TED日本語 - サニー・ブラウン: 落書きする人、集まれ!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

研究によると、スケッチや落書きは私たちの理解力や独創的な思考力を高めることが示されています。ではなぜ私たちは未だに会議中に落書きしているのを見られると恥ずかしく思うのでしょうか? サニー・ブラウンは「落書きする人、集まれ!」のかけ声の元、紙とペンで頭は活性化できると主張しています。

Script

私自身のことをお話しします 私は大人を対象に 視覚言語や落書きの 仕事への活用術を教えています そういうことに抵抗を持つ人がよくいます 知的でなく 真剣な学習に そぐわないと思われているのです でも私はそうは思いません 落書きというのは 私たちの情報処理能力や 問題解決能力に対して 大きな影響を与えるからです

落書きに対する社会の認識と現実との間に なぜこんなズレがあるのか 不思議に思いました そして非常に興味深いことを発見しました 実際“doodle”(落書き)という言葉ほど ひどい意味を持たされてきた言葉もありません 17世紀には「マヌケ」「愚か者」の意味でした ヤンキー・ドゥードゥルという歌がありますね 18世紀には動詞となり 「だまし取る」「笑いものにする」「からかう」といった意味でした 19世紀には「汚職政治家」を表していました そして今日では 史上最も不快な定義だと 個人的には思えるのですが “doodle”の公式の定義は 「無駄に時間を過ごす」「ぐずぐずする」 「ブラブラする」「無意味なことを描く」 「価値や実質のないことをする」 といったことであり その中でも 私のお気に入りの定義は 「何もしない」です そりゃみんな職場で“doodle”したくないわけです 職場で何もしないのは 職場でエッチするのと同様

まったく不適切なことです (笑)

また恐ろしい話も耳にします 教室で落書きすると先生に叱られ 会議室での落書きは上司に叱られます 学習の場において落書きすべきではないという 強い文化的規範があるのです 残念ながらマスコミも この規範を後押ししています 例えば公聴会で重要人物が 落書きなどしていようものなら マスコミはいつも「発見した」 「捉えた」「発覚した」などと それが犯罪ででもあるかのように報道します

心理学的にも落書きが嫌われる理由があります フロイトのおかげです 1930年代にフロイトは 落書き内容から 精神分析が可能だと 主張したのです これは正確ではありません しかし2005年のダボス会議で ブレア首相の落書きが「発見」され 誇大妄想的などと分析されました 後にその落書きはビル・ゲイツのものだったと分かりました (笑) ここにいらっしゃるかわかりませんが? ゲイツさん 誰もあなたを誇大妄想だなんて思ってませんから そういったことのお陰で みんな落書きを見せたくないのです

本当のことを話しましょう 私が思うに 私たちの文化では言語情報が あまりに重視されているため 落書きの価値がほとんど見えないのです 私はこれに不満で 正しい考えを 広めなければと思い 皆さんを真実へお連れしようと ここに来ました その真実とは 落書きは非常に強力なツールであり 私たちはそれを思い出し 学び直す必要があるということです

“doodle”を新たに定義してみましょう この場に辞書出版社の方がいれば 後でお話をしたいものです “doodle”の本当の定義は 「思考を促すため 思いのままに描くこと」です だから何百万もの人が落書きするんです 他にも面白い事実があります 言語情報を聞いているときに 落書きをする人は しない人より多くのことを記憶しています 落書きは気が散るとする事だと 思われていますが むしろそれは 気が散るのを予防する方法なんです さらに独創的な問題解決や 難解な情報処理をする際にも 大きな効果があります

学習者が 判断のための 情報を得る方法は4通りあります 視覚的なもの・聴覚的なもの ・読み書き・体を使うことの4つです 私たちが情報をよく検討し それを基に行動を起こすには この中の少なくとも2つの方法を使うか 1つの方法を感情的経験と 組み合わせる必要があります 落書きの素晴らしい点は 4つの方法を同時に実行でき 感情にも訴えうるということです 大したことではないでしょうか 「何もしない」に等しいと見なされていることにしては

かなりオタクっぽいですが これは 初めて知った時にとても感動した話です 子どもの芸術的発展過程について 文化人類学的調査が行われたのですが 時代や地域を問わず 子どもの視覚的知性は同じ発展を辿る ということが分かりました 言いかえると 子どもは 複雑に発展する視覚言語を共有しており その過程は予測可能だということです これはすごいことだと思います 落書きは人間に生来のものなのに 私たちはその本能を否定しているのです 最後に あまり知られてないことですが 最も偉大な文化遺産の中には 落書きが元となったものがあります 1つだけ紹介しますが これはグッゲンハイム・アブダビの元となったものです

要点をまとめましょう どんなことがあっても 落書きを 教室や会議室や作戦司令室から 排除すべきではありません それどころか 情報量が多く 情報処理の必要が 大きな状況でこそ まさに落書きを活用すべきなんです さらに言わせてもらうと 落書きはどこででもすることができ 近寄りがたい芸術とは違います 落書きは 人々の視覚的理解力を高めるための 入り口として活用することができます 皆さん 落書きは決して 知的思考の宿敵なんかではありません むしろ最高の味方なのです

ありがとうございました (拍手)

So I just want to tell you my story. I spend a lot of time teaching adults how to use visual language and doodling in the workplace. And naturally, I encounter a lot of resistance, because it's considered to be anti-intellectual and counter to serious learning. But I have a problem with that belief, because I know that doodling has a profound impact on the way that we can process information and the way that we can solve problems.

So I was curious about why there was a disconnect between the way our society perceives doodling and the way that the reality is. So I discovered some very interesting things. For example, there's no such thing as a flattering definition of a doodle. In the 17th century, a doodle was a simpleton or a fool -- as in Yankee Doodle. In the 18th century, it became a verb, and it meant to swindle or ridicule or to make fun of someone. In the 19th century, it was a corrupt politician. And today, we have what is perhaps our most offensive definition, at least to me, which is the following: To doodle officially means to dawdle, to dilly dally, to monkey around, to make meaningless marks, to do something of little value, substance or import, and -- my personal favorite -- to do nothing. No wonder people are averse to doodling at work. Doing nothing at work is akin to masturbating at work; it's totally inappropriate.

(Laughter)

Additionally, I've heard horror stories from people whose teachers scolded them, of course, for doodling in classrooms. And they have bosses who scold them for doodling in the boardroom. There is a powerful cultural norm against doodling in settings in which we are supposed to learn something. And unfortunately, the press tends to reinforce this norm when they're reporting on a doodling scene -- of an important person at a confirmation hearing and the like -- they typically use words like "discovered" or "caught" or "found out," as if there's some sort of criminal act being committed.

And additionally, there is a psychological aversion to doodling -- thank you, Freud. In the 1930s, Freud told us all that you could analyze people's psyches based on their doodles. This is not accurate, but it did happen to Tony Blair at the Davos Forum in 2005, when his doodles were, of course, "discovered" and he was labeled the following things. Now it turned out to be Bill Gates' doodle. (Laughter) And Bill, if you're here, nobody thinks you're megalomaniacal. But that does contribute to people not wanting to share their doodles.

And here is the real deal. Here's what I believe. I think that our culture is so intensely focused on verbal information that we're almost blinded to the value of doodling. And I'm not comfortable with that. And so because of that belief that I think needs to be burst, I'm here to send us all hurtling back to the truth. And here's the truth: doodling is an incredibly powerful tool, and it is a tool that we need to remember and to re-learn.

So here's a new definition for doodling. And I hope there's someone in here from The Oxford English Dictionary, because I want to talk to you later. Here's the real definition: Doodling is really to make spontaneous marks to help yourself think. That is why millions of people doodle. Here's another interesting truth about the doodle: People who doodle when they're exposed to verbal information retain more of that information than their non-doodling counterparts. We think doodling is something you do when you lose focus, but in reality, it is a preemptive measure to stop you from losing focus. Additionally, it has a profound effect on creative problem-solving and deep information processing.

There are four ways that learners intake information so that they can make decisions. They are visual, auditory, reading and writing and kinesthetic. Now in order for us to really chew on information and do something with it, we have to engage at least two of those modalities, or we have to engage one of those modalities coupled with an emotional experience. The incredible contribution of the doodle is that it engages all four learning modalities simultaneously with the possibility of an emotional experience. That is a pretty solid contribution for a behavior equated with doing nothing.

This is so nerdy, but this made me cry when I discovered this. So they did anthropological research into the unfolding of artistic activity in children, and they found that, across space and time, all children exhibit the same evolution in visual logic as they grow. In other words, they have a shared and growing complexity in visual language that happens in a predictable order. And I think that is incredible. I think that means doodling is native to us and we simply are denying ourselves that instinct. And finally, a lot a people aren't privy to this, but the doodle is a precursor to some of our greatest cultural assets. This is but one: this is Frank Gehry the architect's precursor to the Guggenheim in Abu Dhabi.

So here is my point: Under no circumstances should doodling be eradicated from a classroom or a boardroom or even the war room. On the contrary, doodling should be leveraged in precisely those situations where information density is very high and the need for processing that information is very high. And I will go you one further. Because doodling is so universally accessible and it is not intimidating as an art form, it can be leveraged as a portal through which we move people into higher levels of visual literacy. My friends, the doodle has never been the nemesis of intellectual thought. In reality, it is one of its greatest allies.

Thank you. (Applause)

So I just want to tell/ you/ my story.//

私自身のことをお話しします

I spend a lot of time teaching adults/ how to use visual language and doodling/ in the workplace.//

私は大人を対象に 視覚言語や落書きの 仕事への活用術を教えています

And naturally,/ I encounter a lot of resistance,/ because it's considered to be anti-intellectual and counter/ to serious learning.//

そういうことに抵抗を持つ人がよくいます 知的でなく 真剣な学習に そぐわないと思われているのです

But I have a problem/ with that belief,/ because I know/ that doodling has a profound impact/ on the way/ that we can process information/ and the way/ that we can solve problems.//

でも私はそうは思いません 落書きというのは 私たちの情報処理能力や 問題解決能力に対して 大きな影響を与えるからです

So I was curious/ about why there was a disconnect/ between the way/ our society perceives doodling/ and the way that/ the reality is.//

落書きに対する社会の認識と現実との間に なぜこんなズレがあるのか 不思議に思いました

So I discovered some very interesting things.//

そして非常に興味深いことを発見しました

For example,/ there's no such thing/ as a flattering definition of a doodle.//

実際“doodle”(落書き)という言葉ほど ひどい意味を持たされてきた言葉もありません

In the 17th century,/ a doodle was a simpleton or a fool --/ as in Yankee Doodle.//

17世紀には「マヌケ」「愚か者」の意味でした ヤンキー・ドゥードゥルという歌がありますね

In the 18th century,/ it became a verb,/ and it meant to swindle or ridicule/ or to make fun of someone.//

18世紀には動詞となり 「だまし取る」「笑いものにする」「からかう」といった意味でした

In the 19th century,/ it was a corrupt politician.//

19世紀には「汚職政治家」を表していました

And today,/ we have/ what is perhaps our most offensive definition,/ at least/ to me,/ which is the following:/ To doodle officially means to dawdle,/ to dilly dally,/ to monkey around,/ to make meaningless marks,/ to do something of little value,/ substance or import,/ and --/ my personal favorite --/ to do nothing.//

そして今日では 史上最も不快な定義だと 個人的には思えるのですが “doodle”の公式の定義は 「無駄に時間を過ごす」「ぐずぐずする」 「ブラブラする」「無意味なことを描く」 「価値や実質のないことをする」 といったことであり その中でも 私のお気に入りの定義は 「何もしない」です

No wonder/ people are averse/ to doodling/ at work.//

そりゃみんな職場で“doodle”したくないわけです

Doing nothing/ at work is akin/ to masturbating at work;/ it's totally inappropriate.//

職場で何もしないのは 職場でエッチするのと同様

まったく不適切なことです (笑)

Additionally,/ I've heard horror stories/ from people/ whose teachers scolded them,/ of course,/ for doodling/ in classrooms.//

また恐ろしい話も耳にします 教室で落書きすると先生に叱られ

And they have bosses/ who scold them/ for doodling in the boardroom.//

会議室での落書きは上司に叱られます

There is a powerful cultural norm/ against doodling/ in settings/ in which we are supposed to learn something.//

学習の場において落書きすべきではないという 強い文化的規範があるのです

And unfortunately,/ the press tends to reinforce/ this norm/ when they're reporting/ on a doodling scene --/ of an important person/ at a confirmation hearing and the like --/ they typically use words/ like "discovered"/ or "caught"/ or "found out,/"/ as if there's some sort of criminal act/ being committed.//

残念ながらマスコミも この規範を後押ししています 例えば公聴会で重要人物が 落書きなどしていようものなら マスコミはいつも「発見した」 「捉えた」「発覚した」などと それが犯罪ででもあるかのように報道します

And additionally,/ there is a psychological aversion/ to doodling --/ thank you,/ Freud.//

心理学的にも落書きが嫌われる理由があります フロイトのおかげです

In the 1930s,/ Freud told us/ all/ that you could analyze people's psyches based on their doodles.//

1930年代にフロイトは 落書き内容から 精神分析が可能だと 主張したのです

This is not accurate,/ but it did happen to Tony Blair/ at the Davos Forum/ in 2005,/ when his doodles were,/ of course,/ "discovered"/ and he was labeled the following things.//

これは正確ではありません しかし2005年のダボス会議で ブレア首相の落書きが「発見」され 誇大妄想的などと分析されました

Now/ it turned out/ to be Bill Gates/' doodle.//

後にその落書きはビル・ゲイツのものだったと分かりました (笑)

(Laughter) And Bill,/ if you're here,/ nobody thinks/ you're megalomaniacal.//

ここにいらっしゃるかわかりませんが? ゲイツさん 誰もあなたを誇大妄想だなんて思ってませんから

But that does contribute to people not wanting to share/ their doodles.//

そういったことのお陰で みんな落書きを見せたくないのです

And here is the real deal.// Here's/ what I believe.//

本当のことを話しましょう 私が思うに

I think/ that our culture is so intensely focused on verbal information/ that we're almost blinded to the value of doodling.//

私たちの文化では言語情報が あまりに重視されているため 落書きの価値がほとんど見えないのです

And I'm not comfortable/ with that.//

私はこれに不満で 正しい考えを

And so/ because of that belief/ that I think/ needs to be burst,/ I'm here/ to send us/ all hurtling back/ to the truth.//

広めなければと思い 皆さんを真実へお連れしようと ここに来ました

And here's the truth:/ doodling is an incredibly powerful tool,/ and it is a tool/ that we need to remember/ and to re-learn.//

その真実とは 落書きは非常に強力なツールであり 私たちはそれを思い出し 学び直す必要があるということです

So here's a new definition/ for doodling.//

“doodle”を新たに定義してみましょう

And I hope/ there's someone/ in here/ from The Oxford English Dictionary,/ because I want to talk/ to you later.//

この場に辞書出版社の方がいれば 後でお話をしたいものです

Here's the real definition:/ Doodling is really to make spontaneous marks/ to help yourself think.//

“doodle”の本当の定義は 「思考を促すため 思いのままに描くこと」です

That is/ why millions of people doodle.//

だから何百万もの人が落書きするんです

Here's another interesting truth/ about the doodle:/ People/ who doodle/ when they're exposed to verbal information retain/ more of that information/ than their non-doodling counterparts.//

他にも面白い事実があります 言語情報を聞いているときに 落書きをする人は しない人より多くのことを記憶しています

We think/ doodling is something/ you do/ when you lose focus,/ but in reality,/ it is a preemptive measure/ to stop you/ from losing focus.//

落書きは気が散るとする事だと 思われていますが むしろそれは 気が散るのを予防する方法なんです

Additionally,/ it has a profound effect/ on creative problem-solving and deep information processing.//

さらに独創的な問題解決や 難解な情報処理をする際にも 大きな効果があります

There are four ways/ that learners intake information/ so that they can make decisions.//

学習者が 判断のための 情報を得る方法は4通りあります

They are visual, auditory, reading and writing and kinesthetic.//

視覚的なもの・聴覚的なもの ・読み書き・体を使うことの4つです

Now/ in order/ for us to really chew on information/ and do something/ with it,/ we have to engage/ at least two of those modalities,/ or we have to engage/ one of those modalities coupled with an emotional experience.//

私たちが情報をよく検討し それを基に行動を起こすには この中の少なくとも2つの方法を使うか 1つの方法を感情的経験と 組み合わせる必要があります

The incredible contribution of the doodle is/ that it engages all four learning modalities simultaneously/ with the possibility of an emotional experience.//

落書きの素晴らしい点は 4つの方法を同時に実行でき 感情にも訴えうるということです

That is a pretty solid contribution/ for a behavior equated with doing nothing.//

大したことではないでしょうか 「何もしない」に等しいと見なされていることにしては

This is so nerdy,/ but this made me/ cry/ when I discovered this.//

かなりオタクっぽいですが これは 初めて知った時にとても感動した話です

So they did anthropological research/ into the unfolding of artistic activity/ in children,/ and they found/ that,/ across space and time,/ all children exhibit the same evolution/ in visual logic/ as they grow.//

子どもの芸術的発展過程について 文化人類学的調査が行われたのですが 時代や地域を問わず 子どもの視覚的知性は同じ発展を辿る ということが分かりました

In other words,/ they have a shared and growing complexity/ in visual language/ that happens in a predictable order.//

言いかえると 子どもは 複雑に発展する視覚言語を共有しており その過程は予測可能だということです

And I think/ that is incredible.//

これはすごいことだと思います

I think/ that means doodling is native/ to us/ and we simply are denying ourselves/ that instinct.//

落書きは人間に生来のものなのに 私たちはその本能を否定しているのです

And finally,/ a lot/ a people aren't privy/ to this,/ but the doodle is a precursor/ to some of our greatest cultural assets.//

最後に あまり知られてないことですが 最も偉大な文化遺産の中には 落書きが元となったものがあります

This is but one:/ this is Frank Gehry/ the architect's precursor/ to the Guggenheim/ in Abu Dhabi.//

1つだけ紹介しますが これはグッゲンハイム・アブダビの元となったものです

So here is my point:/ Under no circumstances should doodling be eradicated from a classroom/ or a boardroom/ or even/ the war room.//

要点をまとめましょう どんなことがあっても 落書きを 教室や会議室や作戦司令室から 排除すべきではありません

On the contrary,/ doodling should be leveraged in precisely those situations/ where information density is very high/ and the need/ for processing that information is very high.//

それどころか 情報量が多く 情報処理の必要が 大きな状況でこそ まさに落書きを活用すべきなんです

And I will go you/ one further.//

さらに言わせてもらうと

Because doodling is so universally accessible/ and it is not intimidating as an art form,/ it can be leveraged as a portal/ through which we move people/ into higher levels of visual literacy.//

落書きはどこででもすることができ 近寄りがたい芸術とは違います 落書きは 人々の視覚的理解力を高めるための 入り口として活用することができます

My friends,/ the doodle has never been the nemesis of intellectual thought.//

皆さん 落書きは決して 知的思考の宿敵なんかではありません

In reality,/ it is one of its greatest allies.//

むしろ最高の味方なのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

counter

(商店・銀行などの)『売り台』,勘定台,カウンター

(食堂などに)『カウンター』

(おもちゃの)模造貨幣

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

disconnect

〈二者〉‘の'関係を絶つ;〈電話・電源など〉‘を'切る;(…から)…‘を'分離する《+『名』+『from』+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

doodle

(考えごとなどをしているときの)いたずら書き

(考えごとなどをしながら)いたずら書きする

…‘を'いたずら書きする

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

simpleton

愚か者,あほう

fool

〈C〉『ばか者』

〈C〉(昔,王候貴族に仕えた)道化師(jester)

〈U〉〈C〉フール(煮てつぶした果物にクリームをかけた食品)

〈人〉‘を'だます,かつぐ

〈人が〉ばかなまねをする,ふざける,冗談をいう

愚かな

Yankee Doodle

米国独立戦争当時の流行歌

verb

『動詞』

swindle

〈人〉‘を'だます,詐欺にかける;(金品を)〈人〉‘を'だまして取る《+名〈人〉+out of+名》

(人から)(金品)‘を'だまし取る《+名(物)+out of+名〈人〉》

かたり,詐欺,いかさま(fraud)

《話》まやかし物,くわせ物

ridicule

あざけり,あざ笑い

〈人・物事〉‘を'あざける,あざ笑う

corrupt

『わいろの利く』,不正行為をする

(道徳的に)『腐敗した』,堕落した

『汚れた』,汚染した;腐敗した

(誤訳や改変のために,原文などが)改悪された;(言語が)なまった

(わいろなどによって)〈人〉‘に'『不正行為をさせる』,'を'買収する

(道徳的に)〈人〉'を'『堕落させる』,…を腐敗させる

〈物〉'を'汚す,腐らせる

(不正確に写すなどして)〈原文など〉'を'改悪する;〈言語〉'を'なまらせる

腐敗する,堕落する

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

offensive

『不愉快にする』,無礼な,しゃくにさわる

(感覚的に)『いやな』,不快な(disagreeable)

『攻撃の』

(スポーツで)攻撃[側]の

〈C〉攻撃,攻勢

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

following

《the following》(時間・順序において)『次の』,次に来る

《the following》次に述べる,下記の

同じ方向に動く

崇拝者,支持者,門下

《the following》《単数・複数扱い》『次に述べるもの』(人・事項),下記のもの

officially

公選上,職務がら

公式に

形式的には,表面上は

dawdle

(…を)ぐずぐずする,怠けてする《+『over』+『名』》

〈時間など〉'を'空費する《+『away』+『名,』+『名』+『away』》

dilly

特に目立つもの,優れたもの

dally

(考えなどを)もてあそぶ,(人と)ふざける《+『with』+『名』》

だらだら過ごす《+『about』》;(仕事などに)だらだらとかかっている《+『at』(『over』)+『名』》

〈時間〉'を'だらだら過ごす《『名』+『away』,+『away』+『名』》

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

meaningless

無意味な

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

import

(…から)…‘を'『輸入する』《+『名』+『from』+『名』》

《文》'‘を'意味する,‘の'意味を導入する

〈U〉(…の)『輸入』《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》『輸入品』

〈U〉《文》重大,重要性

〈U〉意味,意義

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

averse

(…を)きらっている《+『to』(『from』)+『名』(do『ing』)》

akin

(…と)同じ家族の,血族の《+『to』+『名』》

(…と)類似の,同類の《+『to』+『名』》

masturbate

手淫を行う,自慰をする

totally

全く,完全に

inappropriate

不適当な,ふさわしくない

laughter

『笑い』,笑い声

additionally

その上,さらに

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

scold

〈人〉‘を'『しかる』,‘に'小言を言う

しかる;(…に向かって)ののしる《+『at』+『名』(do『ing』)》

口やかましい人;がみがみ女

classroom

『クラスルーム』,教室

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

boardroom

重役会議室

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

setting

〈C〉(宝石などの)はめこみ台

〈C〉(劇・文学作品り)背景・舞台

〈C〉(劇の)舞台装置,道真立て

〈C〉(一般に)環境,境遇

〈U〉〈C〉(物語・詩などにつけられた)曲

〈C〉(卵の)一かえり,一抱き

〈U〉すえつけること,置くこと;(日・月の)入り

〈C〉一分の食器類

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

reinforce

…‘を'増強する,補強する

…‘に'増援する,援兵を送る

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

confirmation

(陳述・所信などの)『確認』;(情報などの)確証;(条約などの)承認《+『of』+『名』》;(…であるという)確証,確認《+『that節』》

堅信礼(幼年時代に洗礼を受けた人が成人してその信仰を堅めるために告白をして教会員となる儀式)

hearing

〈U〉『聴力』,聴覚〈U〉〈C〉(…を)『聞くこと』,(…の)聞き取り《+『of』+『名』》・〈C〉聞いてもらう機会,聞いてやること・聴取・聴聞会〈C〉(法廷などでの)尋問,審問,;(刑罰の減免を求める)釈明,意見陳述

〈U〉聞こえる距離(範囲)

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

committed

献身展な,忠実な;(…に)献身展な《+『to』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…すると)約束している《+『to』 do『ing』=+『to』 do》

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

aversion

〈U〉(…に対する)嫌悪(けんお),けぎらい《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈C〉大きらいな人(もの)

Freud

フロイト(『Sigmund』~;1856‐1939;精神分析学の創始者)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

accurate

『正確な』,的確な,精密な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

forum

《the Fo・rum》(古代ローマの)大広場,市場(商業取引や裁判・政治などの集会所として用いられた)

〈C〉(公開討論・批判などの)広場,フォーラム

〈C〉討論会

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

intensely

激しく,熱心に

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

verbal

語の,言葉の;(意味とは関係なく)言葉の上だけの,語句だけの

口頭の,口上の(oral)

逐語的な,文字通りの

動詞の,動詞的な

準動詞(不定詞・分詞・動名詞の総称)

《英話》自白

《英話》《おどけて》口げんか

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

hurtle

(…に)激しくぶつかる《+『against』+『名』》

《副詞[句]を伴って》ものすごい勢いで進む

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

incredibly

信じられないほど

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

dictionary

『辞書』,辞典,字引き

spontaneous

(行動などが)『自然に起こる』,自発的な

(現象などが)自然[発生]の;(植物などが)天然の,自生の

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

counterpart

(正副2通のうちの)1通,副本,写し

対応する物(人);よく似た物(人)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

preemptive

先買[権]の・先制の

(ブリッジで)相手を封じるため必要以上に高くビッドする

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

creative

『創造力のある』

『独創的な』

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

learner

学習者;初学者

intake

〈C〉(導管などの水・空気などの)取り入れ口

〈C〉取り入れ,吸い込み

〈U〉摂取量;取り入れたもの

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

auditory

耳の,聴覚の

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

chew

〈食物〉'を'『かむ』,かみくだく

…'を'かんで作る

かむ,かみこなす

かむこと;〈C〉かみ,一口

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

contribution

〈U〉(…を…に)『寄付』(『寄与』)『すること』《+『to』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉(…に)寄付した物;寄与(貢献)したこと;(…への)寄稿記事《+『to』+『名』》

simultaneously

同時に

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

equate

(…と)…‘が'等しいと見なす,‘を'等しく扱う《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'等しくする《+『名』+『with(to)』+『名』》

(数学で)…‘を'等式化する

anthropological

人類学[上]の

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

instinct

『本能』

〈C〉(…に対する)(生まれつきの)才能,素質,天分《+『for』+『名』(do『ing』)》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

privy

(…の)内情に通じた《+『to』+『名』》

屋外便所

precursor

(…の)前朕,前触れ《+『of』+『名』》

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

Frank

フランク人(6世紀にゴール人を征服し広大な王国を建設してFranceという名称の起源となったゲルマン人)

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

eradicate

…を根絶する,完全に取り除く

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

universally

いたる所に(で);一般に

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

intimidate

〈人〉‘を'おびえさせる

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

portal

〈C〉(堂々とした)門,入り口

《複数形》《文》(大きな建物の)正門,表玄関

《複数形》《文》(…の)発端《+『of』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

literacy

読み書きする能力

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画