TED日本語 - セルゲイ・ルパシン: 空飛ぶカメラ、ただしリード付き

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - セルゲイ・ルパシン: 空飛ぶカメラ、ただしリード付き

TED Talks

空飛ぶカメラ、ただしリード付き
A flying camera ... on a leash
セルゲイ・ルパシン
Sergei Lupashin

内容

空中撮影用の無線機や無人機(UAV)は、事実少し気味が悪く、規制や安全面に大きな問題があります。でも、空中撮影は反対運動の規模や、石油流出の様子、デルタ地帯に隠れた野生動物など世界の真実を伝えるパワフルな方法になります。セルゲイ・ルパシンが「Fotokite」の実演を通して、世界を高い場所から安全に制御された形で見ることができる、簡単で新しい方法を紹介します。

Script

I came here to show you the Fotokite. It's a tethered, flying camera. But before I do that, I want to tell you a bit about where it came from, what motivated it.

So I was born in Russia, and three years ago, in 2011, there were the Russian federal elections. There were massive irregularities reported, and people came out to protest, which was very unlikely for Russia. And no one really knew how significant these protests were, because, for whatever reason, the world media largely ignored it. Now, there was a group of photographers who kind of flew flying cameras as a hobby -- usually photographing things like the Sphinx, the Pyramids -- who happened to be right around the corner, and they flew a camera and they took some snapshots, some panoramas of this demonstration. Just completely independent entity, completely random occurrence, and the image, when I saw it, it really struck me. Here's one of the panoramas. So in a single image, you can really see the scale of this event -- just the number of people, the colors, the banners. You just can't consider this insignificant. All in a single image, which was really cool to me.

And I think, in the future, journalism and many other professions, there are flying cameras already quite commonly out there, but I think, you wait a few months, a few years, and for many professions, it's really going to be a requirement.

And it make sense. It's such a unique perspective. Nothing really communicates this scale, for example, in context, in a way that this does. But there are a few hurdles, and they are quite basic and quite fundamental.

One is piloting. So for this image, they flew a camera, a five kilogram device with an SLR under it. It's quite heavy, lots of spinning, sharp things. It's a bit uncomfortable to fly, probably also for the operator. In fact, you can see that on the back of the pilot's shirt, it says, "No questions until landing" in Russian and in English, because people are curious, and they'll go tap you, and then you lose your focus and things happen. And these guys are great. They're professionals; they're really careful in what they do. So in the protests, maybe you noticed, they flew over the river so it was quite safe. But this doesn't necessarily apply to all people and all conditions, so we really have to make piloting easier.

The other problem is regulations, or rather, the lack of good regulation. For many good reasons, it's just difficult to come up with common sense laws to regulate flying cameras. So we already have cameras. Everyone here, I'm sure, has a smartphone with a camera, right? There are more and more of them. You hear about people with Google Glass being attacked. You hear about, actually, a drone pilot, a hobbyist, was attacked two weeks ago because he was flying near a beach. Here's some personal input I didn't expect. Just yesterday, I was attacked by a guy who claimed that I was filming him. I was checking my email right here -- easy way to get input for your talk. But I think there are better solutions. I think we have to defuse the situation. We have to come up with responsible solutions that address the privacy issues and the safety, accountability issues but still give us that perspective.

And this is one potential solution. So this is the Fotokite. Well, let me see, it's a quadrocopter, but what's kind of special about it is there's a leash. It's literally a dog leash. It's very convenient. And the neat thing about it is, to fly it, there's no joysticks, nothing like this. You just turn it on and you point in the direction that you want to fly. You give it a little twist. That's kind of the way you communicate. And there it goes.

(Applause)

So the interaction is super simple. It's like a personal flying pet. It just always maintains a certain angle to you, and if I move around with it, it'll actually follow me naturally. And of course, we can build on top of this. So this leash has some additional electronics. You can turn it on. And now, it's like telling your dog to fly lower, if you have such a dog. So, I can press a button and manipulate it rather easily. So I just shifted its position.

And it's really safe. I don't know about you guys in the front row -- (Laughter) -- but at least in principle, you have to agree that you feel safer because there is a physical connection. Live demos are hard, right? Things go wrong all the time. But no matter what, this thing will actually prevent this thing from going into you. What's more, it tells you immediately that I am the one responsible for this device. You don't have to look for someone controlling it.

Now, I can tell you that it's easy a lot, but I think a really good way to prove that is to grab a second one and launch it. And if I can do this on stage live, then I can show each and every one of you in five minutes how to operate one of these devices.

So now we have two eyes in the sky. (Applause) And now the trick is getting them back. (Laughter)

So my question now to you is, well, it's a nice solution, it's very accessible, it's safe. What would you use it for? What would you use such a camera for in your life?

Thank you.

(Applause)

本日皆さんに ご紹介するのは “Fotokite” リード付きの 空飛ぶカメラです その前に どこから このカメラが生まれたか 作られた動機は何か お話ししたいと思います

私はロシア生まれで ロシアでは3年前の2011年に 連邦選挙がありました 多くの不正が報告され 人々は反対運動を行いました ロシアでは滅多にないことです でも 誰一人として 反対運動の規模を知る人はいませんでした 理由はなんであれ 世界のメディアがほとんど無視したからです その時 写真家のグループで 趣味で空飛ぶカメラを飛ばす人達 ― 普段はスフィンクスや ピラミッドなどを撮影している人達が すぐにやって来て カメラを飛ばして 何枚かのスナップ写真と デモの全体写真を撮ったのです 完全に独立したグループで 全くランダムに発生した事です その写真を見た時に 私は衝撃を受けました ここに1枚の写真があります たった1枚の写真ですが イベントの規模をはっきり見ることができます ― 人々の数 旗や横断幕 これを見て 大したことがないとは 考えられません たった1枚の写真ですが 私にとって最高にクールなものでした

そこで私は考えたのです 将来 ジャーナリズムや他の職業で 空飛ぶカメラは よく利用されるものになるだろうと 一般に普及するには何ヶ月 もしくは何年もかかるでしょうが 多くの職業人にとって 空飛ぶカメラは必需品になります

これは筋の通った ユニークな見通しです このような規模で 全容を伝えられるようなカメラは 他にありません しかし いくつかの課題もあります とても基本的であり また とても重要な課題です

一つは操作技術です この写真では カメラを飛ばしています 一眼レフをつけた5キロの装置です とても重く 回転体や突起物もたくさんあります 飛ばすには不安定で 操縦者にとっても厄介なものです 実際にパイロットのシャツの背中に 「着陸するまでは質問しないで」と ロシア語と英語の両方で 書いてあります 人々は好奇心旺盛で パイロットをたたき その結果 集中力を失って 事故が起きるからです 彼らは熟練したプロです 操縦には細心の注意を払っています 皆さんは気づいたかもしれませんが 反対運動の最中では 川の上を飛ばしているので安全です しかし これは必ずしも 全ての人々と状況に 当てはまるわけではありません だから 操縦を簡単にする必要があるのです

次の問題は 規制 もしくは 良い規制の欠如です たくさんの正当な理由により 空飛ぶカメラを規制する 共通の法律を作る事は困難です 私たちはすでにカメラを持っています ここにいる皆さんはカメラ付きの スマートフォンを持っていますよね? こういったカメラは日々増えています Google Glassの着用について 非難されています また 二週間前に 無人機の操縦を趣味にする方が ビーチでカメラを飛ばしたことで攻撃されました 私自身も 予想しなかった経験があります つい昨日 私自身も 勝手に撮影されたと言う男性に 非難されたので さっきまでここでメールをチェックしていました ― 話題を仕入れる簡単な方法ですが 私はもっとよい解決法があると思います 私たちは問題を取り除くべきなのです 私たちはプライバシーの問題や 安全性や説明責任について 責任ある解決策を生み出し 同時に私たちに便益をもたらす 必要があります

これが その一つの解決策の候補です “Fotokite”です 四軸のヘリコプターですが 特別なのはリードがついていることです 犬のリードと同じで とても便利です そして これの便利なことは 飛ばすための 操作スティックがないことです ただ電源を入れて 飛ばしたい方向に向けて ちょっとひねりを加えます こうやって操作します そして飛ばします

(拍手)

操作方法はとてもシンプルです 空飛ぶペットのようなものです 自分に対して いつも同じ方向に保てます こうやって私が動き回ると 勝手に追いかけてきます もちろん 上に物を搭載できます リードにつなげた追加装置で それを操作できます まるで飼い犬に 低く飛ぶようにと命令する感じで ボタンを押すだけで 簡単に操作できます 次は位置を変えます

これもとても安全です 最前列の人は 不安かもしれませんが ― (笑) しかし 少なくとも原則は 物理的につながっているので より安全に感じると思います 実演紹介って大変でしょう? どんなものにも失敗はつきものです しかし どんな状況でも リードのおかげで “Fotokite”が あなたに突っ込むことはありません それに加えて リードの存在が 私がこの機器の責任者だと示しています 皆さんは操縦者を探す必要がありません

操作は簡単だと何度も言っていますが それを証明するより良い方法として 2機目を持ってきて 飛ばしたいと思います これをステージで実演できたら そのあと皆さんに 操作方法を5分でお伝えします

これで2つのカメラが飛んでいます (拍手) そしてこうやって呼び寄せます (笑)

皆さんに考えていただきたいのは これは よい解決策で 簡単で 安全です あなたなら どうやって使いますか? あなたの生活に どう役立てたいですか?

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画