TED日本語 - アウケ・エイスペールト: イモリの様に走り、泳ぐことのできるロボット

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ロボット研究家のアウケ・エイスベールトは、複雑な地面を進むことが出来る本物の動物をモデルにした、家にあるSF小説に登場するような生物的ロボットをデザインしています。このようなロボットを作る過程は、現場作業、点検、捜索や救出作業に使えるような自走式ロボットの改善につながります。こういったロボットは自然の世界の真似をするというのだけではなく、生物の仕組みをより深く知り、脊髄の知られざる秘密を解き明かしてくれます。

Script

これはプルーロボットといいます プルーロボットはイベリア・トゲイモリという イモリの一種を まねて作ったものです プルーロボットはご覧のとおり 歩行することも 後でご覧頂くように 泳ぐことも出来ます

なぜこんなロボットを設計するのかって? 実のところ このロボットは 神経科学の研究道具として設計されました 事実 神経生物学者と共同で 動物の動きを ― 特に脊髄が動作を制御する仕組みを 理解するために設計しました しかし生物ロボット工学を研究するにつれ 動物の動きに対する感銘を深めました イルカが泳ぎ ネコが走ったり飛び跳ねたり さらに我々人間が ジョギングしたりテニスをする時には 驚くべきことを行っています 実際 我々の神経系は非常に複雑な 制御の問題を解決しています 200ほどの筋肉を 完璧に操っています 連携がうまく出来なければ 倒れたり ぎこちない動きをすることでしょう 私の目標は このような動作を理解することです

動物の動きには 主に身体の4つの部位が関わっています 1つ目は胴体です 実際のところ 生物力学的な仕組みが 動物の動きをかなり簡素化していることを 過小評価してはいけません 次は脊髄です 脊髄は様々な反射を司り 脊髄内の神経活動と 機械的な動作の間の 知覚運動を制御する ループを作り出します 3つ目の部位は 中枢パターン発生器です これは脊椎動物の脊髄にある 興味深い回路で 非常に調和度の高い リズムのある行動パターンを 自ら発生しますが 受け取るのは とても単純な入力信号だけです この入力信号は 運動皮質、小脳、大脳基底核といった 脳の上部から下達された変調信号で 我々が動作する時に 脊髄の信号を 変調させます しかし興味深いのは 下位レベルの器官である脊髄が 胴体と共調して 運動に関する問題の多くを 片づけてしまうことです おそらくご存知だと思いますが 鳥の頭をちょん切っても しばらくの間走り続けますが 身体の下半分 つまり 脊髄と胴体だけで 運動の大部分を達成することを示しています

この仕組みを調べる方法は とても複雑です なぜならば 第一に 脊髄の活動を記録することは とても困難だからです 運動皮質に電極を埋め込むことは 脊椎で保護された脊髄に比べ とても容易です 人間の場合は特にやっかいです 困難である2つ目の理由は 動作は これら4つの部位の 非常に複雑 かつ動的な 相互作用によりなされるからです ですから これらの要素の役割を 逐次把握することは非常に困難です そこでプルーロボットのような 生物ロボットや数学モデルは 理解に役立ちます

では生物ロボットとは? 生物ロボット工学はロボット工学の中でも 特に研究が盛んで 動物からヒントを得て 野外で活躍する 奉仕ロボット、捜索・救出ロボットや 現場作業ロボットを 作ろうとしています ここで掲げた大目標は 動物にヒントを得て 複雑な地表 ― 階段、山、森など ロボットが今もなお苦手とするものの 動物なら容易な場所を 進めるようにすることです ロボットは素晴らしい 科学的道具にもなります ロボットを使った とても面白いプロジェクトがあります 神経科学、生物力学や流体力学向けの 科学的道具として使います まさにプルーロボットが 目的とするところです 我々が研究室で行っていることは フランスのボルドー在住の ジャン=マリエ・カベルゲンのような 神経生物学者達と共同で 脊髄のモデルを作って ロボットで確かめることです まずは簡単なことから始めます

とても原始的な魚である ヤツメウナギのような動物から始め 段階的に 複雑な動きを目指すのが 良いでしょう イモリ ネコ、ヒト 他の哺乳類へと進めていきます このとおり ロボットは我々のモデルを実証する 興味深いツールとなりました プルーロボットは 私にとって夢の実現です 博士課程の時から ヤツメウナギやイモリの動きを コンピュータで再現しようとし 20年前後の年月が経ちました しかし シミュレーションは 近似に過ぎないと常に認識していました 水、泥や複雑な地面といった場所における物理現象を コンピュータでシミュレートすることは とても困難です では本物のロボットを 現実の条件下で試しては? これらの動物の中で 私のお気に入りはイモリです なぜかというと 両生類だからです 進化の観点から 鍵となる動物です ウナギ、魚類の泳ぎと ネコやヒトなどの哺乳類に見られる 四足歩行を見事にリンクさせています 事実 現生のイモリは 最初の陸生の脊椎動物と とても似通っています 生きた化石といえるもので 我々の祖先 ― 全ての陸生の四足歩行動物の祖先のことを 知ることができます

イモリは ウナギ型の泳ぎをします 頭部から尾までの筋肉を 波を打つように見事にうねらせます イモリを地面に置くと 速足歩行モードに切り替わります 手足を上手に周期的に連携させます つまり 定常的な波の様に 身体をうねらせるのです まさにこの動きを プルーロボットで見ることができます とても驚くべき かつ素晴らしいことは この動きが脊髄と胴体の間だけで 行われていることです もし イモリの脳を除去しても ― ぞっとしますが 頭を切り離してしまっても 脊髄に電気刺激を与えると 低レベルの刺激により 歩行モードが誘発されます 刺激を少し強くすると 加速します ある限界点に達すると 自動的に 水泳モードに切り替わります 素晴らしいことです 刺激を変えると まるで変調信号を脊髄へと下達させる ペダルを踏んだかのように 全く異なる動きの 2つのモードが切り替わります 同様なことがネコでも観察されています ネコの脊髄を刺激すると 歩行、速足、駆け足のモードが 切り替わります 鳥でも切り替えが可能です 弱い刺激では歩き 強い刺激では 羽をはばたかせます 脊髄が実に精巧な 運動制御器官であることを 示しています

我々はイモリの動きを もっと詳しく調べました 実に素晴らしいX線動画撮影装置を ドイツのイェーナ大学の マーティン・フィッシャー教授に 使わせて頂きました この素晴らしい装置のおかげで 骨の動きを詳細に 記録することが出来ました こんなことを行ったのです どの骨が重要な働きを しているのかが分かりました また 動きを3次元的に記録しました 我々が集めたデータは 陸上、水中の両方における 網羅的なデータベース ― 本物の動物の動きをとらえた 包括的なデータベースです さて 我々ロボット研究家の役目は ロボットでこれを再現することです 動きを出来るだけ忠実に再現するために モーターの位置や それらのつなぎ方まで 適切な構造を見出すべく 全過程を最適化しました このようにしてプルーロボットが 実現しました

どれほど本物の動物に動きが似ているか ご覧ください 本物の動物とプルーロボットの歩行を 直接的に比較しながら 見ることができます 歩行の様子を 一挙手一投足で 再現することが出来ます 元に戻して ゆっくりと再生すると もっと良く分るでしょう さらに 泳ぐことも出来ます ドライスーツを準備して ロボットをすっぽり覆いました

(笑)

水の中に入って 泳ぎを再現させましょう 我々は歓喜しました とても難しいことでしたからね 物理的な相互作用はとても複雑です 我々のロボットは 小動物に比べてずっと大型なので 周波数の動的スケーリングなるものを行い 等価の物理的相互作用が 得られるようにしました ついに ご覧のとおり 見事に真似ることが出来ました 我々は本当に喜びました 脊髄のお話をします ジャン=マリエ・カベルゲンと共に 脊髄神経回路をモデル化しました 興味深いことにイモリは とても原始的な神経回路をもっており これは ウナギに似た原始的な魚類である ヤツメウナギに 我々が見出したものと 非常に似ています 進化の過程で 脚の動作のために 肢を制御する新たな神経発振器が 加えられたかのようです この神経発振器の在り処は 分かっていますが 我々が行ったことは 陸水における全く異なった動きを 可能にする 連動の仕組みの 数学モデルを作ることでした 発振器をロボットに搭載して 試してみました

こんな感じです ご覧になっているのは プルーロボットの前バージョンですが ロボットに搭載した 脊髄モデルプログラムによって 完全に制御されています 我々は単に リモコンで2つの信号を送信するだけで これは 脳の上部から下達される 信号のようなものです 興味深いことに これらの信号だけで スピード、方向や動きの種類を 完全に制御することが出来ます 例えば 弱い刺激を与えると 歩行を行い 刺激を強くしていくと ある時点で 突然 水泳モードに切り替わります 方向転換もとてもスマートにできます 脊髄の一方の側を 他方より強く刺激するだけでよいのです とても素晴らしいことに 自然は脊髄に 制御の多くを任せており 脳の上部が個々の筋肉の制御に 煩わせられることがありません 脳は高レベルの変調だけを行い 脊髄は全ての筋肉を連携させることを 役目としています

さてネコの動きと生物力学の大切さについて お話ししましょう これは別のプロジェクトで ネコの生物力学を研究したものです 形態が運動の助けになることを 見てみたいと思っていました ネコには ― 基本的に肢には 3つの重要な性質があることが 分かりました まず最初に ネコの肢は パンタグラフのような構造を しています パンタグラフは その上面と下面を 常に平行に保つような 機械的構造です その内部のパーツの動きを 連動させるような 単純な幾何学的なシステムです ネコの肢の2つ目の性質は とても軽量に出来ていることです ほとんどの筋肉は胴体にあります 肢の慣性力を下げて 素早く動くのに好都合です ネコの肢の重要な3つ目の性質は とても弾力的であることで 衝撃や外力への対応を容易にします これを チーター・カブに 取り込んでみました

チーター・カブ 舞台へどうぞ 彼はピーター・エッカートで このロボットについて博士論文を書いています ご覧のとおり 小さくて可愛いロボットですね 小さなおもちゃのようですが ネコの脚の性質を調べるための 科学的道具として使われたのです とても従順で 軽量 しかも 弾力的です 押しつけても 壊れることもなく 少し跳びはねます この弾力性がとても重要です 脚の3つのパーツには パンタグラフとしての性質が 見てとれます

面白いことに このとてもダイナミックな動きが オープン・ループだけで ― つまり センサーも 複雑なフィードバック回路もなく 達成されていることです これは興味深いことで 力学的な構造だけで この素早い動きを 安定化させており 本当に優れた力学的構造は 基本的に動作を単純化しているのです 次のビデオでは 動作を少し乱したらどうなるか ご覧いただきましょう 一例として ロボットが段差を降りていく練習ですが ロボットはつまずきません 私たちにとって これは驚きでした これは ちょっとした乱れです センサーも敏速な フィードバック回路もないので ロボットはすぐに転ぶだろうと 思っていました しかし 動作は力学的に安定化されており ロボットは転びません もちろん 段差が大きくなったり 障害物があれば 完全な制御ループ、反射行動といったものが 必要となります ここで重要なことは 小さな乱れに対応するだけならば 力学的対応で十分だということです これは生物力学、ロボット工学から 神経科学までに共通した 重要なメッセージ ― 動作において身体自体の役割を 過小評価してはならないということです

では ヒトの動きとの関係は? 明らかに ヒトの動きは ネコやイモリよりも複雑ですが 神経回路そのものは 他の脊椎動物のものと ほとんど同じです 特に脊髄は ヒトの動きの重要な制御を担っています だから脊髄の損傷は 著しい障害をもたらします 対麻痺や四肢麻痺が起きます それは 脳が脊髄との情報伝達を 失うためです 詳しく言えば 変調信号を下達し 動作を始めることが 出来なくなるのです 神経機能代替装置の目的は 電気的 もしくは 化学的刺激により 情報伝達を再活性化することです EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)など 世界中の いくつかのチームが研究しています 私はグレゴワー・コクティンや シルベストロ・ミチャーと 共同で研究を進めています

正しい方法で研究するために 大切なことは 脊髄の仕組み 脊髄と身体の相互作用 脳が脊髄と情報伝達する仕組みを 理解することです 今日ご紹介した ロボットやモデルが この重要な目的達成において 鍵となる役目を果たすことを願っています

有難うございました

(拍手)

ブルーノ・ジュサーニ:アウケ あなたの研究室で 汚染された水の中を泳ぎ 汚染度を測定するロボットを 目にしました でも このロボットは 捜索や救出に応用できると あなたはトークで お話になりました 事実 鼻にカメラが取り付けられています

アウケ・エイスペールト:全くその通りです 副産物的なプロジェクトで ロボットを捜索や救出のための調査に 使おうとしています 今ロボットがあなたを見ています 私の夢は 皆さんが危機に遭遇しているとき ― 崩壊したビルや 浸水したビルの中など レスキュー隊やレスキュー犬にとってさえも 危険な場所に ロボットを送り込み はって進み、泳ぎ、歩き 搭載したカメラで中を調べ 生存者を見つけ しかも生存者との通信を 可能にさせることです

ブルーノ:生存者がこの姿を見て 恐れをなさなければいいですね

アウケ:外見はちょっと 変えるべきかもしれませんね 食べられてしまうんではないかと 恐怖におののき 心臓まひで亡くなってしまうかも しれませんからね でも 外見を変え もっとしっかりしたものを作れば きっと便利なツールに 仕上がることでしょう

ブルーノ:チームの皆さんも含め どうも有難うございました

This is Pleurobot. Pleurobot is a robot that we designed to closely mimic a salamander species called Pleurodeles waltl. Pleurobot can walk, as you can see here, and as you'll see later, it can also swim.

So you might ask, why did we design this robot? And in fact, this robot has been designed as a scientific tool for neuroscience. Indeed, we designed it together with neurobiologists to understand how animals move, and especially how the spinal cord controls locomotion. But the more I work in biorobotics, the more I'm really impressed by animal locomotion. If you think of a dolphin swimming or a cat running or jumping around, or even us as humans, when you go jogging or play tennis, we do amazing things. And in fact, our nervous system solves a very, very complex control problem. It has to coordinate more or less 200 muscles perfectly, because if the coordination is bad, we fall over or we do bad locomotion. And my goal is to understand how this works.

There are four main components behind animal locomotion. The first component is just the body, and in fact we should never underestimate to what extent the biomechanics already simplify locomotion in animals. Then you have the spinal cord, and in the spinal cord you find reflexes, multiple reflexes that create a sensorimotor coordination loop between neural activity in the spinal cord and mechanical activity. A third component are central pattern generators. These are very interesting circuits in the spinal cord of vertebrate animals that can generate, by themselves, very coordinated rhythmic patterns of activity while receiving only very simple input signals. And these input signals coming from descending modulation from higher parts of the brain, like the motor cortex, the cerebellum, the basal ganglia, will all modulate activity of the spinal cord while we do locomotion. But what's interesting is to what extent just a low-level component, the spinal cord, together with the body, already solve a big part of the locomotion problem. You probably know it by the fact that you can cut the head off a chicken, it can still run for a while, showing that just the lower part, spinal cord and body, already solve a big part of locomotion.

Now, understanding how this works is very complex, because first of all, recording activity in the spinal cord is very difficult. It's much easier to implant electrodes in the motor cortex than in the spinal cord, because it's protected by the vertebrae. Especially in humans, very hard to do. A second difficulty is that locomotion is really due to a very complex and very dynamic interaction between these four components. So it's very hard to find out what's the role of each over time. This is where biorobots like Pleurobot and mathematical models can really help.

So what's biorobotics? Biorobotics is a very active field of research in robotics where people want to take inspiration from animals to make robots to go outdoors, like service robots or search and rescue robots or field robots. And the big goal here is to take inspiration from animals to make robots that can handle complex terrain -- stairs, mountains, forests, places where robots still have difficulties and where animals can do a much better job. The robot can be a wonderful scientific tool as well. There are some very nice projects where robots are used, like a scientific tool for neuroscience, for biomechanics or for hydrodynamics. And this is exactly the purpose of Pleurobot. So what we do in my lab is to collaborate with neurobiologists like Jean-Marie Cabelguen, a neurobiologist in Bordeaux in France, and we want to make spinal cord models and validate them on robots. And here we want to start simple.

So it's good to start with simple animals like lampreys, which are very primitive fish, and then gradually go toward more complex locomotion, like in salamanders, but also in cats and in humans, in mammals. And here, a robot becomes an interesting tool to validate our models. And in fact, for me, Pleurobot is a kind of dream becoming true. Like, more or less 20 years ago I was already working on a computer making simulations of lamprey and salamander locomotion during my PhD. But I always knew that my simulations were just approximations. Like, simulating the physics in water or with mud or with complex ground, it's very hard to simulate that properly on a computer. Why not have a real robot and real physics? So among all these animals,one of my favorites is the salamander. You might ask why, and it's because as an amphibian, it's a really key animal from an evolutionary point of view. It makes a wonderful link between swimming, as you find it in eels or fish, and quadruped locomotion, as you see in mammals, in cats and humans. And in fact, the modern salamander is very close to the first terrestrial vertebrate, so it's almost a living fossil, which gives us access to our ancestor, the ancestor to all terrestrial tetrapods.

So the salamander swims by doing what's called an anguilliform swimming gait, so they propagate a nice traveling wave of muscle activity from head to tail. And if you place the salamander on the ground, it switches to what's called a walking trot gait. In this case, you have nice periodic activation of the limbs which are very nicely coordinated with this standing wave undulation of the body, and that's exactly the gait that you are seeing here on Pleurobot. Now,one thing which is very surprising and fascinating in fact is the fact that all this can be generated just by the spinal cord and the body. So if you take a decerebrated salamander -- it's not so nice but you remove the head -- and if you electrically stimulate the spinal cord, at low level of stimulation this will induce a walking-like gait. If you stimulate a bit more, the gait accelerates. And at some point, there's a threshold, and automatically, the animal switches to swimming. This is amazing. Just changing the global drive, as if you are pressing the gas pedal of descending modulation to your spinal cord, makes a complete switch between two very different gaits. And in fact, the same has been observed in cats. If you stimulate the spinal cord of a cat, you can switch between walk, trot and gallop. Or in birds, you can make a bird switch between walking, at a low level of stimulation, and flapping its wings at high-level stimulation. And this really shows that the spinal cord is a very sophisticated locomotion controller.

So we studied salamander locomotion in more detail, and we had in fact access to a very nice X-ray video machine from Professor Martin Fischer in Jena University in Germany. And thanks to that, you really have an amazing machine to record all the bone motion in great detail. That's what we did. So we basically figured out which bones are important for us and collected their motion in 3D. And what we did is collect a whole database of motions, both on ground and in water, to really collect a whole database of motor behaviors that a real animal can do. And then our job as roboticists was to replicate that in our robot. So we did a whole optimization process to find out the right structure, where to place the motors, how to connect them together, to be able to replay these motions as well as possible. And this is how Pleurobot came to life.

So let's look at how close it is to the real animal. So what you see here is almost a direct comparison between the walking of the real animal and the Pleurobot. You can see that we have almost a one-to-one exact replay of the walking gait. If you go backwards and slowly, you see it even better. But even better, we can do swimming. So for that we have a dry suit that we put all over the robot --

(Laughter)

and then we can go in water and start replaying the swimming gaits. And here, we were very happy, because this is difficult to do. The physics of interaction are complex. Our robot is much bigger than a small animal, so we had to do what's called dynamic scaling of the frequencies to make sure we had the same interaction physics. But you see at the end, we have a very close match, and we were very, very happy with this. So let's go to the spinal cord. So here what we did with Jean-Marie Cabelguen is model the spinal cord circuits. And what's interesting is that the salamander has kept a very primitive circuit, which is very similar to the one we find in the lamprey, this primitive eel-like fish, and it looks like during evolution, new neural oscillators have been added to control the limbs, to do the leg locomotion. And we know where these neural oscillators are but what we did was to make a mathematical model to see how they should be coupled to allow this transition between the two very different gaits. And we tested that on board of a robot.

And this is how it looks. So what you see here is a previous version of Pleurobot that's completely controlled by our spinal cord model programmed on board of the robot. And the only thing we do is send to the robot through a remote control the two descending signals it normally should receive from the upper part of the brain. And what's interesting is, by playing with these signals, we can completely control speed, heading and type of gait. For instance, when we stimulate at a low level, we have the walking gait, and at some point, if we stimulate a lot, very rapidly it switches to the swimming gait. And finally, we can also do turning very nicely by just stimulating more one side of the spinal cord than the other. And I think it's really beautiful how nature has distributed control to really give a lot of responsibility to the spinal cord so that the upper part of the brain doesn't need to worry about every muscle. It just has to worry about this high-level modulation, and it's really the job of the spinal cord to coordinate all the muscles.

So now let's go to cat locomotion and the importance of biomechanics. So this is another project where we studied cat biomechanics, and we wanted to see how much the morphology helps locomotion. And we found three important criteria in the properties, basically, of the limbs. The first one is that a cat limb more or less looks like a pantograph-like structure. So a pantograph is a mechanical structure which keeps the upper segment and the lower segments always parallel. So a simple geometrical system that kind of coordinates a bit the internal movement of the segments. A second property of cat limbs is that they are very lightweight. Most of the muscles are in the trunk, which is a good idea, because then the limbs have low inertia and can be moved very rapidly. The last final important property is this very elastic behavior of the cat limb, so to handle impacts and forces. And this is how we designed Cheetah-Cub.

So let's invite Cheetah-Cub onstage. So this is Peter Eckert, who does his PhD on this robot, and as you see, it's a cute little robot. It looks a bit like a toy, but it was really used as a scientific tool to investigate these properties of the legs of the cat. So you see, it's very compliant, very lightweight, and also very elastic, so you can easily press it down and it will not break. It will just jump, in fact. And this very elastic property is also very important. And you also see a bit these properties of these three segments of the leg as pantograph.

Now, what's interesting is that this quite dynamic gait is obtained purely in open loop, meaning no sensors, no complex feedback loops. And that's interesting, because it means that just the mechanics already stabilized this quite rapid gait, and that really good mechanics already basically simplify locomotion. To the extent that we can even disturb a bit locomotion, as you will see in the next video, where we can for instance do some exercise where we have the robot go down a step, and the robot will not fall over, which was a surprise for us. This is a small perturbation. I was expecting the robot to immediately fall over, because there are no sensors, no fast feedback loop. But no, just the mechanics stabilized the gait, and the robot doesn't fall over. Obviously, if you make the step bigger, and if you have obstacles, you need the full control loops and reflexes and everything. But what's important here is that just for small perturbation, the mechanics are right. And I think this is a very important message from biomechanics and robotics to neuroscience, saying don't underestimate to what extent the body already helps locomotion.

Now, how does this relate to human locomotion? Clearly, human locomotion is more complex than cat and salamander locomotion, but at the same time, the nervous system of humans is very similar to that of other vertebrates. And especially the spinal cord is also the key controller for locomotion in humans. That's why, if there's a lesion of the spinal cord, this has dramatic effects. The person can become paraplegic or tetraplegic. This is because the brain loses this communication with the spinal cord. Especially, it loses this descending modulation to initiate and modulate locomotion. So a big goal of neuroprosthetics is to be able to reactivate that communication using electrical or chemical stimulations. And there are several teams in the world that do exactly that, especially at EPFL. My colleagues Gregoire Courtine and Silvestro Micera, with whom I collaborate.

But to do this properly, it's very important to understand how the spinal cord works, how it interacts with the body, and how the brain communicates with the spinal cord. This is where the robots and models that I've presented today will hopefully play a key role towards these very important goals.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Auke, I've seen in your lab other robots that do things like swim in pollution and measure the pollution while they swim. But for this one, you mentioned in your talk, like a side project, search and rescue, and it does have a camera on its nose.

Auke Ijspeert: Absolutely. So the robot -- We have some spin-off projects where we would like to use the robots to do search and rescue inspection, so this robot is now seeing you. And the big dream is to, if you have a difficult situation like a collapsed building or a building that is flooded, and this is very dangerous for a rescue team or even rescue dogs, why not send in a robot that can crawl around, swim, walk, with a camera onboard to do inspection and identify survivors and possibly create a communication link with the survivor.

BG: Of course, assuming the survivors don't get scared by the shape of this.

AI: Yeah, we should probably change the appearance quite a bit, because here I guess a survivor might die of a heart attack just of being worried that this would feed on you. But by changing the appearance and it making it more robust, I'm sure we can make a good tool out of it.

BG: Thank you very much. Thank you and your team.

This is Pleurobot.//

これはプルーロボットといいます

Pleurobot is/ a robot/ that we designed to closely mimic a salamander species called Pleurodeles waltl.//

プルーロボットはイベリア・トゲイモリという イモリの一種を まねて作ったものです

Pleurobot can walk,/ as you can see here,/ and/ as you'll see later,/ it can also swim.//

プルーロボットはご覧のとおり 歩行することも 後でご覧頂くように 泳ぐことも出来ます

So you might ask,/ why did we design this robot?//

なぜこんなロボットを設計するのかって?

And in fact,/ this robot has been designed as a scientific tool/ for neuroscience.//

実のところ このロボットは 神経科学の研究道具として設計されました

Indeed,/ we designed it together/ with neurobiologists/ to understand/ how animals move,/ and especially/ how the spinal cord controls locomotion.//

事実 神経生物学者と共同で 動物の動きを ― 特に脊髄が動作を制御する仕組みを 理解するために設計しました

But the more/ I work in biorobotics,/ the more/ I'm really impressed by animal locomotion.//

しかし生物ロボット工学を研究するにつれ 動物の動きに対する感銘を深めました

If you think of a dolphin swimming/ or a cat/ running or jumping/ around,/ or even/ us/ as humans,/ when you go jogging or play tennis,/ we do amazing things.//

イルカが泳ぎ ネコが走ったり飛び跳ねたり さらに我々人間が ジョギングしたりテニスをする時には 驚くべきことを行っています

And/ in fact,/ our nervous system solves a very, very complex control problem.//

実際 我々の神経系は非常に複雑な 制御の問題を解決しています

It has to coordinate/ more or less 200 muscles perfectly,/ because/ if the coordination is bad,/ we fall over/ or we do bad locomotion.//

200ほどの筋肉を 完璧に操っています 連携がうまく出来なければ 倒れたり ぎこちない動きをすることでしょう

And my goal is to understand/ how this works.//

私の目標は このような動作を理解することです

動物の動きには 主に身体の4つの部位が関わっています

The first component is just the body,/ and in fact/ we should never underestimate to/ what extent/ the biomechanics already simplify locomotion/ in animals.//

1つ目は胴体です 実際のところ 生物力学的な仕組みが 動物の動きをかなり簡素化していることを 過小評価してはいけません

Then/ you have the spinal cord,/ and in the spinal cord/ you find reflexes,/ multiple reflexes/ that create a sensorimotor coordination loop/ between neural activity/ in the spinal cord and mechanical activity.//

次は脊髄です 脊髄は様々な反射を司り 脊髄内の神経活動と 機械的な動作の間の 知覚運動を制御する ループを作り出します

3つ目の部位は 中枢パターン発生器です

These are very interesting circuits/ in the spinal cord of vertebrate animals/ that can generate,/ by themselves,/ very coordinated rhythmic patterns of activity/ while receiving only very simple input signals.//

これは脊椎動物の脊髄にある 興味深い回路で 非常に調和度の高い リズムのある行動パターンを 自ら発生しますが 受け取るのは とても単純な入力信号だけです

And these input signals/ coming from descending modulation/ from higher parts of the brain,/ like the motor cortex,/ the cerebellum,/ the basal ganglia,/ will all modulate activity of the spinal cord/ while we do locomotion.//

この入力信号は 運動皮質、小脳、大脳基底核といった 脳の上部から下達された変調信号で 我々が動作する時に 脊髄の信号を 変調させます

But what's interesting is to/ what extent/ just a low-level component,/ the spinal cord,/ together/ with the body,/ already solve a big part of the locomotion problem.//

しかし興味深いのは 下位レベルの器官である脊髄が 胴体と共調して 運動に関する問題の多くを 片づけてしまうことです

You probably know it/ by the fact/ that you can cut the head/ off a chicken,/ it can still run for a while,/ showing/ that just the lower part,/ spinal cord and body,/ already solve a big part of locomotion.//

おそらくご存知だと思いますが 鳥の頭をちょん切っても しばらくの間走り続けますが 身体の下半分 つまり 脊髄と胴体だけで 運動の大部分を達成することを示しています

Now,/ understanding/ how this works/ is very complex,/ because first of all,/ recording activity/ in the spinal cord is very difficult.//

この仕組みを調べる方法は とても複雑です なぜならば 第一に 脊髄の活動を記録することは とても困難だからです

It's much easier/ to implant electrodes/ in the motor cortex/ than in the spinal cord,/ because it's protected by the vertebrae.//

運動皮質に電極を埋め込むことは 脊椎で保護された脊髄に比べ とても容易です

Especially/ in humans,/ very hard to do.//

人間の場合は特にやっかいです

A second difficulty is/ that locomotion is really due/ to a very complex and very dynamic interaction/ between these four components.//

困難である2つ目の理由は 動作は これら4つの部位の 非常に複雑 かつ動的な 相互作用によりなされるからです

So it's very hard/ to find out/ what's the role of each/ over time.//

ですから これらの要素の役割を 逐次把握することは非常に困難です

This is/ where biorobots/ like Pleurobot/ and mathematical models can really help.//

そこでプルーロボットのような 生物ロボットや数学モデルは 理解に役立ちます

So/ what's biorobotics?//

では生物ロボットとは?

Biorobotics is a very active field of research/ in robotics/ where people want to take/ inspiration/ from animals/ to make robots/ to go outdoors,/ like service robots or search and rescue robots or field robots.//

生物ロボット工学はロボット工学の中でも 特に研究が盛んで 動物からヒントを得て 野外で活躍する 奉仕ロボット、捜索・救出ロボットや 現場作業ロボットを 作ろうとしています

And the big goal here is to take inspiration/ from animals/ to make robots/ that can handle complex terrain --/ stairs,/ mountains,/ forests,/ places/ where robots still have difficulties/ and where animals can do a much better job.//

ここで掲げた大目標は 動物にヒントを得て 複雑な地表 ― 階段、山、森など ロボットが今もなお苦手とするものの 動物なら容易な場所を 進めるようにすることです

The robot can be a wonderful scientific tool/ as well.//

ロボットは素晴らしい 科学的道具にもなります

There are some very nice projects/ where robots are used,/ like a scientific tool/ for neuroscience,/ for biomechanics/ or/ for hydrodynamics.//

ロボットを使った とても面白いプロジェクトがあります 神経科学、生物力学や流体力学向けの 科学的道具として使います

And this is exactly the purpose of Pleurobot.//

まさにプルーロボットが 目的とするところです

So/ what we do in my lab is to collaborate with neurobiologists/ like Jean-Marie Cabelguen,/ a neurobiologist/ in Bordeaux/ in France,/ and we want to make/ spinal cord models/ and validate them/ on robots.//

我々が研究室で行っていることは フランスのボルドー在住の ジャン=マリエ・カベルゲンのような 神経生物学者達と共同で 脊髄のモデルを作って ロボットで確かめることです

And here/ we want to start/ simple.//

まずは簡単なことから始めます

So it's good/ to start with simple animals/ like lampreys,/ which are very primitive fish,/ and then gradually go toward more complex locomotion,/ like in salamanders,/ but also/ in cats/ and/ in humans,/ in mammals.//

とても原始的な魚である ヤツメウナギのような動物から始め 段階的に 複雑な動きを目指すのが 良いでしょう イモリ ネコ、ヒト 他の哺乳類へと進めていきます

And here,/ a robot becomes an interesting tool/ to validate our models.//

このとおり ロボットは我々のモデルを実証する 興味深いツールとなりました

And/ in fact,/ for me,/ Pleurobot is a kind of dream/ becoming true.//

プルーロボットは 私にとって夢の実現です

Like,/ more or less 20 years ago/ I was already working on a computer/ making simulations of lamprey and salamander locomotion/ during my PhD.//

博士課程の時から ヤツメウナギやイモリの動きを コンピュータで再現しようとし 20年前後の年月が経ちました

But I always knew/ that my simulations were just approximations.//

しかし シミュレーションは 近似に過ぎないと常に認識していました

Like,/ simulating the physics/ in water/ or with mud/ or with complex ground,/ it's very hard/ to simulate that properly/ on a computer.//

水、泥や複雑な地面といった場所における物理現象を コンピュータでシミュレートすることは とても困難です

Why not have a real robot and real physics?//

では本物のロボットを 現実の条件下で試しては?

So/ among all these animals,/one of my favorites is the salamander.//

これらの動物の中で 私のお気に入りはイモリです

You might ask/ why,/ and it's/ because as an amphibian,/ it's a really key animal/ from an evolutionary point of view.//

なぜかというと 両生類だからです 進化の観点から 鍵となる動物です

It makes a wonderful link/ between swimming,/ as you find it/ in eels or fish,/ and quadruped locomotion,/ as you see in mammals,/ in cats and humans.//

ウナギ、魚類の泳ぎと ネコやヒトなどの哺乳類に見られる 四足歩行を見事にリンクさせています

And/ in fact,/ the modern salamander is very close/ to the first terrestrial vertebrate,/ so it's almost a living fossil,/ which gives us/ access/ to our ancestor,/ the ancestor/ to all terrestrial tetrapods.//

事実 現生のイモリは 最初の陸生の脊椎動物と とても似通っています 生きた化石といえるもので 我々の祖先 ― 全ての陸生の四足歩行動物の祖先のことを 知ることができます

So the salamander swims/ by doing/ what's called an anguilliform swimming gait,/ so they propagate a nice traveling wave of muscle activity/ from head/ to tail.//

イモリは ウナギ型の泳ぎをします 頭部から尾までの筋肉を 波を打つように見事にうねらせます

And/ if you place the salamander/ on the ground,/ it switches to/ what's called a walking trot gait.//

イモリを地面に置くと 速足歩行モードに切り替わります

In this case,/ you have nice periodic activation of the limbs/ which are very nicely coordinated with this standing wave undulation of the body,/ and that's exactly/ the gait/ that you are seeing here/ on Pleurobot.//

手足を上手に周期的に連携させます つまり 定常的な波の様に 身体をうねらせるのです まさにこの動きを プルーロボットで見ることができます

Now,/one thing/ which is very surprising and fascinating/ in fact is the fact/ that all this can be generated just/ by the spinal cord and the body.//

とても驚くべき かつ素晴らしいことは この動きが脊髄と胴体の間だけで 行われていることです

So/ if you take a decerebrated salamander --/ it's not so nice/ but you remove the head --/ and/ if you electrically stimulate the spinal cord,/ at low level of stimulation/ this will induce a walking-like gait.//

もし イモリの脳を除去しても ― ぞっとしますが 頭を切り離してしまっても 脊髄に電気刺激を与えると 低レベルの刺激により 歩行モードが誘発されます

If you stimulate a bit more,/ the gait accelerates.//

刺激を少し強くすると 加速します

And/ at some point,/ there's a threshold,/ and automatically,/ the animal switches to swimming.//

ある限界点に達すると 自動的に 水泳モードに切り替わります

This is amazing.//

素晴らしいことです

Just changing the global drive,/ as if you are pressing the gas pedal of descending modulation/ to your spinal cord,/ makes a complete switch/ between two very different gaits.//

刺激を変えると まるで変調信号を脊髄へと下達させる ペダルを踏んだかのように 全く異なる動きの 2つのモードが切り替わります

And/ in fact,/ the same has been observed in cats.//

同様なことがネコでも観察されています

If you stimulate the spinal cord of a cat,/ you can switch between walk,/ trot and gallop.//

ネコの脊髄を刺激すると 歩行、速足、駆け足のモードが 切り替わります

Or/ in birds,/ you can make a bird switch/ between walking,/ at a low level of stimulation,/ and flapping its wings/ at high-level stimulation.//

鳥でも切り替えが可能です 弱い刺激では歩き 強い刺激では 羽をはばたかせます

And this really shows/ that the spinal cord is a very sophisticated locomotion controller.//

脊髄が実に精巧な 運動制御器官であることを 示しています

So we studied salamander locomotion/ in more detail,/ and we had in fact access/ to a very nice X-ray video machine/ from Professor Martin Fischer/ in Jena University/ in Germany.//

我々はイモリの動きを もっと詳しく調べました 実に素晴らしいX線動画撮影装置を ドイツのイェーナ大学の マーティン・フィッシャー教授に 使わせて頂きました

And thanks/ to that,/ you really have an amazing machine/ to record all the bone motion/ in great detail.//

この素晴らしい装置のおかげで 骨の動きを詳細に 記録することが出来ました

That's/ what we did.//

こんなことを行ったのです

So we basically figured out/ which bones are important/ for us/ and collected their motion/ in 3D.//

どの骨が重要な働きを しているのかが分かりました また 動きを3次元的に記録しました

And what we did/ is collect a whole database of motions,/ both/ on ground/ and/ in water,/ to really collect a whole database of motor behaviors/ that a real animal can do.//

我々が集めたデータは 陸上、水中の両方における 網羅的なデータベース ― 本物の動物の動きをとらえた 包括的なデータベースです

And then/ our job/ as roboticists was to replicate/ that in our robot.//

さて 我々ロボット研究家の役目は ロボットでこれを再現することです

So/ we did a whole optimization process/ to find out/ the right structure,/ where to place the motors,/ how to connect them together,/ to be able to replay these motions/ as well as possible.//

動きを出来るだけ忠実に再現するために モーターの位置や それらのつなぎ方まで 適切な構造を見出すべく 全過程を最適化しました

And this is/ how Pleurobot came to life.//

このようにしてプルーロボットが 実現しました

So let's look/ at how close/ it is to the real animal.//

どれほど本物の動物に動きが似ているか ご覧ください

So what you see/ here is almost a direct comparison/ between the walking of the real animal and the Pleurobot.//

本物の動物とプルーロボットの歩行を 直接的に比較しながら 見ることができます

You can see/ that we have almost a one-to-one exact replay of the walking gait.//

歩行の様子を 一挙手一投足で 再現することが出来ます

If you go backwards and slowly,/ you see it even better.//

元に戻して ゆっくりと再生すると もっと良く分るでしょう

But even better,/ we can do swimming.//

さらに 泳ぐことも出来ます

So/ for that we have a dry suit/ that we put all/ over the robot --//

ドライスーツを準備して ロボットをすっぽり覆いました

(笑)

and then/ we can go in water/ and start replaying/ the swimming gaits.//

水の中に入って 泳ぎを再現させましょう

And here,/ we were very happy,/ because this is difficult/ to do.//

我々は歓喜しました とても難しいことでしたからね

物理的な相互作用はとても複雑です

Our robot is much bigger/ than a small animal,/ so we had to do/ what's called dynamic scaling of the frequencies/ to make sure/ we had the same interaction physics.//

我々のロボットは 小動物に比べてずっと大型なので 周波数の動的スケーリングなるものを行い 等価の物理的相互作用が 得られるようにしました

But you see at the end,/ we have a very close match,/ and we were very, very happy/ with this.//

ついに ご覧のとおり 見事に真似ることが出来ました 我々は本当に喜びました

So let's go/ to the spinal cord.//

脊髄のお話をします

So here/ what we did with Jean-Marie Cabelguen is model/ the spinal cord circuits.//

ジャン=マリエ・カベルゲンと共に 脊髄神経回路をモデル化しました

And what's interesting is/ that the salamander has kept a very primitive circuit,/ which is very similar/ to the one/ we find in the lamprey,/ this primitive eel-like fish,/ and it looks like during evolution,/ new neural oscillators have been added to control/ the limbs,/ to do the leg locomotion.//

興味深いことにイモリは とても原始的な神経回路をもっており これは ウナギに似た原始的な魚類である ヤツメウナギに 我々が見出したものと 非常に似ています 進化の過程で 脚の動作のために 肢を制御する新たな神経発振器が 加えられたかのようです

And we know/ where these neural oscillators are/ but what we did was to make/ a mathematical model/ to see/ how they should be coupled to allow this transition/ between the two very different gaits.//

この神経発振器の在り処は 分かっていますが 我々が行ったことは 陸水における全く異なった動きを 可能にする 連動の仕組みの 数学モデルを作ることでした

And we tested/ that on board of a robot.//

発振器をロボットに搭載して 試してみました

And this is/ how it looks.//

こんな感じです

So/ what you see/ here is a previous version of Pleurobot/ that's completely controlled by our spinal cord model programmed on board of the robot.//

ご覧になっているのは プルーロボットの前バージョンですが ロボットに搭載した 脊髄モデルプログラムによって 完全に制御されています

And the only thing/ we do/ is send to the robot/ through a remote control/ the two descending signals/ it normally should receive from the upper part of the brain.//

我々は単に リモコンで2つの信号を送信するだけで これは 脳の上部から下達される 信号のようなものです

And what's interesting is,/ by playing with these signals,/ we can completely control speed, heading and type of gait.//

興味深いことに これらの信号だけで スピード、方向や動きの種類を 完全に制御することが出来ます

For instance,/ when we stimulate at a low level,/ we have the walking gait,/ and at some point,/ if we stimulate a lot,/ very rapidly/ it switches to the swimming gait.//

例えば 弱い刺激を与えると 歩行を行い 刺激を強くしていくと ある時点で 突然 水泳モードに切り替わります

And finally,/ we can also do turning/ very nicely/ by just/ stimulating more one side of the spinal cord/ than the other.//

方向転換もとてもスマートにできます 脊髄の一方の側を 他方より強く刺激するだけでよいのです

And I think/ it's really beautiful/ how nature has distributed control/ to really give a lot of responsibility/ to the spinal cord/ so that the upper part of the brain doesn't need to worry/ about every muscle.//

とても素晴らしいことに 自然は脊髄に 制御の多くを任せており 脳の上部が個々の筋肉の制御に 煩わせられることがありません

It just has to worry/ about this high-level modulation,/ and it's really/ the job of the spinal cord/ to coordinate all the muscles.//

脳は高レベルの変調だけを行い 脊髄は全ての筋肉を連携させることを 役目としています

So now let's go/ to cat locomotion and the importance of biomechanics.//

さてネコの動きと生物力学の大切さについて お話ししましょう

So this is another project/ where we studied cat biomechanics,/ and we wanted to see/ how much/ the morphology helps locomotion.//

これは別のプロジェクトで ネコの生物力学を研究したものです 形態が運動の助けになることを 見てみたいと思っていました

And we found three important criteria/ in the properties,/ basically,/ of the limbs.//

ネコには ― 基本的に肢には 3つの重要な性質があることが 分かりました

The first one is/ that a cat limb/ more or less looks like a pantograph-like structure.//

まず最初に ネコの肢は パンタグラフのような構造を しています

So a pantograph is a mechanical structure/ which keeps the upper segment/ and the lower segments always parallel.//

パンタグラフは その上面と下面を 常に平行に保つような 機械的構造です

So a simple geometrical system/ that kind of coordinates a bit/ the internal movement of the segments.//

その内部のパーツの動きを 連動させるような 単純な幾何学的なシステムです

A second property of cat limbs is/ that they are very lightweight.//

ネコの肢の2つ目の性質は とても軽量に出来ていることです

Most of the muscles are in the trunk,/ which is a good idea,/ because then/ the limbs have low inertia/ and can be moved very rapidly.//

ほとんどの筋肉は胴体にあります 肢の慣性力を下げて 素早く動くのに好都合です

The last final important property is this very elastic behavior of the cat limb,/ so to handle impacts and forces.//

ネコの肢の重要な3つ目の性質は とても弾力的であることで 衝撃や外力への対応を容易にします

And this is/ how we designed Cheetah-Cub.//

これを チーター・カブに 取り込んでみました

So let's invite Cheetah-Cub onstage.//

チーター・カブ 舞台へどうぞ

So this is Peter Eckert,/ who does his PhD/ on this robot,/ and/ as you see,/ it's a cute little robot.//

彼はピーター・エッカートで このロボットについて博士論文を書いています ご覧のとおり 小さくて可愛いロボットですね

It looks a bit/ like a toy,/ but it was really used as a scientific tool/ to investigate these properties of the legs of the cat.//

小さなおもちゃのようですが ネコの脚の性質を調べるための 科学的道具として使われたのです

So you see,/ it's very compliant,/ very lightweight,/ and also very elastic,/ so you can easily press it down/ and it will not break.//

とても従順で 軽量 しかも 弾力的です 押しつけても 壊れることもなく

It will just jump,/ in fact.//

少し跳びはねます

And this very elastic property is also very important.//

この弾力性がとても重要です

And you also see a bit/ these properties of these three segments of the leg/ as pantograph.//

脚の3つのパーツには パンタグラフとしての性質が 見てとれます

Now,/ what's interesting is/ that this quite dynamic gait is obtained purely/ in open loop,/ meaning no sensors,/ no complex feedback loops.//

面白いことに このとてもダイナミックな動きが オープン・ループだけで ― つまり センサーも 複雑なフィードバック回路もなく 達成されていることです

And that's interesting,/ because it means/ that just the mechanics already stabilized this quite rapid gait,/ and/ that really good mechanics already basically simplify locomotion.//

これは興味深いことで 力学的な構造だけで この素早い動きを 安定化させており 本当に優れた力学的構造は 基本的に動作を単純化しているのです

To the extent/ that we can even disturb a bit locomotion,/ as you will see in the next video,/ where we can for instance do some exercise/ where we have the robot go down/ a step,/ and the robot will not fall over,/ which was a surprise/ for us.//

次のビデオでは 動作を少し乱したらどうなるか ご覧いただきましょう 一例として ロボットが段差を降りていく練習ですが ロボットはつまずきません 私たちにとって これは驚きでした

This is a small perturbation.//

これは ちょっとした乱れです

I was expecting the robot/ to immediately fall over,/ because there are no sensors,/ no fast feedback loop.//

センサーも敏速な フィードバック回路もないので ロボットはすぐに転ぶだろうと 思っていました

But no,/ just the mechanics stabilized the gait,/ and the robot doesn't fall over.//

しかし 動作は力学的に安定化されており ロボットは転びません

Obviously,/ if you make the step bigger,/ and/ if you have obstacles,/ you need the full control loops and reflexes and everything.//

もちろん 段差が大きくなったり 障害物があれば 完全な制御ループ、反射行動といったものが 必要となります

But what's important here is/ that just/ for small perturbation,/ the mechanics are right.//

ここで重要なことは 小さな乱れに対応するだけならば 力学的対応で十分だということです

And I think/ this is a very important message/ from biomechanics and robotics/ to neuroscience,/ saying don't underestimate to/ what extent/ the body already helps locomotion.//

これは生物力学、ロボット工学から 神経科学までに共通した 重要なメッセージ ― 動作において身体自体の役割を 過小評価してはならないということです

Now,/ how does this relate/ to human locomotion?//

では ヒトの動きとの関係は?

Clearly,/ human locomotion is more complex/ than cat and salamander locomotion,/ but at the same time,/ the nervous system of humans is very similar/ to that of other vertebrates.//

明らかに ヒトの動きは ネコやイモリよりも複雑ですが 神経回路そのものは 他の脊椎動物のものと ほとんど同じです

And especially/ the spinal cord is also the key controller/ for locomotion/ in humans.//

特に脊髄は ヒトの動きの重要な制御を担っています

That's/ why,/ if there's a lesion of the spinal cord,/ this has dramatic effects.//

だから脊髄の損傷は 著しい障害をもたらします

The person can become paraplegic or tetraplegic.//

対麻痺や四肢麻痺が起きます

This is/ because the brain loses this communication/ with the spinal cord.//

それは 脳が脊髄との情報伝達を 失うためです

詳しく言えば 変調信号を下達し 動作を始めることが 出来なくなるのです

So a big goal of neuroprosthetics is to be able to reactivate that communication/ using electrical or chemical stimulations.//

神経機能代替装置の目的は 電気的 もしくは 化学的刺激により 情報伝達を再活性化することです

And there are several teams/ in the world/ that do exactly/ that,/ especially/ at EPFL.//

EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)など 世界中の いくつかのチームが研究しています

My colleagues Gregoire Courtine and Silvestro Micera,/ with whom I collaborate.//

私はグレゴワー・コクティンや シルベストロ・ミチャーと 共同で研究を進めています

But to do this properly,/ it's very important/ to understand/ how the spinal cord works,/ how it interacts with the body,/ and how the brain communicates with the spinal cord.//

正しい方法で研究するために 大切なことは 脊髄の仕組み 脊髄と身体の相互作用 脳が脊髄と情報伝達する仕組みを 理解することです

This is/ where the robots and models/ that I've presented today will hopefully play a key role/ towards these very important goals.//

今日ご紹介した ロボットやモデルが この重要な目的達成において 鍵となる役目を果たすことを願っています

Thank you.//

有難うございました

(拍手)

Bruno Giussani:/ Auke,/ I've seen in your lab other robots/ that do things/ like swim/ in pollution/ and measure the pollution/ while they swim.//

ブルーノ・ジュサーニ:アウケ あなたの研究室で 汚染された水の中を泳ぎ 汚染度を測定するロボットを 目にしました

But for this one,/ you mentioned in your talk,/ like a side project, search and rescue,/ and it does have a camera/ on its nose.//

でも このロボットは 捜索や救出に応用できると あなたはトークで お話になりました 事実 鼻にカメラが取り付けられています

Auke Ijspeert:/ Absolutely.// So/ the robot --/ We have some spin-off projects/ where we would like to use/ the robots/ to do search and rescue inspection,/ so/ this robot is now seeing you.//

アウケ・エイスペールト:全くその通りです 副産物的なプロジェクトで ロボットを捜索や救出のための調査に 使おうとしています 今ロボットがあなたを見ています

And the big dream is to,/ if you have a difficult situation/ like a collapsed building/ or a building/ that is flooded,/ and this is very dangerous/ for a rescue team/ or even/ rescue dogs,/ why not send in a robot/ that can crawl around,/ swim,/ walk,/ with a camera onboard to do inspection/ and identify survivors/ and possibly create a communication link/ with the survivor.//

私の夢は 皆さんが危機に遭遇しているとき ― 崩壊したビルや 浸水したビルの中など レスキュー隊やレスキュー犬にとってさえも 危険な場所に ロボットを送り込み はって進み、泳ぎ、歩き 搭載したカメラで中を調べ 生存者を見つけ しかも生存者との通信を 可能にさせることです

BG:/ Of course,/ assuming the survivors don't get scared by the shape of this.//

ブルーノ:生存者がこの姿を見て 恐れをなさなければいいですね

AI:/ Yeah,/ we should probably change the appearance/ quite a bit,/ because here/ I guess/ a survivor might die of a heart attack just of being worried/ that this would feed on you.//

アウケ:外見はちょっと 変えるべきかもしれませんね 食べられてしまうんではないかと 恐怖におののき 心臓まひで亡くなってしまうかも しれませんからね

But by changing the appearance/ and it/ making it more robust,/ I'm sure/ we can make a good tool/ out of it.//

でも 外見を変え もっとしっかりしたものを作れば きっと便利なツールに 仕上がることでしょう

BG:/ Thank you/ very much.// Thank/ you and your team.//

ブルーノ:チームの皆さんも含め どうも有難うございました

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

mimic

〈人,人の話し方・しぐさなど〉‘を'まねてからかう

(欺くために)…‘に'似せる

ものまねをする人,ものまね役者

人まねをする動物;人の声をまねる鳥

《名詞の前にのみ用いて》

ものまねをする

偽りの,模擬の

擬態の

salamander

サンショウウオ

火トカゲ(火中に住むといわれる伝説の動物)

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

especially

『特に』,特別に;きわだって

spinal cord

せき髄

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

locomotion

移動,運転

impress

(…で)‥‘を'『感銘させる』,‘に'印象づける《+『名』+『with』+『名』》

(人,人の心・記憶に)…‘を'『銘記させる』

(…に)〈印〉‘を'つける,刻み込む《+『名』+『on』+『名』》(印などを)…‘に'つける《+『名』+『with』+『名』》

押印,刻印

影響,こん跡

dolphin

『イルカ』

シイラ(温帯水域に産する大型の細長い魚)

swimming

〈U〉『水泳』

〈C〉めまい

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

jog

…‘を'軽く揺り動かす;…‘を'ちょっと押す(突く)

〈記憶など〉‘を'呼び起こす,刺激する

(特に健康法として)ゆっくり走る

とぼとぼと歩き続ける《+『on』(『along』)》

軽い揺さぶり(つつき,刺激)

てくてく(ことこと)歩き;(馬の)緩歩(jog trot)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

nervous system

《the ~》神経系統

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

coordination

同等[にすること]

(筋肉運動の)整合,釣り合い

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

component

構成している,成分の

構成要素,成分

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

simplify

…‘を'簡単にする,平易にする,単純にする

reflex

反射(刺激に対する無意識の反応)

《複数形で》反射的な動き

(光などの)反射,反射光;映像

反射性の

(カメラが)レフ鋼の,反射型の

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

neural

神経[系統]の

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

generator

発電機(dynamo)

ガス(蒸気)発生器

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

vertebrate

脊椎(せきつい)動物

背骨のある;脊椎動物の

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

descend

(高い所から低い所へ)『下る』,『降りる』《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(古い時代から新しい時代へ)『伝わる』,系統を引く《+『from』+『名』+『to』+『名』》

身を落とす

〈人などが〉…‘を'下る,降りる;〈道などが〉…‘を'下る

(…の)子孫である

modulation

調節,調整,変調

(音楽の)転調

(周波数の)変調

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

cerebellum

小脳

basal

基底の,基部の

基礎的な,基本的な

modulate

‘を'調節する,調整する

〈声など〉‘の'調子(強さ,速さ)を変える

〈ラジオなど〉‘の'周波数を変える

〈楽曲が〉(ある調子から他の調子へ)転調する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

chicken

〈C〉『ひよこ』,(一般に)ひな鳥

〈C〉《米》(一般に)鶏《英》fowl)

〈U〉ひな鳥の肉,鶏肉

〈C〉《米話》青二才;小娘

〈C〉《俗》おくびょう者

鶏肉の

小さい

《俗》おくびょうな

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

electrode

電極

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

outdoor

『戸外の』,野外の

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

terrain

(軍事・農耕などから見た)地形,地勢,地勢

stair

〈C〉(階段の一つの)『段』

《複数形で》『階段』

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

hydrodynamics

流体力学(流体静力学と流体動力学とを含む)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

lab

実験室(laboratory)

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

Bordeaux

ボルドー(フランス南西部の港市;ぶどう酒産地)

〈U〉ボルドー産ぶどう酒

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

validate

…‘を'法的に有効とする

…‘を'正当であると証明する

lamprey

ヤツメウナギ(大きな吸盤状の口を持つ)

primitive

『原始の』,太古の

原始的な,そぼくな;古風な,旧式な

原始人

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

gradually

『だんだんに』,徐々に

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

mammal

哺(ほ)乳動物

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

computer

『計算機』;『電子計算機』

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

approximation

接近,近似

概算

近似値

simulate

…‘の'ふりをする,‘を'装う;simulate death死を装う

…‘を'まねる,‘に'似せる(imitate)

physics

『物理学』

mud

『泥』;ぬかるみ

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

amphibian

両生類の

=amphibious

両生動物(植物)

水陸両用飛行機(戦車)

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

eel

ウナギ

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

terrestrial

地球の・陸の・(動植物)陸生の・俗世の・現世の,この世の

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

gait

歩きぶり,足どり

propagate

〈動植物・菌など〉‘を'増殖させる,繁殖させる

…‘を'普及させる,広める

〈音・光など〉‘を'伝える

〈動植物・菌などが〉増殖する,繁殖する

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

trot

〈U〉《しばしばa ~》(馬の)速足,だく足(歩み(pacing)と駆け足(galloping)の中間の歩調)

〈C〉速足の馬に乗ること

〈U〉《しばしばa ~》(人の)急ぎ足,小走り

〈C〉(運動のための)急ぎ足の散歩

〈馬が〉速足で駆ける

《副詞[句]を伴って》〈人が〉急ぎ足で行く,小走りで行く

〈馬〉‘を'速足で駆けさせる,だく足で行かせる

〈ある距離〉‘を'速足で行かせる

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

periodic

定期的な,周期的な

ときぎき起こる:

掉尾(とうび)的の:

activation

活動化

(物質の)活性化(化学反応を起こしやすくすること)

limb

(動物の)『手足』;(鳥の)翼

(木の)大枝

nicely

見事に,気持ちよく;うまく

精密に

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

undulation

〈U〉(水面などの)波動,うねり;(土地の)起伏

〈C〉連続する波形(起伏)の一つ

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

stimulate

…を『刺激する』,励ます,元気づける

刺激[剤]となる

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

stimulation

刺激,興奮;激励

induce

〈人〉‘に'『勧めて』(…)『させる』

…‘を'『引き起こす』,もたらす(cause)

〈電気〉‘を'誘導する

…‘を'帰納する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

pedal

(自転車・自動車などの)『ペダル』,踏み板

(ピアノなどの)ペダル,踏み板

…‘の'ペダルを踏む;(ペダルを踏んで)…‘を'走らせる

ペダルを踏む;(ペダルを踏んで)動かす

(人・動物の)足の

ペダルの

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

gallop

〈C〉〈U〉『ギャロップ』(馬などの4本の足が同時に地を離れる全速力の駆け方

〈C〉ギャロップで馬(など)を走らせること

〈馬が〉『ギャロップで駆ける』,〈人が〉馬をギャロップで走らせる

〈人・動物が〉全力疾走する

〈馬など〉‘を'ギャロップで走らせる

flap

〈帆・旗などが〉『はためく』

『羽ばたく』

〈翼など〉‘を'羽ばたかせる,パタパタ(ハタハタ)と動かす

(平たくしなやかなもので)…‘を'ぴしゃりと打つ

ピシャりとたたくこと

(片方だけ留めて)垂れ下がった薄いもの;(特に)(ポケットの)垂れぶた,(封筒の)折り返し

(飛行機の)下げ翼

《話》興奮状態

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

high-level

高級の,地位の高い

高所からの

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

controller

管理する人,監督者,取締人

(また『comptroller』)(会計などの)監査役;会計検査官

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

martin

イワツバメ

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

basically

基本的に,根本的に;元来は

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

replay

〈レコード・テープ〉‘を'再びかける

〈試合〉‘を'再びする

再試合する

再試合

(テープ・レコードの)再生

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

one-to-one

一対一の

(数学で)一致する,対応する

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

backwards

=backward

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

laughter

『笑い』,笑い声

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

oscillator

振れ動く人(もの)

発振器(交流電気を発生する装置)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

transition

(…から…へ)移り変わること,変遷;(…から…への)過渡期《+from+名+to+名》

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

completely

『完全に』,全く,十分に

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

remote control

遠隔操作,リモコン(リモートコントロール)

リモコンの

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

heading

(章・節などの)表題,見出し

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

rapidly

『速く』,『すみやかに』

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

morphology

形態学(生物の構造の研究)

形態論,語形論(言語の形態の研究)

criterion

(価値判断の)規準,尺度

property

動産

pantograph

写図器(一端を固定して伸縮できるパンタグラフ状の器具;比率を変えて写図できる)

(電車の)パンタグラフ

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

lightweight

ボクシングの)ライト級の選手(130‐135ポンド(59‐61kg)級)

標準重量以下の人

(ボクサーが)ライト級の

重量の軽い

trunk

(枝および根と区別して樹木の)『幹』

(人・動物の)胴体

『トランク』旅行用箱型の大型かばん)

象の鼻

《複数形で》(文泳などスポーツ競技用の)男子用パンツ,チランクス

《米》(自動車後部の)荷物入れ,トランク(《英》boot)

=trunk line

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

inertia

(物体の)慣性,惰性,惰力

不活発,ものぐさ

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

elastic

『弾力のある』,伸縮自在の

融通性のある

ゴムひも;ゴムひもで作った物,靴下留め,ズボンつり

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

onstage

舞台の上で(に)

舞台上の

Peter

ペテロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;聖ペテロ(キリストの12使徒のひとり))

(新約聖書の)ペテロの手紙

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

compliant

従順な,素直な

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

purely

『全く』,完全に

『純粋に』,きれいに,清らかに

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

mechanic

『機械工』,職工

rapid

『速い』,『すばやい』,敏速な

(坂などが)急な,険しい

急流,早瀬

disturb

…‘を'『かき乱す』,騒がしくする

〈人〉‘を'『不安にする』,心配させる

〈人・行動・安眠など〉‘を'『邪魔をする』,妨害する(bother)

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

perturbation

〈U〉動揺,不安;混乱

〈C〉不安(混乱)のもと

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

obviously

明らかに,明白に

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

lesion

傷害,傷

(体の組織や機能の)障害

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

paraplegic

対麻痺(ついまひ)の,対麻痺にかかった

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

initiate

…‘を'始める

《しばしば受動態で》(特に式を行って)(…に)〈人〉‘を'入会させる《+『名』〈人〉+『in』(『into』)+『名』》

〈人〉‘に'(…の)初歩を教える,秘伝(秘訣)を教える《+『名』〈人〉+『in』(『into』)+『名』》

新入りの,手ほどきを受けた

新入会者;手ほどきを受けた人

reactivate

…を復活(再開)させる

復活(再開)する

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

towards

toward

applause

『拍手かっさい』;称賛

pollution

(…を)『汚すこと』,汚染すること;(…が)『汚されていること』《+『of』+『名』》

汚染物質(地域)

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

spin-off

副産物

inspection

検査,点検;視察

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

flood

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》『洪水』,大水;〈U〉(川の)はんらん

〈C〉《a~》(…の)『はんらん』,殺到《+『of』+『名』》

《the F-》ノアの洪水(旧約聖書「創世記」)

〈C〉『満潮』,上げ潮

…‘を'『あふれさせる』

〈人・物が〉…‘に'『殺到する』,どっと押し寄せる

〈川が〉はんらんする

(洪水のように)押し寄せてくる

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

crawl

(腹ばいで)『はう』,はって進む

〈人・乗物・時間・仕事などが〉『のろのろと進む』

(はい回む虫などで)うじゃうじゃしている,うようよしている《+『with』+『名』》

(虫がはっているかのように)むずむずする

《話》(人に)取り入る《+『into』+『名』》

《a ~》はうこと;のろのろ歩き,徐行

《通例the ~》クロール泳法

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

survivor

生存者

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

heart attack

心臓発作,心臓まひ

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

関連動画