TED日本語 - ダリア・ファン・ベルケン: なぜピアノを路上や空中に持ち出すのか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ピアニストのダリア・ファン・ベルケンはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのバロック鍵盤音楽に恋をしています。今、彼女は他者の中に、この情熱の火をつけることを目指しています。このトークの中で、彼女はヘンデルの激しい感情の浮き沈みを奏でてくれます ― 空中を飛び、街角を走り、もちろんステージ上で、ピアノを操りながら。

Script

最近 私はブラジルの大聴衆の上空で ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの 音楽を演奏しました 又 アムステルダムの街を車で走りながら 再び同じ作曲家の音楽を演奏しました ご覧ください

音楽:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル「アレグロ」 演奏:ダリア・ファン・ベルケン

(ビデオ)ダリア・ファン・ベルケン 私はここの3階に住んでいます (オランダ語)この角に住んでいます 本当にこの角を曲がった所に住んでるんですよ 心から歓迎しますよ

男(オランダ語)楽しい? 子供(オランダ語)楽しいよ!

(オランダ語)「ヘンデルハウスコンサート」

(拍手)

これは全て 様々な理由から行う 本物の魅惑的な体験です

何故そんなことをしているのかと聞かれるかもしれません 音楽家の日常生活の典型とは あまり言えませんからね そうですね それは音楽に恋をしたからです そしてその音楽を出来るだけ多くの人たちと 分かち合いたかったからです

これは2,3年前に始めました インフルエンザで家の中にいて ソファーに座っていました 少しインターネットを見ていると そこでヘンデルが鍵盤のための作品を 書いていたことに気づいたのです そうです 驚きました そのことを知りませんでしたからね そこで譜面をダウンロードして演奏を始めました 次に 私は純粋で先入観のない 驚愕の状態に入ったのです それは音楽に対して 完全に畏れを抱いた状態で しばらく感じたことのなかった経験でした これを聴いてみると想像がつき易いかもしれません 私が弾いた楽曲の最初の部分は こんな風に始まります

(音楽)

とてもメランコリックな響きですよね そうやってページをめくると次は こんな感じです

(音楽)

とてもエネルギッシュですよね 数分の間で 楽曲がまだ終わらない内に 二つのとても対照的な特徴を経験しました つまり美しいメランコリーと純然たるエネルギー それら二つの要素は極めて重要な 人間の表情だと思います そして音楽の清らかさのお蔭で とても効果的に聴こえてくるのです

7、8歳の子供のコンサートを沢山催してきました バッハやベートーヴェンたとえ シュトックハウゼンであっても ジャズであったとしても 私がピアノを弾く度に 子供たちはそれに耳を傾ようと心を開きます 心から聴こうとするのです 彼らはそうするのが心地良いのです わずか数歳年上の 11,12歳の子供たちがクラスにやってくると その子たちはそこまで辿り着く事が もう 難しくなっているなと感じる事があります 音楽の複雑さが確かに問題になるのですが 実際には 他人の意見つまり 親や友達 メディア等の意見が 影響を持ち始めるのです しかし幼い子供たちは 自分自身の意見を疑いません 彼らは常に驚異の状態にあります たとえ大人になっても この7歳児のように 音楽を聴き続けられると 私は固く信じています だから私は コンサートホールだけでなく 路上やオンライン 空中でコンサートをするのです 驚異の状態を感じる為です 真に耳を澄ます為です そして音楽を先入観を持たずに聴く為です 今から皆さんを その体験にご招待したいと思います 音楽:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル「シャコンヌ・ト長調」 演奏:ダリア・ファン・デン・ベルケン

(拍手) 有難う

(拍手)

Recently, I flew over a crowd of thousands of people in Brazil playing music by George Frideric Handel. I also drove along the streets of Amsterdam, again playing music by this same composer. Let's take a look.

Music: George Frideric Handel, "Allegro." Performed by Daria van den Bercken.

(Video) Daria van den Bercken: I live there on the third floor. (In Dutch) I live there on the corner. I actually live there, around the corner. and you'd be really welcome.

Man: (In Dutch) Does that sound like fun? Child: (In Dutch) Yes!

[ (In Dutch) "Handel house concert" ]

(Applause)

Daria van den Bercken: All this was a real magical experience for hundreds of reasons.

Now you may ask, why have I done these things? They're not really typical for a musician's day-to-day life. Well, I did it because I fell in love with the music and I wanted to share it with as many people as possible.

It started a couple of years ago. I was sitting at home on the couch with the flu and browsing the Internet a little, when I found out that Handel had written works for the keyboard. Well, I was surprised. I did not know this. So I downloaded the sheet music and started playing. And what happened next was that I entered this state of pure, unprejudiced amazement. It was an experience of being totally in awe of the music, and I had not felt that in a long time. It might be easier to relate to this when you hear it. The first piece that I played through started like this.

(Music)

Well this sounds very melancholic, doesn't it? And I turned the page and what came next was this.

(Music)

Well, this sounds very energetic, doesn't it? So within a couple of minutes, and the piece isn't even finished yet, I experienced two very contrasting characters: beautiful melancholy and sheer energy. And I consider these two elements to be vital human expressions. And the purity of the music makes you hear it very effectively.

I've given a lot of children's concerts for children of seven and eight years old, and whatever I play, whether it's Bach, Beethoven, even Stockhausen, or some jazzy music, they are open to hear it, really willing to listen, and they are comfortable doing so. And when classes come in with children who are just a few years older,11,12, I felt that I sometimes already had trouble in reaching them like that. The complexity of the music does become an issue, and actually the opinions of others -- parents, friends, media -- they start to count. But the young ones, they don't question their own opinion. They are in this constant state of wonder, and I do firmly believe that we can keep listening like these seven-year-old children, even when growing up. And that is why I have played not only in the concert hall but also on the street, online, in the air: to feel that state of wonder, to truly listen, and to listen without prejudice. And I would like to invite you to do so now. Music: George Frideric Handel, "Chaconne in G Major." Performed by Daria van den Bercken.

(Applause) Thank you.

(Applause)

Recently,/ I flew over a crowd of thousands of people/ in Brazil/ playing music/ by George Frideric Handel.//

最近 私はブラジルの大聴衆の上空で ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの 音楽を演奏しました

I also drove along the streets of Amsterdam,/ again/ playing music/ by this same composer.//

又 アムステルダムの街を車で走りながら 再び同じ作曲家の音楽を演奏しました

Let's take a look.//

ご覧ください

Music:/ George Frideric Handel,/ "Allegro."// Performed/ by Daria van den Bercken.//

音楽:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル「アレグロ」 演奏:ダリア・ファン・ベルケン

(Video)/ Daria van den Bercken:/ I live there/ on the third floor.//

(ビデオ)ダリア・ファン・ベルケン 私はここの3階に住んでいます

(In Dutch)/ I live there/ on the corner.//

(オランダ語)この角に住んでいます

I actually live there,/ around the corner./ and you'd be really welcome.//

本当にこの角を曲がった所に住んでるんですよ 心から歓迎しますよ

Man:/ (In Dutch) Does/ that sound/ like fun?// Child:/ (In Dutch) Yes!//

男(オランダ語)楽しい? 子供(オランダ語)楽しいよ!

[ (In Dutch) "Handel house concert"/ ] (Applause)/ Daria van den Bercken:/ All this was a real magical experience/ for hundreds of reasons.//

(オランダ語)「ヘンデルハウスコンサート」 (拍手) これは全て 様々な理由から行う 本物の魅惑的な体験です

Now/ you may ask,/ why have I done these things?//

何故そんなことをしているのかと聞かれるかもしれません

They're not really typical/ for a musician's day-to-day life.//

音楽家の日常生活の典型とは あまり言えませんからね

Well,/ I did it/ because I fell in love/ with the music/ and I wanted to share/ it/ with as many people/ as possible.//

そうですね それは音楽に恋をしたからです そしてその音楽を出来るだけ多くの人たちと 分かち合いたかったからです

It started a couple of years/ ago.//

これは2,3年前に始めました

I was sitting at home/ on the couch/ with the flu/ and browsing the Internet/ a little,/ when I found out/ that Handel had written works/ for the keyboard.//

インフルエンザで家の中にいて ソファーに座っていました 少しインターネットを見ていると そこでヘンデルが鍵盤のための作品を 書いていたことに気づいたのです

Well,/ I was surprised.// I did not know this.//

そうです 驚きました そのことを知りませんでしたからね

So I downloaded the sheet music/ and started playing.//

そこで譜面をダウンロードして演奏を始めました

And what happened/ next was/ that I entered this state of pure, unprejudiced amazement.//

次に 私は純粋で先入観のない 驚愕の状態に入ったのです

It was an experience of being totally in awe of the music,/ and I had not felt/ that in a long time.//

それは音楽に対して 完全に畏れを抱いた状態で しばらく感じたことのなかった経験でした

It might be easier/ to relate to this/ when you hear it.//

これを聴いてみると想像がつき易いかもしれません

The first piece/ that I played/ through started like this.//

私が弾いた楽曲の最初の部分は こんな風に始まります

(Music)/ Well/ this sounds very melancholic,/ doesn't it?//

(音楽) とてもメランコリックな響きですよね

And I turned the page/ and what came next was this.//

そうやってページをめくると次は こんな感じです

(Music)/ Well,/ this sounds very energetic,/ doesn't it?//

(音楽) とてもエネルギッシュですよね

So/ within a couple of minutes,/ and the piece isn't even finished yet,/ I experienced two very contrasting/ characters:/ beautiful melancholy and sheer energy.//

数分の間で 楽曲がまだ終わらない内に 二つのとても対照的な特徴を経験しました つまり美しいメランコリーと純然たるエネルギー

And I consider these two elements/ to be vital human expressions.//

それら二つの要素は極めて重要な 人間の表情だと思います

And the purity of the music makes/ you hear it very effectively.//

そして音楽の清らかさのお蔭で とても効果的に聴こえてくるのです

I've given a lot of children's concerts/ for children of seven and eight years old,/ and whatever I play,/ whether it's Bach,/ Beethoven,/ even Stockhausen,/ or some jazzy music,/ they are open/ to hear it,/ really willing to listen,/ and they are comfortable/ doing so.//

7、8歳の子供のコンサートを沢山催してきました バッハやベートーヴェンたとえ シュトックハウゼンであっても ジャズであったとしても 私がピアノを弾く度に 子供たちはそれに耳を傾ようと心を開きます 心から聴こうとするのです 彼らはそうするのが心地良いのです

And when classes come in/ with children/ who are just a few years older,/11,12,/ I felt/ that I sometimes already had trouble/ in reaching them/ like that.//

わずか数歳年上の 11,12歳の子供たちがクラスにやってくると その子たちはそこまで辿り着く事が もう 難しくなっているなと感じる事があります

The complexity of the music does become an issue,/ and actually/ the opinions of others --/ parents,/ friends,/ media --/ they start to count.//

音楽の複雑さが確かに問題になるのですが 実際には 他人の意見つまり 親や友達 メディア等の意見が 影響を持ち始めるのです

But the young ones,/ they don't question their own opinion.//

しかし幼い子供たちは 自分自身の意見を疑いません

They are in this constant state of wonder,/ and I do firmly believe/ that we can keep listening/ like these seven-year-old children,/ even when/ growing up.//

彼らは常に驚異の状態にあります たとえ大人になっても この7歳児のように 音楽を聴き続けられると 私は固く信じています

And that is/ why I have played not only/ in the concert hall/ but also/ on the street,/ online,/ in the air:/ to feel that state of wonder,/ to truly listen,/ and to listen without prejudice.//

だから私は コンサートホールだけでなく 路上やオンライン 空中でコンサートをするのです 驚異の状態を感じる為です 真に耳を澄ます為です そして音楽を先入観を持たずに聴く為です

And I would like to invite/ you/ to do so now.//

今から皆さんを その体験にご招待したいと思います

Music:/ George Frideric Handel,/ "Chaconne/ in G Major."// Performed/ by Daria van den Bercken.//

音楽:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル「シャコンヌ・ト長調」 演奏:ダリア・ファン・デン・ベルケン

(Applause)/ Thank you.//

(拍手) 有難う

(拍手)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

Handel

ヘンデル(George Frederick ~;1685‐1759;英国で活躍したドイツ生まれの作曲家)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

Amsterdam

アムステルダム(オランダの名目上の首都・港市)

composer

作曲家

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

allegro

(音楽の演奏の指示で)急速に(な)

アレグロ

van

有蓋トラック,ほろつきトラック(家具・商品・家畜などの運搬用に使われる)

《英》=boxcar

den

(野生動物の)巣穴,ほら穴

《話》奥まった小部屋;私室

隠れ家(が);(特に犯罪者の)根城,巣

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

Dutch

『オランダの』

オランダ人(語)の

〈U〉『オランダ語』

《the ~》《集合的;複数扱い》『オランダ人』

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

applause

『拍手かっさい』;称賛

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

day-to-day

毎日の,毎日起こる(なされる)

その日限りの

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

couch

(通例,背とひじ掛けのある2‐4人掛けの)『長いす』,ソファー

診察用ベッド

《通例受動態で》《副詞[句]を伴って》〈意見など〉'を'表現する

《『couch』 one『self』》〈動物が〉うずくまる

(安全・休息・攻撃などのために)〈動物が〉ひそむ,うずくまる,かがむ

flu

インフルエンザ,流感

browse

《副詞[句]を伴って》漫然とながめる,ざっと目を通す

〈牛・シカなどが〉若葉(新芽)を食べる,草を食べる

…‘に'若葉(新芽)を食べさせる;〈若葉・新芽〉'を'食べる

(牛・シカなどが食べる)草,細枝,新芽

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

surprised

驚いた,びっくりした

sheet music

(とじてない)一枚刷りの楽譜

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

unprejudiced

偏見のない,公平な

amazement

『たいへんな驚き』,びっくりぎょうてん(astonishment)

totally

全く,完全に

awe

『畏敬』(いけい),畏怖

…‘に'畏敬の念を起こさせる

felt

feelの過去・過去分詞

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

melancholic

憂うつな,ふさぎ込んだ

うつ病の,うつ病にかかった

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

energetic

『精力的な』,元気旺盛な

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

melancholy

憂うつ,もの悲しさ

もの悲しいふんい気

(人・気持ちが)憂うつな,ふさぎ込んだ

(事柄・話などが)もの悲しい気持ちにさせる,悲しげな

sheer

(織物などが)『透けるほど薄い』

『純然たる』,完全な

『垂直に近い』,切り立った

完全に,全く

垂直に,険しく

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

purity

純粋(清浄)であること

罪(けがれ)のないこと,潔白

(言語の)純正

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

Bach

ハッハ(『Johann Sebastian』~;1685‐1750;ドイツの作曲家)

Beethoven

ベートーベン(Ludwig van~;1770‐1827;ドイツの作曲家)

jazzy

ジャズの,ジャズふうの

《俗》はでな色の,けばけばしい

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

firmly

しっかりと

確固として

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

prejudice

〈U〉〈C〉(…に対する不当な)『先入観』,『偏見』《+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に好意的な)先入観,えこひいき《+『in favor of』+『名』》

〈U〉不利益,損害

(…に対して)…‘に'(不当な)『先入観』(『偏見』)『を抱かせる』《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に対して)…‘に'(好意的な)先入観を抱かせる《+『名』+『in favor of』+『名』,+『名』+『in』 one's 『favor』》

〈立場,見込みなど〉‘を'損なう,だいなしにする

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

chaconne

シャコンヌ(静かで穏やかな感じのスペインのダンス);その曲

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

関連動画