TED日本語 - デイビッド・カサレット: 医療大麻に対するある医師の経験

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

内科医デイビッド・カサレットは医療大麻にまつわる眉唾や半信半疑な話に聞き飽きていました。そこで懐疑心を持って、自分自身で徹底した調査を行いました。彼は私達が知っている事、知らない事、通常の医療が現代の医療大麻薬局から学ぶ事の出来る物に関する魅惑的な報告を行います。

Script

緩和ケアの医師として 働いてきた年月の中で 最も不甲斐なさを感じた事を 皆さんにお話ししたいと思います それは2、3年前の事でした 私は70代の女性を 診るよう紹介されました 彼女は膵臓がんを患った 英語学の元教授でした 私が診察したのは 彼女が痛みや 吐き気、嘔吐の症状を訴えていたからです 彼女を診察しに行き これらの症状について話をしました 問診の最中に 彼女は私に 医療大麻は 効果があると思うかと尋ねました 私は医学部で学んだ 医療用大麻についての全てを 思い返しました あまり時間がかからなかったのは 全く何も習っていなかったからです そこで 自分の知る限りの事を話し 医療大麻は少しも 役に立たないと答えました すると彼女は微笑んで頷き ベッドの隣に 置いてあったバッグに手を伸ばし 吐き気、嘔吐、不安といった症状に 医療大麻が有用性のある事を示す 十数編のランダム化比較試験の 論文を引っ張り出しました 彼女はその論文を 私に手渡し こう言いました 「おそらくご意見を仰る前に これを読むべきだと思いますよ… 先生」

(笑)

そうする事にしました その夜 全ての論文を読み 更にもう数編見つけました 翌朝 彼女を診察した時 大麻には医学的に有用だとする いくつかの根拠があるようだと 認めざるを得ず もし興味があるのなら 大麻を試してみてはと言いました すると何と答えたと思います? この73歳の 英語学の元教授が? こうです 「およそ6ヶ月前に試しましたよ 素晴らしかったです 以来 毎日使っています これまで見つけた薬の中でも 最高の物です こんなに素晴らしい物に出会うまでに 何故73年もかかったのかしら」

(笑)

その瞬間 私は悟りました 医学部で学んだものは 現実と何の関わりも持たないので 医療大麻について 学ぶ必要があったのだと ―

私は より多くの論文を読み 研究者に話を聞き始めました 医師達と話を始め 最も重要な事 つまり 患者の話を聞き始めました これらの会話を基に 本を書き上げました 実際この本は3つの驚くべきことに 基づいています ともかく 私には驚きでした 1つ目 既に言及しましたが 実際に医療大麻には 何らかの有用性があるという事です その有用性は医療大麻の 熱心な支持者が言っている程 大きく驚くべきものでは ないかもしれませんが 確かに効果はあるのです 驚きの2つ目は 医療大麻には 何らかのリスクがある事です このリスクは医療大麻の反対者が 言っている程 大きく恐ろしいものでは ないかもしれませんが 確かにリスクは存在するのです 3つ目の驚きが 最も大きいのですが... 医療大麻に助けを求めた事のある 患者の多くに話を聴いた所では 結局 彼等が 医療大麻に向かったのは その有用性の為でもなければ リスクと有用性の バランスの為でもなく 又 それを特効薬だと 思ったからでもなく 自分の病気を コントロール出来るからでした 医療大麻によって 患者の健康は 生産的で 効率的で有用で 身体に快適な方法で 管理が出来るようになるのです

それを示す為に 別の患者をご紹介しましょう ロビンに会った時 彼女は40代前半でしたが 60代後半にしか 見えませんでした 過去20年間 関節リウマチに苦しんでおり 手は関節炎で節くれ立ち 背骨は曲がり 動き回るのに 車椅子に 頼らなければなりませんでした 衰えて弱々しい様子でした 肉体的には そうであったかも知れません しかし感情的、認識的、精神的には 私がこれまで出会った中で 最も強靭な人でした 北カリフォルニアにある 医療大麻診薬局で 彼女の隣に座り 医療大麻を服用するようになった経緯 どんな効き目があったか 薬は役に立ったかを尋ねると 以前私が訊いた患者と 同じ事を言い始めました 薬のお陰で不安は和らぎ 痛みも軽減した そのお陰で 眠れるようになった それらはみな耳にして来た事ですが それまで一度も聞いた事のない事を 彼女は言ったのです 薬のおかげで自分の人生や健康を コントロール出来るようになった ― 彼女は必要な時 効くと思われる 量と頻度で 薬を服用していました もし効果がなかったなら それを変更してみます 全ては彼女次第でした 最も大切なのは 他の誰の許可も必要ない事だと 彼女は言いました 病院の予約も医師の処方箋も 薬剤師の指示も要らず 全ては彼女にかかっていました 彼女が管理していたのです

慢性の病気を持った人にとって それは些細な事のように思えますが 全く違います 慢性の深刻な病気に直面すると それが関節リウマチや SLE、がん、糖尿病 肝硬変であっても 私達にはコントロール出来ません 私が「もし…」ではなく「…の時」と 言った事に注目して下さい 私達は皆 人生のある時点で 自分にはコントロール出来ない 慢性的で深刻な病気に 直面するでしょう 身体機能や認知機能は衰え もはや身の回りの事も出来ず やりたい事も 出来なくなるでしょう 私達の身体が自らを裏切り その過程で私達は 管理が出来なくなくなるのです それは怖い事です ただ怖いだけでなく 驚く程 恐ろしい事です ぞっとするくらい怖いのです 緩和ケアの患者と話をすると その内の多くが 死に至る病に直面し 大いなる恐怖を抱えています ― 痛み、吐き気、嘔吐、便秘、倦怠感 死が迫る恐怖感等です しかし 他の何よりも 彼らが恐れるのは ある時点で ― 明日又は 今から1ヶ月後にはきっと 自分の健康や生命 そして健康管理が 思い通りにならなくなり 他人に頼るようになるという事 ― それが怖いのです

だから 今申し上げた診療所で出会った ロビンのような患者が 曲がりなりにもコントロールを 徐々に取り戻そうとして 医療大麻に走るのは 極めて当然の事なのです でもそこでは何をしているのでしょう? 私がロビンと出会ったような 医療大麻薬局で どうやって患者にコントロールを 取り戻させることができるのでしょう? 少なくとも ロビンにとって通常の病院や診療所が 出来なかったやり方で 何をするのでしょうか? 秘訣は何でしょうか? そこで私は 真相を探る事にしました

カリフォルニア州ベニスビーチの いかがわしい診療所に行き 私は 自分が 医療大麻患者となり 医療大麻を買う事の出来る 証明書を手に入れたのです 違法に証明書を手にした訳です だって私は カリフォルニアの住民ではないし そう記すべきですね 記録のために申し上げますが その証明書を 麻薬の購入に使った事はありません DEA(アメリカ麻薬取締局)の皆さん よろしく

(笑)

素晴らしいお仕事ですね 頑張って下さい ―

(笑)

しかし たとえ購入に 使わなかったとしても その証明書は貴重な物です 私が患者になれるんですから そのお陰でロビンのような患者達が 医療大麻薬局に行った時と 同じ経験が出来るのです そこで私が経験した事 毎日ロビンのような 何十万の人達のする経験とは 本当にびっくりするものでした 診療所まで歩いて行き そういった診療所や薬局に 入った瞬間から そこは私の為にあったかのような 気持ちになりました まずは 自分が誰なのか どんな仕事をしているか 医療大麻の処方箋や薬品を探す時 何が目的なのか 何を優先するのか 望む事は何なのか これが私の 役に立つかもしれないと どう考えるか 期待するか 何を恐れているのかといった 質問がありました それはロビンのような患者が 常に問われるような質問です それは 話し相手が 心底 私のためを思い 私を理解したいと思って 問うていると 確信出来る質問です

これらのクリニックで学んだ 2つ目の事は 教育を受けることができることです 薬局の中で働く人達からの 教育のみならず 待合室にいる人達からの教育です 隣に座って私が出会ったのは ロビンのような とても幸せそうな人達です 彼等は喜んで自分の事 医療大麻を使う理由 どんな、何の効果があるかを教えてくれて 私にアドバイスと提案をくれます この待合室は相互のやりとりやアドバイス サポート等 本当に活気溢れた場所です

3つ目は薬剤師の人達です 如何にこの人達が 時として長時間を費やし 嬉々として 私にこれらの微妙な差異を 順序立てて説明したかに驚きました ― この薬とあの薬の特徴の違い 喫煙と吸引の違い 食用に適するものと 塗り薬の違い ― 私は買う気など毛頭ないのにです あなたが最近病院や 診療所に行った時の事 ― 誰かがそんな事を何時間もかけて 説明してくれた時の事を思い出して下さい ロビンのような患者が そのような診療所へ行き そのような薬局へ行き そういった個人的な配慮 教育、サービスを 受けているという事実が 医療制度への 警鐘となるべきなのです ロビンのような人達は 通常の医学に背を向け 医療大麻薬局に 向かっています それはこういった薬局が 彼らの必要とする物を与えてくれるからです

これが 既成の医療機関にとっての 警鐘だとしても 多くの医師たちには聞こえないし 聞きたくもないものでしょう 同僚の医師に 医療大麻の事を話すと 彼等はこう言うのです 「私達にはもっと多くの エビデンスが必要だ 有用性に対する調査やリスクに関する エビデンスがもっと必要だ」 何と言うべきでしょう? それはもっともです 実にもっともなのです 実際医療大麻の有用性に関し もっと多くのエビデンスが必要です 又連邦政府に大麻を規制物質法で 合法とするよう求め直したり その研究を可能にする為 取り扱い規定をすっかり変更し その上医療大麻のリスクを 更にもっと研究しなければなりません 医療大麻のリスクを ― 娯楽的使用のリスクは 良く知られていますが 医療大麻のリスクについては 殆ど何も知られていません そこで本当にリサーチが 必要になって来ます しかし リサーチは必要だが 今変化を起こす必要はない という主張は 全く的外れです ロビンのような人達が 医療大麻に手を出しているのは それが特効薬だからでも 全くリスクがないと 思っているからでもありません 流通経路や処方や使用されている 実際の状況によって 生涯に渡って必要なコントロールが 得られるからなのです このことは 私達が本当に 注意を払う必要のある警鐘です

しかし喜ばしい事に こんにち 医療大麻薬局から 学ぶ事の出来る教訓があるのです それは私達が真に 学ばねばならないものです 薬局は医学訓練を 全く受けていない人々による 小規模経営である場合も よくあります 十億ドルもかけた医療制度が 不甲斐ないことに きちんと提供できていない ― 支援や患者の求めに対して これらの診療所や薬局が 応えているのです 実に忸怩たる思いなのですが そこから学ぶ事も出来ます 少なくとも3つの教訓が その小規模な薬局から 学べるのです

1つ目に 患者がもっと 自己コントロールを出来る方法を見つけることは ささやかでありながらも 重要なことです 医療提供者と いつ どのように 接すれば良いか どのように薬を使用すると 患者の役に立つのか 自分自身の診療においては より創造的で柔軟な見方で 患者が薬を安全に使用して 症状と付き合っていけるような 考え方を取り入れました 安全は重視しています 私が処方する薬の多くは 麻薬鎮痛剤や精神安定剤で 過剰摂取すると 危険な可能性があります しかしここが重要です それらは過度に使用すると 危険もありますが 患者の希望と必要性に 合わなければ 薬の効果は期待出来ないのです もし薬が安全に投与されるのであれば その柔軟性は 患者やその家族にとって 非常に貴重な物となり得るのです それが1つ目です

2つ目は教育です こういった医療大麻薬局から 患者に教育を提供する方法の 工夫を学び 医者の時間をあまり あるいは 全く使わないようにする 大きな機会があります 私達が使用している薬が 何で 何故使われているのか その病気の予後や 経過予測について 再考する機会にもなります そして最も重要な事は 患者が互いに学び合う機会です その診療所や薬局の待合室で 起きている物事を どうやって私達は 再現出来るでしょうか 患者は どうやって互いに学び合い 情報交換をするのでしょうか

もう一つ大事な事は 医療大麻薬局のように 患者を第一に扱い 患者が希望や要求を 胸を張って 言えるようにすること そのために 私達医療従事者が いるのです 患者に希望、恐れ、目標 好みを尋ねるのです 緩和ケアの医師として 私は全ての患者に望んでいる事 恐れている事を聞いてみます しかしここが重要です 患者は 死に近づく慢性的で深刻な病状になるまで 待つ必要はありません 誰かに 「何を望んでいますか?」 「何が怖いですか?」 と聞かれるまで 私のような医者にかかるのを 待つ必要はありません それは医療制度に しっかりと組み込まれるべきです

それは可能です 本当に出来るのです 国中の医療大麻薬局や診療所は この事を理解しています 大規模で通常の 医療制度は何年も遅れているのだと 彼等には分かっているのです しかしそこから学ぶ事は出来るし 学ばねばならないのです 自らのプライドを脇に置き ― 少しの間自分の考えを無視するのです 私達には自らの名前の後ろに たくさんの専門家の肩書があり 大規模な医療制度内で 医療提供の責任者であり 患者の要求に応える方法について 知るべき事を全て知っているからです

私達は自らのプライドを脇に置き 医療大麻薬局をいくつか 見に行く必要があるのです そこで何が 行われているのかを理解し 何故ロビンのような多くの患者が 通常の医療機関を見限り 代わりに医療大麻薬局へ赴くのかを 理解しなければなりません 私達はその秘訣や 彼等のツールが何なのかを 理解する必要があり そこから学ばなければなりません それを学べば ― 学ぶことができるし 断固学ぶべきだと思いますが ― 全ての患者さんが きっと より良い治療を体験できるのです

ありがとうございました

(拍手)

I would like to tell you about the most embarrassing thing that has ever happened to me in my years of working as a palliative care physician. This happened a couple of years ago. I was asked as a consultant to see a woman in her 70s -- retired English professor who had pancreatic cancer. I was asked to see her because she had pain, nausea, vomiting ... When I went to see her, we talked about those symptoms and in the course of that consultation, she asked me whether I thought that medical marijuana might help her. I thought back to everything that I had learned in medical school about medical marijuana, which didn't take very long because I had learned absolutely nothing. And so I told her that as far as I knew, medical marijuana had no benefits whatsoever. And she smiled and nodded and reached into the handbag next to the bed, and pulled out a stack of about a dozen randomized controlled trials showing that medical marijuana has benefits for symptoms like nausea and pain and anxiety. She handed me those articles and said, "Maybe you should read these before offering an opinion ... doctor."

(Laughter)

So I did. That night I read all of those articles and found a bunch more. When I came to see her the next morning, I had to admit that it looks like there is some evidence that marijuana can offer medical benefits and I suggested that if she really was interested, she should try it. You know what she said? This 73-year-old, retired English professor? She said, "I did try it about six months ago. It was amazing. I've been using it every day since. It's the best drug I've discovered. I don't know why it took me 73 years to discover this stuff. It's amazing."

(Laughter)

That was the moment at which I realized I needed to learn something about medical marijuana because what I was prepared for in medical school bore no relationship to reality.

So I started reading more articles, I started talking to researchers, I started talking to doctors, and most importantly, I started listening to patients. I ended up writing a book based on those conversations, and that book really revolved around three surprises -- surprises to me, anyway. One I already alluded to -- that there really are some benefits to medical marijuana. Those benefits may not be as huge or as stunning as some of the most avid proponents of medical marijuana would have us believe, but they are real. Surprise number two: medical marijuana does have some risks. Those risks may not be as huge and as scary as some of the opponents of medical marijuana would have us believe, but they are real risks, nonetheless. But it was the third surprise that was most ... surprising. And that is that a lot of the patients I talked with who've turned to medical marijuana for help, weren't turning to medical marijuana because of its benefits or the balance of risks and benefits, or because they thought it was a wonder drug, but because it gave them control over their illness. It let them manage their health in a way that was productive and efficient and effective and comfortable for them.

To show you what I mean, let me tell you about another patient. Robin was in her early 40s when I met her. She looked though like she was in her late 60s. She had suffered from rheumatoid arthritis for the last 20 years, her hands were gnarled by arthritis, her spine was crooked, she had to rely on a wheelchair to get around. She looked weak and frail, and I guess physically she probably was, but emotionally, cognitively, psychologically, she was among the toughest people I've ever met. And when I sat down next to her in a medical marijuana dispensary in Northern California to ask her about why she turned to medical marijuana, what it did for her and how it helped her, she started out by telling me things that I had heard from many patients before. It helped with her anxiety; it helped with her pain; when her pain was better, she slept better. And I'd heard all that before. But then she said something that I'd never heard before, and that is that it gave her control over her life and over her health. She could use it when she wanted, in the way that she wanted, at the dose and frequency that worked for her. And if it didn't work for her, then she could make changes. Everything was up to her. The most important thing she said was she didn't need anybody else's permission -- not a clinic appointment, not a doctor's prescription, not a pharmacist's order. It was all up to her. She was in control.

And if that seems like a little thing for somebody with chronic illness, it's not -- not at all. When we face a chronic serious illness, whether it's rheumatoid arthritis or lupus or cancer or diabetes, or cirrhosis, we lose control. And note what I said: "when," not "if." All of us at some point in our lives will face a chronic serious illness that causes us to lose control. We'll see our function decline, some of us will see our cognition decline, we'll be no longer able to care for ourselves, to do the things that we want to do. Our bodies will betray us, and in that process, we'll lose control. And that's scary. Not just scary -- that's frightening, it's terrifying. When I talk to my patients, my palliative care patients, many of whom are facing illnesses that will end their lives, they have a lot of be frightened of -- pain, nausea, vomiting, constipation, fatigue, their impending mortality. But what scares them more than anything else is this possibility that at some point, tomorrow or a month from now, they're going to lose control of their health, of their lives, of their healthcare, and they're going to become dependent on others, and that's terrifying.

So it's no wonder really that patients like Robin, who I just told you about, who I met in that clinic, turn to medical marijuana to try to claw back some semblance of control. How do they do it though? How do these medical marijuana dispensaries -- like the one where I met Robin -- how do they give patients like Robin back the sort of control that they need? And how do they do it in a way that mainstream medical hospitals and clinics, at least for Robin, weren't able to? What's their secret? So I decided to find out.

I went to a seedy clinic in Venice Beach in California and got a recommendation that would allow me to be a medical marijuana patient. I got a letter of recommendation that would let me buy medical marijuana. I got that recommendation illegally, because I'm not a resident of California -- I should note that. I should also note, for the record, that I never used that letter of recommendation to make a purchase, and to all of you DEA agents out there --

(Laughter)

love the work that you're doing, keep it up.

(Laughter)

Even though it didn't let me make a purchase though, that letter was priceless because it let me be a patient. It let me experience what patients like Robin experience when they go to a medical marijuana dispensary. And what I experienced -- what they experience every day, hundreds of thousands of people like Robin -- was really amazing. I walked into the clinic, and from the moment that I entered many of these clinics and dispensaries, I felt like that dispensary, that clinic, was there for me. There were questions at the outset about who I am, what kind of work I do, what my goals are in looking for a medical marijuana prescription, or product, what my goals are, what my preferences are, what my hopes are, how do I think, how do I hope this might help me, what am I afraid of. These are the sorts of questions that patients like Robin get asked all the time. These are the sorts of questions that make me confident that the person I'm talking with really has my best interests at heart and wants to get to know me.

The second thing I learned in those clinics is the availability of education. Education from the folks behind the counter, but also education from folks in the waiting room. People I met were more than happy, as I was sitting next to them -- people like Robin -- to tell me about who they are, why they use medical marijuana, what helps them, how it helps them, and to give me advice and suggestions. Those waiting rooms really are a hive of interaction, advice and support.

And third, the folks behind the counter. I was amazed at how willing those people were to spend sometimes an hour or more talking me through the nuances of this strain versus that strain, smoking versus vaporizing, edibles versus tinctures -- all, remember, without me making any purchase whatsoever. Think about the last time you went to any hospital or clinic and the last time anybody spent an hour explaining those sorts of things to you. The fact that patients like Robin are going to these clinics, are going to these dispensaries and getting that sort of personalized attention and education and service, really should be a wake-up call to the healthcare system. People like Robin are turning away from mainstream medicine, turning to medical marijuana dispensaries because those dispensaries are giving them what they need.

If that's a wake-up call to the medical establishment, it's a wake-up call that many of my colleagues are either not hearing or not wanting to hear. When I talk to my colleagues, physicians in particular, about medical marijuana, they say, "Oh, we need more evidence. We need more research into benefits, we need more evidence about risks." And you know what? They're right. They're absolutely right. We do need much more evidence about the benefits of medical marijuana. We also need to ask the federal government to reschedule marijuana to Schedule II, or to deschedule it entirely to make that research possible. We also need more research into medical marijuana's risks. Medical marijuana's risks -- we know a lot about the risks of recreational use, we know next to nothing about the risks of medical marijuana. So we absolutely do need research, but to say that we need research and not that we need to make any changes now is to miss the point entirely. People like Robin aren't seeking out medical marijuana because they think it's a wonder drug, or because they think it's entirely risk-free. They seek it out because the context in which it's delivered and administered and used, gives them the sort of control they need over their lives. And that's a wake-up call we really need to pay attention to.

The good news though is that there are lessons we can learn today from those medical marijuana dispensaries. And those are lessons we really should learn. These are often small, mom-and-pop operations run by people with no medical training. And while it's embarrassing to think that many of these clinics and dispensaries are providing services and support and meeting patients' needs in ways that billion-dollar healthcare systems aren't -- we should be embarrassed by that -- but we can also learn from that. And there are probably three lessons at least that we can learn from those small dispensaries.

One: we need to find ways to give patients more control in small but important ways. How to interact with healthcare providers, when to interact with healthcare providers, how to use medications in ways that work for them. In my own practice, I've gotten much more creative and flexible in supporting my patients in using drugs safely to manage their symptoms -- with the emphasis on safely. Many of the drugs I prescribe are drugs like opioids or benzodiazepines which can be dangerous if overused. But here's the point. They can be dangerous if they're overused, but they can also be ineffective if they're not used in a way that's consistent with what patients want and need. So that flexibility, if it's delivered safely, can be extraordinarily valuable for patients and their families. That's number one.

Number two: education. Huge opportunities to learn from some of the tricks of those medical marijuana dispensaries to provide more education that doesn't require a lot of physician time necessarily, or any physician time, but opportunities to learn about what medications we're using and why, prognoses, trajectories of illness, and most importantly, opportunities for patients to learn from each other. How can we replicate what goes on in those clinic and medical dispensary waiting rooms? How patients learn from each other, how people share with each other.

And last but not least, putting patients first the way those medical marijuana dispensaries do, making patients feel legitimately like what they want, what they need, is why, as healthcare providers, we're here. Asking patients about their hopes, their fears, their goals and preferences. As a palliative care provider, I ask all my patients what they're hoping for and what they're afraid of. But here's the thing. Patients shouldn't have to wait until they're chronically seriously ill, often near the end of life, they shouldn't have to wait until they're seeing a physician like me before somebody asks them, "What are you hoping for?" "What are you afraid of?" That should be baked into the way that healthcare is delivered.

We can do this -- we really can. Medical marijuana dispensaries and clinics all across the country are figuring this out. They're figuring this out in ways that larger, more mainstream health systems are years behind. But we can learn from them, and we have to learn from them. All we have to do is swallow our pride -- put aside the thought for a minute that because we have lots of letters after our name, because we're experts, because we're chief medical officers of a large healthcare system, we know all there is to know about how to meet patients' needs.

We need to swallow our pride. We need to go visit a few medical marijuana dispensaries. We need to figure out what they're doing. We need to figure out why so many patients like Robin are leaving our mainstream medical clinics and going to these medical marijuana dispensaries instead. We need to figure out what their tricks are, what their tools are, and we need to learn from them. If we do, and I think we can, and I absolutely think we have to, we can guarantee all of our patients will have a much better experience.

Thank you.

(Applause)

I would like to tell/ you/ about the most embarrassing thing/ that has ever happened to me/ in my years of working as a palliative care physician.//

緩和ケアの医師として 働いてきた年月の中で 最も不甲斐なさを感じた事を 皆さんにお話ししたいと思います

This happened a couple of years/ ago.//

それは2、3年前の事でした

I was asked as a consultant/ to see a woman/ in her 70s --/ retired English professor/ who had pancreatic cancer.//

私は70代の女性を 診るよう紹介されました 彼女は膵臓がんを患った 英語学の元教授でした

I was asked to see/ her/ because she had pain,/ nausea,/ vomiting ...//

私が診察したのは 彼女が痛みや 吐き気、嘔吐の症状を訴えていたからです

When I went to see/ her,/ we talked about those symptoms/ and/ in the course of that consultation,/ she asked me/ whether I thought/ that medical marijuana might help her.//

彼女を診察しに行き これらの症状について話をしました 問診の最中に 彼女は私に 医療大麻は 効果があると思うかと尋ねました

I thought back/ to everything/ that I had learned in medical school/ about medical marijuana,/ which didn't take very long/ because I had learned absolutely nothing.//

私は医学部で学んだ 医療用大麻についての全てを 思い返しました あまり時間がかからなかったのは 全く何も習っていなかったからです

And so/ I told her that as far/ as I knew,/ medical marijuana had no benefits/ whatsoever.//

そこで 自分の知る限りの事を話し 医療大麻は少しも 役に立たないと答えました

And she smiled and nodded/ and reached into the handbag next/ to the bed,/ and pulled out/ a stack of about a dozen randomized controlled trials/ showing/ that medical marijuana has benefits/ for symptoms/ like nausea and pain and anxiety.//

すると彼女は微笑んで頷き ベッドの隣に 置いてあったバッグに手を伸ばし 吐き気、嘔吐、不安といった症状に 医療大麻が有用性のある事を示す 十数編のランダム化比較試験の 論文を引っ張り出しました

She handed me/ those articles/ and said,/ "Maybe/ you should read these/ before offering an opinion ...//

彼女はその論文を 私に手渡し こう言いました 「おそらくご意見を仰る前に これを読むべきだと思いますよ…

doctor."//

先生」

(笑)

So I did.//

そうする事にしました

That night/ I read all of those articles/ and found a bunch more.//

その夜 全ての論文を読み 更にもう数編見つけました

When I came to see her/ the next morning,/ I had to admit/ that it looks/ like there is some evidence/ that marijuana can offer medical benefits/ and I suggested/ that if she really was interested,/ she should try it.//

翌朝 彼女を診察した時 大麻には医学的に有用だとする いくつかの根拠があるようだと 認めざるを得ず もし興味があるのなら 大麻を試してみてはと言いました

You know/ what she said?//

すると何と答えたと思います?

This 73-year-old, retired English professor?//

この73歳の 英語学の元教授が?

She said,/ "I did try it/ about six months/ ago.//

こうです 「およそ6ヶ月前に試しましたよ

It was amazing.//

素晴らしかったです

I've been using it/ every day/ since.//

以来 毎日使っています

It's the best drug/ I've discovered.//

これまで見つけた薬の中でも 最高の物です

I don't know/ why it took me/ 73 years/ to discover this stuff.// It's amazing."//

こんなに素晴らしい物に出会うまでに 何故73年もかかったのかしら」

(笑)

That was/ the moment at which I realized I needed to learn/ something/ about medical marijuana/ because/ what I was prepared for in medical school bore no relationship/ to reality.//

その瞬間 私は悟りました 医学部で学んだものは 現実と何の関わりも持たないので 医療大麻について 学ぶ必要があったのだと ―

So I started reading/ more articles,/ I started talking/ to researchers,/ I started talking/ to doctors,/ and most importantly,/ I started listening/ to patients.//

私は より多くの論文を読み 研究者に話を聞き始めました 医師達と話を始め 最も重要な事 つまり 患者の話を聞き始めました

I ended up/ writing a book/ based/ on those conversations,/ and/ that book really revolved around three surprises --/ surprises/ to me,/ anyway.//

これらの会話を基に 本を書き上げました 実際この本は3つの驚くべきことに 基づいています ともかく 私には驚きでした

One/ I already alluded to --/ that there really are some benefits/ to medical marijuana.//

1つ目 既に言及しましたが 実際に医療大麻には 何らかの有用性があるという事です

Those benefits may not be as huge/ or as stunning/ as some of the most avid proponents of medical marijuana would have us believe,/ but they are real.//

その有用性は医療大麻の 熱心な支持者が言っている程 大きく驚くべきものでは ないかもしれませんが 確かに効果はあるのです

Surprise number two:/ medical marijuana does have some risks.//

驚きの2つ目は 医療大麻には 何らかのリスクがある事です

Those risks may not be as huge/ and as scary/ as some of the opponents of medical marijuana would have us believe,/ but they are real risks,/ nonetheless.//

このリスクは医療大麻の反対者が 言っている程 大きく恐ろしいものでは ないかもしれませんが 確かにリスクは存在するのです

But it was the third surprise/ that was most ...//

3つ目の驚きが

最も大きいのですが...

And that is/ that a lot of the patients/ I talked with who've turned to medical marijuana/ for help,/ weren't turning to medical marijuana/ because of its benefits or the balance of risks and benefits,/ or/ because they thought/ it was a wonder drug,/ but/ because it gave them/ control over their illness.//

医療大麻に助けを求めた事のある 患者の多くに話を聴いた所では 結局 彼等が 医療大麻に向かったのは その有用性の為でもなければ リスクと有用性の バランスの為でもなく 又 それを特効薬だと 思ったからでもなく 自分の病気を コントロール出来るからでした

It let them/ manage their health/ in a way/ that was productive and efficient and effective and comfortable/ for them.//

医療大麻によって 患者の健康は 生産的で 効率的で有用で 身体に快適な方法で 管理が出来るようになるのです

To show you/ what I mean,/ let me/ tell you/ about another patient.//

それを示す為に 別の患者をご紹介しましょう

Robin was in her early 40s/ when I met her.//

ロビンに会った時 彼女は40代前半でしたが

She looked/ though/ like she was in her late 60s.//

60代後半にしか 見えませんでした

She had suffered from rheumatoid arthritis/ for the last 20 years,/ her hands were gnarled by arthritis,/ her spine was crooked,/ she had to rely/ on a wheelchair/ to get around.//

過去20年間 関節リウマチに苦しんでおり 手は関節炎で節くれ立ち 背骨は曲がり 動き回るのに 車椅子に 頼らなければなりませんでした

She looked weak and frail,/ and I guess physically/ she probably was,/ but emotionally,/ cognitively,/ psychologically,/ she was among the toughest people/ I've ever met.//

衰えて弱々しい様子でした 肉体的には そうであったかも知れません しかし感情的、認識的、精神的には 私がこれまで出会った中で 最も強靭な人でした

And when I sat down next/ to her/ in a medical marijuana dispensary/ in Northern California/ to ask her/ about why she turned to medical marijuana,/ what it did for her/ and how it helped her,/ she started out/ by telling me/ things/ that I had heard from many patients before.//

北カリフォルニアにある 医療大麻診薬局で 彼女の隣に座り 医療大麻を服用するようになった経緯 どんな効き目があったか 薬は役に立ったかを尋ねると 以前私が訊いた患者と 同じ事を言い始めました

It helped with her anxiety;/ it helped with her pain;/ when her pain was better,/ she slept better.//

薬のお陰で不安は和らぎ 痛みも軽減した そのお陰で 眠れるようになった

And I'd heard all that before.//

それらはみな耳にして来た事ですが

But then/ she said something/ that I'd never heard before,/ and that is/ that it gave her control/ over her life/ and/ over her health.//

それまで一度も聞いた事のない事を 彼女は言ったのです 薬のおかげで自分の人生や健康を コントロール出来るようになった ―

She could use it/ when she wanted,/ in the way/ that she wanted,/ at the dose and frequency/ that worked for her.//

彼女は必要な時 効くと思われる 量と頻度で 薬を服用していました

And/ if it didn't work for her,/ then/ she could make changes.//

もし効果がなかったなら それを変更してみます

Everything was up to her.//

全ては彼女次第でした

The most important thing/ she said/ was she didn't need anybody else's permission --/ not a clinic appointment, not a doctor's prescription, not a pharmacist's order.//

最も大切なのは 他の誰の許可も必要ない事だと 彼女は言いました 病院の予約も医師の処方箋も 薬剤師の指示も要らず

It was all up/ to her.//

全ては彼女にかかっていました

She was in control.//

彼女が管理していたのです

And/ if that seems like a little thing/ for somebody/ with chronic illness,/ it's not --/ not at all.//

慢性の病気を持った人にとって それは些細な事のように思えますが 全く違います

慢性の深刻な病気に直面すると それが関節リウマチや SLE、がん、糖尿病 肝硬変であっても 私達にはコントロール出来ません

And note/ what I said:/ "when,/"/ not "if."//

私が「もし…」ではなく「…の時」と 言った事に注目して下さい

All of us/ at some point/ in our lives will face a chronic serious illness/ that causes us/ to lose control.//

私達は皆 人生のある時点で 自分にはコントロール出来ない 慢性的で深刻な病気に 直面するでしょう

We'll see our function decline,/ some of us will see our cognition decline,/ we'll be no longer able/ to care for ourselves,/ to do the things/ that we want to do.//

身体機能や認知機能は衰え もはや身の回りの事も出来ず やりたい事も 出来なくなるでしょう

Our bodies will betray us,/ and in that process,/ we'll lose control.//

私達の身体が自らを裏切り その過程で私達は 管理が出来なくなくなるのです

And that's scary.//

それは怖い事です

Not just scary --/ that's frightening,/ it's terrifying.//

ただ怖いだけでなく 驚く程 恐ろしい事です ぞっとするくらい怖いのです

When I talk to my patients,/ my palliative care patients,/ many of whom are facing illnesses/ that will end their lives,/ they have a lot of be frightened of --/ pain,/ nausea,/ vomiting,/ constipation,/ fatigue,/ their impending mortality.//

緩和ケアの患者と話をすると その内の多くが 死に至る病に直面し 大いなる恐怖を抱えています ― 痛み、吐き気、嘔吐、便秘、倦怠感 死が迫る恐怖感等です

But what scares them more/ than anything else is this possibility/ that at some point,/ tomorrow/ or a month/ from now,/ they're going to lose/ control of their health,/ of their lives,/ of their healthcare,/ and they're going to become/ dependent/ on others,/ and that's terrifying.//

しかし 他の何よりも 彼らが恐れるのは ある時点で ― 明日又は 今から1ヶ月後にはきっと 自分の健康や生命 そして健康管理が 思い通りにならなくなり 他人に頼るようになるという事 ― それが怖いのです

So it's no wonder really/ that patients/ like Robin,/ who I just told you about,/ who I met in that clinic,/ turn to medical marijuana/ to try to claw back/ some semblance of control.//

だから 今申し上げた診療所で出会った ロビンのような患者が 曲がりなりにもコントロールを 徐々に取り戻そうとして 医療大麻に走るのは 極めて当然の事なのです

How do they do it/ though?//

でもそこでは何をしているのでしょう?

How do these medical marijuana dispensaries --/ like the one/ where I met Robin --/ how do they give patients/ like Robin back/ the sort of control/ that they need?//

私がロビンと出会ったような 医療大麻薬局で どうやって患者にコントロールを 取り戻させることができるのでしょう?

And how do they do it/ in a way that/ mainstream medical hospitals and clinics,/ at least/ for Robin,/ weren't able to?//

少なくとも ロビンにとって通常の病院や診療所が 出来なかったやり方で 何をするのでしょうか?

What's their secret?//

秘訣は何でしょうか?

So I decided to find out.//

そこで私は 真相を探る事にしました

I went to a seedy clinic/ in Venice Beach/ in California/ and got a recommendation/ that would allow me/ to be a medical marijuana patient.//

カリフォルニア州ベニスビーチの いかがわしい診療所に行き 私は 自分が 医療大麻患者となり 医療大麻を買う事の出来る

I got a letter of recommendation/ that would let me buy medical marijuana.//

証明書を手に入れたのです

I got/ that recommendation illegally,/ because I'm not a resident of California --/ I should note/ that.//

違法に証明書を手にした訳です だって私は カリフォルニアの住民ではないし そう記すべきですね

I should also note,/ for the record,/ that I never used that letter of recommendation/ to make a purchase,/ and/ to all of you/ DEA agents/ out there --/ (Laughter)

記録のために申し上げますが その証明書を 麻薬の購入に使った事はありません DEA(アメリカ麻薬取締局)の皆さん よろしく (笑)

love the work/ that you're doing,/ keep it up.//

素晴らしいお仕事ですね 頑張って下さい ―

(笑)

Even though it didn't let me/ make a purchase though,/ that letter was/ priceless/ because it let me be a patient.//

しかし たとえ購入に 使わなかったとしても その証明書は貴重な物です 私が患者になれるんですから

It let me/ experience/ what patients/ like Robin experience/ when they go to a medical marijuana dispensary.//

そのお陰でロビンのような患者達が 医療大麻薬局に行った時と 同じ経験が出来るのです

And what I experienced --/ what they experience every day,/ hundreds of thousands of people/ like Robin --/ was really amazing.//

そこで私が経験した事 毎日ロビンのような 何十万の人達のする経験とは 本当にびっくりするものでした

I walked into the clinic, and from the moment/ that I entered many of these clinics and dispensaries,/ I felt like that dispensary,/ that clinic,/ was there for me.//

診療所まで歩いて行き そういった診療所や薬局に 入った瞬間から そこは私の為にあったかのような 気持ちになりました

There were questions/ at the outset/ about who I am,/ what kind of work/ I do,/ what my goals are in looking for a medical marijuana prescription,/ or product,/ what my goals are,/ what my preferences are,/ what my hopes are,/ how do I think,/ how do I hope/ this might help me,/ what am I afraid of.//

まずは 自分が誰なのか どんな仕事をしているか 医療大麻の処方箋や薬品を探す時 何が目的なのか 何を優先するのか 望む事は何なのか これが私の 役に立つかもしれないと どう考えるか 期待するか 何を恐れているのかといった 質問がありました

These are the sorts of questions/ that patients/ like Robin get asked all the time.//

それはロビンのような患者が 常に問われるような質問です

These are the sorts of questions/ that make me confident/ that the person/ I'm talking/ with really has my best interests/ at heart/ and wants to get to know me.//

それは 話し相手が 心底 私のためを思い 私を理解したいと思って 問うていると 確信出来る質問です

The second thing/ I learned in those clinics is the availability of education.//

これらのクリニックで学んだ 2つ目の事は 教育を受けることができることです

Education/ from the folks/ behind the counter,/ but also education from folks/ in the waiting room.//

薬局の中で働く人達からの 教育のみならず 待合室にいる人達からの教育です

People/ I met/ were more/ than happy,/ as I was sitting next/ to them --/ people/ like Robin --/ to tell me/ about who they are,/ why they use medical marijuana,/ what helps them,/ how it helps them,/ and to give me/ advice/ and suggestions.//

隣に座って私が出会ったのは ロビンのような とても幸せそうな人達です 彼等は喜んで自分の事 医療大麻を使う理由 どんな、何の効果があるかを教えてくれて 私にアドバイスと提案をくれます

Those waiting rooms really are a hive of interaction,/ advice and support.//

この待合室は相互のやりとりやアドバイス サポート等 本当に活気溢れた場所です

And third,/ the folks/ behind the counter.//

3つ目は薬剤師の人達です

I was amazed at how willing/ those people were to spend sometimes/ an hour or more/ talking me/ through the nuances of this strain/ versus that strain,/ smoking versus vaporizing,/ edibles/ versus tinctures --/ all,/ remember,/ without me/ making any purchase whatsoever.//

如何にこの人達が 時として長時間を費やし 嬉々として 私にこれらの微妙な差異を 順序立てて説明したかに驚きました ― この薬とあの薬の特徴の違い 喫煙と吸引の違い 食用に適するものと 塗り薬の違い ― 私は買う気など毛頭ないのにです

Think about the last time/ you went to any hospital or clinic/ and the last time/ anybody spent an hour/ explaining those sorts of things/ to you.//

あなたが最近病院や 診療所に行った時の事 ― 誰かがそんな事を何時間もかけて 説明してくれた時の事を思い出して下さい

The fact/ that patients/ like Robin are going to these clinics,/ are going to these dispensaries/ and getting that/ sort of personalized attention and education and service,/ really should be a wake-up call/ to the healthcare system.//

ロビンのような患者が そのような診療所へ行き そのような薬局へ行き そういった個人的な配慮 教育、サービスを 受けているという事実が 医療制度への 警鐘となるべきなのです

People/ like Robin are turning away/ from mainstream medicine,/ turning to medical marijuana dispensaries/ because those dispensaries are giving them/ what they need.//

ロビンのような人達は 通常の医学に背を向け 医療大麻薬局に 向かっています それはこういった薬局が 彼らの必要とする物を与えてくれるからです

If that's a wake-up call/ to the medical establishment,/ it's a wake-up call/ that many of my colleagues are/ either not hearing/ or not wanting to hear.//

これが 既成の医療機関にとっての 警鐘だとしても 多くの医師たちには聞こえないし 聞きたくもないものでしょう

When I talk to my colleagues,/ physicians/ in particular,/ about medical marijuana,/ they say,/ "Oh,/ we need more evidence.//

同僚の医師に 医療大麻の事を話すと 彼等はこう言うのです 「私達にはもっと多くの エビデンスが必要だ

We need more research/ into benefits,/ we need more evidence/ about risks."//

有用性に対する調査やリスクに関する エビデンスがもっと必要だ」

And you know/ what?// They're right.//

何と言うべきでしょう? それはもっともです

They're absolutely right.//

実にもっともなのです

We do need much more evidence/ about the benefits of medical marijuana.//

実際医療大麻の有用性に関し もっと多くのエビデンスが必要です

We also need to ask/ the federal government/ to reschedule marijuana/ to Schedule II,/ or to deschedule it entirely to make that research possible.//

又連邦政府に大麻を規制物質法で 合法とするよう求め直したり その研究を可能にする為 取り扱い規定をすっかり変更し

We also need more research/ into medical marijuana's risks.//

その上医療大麻のリスクを 更にもっと研究しなければなりません

Medical marijuana's risks --/ we know a lot/ about the risks of recreational use,/ we know next/ to nothing/ about the risks of medical marijuana.//

医療大麻のリスクを ― 娯楽的使用のリスクは 良く知られていますが 医療大麻のリスクについては 殆ど何も知られていません

So we absolutely do need research,/ but to say/ that we need research/ and not/ that we need to make/ any changes now is to miss the point entirely.//

そこで本当にリサーチが 必要になって来ます しかし リサーチは必要だが 今変化を起こす必要はない という主張は 全く的外れです

People/ like Robin aren't seeking out/ medical marijuana/ because they think it's a wonder drug,/ or/ because they think/ it's entirely risk-free.//

ロビンのような人達が 医療大麻に手を出しているのは それが特効薬だからでも 全くリスクがないと 思っているからでもありません

They seek it out/ because the context/ in which it's delivered/ and administered and used,/ gives them/ the sort of control/ they need over their lives.//

流通経路や処方や使用されている 実際の状況によって 生涯に渡って必要なコントロールが 得られるからなのです

And that's a wake-up call/ we really need to pay/ attention to.//

このことは 私達が本当に 注意を払う必要のある警鐘です

The good news/ though is/ that there are lessons/ we can learn today/ from those medical marijuana dispensaries.//

しかし喜ばしい事に こんにち 医療大麻薬局から 学ぶ事の出来る教訓があるのです

And those are lessons/ we really should learn.//

それは私達が真に 学ばねばならないものです

These are often small, mom-and-pop operations run by people/ with no medical training.//

薬局は医学訓練を 全く受けていない人々による 小規模経営である場合も よくあります

And/ while it's embarrassing/ to think that/ many of these clinics and dispensaries are providing services/ and support and meeting patients/' needs/ in ways/ that billion-dollar healthcare systems aren't --/ we should be embarrassed by that --/ but we can also learn from that.//

十億ドルもかけた医療制度が 不甲斐ないことに きちんと提供できていない ― 支援や患者の求めに対して これらの診療所や薬局が 応えているのです 実に忸怩たる思いなのですが そこから学ぶ事も出来ます

And there are probably three lessons at least/ that we can learn from those small dispensaries.//

少なくとも3つの教訓が その小規模な薬局から 学べるのです

One:/ we need to find/ ways/ to give patients/ more control/ in small but important ways.//

1つ目に 患者がもっと 自己コントロールを出来る方法を見つけることは ささやかでありながらも 重要なことです

How to interact with healthcare providers,/ when to interact with healthcare providers,/ how to use medications/ in ways/ that work for them.//

医療提供者と いつ どのように 接すれば良いか どのように薬を使用すると 患者の役に立つのか

In my own practice,/ I've gotten much more creative and flexible/ in supporting my patients/ in using drugs safely/ to manage their symptoms --/ with the emphasis/ on safely.//

自分自身の診療においては より創造的で柔軟な見方で 患者が薬を安全に使用して 症状と付き合っていけるような 考え方を取り入れました 安全は重視しています

Many of the drugs/ I prescribe/ are drugs/ like opioids or benzodiazepines/ which can be dangerous/ if overused.//

私が処方する薬の多くは 麻薬鎮痛剤や精神安定剤で 過剰摂取すると 危険な可能性があります

But here's the point.//

しかしここが重要です

They can be dangerous/ if they're overused,/ but they can also be ineffective/ if they're not used in a way/ that's consistent/ with what patients want and need.//

それらは過度に使用すると 危険もありますが 患者の希望と必要性に 合わなければ 薬の効果は期待出来ないのです

So/ that flexibility,/ if it's delivered safely,/ can be extraordinarily valuable/ for patients and their families.//

もし薬が安全に投与されるのであれば その柔軟性は 患者やその家族にとって 非常に貴重な物となり得るのです

That's number one.//

それが1つ目です

2つ目は教育です

Huge opportunities to learn from some of the tricks of those medical marijuana dispensaries to provide more education/ that doesn't require a lot of physician time necessarily,/ or any physician time,/ but opportunities to learn about what medications/ we're using/ and why,/ prognoses,/ trajectories of illness,/ and most importantly,/ opportunities/ for patients to learn from each other.//

こういった医療大麻薬局から 患者に教育を提供する方法の 工夫を学び 医者の時間をあまり あるいは 全く使わないようにする 大きな機会があります 私達が使用している薬が 何で 何故使われているのか その病気の予後や 経過予測について 再考する機会にもなります そして最も重要な事は 患者が互いに学び合う機会です

How can we replicate/ what goes on/ in those clinic and medical dispensary waiting rooms?//

その診療所や薬局の待合室で 起きている物事を どうやって私達は 再現出来るでしょうか

How patients learn from each other,/ how people share with each other.//

患者は どうやって互いに学び合い 情報交換をするのでしょうか

And last but not least,/ putting patients first/ the way/ those medical marijuana dispensaries do,/ making patients feel legitimately/ like what they want,/ what they need,/ is/ why,/ as healthcare providers,/ we're here.//

もう一つ大事な事は 医療大麻薬局のように 患者を第一に扱い 患者が希望や要求を 胸を張って 言えるようにすること そのために 私達医療従事者が いるのです

Asking patients/ about their hopes,/ their fears,/ their goals and preferences.//

患者に希望、恐れ、目標 好みを尋ねるのです

As a palliative care provider,/ I ask all my patients/ what they're hoping/ for and what they're afraid of.//

緩和ケアの医師として 私は全ての患者に望んでいる事 恐れている事を聞いてみます

But here's the thing.//

しかしここが重要です

Patients shouldn't have to wait/ until they're chronically seriously ill,/ often/ near the end of life,/ they shouldn't have to wait/ until they're seeing/ a physician/ like me/ before somebody asks them,/ "What are you hoping for?"//

患者は 死に近づく慢性的で深刻な病状になるまで 待つ必要はありません 誰かに 「何を望んでいますか?」 「何が怖いですか?」 と聞かれるまで 私のような医者にかかるのを

"What are you afraid of?"//

待つ必要はありません

That should be baked into the way/ that healthcare is delivered.//

それは医療制度に しっかりと組み込まれるべきです

We can do this --/ we really can.//

それは可能です 本当に出来るのです

Medical marijuana dispensaries and clinics all/ across the country are figuring this out.//

国中の医療大麻薬局や診療所は この事を理解しています

They're figuring/ this out/ in ways/ that larger, more mainstream health systems are years behind.//

大規模で通常の 医療制度は何年も遅れているのだと 彼等には分かっているのです

But we can learn from them,/ and we have to learn/ from them.//

しかしそこから学ぶ事は出来るし 学ばねばならないのです

All we have to do/ is swallow our pride --/ put aside/ the thought/ for a minute/ that because we have lots of letters/ after our name,/ because we're experts,/ because we're chief medical officers of a large healthcare system,/ we know all/ there is to know about how to meet patients/' needs.//

自らのプライドを脇に置き ― 少しの間自分の考えを無視するのです 私達には自らの名前の後ろに たくさんの専門家の肩書があり 大規模な医療制度内で 医療提供の責任者であり 患者の要求に応える方法について 知るべき事を全て知っているからです

We need to swallow/ our pride.//

私達は自らのプライドを脇に置き

We need to go/ visit/ a few medical marijuana dispensaries.//

医療大麻薬局をいくつか 見に行く必要があるのです

We need to figure out/ what they're doing.//

そこで何が 行われているのかを理解し

We need to figure out/ why so many patients/ like Robin are leaving our mainstream medical clinics/ and going to these medical marijuana dispensaries instead.//

何故ロビンのような多くの患者が 通常の医療機関を見限り 代わりに医療大麻薬局へ赴くのかを 理解しなければなりません

We need to figure out/ what their tricks are,/ what their tools are,/ and we need to learn/ from them.//

私達はその秘訣や 彼等のツールが何なのかを 理解する必要があり そこから学ばなければなりません

If we do,/ and I think/ we can,/ and I absolutely think/ we have to,/ we can guarantee all of our patients will have a much better experience.//

それを学べば ― 学ぶことができるし 断固学ぶべきだと思いますが ― 全ての患者さんが きっと より良い治療を体験できるのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

palliative

(病気などを)一時的に和らげる;(罪などを)弁解する

〈C〉(一時的の)緩和剤;一時しのぎ

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

physician

『医者』;(特に)『内科医』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

consultant

専門的助言をする人,顧問,コンサルタント

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

retired

引退(退職)した;退職者のための

へんぴな,人里離れた,引きこもった

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

pancreatic

膵臓の

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

nausea

吐き気

強いけんお(loathing)

vomit

(胃から)吐く,もどす

〈煙・灰などが〉吹き出る,吐き出される

〈胃の中のもの〉‘を'吐き出す

(勢いよく)…‘を'噴出する,吹き出す

〈U〉吐いた物,嘔吐物

〈C〉へどを吐くこと

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

consultation

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》;専門家との相談・〈C〉協議会,(専門家の)会議

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

whatsoever

whatever の強調形

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

nod

(承諾・あいさつ・合図などで)『うなずく』,会釈する

(眠くて)『こっくりする』,(油断して)うとうとする《+off》

〈草木・穂などが〉揺れる

(承諾・あいさつなどで)〈頭〉‘を'『うなずかせる』

…‘を'うなずいて示す

《副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'うなずいて示す

《同意・承諾・あいさつ・命令など,また時には拒絶を表して》(…に対する)『うなずき』,『会釈』《+『to』+『名』》;(眠気による)こっくり

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

handbag

(婦人用)ハンドバッグ

小型スーツケース

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

laughter

『笑い』,笑い声

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

researcher

研究者,調査員

importantly

重要性をもって;もったいぶって

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

revolve

(…の周りを)[円を描いて]『回る』《+『around』(《英》『round』)+『名』》

(…を軸にして)『回転する』《+『on』+『名』》

巡る,循環する

〈考えなどが〉思い巡らされる

《文》(…を)熟考する《+『on』+『名』》

…‘を'『回転させる』

《文》…‘を'思い巡らす,熟考する

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

anyway

=anyhow

allude

《文》(文や話の中で)(…のことを)『ほのめかす』,それとなく言う《+『to』+『名』(do『ing』)》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

avid

どん欲な

proponent

(…の)提案者,主唱者《+『of』+『名』》

(…の)弁護者,支持者《+『of』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

opponent

(討論・試合などで)(…の)『相手』;敵対者,反対者《+『of』+『名』》

相手の,反対の,敵対する

nonetheless

『それでもなお』

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

illness

(心身の)『病気』,不健康

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

robin

(またrobin redbreast)(ヨーロッパの)『ロビン』,『コマドリ』(胸が黄色がかって赤色;声がよくておとなしく,英国民に古くから愛されて数々の詩に歌われている小鳥で,英国の国鳥;キリストにまつわる伝説により神聖視されることも多い;アメリカのrobinはこれより大型の渡り鳥である)

(アメリカなどの)コマツグミ,ワタリツグミ(胸と腹がクリ色がかった赤色)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

rheumatoid

リューマチ[性]の

arthritis

関節炎

gnarl

(木の)節(ふし),こぶ

spine

(またspinal column,《話》backbone)せき柱,背骨

(書物などの)背

(ヤマアラシ・サボテンなどの)針,とげ

crook

曲がったもの(道具),かぎ;曲がった部分

(川・道路などの)屈曲[部],湾曲[部]

(羊飼いが持つ)一端がかぎ状に曲がった杖(羊の後脚を引っ掛けるのに用いる)

《話》詐欺(さぎ)師,どろぼう

…'を'屈曲(湾曲)させる,曲げる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

屈曲(湾曲)する,曲がる

rely

『あてにする』,たよる

wheelchair

〈C〉車いす

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

frail

『もろい』;か弱い;はかない

意志が弱い,誘惑に負けやすい

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

physically

物質的に;身体上;物理的に

probably

『たぶん』,『おそらく』

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

met

meetの過去・過去分詞

dispensary

調剤室,薬局

《おもに英》(学校などの)診療所

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

dose

(おもに飲み薬1回分の)『服用量』

(痛いこと・いやなことの)1回分,一定量

(人などが受ける放射線の)線量

性病

(…を)…‘に'投薬する,服用させる《+『名』+『with』+『名』》

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

permission

『許可』,承諾

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

appointment

〈C〉(時・場所を決めて会う)(…との)『約束』《+『with』+『名』》

〈U〉『任命』;(…を…として)任命すること《+『of』+『名』+『as』+『名』》;〈C〉(任命された)官職,地位

《複数形で》(特に家庭の)設備,装備

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

pharmacist

薬剤師;製薬者(また《英》chemist)

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

chronic

(病気が)長期にわたる,慢性の

《名詞の前にのみ用いて》常習の,癖になった

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

lupus

狼瘡(ろうそう)(皮膚結核の一種)

diabetes

糖尿病(尿に糖が異常に出る病気)

cirrhosis

肝硬変

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

cognition

〈U〉認識[作用]

〈C〉認識(知覚)されたもの

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

betray

(敵に)〈国・味団など〉'を'『裏切る』・売る《+『名』+『to』+『名』》

〈人,人の信頼・期体など〉‘に'そむく,'を'痢切る

(…に)〈秘密など〉'を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

(隠そうとしてはいるがうっかり)…'を'児す,表す

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

terrifying

恐ろしい

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

frighten

(突然)…‘を'ひどく驚かせる,おびえさせる

ひどく怖がる,おびえる

constipation

便秘

fatigue

〈U〉(心身の激しい)『疲労』疲れ

〈C〉労働,労役,疲れさせるもの

〈U〉(軍でのそうじ,料理などの)雑役

《複数形で》《米》(軍での)作業服

…‘を'『疲労させる』

impend

〈物事が〉(…の上に)今にも越ころうとしている,切迫している《+『over』+『名』》

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

claw

(鳥・動物の足の)『かぎづめ』;かぎづめのある足

(エビ・カニなどの)はさみ

かぎづめの形をした物(くぎ抜きなど)

…'を'かぎづめでひっかく(引き裂く)

…'を'かぎづめでひっかいて作る

semblance

(…の)類似,似姿《+『of』+『名』》・(しばしば真実を偽った)外見,見せかけ

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

hospital

『病院』

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

seedy

(果物などが)種の多い

みすぼらしい,ぱっといない(shabby)

《話》気分のすぐれない,体調が悪い

Venice

ベニス(イタリア北東部の港市)

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

recommendation

〈U〉(…を)『推薦すること』《+『of』+『名』》

〈C〉推薦状,推薦の言葉

〈C〉長所,とりえ

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

resident

『居住者』,居留民

(病院に住み込み実地の勉強をする)実習医

居住している,在住の;住み込みの

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

priceless

(値ぶみできないくらい)非常に貴重な

《話》すごくおもしろい;ばかげた

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

outset

最初,手始め

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

preference

〈U〉〈C〉『好み』

〈U〉〈C〉好みの物を選ぶ権利;優先権

〈C〉『好みのもの』

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

availability

利用できること,有用性,利用価値

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

counter

(商店・銀行などの)『売り台』,勘定台,カウンター

(食堂などに)『カウンター』

(おもちゃの)模造貨幣

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

hive

ミツバチの巣箱

巣箱に住む一群のミツバチ

人のおおぜい忙しく集まる所;がやがや集まっている群衆

〈ミツバチ〉‘を'巣箱に入れる

〈みつ〉‘を'蓄える

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

nuance

(意味・色彩などの)微妙な違い,陰影,ニュアンス

strain

…‘を'『引っ張る』

(使い過ぎて)〈体など〉‘を'『痛める』,弱める

…‘を'『最大限に働かせる』,精一杯使う

〈意味・規則など〉‘を'曲げる,こじつける,拡大解釈する

〈液体〉‘を'『こす』;(液体から)〈固形分〉‘を'こして取る《+『out(off)』+『名』+『from』+『名』》

全力を尽くす,懸命に努力する

ぱんと張る

〈C〉〈U〉『張りつめること』,張る力

〈C〉『筋違い』,ねんざ,くじき

〈U〉(精神的に,極度に)緊張,重荷,過労

〈C〉骨のおれる仕事,激務

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

edible

(毒性がなく)食用になる,食べられる

食料品

tincture

チンキ(薬をアルコールに溶いたもの)

{U}《しばしばa~》(…)気味,(…な)ところ《+of+名》(trace)

色;色合い

…‘を'着色する,染める

…‘に'味をつける,風味を与える

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

establishment

〈U〉(…の)『設立』,設置;確立,樹立;制定;立証《+『of』+『名』》

〈U〉(確立された)『制度』,秩序

《the E-》『体制』,権力機構;英国国教会

〈C〉(土地・家財道具・使用人などを含む)住居,家,世帯

〈C〉(公共または私設の)施設,機構(営業所・事業所・店・ホテル・食堂・学校・病院・図書館など);《集合的に》施設(機構)を構成する人々

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

recreational

レクリエーションの,気晴らしの,娯楽の

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

administer

…'を'『治める』,管理運営する

(…に対して)…'を'執行する,実行する(carry out)《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈薬・手当て・援助など〉'を'与える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈一撃・非難・叱責など〉'を'与える,浴びせる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄与する,役立つ《+『to』+『名』》

lives

lifeの複数形

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

mom-and-pop

(小売店など)夫婦だけで経営している

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

embarrass

〈人〉‘の'『まごつかせる』,困惑させる,きまり悪がらせる

…‘を'『じゃまする』,妨げる

〈人・会社など〉‘を'『財政困難にする』

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

provider

供給者

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

creative

『創造力のある』

『独創的な』

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

safely

『安全に』,無事に

だいじょうぶ,さしつかえなく

emphasis

(…に対する)『強調』,重要視《+『on』(『upon』)+『名』》

(音節・語・句などに置く)強勢,強調

prescribe

〈守るべき規則・方針など〉‘を'『規定する』,『勧める』,指示する

《『prescribe』+『名』〈人〉+『名』〈薬〉=『prescribe』+『名』+『for』+『名』》〈人〉‘に'〈薬〉‘を'処方する

規定する,資示する

(病人・病気に対して)処方を書く

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

overuse

…‘を'使い過ぎる

〈U〉乱用,使い過ぎ,酷使

ineffective

効果のない,むだな

役に立たない,無能の,無力の

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

flexibility

柔軟性,しなやかさ;適応性,融通性

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

opportunity

『機会』,好機

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

necessarily

『必ず』,必然的に

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

chronically

慢性的に

常習で絶えず

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

ill

《補語にのみ用いて》『病気で』,気分が悪い(sick)

《名詞の前にのみ用いて》不十分な,好ましくない;正常でない

《名詞の前にのみ用いて》不運な,不吉な

《名詞の前にのみ用いて》(道徳的に)『悪い』,邪悪な,敵意(悪意)のある;不きげんな

《名詞の前にのみ用いて》『有害な』,悪い,損害を与える

『悪く』,不正に;残酷に

『意地悪く』,不親切に;不満足に,不十分に

ほとんど…ない(scarcely)

《分詞と共に複合語を作って》悪く,まずく,不完全に

〈U〉

悪,罪悪

〈U〉危害,災難

〈C〉《しばしば複数形》苦しみ(悩み)の種,不幸,病気

bake

(特にオーブンで)〈食物〉'を'『焼く』,焼いて料理する

〈れんがなど〉'を'焼き固める;〈太陽が〉…'を'焦がす

(日にあたって)〈皮膚など〉'を'焼く

〈パンなどが〉焼ける;〈人が〉パンを焼く

〈土地・人などが〉日に焼ける

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

swallow

『ツバメ』

pride

〈U〉『自尊心』,自尊

〈U〉『得意』,自慢,誇り

〈U〉『高慢』,『うぬぼれ』,思い上がり

〈C〉《単数形で》(…の)『自慢の種』,誇りにする物《+『of』+『名』》

〈C〉(特にライオン・クジャクの)群れ《+『of』+『名』》

《『pride』『oneself』『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》…‘を'自慢する

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

officer

『公務員』,役人(会社などの)役員,幹部

『将校』,士官

(商船の)高級船員;船長(master)

警官,巡査(policeman)

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

instead

『その代りとして』,それよりも

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画