TED日本語 - アンマリ-・トーマス: やわらか回路で体験型科学を

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アンマリ-・トーマスが、TED Uにおける実演を通して、家で作れる2種類の小麦粉粘土で電気の性質が説明できることを示します。LED電球を点けたり、モーターを回したり、小さな子どもを回路の設計者にしたりできるのです。

Script

私は体験型の教育が持つ力を信じていますが それには正しい道具が必要です 娘に電子工学のことを教えるのなら はんだごてを渡したりはしません 娘も 実験用の基板を持たされたら 小さな手で苦労することでしょう それで 優秀な教え子であるサムと一緒に 一番扱いやすいものを考え 小麦粉粘土を使うことにしました ひと夏かけて いろいろな小麦粉粘土の作り方を考えました 家で小麦粉粘土を作ったことがあれば どれもお馴染みのものでしょう 台所にあるごく普通の材料で作られています 私たちのお気に入りは2つ - 1つは水 小麦粉 塩 植物油 酒石英で作り もう1つは塩の代わりに砂糖を入れます 小麦粉粘土はすごいんです いろいろな形にできます

でも本当に面白いのは 粘土をつなぎ合わせた時です 塩をたくさん入れた小麦粉粘土は 電気をよく通します 目新しいことではありません 店で売っている小麦粉粘土も電気を通しますし 高校の物理の授業ではずっと前から使われています でも私たちが作った小麦粉粘土は 市販品の2倍電気を通します 砂糖を入れた粘土はどうでしょう? 塩の粘土よりも 150倍も電気を通しにくいのです だから 一緒にすると 電気回路が作れるのです 創造性に満ちた小さな子どもの手で 自ら作ることのできる回路です

(拍手)

どういうことか やってみましょう 塩入りの小麦粉粘土を - 皆さんが子どもの頃作ったようなやつです - 差し込みます - これは2本のリード線がついた普通の電池パックです - 家電店のレディオシャックだとか どこでも買えるものです - これを使って実際に 明かりをつけることができます 電気工学を学んだ人なら ショート回路はご存知でしょう 粘土をくっつけると明かりが消えます 電流はLEDではなく小麦粉粘土を流れるからです 離すとまた明かりがつきます 砂糖を入れた粘土を使ってみましょう 砂糖の粘土は電気を通さない 壁のようなものです 砂糖の粘土が間にあると 粘土がくっついていても 電球を差し込むと 明かりがつきます この粘土に動きをつけることもできます クルクル回る尻尾が欲しければ モーターに小麦粉粘土をつけて差し込みます すると回り出します

(拍手)

基本がわかれば もう少し複雑な回路も作れます これは 子どもたちが大好きな寿司回路です 電池につなぐと 並列と直列回路についての話ができます 電球をいくつもつないで 電気負荷などの話をすることができます 電球をたくさんつないで モーターまで加えるとどうなるでしょう? 明かりが暗くなります マイクロプロセッサをつないで 粘土の電気抵抗を読み取り グニャグニャ変わる音を出すこともできます 子どもと一緒に 並列・直列回路を作ることができます

必要なものは全て台所にあります 私たちは 台所を電気工学の実験室にしたのです ウェブサイトに全て載せています 家庭で作ることができます 動画もあって自分で試せます いろいろなところで使われていると聞くのがすごく楽しみです 子どもと一種に作ったユタ州のお母さん イギリスの科学研究者や ハワイのカリキュラム開発者も使っています

小麦粉粘土と塩 砂糖を手に 皆さんも遊んでみて下さい 台所が電気工学の実験室だとか 子どもが回路の設計者だとは 普通は思われていませんが 考えを変えるべきなのかもしれません

楽しんで下さい ありがとう

(拍手)

I'm a huge believer in hands-on education. But you have to have the right tools. If I'm going to teach my daughter about electronics, I'm not going to give her a soldering iron. And similarly, she finds prototyping boards really frustrating for her little hands. So my wonderful student Sam and I decided to look at the most tangible thing we could think of: Play-Doh. And so we spent a summer looking at different Play-Doh recipes. And these recipes probably look really familiar to any of you who have made homemade play-dough -- pretty standard ingredients you probably have in your kitchen. We have two favorite recipes -- one that has these ingredients and a second that had sugar instead of salt. And they're great. We can make great little sculptures with these.

But the really cool thing about them is when we put them together. You see that really salty Play-Doh? Well, it conducts electricity. And this is nothing new. It turns out that regular Play-Doh that you buy at the store conducts electricity, and high school physics teachers have used that for years. But our homemade play-dough actually has half the resistance of commercial Play-Doh. And that sugar dough? Well it's 150 times more resistant to electric current than that salt dough. So what does that mean? Well it means if you them together you suddenly have circuits -- circuits that the most creative, tiny, little hands can build on their own.

(Applause)

And so I want to do a little demo for you. So if I take this salt dough, again, it's like the play-dough you probably made as kids, and I plug it in -- it's a two-lead battery pack, simple battery pack, you can buy them at Radio Shack and pretty much anywhere else -- we can actually then light things up. But if any of you have studied electrical engineering, we can also create a short circuit. If I push these together, the light turns off. Right, the current wants to run through the play-dough, not through that LED. If I separate them again, I have some light. Well now if I take that sugar dough, the sugar dough doesn't want to conduct electricity. It's like a wall to the electricity. If I place that between, now all the dough is touching, but if I stick that light back in, I have light. In fact, I could even add some movement to my sculptures. If I want a spinning tail, let's grab a motor, put some play-dough on it, stick it on and we have spinning.

(Applause)

And once you have the basics, we can make a slightly more complicated circuit. We call this our sushi circuit. It's very popular with kids. I plug in again the power to it. And now I can start talking about parallel and series circuits. I can start plugging in lots of lights. And we can start talking about things like electrical load. What happens if I put in lots of lights and then add a motor? It'll dim. We can even add microprocessors and have this as an input and create squishy sound music that we've done. You could do parallel and series circuits for kids using this.

So this is all in your home kitchen. We've actually tried to turn it into an electrical engineering lab. We have a website, it's all there. These are the home recipes. We've got some videos. You can make them yourselves. And it's been really fun since we put them up to see where these have gone. We've had a mom in Utah who used them with her kids, to a science researcher in the U.K., and curriculum developers in Hawaii.

So I would encourage you all to grab some Play-Doh, grab some salt, grab some sugar and start playing. We don't usually think of our kitchen as an electrical engineering lab or little kids as circuit designers, but maybe we should.

Have fun. Thank you.

(Applause)

I'm a huge believer/ in hands-on education.//

私は体験型の教育が持つ力を信じていますが

But you have to have/ the right tools.//

それには正しい道具が必要です

If I'm going to teach/ my daughter/ about electronics,/ I'm not going to give/ her/ a soldering iron.//

娘に電子工学のことを教えるのなら はんだごてを渡したりはしません

And similarly,/ she finds/ prototyping boards really frustrating/ for her little hands.//

娘も 実験用の基板を持たされたら 小さな手で苦労することでしょう

So my wonderful student Sam/ and I decided to look/ at the most tangible thing/ we could think of:/ Play-Doh.//

それで 優秀な教え子であるサムと一緒に 一番扱いやすいものを考え 小麦粉粘土を使うことにしました

And so/ we spent a summer/ looking at different Play-Doh recipes.//

ひと夏かけて いろいろな小麦粉粘土の作り方を考えました

And these recipes probably look really familiar/ to any of you/ who have made homemade play-dough --/ pretty standard ingredients/ you probably have in your kitchen.//

家で小麦粉粘土を作ったことがあれば どれもお馴染みのものでしょう 台所にあるごく普通の材料で作られています

We have two favorite recipes --/ one/ that has these ingredients/ and a second/ that had sugar/ instead of/ salt.//

私たちのお気に入りは2つ - 1つは水 小麦粉 塩 植物油 酒石英で作り もう1つは塩の代わりに砂糖を入れます

And they're great.// We can make great little sculptures/ with these.//

小麦粉粘土はすごいんです いろいろな形にできます

But the really cool thing/ about them is/ when we put them together.//

でも本当に面白いのは 粘土をつなぎ合わせた時です

You see/ that really salty Play-Doh?//

塩をたくさん入れた小麦粉粘土は

電気をよく通します

And this is nothing new.//

目新しいことではありません

It turns out/ that regular Play-Doh/ that you buy at the store conducts electricity,/ and high school physics teachers have used/ that for years.//

店で売っている小麦粉粘土も電気を通しますし 高校の物理の授業ではずっと前から使われています

But our homemade play-dough actually has half the resistance of commercial Play-Doh.//

でも私たちが作った小麦粉粘土は 市販品の2倍電気を通します

And that sugar dough?//

砂糖を入れた粘土はどうでしょう?

Well/ it's 150 times more resistant/ to electric current/ than that salt dough.//

塩の粘土よりも 150倍も電気を通しにくいのです

So/ what does/ that mean?//

だから 一緒にすると

Well/ it means/ if you/ them together/ you suddenly have circuits --/ circuits/ that the most creative, tiny, little hands can build on their own.//

電気回路が作れるのです 創造性に満ちた小さな子どもの手で 自ら作ることのできる回路です

(拍手)

And so/ I want to do/ a little demo/ for you.//

どういうことか やってみましょう

So/ if I take this salt dough,/ again,/ it's like the play-dough/ you probably made as kids,/ and I plug it in --/ it's a two-lead battery pack,/ simple battery pack,/ you can buy them/ at Radio Shack/ and pretty much anywhere else --/ we can actually then light things up.//

塩入りの小麦粉粘土を - 皆さんが子どもの頃作ったようなやつです - 差し込みます - これは2本のリード線がついた普通の電池パックです - 家電店のレディオシャックだとか どこでも買えるものです - これを使って実際に 明かりをつけることができます

But/ if any of you have studied electrical engineering,/ we can also create a short circuit.//

電気工学を学んだ人なら ショート回路はご存知でしょう

If I push these together,/ the light turns off.//

粘土をくっつけると明かりが消えます

Right,/ the current wants to run/ through the play-dough, not through that LED.//

電流はLEDではなく小麦粉粘土を流れるからです

If I separate them again,/ I have some light.//

離すとまた明かりがつきます

Well now/ if I take that/ sugar dough,/ the sugar dough doesn't want to conduct/ electricity.//

砂糖を入れた粘土を使ってみましょう 砂糖の粘土は電気を通さない

It's like a wall/ to the electricity.//

壁のようなものです

If I place/ that between,/ now/ all the dough is touching,/ but/ if I stick/ that light back in,/ I have light.//

砂糖の粘土が間にあると 粘土がくっついていても 電球を差し込むと 明かりがつきます

In fact,/ I could even add some movement/ to my sculptures.//

この粘土に動きをつけることもできます

If I want a spinning tail,/ let's grab/ a motor,/ put some play-dough/ on it,/ stick it on/ and we have spinning.//

クルクル回る尻尾が欲しければ モーターに小麦粉粘土をつけて差し込みます すると回り出します

(拍手)

And/ once you have the basics,/ we can make a slightly more complicated circuit.//

基本がわかれば もう少し複雑な回路も作れます

We call this our sushi circuit.// It's very popular/ with kids.//

これは 子どもたちが大好きな寿司回路です

I plug/ in again/ the power to it.//

電池につなぐと

And now/ I can start talking/ about parallel and series circuits.//

並列と直列回路についての話ができます

I can start plugging/ in lots of lights.//

電球をいくつもつないで

And we can start talking/ about things/ like electrical load.//

電気負荷などの話をすることができます

What happens/ if I put in/ lots of lights/ and then add a motor?//

電球をたくさんつないで モーターまで加えるとどうなるでしょう?

It'll dim.//

明かりが暗くなります

We can even add microprocessors/ and have this/ as an input/ and create squishy sound music/ that we've done.//

マイクロプロセッサをつないで 粘土の電気抵抗を読み取り グニャグニャ変わる音を出すこともできます

You could do parallel and series circuits/ for kids/ using this.//

子どもと一緒に 並列・直列回路を作ることができます

So this is all in your home kitchen.//

必要なものは全て台所にあります

We've actually tried to turn/ it/ into an electrical engineering lab.//

私たちは 台所を電気工学の実験室にしたのです

We have a website,/ it's all there.// These are the home recipes.//

ウェブサイトに全て載せています 家庭で作ることができます

We've got some videos.// You can make them/ yourselves.//

動画もあって自分で試せます

And it's been really fun/ since we put them up/ to see/ where these have gone.//

いろいろなところで使われていると聞くのがすごく楽しみです

We've had a mom/ in Utah/ who used them/ with her kids,/ to a science researcher/ in the U.K.//,/ and curriculum developers/ in Hawaii.//

子どもと一種に作ったユタ州のお母さん イギリスの科学研究者や ハワイのカリキュラム開発者も使っています

So I would encourage you all/ to grab some Play-Doh,/ grab some salt,/ grab some sugar/ and start playing.//

小麦粉粘土と塩 砂糖を手に 皆さんも遊んでみて下さい

We don't usually think of our kitchen/ as an electrical engineering lab or little kids/ as circuit designers,/ but maybe/ we should.//

台所が電気工学の実験室だとか 子どもが回路の設計者だとは 普通は思われていませんが 考えを変えるべきなのかもしれません

Have fun.// Thank you.//

楽しんで下さい ありがとう

(拍手)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

believer

(…を)信じる人,(…の)信奉者,信者《+『in』+『名』》

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

electronic

『電子の』,エレクトロンの

solder

はんだ

…‘を'はんだで接ぐ;(はんだでつけるように)…‘を'接ぎ合わせる

iron

〈U〉『鉄』

〈U〉鉄のように堅い(強い,冷たい)こと

〈C〉鉄製の器具

〈C〉[電気]『アイロン』

〈C〉アイアン(球を打つ部分が金属のゴルフクラブ)

〈C〉《複数形で》手かせ,足かせ

《名詞の前にのみ用いて》『鉄の』,鉄製の

鉄のように堅い(強い,冷たい)

…‘に'アイロンをかける

〈人が〉アイロンをかける

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

tangible

手で触ることのできる,触知できる

実体のある,有形の;現実の

明白な,確実な

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

homemade

自家製の

国産の

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

kitchen

『台所』,調理場

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

instead

『その代りとして』,それよりも

salt

〈U〉『塩』食塩

〈U〉(化学で)塩

《複数形で》薬用塩類(Epsom salt[s],smelling salts)

〈U〉生気(刺激,興趣)を与えるもの

〈C〉《話》(特に老練な)水夫

塩の,塩を含んでいる;塩気のある,塩辛い

塩漬けにした

(土地が)塩につかった

塩信でできた,塩水の中で育つ

〈食べ物〉‘を'塩で味をつける;〈肉・魚など〉‘を'塩漬けにして保存する《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

《受動態で》(…で)〈言葉・話なで〉‘を'ぴりっとさせる,‘に'味をつける《+『名』+『with』+『名』》

sculpture

〈U〉『彫刻』,彫刻術

〈C〉『彫刻品』,《集合的に》彫刻作品

〈石・柱など〉‘に'彫刻する,‘を'彫刻で飾る

…‘を'像(模様など)を作る

(浸食で)〈岩など〉‘を'彫刻したように変形させる

彫刻する

salty

塩のきいた,塩辛い

《話》海の,船乗りの;海上生活の

ぴりっとしたところのある,辛らつな

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

physics

『物理学』

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

dough

練り粉,こね粉,生パン

《おもに米俗》金銭,ぜに

resistant

抵抗力のある;(…に)抵抗する《+『to』+『名』》

electric current

電流

suddenly

『突然に』,だしぬけに

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

creative

『創造力のある』

『独創的な』

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

shack

掘っ建て小屋

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

electrical engineering

電気工学

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

short circuit

(電気の)短絡,ショート 漏電

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

LED

light-emitting diode

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

lights

(羊・豚などの)肺臓

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

dim

『薄暗い』,ほの暗い

はっきり見えない(聞こえない,理解できない)

(考え・記憶などが)はっきりしない,ぼんやりした

(色などが)くすんだ,光沢のない

批判的な,悲観的な

《話》(人が)ばかな,愚かな

(目が)かすんだ

…‘を'『薄暗くする』,ぼんやりさせる

『薄暗くなる』,かすかになる

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

squishy

ぬれて柔らかい,ぐしょぐしょの

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

lab

実験室(laboratory)

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

yourselves

yourself の複数形

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

mom

=mother

Utah

ユタ州(米国西部の州;州都はSalt Lake City;《略》『UT』,『Ut.』:モルモン教徒が多いので有名)・北米インディアン ユテ族の言葉「山の住民」の意

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

researcher

研究者,調査員

curriculum

(学校の)教科課程

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

Hawaii

『ハワイ州』(ハワイ諸島より成る米国の州;州都はHonolulu)

ハワイ島(ハワイ諸島中の最大の島)

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

designer

『設計者』,デザイナー

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

関連動画