TED日本語 - ヘールト・チャトロウ: ちょっと聞いたことのない口笛の妙技

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

口笛の世界チャンピオンであるヘールト・チャトロウが、TEDxRotterdamでA・ホンホフの気まぐれな曲「エレオノーラ」と、彼自身の曲「美の饗宴」を披露します。そして素敵な幕間の語りでは、彼がこの道へと導かれた顛末を聞かせてくれます。

Script

(口笛)

(拍手)

ありがとうございます (拍手) どうもありがとうございます 口笛をお聞きいただきました どうにか英語でお話ししようとしています 「なんだこの丸ぽちゃ巻き毛のオランダ人は? なんで口笛吹いてるんだ?」 そう お思いかもしれませんね 私は実際4歳の頃から口笛ばかり吹いていました 父はいつも家で口笛を吹いていて 私はそれをコミュニケーションの一種だと思い 一緒になって口笛を吹いていたのです そして34になった私はいつも 口笛で周りの人を煩わせ 苛立たせていました 正直 私の口笛は ちょっと常軌を逸していました 1人の時も口笛 教室でも口笛 自転車に乗っても口笛 どこにいても口笛を吹いていたのです

義姉の家でクリスマスパーティがあったときにも 口笛を吹いていました 彼らのかけるクリスマス音楽は 私に言わせると ひどいものでした そして気に入らない曲を聴くと もっと改善してやろうと思うのです 「赤鼻のトナカイ」はご存じですね? (口笛) これは こんな風にだってできるのです (口笛) でもクリスマスの ディナーの場では 耳障りだったようです それで義姉に何度か 「口笛やめてくれない?」と注意されました でもやめられなかったのです そしてワインで酔っていたこともあって 「もし口笛コンテストがあったら出てやるのにな」と言いました

その2週間後に義姉から メールを受け取りました 「アメリカには行くのよね?」 (笑) 「アメリカなら行ってみたいけど なんでまた?」 不思議に思って電話しました 義姉はGoogleで調べて 世界口笛選手権が アメリカであるのを見つけたのです 義姉は私が行くとは思っておらず 私は顔をなくすことになるわけです 英語で正しい言い方なのか分かりませんが オランダ人なら言いたいこと分かりますよね (笑) 私は顔をなくすのです

(拍手) 「本当に行くわけがない」と思っているので 行ってやることにしました ノースカロライナ州ルイスバーグ アメリカの南東部にある町です そして「口笛の世界」に参加し 口笛世界選手権2004に出場して 優勝しました (拍手)

もちろんそれは すごく楽しい経験でした そして柔道家やスポーツマンみたいに タイトルを防衛するため 2005年にも参加して また優勝しました その後何年かは参加できなかったのですが 2008年に東京であった大会に また参加して 再び優勝しました そして今 この美しい街ロッテルダムで 大きなステージに立ち 口笛の話をしているわけです 実際私は口笛で収入を得るようになり 看護師の仕事は辞めました (拍手) そして夢にかけようとしています・・・ 別に夢じゃなかったんですが そう言うと何かかっこいいでしょう?

(笑)

さて 口笛を吹くのは私だけじゃありませんよ 「どういう意味?」とお思いですか? 皆さんにも一緒に吹いていただきます こう言うといつも同じ反応が起きます 互いに顔を見合わせて 「おいおい 勘弁してくれよ」と思うのです 駄目 逃げられませんよ 実際簡単です 吹くのは 「美の饗宴」という 80分ほどの曲です 冗談です 4分の曲です 最初にちょっと口笛の練習をしましょう こう吹いてください

(口笛) (笑) すいません 1つ言い忘れていました 私と音程を合わせてください (笑) 随分いろんな音がありましたよ (口笛)

すごく有望ですね 有望ですよ 技師の方に音楽をスタートしてもらいましょう 始まったら 口笛を吹く部分をお教えします どうなるかお楽しみ おっと しまった 技師は私でした

(笑) いつもやってもらっていたものですから 自分でやります さあ 始めましょう (笑)

(音楽)

(口笛)

どうぞ

(口笛)

簡単でしょう

(口笛)

ここからソロです 私が吹かせていただきます

(口笛)

(拍手)

口笛世界チャンピオンのヘールト・チャトロウでした

どうもありがとうございました

(Whistling)

(Applause)

Thank you. (Applause) Thank you very much. That was whistling. I'm trying to do this in English. What is a chubby, curly-haired guy from Holland -- why is he whistling? Well actually, I've [ been ] whistling since the age of four, about four. My dad was always whistling around the house, and I just thought that's part of communication in my family. So I whistled along with him. And actually, till I was 34, I always annoyed and irritated people with whistling, because, to be honest, my whistling is a kind of deviant behavior. I whistled alone. I whistled in the classroom. I whistled on [ my ] bike. I whistled everywhere.

And I also whistled at a Christmas Eve party with my family-in-law. And they had some, in my opinion, terrible Christmas music. And when I hear music that I don't like, I try to make it better. So "Rudolph the Red-Nosed Reindeer" -- you know it? (Whistling) But it can also sound like this. (Whistling) But during a Christmas party -- at dinner actually -- it's very annoying. So my sister-in-law asked me a few times, "Please stop whistling." And I just couldn't. And at one point -- and I had some wine, I have to admit that -- at one point I said, "If there was a contest, I would join."

And two weeks later I received a text message: "You're going to America." (Laughter) So, okay, I'm going to America. I would love to, but why? So I immediately called her up, of course. She Googled, and she found this World Whistling Championship in America, of course. She didn't expect me to go there. And I would have lost my face. I don't know if that's correct English. But the Dutch people here will understand what I mean. (Laughter) I lost my face.

(Applause) And she thought, "He will never go there." But actually I did. So I went to Louisburg, North Carolina, southeast United States, and I entered the world of whistling. And I also entered the world championship, and I won there in 2004. (Applause)

That was great fun, of course. And to defend my title -- like judokas do and sportsmen -- I thought, well let's go back in 2005, and I won again. Then I couldn't participate for a few years. And in 2008 I entered again in Japan, Tokyo, and I won again. So what happened now is I'm standing here in Rotterdam, in the beautiful city, on a big stage, and I'm talking about whistling. And actually I earn my money whistling at the moment. So I quit my day job as a nurse. (Applause) And I try to live my dream -- well, actually, it was never my dream, but it sounds so good.

(Laughter)

Okay, I'm not the only one whistling here. You say, "Huh, what do you mean?" Well actually, you are going to whistle along. And then always the same thing happens: people are watching each other and think, "Oh, my God. Why? Can I go away?" No, you can't. Actually it's very simple. The track that I will whistle is called "Fete de la Belle." It's about 80 minutes long. No, no, no. It's four minutes long. And I want to first rehearse with you your whistling. So I whistle the tone.

(Whistling) (Laughter) Sorry. I forgot one thing. You whistle the same tone as me. (Laughter) I heard a wide variety of tones. (Whistling)

This is very promising. This is very promising. I'll ask the technicians to start the music. And if it's started, I just point where you whistle along, and we will see what happens. Oh, hah. I'm so sorry, technicians.

(Laughter) I'm so used to that. I start it myself. Okay, here it is. (Laughter)

(Music)

(Whistling)

Okay.

(Whistling)

It's easy, isn't it?

(Whistling)

Now comes the solo. I propose I do that myself.

(Whistling)

(Applause)

Max Westerman: Geert Chatrou, the World Champion [ of ] Whistling.

Geert Chatrou: Thank you. Thank you.

(口笛)

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

(Applause) Thank you very much.//

(拍手) どうもありがとうございます

That was/ whistling.//

口笛をお聞きいただきました

I'm trying to do/ this/ in English.//

どうにか英語でお話ししようとしています

What is a chubby, curly-haired guy/ from Holland --/ why is he whistling?//

「なんだこの丸ぽちゃ巻き毛のオランダ人は? なんで口笛吹いてるんだ?」 そう お思いかもしれませんね

Well actually,/ I've [ been ]/ whistling since the age of four,/ about four.//

私は実際4歳の頃から口笛ばかり吹いていました

My dad was always whistling around the house,/ and I just thought/ that's part of communication/ in my family.//

父はいつも家で口笛を吹いていて 私はそれをコミュニケーションの一種だと思い

So I whistled along with him.//

一緒になって口笛を吹いていたのです

And actually,/ till I was 34,/ I always annoyed/ and irritated people/ with whistling,/ because,/ to be honest,/ my whistling is a kind of deviant behavior.//

そして34になった私はいつも 口笛で周りの人を煩わせ 苛立たせていました 正直 私の口笛は ちょっと常軌を逸していました

1人の時も口笛 教室でも口笛

I whistled on [ my ]/ bike.// I whistled everywhere.//

自転車に乗っても口笛 どこにいても口笛を吹いていたのです

And I also whistled at a Christmas Eve party/ with my family-in-law.//

義姉の家でクリスマスパーティがあったときにも 口笛を吹いていました

And they had some,/ in my opinion,/ terrible Christmas music.//

彼らのかけるクリスマス音楽は 私に言わせると ひどいものでした

And when I hear music/ that I don't like,/ I try to make/ it better.//

そして気に入らない曲を聴くと もっと改善してやろうと思うのです

So "Rudolph/ the Red-Nosed Reindeer" --/ you know it?//

「赤鼻のトナカイ」はご存じですね?

(Whistling)/ But it can also sound like this.//

(口笛) これは こんな風にだってできるのです

(Whistling) But during a Christmas party --/ at dinner actually --/ it's very annoying.//

(口笛) でもクリスマスの ディナーの場では 耳障りだったようです

So my sister-in-law asked me/ a few times,/ "Please stop whistling."//

それで義姉に何度か 「口笛やめてくれない?」と注意されました

And I just couldn't.//

でもやめられなかったのです

And at one point --/ and I had some wine,/ I have to admit/ that --/ at one point/ I said,/ "If there was a contest,/ I would join."//

そしてワインで酔っていたこともあって 「もし口笛コンテストがあったら出てやるのにな」と言いました

And two weeks later/ I received a text message:/ "You're going/ to America."//

その2週間後に義姉から メールを受け取りました 「アメリカには行くのよね?」

(Laughter) So,/ okay,/ I'm going/ to America.//

(笑) 「アメリカなら行ってみたいけど

I would love to,/ but why?//

なんでまた?」

So I immediately called her up,/ of course.//

不思議に思って電話しました

She Googled,/ and she found this World Whistling Championship/ in America,/ of course.//

義姉はGoogleで調べて 世界口笛選手権が アメリカであるのを見つけたのです

She didn't expect me/ to go there.//

義姉は私が行くとは思っておらず

And I would have lost my face.//

私は顔をなくすことになるわけです

I don't know/ if that's correct English.//

英語で正しい言い方なのか分かりませんが

But the Dutch people here will understand/ what I mean.//

オランダ人なら言いたいこと分かりますよね

(Laughter)/ I lost my face.//

(笑) 私は顔をなくすのです

(Applause)/ And she thought,/ "He will never go there."//

(拍手) 「本当に行くわけがない」と思っているので

But actually/ I did.//

行ってやることにしました

So I went to Louisburg,/ North Carolina,/ southeast United States,/ and I entered the world of whistling.//

ノースカロライナ州ルイスバーグ アメリカの南東部にある町です そして「口笛の世界」に参加し

And I also entered the world championship,/ and I won there/ in 2004.//

口笛世界選手権2004に出場して 優勝しました

(拍手)

That was great fun,/ of course.//

もちろんそれは すごく楽しい経験でした

And to defend my title --/ like judokas do and sportsmen --/ I thought,/ well let's go back/ in 2005,/ and I won again.//

そして柔道家やスポーツマンみたいに タイトルを防衛するため 2005年にも参加して また優勝しました

Then/ I couldn't participate for a few years.//

その後何年かは参加できなかったのですが

And in 2008/ I entered again/ in Japan,/ Tokyo,/ and I won again.//

2008年に東京であった大会に また参加して 再び優勝しました

So/ what happened/ now is I'm standing here/ in Rotterdam,/ in the beautiful city,/ on a big stage,/ and I'm talking/ about whistling.//

そして今 この美しい街ロッテルダムで 大きなステージに立ち 口笛の話をしているわけです

And actually/ I earn my money/ whistling at the moment.//

実際私は口笛で収入を得るようになり

So I quit my day job/ as a nurse.//

看護師の仕事は辞めました

(Applause)/ And I try to live/ my dream --/ well,/ actually,/ it was never my dream,/ but it sounds so good.//

(拍手) そして夢にかけようとしています・・・ 別に夢じゃなかったんですが そう言うと何かかっこいいでしょう?

(笑)

Okay,/ I'm not the only one/ whistling here.//

さて 口笛を吹くのは私だけじゃありませんよ

You say,/ "Huh,/ what do you mean?"//

「どういう意味?」とお思いですか?

Well actually,/ you are going to whistle along.//

皆さんにも一緒に吹いていただきます

And then always/ the same thing happens:/ people are watching each other/ and think,/ "Oh,/ my God.//

こう言うといつも同じ反応が起きます 互いに顔を見合わせて

Why?// Can I go away?"//

「おいおい 勘弁してくれよ」と思うのです

No, you can't.//

駄目 逃げられませんよ

Actually/ it's very simple.//

実際簡単です

The track/ that I will whistle/ is called "Fete de la Belle."//

吹くのは 「美の饗宴」という

It's about 80 minutes long.//

80分ほどの曲です

No, no,/ no.// It's four minutes long.//

冗談です 4分の曲です

And I want to first rehearse/ with you/ your whistling.//

最初にちょっと口笛の練習をしましょう

So I whistle the tone.//

こう吹いてください

(Whistling) (Laughter)/ Sorry.// I forgot one thing.//

(口笛) (笑) すいません 1つ言い忘れていました

You whistle the same tone/ as me.//

私と音程を合わせてください

(Laughter)/ I heard a wide variety of tones.//

(笑) 随分いろんな音がありましたよ

(口笛)

This is very promising.//

すごく有望ですね

This is very promising.//

有望ですよ

I'll ask the technicians/ to start the music.//

技師の方に音楽をスタートしてもらいましょう

And/ if it's started,/ I/ just point/ where you whistle along,/ and we will see/ what happens.//

始まったら 口笛を吹く部分をお教えします どうなるかお楽しみ

Oh,/ hah.//

おっと しまった

I'm so sorry,/ technicians.//

技師は私でした

(Laughter)/ I'm so used to that.//

(笑) いつもやってもらっていたものですから

I start it/ myself.//

自分でやります

Okay,/ here/ it is.//

さあ 始めましょう

(笑)

(Music)//

(音楽)

(口笛)

どうぞ

(口笛)

It's easy,/ isn't it?//

簡単でしょう

(口笛)

Now comes the solo.// I propose/ I do that myself.//

ここからソロです 私が吹かせていただきます

(口笛)

(拍手)

Max Westerman:/ Geert Chatrou,/ the World Champion [ of ]/ Whistling.//

口笛世界チャンピオンのヘールト・チャトロウでした

Geert Chatrou:/ Thank you.// Thank you.//

どうもありがとうございました

whistle

『口笛を吹く』;口笛を吹いて合図する

『口笛のような音を出す』;笛を鳴らす;〈鳥が〉ピーピー鳴く

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈弾丸・風などが〉『ピューと音を立てて飛ぶ』,ヒューと吹く

〈曲など〉‘を'『口笛で吹く』

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘に'『口笛で合図をする』

〈矢・銃弾など〉‘を'ヒヴーと放つ

〈C〉『口笛;警笛』,汽笛;ホイッスル

〈U〉〈C〉(笛・風・鳥などの)ピューという音《+of+名》

applause

『拍手かっさい』;称賛

whistling

口笛(笛)を吹くこと;ピュー(ヒュー)と鳴る音

chubby

(人・顔などが)丸々と太った,丸ぽちゃの

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

Holland

『オランダ』(王国で公式にはthe Netherlands)

〈U〉《h-》オランダ布(ブラインドなどに用いる目のあらい麻布)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

dad

『おとうちゃん』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

annoy

《しばしば受動態で》〈物事が〉…'を'『困らせる』,悩ませる,いらいらさせる

irritate

…‘を'『怒らせる』,『いらだたせる』

…‘を'刺激する;…‘に'炎症を起こさせる

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

deviant

(基準から)外れた,逸脱した,異常な

常軌を逸した物(人),(特に)性欲倒錯者

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

classroom

『クラスルーム』,教室

bike

=bicycle

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

Christmas Eve

クリスマスイブ(12月24日)

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

Christmas

(また『Christmas Day』)『クリスマス』,キリスト降誕祭(12月25日)

=Christmastide

reindeer

トナカイ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

annoying

迷惑な,うるさい

sister-in-law

義理の姉(妹),兄(弟)の妻

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

couldn't

=could not

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

wine

〈U〉〈C〉『ワイン』,ぶどう酒

〈U〉〈C〉(種々の)果実酒

ワインカラー,赤紫色

〈人〉‘を'ワインでもてなす

ワインカラーの,赤紫色の

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

contest

『争い』,闘争

『競争』,競技,コンテスト

(手に入れようと)…'を'『争う』(fight for)

…‘に'異議を唱える,反論する

(…を争って…と)競争する《+『with』(『against』)+『名』》

(…と)議論する《+『with』(『against』)+『名』》

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

laughter

『笑い』,笑い声

okay

=OK,O.K.

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

championship

〈C〉優勝者の地位(名誉)

《しばしば複数形で》《単数扱い》選手権試合

〈U〉(自由・権利などの)擁護

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

Dutch

『オランダの』

オランダ人(語)の

〈U〉『オランダ語』

《the ~》《集合的;複数扱い》『オランダ人』

North Carolina

ノースカロライナ州(米国南東部大西洋岸の州;州都はRaleigh;《略》『N.C.,NC』)

southeast

〈U〉《the ~》『南東』(《略》『SE,S.E.』)

《the ~》南東地域,南東部;《the S-》米国南東部

南東へ向かう

(風が)南東からの

南東へ(に)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

sportsman

『運動家』,スポーツマン;運動好きの人

『スポーツマンシップのある人』,正々堂々とやる人

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

Rotterdam

ロッテルダム(オランダの港市)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

huh

ふん,へえ;えっ(驚き・軽べつ・質問などを表し,鼻にかけて発音する)

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

fete

(特に戸外での)祝祭,祭り;祝宴,もてなし

〈客など〉‘の'ために祝宴を催す

la

ラ(全音階の第6音)

belle

美女,美人;(会合などで)一番の美人[もとフランス語]

rehearse

(公演前に)…‘を'けいこする,リハーサルをする

〈俳優など〉‘に'けいこをつける

《文》…‘を'詳しく述べる,物語る

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

promising

『前途有望な』,見込みのある,期待できる

technician

(科学・職業上の)専門家,専門技術者

(音楽・美術などの)技巧派

hah

=ha

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

solo

独唱曲,独奏曲;独唱,独奏,ソロ

(一般に)一人で行う演技や行為

単独飛行

独唱の,独奏の;一人でする

独唱で,独奏で;一人で

一人でする

単独飛行する

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

champion

〈C〉(競技の)『優勝者』;最優秀賞をとった人(動物)

(主義・主張のために戦う)『闘士』

優勝した,最優秀賞をとった

《英話》とびきりの,この上ない

この上なく

…‘の'ために戦う

関連動画