That's just how I felt as I had those conversations with the students. I was amazed at the ideas that they had, and I wanted others to experience this wonderland as well. And I believe the key to opening that door is great communication.

We desperately need great communication from our scientists and engineers in order to change the world. Our scientists and engineers are the ones that are tackling our grandest challenges, from energy to environment to health care, among others, and if we don't know about it and understand it, then the work isn't done, and I believe it's our responsibility as non-scientists to have these interactions. But these great conversations can't occur if our scientists and engineers don't invite us in to see their wonderland. So scientists and engineers, please, talk nerdy to us.

I want to share a few keys on how you can do that to make sure that we can see that your science is sexy and that your engineering is engaging. First question to answer for us: so what? Tell us why your science is relevant to us. Don't just tell me that you study trabeculae, but tell me that you study trabeculae, which is the mesh-like structure of our bones because it's important to understanding and treating osteoporosis.

And when you're describing your science, beware of jargon. Jargon is a barrier to our understanding of your ideas. Sure, you can say "spatial and temporal," but why not just say "space and time," which is so much more accessible to us? And making your ideas accessible is not the same as dumbing it down. Instead, as Einstein said, make everything as simple as possible, but no simpler. You can clearly communicate your science without compromising the ideas. A few things to consider are having examples, stories and analogies. Those are ways to engage and excite us about your content. And when presenting your work, drop the bullet points. Have you ever wondered why they're called bullet points? (Laughter) What do bullets do? Bullets kill, and they will kill your presentation. A slide like this is not only boring, but it relies too much on the language area of our brain, and causes us to become overwhelmed. Instead, this example slide by Genevieve Brown is much more effective. It's showing that the special structure of trabeculae are so strong that they actually inspired the unique design of the Eiffel Tower. And the trick here is to use a single, readable sentence that the audience can key into if they get a bit lost, and then provide visuals which appeal to our other senses and create a deeper sense of understanding of what's being described.

So I think these are just a few keys that can help the rest of us to open that door and see the wonderland that is science and engineering. And because the engineers that I've worked with have taught me to become really in touch with my inner nerd, I want to summarize with an equation. (Laughter) Take your science, subtract your bullet points and your jargon, divide by relevance, meaning share what's relevant to the audience, and multiply it by the passion that you have for this incredible work that you're doing, and that is going to equal incredible interactions that are full of understanding. And so, scientists and engineers, when you've solved this equation, by all means, talk nerdy to me. (Laughter) Thank you. (Applause)

Five years ago,/ I experienced a bit of what it must have been like to be Alice/ in Wonderland.//

5年前 私は 『不思議の国のアリス』のアリスになったような体験をしました

Penn State asked me,/ a communications teacher,/ to teach a communications class/ for engineering students.//

ペンシルバニア州立大学から 工学部の学生相手に コミュニケーションの授業をするよう頼まれたんですけど

And I was scared.// (Laughter)/ Really scared.// Scared of these students/ with their big brains and their big books and their big, unfamiliar words.//

恐怖を感じたものです(笑) 工学部の学生は頭が良くて 分厚い本を抱え 分からない言葉を使うものだと思って 怖かったんです

But/ as these conversations unfolded,/ I experienced/ what Alice must have/ when she went down/ that rabbit hole/ and saw that door/ to a whole new world.//

でも 彼らと会話をするにつれ 私は アリスがウサギ穴に落ちて 新世界への扉を見たときに感じたであろう体験をしました

That's just/ how I felt/ as I had those conversations/ with the students.// I was amazed at the ideas/ that they had,/ and I wanted others/ to experience this wonderland/ as well.//

不思議の国というのが まさに私が学生と話して 感じたことです 彼らのアイデアには驚かされました そして他の人にもこの不思議の国を体験してほしいと思いました

And I believe the key/ to opening/ that door is great communication.//

その扉を開ける鍵こそが 素晴らしいコミュニケーションであると 私は信じています

We desperately need great communication/ from our scientists and engineers/ in order to change the world.//

世界を変えるために 私たちは 科学者やエンジニアと 意思疎通を図る必要があります

Our scientists and engineers are the ones/ that are tackling our grandest challenges,/ from energy/ to environment/ to health care,/ among others,/ and/ if we don't know about it/ and understand it,/ then/ the work isn't done,/ and I believe/ it's our responsibility/ as non-scientists/ to have these interactions.//

私たちの抱える最も難しい問題に 立ち向かってくれるのは 彼らなのです エネルギー問題 環境問題ヘルス・ケアなど 私たちがそれらの問題を理解しなければ 問題解決には至らないでしょうし 門外漢の私たちにも 問題を理解する責任があると思います

But these great conversations can't occur/ if our scientists and engineers don't invite us in/ to see their wonderland.//

こういった意思疎通を図るためには 彼らに 不思議の国へと 招待してもらう必要があります

So scientists and engineers,/ please,/ talk nerdy to us.//

科学者とエンジニアの皆さん どうか私たちに熱く科学を語ってください

I want to share/ a few keys/ on how you can do that to make sure/ that we can see that/ your science is sexy/ and/ that your engineering is engaging.//

科学の素晴らしさや工学の魅力を 私たち 門外漢にも分からせるための 重要なポイントを紹介します

First question to answer for us:/ so/ what?//

まずは「それがどうした?」という疑問に答えることです

Tell/ us/ why your science is relevant/ to us.//

その科学が私たちにどう関わるのか 説明するのです

Don't just tell me/ that you study trabeculae,/ but tell me/ that you study trabeculae,/ which is the mesh-like structure of our bones/ because it's important/ to understanding and treating/ osteoporosis.//

単に「骨梁を研究しています」ではなく こう言うのです 「骨にある網目状の構造の骨梁を研究していますが これは骨粗しょう症の理解と治療のために重要なんです」

And when you're describing/ your science,/ beware of jargon.//

そして科学について語るときは 専門用語に注意してください

Jargon is a barrier/ to our understanding of your ideas.//

専門用語は アイデア理解の障壁となります

Sure,/ you can say "spatial and temporal,/"/ but why not just say "space and time,/"/ which is so much more accessible to us?//

時空なんたらという用語がありますけど もっと分かりやすく 「時間と空間」と言えませんか?

And making your ideas accessible is not the same/ as dumbing it down.//

ただ 話を分かりやすくしても不正確な内容にはしないことです

Instead,/ as Einstein said,/ make everything/ as simple/ as possible,/ but no simpler.//

アインシュタインが言ったようにするんです 可能な限り簡潔に でもそれ以上簡潔にしようとはしないこと

You can clearly communicate your science/ without compromising the ideas.//

誤魔化しを入れずに 科学を明確に語ることだって可能なのです

A few things to consider are having examples, stories and analogies.// Those are ways/ to engage and excite us/ about your content.//

良い方法は 説明に 例やストーリーや比喩を交えることです そうすることで 専門的な話が 私たちにとっても魅力的になります

And when presenting your work,/ drop the bullet points.//

研究を紹介するのに 箇条書き(bullet point) はやめましょう

Have you ever wondered/ why they're called bullet points?// (Laughter)/ What do bullets do?// Bullets kill,/ and they will kill your presentation.//

なんで bullet point (銃弾点) と呼ばれているか分かりますか?(笑) 銃弾が何をするものか考えてください そう プレゼンテーションを殺してしまうのです

A slide/ like this is not only boring,/ but it relies too much/ on the language area of our brain,/ and causes us/ to become overwhelmed.//

こういったスライドは退屈なだけでなく 脳の言語野に大きな負担をかけ 見る人を圧倒します

Instead,/ this example slide/ by Genevieve Brown is much more effective.// It's showing/ that the special structure of trabeculae are so strong/ that they actually inspired the unique design of the Eiffel Tower.//

一方 ジュヌビエーブ・ブラウンが作ったこのスライドは ずっと効果的です 骨梁が特殊で頑丈な構造を持つことを示していて エッフェル塔の独特な設計にも応用されたことが分かります

And the trick here is to use/ a single, readable sentence/ that the audience can key into if they get a bit lost,/ and then provide visuals/ which appeal to our other senses/ and create a deeper sense of understanding of what's being described.//

コツは 文を1つに絞ることです 聴衆が筋を見失っても 立ち戻れるように そして視覚的イメージを貼ることで 言語野ではない部分を刺激し 説明されていることに対する理解を いっそう深めることができます

So I think/ these are just a few keys/ that can help the rest of us/ to open that door/ and see the wonderland/ that is science and engineering.//

この何点かに注意するだけで 門外漢を不思議の国へと誘う上で ずっと違ってくるんです

And/ because the engineers/ that I've worked/ with have taught me/ to become really/ in touch/ with my inner nerd,/ I want to summarize/ with an equation.// (Laughter) Take your science,/ subtract your bullet points and your jargon,/ divide/ by relevance,/ meaning share/ what's relevant/ to the audience,/ and multiply it/ by the passion/ that you have for this incredible work/ that you're doing,/ and that is going to equal incredible interactions/ that are full of understanding.//

さて 受講している工学部の学生たちに 内に秘めたオタク心をくすぐられたので 今回の内容を方程式に書いてまとめたいと思います (笑) 「科学」から 「箇条書き」と「専門用語」を差し引き 聴き手にどう関わるかを意味する 「関連性」で割り 研究に注いでいる「情熱」を 掛け合わせると 高い「理解度」を伴う 素晴らしい意思疎通が得られます

And so,/ scientists and engineers,/ when you've solved this equation,/ by all means,/ talk nerdy/ to me.// (Laughter)/ Thank you.// (Applause)//

科学者やエンジニアの皆さん この方程式を解いて ぜひとも 私に熱く科学を語ってください (笑) (拍手)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

wonderland

〈U〉不思議の国,おとぎの国

〈C〉《単数形で》すばらしい所

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

engineering

『工学』

土木工事

laughter

『笑い』,笑い声

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

unfamiliar

『よく知らない』,未知の見慣ない,聞き慣ない

《補語にのみ用いて》(物事を)よく知らない,未知の《+with+名》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

rabbit

〈C〉ウサギ;《米》(一般にhareも含めて)ウサギ

〈U〉ウサギの毛皮(肉)

〈C〉《英話》(ゴルフ・クリケット,特にテニスの)へたなプレーヤー

ウサギを狩る

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

ca

circa

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

sexy

性に関する;セクシーな,性的魅力のある

engaging

人を引き付ける,魅力のある

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

beware

《『beware』+『that節』(『wh-節・句』)》…‘に'気をつける,注意する

(…に)『気をつける』,注意する《+『of』+『名』(『wh-節・句』)》

jargon

〈U〉〈C〉(特定の職業やグループで用いる)特殊用語,専門語,通語

〈U〉訳の分からない言葉(文章),たわごと

〈C〉混合語(pidgin Englishのように二つ以上の言語が混じってできたもの)

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

spatial

空間の

空間に存在する(で起こる)

temporal

時の,時間の

この世の,現世の;俗界の

一時的な,はかない

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

bullet

『弾丸』,銃弾,小銃弾

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

bore

bear(実をつける)の過去形

rely

『あてにする』,たよる

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

Eiffel Tower

エッフェル塔

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

readable

読みやすい,読んでおもしろい

(筆跡などが)判読できる

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

equation

等式; 方程式

subtract

(数字などについて)(…から)…を『引く』,減じる《+名+from+名》

引き算をする

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

relevance

適切

(…に対する)関連性《+『to』+『名』》

multiply

…‘を'『増す』,ふやす;…‘を'繁殖させる

(ある数を)〈ある数〉‘に'『掛ける』《+『名』〈被乗数〉+『by』+『名』〈乗数〉》

〈数・量などが〉『ふえる』,増大する;繁殖する

掛け算をする

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画