TED日本語 - アリエル・ガルテン: 汝自身を知れ ― 脳スキャンから学ぶこと

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アリエル・ガルテン: 汝自身を知れ ― 脳スキャンから学ぶこと

TED Talks

汝自身を知れ ― 脳スキャンから学ぶこと
Know thyself, with a brain scanner
アリエル・ガルテン
Ariel Garten

内容

思考で操作するゲームを想像してください。ゲームによってストレス回避法やリラックス法や集中法が分かるのです。TEDxトロントにて、アリエル・ガルテンが脳の活動解析によって「汝自身を知れ」という古の格言に新たな意味を見出します。

Script

The maxim, "Know thyself" has been around since the ancient Greeks. Some attribute this golden world knowledge to Plato, others to Pythagoras. But the truth is it doesn't really matter which sage said it first, because it's still sage advice, even today. "Know thyself." It's pithy almost to the point of being meaningless, but it rings familiar and true, doesn't it? "Know thyself." I understand this timeless dictum as a statement about the problems, or more exactly the confusions, of consciousness. I've always been fascinated with knowing the self. This fascination led me to submerge myself in art, study neuroscience and later to become a psychotherapist.

Today I combine all my passions as the CEO of InteraXon, a thought-controlled computing company. My goal, quite simply, is to help people become more in tune with themselves. I take it from this little dictum, "Know thyself." If you think about it, this imperative is kind of the defining characteristic of our species, isn't it? I mean, it's self-awareness that separates Homo sapiens from earlier instances of our mankind.

Today we're often too busy tending to our iPhones and iPods to really stop and get to know ourselves. Under the deluge of minute-to-minute text conversations, emails, relentless exchange of media channels and passwords and apps and reminders and Tweets and tags, we lose sight of what all this fuss is supposed to be about in the first place: ourselves. Much of the time we're transfixed by all of the ways we can reflect ourselves into the world. And we can barely find the time to reflect deeply back in on our own selves. We've cluttered ourselves up with all this. And we feel like we have to get far, far away to a secluded retreat, leaving it all behind.

So we go far away to the top of a mountain, assuming that perching ourselves on a piece is bound to give us the respite we need to sort the clutter, the chaotic everyday, and find ourselves again. But on that mountain where we gain that beautiful peace of mind, what are we really achieving? It's really only a successful escape. Think of the term we use, "Retreat." This is the term that armies use when they've lost a battle. It means we've got to get out of here. Is this how we feel about the pressures of our world, that in order to get inside ourselves, you have to run for the hills? And the problem with escaping your day-to-day life is that you have to come home eventually. So when you think about it, we're almost like a tourist visiting ourselves over there. And eventually that vacation's got to come to an end.

So my question to you is, can we find ways to know ourselves without the escape? Can we redefine our relationship with the technologized world in order to have the heightened sense of self-awareness that we seek? Can we live here and now in our wired web and still follow those ancient instructions, "Know thyself?" I say the answer is yes. And I'm here today to share a new way that we're working with technology to this end to get familiar with our inner self like never before -- humanizing technology and furthering that age-old quest of ours to more fully know the self. It's called thought-controlled computing.

You may or may not have noticed that I'm wearing a tiny electrode on my forehead. This is actually a brainwave sensor that's reading the electrical activity of my brain as I give this talk. These brainwaves are being analyzed and we can see them as a graph. Let me show you what it looks like. That blue line there is my brainwave. It's the direct signal being recorded from my head, rendered in real time. The green and red bars show that same signal displayed by frequency, with lower frequencies here and higher frequencies up here. You're actually looking inside my head as I speak. These graphs are compelling, they're undulating, but from a human's perspective, they're actually not very useful. That's why we've spent a lot of time thinking about how to make this data meaningful to the people who use it.

For instance, what if I could use this data to find out how relaxed I am at any moment? Or what if I can take that information and put it into an organic shape up on the screen? The shape on the right over here has become an indicator of what's going on in my head. The more relaxed I am, the more the energy's going to fall through it. I may also be interested in knowing how focused I am, so I can put my level of attention into the circuit board on the other side. And the more focused my brain is, the more the circuit board is going to surge with energy.

Ordinarily, I would have no way of knowing how focused or relaxed I was in any tangible way. As we know, our feelings about how we're feeling are notoriously unreliable. We've all had stress creep up on us without even noticing it until we lost it on someone who didn't deserve it, and then we realize that we probably should have checked in with ourselves a little earlier. This new awareness opens up vast possibilities for applications that help improve our lives and ourselves. We're trying to create technology that uses the insights to make our work more efficient, our breaks more relaxing and our connections deeper and more fulfilling than ever. I'm going to share some of these visions with you in a bit, but first I want to take a look at how we got here. By the way, feel free to check in on my head at any time.

(Laughter)

My team at InteraXon and I have been developing throught-controlled application for almost a decade now. In the first phase of development we were really enthused by all the things we could control with our mind. We were making things activate, light up and work just by thinking. We were transcending the space between the mind and the device. We brought to life a vast array of prototypes and products that you could control with your mind, like thought-controlled home appliances or slot car games or video games or a levitating chair. We created technology and applications that engaged people's imaginations, and it was really exciting.

And then we were asked to do something really big for the Olympics. We were invited to create a massive installation at the Vancouver 2010 winter Olympics, were used in Vancouver, got to control the lighting on the C.N. Tower, the Canadian Parliament buildings and Niagara Falls from all the way across the country using their minds. Over 17 days at the Olympics 7,000 visitors from all over the world actually got to individually control the light from the C.N. Tower, parliament and Niagara in real time with their minds from across the country,3,000 km away. So controlling stuff with your mind is pretty cool.

But we're always interested in multi-tiered levels of human interaction. And so we began looking into inventing thought-controlled applications in a more complex frame than just control. And that was responsiveness. We realized that we had a system that allowed technology to know something about you. And it could join into the relationship with you. We created the responsive room where the lights music and blinds adjusted to your state. They followed these little shifts in your mental activity. So as you settled into relaxation at the end of a hard day, on the couch in our office, the music would mellow with you. When you read, the desk lamp would get brighter. If you nod off, the system would know, dimming to darkness as you do.

We then realized that if technology could know something about you and use it to help you, there's an even more valuable application than that. That you could know something about yourself. We could know sides of ourselves that were all but invisible and come to see things that were previously hidden. Let me show you an example of what I'm talking about here.

Here's an application that I created for the iPad. So the goal of the original game Zen Bound is to wrap a rope around a wooden form. So you use it with your headset. The headset connects wirelessly to an iPad or a smartphone. In that headset you have fabric sensors on your forehead and above the ear. In the original Zen Bound game, you play it by scrolling your fingers over the pad. In the game that we created, of course, you control the wooden form that's on the screen there with your mind. As you focus on the wooden form, it rotates. The more you focus, the faster the rotation. This is for real. This is not a fake. What's really interesting to me though is at the end of the game you get stats and feedback about how you did. You have graphs and charts that tell you how your brain was doing -- not just how much rope you used or what your high score is, but what was going on inside of your mind. And this is valuable feedback that we can use to understand what's going on inside of ourselves.

I like to call this "intra-active." Normally we think about technology as interactive. This technology is intra-active. It understands what's inside of you and builds a sort of responsive relationship between you and your technology so that you can use this information to move you forward. So you can use this information to understand you in a responsive loop. At InteraXon, intra-active technology is one of our really defining mandates. It's how we understand the world inside and reflect it outside into this tight loop.

For example, thought-controlled computing can teach children with ADD how to improve their focus. With ADD, children have a low proportion of beta waves for focus states and a high proportion of theta states. So you can create applications that reward focused brain states. So you can imagine kids playing video games with their brain waves and improving their ADD symptoms as they do it. This can be as effective as Ritalin. Perhaps even more importantly, thought-controlled computing can give children with ADD insights into their own fluctuating mental states, so they can better understand themselves and their learning needs. The way these children will be able to use their new awareness to improve themselves will upend many of the damaging and widespread social stigmas that people who are diagnosed as different are challenged with.

We can peer inside our heads and interact with what was once locked away from us, what once mystified and separated us. Brainwave technology can understand us, anticipate our emotions and find the best solutions for our needs. Imagine this collected awareness of the individual computed and reflected across an entire lifespan. Imagine the insights that you can gain from this kind of second sight. It would be like plugging into your own personal Google.

On the subject of Google, today you can search and tag images based on the thoughts and feelings you had while you watched them. You can tag pictures of baby animals as happy, or whatever baby animals are to you, and then you can search that database, navigating with your feelings, rather than the keywords that just hint at them. Or you could tag Facebook photos with the emotions that you had associated with those memories and then instantly prioritize the streams that catch your attention, just like this. Humanizing technology is about taking what's already natural about the human-tech experience and building technology seamlessly in tandem with it. As it aligns with our human behaviors, it can allow us to make better sense of what we do and, more importantly, why, creating a big picture out of all the important little details that make up who we are.

With humanized technology we can monitor the quality of your sleep cycles. When our productivity starts to slacken, we can go back to that data and see how we can make more effective balance between work and play. Do you know what causes fatigue in you or what brings out your energetic self, what triggers cause you to be depressed or what fun things are going to bring you out of that funk? Imagine if you had access to data that allowed you to rank on a scale of overall happiness which people in your life made you the happiest, or what activities brought you joy. Would you make more time for those people? Would you prioritize? Would you get a divorce?

What thought-controlled computing can allow you to do is build colorful layered pictures of our lives. And with this, we can get the skinny on our psychological happenings and build a story of our behaviors over time. We can begin to see the underlying narratives that propel us forward and tell us about what's going on. And from this, we can learn how to change the plot, the outcome and the character of our personal stories.

Two millennia ago, those Greeks had some powerful insights. They knew that a fundamental piece falls into place when you start to live out their little phrase, when you come into contact with yourself. They understood the power of human narrative and the value that we place on humans as changing, evolving and growing. But they understood something more fundamental -- the sheer joy in discovery, the delight and fascination that we get from the world and being ourselves in it, the richness that we get from seeing, feeling and knowing the lives that we are.

My mom's an artist, and as a child I'd often see her bring things to life with the stroke of a brush. One moment it was all white space, pure possibility. The next, it was alive with her colorful ideas and expressions. As I sat easel-side, watching her transform canvas after canvas, I learned that you could create your own world. I learned that our own inner worlds -- our ideas, emotions and imaginations -- were, in fact, not bound by our brains and bodies. If you could think it, if you could discover it, you could bring it to life.

To me, thought-controlled computing is as simple and powerful as a paintbrush -- one more tool to unlock and enliven the hidden worlds within us. I look forward to the day that I can sit beside you, easel-side, watching the world that we can create with our new toolboxes and the discoveries that we can make about ourselves.

Thank you.

(Applause)

「汝自身を知れ」 この格言は古代ギリシャから ずっと知られています この世界的な金言を プラトンの言葉だという人もいれば ピタゴラスだという人もいます しかし 誰が最初に言ったのかは 実はあまり重要ではありません 現代でも通用する 賢者の教えだからです 「汝自身を知れ」 この言葉は簡単なので まるで意味がないかのようですが 身近で真実を言い得た言葉 のように響きませんか? 「汝自身を知れ」 私はこの普遍的な格言が 「意識の問題」 もっと正確には 「意識の混乱」を 表すと捉えています 私は自分自身を知ることに に魅了されてきました その魅力に従って 芸術にどっぷり浸かり 神経科学を学び 最終的には 心理療法士になりました

現在は 思考によるコンピュータ操作技術の インテラクソン社CEOとしての仕事に 情熱のすべてを注いでいます 私の目標は非常に単純で 人が自分自身と 調和していられるようにしたいのです 私はこの 「汝自身を知れ」 を 元にして自らのゴールを決めました 考えてみれば この格言の教えは 我々人類固有の 特徴のようなもの だと思いませんか? つまり 自己認識こそが 我々ホモサピエンスと それ以前の人類とを分けるものです

現在 私たちはしばしば iPhoneやiPodを気にしてばかりで 立ち止まって 自分を深く理解できていません 絶え間なく 溢れんばかりの メッセージ交換 eメール、多様なメディアを介した 膨大な情報のやりとり パスワード アプリ リマインダ ツイートにタグ それらに私たちは埋もれてしまい 私たち自身の役に立つ為という 騒がしいツールの 本来の役割を忘れています 自分のことを 世界に発信する為に 様々な方法に釘付けになり 時間を費やしていますが 私たち自身のことを深く考える時間は ほとんどありません 多くのツールに心を乱されています 逃れるには ツールを全て手放して 遠く 閑散な地に 「撤退」するしかないと感じています

そして はるか遠くの 山の頂上まで行くのです そこで羽を休めることによって 確実に休息が取れて 慌ただしい毎日を整理して 自分を見直せると思い込んでいます しかし そんな山で 素晴らしい平穏を得られたとしても 一体何が達成できる のでしょうか? ただ逃げ出すのに成功するだけです 「撤退」 という言葉は 戦いに負けた時に 軍隊が使用する言葉で 今居る所から抜け出すことです 自分自身を知るために 高い丘へと逃げ出す必要があるほどに 自分の世界から プレッシャーを感じているのですか? そして 日常生活から抜け出して 考えたとしても 最終的には現実に戻る必要が あるのです ですから この方法を考えてみると 我々は ひょっこり自分を訪ねてくる 旅行者のようです 休暇を終えたら 結局 日常に戻ってしまうのです

皆さんにお聞きしますが 逃避することなく自分の内面を 知る方法はあるでしょうか? 自分自身が求める 高い自己認識ができるように テクノロジーに囲まれた世界との 付き合い方を とらえ直すことはできるのでしょうか? ネットに繋がれた現代に生きながら 古からの教訓 「汝自身を知れ」 を 実践できるでしょうか? 私は「できる」 と思います 今日はその方法をご紹介します これは我々が研究しているテクノロジーで かつてないほど自分の内面が 分かる方法です 人が人であるようにする技術で 古くから求めてきた 自己を知ることを さらに推し進めるのです これは「思考によるコンピュータ操作」と呼ばれています

見てみてください 私の額には小さな電極がついています これは私がお話ししている間も 発生している脳の電気的活動を 感知する脳波センサーで 脳波は分析され 波形として描かれます どのようなものか お見せしましょう 画面の青線が私の脳波図です これは頭から計測された信号で リアルタイムに描画されています 緑と赤の縦棒は 同じ信号を 周波数帯で表示しています 低周波が左で高周波が右です 話している私の脳波が実際に 見えているのです 説得力がありますね 本当に波打っています しかし 人間にとっては このままでは役に立ちません そのため どうすれば このデータを 人間に役立てることが出来るか 長期間 研究してきました

例えば その時 どの程度 リラックスしているか データで分かったらどうでしょうか? またはその情報を取り出して スクリーン上で有機的な形として 表示できたらどうでしょうか? この右側の形状を見れば 私の頭のなかで 思考回路がどう働いているのか 教えてくれます リラックスすればするほど よりエネルギーが流れるようになります 集中度を測りたいと 思ったならば 逆の左側の回路を 観察すればよいのです 集中すればするほど 脳の回路にエネルギーが満ちていきます

通常であれば 集中度やリラックス度を 具体的に知る方法はありませんでした 私たちは自分自身の感情を 全く理解していないことがあります 知らず知らずのうちに ストレスに影響されて 八つ当たりをしてしまい 自分がどんな気分だったか 判っていたらなと 冷静になってから後悔する こともあります この新しい自己認識の方法は 暮らしと私達自身が 向上する可能性を大幅に広げます 効率よく働いたり 休憩で もっとリラックスしたり 人との繋がりを深めたり もっと充実したものにする為の テクノロジーを築こうとしているのです 実現しようとしているビジョンを 少し見ていただきます しかしその前にそこまでの経緯を見てください 私の脳波はいつでも見ていただいて 構いませんけどね

(笑)

インテラクソンのチームと一緒に もう10年近く思考による操作のアプリケーションの開発を続けています 開発当初 熱意を注いでいたのは 思考で何かをコントロールすることです 考えるだけで起動させたり 明かりを点けたり 出来るものを作りました 私達は思考と装置にある 距離を超越してきました 思考でコントロールできる何種類もの 試作品や製品を生み出してきました 例えば思考で操作できる家電や スロットカーゲームやビデオゲーム 浮かんで移動するイスなどです 想像力を必要とするテクノロジーや 応用した仕組みを作り とても夢中になりました

そしてオリンピックに向けて 大きな事ができないか問われました 2010年バンクーバー冬季オリンピックで 大規模なインスタレーションの実施を請われ バンクーバーに居ながらにして CNタワーやカナダ国会議事堂 ナイアガラの滝 それぞれに設置した照明を 遠く離れた場所から 思考だけで コントロールするものでした 五輪に集まった世界中の観客7,000人が 17日間に渡って 実際に3,000キロ離れた照明を 全員がリアルタイムで操作しました CNタワー 国会議事堂 ナイアガラの滝の 照明をコントロールしたのです 思考によるコントロールは かなり見栄えがするものでしたが

チームは多層な人間の相互作用の方に 興味がありました そして 単純なコントロールよりも 複雑な枠組みの 思考による操作のアプリケーションの発明に取り掛かりました そして意識の反応に辿りつきました 自分のことが分かるテクノロジーを 作れると実感しました テクノロジーと付き合うことで 自分の状態が分かるようになるのです 私たちは 照明や音楽やブラインドが 自己の状態に応じて変化する感応室を作りました 部屋の機器が精神活動のわずかな変化に反応します 例えばその部屋のカウチで 多忙な日を終えて リラックスし始めると音楽もメロウになります 本を開くと 机の照明が明るくなります うとうとしてきたら システムが判断し 人が眠りに落ちるのに合わせて 徐々に明かりを落とします

自分のことが分かるテクノロジーがあり 自分の為に使えるなら 感応室より 価値のある 使い方があると 後から気がつきました 自分自身について知ることができること 自分では分からない 性格の側面を知れたり 以前は知りえなかったことが 分かるようになります 例をお見せしましょう

これはiPad用に作成された アプリケーションです 『ゼンバウンド』は元々 木型をロープで巻くゲームです これをヘッドセットで操作します iPadやスマートフォンにワイヤレスで 接続したヘッドセットには 額と耳の上に布製のセンサーがあります 元々の『ゼンバウンド』は パッド上で指をスクロールして操作します 私たちが作ったゲームでも もちろんあなたの思考で 木型をコントロールします 木型に集中すると 木型が回転します 集中が高まれば高まるほど より速く回転します 画面は実際のもので デモ用の作りものではありません しかし本当に興味深いのは ゲームの最後に統計と あなたの思考に対する フィードバックが表示されることです グラフや表で脳がどんな風に 動いていたかがわかります どれだけロープを使ったかとか ハイスコアが分かるだけでなく あなたの心の中で 何が起こっていたかが分かるのです このフィードバックは 自分の内面がどうなっていたのかが 理解できるという貴重なものです

私はこれを 『イントラ・アクティブ』 と呼んでいます 通常 テクノロジーは相互作用的 つまり インタラクティブだと思われていますが このテクノロジーは 内側で機能するのです このテクノロジーは自分の内面を理解し 自分に情報を返すという 関係性を築きます 私たちは そこで返ってくる情報で 自分自身を推し進めることができるのです 反応のループの中で その情報を使って自分を理解できるのです イントラクソンでは イントラ・アクティブテクノロジーは 私たち固有の任務の一つです このテクノロジーで私たちは 自分の内なるものを理解し 外部への表現に 即座に反映できます

例えば思考によるコンピュータ操作を用いれば ADDを持つ子に 集中力の 高め方を教えることができます ADDの子どもたちは集中した状態の ベータ波の割合が少なく シータ状態の割合が高いのです 集中した脳の状態を奨励する アプリケーションがあれば 子どもがビデオゲームの中で 自分の脳波をコントロールし ADDの症状を自ら改善するでしょう リタリンと同じくらいの効果が期待できます おそらくもっと重要なことは 思考によるコンピュータ操作で ADDの子どもが 自分の変動する精神状態を感じることができて 自分自身と 自分に合った学習方法を 知ることが出来るのです 自分の状態を知り 症状を自ら改善するという方法によって 世間の汚名を覆すことが出来るでしょう 彼らは人と違うと診断され 汚名を着せられているのです

私たちは 頭の中をしっかりと見つめ これまでは手が届かなかったもの 不可思議で近づけなかったものと 協調することができます 脳波解析技術が 私たちを理解し 感情を予測し 最善の解決策をもたらします 一生に渡って計算され解析された 自己意識の結集を想像してみてください 客観的な視点から得られる 自己への洞察を想像してみてください それは自分専用のGoogleに繋ぐようなものです

Googleでは 画像を見た時の考えや気分次第で 画像にタグ付けしたり 検索したり出来ます happy という感情を どんな動物でも構いません 動物の赤ちゃんに タグ付けし そのデータベースを検索することも可能です キーワードではなく その「感情」でデータベースを検索するのです Facebookの写真に 思い出から湧き出る感情を タグ付けしておくと あなたが惹きつけられる順に 即座に並べて表示してくれます これだけで テクノロジーを人間に近づけるというのは すでに自然となっている人とテクノロジーの関わり方を 統合することなのです 人間行動に適用すると 何を実行すべきか さらにもっと重要なことに なぜ実行したのかが 掴めるようになります 私たちを形作る 重要で しかしわずかな手掛かり全てから 全体像をつかめるのです

人間に近づいたテクノロジーを使えば 睡眠サイクルの質を監視できます 生産性が低下するタイミングがあれば データを解析して 仕事と休憩の より効果的な バランスを見つけられます 他には 何が疲労の原因なのか 何が元気の源なのか どんなきっかけで落ち込むのか 何をすればうっぷんを晴らせるのか 知っていますか? 想像してみて下さい データがあれば幸せにも順位をつけることが 可能なのです 誰と居ると一番幸せなのか とか 何をしていると嬉しいのか とか あなたを幸せにする人との時間を増やしますか? それを優先しますか? じゃあ 離婚しますか?

思考によるコンピュータ操作は何層にもなる 色鮮やかな人生像を作りだします これで 心理的な出来事の意味を知り 長期間に渡る行動のストーリーを 作ることができます 私たちを前進させ 何が起きているのかを教えてくれる 根底にあるメッセージが見えるようになるでしょう このことで 人生の流れや結果 人格を 自らの手で 変えることができます

2,000年前にギリシャの賢人達は 鋭い洞察力を持っていました 短い金言にならって生きて 自分を見つめれば 大切なことがうまくいくということを 知っていました 彼らはメッセージの力と 人間の価値を 変化し 進化し 成長していくものと捉えていました しかし彼らはもっと根本的なことも 分かっていました 発見から得られる純粋な喜びや 世界と またそこで自分らしくあることから 得られる喜びや感銘 自分自身の人生を見つめること 感じること そして 知ることから得られる 豊かさを理解していたのです

私の母はアーティストでした 子どもの頃 母が絵筆を走らせて 絵に命を吹き込むのをよく見ていました 最初は真っ白なキャンバスが どんな絵にもなる可能性がありました すぐに母の色鮮やかな アイデアと表現で 生き生きしたものになりました 母の傍に座り 次々にキャンバスに絵が描かれていくのを見て 私は 自分の世界は自分で作れる ということを学びました 私たちの内面のアイデアや 感情や想像力は 脳や体に束縛されてはいないのだ と学んだのです 考えることができ 発見することができれば 実現することができるのです

私にとって思考によるコンピュータ操作は 絵筆のように単純で強力です 隠された自己世界への 扉を開け 活性化するひとつの道具です 楽しみなのは いつか あなたの傍に座り 新しい道具箱を開いて 私たちが作り出す世界と 私たち自身にとっての さらなる発見に 遭遇することです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画