TED日本語 - ジェイミー・ドラモンド: 世界の目標はクラウドソーシングで達成しよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェイミー・ドラモンド: 世界の目標はクラウドソーシングで達成しよう

TED Talks

世界の目標はクラウドソーシングで達成しよう
Let's crowd-source the world's goals
ジェイミー・ドラモンド
Jamie Drummond

内容

西暦2000年、国連は貧困の撲滅・疾病の防止をはじめとする、より良い世界の実現に向けた8つのゴール(ミレニアム開発目標)を設定。達成期限である2015年が近づく中、ONE.orgのジェイミー・ドラモンドが、ミレニアム開発目標の目覚ましい成功事例を解説します。さらに、クラウドソーシングによって民衆の参加を促し、向こう15年の活動を建て直そうと訴えます。

Script

So let me start by taking you back, back into the mists of your memory to perhaps the most anticipated year in your life, but certainly the most anticipated year in all human history: the year 2000. Remember that? Y2K, the dotcom bubble, stressing about whose party you're going to go to as the clock strikes midnight, before the champagne goes flat, and then there's that inchoate yearning that was felt, I think, by many, that the millennium, that the year 2000, should mean more, more than just a two and some zeroes.

Well, amazingly, for once, our world leaders actually lived up to that millennium moment and back in 2000 agreed to some pretty extraordinary stuff: visionary, measurable, long-term targets called the Millennium Development Goals.

Now, I'm sure you all keep a copy of the goals under your pillow, or by the bedside table, but just in case you don't, and your memory needs some jogging, the deal agreed then goes like this: developing countries promised to at least halve extreme poverty, hunger and deaths from disease, alongside some other targets, by 2015, and developed nations promised to help them get that done by dropping debts, increasing smart aid, and trade reform.

Well, we're approaching 2015, so we'd better assess, how are we doing on these goals? But we've also got to decide, do we like such global goals? Some people don't. And if we like them, we've got to decide what we want to do on these goals going forward. What does the world want to do together? We've got to decide a process by which we decide.

Well, I definitely think these goals are worth building on and seeing through, and here's just a few reasons why. Incredible partnerships between the private sector, political leaders, philanthropists and amazing grassroots activists across the developing world, but also 250,000 people marched in the streets of Edinburgh outside this very building for Make Poverty History.

All together, they achieved these results: increased the number of people on anti-retrovirals, life-saving anti-AIDS drugs; nearly halved deaths from malaria; vaccinated so many that 5.4 million lives will be saved. And combined, this is going to result in two million fewer children dying every year, last year, than in the year 2000. That's 5,000 fewer kids dying every day,ten times you lot not dead every day, because of all of these partnerships. So I think this is amazing living proof of progress that more people should know about, but the challenge of communicating this kind of good news is probably the subject of a different TEDTalk. Anyway, for now, anyone involved in getting these results, thank you. I think this proved these goals are worth it.

But there's still a lot of unfinished business. Still,7.6 million children die every year of preventable, treatable diseases, and 178 million kids are malnourished to the point of stunting, a horrible term which means physical and cognitive lifelong impairment. So there's plainly a lot more to do on the goals we've got.

But then, a lot of people think there are things that should have been in the original package that weren't agreed back then that should now be included, like sustainable development targets, natural resource governance targets, access to opportunity, to knowledge, equity, fighting corruption. All of this is measurable and could be in the new goals.

But the key thing here is, what do you think should be in the new goals? What do you want? Are you annoyed that I didn't talk about gender equality or education? Should those be in the new package of goals?

And quite frankly, that's a good question, but there's going to be some tough tradeoffs and choices here, so you want to hope that the process by which the world decides these new goals is going to be legitimate, right?

Well, as we gather here in Edinburgh, technocrats appointed by the U.N. and certain governments, with the best intentions, are busying themselves designing a new package of goals, and currently they're doing that through pretty much the same old late-20th-century, top-down, elite, closed process.

But, of course, since then, the Web and mobile telephony, along with ubiquitous reality TV formats have spread all around the world. So what we'd like to propose is that we use them to involve people from all around the world in an historic first: the world's first truly global poll and consultation, where everyone everywhere has an equal voice for the very first time.

I mean, wouldn't it be a huge historic missed opportunity not to do this, given that we can? There's hundreds of billions of your aid dollars at stake, tens of millions of lives, or deaths, at stake, and, I'd argue, the security and future of you and your family is also at stake.

So, if you're with me, I'd say there's three essential steps in this crowdsourcing campaign: collecting, connecting and committing.

So first of all, we've got to ground this campaign in core polling data. Let's go into every country that will let us in, ask 1,001 people what they want the new goals to be, making special efforts to reach the poorest, those without access to modern technology, and let's make sure that their views are at the center of the goals going forward.

Then, we've got to commission a baseline survey to make sure we can monitor and progress the goals going forward. The original goals didn't really have good baseline survey data, and we're going to need the help of big data through all of this process to make sure we can really monitor the progress.

And then we've got to connect with the big crowd. Now here, we see the role for an unprecedented coalition of social media giants and upstarts, telecoms companies, reality TV show formats, gaming companies, telecoms, all of them together in kind of their "We Are The World" moment. Could they come together and help the Millennium Development Goals get rebranded into the Millennial Generation's Goals? And if just five percent of the five billion plus who are currently connected made a comment, and that comment turned into a commitment, we could crowdsource a force of 300 million people around the world to help see these goals through.

If we have this collected data, and this connected crowd, based upon our experience of campaigning and getting world leaders to commit, I think world leaders will commit to most of the crowdsourced recommendations.

But the question really is, through this process will we all have become committed? And if we are, are we ready to iterate, monitor and provide feedback, make sure these promises are really delivering results?

Well, there's some fantastic examples here to scale up, mostly piloted within Africa, actually. There's Open Data Kenya, which geocodes and crowdsources information about where projects are, are they delivering results. Often, they're not in the right place. And Ushahidi, which means "witness" in Swahili, which geocodes and crowdsources information in complex emergencies to help target responses. This is some of the most exciting stuff in development and democracy, where citizens on the edge of a network are helping to force open the process to make sure that the big global aid promises and vague stuff up at the top really delivers for people at a grassroots level and inverts that pyramid. This openness, this forcing openness, is key, and if it wasn't entirely transparent already, I should be open: I've got a completely transparent agenda.

Long-term trends suggest that this century is going to be a tough place to live, with population increases, consumption patterns increasing, and conflict over scarce natural resources. And look at the state of global politics today. Look at the Rio Earth Summit that happened just last week, or the Mexican G20, also last week. Both, if we're honest, a bust. Our world leaders, our global politics, currently can't get it done. They need our help. They need the cavalry, and the cavalry's not going to come from Mars. It's got to come from us, and I see this process of deciding democratically in a bottom-up fashion what the world wants to work on together as one vital means by which we can crowdsource the force to really build that constituency that's going to reinvigorate global governance in the 21st century.

I started in 2000. Let me finish in 2030.

Many people made fun of a big campaign a few years ago we had called Make Poverty History. It was a naive thought in many people's minds, and it's true, it was just a t-shirt slogan that worked for the moment. But look. The empirical condition of living under a dollar and 25 is trending down, and look where it gets to by 2030. It's getting near zero. Now sure, progress in China and India and poverty reduction there was key to that, but recently also in Africa, poverty rates are being reduced. It will get harder as we get towards zero, as the poor will be increasingly located in post-conflict, fragile states, or maybe in middle income states where they don't really care about the marginalized. But I'm confident, with the right kind of political campaigning and creative and technological innovation combined working together more and more as one, I think we can get this and other goals done.

Thank you. (Applause)

(Applause)

Chris Anderson: Jamie, here's the puzzle to me. If there was an incident today where a hundred kids died in some tragedy or where, say, a hundred kids were kidnapped and then rescued by special forces, I mean, it would be all over the news for a week, right? You just put up, just as one of your numbers there, that 5,000 -- is that the number?

Jamie Drummond: Fewer children every day.

CA: Five thousand fewer children dying every day. I mean, it dwarfs, dwarfs everything that is actually on our news agenda, and it's invisible. This must drive you crazy.

JD: It does, and we're having a huge debate in this country about aid levels, for example, and aid alone is not the whole solution. Nobody thinks it is. But, you know, if people saw the results of this smart aid, I mean, they'd be going crazy for it. I wish the 250,000 people who really did march outside this very building knew these results. Right now they don't, and it would be great to find a way to better communicate it, because we have not. Creatively, we've failed to communicate this success so far. If those kinds of efforts just could multiply their voice and amplify it at the key moments, I know for a fact we'd get better policy. The Mexican G20 need not have been a bust. Rio, if anyone cares about the environment, need not have been a bust, okay? But these conferences are going on, and I know people get skeptical and cynical about the big global summits and the promises and their never being kept, but actually, the bits that are, are making a difference, and what the politicians need is more permission from the public.

CA: But you haven't fully worked out the Web mechanisms, etc. by which this might happen. I mean, if the people here who've had experience using open platforms, you're interested to talk with them this week and try to take this forward.

JD: Absolutely. CA: All right, well I must say, if this conference led in some way to advancing that idea, that's a huge idea, and if you carry that forward, that is really awesome, so thank you. JD: I'd love your help.

CA: Thank you, thank you.

(Applause)

思い出してみてください 記憶の片隅にある もしかしたら あなたの人生において そして明らかに人類の歴史の中でも 最も期待された年のことです 西暦2000年です 覚えていますか? 2000年問題やドットコムバブルがあって 世紀の瞬間をどのパーティで迎えるか悩み シャンパンのグラスを傾けながら 待ちこがれていたでしょう ミレニアムに対し 皆 漠然とした期待を抱いたはず 単に2とゼロが3つ並んだ数字ではなく もっとそれ以上のものであるべきだ という想いです

意外にも このときだけは ミレニアムに対する皆の期待に 世界のリーダー達が応えてくれました 2000年 国連にて なかなか途方もない計画がいくつか 合意されました ミレニアム開発目標という 先見的で 測定可能 かつ長期的な目標です

皆さんも 印刷して ベッドの脇 もしくは 枕の下に 保管していらっしゃるはずですね 万が一 印刷してお持ちじゃない場合 もしくは 記憶があやふやな方のために この目標の概要をご説明します 発展途上国は 2015年までの目標のひとつとして 極度の貧困 飢え そして病死率を 最低でも半減させると誓いました 先進国は 発展途上国の目標達成のために 債務の軽減 技術援助の増加 そして貿易改革の支援を約束しました

さて 2015 年がすぐそこに迫った今 掲げた目標に対する進捗を 評価する時です この世界的目標が 適切だったのかどうかも 全員が賛同しているわけではないし 賛同するにしても 次のアクションを決めなければ 世界は手を組んで何がしたいのか? その決定プロセスも 決めなければなりません

私個人としては 継続して実行する価値が あるゴールだと 強く思っています なぜかご説明しましょう 世界中における発展途上国で 民間企業 政治家 博愛主義者 そして実力ある草の根活動家などが 見事に手を組みました さらには25万人もの人たちが まさにこの建物のすぐ外の エジンバラの街頭を行進し 「貧困を過去のものにしよう」と訴えた Make Poverty History運動

彼らは 力を合わせることで 様々な結果を出しました 命を救えるエイズ薬である 抗レトロウイルス薬を投与された患者の増加 マラリアによる死亡数をほぼ半減 ワクチン接種で 540万人もの命を救いました 合わせると 去年の時点で 2000年に比べ 子供の死亡数が年間200万人減少した という結果になります つまり 一日あたり5,000人 ここにいる皆さんの10倍の子供を 救っている計算になります さきほど言った パートナーシップのおかげです この素晴らしい実績は もっと知られるべきです ただし このような良いニュースを 伝達するのは難しく それだけで他のTEDトークの 議題になるだろうってくらいです とにかく この成果を出すため関わった 全ての人々に感謝です これらの目標の価値を証明してくれました

しかし まだ未完の仕事が沢山あります 未だに 毎年760万人もの子供が 予防可能もしくは 治療可能な病気のために亡くなり 1億7800万人の子供が 一生残る身体障害や 認知機能障害などの 深刻な発育阻害を起こすほどの 重度な栄養失調に苦しんでいます ゴールに向けやるべきことは まだまだ山積みです

また一方で 沢山の人が 元々の誓約事項に含まれるべきだったと 感じていること 当初は合意されなかったが 今では必要だと思われていることが あります 例えば持続性のある開発目標や 資源ガバナンス目標 機会・知識・資本の提供 腐敗行為防止などです 全て測定可能な事項で 新しい目標になるかもしれません

しかしここで重要なことは 皆さんの考える新しい目標は何なのか? 何を求めているのか? 男女平等や教育が入ってなくて 不満じゃありませんか? これらを新しい目標に含めるべきでしょうか?

正直言って とても良い質問である一方 何かしら大きな犠牲を伴うでしょう 決めるのも難しい ですから 結果的に世界が下す決断は 合理的なプロセスに則って 行われるものであって欲しいですよね?

今 我々がここエジンバラに集まる中で 国連や政府に任命されたテクノクラート達は 善意を持って新しい目標の設定に 勤しんでいます しかしそのやり方は 20世紀後半同様の トップダウンで エリート主義で 閉鎖的なプロセスです

ところが 昔と違うのは インターネットや モバイル技術が ユビキタスなリアリティテレビの形と共に 世界各地に広がっていることです これらの技術や仕組みを活用し 世界で初めての試みとして 世界中の人々を巻き込むことを 提案したいと思います 世界初の 真にグローバルな 世論調査・協議が可能になります 史上初 世界中の誰もが平等に 意見を述べることのできる場です

こういった機会を設けるのが 実際可能なのに 設けなければ 逆に大きな歴史的損失ではありませんか? 皆さんが援助した数千億ドルもの 資金が絡んでいます 数千万人もの人々の生死が かかっています そして皆さんとご家族の 将来も左右するものだと思います

いいですね ではご説明しますが 私の考える クラウドソーシングキャンペーンの 中核は 集める 繋がる 誓約する の 3段階です

まずは 調査結果から主要なデータで キャンペーンの基礎を固めます 協力してくれる全ての国から 1001人ずつ 新しい目標は何であるべきか 意見を聞きましょう 最も貧しい層の人や 現代技術に触れることができない人の 意見もしっかり聞き 今後立てる目標の中心部に据える 最大限の努力をするべきです

次に 今後目標達成の進捗状況を 確認するために基準値を測るための アンケートを実施する必要があります 元々の目標が設定された際には 基準値となる適切な 調査データがありませんでした 今後は進捗をきちっと管理できるよう プロセス全体において ビッグデータの助けが必要です

そして 私たちはクラウド つまり 大群衆と繋がる必要があります ここで重要な役割を果たすのが ソーシャルメディア 新興企業 通信企業 リアリティテレビ ゲーム会社など 全てひっくるめた いまだかつてない連携です ある種の「ウィー・アー・ザ・ワールド」です こういった数々のプラットフォームを つなげることで ミレニアム開発ゴールを ミレニアム世代の目標として 再生させることができるでしょうか? 現在インターネットが使える50億人のうち わずか5%でも意見を述べて その意見を約束に変えることができたら クラウドソーシングによって3億人の力を 世界目標の達成に役立てることができます

過去のキャンペーン活動実績から考えると データを収集し クラウドとつながり 世界のリーダー達に約束させれば クラウドソーシングから 生まれた大抵の提案事項には 合意し約束してくれるはずです

しかしここで 本質的な疑問が残ります このプロセスで本当に皆 本気でやり遂げる気に なれるのでしょうか? もしそうなら この約束を 今一度明言し 進捗管理し フィードバックを提供し 本当に結果を出すまで 見届ける覚悟があるのでしょうか?

実際 主にアフリカにて試行された 素晴らしい例がいくつかあります 例えば「オープンデータ ケニア」の場合 ジオコードやクラウドソーシングを用い プロジェクトの進捗や 成果を確認しています 通常はうまく活用されにくい情報です 他にも スワヒリ語で「証人」という意味の 「ウシャヒディ」では 同様にジオコードとクラウドソーシングで 複雑な緊急事態でも 対応目標の絞り込みが楽になります これらは 地域の発展と民主主義での 最も目覚ましい例です 大規模な国際的援助の約束事や 上の人間が決めた漠然とした事柄も 草の根から末端の人々に効果が行き渡り 力関係もピラミッドをひっくり返し 底辺がトップになるように ネットワーク上の市民がプロセスの 強制的なオープン化を図っています この強制的オープン性が鍵となります 今までの話で完全に オープンでなかったかもしれないので 公表しておきますが 私が意図する計画は完全にオープンです

長期に渡るデータの動向によると 今世紀は生活するのが厳しくなります 人口が増え 消費パターンも多様化し 限られた天然資源を巡り 争いが起こります 昨今の世界の政治の現状を 見てください ちょうど先週開催された リオ地球サミットや メキシコG20を思い出してください どちらも正直破綻していました 我らが世界のリーダーも国際政治も 物事を達成することができないのです 私たちの助けが 騎兵隊が必要なのです でも騎兵隊は火星からは来ません 私たち一般市民から出さなければ この 世界が一緒になって 実現させたい事をボトムアップ方式で 民主的に決定するプロセスは 21世紀グローバル・ガバナンスを 活性化させる 有権者の層を築く力を クラウドソーシングで集めるという 非常に重要なひとつの手段なのです

さて 2000年の話から始めましたが 最後に2030年の話を

数年前は嘲笑を受けた一大キャンペーン Make Poverty History運動 甘い考えだ と多くの人が思いました 実際その通りでした Tシャツ用のスローガンに過ぎず 効果は一時的でした しかし 見てください 一日1ドル25セント以下で生活する 貧困層は 下降傾向にあります 2030年の部分を見てください この傾向が続くと ゼロに近づきます 中国とインドの発展や そこでの貧困減少が 一端を担っているのも事実ですが 最近はアフリカの貧困率も減少傾向です ゼロに近づくにつれて難しくなります 貧しい人々が続々と 紛争後の不安定な地域や 社会底辺層への関心が低い 中所得地域に集中してくるためです しかし 適切な政治運動と クリエイティブな技術革新が 一体となり もっと力を合わせれば 目標を達成できると私は信じています

ありがとう (拍手)

(拍手)

クリス ・ アンダーソン:私にわからないのは 今の時代 100人の子供が 何かしらの悲劇で亡くなったり 誘拐されて 特別部隊に救出されるような 事件があれば 1週間はニュースを騒がせますよね? あなたは先ほど5,000人という数字を 出しましたね ― これで合ってますか?

ジェイミー・ドラモンド: 毎日救える命の数です

クリス: 毎日5,000人の子供の命 他のニュース題材全てが途端に 小さく見えてしまう 衝撃の事実ですが ほとんど知られていません さぞ歯がゆいでしょうね

ジェイミー: ええもちろん 今この国では例えば 援助のレベルについてとか 大論争が起きてますよ 援助だけが全ての解決策とは 誰も考えていませんが この技術援助の成果を人々が知ったら みんな意識が変わると思います この建物の外を実際行進した 25万人の人々が これらの結果を知ってくれたらいいのに と思います まだ広めきれていない現状を 解決する方法を見つけたいです 今までは 成功実績の周知に 失敗してきましたが 重要な局面にて 人々の努力や声を 拡大することができたら より良い政策ができあがることでしょう メキシコ G20が破綻したり 環境問題でいえば リオの地球サミットも 破綻する必要はありませんでした でも今でも開催され続けてます こういう大規模な国際会議での約束事は どうせ守られることはないだろうと 人々は懐疑的です しかし 実際は ちゃんと成果を出しているんです 政治家に必要なのは もっと民衆からの同意を得ることです

クリス: しかしそれを可能にする ウェブの仕組みなどまだ 完全に確立できていないですよね? この会場にオープン・プラットフォームの 経験者がいれば お話して 今後の実現に 役立てることができるのでは ジェイミー:おっしゃる通り

クリス: この会議が そういう壮大なアイディアの実現に つながればいいし 是非 実現にまい進していただきたい ありがとうございました ジェイミー: 是非ご協力いただきたいです

クリス: 本当にありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画