TED日本語 - サルヴァトーレ・ヤコネッシ: がん治療をオープンソースで公募したら・・・

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

脳腫瘍と診断されたサルヴァトーレ・ヤコネッシは、受け身な患者 ― 彼自身の定義では「待つだけの人」 ― でいることを拒否。脳スキャン画像をハッキングして手に入れ、インターネットで公開し、世界中あらゆる場所から治療法を公募したところ、医療アドバイスからアート、音楽、心理的サポートまで、何と50万人を超える人々の協力が寄せられたのでした。

Script

これは かつての私の脳腫瘍です いい感じでしょう? (笑) いい感じっていうのは 「かつて」の部分がですよ いやー危なかった! (拍手)

脳にがんが見つかったとき ご想像のとおり 非常にショックでした がんのことは何も知りませんでした 西洋文化の風潮として がんが見つかった患者は ある意味本人がいないかのような 扱いをされ始めます 複雑な人間としての自分自身は消え 医療データが全てになります スキャン画像、検査、分析結果 処方薬などに埋もれてしまうのです 周りの皆の態度も変わります 突然 人というより病気そのものとして 接し始めます 医者はあなたにはわからない 専門用語で喋り出し あちこち指さし始めます あなたの体やスキャン画像など 様々です 家族友人も変わり始めます 病気のことばかりに気が行き 人としてのあなたを 忘れてしまいます 出会いがしらに 「先生は何て言ったの?」 挨拶もなしに こんな感じになります

その間 本人は 誰も答えられない疑問に さいなまれます 「~はできるのか?」という疑問です 「がんでも働いていいのか?」 「勉強は?」「セックスは?」 「新しいことを考えてもいいのか?」 「こんな目に遭うなんて 私が何をしたというのか?」 「生活習慣を変えても いいのだろうか?」 「何かできることはないだろうか? 他に選択肢は?」 こういった疑問ですね

そして当然 このシナリオ下では 医者は患者の味方です 医療のプロであり 一生懸命 あなたを治そうとしているのですから しかし同時に医者は非常に沢山の 患者に接してきたため 慣れが生じ 一個人としての患者にとって 病院通いは苦痛であることを忘れてしまい 「patient(患者)」は 「辛抱強い」という意味の通り 「待ち続ける人」 になってしまいます (笑) 状況は変わりつつありますが 従来の慣わしでは 患者は治療に一切関与せず 現状も知らされず 家族友人も関わらせてもらえず 治療の過程で起こりうる リスクを最小化するための 生活習慣の変え方を 教えてもらえたりもしません では何をするかというと ひたすら待つしかない 高度な専門家だけど赤の他人からなるチームに 運命を握られているわけです

私の時は 病院で自分のがんの画像を 印刷してもらい がんに話しかけました ― 手に入れるのは大変でしたよ 患者は普通 がんの写真が欲しいなど 言ったりしませんから ― 私はがんに語りかけました 「がんよ 君だけが私のすべてではない 私という人間はもっと複雑なんだ 治療法が何であっても 人間としての私全体を見るべきだ」 というわけで翌日 医者の薦めを無視して退院しました 私自身とがんとの関わりを 変えてやる また このがんについて もっと調べたうえでないと 手術のような大掛かりな治療は 受けないぞと心に決めていました

私はアーティストです 仕事の一環で オープンソース技術や 一般公開情報などを 組み合わせて利用しています 私が考えた最善のがん対策は 全てを公開し さらけ出し 誰もがその情報を手に入れ 利用できるようにすることでした 『La Cura』という ウェブサイトを作り そこに自分の医療データを オンライン掲載しました 実はハッキングで手に入れたデータです まあその件については別の講演で お話しするとして (笑) 「La Cura」という言葉を選んだのは ― イタリア語で「治療法」という意味ですが ― 「治療法」という言葉の意味は 文化によって変わるものだからです 西洋では 病気を駆逐したり 患部を回復させるという意味ですが 他の文化では 例えばアジアのある地域や 地中海地域、ラテン系の国や アフリカなどでは もっと沢山の意味を持っていたりします

もちろん 医者の意見は 聞くつもりでしたよ 医療機関などにもね しかし他にも アーティストや詩人や デザイナーが提案する治療法や ミュージシャンなんかの意見も 参考にしたかったのです 他人との交流を通じた治し方 心理療法的なものだったり スピリチュアルだったり 情意面でのアプローチなど あらゆる形での治療法を 募集したのです

それでどうなったかというと かなりうまくいきました 『La Cura』ウェブサイトは あっという間に広がり イタリア国内や海外の メディア各方面から注目され あっという間に50万人以上から 連絡がありました Eメール、ソーシャルネットワーク ― ほとんどは私のがんの治療法に ついてでしたが もっと多かったのが 一個人全体として自分で自分を 治すためのアドバイスでした 何千ものビデオが送られてきました 画像、写真、アートパフォーマンスなどが創られ 『La Cura』に届いたのです この写真のパフォーマンスは フランチェスカ・フィニによるものです パトリック・リヒティという アーティストは 私の腫瘍の3D彫刻を創り Thingiverseというサイトで 売りに出しました 私のがんを欲しい人は 買えるというわけです (笑) これって ある意味 いいことだと思いませんか 私たちはがんさえも 共有できるのです

こういったやりとりが しばらく続きました 科学者に 東洋医学の専門家に 何人もの学者や医者達 ― 皆が助言をしようと 連絡してきてくれました たくさんの情報と協力の中 一つのチームが 出来上がったのです 脳外科医や 東洋医学の医師 がん専門医が何名か そして 何百人ものボランティア このチームとの間で 寄せられた情報について 話し合うことができました 非常に大事なことです そしてチーム皆で一緒に 私だけの治療戦略を立てました 様々な言語で書かれ 様々な文化に基づいたものです こうして出来上がった戦略は 世界中を股にかけ 人間の歴史数千年を 反映したものとなりました これは私にとって 本当にすごいことでした [手術]

続くMRIスキャンの結果 幸運にもがんはほとんど成長しておらず おかげで選ぶ時間が十分ありました 担当してもらいたい医師を選び 入院したい病院を選び この間 何千人もの人々が 支えてくれました 私をかわいそうだと思う人は 誰もいませんでした 誰もが 私がよくなるために 主体的に何かができると 思って動いてくれました そこが『La Cura』で 最も重要な面でした

結果はというと ご覧の通り 私はピンピンしてます (拍手) そして素晴らしい朗報があります 手術の後 ― 私のがんは非常にグレードの低い 神経膠腫でした がんの中でもいわば良性のもので あまり大きくなりません それから私の人生も生活習慣も すっかり変わりました 私がしたことをまとめると 手術を受けるほんの数分前までに至る

自分の関与の仕方を よく考えてデザインしたということです 手術はかなり大変でしたよ 脳に電極が幾つも複雑に 埋め込まれました 頭のこっち側からです 脳が司る機能マップを 作り上げるのが目的でした 手術の直前 私の脳の機能マップについて話して どういうリスクがあるのか 何か避けたいことがあるかどうか 医師と相談することができました 起こったら嫌なことは 当然ありますからね [情報の公開性]

この情報の公開性こそが 『La Cura』の中核でした 何千人もの人が 自分の経験談を 共有してくれました 医師は 通常ならがんについての 意見を聞くことのないような人々と 対話する機会があったわけです このプロジェクトは 様々な言語間を絶えず行き来しながら 自然に成長を続けています ここは科学と感情が同居し 現代医学と伝統的医学それぞれの研究が 混ざり合う場所なのです [社会]

『La Cura』で最も重要視されたのが 一つ一つの要素全ての健全さが 全体の健全さを左右する社会 全員が深く関与し繋がりあう社会の 一部であるという実感を得ることでした このプロジェクトの集大成は オープンソースのがん治療法ですが こう感じてもいます 私個人に対する治療法が 皆への治療法にもなった と

ありがとうございました

(拍手)

This back here was my brain cancer. Isn't it nice? (Laughter) The key phrase is "was," phew. (Applause)

Having brain cancer was really, as you can imagine, shocking news for me. I knew nothing about cancer. In Western cultures, when you have cancer, it's as if you disappear in a way. Your life as a complex human being is replaced by medical data: Your images, your exams, your lab values, a list of medicines. And everyone changes as well. You suddenly become a disease on legs. Doctors start speaking a language which you don't understand. They start pointing their fingers at your body and your images. People start changing as well because they start dealing with the disease, instead of with the human being. They say, "What did the doctor say?" before even saying, "Hello."

And in the meanwhile, you're left with questions to which nobody gives an answer. These are the "Can I?" questions: Can I work while I have cancer? Can I study? Can I make love? Can I be creative? And you wonder, "What have I done to deserve this?" You wonder, "Can I change something about my lifestyle?" You wonder, "Can I do something? Are there any other options?"

And, obviously, doctors are the good guys in all these scenarios, because they are very professional and dedicated to curing you. But they also are very used to having to deal with patients, so I'd say that they sometimes lose the idea that this is torture for you and that you become, literally, a patient -- "patient" means "the one who waits." (Laughter) Things are changing, but classically, they tend to not engage you in any way to learn about your condition, to get your friends and family engaged, or showing you ways in which you can change your lifestyle to minimize the risks of what you're going through. But instead, you're forced there to wait in the hands of a series of very professional strangers.

While I was in the hospital, I asked for a printed-out picture of my cancer and I spoke with it. It was really hard to obtain, because it's not common practice to ask for a picture of your own cancer. I talked to it and I said, "Okay, cancer, you're not all there is to me. There's more to me. A cure, whichever it is, will have to deal with the whole of me." And so, the next day, I left the hospital against medical advice. I was determined to change my relationship with the cancer and I was determined to learn more about my cancer before doing anything as drastic as a surgery.

I'm an artist, I use several forms of open-source technologies and open information in my practice. So my best bet was to get it all out there, get the information out there, and use it so that it could be accessed by anyone. So I created a website, which is called La Cura, on which I put my medical data, online. I actually had to hack it and that's a thing which we can talk about in another speech. (Laughter) I chose this word, La Cura -- La Cura in Italian means "the cure" -- because in many different cultures, the word "cure" can mean many different things. In our Western cultures, it means eradicating or reversing a disease, but in different cultures, for example, a culture from Asia, from the Mediterranean, from Latin countries, from Africa, it can mean many more things.

Of course, I was interested in the opinions of doctors and healthcare providers, but I was also interested in the cure of the artist, of the poet, of the designer, of, who knows, the musicians. I was interested in the social cure, I was interested in the psychological cure, I was interested in the spiritual cure, I was interested in the emotional cure, I was interested in any form of cure.

And, it worked. The La Cura website went viral. I received lots of media attention from Italy and from abroad and I quickly received more than 500,000 contacts -- emails, social networking -- most of them were a suggestion on how to cure my cancer, but more of them were about how to cure myself as a full individual. For example, many thousands of videos, images, pictures, art performances were produced for La Cura. For example, here we see Francesca Fini in her performance. Or, as artist Patrick Lichty has done: He produced a 3D sculpture of my tumor and put it on sale on Thingiverse. Now you can have my cancer, too! (Laughter) Which is a nice thing, if you think about it, we can share our cancer.

And this was going on -- scientists, the traditional medicine experts, several researchers, doctors -- all connected with me to give advice. With all this information and support, I was able to form a team of several neurosurgeons, traditional doctors, oncologists, and several hundred volunteers with whom I was able to discuss the information I was receiving, which is very important. And together, we were able to form a strategy for my own cure in many languages, according to many cultures. And the current strategy spans the whole world and thousands of years of human history, which is quite remarkable for me. [ Surgery ]

The follow-up MRIs showed, luckily, little to no growth of the cancer. So I was able to take my time and choose. I chose the doctor I wanted to work with, I chose the hospital I wanted to stay in, and in the meanwhile, I was supported by thousands of people, none of whom felt pity for me. Everyone felt like they could take an active role in helping me to get well, and this was the most important part of La Cura.

What are the outcomes? I'm fine, as you can see, pretty fine. (Applause) I have excellent news: After the surgery -- I have -- I had a very low-grade glioma, which is a "good" kind of cancer which doesn't grow a lot. I have completely changed my life and my lifestyle. Everything I did was thoughtfully designed to get me engaged.

Up until the very last few minutes of the surgery, which was very intense, a matrix of electrodes was implanted in my brain from this side, to be able to build a functional map of what the brain controls. And right before the operation, we were able to discuss the functional map of my brain with the doctor, to understand which risks I was running into and if there were any I wanted to avoid. Obviously, there were. [ Open ]

And this openness was really the fundamental part of La Cura. Thousands of people shared their stories, their experiences. Doctors got to talk with people they don't usually consult when they think about cancer. I'm a self-founding, continuous state of translation among many different languages, in which science meets emotion and conventional research meets traditional research. [ Society ]

The most important thing of La Cura was to feel like a part of a really engaged and connected society whose wellness really depends on the wellness of all of its components. This global performance is my open-source cure for cancer. And from what I feel, it's a cure for me, but for us all.

Thank you.

(Applause) .

This back here was my brain cancer.//

これは かつての私の脳腫瘍です

Isn't it nice?//

いい感じでしょう?

(笑)

The key phrase is "was,/"/ phew.//

いい感じっていうのは 「かつて」の部分がですよ いやー危なかった!

(拍手)

Having brain cancer was really,/ as you can imagine,/ shocking news/ for me.//

脳にがんが見つかったとき ご想像のとおり 非常にショックでした

I knew nothing/ about cancer.//

がんのことは何も知りませんでした

In Western cultures,/ when you have cancer,/ it's/ as if you disappear in a way.//

西洋文化の風潮として がんが見つかった患者は ある意味本人がいないかのような 扱いをされ始めます

Your life/ as a complex human being is replaced by medical data:/ Your images,/ your exams,/ your lab values,/ a list of medicines.//

複雑な人間としての自分自身は消え 医療データが全てになります スキャン画像、検査、分析結果 処方薬などに埋もれてしまうのです

And everyone changes/ as well.//

周りの皆の態度も変わります

You suddenly become a disease/ on legs.//

突然 人というより病気そのものとして 接し始めます

Doctors start speaking/ a language/ which you don't understand.//

医者はあなたにはわからない 専門用語で喋り出し

They start pointing/ their fingers/ at your body and your images.//

あちこち指さし始めます あなたの体やスキャン画像など 様々です

People start changing/ as well/ because they start dealing/ with the disease,/ instead of with the human being.//

家族友人も変わり始めます 病気のことばかりに気が行き 人としてのあなたを 忘れてしまいます

They say,/ "What did the doctor say?"//

出会いがしらに 「先生は何て言ったの?」

before even/ saying,/ "Hello."//

挨拶もなしに こんな感じになります

And/ in the meanwhile,/ you're left with questions/ to/ which nobody gives an answer.//

その間 本人は 誰も答えられない疑問に さいなまれます

These are the "Can I?"// questions:/ Can I work/ while I have cancer?//

「~はできるのか?」という疑問です 「がんでも働いていいのか?」

Can I study?// Can I make love?// Can I be creative?//

「勉強は?」「セックスは?」 「新しいことを考えてもいいのか?」

And you wonder,/ "What have I done to deserve this?"//

「こんな目に遭うなんて 私が何をしたというのか?」

You wonder,/ "Can I change something/ about my lifestyle?"//

「生活習慣を変えても いいのだろうか?」

You wonder,/ "Can I do something?//

「何かできることはないだろうか?

Are there any other options?"//

他に選択肢は?」 こういった疑問ですね

And,/ obviously,/ doctors are the good guys/ in all these scenarios,/ because they are very professional/ and dedicated to curing you.//

そして当然 このシナリオ下では 医者は患者の味方です 医療のプロであり 一生懸命 あなたを治そうとしているのですから

But they also are very used to having to deal/ with patients,/ so I'd say/ that they sometimes lose the idea/ that this is torture/ for you/ and/ that you become,/ literally,/ a patient --/ "patient"/ means "the one/ who waits."//

しかし同時に医者は非常に沢山の 患者に接してきたため 慣れが生じ 一個人としての患者にとって 病院通いは苦痛であることを忘れてしまい 「patient(患者)」は 「辛抱強い」という意味の通り 「待ち続ける人」 になってしまいます

(笑)

Things are changing,/ but classically,/ they tend to not engage you/ in any way/ to learn about your condition,/ to get your friends and family engaged,/ or showing you ways/ in which you can change your lifestyle/ to minimize the risks of what you're going/ through.//

状況は変わりつつありますが 従来の慣わしでは 患者は治療に一切関与せず 現状も知らされず 家族友人も関わらせてもらえず 治療の過程で起こりうる リスクを最小化するための 生活習慣の変え方を 教えてもらえたりもしません

But instead,/ you're forced there/ to wait in the hands of a series of very professional strangers.//

では何をするかというと ひたすら待つしかない 高度な専門家だけど赤の他人からなるチームに 運命を握られているわけです

While I was in the hospital,/ I asked for a printed-out picture of my cancer/ and I spoke with it.//

私の時は 病院で自分のがんの画像を 印刷してもらい がんに話しかけました ―

It was really hard/ to obtain,/ because it's not common practice/ to ask for a picture of your own cancer.//

手に入れるのは大変でしたよ 患者は普通 がんの写真が欲しいなど 言ったりしませんから ―

I talked to it and I said,/ "Okay,/ cancer,/ you're not all/ there is to me.//

私はがんに語りかけました 「がんよ 君だけが私のすべてではない

There's more/ to me.//

私という人間はもっと複雑なんだ

A cure,/ whichever it is,/ will have to deal/ with the whole of me."//

治療法が何であっても 人間としての私全体を見るべきだ」

And so,/ the next day,/ I left the hospital/ against medical advice.//

というわけで翌日 医者の薦めを無視して退院しました

I was determined to change/ my relationship/ with the cancer/ and I was determined to learn/ more/ about my cancer/ before doing anything as drastic/ as a surgery.//

私自身とがんとの関わりを 変えてやる また このがんについて もっと調べたうえでないと 手術のような大掛かりな治療は 受けないぞと心に決めていました

I'm an artist,/ I use several forms of open-source technologies and open information/ in my practice.//

私はアーティストです 仕事の一環で オープンソース技術や 一般公開情報などを 組み合わせて利用しています

So my best bet was to get it all out there,/ get the information out there,/ and use it/ so that it could be accessed by anyone.//

私が考えた最善のがん対策は 全てを公開し さらけ出し 誰もがその情報を手に入れ 利用できるようにすることでした

So I created a website,/ which is called La Cura,/ on which I put my medical data,/ online.//

『La Cura』という ウェブサイトを作り そこに自分の医療データを オンライン掲載しました

I actually had to hack/ it/ and that's a thing/ which we can talk about/ in another speech.//

実はハッキングで手に入れたデータです まあその件については別の講演で お話しするとして

(笑)

I chose this word,/ La Cura --/ La Cura/ in Italian means "the cure" --/ because in many different cultures,/ the word "cure"/ can mean many different things.//

「La Cura」という言葉を選んだのは ― イタリア語で「治療法」という意味ですが ― 「治療法」という言葉の意味は 文化によって変わるものだからです

In our Western cultures,/ it means eradicating or reversing/ a disease,/ but in different cultures,/ for example,/ a culture/ from Asia,/ from the Mediterranean,/ from Latin countries,/ from Africa,/ it can mean many more things.//

西洋では 病気を駆逐したり 患部を回復させるという意味ですが 他の文化では 例えばアジアのある地域や 地中海地域、ラテン系の国や アフリカなどでは もっと沢山の意味を持っていたりします

Of course,/ I was interested/ in the opinions of doctors and healthcare providers,/ but I was also interested/ in the cure of the artist,/ of the poet,/ of the designer,/ of,/ who knows,/ the musicians.//

もちろん 医者の意見は 聞くつもりでしたよ 医療機関などにもね しかし他にも アーティストや詩人や デザイナーが提案する治療法や ミュージシャンなんかの意見も 参考にしたかったのです

I was interested/ in the social cure,/ I was interested/ in the psychological cure,/ I was interested/ in the spiritual cure,/ I was interested/ in the emotional cure,/ I was interested/ in any form of cure.//

他人との交流を通じた治し方 心理療法的なものだったり スピリチュアルだったり 情意面でのアプローチなど あらゆる形での治療法を 募集したのです

And,/ it worked.//

それでどうなったかというと かなりうまくいきました

The La Cura website went viral.//

『La Cura』ウェブサイトは あっという間に広がり

I received lots of media attention/ from Italy/ and/ from abroad/ and I quickly received more than 500,000 contacts --/ emails,/ social networking --/ most of them were a suggestion/ on how to cure my cancer,/ but more of them were about how to cure myself/ as a full individual.//

イタリア国内や海外の メディア各方面から注目され あっという間に50万人以上から 連絡がありました Eメール、ソーシャルネットワーク ― ほとんどは私のがんの治療法に ついてでしたが もっと多かったのが 一個人全体として自分で自分を 治すためのアドバイスでした

For example,/ many thousands of videos,/ images,/ pictures,/ art performances were produced for La Cura.//

何千ものビデオが送られてきました 画像、写真、アートパフォーマンスなどが創られ 『La Cura』に届いたのです

For example,/ here/ we see Francesca Fini/ in her performance.//

この写真のパフォーマンスは フランチェスカ・フィニによるものです

Or,/ as artist Patrick Lichty has done:/ He produced a 3D sculpture of my tumor/ and put it/ on sale/ on Thingiverse.//

パトリック・リヒティという アーティストは 私の腫瘍の3D彫刻を創り Thingiverseというサイトで 売りに出しました

Now/ you can have my cancer,/ too!//

私のがんを欲しい人は 買えるというわけです

(笑)

Which is a nice thing,/ if you think about it,/ we can share our cancer.//

これって ある意味 いいことだと思いませんか 私たちはがんさえも 共有できるのです

And this was going on --/ scientists,/ the traditional medicine experts,/ several researchers,/ doctors --/ all connected with me/ to give advice.//

こういったやりとりが しばらく続きました 科学者に 東洋医学の専門家に 何人もの学者や医者達 ― 皆が助言をしようと 連絡してきてくれました

With all this information and support,/ I was able to form a team of several neurosurgeons,/ traditional doctors,/ oncologists,/ and several hundred volunteers/ with whom I was able to discuss the information/ I was receiving,/ which is very important.//

たくさんの情報と協力の中 一つのチームが 出来上がったのです 脳外科医や 東洋医学の医師 がん専門医が何名か そして 何百人ものボランティア このチームとの間で 寄せられた情報について 話し合うことができました 非常に大事なことです

And together,/ we were able to form a strategy/ for my own cure/ in many languages,/ according/ to many cultures.//

そしてチーム皆で一緒に 私だけの治療戦略を立てました 様々な言語で書かれ 様々な文化に基づいたものです

And the current strategy spans the whole world and thousands of years of human history,/ which is quite remarkable/ for me.//

こうして出来上がった戦略は 世界中を股にかけ 人間の歴史数千年を 反映したものとなりました これは私にとって 本当にすごいことでした

[ Surgery ]/ The follow-up MRIs showed,/ luckily,/ little/ to no growth of the cancer.//

[手術] 続くMRIスキャンの結果 幸運にもがんはほとんど成長しておらず

So I was able to take my time and choose.//

おかげで選ぶ時間が十分ありました

I chose the doctor/ I wanted to work/ with,/ I chose the hospital/ I wanted to stay in,/ and in the meanwhile,/ I was supported by thousands of people,/ none of whom felt pity/ for me.//

担当してもらいたい医師を選び 入院したい病院を選び この間 何千人もの人々が 支えてくれました 私をかわいそうだと思う人は 誰もいませんでした

Everyone felt/ like they could take an active role/ in helping me/ to get well,/ and this was the most important part of La Cura.//

誰もが 私がよくなるために 主体的に何かができると 思って動いてくれました そこが『La Cura』で 最も重要な面でした

What are the outcomes?//

結果はというと

I'm fine,/ as you can see,/ pretty fine.//

ご覧の通り 私はピンピンしてます

(拍手)

I have excellent news:/ After the surgery --/ I have --/ I had a very low-grade glioma,/ which is a "good"/ kind of cancer/ which doesn't grow a lot.//

そして素晴らしい朗報があります 手術の後 ― 私のがんは非常にグレードの低い 神経膠腫でした がんの中でもいわば良性のもので あまり大きくなりません

I have completely changed my life and my lifestyle.//

それから私の人生も生活習慣も すっかり変わりました

Everything/ I did/ was thoughtfully designed to get me engaged.//

私がしたことをまとめると 手術を受けるほんの数分前までに至る

Up/ until the very last few minutes of the surgery,/ which was very intense,/ a matrix of electrodes was implanted in my brain/ from this side,/ to be able to build a functional map of what the brain controls.//

自分の関与の仕方を よく考えてデザインしたということです 手術はかなり大変でしたよ 脳に電極が幾つも複雑に 埋め込まれました 頭のこっち側からです 脳が司る機能マップを 作り上げるのが目的でした

And right/ before the operation,/ we were able to discuss the functional map of my brain/ with the doctor,/ to understand/ which risks/ I was running into and/ if there were any I wanted to avoid.//

手術の直前 私の脳の機能マップについて話して どういうリスクがあるのか 何か避けたいことがあるかどうか 医師と相談することができました

Obviously,/ there were.//

起こったら嫌なことは 当然ありますからね

[ Open ]/ And this openness was really the fundamental part of La Cura.//

[情報の公開性] この情報の公開性こそが 『La Cura』の中核でした

Thousands of people shared their stories,/ their experiences.//

何千人もの人が 自分の経験談を 共有してくれました

Doctors got to talk/ with people/ they don't usually consult/ when they think about cancer.//

医師は 通常ならがんについての 意見を聞くことのないような人々と 対話する機会があったわけです

I'm a self-founding, continuous state of translation/ among many different languages,/ in which science meets/ emotion and conventional research meets traditional research.//

このプロジェクトは 様々な言語間を絶えず行き来しながら 自然に成長を続けています ここは科学と感情が同居し 現代医学と伝統的医学それぞれの研究が 混ざり合う場所なのです

[ Society ]/ The most important thing of La Cura was to feel like a part of a really engaged and connected society/ whose wellness really depends on the wellness of all of its components.//

[社会] 『La Cura』で最も重要視されたのが 一つ一つの要素全ての健全さが 全体の健全さを左右する社会 全員が深く関与し繋がりあう社会の 一部であるという実感を得ることでした

This global performance is my open-source cure/ for cancer.//

このプロジェクトの集大成は オープンソースのがん治療法ですが

And from what I feel,/ it's a cure/ for me,/ but for us all.//

こう感じてもいます 私個人に対する治療法が 皆への治療法にもなった と

Thank you.//

ありがとうございました

(Applause) .//

(拍手)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

laughter

『笑い』,笑い声

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

phew

ちぇっ(いらだち・驚き・不快・嫌悪などを表す声);ふう‐(疲労・安堵(あんど)などを表す声)

applause

『拍手かっさい』;称賛

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

human being

人,人間

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

datum

dataの単数形

既知の事実

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

exam

試験

lab

実験室(laboratory)

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

suddenly

『突然に』,だしぬけに

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

instead

『その代りとして』,それよりも

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

meanwhile

=meantime

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

make love

セックスする、性行為をする、性交する、愛の営みをする : 「make love to 誰々」「誰々とセックスをする」:「make love with」の用法は1990年くらいから少しずつ使われるようになりましたが、「make love to」の方が圧倒的に主流です。

creative

『創造力のある』

『独創的な』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

lifestyle

生き方,生きざま

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

obviously

明らかに,明白に

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

torture

…‘を'『拷問にかける』

(…で)…‘を'『ひどく苦しめる(悩ませる)』《+名+with+名(doing)》

〈U〉『拷問』,ひどく苦しめること

〈U〉〈C〉(心身の)苦痛

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

waits

(クリスマスの夜,家々を回る)聖歌隊

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

hospital

『病院』

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

okay

=OK,O.K.

whichever

《関係代名詞》《先行詞を含んで》『…するどれでも』(どちらでも)

《譲歩節を導いて》『どてら(どれ)が(を)…しでも』

《話》《which の強調形として》『いったいどちらが(を)』

《関係形容詞》『どちらの(どの)…でも』

《譲歩前節を導いて》『どちらの(どの)…が(を)…しても』

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

drastic

思い切った,徹底的な

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

Italian

〈C〉『イタリア人』

〈U〉『イタリア語』

イタリアの;イタリア人の;イタリア語の

eradicate

…を根絶する,完全に取り除く

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

Asia

『アジア』

Mediterranean

=Mediterranean Sea

地中海地方

『地中海の』;地中海地方[の住民]特有の

Latin

〈U〉(古代ローマで用いた)『ラテン語』

〈C〉(古代ローマに住んでいた)ラティウム人,古代ローマ人

〈C〉ラテン[系]民族の人

『ラテン語の』

ラテン系民族の;ロマンス語族の言語を使う民族(諸国)の

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

provider

供給者

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

designer

『設計者』,デザイナー

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

abroad

『海外へ(で)』,『外国に(で)』

《古》戸外へ

『広く』;(うわさなどが)『広まって』

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

Patrick

聖パトリック(Saint(St.)~;389?;イギリスの伝道師でアイルランドのキリスト教布教に力を注ぎ,その守護聖人となる)

sculpture

〈U〉『彫刻』,彫刻術

〈C〉『彫刻品』,《集合的に》彫刻作品

〈石・柱など〉‘に'彫刻する,‘を'彫刻で飾る

…‘を'像(模様など)を作る

(浸食で)〈岩など〉‘を'彫刻したように変形させる

彫刻する

sale

〈U〉〈C〉(…の)『販売』,売却,売れ行き,需要《+『of』(『for』)+『名』》

〈C〉『特売』,安売り

《複数形で》販売[の仕事];売り上げ[高]

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

researcher

研究者,調査員

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

follow-up

追求;追跡調査;(新聞などの)追いかけ記事

後を追う,重ねて行う

luckily

『運よく』,幸運にも

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

pity

〈U〉(…に対する)『あわれみ』,同情《+『for』+『名』》

〈C〉『残念』(『遺憾』)『なこと』,惜しいこと,気の毒なこと

(…で)…‘を'『気の毒に思う』,あわれむ,‘に'同情する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

completely

『完全に』,全く,十分に

thoughtfully

思いやり深く;考え込んで;注意深く

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

engaged

《補語にのみ用いて》(…に)忙しい《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《英》(電話などが)話し中の,ふさがっている(《米》busy)

《補語にのみ用いて》約束済みの

婚約中の

交戦中の

(歯車が)かみ合った

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

matrix

(複数形 matrices, ~・es)(発生・成長の)母体

鋳型・模型;(レコードの)原盤;(活字の)母型,字母

(金属・化石・宝石などの含んだ)母岩・《古》子宮・基盤; (細胞)細胞間質; (地学)基質; (印)字母; 紙型; 鋳型; (鉱)母岩; (数)行列; (コンピュータ)マトリックス (入力導線と出力導線の回路網); (言)母型文 (matrix sentence)

electrode

電極

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

consult

(…についての意見,情報などを)…‘に'『頼る』,求める,相談する《+『名』+『about』(『on』,『for』)+『名』》

〈人の感情・都合・利害など〉'を'考慮に入れる

(…について…と)『相談する』,協議する《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

(会社などの)顧問(コンサルタント)として働く《+『for』+『名』》

continuous

(時間的・空間的に)『切り目なく続く』;続けざまの,途切れない

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

component

構成している,成分の

構成要素,成分

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

関連動画