TED日本語 - アディティ・シャンカーダス: 学習障害に対するセカンドオピニオン

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アディティ・シャンカーダス: 学習障害に対するセカンドオピニオン

TED Talks

学習障害に対するセカンドオピニオン
A second opinion on learning disorders
アディティ・シャンカーダス
Aditi Shankardass

内容

子どもの発達障害の一般的な診断の仕方は、彼らの行動を観察することですが、アディティ・シャンカーダスは脳を直接見るべきだと言います。シャンカーダスの研究所にある驚くべき脳波図計が従来の間違った診断を明らかにし、子どもたちの人生を変えた様子を語ります。

Script

When I was 10 years old, a cousin of mine took me on a tour of his medical school. And as a special treat, he took me to the pathology lab and took a real human brain out of the jar and placed it in my hands. And there it was, the seat of human consciousness, the powerhouse of the human body, sitting in my hands. And that day I knew that when I grew up, I was going to become a brain doctor, scientist, something or the other.

Years later, when I finally grew up, my dream came true. And it was while I was doing my Ph.D. on the neurological causes of dyslexia in children that I encountered a startling fact that I'd like to share with you all today. It is estimated that one in six children, that's one in six children, suffer from some developmental disorder. This is a disorder that retards mental development in the child and causes permanent mental impairments. Which means that each and every one of you here today knows at least one child that is suffering from a developmental disorder.

But here's what really perplexed me. Despite the fact that each and every one of these disorders originates in the brain, most of these disorders are diagnosed solely on the basis of observable behavior. But diagnosing a brain disorder without actually looking at the brain is analogous to treating a patient with a heart problem based on their physical symptoms, without even doing an ECG or a chest X-ray to look at the heart. It seemed so intuitive to me. To diagnose and treat a brain disorder accurately, it would be necessary to look at the brain directly. Looking at behavior alone can miss a vital piece of the puzzle and provide an incomplete, or even a misleading, picture of the child's problems. Yet, despite all the advances in medical technology, the diagnosis of brain disorders in one in six children still remained so limited.

And then I came across a team at Harvard University that had taken one such advanced medical technology and finally applied it, instead of in brain research, towards diagnosing brain disorders in children. Their groundbreaking technology records the EEG, or the electrical activity of the brain, in real time, allowing us to watch the brain as it performs various functions and then detect even the slightest abnormality in any of these functions: vision, attention, language, audition. A program called Brain Electrical Activity Mapping then triangulates the source of that abnormality in the brain. And another program called Statistical Probability Mapping then performs mathematical calculations to determine whether any of these abnormalities are clinically significant, allowing us to provide a much more accurate neurological diagnosis of the child's symptoms. And so I became the head of neurophysiology for the clinical arm of this team, and we're finally able to use this technology towards actually helping children with brain disorders. And I'm happy to say that I'm now in the process of setting up this technology here in India.

I'd like to tell you about one such child, whose story was also covered by ABC News. Seven-year-old Justin Senigar came to our clinic with this diagnosis of very severe autism. Like many autistic children, his mind was locked inside his body. There were moments when he would actually space out for seconds at a time. And the doctors told his parents he was never going to be able to communicate or interact socially, and he would probably never have too much language.

When we used this groundbreaking EEG technology to actually look at Justin's brain, the results were startling. It turned out that Justin was almost certainly not autistic. He was suffering from brain seizures that were impossible to see with the naked eye, but that were actually causing symptoms that mimicked those of autism. After Justin was given anti-seizure medication, the change in him was amazing. Within a period of 60 days, his vocabulary went from two to three words to 300 words. And his communication and social interaction were improved so dramatically that he was enrolled into a regular school and even became a karate super champ.

Research shows that 50 percent of children, almost 50 percent of children diagnosed with autism are actually suffering from hidden brain seizures. These are the faces of the children that I have tested with stories just like Justin. All these children came to our clinic with a diagnosis of autism, attention deficit disorder, mental retardation, language problems. Instead, our EEG scans revealed very specific problems hidden within their brains that couldn't possibly have been detected by their behavioral assessments. So these EEG scans enabled us to provide these children with a much more accurate neurological diagnosis and much more targeted treatment.

For too long now, children with developmental disorders have suffered from misdiagnosis while their real problems have gone undetected and left to worsen. And for too long, these children and their parents have suffered undue frustration and desperation. But we are now in a new era of neuroscience,one in which we can finally look directly at brain function in real time with no risks and no side effects, non-invasively, and find the true source of so many disabilities in children.

So if I could inspire even a fraction of you in the audience today to share this pioneering diagnostic approach with even one parent whose child is suffering from a developmental disorder, then perhaps one more puzzle in one more brain will be solved. One more mind will be unlocked. And one more child who has been misdiagnosed or even undiagnosed by the system will finally realize his or her true potential while there's still time for his or her brain to recover. And all this by simply watching the child's brainwaves.

Thank you.

(Applause)

私が10歳のとき 医学生のいとこが 彼の大学を案内してくれました 特別にと 病理学研究室に 私を入れてくれたのです 彼は 瓶に入っていた― 人間の脳を取りだし 私の手にのせてくれました そこには 人間の意識の源― 人間の体を司るものが のっていました そのときです 大人になったら 神経学者か 科学者になると確信しました

それから何年も経過して 私の夢は叶いました 博士号のテーマは 神経に起因する― 子どもの失読症 でした そのときに私が直面した― 驚きの事実を今日はお話しします 6人に1人の子どもが 発達障害を抱えると 推定されています 発達障害とは 子どもの 精神的発達が遅滞し 一生続く精神障害の原因となるものです この会場にいる皆さん誰もが 発達障害の子どもを 1人は知っている計算になります

しかし 私が困惑したのは このような障害は 例外なく 脳から発生しているのに そのケースのほとんどが 目に見える行動だけを基準に 診断されているのです 実際に脳を見ず 脳の障害を診断するのは 心臓に問題がある患者の心電図や 胸部のX線写真さえ撮らずに 身体的症状を頼りに 治療するようなものです 脳障害の正しい診断や 適切な治療には まず脳を見る必要がある― というのが私の直感でした 行動だけを観察していると 子どもの問題の 肝心な部分を見逃したり ときには誤った理解に至ります しかし これだけ医療技術が進歩しているにも関わらず 6人に1人が抱える― 脳障害の診断法は あまりにも決まりきったものでした

そんなとき ハーバード大学のチームを知ることになりました 彼らは ある高度な医療技術を 脳の研究ではなく 脳障害をもつ子どもの診断に 適用するところまで来たのです その革新的な技術とは 脳波 すなわち脳の電気活動を リアルタイムで記録します 脳の様々な働きを 観察することができて 視覚 注意力 言語 聴覚を司る働きの 異常が少しでもあれば 見つけ出すことができます 脳電気活動図と呼ばれる― プログラムで 異常な電気信号の 場所を特定します 統計的確率マッピングという 別のプログラムが 数学的計算を行い 異常を示すものが 臨床的に重要かどうか 判定します 子どもの脳神経の症状に 正確な診断を 下すことができるのです そんなわけで私は神経生理を扱う― 部門を指揮することになりました この技術を用いて 脳障害をもつ子どもたちを やっと助けられるようになりました インドでも この技術を 立ち上げる最中であることを嬉しく思います

ある男の子の話を紹介します ABCニュースでも取り上げられた― 7歳のジャスティンです 彼は我々の診療所に来る前 重度の自閉症と診断されていました 自閉症の子どもに多いように 彼は心を閉ざしていました ジャスティンは時に うわの空になることもありました 両親は医師から ジャスティンが社会性を身につけるのは 無理だろうと言われていました また 言葉の習得の難しさも指摘されていました

我々が 革新的な脳波技術を使って ジャスティンの脳を実際に観察したとき 驚く結果が出ました ジャスティンが自閉症ではないと ほぼ確実に言える結果が出たのです 肉眼だけでは特定できない― てんかん発作を患っていましたが 自閉症の症状に類似した― 症状を引き起こしていました 抗てんかん薬を飲んでから 驚く変化がありました 60日もしないうちに 彼の言葉は数える程度から 300に増えました コミュニケーションも 劇的に向上し 普通の学校に入り 空手でも優秀な成績を収めました

自閉症と診断された― 子どものうちの約半数は 目に見えないてんかん発作が 原因だという研究結果が出ています これは私が検査をした― 子どもたちです 皆 ジャスティンと同じ境遇にいたのです どの子どもたちも 我々の診療所を訪れる前に 自閉症 注意欠陥障害 知的障害 言語障害という診断を受けていました 私たちの脳波スキャナーで 脳に隠れた特定の問題があることがわかりました 彼らの行動を判断するだけでは 絶対に発見できなかった問題です このような脳波スキャンは 子どもたちに より正確な 脳神経の診断をすることができ より適した治療をすることができます

発達障害の子どもたちは 長いこと誤診のために 本来の問題を見いだしてもらえず 悪化するまま見捨てられてきました そして このような子どもと親は長い間 ひどい苛立ちと絶望感に苛まれてきました しかし我々は神経科学の新しい時代におり リアルタイムで脳の機能を じかに見れるようになりました それに伴うリスクや副作用はなく 障害をもつ多くの子どもたちの 本当の原因を痛みを伴わずに突き止められます

皆さんが 発達障害に苦しむお子さんがいる方を 一人でもご存じなら この革新的な 診断方法を ぜひお伝えください 一人でも多くの悩みが 解消できるかもしれません もう1人の子どもの心が扉が開き 誤診されていた子ども― または従来の方法で 診断さえされていなかった― 子どもの本当の可能性に気づけるのです そこにはまだ 回復するだけの時間があります 方法は簡単 彼らの脳波を観察するだけです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画