TED日本語 - ステファン・ラーソン: 医師たちが互いに学び合うものは

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

病院はそれぞれの手法を用いて医療を行う為、病院間での治療結果にはばらつきが生じます。患者はそうした情報を知り得ないので、病院を選択するという行為自体が危険な賭けとなってしまっています。ステファン・ラーソンは医師達が共に人工股関節手術の結果を測り、最も効果的な手法を共有しはじめた時何が起こるか、に目を向けてみました。医師が継続的な情報の学び合いと改善の仕組みの中で互いから学び合うことで、医療の質は向上し、医療費は削減されるのではないでしょうか?(TED@BCG)

Script

5年前 私は研究休暇を取得し 母校の医科大学へ戻り そこで再び白衣を着て 患者を診察しました 経営コンサルタントになって以来 17年振りのことです

そこで過ごした1か月間 2つのことに驚きました 1つめは 主に私たちの話題にのぼるのが 病院の予算 そして 経費削減だということでした 2つめ これは問題だと思ったのですが 同僚たち― 医科大学時代からの友人であり 最も頭脳明晰で 意欲的で 仕事に情熱的に打ち込んでいた人々 彼らの多くがシニカルになり 意欲を失い 病院経営から距離を置いてしまっていたことでした 私は経費削減について考える際 自分に問いかけます 「患者の事を忘れていないだろうか?」

皆さんの国々 そして私の国も 医療費の問題を抱えています 医療費は国家予算の大きな割合を占め 我々は様々な改革で その増加を抑制しようとします ある国では 手術患者が 長い待ち時間に悩まされ ある国では 新薬への保険適用が無く 患者へその薬が届きません またある国では 医師と看護師は 政府にとって医療費抑制のターゲットとみなされます 最終的に医療費を左右する決定は 医師や看護師によってなされるからです 彼らが高額な検査を選択したり 老いて弱りきった患者を手術したりという決断を下すためです ですから 医師の選択の自由を制限することで 医療費を抑えようというわけです 結果として 今日の医師達は 自分達には患者に必要な処置を 選択する十分な権限が無いと嘆くのです 友人たちが不満を抱えるのももっともです

これが医療経営のあるべき姿であるはずがない という前提のもとに BCG(ボストンコンサルティンググループ)は この問題を採り上げ そして 改めて見直してみました 我々は何を達成すべきなのかと 我々の医療制度は最終的に 患者の健康状態の改善を目的とします そしてそれは 限られた負担可能な費用で 提供されなければなりません これをバリューベース・ヘルスケアと呼びます バリュー(価値)の定義とは こういうことです 患者にとって有益な結果が その治療にかかる費用に対して測られるのです これについては実にわかりやすく2006年出版の マイケル・ポーターとエリザベス・テイスバーグの 著書に示されています

これは私の義理の父です 3人の美しい娘達に囲まれています 我々がBCGで始めた研究では コストではなく 医療の質に目を向けることにしました その研究で我々が興味を抱いたのは 医療の質は 病院によって大きく異なることでした 数々の病院を比較すると ある病院の医療の質は非常に高いのに その他多くの病院での医療の質は大幅に劣っています その違いは劇的なものでした 私の義父エリックは 前立腺がんを患っています いずれ手術が必要になるでしょう ヨーロッパに住んでいるので 評判の高い医療制度を誇るドイツへ行くことができます ドイツの標準的な病院で治療を受ければ 副作用の尿失禁を患うリスクを負います 50%の確率で オムツをつける事になりかねません コインを投げて半々 50%はかなりの確率です もし代わりにハンブルグの マルティニ・クリニックという病院へ行けば リスクは20分の1に減少します 2分の1と 20分の1 何倍もの 大きな差です 多くの病院を様々な 疾患について比較してみると この大きな差に気がつきます

しかしこれはデータが無い限り知り得ないことです 実際にデータは存在しないのですから 誰も知る筈がないのです 病院に行くと言う事自体が 賭けのようなものなのです

しかし希望はあります 70年代後半 スウェーデンの整形外科医グループが 年次総会で集まり 股関節手術に用いる 様々な技術について 話し合いました 左のスライドは 人工股関節が必要な患者に使われる 様々な形の金属器具です 彼らは皆 それぞれ独自の方法で 治療をしていることに気づき 自分の技術が最良だと主張しましたが その真偽の程は誰も知りようが無い事も分かっていました 「最良の医療が何かを知り それから学ぶためには 医療の質を測る必要がある」 彼らは2年を費やして議論しました 「人工股関節手術の質とは何か」 「これを測るべきだ」 「いや あれを測るべきだ」 測るべきデータが決まると データの測定と共有が始まりました すると直ちに 患者の骨へ金属シャフトを 入れる前に セメントを注入すると 耐久性が増し 殆どの患者は再手術を必要としない ということがわかりました そのデータは発表され スウェーデンでの治療法を変革したのです これが理に適っている事は明らかでした それから毎年 データは公表され ランキングが発表され 最上位から最下位までが分かります 医師の間ではお互いから学ぶ為に交流がはじまり 継続的な改善サイクルが生まれたのです 長年に渡り スウェーデンの股関節手術は 世界で最高の水準にありました 少なくとも その質を測っていた施設では 多くはそうではありませんでしたが

この仕組みは非常に 素晴らしいものといえます 医師が集まり 医療の質について合意し 医療の質を測り データを共有し 最高の治療を提供している者から学ぶのです 継続的な改善です

これはエキサイティングなことですが それだけではありません この方式の費用面に目を向けてみると 医療の質を重視した場合 最もコストが低く抑えられていたのです それが第一義的な目的で無くてもです また股関節手術の話に戻りますが 数年前に行われた研究で アメリカとスウェーデンの 最初の手術から7年後に 再手術を必要とした患者数を比べると アメリカではスウェーデンに比べて3倍もの患者が 再手術を必要とすることが分かりました この7年の間に再手術を受けた患者を考えると 不必要な手術の件数と不必要な苦しみとが いかに多いことか これがなくなれば 社会全体でどれほどの コスト削減となるかを想像してみて下さい

我々はOECDデータを見てみました OECDでは 時折 存在するデータを用いて 加盟国間での医療の質を比較していますが 実はアメリカの医療の質は様々な疾患において OECD諸国の平均以下だったのです もしアメリカの医療制度が 医療の質を測ることに焦点を当て その質をOECD平均にまで高めれば 年間5000億ドルのコスト削減を 実現するでしょう 実に国家の医療費総予算の20%を 占める額です

これらの数字は 素晴らしく理に適って いるように見えるが 本当に実現可能なのだろうかと 思われるかもしれません これは医療のパラダイムシフトとなるでしょう 「実現可能か」ではなく 実現すべきことなのです 医療制度に変革をもたらす当事者は 医師や看護師です

私がコンサルタントとして関わっている 毎年100名以上の医師や看護師 病院スタッフや医療スタッフに会いますが 皆一様に 患者へ提供する医療の質について 真摯に考えています 医師達は―会場の皆さんのように― とても負けず嫌いです 彼らは常に最も優秀であり 「ベスト・イン・クラス」ですが― もし誰かが 彼らの手法より 他により良い治療法があると 指摘したら 彼らは何としてでも やり方を改善しようとするでしょう そして殆どは指摘されないだけなのです 医師達のもう一つの性質として 彼らは医師同士で互いに磨き合うということがあります もしある循環器内科医が競合先の同業者に電話し その病院がより良い結果を出している 理由を話し合うと 相手の医師は彼と情報を共有するでしょう 改善する為の情報を共有するのです こうして医療の質を測り 透明化することで 継続的な改善のサイクルが生まれるのです それを表すスライドです

これは只のグッド・アイデアで あるだけでなく― 今 現実に起こっていることなのです 我々は医療の質を測り 成果を比較することができる 大きなグローバルコミュニティを つくりました 2つの学術団体 ハーバード・ビジネス・スクールの マイケル・ポーター と スウェーデンのカロリンスカ研究所と共に BCGはICHOMと呼ばれる 研究機関を設立しました 「アイチョム」はクシャミの音のようですが 「インターナショナル・コンソーシアム・オブ ヘルス・アウトカム・メジャーメント」の略語です 我々は一流の医師や患者達を集めて 疾病毎に意見を交わしています 本当の医療の質は何か? 何を測るべきか? そして その基準を国際的なものにしています 昨年4つのワーキンググループが 白内障 腰痛 冠状動脈疾患―例えば心臓発作です― 前立腺がん について調査し 今年11月にデータを発表します 初めて国内だけでなく国外の複数諸国の間で 同じ疾患同士を比較することを実現しました 来年は8つの疾患について比較を行う予定です 更に翌年は16の疾患が対象です 3年の間に あらゆる疾患の40%をカバーする目標です 全く同じ疾患同士を比べ 誰がどこでより良い医療を実現しているか? そしてそれは何故なのかを明らかにします

5ヶ月前 北欧の最も大きな大学病院で ワークショップを行いました 新しいCEOは 今まで以上に医療の質に重点を置いて運営したいという 新しいビジョンを持っていました 患者にとって有意義な医療を提供するのです この日 私たちはワークショップで 医師や看護師 様々な病院スタッフと 小児の白血病について議論していました グループは 医療の質をどう測るのか どうしたら今よりも正確に測れるか 子供達をどう治療するか 何が重要な改善なのか そして患者が負担する費用についても 話し合いました もっと効率的な治療ができないだろうか? 会場は熱気に包まれていました 多くのアイデア 熱意に溢れていました ミーティングの最後に 医学部長はおもむろに立ち上がり グループを見渡して このように拳を握った手を上げて そして言いました 「ありがとう!ありがとう! 今日 ついに私たちはこの病院が 成すべきことについて議論が出来ました」

医療の価値を測ることで― それはコストだけでなく 患者にとって 有意義な治療ということで測られます― 医師や看護師 病院スタッフは 問題の一端としてではなく 解決の為の重要な要素として 捉えられるようになります 私は医療の価値を測ることが 医療に革命をもたらすと信じます この様子を見て 常に患者を中心に 医療を考えていた人である 医学の父とも呼ばれる 古代ギリシャの医学者ヒポクラテスは きっと今 彼の眠る墓で 微笑んでいることでしょう

ありがとうございました

(拍手)

Five years ago, I was on a sabbatical, and I returned to the medical university where I studied. I saw real patients and I wore the white coat for the first time in 17 years, in fact since I became a management consultant.

There were two things that surprised me during the month I spent. The first one was that the common theme of the discussions we had were hospital budgets and cost-cutting, and the second thing, which really bothered me, actually, was that several of the colleagues I met, former friends from medical school, who I knew to be some of the smartest, most motivated, engaged and passionate people I'd ever met, many of them had turned cynical, disengaged, or had distanced themselves from hospital management. So with this focus on cost-cutting, I asked myself, are we forgetting the patient?

Many countries that you represent and where I come from struggle with the cost of healthcare. It's a big part of the national budgets. And many different reforms aim at holding back this growth. In some countries, we have long waiting times for patients for surgery. In other countries, new drugs are not being reimbursed, and therefore don't reach patients. In several countries, doctors and nurses are the targets, to some extent, for the governments. After all, the costly decisions in health care are taken by doctors and nurses. You choose an expensive lab test, you choose to operate on an old and frail patient. So, by limiting the degrees of freedom of physicians, this is a way to hold costs down. And ultimately, some physicians will say today that they don't have the full liberty to make the choices they think are right for their patients. So no wonder that some of my old colleagues are frustrated.

At BCG, we looked at this, and we asked ourselves, this can't be the right way of managing healthcare. And so we took a step back and we said, "What is it that we are trying to achieve?" Ultimately, in the healthcare system, we're aiming at improving health for the patients, and we need to do so at a limited, or affordable, cost. We call this value-based healthcare. On the screen behind me, you see what we mean by value: outcomes that matter to patients relative to the money we spend. This was described beautifully in a book in 2006 by Michael Porter and Elizabeth Teisberg.

On this picture, you have my father-in-law surrounded by his three beautiful daughters. When we started doing our research at BCG, we decided not to look so much at the costs, but to look at the quality instead, and in the research,one of the things that fascinated us was the variation we saw. You compare hospitals in a country, you'll find some that are extremely good, but you'll find a large number that are vastly much worse. The differences were dramatic. Erik, my father-in-law, he suffers from prostate cancer, and he probably needs surgery. Now living in Europe, he can choose to go to Germany that has a well-reputed healthcare system. If he goes there and goes to the average hospital, he will have the risk of becoming incontinent by about 50 percent, so he would have to start wearing diapers again. You flip a coin. Fifty percent risk. That's quite a lot. If he instead would go to Hamburg, and to a clinic called the Martini-Klinik, the risk would be only one in 20. Either you a flip a coin, or you have a one in 20 risk. That's a huge difference, a seven-fold difference. When we look at many hospitals for many different diseases, we see these huge differences.

But you and I don't know. We don't have the data. And often, the data actually doesn't exist. Nobody knows. So going the hospital is a lottery.

Now, it doesn't have to be that way. There is hope. In the late '70s, there were a group of Swedish orthopedic surgeons who met at their annual meeting, and they were discussing the different procedures they used to operate hip surgery. To the left of this slide, you see a variety of metal pieces, artificial hips that you would use for somebody who needs a new hip. They all realized they had their individual way of operating. They all argued that, "My technique is the best," but none of them actually knew, and they admitted that. So they said, "We probably need to measure quality so we know and can learn from what's best." So they in fact spent two years debating, "So what is quality in hip surgery?" "Oh, we should measure this." "No, we should measure that." And they finally agreed. And once they had agreed, they started measuring, and started sharing the data. Very quickly, they found that if you put cement in the bone of the patient before you put the metal shaft in, it actually lasted a lot longer, and most patients would never have to be re-operated on in their lifetime. They published the data, and it actually transformed clinical practice in the country. Everybody saw this makes a lot of sense. Since then, they publish every year. Once a year, they publish the league table: who's best, who's at the bottom? And they visit each other to try to learn, so a continuous cycle of improvement. For many years, Swedish hip surgeons had the best results in the world, at least for those who actually were measuring, and many were not.

Now I found this principle really exciting. So the physicians get together, they agree on what quality is, they start measuring, they share the data, they find who's best, and they learn from it. Continuous improvement.

Now, that's not the only exciting part. That's exciting in itself. But if you bring back the cost side of the equation, and look at that, it turns out, those who have focused on quality, they actually also have the lowest costs, although that's not been the purpose in the first place. So if you look at the hip surgery story again, there was a study done a couple years ago where they compared the U.S. and Sweden. They looked at how many patients have needed to be re-operated on seven years after the first surgery. In the United States, the number was three times higher than in Sweden. So many unnecessary surgeries, and so much unnecessary suffering for all the patients who were operated on in that seven year period. Now, you can imagine how much savings there would be for society.

We did a study where we looked at OECD data. OECD does, every so often, look at quality of care where they can find the data across the member countries. The United States has, for many diseases, actually a quality which is below the average in OECD. Now, if the American healthcare system would focus a lot more on measuring quality, and raise quality just to the level of average OECD, it would save the American people 500 billion U.S. dollars a year. That's 20 percent of the budget, of the healthcare budget of the country.

Now you may say that these numbers are fantastic, and it's all logical, but is it possible? This would be a paradigm shift in healthcare, and I would argue that not only can it be done, but it has to be done. The agents of change are the doctors and nurses in the healthcare system.

In my practice as a consultant, I meet probably a hundred or more than a hundred doctors and nurses and other hospital or healthcare staff every year. The one thing they have in common is they really care about what they achieve in terms of quality for their patients. Physicians are, like most of you in the audience, very competitive. They were always best in class. We were always best in class. And if somebody can show them that the result they perform for their patients is no better than what others do, they will do whatever it takes to improve. But most of them don't know. But physicians have another characteristic. They actually thrive from peer recognition. If a cardiologist calls another cardiologist in a competing hospital and discusses why that other hospital has so much better results, they will share. They will share the information on how to improve. So it is, by measuring and creating transparency, you get a cycle of continuous improvement, which is what this slide shows.

Now, you may say this is a nice idea, but this isn't only an idea. This is happening in reality. We're creating a global community, and a large global community, where we'll be able to measure and compare what we achieve. Together with two academic institutions, Michael Porter at Harvard Business School, and the Karolinska Institute in Sweden, BCG has formed something we call ICHOM. You may think that's a sneeze, but it's not a sneeze, it's an acronym. It stands for the International Consortium for Health Outcome Measurement. We're bringing together leading physicians and patients to discuss, disease by disease, what is really quality, what should we measure, and to make those standards global. They've worked -- four working groups have worked during the past year: cataracts, back pain, coronary artery disease, which is, for instance, heart attack, and prostate cancer. The four groups will publish their data in November of this year. That's the first time we'll be comparing apples to apples, not only within a country, but between countries. Next year, we're planning to do eight diseases, the year after,16. In three years' time, we plan to have covered 40 percent of the disease burden. Compare apples to apples. Who's better? Why is that?

Five months ago, I led a workshop at the largest university hospital in Northern Europe. They have a new CEO, and she has a vision: I want to manage my big institution much more on quality, outcomes that matter to patients. This particular day, we sat in a workshop together with physicians, nurses and other staff, discussing leukemia in children. The group discussed, how do we measure quality today? Can we measure it better than we do? We discussed, how do we treat these kids, what are important improvements? And we discussed what are the costs for these patients, can we do treatment more efficiently? There was an enormous energy in the room. There were so many ideas, so much enthusiasm. At the end of the meeting, the chairman of the department, he stood up. He looked over the group and he said -- first he raised his hand, I forgot that -- he raised his hand, clenched his fist, and then he said to the group, "Thank you. Thank you. Today, we're finally discussing what this hospital does the right way."

By measuring value in healthcare, that is not only costs but outcomes that matter to patients, we will make staff in hospitals and elsewhere in the healthcare system not a problem but an important part of the solution. I believe measuring value in healthcare will bring about a revolution, and I'm convinced that the founder of modern medicine, the Greek Hippocrates, who always put the patient at the center, he would smile in his grave.

Thank you.

(Applause)

Five years ago,/ I was on a sabbatical,/ and I returned to the medical university/ where I studied.//

5年前 私は研究休暇を取得し 母校の医科大学へ戻り

I saw real patients/ and I wore the white coat/ for the first time/ in 17 years,/ in fact/ since I became a management consultant.//

そこで再び白衣を着て 患者を診察しました 経営コンサルタントになって以来 17年振りのことです

There were two things/ that surprised me/ during the month/ I spent.//

そこで過ごした1か月間 2つのことに驚きました

The first one was/ that the common theme of the discussions we had were hospital budgets and cost-cutting,/ and the second thing,/ which really bothered me,/ actually,/ was that/ several of the colleagues/ I met,/ former friends/ from medical school,/ who I knew to be some of the smartest, most motivated, engaged and passionate people/ I'd ever met,/ many of them had turned cynical,/ disengaged,/ or had distanced themselves/ from hospital management.//

1つめは 主に私たちの話題にのぼるのが 病院の予算 そして 経費削減だということでした 2つめ これは問題だと思ったのですが 同僚たち― 医科大学時代からの友人であり 最も頭脳明晰で 意欲的で 仕事に情熱的に打ち込んでいた人々 彼らの多くがシニカルになり 意欲を失い 病院経営から距離を置いてしまっていたことでした

So/ with this focus/ on cost-cutting,/ I asked myself,/ are we forgetting the patient?//

私は経費削減について考える際 自分に問いかけます 「患者の事を忘れていないだろうか?」

Many countries/ that you represent/ and where I come from struggle/ with the cost of healthcare.//

皆さんの国々 そして私の国も 医療費の問題を抱えています

It's a big part of the national budgets.//

医療費は国家予算の大きな割合を占め

And many different reforms aim at holding back/ this growth.//

我々は様々な改革で その増加を抑制しようとします

In some countries,/ we have long waiting/ times/ for patients/ for surgery.//

ある国では 手術患者が 長い待ち時間に悩まされ

In other countries,/ new drugs are not being reimbursed,/ and therefore don't reach patients.//

ある国では 新薬への保険適用が無く 患者へその薬が届きません

In several countries,/ doctors and nurses are the targets,/ to some extent,/ for the governments.//

またある国では 医師と看護師は 政府にとって医療費抑制のターゲットとみなされます

After all,/ the costly decisions/ in health care are taken by doctors and nurses.//

最終的に医療費を左右する決定は 医師や看護師によってなされるからです

You choose an expensive lab test,/ you choose to operate/ on an old and frail patient.//

彼らが高額な検査を選択したり 老いて弱りきった患者を手術したりという決断を下すためです

So,/ by limiting the degrees of freedom of physicians,/ this is a way/ to hold costs down.//

ですから 医師の選択の自由を制限することで 医療費を抑えようというわけです

And ultimately,/ some physicians will say today/ that they don't have the full liberty/ to make the choices/ they think are right/ for their patients.//

結果として 今日の医師達は 自分達には患者に必要な処置を 選択する十分な権限が無いと嘆くのです

So no wonder/ that some of my old colleagues are frustrated.//

友人たちが不満を抱えるのももっともです

At BCG,/ we looked at this,/ and we asked ourselves,/ this can't be the right way of managing healthcare.//

これが医療経営のあるべき姿であるはずがない という前提のもとに BCG(ボストンコンサルティンググループ)は この問題を採り上げ

And so/ we took a step back/ and we said,/ "What is it/ that we are trying to achieve?"//

そして 改めて見直してみました 我々は何を達成すべきなのかと

Ultimately,/ in the healthcare system,/ we're aiming/ at improving health/ for the patients,/ and we need to do so/ at a limited, or affordable,/ cost.//

我々の医療制度は最終的に 患者の健康状態の改善を目的とします そしてそれは 限られた負担可能な費用で 提供されなければなりません

We call this value-based healthcare.//

これをバリューベース・ヘルスケアと呼びます

On the screen/ behind me,/ you see/ what we mean by value:/ outcomes/ that matter/ to patients relative/ to the money/ we spend.//

バリュー(価値)の定義とは こういうことです 患者にとって有益な結果が その治療にかかる費用に対して測られるのです

This was described beautifully/ in a book/ in 2006/ by Michael Porter and Elizabeth Teisberg.//

これについては実にわかりやすく2006年出版の マイケル・ポーターとエリザベス・テイスバーグの 著書に示されています

On this picture,/ you have/ my father-in-law surrounded by his three beautiful daughters.//

これは私の義理の父です 3人の美しい娘達に囲まれています

When we started doing/ our research/ at BCG,/ we decided not to look so much/ at the costs,/ but to look at the quality instead,/ and in the research,/one of the things/ that fascinated us/ was the variation/ we saw.//

我々がBCGで始めた研究では コストではなく 医療の質に目を向けることにしました その研究で我々が興味を抱いたのは 医療の質は 病院によって大きく異なることでした

You compare hospitals/ in a country,/ you'll find some/ that are extremely good,/ but you'll find a large number/ that are vastly much worse.//

数々の病院を比較すると ある病院の医療の質は非常に高いのに その他多くの病院での医療の質は大幅に劣っています

その違いは劇的なものでした

Erik,/ my father-in-law,/ he suffers from prostate cancer,/ and he probably needs surgery.//

私の義父エリックは 前立腺がんを患っています いずれ手術が必要になるでしょう

Now living/ in Europe,/ he can choose to go/ to Germany/ that has a well-reputed healthcare system.//

ヨーロッパに住んでいるので 評判の高い医療制度を誇るドイツへ行くことができます

If he goes there/ and goes to the average hospital,/ he will have the risk of becoming incontinent/ by about 50 percent,/ so he would have to start wearing/ diapers again.//

ドイツの標準的な病院で治療を受ければ 副作用の尿失禁を患うリスクを負います 50%の確率で オムツをつける事になりかねません

You flip a coin.// Fifty percent risk.// That's quite a lot.//

コインを投げて半々 50%はかなりの確率です

If he instead would go to Hamburg,/ and to a clinic called the Martini-Klinik,/ the risk would be only one/ in 20.//

もし代わりにハンブルグの マルティニ・クリニックという病院へ行けば リスクは20分の1に減少します

Either you/ a flip/ a coin,/ or you have a one in 20 risk.//

2分の1と 20分の1

That's a huge difference,/ a seven-fold difference.//

何倍もの 大きな差です

When we look at many hospitals/ for many different diseases,/ we see these huge differences.//

多くの病院を様々な 疾患について比較してみると この大きな差に気がつきます

But you and I don't know.// We don't have the data.//

しかしこれはデータが無い限り知り得ないことです

And often,/ the data actually doesn't exist.//

実際にデータは存在しないのですから

Nobody knows.//

誰も知る筈がないのです

So going the hospital is a lottery.//

病院に行くと言う事自体が 賭けのようなものなのです

Now,/ it doesn't have to be/ that way.// There is hope.//

しかし希望はあります

In the late '70s,/ there were a group of Swedish orthopedic surgeons/ who met at their annual meeting,/ and they were discussing the different procedures/ they used to operate/ hip surgery.//

70年代後半 スウェーデンの整形外科医グループが 年次総会で集まり 股関節手術に用いる 様々な技術について 話し合いました

To the left of this slide,/ you see a variety of metal pieces,/ artificial hips/ that you would use for somebody/ who needs a new hip.//

左のスライドは 人工股関節が必要な患者に使われる 様々な形の金属器具です

They all realized/ they had their individual way of operating.//

彼らは皆 それぞれ独自の方法で 治療をしていることに気づき

They/ all argued/ that,/ "My technique is the best,/"/ but none of them actually knew,/ and they admitted that.//

自分の技術が最良だと主張しましたが その真偽の程は誰も知りようが無い事も分かっていました

So they said,/ "We probably need to measure/ quality/ so we know/ and can learn from what's best."//

「最良の医療が何かを知り それから学ぶためには 医療の質を測る必要がある」

So they/ in fact spent two years/ debating,/ "So/ what is quality in hip surgery?"//

彼らは2年を費やして議論しました 「人工股関節手術の質とは何か」

"Oh,/ we should measure this."// "No, we should measure that."//

「これを測るべきだ」

And they finally agreed.//

「いや あれを測るべきだ」

And/ once they had agreed,/ they started measuring,/ and started sharing/ the data.//

測るべきデータが決まると データの測定と共有が始まりました

Very quickly,/ they found/ that if you put cement/ in the bone of the patient/ before you put the metal shaft in,/ it actually lasted a lot longer,/ and most patients would never have to be re-operated on/ in their lifetime.//

すると直ちに 患者の骨へ金属シャフトを 入れる前に セメントを注入すると 耐久性が増し 殆どの患者は再手術を必要としない ということがわかりました

They published the data,/ and it actually transformed clinical practice/ in the country.//

そのデータは発表され スウェーデンでの治療法を変革したのです

Everybody saw/ this makes a lot of sense.//

これが理に適っている事は明らかでした

Since then,/ they publish every year.//

それから毎年 データは公表され

Once a year,/ they publish the league table:/ who's best,/ who's at the bottom?//

ランキングが発表され 最上位から最下位までが分かります

And they visit each other/ to try to learn,/ so a continuous cycle of improvement.//

医師の間ではお互いから学ぶ為に交流がはじまり 継続的な改善サイクルが生まれたのです

For many years,/ Swedish hip surgeons had/ the best results in the world,/ at least/ for those/ who actually were measuring,/ and many were not.//

長年に渡り スウェーデンの股関節手術は 世界で最高の水準にありました 少なくとも その質を測っていた施設では 多くはそうではありませんでしたが

Now/ I found this principle really exciting.//

この仕組みは非常に 素晴らしいものといえます

So the physicians get together,/ they agree on what quality is,/ they start measuring,/ they share the data,/ they find/ who's best,/ and they learn from it.//

医師が集まり 医療の質について合意し 医療の質を測り データを共有し 最高の治療を提供している者から学ぶのです

継続的な改善です

Now,/ that's not the only exciting part.//

これはエキサイティングなことですが

That's exciting/ in itself.//

それだけではありません

But/ if you bring back/ the cost side of the equation,/ and look at that,/ it turns out,/ those/ who have focused on quality,/ they actually also have the lowest costs,/ although that's not been the purpose/ in the first place.//

この方式の費用面に目を向けてみると 医療の質を重視した場合 最もコストが低く抑えられていたのです それが第一義的な目的で無くてもです

So/ if you look at the hip surgery story again,/ there was a study done a couple years ago/ where they compared the U.S. and Sweden.//

また股関節手術の話に戻りますが 数年前に行われた研究で アメリカとスウェーデンの

They looked at how many patients have needed to be re-operated on seven years/ after the first surgery.//

最初の手術から7年後に 再手術を必要とした患者数を比べると

In the United States,/ the number was three times higher/ than in Sweden.//

アメリカではスウェーデンに比べて3倍もの患者が 再手術を必要とすることが分かりました

So many unnecessary surgeries,/ and so much unnecessary suffering/ for all the patients/ who were operated on in that seven year period.//

この7年の間に再手術を受けた患者を考えると 不必要な手術の件数と不必要な苦しみとが いかに多いことか これがなくなれば

Now,/ you can imagine how much savings/ there would be for society.//

社会全体でどれほどの コスト削減となるかを想像してみて下さい

We did a study/ where we looked at OECD data.//

我々はOECDデータを見てみました

OECD does,/ every so often,/ look/ at quality of care/ where they can find the data/ across the member countries.//

OECDでは 時折 存在するデータを用いて 加盟国間での医療の質を比較していますが

The United States has,/ for many diseases,/ actually/ a quality/ which is below the average/ in OECD.//

実はアメリカの医療の質は様々な疾患において OECD諸国の平均以下だったのです

Now,/ if the American healthcare system would focus a lot more/ on measuring quality,/ and raise quality just/ to the level of average OECD,/ it would save the American people 500 billion U.S. dollars/ a year.//

もしアメリカの医療制度が 医療の質を測ることに焦点を当て その質をOECD平均にまで高めれば 年間5000億ドルのコスト削減を 実現するでしょう

That's 20 percent of the budget,/ of the healthcare budget of the country.//

実に国家の医療費総予算の20%を 占める額です

Now/ you may say/ that these numbers are fantastic,/ and it's all logical,/ but is it possible?//

これらの数字は 素晴らしく理に適って いるように見えるが 本当に実現可能なのだろうかと 思われるかもしれません

This would be a paradigm shift/ in healthcare,/ and I would argue/ that not only can/ it be done,/ but it has to be done.//

これは医療のパラダイムシフトとなるでしょう 「実現可能か」ではなく 実現すべきことなのです

The agents of change are the doctors and nurses/ in the healthcare system.//

医療制度に変革をもたらす当事者は 医師や看護師です

In my practice/ as a consultant,/ I meet probably/ a hundred or more/ than a hundred doctors and nurses and other hospital or healthcare staff/ every year.//

私がコンサルタントとして関わっている 毎年100名以上の医師や看護師 病院スタッフや医療スタッフに会いますが

The one thing/ they have in common is they really care about what they achieve in terms of quality/ for their patients.//

皆一様に 患者へ提供する医療の質について 真摯に考えています

Physicians are,/ like most of you/ in the audience,/ very competitive.//

医師達は―会場の皆さんのように― とても負けず嫌いです

They were always best/ in class.//

彼らは常に最も優秀であり

We were always best/ in class.//

「ベスト・イン・クラス」ですが―

And/ if somebody can show them/ that the result/ they perform for their patients is no better/ than what others do,/ they will do/ whatever it takes to improve.//

もし誰かが 彼らの手法より 他により良い治療法があると 指摘したら 彼らは何としてでも やり方を改善しようとするでしょう

But most of them don't know.//

そして殆どは指摘されないだけなのです

But physicians have another characteristic.//

医師達のもう一つの性質として

彼らは医師同士で互いに磨き合うということがあります

If a cardiologist calls another cardiologist/ in a competing hospital/ and discusses/ why that other hospital has so much better results,/ they will share.//

もしある循環器内科医が競合先の同業者に電話し その病院がより良い結果を出している 理由を話し合うと 相手の医師は彼と情報を共有するでしょう

They will share the information/ on how to improve.//

改善する為の情報を共有するのです

So/ it is,/ by measuring and creating transparency,/ you get a cycle of continuous improvement,/ which is/ what this slide shows.//

こうして医療の質を測り 透明化することで 継続的な改善のサイクルが生まれるのです それを表すスライドです

Now,/ you may say/ this is a nice idea,/ but this isn't only an idea.//

これは只のグッド・アイデアで あるだけでなく―

This is happening in reality.//

今 現実に起こっていることなのです

We're creating/ a global community,/ and a large global community,/ where we'll be able to measure and compare/ what we achieve.//

我々は医療の質を測り 成果を比較することができる 大きなグローバルコミュニティを つくりました

Together/ with two academic institutions,/ Michael Porter/ at Harvard Business School,/ and the Karolinska Institute/ in Sweden,/ BCG has formed something/ we call ICHOM.//

2つの学術団体 ハーバード・ビジネス・スクールの マイケル・ポーター と スウェーデンのカロリンスカ研究所と共に BCGはICHOMと呼ばれる 研究機関を設立しました

You may think/ that's a sneeze,/ but it's not a sneeze,/ it's an acronym.//

「アイチョム」はクシャミの音のようですが 「インターナショナル・コンソーシアム・オブ

ヘルス・アウトカム・メジャーメント」の略語です

We're bringing/ together/ leading physicians/ and patients/ to discuss,/ disease/ by disease,/ what is really quality,/ what should/ we measure,/ and to make those standards global.//

我々は一流の医師や患者達を集めて 疾病毎に意見を交わしています 本当の医療の質は何か? 何を測るべきか? そして その基準を国際的なものにしています

They've worked --/ four working groups have worked during the past year:/ cataracts,/ back/ pain,/ coronary artery disease,/ which is,/ for instance,/ heart attack,/ and prostate cancer.//

昨年4つのワーキンググループが 白内障 腰痛 冠状動脈疾患―例えば心臓発作です― 前立腺がん

The four groups will publish their data/ in November of this year.//

について調査し 今年11月にデータを発表します

That's the first time/ we'll be comparing apples/ to apples,/ not only/ within a country,/ but between countries.//

初めて国内だけでなく国外の複数諸国の間で 同じ疾患同士を比較することを実現しました 来年は8つの疾患について比較を行う予定です

Next year,/ we're planning to do/ eight diseases,/ the year after,/16.//

更に翌年は16の疾患が対象です 3年の間に

In three years/' time,/ we plan to have covered 40 percent of the disease burden.//

あらゆる疾患の40%をカバーする目標です 全く同じ疾患同士を比べ

Compare apples to apples.// Who's better?//

誰がどこでより良い医療を実現しているか?

Why is that?//

そしてそれは何故なのかを明らかにします

Five months ago,/ I led a workshop/ at the largest university hospital/ in Northern Europe.//

5ヶ月前 北欧の最も大きな大学病院で ワークショップを行いました

They have a new CEO,/ and she has a vision:/ I want to manage/ my big institution much more/ on quality,/ outcomes/ that matter/ to patients.//

新しいCEOは 今まで以上に医療の質に重点を置いて運営したいという 新しいビジョンを持っていました 患者にとって有意義な医療を提供するのです

This particular day,/ we sat in a workshop together/ with physicians,/ nurses and other staff,/ discussing leukemia/ in children.//

この日 私たちはワークショップで 医師や看護師 様々な病院スタッフと 小児の白血病について議論していました

The group discussed,/ how do we measure quality/ today?//

グループは 医療の質をどう測るのか どうしたら今よりも正確に測れるか

Can we measure it better/ than we do?//

子供達をどう治療するか

We discussed,/ how do we treat these kids,/ what are important improvements?//

何が重要な改善なのか そして患者が負担する費用についても

And we discussed/ what are the costs/ for these patients,/ can we do treatment more efficiently?//

話し合いました もっと効率的な治療ができないだろうか?

There was an enormous energy/ in the room.//

会場は熱気に包まれていました

There were so many ideas,/ so much enthusiasm.//

多くのアイデア 熱意に溢れていました

At the end of the meeting,/ the chairman of the department,/ he stood up.//

ミーティングの最後に 医学部長はおもむろに立ち上がり

He looked over the group/ and he said --/ first/ he raised his hand,/ I forgot that --/ he raised his hand,/ clenched his fist,/ and then/ he said to the group,/ "Thank you.//

グループを見渡して このように拳を握った手を上げて そして言いました 「ありがとう!ありがとう!

Thank you.// Today,/ we're finally discussing/ what this hospital does the right way."//

今日 ついに私たちはこの病院が 成すべきことについて議論が出来ました」

By measuring value/ in healthcare,/ that is not only costs/ but outcomes that matter/ to patients,/ we will make staff/ in hospitals/ and elsewhere/ in the healthcare system not a problem but an important part of the solution.//

医療の価値を測ることで― それはコストだけでなく 患者にとって 有意義な治療ということで測られます― 医師や看護師 病院スタッフは 問題の一端としてではなく 解決の為の重要な要素として 捉えられるようになります

I believe measuring/ value/ in healthcare will bring about/ a revolution,/ and I'm convinced/ that the founder of modern medicine,/ the Greek Hippocrates,/ who always put the patient/ at the center,/ he would smile in his grave.//

私は医療の価値を測ることが 医療に革命をもたらすと信じます この様子を見て 常に患者を中心に 医療を考えていた人である 医学の父とも呼ばれる 古代ギリシャの医学者ヒポクラテスは きっと今 彼の眠る墓で 微笑んでいることでしょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

sabbatical

《まれ》安息日の

=sabbatical year

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

studied

熟慮した

わざとらしい,故意の

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

coat

『コート』,オーバー,外とう

(男子背広・婦人スーツの)『上着』;(婦人・子供の)長上着

(動物の)毛,毛皮;(植物の)外被,皮

表面をおおうもの;(ペンキ・ニスなどの)塗り;(金属などの)めっき

〈人〉‘に'上旦を旦せる

〈ほこりなどが〉〈症など〉'を'『おおう』;(ペンキなどで)〈壁など〉'を'塗る《+『名』+『with』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

consultant

専門的助言をする人,顧問,コンサルタント

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

spent

spendの過去・過去分詞

彼れきった

使い尽くした

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

hospital

『病院』

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

engaged

《補語にのみ用いて》(…に)忙しい《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《英》(電話などが)話し中の,ふさがっている(《米》busy)

《補語にのみ用いて》約束済みの

婚約中の

交戦中の

(歯車が)かみ合った

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

cynical

皮肉な,冷笑的な,世をすねた

disengage

…‘を'解き放す;(束縛・義務から)…‘を'解放する《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

reform

…‘を'編成し直す,再び作る

再編成する,再び形になる

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

reimburse

(損害に応じて)〈人〉‘に'弁償する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》;〈人〉‘に'〈損失額〉‘を'払い戻す《+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

costly

『高価な』;費用のかかる

損害(犠牲)の多い

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

expensive

『費用のかかる』,高価な

lab

実験室(laboratory)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

frail

『もろい』;か弱い;はかない

意志が弱い,誘惑に負けやすい

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

physician

『医者』;(特に)『内科医』

ultimately

最後に,ついに

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

liberty

〈U〉(圧政・支配・束縛などからの)『自由』,独立,解放;(自分の意志で行動・選択する)自由,権利

〈C〉『気まま』,かって;かって気ままな言動

《the ~》(ある場所に出入りする)『権利』,自由《+『of』+『名』》

〈U〉(海軍の)上陸許可(時間)

《複数形で》(王などから与えられた)権利,特権

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

beautifully

美しく

みごとに

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

porter

(市場の)運搬人

(駅,空港などの)『赤帽』

《米》(特等車・寝台車の)ボーイ

《おもに英》(客の荷物を運ぶホテルなどの)ボーイ,玄関番

Elizabeth

《~ I》エリザベス1世(1533‐1603;在位1558‐1603)

《~ II》現英国女王エリザベス2世(1926‐;在位1952‐)

father-in-law

義理の父,養父,しゅうと

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

instead

『その代りとして』,それよりも

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

vastly

広々と,広範囲に

大いに,非常に

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

prostate

前立腺(せん)

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

probably

『たぶん』,『おそらく』

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

incontinent

自制のできない,自制心のない;《古》(…を)自制できない《+『of』+『名』》

大小便をもらす,失禁の

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

diaper

〈C〉《米》おしめ,おむつ(《英》nappy, napkin)

〈U〉菱形模様;菱形地紋の麻布(タオル・ナプキン用)

〈赤ん坊〉‘に'おむつを当てる

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

fifty

〈C〉(数の)『50』;50記号(50,Lなど)

〈U〉50分;50歳

〈U〉《複数扱い》50人,50個

《the fifties》(世紀の)50年代;(年齢の)50代

『50の』,50個の,50人の

《補語にのみ用いて》50歳の(で)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

Hamburg

ハンブルク(西ドイツ北部,ヨーロッパ大陸最大の港湾都市)

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

data

『資料』,事実;情報

datum

dataの単数形

既知の事実

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

lottery

富くじ,福引き,宝くじ・運,巡り合わせ

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

Swedish

スウェーデンの;スウェーデン人(語)の

《the ~》《集合的に;複数扱い》スウェーデン人

〈U〉スウェーデン語

surgeon

『外科医』

軍医

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

hip

『腰』[の一方の側],ヒップ

= hip joint

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

agreed

一致した,同意した

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

cement

『セメント』;接合剤,接着剤

結合,(友情の)きずな

…‘に'セメントを塗る,'を'セメントで固める

〈友情・関係など〉'を'固める,堅く結び付ける

結びつく,固まる

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

shaft

『矢がら』,やりの柄;矢,やり,ゴルフ棒の柄,旗ざお

(車の)かじ棒

(機械の)『心棒』,軸,シャフト

(ハンマー・おのなどの)柄,取っ手

(建物の)柱体,柱身

一条の光線

(鉱山の)縦抗(エレベーターが上下する)シャフト・…‘を'あざむく

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

league

リーグ(昔の距離の単位;約3マイル(5キロメートル))

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

continuous

(時間的・空間的に)『切り目なく続く』;続けざまの,途切れない

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

exciting

(物事が)『興奮させる』

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

equation

等式; 方程式

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

unnecessary

『必要のない』,無用の,よけいな

suffering

〈U〉(肉体的・精神的)『苦痛』

〈C〉《しばしば複数形で》苦悩している状態,苦難

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

OECD

Organization for Economic Cooperation and Development経済協力開発機構

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

logical

論理学の

論理的な

(論理上)必然の,不可避の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

paradigm

範例,規範

語形変化表

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

competitive

競争の,競争による

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

sneeze

くしゃみ

くしゃみをする

acronym

かしら文字語(数語の最初の1字を組み合わせた語;通例は普通の名詞のように発音される;『NATO』=North Atlantic Treaty Organization)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

consortium

(共通の事業のための)資本連合,企業連合

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

cataract

〈C〉大滝

〈C〉《複数形で》奔流

〈U〉〈C〉白内障,白そこひ

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

coronary

冠状動脈の

心臓の

冠状動脈血栓(けっせん)症(coronary thrombosis)

artery

動脈

(道路・水路・鉄道などの)勘線,(通信の)主チャンネル

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

heart attack

心臓発作,心臓まひ

November

11月(《略》Nov.)

apple

『リンゴ』;リンゴの木

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

burden

〈C〉『荷物』,『積荷』

〈U〉荷物の運搬

〈C〉(…にとっての)(心を)『重荷』,苦しみ,悩み《+『to』(『on』)+『名』》

(荷を)…‘に'『負わせる』,積む《+『名』~『with』+『名』〈荷〉》

workshop

仕事場,工作場

《米》(セミナー形式の)形究会,討論会

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

CEO

chief executive officer

行政長官 ・最高経営責任者、企業のトップに位置する人、最高執行官、会長、代表執行役

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

leukemia

白血病

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

enormous

『巨大な』,ばく大な

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

enthusiasm

(…に対する)『熱中』,『熱狂』,熱意《+『for』(『about』)+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

chairman

『議長』,委員長;主席

(会社の)会長,会頭

(大学の)学部長

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

clench

〈歯〉'を'くいしばる,〈こぶし・物など〉'を'固く握り締める,〈口〉'を'きっと結ぶ

〈打ち込んだくぎなどの先〉'を'折り曲げる,つぶす

歯をくいしばること,(くやしい時の)歯ぎしり

fist

『握りこぶし』,げんこつ

elsewhere

『どこかよそに』,ほかの所で(somewhere else)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

convinced

確信(納得)している

founder

創設者,設立者

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

Greek

〈C〉『ギリシア人』

〈U〉『ギリシア語』

〈U〉訳の分からない言葉

ギリシアの;ギリシア人の;ギリシア語の

Hippocrates

ヒポクラテス(460?‐357B.C.;古代ギリシアの医者で医学の父と称される)

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

grave

『墓穴』;(一般に)埋葬所,墓

《しばしばthe grave》死(death);滅亡

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画