TED日本語 - カービー・ファーガソン: リミックスを受け入れよう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「Everything is a Remix」の製作者カービー・ファーガソンは、オリジナルなものは一つもないと言います。ボブ・ディランからスティーヴ・ジョブスまで、私たちが賞賛する偉大な製作者たちはみんな、アイディアを借りたり、盗んだり、変形させているのです。

Script

1964年の話から始めましょう ボブ・ディランは当時23歳で 人気は最高潮でした 「世代の代弁者」と崇められ 信じられないスピードで 次々と名曲を生み出していきました しかし一部の人たちは彼を非難しこう言いました 「ボブ・ディランは他人の曲を盗んでいる」

2004年 ブライアン・バートンつまりデンジャー・マウスは ビートルズの「ホワイトアルバム」と― ジェイZの「ブラックアルバム」から 「グレイアルバム」をつくりました その「グレイアルバム」がオンライン上で大ヒットすると ビートルズのレコード会社は販売差し止めを求め 大量の手紙を送りました「これは不公平なやり方であり― 我々の財産を損なう」と主張しました

「グレイアルバム」はリミックスです 過去の作品から新しい作品を作っています リミックスの手法は3つ コピーする 変形するつなぎ合わせる です リミックスするには既存の曲を選び バラバラにして変形させ 再びつなぎ合わせる すると新しい曲になりますしかもその曲は― 今までの曲からできているのです

しかし今までの曲はリミックスの素材として使われるだけでなく あらゆる創造の基礎となるものです つまり全てのものはリミックスで リミックスにより独創性が発揮できます

1964年の話に戻ります ディランの曲をいくつか取り上げて ほかの曲と聞き比べてみます

最初の曲は― フォークの古典「Nottamun Town」 そしてディランの「戦争の親玉」です

- Nottamum Townには人っ子一人いない― -

- 空を見ている人もうつむいている人もいない -

- おい 戦争の親玉たち― -

- 大型銃も突撃用の飛行機も -

- 爆弾をつくるのもあんた方だ -

先ず メロディーが同じです 曲の構造もです次は「The Patriot Game」という ドミニク・ビームの曲と ディランの「With God on Our Side」です

- 全ての若い反逆者たちよ― -

- 私が歌う間ここに名を連ねてくれ -

- 愛する郷土が ひどい惨事だ -

- 名前なんてどうでもいい -

- 年齢も大したことじゃない -

- 大事なのは僕の出身地それはMidwestっていう所 -

この曲についてディランは 「The Patriot Game」を聞いたことがあると認めています 脳裏にふと浮かんだ音楽を 自分の曲だと思ってしまったそうです

最後にもう一つフォークの名曲 「Who's Going To Buy You Ribbons」です これと「Don't Think Twice, It's All Right」 歌詞が問題のようです

- 座り込んでため息をついたってムダさ -

- 今は 座り込んで泣いたってムダさ-

- 座り込んで理由を考えたってダメさ-

- 今 分からなければ -

- 座り込んで理由を考えたってムダさ -

- どうにもならない事なんだから -

このような曲がたくさんあります 彼の初期の作品のうち3分の2の曲は ほかの曲のメロディーを使っていると言われています ほかのフォーク歌手もよくやることです ディランが崇拝するウッディ・ガスリーはこう言います

「重要なのは歌詞なんだ」 「メロディーには悩むなそれは盗め」 「低い調子なら高い声で歌え」 「ゆっくりした曲なら速く歌えそれで新しい曲になる」 (笑い)(拍手) ガスリーはまさにそうしました その結果はみなさんご存知でしょう (音楽) この曲は、みなさんがご存じの― あの曲ではありません 「When the World's on Fire」という カーター・ファミリーの古い曲です ガスリーはこれを使い「This Land Is Your Land」を作りました ディランもほかのフォーク歌手のように曲をコピーし 変形し つなぎ合わせて新しい歌詞をつけました それらは既存のものから作られましたが 自分の作品といえます

しかし米国の著作権や特許法が 他人の作品から何かを作る障害になります むしろ世界中で使われるこうした法律が 財産権を扱いにくくしています 創作物は確かに一種の財産です しかし私達はその作品でさらなる創作をします しっかりとした創作物が生まれ育つには きちんとした土壌が必要です

ヘンリー・フォードは言いました「私は新しいものを作ったわけではない ただ 先人たちの何世紀もの仕事を 寄せ集めたに過ぎない 進歩というものは全ての要素がそろったときに 不可避的に起こるものなんだ」

2007年に発売されたiPhoneにより Appleは世界に革新をもたらしました しかしそれは時間の問題で中核をなす技術は 何十年も前から開発されていたのです それは マルチタッチと呼ばれる― 画面を指で触れる操作方法です ジョブスはマルチタッチの将来を 予見するようにこう紹介しました

我々は新しい技術を開発しました マルチタッチといいます 複数の指でタッチして操作ができます なんと 特許も取りました(笑い) さて こちらのマルチタッチはどうでしょう 1年ほど前のTEDでの講演です 彼はジェフ・ハンこれこそマルチタッチです 同じ動きですよね ジェフはこの新しい技術について 何と言っているでしょう マルチタッチというのは 完全に新しいものではありませんビル・バクストンは 80年代に既にマルチタッチを使ってました 一番すばらしいと思うのはその技術ではなく 誰にでも使えるということでしょう そう新しい技術とは言えない マルチタッチは特許をとった項目の ごく一部に過ぎません しかしこの部分で 特許権が本来の趣旨と矛盾しています 役に立つ芸術の発展を推進できていません

スライドでロックを外すのは初めての方法です Appleはこの方法の特許を取りました 28ページものソフトウェアの特許ですが 要約するとこうです「指でアイコンをスライドさせると 電話のロックが解除される。真似するな」(笑い) 少々大げさに言いますが広範囲の特許です

このアイディアを所有できるでしょうか ソフトの特許がなかった80年代 ゼロックスがGUIを開発していました もしゼロックスがポップアップ・メニューやスクロールバー フォルダーや書類などのアイコンが並ぶディスクトップの 特許をとっていたら 若く経験不足のAppleは 巨大で経験豊富なゼロックスからの 法的な攻撃に耐えられたでしょうか

すべてはリミックスだとわかっていても 自分のものがリミックスされると考えは一変します こちらをご覧ください ピカソは言っています 「よい芸術家は模写し偉大な芸術家は盗む」 確かに私たちは 臆することなく偉大なアイデアを盗んできました この96年から2010年になると 「Androidは我々のアイディアを盗んだ」 (笑い) 「核戦争を仕掛けてでも破壊してやる」と言ってます(笑い) 偉大な芸術家は盗むが私からは盗むな ということですね (笑い)

行動経済学では喪失への嫌悪と言いますが 自分のものを守ろうとするのは 根強い本能です でも他人の物の複製には 当たり前のことなので嫌悪を感じません

同じようなことですが 基本的に創作物を財産とみなす法律があり 権利侵害をすれば罰金や調停 多額の費用を払わなければ 裁判で権利を守れません 権利を失いたくないという先入観もあります 合わせるとこんな感じ スマートフォン時代のこの4年間で 起きた訴訟を表しています では訴訟によって芸術が進歩しているでしょうか

1983年ボブディランは42歳 文化の担い手として依然として注目されていました 彼がつくったのはブルース歌手の名をとった 「Blind Willie McTell」 その歌で巡るのは とても暗い過去 ウィリー・マックテルのようなミュージシャンたちが 自らの行動をシンプルに理解していた時代です 「私は他人の歌を使うが 自分流にアレンジする」

私たちもやっていることです 創造力は内部ではなく外部から生まれます みんながお互いに依存し合っています この事実を認めても私たちが独創的でないと 考えることにはなりません それは私たちの誤解を解消し 過大なことを求めずにとにかく始めてみるための きっかけを与えてくれるでしょう

この場に参加できて光栄です ありがとうございました(拍手) どうも ありがとう(拍手) それでは(拍手)

We're going to begin in 1964. Bob Dylan is 23 years old, and his career is just reaching its pinnacle. He's been christened the voice of a generation, and he's churning out classic songs at a seemingly impossible rate, but there's a small minority of dissenters, and they claim that Bob Dylan is stealing other people's songs.

2004. Brian Burton, aka Danger Mouse, takes the Beatles' "White Album," combines it with Jay-Z's "The Black Album" to create "The Grey Album." "The Grey Album" becomes an immediate sensation online, and the Beatles' record company sends out countless cease-and-desist letters for "unfair competition and dilution of our valuable property."

Now, "The Grey Album" is a remix. It is new media created from old media. It was made using these three techniques: copy, transform and combine. It's how you remix. You take existing songs, you chop them up, you transform the pieces, you combine them back together again, and you've got a new song, but that new song is clearly comprised of old songs.

But I think these aren't just the components of remixing. I think these are the basic elements of all creativity. I think everything is a remix, and I think this is a better way to conceive of creativity.

All right, let's head back to 1964, and let's hear where some of Dylan's early songs came from. We'll do some side-by-side comparisons here.

All right, this first song you're going to hear is "Nottamun Town." It's a traditional folk tune. After that, you'll hear Dylan's "Masters of War."

Jean Ritchie:- In Nottamun Town, not a soul would look out, -

- not a soul would look up, not a soul would look down. -

Bob Dylan:- Come you masters of war, -

- you that build the big guns, you that build the death planes, -

- You that build all the bombs. -

Kirby Ferguson: Okay, so that's the same basic melody and overall structure. This next one is "The Patriot Game," by Dominic Behan. Alongside that, you're going to hear "With God on Our Side," by Dylan.

Dominic Behan: - Come all ye young rebels, -

- and list while I sing,-

- for the love of one's land is a terrible thing. -

BD: - Oh my name it is nothin', -

- my age it means less, -

- the country I come from is called the Midwest.-

KF: Okay, so in this case, Dylan admits he must have heard "The Patriot Game," he forgot about it, then when the song kind of bubbled back up in his brain, he just thought it was his song.

Last one, this is "Who's Going To Buy You Ribbons," another traditional folk tune. Alongside that is "Don't Think Twice, It's All Right." This one's more about the lyric.

Paul Clayton: - It ain't no use to sit and sigh now, -

- darlin', and it ain't no use to sit and cry now. -

BD: - It ain't no use to sit and wonder why, babe, -

- if you don't know by now, -

- and it ain't no use to sit and wonder why, babe, -

- it'll never do somehow. -

KF: Okay, now, there's a lot of these. It's been estimated that two thirds of the melodies Dylan used in his early songs were borrowed. This is pretty typical among folk singers. Here's the advice of Dylan's idol, Woody Guthrie.

"The worlds are the important thing. Don't worry about tunes. Take a tune, sing high when they sing low, sing fast when they sing slow, and you've got a new tune." (Laughter) (Applause) And that's, that's what Guthrie did right here, and I'm sure you all recognize the results. (Music) We know this tune, right? We know it? Actually you don't. That is "When the World's on Fire," a very old melody, in this case performed by the Carter Family. Guthrie adapted it into "This Land Is Your Land." So, Bob Dylan, like all folk singers, he copied melodies, he transformed them, he combined them with new lyrics which were frequently their own concoction of previous stuff.

Now, American copyright and patent laws run counter to this notion that we build on the work of others. Instead, these laws and laws around the world use the rather awkward analogy of property. Now, creative works may indeed be kind of like property, but it's property that we're all building on, and creations can only take root and grow once that ground has been prepared.

Henry Ford once said, "I invented nothing new. I simply assembled the discoveries of other men behind whom were centuries of work. Progress happens when all the factors that make for it are ready and then it is inevitable."

2007. The iPhone makes it debut. Apple undoubtedly brings this innovation to us early, but its time was approaching because its core technology had been evolving for decades. That's multi-touch, controlling a device by touching its display. Here is Steve Jobs introducing multi-touch and making a rather foreboding joke.

Steve Jobs: And we have invented a new technology called multi-touch. You can do multi-fingered gestures on it, and boy have we patented it. (Laughter) KF: Yes. And yet, here is multi-touch in action. This is at TED, actually, about a year earlier. This is Jeff Han, and, I mean, that's multi-touch. It's the same animal, at least. Let's hear what Jeff Han has to say about this newfangled technology. Jeff Han: Multi-touch sensing isn't anything -- isn't completely new. I mean, people like Bill Buxton have been playing around with it in the '80s. The technology, you know, isn't the most exciting thing here right now other than probably its newfound accessibility. KF: So he's pretty frank about it not being new. So it's not multi-touch as a whole that's patented. It's the small parts of it that are, and it's in these small details where we can clearly see patent law contradicting its intent: to promote the progress of useful arts.

Here is the first ever slide-to-unlock. That is all there is to it. Apple has patented this. It's a 28-page software patent, but I will summarize what it covers. Spoiler alert: Unlocking your phone by sliding an icon with your finger. (Laughter) I'm only exaggerating a little bit. It's a broad patent.

Now, can someone own this idea? Now, back in the '80s, there were no software patents, and it was Xerox that pioneered the graphical user interface. What if they had patented pop-up menus, scrollbars, the desktop with icons that look like folders and sheets of paper? Would a young and inexperienced Apple have survived the legal assault from a much larger and more mature company like Xerox?

Now, this idea that everything is a remix might sound like common sense until you're the one getting remixed. For example ... SJ: I mean, Picasso had a saying. He said, "Good artists copy. Great artists steal." And we have, you know, always been shameless about stealing great ideas. KF: Okay, so that's in '96. Here's in 2010. "I'm going to destroy Android because it's a stolen product." (Laughter) "I'm willing to go thermonuclear war on this." (Laughter) Okay, so in other words, great artists steal, but not from me. (Laughter)

Now, behavioral economists might refer to this sort of thing as loss aversion We have a strong predisposition towards protecting what we feel is ours. We have no such aversion towards copying what other people have, because we do that nonstop.

So here's the sort of equation we're looking at. We've got laws that fundamentally treat creative works as property, plus massive rewards or settlements in infringement cases, plus huge legal fees to protect yourself in court, plus cognitive biases against perceived loss. And the sum looks like this. That is the last four years of lawsuits in the realm of smartphones. Is this promoting the progress of useful arts?

1983. Bob Dylan is 42 years old, and his time in the cultural spotlight is long since past. He records a song called "Blind Willie McTell," named after the blues singer, and the song is a voyage through the past, through a much darker time, but a simpler one, a time when musicians like Willie McTell had few illusions about what they did. "I jump 'em from other writers but I arrange 'em my own way."

I think this is mostly what we do. Our creativity comes from without, not from within. We are not self-made. We are dependent on one another, and admitting this to ourselves isn't an embrace of mediocrity and derivativeness. It's a liberation from our misconceptions, and it's an incentive to not expect so much from ourselves and to simply begin.

Thank you so much. It was an honor to be here. Thank you. (Applause) Thank you. Thank you. (Applause) Thank you. (Applause)

We're going to begin/ in 1964.//

1964年の話から始めましょう

Bob Dylan is 23 years old,/ and his career is just reaching its pinnacle.//

ボブ・ディランは当時23歳で 人気は最高潮でした

He's been christened the voice of a generation,/ and he's churning out/ classic songs/ at a seemingly impossible rate,/ but there's a small minority of dissenters,/ and they claim/ that Bob Dylan is stealing other people's songs.//

「世代の代弁者」と崇められ 信じられないスピードで 次々と名曲を生み出していきました しかし一部の人たちは彼を非難しこう言いました 「ボブ・ディランは他人の曲を盗んでいる」

2004.// Brian Burton,/ aka Danger Mouse,/ takes the Beatles/' "White Album,/"/ combines it/ with Jay-Z's "The Black Album"/ to create "The Grey Album."//

2004年 ブライアン・バートンつまりデンジャー・マウスは ビートルズの「ホワイトアルバム」と― ジェイZの「ブラックアルバム」から 「グレイアルバム」をつくりました

"The Grey Album"/ becomes an immediate sensation online,/ and the Beatles/' record company sends out/ countless cease-and-desist letters/ for "unfair competition and dilution of our valuable property."//

その「グレイアルバム」がオンライン上で大ヒットすると ビートルズのレコード会社は販売差し止めを求め 大量の手紙を送りました「これは不公平なやり方であり― 我々の財産を損なう」と主張しました

Now,/ "The Grey Album"/ is a remix.//

「グレイアルバム」はリミックスです

It is new media created from old media.//

過去の作品から新しい作品を作っています

It was made using these three techniques:/ copy,/ transform/ and combine.//

リミックスの手法は3つ コピーする 変形するつなぎ合わせる です

It's/ how you remix.// You take existing songs,/ you chop them up,/ you transform the pieces,/ you combine them back together again,/ and you've got a new song,/ but/ that new song is clearly comprised of old songs.//

リミックスするには既存の曲を選び バラバラにして変形させ 再びつなぎ合わせる すると新しい曲になりますしかもその曲は― 今までの曲からできているのです

But I think/ these aren't just the components of remixing.//

しかし今までの曲はリミックスの素材として使われるだけでなく

I think/ these are the basic elements of all creativity.//

あらゆる創造の基礎となるものです

I think/ everything is a remix,/ and I think/ this is a better way/ to conceive of creativity.//

つまり全てのものはリミックスで リミックスにより独創性が発揮できます

All right,/ let's head back/ to 1964,/ and let's hear/ where some of Dylan's early songs came/ from.//

1964年の話に戻ります ディランの曲をいくつか取り上げて

We'll do some side-by-side comparisons here.//

ほかの曲と聞き比べてみます

All right,/ this first song/ you're going to hear/ is "Nottamun Town."// It's a traditional folk tune.//

最初の曲は― フォークの古典「Nottamun Town」

After that,/ you'll hear Dylan's "Masters of War."//

そしてディランの「戦争の親玉」です

Jean Ritchie:-/ In Nottamun Town, not a soul would look out,/ -//

- Nottamum Townには人っ子一人いない― -

- not a soul would look up, not a soul would look down.// -//

- 空を見ている人もうつむいている人もいない -

Bob Dylan:-/ Come you/ masters of war,/ -//

- おい 戦争の親玉たち― -

-/ you/ that build the big guns,/ you/ that build the death planes,/ -//

- 大型銃も突撃用の飛行機も -

-/ You/ that build all the bombs.// -//

- 爆弾をつくるのもあんた方だ -

Kirby Ferguson:/ Okay,/ so that's the same basic melody and overall structure.// This/ next one is "The Patriot Game,/"/ by Dominic Behan.// Alongside/ that,/ you're going to hear/ "With God/ on Our Side,/"/ by Dylan.//

先ず メロディーが同じです 曲の構造もです次は「The Patriot Game」という ドミニク・ビームの曲と ディランの「With God on Our Side」です

Dominic Behan:/ - Come/ all ye young rebels,/ -//

- 全ての若い反逆者たちよ― -

-/ and list/ while I sing,-//

- 私が歌う間ここに名を連ねてくれ -

-/ for the love of one's land is a terrible thing.// -//

- 愛する郷土が ひどい惨事だ -

BD:/ - Oh/ my name/ it is nothin',/ -//

- 名前なんてどうでもいい -

-/ my age/ it means less,/ -//

- 年齢も大したことじゃない -

-/ the country/ I come/ from is called the Midwest.//-//

- 大事なのは僕の出身地それはMidwestっていう所 -

KF:/ Okay,/ so/ in this case,/ Dylan admits/ he must have heard "The Patriot Game,/"/ he forgot about it,/ then/ when the song kind of bubbled back up/ in his brain,/ he just thought/ it was his song.//

この曲についてディランは 「The Patriot Game」を聞いたことがあると認めています 脳裏にふと浮かんだ音楽を 自分の曲だと思ってしまったそうです

Last one,/ this is "Who's Going To Buy/ You Ribbons,/"/ another traditional folk tune.//

最後にもう一つフォークの名曲 「Who's Going To Buy You Ribbons」です

Alongside/ that is "Don't Think Twice,/ It's All Right."//

これと「Don't Think Twice, It's All Right」

This one's more/ about the lyric.//

歌詞が問題のようです

Paul Clayton:/ -/ It ain't no use/ to sit and sigh now,/ -//

- 座り込んでため息をついたってムダさ -

- darlin',/ and it ain't no use/ to sit and cry now.// -//

- 今は 座り込んで泣いたってムダさ-

BD:/ -/ It ain't no use/ to sit and wonder/ why,/ babe,/ -//

- 座り込んで理由を考えたってダメさ-

-/ if you don't know by now,/ -//

- 今 分からなければ -

-/ and it ain't no use/ to sit and wonder/ why,/ babe,/ -//

- 座り込んで理由を考えたってムダさ -

-/ it'll never do somehow.// -//

- どうにもならない事なんだから -

KF:/ Okay,/ now,/ there's a lot of these.//

このような曲がたくさんあります

It's been estimated/ that two thirds of the melodies Dylan used in his early songs were borrowed.//

彼の初期の作品のうち3分の2の曲は ほかの曲のメロディーを使っていると言われています

This is pretty typical/ among folk singers.//

ほかのフォーク歌手もよくやることです

Here's the advice of Dylan's idol,/ Woody Guthrie.//

ディランが崇拝するウッディ・ガスリーはこう言います

"The worlds are the important thing.//

「重要なのは歌詞なんだ」

Don't worry about tunes.// Take a tune,/ sing high/ when they/ sing low,/ sing fast/ when they/ sing slow,/ and you've got a new tune."//

「メロディーには悩むなそれは盗め」 「低い調子なら高い声で歌え」 「ゆっくりした曲なら速く歌えそれで新しい曲になる」

(Laughter) (Applause)/ And that's,/ that's/ what Guthrie did right here,/ and I'm sure/ you all recognize the results.//

(笑い)(拍手) ガスリーはまさにそうしました その結果はみなさんご存知でしょう

(Music)/ We know this tune,/ right?// We know it?//

(音楽) この曲は、みなさんがご存じの―

Actually/ you don't.//

あの曲ではありません

That is "When the World's on Fire,/"/ a very old melody,/ in this case performed by the Carter Family.//

「When the World's on Fire」という カーター・ファミリーの古い曲です

Guthrie adapted it/ into "This Land Is Your Land."//

ガスリーはこれを使い「This Land Is Your Land」を作りました

So,/ Bob Dylan,/ like all folk singers,/ he copied melodies,/ he transformed them,/ he combined them/ with new lyrics/ which were frequently their own concoction of previous stuff.//

ディランもほかのフォーク歌手のように曲をコピーし 変形し つなぎ合わせて新しい歌詞をつけました それらは既存のものから作られましたが 自分の作品といえます

Now,/ American copyright and patent laws run counter/ to this notion/ that we build on the work of others.//

しかし米国の著作権や特許法が 他人の作品から何かを作る障害になります

Instead,/ these laws and laws/ around the world use the rather awkward analogy of property.//

むしろ世界中で使われるこうした法律が 財産権を扱いにくくしています

Now,/ creative works may indeed be kind of like property,/ but it's property/ that we're all building on,/ and creations can only take root/ and grow once/ that ground has been prepared.//

創作物は確かに一種の財産です しかし私達はその作品でさらなる創作をします しっかりとした創作物が生まれ育つには きちんとした土壌が必要です

Henry Ford once said,/ "I invented nothing new.//

ヘンリー・フォードは言いました「私は新しいものを作ったわけではない

I simply assembled the discoveries of other men/ behind whom were centuries of work.//

ただ 先人たちの何世紀もの仕事を 寄せ集めたに過ぎない

Progress happens/ when all the factors/ that make for it are ready/ and then/ it is inevitable."//

進歩というものは全ての要素がそろったときに 不可避的に起こるものなんだ」

2007.// The iPhone makes/ it debut.//

2007年に発売されたiPhoneにより

Apple undoubtedly brings this innovation/ to us early,/ but its time was approaching/ because its core technology had been evolving for decades.//

Appleは世界に革新をもたらしました しかしそれは時間の問題で中核をなす技術は 何十年も前から開発されていたのです

That's multi-touch,/ controlling a device/ by touching its display.//

それは マルチタッチと呼ばれる― 画面を指で触れる操作方法です

Here is Steve Jobs/ introducing multi-touch/ and making a rather foreboding joke.//

ジョブスはマルチタッチの将来を 予見するようにこう紹介しました

Steve Jobs:/ And we have invented/ a new technology called multi-touch.//

我々は新しい技術を開発しました マルチタッチといいます

You can do multi-fingered gestures/ on it,/ and boy have/ we patented it.// (Laughter)/ KF:/ Yes.// And yet,/ here is multi-touch/ in action.//

複数の指でタッチして操作ができます なんと 特許も取りました(笑い) さて こちらのマルチタッチはどうでしょう

This is at TED,/ actually,/ about a year earlier.//

1年ほど前のTEDでの講演です

This is Jeff Han,/ and,/ I mean,/ that's multi-touch.//

彼はジェフ・ハンこれこそマルチタッチです

It's the same animal,/ at least.//

同じ動きですよね

Let's hear/ what Jeff Han has to say/ about this newfangled technology.//

ジェフはこの新しい技術について 何と言っているでしょう

Jeff Han:/ Multi-touch sensing isn't anything --/ isn't completely new.// I mean,/ people/ like Bill Buxton have been playing around/ with it/ in the '80s.//

マルチタッチというのは 完全に新しいものではありませんビル・バクストンは 80年代に既にマルチタッチを使ってました

The technology,/ you know,/ isn't the most exciting thing here right now other/ than probably/ its newfound accessibility.//

一番すばらしいと思うのはその技術ではなく 誰にでも使えるということでしょう

KF:/ So he's pretty frank/ about it not being new.//

そう新しい技術とは言えない

So/ it's not multi-touch/ as a whole/ that's patented.//

マルチタッチは特許をとった項目の

It's the small parts of it/ that are,/ and it's in these small details/ where we can clearly see patent law/ contradicting its intent:/ to promote the progress of useful arts.//

ごく一部に過ぎません しかしこの部分で 特許権が本来の趣旨と矛盾しています 役に立つ芸術の発展を推進できていません

Here is the first ever slide-to-unlock.//

スライドでロックを外すのは初めての方法です

That is all/ there is to it.// Apple has patented this.//

Appleはこの方法の特許を取りました

It's a 28-page software patent,/ but I will summarize/ what it covers.// Spoiler alert:/ Unlocking your phone/ by sliding an icon/ with your finger.// (Laughter)/ I'm only exaggerating/ a little bit.// It's a broad patent.//

28ページものソフトウェアの特許ですが 要約するとこうです「指でアイコンをスライドさせると 電話のロックが解除される。真似するな」(笑い) 少々大げさに言いますが広範囲の特許です

Now,/ can someone own this idea?//

このアイディアを所有できるでしょうか

Now,/ back/ in the '80s,/ there were no software patents,/ and it was Xerox/ that pioneered the graphical user interface.//

ソフトの特許がなかった80年代 ゼロックスがGUIを開発していました

What if they had patented pop-up menus,/ scrollbars,/ the desktop/ with icons/ that look like folders and sheets of paper?//

もしゼロックスがポップアップ・メニューやスクロールバー フォルダーや書類などのアイコンが並ぶディスクトップの 特許をとっていたら

Would a young and inexperienced Apple have survived the legal assault/ from a much larger and more mature company/ like Xerox?//

若く経験不足のAppleは 巨大で経験豊富なゼロックスからの 法的な攻撃に耐えられたでしょうか

Now,/ this idea/ that everything is a remix might sound like common sense/ until you're the one/ getting remixed.//

すべてはリミックスだとわかっていても 自分のものがリミックスされると考えは一変します

For example ...//

こちらをご覧ください

SJ:/ I mean,/ Picasso had a saying.//

ピカソは言っています

He said,/ "Good artists copy.// Great artists steal."//

「よい芸術家は模写し偉大な芸術家は盗む」

And we have,/ you know,/ always been shameless/ about stealing great ideas.//

確かに私たちは 臆することなく偉大なアイデアを盗んできました

KF:/ Okay,/ so that's in '96.// Here's in 2010.//

この96年から2010年になると

"I'm going to destroy/ Android/ because it's a stolen product."//

「Androidは我々のアイディアを盗んだ」

(Laughter) "I'm willing/ to go thermonuclear war/ on this."// (Laughter)/ Okay,/ so/ in other words,/ great artists steal, but not from me.//

(笑い) 「核戦争を仕掛けてでも破壊してやる」と言ってます(笑い) 偉大な芸術家は盗むが私からは盗むな ということですね

(笑い)

Now,/ behavioral economists might refer to this sort of thing/ as loss aversion/ We have a strong predisposition/ towards protecting/ what we feel is ours.//

行動経済学では喪失への嫌悪と言いますが 自分のものを守ろうとするのは 根強い本能です

We have no such aversion/ towards copying/ what other people have,/ because we do that nonstop.//

でも他人の物の複製には 当たり前のことなので嫌悪を感じません

So here's the sort of equation/ we're looking/ at.//

同じようなことですが

基本的に創作物を財産とみなす法律があり 権利侵害をすれば罰金や調停 多額の費用を払わなければ 裁判で権利を守れません 権利を失いたくないという先入観もあります

And the sum looks like this.//

合わせるとこんな感じ

That is the last four years of lawsuits/ in the realm of smartphones.//

スマートフォン時代のこの4年間で 起きた訴訟を表しています

Is this promoting the progress of useful arts?//

では訴訟によって芸術が進歩しているでしょうか

1983.// Bob Dylan is 42 years old,/ and his time/ in the cultural spotlight is long/ since past.//

1983年ボブディランは42歳 文化の担い手として依然として注目されていました

He records/ a song called "Blind Willie McTell,/"/ named after the blues singer,/ and the song is a voyage/ through the past,/ through a much darker time,/ but a simpler one,/ a time/ when musicians/ like Willie McTell had few illusions/ about what they did.//

彼がつくったのはブルース歌手の名をとった 「Blind Willie McTell」 その歌で巡るのは とても暗い過去 ウィリー・マックテルのようなミュージシャンたちが 自らの行動をシンプルに理解していた時代です

"I jump 'em/ from other writers/ but I arrange 'em/ my own way."//

「私は他人の歌を使うが 自分流にアレンジする」

I think/ this is mostly/ what we do.//

私たちもやっていることです

Our creativity comes from without, not from within.//

創造力は内部ではなく外部から生まれます

We are not self-made.// We are dependent/ on one another,/ and admitting this/ to ourselves isn't an embrace of mediocrity and derivativeness.//

みんながお互いに依存し合っています この事実を認めても私たちが独創的でないと 考えることにはなりません

It's a liberation/ from our misconceptions,/ and it's an incentive/ to not expect so much/ from ourselves/ and to simply begin.//

それは私たちの誤解を解消し 過大なことを求めずにとにかく始めてみるための きっかけを与えてくれるでしょう

Thank you so much.// It was an honor/ to be here.//

この場に参加できて光栄です

Thank you.// (Applause)/ Thank you.// Thank you.// (Applause)/ Thank you.// (Applause)//

ありがとうございました(拍手) どうも ありがとう(拍手) それでは(拍手)

bob

(はかりの)おもり;(振り子の)玉;(釣りの)浮き

(婦人・子供の)断髪;(犬・馬の)切り尾

…'を'断髪にする;〈犬・馬の尾〉'を'ちょん切る

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

pinnacle

〈C〉(教会などの)小尖塔

〈C〉(山の)高くとがった山頂,峰(peak)

《the~》(成功・名声などの)絶頂,頂点(acme)《+『of』+『名』》

…‘を'高い所に置く

…‘に'尖塔をつける

christen

〈人〉‘に'洗礼を施してキリスト教会へ受け入れる,洗礼を施す(baptize)

(洗礼して)〈人〉‘に'命名する;(式典をあげて)〈船・鐘など〉‘に'命名する

《英話》…'を'初めて使用する

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

churn

かく乳器(クリームやミルクをかき老ぜてバターを作る)

〈クリーム・ミルク〉'を'かく乳器に入れてかき混ぜる

〈バター〉'を'かく乳器で作る

…'を'激しくかき混ぜる《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

激しく動く

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

seemingly

うわべは,表面は(apparently)

一見したところ,なるほど

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

minority

〈C〉《単数形で》(ある集団または全体を構成する,多数に対する)『少数』,(過半数に対する)半数以下

(またminority group)〈C〉(人種・宗教・政治の点で)『少数派』,少数グループ,少数民族

〈U〉未成年;未成年期

dissenter

(体制への)反対者

《『D-』》英国国教に反対する新教徒

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

burton

バートン 《block が 1, 2 個の小型巻上げ滑車装置》

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

album

(写真・切手・切り抜きなどを貼る)『アルバム』

(いくつかの曲・劇などを収録した)組レコード,アルバム

画帳

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

grey

=gray

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

sensation

〈U〉〈C〉(五感による)『感覚』,知覚

〈C〉(¨の)感じ,気持ち

〈C〉〈U〉大評判,センセーション;大評判になった人(物,事)

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

countless

数えきれないほどの無数の(innumerable)

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

dilution

〈U〉(液体などを)薄めること

〈C〉薄めたもの,希釈液

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

property

動産

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

media

mediumの複数形

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

chop

(なた・おのなどで)…'を'『たたき切る』,ぶった切る

…'を'たたき切って(切り開いて)作る

…'を'切り刻む《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'切って短くする

(テニス・クリケットで)〈ボール〉'を'切る

(…を)たたき切る,(…に)打ってかかる《+『at』+『名』》

(テニス・クリケットで)ボールを切る

『たたき切ること』,ぶった切り

切り取った物;(骨つきの)厚切りの肉

小さく立ち騒ぐ波,逆波

チョップ(テニス・クリケットで切りつけるように打つこと)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

component

構成している,成分の

構成要素,成分

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

creativity

独創性

conceive

〈考え,目的など〉'を'『心に抱く』,思う,〈計画など〉'を'思いつく

《文》〈子〉'を'はらむ

《『conceive of』+『名』(do『ing』)》(…を)想像する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

masters

《米話》《しばしばM-》修士号

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

jean

〈U〉ジーン布(じょうぶなあや織りの綿布)

《複数形で》ジーパン;(ジーン布製の)作業服

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

okay

=OK,O.K.

melody

〈U〉『美しい音の流れ』,快い調べ

〈C〉『旋律』;(声楽曲・器楽曲の)主旋律[部分]

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

patriot

愛国者, 志士; (P-) パトリオット (米軍の地[艦]対空ミサイル装置)

alongside

そばに,並んで

…のそばに,と並んで

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

rebel

(統治者・政府に対する)『反逆者』,(権威に対する)反抗者

《『R』‐》(南北戦争時の)南部連邦軍人

《俗》南部の白人

反逆の,反抗の

(…に)反逆する,反抗する《+『against』+『名』》

(…を)ひどくきらう《+『against』(『at』)+『名』(do『ing』)》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

Midwest

=Middle West

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

ribbon

(装飾・包装などに用いる)『リボン』

〈C〉リボン(ひも)状の物,細長い物

《複数形で》細かく裂けた物

〈C〉(勲花の略章・階級などの記章としての)リボン

《複数形で》《古》手綱

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

lyric

叙情[詩]の;叙情的な

歌の,歌を用いた

叙情詩

《複数形で》《特に歌謡曲の》歌詞

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

sigh

(悲しみ・疲れ・安心などで)『ため息をつく』《+『with』+『名』》;(…を)嘆いてため息をつく《+『over』+『名』》

〈風などが〉ため息をつくような音を立てる

《文》(…を)思って(あこがれて)ため息をつく《+『for(after)』+『名』》

『ため息』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

babe

《文》赤ん坊

うぶな人,世間知らず

《米俗》=baby4

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

idol

『偶像』,偶像神

『アイドル』,崇拝される人(物)

woody

木質の,木の

樹木の多い,樹木の茂った

木特有の,木に似た

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

carter

荷馬車を引く人

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

frequently

『しばしば』,たびたび

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

concoction

〈U〉混合,調合

〈C〉調製した物,混合飲料

〈C〉でっち上げ;〈C〉作りごと,策謀

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

counter

(商店・銀行などの)『売り台』,勘定台,カウンター

(食堂などに)『カウンター』

(おもちゃの)模造貨幣

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

instead

『その代りとして』,それよりも

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

creative

『創造力のある』

『独創的な』

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

prepared

用意のできた,準備された

《補語にのみ用いて》《be prepared to do》喜んで…する

Henry

ヘンリー(1世から8世にいたる英国王の名の一つ)

Ford

フォード(『Henry~』;1863‐1947;米国の自動車製造業者)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

assemble

(ある目的で)〈人・物〉'を'『集める』,集合させる

(部品を集めて)〈機械など〉'を'『組み立てる』

…'を'整とんする,きちんと並べる

(人が)集まる,会合する(meet)

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

debut

社交界へ初めて出ること;初舞台;(いろいろな場への)初登場

(…として)デビューする

apple

『リンゴ』;リンゴの木

undoubtedly

疑いなく,確かに

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

decade

『10年間』

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

forebode

〈物事が〉…‘の'前兆となる

〈人が〉〈悪いこと〉‘の'予感がする

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

gesture

〈U〉〈C〉(気持ちや考えを表現するときの)『身ぶり』,手まね,しぐさ

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(うわべにせよ,心からにせよ,礼儀・尊敬・友情などを表す)行為,しぐさ,印

〈人が〉身ぶり(手ぶり)をする;(人が…するように)身ぶり(手ぶり)で示す《+『for』+『名』〈人〉+『to』 do》

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

newfangled

《名詞の前にのみ用いて》《やや経べつして,またはこっけいに》

新奇な,新式の

新しがり屋の

completely

『完全に』,全く,十分に

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

exciting

(物事が)『興奮させる』

probably

『たぶん』,『おそらく』

accessibility

近づきやすいこと,手に入りやすいこと

影響されやすいこと

frank

『率直な』,隠しだてをしない

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

contradict

〈報道・人の言説など〉'を'否定する,反ばくする(deny)

〈陳述が〉…‘と'矛盾する,相反する

反ばくする

intent

(特に法律用語で)『意図』,目的

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

spoiler

だめにする人(物);甘やかす人

強奪(略奪)者

《米》妨害立候補者

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

unlock

〈戸.箱など〉‘の'錠を開ける

〈つかんでいた手など〉'を'離す

〈秘密など〉'を'もらす,打ち明ける

錠が開く

拘束が解かれる(緩む)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

exaggerate

…‘を'『誇張する』,大げさに言う(考える)

誇張する,大げさに言う

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

graphical

=graphic

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

menu

(レストランの)『メニュー』,献立表

料理

folder

紙ばさみ

(印刷した1枚の紙を数ページに折り畳んだ)折り本;折り畳み広告,折り畳み時間表,折り畳み地図

折り畳む人;(紙などの)折り畳み機

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

inexperienced

経験のない,未熟な,不慣れな

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

assault

(暴力で,時に比喩(ひゆ)的な意で)(…を)『襲うこと』,強襲,攻撃《+『against』(『on』)+『名 』》

(法律用語で)暴行

〈場所〉'を'襲撃する;〈人〉‘に'暴行を加える

〈人・物〉'を'非難する

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

Picasso

ピカソ(『Pablo』 ~;1881‐1973;スペイン生まれのフランスの画家・彫刻家)

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

shameless

恥知らずな;みだらな

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

android

人造人間

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

thermonuclear

熱核融合の

economist

経済学者

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

aversion

〈U〉(…に対する)嫌悪(けんお),けぎらい《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈C〉大きらいな人(もの)

predisposition

(特定の病気など悪い事に)かかりやすい素質《+『to』+『名』》;(…する)傾向,性癖《+『to』 do》

towards

toward

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

equation

等式; 方程式

fundamentally

基本的に;本質的に

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

settlement

〈U〉〈C〉(…の)『解決』,決定《+『of』+『名』》;定住,身を固めること

小さい村,村落,部落

〈U〉植民,移民

〈C〉(特に初期の)植民地(colony)

〈U〉(貸借などの)清算,決算

(またsettlement house)〈C〉(恵まれない人の福祉に奉仕する)隣保事業館,セツルメント

infringement

(法律・規約・商標・版などに対する)侵害,違反

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

cognitive

認識の(に関する,を要する)

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

lawsuit

訴訟[事件]

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

spotlight

〈C〉(舞台上で用いる)スポットライト;その照明器具,ランプ

《the~》(世間の)注目,注視

…‘に'スポットライトを当てる;‘を'目立つようにする

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

voyage

(…への,を巡る)(遠距離の)『航海』,航行《+to(around)+名》

(…への,を巡る)(飛行機による長い)空の旅;宇宙旅行《+to(around)+名》

航海する;旅行する

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

self-made

自分の力で出世(立身,成功)した

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

mediocrity

〈U〉普通,並み

〈C〉並みの人

liberation

解放,釈放

(ガスの)遊離

misconception

誤解,誤認,思い違い

incentive

刺激,動機,誘因

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

関連動画