TED日本語 - ブルース・エイルワード: ポリオを永久に根絶させる方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ブルース・エイルワード: ポリオを永久に根絶させる方法

TED Talks

ポリオを永久に根絶させる方法
How we'll stop polio for good
ブルース・エイルワード
Bruce Aylward

内容

ポリオはほぼ完全に根絶されたようなものだ。しかし、ブルース・エイルワード氏いわく、「この恐ろしい病気の場合、ほぼ根絶というのでは不十分」なのだ。科学の奇跡によって、世界の殆どの地域ではポリオが撲滅されたが、これからもこの奇跡を起こし続け、地球上から永久にポリオを根絶させる計画についてエイルワード氏は語る。

Script

I want to share with you over the next 18 minutes a pretty incredible idea. Actually, it's a really big idea. But to get us started, I want to ask if everyone could just close your eyes for two seconds and try and think of a technology or a bit of science that you think has changed the world. Now I bet, in this audience, you're thinking of some really incredible technology, some stuff that I haven't even heard of, I'm absolutely sure. But I'm also sure, pretty sure, that absolutely nobody is thinking of this. This is a polio vaccine.

And it's a great thing actually that nobody's had to think about it here today because it means that we can take this for granted. This is a great technology. We can take it completely for granted. But it wasn't always that way. Even here in California, if we were to go back just a few years, it was a very different story. People were terrified of this disease. They were terrified of polio, and it would cause public panic. And it was because of scenes like this. In this scene, people are living in an iron lung. These are people who were perfectly healthy two or three days before, and then two days later, they can no longer breathe, and this polio virus has paralyzed not only their arms and their legs, but also their breathing muscles. And they were going to spend the rest of their lives, usually, in this iron lung to breathe for them.

This disease was terrifying. There was no cure, and there was no vaccine. The disease was so terrifying that the president of the United States launched an extraordinary national effort to find a way to stop it. Twenty years later, they succeeded and developed the polio vaccine. It was hailed as a scientific miracle in the late 1950s. Finally, a vaccine that could stop this awful disease, and here in the United States it had an incredible impact. As you can see, the virus stopped, and it stopped very, very fast.

But this wasn't the case everywhere in the world. And it happened so fast in the United States, however, that even just last month Jon Stewart said this:

(Video) Jon Stewart: Where is polio still active? Because I thought that had been eradicated in the way that smallpox had been eradicated.

Bruce Aylward: Oops. Jon, polio's almost been eradicated. But the reality is that polio still exists today. We made this map for Jon to try to show him exactly where polio still exists. This is the picture. There's not very much left in the world. But the reason there's not very much left is because there's been an extraordinary public/private partnership working behind the scenes, almost unknown, I'm sure to most of you here today. It's been working for 20 years to try and eradicate this disease, and it's got it down to these few cases that you can see here on this graphic.

But just last year, we had an incredible shock and realized that almost just isn't good enough with a virus like polio. And this is the reason: in two countries that hadn't had this disease for more than probably a decade, on opposite sides of the globe, there was suddenly terrible polio outbreaks. Hundreds of people were paralyzed. Hundreds of people died -- children as well as adults. And in both cases, we were able to use genetic sequencing to look at the polio viruses, and we could tell these viruses were not from these countries. They had come from thousands of miles away. And in one case, it originated on another continent. And not only that, but when they came into these countries, then they got on commercial jetliners probably and they traveled even farther to other places like Russia, where, for the first time in over a decade last year, children were crippled and paralyzed by a disease that they had not seen for years.

Now all of these outbreaks that I just showed you, these are under control now, and it looks like they'll probably stop very, very quickly. But the message was very clear. Polio is still a devastating, explosive disease. It's just happening in another part of the world. And our big idea is that the scientific miracle of this decade should be the complete eradication of poliomyelitis.

So I want to tell you a little bit about what this partnership, the Polio Partnership, is trying to do. We're not trying to control polio. We're not trying to get it down to just a few cases, because this disease is like a root fire; it can explode again if you don't snuff it out completely. So what we're looking for is a permanent solution. We want a world in which every child, just like you guys, can take for granted a polio-free world. So we're looking for a permanent solution, and this is where we get lucky. This is one of the very few viruses in the world where there are big enough cracks in its armor that we can try to do something truly extraordinary. This virus can only survive in people. It can't live for a very long time in people. It doesn't survive in the environment hardly at all. And we've got pretty good vaccines, as I've just showed you. So we are trying to wipe out this virus completely. What the polio eradication program is trying to do is to kill the virus itself that causes polio everywhere on Earth.

Now we don't have a great track record when it comes to doing something like this, to eradicating diseases. It's been tried six times in the last century, and it's been successful exactly once. And this is because disease eradication, it's still the venture capital of public health. The risks are massive, but the pay-off -- economic, humanitarian, motivational -- it's absolutely huge. One congressman here in the United States thinks that the entire investment that the U.S. put into smallpox eradication pays itself off every 26 days -- in foregone treatment costs and vaccination costs. And if we can finish polio eradication, the poorest countries in the world are going to save over 50 billion dollars in the next 25 years alone. So those are the kind of stakes that we're after.

But smallpox eradication was hard; it was very, very hard. And polio eradication, in many ways, is even tougher, and there's a few reasons for that. The first is that, when we started trying to eradicate polio about 20 years ago, more than twice as many countries were infected than had been when we started off with smallpox. And there were more than 10 times as many people living in these countries. So it was a massive effort. The second challenge we had was -- in contrast to the smallpox vaccine, which was very stable, and a single dose protected you for life -- the polio vaccine is incredibly fragile. It deteriorates so quickly in the tropics that we've had to put this special vaccine monitor on every single vial so that it will change very quickly when it's exposed to too much heat, and we can tell that it's not a good vaccine to use on a child -- it's not potent; it's not going to protect them. Even then, kids need many doses of the vaccine.

But the third challenge we have -- and probably even bigger one, the biggest challenge -- is that, in contrast to smallpox where you could always see your enemy -- every single person almost who was infected with smallpox had this telltale rash. So you could get around the disease; you could vaccinate around the disease and cut it off. With polio it's almost completely different. The vast majority of people who are infected with the polio virus show absolutely no sign of the disease. So you can't see the enemy most of the time, and as a result, we've needed a very different approach to eradicate polio than what was done with smallpox.

We've had to create one of the largest social movements in history. There's over 10 million people, probably 20 million people, largely volunteers, who have been working over the last 20 years in what has now been called the largest internationally-coordinated operation in peacetime. These people, these 20 million people, vaccinate over 500 million children every single year, multiple times at the peak of our operation. Now giving the polio vaccine is simple. It's just two drops, like that. But reaching 500 million people is much, much tougher. And these vaccinators, these volunteers, they have got to dive headlong into some of the toughest, densest urban slums in the world. They've got to trek under sweltering suns to some of the most remote, difficult to reach places in the world. And they also have to dodge bullets, because we have got to operate during shaky cease-fires and truces to try and vaccinate children, even in areas affected by conflict.

One reporter who was watching our program in Somalia about five years ago -- a place which has eradicated polio, not once, but twice, because they got reinfected. He was sitting outside of the road, watching one of these polio campaigns unfold, and a few months later he wrote: "This is foreign aid at its most heroic." And these heroes, they come from every walk of life, all sorts of backgrounds. But one of the most extraordinary is Rotary International. This is a group whose million-strong army of volunteers have been working to eradicate polio for over 20 years. They're right at the center of the whole thing.

Now it took years to build up the infrastructure for polio eradication -- more than 15 years, much longer than it should have -- but once it was built, the results were striking. Within a couple of years, every country that started polio eradication rapidly eradicated all three of their polio viruses, with the exception of four countries that you see here. And in each of those, it was only part of the country. And then, by 1999,one of the three polio viruses that we were trying to eradicate had been completely eradicated worldwide -- proof of concept. And then today, there's been a 99 percent reduction -- greater than 99 percent reduction -- in the number of children who are being paralyzed by this awful disease. When we started, over 20 years ago,1,000 children were being paralyzed every single day by this virus. Last year, it was 1,000.

And at the same time, the polio eradication program has been working to help with a lot of other areas. It's been working to help control pandemic flu, SARS for example. It's also tried to save children by doing other things -- giving vitamin A drops, giving measles shots, giving bed nets against malaria even during some of these campaigns. But the most exciting thing that the polio eradication program has been doing has been to force us, the international community, to reach every single child, every single community, the most vulnerable people in the world, with the most basic of health services, irrespective of geography, poverty, culture and even conflict.

So things were looking very exciting, and then about five years ago, this virus, this ancient virus, started to fight back. The first problem we ran into was that, in these last four countries, the strongholds of this virus, we just couldn't seem to get the virus rooted out. And then to make the matters even worse, the virus started to spread out of these four places, especially northern India and northern Nigeria, into much of Africa, Asia, and even into Europe, causing horrific outbreaks in places that had not seen this disease for decades. And then, in one of the most important, tenacious and toughest reservoirs of the polio virus in the world, we found that our vaccine was working half as well as it should have. In conditions like this, the vaccine just couldn't get the grip it needed to in the guts of these children and protect them the way that it needed to.

Now at that time, there was a great, as you can imagine, frustration -- let's call it frustration -- it started to grow very, very quickly. And all of a sudden, some very important voices in the world of public health started to say, "Hang on. We should abandon this idea of eradication. Let's settle for control -- that's good enough." Now as seductive as the idea of control sounds, it's a false premise. The brutal truth is, if we don't have the will or the skill, or even the money that we need to reach children, the most vulnerable children in the world, with something as simple as an oral polio vaccine, then pretty soon, more than 200,000 children are again going to be paralyzed by this disease every single year. There's absolutely no question.

These are children like Umar. Umar is seven years old, and he's from northern Nigeria. He lives in a family home there with his eight brothers and sisters. Umar also has polio. Umar was paralyzed for life. His right leg was paralyzed in 2004. This leg, his right leg, now takes an awful beating because he has to half-crawl, because it's faster to move that way to keep up with his friends, keep up with his brothers and sisters, than to get up on his crutches and walk. But Umar is a fantastic student. He's an incredible kid. As you probably can't see the detail here, but this is his report card, and you'll see, he's got perfect scores. He got 100 percent in all the important things, like nursery rhymes, for example there. But you know I'd love to be able to tell you that Umar is a typical kid with polio these days, but it's not true. Umar is an exceptional kid in exceptional circumstances.

The reality of polio today is something very different. Polio strikes the poorest communities in the world. It leaves their children paralyzed, and it drags their families deeper into poverty, because they're desperately searching and they're desperately spending the little bit of savings that they have, trying in vain to find a cure for their children. We think children deserve better. And so when the going got really tough in the polio eradication program about two years ago, when people were saying, "We should call it off," the Polio Partnership decided to buckle down once again and try and find innovative new solutions, new ways to get to the children that we were missing again and again.

In northern India, we started mapping the cases using satellite imaging like this, so that we could guide our investments and vaccinator shelters, so we could get to the millions of children on the Koshi River basin where there are no other health services. In northern Nigeria, the political leaders and the traditional Muslim leaders, they got directly involved in the program to help solve the problems of logistics and community confidence.

And now they've even started using these devices -- speaking of cool technology -- these little devices, little GIS trackers like this, which they put into the vaccine carriers of their vaccinators. And then they can track them, and at the end of the day, they look and see, did these guys get every single street, every single house. This is the kind of commitment now we're seeing to try and reach all of the children we've been missing. And in Afghanistan, we're trying new approaches -- access negotiators. We're working closely with the International Committee of the Red Cross to ensure that we can reach every child.

But as we tried these extraordinary things, as people went to this trouble to try and rework their tactics, we went back to the vaccine -- it's a 50-year-old vaccine -- and we thought, surely we can make a better vaccine, so that when they finally get to these kids, we can have a better bang for our buck. And this started an incredible collaboration with industry, and within six months, we were testing a new polio vaccine that targeted, just two years ago, the last two types of polio in the world. Now June the ninth,2009, we got the first results from the first trial with this vaccine, and it turned out to be a game-changer. The new vaccine had twice the impact on these last couple of viruses as the old vaccine had, and we immediately started using this. Well, in a couple of months we had to get it out of production. And it started rolling off the production lines and into the mouths of children around the world. And we didn't start with the easy places. The first place this vaccine was used was in southern Afghanistan, because it's in places like that where kids are going to benefit the most from technologies like this.

Now here at TED, over the last couple of days, I've seen people challenging the audience again and again to believe in the impossible. So this morning at about seven o'clock, I decided that we'd try to drive Chris and the production crew here berserk by downloading all of our data from India again, so that you could see something that's just unfolding today, which proves that the impossible is possible. And only two years ago, people were saying that this is impossible. Now remember, northern India is the perfect storm when it comes to polio. Over 500,000 children are born in the two states that have never stopped polio -- Uttar Pradesh and Bihar -- 500,000 children every single month. Sanitation is terrible, and our old vaccine, you remember, worked half as well as it should have. And yet, the impossible is happening. Today marks exactly six months -- and for the first time in history, not a single child has been paralyzed in Uttar Pradesh or Bihar.

(Applause)

India's not unique. In Umar's home country of Nigeria, a 95 percent reduction in the number of children paralyzed by polio last year. And in the last six months, we've had less places reinfected by polio than at any other time in history.

Ladies and gentlemen, with a combination of smart people, smart technology and smart investments, polio can now be eradicated anywhere. We have major challenges, you can imagine, to finish this job, but as you've also seen, it's doable, it has great secondary benefits, and polio eradication is a great buy. And as long as any child anywhere is paralyzed by this virus, it's a stark reminder that we are failing, as a society, to reach children with the most basic of services. And for that reason, polio eradication: it's the ultimate in equity and it's the ultimate in social justice. The huge social movement that's been involved in polio eradication is ready to do way more for these children. It's ready to reach them with bed nets, with other things. But capitalizing on their enthusiasm, capitalizing on their energy means finishing the job that they started 20 years ago.

Finishing polio is a smart thing to do, and it's the right thing to do. Now we're in tough times economically. But as David Cameron of the United Kingdom said about a month ago when he was talking about polio, "There's never a wrong time to do the right thing." Finishing polio eradication is the right thing to do. And we are at a crossroads right now in this great effort over the last 20 years. We have a new vaccine, we have new resolve, and we have new tactics. We have the chance to write an entirely new polio-free chapter in human history. But if we blink now, we will lose forever the chance to eradicate an ancient disease. Here's a great idea to spread: End polio now. Help us tell the story. Help us build the momentum so that very soon every child, every parent everywhere can also take for granted a polio-free life forever.

Thank you.

(Applause)

Bill Gates: Well Bruce, where do you think the toughest places are going to be? Where would you say we need to be the smartest?

BA: The four places where you saw, that we've never stopped -- northern Nigeria, northern India, the southern corner of Afghanistan and bordering areas of Pakistan -- they're going to be the toughest. But the interesting thing is, of those three, India's looking real good, as you just saw in the data. And Afghanistan, Afghanistan, we think has probably stopped polio repeatedly. It keeps getting reinfected. So the tough ones: going to get the top of Nigeria finished and getting Pakistan finished. They're going to be the tough ones.

BG: Now what about the money? Give us a sense of how much the campaign costs a year. And is it easy to raise that money? And what's it going to be like the next couple of years?

BA: It's interesting. We spend right now about 750 million to 800 million dollars a year. That's what it costs to reach 500 million children. It sounds like a lot of money; it is a lot of money. But when you're reaching 500 million children multiple times -- 20,30 cents to reach a child -- that's not very much money. But right now we don't have enough of that. We have a big gap in that money. We're cutting corners, and every time we cut corners, more places get infected that shouldn't have, and it just slows us down. And that great buy costs us a little bit more.

BG: Well, hopefully we'll get the word out, and the governments will keep their generosity up. So good luck. We're all in this with you. Thank you. (BA: Thank you.)

(Applause)

私はこれからの18分間で 途方もない構想を みなさんと共有したいと思います。 実際、とても壮大な構想です。 ですが、まずは、 皆さん、目を閉じて 2秒間考えてみて下さい、 技術や科学が 世界を変えたと思える事例を。 さて、おそらくみなさんは、 私が聞いたこともないような すばらしい技術を思い浮かべでいることでしょう。 きっとそうです。 でも、まさか、 これを思いついた人はきっといないでしょう。 これはポリオのワクチンです。

今日誰もこれを思いつかなかったということは 実はすごいことなのです。 なぜなら、当たり前に普及しているということだからです。 これは偉大な技術ではあるものの、 今や当然のものとして、皆受け止めています。 しかし、昔からそうだったわけではありません。 ここカリフォルニアですら、 わずか2-3年前は、 状況がまったく異なっていました。 人々はこの病気を大いに恐れていました。 皆がポリオを恐れるあまり、群集パニックも起こりかねなかったのです。 それはこんな光景のせいです。 ご覧の場面で、人々は、 鉄でできた人工呼吸装置の中で生きながらえています。 2、3日前までは全く健康だった人々が 今日は もう呼吸できなくなっているのです。 ポリオウイルスが 手足だけでなく 呼吸筋までをも麻痺させたからです。 そして、患者は通常、この鉄の呼吸装置の中で 余生を過ごすしかなかったのです。

これは恐ろしい病気でした。 治療法もなく、 ワクチンもありませんでした。 その脅威から、 米国大統領は 国の総力を挙げて、この病気を食い止める方策を 見つけ出そうとしました。 20年後、アメリカは ポリオワクチンの開発に成功しました。 1950年代後半のことで、これは科学の奇跡として 熱狂的に歓迎されました。 このひどい病気を食い止めるワクチンが遂に生まれたのです。 このワクチンは、ここアメリカで 驚異的な効果をもたらしました。 ご覧の通り、ウイルスは根絶されました。 しかも、ものすごい早さで。

しかし、同じことが 世界中で起こったわけではなかったのです。 それでも、アメリカでの根絶があまりに早かったことから、 つい先月のこと、ジョン・スチュワート氏のこのような発言がありました。

(ビデオ) ジョン・スチュアート 「いったい、どこでポリオが未だに 起こっているって? 天然痘と同じように、 ポリオも根絶されたものと思っていたのに。」

ブルース・エイルワード 「おっと。ジョン、ポリオが根絶したのは、ほぼ、なんだよ。」 でも、現実として、 ポリオはまだ今日も起こっています。 ポリオの発生場所が、ジョンにも具体的に分かるよう、地図にしてみました。 これがその地図です。 残された地域は、それほどありません。 しかしその影には、 官民協力による、目立たぬながらも並々ならぬ 取り組みがあるのです。 ここにいる殆どの方はご存じないことでしょう。 この病気を根絶しようとする取り組みは この20年続いています。 そして、この図にあるように、 残るはこれら2-3ヶ所、という段階まで来たのです。

しかし、つい昨年 我々はある事実に気づき、大きなショックを受けました。 ポリオのようなウィルスの場合、 「ほぼ根絶」では不十分なのです。 つまり、 おそらくこの10年あまり この病気に見舞われたことのない、 地球の裏側にある2つの国で ポリオが突然、大流行したのです。 麻痺が残った患者は、数百人に上ります。 死者も数百人に上り、これには 子供だけでなく大人も含まれます。 いずれの場合も、 ポリオウイルスの遺伝子配列の解析から ウイルスの由来は、国内ではなく、 何千マイルも彼方であることがわかったのです。 中には、別の大陸由来のウイルスもありました。 そればかりか、このウイルスの伝播経路は おそらくジェット旅客機を介しており、 ロシアをはじめ、 さらに広範な地域にウイルスが運ばれた可能性があります。 こういった地域では、10年来見られなかった 手足の麻痺が、昨年、子供の間で見られました。 長年起こらなかった病気によってです。

さて、今紹介した事例ではどれも、 現在では流行が抑えられ、 あっという間に、流行が終息すると思われます。 しかし、明らかな教訓として、 依然としてポリオは 爆発的に広がる、壊滅的な病気なのです。 今も世界のどこかで発生しているのです。 我々の壮大な構想は、 過去10年の科学の奇跡の力で、 必ずや、ポリオを完全に 根絶することです。

そこで皆さんに、 ポリオ・パートナーシップの取り組みを 簡単にご紹介したいと思います。 我々はポリオを管理しようとしています。 単に発生地を2-3ヶ国に抑えようとしているのではありません。 この病気は火種のようなものだからです。 完全に消さなければ再び爆発する恐れがあるのです。 したがって、我々が求めるのは 恒久的な解決策です。 地球上の子供が皆、皆さんと同じように、ポリオの無い世界を ごく当たり前に 享受できる世界にしたいのです。 恒久的な解決策を追求しているのは、そのためです。 幸運なことに、 ポリオは、 防御機構に大きな欠陥がある数少ないウイルスの一つで、 このため、通常では使えない手が使えるのです。 このウイルスは人間の体内でしか生きられず、 しかも、体内でも長い間生きることはできません。 そのほとんどが、体内環境で生存できないのです。 さらに、先ほどお見せしたように、すばらしいワクチンがあります。 こうして、我々は このウイルスを完全に根絶しようとしています。 このポリオ根絶計画の狙いは、 ポリオを引き起こすウイルスそのものを 地球上から完全に 抹殺することです。

ところで、このような活動に先立って、 病気の根絶ですばらしい成果を挙げた 事例は過去にそれほどありません。 20世紀に6度の試みがありましたが、 成功したのはたったの1度。 それは、病気を根絶させることは依然として、 ハイリスク・ハイリターンな医療だからです。 リスクは巨大ですが、 見返り、 つまり経済的、人道的な見返りや波及効果は 間違いなく莫大です。 米国下院議員の試算によると、 アメリカが天然痘の根絶に 投資した金額は、 治療費とワクチン接種費用が以降発生しなくなったことから、 27日目には元が取れ、28日目からはお釣りが出続けている のだそうです。 また、ポリオが根絶されれば、 最も貧しい国々は 今後25年だけ見ても 500億ドル以上も支出を抑えることができます。 我々は、こういった類の利益を追求しているのです。

しかし、天然痘の根絶は困難でした。 困難を極めました。 ですが、ポリオの根絶は様々な点で、さらに困難です。 その理由はいくつかあります。 まず、 我々がポリオ根絶に着手した 約20年前は、 天然痘の根絶に着手した際の倍以上の国で 感染が発生していました。 そして、国民の数は 10倍以上でした。 このため、多大な努力が必要でした。 二つ目の難問は? 天然痘のワクチンがきわめて安定で、 かつ、一度服用すると生涯感染が防げるのに対して? ポリオのワクチンはきわめて劣化しやすい点でした。 熱帯地域ではすぐに劣化するため、 お見せしている、特殊なワクチン・モニターを バイアル瓶ごとに取り付けました。 このモニターは、高温では急速に変化を示すので ワクチンが、子供に使うのには不適切な状態にあれば、 つまり、効力がなくなり、予防効果がなくなっていれば 一目でわかります。 その場合でも、子供はワクチンを何回も服用しなければなりません。

しかし3つ目の難問は おそらく、より大きい、むしろ最大の難問で、それは次のようなものです。 天然痘の場合、敵は常に見えていて、 つまり、感染者にはほとんど、 目だった発疹が出ます。 このため、病気の存在を知ることができます。 感染者の周囲の人にワクチンを与え、感染の連鎖を断ち切ることができるのです。 ポリオの場合は全く違います。 ポリオウイルスに感染した人の大部分は、 病気の兆候を全く見せません。 ほとんどの場合、敵は見えません。 そのため、 その根絶には、天然痘とは全く異なる 手法が必要でした。

史上最大級の社会運動を 打ち出さなくてはなりませんでした。 ボランティアを中心に 1000万から、 おそらく2000万人が この20年 平時における最大の国際協力活動と今や称される この活動に取り組んできました。 彼ら2000万人の手によって、 活動の最盛期には、毎年 5億人あまりの子供が 複数回にわたって ワクチン接種を受けました。 さて、ポリオワクチンの接種は簡単です。 たった2滴です。こんなふうに。 その一方で、5億人の元に足を運ぶのは 困難を極めるのです。 ワクチン接種を行うボランティアは、 世界でも名立たる、人が密集する過酷な 都市のスラムに、がむしゃらに 乗り込まなければなりません。 うだるような暑さの中、世界で最も辺鄙な地域に 徒歩で赴かなくてはならないのです。 また、紛争地帯でも いつ戦いが再開してもおかしくない 停戦や休戦中に 子供にワクチンを接種させるため 弾丸をよけながら活動しなければならないのです。

5年ほど前 ある記者が、我々のソマリアでの事業を取材していました。 その地では、ポリオの根絶が一度ならず二度も 行われました。感染が再び起こったためです。 彼はオブザーバーとして 展開中のポリオ撲滅キャンペーンを観察し それから2-3ヵ月後、次のような記事を出しました。 「これは最も英雄的な海外援助だ」と。 これらの英雄の階層や経歴は さまざまです。 中でも、ロータリー・インターナショナルはすばらしい活躍をしています。 このグループでは 総勢百万人のボランティア陣が ポリオ根絶に向けて、過去20年あまり 活動を続けてきました。 すべての活動の中心となっているのは、この団体なのです。

ポリオ根絶のための基盤づくりには 何年もかかりました。 予定を大幅に超え、15年あまりの期間を要したのです。 しかし、一旦基盤ができあがると、驚きの成果が挙がりました。 その後2-3年で、 ポリオ根絶キャンペーンを展開した全ての国で ポリオウイルス3種すべてが速やかに根絶されました。 残されたのは、ここに示した4ヵ国の 一部の地域だけなのです。 そして、1999年までに、 我々が根絶を目指していた ポリオウイルス3種のうち1種が 地球上から完全に根絶されました。 構想が実証されたのです。 そして今日では、 この恐ろしい病気にかかって麻痺が残る子供は 99%、 いや、99%あまり 減少したのです。 20年以上前に活動を始めた時は、 このウイルスによって、毎日1,000人の子供が新たに 麻痺を発症していました。 しかし、昨年は総数で1,000人でした。

ポリオの根絶活動では 同時に 他の多くの分野への支援も行っています。 例えば、SARSなどのインフルエンザの大流行を 抑えるための支援を行っています。 また、別形態での子供の救済活動も行っており ビタミンA錠を投与したり、はしかの予防接種を行ったり、 さらには、マラリア予防の蚊帳の配布も 行っています。 しかし、ポリオ根絶活動で 最も高揚を覚えるのは、 地理的条件や貧困、 文化や紛争の有無といったことを越えて、 一人残らず全ての子供、全ての共同体に? 世界で一番弱い人々の元に 最も基本的な医療サービスを 届けることを、 我々国際社会に求めていることです。

このように、万事うまくいっているように見えましたが、 5年ほど前になって、 古くから存在するこのウイルスが抵抗を始めたのです。 最初に直面した問題は、 ウイルスの最後の砦となっている、残りの4ヶ国で、 ウイルス根絶の見通しが立たなかったことです。 さらにひどいことに、 インド北部とナイジェリア北部を中心にこの4ヶ国から アフリカやアジアの多くの地域へ、さらにはヨーロッパにまで、 ウイルスが拡散し始め、 何十年の間この病気とは無縁であった地域で 恐ろしい大流行が起こりました。 次に、 世界のポリオウイルス保有地の中でも、 最も重要度が高いながらも、頑固に感染が続き、根絶が困難な地域では、 ワクチンの効力が 半減していることが分かりました。 このような状況では、 ワクチンが子供の体内で 本来の効力を発揮できず、 期待された予防効果をもたらしません。

さて、当時は 当然のごとく、非常に大きな失意が いわゆる失望が とても急速に広がりました。 そのような中、公衆衛生分野の重鎮が突然言い出しました。 「ちょっと待てよ、 根絶という発想は捨てるべきだ。 制御で手を打とうじゃないか。 それで充分だ。」と。 確かに制御という発想は魅力的に聞こえますが、 前提としては間違っています。 残酷ですが、真実は 我々が意思や技量、 資金を持ち合わせず、 世界で最も弱い子供達の元に 単純な経口ポリオワクチンすら 届けられないとすれば、 あっという間に この病気によって麻痺を起こす子供が 毎年20万人を超える事態を 再び迎えるということなのです。 疑いの余地は全くありません。

ウマーのような子がたくさん出てくるのです。 ウマーはナイジェリアにいる 7歳の子供です。 兄弟姉妹が 8人います。 ウマーもポリオに感染し、 麻痺の後遺症が残りました。 2004年、ウマーの右足には 麻痺が起こりましました。 そして今、友達や兄弟達に追いつくのに、 松葉杖をついて歩くのでは 遅すぎるので ウマーは 半ば地面を這ってついていき、 そのために右足はボロボロです。 でも、ウマーはずば抜けて素晴らしい生徒なのです。 細かい所までは見えないでしょうが、 これは彼の成績表です。 ご覧のとおり、満点です。 今ご覧の音楽も含め、主要科目では、 すべて満点を押さえています。 しかし、残念ながら ポリオに感染した今の子供は 皆が皆ウマーのような子ばかりではないのです。 ウマーは特別な子供で 特別な環境にいるのです。

今のポリオの現実は、 これとは、ひどくかけ離れています。 ポリオに感染するのは、世界でも最も貧しい集落の人々なのです。 そして、麻痺が残った子供の家族は さらに貧困に あえぐこととなります。 それは、子供を治したい一心から、 親はいたずらに なけなしの金を はたいてしまうからです。 ですが、子供たちはもっと大切にされてもよいはずです。 ですので、約2年前 ポリオ根絶計画の進捗が 袋小路に入り込み 皆が中止を口にしていたときも、 ポリオ・パートナーシップは 再奮起して これまでに見逃してきた 革新的な解決策を しつこいほど洗い直したのです。

インド北部では、ご覧のような衛星写真を用いて 感染発生地の地図を作成しました。 これを使って、投資先を決め、 また、ワクチン接種スタッフの滞在先を探しました。 こうやって、医療施設のない、コシ川沿岸の 数百万人の子供にたどり着いたのです。 ナイジェリア北部では、 政治指導者やイスラム教の長老が、 じきじきに後方支援に回ったり 地元民を説得したりして この活動に参加しました。

今では、ご覧のような最先端の機器を 使うまでになりました。 この小さなGIS追跡装置を スタッフが持つワクチン入りのケースに取り付けました。 こうしてスタッフの追跡ができるようになり、 最終的には、通りや家をスタッフが くまなく回ったことを確認しました。 これまで見落とされてきた子供達にくまなく 手を差し伸べるため、我々は今このような取り組みを行っているのです。 アフガニスタンでは、人を立てて現地入りを事前交渉するという 新たな取り組みを始めようとしています。 我々は、赤十字国際委員会と協力して、 すべての子供にしっかりと手を差し伸べようとしています。

しかし、これは並大抵なことではないのですが、 ワクチンの問題から 我々は戦術を立て直し、 50年来用いられてきたワクチンを見直すことにしました。 もっと良いワクチンを作れるはずだからです。 そうすれば、子供達に手を差し伸べることができたあかつきには、 投資した金額にまさる成果を得られるようになるでしょう。 こうして、民間企業とのすばらしい協力が始まりました。 その6ヵ月後には つまり、今から2年前には、 残る2種のポリオウイルスを標的とした、 新たなポリオワクチンの治験を開始しました。 2009年6月9日、 この治験の成績がまとめられました。 それは大変革をもたらすものでした。 新たなワクチンは、 既存のものと比べ、2倍の 抗ウイルス活性をもっていたのです。 我々は早速、このワクチンを導入しました。 まあ、正確には、その後、製造に2-3ヶ月かかったのですが。 出荷が始まると、 世界中の子供達に投与が始まりました。 最初に投与を始めたのは、 情勢の厳しい アフガニスタン南部でした。 このような地域では このような技術が最大限に 効果を発揮するからです。

さて、この2-3日TEDで続いた講演はいずれも 不可能を可能にできると 訴えるものでした。 今朝7時頃、 私はインドからすべてのデータをダウンロードし直して クリスをはじめ、番組スタッフを激怒させましたが、 それは、我々の活動のまさに今日最新の進捗を 示すことで 不可能は可能にできることを 皆様にお見せしたかったからなのです。 ご覧になっているのは、わずか2年前、不可能と言われていたことです。 これから念頭に置いていただきたいのは、ポリオに関してインド北部は 最悪の条件が揃った地域だと言うことです。 このうち、ウッタルプラデシとビハールでは ポリオの感染者が途絶えたことがありません。 ここでは子供が毎月50万人以上 生まれています。 衛生状態が非常に悪く 先ほど述べたように、従来のワクチンは この地では効果が半減しました。 こんなところでも、不可能が可能になろうとしています。 今日でちょうど6ヶ月目ですが、 史上初めて、 ウッタルプラデシでもビハールでも 麻痺を新たに発症する子供が出なくなったのです。

(拍手)

インドだけではありません。 ウマーの国ナイジェリアでも、 麻痺を新たに発症する子供は 昨年95%減少しました。 そして、この半年 ポリオ感染の再流行は、 過去最低を記録しました。

皆さん、 優れた人材、技術、投資を 組み合わせれば、 いかなる悪地でもポリオの根絶が可能となるのです。 もちろん、この活動を成功させるには 大きな課題があります。 それでも、ご覧の通り それは可能になるのです。 すばらしい副産物も得られます。 そして、ポリオの根絶はすばらしい投資となります。 このウイルスによって麻痺を起こす 子供がどこかにいる限り、 思い知らされるのは 我々の社会は、最も基本的なサービスですら 満足に子供に与えられないということです。 このことから、ポリオの根絶は 究極の平等であり 究極の社会的正義となるのです。 ポリオ根絶に向けた この巨大な社会運動は、 さらに子供たちの役に立とうとしています。 蚊帳をはじめとした物資を届けようとしています。 しかし、この運動を動かす熱意や活力を 最大限に活用するには 20年前に始めた活動を 成功させることです。

ポリオを根絶させることは、 賢明で正しい行いなのです。 現在、我々は経済的に厳しい状況にあります。 しかし、イギリスのデービッド・キャメロン氏は 約1ヶ月前、ポリオについて次のように述べ、 「正しい行いは いつでも始められる。」と述べました。 ポリオを根絶させることは 正しい行いです。 そして、この20年の我々の大いなる取り組みが 今、岐路に立たされています。 我々は、新しいワクチンを開発し、 決意新たに 戦術を組み直しました。 ポリオのない 全く新たな歴史の一章を刻み始める機会が 到来したのです。 しかし、今見て見ぬ振りをすれば、 古くから続く病気を 根絶する機会が永久に失われます。 どうか皆さんの周りにも広めて下さい、 今ポリオを根絶させよう、と。 我々に語らせてください。 我々の活動に力を下さい。 今すぐ 地球上のすべての地域で すべての親子が ポリオのない生活を永遠に そして当然のごとく享受できるように。

ありがとうございました。

(拍手)

ビル・ゲイツ: ところで、ブルースさん、今後最も困難が予想され、 皆の知恵が必要となる地域はいったいどこでしょうか?

BA: 先ほど示したとおり、感染の途絶えたことのない4つの地域、 つまり、ナイジェリア北部、インド北部、 アフガニスタンの南端、 そしてパキスタンの国境地帯で 最大の困難が予測されています。 でも興味深いのは、先ほどデータをお示ししたように、 他の地域に比べ、インドでは状況が大いに改善しているのです。 また、アフガニスタンでは ポリオの根絶は過去何度も行われてきました。 それにもかかわらず、感染が再流行してきたのです。 残るは、ナイジェリアの頂点に至るまで くまなく根絶させることと パキスタンが困難でしょうね。

BG: では、資金についてはどういう状況でしょうか? この活動に年間いくらかかっているのか、ざっと教えて下さい。 そして、その資金は簡単に集まりますか? さらには、今後2-3年間に期待される展開は?

BA: いいご質問ですね。 現在の年間支出は、 7億5千万-8億ドルです。 5億人の子供に手を差し伸べるのには、これだけかかるのです。 一見、大きな金額のようですが、 5億人の子供に一度ならず足を運んでいることを考えると- 子供一人あたり20-30セントで? 決して大きくはない金額です。 しかし現在、資金が不足しています。 収支がまったく釣り合わないので、我々は節約しています。 そして節約するたびに、 起こらないはずの地域で感染が起き、活動が遅れてしまうのです。 その大きな買い物で、また費用が増えてしまっているのです。

BG: きっと、この話が広がり、 各国政府は引き続き、惜しみなき支援を行うことでしょう。 ご多幸をお祈りしています。皆、応援しています。 ありがとうございました。(BA: こちらこそ。)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画