TED日本語 - ロビン・インス: 科学は驚きを失わせてしまうのか?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

科学は命の魔法を台無しにしてしまうのでしょうか?気難しいけれど魅力的な独白を通じて、ロビン・インスはそうではないと語ります。宇宙の驚くべき性質を知れば知るほど、私たちは畏怖の念に打たれてしまうのです。

Script

まず皆さんにお詫びします 私はパワーポイントを 使わないんです 代わりに時々 こんな仕草をしますから パワーポイント民主主義に基づき 好きなようにスライドを思い浮かべて下さい

私はラジオ番組の司会をしています 「無限の猿の檻」という番組で 科学や合理主義がテーマです だから 毎週 たくさんの苦情が来ます 絶えず寄せられる文句の一つは 「無限の猿の檻」という題名が 生体解剖を支持しているのではないかというものです そう言う人にははっきりとこう答えます 無限の猿の檻はとても広いのだと

(笑)

こんな声も聞きました 「無限の猿の檻」なんて馬鹿らしい 猿が無限にいても シェイクスピアの作品は書けないんだ 実験をしたから知ってるんだぞ」 確かに 12匹の猿に1週間タイプライターを与える実験があり 1週間後にはトイレとして使われていました

(笑)

でも一番多い苦情は -私たちもそれを心配していますが- 「なぜ君たちは 魔法を台無しにすることにこだわるんだ 君たちが科学を持ちこむと 魔法が壊れてしまうんだ」というものです 私は文系の学位を持っていて 神話や魔法 実存主義や自己嫌悪が大好きです それが私の専門です でもそれがなぜ 魔法を台無しにするのかはわかりません 私が思うに 科学で壊される魔法は 同じぐらい素敵な何かに 取って代わられるだけなのです

例えば占星術 多くの合理主義者と同様 私は魚座です (笑) さて 占星術について言えば それで人生が予言できるだとか 今日 帽子をかぶった 素敵な人に会うだろうなんていう 陳腐な考えはもう廃れて 過去のものになっています でも大空に予言を見出すことは今でもできます 銀河の形成についての予測 銀河が衝突するという予測や 新たな太陽系の見通し これらは素晴らしいものです もし太陽 そして地球が 自らの天文図を読み取ることができたなら こう言うでしょう 「計画を立てるのに向いた日じゃないな 赤色巨星に飲みこまれてしまう」

私にとっても同じことです 世界の終末を心配しているように見えるかもしれませんが 多世界論は - 量子の解釈から生まれた 最も美しく魅力的で 時に恐ろしい理論ですが - 素晴らしいものです ここにいる皆さんがこれまでの人生で下した 全ての決断が 実は自分で下したものではなく 全ての選択肢が選ばれた上で その一つひとつが新しい宇宙に分岐するというのです 素晴らしいアイデアです もし自分の人生が屑のようなものだと思うなら もっとずっとひどい決断をした 別の自分がいることを思い出してください (笑) もし「もう終わりにしたい」と思っても 全然終わりではありません 大多数の宇宙では あなたはそもそも 存在さえしていないのですから 奇妙ですが このことは私を とても安心させてくれます

再生とは現世から来世に行くことですが 現世がなくなってしまう訳ではありません 科学は実のところ 私たちが永遠に生き続けると言っていますが 一つ但し書きがあります 実際には終わりのない命を持つ訳ではなく 人の意識 つまりあなたらしさや私らしさが 受け継がれていくのです 一方で私たちを形作る全てのもの 全ての原子は 過去に数え切れないほど様々なものを作ってきましたし これからも作り続けます 私たちを形成する原子は 以前には 山やリンゴやパルサー そして誰かの膝だったのです あなたの原子は かつてナポレオンの膝だったかもしれません これは良いことです 宇宙に間借りする我々とは違い 宇宙自身には無駄などありません 私たちは完全に再利用可能なのです 死んだ時には ゴミ袋に入れる必要すらありません 素晴らしいですね

私にとっては 理解するということは 驚きや喜びを失わせるものではありません 例えば 妻が私を見てこう言ったとします 「どうして私を愛してるの?」 私は彼女の目を見て 心の底からこう言うこともできます 「僕たちのフェロモンが 互いの嗅覚受容体と適合してるからだよ」 (笑) まあ多分 彼女の髪や性格のことにも 触れると思います これは素晴らしいことです 知ることで愛が消えることはありません

痛みが消えることもありません これは嫌ですね 誰かが私を殴ったとすると - 私の性格のおかげで 最近よくそうなるのですが - 痛みがどこから来るのかわかります 痛みとは 常に4元ベクトルである エネルギーの運動量です でも私がこう言うことはできません 「ふん それがお前の生み出せる精一杯の4元ベクトルか?」 私はただ折れた歯を吐き出すだけです

(笑)

それとは全く別なのが 子どもへの愛です 私にはアーチーという息子がいます 私は運のいい男です 彼はどの子より優れているのですから 皆さんはそうは思っていませんね お子さんがいる方は 「自分の子どもこそ最高だ」と考えることでしょう そこが進化の素晴らしいところです 進化とは 自らの子どもが最高だと 信じる 偏愛のことです 多くの点でこれは生存に関わることです 子どもは自らの遺伝子を受け継ぐ者だという事実があり それゆえ私たちは子どもを愛するのです でもそんなことには気づかず ただ無条件に愛します 素晴らしいことです でも私の子どもは 本当に誰よりも最高なんですよ 幾つか実験を行ったことがありますが

その全てが 大きな喜びと興奮 そして驚きを与えてくれました 例えば量子力学でさえ 宿題の出来が悪いことの 言い訳に使えるのです 1週間 家に1人でいて 散らかし放題になっている時に 奥さんが帰って来そうだという場合は どうすれば良いのでしょう? 何もしないことです 奥さんが戻って来た時に 量子的な解釈をしてこう言うのです 「ごめんよ しばらく家のことを考えてなくて ふと我に返ったら こんなことになってた」 (笑) これが真空化という強い人間原理です

私にとってはとても大切なことです ここへ来る道中ですら - 来る度にその途中に喜びを感じます 神話が無くなってもまだ不思議なことはあるのです 電車に乗っている時 息を吸い込む度に 測り知れないほどの数の 酸素の原子を吸い込んでいます 椅子に座っている時 その椅子が原子で出来ていて 隙間だらけだと知っているにも関わらず 心地よく感じます 窓の外を見ると気づきます 立ち止まって窓の外を見る度に 自分がどこにいようとも その窓から見える景色には 我々が知る宇宙にいる あらゆる生命体よりも多くの生物が いることを 土星や木星のサファリパークに 行ったとしても がっかりするだけです こうしたことは 脳で考えています 脳は 我々が知る中で最も複雑な器官です それは素晴らしいことなのです それで十分なのかもしれません

ノーベル賞受賞者のスティーブ・ワインバーグの言葉です 「宇宙とは 理解を深めれば深めるほど 無意味に見えるものだ」 それを虚無主義と 結びつける人もいるでしょう でも私はそうは思いません これは素晴らしいことです 宇宙が無意味なのは喜ばしいことです 自分が人生の終わりを迎えても 宇宙はこんなことは言いません「お馬鹿さん 何してるんだい?的外れだよ」 私は自分で目標を作れますし 皆さんもそうです 私たちは「これが自分のしたいことだ」 という個々の力を持っています 無意味な宇宙において これは素晴らしいことです 量子力学とコペンハーゲン解釈についての 下らないジョークでした 皆さんは もっと意味のあることができるでしょう

どうもありがとう さようなら

(拍手)

I'd like to apologize, first of all, to all of you because I have no form of PowerPoint presentation. So what I'm going to do is, every now and again, I will make this gesture, and in a moment of PowerPoint democracy, you can imagine what you'd like to see.

I do a radio show. The radio show is called "The Infinite Monkey Cage." It's about science, it's about rationalism. So therefore, we get a lot of complaints every single week -- complaints including one we get very often, which is to say the very title, "Infinite Monkey Cage," celebrates the idea of vivisection. We have made it quite clear to these people that an infinite monkey cage is roomy.

(Laughter)

We also had someone else who said, "'The Infinite Monkey Cage' idea is ridiculous. An infinite number of monkeys could never write the works of Shakespeare. We know this because they did an experiment." Yes, they gave 12 monkeys a typewriter for a week, and after a week, they only used it as a bathroom.

(Laughter)

So the main element though, the main complaint we get -- and one that I find most worrying -- is that people say, "Oh, why do you insist on ruining the magic? You bring in science, and it ruins the magic." Now I'm an arts graduate; I love myth and magic and existentialism and self-loathing. That's what I do. But I also don't understand how it does ruin the magic. All of the magic, I think, that may well be taken away by science is then replaced by something as wonderful.

Astrology, for instance: like many rationalists, I'm a Pisces. (Laughter) Now astrology -- we remove the banal idea that your life could be predicted; that you'll, perhaps today, meet a lucky man who's wearing a hat. That is gone. But if we want to look at the sky and see predictions, we still can. We can see predictions of galaxies forming, of galaxies colliding into each other, of new solar systems. This is a wonderful thing. If the Sun could one day -- and indeed the Earth, in fact -- if the Earth could read its own astrological, astronomical chart,one day it would say, "Not a good day for making plans. You'll been engulfed by a red giant."

And that to me as well, that if you think I'm worried about losing worlds, well Many Worlds theory -- one of the most beautiful, fascinating, sometimes terrifying ideas from the quantum interpretation -- is a wonderful thing. That every person here, every decision that you've made today, every decision you've made in your life, you've not really made that decision, but in fact, every single permutation of those decisions is made, each one going off into a new universe. That is a wonderful idea. If you ever think that your life is rubbish, always remember there's another you that's made much worse decisions than that. (Laughter) If you ever think, "Ah, I want to end it all," don't end it all. Remember that in the majority of universes, you don't even exist in the first place. This to me, in its own strange way, is very, very comforting.

Now reincarnation, that's another thing gone -- the afterlife. But it's not gone. Science actually says we will live forever. Well, there is one proviso. We won't actually live forever. You won't live forever. Your consciousness, the you-ness of you, the me-ness of me -- that gets this one go. But every single thing that makes us, every atom in us, has already created a myriad of different things and will go on to create a myriad of new things. We have been mountains and apples and pulsars and other people's knees. Who knows, maybe one of your atoms was once Napoleon's knee. That is a good thing. Unlike the occupants of the universe, the universe itself is not wasteful. We are all totally recyclable. And when we die, we don't even have to be placed in different refuse sacs. This is a wonderful thing.

Understanding, to me, does not remove the wonder and the joy. For instance, my wife could turn to me and she may say, "Why do you love me?" And I can with all honesty look her in the eye and say, "Because our pheromones matched our olfactory receptors." (Laughter) Though I'll probably also say something about her hair and personality as well. And that is a wonderful thing there. Love does not die because of that thing.

Pain doesn't go away either. This is a terrible thing, even though I understand pain. If someone punches me -- and because of my personality, this is recently a regular occurrence -- I understand where the pain comes from. It is basically momentum to energy where the four-vector is constant -- that's what it is. But at no point can I react and go, "Ha! Is that the best momentum-to-energy fourth vector constant you've got?" No, I just spit out a tooth.

(Laughter)

And that is all of these different things -- the love for my child. I have a son. His name is Archie. I'm very lucky, because he's better than all the other children. Now I know you don't think that. You may well have your own children and think, "Oh no, my child's best." That's the wonderful thing about evolution -- the predilection to believe that our child is best. Now in many ways, that's just a survival thing. The fact we see here is the vehicle for our genes, and therefore we love it. But we don't notice that bit; we just unconditionally love. That is a wonderful thing. Though I should say that my son is best and is better than your children. I've done some tests.

And all of these things to me give such joy and excitement and wonder. Even quantum mechanics can give you an excuse for bad housework, for instance. Perhaps you've been at home for a week on your own. You house is in a terrible state. Your partner is about to return. You think, what should I do? Do nothing. All you have to do is, when she walks in, using a quantum interpretation, say, "I'm so sorry. I stopped observing the house for a moment, and when I started observing again, everything had happened." (Laughter) That's the strong anthropic principle of vacuuming.

For me, it's a very, very important thing. Even on my journey up here -- the joy that I have on my journey up here every single time. If you actually think, you remove the myth and there is still something wonderful. I'm sitting on a train. Every time I breathe in, I'm breathing in a million-billion-billion atoms of oxygen. I'm sitting on a chair. Even though I know the chair is made of atoms and therefore actually in many ways empty space, I find it comfortable. I look out the window, and I realize that every single time we stop and I look out that window, framed in that window, wherever we are, I am observing more life than there is in the rest of the known universe beyond the planet Earth. If you go to the safari parks on Saturn or Jupiter, you will be disappointed. And I realize I'm observing this with the brain, the human brain, the most complex thing in the known universe. That, to me, is an incredible thing. And do you know what, that might be enough.

Steven Weinberg, the Nobel laureate, once said, "The more the universe seems comprehensible, the more it seems pointless." Now for some people, that seems to lead to an idea of nihilism. But for me, it doesn't. That is a wonderful thing. I'm glad the universe is pointless. It means if I get to the end of my life, the universe can't turn to me and go, "What have you been doing, you idiot? That's not the point." I can make my own purpose. You can make your own purpose. We have the individual power to go, "This is what I want to do." And in a pointless universe, that, to me, is a wonderful thing. I have chosen to make silly jokes about quantum mechanics and the Copenhagen interpretation. You, I imagine, can do much better things with your time.

Thank you very much. Goodbye.

(Applause)

I'd like to apologize,/ first of all,/ to all of you/ because I have no form of PowerPoint presentation.//

まず皆さんにお詫びします 私はパワーポイントを 使わないんです

So/ what I'm going to do/ is,/ every now and again,/ I will make this gesture,/ and in a moment of PowerPoint democracy,/ you can imagine/ what you'd like to see.//

代わりに時々 こんな仕草をしますから パワーポイント民主主義に基づき 好きなようにスライドを思い浮かべて下さい

I do a radio show.//

私はラジオ番組の司会をしています

The radio show is called "The Infinite Monkey Cage."//

「無限の猿の檻」という番組で

It's about science,/ it's about rationalism.//

科学や合理主義がテーマです

So therefore,/ we get a lot of complaints/ every single week --/ complaints/ including one/ we get very often,/ which is to say the very title,/ "Infinite Monkey Cage,/"/ celebrates the idea of vivisection.//

だから 毎週 たくさんの苦情が来ます 絶えず寄せられる文句の一つは 「無限の猿の檻」という題名が 生体解剖を支持しているのではないかというものです

We have made it quite clear/ to these people/ that an infinite monkey cage is roomy.//

そう言う人にははっきりとこう答えます 無限の猿の檻はとても広いのだと

(笑)

We also had someone else/ who said,/ "'The Infinite Monkey Cage/' idea is ridiculous.//

こんな声も聞きました 「無限の猿の檻」なんて馬鹿らしい

An infinite number of monkeys could never write the works of Shakespeare.//

猿が無限にいても シェイクスピアの作品は書けないんだ

We know this/ because they did an experiment."//

実験をしたから知ってるんだぞ」

Yes, they gave 12 monkeys/ a typewriter/ for a week,/ and after a week,/ they only used it/ as a bathroom.//

確かに 12匹の猿に1週間タイプライターを与える実験があり 1週間後にはトイレとして使われていました

(笑)

So the main element though,/ the main complaint/ we get --/ and one/ that I find most worrying --/ is/ that people say,/ "Oh,/ why do you insist on ruining the magic?//

でも一番多い苦情は -私たちもそれを心配していますが- 「なぜ君たちは 魔法を台無しにすることにこだわるんだ 君たちが科学を持ちこむと

You bring in science,/ and it ruins the magic."//

魔法が壊れてしまうんだ」というものです

Now/ I'm an arts graduate;/ I love myth and magic and existentialism and self-loathing.//

私は文系の学位を持っていて 神話や魔法 実存主義や自己嫌悪が大好きです

That's/ what I do.//

それが私の専門です

But I also don't understand/ how it does ruin the magic.//

でもそれがなぜ 魔法を台無しにするのかはわかりません

All of the magic,/ I think,/ that may well be taken away/ by science is then replaced by something/ as wonderful.//

私が思うに 科学で壊される魔法は 同じぐらい素敵な何かに 取って代わられるだけなのです

Astrology,/ for instance:/ like many rationalists,/ I'm a/ Pisces.//

例えば占星術 多くの合理主義者と同様 私は魚座です

(Laughter) Now/ astrology --/ we remove the banal idea/ that your life could be predicted;/ that you'll,/ perhaps/ today,/ meet a lucky man/ who's wearing a hat.//

(笑) さて 占星術について言えば それで人生が予言できるだとか 今日 帽子をかぶった 素敵な人に会うだろうなんていう 陳腐な考えはもう廃れて

That is gone.//

過去のものになっています

But/ if we want to look/ at the sky/ and see predictions,/ we still can.//

でも大空に予言を見出すことは今でもできます

We can see predictions of galaxies/ forming,/ of galaxies/ colliding into each other,/ of new solar systems.//

銀河の形成についての予測 銀河が衝突するという予測や 新たな太陽系の見通し

This is a wonderful thing.//

これらは素晴らしいものです

If the Sun could one day --/ and indeed/ the Earth,/ in fact --/ if the Earth could read its own astrological, astronomical chart,/one day/ it would say,/ "Not a good day/ for making plans.//

もし太陽 そして地球が 自らの天文図を読み取ることができたなら こう言うでしょう 「計画を立てるのに向いた日じゃないな

You'll been engulfed by a red giant."//

赤色巨星に飲みこまれてしまう」

And that/ to me as well,/ that if you think/ I'm worried/ about losing worlds,/ well Many Worlds theory --/ one of the most beautiful, fascinating, sometimes terrifying/ ideas/ from the quantum interpretation --/ is a wonderful thing.//

私にとっても同じことです 世界の終末を心配しているように見えるかもしれませんが 多世界論は - 量子の解釈から生まれた 最も美しく魅力的で 時に恐ろしい理論ですが - 素晴らしいものです

That every person here,/ every decision/ that you've made today,/ every decision/ you've made in your life,/ you've not really made that decision,/ but in fact,/ every single permutation of those decisions is made,/ each one/ going off/ into a new universe.//

ここにいる皆さんがこれまでの人生で下した 全ての決断が 実は自分で下したものではなく 全ての選択肢が選ばれた上で その一つひとつが新しい宇宙に分岐するというのです

That is a wonderful idea.//

素晴らしいアイデアです

If you ever think/ that your life is rubbish,/ always remember/ there's another you/ that's made much worse decisions/ than that.//

もし自分の人生が屑のようなものだと思うなら もっとずっとひどい決断をした 別の自分がいることを思い出してください

(Laughter)/ If you ever think,/ "Ah,/ I want to end/ it/ all,/"/ don't end it all.//

(笑) もし「もう終わりにしたい」と思っても 全然終わりではありません

Remember/ that in the majority of universes,/ you don't even exist in the first place.//

大多数の宇宙では あなたはそもそも 存在さえしていないのですから

This/ to me,/ in its own strange way,/ is very, very comforting.//

奇妙ですが このことは私を とても安心させてくれます

Now reincarnation,/ that's another thing gone --/ the afterlife.//

再生とは現世から来世に行くことですが

But it's not gone.//

現世がなくなってしまう訳ではありません

Science actually says/ we will live forever.//

科学は実のところ 私たちが永遠に生き続けると言っていますが

Well,/ there is one proviso.//

一つ但し書きがあります

We won't actually live forever.// You won't live forever.//

実際には終わりのない命を持つ訳ではなく

Your consciousness,/ the you-ness of you,/ the me-ness of me --/ that gets this one go.//

人の意識 つまりあなたらしさや私らしさが 受け継がれていくのです

But every single thing/ that makes us,/ every atom/ in us,/ has already created a myriad of different things/ and will go on/ to create a myriad of new things.//

一方で私たちを形作る全てのもの 全ての原子は 過去に数え切れないほど様々なものを作ってきましたし これからも作り続けます

We have been mountains and apples and pulsars and other people's knees.//

私たちを形成する原子は 以前には 山やリンゴやパルサー そして誰かの膝だったのです

Who knows,/ maybe/ one of your atoms was once Napoleon's knee.//

あなたの原子は かつてナポレオンの膝だったかもしれません

That is a good thing.//

これは良いことです

Unlike the occupants of the universe,/ the universe/ itself is not wasteful.//

宇宙に間借りする我々とは違い 宇宙自身には無駄などありません

We are all totally recyclable.//

私たちは完全に再利用可能なのです

And when we die,/ we don't even have to be placed in different refuse sacs.//

死んだ時には ゴミ袋に入れる必要すらありません

This is a wonderful thing.//

素晴らしいですね

Understanding,/ to me,/ does not remove the wonder and the joy.//

私にとっては 理解するということは 驚きや喜びを失わせるものではありません

For instance,/ my wife could turn to me/ and she may say,/ "Why do you love me?"//

例えば 妻が私を見てこう言ったとします 「どうして私を愛してるの?」

And I can with all honesty look her/ in the eye/ and say,/ "Because our pheromones matched our olfactory receptors."//

私は彼女の目を見て 心の底からこう言うこともできます 「僕たちのフェロモンが 互いの嗅覚受容体と適合してるからだよ」

(Laughter)/ Though I'll probably also say something/ about her hair and personality/ as well.//

(笑) まあ多分 彼女の髪や性格のことにも 触れると思います

And that is a wonderful thing/ there.//

これは素晴らしいことです

Love does not die because of that thing.//

知ることで愛が消えることはありません

Pain doesn't go away either.//

痛みが消えることもありません

This is a terrible thing,/ even though I understand pain.//

これは嫌ですね

If someone punches me --/ and because of my personality,/ this is recently a regular occurrence --/ I understand/ where the pain comes/ from.//

誰かが私を殴ったとすると - 私の性格のおかげで 最近よくそうなるのですが - 痛みがどこから来るのかわかります

It is basically momentum/ to energy/ where the four-vector is constant --/ that's/ what it is.//

痛みとは 常に4元ベクトルである エネルギーの運動量です

But at no point can/ I react and go,/ "Ha!// Is/ that the best momentum-to-energy fourth vector constant/ you've got?"//

でも私がこう言うことはできません 「ふん それがお前の生み出せる精一杯の4元ベクトルか?」

No, I just spit out/ a tooth.//

私はただ折れた歯を吐き出すだけです

(笑)

And that is all of these different things --/ the love/ for my child.//

それとは全く別なのが 子どもへの愛です

I have a son.// His name is Archie.//

私にはアーチーという息子がいます

I'm very lucky,/ because he's better/ than all the other children.//

私は運のいい男です 彼はどの子より優れているのですから

Now/ I know/ you don't think/ that.//

皆さんはそうは思っていませんね

You may well have your own children/ and think,/ "Oh no,/ my child's best."//

お子さんがいる方は 「自分の子どもこそ最高だ」と考えることでしょう

That's the wonderful thing/ about evolution --/ the predilection to believe that/ our child is best.//

そこが進化の素晴らしいところです 進化とは 自らの子どもが最高だと 信じる 偏愛のことです

Now/ in many ways,/ that's just a survival thing.//

多くの点でこれは生存に関わることです

The fact/ we see/ here is the vehicle/ for our genes,/ and therefore/ we love it.//

子どもは自らの遺伝子を受け継ぐ者だという事実があり それゆえ私たちは子どもを愛するのです

But we don't notice that bit;/ we just unconditionally love.//

でもそんなことには気づかず ただ無条件に愛します

That is a wonderful thing.//

素晴らしいことです

Though I should say that/ my son is best/ and is better/ than your children.//

でも私の子どもは 本当に誰よりも最高なんですよ

I've done some tests.//

幾つか実験を行ったことがありますが

And all of these things/ to me give such joy and excitement and wonder.//

その全てが 大きな喜びと興奮 そして驚きを与えてくれました

Even quantum mechanics can give you/ an excuse/ for bad housework,/ for instance.//

例えば量子力学でさえ 宿題の出来が悪いことの 言い訳に使えるのです

Perhaps/ you've been at home/ for a week/ on your own.//

1週間 家に1人でいて

You house is in a terrible state.//

散らかし放題になっている時に

Your partner is/ about to return.//

奥さんが帰って来そうだという場合は

You think,/ what should I do?//

どうすれば良いのでしょう?

Do nothing.//

何もしないことです

All you have to do/ is,/ when she walks in,/ using a quantum interpretation,/ say,/ "I'm so sorry.//

奥さんが戻って来た時に 量子的な解釈をしてこう言うのです 「ごめんよ

I stopped observing/ the house/ for a moment,/ and when I started observing/ again,/ everything had happened."//

しばらく家のことを考えてなくて ふと我に返ったら こんなことになってた」

(Laughter)/ That's the strong anthropic principle of vacuuming.//

(笑) これが真空化という強い人間原理です

For me,/ it's a very, very important thing.//

私にとってはとても大切なことです

Even/ on my journey up here --/ the joy/ that I have on my journey up here/ every single time.//

ここへ来る道中ですら - 来る度にその途中に喜びを感じます

If you actually think,/ you remove the myth/ and there is still something wonderful.//

神話が無くなってもまだ不思議なことはあるのです

I'm sitting/ on a train.//

電車に乗っている時

Every time/ I breathe in,/ I'm breathing/ in a million-billion-billion atoms of oxygen.//

息を吸い込む度に 測り知れないほどの数の 酸素の原子を吸い込んでいます

I'm sitting/ on a chair.//

椅子に座っている時

Even though I know/ the chair is made of atoms/ and therefore actually/ in many ways empty space,/ I find it comfortable.//

その椅子が原子で出来ていて 隙間だらけだと知っているにも関わらず 心地よく感じます

I look out/ the window,/ and I realize/ that every single time/ we stop/ and I look out/ that window,/ framed in that window,/ wherever we are,/ I am observing more life/ than there is in the rest of the known universe/ beyond the planet/ Earth.//

窓の外を見ると気づきます 立ち止まって窓の外を見る度に 自分がどこにいようとも その窓から見える景色には 我々が知る宇宙にいる あらゆる生命体よりも多くの生物が いることを

If you go to the safari parks/ on Saturn or Jupiter,/ you will be disappointed.//

土星や木星のサファリパークに 行ったとしても がっかりするだけです

And I realize/ I'm observing/ this/ with the brain,/ the human brain,/ the most complex thing/ in the known universe.//

こうしたことは 脳で考えています 脳は 我々が知る中で最も複雑な器官です

That,/ to me,/ is an incredible thing.//

それは素晴らしいことなのです

And do/ you know/ what,/ that might be enough.//

それで十分なのかもしれません

Steven Weinberg,/ the Nobel laureate,/ once said,/ "The more/ the universe seems comprehensible,/ the more/ it seems pointless."//

ノーベル賞受賞者のスティーブ・ワインバーグの言葉です 「宇宙とは 理解を深めれば深めるほど 無意味に見えるものだ」

Now/ for some people,/ that seems to lead/ to an idea of nihilism.//

それを虚無主義と 結びつける人もいるでしょう

But for me,/ it doesn't.// That is a wonderful thing.//

でも私はそうは思いません これは素晴らしいことです

I'm glad/ the universe is pointless.//

宇宙が無意味なのは喜ばしいことです

It means/ if I get to the end of my life,/ the universe can't turn to me/ and go,/ "What have you been doing,/ you idiot?//

自分が人生の終わりを迎えても 宇宙はこんなことは言いません「お馬鹿さん

That's not the point."//

何してるんだい?的外れだよ」

I can make my own purpose.//

私は自分で目標を作れますし

You can make your own purpose.//

皆さんもそうです

We have the individual power/ to go,/ "This is/ what I want to do."//

私たちは「これが自分のしたいことだ」 という個々の力を持っています

And in a pointless universe,/ that,/ to me,/ is a wonderful thing.//

無意味な宇宙において これは素晴らしいことです

I have chosen to make/ silly jokes/ about quantum mechanics and the Copenhagen interpretation.//

量子力学とコペンハーゲン解釈についての 下らないジョークでした

You,/ I imagine,/ can do much better things/ with your time.//

皆さんは もっと意味のあることができるでしょう

Thank you/ very much.// Goodbye.//

どうもありがとう さようなら

(拍手)

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

gesture

〈U〉〈C〉(気持ちや考えを表現するときの)『身ぶり』,手まね,しぐさ

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(うわべにせよ,心からにせよ,礼儀・尊敬・友情などを表す)行為,しぐさ,印

〈人が〉身ぶり(手ぶり)をする;(人が…するように)身ぶり(手ぶり)で示す《+『for』+『名』〈人〉+『to』 do》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

rationalism

理性主義,合理主義

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

complaint

〈U〉(…についての)『不平』,苦情,泣きごと,ぐち《+『about』+『名』》

〈C〉(…についての)不平の種《+『about』+『名』》

〈C〉病気

〈C〉(…に対する)告訴,告発《+『against』+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

vivisection

生体解剖

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

roomy

間数の多い;広々とした,広い(spacious);(コートなど)ゆったりした

laughter

『笑い』,笑い声

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

ridiculous

『おかしな』・『ばかばかしい』,とんでもない

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

Shakespeare

シェークスピア(『William~』;1564‐1616;英国の大劇作家・詩人)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

typewriter

『タイプライター』

《まれ》タイピスト(typist)

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

worrying

悩みの種となる,やっかいな

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

insist

…‘と'『強く要求する』

…‘と'『主張する』

強く要求する《+『on』(『upon』)+『名』(a person['s]do『ing』)》

(…を)『主張する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

existentialism

実存主義

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

astrology

占星術(学)

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

rationalist

合理主義者

Pisces

魚座(うおざ)(the Fishes);双魚宮

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

banal

平凡な,陳腐な

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

collide

(…と)『ぶつかる』,衝突する《+『with』(『against』)+『名』》

〈意志・利害・犠的などが〉(…と)一致しない,〈人が〉(…と)衝突する《+『with』+『名』》

solar system

太陽系

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

astrological

星占いの,占星の,占星学の

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

good day

『こんにちは』(昼間の改まったあいさつ)

《古》さようなら

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

engulf

…‘を'飲む込む;《通例受動態で》(…に)…‘を'飲込み《+『名』+『in』+『名』》

red giant

赤色巨星(進化の中間段階にあり,太陽より大きく密度の薄い恒星)

worried

(人・表情などが)心配そうな

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

quantum

量子

interpretation

(…の)意味を明らかにすること,解明,説明《+『of』+『名』》

(芸術作品・夢などの)解釈《+『of』+『名』》

(音楽作品や劇の役割に一つの解釈を示す)演奏,演技《+『of』+『名』》

通訳

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

permutation

並べ変えること,順序を変えること

(数学で)順列,置換

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

rubbish

『くず』,がらくた,廃物

くだらない考え,ばかげたこと(nonsense)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

ah

『ああ』(悲しみ・嘆き・驚き・同情・喜び・得意・哀れみ・軽べつなどを表す声)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

reincarnation

転生(死後に霊魂が他の肉体に移ること);〈C〉生まれ変わり,化身

afterlife

死後の命,来世;余生

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

proviso

(法例・契約などの)ただし書き,条件

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

myriad

無数

《古》1万

無数の

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

apple

『リンゴ』;リンゴの木

pulsar

パルサー(規則的に電磁波を放射している天体)

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

Napoleon

ナポレオン1世(~『Bonaparte』;1769‐1821;コルシカ生まれのフランスの皇帝)

ナポレオン3世(『Louis ~ Bonaparte』;1808‐73;ナポレオン1世の甥(おい)で,フラン ス皇帝)

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

occupant

(ある家・土地などの)居住者,占有者《+『of』+『名』》

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

wasteful

浪費する;不経済な,むだな

totally

全く,完全に

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

sac

小袋,のう(動植物の内部にあり,特に液を含んだもの)

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

honesty

『正直』,実直,誠実

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

olfactory

嗅覚(きゅうかく)の

嗅覚器官,鼻

receptor

=sense organ

受信装置

probably

『たぶん』,『おそらく』

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

occurrence

〈U〉(事件などが)『起こること』,発生

〈C〉『でき事』,事件

basically

基本的に,根本的に;元来は

momentum

〈U〉〈C〉運動量(運動する物体の質量と速度の相乗積)

〈U〉(一般に)勢い,はずみ

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

ha

おや,はああ,ああ(驚き・喜び・疑い・ためらいなどを表す声)

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

vector

(数学で)ベクトル,方向量

(ハエ・カなどの)病原媒介昆虫

(飛行機,ミサイルなどの)脱路,軌道

spit

〈つば・食べ物など〉‘を'『吐く』,吐き出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…に)〈悪口など〉‘を'吐き出すように言う《+『out』+『名』+『at』+『名』》

(…に向かって)『つばを吐く』《+『at』(『in』,『into』,『on』,『upon』)+『名』》

つば(saliva)

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

predilection

(…に対する)ひいき,偏愛《+『for』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

gene

遺伝子

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

mechanic

『機械工』,職工

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

housework

家事(洗たく・アイロンかけ・掃除・料理など)

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

known

knowの過去分詞

『名高い』,知られた

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

planet

『惑星』,遊星

safari park

サファリパーク(動物を完全に放し飼いにした自然動物園)

Saturn

サトゥルヌス(ローマ神話の農業の神;ギリシア神話のCronus(クロノス)にあたる)

〈U〉土星

Jupiter

(また『Jove』)(ローマ神話の)ジュピター(天地を支配する神々の王;ギリシア神話のZeusに当たる)

木星

disappointed

当ての外れた

失望した,落胆した

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

laureate

《文》(名誉の印として)月桂冠(げっけいかん)をいただいた,桂冠(けいかん)の

(ある分野で)非常にすぐれた,名誉ある

桂冠詩人(poet laureate)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

comprehensible

理解できる,分かりやすい

pointless

先のとがっていない

要領を得ない,意味のない(senseless)

無益な,当てのない

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

nihilism

虚無主義,ニヒリズム

暴力革命主義;無政府主義

ca

circa

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

Copenhagen

コペンハーゲン(デンマークの首都)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画