TED日本語 - ダニエル・クラフト: より良い骨髄採取法の開発

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ダニエル・クラフト: より良い骨髄採取法の開発

TED Talks

より良い骨髄採取法の開発
Daniel Kraft invents a better way to harvest bone marrow
ダニエル・クラフト

内容

ダニエル・クラフトが彼の骨髄採取器(メローマイナー)をデモンストレーションします。 この新しい装置は骨髄液を素早く採取し、ドナーの痛みを最小限に抑えることができます。彼は成人骨髄液中の幹細胞は、パーキンソン病から心臓病までの多くの末期症状の治療に利用可能と説いています。

Script

So I am a pediatric cancer doctor and stem-cell researcher at Stanford University where my clinical focus has been bone marrow transplantation. Now, inspired by Jill Bolte Taylor last year, I didn't bring a human brain, but I did bring a liter of bone marrow. And bone marrow is actually what we use to save the lives of tens of thousands of patients, most of whom have advanced malignancies like leukemia and lymphoma and some other diseases.

So, a few years ago, I'm doing my transplant fellowship at Stanford. I'm in the operating room. We have Bob here, who is a volunteer donor. We're sending his marrow across the country to save the life of a child with leukemia. So actually how do we harvest this bone marrow? Well we have a whole O.R. team, general anesthesia, nurses, and another doctor across from me. Bob's on the table, and we take this sort of small needle, you know, not too big. And the way we do this is we basically place this through the soft tissue, and kind of punch it into the hard bone, into the tuchus -- that's a technical term -- and aspirate about 10 mls of bone marrow out, each time, with a syringe. And hand it off to the nurse. She squirts it into a tin. Hands it back to me. And we do that again and again. About 200 times usually. And by the end of this my arm is sore, I've got a callus on my hand, let alone Bob, whose rear end looks something more like this, like Swiss cheese.

So I'm thinking, you know, this procedure hasn't changed in about 40 years. And there is probably a better way to do this. So I thought of a minimally invasive approach, and a new device that we call the Marrow Miner. This is it. And the Marrow Miner, the way it works is shown here.

Our standard see-through patient. Instead of entering the bone dozens of times, we enter just once, into the front of the hip or the back of the hip. And we have a flexible, powered catheter with a special wire loop tip that stays inside the crunchy part of the marrow and follows the contours of the hip, as it moves around. So it enables you to very rapidly aspirate, or suck out, rich bone marrow very quickly through one hole. We can do multiple passes through that same entry. No robots required. And, so, very quickly, Bob can just get one puncture, local anesthesia, and do this harvest as an outpatient.

So I did a few prototypes. I got a small little grant at Stanford. And played around with this a little bit. And our team members developed this technology. And eventually we got two large animals, and pig studies. And we found, to our surprise, that we not only got bone marrow out, but we got 10 times the stem cell activity in the marrow from the Marrow Miner, compared to the normal device. This device was just FDA approved in the last year.

Here is a live patient. You can see it following the flexible curves around. There will be two passes here, in the same patient, from the same hole. This was done under local anesthesia, as an outpatient. And we got, again, about three to six times more stem cells than the standard approach done on the same patient.

So why should you care? Bone marrow is a very rich source of adult stem cells. You all know about embryonic stem cells. They've got great potential but haven't yet entered clinical trials. Adult stem cells are throughout our body, including the blood-forming stem cells in our bone marrow, which we've been using as a form of stem-cell therapy for over 40 years. In the last decade there's been an explosion of use of bone marrow stem cells to treat the patient's other diseases such as heart disease, vascular disease, orthopedics, tissue engineering, even in neurology to treat Parkinson's and diabetes.

We've just come out, we're commercializing, this year, generation 2.0 of the Marrow Miner. The hope is that this gets more stem cells out, which translates to better outcomes. It may encourage more people to sign up to be potential live-saving bone marrow donors. It may even enable you to bank your own marrow stem cells, when you're younger and healthier, to use in the future should you need it. And ultimately -- and here's a picture of our bone marrow transplant survivors, who come together for a reunion each year at Stanford. Hopefully this technology will let us have more of these survivors in the future. Thanks.

(Applause)

私は小児ガンの医師で スタンフォードで幹細胞の研究もしていますが そこでは主に骨髄移植に携わってきました ジル ボルト テイラーが去年人間の脳を 持ってきた事に刺激され 1リットルの骨髄液を持ってきました 骨髄液は実際多くの患者さんを救うために 私達が使用しているものです その患者さんのほとんどは 白血病 リンパ腫 その他の進行した悪性腫瘍を抱えています

数年前 私はスタンフォードで移植の研修生をしていました 私は手術室にいて そこにはドナー志願のボブがいました 私達は国内のある白血病の子供の命を救うため 彼の骨髄液を送ろうとしていました 実際どうやって骨髄液を採取するのでしょう? 手術室のメンバーはそろっているし 一般的な麻酔設備 看護士 そして 私の前には他の医者もいます ボブは手術台にいます このような小さい針 それほど大きくない針を使います やり方はこうです 基本的にこれをやわらかい組織に貫通させ 固い骨に穴をあけるのです 尻の中に--これは専門用語です そして骨髄液を10ml吸引します 毎回 注射器で それを看護師に渡します 彼女はそれを容器に入れ 私に返します これを何度も繰り返します 大体200回くらい 最後には腕は痛み始め 手にはタコができます ボブは言うまでもありません 彼のお尻はこんな スイスチーズの様になってしまいます

私が思ったのは この処置は40年間変わっていない もっといい方法があるだろうということでした そこで考えたのは 器具を最小限に挿入する方法です 新しい装置 メローマイナ―(骨髄採取器)です これだけです ではメローマイナ―の機能をお見せしましょう

患者の模型です 骨に何十回も針を挿入する代わりに 腰の前か後ろに一回だけ挿入します それから弾力性のある電動カテーテル それには針金の輪が先端に付いていて 腰の固い骨の内側の輪郭に沿って動きます こうして とても速く たくさんの骨髄液を 1つの穴から吸い出すことができます 同じ穴からいくつもの経路も作れます ロボットも必要ありません ボブは1つ穴をあけるだけで 非常に素早く 局所麻酔で外来で 骨髄液採取ができるのです

スタンフォードで少額の交付金をいただいたので 試作品を作り 少し実験をしてみました 私達のチームはこの技術を発展させ 最終的に2匹の大きな動物 つまり豚での研究をしました 驚いたことに結果は 普通の採取器に比べ 骨髄液だけでなく 10倍もの幹細胞の活動を含んだ骨髄液を このメローマイナ―で採取することができたのです この方法は昨年FDAによって認可されました

実際の患者です 針金が柔軟にカーブに沿っていますね 同じ患者の同じ穴から2回吸引します これは局所麻酔で外来で行われました そして私達はまた従来より3倍から6倍も多くの 幹細胞を同じ患者から採取出来ました

これは私たちに重要な物でしょうか?骨髄液は成体幹細胞の宝庫です 皆さんは胚性幹細胞をご存じですね 大きな可能性がありながら まだ臨床試験はされていません 成体幹細胞は私達の骨髄の中に 造血幹細胞も含め 体中にあります 私達はそれを40年以上 幹細胞治療に利用してきました ここ10年間で 骨髄幹細胞の利用は激増し 様々な病気を治療しています 心臓病 血管の病気 整形外科 再生医学の患者の治療 また神経病学ではパーキンソン病や 糖尿病にまで

私達は今年 "メローマイナ―2.0"を商品化しました これがより多くの幹細胞を採取する手掛かりとなり よい成果をあげられることを心待ちにしてます これのおかげでより多くの人が骨髄ドナー登録し 人命救助をしてくれることでしょう さらに あなたが自分の骨髄幹細胞を若くて 健康な時に預け 将来利用するという事が 可能になるかもしれません 最後に-- ここに骨髄移植成功者たちの 写真が一枚あります こうして彼らはスタンフォードで毎年集っているのです この技術により将来この写真の中に より多くの人々を見られることを望んでおります ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画