TED日本語 - ミア・バードソング: 世間で語られる貧困の嘘

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ミア・バードソング: 世間で語られる貧困の嘘

TED Talks

世間で語られる貧困の嘘
The story we tell about poverty isn't true
ミア・バードソング
Mia Birdsong

内容

グローバルコミュニティとして、私たちは誰もが貧困に終止符を打ちたいと願っています。ミア・バードソングは、その運動の素晴らしいスタートラインを提唱しています。日々貧しい人々が、貧困との苦闘に持ち込むスキル、原動力、自発性を尊重しようというものです。彼女は、私たちに貧困の中にいる人々を見つめ直すよう求めています。彼らはお金はなくとも、逆境に負けてはいないのです。

Script

For the last 50 years, a lot of smart, well-resourced people -- some of you, no doubt -- have been trying to figure out how to reduce poverty in the United States. People have created and invested millions of dollars into non-profit organizations with the mission of helping people who are poor.

They've created think tanks that study issues like education, job creation and asset-building, and then advocated for policies to support our most marginalized communities. They've written books and columns and given passionate speeches, decrying the wealth gap that is leaving more and more people entrenched at the bottom end of the income scale. And that effort has helped. But it's not enough. Our poverty rates haven't changed that much in the last 50 years, since the War on Poverty was launched. I'm here to tell you that we have overlooked the most powerful and practical resource. Here it is: people who are poor.

Up in the left-hand corner is Jobana, Sintia and Bertha. They met when they all had small children, through a parenting class at a family resource center in San Francisco. As they grew together as parents and friends, they talked a lot about how hard it was to make money when your kids are little. Child care is expensive, more than they'd earn in a job. Their husbands worked, but they wanted to contribute financially, too.

So they hatched a plan. They started a cleaning business. They plastered neighborhoods with flyers and handed business cards out to their families and friends, and soon, they had clients calling. Two of them would clean the office or house and one of them would watch the kids. They'd rotate who'd cleaned and who'd watch the kids. (Laughs) It's awesome, right?

(Laughter)

And they split the money three ways. It was not a full-time gig, no one could watch the little ones all day. But it made a difference for their families. Extra money to pay for bills when a husband's work hours were cut. Money to buy the kids clothes as they were growing. A little extra money in their pockets to make them feel some independence.

Up in the top-right corner is Theresa and her daughter, Brianna. Brianna is one of those kids with this sparkly, infectious, outgoing personality. For example, when Rosie, a little girl who spoke only Spanish, moved in next door, Brianna, who spoke only English, borrowed her mother's tablet and found a translation app so the two of them could communicate.

(Laughter)

I know, right? Rosie's family credits Brianna with helping Rosie to learn English.

A few years ago, Brianna started to struggle academically. She was growing frustrated and kind of withdrawn and acting out in class. And her mother was heartbroken over what was happening. Then they found out that she was going to have to repeat second grade and Brianna was devastated. Her mother felt hopeless and overwhelmed and alone because she knew that her daughter was not getting the support she needed, and she did not know how to help her. One afternoon, Theresa was catching up with a group of friends, and one of them said, "Theresa, how are you?" And she burst into tears. After she shared her story,one of her friends said, "I went through the exact same thing with my son about a year ago." And in that moment, Theresa realized that so much of her struggle was not having anybody to talk with about it. So she created a support group for parents like her. The first meeting was her and two other people. But word spread, and soon 20 people,30 people were showing up for these monthly meetings that she put together. She went from feeling helpless to realizing how capable she was of supporting her daughter, with the support of other people who were going through the same struggle. And Brianna is doing fantastic -- she's doing great academically and socially.

That in the middle is my man Baakir, standing in front of BlackStar Books and Caffe, which he runs out of part of his house. As you walk in the door, Baakir greets you with a "Welcome black home."

(Laughter)

Once inside, you can order some Algiers jerk chicken, perhaps a vegan walnut burger, or jive turkey sammich. And that's sammich -- not sandwich. You must finish your meal with a buttermilk drop, which is several steps above a donut hole and made from a very secret family recipe. For real, it's very secret, he won't tell you about it.

But BlackStar is much more than a cafe. For the kids in the neighborhood, it's a place to go after school to get help with homework. For the grown-ups, it's where they go to find out what's going on in the neighborhood and catch up with friends. It's a performance venue. It's a home for poets, musicians and artists. Baakir and his partner Nicole, with their baby girl strapped to her back, are there in the mix of it all, serving up a cup of coffee, teaching a child how to play Mancala, or painting a sign for an upcoming community event.

I have worked with and learned from people just like them for more than 20 years. I have organized against the prison system, which impacts poor folks, especially black, indigenous and Latino folks, at an alarming rate. I have worked with young people who manifest hope and promise, despite being at the effect of racist discipline practices in their schools, and police violence in their communities. I have learned from families who are unleashing their ingenuity and tenacity to collectively create their own solutions. And they're not just focused on money. They're addressing education, housing, health, community -- the things that we all care about. Everywhere I go, I see people who are broke but not broken. I see people who are struggling to realize their good ideas, so that they can create a better life for themselves, their families, their communities. Jobana, Sintia, Bertha, Theresa and Baakir are the rule, not the shiny exception. I am the exception.

I was raised by a quietly fierce single mother in Rochester, New York. I was bussed to a school in the suburbs, from a neighborhood that many of my classmates and their parents considered dangerous. At eight, I was a latchkey kid. I'd get myself home after school every day and do homework and chores, and wait for my mother to come home. After school, I'd go to the corner store and buy a can of Chef Boyardee ravioli, which I'd heat up on the stove as my afternoon snack. If I had a little extra money, I'd buy a Hostess Fruit Pie.

(Laughter)

Cherry. Not as good as a buttermilk drop.

(Laughter)

We were poor when I was a kid. But now, I own a home in a quickly gentrifying neighborhood in Oakland, California. I've built a career. My husband is a business owner. I have a retirement account. My daughter is not even allowed to turn on the stove unless there's a grown-up at home and she doesn't have to, because she does not have to have the same kind of self-reliance that I had to at her age. My kids' raviolis are organic and full of things like spinach and ricotta, because I have the luxury of choice when it comes to what my children eat.

I am the exception, not because I'm more talented than Baakir or my mother worked any harder than Jobana, Sintia or Bertha, or cared any more than Theresa. Marginalized communities are full of smart, talented people, hustling and working and innovating, just like our most revered and most rewarded CEOs. They are full of people tapping into their resilience to get up every day, get the kids off to school and go to jobs that don't pay enough, or get educations that are putting them in debt. They are full of people applying their savvy intelligence to stretch a minimum wage paycheck, or balance a job and a side hustle to make ends meet. They are full of people doing for themselves and for others, whether it's picking up medication for an elderly neighbor, or letting a sibling borrow some money to pay the phone bill, or just watching out for the neighborhood kids from the front stoop.

I am the exception because of luck and privilege, not hard work. And I'm not being modest or self-deprecating -- I am amazing.

(Laughter)

But most people work hard. Hard work is the common denominator in this equation, and I'm tired of the story we tell that hard work leads to success, because that allows --

Thank you.

(Applause)

... because that story allows those of us who make it to believe we deserve it, and by implication, those who don't make it don't deserve it. We tell ourselves, in the back of our minds, and sometimes in the front of our mouths, "There must be something a little wrong with those poor people." We have a wide range of beliefs about what that something wrong is. Some people tell the story that poor folks are lazy freeloaders who would cheat and lie to get out of an honest day's work. Others prefer the story that poor people are helpless and probably had neglectful parents that didn't read to them enough, and if they were just told what to do and shown the right path, they could make it.

For every story I hear demonizing low-income single mothers or absentee fathers, which is how people might think of my parents, I've got 50 that tell a different story about the same people, showing up every day and doing their best. I'm not saying that some of the negative stories aren't true, but those stories allow us to not really see who people really are, because they don't paint a full picture. The quarter-truths and limited plot lines have us convinced that poor people are a problem that needs fixing. What if we recognized that what's working is the people and what's broken is our approach? What if we realized that the experts we are looking for, the experts we need to follow, are poor people themselves? What if, instead of imposing solutions, we just added fire to the already-burning flame that they have? Not directing -- not even empowering -- but just fueling their initiative.

Just north of here, we have an example of what this could look like: Silicon Valley. A whole venture capital industry has grown up around the belief that if people have good ideas and the desire to manifest them, we should give them lots and lots and lots of money.

(Laughter)

Right? But where is our strategy for Theresa and Baakir? There are no incubators for them, no accelerators, no fellowships. How are Jobana, Sintia and Bertha really all that different from the Mark Zuckerbergs of the world? Baakir has experience and a track record. I'd put my money on him.

So, consider this an invitation to rethink a flawed strategy. Let's grasp this opportunity to let go of a tired, faulty narrative and listen and look for true stories, more beautifully complex stories, about who marginalized people and families and communities are.

I'm going to take a minute to speak to my people. We can not wait for somebody else to get it right. Let us remember what we are capable of; all that we have built with blood, sweat and dreams; all the cogs that keep turning; and the people kept afloat because of our backbreaking work. Let us remember that we are magic. If you need some inspiration to jog your memory, read Octavia Butler's "Parable of the Sower." Listen to Reverend King's "Letter from Birmingham Jail." Listen to Suheir Hammad recite "First Writing Since," or Esperanza Spalding perform "Black Gold." Set your gaze upon the art of Kehinde Wiley or Favianna Rodriguez. Look at the hands of your grandmother or into the eyes of someone who loves you. We are magic. Individually, we don't have a lot of wealth and power, but collectively, we are unstoppable. And we spend a lot of our time and energy organizing our power to demand change from systems that were not made for us. Instead of trying to alter the fabric of existing ways, let's weave and cut some fierce new cloth. Let's use some of our substantial collective power toward inventing and bringing to life new ways of being that work for us.

Desmond Tutu talks about the concept of ubuntu, in the context of South Africa's Truth and Reconciliation process that they embarked on after apartheid. He says it means, "My humanity is caught up, is inextricably bound up, in yours; we belong to a bundle of life." A bundle of life. The Truth and Reconciliation process started by elevating the voices of the unheard. If this country is going to live up to its promise of liberty and justice for all, then we need to elevate the voices of our unheard, of people like Jobana, Sintia and Bertha, Theresa and Baakir. We must leverage their solutions and their ideas. We must listen to their true stories, their more beautifully complex stories.

Thank you.

(Applause)

過去50年間 多くの賢く 資金も潤沢な人々は ― 間違いなく皆さんも アメリカに於ける貧困を減らす術を 模索し続けてきました 貧しい人々を助けるという理念の下 何百万ドルもの資金が NPOへの投資につぎ込まれました

教育、雇用創設、資産形成といった 問題を研究するシンクタンクが作られ 低所得者層を 支援する政策が提唱されました 本やコラムが出版され 情熱的なスピーチが行われ ますます多くの人々を所得階級の底辺に 置き去りにする 貧富の差を非難してきました その努力は一助とはなるものの 十分なものではないのです 貧困の割合は貧困撲滅運動が 始まってからの過去50年で それ程 変化していないのです 私がここでお話したいのは 我々は最も強力で実用的な「資源」を 見落としているという事です それはこちらです 貧しい人たちです

左上の角はジョバンナ、シンシア、バーサです 3人はまだ幼い子どもを抱えていた頃 サンフランシスコの 家庭支援センターの育児学級で 出会いました 親として友人として共に成長しつつ 子供が幼い時に収入を得るのが 如何に難しいかを話しました 託児所は彼女たちの収入より お金がかかります 夫は働いていましたが 自分たちも経済的に貢献したいと思い

ある事を思いつきました 清掃業務を始めたのです 近所にビラを貼り 家族や友人に名刺を配りました すぐに依頼の電話が鳴りました 彼女たちの内2人がオフィスや家を掃除し その内1人が子供の世話をするのです 掃除と子供の世話を交互にやるんですよ (笑)すこいでしょう?

(笑)

そして報酬を3等分しました フルタイムの仕事ではないし 皆 一日中 子供の世話は出来ませんが それぞれの家族に重要なものとなりました 夫の労働時間がカットされた時 家計を助けるお金となり 子供たちが大きくなるにつれ 服を買うお金となります 少しの余裕が出来たお陰で 彼女たちは自立した気持ちになるのです

右上の角はテレサと娘ブリアナです ブリアナはキラキラ輝いていて 周囲を明るくする 社交的な性格の子です 例えば ロージーという スペイン語しか話せない少女が隣に 引っ越してきたのですが ブリアナは英語しか話せないので 母親のタブレットを借りて翻訳アプリを見つけ コミュニケーションをとったのです

(笑)

いいですよね? ロージーの家族は娘に 英語を教えてくれるブリアナを信頼していました

数年前 ブリアナは勉強で後れを取り始めました 彼女は挫折感を募らせ 自分の殻に閉じこもり 授業中に問題行動を起こしたのです 母親はその出来事に心を痛めました ブリアナは3年生に進級できず 荒んでいました 母親は必要とする支援を 娘が受けられないと分かると 絶望し独りで苦しみました 娘を救う方法が分かりませんでした ある午後テレサが久しぶりに 友人たちと話をしていると その中の一人がこう言いました 「テレサ どうしてる?」 彼女はわっと泣き出しました 事情を打ち明けた後 友人の一人が言いました 「一年ぐらい前 息子が丁度 同じ経験をしたのよ」 その瞬間 テレサは悩みを打ち明ける人が いないから苦しいのだと気づきました そこで彼女は自分のような親の為に 支援グループを作りました 最初のミーティングは 彼女を含め3人でしたが 口コミで瞬く間に20人から30人が 彼女が開いたこの月例会に現れました 彼女は無力だと感じる事はなくなりました 同じ苦しみを経験した他人の支えで 自分が如何に娘を支える能力があるか 分かったからです ブリアナは立ち直り 成績も上がり 社交的になりました

真ん中にいるのが私の友人バキアです 「ブラックスターブックス&カフェ」の 前に立っています そこは彼の家の一部になっています 玄関を入っていくと バキアが「黒人の家にようこそ」 と挨拶してくれます

(笑)

中に入るとアルジェ風ジャークチキン を注文できますよ おそらく菜食ウォールナッツバーガーや ジャイブターキーサミッチも サミッチですよ サンドイッチじゃなくて 食後の締めは 必ずバターミルクドロップです ドーナツの生地に かなり手をかけたもので 家庭の秘伝レシピで作られているんです 本当に秘伝なんです 彼はその事を話そうともしません

でも「ブラックスター」は カフェ以上の存在です 近所の子供にとっては 放課後 一緒に宿題をやる場所だし 大人にとっては 近所で 何が起きているか分かる場所で 友達とも近況を語り合えます パフォーマンス会場でもあり 詩人、ミュージシャン、画家の家でもあります バキアと背中に赤ちゃんを 背負ったパートナーの二コルは 皆と上手く付き合っています コーヒーを一杯出しながら 子供にマンカラ(ボードゲーム)や コミュニティイベントに向けた 看板の描き方を教えています

20年以上 私も一緒に働いたり 彼らのような人々から 学んだりしています 私は刑務所のシステムに反対する 組織を作りました それは貧しい人たち 特に黒人や先住民 ラテンアメリカ系住民に驚くべき速さで 影響を与えています 私は希望と期待を表す 若者たちと仕事をしています 学校での人種差別の経験や 警官による暴力を受けてきた 影響があるにも拘わらずです 多くの家族から学んだのは 彼らが巧妙さや粘り強さやといった 概念に囚われず 共同で解決法を生み出している事です 彼らはお金を重要視せず 教育、住宅供給、健康、コミュニティ ― 私たち皆が気掛りな事に 焦点を当てています 行く先々で お金はなくとも くじけない人たちを目にします 自分自身、家族、コミュニティの為に より良い生活が出来るよう 良いアイディアを模索しようと 努力する人たちを目にするのです ジョバンナ、シンシア、バーサ、テレサ そしてバキアはどこにでもいて 特別な例ではありません 私は例外です

私はニューヨーク州ロチェスターで物静かで 厳しいシングルマザーに育てられました 近所から郊外の学校まで バスで通っていたので 同級生や保護者の多くは 危険だと思っていました 8歳の私は鍵っ子でした 毎日学校から一人で帰り宿題や家事をして 母の帰りを待つのです 学校が終わると いつも角の店に寄り シェフボヤージ・ラビオリを買いました それをコンロで温め 午後の軽食にしていました 少しお金があると ホステス・フルーツパイを買っていました

(笑)

チェリーです バターミルクドロップには勝てませんけど

(笑)

子供の頃は貧しかったのです 現在は瞬く間に高級住宅地になった カリフォルニア州オークランドに 家を所有しています 私はキャリアを積みました 夫は会社の経営者です 私には年金口座があります 娘は家に大人が居なければ コンロを使う事は 許されていませんし その必要すらないのです あの頃の私のように娘は 何でも自分でしなくてはと 思わなくて良いのですから 我が子たちのラビオリはオーガニックで ほうれん草やリコッタチーズ等が 沢山入っています 子供たちの食べ物となると 贅沢な選択が出来るのです

私が例外なのは バキアより才能があったからでも ジョバンナ、シンシア、バーサより母が 懸命に働いたからでも テレサより手厚い手当てを 受けたからでもありません 低所得者層には 高給取りで 尊敬されるCEOのように 賢く才能のある人たちで溢れています そこには逆境をバネにする人たちで 溢れています 彼らは毎朝起きて子供たちを学校に送り 薄給で働いたり 教育費に追われています そして優れた知性を 発揮している人たちで溢れています 彼らは最低賃金でこき使われたり やり繰りの為に本業に加え副業もしています そこには自分達の為 他人の為に働く人たちで溢れています 近隣の老人に薬を配り 兄弟姉妹に電話代を貸したり 玄関から近所の子供たちを 見守っています

私は勤勉のお陰でなく 運と特別扱いの賜物なので 例外です 私は謙虚でも自己卑下もしていません 素晴らしいですね

(笑)

殆どの人たちは懸命に働いています 勤勉はこの方程式における共通項です それに勤勉が成功に繋がるという話には もううんざりしています 何故ならそれは ―

ありがとう

(拍手)

その手の話の中の「成功しない者は それに値しない」という含みによって 成功しない者は自らを 「成功に値しない」と信じてしまうからです 私たちは心の中で思い 時には口に出してこう言います 「そんな貧しい人たちには どこか間違った所がある筈だ」 我々は「間違った所」について 頑なに こう信じています 「貧しい人たちは怠惰なたかりやで 真っ当に仕事をせず ズルをしたり嘘をついたりする」とか 「貧しい人たちは希望もなくおそらく 虐待をする両親から読み書きを 十分教わらなかったのだ もしすべき事を教わり 正しい道を 示されていたならば 彼らは成功出来たのに」と

シングルマザーや父親不在を 悪者扱いするどの話にしても ― こんな風に私の両親を 考えているかもしれませんが 同じ人に関して 50もの異なる噂がありますが 毎日勤勉に全力を尽くしています 否定的な話が真実でないと 言っている訳ではありません しかしこれらの話のせいで私たちは 貧しい人たちの実態を把握出来なくなります 彼らの一部しか見えていないからです 真実の一部や限定的な会話を 見て私たちはこう確信します 貧しい人たちは正す必要のある問題を 抱えていると 実際に動いているのは彼らで 私たちのアプローチが 間違っていたらどうでしょう? 私たちが探している専門家 手本とする必要のある専門家が 貧しい人たちなら どうでしょう? 壮大な解決法の代わりに 私たちがただ 既に燃え盛っている炎に火を 投げ入れるならどうでしょう? 指示するのではなく 力をつけることもなく 彼らの自発性を 後押しするだけで良いのです

ここの丁度北側に その一例があります シリコンバレーです 大規模ベンチャーキャピタル産業は こう信じながら成長しています 「良いアイディアがあり それを広めたいと思うなら 自分たちが沢山のたくさんのお金を 彼らに与えるべきだ」と

(笑)

そうですよね? でもテレサやバキアにとっての戦略はどこにあるでしょう? 彼らにとっては起業支援機関も 企業育成機関も奨学金も全くありません ジョバンナ、シンシア、バーサは 世界のマーク・ザッカーバーグと どう違うでしょうか? バキアには経験や業績があります 私は彼に投資をしています

これを不備のある戦略を 練り直すものと考えてみてください このチャンスをつかみましょう 使い古されて 誤った物語を手放し 真実の話を探し それに耳を傾けましょう 低所得の人々、家族、コミュニティに関する 素晴らしいけれど一筋縄ではいかない話に

残りの時間で 私の仲間に話をしたいと思います 私たちには他の誰かが それを正すのを待つ時間はありません 自分たちに出来る事を思い出しましょう 血、汗、夢で私たちが作ってきた全てを 回り続けてきた全ての歯車を そして過酷な労働に 追いやられた人々のことを 私たちは不思議な力があることを 思い出してください 記憶を呼び起こす インスピレーションが必要なら オクティヴィア・バトラーの 『Parable of the Sower』を読んでみてください レべレンド・キングの『バーミンガム 刑務所からの手紙』を聴いてみてください スーヒール・ハミッドが朗読した 『First Writing Since』や エスペランサ・スポルディングの 『Black Gold』を聴いてください ケヒンデ・ワイリーや ファビアナ・ロドリゲスの 芸術に目を向けてください あなたのおばあさんの手を見てください あなたを愛する誰かの目を見てください 私たちには「不思議な力」があるのです 一人一人は多くの富や力を持ちませんが 団結すれば私たちは誰にも止められません 多くの時間やエネルギーを費やして 自分たちの為ではない制度を 変えようと力を集めてきました 現在のやり方で布地を 改めようとするのではなく 強くて新しい布を織り カットしましょう 自分たちの為に効果を発揮する 新たな方法で 創意に富んだ実用的な 集団の力を使いましょう

デズモンド・ツツは 「Ubuntu」について アパルトヘイト後に設置した 南アフリカの真実和解委員会で こう語っています 「私の人間性はあなたと密接に絡み合って つながっているのです つまり私たちは『一つの生命』なのです」と 「一つの生命」です 真実和解委員会は 声なき声を取り上げることによって 始まりました この国の全ての人々の為に 自由と公正を 約束するつもりがあるのなら 声なき声を 取り上げていく必要があります ジョバンナ、シンシア、バーサ テレサ、バキアのような声を 私たちは彼らの解決法と考えに テコ入れをしなければなりません 彼らの真実の話に耳を 傾けなければなりません 彼らの美しくも 一筋縄ではいかない話に

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画