TED日本語 - マリーン・マッケーナ: 抗生物質が効かなくなったらどうすればよいのか?

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ペニシリンは全てを変えました。かつては死に至っていた感染症が、迅速に治療出来るようになったのです。しかし、マリーン・マッケーナがこの真剣なトークの中で語っているように、私たちは、ペニシリンと後継の抗生物質によって獲得した利点を無駄遣いしてしまいました。耐性菌の存在は、私たちが「抗生物質以後の世界」に入りつつあることを意味しています。それは快い世界ではありません。しかしながら、私たちには出来る事があるのです・・・今すぐに始めるのであれば。

Script

これは私の大叔父です 私の父の父の弟で 名前は ジョー・マッケーナでした 彼は若い夫で セミプロのバスケの選手でした そしてニューヨーク市の消防士でした 家族の記録によると 大の仕事好きだったようで 1938年に非番だったある日も 消防署で時間をつぶすことにしました その日を無駄にしないように 彼は全ての真鍮 ― トラック車体の手すり 壁面の付属器具 ― を磨き始めました すると 消火用のホースの先端の 大きく重い金属片が 棚から落ちて 彼を直撃しました 数日後 彼の肩は痛み始めました その2日後 熱が急に出ました 熱はどんどん上昇し 妻は彼の看病をしましたが 容体は全く変わらず 地元の医師に診てもらっても 何の変化も見られませんでした

家族はタクシーを止め 彼を病院まで連れて行きました 看護師は即座に彼が感染症に 罹患していると判断しました 当時病院では「敗血症」と 呼んでいたかもしれません おそらく口には出さなかったでしょうが 医師たちはすぐに 自分たちに出来る事は何もないと 分かったででしょう

それは現在私たちが 感染症を治療するために 使用しているものが まだ存在しなかったからです ペニシリンや抗生物質の最初の実験は 3年後だったのです 感染症に罹患した人々は 幸運にも回復するか 死亡するかでした 私の大叔父は運に恵まれませんでした 彼は一週間入院し 寒気に震え 脱水症状となり 錯乱状態でした 臓器不全となり昏睡状態に陥りました 状態が非常に絶望的になった為 消防署の人々が列をなして 彼に輸血をしました 血液中に急増している細菌を 少しでも薄めようとしましたが

何の効果も見られず 彼は亡くなりました 30歳でした

歴史を溯ってみれば 殆どの人々が 私の大叔父のように亡くなっていきました 殆どの人々は 今日西洋で私たちを苦しめている 癌や心臓病といった生活習慣病で 亡くなることはありませんでした 彼らが こうした病気で亡くならなかったのは その病気に罹る程 長生きをしなかったからです 彼らは負傷によって死んだのです ― おので怪我をしたり 戦場で銃撃されたり 産業革命の新しい工場の一つで 事故をおこしたりすると たいていの場合 その傷から始まる感染症が 命を奪ったのです

抗生物質が登場してから この全てが変わりました 「死の宣告」であった感染症が 突然 数日で回復するものとなったのです 奇跡のように思われました それ以来私たちは奇跡の薬による 黄金期の中で 生き続けてきました

そして今 その時代も 終わりを迎えようとしています 私の大叔父は「抗生物質以前の時代」 の最後に亡くなったのです 私たちは今日「抗生物質以後が終わった時代」 との境界に立っています それはジョー叔父さんが 罹ったような単純な感染が 再び人を死に至らしめる時代の始まりです

現にそれは既に存在しているのです 薬剤耐性と呼ばれる現象の為に 再び感染症で死んでいく人がいるのです 端的に言うと それはこういう事です バクテリアは 互いを阻害する 致死性の化合物を作る事によって 互いにエサや供給源を求めて 争うものです バクテリアの中には 身を守る為に この化学物質による攻撃に対する 防衛を進化させるものもあります 私たちが初めて抗生物質を作った時 それらの化合物を実験室に持ち込み その誘導体を作りました するとバクテリアはいつものように 我々の攻撃に反応しました

次に起こったのは これです 1943年にペニシリンが使用されると その耐性菌が1945年までに現れ あまねく広がりました バンコマイシンは1972年に登場し 1988年にはその耐性菌が出現しました イミペネムは1985年に登場し 1998年には耐性菌が出現しました 最も新しい薬の一つである ダプトマイシンは2003年に作られ 翌年の2004年には その耐性菌が出来ました

70年間 私たちは いたちごっこをしてきました 我々の薬に耐性菌が現れ ― 次の薬 次の耐性菌 今ゲームは終わりかけています バクテリアが あまりにも早く耐性を獲得するので 製薬会社は抗生剤を作る事が 自分たちの利益にならないと判断したのです それで感染症が世界中に広まり その為市場に流通する 100種類以上の 抗生物質の中で 2種類が効くけれど副作用がある感染症 1種類しか効かないもの ひとつも効かないものもあります

それはこんな状況です 2000年にアメリカ疾病管理予防センター(CDC)は ノースカロライナ州の病院で ある一つの症例を確認しました それは2つの薬以外の全てに 耐性菌を示す感染症でした 今日 KPCとして知られるその感染症は 3つの州を除くアメリカ全土 南アメリカ、ヨーロッパ、中東の あらゆる場所に広がっています 2008年にスウェーデンの医師は インド出身の男性に当時 一つの薬を除くすべてに 耐性を示す 別の感染症の診断を下しました その耐性を生み出す遺伝子は NDMとして知られていますが 現在インドから中国、アジア、アフリカ ヨーロッパ、カナダ、アメリカ合衆国に 広がっています

その感染症が特殊な症例であると 願うのは当然かもしれません しかし実際は アメリカとヨーロッパにおいて 年間5万人の人々が どんな薬も効かない感染症で 亡くなっているのです イギリス政府によって 支援されたプロジェクトである Review on Antimicrobial Resistance の推計によると 今現在の世界中の犠牲者は 年間70万人で

それは大変な数なのですが 私たちには 危険を感じない可能性が 十分あるのです 犠牲者の方々は病院のICUに 入院する患者や 終末期のホスピスに入った患者であって その感染症は私たちから隔たったところで生じ 自分たちとは縁遠いと思いがちなのです

私たちが考えたこともなく 思いもよらないことに 抗生物質は現代の生活の殆ど全てを 支えているのです

もし抗生物質がなければ失うものを 挙げてみます まず免疫システムが弱い人への保護があります 癌患者、エイズ患者 臓器移植患者、未熟児等に対する保護

次にその体内に異物を留置する治療 ― 梗塞に対するステント治療 糖尿病に対するポンプ治療 透析、関節置換術です 逞しいベビーブーマーたちが新たな 人工股関節や人工膝関節を必要とします 最近の研究によると 抗生物質がなければ 6人に1人は命を落とすだろうと 言われています

次に来るのは おそらく手術が出来なくなることです 多くの手術は抗生物質の 予防投与がされています その保護がなければ 私たちは体の内部を 切開する能力を失うでしょう 心臓手術も出来なければ 前立腺生検も出来ず 帝王切開も出来ません 私たちは現在些細なものと考えている 感染症に注意するようにしなければなりません かつて 溶連菌喉頭炎は 心不全を引き起こしていました 皮膚感染症が肢切断に繋がりました 最も清潔な病院での 感染症による産婦の死亡は 100例に1例の割合で起こりました 肺炎では10人に3人の子供たちが 死亡しました

他の何よりも 私たちは日常生活を生きる上で 信頼できる方法を失うでしょう どんな怪我も死に繋がる 可能性があると知っているなら モーターバイクに乗ったり スキーでゲレンデを滑降したり クリスマスの照明を装飾するのに 梯子を上ったり 子どもに本塁まで滑り込ませますか? ペニシリン接種を最初に受けた アルバート・アレキサンダーという名の イギリスの警察官は 何しろ 至極簡単なことが原因で 感染しましたが 感染症がひどくなり 頭皮から膿が滲み出ており 眼球を摘出しなければなりませんでした 彼は 自分の庭に入っていくときに 棘で顔を引っかいたのです 前に挙げたイギリスのプロジェクトによると 現在世界中で死者が 年間70万人と推定され 2050年迄にこれを鎮圧出来なければ 間もなく死者は年間1千万人に 達するだろうとのことでした

こんな恐ろしい数字を 予見せざるを得ない状況に 至ったのはどうしてでしょう? 難解な答えですが 自分たちで行った事です 耐性獲得は生物的な過程として不可避ですが 私たちはそれを加速させた事に対する 責任があります 加速させたのは抗生物質の浪費によってです 今から振り返ると 恐ろしいほど無頓着でした ペニシリンは1950年代まで 店頭で販売されていました 開発途上国の多くでは 未だに大半の抗生物質を店で買えます アメリカでは病院で渡される 抗生物質の50%が 不必要なものです 医師の書く処方箋の45%が 抗生物質の効かない 状態に対するものです それは医療についてだけです この惑星に住むほとんどの食肉動物に 日常的に抗生物質が与えられています それは病気を治療するためではなく 動物を太らせ 飼育施設の環境から保護するためなのです アメリカでは毎年 売られた抗生物質の80%が 人間にではなく農場の動物に使われており 農場から流れ出る 水、ちり そして出荷される肉の中に 耐性菌が生まれるのです 特にアジアでは 魚介類の養殖も 抗生物質に頼っています りんご、梨、柑橘類を病気から守る為に 果実の生育を抗生物質に頼っています まるで旅行者が 空港で荷物を預けるように バクテリアは互いのDNAを 受け渡す事が出来るので 一旦私たちがその耐性を作らせてしまうと それがどこに広がるかは 分からないのです

これは予想可能な事でした 実際 それはペニシリンを発見した アレキサンダー・フレミングが 予測した事でした 彼は1945年にその発見が評価され ノーベル賞を受賞しました そのすぐ後のインタビューで 彼はこう語っています

「ペニシリン治療を弄ぶ 思慮のない人間は 道徳的見地から ペニシリン耐性菌による 感染症に倒れる人の死に責任を持っている」 又こう続けています 「この悪弊が避けられることを願う」

私たちはそれを回避 出来るでしょうか? 新しい抗生物質に 取り組んでいる会社があります それは「抗生物質が効かない菌」が 目にしたことのない程 強力な薬です そのような新薬がとても必要なのです 私たちにはインセンティブ ― 開発に対する助成金、特許条件の優遇 褒賞、他の会社が再び抗生物質を 作るように誘導すること等 ― が必要なのです

でもそれだけでは十分ではありません 何故か ― それはバクテリアの進化が 必ず勝利するからです バクテリアは20分ごとに 新しい世代を生み出しています 薬学が新たな薬を得るのには 10年かかります 私たちは抗生物質を使うたびに 耐性を獲得する何百万回もの機会を バクテリアに与えています バクテリアが打ち負かすことの 出来なかった薬は 未だに一つもないのです

これは非対称な戦いですが 結果を変えることは出来るのです 抗生物質の使われ方についてのデータを 自動的かつ具体的に 収集するシステムを 確立することが出来ます 私たちは薬剤注文システムに 関門を設定出来ます どの処方箋も 二重チェックされるようにです 私たちは農業に抗生物質を使うのを 止めるよう要求出来ます 何処に耐性菌が現れたかを 知らせる監視システムを 作ることが出来ます

これらは技術的な解決策です 皆さんの支援がなければ これだけでは不十分です 抗生物質の耐性は習慣から生じました 習慣を変えるのが至難の技なのは 周知のことです しかし実社会で 私たちはそれを過去に行ってきました 人々は街頭にゴミを放り投げ シートベルトを締めず 公共の建物の中で喫煙をしていました 今はそんな事はしません 私たちは環境を汚したり みすみす重大事故を起こしたり 他人を癌の可能性に曝したりしません それはこれらには金がかかり 有害で 自分たちにとって 都合が良いものではないと判断したからです 私たちは社会規範を変えたのです 抗生物質の規範も変える事が 出来るのです

抗生物質に対する耐性菌の出現は 圧倒的に大きな問題に思えますが 温暖化問題が心配だから 蛍光灯を買った事があったり パーム油のための 森林破壊が気になるから クラッカーの箱のラベルを 読んだことがあるなら 圧倒的な問題に立ち向かう 小さなステップを 歩む事がどんなものか 既に分かっているでしょう 私たちは抗生物質の使用に於いても このステップを歩む事が出来るのです 効果が確かでないなら 抗生物質なしで済ます事も出来るのです 子供の耳の感染症の原因が はっきりするまでは 抗生物質を求めるのを 控えることも出来ます どのレストランでも スーパーでも この肉はどこから来たのかと 尋ねることが出来ます 私たちは互いに こう約束します 抗生物質を常用して育ったチキンや 海老、果物は決して買わないと もしそれをするなら 「抗生物質が終わった世界」の到来を 遅らせる事が出来るのです

しかし私たちは迅速に それを行わなければなりません ペニシリンは1943年に 抗生物質の時代を開きました たった70年で 私たちは 大災害の縁まで歩んで来ました この困難を切り抜けるのに 私たちに70年という時間はないのです

ありがとうございました

(拍手)

This is my great uncle, my father's father's younger brother. His name was Joe McKenna. He was a young husband and a semi-pro basketball player and a fireman in New York City. Family history says he loved being a fireman, and so in 1938, on one of his days off, he elected to hang out at the firehouse. To make himself useful that day, he started polishing all the brass, the railings on the fire truck, the fittings on the walls, and one of the fire hose nozzles, a giant, heavy piece of metal, toppled off a shelf and hit him. A few days later, his shoulder started to hurt. Two days after that, he spiked a fever. The fever climbed and climbed. His wife was taking care of him, but nothing she did made a difference, and when they got the local doctor in, nothing he did mattered either.

They flagged down a cab and took him to the hospital. The nurses there recognized right away that he had an infection, what at the time they would have called "blood poisoning," and though they probably didn't say it, they would have known right away that there was nothing they could do.

There was nothing they could do because the things we use now to cure infections didn't exist yet. The first test of penicillin, the first antibiotic, was three years in the future. People who got infections either recovered, if they were lucky, or they died. My great uncle was not lucky. He was in the hospital for a week, shaking with chills, dehydrated and delirious, sinking into a coma as his organs failed. His condition grew so desperate that the people from his firehouse lined up to give him transfusions hoping to dilute the infection surging through his blood.

Nothing worked. He died. He was 30 years old.

If you look back through history, most people died the way my great uncle died. Most people didn't die of cancer or heart disease, the lifestyle diseases that afflict us in the West today. They didn't die of those diseases because they didn't live long enough to develop them. They died of injuries -- being gored by an ox, shot on a battlefield, crushed in one of the new factories of the Industrial Revolution -- and most of the time from infection, which finished what those injuries began.

All of that changed when antibiotics arrived. Suddenly, infections that had been a death sentence became something you recovered from in days. It seemed like a miracle, and ever since, we have been living inside the golden epoch of the miracle drugs.

And now, we are coming to an end of it. My great uncle died in the last days of the pre-antibiotic era. We stand today on the threshold of the post-antibiotic era, in the earliest days of a time when simple infections such as the one Joe had will kill people once again.

In fact, they already are. People are dying of infections again because of a phenomenon called antibiotic resistance. Briefly, it works like this. Bacteria compete against each other for resources, for food, by manufacturing lethal compounds that they direct against each other. Other bacteria, to protect themselves, evolve defenses against that chemical attack. When we first made antibiotics, we took those compounds into the lab and made our own versions of them, and bacteria responded to our attack the way they always had.

Here is what happened next: Penicillin was distributed in 1943, and widespread penicillin resistance arrived by 1945. Vancomycin arrived in 1972, vancomycin resistance in 1988. Imipenem in 1985, and resistance to in 1998. Daptomycin,one of the most recent drugs, in 2003, and resistance to it just a year later in 2004.

For 70 years, we played a game of leapfrog -- our drug and their resistance, and then another drug, and then resistance again -- and now the game is ending. Bacteria develop resistance so quickly that pharmaceutical companies have decided making antibiotics is not in their best interest, so there are infections moving across the world for which, out of the more than 100 antibiotics available on the market,two drugs might work with side effects, or one drug, or none.

This is what that looks like. In 2000, the Centers for Disease Control and Prevention, the CDC, identified a single case in a hospital in North Carolina of an infection resistant to all but two drugs. Today, that infection, known as KPC, has spread to every state but three, and to South America, Europe and the Middle East. In 2008, doctors in Sweden diagnosed a man from India with a different infection resistant to all but one drug that time. The gene that creates that resistance, known as NDM, has now spread from India into China, Asia, Africa, Europe and Canada, and the United States.

It would be natural to hope that these infections are extraordinary cases, but in fact, in the United States and Europe,50,000 people a year die of infections which no drugs can help. A project chartered by the British government known as the Review on Antimicrobial Resistance estimates that the worldwide toll right now is 700,000 deaths a year.

That is a lot of deaths, and yet, the chances are good that you don't feel at risk, that you imagine these people were hospital patients in intensive care units or nursing home residents near the ends of their lives, people whose infections are remote from us, in situations we can't identify with.

What you didn't think about, none of us do, is that antibiotics support almost all of modern life.

If we lost antibiotics, here's what else we'd lose: First, any protection for people with weakened immune systems -- cancer patients, AIDS patients, transplant recipients, premature babies.

Next, any treatment that installs foreign objects in the body: stents for stroke, pumps for diabetes, dialysis, joint replacements. How many athletic baby boomers need new hips and knees? A recent study estimates that without antibiotics,one out of ever six would die.

Next, we'd probably lose surgery. Many operations are preceded by prophylactic doses of antibiotics. Without that protection, we'd lose the ability to open the hidden spaces of the body. So no heart operations, no prostate biopsies, no Cesarean sections. We'd have to learn to fear infections that now seem minor. Strep throat used to cause heart failure. Skin infections led to amputations. Giving birth killed, in the cleanest hospitals, almost one woman out of every 100. Pneumonia took three children out of every 10.

More than anything else, we'd lose the confident way we live our everyday lives. If you knew that any injury could kill you, would you ride a motorcycle, bomb down a ski slope, climb a ladder to hang your Christmas lights, let your kid slide into home plate? After all, the first person to receive penicillin, a British policeman named Albert Alexander, who was so ravaged by infection that his scalp oozed pus and doctors had to take out an eye, was infected by doing something very simple. He walked into his garden and scratched his face on a thorn. That British project I mentioned which estimates that the worldwide toll right now is 700,000 deaths a year also predicts that if we can't get this under control by 2050, not long, the worldwide toll will be 10 million deaths a year.

How did we get to this point where what we have to look forward to is those terrifying numbers? The difficult answer is, we did it to ourselves. Resistance is an inevitable biological process, but we bear the responsibility for accelerating it. We did this by squandering antibiotics with a heedlessness that now seems shocking. Penicillin was sold over the counter until the 1950s. In much of the developing world, most antibiotics still are. In the United States,50 percent of the antibiotics given in hospitals are unnecessary. Forty-five percent of the prescriptions written in doctor's offices are for conditions that antibiotics can not help. And that's just in healthcare. On much of the planet, most meat animals get antibiotics every day of their lives, not to cure illnesses, but to fatten them up and to protect them against the factory farm conditions they are raised in. In the United States, possibly 80 percent of the antibiotics sold every year go to farm animals, not to humans, creating resistant bacteria that move off the farm in water, in dust, in the meat the animals become. Aquaculture depends on antibiotics too, particularly in Asia, and fruit growing relies on antibiotics to protect apples, pears, citrus, against disease. And because bacteria can pass their DNA to each other like a traveler handing off a suitcase at an airport, once we have encouraged that resistance into existence, there is no knowing where it will spread.

This was predictable. In fact, it was predicted by Alexander Fleming, the man who discovered penicillin. He was given the Nobel Prize in 1945 in recognition, and in an interview shortly after, this is what he said:

"The thoughtless person playing with penicillin treatment is morally responsible for the death of a man who succumbs to infection with a pencillin-resistant organism." He added, "I hope this evil can be averted."

Can we avert it? There are companies working on novel antibiotics, things the superbugs have never seen before. We need those new drugs badly, and we need incentives: discovery grants, extended patents, prizes, to lure other companies into making antibiotics again.

But that probably won't be enough. Here's why: Evolution always wins. Bacteria birth a new generation every 20 minutes. It takes pharmaceutical chemistry 10 years to derive a new drug. Every time we use an antibiotic, we give the bacteria billions of chances to crack the codes of the defenses we've constructed. There has never yet been a drug they could not defeat.

This is asymmetric warfare, but we can change the outcome. We could build systems to harvest data to tell us automatically and specifically how antibiotics are being used. We could build gatekeeping into drug order systems so that every prescription gets a second look. We could require agriculture to give up antibiotic use. We could build surveillance systems to tell us where resistance is emerging next.

Those are the tech solutions. They probably aren't enough either, unless we help. Antibiotic resistance is a habit. We all know how hard it is to change a habit. But as a society, we've done that in the past. People used to toss litter into the streets, used to not wear seatbelts, used to smoke inside public buildings. We don't do those things anymore. We don't trash the environment or court devastating accidents or expose others to the possibility of cancer, because we decided those things were expensive, destructive, not in our best interest. We changed social norms. We could change social norms around antibiotic use too.

I know that the scale of antibiotic resistance seems overwhelming, but if you've ever bought a fluorescent lightbulb because you were concerned about climate change, or read the label on a box of crackers because you think about the deforestation from palm oil, you already know what it feels like to take a tiny step to address an overwhelming problem. We could take those kinds of steps for antibiotic use too. We could forgo giving an antibiotic if we're not sure it's the right one. We could stop insisting on a prescription for our kid's ear infection before we're sure what caused it. We could ask every restaurant, every supermarket, where their meat comes from. We could promise each other never again to buy chicken or shrimp or fruit raised with routine antibiotic use, and if we did those things, we could slow down the arrival of the post-antibiotic world.

But we have to do it soon. Penicillin began the antibiotic era in 1943. In just 70 years, we walked ourselves up to the edge of disaster. We won't get 70 years to find our way back out again.

Thank you very much.

(Applause)

This is my great uncle,/ my father's father's younger brother.//

これは私の大叔父です 私の父の父の弟で 名前は

His name was Joe McKenna.//

ジョー・マッケーナでした

He was a young husband and a semi-pro basketball player and a fireman/ in New York City.//

彼は若い夫で セミプロのバスケの選手でした そしてニューヨーク市の消防士でした

Family history says/ he loved being a fireman,/ and so/ in 1938,/ on one of his days off,/ he elected to hang out/ at the firehouse.//

家族の記録によると 大の仕事好きだったようで 1938年に非番だったある日も 消防署で時間をつぶすことにしました

To make himself useful/ that day,/ he started polishing/ all the brass,/ the railings/ on the fire truck,/ the fittings/ on the walls,/ and one of the fire hose nozzles,/ a giant, heavy piece of metal,/ toppled off/ a shelf/ and hit him.//

その日を無駄にしないように 彼は全ての真鍮 ― トラック車体の手すり 壁面の付属器具 ― を磨き始めました すると 消火用のホースの先端の 大きく重い金属片が 棚から落ちて 彼を直撃しました

A few days later,/ his shoulder started to hurt.//

数日後 彼の肩は痛み始めました

Two days/ after that,/ he spiked a fever.//

その2日後 熱が急に出ました

The fever climbed and climbed.//

熱はどんどん上昇し

His wife was taking care of him,/ but nothing/ she did made a difference,/ and when they got the local doctor in,/ nothing/ he did mattered either.//

妻は彼の看病をしましたが 容体は全く変わらず 地元の医師に診てもらっても 何の変化も見られませんでした

They flagged down/ a cab/ and took him/ to the hospital.//

家族はタクシーを止め 彼を病院まで連れて行きました

The nurses there recognized right away/ that he had an infection,/ what at the time/ they would have called "blood poisoning,/"/ and/ though they probably didn't say it,/ they would have known right away/ that there was nothing/ they could do.//

看護師は即座に彼が感染症に 罹患していると判断しました 当時病院では「敗血症」と 呼んでいたかもしれません おそらく口には出さなかったでしょうが 医師たちはすぐに 自分たちに出来る事は何もないと 分かったででしょう

There was nothing/ they could do/ because the things/ we use now/ to cure infections didn't exist yet.//

それは現在私たちが 感染症を治療するために 使用しているものが まだ存在しなかったからです

The first test of penicillin,/ the first antibiotic,/ was three years/ in the future.//

ペニシリンや抗生物質の最初の実験は 3年後だったのです

People/ who got infections/ either recovered,/ if they were lucky,/ or they died.//

感染症に罹患した人々は 幸運にも回復するか 死亡するかでした

My great uncle was not lucky.//

私の大叔父は運に恵まれませんでした

He was in the hospital/ for a week,/ shaking with chills,/ dehydrated and delirious,/ sinking into a coma/ as his organs failed.//

彼は一週間入院し 寒気に震え 脱水症状となり 錯乱状態でした 臓器不全となり昏睡状態に陥りました

His condition grew so desperate/ that the people/ from his firehouse lined up/ to give him/ transfusions/ hoping to dilute/ the infection/ surging through his blood.//

状態が非常に絶望的になった為 消防署の人々が列をなして 彼に輸血をしました 血液中に急増している細菌を 少しでも薄めようとしましたが

Nothing worked.// He died.//

何の効果も見られず 彼は亡くなりました

He was 30 years old.//

30歳でした

If you look back/ through history,/ most people died the way/ my great uncle/ died.//

歴史を溯ってみれば 殆どの人々が 私の大叔父のように亡くなっていきました

Most people didn't die of cancer or heart disease,/ the lifestyle diseases/ that afflict us/ in the West today.//

殆どの人々は 今日西洋で私たちを苦しめている 癌や心臓病といった生活習慣病で 亡くなることはありませんでした

They didn't die of those diseases/ because they didn't live long enough/ to develop them.//

彼らが こうした病気で亡くならなかったのは その病気に罹る程 長生きをしなかったからです

They died of injuries --/ being gored by an ox,/ shot on a battlefield,/ crushed in one of the new factories of the Industrial Revolution --/ and most of the time/ from infection,/ which finished/ what those injuries began.//

彼らは負傷によって死んだのです ― おので怪我をしたり 戦場で銃撃されたり 産業革命の新しい工場の一つで 事故をおこしたりすると たいていの場合 その傷から始まる感染症が 命を奪ったのです

All of that changed/ when antibiotics arrived.//

抗生物質が登場してから この全てが変わりました

Suddenly,/ infections/ that had been/ a death sentence became something/ you recovered from in days.//

「死の宣告」であった感染症が 突然 数日で回復するものとなったのです

It seemed like a miracle,/ and ever since,/ we have been living inside the golden epoch of the miracle drugs.//

奇跡のように思われました それ以来私たちは奇跡の薬による 黄金期の中で 生き続けてきました

And now,/ we are coming to an end of it.//

そして今 その時代も 終わりを迎えようとしています

My great uncle died in the last days of the pre-antibiotic era.//

私の大叔父は「抗生物質以前の時代」 の最後に亡くなったのです

We stand today/ on the threshold of the post-antibiotic era,/ in the earliest days of a time/ when simple infections/ such as the one Joe had/ will kill people once again.//

私たちは今日「抗生物質以後が終わった時代」 との境界に立っています それはジョー叔父さんが 罹ったような単純な感染が 再び人を死に至らしめる時代の始まりです

In fact,/ they already are.//

現にそれは既に存在しているのです

People are dying of infections again/ because of a phenomenon called antibiotic resistance.//

薬剤耐性と呼ばれる現象の為に 再び感染症で死んでいく人がいるのです

Briefly,/ it works like this.//

端的に言うと それはこういう事です

Bacteria compete/ against each other/ for resources,/ for food,/ by manufacturing lethal compounds/ that they direct against each other.//

バクテリアは 互いを阻害する 致死性の化合物を作る事によって 互いにエサや供給源を求めて 争うものです

Other bacteria,/ to protect themselves,/ evolve defenses/ against that chemical attack.//

バクテリアの中には 身を守る為に この化学物質による攻撃に対する 防衛を進化させるものもあります

When we first made antibiotics,/ we took those compounds/ into the lab/ and made our own versions of them,/ and bacteria responded to our attack/ the way/ they always had.//

私たちが初めて抗生物質を作った時 それらの化合物を実験室に持ち込み その誘導体を作りました するとバクテリアはいつものように 我々の攻撃に反応しました

Here is/ what happened next:/ Penicillin was distributed in 1943,/ and widespread penicillin resistance arrived by 1945.//

次に起こったのは これです 1943年にペニシリンが使用されると その耐性菌が1945年までに現れ あまねく広がりました

Vancomycin arrived in 1972,/ vancomycin resistance/ in 1988.//

バンコマイシンは1972年に登場し 1988年にはその耐性菌が出現しました

Imipenem/ in 1985,/ and resistance/ to/ in 1998.//

イミペネムは1985年に登場し 1998年には耐性菌が出現しました

Daptomycin,/one of the most recent drugs,/ in 2003,/ and resistance/ to it/ just a year later/ in 2004.//

最も新しい薬の一つである ダプトマイシンは2003年に作られ 翌年の2004年には その耐性菌が出来ました

For 70 years,/ we played a game of leapfrog --/ our drug and their resistance,/ and then/ another drug,/ and then/ resistance again --/ and now/ the game is ending.//

70年間 私たちは いたちごっこをしてきました 我々の薬に耐性菌が現れ ― 次の薬 次の耐性菌 今ゲームは終わりかけています

Bacteria develop resistance so quickly/ that pharmaceutical companies have decided making/ antibiotics is not in their best interest,/ so/ there are infections/ moving across the world/ for which,/ out of the more than 100 antibiotics available/ on the market,/two drugs might work with side effects,/ or one drug,/ or none.//

バクテリアが あまりにも早く耐性を獲得するので 製薬会社は抗生剤を作る事が 自分たちの利益にならないと判断したのです それで感染症が世界中に広まり その為市場に流通する 100種類以上の 抗生物質の中で 2種類が効くけれど副作用がある感染症 1種類しか効かないもの ひとつも効かないものもあります

This is/ what/ that looks like.//

それはこんな状況です

In 2000,/ the Centers/ for Disease Control and Prevention,/ the CDC,/ identified a single case/ in a hospital/ in North Carolina of an infection resistant/ to all but two drugs.//

2000年にアメリカ疾病管理予防センター(CDC)は ノースカロライナ州の病院で ある一つの症例を確認しました それは2つの薬以外の全てに 耐性菌を示す感染症でした

Today,/ that infection,/ known as KPC,/ has spread to every state but three,/ and/ to South America,/ Europe and the Middle East.//

今日 KPCとして知られるその感染症は 3つの州を除くアメリカ全土 南アメリカ、ヨーロッパ、中東の あらゆる場所に広がっています

In 2008,/ doctors/ in Sweden diagnosed a man/ from India/ with a different infection resistant/ to all/ but one drug/ that time.//

2008年にスウェーデンの医師は インド出身の男性に当時 一つの薬を除くすべてに 耐性を示す 別の感染症の診断を下しました

The gene/ that creates/ that resistance,/ known as NDM,/ has now spread from India/ into China,/ Asia,/ Africa,/ Europe and Canada,/ and the United States.//

その耐性を生み出す遺伝子は NDMとして知られていますが 現在インドから中国、アジア、アフリカ ヨーロッパ、カナダ、アメリカ合衆国に 広がっています

It would be natural/ to hope/ that these infections are extraordinary cases,/ but in fact,/ in the United States and Europe,/50,000 people/ a year die of infections/ which no drugs can help.//

その感染症が特殊な症例であると 願うのは当然かもしれません しかし実際は アメリカとヨーロッパにおいて 年間5万人の人々が どんな薬も効かない感染症で 亡くなっているのです

A project chartered by the British government known as the Review/ on Antimicrobial Resistance estimates/ that the worldwide toll right now is 700,000 deaths/ a year.//

イギリス政府によって 支援されたプロジェクトである Review on Antimicrobial Resistance の推計によると 今現在の世界中の犠牲者は 年間70万人で

That is a lot of deaths,/ and yet,/ the chances are good/ that you don't feel at risk,/ that you imagine/ these people were hospital patients/ in intensive care units/ or nursing home residents/ near the ends of their lives,/ people/ whose infections are remote/ from us,/ in situations/ we can't identify with.//

それは大変な数なのですが 私たちには 危険を感じない可能性が 十分あるのです 犠牲者の方々は病院のICUに 入院する患者や 終末期のホスピスに入った患者であって その感染症は私たちから隔たったところで生じ 自分たちとは縁遠いと思いがちなのです

What you didn't think about,/ none of us do,/ is/ that antibiotics support almost all of modern life.//

私たちが考えたこともなく 思いもよらないことに 抗生物質は現代の生活の殆ど全てを 支えているのです

If we lost antibiotics,/ here's/ what else/ we'd lose:/ First,/ any protection/ for people/ with weakened immune systems --/ cancer patients,/ AIDS patients,/ transplant recipients,/ premature babies.//

もし抗生物質がなければ失うものを 挙げてみます まず免疫システムが弱い人への保護があります 癌患者、エイズ患者 臓器移植患者、未熟児等に対する保護

Next,/ any treatment/ that installs foreign objects/ in the body:/ stents/ for stroke,/ pumps/ for diabetes,/ dialysis,/ joint replacements.//

次にその体内に異物を留置する治療 ― 梗塞に対するステント治療 糖尿病に対するポンプ治療 透析、関節置換術です

How many athletic baby boomers need new hips and knees?//

逞しいベビーブーマーたちが新たな 人工股関節や人工膝関節を必要とします

A recent study estimates/ that without antibiotics,/one/ out of ever six would die.//

最近の研究によると 抗生物質がなければ 6人に1人は命を落とすだろうと 言われています

Next,/ we'd probably lose surgery.//

次に来るのは おそらく手術が出来なくなることです

多くの手術は抗生物質の 予防投与がされています

Without that protection,/ we'd lose the ability/ to open the hidden spaces of the body.//

その保護がなければ 私たちは体の内部を 切開する能力を失うでしょう

So no heart operations,/ no prostate biopsies,/ no Cesarean sections.//

心臓手術も出来なければ 前立腺生検も出来ず 帝王切開も出来ません

We'd have to learn/ to fear infections/ that now seem minor.//

私たちは現在些細なものと考えている 感染症に注意するようにしなければなりません

かつて 溶連菌喉頭炎は 心不全を引き起こしていました

皮膚感染症が肢切断に繋がりました

Giving birth killed,/ in the cleanest hospitals,/ almost one woman/ out of every 100.//

最も清潔な病院での 感染症による産婦の死亡は 100例に1例の割合で起こりました

Pneumonia took three children/ out of every 10.//

肺炎では10人に3人の子供たちが 死亡しました

More/ than anything else,/ we'd lose the confident way/ we live our everyday lives.//

他の何よりも 私たちは日常生活を生きる上で 信頼できる方法を失うでしょう

If you knew/ that any injury could kill you,/ would/ you ride a motorcycle,/ bomb down/ a ski slope,/ climb a ladder/ to hang your Christmas lights,/ let your kid slide/ into home plate?//

どんな怪我も死に繋がる 可能性があると知っているなら モーターバイクに乗ったり スキーでゲレンデを滑降したり クリスマスの照明を装飾するのに 梯子を上ったり 子どもに本塁まで滑り込ませますか?

After all,/ the first person to receive penicillin,/ a British policeman named Albert Alexander,/ who was so ravaged by infection/ that his scalp oozed pus/ and doctors had to take out/ an eye,/ was infected by doing something very simple.//

ペニシリン接種を最初に受けた アルバート・アレキサンダーという名の イギリスの警察官は 何しろ 至極簡単なことが原因で 感染しましたが 感染症がひどくなり 頭皮から膿が滲み出ており 眼球を摘出しなければなりませんでした

He walked into his garden/ and scratched his face/ on a thorn.//

彼は 自分の庭に入っていくときに 棘で顔を引っかいたのです

That British project/ I mentioned/ which estimates/ that the worldwide toll right now is 700,000 deaths/ a year also predicts/ that if we can't get this/ under control/ by 2050,/ not long,/ the worldwide toll will be 10 million deaths/ a year.//

前に挙げたイギリスのプロジェクトによると 現在世界中で死者が 年間70万人と推定され 2050年迄にこれを鎮圧出来なければ 間もなく死者は年間1千万人に 達するだろうとのことでした

How did we get to this point/ where/ what we have to look forward/ to is those terrifying numbers?//

こんな恐ろしい数字を 予見せざるを得ない状況に 至ったのはどうしてでしょう?

The difficult answer is,/ we did it/ to ourselves.//

難解な答えですが 自分たちで行った事です

Resistance is an inevitable biological process,/ but we bear the responsibility/ for accelerating it.//

耐性獲得は生物的な過程として不可避ですが 私たちはそれを加速させた事に対する 責任があります

We did this/ by squandering antibiotics/ with a heedlessness/ that now seems shocking.//

加速させたのは抗生物質の浪費によってです 今から振り返ると 恐ろしいほど無頓着でした

Penicillin was sold over the counter/ until the 1950s.//

ペニシリンは1950年代まで 店頭で販売されていました

In much of the developing world,/ most antibiotics still are.//

開発途上国の多くでは 未だに大半の抗生物質を店で買えます

In the United States,/50 percent of the antibiotics given in hospitals are unnecessary.//

アメリカでは病院で渡される 抗生物質の50%が 不必要なものです

Forty-five percent of the prescriptions written in doctor's offices are for conditions/ that antibiotics can not help.//

医師の書く処方箋の45%が 抗生物質の効かない 状態に対するものです

And that's just/ in healthcare.//

それは医療についてだけです

On much of the planet,/ most meat animals get antibiotics/ every day of their lives,/ not to cure illnesses,/ but to fatten them up/ and to protect them/ against the factory farm conditions/ they are raised in.//

この惑星に住むほとんどの食肉動物に 日常的に抗生物質が与えられています それは病気を治療するためではなく 動物を太らせ 飼育施設の環境から保護するためなのです

In the United States,/ possibly 80 percent of the antibiotics sold/ every year go to farm animals,/ not to humans,/ creating resistant bacteria/ that move off the farm/ in water,/ in dust,/ in the meat/ the animals become.//

アメリカでは毎年 売られた抗生物質の80%が 人間にではなく農場の動物に使われており 農場から流れ出る 水、ちり そして出荷される肉の中に 耐性菌が生まれるのです

特にアジアでは 魚介類の養殖も 抗生物質に頼っています りんご、梨、柑橘類を病気から守る為に 果実の生育を抗生物質に頼っています

And/ because bacteria can pass their DNA/ to each other/ like a traveler/ handing off/ a suitcase/ at an airport,/ once we have encouraged/ that resistance/ into existence,/ there is no knowing/ where it will spread.//

まるで旅行者が 空港で荷物を預けるように バクテリアは互いのDNAを 受け渡す事が出来るので 一旦私たちがその耐性を作らせてしまうと それがどこに広がるかは 分からないのです

This was predictable.//

これは予想可能な事でした

In fact,/ it was predicted by Alexander Fleming,/ the man/ who discovered penicillin.//

実際 それはペニシリンを発見した アレキサンダー・フレミングが 予測した事でした

He was given the Nobel Prize/ in 1945/ in recognition,/ and in an interview shortly after,/ this is/ what he said:/ "The thoughtless person/ playing with penicillin treatment is morally responsible/ for the death of a man/ who succumbs to infection/ with a pencillin-resistant organism."//

彼は1945年にその発見が評価され ノーベル賞を受賞しました そのすぐ後のインタビューで 彼はこう語っています 「ペニシリン治療を弄ぶ 思慮のない人間は 道徳的見地から ペニシリン耐性菌による 感染症に倒れる人の死に責任を持っている」

He added,/ "I hope/ this evil can be averted."//

又こう続けています 「この悪弊が避けられることを願う」

Can we avert it?//

私たちはそれを回避 出来るでしょうか?

There are companies/ working on novel antibiotics,/ things/ the superbugs have never seen before.//

新しい抗生物質に 取り組んでいる会社があります それは「抗生物質が効かない菌」が 目にしたことのない程 強力な薬です

We need those new drugs badly,/ and we need incentives:/ discovery grants,/ extended patents,/ prizes,/ to lure other companies/ into making antibiotics again.//

そのような新薬がとても必要なのです 私たちにはインセンティブ ― 開発に対する助成金、特許条件の優遇 褒賞、他の会社が再び抗生物質を 作るように誘導すること等 ― が必要なのです

But that probably won't be enough.//

でもそれだけでは十分ではありません

Here's/ why:/ Evolution always wins.//

何故か ― それはバクテリアの進化が 必ず勝利するからです

Bacteria birth/ a new generation/ every 20 minutes.//

バクテリアは20分ごとに 新しい世代を生み出しています

It takes pharmaceutical chemistry/ 10 years/ to derive a new drug.//

薬学が新たな薬を得るのには 10年かかります

Every time/ we use an antibiotic,/ we give the bacteria/ billions of chances/ to crack the codes of the defenses/ we've constructed.//

私たちは抗生物質を使うたびに 耐性を獲得する何百万回もの機会を バクテリアに与えています

There has never yet been a drug/ they could not defeat.//

バクテリアが打ち負かすことの 出来なかった薬は 未だに一つもないのです

This is asymmetric warfare,/ but we can change the outcome.//

これは非対称な戦いですが 結果を変えることは出来るのです

We could build systems/ to harvest data/ to tell us automatically and specifically/ how antibiotics are being used.//

抗生物質の使われ方についてのデータを 自動的かつ具体的に 収集するシステムを 確立することが出来ます

We could build gatekeeping/ into drug order systems/ so that every prescription gets a second look.//

私たちは薬剤注文システムに 関門を設定出来ます どの処方箋も 二重チェックされるようにです

We could require agriculture/ to give up/ antibiotic use.//

私たちは農業に抗生物質を使うのを 止めるよう要求出来ます

We could build surveillance systems/ to tell us/ where resistance is emerging next.//

何処に耐性菌が現れたかを 知らせる監視システムを 作ることが出来ます

Those are the tech solutions.//

これらは技術的な解決策です

They probably aren't enough either,/ unless we help.//

皆さんの支援がなければ これだけでは不十分です

抗生物質の耐性は習慣から生じました

We/ all know how hard/ it is to change a habit.//

習慣を変えるのが至難の技なのは 周知のことです

But as a society,/ we've done/ that in the past.//

しかし実社会で 私たちはそれを過去に行ってきました

People used to toss litter/ into the streets,/ used to not wear seatbelts,/ used to smoke inside public buildings.//

人々は街頭にゴミを放り投げ シートベルトを締めず 公共の建物の中で喫煙をしていました

We don't do those things/ anymore.//

今はそんな事はしません

We don't trash the environment or court/ devastating accidents/ or expose others/ to the possibility of cancer,/ because we decided/ those things were expensive,/ destructive, not in our best interest.//

私たちは環境を汚したり みすみす重大事故を起こしたり 他人を癌の可能性に曝したりしません それはこれらには金がかかり 有害で 自分たちにとって 都合が良いものではないと判断したからです

私たちは社会規範を変えたのです

We could change social norms/ around antibiotic use too.//

抗生物質の規範も変える事が 出来るのです

I know/ that the scale of antibiotic resistance seems overwhelming,/ but/ if you've ever bought a fluorescent lightbulb/ because you were concerned/ about climate change,/ or read the label/ on a box of crackers/ because you think about the deforestation/ from palm oil,/ you already know/ what it feels like/ to take a tiny step/ to address an overwhelming problem.//

抗生物質に対する耐性菌の出現は 圧倒的に大きな問題に思えますが 温暖化問題が心配だから 蛍光灯を買った事があったり パーム油のための 森林破壊が気になるから クラッカーの箱のラベルを 読んだことがあるなら 圧倒的な問題に立ち向かう 小さなステップを 歩む事がどんなものか 既に分かっているでしょう

We could take those kinds of steps/ for antibiotic use too.//

私たちは抗生物質の使用に於いても このステップを歩む事が出来るのです

We could forgo giving/ an antibiotic/ if we're not sure/ it's the right one.//

効果が確かでないなら 抗生物質なしで済ます事も出来るのです

We could stop insisting/ on a prescription/ for our kid's ear infection/ before we're sure/ what caused it.//

子供の耳の感染症の原因が はっきりするまでは 抗生物質を求めるのを 控えることも出来ます

We could ask every restaurant,/ every supermarket,/ where their meat comes/ from.//

どのレストランでも スーパーでも この肉はどこから来たのかと 尋ねることが出来ます

We could promise each other never again/ to buy chicken or shrimp or fruit raised with routine antibiotic use,/ and/ if we did those things,/ we could slow down/ the arrival of the post-antibiotic world.//

私たちは互いに こう約束します 抗生物質を常用して育ったチキンや 海老、果物は決して買わないと もしそれをするなら 「抗生物質が終わった世界」の到来を 遅らせる事が出来るのです

But we have to do/ it soon.//

しかし私たちは迅速に それを行わなければなりません

Penicillin began the antibiotic era/ in 1943.//

ペニシリンは1943年に 抗生物質の時代を開きました

In just 70 years,/ we walked ourselves/ up/ to the edge of disaster.//

たった70年で 私たちは 大災害の縁まで歩んで来ました

We won't get 70 years/ to find our way back out again.//

この困難を切り抜けるのに 私たちに70年という時間はないのです

Thank you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

fireman

消防士

(機関車などの)火夫,かまたき(stoker),ボイラーマン

(米海軍の)機関兵

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

firehouse

=fire station

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

polish

…‘を'『磨く』,光らせる,‘の'つやを出す

〈熊度・言葉など〉‘を'『洗練する』,上品にする

〈文章・演技など〉‘に'磨きをかける

磨いてつやが出る,滑らかになる

《a ~》光沢,つや

〈U〉〈C〉つや出し,みがき粉

《a ~》磨きをかけること

〈U〉(態度・ふるまいの)先練,上品さ

brass

〈U〉『真ちゅう』(銅と亜鉛の合金)

〈C〉《おもに複数形》真ちゅう製器具

《しばしば複数形で》金管楽器;《the brass[es]》(オーケストラなどの)金管楽器部

〈U〉《話》(…する)ずうずうしさ,厚かましさ《+『to』do》

〈U〉《集合的に》《米俗》高級将校,高官

真ちゅう製の

railing

〈娩〉《しばしば複数形で》柵(さく);手すり;ガードレール

〈U〉《集合的に》レール;レールの材料

fire truck

=fire engine

fitting

適切な

〈U〉(機械などの)組立て

仮縫いを着てみること

(組み立てる)部品,付属品

《通例複数形で》家具,調度品;備品,設備

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

hose

〈U〉《集合的に》《複数扱い》靴下類(ソックスおよびストッキングを含む;商売に用いられる語)

〈U〉《複数抜い》(昔男性がはいた)半ズボン,長ズボン,タイツ

〈C〉〈U〉(水まきなどに使う)ホース,注水管

…‘に'ホースで水をかける《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

nozzle

(ホース・ふいごなどの)筒先,吹き口,ノズル

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

topple

ぐらぐらする,ぐらついて倒れる《+over》

…‘を'倒す,引っくり返す

shelf

『たな』

(がけの)岩だな;(海・川の)砂州,岩礁

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

spike

大くぎ;(鉄道用)いぬくぎ

(へいの忍び返しなどの)先のとがった突起

スパイク(野救・陸上競技用の靴底の金具)

(…に)…‘を'大くぎで打ちつける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'大くぎ(スパイク)を打ちつける

〈人〉‘を'すぱいくしゅ‐ずで傷つける;すぱいくする

fever

〈U〉《しばしばa fever》(身体の異常な)『熱』,発熱

〈U〉『熱病』

〈U〉〈C〉(…に対する)『興奮』,熱狂《+『for』+『名』》

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

cab

《おもに米》タクシー(=taxicab)

昔のつじ馬車

(トラック・機関車などの)運転台,運転室

hospital

『病院』

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

blood poisoning

敗血症

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

probably

『たぶん』,『おそらく』

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

penicillin

ペニシリン(坑生物質の一種)

antibiotic

抗生物質(ペニシリン,ストレプトマイシンなど)

抗生[物質]の

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

chill

『寒気』,冷気・冷たさ

『寒さ』,悪寒

興ざめ,いや気,失意

‥'を'『冷やす』

‥'を'『ぞっとさせる』,‘に'寒けを覚えさせる

〈興味・意気込み〉'を'くじく,そぐ

令える,寒けを覚える

『冷たい』,こんやりする;寒けのする

『冷淡な』,よそよそしい

delirious

(高熱などで)精神の錯乱した

(喜びなどで)有頂天になった

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

coma

こん睡状態

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

desperate

『自暴自棄の』,『やけくその』

《補語にのみ用いて》切望している

(回復・改善などの)見込みがない,ほとんど望みがない

がまんできない,耐えられない

死にもの狂いの,一か八かの

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

transfusion

輸血

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

dilute

(…で)〈液体〉‘を'薄める《+『名』+『with』+『名』》

〈力・効力など〉‘を'弱める

(液体などが)薄い

surge

波のように押し寄せる,殺到する

〈感情が〉こみあげる《+up》

急増する,〈株などが〉急騰する

(…が)押し寄せること,(…の)襲来,殺到《+of+名》

(感情の)高まり,急増,急騰

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

heart disease

心臓病

lifestyle

生き方,生きざま

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

afflict

(肉体的に,精神的に)(…で)…'を'『苦しめる』,悩ます(distress)《+『名』+『with』+『名』 (a person's do『ing』)》

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

gore

(特に戦い,けんかなどで傷から流れ出た)血,血の塊

ox

『雄牛』(去勢された食肉用・荷車用の成牛)

《複数形で》ウシ(水牛,ヤク,バイソン,野牛など)

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

battlefield

戦場

crush

…'を'『押しつぶす』,ぺしゃんこにする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『砕く』,粉々にする;…を砕いて(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…'を'押しつける《+『名』+『against』+『名』》;(…に)…'を'押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)…'を'押しつぶして出す,しぼり出す《+『名』+『from』+『名』》

…'を'ぎゅっと抱きしめる

…'を'打ちのめす,打ちひしぐ《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

『つぶれる』,ぺしゃんこになる;くしゃくしゃになる

『砕ける』,粉々になる

(…に)押し合って入る,殺到する《+『into』(『through』)+『名』》

〈C〉《単数形で》押し合いへし合い,殺到

〈C〉《話》《単数形で》大混雑の集会,すしづめの集会

〈U〉《英》(押しつぶして出した)果汁

〈C〉《話》(…に)のぼせ上がること,(…への)べたぼれ《+『on』+『名』》;のぼせ上がった相手

factory

『工場』,製作所

Industrial Revolution

産業革命(18世紀末から19世紀初頭にかけて英国を中心に興った)

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

began

beginの過去形

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

suddenly

『突然に』,だしぬけに

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

days

たいてい昼間は

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

golden

『金の』,金製の

『金色の』,黄金色の

(金のように)貴重な,すばらしい

epoch

『画期的な時代』,時期

(歴史上の)新時代,新紀元

世(せい)(紀(period)の次に小さい単位)

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

briefly

手短に,簡単に

bacteria

『バクテリア』,細菌

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

lethal

死をもたらす,致死の;死をもたらす目的の

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

lab

実験室(laboratory)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

widespread

(翼など)広げた

広範囲にわたる,行き渡った

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

leapfrog

かえる跳び(前の人の背を順々に跳び越える遊戯)

ending

終り,終了;(物語・映画などの)結末

(文の)語尾

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

side effect

(薬などの)副作用

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

prevention

〈U〉(…を)『予防』(『防止』)『すること』《+『of』+『名』》

〈C〉(…を)予防(防止)するもの《+『against』+『名』(do『ing』)》

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

North Carolina

ノースカロライナ州(米国南東部大西洋岸の州;州都はRaleigh;《略》『N.C.,NC』)

resistant

抵抗力のある;(…に)抵抗する《+『to』+『名』》

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

gene

遺伝子

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

Asia

『アジア』

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

charter

(君主・政府などが人民・組織・個人に与える権利の)『特許状』,免許状,憲章

(組織の趣旨を述べた)『憲章』

(バス・飛行機・船などの)貸借契約

〈組織など〉‘に'『特許(免許)を与える』

(契約によって)〈バス・飛行機・船など〉'を'『借り切る』

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

toll

〈鐘が〉(にっくり規則的に繰り返して)鳴る

(ゆっくり規則的に繰り返して)〈鐘〉‘を'鳴らす

〈鐘が〉…‘を'知らせる

鐘を鳴らすこと

鐘の音

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

intensive care

集中医療

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

resident

『居住者』,居留民

(病院に住み込み実地の勉強をする)実習医

居住している,在住の;住み込みの

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

transplant

〈植物〉‘を'移植する

(…から他の場所へ)…‘を'移す,〈人〉‘を'移住させる《+名+from+名+to+名》

(…から…へ)〈組織・器官など〉‘を'移植する《+名+from+名+to+名》

移植できる;移住する

〈C〉移植された物

〈U〉移植すること

recipient

(…の)受取人《+『of』+『名』》

premature

時期尚早の,早すぎた

早計の,早まった

早産の

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

install

〈装置など〉‘を'『取り付ける』,設備する

〈人〉‘を'『就任させる』,‘の'就任式を行う

《場所を表す副詞[句]を伴って》…‘を'落ち着かせる,席につける

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

diabetes

糖尿病(尿に糖が異常に出る病気)

dialysis

透析(コロイド溶液を半透膜で分離すること)

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

replacement

置き換わること,取り替えること,元へ戻すこと;返済・置き換わる物(人),代理;補充員補充物

athletic

『運動競技の』;運動家の,運動家らしい

強健な

hip

『腰』[の一方の側],ヒップ

= hip joint

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

precede

…‘より'『先に来る』(『行く』)

…‘の'上位である,より重要である

…‘に'先だつ,‘の'先に起こる

(…で)…‘に'前置をする《+『名』+『with』+『名』》

先行する,先に(前に)来る

prophylactic

(特に病気などの)予防の

予防薬;予防器具;コンドーム

dose

(おもに飲み薬1回分の)『服用量』

(痛いこと・いやなことの)1回分,一定量

(人などが受ける放射線の)線量

性病

(…を)…‘に'投薬する,服用させる《+『名』+『with』+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

hidden

隠された,隠れた,秘密の

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

prostate

前立腺(せん)

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

minor

『小さいほうの,少ない』

(階級・地位・重要性などが)『劣ったほうの』,重要でない

重大ではない

未成年の

(音楽で)短調の

未成年者

(大学の科目・課程の)副専攻科目

(音楽で)短調

《the minors》《米》=minor league

strep

=streptococcus

throat

(気管・食道部分としての)『のど』,咽喉部

のど首

のど状の物;(容器などの)首

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

heart failure

心臓停止

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

amputation

(手足などの)切断[手術]

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

pneumonia

肺炎

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

lives

lifeの複数形

motorcycle

オートバイ

オートバイで行く

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

ski

『スキー』

『スキーで滑走する』

…‘を'スキーで滑る

スキーの,スキー用の

slope

『傾斜する』,坂になる

…‘を'傾斜させる,‘に'勾配をつける

〈C〉『坂』,斜面,スロープ

〈C〉〈U〉『勾配(こうばい)』,傾斜

ladder

『はしご』

(立身出世の)手段,手づる

《英》(靴下・編み物などの)伝線,ほつれ(《米》run)

(はしごで)…‘を'登る,‘に'はしごをかける

《英》〈靴下〉‘を'ほつれさせる,伝線させる

〈靴下などが〉ほつれる,伝線する(《米》run)

Christmas

(また『Christmas Day』)『クリスマス』,キリスト降誕祭(12月25日)

=Christmastide

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

home plate

本塁,ホームベース

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

policeman

警官,巡査

ravage

〈U〉破壊[すること]

《複数形で》(…の)破壊の跡,惨害《+『of』+『名』》

…‘を'荒らす,破壊する;〈軍隊・暴徒などが〉〈場所〉‘を'略奪してまわる

荒れる,荒廃する

scalp

頭皮(髪でおおわれている部分)

頭髪つきの頭皮(昔北米インディアンが戦利品として敵の頭からはいだもの)

《話》(一般に)戦利品

…‘から'頭皮をはぎ取る

《米話》〈入場券など〉‘を'高値で転売する

ooze

(…から,…を通して)にじみ出る《+『from』(『through』)+『名』》

〈勇気・興味などが〉だんだんなくなる

『away』》

…‘を'にじみ出させる

pus

うみ,膿(のう)

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

infect

〈病気が〉…‘に'『感染する』;(病気を)…‘に'感染させる,すつす《+『名』+『with』+『名』〈病気〉》

…‘に'『影響を及ぼす』

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

thorn

〈C〉(植物の)『とげ』,針:No

〈C〉〈U〉《複合語を作って》とげのある植物

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

squander

〈時間・金など〉‘を'浪費する

shocking

びっくりさせる,ぞっとする

全くひどい(very bad),不愉快な(offensive)

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

counter

(商店・銀行などの)『売り台』,勘定台,カウンター

(食堂などに)『カウンター』

(おもちゃの)模造貨幣

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

unnecessary

『必要のない』,無用の,よけいな

forty-five

45口径のけん銃(《略》『.45』)

45回転のレコード

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

planet

『惑星』,遊星

meat

(食用の)『動物の肉』

《英古》《米文》(一般的に)『食物』(food)

(課実などの)食用部分,果肉

(議論・書物などの)最も重要な部分,主眼点,骨子《+『of』+『名』》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

illness

(心身の)『病気』,不健康

fatten

〈特に食肉用の家畜など〉‘を'太らせる

太る

factory farm

飼育農場(多数の家畜・家禽(かきん)を一匹ずつおりに入れ集中的に飼育,または卵・牛乳などの採取をする農場)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

aquaculture

養殖,養魚

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

rely

『あてにする』,たよる

apple

『リンゴ』;リンゴの木

pear

『西洋ナシ』;西洋ナシの木

citrus

柑橘(かんきつ)類の,ミカン類の

柑橘(かんきつ)類ミカン属の木の総称

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

suitcase

スーツケース,(長方形で平たい)小型旅行かばん

airport

『空港』

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

Fleming

フランダース人,フラマン人;フランダース(フラマン)語を話すベルギー人

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

Nobel Prize

ノーベル賞

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

shortly

『まもなく』(in a short time),すぐに(soon)

『手短に』,簡潔に(briefly)

無愛相に,そっけなく

thoughtless

思いやりのない,不親切な;(…に)思いやりのない《+of+名》

不注意な,考えの浅い

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

morally

道徳的に,正しく

道徳上,道徳的に見て

事実上,ほとんど

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

succumb

(…に)屈服する,屈する,負ける(yield)《+to+名》

(|で)死ぬ(die)《+to+名》

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

avert

〈事故など〉'を'避ける,防ぐ

(…から)〈目など〉'を'そらす,そむける《+『名』+『from』+『名』》

novel

『新奇な』,ざん新な

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

incentive

刺激,動機,誘因

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

lure

『誘惑するもの』,魅力

《おもに英》(魚釣り用の)にせ餌(え);(他の鳥をおびき寄せるための)おとり

‘を'『誘惑する』,おびき寄せる《+『名』+『on』》

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

derive

《『derive』+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》(…から)…‘を'『引き出す』,得る,求める

《『derive from』+『名』(do『ing』)》《文》(…から)派生する,(…に)由来する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

warfare

『戦争』,交戦状態,戦争行為

『争い』,闘争

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

harvest

〈C〉(穀物・果物などの)『収穫』,取り入れ

〈C〉『収穫期』,取り入れの時期

〈C〉収穫物;収穫高(量)

《a~,the~》(仕事などの)結果,報い

〈作物〉‘を'取り入れる,〈畑〉‘の'作物を取り入れる

〈結果など〉‘を'獲得する

datum

dataの単数形

既知の事実

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

used

『使い古しの』,使用した

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

agriculture

『農業』,農学

surveillance

(特に容疑者・囚人などの)監視,見張り

監督,指揮

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

litter

〈U〉散らかったくず,がらくた;《a~》取り散らかし

〈C〉《集合的に》)動物の)一腹の子《+『of』+『名』》

〈U〉(家畜の)寝わら

〈C〉かつぎかご(屋根と周囲にカーテンがついて人の肩や動物を使って運ぶ)

〈C〉担架(stretcher)

(…で)〈場所〉‘を'散らかす《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

(動物,特に犬・豚が)〈子〉‘を'産む

〈家畜〉‘に'寝わらを敷いてやる

物を散らかす

〈動物,特に犬・豚が〉子を産む

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

seatbelt

(自動車・飛行機などの)安全ベルト,座席ベルト

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

trash

価値のないもの,役に立たないもの

《米》廃品,くず,ごみ

くだらない話,駄作,ばかげた考え

《米》人間のくず,役立たず

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

expensive

『費用のかかる』,高価な

destructive

『破壊的な』,破滅的な

破壊主義的な,否定的な

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

fluorescent

けい光を放つ,けい光性の

けい光灯

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

cracker

〈C〉クラッカー(薄い堅焼きのビスケット)・〈C〉かんしゃく玉,爆竹

《複数形で》クルミ割り器(nutcracker)・〈C〉《米》米国南部の貧乏な白人(Georgia州などのpoor white:農耕や移動に使うラバに鞭を当てる音の「クラック」に由来するという話を聞いたことがあります)・ネットワーク経由でコンピュータに不法に侵入してデータを悪用したりシステムを破壊したりする人・Christmas cracker

deforestation

森林伐採,森林開拓

palm

(人動物の)『手のひら』;(手袋の)手のひらの部分

パーム(手のひらの幅を基準にした長さ;8‐10`)

…‘を'手で殖れる,手の中に隠す

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

insist

…‘と'『強く要求する』

…‘と'『主張する』

強く要求する《+『on』(『upon』)+『名』(a person['s]do『ing』)》

(…を)『主張する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

chicken

〈C〉『ひよこ』,(一般に)ひな鳥

〈C〉《米》(一般に)鶏《英》fowl)

〈U〉ひな鳥の肉,鶏肉

〈C〉《米話》青二才;小娘

〈C〉《俗》おくびょう者

鶏肉の

小さい

《俗》おくびょうな

shrimp

(食用の)小エビ

《俗》ちび,子供;取るに足りない人

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

arrival

〈U〉(…への)『到着』《+『at』(『in』)+『名』》

〈U〉(目標・目的などへの)『到達』《+『at』(『in』)+『名』》

〈C〉到着した人(物),到着する人(物);生まれた子

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画