TED日本語 - ジャクリン・ノヴォグラッツ: 貧困からの避難

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジャクリン・ノヴォグラッツ: 貧困からの避難

TED Talks

貧困からの避難
An escape from poverty
ジャクリン・ノヴォグラッツ
Jacqueline Novogratz

内容

ジャクリン・ノヴォクラッツがナイロビのスラム街で出会ったジェーンという女性との感動的なストーリーを語ります。ジェーンは元売春婦で、彼女の夢は貧困から避難し、医者になり、幸せな結婚をすることでしたが、予想しないかたちで夢が実現します。

Script

I've been working on issues of poverty for more than 20 years, and so it's ironic that the problem that and question that I most grapple with is how you actually define poverty. What does it mean? So often, we look at dollar terms -- people making less than a dollar or two or three a day. And yet the complexity of poverty really has to look at income as only one variable. Because really, it's a condition about choice, and the lack of freedom.

And I had an experience that really deepened and elucidated for me the understanding that I have. It was in Kenya, and I want to share it with you. I was with my friend Susan Meiselas, the photographer, in the Mathare Valley slums. Now, Mathare Valley is one of the oldest slums in Africa. It's about three miles out of Nairobi, and it's a mile long and about two-tenths of a mile wide, where over half a million people live crammed in these little tin shacks, generation after generation, renting them, often eight or 10 people to a room. And it's known for prostitution, violence, drugs: a hard place to grow up. And when we were walking through the narrow alleys, it was literally impossible not to step in the raw sewage and the garbage alongside the little homes. But at the same time it was also impossible not to see the human vitality, the aspiration and the ambition of the people who live there: women washing their babies, washing their clothes, hanging them out to dry. I met this woman, Mama Rose, who has rented that little tin shack for 32 years, where she lives with her seven children. Four sleep in one twin bed, and three sleep on the mud and linoleum floor. And she keeps them all in school by selling water from that kiosk, and from selling soap and bread from the little store inside.

It was also the day after the inauguration, and I was reminded how Mathare is still connected to the globe. And I would see kids on the street corners, and they'd say "Obama, he's our brother!" And I'd say "Well, Obama's my brother, so that makes you my brother too." And they would look quizzically, and then be like, "High five!"

And it was here that I met Jane. I was struck immediately by the kindness and the gentleness in her face, and I asked her to tell me her story. She started off by telling me her dream. She said, "I had two. My first dream was to be a doctor, and the second was to marry a good man who would stay with me and my family, because my mother was a single mom, and couldn't afford to pay for school fees. So I had to give up the first dream, and I focused on the second." She got married when she was 18, had a baby right away. And when she turned 20, found herself pregnant with a second child, her mom died and her husband left her -- married another woman. So she was again in Mathare, with no income, no skill set, no money. And so she ultimately turned to prostitution. It wasn't organized in the way we often think of it. She would go into the city at night with about 20 girls, look for work, and sometimes come back with a few shillings, or sometimes with nothing. And she said, "You know, the poverty wasn't so bad. It was the humiliation and the embarrassment of it all."

In 2001, her life changed. She had a girlfriend who had heard about this organization, Jamii Bora, that would lend money to people no matter how poor you were, as long as you provided a commensurate amount in savings. And so she spent a year to save 50 dollars, and started borrowing, and over time she was able to buy a sewing machine. She started tailoring. And that turned into what she does now, which is to go into the secondhand clothing markets, and for about three dollars and 25 cents she buys an old ball gown. Some of them might be ones you gave. And she repurposes them with frills and ribbons, and makes these frothy confections that she sells to women for their daughter's Sweet 16 or first Holy Communion -- those milestones in a life that people want to celebrate all along the economic spectrum. And she does really good business. In fact, I watched her walk through the streets hawking. And before you knew it, there was a crowd of women around her, buying these dresses.

And I reflected, as I was watching her sell the dresses, and also the jewelry that she makes, that now Jane makes more than four dollars a day. And by many definitions she is no longer poor. But she still lives in Mathare Valley. And so she can't move out. She lives with all of that insecurity, and in fact, in January, during the ethnic riots, she was chased from her home and had to find a new shack in which she would live.

Jamii Bora understands that and understands that when we're talking about poverty, we've got to look at people all along the economic spectrum. And so with patient capital from Acumen and other organizations, loans and investments that will go the long term with them, they built a low-cost housing development, about an hour outside Nairobi central. And they designed it from the perspective of customers like Jane herself, insisting on responsibility and accountability. So she has to give 10 percent of the mortgage -- of the total value, or about 400 dollars in savings. And then they match her mortgage to what she paid in rent for her little shanty. And in the next couple of weeks, she's going to be among the first 200 families to move into this development.

When I asked her if she feared anything, or whether she would miss anything from Mathare, she said, "What would I fear that I haven't confronted already? I'm HIV positive. I've dealt with it all." And she said, "What would I miss? You think I will miss the violence or the drugs? The lack of privacy? Do you think I'll miss not knowing if my children are going to come home at the end of the day?" She said "If you gave me 10 minutes my bags would be packed." I said, "Well what about your dreams?" And she said, "Well, you know, my dreams don't look exactly like I thought they would when I was a little girl. But if I think about it, I thought I wanted a husband, but what I really wanted was a family that was loving. And I fiercely love my children, and they love me back." She said, "I thought that I wanted to be a doctor, but what I really wanted to be was somebody who served and healed and cured. And so I feel so blessed with everything that I have, that two days a week I go and I counsel HIV patients. And I say, 'Look at me. You are not dead. You are still alive. And if you are still alive you have to serve.'" And she said, "I'm not a doctor who gives out pills. But maybe me, I give out something better because I give them hope."

And in the middle of this economic crisis, where so many of us are inclined to pull in with fear, I think we're well suited to take a cue from Jane and reach out, recognizing that being poor doesn't mean being ordinary. Because when systems are broken, like the ones that we're seeing around the world, it's an opportunity for invention and for innovation. It's an opportunity to truly build a world where we can extend services and products to all human beings, so that they can make decisions and choices for themselves. I truly believe it's where dignity starts. We owe it to the Janes of the world. And just as important, we owe it to ourselves.

Thank you.

(Applause)

私は20年以上、貧困の問題に取り組んでいます でも矛盾していることに私が取り組んでいるのは 「貧困」とは何か?どう「貧困」を定義するか?という問題です よく私たちは貧困をお金の観点で考えて 1日に1~3ドル以下しか稼げない人々を指したりします しかし貧困は複雑で 収入は単なる1つの変数でしかありません なぜなら、貧困とは選択と自由が 欠如した状態を指すからです

そして私はケニアで、ある経験をしました 自分の理解していることを深め、そして明瞭にしてくれる経験を その体験を話します 私は写真家の友達、スーザン・マイゼラスと マサリ・バレーのスラム街にいました マサリ・バレーはアフリカで最も古いスラム街の1つです ナイロビからおよそ5kmのところで 大きさは、縦に1.6km、横に約0.3km そして50万人以上の人々が トタン造りの小屋でぎゅうぎゅう詰めで生活し 代々、それらの家に賃借払いで 1つの部屋に8~10人で住んでいます そこは、売春、暴力、ドラッグで染まっています とても大人になるには大変な環境です 私たちが歩いた細い路地は 文字通り足の踏み場がないくらい 小さな家々に沿って、未処理の下水やゴミがありました しかし、同時に そこに人のバイタリティがあったのです そこに住んでいる人々の、強い願望や野心が 赤ちゃんの体や洋服を洗い、洗濯物を干している女性たち 私はママ・ローズという女性に出会いましたが 彼女は32年間、小さいトタン造りの小屋を借りて 今は7人の子供たちと一緒に生活しています 4人は、1つのツインのベッドで寝て 3人は、泥まみれのリノリウムの床に寝るのです 彼女はキオスクからの水を売ったり小さなお店で 石鹸やパンを販売することによって子供たち全員を学校に行かせています

これはオバマ大統領の就任式の翌日で 私は、今もマサリ・バレーが世界とつながっていることを気づかされたのでした 街角にいる子供たちと話すと 彼らは「オバマは、私たちの兄弟なんだ!」と言っていました そして私は、「オバマは私の兄弟でもあるから、あなたも私の兄弟ね。」と答えました 彼らは首をかしげて、そしてそれから「ハイ・ファイブ!」と彼らの手を差し出してきました

そして、私はここでジェーンという女性に会いました 私は彼女の顔に浮かぶ思いやりや優しさに、すぐに感銘を受け 彼女自身の話をしてくれるようお願いしたのです 彼女はまず夢の話を始めました。 彼女は、「私は(夢が)2つありました 私の最初の夢は、医者になることでした そして2つ目は、私と家族と一緒にいてくれる いい男性と結婚することでした しかし、私の母はシングルマザーで そして学費を払う余裕がなかったので、 私は最初の夢を諦めなければならず、2つ目の夢に集中したのです。」 彼女は18歳のときに結婚し、すぐに子供をもうけました しかし20歳になったとき、2番目の子供を妊娠し 彼女の母親が亡くなり、さらに彼女の夫が彼女のもとを去り・・ 他の女性と結婚したのです 彼女は再びマサリ・バレーで収入も、職も、お金もない状態になりました そして彼女は売春を始めたのです それは私たちが考えるような組織化されたものではありませんでした 彼女はおよそ20人の女の子たちと一緒に夜に都会に行き 仕事を探し、そして時には、少しばかりのシリング硬貨とともに 戻り また、時にはお金を稼げずに戻るのです 彼女は「貧困そのものはそんなに辛くありません。辛いのは貧困に対する辱めや 恥ずかしさなのです。」と言ってました

しかし、2001年に、彼女の人生は変わりました。 彼女は友達を通して、ジャミ・ボラという どんなに貧しい人にでも、貯金額と同等の金額ならば 必ず融資してくれる組織があることを知りました そして彼女は50ドルを貯めるのに1年の歳月を費やし お金を借りて、後に彼女は1台のミシンを買うことができたのです そこで彼女は洋服の仕立てを始めました そしてそれが現在の仕事になっているのです 彼女は古着市場に行き およそ3ドル25セントで、ボールガウンを買ってきます そのうちいくつかの服は皆さんが提供したものかもしれませんね そして彼女はフリルとリボンをつけて、仕立て直し 女性用のふわふわの洋服を作るのです 娘の16歳の誕生日や、最初の神聖な正餐式など あらゆる経済状況の人々のそういった人生の節目を 祝うために そして彼女の仕事は本当に繁盛しています 実際に私は彼女が道で売り歩いているところを見ました そして気がつけばドレスを買いにたくさんの女性が集まっていました

彼女が作ったドレスや ジュエリーを売る姿を見ながら気付いたのは ジェーンは1日に4ドル以上稼いでいるということです あらゆる定義において、彼女はもはや貧しくありません しかし彼女は未だにマサリ・バレーに住んでいるのです そして彼女はそこから出ることができません 彼女はそういった不安定な状況とともに暮らしています そして実際1月に、部族間暴動によって 彼女は家から追いやられ、見つけなくてはならなくなったのです 彼女が住むための新しい小屋を・・

ジャミ・ボラはこのことをよく理解していました 私たちが貧困について話すとき 全ての経済領域から人々を見なくてはいけないことを そしてベンチャーキャピタルのアキュメンと他組織からの我慢強い資本 長期的な融資と投資によって ナイロビの中心地から約1時間くらい離れた場所に ジャミ・ボラは低コストな住宅団地を建設したのです そして彼らはジェーン自身のような顧客の観点から 義務感や責任感を要求するかたちで 設計をしました なので、彼女は住宅ローンの総資産価値の10%、 もしくは貯金のうちの約400ドルを提供しなくてはいけません。 そしてジャミ・ボラは、彼女の住宅ローン金額を小屋の賃貸額に合わせて請求するのです 彼女は数週間後には この住宅団地に入居する最初の200家族の1つになります

ジェーンが何か怖いものがあるか もしくはマサリ・バレー恋しく思うかどうか聞いてみたときに、 彼女は「まだ直面していない 何を恐れるのかしら? 私はHIV感染患者なの。私は全てと向き合ってきたのよ。」 「私は何を恋しく思うのかしら? 私が暴力やドラッグが恋しくなると思う? プライバシーがないこと? 1日の終わりに子供たちが無事に帰って来れるか分からないことを 恋しく思うと思いますか?もしあなたが 10分私にくれたら 引っ越しの準備はできるのよ。」と言いました そこで、「あなたの夢はどうなったの?」と聞くと 彼女は言いました。「そうね 私が小さかった時に思い描いていた夢と、今は全く同じではないのよ 私はあの頃、夫が欲しかったのね でも私が本当に欲しかったものは、愛情あふれる家族だったのよ そして私は物凄く子供たちを愛していて、彼らも同じく私を愛してくれているの。」 そして「私は医者になりたいと思っていたわ だけど私が本当になりたかったのは 人に役に立って、癒したり、病を治したりする人だったのよ だから私は、今の私を環境に恵まれていると思うわ 1週間に2日、私はHIV患者のカウンセリングを実施しているのよ そして私は言うのよ、「私を見て、あなたは死んでないのよ あなたはまだ生きているのよ。だからあなたは人のために役立たなくちゃ。] そして彼女は続けたのです。「私は薬を与える医者じゃないわ でも私はもっと素晴らしいものを与えているかもしれない なぜなら私は彼らに希望を与えているのだから。」

そしてこの経済危機の真っ最中 多くの人が、怖がって引っ込みがちな傾向にあるけれど 私たちはジェーンから学んで 貧しいことが当たり前ではないということを認識し 救いの手を差し伸べていく必要があるのです なぜなら、システムが崩壊しているときは 例えば、私たちが現在世界中で経験しているようなときは 発明と革新の良い機会だからです 私たちがサービスや商品を 全ての人類に対して広げて その結果、皆自分自身で意思決定をし、そして選択することができる 新しい世界を築く良い機会です ここで、本当の意味での尊厳が始まると私は信じています それは世界中のジェーンのような人々のおかげですし そして同様に、私たち自身の恩恵でもあるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画