TED日本語 - ソフィー・スコット: なぜ私たちは笑うのか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

人は独りでいる時より、誰かと一緒の時の方が、30倍も多く笑うことを知っていましたか?認知神経科学者のソフィー・スコットによる、早口でアクション満載、そして、もちろん笑いの渦を巻き起こすトークが、笑いの科学に関する驚くべき事実を教えてくれます。

Script

今日は「笑い」について お話しします ここから始めましょう ― おそらく私が生まれて初めて 笑いに気づいたのは まだ子供の頃 6歳にもなってなかったかな たまたま両親の 珍しい姿を見ました 笑っていたんです それはもう 大爆笑で 床に寝転がって 笑っていたんです ギャーギャー言って笑っていました 何が可笑しいのか分からないのに 私もそこに加わって 一緒に笑いたくなりました それで端のほうに座って 「ホウ ホウ!」って (笑) ちなみに 両親が笑っていたものは 当時の流行歌です 列車のトイレにある貼り紙を もじったもので 列車のトイレでしていいこと いけないことについての歌です ご存じだと思いますが 私たちイギリス人は ユーモアのセンスが 非常に洗練されてますからね (笑)

でも当時は 何も分かりませんでした その笑いが気になっただけでした でも神経科学者として 再び笑いに注目するようになりました 笑うという行動は すごく変なことなんです これからいくつかお見せするのは 人間が実際に笑う様子です 人の笑い声が 音としてはいかに奇妙で いかに原始的かを 考えてほしいのです 話し声よりは動物の鳴き声に ずっと近いんです では いくつかの笑いを見てみましょう 最初のはかなり楽しそうですよ

(ビデオ:笑い声)

次のこの人は 息を吸わなきゃね ここで皆さんにも言いましょう 皆さんも息を吸ってくださいね だってこの人 息を吐き出してるだけみたい

(ビデオ:笑い声)

これは編集なしです 彼の笑い声そのものです

(ビデオ:笑い声) (笑)

最後に これは女性の笑い声です 笑いはノイズという角度から捉えると また違った見方ができます (笑い声) 彼女はフランス語でこう言ってます 「ちょっと! 何これ?」 私たちも全く同感ね 分かんないわ

さて 笑いを理解するには ある身体部位に目をやる必要があります 心理学者や神経科学者は普通 あまり時間をかけて見ない部位 ― 胸郭です それほどワクワクしませんね でも実は 人間は常時 胸郭を使っています 胸郭で常時行われていて 止むことのないもの ― それは呼吸です 肋間筋という 肋骨の間の筋肉を使って 空気を肺に吸い込み 吐き出すために 胸郭を拡張したり 収縮したりさせるんです もし胸の上から ストラップのような 呼吸ベルトを巻いて その動きを見てみると かなり安定した正弦波になります これが呼吸なんです 常時行われているもので 止むことはありません 話し始めるとすぐに 呼吸の使い方は全く変わります 今私がしているのは こっちに近いんです 話している時 胸郭のこの精巧な動きが 息を外に絞り出すんです 実は 私たちはこれをできる 唯一の動物です だから人間は 話ができるんです

さて 話すことと呼吸には 不倶戴天の敵がいます それが 笑いです なぜなら笑っている時には この同じ筋肉が非常に規則的に 収縮を始めるからです このように すごいジグザグになります 息を絞り出しているんです これこそがまさに声を出す 基本的な仕組みです 誰かを上から踏みつけても 同じ現象が見られますよ 息を絞り出しているんです この収縮1つ1つが 「ハッ!」という声になります そしてこの収縮が重なって起きると このようなけいれんが起きます こんな(ゼーゼー)声が出るのは この時です 私ものすごく上手なのよ これ (笑)

現状では 笑いに関する科学的知見は あまり多くありませんが 私たちが知っていたつもりでいた 大半のことが 間違いだったことは 明らかになっています 例えば 人はよくこう言いますね 「人間は笑う唯一の動物だ」 ニーチェはそう考えていました 実際には 哺乳類なら 皆笑えるんです 詳しい記述や観察例が多いのは 霊長類です さらにネズミでも見られます いずれの場合でも ― 人間でも それ以外の霊長類でも ネズミでも ― くすぐった時などに 笑いを観察できます 人間の場合も同じです 笑いは遊びの中で起こりますし 全ての哺乳類は遊びます どんな場合でも 相互交流を伴っているんです このことを研究してきた ロバート・プロヴァィンによると 人がより多く笑うのは 独りでいる時より 誰かと一緒にいる時で その差は30倍だそうです 大部分の笑いは 会話などの 他者との交流の中で起きます ですから誰かに 「どんな時に笑う?」と尋ねると コメディとかユーモア 冗談なんかを 挙げるでしょう 人が笑っている様子を見ると 彼らは友達と一緒に笑っています 私たちが誰かといて笑うのは 本当に冗談が面白いからではありません 「理解してますよ」と 笑いによって示しているのです 相手に賛同していて 同じグループの一員だよと 相手への好意を示すために 笑っているんです 愛情でさえあるかもね 会話しながら こんなことを全部やっているなんて 笑いとは たくさんの感情が 用いられる活動なんです こんなふうに プロヴァイン氏が指摘したこと それから なぜ私たちは 冒頭の可笑しな笑いを聞いて 笑ったのか なぜ私は両親が笑うのを見て 笑ったのか ― その理由は この行動が 強い伝染性をもつからです 誰かの笑いを受け取って 知り合いの誰かにうつすんです ここでも状況によって 笑いが調整されています ユーモアは脇に置いて 対人関係での笑いの意味を 考えてみましょう なぜなら笑いの起源は そこにあるからです

さて私が非常に関心があるのは 笑いに様々な種類があることです 私たちの持つ人の発声に関する 神経生物学的証拠から考えると 笑いには2種類あるようです おバカな歌でひっくり返って笑っていた うちの親の場合みたいに 自分では意図せずに どうしようもなく出てしまう笑いは より礼儀正しくて社会的な笑い ― つまり馬鹿笑いではなく コミュニケーション行動 つまり 対人交流の一環で 意図的に行われる笑いとは 神経生物学的基盤が 異なる可能性があります 進化の過程で 2種類の発声法が 発達してきました 意図しない発声の方が 今しているスピーチのような 意図的な発声よりも 原始的なのです ですから笑いに関しても 2つの異なるルーツが想定できるのです

そこで これをより詳しく 検討してきました そのためには 多くの人の笑い声を 録音する必要がありました それで人を笑わせるべく あらゆる手段を試みました さらにその同一人物に 作りものの 愛想笑いもお願いしました あなたの友達が 冗談を言ったとします あなたが笑うのは 友達を好きだからで 冗談がそこまで面白いからという わけではありません ではそのいくつかを お聞かせしましょう 皆さん教えてください この笑いは本物だと思うか それとも愛想笑いだと思うか つまり思わず出た笑いか 意図的な笑いか

(ビデオ:笑い声)

この音声はどっちでしょう? 観客:愛想笑い 演者:愛想笑い? 正解 これはどうでしょう

(ビデオ:笑い声)

(笑)

これ私の最高傑作

(笑)(拍手)

実は違うんです これはこらえきれずに出てしまった 笑いなんです 実はこれを録音するのは 簡単でした ある友人が何かを聴いて 無理に笑おうとしている姿を見てたら 自然に笑いがこみあげてきたんです

お分かりになったとおり 人間は本物の笑いか愛想笑いかを 見分けるのが得意なんです 私たちにとっては両者は別物です 面白いことに チンパンジーでも かなり似た傾向が見られます チンパンジーの笑いは くすぐられた時と お互いに遊んでいる時とでは 違うんです これも先程のような 違いかもしれません くすぐられた時に意図せず出る笑いは 社会的な笑いとは違います 音声的にもう大違いです 本物の笑いは長くて ピッチも高いんです 激しく笑い始めると 空気が肺から絞り出されます 意図的に行う時よりも はるかに高い圧力がかかっています 例えば 私が歌う時には こんな高い声は出ません またこんな収縮が始まり 笛を吹いたような 変な音がします これらのことから分かるのは 本物の笑いが至極容易である ― または本物だと簡単に 見分けられることです

それに対して 愛想笑いはちょっと 偽物みたいに聞こえるかもしれません 実際にはそうではなく 重要な社会的手掛かりなんです 私たちは多くの状況で 意図的に笑いますが これは独自の特徴をもつようです 例えば愛想笑いには 鼻音性があります こんな「ハハハハハ」といった音です 思わず笑う時には こんな音は決して出ません ですから実際に この2種類が存在するんです

私たちはスキャナーを用いて 脳がどんなふうに 笑い声に反応するか調べました 実験参加者にとっては ほんと退屈な実験ですよ 本物と愛想笑いを聴いてもらいました 笑いに関する研究だとは 知らせませんでした 目的に気づかれないよう 他の音声も混ぜました 参加者はただ寝転んで 音声を聴いていればいいんです 何をしろとかお願いしません それなのに 本物の笑い または愛想笑いを聞くと 脳は全く異なった反応をするのです もう明らかに違うんです 青く示された部分が 聴覚野にあたる場所にありますが ここは本物の笑いの方に より強く反応する脳の領域です そしてどうやら 意図せずに出る笑いの音は その他の状況では決して聞かれない 特異なもののようです その特異さは明白で そのような聞き慣れない音には より活発な聴覚的処理が 行われると考えられます 対照的に 誰かの愛想笑いを聞くと 本物の笑いの時より ピンクの領域が強く活性化します この領域はメンタライジング つまり 「他者が何を考えているか」 を考えることに関連があります つまりどういうことかというと 脳をスキャンされている時でも ― その間 全く退屈だし それほど面白くもないですけど ― 誰かの「アーハハハハハ」 という笑い声を聞くと なぜ笑っているのかを 知ろうとするんです 笑いには常に 意味があり 皆さんは常に 状況をふまえて それを理解しようとします たとえ 皆さんには その時点で 必ずしも関係がない場合でも その人たちが なぜ笑っているのか 知りたくなります

さて私たちは 様々な年代の人たちが 本物の笑いと愛想笑いを聞く様子を 観察する機会を得ました これは王立協会と共同で行った オンライン実験です ここでは2つだけ質問をしました まず笑いを聞いてもらい それが本物か愛想笑いかを 答えてもらいました 本物の笑いは赤 愛想笑いは青です 発達が急激に始まりますね 成長に伴い 本物の笑いを当てるのが 上手になっていきます 6歳だと偶然程度の正答率なので 違いが分かっているとは言えません 大きくなると もっと上手になります でも面白いことに 成績のピークは このデータセットの場合 30代後半から 40代前半にあることです 思春期に達した時点では まだ笑いの理解が十分ではありません 脳が充分に成熟した10代の終わり頃でも まだ不十分です 笑いは成人期早期全体を通じて 学習され続けるんです

ここで質問を変えて その笑いが 本物か愛想笑いかではなく この笑いがどの位 笑いたくさせるか つまり この笑いがどのくらい伝染するかを 見ると 年齢層が変わります ここでは 若い人ほど 笑いを耳にすると それに加わりたくなる傾向があります 何が起こっているか全く分からないまま 私は両親と笑っていたでしょう? ここでもそれが分かります さて老いも若きも関係なく 本物の笑いは愛想笑いより 伝染的であることが分かっています しかし歳をとるにつれ 伝染性は弱まります 歳をとるほど気難しくなるのか あるいは 笑いをより深く理解できるようになって 対処が上手になるのかもしれませんが 笑いたくなるには 人の笑い声を聞くだけでは足りません 対人的な要素が必要なんです

一般的な思い込みの多くが 誤りであることを示す 非常に興味深い行動が このように見出されてきています しかし 笑いが社会的感情として 重要であること以上の点に 目を向けるべきであることに 私は気づき始めました 人々が笑いに 特別な意味合いを持たせて 活用していることが 分かってきたからです とても魅力的な研究成果を カリフォルニアの ロバート・レヴェンソンの研究室が 発表しました そこでは夫婦関係の 長期的変化を研究しています 彼は夫婦で実験室に来てもらい ストレスを感じる会話を してもらいます その間 彼らはポリグラフにつながれ ストレスの増加がチェックされます つまり 2人に来てもらって 旦那さんの方にこう言うんです 「奥さんにされて 苛々することは何ですか?」 すると即座に ― あなたとバートナーのことが 頭の中をさっと駆け巡り こうなると ご想像どおり 誰でも多少ストレスが増します ストレスのかかった様子は 身体面にも表れます 彼が発見したのは そのストレスに 笑いなどポジティブな感情で 対処する夫婦は ストレスがすぐに軽減するだけでなく 身体的な快適さも増すことでした 彼らはこの不愉快な状況を 一緒に改善したのです そのような夫婦は 夫婦関係の満足度も高く 夫婦生活もより長く 続けていました ですから親密な関係性に 着目する場合 笑いは 実に 素晴らしく有益な指標なのです 笑いは感情をどう「一緒に」 調整しているかを示すからです 私たちは 好意を伝えるために 笑いあっているだけではなく 心地よさを一緒に 生み出しているんです

これは恋愛関係だけに 限ったことではないと思います 友達といる時なども含めた 親密な情緒関係全般の特徴でしょう 次のビデオでこれを説明します これはYouTubeのビデオで 旧東ドイツの若者数人が ヘビメタ・バンドの プロモーションビデオを撮影する様子です すごくマッチョで 真剣極まりない雰囲気 そして皆さん 笑いの点で 何が起きるか見ていてください 物事が悪い方向に展開すると 笑いがいかに瞬く間に生じて 雰囲気を変えるのか

寒そうです これからびしょ濡れになります 水着を着てます タオルに ― そして氷 何が起こるでしょう? 撮影スタート 真剣な雰囲気です 友人たちはもう笑ってます 爆笑ね 彼はまだよ (笑) 今 笑い始めました そして 全員で笑っています (笑) 座り込んじゃってる (笑)

私が実に好きなのは 全て大真面目なところなんです 彼が氷の上に飛び込むまでね そして氷は割れず ― しかも血や骨がそこらに 散らばったりもしていません 友人たちが笑い始めます 想像してみてください もし友人たちが 「いや待てよ お前 骨が折れてるんじゃないか」なんて 楽しく見るどころか ストレスですよね もしくは 彼が明らかに骨折した足で 笑いながら走り回っていて 「ヘンリック 病院に行こう」 と友人たちが言ったら これも愉快ではないでしょう 笑いの力によって 痛くて恥ずかしい 大変な状況が 可笑しくて 楽しく見られるものに 変化します これはすごく興味深い 笑いの活用法ですよね こういうことは 実は 常に起きています

例えば こんな出来事を 思い出します 父の葬儀でのことです パンツ一丁で 氷の上を 跳び回ったんじゃありませんよ 氷で馬鹿騒ぎなんか 私たちはしませんからね (笑)(拍手) 葬式のような行事は いつも難儀です 少し厄介な親戚もいましたしね 母の状態は 良くはありませんでした 私の記憶では 式が始まる直前 私は 70年代のコメディー番組の話を し始めたんです なぜこんな話をしているのか その時は分からなかったんですが あとで分かってきたのは 私は記憶のどこかから 母と一緒に笑えるものを 思いついたんだということです それはれっきとした理由のある とても基本的な反応だったのです 私たちは一緒に笑って この困難を切り抜けられます これで良い方向にいくでしょう

実際 私たちは皆 こういうことを常に行っています あまりに頻繁なので ことさら注意を払いません 皆 自分が思っている以上に 笑っているのです 他の人と笑っている時には 実は ― とても古い進化システムに アクセスしています そのシステムは哺乳類が 他者との絆を形成・維持し 感情をしっかり調整し 快適に過ごすために 進化させてきたものです これは人間だけのものではありません それは古い起源をもつ行動で 感情を調整し より快い気分になるのを 実によく助けてくれるのです

別の言い方をすれば 笑いに関しては あなたも私も 哺乳類にすぎないということです (笑)

ありがとうございました

ありがとう (拍手)

Hi. I'm going to talk to you today about laughter, and I just want to start by thinking about the first time I can ever remember noticing laughter. This is when I was a little girl. I would've been about six. And I came across my parents doing something unusual, where they were laughing. They were laughing very, very hard. They were lying on the floor laughing. They were screaming with laughter. I did not know what they were laughing at, but I wanted in. I wanted to be part of that, and I kind of sat around at the edge going, "Hoo hoo!" (Laughter) Now, incidentally, what they were laughing at was a song which people used to sing, which was based around signs in toilets on trains telling you what you could and could not do in toilets on trains. And the thing you have to remember about the English is, of course, we do have an immensely sophisticated sense of humor. (Laughter)

At the time, though, I didn't understand anything of that. I just cared about the laughter, and actually, as a neuroscientist, I've come to care about it again. And it is a really weird thing to do. What I'm going to do now is just play some examples of real human beings laughing, and I want you think about the sound people make and how odd that can be, and in fact how primitive laughter is as a sound. It's much more like an animal call than it is like speech. So here we've got some laughter for you. The first one is pretty joyful.

(Audio: Laughing)

Now this next guy, I need him to breathe. There's a point in there where I'm just, like, you've got to get some air in there, mate, because he just sounds like he's breathing out.

(Audio: Laughing)

This hasn't been edited; this is him.

(Audio: Laughing) (Laughter)

And finally we have -- this is a human female laughing. And laughter can take us to some pretty odd places in terms of making noises. (Audio: Laughing) She actually says, "Oh my God, what is that?" in French. We're all kind of with her. I have no idea.

Now, to understand laughter, you have to look at a part of the body that psychologists and neuroscientists don't normally spend much time looking at, which is the ribcage, and it doesn't seem terribly exciting, but actually you're all using your ribcage all the time. What you're all doing at the moment with your ribcage, and don't stop doing it, is breathing. So you use the intercostal muscles, the muscles between your ribs, to bring air in and out of your lungs just by expanding and contracting your ribcage, and if I was to put a strap around the outside of your chest called a breath belt, and just look at that movement, you see a rather gentle sinusoidal movement, so that's breathing. You're all doing it. Don't stop. As soon as you start talking, you start using your breathing completely differently. So what I'm doing now is you see something much more like this. In talking, you use very fine movements of the ribcage to squeeze the air out -- and in fact, we're the only animals that can do this. It's why we can talk at all.

Now, both talking and breathing has a mortal enemy, and that enemy is laughter, because what happens when you laugh is those same muscles start to contract very regularly, and you get this very marked sort of zig-zagging, and that's just squeezing the air out of you. It literally is that basic a way of making a sound. You could be stamping on somebody, it's having the same effect. You're just squeezing air out, and each of those contractions -- Ha! -- gives you a sound. And as the contractions run together, you can get these spasms, and that's when you start getting these -- (Wheezing) -- things happening. I'm brilliant at this. (Laughter)

Now, in terms of the science of laughter, there isn't very much, but it does turn out that pretty much everything we think we know about laughter is wrong. So it's not at all unusual, for example, to hear people to say humans are the only animals that laugh. Nietzsche thought that humans are the only animals that laugh. In fact, you find laughter throughout the mammals. It's been well-described and well-observed in primates, but you also see it in rats, and wherever you find it -- humans, primates, rats -- you find it associated with things like tickling. That's the same for humans. You find it associated with play, and all mammals play. And wherever you find it, it's associated with interactions. So Robert Provine, who has done a lot of work on this, has pointed out that you are 30 times more likely to laugh if you are with somebody else than if you're on your own, and where you find most laughter is in social interactions like conversation. So if you ask human beings, "When do you laugh?" they'll talk about comedy and they'll talk about humor and they'll talk about jokes. If you look at when they laugh, they're laughing with their friends. And when we laugh with people, we're hardly ever actually laughing at jokes. You are laughing to show people that you understand them, that you agree with them, that you're part of the same group as them. You're laughing to show that you like them. You might even love them. You're doing all that at the same time as talking to them, and the laughter is doing a lot of that emotional work for you. Something that Robert Provine has pointed out, as you can see here, and the reason why we were laughing when we heard those funny laughs at the start, and why I was laughing when I found my parents laughing, is that it's an enormously behaviorally contagious effect. You can catch laughter from somebody else, and you are more likely to catch laughter off somebody else if you know them. So it's still modulated by this social context. You have to put humor to one side and think about the social meaning of laughter because that's where its origins lie.

Now, something I've got very interested in is different kinds of laughter, and we have some neurobiological evidence about how human beings vocalize that suggests there might be two kinds of laughs that we have. So it seems possible that the neurobiology for helpless, involuntary laughter, like my parents lying on the floor screaming about a silly song, might have a different basis to it than some of that more polite social laughter that you encounter, which isn't horrible laughter, but it's behavior somebody is doing as part of their communicative act to you, part of their interaction with you; they are choosing to do this. In our evolution, we have developed two different ways of vocalizing. Involuntary vocalizations are part of an older system than the more voluntary vocalizations like the speech I'm doing now. So we might imagine that laughter might actually have two different roots.

So I've been looking at this in more detail. To do this, we've had to make recordings of people laughing, and we've had to do whatever it takes to make people laugh, and we got those same people to produce more posed, social laughter. So imagine your friend told a joke, and you're laughing because you like your friend, but not really because the joke's all that. So I'm going to play you a couple of those. I want you to tell me if you think this laughter is real laughter, or if you think it's posed. So is this involuntary laughter or more voluntary laughter?

(Audio: Laughing)

What does that sound like to you? Audience: Posed. Sophie Scott: Posed? Posed. How about this one?

(Audio: Laughing)

(Laughter)

I'm the best.

(Laughter) (Applause)

Not really. No, that was helpless laughter, and in fact, to record that, all they had to do was record me watching one of my friends listening to something I knew she wanted to laugh at, and I just started doing this.

What you find is that people are good at telling the difference between real and posed laughter. They seem to be different things to us. Interestingly, you see something quite similar with chimpanzees. Chimpanzees laugh differently if they're being tickled than if they're playing with each other, and we might be seeing something like that here, involuntary laughter, tickling laughter, being different from social laughter. They're acoustically very different. The real laughs are longer. They're higher in pitch. When you start laughing hard, you start squeezing air out from your lungs under much higher pressures than you could ever produce voluntarily. For example, I could never pitch my voice that high to sing. Also, you start to get these sort of contractions and weird whistling sounds, all of which mean that real laughter is extremely easy, or feels extremely easy to spot.

In contrast, posed laughter, we might think it sounds a bit fake. Actually, it's not, it's actually an important social cue. We use it a lot, we're choosing to laugh in a lot of situations, and it seems to be its own thing. So, for example, you find nasality in posed laughter, that kind of "ha ha ha ha ha" sound that you never get, you could not do, if you were laughing involuntarily. So they do seem to be genuinely these two different sorts of things.

We took it into the scanner to see how brains respond when you hear laughter. And when you do this, this is a really boring experiment. We just played people real and posed laughs. We didn't tell them it was a study on laughter. We put other sounds in there to distract them, and all they're doing is lying listening to sounds. We don't tell them to do anything. Nonetheless, when you hear real laughter and when you hear posed laughter, the brains are responding completely differently, significantly differently. What you see in the regions in blue, which lies in auditory cortex, are the brain areas that respond more to the real laughs, and what seems to be the case, when you hear somebody laughing involuntarily, you hear sounds you would never hear in any other context. It's very unambiguous, and it seems to be associated with greater auditory processing of these novel sounds. In contrast, when you hear somebody laughing in a posed way, what you see are these regions in pink, which are occupying brain areas associated with mentalizing, thinking about what somebody else is thinking. And I think what that means is, even if you're having your brain scanned, which is completely boring and not very interesting, when you hear somebody going, "A ha ha ha ha ha," you're trying to work out why they're laughing. Laughter is always meaningful. You are always trying to understand it in context, even if, as far as you are concerned, at that point in time, it has not necessarily anything to do with you, you still want to know why those people are laughing.

Now, we've had the opportunity to look at how people hear real and posed laughter across the age range. So this is an online experiment we ran with the Royal Society, and here we just asked people two questions. First of all, they heard some laughs, and they had to say, how real or posed do these laughs sound? The real laughs are shown in red and the posed laughs are shown in blue. What you see is there is a rapid onset. As you get older, you get better and better at spotting real laughter. So six-year-olds are at chance, they can't really hear the difference. By the time you are older, you get better, but interestingly, you do not hit peak performance in this dataset until you are in your late 30s and early 40s. You don't understand laughter fully by the time you hit puberty. You don't understand laughter fully by the time your brain has matured at the end of your teens. You're learning about laughter throughout your entire early adult life.

If we turn the question around and now say not, what does the laughter sound like in terms of being real or posed, but we say, how much does this laughter make you want to laugh, how contagious is this laughter to you, we see a different profile. And here, the younger you are, the more you want to join in when you hear laughter. Remember me laughing with my parents when I had no idea what was going on. You really can see this. Now everybody, young and old, finds the real laughs more contagious than the posed laughs, but as you get older, it all becomes less contagious to you. Now, either we're all just becoming really grumpy as we get older, or it may mean that as you understand laughter better, and you are getting better at doing that, you need more than just hearing people laugh to want to laugh. You need the social stuff there.

So we've got a very interesting behavior about which a lot of our lay assumptions are incorrect, but I'm coming to see that actually there's even more to laughter than it's an important social emotion we should look at, because it turns out people are phenomenally nuanced in terms of how we use laughter. There's a really lovely set of studies coming out from Robert Levenson's lab in California, where he's doing a longitudinal study with couples. He gets married couples, men and women, into the lab, and he gives them stressful conversations to have while he wires them up to a polygraph so he can see them becoming stressed. So you've got the two of them in there, and he'll say to the husband, "Tell me something that your wife does that irritates you." And what you see is immediately -- just run that one through your head briefly, you and your partner -- you can imagine everybody gets a bit more stressed as soon as that starts. You can see physically, people become more stressed. What he finds is that the couples who manage that feeling of stress with laughter, positive emotions like laughter, not only immediately become less stressed, they can see them physically feeling better, they're dealing with this unpleasant situation better together, they are also the couples that report high levels of satisfaction in their relationship and they stay together for longer. So in fact, when you look at close relationships, laughter is a phenomenally useful index of how people are regulating their emotions together. We're not just emitting it at each other to show that we like each other, we're making ourselves feel better together.

Now, I don't think this is going to be limited to romantic relationships. I think this is probably going to be a characteristic of close emotional relationships such as you might have with friends, which explains my next clip, which is of a YouTube video of some young men in the former East Germany on making a video to promote their heavy metal band, and it's extremely macho, and the mood is very serious, and I want you to notice what happens in terms of laughter when things go wrong and how quickly that happens, and how that changes the mood.

He's cold. He's about to get wet. He's got swimming trunks on, got a towel. Ice. What might possibly happen? Video starts. Serious mood. And his friends are already laughing. They are already laughing, hard. He's not laughing yet. (Laughter) He's starting to go now. And now they're all off. (Laughter) They're on the floor. (Laughter)

The thing I really like about that is it's all very serious until he jumps onto the ice, and as soon as he doesn't go through the ice, but also there isn't blood and bone everywhere, his friends start laughing. And imagine if that had played him out with him standing there going, "No seriously, Heinrich, I think this is broken," we wouldn't enjoy watching that. That would be stressful. Or if he was running around with a visibly broken leg laughing, and his friends are going, "Heinrich, I think we need to go to the hospital now," that also wouldn't be funny. The fact that the laughter works, it gets him from a painful, embarrassing, difficult situation, into a funny situation, into what we're actually enjoying there, and I think that's a really interesting use, and it's actually happening all the time.

For example, I can remember something like this happening at my father's funeral. We weren't jumping around on the ice in our underpants. We're not Canadian. (Laughter) (Applause) These events are always difficult, I had a relative who was being a bit difficult, my mum was not in a good place, and I can remember finding myself just before the whole thing started telling this story about something that happened in a 1970s sitcom, and I just thought at the time, I don't know why I'm doing this, and what I realized I was doing was I was coming up with something from somewhere I could use to make her laugh together with me. It was a very basic reaction to find some reason we can do this. We can laugh together. We're going to get through this. We're going to be okay.

And in fact, all of us are doing this all the time. You do it so often, you don't even notice it. Everybody underestimates how often they laugh, and you're doing something, when you laugh with people, that's actually letting you access a really ancient evolutionary system that mammals have evolved to make and maintain social bonds, and clearly to regulate emotions, to make ourselves feel better. It's not something specific to humans -- it's a really ancient behavior which really helps us regulate how we feel and makes us feel better.

In other words, when it comes to laughter, you and me, baby, ain't nothing but mammals. (Laughter)

Thank you.

Thank you. (Applause)

Hi.// I'm going to talk/ to you/ today/ about laughter,/ and I just want to start/ by thinking about the first time/ I can ever remember noticing/ laughter.//

今日は「笑い」について お話しします ここから始めましょう ― おそらく私が生まれて初めて 笑いに気づいたのは

This is/ when I was a little girl.// I would've been about six.//

まだ子供の頃 6歳にもなってなかったかな

And I came across my parents/ doing something unusual,/ where they were laughing.//

たまたま両親の 珍しい姿を見ました 笑っていたんです

They were laughing very,/ very hard.//

それはもう 大爆笑で

They were lying on the floor laughing.//

床に寝転がって 笑っていたんです

They were screaming with laughter.//

ギャーギャー言って笑っていました

I did not know/ what they were laughing at,/ but I wanted in.//

何が可笑しいのか分からないのに 私もそこに加わって

I wanted to be part of that,/ and I kind of sat around/ at the edge/ going,/ "Hoo hoo!"// (Laughter)

一緒に笑いたくなりました それで端のほうに座って 「ホウ ホウ!」って (笑)

Now,/ incidentally,/ what they were laughing at was a song/ which people used to sing,/ which was based around signs/ in toilets/ on trains/ telling you/ what you could/ and could not do in toilets/ on trains.//

ちなみに 両親が笑っていたものは 当時の流行歌です 列車のトイレにある貼り紙を もじったもので 列車のトイレでしていいこと いけないことについての歌です

And the thing/ you have to remember/ about the English is,/ of course,/ we do have an immensely sophisticated sense of humor.//

ご存じだと思いますが 私たちイギリス人は ユーモアのセンスが 非常に洗練されてますからね

(笑)

At the time,/ though,/ I didn't understand anything of that.//

でも当時は 何も分かりませんでした

I just cared about the laughter,/ and actually,/ as a neuroscientist,/ I've come to care/ about it again.//

その笑いが気になっただけでした でも神経科学者として 再び笑いに注目するようになりました

And it is a really weird thing/ to do.//

笑うという行動は すごく変なことなんです

What I'm going to do now is just play some examples of real human beings laughing,/ and I want/ you think about the sound people make/ and how odd/ that can be,/ and in fact/ how primitive laughter is as a sound.//

これからいくつかお見せするのは 人間が実際に笑う様子です 人の笑い声が 音としてはいかに奇妙で いかに原始的かを 考えてほしいのです

It's much more/ like an animal call/ than it is like speech.//

話し声よりは動物の鳴き声に ずっと近いんです

So here/ we've got some laughter/ for you.// The first one is pretty joyful.//

では いくつかの笑いを見てみましょう 最初のはかなり楽しそうですよ

(ビデオ:笑い声)

Now/ this next guy,/ I need him/ to breathe.//

次のこの人は 息を吸わなきゃね

There's a point/ in there/ where I'm just,/ like,/ you've got to get/ some air/ in there,/ mate,/ because he just sounds/ like he's breathing out.//

ここで皆さんにも言いましょう 皆さんも息を吸ってくださいね だってこの人 息を吐き出してるだけみたい

(ビデオ:笑い声)

This hasn't been edited;/ this is him.//

これは編集なしです 彼の笑い声そのものです

(ビデオ:笑い声) (笑)

And finally/ we have --/ this is a human female laughing.//

最後に これは女性の笑い声です

And laughter can take us/ to some pretty odd places/ in terms of making noises.//

笑いはノイズという角度から捉えると また違った見方ができます

(笑い声)

She actually says,/ "Oh my God,/ what is that?"// in French.//

彼女はフランス語でこう言ってます 「ちょっと! 何これ?」

We're all kind of with her.// I have no idea.//

私たちも全く同感ね 分かんないわ

Now,/ to understand laughter,/ you have to look/ at a part of the body/ that psychologists and neuroscientists don't normally spend much time/ looking at,/ which is the ribcage,/ and it doesn't seem terribly exciting,/ but actually/ you're all/ using your ribcage/ all the time.//

さて 笑いを理解するには ある身体部位に目をやる必要があります 心理学者や神経科学者は普通 あまり時間をかけて見ない部位 ― 胸郭です それほどワクワクしませんね でも実は 人間は常時 胸郭を使っています

What you're all/ doing at the moment/ with your ribcage,/ and don't stop doing/ it,/ is breathing.//

胸郭で常時行われていて 止むことのないもの ― それは呼吸です

So you use the intercostal muscles,/ the muscles/ between your ribs,/ to bring air/ in and out of your lungs just/ by expanding and contracting your ribcage,/ and/ if I was to put a strap/ around the outside of your chest called a breath belt,/ and just look at that movement,/ you see a rather gentle sinusoidal movement,/ so that's breathing.//

肋間筋という 肋骨の間の筋肉を使って 空気を肺に吸い込み 吐き出すために 胸郭を拡張したり 収縮したりさせるんです もし胸の上から ストラップのような 呼吸ベルトを巻いて その動きを見てみると かなり安定した正弦波になります これが呼吸なんです

You're all/ doing it.// Don't stop.//

常時行われているもので 止むことはありません

As soon/ as you start talking,/ you start using/ your breathing completely differently.//

話し始めるとすぐに 呼吸の使い方は全く変わります

So/ what I'm doing/ now is you see something much more/ like this.//

今私がしているのは こっちに近いんです

In talking,/ you use very fine movements of the ribcage/ to squeeze the air out --/ and in fact,/ we're the only animals/ that can do this.//

話している時 胸郭のこの精巧な動きが 息を外に絞り出すんです 実は 私たちはこれをできる 唯一の動物です

It's/ why we can talk at all.//

だから人間は 話ができるんです

Now,/ both talking/ and breathing has a mortal enemy,/ and/ that enemy is laughter,/ because/ what happens/ when you laugh is those same muscles start to contract very regularly,/ and you get this very marked sort of zig-zagging,/ and that's just squeezing/ the air/ out of you.//

さて 話すことと呼吸には 不倶戴天の敵がいます それが 笑いです なぜなら笑っている時には この同じ筋肉が非常に規則的に 収縮を始めるからです このように すごいジグザグになります 息を絞り出しているんです

It literally is/ that basic a way of making a sound.//

これこそがまさに声を出す 基本的な仕組みです

You could be stamping on somebody,/ it's having the same effect.//

誰かを上から踏みつけても 同じ現象が見られますよ

You're just squeezing/ air out,/ and each of those contractions --/ Ha!// --/ gives you/ a sound.//

息を絞り出しているんです この収縮1つ1つが 「ハッ!」という声になります

And/ as the contractions run together,/ you can get these spasms,/ and that's/ when you start getting/ these --/ (Wheezing) --/ things happening.//

そしてこの収縮が重なって起きると このようなけいれんが起きます こんな(ゼーゼー)声が出るのは この時です

I'm brilliant/ at this.// (Laughter)

私ものすごく上手なのよ これ (笑)

Now,/ in terms of the science of laughter,/ there isn't very much,/ but it does turn out/ that pretty much everything/ we think we know about laughter is wrong.//

現状では 笑いに関する科学的知見は あまり多くありませんが 私たちが知っていたつもりでいた 大半のことが 間違いだったことは 明らかになっています

So it's not at all unusual,/ for example,/ to hear people to say humans are the only animals/ that laugh.//

例えば 人はよくこう言いますね 「人間は笑う唯一の動物だ」

Nietzsche thought/ that humans are the only animals/ that laugh.//

ニーチェはそう考えていました

In fact,/ you find laughter/ throughout the mammals.//

実際には 哺乳類なら 皆笑えるんです

It's been well-described and well-observed/ in primates,/ but you also see it/ in rats,/ and wherever you find it --/ humans,/ primates,/ rats --/ you find/ it associated with things/ like tickling.//

詳しい記述や観察例が多いのは 霊長類です さらにネズミでも見られます いずれの場合でも ― 人間でも それ以外の霊長類でも ネズミでも ― くすぐった時などに 笑いを観察できます

That's the same/ for humans.//

人間の場合も同じです

You find/ it associated with play,/ and all mammals play.//

笑いは遊びの中で起こりますし 全ての哺乳類は遊びます

And wherever you find it,/ it's associated with interactions.//

どんな場合でも 相互交流を伴っているんです

So Robert Provine,/ who has done a lot of work/ on this,/ has pointed out/ that you are 30 times more likely/ to laugh/ if you are with somebody else/ than/ if you're on your own,/ and where you find/ most laughter is in social interactions/ like conversation.//

このことを研究してきた ロバート・プロヴァィンによると 人がより多く笑うのは 独りでいる時より 誰かと一緒にいる時で その差は30倍だそうです 大部分の笑いは 会話などの 他者との交流の中で起きます

So/ if you ask human beings,/ "When do you laugh?"//

ですから誰かに 「どんな時に笑う?」と尋ねると

they'll talk about comedy/ and they'll talk about humor/ and they'll talk about jokes.//

コメディとかユーモア 冗談なんかを 挙げるでしょう

If you look at when they laugh,/ they're laughing/ with their friends.//

人が笑っている様子を見ると 彼らは友達と一緒に笑っています

And when we laugh with people,/ we're/ hardly ever actually laughing/ at jokes.//

私たちが誰かといて笑うのは 本当に冗談が面白いからではありません

You are laughing to show/ people/ that you understand them,/ that you agree with them,/ that you're part of the same group/ as them.//

「理解してますよ」と 笑いによって示しているのです 相手に賛同していて 同じグループの一員だよと

You're laughing to show/ that you like them.//

相手への好意を示すために 笑っているんです

You might even love them.//

愛情でさえあるかもね

You're doing/ all that/ at the same time/ as talking to them,/ and the laughter is doing a lot of that emotional work/ for you.//

会話しながら こんなことを全部やっているなんて 笑いとは たくさんの感情が 用いられる活動なんです

Something/ that Robert Provine has pointed out,/ as you can see here,/ and the reason/ why we were laughing/ when we heard those funny laughs/ at the start,/ and why I was laughing/ when I found my parents laughing,/ is/ that it's an enormously behaviorally contagious effect.//

こんなふうに プロヴァイン氏が指摘したこと それから なぜ私たちは 冒頭の可笑しな笑いを聞いて 笑ったのか なぜ私は両親が笑うのを見て 笑ったのか ― その理由は この行動が 強い伝染性をもつからです

You can catch laughter/ from somebody else,/ and you are more likely/ to catch laughter/ off somebody else/ if you know them.//

誰かの笑いを受け取って 知り合いの誰かにうつすんです

So it's still modulated by this social context.//

ここでも状況によって 笑いが調整されています

You have to put/ humor/ to one side/ and think about the social meaning of laughter/ because that's/ where its origins lie.//

ユーモアは脇に置いて 対人関係での笑いの意味を 考えてみましょう なぜなら笑いの起源は そこにあるからです

Now,/ something/ I've got very interested/ in is different kinds of laughter,/ and we have some neurobiological evidence/ about how human beings vocalize/ that suggests there might be two kinds of laughs/ that we have.//

さて私が非常に関心があるのは 笑いに様々な種類があることです 私たちの持つ人の発声に関する 神経生物学的証拠から考えると 笑いには2種類あるようです

So/ it seems possible/ that the neurobiology/ for helpless, involuntary laughter,/ like my parents/ lying on the floor/ screaming about a silly song,/ might have a different basis/ to it/ than some of that more polite social laughter/ that you encounter,/ which isn't horrible laughter,/ but it's behavior somebody is doing as part of their communicative act/ to you,/ part of their interaction/ with you;/ they are choosing to do this.//

おバカな歌でひっくり返って笑っていた うちの親の場合みたいに 自分では意図せずに どうしようもなく出てしまう笑いは より礼儀正しくて社会的な笑い ― つまり馬鹿笑いではなく コミュニケーション行動 つまり 対人交流の一環で 意図的に行われる笑いとは 神経生物学的基盤が 異なる可能性があります

In our evolution,/ we have developed two different ways of vocalizing.//

進化の過程で 2種類の発声法が 発達してきました

Involuntary vocalizations are part of an older system/ than the more voluntary vocalizations/ like the speech/ I'm doing/ now.//

意図しない発声の方が 今しているスピーチのような 意図的な発声よりも 原始的なのです

So/ we might imagine/ that laughter might actually have two different roots.//

ですから笑いに関しても 2つの異なるルーツが想定できるのです

So I've been looking at this/ in more detail.//

そこで これをより詳しく 検討してきました

To do this,/ we've had to make/ recordings of people/ laughing,/ and we've had to do/ whatever it takes to make people laugh,/ and we got those same people/ to produce more posed, social laughter.//

そのためには 多くの人の笑い声を 録音する必要がありました それで人を笑わせるべく あらゆる手段を試みました さらにその同一人物に 作りものの 愛想笑いもお願いしました

So imagine/ your friend told a joke,/ and you're laughing/ because you like your friend,/ but not really/ because the joke's all that.//

あなたの友達が 冗談を言ったとします あなたが笑うのは 友達を好きだからで 冗談がそこまで面白いからという わけではありません

So I'm going to play/ you/ a couple of those.//

ではそのいくつかを お聞かせしましょう

I want you/ to tell me/ if you think this laughter is real laughter,/ or/ if you think/ it's posed.//

皆さん教えてください この笑いは本物だと思うか それとも愛想笑いだと思うか

So is this involuntary laughter or more voluntary laughter?//

つまり思わず出た笑いか 意図的な笑いか

(ビデオ:笑い声)

What does/ that sound/ like/ to you?//

この音声はどっちでしょう?

Audience:/ Posed.// Sophie Scott:/ Posed?// Posed.//

観客:愛想笑い 演者:愛想笑い? 正解

How/ about this one?//

これはどうでしょう

(ビデオ:笑い声)

(笑)

I'm the best.//

これ私の最高傑作

(笑)(拍手)

Not really.//

実は違うんです

No, that was helpless laughter,/ and in fact,/ to record that,/ all they had to do/ was record me/ watching one of my friends/ listening to something/ I knew she wanted to laugh/ at,/ and I just started doing/ this.//

これはこらえきれずに出てしまった 笑いなんです 実はこれを録音するのは 簡単でした ある友人が何かを聴いて 無理に笑おうとしている姿を見てたら 自然に笑いがこみあげてきたんです

What you find/ is/ that people are good/ at telling the difference/ between real and posed laughter.//

お分かりになったとおり 人間は本物の笑いか愛想笑いかを 見分けるのが得意なんです

They seem to be different things/ to us.//

私たちにとっては両者は別物です

Interestingly,/ you see something quite similar/ with chimpanzees.//

面白いことに チンパンジーでも かなり似た傾向が見られます

Chimpanzees laugh differently/ if they're being tickled than if they're playing/ with each other,/ and we might be seeing something/ like that here,/ involuntary laughter,/ tickling laughter,/ being different/ from social laughter.//

チンパンジーの笑いは くすぐられた時と お互いに遊んでいる時とでは 違うんです これも先程のような 違いかもしれません くすぐられた時に意図せず出る笑いは 社会的な笑いとは違います

They're/ acoustically very different.//

音声的にもう大違いです

The real laughs are longer.// They're higher/ in pitch.//

本物の笑いは長くて ピッチも高いんです

When you start laughing/ hard,/ you start squeezing/ air out/ from your lungs/ under much higher pressures/ than you could ever produce voluntarily.//

激しく笑い始めると 空気が肺から絞り出されます 意図的に行う時よりも はるかに高い圧力がかかっています

For example,/ I could never pitch my voice/ that high/ to sing.//

例えば 私が歌う時には こんな高い声は出ません

Also,/ you start to get/ these sort of contractions and weird whistling sounds,/ all of which mean/ that real laughter is extremely easy,/ or feels extremely easy to spot.//

またこんな収縮が始まり 笛を吹いたような 変な音がします これらのことから分かるのは 本物の笑いが至極容易である ― または本物だと簡単に 見分けられることです

In contrast,/ posed laughter,/ we might think/ it sounds a bit fake.//

それに対して 愛想笑いはちょっと 偽物みたいに聞こえるかもしれません

Actually,/ it's not,/ it's actually/ an important social cue.//

実際にはそうではなく 重要な社会的手掛かりなんです

We use it/ a lot,/ we're choosing/ to laugh/ in a lot of situations,/ and it seems to be its own thing.//

私たちは多くの状況で 意図的に笑いますが これは独自の特徴をもつようです

So,/ for example,/ you find nasality/ in posed laughter,/ that kind of "ha ha ha ha ha"/ sound/ that you never get,/ you could not do,/ if you were laughing involuntarily.//

例えば愛想笑いには 鼻音性があります こんな「ハハハハハ」といった音です 思わず笑う時には こんな音は決して出ません

So they do seem to be genuinely these two different sorts of things.//

ですから実際に この2種類が存在するんです

We took it/ into the scanner/ to see/ how brains respond/ when you hear laughter.//

私たちはスキャナーを用いて 脳がどんなふうに 笑い声に反応するか調べました

And when you do this,/ this is a really boring experiment.//

実験参加者にとっては ほんと退屈な実験ですよ

We just played people/ real and posed laughs.//

本物と愛想笑いを聴いてもらいました

We didn't tell them/ it was a study/ on laughter.//

笑いに関する研究だとは 知らせませんでした

We put other sounds/ in there/ to distract them,/ and all they're doing/ is lying listening to sounds.//

目的に気づかれないよう 他の音声も混ぜました 参加者はただ寝転んで 音声を聴いていればいいんです

We don't tell them/ to do anything.//

何をしろとかお願いしません

Nonetheless,/ when you hear real laughter/ and when you hear posed laughter,/ the brains are responding completely differently,/ significantly/ differently.//

それなのに 本物の笑い または愛想笑いを聞くと 脳は全く異なった反応をするのです もう明らかに違うんです

What you see in the regions/ in blue,/ which lies in auditory cortex,/ are the brain areas/ that respond more/ to the real laughs,/ and what seems to be the case,/ when you hear somebody/ laughing involuntarily,/ you hear/ sounds you would never hear in any other context.//

青く示された部分が 聴覚野にあたる場所にありますが ここは本物の笑いの方に より強く反応する脳の領域です そしてどうやら 意図せずに出る笑いの音は その他の状況では決して聞かれない 特異なもののようです

It's very unambiguous,/ and it seems to be associated with greater auditory processing of these novel sounds.//

その特異さは明白で そのような聞き慣れない音には より活発な聴覚的処理が 行われると考えられます

In contrast,/ when you hear somebody laughing/ in a posed way,/ what you see/ are these regions/ in pink,/ which are occupying brain areas associated with mentalizing,/ thinking about what somebody else is thinking.//

対照的に 誰かの愛想笑いを聞くと 本物の笑いの時より ピンクの領域が強く活性化します この領域はメンタライジング つまり 「他者が何を考えているか」 を考えることに関連があります

And I think/ what that means is,/ even if you're having/ your brain scanned,/ which is completely boring and not very interesting,/ when you hear somebody/ going,/ "A ha ha ha ha ha,/"/ you're trying to work out/ why they're laughing.//

つまりどういうことかというと 脳をスキャンされている時でも ― その間 全く退屈だし それほど面白くもないですけど ― 誰かの「アーハハハハハ」 という笑い声を聞くと なぜ笑っているのかを 知ろうとするんです

Laughter is always meaningful.//

笑いには常に 意味があり

You are always trying to understand/ it/ in context,/ even if,/ as far/ as you are concerned,/ at that point/ in time,/ it has not necessarily anything to do with you,/ you still want to know/ why those people are laughing.//

皆さんは常に 状況をふまえて それを理解しようとします たとえ 皆さんには その時点で 必ずしも関係がない場合でも その人たちが なぜ笑っているのか 知りたくなります

Now,/ we've had the opportunity/ to look at how people hear real and posed laughter/ across the age range.//

さて私たちは 様々な年代の人たちが 本物の笑いと愛想笑いを聞く様子を 観察する機会を得ました

So this is an online experiment/ we ran with the Royal Society,/ and here/ we just asked people/ two questions.//

これは王立協会と共同で行った オンライン実験です ここでは2つだけ質問をしました

First of all,/ they heard some laughs,/ and they had to say,/ how real/ or posed do these laughs sound?//

まず笑いを聞いてもらい それが本物か愛想笑いかを 答えてもらいました

The real laughs are shown in red/ and the posed laughs are shown in blue.//

本物の笑いは赤 愛想笑いは青です

What you see/ is there is a rapid onset.//

発達が急激に始まりますね

As you get older,/ you get better and better/ at spotting real laughter.//

成長に伴い 本物の笑いを当てるのが 上手になっていきます

So six-year-olds are at chance,/ they can't really hear the difference.//

6歳だと偶然程度の正答率なので 違いが分かっているとは言えません

By the time/ you are older,/ you get better,/ but interestingly,/ you do not hit peak performance/ in this dataset/ until you are in your late 30s and early 40s.//

大きくなると もっと上手になります でも面白いことに 成績のピークは このデータセットの場合 30代後半から 40代前半にあることです

You don't understand laughter fully/ by the time/ you hit puberty.//

思春期に達した時点では まだ笑いの理解が十分ではありません

You don't understand laughter fully/ by the time/ your brain has matured at the end of your teens.//

脳が充分に成熟した10代の終わり頃でも まだ不十分です

You're learning/ about laughter/ throughout your entire early adult life.//

笑いは成人期早期全体を通じて 学習され続けるんです

If we turn the question around/ and now say not,/ what does the laughter sound/ like in terms of being real or posed,/ but we say,/ how much does this laughter make/ you want to laugh,/ how contagious is this laughter/ to you,/ we see a different profile.//

ここで質問を変えて その笑いが 本物か愛想笑いかではなく この笑いがどの位 笑いたくさせるか つまり この笑いがどのくらい伝染するかを 見ると 年齢層が変わります

And here,/ the younger/ you are,/ the more/ you want to join/ in when you hear laughter.//

ここでは 若い人ほど 笑いを耳にすると それに加わりたくなる傾向があります

Remember me/ laughing with my parents/ when I had no idea/ what was going on.//

何が起こっているか全く分からないまま 私は両親と笑っていたでしょう?

You really can see this.//

ここでもそれが分かります

Now everybody,/ young and old,/ finds the real laughs more contagious/ than the posed laughs,/ but/ as you get older,/ it/ all becomes less contagious/ to you.//

さて老いも若きも関係なく 本物の笑いは愛想笑いより 伝染的であることが分かっています しかし歳をとるにつれ 伝染性は弱まります

Now,/ either we're all just becoming/ really grumpy/ as we get older,/ or it may mean/ that as you understand laughter better,/ and you are getting better/ at doing/ that,/ you need more/ than just/ hearing people laugh/ to want to laugh.//

歳をとるほど気難しくなるのか あるいは 笑いをより深く理解できるようになって 対処が上手になるのかもしれませんが 笑いたくなるには 人の笑い声を聞くだけでは足りません

You need the social stuff there.//

対人的な要素が必要なんです

So we've got a very interesting behavior/ about which a lot of our lay assumptions are incorrect,/ but I'm coming to see/ that actually/ there's even more/ to laughter/ than it's an important social emotion/ we should look at,/ because it turns out/ people are phenomenally nuanced in terms of how we use laughter.//

一般的な思い込みの多くが 誤りであることを示す 非常に興味深い行動が このように見出されてきています しかし 笑いが社会的感情として 重要であること以上の点に 目を向けるべきであることに 私は気づき始めました 人々が笑いに 特別な意味合いを持たせて 活用していることが 分かってきたからです

There's a really lovely set of studies/ coming out/ from Robert Levenson's lab/ in California,/ where he's doing a longitudinal study/ with couples.//

とても魅力的な研究成果を カリフォルニアの ロバート・レヴェンソンの研究室が 発表しました そこでは夫婦関係の 長期的変化を研究しています

He gets married couples,/ men and women,/ into the lab,/ and he gives them/ stressful conversations/ to have/ while he wires them/ up/ to a polygraph/ so he can see them/ becoming stressed.//

彼は夫婦で実験室に来てもらい ストレスを感じる会話を してもらいます その間 彼らはポリグラフにつながれ ストレスの増加がチェックされます

So you've got the two of them/ in there,/ and he'll say to the husband,/ "Tell me/ something/ that your wife does/ that irritates you."//

つまり 2人に来てもらって 旦那さんの方にこう言うんです 「奥さんにされて 苛々することは何ですか?」

And what you see/ is immediately --/ just run/ that one/ through your head briefly,/ you and your partner --/ you can imagine/ everybody gets a bit more stressed as soon/ as that starts.//

すると即座に ― あなたとバートナーのことが 頭の中をさっと駆け巡り こうなると ご想像どおり 誰でも多少ストレスが増します

You can see physically,/ people become more stressed.//

ストレスのかかった様子は 身体面にも表れます

What he finds/ is/ that the couples/ who manage/ that feeling of stress/ with laughter,/ positive emotions/ like laughter,/ not only immediately become less stressed,/ they can see them/ physically feeling/ better,/ they're dealing/ with this unpleasant situation better together,/ they are also the couples/ that report high levels of satisfaction/ in their relationship/ and they stay together/ for longer.//

彼が発見したのは そのストレスに 笑いなどポジティブな感情で 対処する夫婦は ストレスがすぐに軽減するだけでなく 身体的な快適さも増すことでした 彼らはこの不愉快な状況を 一緒に改善したのです そのような夫婦は 夫婦関係の満足度も高く 夫婦生活もより長く 続けていました

So/ in fact,/ when you look at close relationships,/ laughter is a phenomenally useful index of how people are regulating their emotions together.//

ですから親密な関係性に 着目する場合 笑いは 実に 素晴らしく有益な指標なのです 笑いは感情をどう「一緒に」 調整しているかを示すからです

We're not just emitting/ it/ at each other/ to show/ that we like each other,/ we're making/ ourselves/ feel better together.//

私たちは 好意を伝えるために 笑いあっているだけではなく 心地よさを一緒に 生み出しているんです

Now,/ I don't think/ this is going to be limited to romantic relationships.//

これは恋愛関係だけに 限ったことではないと思います

I think/ this is probably going to be a characteristic of close emotional relationships/ such as you might have with friends,/ which explains my next clip,/ which is of a YouTube video of some young men/ in the former East Germany/ on making a video/ to promote their heavy metal band,/ and it's extremely macho,/ and the mood is very serious,/ and I want you/ to notice/ what happens in terms of laughter/ when things go wrong/ and how quickly/ that happens,/ and how/ that changes the mood.//

友達といる時なども含めた 親密な情緒関係全般の特徴でしょう 次のビデオでこれを説明します これはYouTubeのビデオで 旧東ドイツの若者数人が ヘビメタ・バンドの プロモーションビデオを撮影する様子です すごくマッチョで 真剣極まりない雰囲気 そして皆さん 笑いの点で 何が起きるか見ていてください 物事が悪い方向に展開すると 笑いがいかに瞬く間に生じて 雰囲気を変えるのか

He's cold.// He's/ about to get wet.// He's got swimming trunks on,/ got a towel.//

寒そうです これからびしょ濡れになります 水着を着てます タオルに ―

そして氷

何が起こるでしょう?

Video starts.//

撮影スタート

真剣な雰囲気です

And his friends are already laughing.// They are already laughing,/ hard.//

友人たちはもう笑ってます 爆笑ね

He's not laughing/ yet.//

彼はまだよ

(笑)

He's starting to go now.//

今 笑い始めました

And now/ they're all/ off.//

そして 全員で笑っています

(笑)

They're on the floor.//

座り込んじゃってる

(笑)

The thing/ I really/ like about that is it's all very serious/ until he jumps onto the ice,/ and as soon/ as he doesn't go through the ice,/ but also/ there isn't blood and bone everywhere,/ his friends start laughing.//

私が実に好きなのは 全て大真面目なところなんです 彼が氷の上に飛び込むまでね そして氷は割れず ― しかも血や骨がそこらに 散らばったりもしていません 友人たちが笑い始めます

And imagine/ if that had played him out/ with him/ standing there/ going,/ "No seriously,/ Heinrich,/ I think/ this is broken,/"/ we wouldn't enjoy watching/ that.// That would be stressful.//

想像してみてください もし友人たちが 「いや待てよ お前 骨が折れてるんじゃないか」なんて 楽しく見るどころか ストレスですよね

Or/ if he was running around/ with a visibly broken leg laughing,/ and his friends are going,/ "Heinrich,/ I think/ we need to go/ to the hospital now,/"/ that also wouldn't be funny.//

もしくは 彼が明らかに骨折した足で 笑いながら走り回っていて 「ヘンリック 病院に行こう」 と友人たちが言ったら これも愉快ではないでしょう

The fact/ that the laughter works,/ it gets him/ from a painful, embarrassing, difficult situation,/ into a funny situation,/ into what we're actually enjoying/ there,/ and I think/ that's a really interesting use,/ and it's actually happening/ all the time.//

笑いの力によって 痛くて恥ずかしい 大変な状況が 可笑しくて 楽しく見られるものに 変化します これはすごく興味深い 笑いの活用法ですよね こういうことは 実は 常に起きています

For example,/ I can remember something/ like this happening at my father's funeral.//

例えば こんな出来事を 思い出します 父の葬儀でのことです

We weren't jumping around/ on the ice/ in our underpants.//

パンツ一丁で 氷の上を 跳び回ったんじゃありませんよ

We're not Canadian.//

氷で馬鹿騒ぎなんか 私たちはしませんからね

(笑)(拍手)

These events are always difficult,/ I had a relative/ who was being a bit difficult,/ my mum was not in a good place,/ and I can remember finding/ myself just/ before the whole thing started telling/ this story/ about something/ that happened in a 1970s sitcom,/ and I just thought at the time,/ I don't know/ why I'm doing/ this,/ and what I realized/ I was doing was I was coming up/ with something/ from somewhere/ I could use to make her laugh together/ with me.//

葬式のような行事は いつも難儀です 少し厄介な親戚もいましたしね 母の状態は 良くはありませんでした 私の記憶では 式が始まる直前 私は 70年代のコメディー番組の話を し始めたんです なぜこんな話をしているのか その時は分からなかったんですが あとで分かってきたのは 私は記憶のどこかから 母と一緒に笑えるものを 思いついたんだということです

It was a very basic reaction/ to find some reason/ we can do this.//

それはれっきとした理由のある とても基本的な反応だったのです

We can laugh together.// We're going to get/ through this.//

私たちは一緒に笑って この困難を切り抜けられます

We're going to be okay.//

これで良い方向にいくでしょう

And in fact,/ all of us are doing this all the time.//

実際 私たちは皆 こういうことを常に行っています

You do it so often,/ you don't even notice it.//

あまりに頻繁なので ことさら注意を払いません

Everybody underestimates/ how often/ they laugh,/ and you're doing/ something,/ when you laugh with people,/ that's actually letting/ you access a really ancient evolutionary system/ that mammals have evolved to make and maintain social bonds,/ and clearly to regulate emotions,/ to make ourselves feel better.//

皆 自分が思っている以上に 笑っているのです 他の人と笑っている時には 実は ― とても古い進化システムに アクセスしています そのシステムは哺乳類が 他者との絆を形成・維持し 感情をしっかり調整し 快適に過ごすために 進化させてきたものです

It's not something specific/ to humans --/ it's a really ancient behavior/ which really helps us regulate/ how we feel/ and makes us feel better.//

これは人間だけのものではありません それは古い起源をもつ行動で 感情を調整し より快い気分になるのを 実によく助けてくれるのです

In other words,/ when it comes to laughter,/ you and me,/ baby,/ ain't nothing but mammals.// (Laughter)/

別の言い方をすれば 笑いに関しては あなたも私も 哺乳類にすぎないということです (笑)

Thank you.//

ありがとうございました

Thank you.// (Applause)//

ありがとう (拍手)

laughter

『笑い』,笑い声

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

laughing

笑っている;笑っているように見える(聞こえる)

笑いを誘う(laughable)

笑い,笑い声(laughter)

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

scream

(恐怖・苦痛などで)〈人が〉『悲鳴をあげる』,金切り声を出す

〈鳥・気笛などが〉『かん高い音を出す』

どなる,わめく,金切り声で言う

…‘を'『金切り声で言う』,大声で叫ぶ・金切り声,かん高い(鋭い)音

《俗》とてもおもしろおかしい人(物)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

sat

sitの過去・過去分詞

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

incidentally

付随して

《通例文頭に用いて》ついでながら

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

toilet

〈C〉(水洗式の)『便器』

〈C〉(水洗式便器のある)洗面所,化粧室,浴室;トイレ,便所(アメリカでは「restroom」とか「bathroom」と言い換えた呼び方が普通)〈U〉〈C〉化粧,身じたく

〈U〉〈C〉《文》服装,衣装

immensely

広大に,ばく大に

《話》非常に,とても(greatly)

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

human being

人,人間

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

primitive

『原始の』,太古の

原始的な,そぼくな;古風な,旧式な

原始人

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

joyful

『うれしい』,喜びに満ちた

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

psychologist

心理学者

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

ribcage

(肺を保護する)肋骨壁

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

exciting

(物事が)『興奮させる』

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

intercostal

(胸部の)肋間(ろっかん)の

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

rib

『肋骨』(ろっこつ),あばら骨

(骨付きの)あばら肉

肋骨状の物;(船の)肋骨,肋材(ろくざい);(丸天井の)萩減(ろく)(建物・橋の)横ばり;(かさなどの) 骨

葉脈(vein)

(編物・織物の)うね

…‘に'肋骨(肋材)をつける

〈編物〉‘に'うね模様をつける

《話》…‘を'いじめる,からかう

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

strap

(革製や布製の)『ひも』,バンド,帯;(電車の)つり革

(金属製の)帯金,バンド

《the ~》むち打ち,せっかん・ひも(バンド)で縛る,留める《+『名』+『on』(『in, into』)+『名』》・むちで打つ・《英》=tape{動

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

chest

(ふた付きのじょうぶな)『大箱』,ひつ

《米》たんす(=chest of drawers)

(…の)たんすいっぱい《+『of』+『名』》

『胸[部]』,肺

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

belt

『ベルト』,バンド,帯

(特徴のある)地帯,地方

(機械の)ベルト

ベルト状のもの

《話》ピシャリとたたくと

…'を'ベルトで締めてつける《+『名』+『on,』+『on』+『名』》

…'を'ベルトで巻く;(ベルトで締めるように)…'を'取り巻く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(革帯などで)…'を'打つ,たたく

《話》…'を'ぶんなぐる

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

gentle

(態度・性質・口調などが)『優しい』,物柔らかな

(天候・動作などが)『穏やかな』,適度の

(動物などが)おとなしい,なれた

(傾斜などが)なだらかな

《古》生まれ(家柄)のよい

しつけのよい,上品な

completely

『完全に』,全く,十分に

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

squeeze

…‘を'『絞る』,圧搾する,押しつぶす

(…から)〈果汁・汁・水分など〉‘を'『絞り取る』,絞り出す《+『from』(『out of』)+『名』》

〈手など〉‘を'強く握る;〈人など〉‘を'きつく抱く

(…に)…‘を'押し込む,詰め込む《+『名』+『into』(『in, into』)+『名』》;(…を)押し分けて…‘を'進める《+『名』+『through』+『名』》

(…から)…‘を'むりに取りたてる,搾取する,強制する《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(特に手で)圧力を加える,絞る

絞れる

《副詞[句]を伴って》(人ごみなどを)押し分けて進む,(狭い場所などを)むりに通る;割り込む

〈C〉『絞ること』,圧搾

〈C〉少量の絞り汁

〈C〉『強く握ること』,きつく抱きしめること

〈U〉《しばしばa~》《話》雑踏,押し合い

〈U〉《米話》搾取;強要,ゆすり

〈U〉《しばしばa~》苦境,窮地

mortal

『必ず死ぬ運命の』

『致命題な』,命とりの(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》(はかない)人間の,現世の

《名詞の前にのみ用いて》死ぬまで続く;殺さずにはおかない

死の;死のぎわの

《名詞の前にのみ用いて》《話》非常な,はなはだしい

許すことのできない,永遠の死を招く

《しばしばおどけて》人間

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

marked

印(記号)のついた

(物・行為などが)著しい,目立つ,明らかな

(嫌疑などの対象として)目星をつけられている

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

stamp

〈地面・床など〉‘を'『踏みつける』;〈足〉‘を'踏み鳴らす;…‘を'踏みにじる,踏みつぶす

…‘に'『印』(『判』)『を押す』;(印などを)…‘に'押す《+『名』+『with』+『名』〈印〉》;(…に)〈印など〉‘を'押す《+『名』〈印〉+『on』+『名』》

《しばしば受動態で》(印象などを)〈心など〉に刻みつける《+『名』+『with』+『名』〈印象〉》;(心などに)〈印象など〉‘を'刻みつける《+『名』〈印象〉+『on』(『in』)+『名』》

…‘に'切手(印紙)をはる

(…であると)〈事が〉〈人〉‘を'はっきり示す《+『名』〈人〉+『as』+『名』(『形』)〈補〉》

…‘を'押しつぶす,粉砕する;…‘を'粉々にして(…に)する《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

踏みつける,足を踏み鳴らす;足を踏み鳴らして歩く

〈C〉『切手』(postage stamp),[収入]印紙,証紙

〈C〉『判』,印章;押し型,抜き型

〈C〉(判・押し型などで押した)印,スタンプ,消し印,検印

〈U〉特質,特徴,印

〈U〉種類,型

〈C〉足踏み,踏みつけること,じだんだ

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

contraction

〈U〉〈C〉(…の)収縮,短縮《+『of』+『名』》

〈U〉(通貨・資金・支出などの)縮小,節減《+『of』+『名』》

〈U〉(いやなこと・よくないことを)身に負うこと,(悪習などが)身につくこと《+『of』+『名』》

〈C〉陣痛

spasm

(筋肉などの)けいれん

(感情・活動などの)発作《+『of』+『名』》

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

Nietzsche

ニーチェ(『Friedrich Wilhelm』~;1844‐1900;ドイツの哲学者)

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

mammal

哺(ほ)乳動物

primate

霊長類の動物(人間・サルを含む);《複数形で》霊長類

(英国国教会の)大主教;(カトリック教の)首座大司教

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

comedy

〈U〉(劇の一部門としての)『喜劇』;〈C〉(一編の作品としての)喜劇

〈U〉〈C〉(劇・文学作品・人生などの)喜劇的要素;(実人生における)喜劇的事件(場面)

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

contagious

(病気が)接触伝染性の

《補語にのみ用いて》(人が)伝染病の原因になる,伝染病を広げる

すぐ広がる,移りやすい

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

modulate

‘を'調節する,調整する

〈声など〉‘の'調子(強さ,速さ)を変える

〈ラジオなど〉‘の'周波数を変える

〈楽曲が〉(ある調子から他の調子へ)転調する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

helpless

(病人・赤ん坊などが)『自分の始末ができない』,自分で用が足せない

(人・努力などが)『役に立たない』,無力な

(人が)救い(助け,保護)の得られない

(表情などが)当惑した,途方に暮れた

involuntary

不本意の,いやいやながら

無意識の,本能的な

不随意の

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

polite

『礼儀正しい』,『ていねいな』

『先練された』,教養のある,上品な:

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

communicative

話好きな,おしゃべりの

通信の,伝達の

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

voluntary

(強制ではなく)『自由意志でなされる』

(報酬なしで)『みずから進んでする』,自発の

(生理学で)随意の

《名詞の前にのみ用いて》篤志によってできた,任意寄付で維持される

(教会の礼拝前後の)オルガン独奏

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

Scott

スコット(Sir Walter Scott;1771‐1832;スコットランド出身の小説家・詩人)

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

applause

『拍手かっさい』;称賛

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

chimpanzee

黒ショウジョウ,チンパンジー

tickle

〈人・身体の一部など〉‘を'『くすぐる』,むずむずさせる

〈人の心・気持ち〉‘を'くすぐる,くすぐってうれしがらせる(楽しませる)

くすぐったい,むずむずする

くすぐったい(むずがゆい)感じ

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

voluntarily

みずから進んで,自発的に

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

whistling

口笛(笛)を吹くこと;ピュー(ヒュー)と鳴る音

extremely

『極端に』,非常に過度に

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

cue

きっかけ(俳優の登場またはせりふの合図),(せりふの)渡し文句

(行動の)きっかけ,合図

…‘に'きっかけ(指示)を与える

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

involuntarily

いやいやながら;無意識に

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

boring

退屈な,うんざりする

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

distract

(…から)〈人〉‘の'『注意』(『気持ち』,『関心』)『をそらす』,〈注意・心など〉‘を'『そらす』《+『名』+『from』+『名』》

《しばしば受動態で》〈人〉‘の'『心を乱す』,‘を'まごつかせる,当惑させる《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

nonetheless

『それでもなお』

significantly

意味ありげに,意味深長に

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

auditory

耳の,聴覚の

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

novel

『新奇な』,ざん新な

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

occupy

〈場所・空間〉‘を'『占める』,ふさぐ;〈時間〉‘を'とる,占める

〈地位〉‘を'占める

〈軍隊〉…‘を'占領する,占拒する

(ある時間)…‘に'居る

《受動態で,またはoneselfを目的にして》(…で)〈人〉‘の'時間をとる,‘を'手いっぱいにさせる《+『名』+『by』(『with, in』)+『名』(do『ing』)》

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

meaningful

有意義な,意義のある

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

necessarily

『必ず』,必然的に

opportunity

『機会』,好機

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

Royal Society

英国学士院

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

rapid

『速い』,『すばやい』,敏速な

(坂などが)急な,険しい

急流,早瀬

onset

攻撃,襲撃

(病気・季節などの)始まり,開始《+『of』+『名』》

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

fully

『十分に』,完全に

まるまる

puberty

(受胎能力が生じる)思春期,年ごろ

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

teens

(数字が‐teen で終わる)13から19までの数

《one's~》(人の)13から19歳までの期間,10代

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

grumpy

むっつりとした,気楠しい

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

incorrect

『不正確な』,誤った

適切でない

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

nuance

(意味・色彩などの)微妙な違い,陰影,ニュアンス

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

lab

実験室(laboratory)

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

longitudinal

経度の

長さの;縦の

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

polygraph

多元記録器・ポリグラフ(脈拍・血圧・呼吸などの同時記録装置・うそ発見器

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

irritate

…‘を'『怒らせる』,『いらだたせる』

…‘を'刺激する;…‘に'炎症を起こさせる

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

briefly

手短に,簡単に

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

physically

物質的に;身体上;物理的に

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

unpleasant

『不愉快な』,不仇感を与える,いやな

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

satisfaction

〈U〉(…を)『満足させること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に)『満足すること』《+『at』(『with』)+『名』》

〈C〉満足させるもの(こと)

《文》〈U〉(損害などの)賠償;(借金の)返済;(義務の)履行

〈U〉(決闘などによる)名誉回復の機会

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

index

(本・雑誌などの)『索引』;図書目録

指し示すもの,印

(計器などの)指針

指数・虜

《the I-》(カトック教会の)禁所目録

〈本など〉‘に'索引をつける

〈語など〉‘を'索引に載せる

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

emit

〈水・熱・光・音・声など〉‘を'『出す』,『発する』

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

romantic

『ロマンチックな』,伝奇(冒険,空想,英雄,恋愛)物語的な,小説にありそうな

(人,人の気持ちなどが)『空想的な』(考え・計画などが)非現実的な

《通例R-》(文学・芸術が)ロマン主義の,ロマン派の

空想的な人,ロマンチックな人

《しばしばR-》ロマン主義(派)の作家(詩人,芸術家)

《複数形で》空想的(非現実的)な考え,夢想的な感情(話,行動)

probably

『たぶん』,『おそらく』

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

East Germany

東ドイツ,ドイツ民主共和国(=German Democratic Republic)

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

macho

強く男らしい男

強くて男らしい

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

wet

『ぬれた』,湿った,乾いていない

『雨でぬれた』;雨降りの

《米》非(反)禁酒主義の

《英話》《軽べつして》(人が)気が弱い,湿っぽい,からっとしていない

《the wet》(特に雨後の)湿った地面

《the wet》『雨』;雨天

《しばしば a wet》《英俗》『酒』

…‘を'『ぬらす』,湿らせる

swimming

〈U〉『水泳』

〈C〉めまい

trunk

(枝および根と区別して樹木の)『幹』

(人・動物の)胴体

『トランク』旅行用箱型の大型かばん)

象の鼻

《複数形で》(文泳などスポーツ競技用の)男子用パンツ,チランクス

《米》(自動車後部の)荷物入れ,トランク(《英》boot)

=trunk line

towel

『タオル』,手ぬぐい,手ふき

…‘を'タオルでふく

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

visibly

目に見えて;明白に,ありありと

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

hospital

『病院』

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

funeral

『葬式』,葬儀,告別式

(死者を送る)葬列

葬式の,葬儀の

underpants

パンツ,ズボン下

Canadian

『カナダの;カナダ人の』

『カナダ人』

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

mum

《補語にのみ用いて》沈黙した,物を言わない(silent)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

sitcom

=situation comedy

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

okay

=OK,O.K.

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

関連動画