TED日本語 - ブライアン・スケリー: 海中に広がる美しい世界と、その世界に起きている惨劇

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

写真家のブライアン・スケリーは海上、そして海中から海の恐怖と魅力にレンズを向けてきました。海洋生物達の驚きに満ちた写真を共有することで、目に映るイメージがどれほど人を動かす力を持っているかを示します。

Script

今日は、ナショナルジオグラフィック誌の 写真家の仕事を通して見た 海のストーリーをいくつか お見せしたいと思います。 海中写真家とフォトジャーナリストになったのは 子供時代に 海に恋したからだと思います。 海の中で見た驚くばかりの 素晴らしい生物とその興味深い習性について 語りたいと考えていました。 30年もやってきて 30年間、海を探検してきても、 そこで出会う信じられない出来事に 驚きを失った事はありません。 しかし最近になって、海中で頻繁に 恐ろしい事を見かけるようになりました。 多くの人が知らないような事をです。 私はその問題を正しく伝えるために 写真を撮り続けました。 皆さんに海中の素晴らしい世界と 今そこで何が起きているのかを見て頂きたいと思います。

ナショナルジオグラフィックでの初めての記事が 環境問題を自然記事に 持ち込もうと思った最初の記事で 提案したのはタテゴトアザラシについての記事でした。 最初製作したかったストーリーは アザラシが毎年数週間、カナダ北極圏から セントローレンス湾に渡り、求愛して交尾し 出産することに焦点を置いた 簡単なものでした。 これらは風と潮によって 動かされる流氷に 全てが左右されます。 私は海中写真家なので このような零下29度の水中を初めて泳ぐ 子アザラシの写真を使って 海の外と中からこの記事を書きたいと思っていました。 しかし、取材が進むにつれ 無視できない二つの大きな環境問題に気付きました。 一つは、生まれて8?15日のアザラシが 相次いでハカピク(アザラシ狩りの道具)で狩られていることです。 毎年何十万頭ものアザラシが殺されています。 これは、海洋哺乳動物において 地球上で最大規模の虐殺です。

これはこれで心配ですが タテゴトアザラシにとって最大の問題は 地球温暖化によって氷が失われていることです。 これは、アザラシのシーズンに撮影した セントローレンス湾の航空写真です。 この写真には氷がたくさん写っていますが 昔は見えなかった海面もそこかしこに見えています。 そして氷はとても薄くなりました。 子アザラシには母親にケアしてもらうために 頑丈で安定した氷の大地が必要です。 アザラシは生まれてからわずか12日で一人立ちします。 しかし、12日目を待たずに 海に落ちて死んでしまいます。 これは、まだへその尾が残る 生後5?7日の子アザラシが 薄い氷を踏み外し 海に落ちてしまった写真です。 母親が息をさせようと、足場に戻そうと 必死に我が子を押し上げています。 撮影を始めてからこのような事態は年々増加しています。 昨年、セントローレンス湾のある地域では 子アザラシの死亡率は100%だったと聞きました。 明らかに、多くの問題が悪化しています。 この記事はナショナルジオグラフィックのカバーストーリーとなりました。 結果、かなりの注目を集めることになりました。

このことから、海で起きている他の問題についても 取材してみようと思い 魚類の危機についての記事を提案しました。 理由は、海洋生態がここ30年で 著しく退化たのを目の当たりにしていることと 科学誌で過去50?60年間に 大型魚の90%が消えた事を 読んだからです。 大型魚とはマグロやマカジキ類、サメ類のことです。 私はその数字に目を疑いました。 これは各メディアで一面を飾るんじゃないかと思っていましたが そうはなりませんでした。そこで私は 違った角度で記事を書いてやろうと思いました。 世界中の海で、生物達に何が起きているのかを 戦争写真のようなショッキングな写真を使って 読者達に見せてやろうと 思い付きました。

初めの頃の記事は読者に 自分達が食べている海の生物に 感謝する気持ちを持ってもらおうと思って書いていました。 レストランでステーキをオーダーするとします。 ステーキはどこから来たか、皆知っています。 鶏肉をオーダーしても、鶏が何なのか皆知っています。 しかし、クロマグロの刺身をオーダーして それがどれほど素晴らしい生物かご存知でしょうか? 彼らは海のライオンや虎にあたります。 実際、とてもユニークな生き物で 似ている動物は存在しません。 クロマグロは赤道から 北極や南極まで泳ぐことが出来ます。 そして1年に地球を2周する事ができます。 もし過去の乱獲がなかったら、マグロは寿命まで生き延び 重さ1トン、30歳のマグロも存在したでしょう。 しかし、実際には余りに獲り過ぎたために クロマグロの数は世界的に減少してしまいました。

これは数年前に撮った写真で 築地市場のセリの様子です。 このように毎日、マグロやクロマグロは 数多くの倉庫に 無残に積み重ねられています。 歩きまわって写真を撮り続けている内に 海はスーパーマーケットではないぞ、と感じました。 将来、深刻な状況になる事を考えつつ 捕らなければければなりません。

この記事では漁業の方法についても いくつか見てもらいたいと考えていました。 世界中で使わる底引き網はその一つです。 これはメキシコでエビ漁に使われる小さい網ですが 底引き網の仕組みは大体どこも同じです。 中央に大きな網があり 両端に金属のドアが付いています。 この道具を海の中で引きずると 水との抵抗によって ドアが開きます。 網の上部に浮きがついており、底にリードラインがついています。 そして今回はエビをとるために海底を引きずります。 想像がつくかと思いますが、エビ以外の生物も根こそぎ捕えてしまいます。 そしてこれは海底の貴重な生態系 他の動物にとって不可欠な環境、例えば海綿動物や 珊瑚のような環境も破壊することになるのです。

これは一時間底引き網漁を行った後に撮った エビを手にする漁師の写真です。 捕えたエビは7、8匹くらいでしょうか。 船の上の魚たちは一緒に網に入ったものです。 この魚たちはこの漁で死んでしまいますが 売り物にはなりません。 7、8匹のエビと漁で死んだ 約4キロの魚たちの命 これが夕食に出てくるエビの本当のお値段です。 もっと視覚に訴えるため、海にシャベルで 魚の死体を投げ捨てる男性を 漁船の下から撮影しました。 この死の滝のような写真が撮れました。 サカタザメや、エイ、ヒラメ、フグ 1時間前まで海の底で 元気に生きていた魚たちが 今ではゴミとして投げ戻されています。

次に、サメ漁に注目したいと思いました。 今、地球上で毎年 一億匹以上のサメが 殺されています。 写真を撮影する前に 死んだサメの写真をどう撮れば 読者の共感を呼べるだろうかと悩みました。 今でも、唯一良いサメは死んでいるサメと 考える人は大勢いると思います。 ある朝、海に潜った私は刺し網に捕まり 死んで間も無いオナガザメを見つけました。 その胸びれや目はまだ生きているように生々しく 一瞬、はりつけの刑と重なりました。 この写真はナショナルジオグラフィックで 漁業特集のトップ写真となりました。 読者の皆さんに一億匹のサメ問題について 注目する切っ掛けになっていれば嬉しく思います。

私はサメが大好きなので、ちょっとこれは病気かも知れませんが サメ保護の必要性を論じる方法の一つとして もっと明るいサメの記事も書きたいと思いました。 そのためにバハマに向かいました。 バハマは世界でも数少ない サメが元気に生きられる場所です。 バハマの魚達はかなり健康的です。 その主な理由は、現地政府が数年前に はえ縄漁を違法としたからです。 通常本誌で取り上げないような種類の魚を何種か お見せしようと、いくつかのロケーションに行ってきました。

その一つはタイガービーチという場所で 北バハマに位置し、イタチザメが 浅瀬に生息しています。 これは低空飛行して撮った写真で ダイビングボートと、そのすぐ後ろで泳いでいる 12匹くらいの大きなイタチザメです。 この記事ではサメを怪物のように描写することは 絶対にしたくありませんでした。 過度に恐ろしく、攻撃的に見せたくありませんでした。 この写真、15ftか 14ftくらいでしょうか この美しい雌のイタチザメの写真で 目標を達成できたんじゃないかと思います。 このサメは小さなバージャック達と泳ぎ 私のフラッシュで顔に影を作りました。 穏やかで、それほど恐ろしさは感じさせず この動物に敬意を払った写真が撮れたと思います。

次に、7?10年ほど前までほとんど フィルムに収められたことのなかった シュモクザメについて 取材を行いました。 シュモクザメは単独行動をする動物です。 フロリダとバハマで、科学的に情報不足とされており このサメについては まだほぼ何も分かっていません。 どこから来てどこへ行くのか どこで交尾し、出産するのかまだ解明されていません。 過去20~30年の間で、大西洋に 生息するシュモクザメの80%は死んでしまいました。 このサメについて解明されるより早く、死滅して行っているのです。

これはネムリブカの写真です。 ネムリブカは知る人ぞ知る世界で4番目に 危険な動物とされています。 しかし、ほとんどの生息地で 98%が死滅しました。 これは外洋の深海に住む動物で 私達は海底で作業しないため サメ観察用ケージを用意し 友人のサメ生物学者ウェス・プラットが中に入りました。 この写真を撮った写真家はケージに入っていませんね。 どうやら生物学者は写真家より少し利口なようです。

サメのお話の最後に サメの赤ちゃんの成長に注目したいと思います。 バハマのビミニ島で レモンザメの子を取材しました。 これはレモンザメの子の写真です。 安全な環境を提供するマングローブの森で 最初の2,3年を過ごします。 これはちょっとサメらしくない写真かと思います。 いつもとは違った印象です。 25?30cmくらいの大きさの サメが浅瀬で泳いでいます。 ここはサメにとって、リーフに出られるようになるまでに成長する 2,3年の間最も大事な生息地なのです。 ビミニを後にした私は この生息地がブルドーザーでならされて ゴルフリゾートになる事を知りました。

その他にも、別の脅威により 危機に晒されている代表的な種に スポットを当てた記事が 何本かあります。 その中のひとつがオサガメのドキュメンタリーです。 海ガメの中でも最大種で、広範囲に生息し 潜水に優れており、カメの最古の種でもあります。 一匹のメスが月灯りの中 海の中からトリニダード島に ゆっくりと這い上がってきます。 この動物の血統は1億年前まで遡ります。 上陸し、卵を産み ティラノサウルスが走り回るのを 見ていた時期もありました。 今では這い上がるとアパートが見えます。 しかし、その驚くべき寿命にもかかわらず 絶滅の危機にさらされています。 この写真を撮影した太平洋では 過去15年の間に 90%が死滅しました。

この写真では、カメの子は殻を破り 生まれて初めて海水を味わい 長く危険な旅を始めようとしています。 彼らの中で大人に成長できるのは たった1000分の1です。 これは、浜辺で待ち受けている 鷹や、沖にいる肉食魚などの 捕食動物によるものです。 大自然はそれを償うように メスは多数の卵巣を持っており 困難を乗り越えられるように出来ています。 しかし、人為的ストレスには対処出来ません。 夜、オサガメを刺し網で捕獲するこの漁は 人為的ストレスのひとつです。 私は海に飛び込み、この写真を撮影しました。 そして、漁師の許可を得た上で カメを網から切り離し、自由にしてやりました。 しかし、毎年数千頭のオサガメには 今回のような幸運はありません。 彼らの未来に危機が迫っています。

もうひとつ、特別な生き物として セミクジラも記事にしました。 約100万年前 セミクジラは地球上に 一種類しか存在していませんでした。 しかし陸地の移動によって海は隔離され この種は分断されました。 そして、今日の二種類に分かれました。 ここに見えるミナミセミクジラと タイセイヨウセミクジラです。 これはフロリダ沿岸の親子の写真です。 二種類とも捕鯨により 一時は絶滅寸前にまで追いやられましたが ミナミセミクジラは大分回復して来ました。 なぜなら彼らは人間から 遠く離れた所に住んでいるからです。

タイセイヨウセミクジラについては 現在、最も絶滅に近い生物に挙げられています。 北アメリカ大陸の東沿岸に生息するため 都市クジラと呼ばれ 都市特有の汚染に犯されています。 これは夕焼けのフロリダ沿岸で頭を海から出している写真です。 背後には火力発電所があります。 都市クジラは海に流される毒素や 薬物に対応しなければならず 生殖能力に影響が出ている可能性もあります。 漁の仕掛けにぶつかってしまう時もあります。 これはセミクジラの尾びれです。 白いマークは自然にできた物ではなく 仕掛けに絡まってできた傷です。 72%のセミクジラがこのような傷を持っていますが 多くの場合で、ロブスターやカニ捕りの仕掛けが絡まったままになり その場合、ついには死に至ります。 他には船にぶつかるという問題もあります。 カナダのノバスコシアで船と衝突した クジラの写真です。 浜に引き上げ、死亡原因が 本当に船との衝突だった事を 証明するための解剖を行います。 これら全てがこの種の増加を妨げており タイセイヨウセミジクラは絶滅寸前なのです。

汚染された環境のタイセイヨウセミクジラと比較しようと 10年程前に見付かったばかりの 自然のままのミナミセミクジラを取材するため ニュージーランドの南極圏に接するオークランド諸島に向かいました。 行ったのは冬でした。 人間と接した事の無い動物であり 私が初めて会う人間だったかも知れません。 水中でクジラと触れ合い 彼らの好奇心の強さに驚かされました。 海底21メートルのところに立っている助手のそばを 長さ13m、重さ70tもある バスのような、すばらしいクジラが 泳いでいきます。 彼らは完璧な姿をしていました。 健康で、太っていて、がっしりしていて、漁具による傷もなく まさにあるべき姿でした。 入植者が1620年に マサチューセッツのプリマスロックに上陸した時 セミクジラの背中を歩き ケープコッド湾を渡れたと聞いたことがあります。 今日、そのような光景を見る事は叶いませんが 残された物を大事に保存していくことは出来るかも知れません。

希望の話で締めたいと思います。 海洋保護についてのストーリーで 魚の乱獲、魚類の危機の 解決法となるかもしれません。 私はニュージーランドで取材を行うことにしました。 ニュージーランドは海を守る面で 比較的進んでいるからです。 このストーリーは3つの事に関係しています。 生物の個体数と多様性 そして回復力です。 ニュージーランドのリーに ゴート島という保護区があります。 まずはここを取材しました。 1975年、初の海洋保護区に指定された時には ゴウシュウマダイなど、商業的価値から捕り尽くされ 絶滅仕掛けた魚達が何種か回復してくれるのではないかと

期待をしていた、と 現地の科学者達が語ってくれました。 結果として、魚達は回復しました。 そして同時に、予期しなかった事が起きました。 例えば、この魚は ウニを食べます。 この魚が消えてから 海底はウニで 埋め尽くされていました。 魚が戻ってきてから ウニの数がコントロールされ 浅瀬に海藻の森ができるまでになりました。 ウニは海藻を食べます。 魚がウニをコントロールした事によって 海はもとの自然の平衡状態に戻ったのです。 誰も教えてはくれませんが 100か、200年前はこんな海だったのではないでしょうか。

次に、ニュージーランド内で他の地方の 美しくてか弱い保護区に行ってきました。 ウミエラが発見されたフィヨルドランドなどです。 小さなブルーコッドが一筋の色を残しながら泳いでいます。 ニュージーランド北部の 水温が少し高めの海に潜りました。 そこで、この大きなアカエイらしきエイが 海中峡谷を泳ぐ写真を撮りました。 海綿動物の上を這っている 小さなウミウシのような動物から カワハギに至るまで この場所の生態系は とても健全なようです。 カワハギは海底を掃除し、新しい生命を促進するので 生態系における非常に重要な生き物なのです。

この写真で締めくくります。 ある嵐の日、海底に横たわり 魚の群れが側を泳いでいくのを 楽しみました。 そこは保護区となり まだ20年しか経っていません。 長年ダイビングしてきた地元ダイバーの話を聞くと 今の海の状態は 60年代より良いと言っていました。 それは保護されたために 魚たちが戻って来たからです

つまり、この話から明らかな事は 海はある所までは寛大で、回復する力がありますが 私たちはしっかりと管理せねばなりません。 私が海中写真家になったのは 海に恋したからです。 写真を撮るのは、海を守りたいからです。 今からでも遅くはないと思います。

ご清聴ありがとうございました。

I would like to share with you this morning some stories about the ocean through my work as a still photographer for National Geographic magazine. I guess I became an underwater photographer and a photojournalist because I fell in love with the sea as a child. And I wanted to tell stories about all the amazing things I was seeing underwater, incredible wildlife and interesting behaviors. And after even 30 years of doing this, after 30 years of exploring the ocean, I never cease to be amazed at the extraordinary encounters that I have while I'm at sea. But more and more frequently these days I'm seeing terrible things underwater as well, things that I don't think most people realize. And I've been compelled to turn my camera towards these issues to tell a more complete story. I want people to see what's happening underwater, both the horror and the magic.

The first story that I did for National Geographic, where I recognized the ability to include environmental issues within a natural history coverage, was a story I proposed on harp seals. The story I wanted to do initially was just a small focus to look at the few weeks each year where these animals migrate down from the Canadian arctic to the Gulf of St. Lawrence in Canada to engage in courtship, mating and to have their pups. And all of this is played out against the backdrop of transient pack ice that moves with wind and tide. And because I'm an underwater photographer, I wanted to do this story from both above and below, to make pictures like this that show one of these little pups making its very first swim in the icy 29-degree water. But as I got more involved in the story, I realized that there were two big environmental issues I couldn't ignore. The first was that these animals continue to be hunted, killed with hakapiks at about eight,15 days old. It actually is the largest marine mammal slaughter on the planet, with hundreds of thousands of these seals being killed every year.

But as disturbing as that is, I think the bigger problem for harp seals is the loss of sea ice due to global warming. This is an aerial picture that I made that shows the Gulf of St. Lawrence during harp seal season. And even though we see a lot of ice in this picture, there's a lot of water as well, which wasn't there historically. And the ice that is there is quite thin. The problem is that these pups need a stable platform of solid ice in order to nurse from their moms. They only need 12 days from the moment they're born until they're on their own. But if they don't get 12 days, they can fall into the ocean and die. This is a photo that I made showing one of these pups that's only about five or seven days old -- still has a little bit of the umbilical cord on its belly -- that has fallen in because of the thin ice, and the mother is frantically trying to push it up to breathe and to get it back to stable purchase. This problem has continued to grow each year since I was there. I read that last year the pup mortality rate was 100 percent in parts of the Gulf of St. Lawrence. So, clearly, this species has a lot of problems going forward. This ended up becoming a cover story at National Geographic. And it received quite a bit of attention.

And with that, I saw the potential to begin doing other stories about ocean problems. So I proposed a story on the global fish crisis, in part because I had personally witnessed a lot of degradation in the ocean over the last 30 years, but also because I read a scientific paper that stated that 90 percent of the big fish in the ocean have disappeared in the last 50 or 60 years. These are the tuna, the billfish and the sharks. When I read that, I was blown away by those numbers. I thought this was going to be headline news in every media outlet, but it really wasn't, so I wanted to do a story that was a very different kind of underwater story. I wanted it to be more like war photography, where I was making harder-hitting pictures that showed readers what was happening to marine wildlife around the planet.

The first component of the story that I thought was essential, however, was to give readers a sense of appreciation for the ocean animals that they were eating. You know, I think people go into a restaurant, and somebody orders a steak, and we all know where steak comes from, and somebody orders a chicken, and we know what a chicken is, but when they're eating bluefin sushi, do they have any sense of the magnificent animal that they're consuming? These are the lions and tigers of the sea. In reality, these animals have no terrestrial counterpart; they're unique in the world. These are animals that can practically swim from the equator to the poles and can crisscross entire oceans in the course of a year. If we weren't so efficient at catching them, because they grow their entire life, would have 30-year-old bluefin out there that weigh a ton. But the truth is we're way too efficient at catching them, and their stocks have collapsed worldwide.

This is the daily auction at the Tsukiji Fish Market that I photographed a couple years ago. And every single day these tuna, bluefin like this, are stacked up like cordwood, just warehouse after warehouse. As I wandered around and made these pictures, it sort of occurred to me that the ocean's not a grocery store, you know. We can't keep taking without expecting serious consequences as a result.

I also, with the story, wanted to show readers how fish are caught, some of the methods that are used to catch fish, like a bottom trawler, which is one of the most common methods in the world. This was a small net that was being used in Mexico to catch shrimp, but the way it works is essentially the same everywhere in the world. You have a large net in the middle with two steel doors on either end. And as this assembly is towed through the water, the doors meet resistance with the ocean, and it opens the mouth of the net, and they place floats at the top and a lead line on the bottom. And this just drags over the bottom, in this case to catch shrimp. But as you can imagine, it's catching everything else in its path as well. And it's destroying that precious benthic community on the bottom, things like sponges and corals, that critical habitat for other animals.

This photograph I made of the fisherman holding the shrimp that he caught after towing his nets for one hour. So he had a handful of shrimp, maybe seven or eight shrimp, and all those other animals on the deck of the boat are bycatch. These are animals that died in the process, but have no commercial value. So this is the true cost of a shrimp dinner, maybe seven or eight shrimp and 10 pounds of other animals that had to die in the process. And to make that point even more visual, I swam under the shrimp boat and made this picture of the guy shoveling this bycatch into the sea as trash and photographed this cascade of death, you know, animals like guitarfish, bat rays, flounder, pufferfish, that only an hour before, were on the bottom of the ocean, alive, but now being thrown back as trash.

I also wanted to focus on the shark fishing industry because, currently on planet Earth, we're killing over 100 million sharks every single year. But before I went out to photograph this component, I sort of wrestled with the notion of how do you make a picture of a dead shark that will resonate with readers You know, I think there's still a lot of people out there who think the only good shark is a dead shark. But this one morning I jumped in and found this thresher that had just recently died in the gill net. And with its huge pectoral fins and eyes still very visible, it struck me as sort of a crucifixion, if you will. This ended up being the lead picture in the global fishery story in National Geographic. And I hope that it helped readers to take notice of this problem of 100 million sharks.

And because I love sharks -- I'm somewhat obsessed with sharks -- I wanted to do another, more celebratory, story about sharks, as a way of talking about the need for shark conservation. So I went to the Bahamas because there're very few places in the world where sharks are doing well these days, but the Bahamas seem to be a place where stocks were reasonably healthy, largely due to the fact that the government there had outlawed longlining several years ago. And I wanted to show several species that we hadn't shown much in the magazine and worked in a number of locations.

One of the locations was this place called Tiger Beach, in the northern Bahamas where tiger sharks aggregate in shallow water. This is a low-altitude photograph that I made showing our dive boat with about a dozen of these big old tiger sharks sort of just swimming around behind. But the one thing I definitely didn't want to do with this coverage was to continue to portray sharks as something like monsters. I didn't want them to be overly threatening or scary. And with this photograph of a beautiful 15-feet, probably 14-feet, I guess, female tiger shark, I sort of think I got to that goal, where she was swimming with these little barjacks off her nose, and my strobe created a shadow on her face. And I think it's a gentler picture, a little less threatening, a little more respectful of the species.

I also searched on this story for the elusive great hammerhead, an animal that really hadn't been photographed much until maybe about seven or 10 years ago. It's a very solitary creature. But this is an animal that's considered data deficient by science in both Florida and in the Bahamas. You know, we know almost nothing about them. We don't know where they migrate to or from, where they mate, where they have their pups, and yet, hammerhead populations in the Atlantic have declined about 80 percent in the last 20 to 30 years. You know, we're losing them faster than we can possibly find them.

This is the oceanic whitetip shark, an animal that is considered the fourth most dangerous species, if you pay attention to such lists. But it's an animal that's about 98 percent in decline throughout most of its range. Because this is a pelagic animal and it lives out in the deeper water, and because we weren't working on the bottom, I brought along a shark cage here, and my friend, shark biologist Wes Pratt is inside the cage. You'll see that the photographer, of course, was not inside the cage here, so clearly the biologist is a little smarter than the photographer I guess.

And lastly with this story, I also wanted to focus on baby sharks, shark nurseries. And I went to the island of Bimini, in the Bahamas, to work with lemon shark pups. This is a photo of a lemon shark pup, and it shows these animals where they live for the first two to three years of their lives in these protective mangroves. This is a very sort of un-shark-like photograph. It's not what you typically might think of as a shark picture. But, you know, here we see a shark that's maybe 10 or 11 inches long swimming in about a foot of water. But this is crucial habitat and it's where they spend the first two,three years of their lives, until they're big enough to go out on the rest of the reef. After I left Bimini, I actually learned that this habitat was being bulldozed to create a new golf course and resort.

And other recent stories have looked at single, flagship species, if you will, that are at risk in the ocean as a way of talking about other threats. One such story I did documented the leatherback sea turtle. This is the largest, widest-ranging, deepest-diving and oldest of all turtle species. Here we see a female crawling out of the ocean under moonlight on the island of Trinidad. These are animals whose lineage dates back about 100 million years. And there was a time in their lifespan where they were coming out of the water to nest and saw Tyrannosaurus rex running by. And today, they crawl out and see condominiums. But despite this amazing longevity, they're now considered critically endangered. In the Pacific, where I made this photograph, their stocks have declined about 90 percent in the last 15 years.

This is a photograph that shows a hatchling about to taste saltwater for the very first time beginning this long and perilous journey. Only one in a thousand leatherback hatchlings will reach maturity. But that's due to natural predators like vultures that pick them off on a beach or predatory fish that are waiting offshore. Nature has learned to compensate with that, and females have multiple clutches of eggs to overcome those odds. But what they can't deal with is anthropogenic stresses, human things, like this picture that shows a leatherback caught at night in a gill net. I actually jumped in and photographed this, and with the fisherman's permission, I cut the turtle out, and it was able to swim free. But, you know, thousands of other leatherbacks each year are not so fortunate, and the species' future is in great danger.

Another charismatic megafauna species that I worked with is the story I did on the right whale. And essentially, the story is this with right whales, that about a million years ago, there was one species of right whale on the planet, but as land masses moved around and oceans became isolated, the species sort of separated, and today we have essentially two distinct stocks. We have the Southern right whale that we see here and the North Atlantic right whale that we see here with a mom and calf off the coast of Florida. Now, both species were hunted to the brink of extinction by the early whalers, but the Southern right whales have rebounded a lot better because they're located in places farther away from human activity.

The North Atlantic right whale is listed as the most endangered species on the planet today because they are urban whales; they live along the east coast of North America, United States and Canada, and they have to deal with all these urban ills. This photo shows an animal popping its head out at sunset off the coast of Florida. You can see the coal burning plant in the background. They have to deal with things like toxins and pharmaceuticals that are flushed out into the ocean, and maybe even affecting their reproduction. They also get entangled in fishing gear. This is a picture that shows the tail of a right whale. And those white markings are not natural markings. These are entanglement scars. 72 percent of the population has such scars, but most don't shed the gear, things like lobster traps and crab pots. They hold on to them, and it eventually kills them. And the other problem is they get hit by ships. And this was an animal that was struck by a ship in Nova Scotia, Canada being towed in, where they did a necropsy to confirm the cause of death, which was indeed a ship strike. So all of these ills are stacking up against these animals and keeping their numbers very low.

And to draw a contrast with that beleaguered North Atlantic population, I went to a new pristine population of Southern right whales that had only been discovered about 10 years ago in the sub-Antarctic of New Zealand, a place called the Auckland Islands. I went down there in the winter time. And these are animals that had never seen humans before, and I was one of the first people they probably had ever seen. And I got in the water with them, and I was amazed at how curious they were. This photograph shows my assistant standing on the bottom at about 70 feet and one of these amazingly beautiful, 45-foot, 70-ton whales, like a city bus just swimming up, you know. They were in perfect condition, very fat and healthy, robust, no entanglement scars, the way they're supposed to look. You know, I read that the pilgrims, when they landed at Plymouth Rock in Massachusetts in 1620, wrote that you could walk across Cape Cod Bay on the backs of right whales. And we can't go back and see that today, but maybe we can preserve what we have left.

And I wanted to close this program with a story of hope, a story I did on marine reserves as sort of a solution to the problem of overfishing, the global fish crisis story. I settled on working in the country of New Zealand because New Zealand was rather progressive, and is rather progressive in terms of protecting their ocean. And I really wanted this story to be about three things: I wanted it to be about abundance, about diversity and about resilience. And one of the first places I worked was a reserve called Goat Island in Leigh of New Zealand. What the scientists there told me was that when protected this first marine reserve in 1975, they hoped and expected that certain things might happen.

For example, they hoped that certain species of fish like the New Zealand snapper would return because they had been fished to the brink of commercial extinction. And they did come back. What they couldn't predict was that other things would happen. For example, these fish predate on sea urchins, and when the fish were all gone, all anyone ever saw underwater was just acres and acres of sea urchins. But when the fish came back and began predating and controlling the urchin population, low and behold, kelp forests emerged in shallow water. And that's because the urchins eat kelp. So when the fish control the urchin population, the ocean was restored to its natural equilibrium. You know, this is probably how the ocean looked here one or 200 years ago, but nobody was around to tell us.

I worked in other parts of New Zealand as well, in beautiful, fragile, protected areas like in Fiordland, where this sea pen colony was found. Little blue cod swimming in for a dash of color. In the northern part of New Zealand, I dove in the blue water, where the water's a little warmer, and photographed animals like this giant sting ray swimming through an underwater canyon. Every part of the ecosystem in this place seems very healthy, from tiny, little animals like a nudibrank crawling over encrusting sponge or a leatherjacket that is a very important animal in this ecosystem because it grazes on the bottom and allows new life to take hold.

And I wanted to finish with this photograph, a picture I made on a very stormy day in New Zealand when I just laid on the bottom amidst a school of fish swirling around me. And I was in a place that had only been protected about 20 years ago. And I talked to divers that had been diving there for many years, and they said that the marine life was better here today than it was in the 1960s. And that's because it's been protected, that it has come back.

So I think the message is clear. The ocean is, indeed, resilient and tolerant to a point, but we must be good custodians. I became an underwater photographer because I fell in love with the sea, and I make pictures of it today because I want to protect it, and I don't think it's too late.

Thank you very much.

I would like to share/ with you/ this morning/ some stories/ about the ocean/ through my work/ as a still photographer/ for National Geographic magazine.//

今日は、ナショナルジオグラフィック誌の 写真家の仕事を通して見た 海のストーリーをいくつか お見せしたいと思います。

I guess/ I became an underwater photographer/ and a photojournalist/ because I fell in love/ with the sea/ as a child.//

海中写真家とフォトジャーナリストになったのは 子供時代に 海に恋したからだと思います。

And I wanted to tell/ stories/ about all the amazing things/ I was seeing underwater,/ incredible wildlife and interesting behaviors.//

海の中で見た驚くばかりの 素晴らしい生物とその興味深い習性について 語りたいと考えていました。

And after even 30 years of doing this,/ after 30 years of exploring the ocean,/ I never cease to be amazed at the extraordinary encounters/ that I have/ while I'm at sea.//

30年もやってきて 30年間、海を探検してきても、 そこで出会う信じられない出来事に 驚きを失った事はありません。

But more and more frequently/ these days/ I'm seeing/ terrible things underwater as well,/ things/ that I don't think/ most people realize.//

しかし最近になって、海中で頻繁に 恐ろしい事を見かけるようになりました。 多くの人が知らないような事をです。

And I've been compelled to turn/ my camera/ towards these issues/ to tell a more complete story.//

私はその問題を正しく伝えるために 写真を撮り続けました。

I want people/ to see/ what's happening underwater,/ both the horror and the magic.//

皆さんに海中の素晴らしい世界と 今そこで何が起きているのかを見て頂きたいと思います。

The first story/ that I did for National Geographic,/ where I recognized the ability/ to include environmental issues/ within a natural history coverage,/ was a story/ I proposed on harp seals.//

ナショナルジオグラフィックでの初めての記事が 環境問題を自然記事に 持ち込もうと思った最初の記事で 提案したのはタテゴトアザラシについての記事でした。

The story/ I wanted to do initially was just a small focus/ to look at the few weeks/ each year/ where these animals migrate down/ from the Canadian arctic/ to the Gulf of St.// Lawrence/ in Canada to engage in courtship,/ mating/ and to have their pups.//

最初製作したかったストーリーは アザラシが毎年数週間、カナダ北極圏から セントローレンス湾に渡り、求愛して交尾し 出産することに焦点を置いた 簡単なものでした。

And all of this is played out/ against the backdrop of transient pack ice/ that moves with wind and tide.//

これらは風と潮によって 動かされる流氷に 全てが左右されます。

And/ because I'm an underwater photographer,/ I wanted to do/ this story/ from both above and below,/ to make pictures/ like this/ that show one of these little pups/ making its very first swim/ in the icy 29-degree water.//

私は海中写真家なので このような零下29度の水中を初めて泳ぐ 子アザラシの写真を使って 海の外と中からこの記事を書きたいと思っていました。

But/ as I got more involved/ in the story,/ I realized/ that there were two big environmental issues/ I couldn't ignore.//

しかし、取材が進むにつれ 無視できない二つの大きな環境問題に気付きました。

The first was/ that these animals continue to be hunted,/ killed with hakapiks/ at about eight,15 days old.//

一つは、生まれて8?15日のアザラシが 相次いでハカピク(アザラシ狩りの道具)で狩られていることです。

It actually is the largest marine mammal slaughter/ on the planet,/ with hundreds of thousands of these seals/ being killed every year.//

毎年何十万頭ものアザラシが殺されています。 これは、海洋哺乳動物において 地球上で最大規模の虐殺です。

But as disturbing as that is,/ I think the bigger problem/ for harp seals is the loss of sea ice due/ to global warming.//

これはこれで心配ですが タテゴトアザラシにとって最大の問題は 地球温暖化によって氷が失われていることです。

This is/ an aerial picture/ that I made that shows the Gulf of St.// Lawrence/ during harp seal season.//

これは、アザラシのシーズンに撮影した セントローレンス湾の航空写真です。

And/ even though we see a lot of ice/ in this picture,/ there's a lot of water as well,/ which wasn't there/ historically.//

この写真には氷がたくさん写っていますが 昔は見えなかった海面もそこかしこに見えています。

And the ice/ that is there is quite thin.//

そして氷はとても薄くなりました。

The problem is/ that these pups need a stable platform of solid ice/ in order to nurse from their moms.//

子アザラシには母親にケアしてもらうために 頑丈で安定した氷の大地が必要です。

They only need 12 days/ from the moment/ they're born/ until they're on their own.//

アザラシは生まれてからわずか12日で一人立ちします。

But/ if they don't get 12 days,/ they can fall into the ocean and die.//

しかし、12日目を待たずに 海に落ちて死んでしまいます。

This is a photo/ that I made showing/ one of these pups/ that's only about five or seven days old --/ still has a little bit of the umbilical cord/ on its belly --/ that has fallen in because of the thin ice,/ and the mother is frantically trying to push/ it/ up to breathe/ and to get it back/ to stable purchase.//

これは、まだへその尾が残る 生後5?7日の子アザラシが 薄い氷を踏み外し 海に落ちてしまった写真です。 母親が息をさせようと、足場に戻そうと 必死に我が子を押し上げています。

This problem has continued to grow/ each year/ since I was there.//

撮影を始めてからこのような事態は年々増加しています。

I read/ that last year/ the pup mortality rate was 100 percent/ in parts of the Gulf of St.// Lawrence.//

昨年、セントローレンス湾のある地域では 子アザラシの死亡率は100%だったと聞きました。

So,/ clearly,/ this species has a lot of problems/ going forward.//

明らかに、多くの問題が悪化しています。

This ended up/ becoming a cover story/ at National Geographic.//

この記事はナショナルジオグラフィックのカバーストーリーとなりました。

結果、かなりの注目を集めることになりました。

And with that,/ I saw the potential/ to begin doing/ other stories/ about ocean problems.//

このことから、海で起きている他の問題についても 取材してみようと思い

So I proposed a story/ on the global fish crisis,/ in part/ because I had personally witnessed a lot of degradation/ in the ocean/ over the last 30 years,/ but also/ because I read a scientific paper/ that stated/ that 90 percent of the big fish/ in the ocean have disappeared in the last 50 or 60 years.//

魚類の危機についての記事を提案しました。 理由は、海洋生態がここ30年で 著しく退化たのを目の当たりにしていることと 科学誌で過去50?60年間に 大型魚の90%が消えた事を 読んだからです。

These are the tuna,/ the billfish and the sharks.//

大型魚とはマグロやマカジキ類、サメ類のことです。

When I read/ that,/ I was blown away/ by those numbers.//

私はその数字に目を疑いました。

I thought/ this was going to be headline news/ in every media outlet,/ but it really wasn't,/ so I wanted to do/ a story/ that was a very different kind of underwater story.//

これは各メディアで一面を飾るんじゃないかと思っていましたが そうはなりませんでした。そこで私は 違った角度で記事を書いてやろうと思いました。

I wanted it/ to be more like war photography,/ where I was making harder-hitting pictures/ that showed readers/ what was happening to marine wildlife/ around the planet.//

世界中の海で、生物達に何が起きているのかを 戦争写真のようなショッキングな写真を使って 読者達に見せてやろうと 思い付きました。

The first component of the story/ that I thought/ was essential,/ however,/ was to give readers/ a sense of appreciation/ for the ocean animals/ that they were eating.//

初めの頃の記事は読者に 自分達が食べている海の生物に 感謝する気持ちを持ってもらおうと思って書いていました。

You know,/ I think/ people go into a restaurant,/ and somebody orders/ a steak,/ and we/ all know/ where steak comes from,/ and somebody orders/ a chicken,/ and we know/ what a chicken is,/ but when they're eating/ bluefin sushi,/ do they have any sense of the magnificent animal/ that they're consuming?//

レストランでステーキをオーダーするとします。 ステーキはどこから来たか、皆知っています。 鶏肉をオーダーしても、鶏が何なのか皆知っています。 しかし、クロマグロの刺身をオーダーして それがどれほど素晴らしい生物かご存知でしょうか?

These are the lions and tigers of the sea.//

彼らは海のライオンや虎にあたります。

In reality,/ these animals have no terrestrial counterpart;/ they're unique/ in the world.//

実際、とてもユニークな生き物で 似ている動物は存在しません。

These are animals/ that can practically swim from the equator/ to the poles/ and can crisscross entire oceans/ in the course of a year.//

クロマグロは赤道から 北極や南極まで泳ぐことが出来ます。 そして1年に地球を2周する事ができます。

If we weren't so efficient/ at catching them,/ because they grow their entire life,/ would have 30-year-old bluefin/ out there/ that weigh a ton.//

もし過去の乱獲がなかったら、マグロは寿命まで生き延び 重さ1トン、30歳のマグロも存在したでしょう。

But the truth is we're way too efficient/ at catching them,/ and their stocks have collapsed worldwide.//

しかし、実際には余りに獲り過ぎたために クロマグロの数は世界的に減少してしまいました。

This is the daily auction/ at the Tsukiji Fish Market/ that I photographed a couple years ago.//

これは数年前に撮った写真で 築地市場のセリの様子です。

And every single day/ these tuna,/ bluefin/ like this,/ are stacked up/ like cordwood,/ just warehouse after warehouse.//

このように毎日、マグロやクロマグロは 数多くの倉庫に 無残に積み重ねられています。

As I wandered around/ and made these pictures,/ it/ sort of occurred to me/ that the ocean's not a grocery store,/ you know.//

歩きまわって写真を撮り続けている内に 海はスーパーマーケットではないぞ、と感じました。

We can't keep taking/ without expecting serious consequences/ as a result.//

将来、深刻な状況になる事を考えつつ 捕らなければければなりません。

I also,/ with the story,/ wanted to show/ readers/ how fish are caught,/ some of the methods/ that are used to catch fish,/ like a bottom trawler,/ which is one of the most common methods/ in the world.//

この記事では漁業の方法についても いくつか見てもらいたいと考えていました。 世界中で使わる底引き網はその一つです。

This was a small net/ that was being used in Mexico/ to catch shrimp,/ but the way/ it works/ is essentially the same everywhere/ in the world.//

これはメキシコでエビ漁に使われる小さい網ですが 底引き網の仕組みは大体どこも同じです。

You have a large net/ in the middle/ with two steel doors/ on either end.//

中央に大きな網があり 両端に金属のドアが付いています。

And/ as this assembly is towed through the water,/ the doors meet resistance/ with the ocean,/ and it opens the mouth of the net,/ and they place floats/ at the top and a lead line/ on the bottom.//

この道具を海の中で引きずると 水との抵抗によって ドアが開きます。 網の上部に浮きがついており、底にリードラインがついています。

And this just drags over the bottom,/ in this case to catch shrimp.//

そして今回はエビをとるために海底を引きずります。

But/ as you can imagine,/ it's catching everything else/ in its path/ as well.//

想像がつくかと思いますが、エビ以外の生物も根こそぎ捕えてしまいます。

And it's destroying/ that precious benthic community/ on the bottom,/ things/ like sponges and corals,/ that critical habitat/ for other animals.//

そしてこれは海底の貴重な生態系 他の動物にとって不可欠な環境、例えば海綿動物や 珊瑚のような環境も破壊することになるのです。

This photograph/ I made of the fisherman/ holding the shrimp/ that he caught after towing his nets/ for one hour.//

これは一時間底引き網漁を行った後に撮った エビを手にする漁師の写真です。

So he had a handful of shrimp,/ maybe/ seven or eight shrimp,/ and all those other animals/ on the deck of the boat are bycatch.//

捕えたエビは7、8匹くらいでしょうか。 船の上の魚たちは一緒に網に入ったものです。

These are animals/ that died in the process,/ but have no commercial value.//

この魚たちはこの漁で死んでしまいますが 売り物にはなりません。

So this is the true cost of a shrimp dinner,/ maybe/ seven or eight shrimp/ and 10 pounds of other animals/ that had to die/ in the process.//

7、8匹のエビと漁で死んだ 約4キロの魚たちの命 これが夕食に出てくるエビの本当のお値段です。

And to make that point even more visual,/ I swam under the shrimp boat/ and made this picture of the guy/ shoveling this bycatch/ into the sea/ as trash/ and photographed this cascade of death,/ you know,/ animals/ like guitarfish,/ bat rays,/ flounder,/ pufferfish,/ that only an hour before,/ were on the bottom of the ocean,/ alive,/ but now being thrown back/ as trash.//

もっと視覚に訴えるため、海にシャベルで 魚の死体を投げ捨てる男性を 漁船の下から撮影しました。 この死の滝のような写真が撮れました。 サカタザメや、エイ、ヒラメ、フグ 1時間前まで海の底で 元気に生きていた魚たちが 今ではゴミとして投げ戻されています。

I also wanted to focus/ on the shark fishing industry/ because,/ currently/ on planet Earth,/ we're killing/ over 100 million sharks/ every single year.//

次に、サメ漁に注目したいと思いました。 今、地球上で毎年 一億匹以上のサメが 殺されています。

But/ before I went out/ to photograph this component,/ I/ sort of wrestled with the notion of how do you make a picture of a dead shark/ that will resonate with readers/ You know,/ I think/ there's still/ a lot of people/ out there/ who think the only good shark is a dead shark.//

写真を撮影する前に 死んだサメの写真をどう撮れば 読者の共感を呼べるだろうかと悩みました。 今でも、唯一良いサメは死んでいるサメと 考える人は大勢いると思います。

But this one morning/ I jumped in and found this thresher/ that had just recently died in the gill net.//

ある朝、海に潜った私は刺し網に捕まり 死んで間も無いオナガザメを見つけました。

And/ with its huge pectoral fins and eyes still very visible,/ it struck me/ as sort of a crucifixion,/ if you will.//

その胸びれや目はまだ生きているように生々しく 一瞬、はりつけの刑と重なりました。

This ended up/ being the lead picture/ in the global fishery story/ in National Geographic.//

この写真はナショナルジオグラフィックで 漁業特集のトップ写真となりました。

And I hope/ that it helped readers/ to take notice of this problem of 100 million sharks.//

読者の皆さんに一億匹のサメ問題について 注目する切っ掛けになっていれば嬉しく思います。

And/ because I love sharks --/ I'm somewhat obsessed with sharks --/ I wanted to do/ another,/ more celebratory, story/ about sharks,/ as a way of talking about the need/ for shark conservation.//

私はサメが大好きなので、ちょっとこれは病気かも知れませんが サメ保護の必要性を論じる方法の一つとして もっと明るいサメの記事も書きたいと思いました。

So I went to the Bahamas/ because there're very few places/ in the world/ where sharks are doing well/ these days,/ but the Bahamas seem to be a place/ where stocks were reasonably healthy,/ largely due/ to the fact/ that the government/ there had outlawed longlining/ several years ago.//

そのためにバハマに向かいました。 バハマは世界でも数少ない サメが元気に生きられる場所です。 バハマの魚達はかなり健康的です。 その主な理由は、現地政府が数年前に はえ縄漁を違法としたからです。

And I wanted to show/ several species/ that we hadn't shown much/ in the magazine/ and worked in a number of locations.//

通常本誌で取り上げないような種類の魚を何種か お見せしようと、いくつかのロケーションに行ってきました。

One of the locations was this place called Tiger Beach,/ in the northern Bahamas/ where tiger sharks aggregate/ in shallow water.//

その一つはタイガービーチという場所で 北バハマに位置し、イタチザメが 浅瀬に生息しています。

This is a low-altitude photograph/ that I made showing/ our dive boat/ with about a dozen of these big old tiger sharks sort of just swimming/ around behind.//

これは低空飛行して撮った写真で ダイビングボートと、そのすぐ後ろで泳いでいる 12匹くらいの大きなイタチザメです。

But the one thing/ I definitely didn't want to do/ with this coverage was to continue to portray/ sharks/ as something/ like monsters.//

この記事ではサメを怪物のように描写することは 絶対にしたくありませんでした。

I didn't want them/ to be overly threatening or scary.//

過度に恐ろしく、攻撃的に見せたくありませんでした。

And with this photograph of a beautiful 15-feet,/ probably 14-feet,/ I guess,/ female tiger shark,/ I/ sort of think/ I got to that goal,/ where she was swimming with these little barjacks/ off her nose,/ and my strobe created a shadow/ on her face.//

この写真、15ftか 14ftくらいでしょうか この美しい雌のイタチザメの写真で 目標を達成できたんじゃないかと思います。 このサメは小さなバージャック達と泳ぎ 私のフラッシュで顔に影を作りました。

And I think/ it's a gentler picture,/ a little less threatening,/ a little more respectful of the species.//

穏やかで、それほど恐ろしさは感じさせず この動物に敬意を払った写真が撮れたと思います。

I also searched on this story/ for the elusive great hammerhead,/ an animal/ that really hadn't been photographed much/ until maybe/ about seven or 10 years/ ago.//

次に、7?10年ほど前までほとんど フィルムに収められたことのなかった シュモクザメについて 取材を行いました。

It's a very solitary creature.//

シュモクザメは単独行動をする動物です。

But this is an animal/ that's considered data deficient/ by science/ in both Florida/ and/ in the Bahamas.//

フロリダとバハマで、科学的に情報不足とされており このサメについては

You know,/ we know almost nothing/ about them.//

まだほぼ何も分かっていません。

We don't know/ where they migrate to or from,/ where they mate,/ where they have their pups,/ and yet,/ hammerhead populations/ in the Atlantic have declined about 80 percent/ in the last 20 to 30 years.//

どこから来てどこへ行くのか どこで交尾し、出産するのかまだ解明されていません。 過去20~30年の間で、大西洋に 生息するシュモクザメの80%は死んでしまいました。

You know,/ we're losing/ them faster/ than we can possibly find them.//

このサメについて解明されるより早く、死滅して行っているのです。

This is the oceanic whitetip shark,/ an animal/ that is considered the fourth most dangerous species,/ if you pay attention/ to such lists.//

これはネムリブカの写真です。 ネムリブカは知る人ぞ知る世界で4番目に 危険な動物とされています。

But it's an animal/ that's about 98 percent/ in decline/ throughout most of its range.//

しかし、ほとんどの生息地で 98%が死滅しました。

Because this is a pelagic animal/ and it lives out/ in the deeper water,/ and/ because we weren't working on the bottom,/ I brought along/ a shark cage here,/ and my friend,/ shark biologist Wes Pratt is inside the cage.//

これは外洋の深海に住む動物で 私達は海底で作業しないため サメ観察用ケージを用意し 友人のサメ生物学者ウェス・プラットが中に入りました。

You'll see/ that the photographer,/ of course,/ was not inside the cage here,/ so clearly/ the biologist is a little smarter/ than the photographer/ I guess.//

この写真を撮った写真家はケージに入っていませんね。 どうやら生物学者は写真家より少し利口なようです。

And lastly/ with this story,/ I also wanted to focus/ on baby sharks,/ shark nurseries.//

サメのお話の最後に サメの赤ちゃんの成長に注目したいと思います。

And I went to the island of Bimini,/ in the Bahamas,/ to work with lemon shark pups.//

バハマのビミニ島で レモンザメの子を取材しました。

This is a photo of a lemon shark pup,/ and it shows these animals/ where they live for the first two to three years of their lives/ in these protective mangroves.//

これはレモンザメの子の写真です。 安全な環境を提供するマングローブの森で 最初の2,3年を過ごします。

This is a very sort of un-shark-like photograph.//

これはちょっとサメらしくない写真かと思います。

It's not/ what you typically might think of as a shark picture.//

いつもとは違った印象です。

But,/ you know,/ here/ we see a shark/ that's maybe/ 10 or 11 inches long swimming/ in about a foot of water.//

25?30cmくらいの大きさの サメが浅瀬で泳いでいます。

But this is crucial habitat/ and it's/ where they spend the first two,three years of their lives,/ until they're big enough/ to go out/ on the rest of the reef.//

ここはサメにとって、リーフに出られるようになるまでに成長する 2,3年の間最も大事な生息地なのです。

After I left Bimini,/ I actually learned/ that this habitat was being bulldozed to create a new golf course and resort.//

ビミニを後にした私は この生息地がブルドーザーでならされて ゴルフリゾートになる事を知りました。

And other recent stories have looked at single, flagship species,/ if you will,/ that are at risk/ in the ocean/ as a way of talking about other threats.//

その他にも、別の脅威により 危機に晒されている代表的な種に スポットを当てた記事が 何本かあります。

One such story/ I did documented the leatherback sea turtle.//

その中のひとつがオサガメのドキュメンタリーです。

This is the largest, widest-ranging, deepest-diving and oldest of all turtle species.//

海ガメの中でも最大種で、広範囲に生息し 潜水に優れており、カメの最古の種でもあります。

Here/ we see a female/ crawling out of the ocean/ under moonlight/ on the island of Trinidad.//

一匹のメスが月灯りの中 海の中からトリニダード島に ゆっくりと這い上がってきます。

These are animals/ whose lineage dates back about 100 million years.//

この動物の血統は1億年前まで遡ります。

And there was a time/ in their lifespan/ where they were coming out of the water/ to nest/ and saw Tyrannosaurus rex/ running by.//

上陸し、卵を産み ティラノサウルスが走り回るのを 見ていた時期もありました。

And today,/ they crawl out/ and see condominiums.//

今では這い上がるとアパートが見えます。

But despite this amazing longevity,/ they're now considered critically endangered.//

しかし、その驚くべき寿命にもかかわらず 絶滅の危機にさらされています。

In the Pacific,/ where I made this photograph,/ their stocks have declined about 90 percent/ in the last 15 years.//

この写真を撮影した太平洋では 過去15年の間に 90%が死滅しました。

This is a photograph/ that shows a hatchling/ about to taste saltwater/ for the very first time/ beginning this long and perilous journey.//

この写真では、カメの子は殻を破り 生まれて初めて海水を味わい 長く危険な旅を始めようとしています。

Only one/ in a thousand leatherback hatchlings will reach maturity.//

彼らの中で大人に成長できるのは たった1000分の1です。

But that's due/ to natural predators/ like vultures/ that pick them off/ on a beach or predatory fish/ that are waiting offshore.//

これは、浜辺で待ち受けている 鷹や、沖にいる肉食魚などの 捕食動物によるものです。

Nature has learned to compensate/ with that,/ and females have multiple clutches of eggs/ to overcome those odds.//

大自然はそれを償うように メスは多数の卵巣を持っており 困難を乗り越えられるように出来ています。

But what they can't deal/ with is anthropogenic stresses,/ human things,/ like this picture/ that shows/ a leatherback caught at night/ in a gill net.//

しかし、人為的ストレスには対処出来ません。 夜、オサガメを刺し網で捕獲するこの漁は 人為的ストレスのひとつです。

I actually jumped in/ and photographed this,/ and with the fisherman's permission,/ I cut the turtle out,/ and it was able to swim free.//

私は海に飛び込み、この写真を撮影しました。 そして、漁師の許可を得た上で カメを網から切り離し、自由にしてやりました。

But,/ you know,/ thousands of other leatherbacks/ each year are not so fortunate,/ and the species/' future is in great danger.//

しかし、毎年数千頭のオサガメには 今回のような幸運はありません。 彼らの未来に危機が迫っています。

Another charismatic megafauna species/ that I worked/ with is the story/ I did on the right whale.//

もうひとつ、特別な生き物として セミクジラも記事にしました。

And essentially,/ the story is this/ with right whales,/ that about a million years ago,/ there was one species of right whale/ on the planet,/ but/ as land masses moved around/ and oceans became isolated,/ the species sort of separated,/ and today/ we have essentially two distinct stocks.//

約100万年前 セミクジラは地球上に 一種類しか存在していませんでした。 しかし陸地の移動によって海は隔離され この種は分断されました。 そして、今日の二種類に分かれました。

We have the Southern right whale/ that we see here/ and the North Atlantic right whale/ that we see here/ with a mom and calf/ off the coast of Florida.//

ここに見えるミナミセミクジラと タイセイヨウセミクジラです。 これはフロリダ沿岸の親子の写真です。

Now,/ both species were hunted to the brink of extinction/ by the early whalers,/ but the Southern right whales have rebounded a lot better/ because they're located/ in places farther away/ from human activity.//

二種類とも捕鯨により 一時は絶滅寸前にまで追いやられましたが ミナミセミクジラは大分回復して来ました。 なぜなら彼らは人間から 遠く離れた所に住んでいるからです。

The North Atlantic right whale is listed as the most endangered species/ on the planet/ today/ because they are urban whales;/ they live along the east coast of North America,/ United States and Canada,/ and they have to deal/ with all these urban ills.//

タイセイヨウセミクジラについては 現在、最も絶滅に近い生物に挙げられています。 北アメリカ大陸の東沿岸に生息するため 都市クジラと呼ばれ 都市特有の汚染に犯されています。

This photo shows an animal/ popping its head out/ at sunset off the coast of Florida.//

これは夕焼けのフロリダ沿岸で頭を海から出している写真です。

You can see the coal burning plant/ in the background.//

背後には火力発電所があります。

They have to deal/ with things/ like toxins and pharmaceuticals/ that are flushed out/ into the ocean,/ and maybe even affecting/ their reproduction.//

都市クジラは海に流される毒素や 薬物に対応しなければならず 生殖能力に影響が出ている可能性もあります。

They also get entangled in fishing gear.//

漁の仕掛けにぶつかってしまう時もあります。

This is a picture/ that shows the tail of a right whale.//

これはセミクジラの尾びれです。

And those white markings are not natural markings.//

白いマークは自然にできた物ではなく

These are entanglement scars.//

仕掛けに絡まってできた傷です。

72 percent of the population has such scars,/ but most don't shed the gear,/ things/ like lobster traps and crab pots.//

72%のセミクジラがこのような傷を持っていますが 多くの場合で、ロブスターやカニ捕りの仕掛けが絡まったままになり

They hold on to them,/ and it eventually kills them.//

その場合、ついには死に至ります。

And the other problem is they get hit by ships.//

他には船にぶつかるという問題もあります。

And this was an animal/ that was struck by a ship/ in Nova Scotia,/ Canada/ being towed in,/ where they did a necropsy/ to confirm the cause of death,/ which was indeed a ship strike.//

カナダのノバスコシアで船と衝突した クジラの写真です。 浜に引き上げ、死亡原因が 本当に船との衝突だった事を 証明するための解剖を行います。

So all of these ills are stacking up/ against these animals/ and keeping their numbers very low.//

これら全てがこの種の増加を妨げており タイセイヨウセミジクラは絶滅寸前なのです。

And to draw a contrast/ with that beleaguered North Atlantic population,/ I went to a new pristine population of Southern right whales/ that had only been discovered about 10 years ago/ in the sub-Antarctic of New Zealand,/ a place called the Auckland Islands.//

汚染された環境のタイセイヨウセミクジラと比較しようと 10年程前に見付かったばかりの 自然のままのミナミセミクジラを取材するため ニュージーランドの南極圏に接するオークランド諸島に向かいました。

I went down there/ in the winter time.//

行ったのは冬でした。

And these are animals/ that had never seen humans before,/ and I was one of the first people/ they probably had ever seen.//

人間と接した事の無い動物であり 私が初めて会う人間だったかも知れません。

And I got in the water/ with them,/ and I was amazed at how curious/ they were.//

水中でクジラと触れ合い 彼らの好奇心の強さに驚かされました。

This photograph shows my assistant/ standing on the bottom/ at about 70 feet and one of these amazingly beautiful, 45-foot, 70-ton whales,/ like a city bus just swimming up,/ you know.//

海底21メートルのところに立っている助手のそばを 長さ13m、重さ70tもある バスのような、すばらしいクジラが 泳いでいきます。

They were in perfect condition,/ very fat and healthy,/ robust,/ no entanglement scars,/ the way/ they're supposed to look.//

彼らは完璧な姿をしていました。 健康で、太っていて、がっしりしていて、漁具による傷もなく まさにあるべき姿でした。

You know,/ I read/ that the pilgrims,/ when they landed at Plymouth Rock/ in Massachusetts/ in 1620,/ wrote/ that you could walk across Cape Cod Bay/ on the backs of right whales.//

入植者が1620年に マサチューセッツのプリマスロックに上陸した時 セミクジラの背中を歩き ケープコッド湾を渡れたと聞いたことがあります。

And we can't go back/ and see that today,/ but maybe/ we can preserve/ what we have left.//

今日、そのような光景を見る事は叶いませんが 残された物を大事に保存していくことは出来るかも知れません。

And I wanted to close/ this program/ with a story of hope,/ a story/ I did on marine reserves/ as sort of a solution/ to the problem of overfishing,/ the global fish crisis story.//

希望の話で締めたいと思います。 海洋保護についてのストーリーで 魚の乱獲、魚類の危機の 解決法となるかもしれません。

I settled on working in the country of New Zealand/ because New Zealand was rather progressive,/ and is rather progressive/ in terms of protecting their ocean.//

私はニュージーランドで取材を行うことにしました。 ニュージーランドは海を守る面で 比較的進んでいるからです。

And I really wanted this story/ to be about three things:/ I wanted it/ to be about abundance,/ about diversity/ and/ about resilience.//

このストーリーは3つの事に関係しています。 生物の個体数と多様性 そして回復力です。

And one of the first places/ I worked/ was a reserve called Goat Island/ in Leigh of New Zealand.//

ニュージーランドのリーに ゴート島という保護区があります。 まずはここを取材しました。

What the scientists there told me/ was/ that/ when protected this first marine reserve/ in 1975,/ they hoped and expected/ that certain things might happen.//

1975年、初の海洋保護区に指定された時には ゴウシュウマダイなど、商業的価値から捕り尽くされ 絶滅仕掛けた魚達が何種か回復してくれるのではないかと

For example,/ they hoped/ that certain species of fish/ like the New Zealand snapper would return/ because they had been fished to the brink of commercial extinction.//

期待をしていた、と 現地の科学者達が語ってくれました。 結果として、魚達は回復しました。

And they did come back.// What they couldn't predict/ was/ that other things would happen.//

そして同時に、予期しなかった事が起きました。

For example,/ these fish predate/ on sea urchins,/ and when the fish were all gone,/ all anyone ever saw/ underwater was just acres and acres of sea urchins.//

例えば、この魚は ウニを食べます。 この魚が消えてから 海底はウニで 埋め尽くされていました。

But when the fish came back/ and began predating and controlling/ the urchin population,/ low and behold,/ kelp forests emerged in shallow water.//

魚が戻ってきてから ウニの数がコントロールされ 浅瀬に海藻の森ができるまでになりました。

And that's/ because the urchins eat kelp.//

ウニは海藻を食べます。

So/ when the fish control the urchin population,/ the ocean was restored to its natural equilibrium.//

魚がウニをコントロールした事によって 海はもとの自然の平衡状態に戻ったのです。

You know,/ this is probably/ how the ocean looked here/ one or 200 years ago,/ but nobody was around to tell us.//

誰も教えてはくれませんが 100か、200年前はこんな海だったのではないでしょうか。

I worked in other parts of New Zealand as well,/ in beautiful, fragile, protected areas/ like in Fiordland,/ where this sea pen colony was found.//

次に、ニュージーランド内で他の地方の 美しくてか弱い保護区に行ってきました。 ウミエラが発見されたフィヨルドランドなどです。

Little blue cod swimming/ in for a dash of color.//

小さなブルーコッドが一筋の色を残しながら泳いでいます。

In the northern part of New Zealand,/ I dove in the blue water,/ where the water's a little warmer,/ and photographed animals/ like this giant sting ray swimming/ through an underwater canyon.//

ニュージーランド北部の 水温が少し高めの海に潜りました。 そこで、この大きなアカエイらしきエイが 海中峡谷を泳ぐ写真を撮りました。

Every part of the ecosystem/ in this place seems very healthy,/ from tiny, little animals/ like a nudibrank/ crawling over encrusting sponge/ or a leatherjacket/ that is a very important animal/ in this ecosystem/ because it grazes on the bottom/ and allows new life/ to take hold.//

海綿動物の上を這っている 小さなウミウシのような動物から カワハギに至るまで この場所の生態系は とても健全なようです。 カワハギは海底を掃除し、新しい生命を促進するので 生態系における非常に重要な生き物なのです。

And I wanted to finish/ with this photograph,/ a picture/ I made on a very stormy day/ in New Zealand/ when I just laid on the bottom/ amidst a school of fish swirling/ around me.//

この写真で締めくくります。 ある嵐の日、海底に横たわり 魚の群れが側を泳いでいくのを 楽しみました。

And I was in a place/ that had only been protected about 20 years ago.//

そこは保護区となり まだ20年しか経っていません。

And I talked to divers/ that had been diving there/ for many years,/ and they said/ that the marine life was better here/ today/ than it was in the 1960s.//

長年ダイビングしてきた地元ダイバーの話を聞くと 今の海の状態は 60年代より良いと言っていました。

And that's/ because it's been protected,/ that it has come back.//

それは保護されたために 魚たちが戻って来たからです

So I think/ the message is clear.//

つまり、この話から明らかな事は

The ocean is,/ indeed,/ resilient and tolerant/ to a point,/ but we must be good custodians.//

海はある所までは寛大で、回復する力がありますが 私たちはしっかりと管理せねばなりません。

I became an underwater photographer/ because I fell in love/ with the sea,/ and I make pictures of it/ today/ because I want to protect/ it,/ and I don't think/ it's too late.//

私が海中写真家になったのは 海に恋したからです。 写真を撮るのは、海を守りたいからです。 今からでも遅くはないと思います。

Thank you very much.//

ご清聴ありがとうございました。

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

photographer

写真をとる人,(特にプロの)写真家

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

wildlife

野生生物(特に野生動物)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

cease

『やむ』,終わる

…'を'『やめる』,中止する

終止

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

frequently

『しばしば』,たびたび

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

compel

《『compel』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'『しいる』

(人に)…'を'『強要する』《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

towards

toward

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

environmental

環境の;自然環境の

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

natural history

博物学(動物学・植物学・鉱物学など自然物の研究を扱う)

coverage

(テレビ・ラジオ・新聞などの)報道;報道範囲

《a~おおう範囲;保険の補償範囲,補償金額

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

harp

たて琴,『ハープ』

たて琴を弾く

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

Canadian

『カナダの;カナダ人の』

『カナダ人』

arctic

『北極の』

極寒の(frigid)

〈U〉《the A-》北極(地方)

《複数形で》《米》(くるぶしの上までくる)防水靴

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

courtship

〈U〉(人・動物の)求愛

〈C〉求婚期間

pup

=puppy

(キツネ・オオカミ・アザラシなどの)子

〈雌犬が〉子犬を生む

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

backdrop

《米》(舞台の)背景幕(《また英》backcloth)

(物事の)背景;黒幕

transient

(また transitory)一時の,つかの間の,はかない

(人が)短期滞在の

(ホテルなどの)短期滞在客

pack ice

=ice pack

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

tide

〈U〉〈C〉『潮[の干満]』,(潮の干満によって起こる)潮流

〈C〉(世論などの)『風潮』,全体的傾向,形勢

〈C〉潮(のように押し寄せてくる…)《+of+名》

〈U〉《古》時,季節

《『tide over』+『名』》(困難・障害を)乗り切る

(難しい時期を)〈人〉を助けて乗り切らせる,‘に'なんとかやっていかせる《+名+over+名》

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

icy

『氷の』,氷で覆われた

『氷のように冷たい』

冷淡な,よそよそしい

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

hunt

〈野生の鳥・動物〉‘を'『狩る』,〈獲物のいる場所〉‘を'狩る,〈馬・犬など》‘を'狩猟に使う

〈物・仕事など〉‘を'捜す,見つけようとする

(…を求めて)〈場所〉‘を'くまなく捜す《+『名』+『for』+『名』》

(…から)…‘を'迫いやる《+『名』+『away』(+『away』+『名』)+『from』(off, out of』)+『名』》

『狩りをする』

(…を)捜し求める《+『for』(『after』)+『名』》

(…を求めて…を)くまなそ捜す《+『in』(『through』)+『名』+『for』+『名』》

『狩り』,狩猟;《英》キツネ狩り

狩猟隊(会)

(…の)捜索;追求《+『for』+『名』》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

mammal

哺(ほ)乳動物

slaughter

〈U〉(食肉用の)『屠殺』(とさつ),畜殺

〈C〉(人間・動物の)『大虐殺』;大量殺人

〈C〉《単数形で》《滋》完敗

(食肉用として)〈動物〉‘を'『屠殺する』,畜殺する(butcher)

〈多数の人〉‘を'虐殺する(massacre)

《話》(ゲームで)…‘を'完敗させる

planet

『惑星』,遊星

disturb

…‘を'『かき乱す』,騒がしくする

〈人〉‘を'『不安にする』,心配させる

〈人・行動・安眠など〉‘を'『邪魔をする』,妨害する(bother)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

aerial

《名詞の前にのみ用いて》空気の,大気の

航空の

空中に生長する

(空気のように)希薄な,軽やかな

アンテナ

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

historically

歴史的に,歴史上

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

mom

=mother

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

photo

『写真』[photographの短縮形]

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

umbilical cord

へその緒,臍帯(せいたい)

belly

『腹』,腹部(abdomen)

(物の)内側,内部(inside)

ふくれた部分,胴

前面[部],下面[部]

…'を'ふくらませる ふくらむ

frantically

狂気のように,死にもの狂いで

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

cover story

(雑誌で)表紙関連記事

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

degradation

(地位の)格下げ

(品位などの)下落

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

tuna

〈C〉(また tunny)マグロ

(また tunny, tuna fish)マグロの肉

shark

サメ,フカ

詐欺師,ぺてん師

《米俗》名人,達人

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

outlet

(水・煙などの)『出口』,はけ口《+『for』+『名』》

(感情・精力などの)『はけ口』《+『for』+『名』》

《米》(電気コードの)差し込口

(特定の商品の)販売口,販路《+『for』+『名』》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

photography

写真術

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

component

構成している,成分の

構成要素,成分

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

appreciation

〈U〉(…を)『正しく認識すること』,(…の)識別,評価《+『of』+『名』》

〈U〉《時にan~》(文学・芸術などの)理解,鑑賞;批評,論評《+『of』+『名』》

〈U〉(…に対する)感謝《+『for』+『名』》

〈U〉《時にa~》(価格の)騰貴

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

steak

『ステーキ』,(特に)ビフテキ(beefsteak);(料理用の肉・魚の)厚い切り身

chicken

〈C〉『ひよこ』,(一般に)ひな鳥

〈C〉《米》(一般に)鶏《英》fowl)

〈U〉ひな鳥の肉,鶏肉

〈C〉《米話》青二才;小娘

〈C〉《俗》おくびょう者

鶏肉の

小さい

《俗》おくびょうな

magnificent

『壮大な』,壮麗な

すばらしい,無類の

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

lion

『ライオン』,しし

(ライオンのように)勇猛な人

名士,人気者,花形

(英国の象徴としての)ライオン;しし紋

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

terrestrial

地球の・陸の・(動植物)陸生の・俗世の・現世の,この世の

counterpart

(正副2通のうちの)1通,副本,写し

対応する物(人);よく似た物(人)

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

practically

『実質的には』,『事実上』,ほとんど(almost)・『実際的に』,実用的に,実際的な方法で

equator

(地球・天体の)『赤道』

pole

(木製・金属性などの)『棒』,さお

(牛車・馬車の)ながえ

ボール(長さの単位,5.03メートル;面積の単位,25.3平方メートル)

…‘を'棒で動かす(押す,突く,たたく)

crisscross

十字形,十字模様

十字形(十文字)の

十字形に,十文字に

…‘に'十字を書く;…'を'交差する

縦横に動く,交差する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

weigh

…‘の'『重さを計る』

〈ある重さ〉‘を'『計量する』,計る

(…と比較して)…‘を'『検討する』,考慮する〈+名 against+名〉

『重さがある』,目方がかかる

(…にとって)『重要である』,(‥に)重要糸される〈+with+名〉

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

stock

〈C〉〈U〉(…の)『在庫品』,仕入れ品,ストック《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)貯蔵,蓄え《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『家畜』

〈U〉血統,家系,家柄

〈U〉〈C〉(動植物の)種属

〈U〉(スープ種・ソース種などに用いる)煮出し汁

〈U〉〈C〉《おもに米》(株式会社の)株,株式;〈C〉株券,《英》国債,地方債

〈U〉原料

〈C〉《複数形で》(刑罰用の昔の)さらし台

〈C〉(銃の)台じり

〈C〉(接ぎ木の)台木

〈C〉(接ぎ穂をとる)親株

〈C〉(植物の)幹,茎

〈C〉(錨(いかり)のリングの下の)横棒

〈C〉(劇場の)専属劇団[のレパートリー]

〈C〉アラセイトウ(春,赤紫色の花を開く)

(商品を)〈店など〉‘に'『仕入れる』,蓄える《+『名』〈店〉+『with』+『名』〈商品〉》

…‘を'『仕入れている』,貯蔵している

(家畜などを)〈農場など〉‘に'入れる,(…を)〈川・草地など〉‘に'放つ《+『名』〈農場など〉+『with』+『名』》

(…を)仕入れる,蓄える《+『up with』+『名』》

常に仕入れてある,常置の;標準の

ありふれた,陳腐な

在庫品を扱う

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

auction

〈C〉〈U〉『競売』,せり売り

〈U〉=auction bridge

〈物〉'を'競売にかける,せり売りする

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

warehouse

倉庫

〈商品など〉‘を'倉庫に入れる,貯蔵する

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

grocery

〈C〉《米》『食料品』[『雑貨』]『店』(《英》ではgrocer's, grocery shopなどが普通)

《複数形で》『食料』[『雑貨』]『品類』,乾物類

〈U〉食料品[雑貨]販売業

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

ca

circa

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

trawler

トロール漁船

トロール漁夫;《米》はえなわ釣りをする人

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

Mexico

メキシコ合衆国

shrimp

(食用の)小エビ

《俗》ちび,子供;取るに足りない人

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

assembly

〈C〉(特定の目的をもった)『集会』,『会合』,会議

《A-》(米国州議会の)下院

〈U〉(機械の)組立て;〈C〉組立て部品

tow

(ロープや鎖で)〈自動車など〉‘を'引く,引っ張って行く

〈C〉引くこと;〈U〉引かれている状態

〈C〉引かれて行く車(船)

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

precious

『高価な』;『貴重な』,大切な

『かけがえのない』,無駄にできない

『愛する』,いとしい(dear・beloved)

《話》《名詞の前にのみ用いて》《強調・皮肉に》とびきりの,大した

いやに気取った,凝り過ぎの

とても,非常に

かわいい人

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

sponge

〈C〉『海綿動物』

〈C〉〈U〉『海綿』,スポンジ;(一般に)海綿(スポンジ)状の物

〈C〉《比喩(ひゆ)的に》(海綿のように)何かをふんだんに吸収する人(物)

〈C〉《話》いそうろう,食客

〈C〉〈U〉(外科手術用の)ガーゼ帯

…‘を'海綿(スポンジ)で洗う(ぬらす,ふく)

〈液体〉‘を'海綿(スポンジなど)で吸い取る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《話》…‘を'せびり取る;…‘に'せびる

〈海綿などが〉液体を吸収する

《話》(人に)たかる《+『on』(『upon, off』)+『名』〈人〉》

coral

〈U〉サンゴ

〈C〉サンゴ細工

〈U〉サンゴ色,深紅色

サンゴ[製]の

サンゴ色の,深紅色の

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

habitat

(動・植物の)産地,生息地

fisherman

『漁夫』,漁師

(楽しみとして)釣りをする人;釣り人(びと)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

deck

『デッキ,甲板』

デッキ状の部分(バス・電車の床,トラックの荷台,電気装置の配置台など)

《おもに米》(カードの)1組(《英》pack)

《話》地面

(…で)…'を'飾る,装飾する《+『out』+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'美しくする,めかす《+『out』+『名』+『in』+『名』》

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

shovel

『シャベル』;パワーシャベル

(また『shovelful』)シャベル1杯[分](の…)《+『of』+『名』》

…‘を'シャベルですくう

(…の中に)〈道など〉‘を'シャベルで掘って作る

…‘を'シャベルですくうようにしてすくう

シャベルを使う

trash

価値のないもの,役に立たないもの

《米》廃品,くず,ごみ

くだらない話,駄作,ばかげた考え

《米》人間のくず,役立たず

cascade

(いく筋にもなって落ちる)小滝,(庭園などの)人工滝

滝状になった物

小滝となって(小滝のように)落ちる

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

bat

『コウモリ』

ray

『光線』;熱線;放射線

《a ~》(希望などの)一筋(ひとすじ),ごく少量《+『of』+『名』》

放射状に突き出たもの;(ヒトデなどの)腕

flounder

もがく,のたうつ

(当惑・混乱して)まごつく

つっかえつっかえ(…を)する《+『through』+『名』》

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

currently

現在は;広く,一般に

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

wrestle

(…と)『格闘する』,レスリングをする《+with+名》

(問題などと)『取り組む』;(疑念・良心などと)戦う《+with+名》

…‘と'レスリングをする,格闘する

レスリング,格闘;苦痛

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

resonate

〈音が〉反響する,鳴り響く

〈部屋などが〉共鳴する

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

thresher

麦打ちする人

(また threshing machine)脱穀機

(また thresher shark)オナガザメ

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

gill

《複数形で》(魚の)えら

《しばしば複数形で》菌褶(しゅう)(キノコのかさの裏面のひだ)

《しばしば複数形で》《話》〈人の〉うなじ

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

pectoral

胸の,胸部の

胸部

fin

(魚などの)ひれ

(形・働きが)ひれに似た物

(飛行機の)垂直安定板

《話》手,腕

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

crucifixion

〈C〉〈U〉十字架へのはりつけ

《the C-》キリストのはりつけ;〈C〉キリストのはりつけ絵

fishery

〈U〉漁業,水産業

〈C〉漁場;養魚場

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

somewhat

『幾分か』,少し

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

conservation

保存,(特に自然環境の)保護

Bahama

《複数扱い》バハマ諸島(米国Florida半島東南の群島)

《単数扱い》バハマ共和国(1973年バハマ連邦として独立)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

reasonably

理性的に;道理にかなって

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

outlaw

常習犯;無頼漢,無法者

(昔罰として)法律の保護を奪われた人,(社会からの)追放者

(…の理由で)…‘を'非合法とする,禁止する《+『名』+『for』+『名》

〈人〉‘から'法律の保護を奪う,‘を'法の外に置く

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

aggregate

…'を'集める

総計(…に)なる《+『to』+『名』》

集まった,総計の

集合体

〈U〉〈C〉(砂利など)骨材

《the ~》総計,総額

shallow

『浅い』

『浅薄な』,表面菜な

浅瀬

…‘を'浅くする

浅くなる

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

overly

過度に,あまりに

threatening

脅す,脅迫する

(空模様などが)険悪な,荒れそうな

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

probably

『たぶん』,『おそらく』

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

strobe

=stroboscope

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

respectful

礼儀正しい,ていねいな

elusive

(うまく)逃げる,捕まえにくい

理解しにくい,説明しにくい

hammerhead

シュモクザメ(頭部がハンマーの頭に似ている)

solitary

『ひとりぼっちの』

孤独な,一人でする

人の訪れのまれな,人里離れた

《名詞の前にのみ用いて》《通例否定・疑問文で》たった一つの,唯一の(single)

〈C〉独居者,隠者

〈U〉《話》=solitary confinement

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

datum

dataの単数形

既知の事実

deficient

欠陥のある,欠けた,不足した

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

Atlantic

『大西洋の』

《the ~》『大西洋』

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

oceanic

大洋の;《O-》大洋州(オセアニア)の

大洋に住む

大洋のような,巨大な

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

lists

(中世の)闘技場

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

pelagic

遠洋の,外洋に住む(で行う)

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

biologist

生物学者

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

lastly

最後に,結局

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

lemon

〈C〉;レモン;レモンの木

〈U〉レモン色(lemon yellow)

〈C〉《米》無価値な物;商品、製品などの「はずれ」・不良商品・欠陥商品・《英俗》だめな人,魅力のない物(人)

レモンの(入りの,色の)

protective

保護の,保護する;(…を)保護する《+『toward』+『名』》

mangrove

マングローブ,紅樹林(燃帯の川や海辺に密生する)

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

swimming

〈U〉『水泳』

〈C〉めまい

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

reef

[暗]礁,岩礁,砂州(さす)

bulldoze

…'を'ブルドーザーで動かす(掘る,ならす)

《話》〈事〉'を'無理に押し通す;(…するように)〈人〉に無理じいする《+『名』+『into』 do『ing』》

golf course

ゴルフコース

resort

《『resort』『to』+『名』(do『ing』)+『for』+『名』》(…に…を)やむを得ず訴える(頼る)

《『resort』 『to』+『名』》(…へ)よく行く,しげしげと通う

〈C〉『行楽地』,『保養地』

〈C〉(人が)よく集まる場所《+『of』+『名』》

〈C〉頼りになる人(物),頼みの網

〈U〉(…に)頼ること,訴えること《+『to』+『名』》

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

flagship

旗艦(将官旗を掲げた司令官の乗っている軍艦)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

turtle

海ガメ

crawl

(腹ばいで)『はう』,はって進む

〈人・乗物・時間・仕事などが〉『のろのろと進む』

(はい回む虫などで)うじゃうじゃしている,うようよしている《+『with』+『名』》

(虫がはっているかのように)むずむずする

《話》(人に)取り入る《+『into』+『名』》

《a ~》はうこと;のろのろ歩き,徐行

《通例the ~》クロール泳法

moonlight

『月光』,月明かり

月光に照らされた,月明かりによる(moonlit)

《米話》(定職のほかに)(…として)夜間のアルバイトをする《+『as』+『名』》

lineage

血統,家系

《集合的に》子孫,一族

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

nest

(鳥・昆虫・魚類・小動物などの)『巣』,巣穴

《集合的に》巣の中の鳥(動物など),(昆虫などの)群れ

居ごこちよい場所,落ちつける場所

(犯罪などの)温床;(悪党などの)巣窟(そうくつ)

(入れ子式・重箱式などになった物の)一組,一そろい《+『of』+『名』》

巣を作る,巣ごもる

…‘を'巣に入れる

(巣に入れるように)…‘を'すっぽり収める

…‘を'入れ子式にする,重ね合わせる

condominium

〈U〉〈C〉共同管理[地]

(また《話》『condo』)〈C〉《米》分譲アパート(マンション)

despite

…『にもかかわらず』

longevity

長生き,長寿

endangered

危険にさらされた

(動・植物が)絶滅寸前の

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

saltwater

塩水;海水

perilous

危険な,冒険的な:

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

maturity

成熟,円熟;完成

(手形などの)満期

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

vulture

ハゲタカ,コンドル

強欲な人,人を食いものにする人

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

predatory

(またpredaceous, predacious)(動物が)肉食の,生物を捕食する

(人が)人を食いものにする

offshore

沖に向かう

沖合いの

沖へ向かって

沖で,沖合いで

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

compensate

(…に対して)〈人〉‘に'『補償する』《+『名』+『for』+『名』》

〈損失など〉'を'『償う』

《米》…‘に'報酬(給与)を支払う

(損失などを)『償う』《+『for』+『名』》

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

clutch

…'を'『ぐいとつかむ』,しっかり握る

(…を)『つかもうとする』,握ろうとする《+『at』+『名』》

(…を)『ぐいとつかむこと』,しっかり握ること《+『at』+『名』》

《複数形で》(…の)『手中』,把握力,支配力《+『of』+『名』》

(自動車などの)クラッチ

《米話》《単数形で》重大な局面,危機

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

odds

(ある率で起こる)『可能性』,見込み

(競技などで弱いほうに与えられる)『有利な条件』(handicap)

(勝負などでの)『優勢』[の方],強み,勝ち目(advantage)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

permission

『許可』,承諾

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

charismatic

人を引きつける非凡な能力(影響力)のある,教祖的力のある

whale

鯨: 捕鯨に従事する 〔話〕 非常に大きい[すごい]もの (a ~ at [for, on] …の得意[熱心]な人)

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

calf

{C}『子牛』

〈C〉(象・鯨・アザラシ・鹿などの)幼獣

〈U〉=calfskin

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

brink

(がけ・河岸などの)『緑』

まぎわ

extinction

消滅(絶滅)すること,(火などが)消えること;(…を)消滅(絶滅)させること,(火などが)消すこと《+『of』+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

whaler

捕鯨船;捕鯨者

rebound

(…から)〈物体が〉はね返る《+『from』+『名』》

(自分に)〈したこと[の報]が〉はね返る《『on』(『upon』)one『self』》

はね返り

located

(…に)位置した,場所を構えた

farther

(距離的に)『さらに遠く』,もっと先に

(程度が)さらに,それ以上に

(距離的に)『さらに遠い』,もっと先の

(程度が)その上の,それ以上の

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

urban

都市(都会)の

都市に住む

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

ill

《補語にのみ用いて》『病気で』,気分が悪い(sick)

《名詞の前にのみ用いて》不十分な,好ましくない;正常でない

《名詞の前にのみ用いて》不運な,不吉な

《名詞の前にのみ用いて》(道徳的に)『悪い』,邪悪な,敵意(悪意)のある;不きげんな

《名詞の前にのみ用いて》『有害な』,悪い,損害を与える

『悪く』,不正に;残酷に

『意地悪く』,不親切に;不満足に,不十分に

ほとんど…ない(scarcely)

《分詞と共に複合語を作って》悪く,まずく,不完全に

〈U〉

悪,罪悪

〈U〉危害,災難

〈C〉《しばしば複数形》苦しみ(悩み)の種,不幸,病気

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

sunset

『日没』,日の入り

日没の時刻,

coal

〈U〉(物質としての)『石炭』;〈C〉(1個の)『石炭』;《複数形で》(燃料用に砕いた)石炭の小塊

〈C〉燃えている燃料;燃えさし

〈船・機関車など〉‘に'石炭を供給する(積み込む)

〈船などが〉石炭を補給する

burning

燃えている,焼けている

燃えるように熱い;強烈な

火急の,差し迫った

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

toxin

(特にバクテリアの)毒素

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

flush

〈顔が〉『赤らむ』,〈人が〉赤面する《+『up』》

〈水などが〉『どっと流れる』;水をどっと流す《+『out』》

《しばしば受動態で》〈顔など〉‘を'『赤くさせる』,〈人〉‘を'赤面させる

…‘に'水をどっと流す(流して洗う)

《受動態で》(成功などで)〈人〉‘を'興奮させる,得意がらせる《+『with』+『名』》

〈C〉(顔などの)『紅潮』,赤らみ

〈C〉(…の)興奮,得意《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(…の)はつらつさ,活気《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(水などが)激しく流れること,(…の)殺到《+『of』+『名』》

〈C〉洗浄,水洗い;(便所の)水洗

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

reproduction

〈U〉繁殖,生殖[作用]

〈U〉(…を)再生(再現)すること;模写(複製)すること《+『of』+『名』》

〈C〉再生(再現)された物,複写(複製)した物

entangle

(…に,…で)…‘を'『もつれさせる』,からませる《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

〈事態など〉‘を'『混乱させる』,紛糾(ふんきゅう)させる(confuse)

(困難などに)〈人〉‘を'『巻き込む』(involve)《+『名』+『in』+『名』》

gear

〈C〉(動力を伝動する)『歯車』,ギヤ

〈U〉歯車装置,伝動装置,ギヤ

〈U〉(特定の機能を果たす)装置

〈U〉(ある仕事・活動のための)道具一式

…‘に'ギヤ(伝動装置)を取り付ける

(…に)…‘を'かみ合わせる,連係させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)ギヤがかみ合う《+『into』+『名』》

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

marking

〈U〉(…に点・マークなどの)印をつけること;(…の)彩点《+『fo』+『名』》

〈C〉印,点;(鳥獣の皮・毛などの)はん点,模様

entanglement

〈U〉もつれさせること;〈C〉もつれ,紛糾

〈C〉からませるもの

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

shed

〈血・液など〉‘を'『流す』,こぼす

〈葉・毛・外皮など〉‘を'『自然に落とす』;〈衣服〉‘を'脱ぐ

〈光・香りなど〉‘を'放つ

〈布などが〉〈水〉‘を'はじく,通さない

〈動物などが〉脱毛する,脱皮する

〈葉が〉落ちる

lobster

ウミザリガニ(はさみのある大えび);(日本でいう)伊勢えびなど

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

crab

〈C〉カニ;〈U〉カニの肉・〈C〉巻き揚げ機・〈C〉《話》気むずかし屋・カニをとる・《話》ぶつぶつ不平を言う・…'を'ふくれさせる・= crab louse(毛ジラミ)

pot

〈C〉(金属・陶器・ガラス製などの)『つぼ』,かめ,鉢(はち);深なべ・〈C〉びん・つぼ・かめ・なべなどの)1杯分(の分量)《+『of』+『名』》

〈C〉室内用便器(chamber pot)

〈C〉《話》優勝カップ

〈U〉《the pot》《おもに米》(ポーカーなどの)1回の総賭(か)け金

〈C〉《しばしば複数形で》《話》多額[の金]

〈U〉《the pot》《米》(仲間が共同で使えるように出し合う)基金

〈C〉《話》《おもに英》お偉方,大物

〈U〉《属》マリファナ(marijuana)

=potbelly

〈植物〉‘を'鉢植えにする

〈食物〉‘を'容器に入れて保存する

(食用・スポーツとして)〈獲物〉‘を'撃ち殺す

《話》〈子供〉‘を'室内便器に坐らせる

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

Nova Scotia

ノウァスコシア(カンダ南東部の半島,またその州)

confirm

〈情報・所信など[の正しさ]〉'を'『覚証する』,立証する

〈約束など〉'を'『確認する』;〈条約など〉'を'承認する,批判する

〈決意など〉'を'『強める』

(…の点で)〈人〉‘に'確信を持たせる,‘の'気持ちを強くさせる《+『名』+『in』+『名』》

〈人〉‘に'堅信礼(confirmation)を行う

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

beleaguer

…'を'包囲する

(荷回にもわたるおどし・要求などで)〈人〉'を'しつこく悩ませる

pristine

原始時代の;元の

純な,汚されていない

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

New Zealand

『ニュージーランド』(オーストラリア南東方の英国自治領;南北両島から成る;首都Wellington;《略》『N.Z.』)

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

pilgrim

(…への)『巡礼者』《+『to』+『名』》

(一般に)重要な長旅をする人

《P-》Pilgrim Fathersの一人

Plymouth

プリマス 英国南西岸の港市・軍港;1620年メイフラワー号の出航地

1620年メイフラワー号に乗った英国の清教徒が初めて上陸した米国東岸の港

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

cape

ケープ(婦人服の短いそでなし外とう)

cod

=codfish 1

bay

『湾』,『入り江』

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

progressive

(行列などが)『前進する』,進んで行く

(事態が)進展する,進行する

『進歩的な』,革新的な

(病気・暴力などが)次第に悪くなる(広がる)

(課税が)累進的な

(文法で)進行[形]の

進歩的な人,革新主義者

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

abundance

(あり余るほど)『たくさん』,『豊富』;《an~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

resilience

はね返り;弾力[性]

(病気や不幸などからの)回復

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

snapper

〈C〉パチンと鳴る物;がみがみ言う人

フエダイ(大型の海産魚)

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

predate

…‘を'実際の日付より前にする

…‘わり'早く起こる

sea urchin

(海産動物の)ウニ

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

urchin

いたずら小僧,わんぱく小僧

=sea urchin

behold

…'を'見る,ながめる;注視する

見よ(look)

kelp

ケルプ(コンブ・アラメなど大形の海草の総称)

ケルプ灰(ヨードを含む)

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

equilibrium

(力・勢力・作用などの)釣り合い,均衡;(心の)平静

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

colony

『植民地』

植民団,居留民;(外国人の)集団居留地

(同ど人種・宗教・職業などの人たちが住む)『集団』,部落

(動物・鳥・虫などの)集団;(生物の)群体,群落《+『of』+『名』》

《the Colonies》アメリカ合衆国を形成した13州のイギリス植民地

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

dash

《副詞[句]を伴っで》『突進する』

(…に)『衝突する』,激しくぶつかる《+『against』(『into, onto』)+『名』》

(…に)…'を'『打ちつける』,投げつける《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》;…‘に'打ちつける

〈元気・希望など〉'を'くじく,〈人〉'を'落胆させる(depress)

(…に)〈木など〉'を'ぶっ掛ける,浴びせる《+『名』+『in』(『on, over』)+『名』》;(水などを)…‘に'ぶっかける《+『名』+『with』+『名』》

〈C〉《a~》(…への)『突進』,疾走(rush)《+『at』(『for』)+『名』》

《the~》短距離競走

《the~》(…に)打ちつける音《+『against』(『on』)+『名』》

〈C〉(元気・希望などを)くじくもの,(…の)障害《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(混合・添加する)(…の)少量《+『of』+『名』》

〈U〉映気;(…する)気力《+『to』 do》

〈C〉ダッシュ(一の符号)

〈C〉モールス信号の長音

warmer

暖めるもの,加温器

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

sting

〈動植物が〉(針・とげなどで)…‘を'『刺す』

〈神・舌など〉‘を'『ひりひりさせる』,ちくちくさせる

〈人〉‘の'『心を苦しめる』

〈人〉‘を'刺激して(…)させる,駆りたてて(…)させる《+『名』+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

《俗》(…という大金を)〈人〉‘から'だまし取る,ぼる,《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

〈ハチなどが〉『刺す』

〈体の一部が〉刺すように痛む

〈香辛料などが〉ひりひりした味方がする

苦しむ,いらいらする;〈つらい事などが〉心を苦しめる

〈C〉『刺すこと』

〈C〉〈U〉『刺し傷』,刺された痛み

〈C〉〈U〉(心・体の)激しい痛み

〈C〉皮肉,あてこすり

〈C〉(ハチなどの)針,(ヘビなどの)毒牙,(バラなどの)とげ

canyon

峡谷(米国西部やMexicoなどの乾燥地帯に多い)

ecosystem

生態系

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

encrust

〈堅い外皮・表面が〉…‘を'覆う

《受動態で》(宝石などで)…‘を'ちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

graze

〈家畜が〉『牧草を食う』,草を食う

〈家畜が〉(草などを)食(は)む《+『on』+『名』》

〈家畜〉‘に'『牧草を食べさせる』;〈家畜〉‘を'放牧する

〈草原〉‘を'牧場に使う

〈家畜が〉〈生草〉‘を'食う

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

stormy

『あらしの』,暴風雨の,あらしになりそうな

(感情・言動が)『激しい』

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

amidst

《文》=amid

diver

水に飛び込む人

『海女』(あま),『潜水夫』;ダイビング競技の選手

水に潜る鳥(loon, grebeなど)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

resilient

はね返る;弾性のある

すぐ元気を取りもどす

tolerant

寛大な,寛容な;(…に)寛大な《+of(to)+名》

(薬品・毒物などの作用に)耐性がある,抵抗力のある

custodian

管理人;保管者;守衛

関連動画