TED日本語 - キャリー マリス: 危険な感染症に対する次世代治療法について

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キャリー マリス: 危険な感染症に対する次世代治療法について

TED Talks

危険な感染症に対する次世代治療法について
Kary Mullis' next-gen cure for killer infection
キャリー マリス

内容

薬剤耐性菌の犠牲者は世界有数の病院でも報告されています。しかし、高い病原性をもつ黄色ブドウ球菌や炭疽菌などによる感染症は今後大いに驚くことになりそうです。強力な抗生物質の効果が無いまま死亡した友人を目の当たりにしたノーベル賞化学者キャリー・マリスは、驚くほど将来性のある、革新的な治療法を明らかにします。

Script

So it was about four years ago,five years ago, I was sitting on a stage in Philadelphia, I think it was, with a bag similar to this. And I was pulling a molecule out of this bag. And I was saying, you don't know this molecule really well, but your body knows it extremely well. And I was thinking that your body hated it, at the time, because we are very immune to this. This is called alpha-gal epitope. And the fact that pig heart valves have lots of these on them is the reason that you can't transplant a pig heart valve into a person easily.

Actually our body doesn't hate these. Our body loves these. It eats them. I mean, the cells in our immune system are always hungry. And if an antibody is stuck to one of these things on the cell, it means "that's food." Now, I was thinking about that and I said, you know, we've got this immune response to this ridiculous molecule that we don't make, and we see it a lot in other animals and stuff. But I said we can't get rid of it, because all the people who tried to transplant heart valves found out you can't get rid of that immunity.

And I said, why don't you use that? What if I could stick this molecule, slap it onto a bacteria that was pathogenic to me, that had just invaded my lungs? I mean I could immediately tap into an immune response that was already there, where it was not going to take five or six days to develop it -- it was going to immediately attack whatever this thing was on. It was kind of like the same thing that happens when you, like when you're getting stopped for a traffic ticket in L.A., and the cop drops a bag of marijuana in the back of your car, and then charges you for possession of marijuana. It's like this very fast, very efficient way to get people off the street.

(Laughter)

So you can take a bacteria that really doesn't make these things at all, and if you could clamp these on it really well you have it taken off the street. And for certain bacteria we don't have really efficient ways to do that anymore. Our antibiotics are running out. And, I mean, the world apparently is running out too. So probably it doesn't matter 50 years from now -- streptococcus and stuff like that will be rampant -- because we won't be here. But if we are -- (Laughter) we're going to need something to do with the bacteria.

So I started working with this thing, with a bunch of collaborators. And trying to attach this to things that were themselves attached to certain specific target zones, bacteria that we don't like. And I feel now like George Bush. It's like "mission accomplished." So I might be doing something dumb, just like he was doing at the time. But basically what I was talking about there we've now gotten to work. And it's killing bacteria. It's eating them.

This thing can be stuck, like that little green triangle up there, sort of symbolizing this right now. You can stick this to something called a DNA aptamer. And that DNA aptamer will attach specifically to a target that you have selected for it. So you can find a little feature on a bacterium that you don't like, like Staphylococcus -- I don't like it in particular, because it killed a professor friend of mine last year. It doesn't respond to antibiotics. So I don't like it. And I'm making an aptamer that will have this attached to it. That will know how to find Staph when it's in your body, and will alert your immune system to go after it.

Here's what happened. See that line on the very top with the little dots? That's a bunch of mice that had been poisoned by our scientist friends down in Texas, at Brooks Air Base, with anthrax. And they had also been treated with a drug that we made that would attack anthrax in particular, and direct your immune system to it. You'll notice they all lived, the ones on the top line -- that's a 100 percent survival rate. And they actually lived another 14 days, or 28 when we finally killed them, and took them apart and figured out what went wrong. Why did they not die? And they didn't die because they didn't have anthrax anymore. So we did it. Okay?

(Applause)

Mission accomplished!

(Applause)

4、5年前の頃でした 私は、こんな袋を持って、フィラデルフィアのステージに いたんだと思います そして袋から分子模型を取り出し 言ったのです 「皆さんはこの分子をあまりご存知ないと思いますが 体はこれを非常に良く知っています」 その時、私たちの体がこれを嫌っているものだと考えていました なぜなら、これに対して免疫が働いているからです これはアルファ-ガル エピトープと呼ばれています 豚の心臓弁に沢山これが存在するため 人と豚の心臓弁の移植を簡単に行えません

実は体はこれを嫌っている訳ではありません これらが好物で、食べてしまうのです 免疫システムの細胞は、いつもお腹を空かせています もし抗体が細胞上でこれらの一つに結合すると それはつまり「これは食べ物だ」という意味です この事を考えていた私は言いました 「自分の産生しないこの変な分子に私たちの免疫系は反応しますが 同様な現象を他の動物にも見る事ができます でも私たちはこれから逃れる事はできません なぜなら心臓弁の移植を試みた全ての人々は この免疫から逃れられないことを発見したからです」

そして私は、「これを利用してみようか」と言ったのです もしこの分子を ちょうど肺に侵入してきた 病原菌にくっつけることが出来ればどうなるでしょうか 5、6日かけて準備することもなく、 即座に既存の免疫反応を 引き起こすことができます これにくっついているありとあらゆるものに即座に攻撃をしかけるでしょう 例えば、ロサンゼルスで交通違反の切符の為に 警察に止められて 警官が車の外の後ろにマリファナの袋を落とし マリファナの所持で告発することと同じような事です 人々を非常に早く、効率的に道路からつまみ出すようなものなのです

(笑)

これらを全く作り出さない 細菌に これらをうまく結合させることが出来れば、 彼らをつまみだすことが出来ます そして特定の細菌では それらを排除する効率的な手段はもうありません 細菌に対して抗生物質は効きにくくなっています というか、世界もだめになりつつあるので 恐らく、50年後は、連鎖球菌のような菌が蔓延し 私たちはこの世にいないので、関係ないかもしれませんが もしまだ生きているのだとしたら (笑) 細菌に対して何らかの対策を講じなければいけません

そこで私は大勢の共同研究者と これに対する研究を始め 私たちが嫌いな細菌の特定のターゲット部位に 結びついたものにこのエピトープを 結合させようとしました 今、私はまるでジョージ ブッシュになって 「任務完了」と宣言する気分なので 私は彼が当時やっていたように、くだらないことをやっているのかもしれませんが 基本的に私がそこで話したことは、現在うまく機能しています この方法で免疫が実際に細菌を食べ始めているのです

あの図では、この分子は 小さな緑色の三角形として表されています これをDNAアプタマーと呼ばれるものに結合させることができます そしてDNAアプタマーは、選択した特定のターゲットに対して 特異的に結合するのです 次は好きじゃない細菌に対してそのターゲット部位を選び出します 私はブドウ球菌が特に好きではありません、なぜなら 私の友人である教授を昨年死なせたからです 抗生物質が効かなかったことから私はこの細菌が嫌いです そこでこのエピトープと結合したアプタマーを作り それが体内におけるブドウ球菌の侵入を検知し 免疫システムに警告を発するようにしました

実際こういう事が起きました 一番上の 小さな点で表されている線が見えますか 私たちの友人であるテキサスのブルックス空軍基地にいる 科学者達によって、炭疽菌に感染させられた マウス達を示しています また、それらのマウスは私たちが用意した 炭疽菌のみを免疫システムの標的とする 薬剤を投与されています 一番上の線のマウスは、全て生存しました これは100%の生存率を示しています そしてマウスは更に14日間生存し 28日目に処分し、解剖して一体何が起きたのか 解析するまで生きたのです なぜ彼らは死ななかったのでしょうか? 彼らの体内に炭疽菌がいなくなっていたからです ということで、私たちは成功したんです

(拍手)

任務完了!

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画