TED日本語 - ケラー・リナウド: あなたの携帯をパーソナル・ロボットに変える発明

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ケラー・リナウド: あなたの携帯をパーソナル・ロボットに変える発明

TED Talks

あなたの携帯をパーソナル・ロボットに変える発明
A mini robot - powered by your phone
ケラー・リナウド
Keller Rinaudo

内容

あなたのスマート・フォンは、お友だちのように感じられるかもしれないけど、本当の友だちなら、時々微笑みかけてくれなきゃ。TED 2013で、ケラー・リナウドがRomoというスマート・フォンで動くミニ・ロボットを披露します。そのロボットは、あなたが歩くと一緒に動き、コーヒーを取ってくれ、プログラムもできる表情で、あなたに応えてくれます。

Script

So just by a show of hands, how many of you all have a robot at home? Not very many of you. Okay. And actually of those hands, if you don't include Roomba how many of you have a robot at home? So a couple. That's okay. That's the problem that we're trying to solve at Romotive -- that I and the other 20 nerds at Romotive are obsessed with solving.

So we really want to build a robot that anyone can use, whether you're eight or 80. And as it turns out, that's a really hard problem, because you have to build a small, portable robot that's not only really affordable, but it has to be something that people actually want to take home and have around their kids. This robot can't be creepy or uncanny. He should be friendly and cute.

So meet Romo. Romo's a robot that uses a device you already know and love -- your iPhone -- as his brain. And by leveraging the power of the iPhone's processor, we can create a robot that is wi-fi enabled and computer vision-capable for 150 bucks, which is about one percent of what these kinds of robots have cost in the past.

When Romo wakes up, he's in creature mode. So he's actually using the video camera on the device to follow my face. If I duck down, he'll follow me. He's wary, so he'll keep his eyes on me. If I come over here, he'll turn to follow me. If I come over here -- (Laughs) He's smart. And if I get too close to him, he gets scared just like any other creature. So in a lot of ways, Romo is like a pet that has a mind of his own. Thanks, little guy. (Sneezing sound) Bless you.

And if I want to explore the world -- uh-oh, Romo's tired -- if I want to explore the world with Romo, I can actually connect him from any other iOS device. So here's the iPad. And Romo will actually stream video to this device. So I can see everything that Romo sees, and I get a robot's-eye-view of the world. Now this is a free app on the App Store, so if any of you guys had this app on your phones, we could literally right now share control of the robot and play games together.

So I'll show you really quickly, Romo actually -- he's streaming video, so you can see me and the entire TED audience. If I get in front of Romo here. And if I want to control him, I can just drive. So I can drive him around, and I can take pictures of you. I've always wanted a picture of a 1, 500-person TED audience. So I'll snap a picture. And in the same way that you scroll through content on an iPad, I can actually adjust the angle of the camera on the device. So there are all of you through Romo's eyes. And finally, because Romo is an extension of me, I can express myself through his emotions. So I can go in and I can say let's make Romo excited.

But the most important thing about Romo is that we wanted to create something that was literally completely intuitive. You do not have to teach someone how to drive Romo. In fact, who would like to drive a robot? Okay. Awesome. Here you go. Thank you, Scott.

And even cooler, you actually don't have to be in the same geographic location as the robot to control him. So he actually streams two-way audio and video between any two smart devices. So you can log in through the browser, and it's kind of like Skype on wheels. So we were talking before about telepresence, and this is a really cool example. You can imagine an eight-year-old girl, for example, who has an iPhone, and her mom buys her a robot. That girl can take her iPhone, put it on the robot, send an email to Grandma, who lives on the other side of the country. Grandma can log into that robot and play hide-and-go-seek with her granddaughter for fifteen minutes every single night, when otherwise she might only be able to get to see her granddaughter once or twice a year.

Thanks, Scott.

(Applause)

So those are a couple of the really cool things that Romo can do today. But I just want to finish by talking about something that we're working on in the future. This is actually something that one of our engineers, Dom, built in a weekend. It's built on top of a Google open framework called Blockly. This allows you to drag and drop these blocks of semantic code and create any behavior for this robot you want. You do not have to know how to code to create a behavior for Romo. And you can actually simulate that behavior in the browser, which is what you see Romo doing on the left. And then if you have something you like, you can download it onto your robot and execute it in real life, run the program in real life. And then if you have something you're proud of, you can share it with every other person who owns a robot in the world. So all of these wi-fi窶兎nabled robots actually learn from each other.

The reason we're so focused on building robots that everyone can train is that we think the most compelling use cases in personal robotics are personal. They change from person to person. So we think that if you're going to have a robot in your home, that robot ought to be a manifestation of your own imagination.

So I wish that I could tell you what the future of personal robotics looks like. To be honest, I have no idea. But what we do know is that it isn't 10 years or 10 billion dollars or a large humanoid robot away. The future of personal robotics is happening today, and it's going to depend on small, agile robots like Romo and the creativity of people like yourselves. So we can't wait to get you all robots, and we can't wait to see what you build.

Thank you.

(Applause)

家にロボットがあるという人手をあげてください あまり多くはないですね では 手をあげた人のうち― ルンバ以外のロボットを持っている人は? わずかですね いいんです これこそ Romotive で私と20人のオタクが 解決しようと やっきになっている問題なんですから

私たちが本気で作りたいのは誰もが使えるロボット― 8歳でも80歳でも使えるロボットです 実際のところこれは 本当に難しい問題なんです というのも そのロボットは小さくて 持ち運びができて― 単に 手ごろな値段というだけではなく 皆が 実際に持ち帰って 子どものそばに置いておきたいようなものでないといけません このロボットは 気持ち悪くても 不気味であってもいけない 親しみやすくて かわいくあるべきなんです

では Romoをご紹介します Romoは 皆さんがご存知で 大好きな iPhoneを 頭脳として使います iPhoneのプロセッサの力を活用することで Wi-Fiが使えてコンピューター・ビジョンを備えた? ロボットを 150ドルで作れました これは 従来のこのようなロボットの約 1%の値段です

Romoは起きたら生き物モードに入ります 装着されたビデオカメラを使って私の顔を追います 私がしゃがめば Romoもついてきます Romoは注意深いですからずっと私から目を離しません 私が こちらに来れば―Romoもまた追ってきます こっちにきたら― (笑) 賢いんです そして もし近寄りすぎたら― 他の生き物と同じように 怖がります いろんな意味で Romoは自分の心を持ったペットのようです ありがとう Romo (ハクション) お大事に

世界を探検したければ―おや Romoが退屈しちゃったようですね もしRomoと世界を探検したければ― どのiOSデバイスからでもRomoに接続できるんです ここに iPadがありますが Romoが このiPadに映像を送ってきます Romoが見たものを見て ロボットの目を通じて世界を見られます これはApp Storeの無料アプリです このアプリを携帯に入れてる人がいたら 文字通り このロボットを一緒にコントロールして ゲームもできます

本当に簡単にやってみますね Romoが映像を送ってきています 私や 客席の皆さんが映っています Romoの正面に来ましょう コントロールしたければ運転もできます Romoを運転してまわれて 皆さんの写真を撮ることもできます TEDの千5百人の聴衆を撮ってみたかったので 1枚 撮影しますね iPadで ページをスクロールさせるようにして カメラの角度を調整できます ですから Romoの目にはみんなが映っています おまけに Romoは私の延長ですから Romoの表情で感情表現できます こうやると Romoが喜ぶんです

でも 最も大事なことは― 私たちは 文字通り まったく直感的に動かせるものを 作りたかったということです ひとに教わらなくてもRomoを操作できます 誰かロボットを動かしてみたい人いませんか? さあ 挑戦者です はい どうぞ ありがとう スコット

さらにクールなのはロボットを操縦するのに― 地理的に同じ場所にいる必要がないことです つまり Romoは どんなスマートデバイスとの間でも 双方向で音声とビデオを送れます ブラウザからログインできます 車輪付きのSkypeみたいなもので さきほど テレプレゼンスの話がありましたが これはその いかした例です 想像してみてくださいiPhoneを持った 8歳の女の子が お母さんにロボットを買ってもらい その子は iPhoneをロボットに装着して 遠くに住む おばあちゃんをメールで招待し おばあちゃんが ロボットにログインして孫娘と かくれんぼできます それも 毎晩15分でもです そうでなければ 孫娘には年に1回か2回しか会えないかもしれません

ありがとう スコット

(拍手)

Romoが今できるクールなことのうち2つを紹介しました 最後に 将来に向け私たちが取り組んでいることをお話しします 元々うちのエンジニアのドムがある週末に作ったツールなんですが BlocklyというGoogleのオープン・フレームワーク上に作られていて それぞれ意味を持ったコードのブロックをドラッグ ドロップして ロボットに 好きな行動をさせることができます Romoを動かすプログラムの書き方を知らなくても大丈夫 ブラウザ内で 行動をシミュレーションできます 左で Romoがやっていますね 気に入ったのがあれば 自分のロボットにダウンロードして プログラムを現実に実行できます そして 自慢できるものができたら― 世界中のRomo所有者と共有できます つまり これらのWi-Fiが使えるロボットは互いに学習し合えるというわけです

誰でも訓練できるロボットに私たちがそんなに熱を入れている理由は 個人に合ったものにできることこそパーソナル・ロボットの一番の魅力だからです 人によって 違っていないといけない ですから 皆さんの家にロボットがいるとしたら そのロボットは 皆さんの想像力を体現したものであるべきだと思います

パーソナル・ロボットの未来について話せたらと思いますが― 正直なところ わかりません ただ 分かっているのは それは10年先でも 千億ドルの投資の後でもなければ 大きな人間型ロボットでもないということです パーソナル・ロボットの未来はもう 現実に起こりつつあります そして それは Romoのような小さくて 機敏なロボットと 皆さんのような人たちの想像力にかかっているのです 皆さんがロボットを手にしそれで何を作るのか 見るのが 待ち遠しいです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画