TED日本語 - フランシス・コリンズ: より良い薬が必要です - 今すぐに

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

現在分子的な原因が分かっている病気は4000種類ありますが、治療法が確立されているのはそのうちたった250種類です。どうしてこんなにも時間がかかるのでしょうか?遺伝学者であり医師でもあるフランシス・コリンズが、希少で複雑な病気に対してもなぜ系統的な創薬プロセスが急を要するのか説明し、既存の薬を活用するというような解決策を提案します。

Script

挙手をお願いしたいと思います 48歳以上の方は? 数人のようですね

おめでとうございます その方は アメリカの平均余命についてのこのスライドにあるように 1900年生まれの人の平均寿命よりも 長生きしていることになります

しかし 20世紀に起こったことを見てみてください この曲線を辿っていくと 大きな下降があることが分かります そのくぼみは1918年のインフルエンザによるものです 現在2010年では 新生児の平均余命は79歳であるので 我々は まだまだ生きられます これがグッドニュースです しかし すべきことはたくさんあります

例えば 病気のうち 分子的なメカニズムが 完全にわかっているものがいくつあるか? 約4000ですが これはすごいことです なぜならほとんどの分子学的発見は つい最近なされたものだからです これは素晴らしいことなのですが しかし それら4000の病気のうち 治療法があるものはいくつでしょう? たった250程度です この大きなギャップは 重大な課題です

皆さんはこう思われるかもしれません 「そんなに難しいことじゃない」 病気の原因に関して 生物学が解明した 基礎的な情報を 実用化に結びつけるための 大きなギャップを埋められる 橋を架ける能力が 私たちには備わっていると おそらくこんな橋を思い浮かべられていることでしょう 一方の端から他方へと渡る 光り輝く 素敵な道です

こんなに簡単にできたら良いでしょう? 残念ながら現実は違います 基礎知識を実用化しようとする試みの 現実は こんな感じ 光り輝く橋などは 夢のまた夢です 泳ぐ  船をこぐ ヨットやタグボートを使う人も さらに異変も起こります 雨が降り始め 雷鳴が轟き ひどいことには 水中にはサメもいて トラブルに巻き込まれます スイマーは溺れ ヨットは転覆し タグボートは岩にぶつかりました きっと運が良い人なら川を渡り切ります

さて どういうことでしょうか? 治療法を開発するとは 薬とは 何なのでしょうか? 薬は 水素 炭素 酸素 窒素や その他数種類の原子で構成される 1つの形になった 小さな分子です その形により その薬がターゲットに 実際に作用するかが決定されるのです 実際にそこまで辿り着けるのでしょうか? この画像をご覧下さい様々な形のものが踊っています 自閉症やアルツハイマー病 ガンなどに対する 新たな治療法を開発しようとするなら このごちゃごちゃの中から 最終的に恩恵をもたらし かつ 安全であるような適切な形を見つける必要があります この工程で起こることに注目してみましょう おそらく 数千 数万もの 化合物から始めることになります 様々なステップを経て 効用のなさそうなものを除外していきます 最終的に臨床試験を行う段階では4つか5つ程度に絞り込まれ 治験がうまくいけば開発を始めて14年も経った後に 1つの薬の承認がようやく得られます 1つの薬の開発が成功するには 10億ドル以上が必要です

この工程を エンジニア的に見て 改善策を考える それが今日この場で皆さんにお伝えするメインテーマです 開発期間を短縮するには? どうすれば成功率が上がるのか?

まず うまくいった実例を お示ししましょう 1つは つい数ヶ月前のことですが 嚢胞(のうほう)性線維症の薬が承認されました しかし 長い時間がかかりました 嚢胞性線維症の分子的な原因は1989年に 私の研究グループが トロントの別のチームと共同で発見しました 第7染色体の特定の遺伝子に存在する 変異を特定したのです この写真をご覧ください こちらも 同じ少年です ダニー・ベゼットの23年後の姿です この年は ダニーが結婚した年であるとともに 分子的な理解に基づいて 嚢胞性線維症の欠損に働く薬が 初めて FDAの承認を受けた年でもあります これが良いニュースです 悪いニュースは この薬は全ての嚢胞性線維症を治せるわけではないことです ダニーに対しても効果がありませんそのため私たちは今なお 次世代の薬が彼を救うのを待っています

しかしこれまでに23年もかかりました実に長い時間です どうすれば速くできるでしょう?

期間短縮の1つの方法は 技術の活用です 頼りとなる重要な技術は ヒトゲノムに関するものです 染色体をひも解き DNA全体を抽出し 私たちや あらゆる生物の設計書である DNA塩基配列の文字 つまりATGCを 解読することができる技術です また 解読にかかる費用は 以前は数億ドルでしたが ここ10年の間に ムーアの法則を越える速さで下がり続け 今日では あなたや私のゲノムの解読にかかる費用は1万ドル以下となり 1000ドルにも まもなく到達しそうです ワクワクします それが 病気への応用に どのように役に立つか?

ここで 別の疾患についてお話しします これは希少な疾患で ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群と呼ばれています 早老の最も劇的な形です 約400万人に1人の子供がこの病気にかかりますが 要は この病気にかかると 特定の遺伝子の変異のために 細胞に有害なタンパク質がつくられます そのせいで 通常の7倍の速さで 老化が進行します

この疾患が細胞に対して行うことのビデオをお見せします 通常の細胞は 顕微鏡で見ると 中心に核を持っていますが 境界ははっきりとしており 丸く滑らかです 一方 プロジェリア細胞は プロジェリンという有害なタンパク質のせいで 塊やこぶがあります 2003年にこれを発見した後 私たちは治す方法を 見つけようと試み始めました 繰り返しになりますが分子的な経路が分かれば 非常に多くの化合物の中から 有用と考えられるものを選び出し 試してみることができます 培養細胞で行われた実験では この動画に示されるように プロジェリアを持つ細胞に対して 特定の化合物を加え 何が起こるか観察してみると ちょうど72時間後に その細胞は 私たちが知る限りにおいて 通常の細胞のようになります

面白い結果ですがヒトに対しても効くのでしょうか? 原因遺伝子が発見されてから たった4年で この化合物の治験にまで こぎ着けました ご覧頂いている子どもたちは この治験に進んで参加してくれた 28人です この写真をご覧になれば 全員がこの病気に苦しむ人々であり 極めて似通った見た目を していることがわかるでしょう もっと詳しく説明する代わりに 治験参加者の1人 ボストン出身のサム・バーンズをお招きします 彼は この舞台で プロジェリア症候群の子どもとしての 経験を話すために来てくれました サムは15歳です 彼の両親のスコット・バーンズとレスリー・ゴードンも 2人とも医者ですが ここへ来てくれています サム どうぞ座って

(拍手)

サム こちらの皆さんに プロジェリア症候群という 病気にかかるとどうなるのか 話してくれないか?

サム・バーンズ: プロジェリアのせいで僕はいくつかの制限を課せられました スポーツや身体的運動はできませんが 幸運なことに 僕はそうした制限と 関係ないものに興味をもつことができました しかし マーチングバンドや審判のように プロジェリアが障壁になるものを 本当にしたいと思ったらその方法を常に見つけています つまりプロジェリアは僕の人生を左右しているわけではないのです

(拍手)

フランシス・コリンズ: ではこの会場にいる研究者や これを聞いている他の研究者に何を伝えたい? プロジェリアに関する研究と 他の状況について 言いたいことは?

サム: プロジェリアに関する研究は 15年もしない内に格段に進歩しました これは研究者が ここまで来るための活力を持っていたことを示します それは僕自身にも 他のプロジェリア患者の 子どもたちにも大きな意味があります その活力があれば 誰でもどんな病気でも治すことができるんです 願わくばプロジェリアも近い未来に完治できるようになり フランシスが話していた 4000もの病気を なくすことができればと思います

フランシス: 素晴らしい       サムは今日 学校を休んで ここに来てくれましたそして彼は ? (拍手) ? 彼はボストンにある学校で9年生ですが 全教科A+の成績を修めています どうぞ一緒にサムに感謝し歓迎してください サム: ありがとうございますフランシス: よくやった 素晴らしかったよ (拍手)

あと2つほどお話したいことがあります まず 特定の薬についてお話しし そして 既に解明された4000の病気に対して 成功例を どう一般化するかについて お話しようと思います お気付きかもしれませんが 現在 治験を行っている抗プロジェリア薬は もともとそのためにデザインされたものではありません とても希少な疾患であるため薬を創るために 企業に対して 何百万ドルもの負担を求めるのは困難なのです これはガンの薬として開発されましたが ガンには あまり効果がありませんでした しかし偶然にも プロジェリアに対しては 適切な性質や形を持っていたのです そのようなことをもっと体系的に行えたら良いと思いませんか? 実際に ヒトに対する安全性は保証されているものの 元々 対象としていた病気の治療には 効果がなかったような薬を 冷蔵庫にしまったままにしている企業に対して このようなことを奨励できないでしょうか? 現在 私たちは全く新しい分子経路について研究しています それらの中には 古い薬に対して 「再配置」や「再利用」のようなことを 可能にするものがあるかもしれません これは 価値ある取り組みになりえます 現在 NIHや企業と この将来性のある取り組みについて 活発な議論を行っています

多大なる恩恵が期待されます これが大きな進歩につながることを示す 成功例は極めてたくさんあります 最初につくられた抗HIV/エイズ薬は HIV/エイズに対してではなく ガンに対してつくられたものでしたAZTと言います AZTはガンに対してはあまり効きませんでしたが 初めて 抗レトロウィルス薬として有効性を示す薬となりました この表から分かるようにその他の例もあります

では どのようにこの試みを一般化すれば良いでしょうか? 実現のためには 学術界 政府 民間企業 そして患者協会とが 協力する必要があります NIHでは国立先進トランスレーショナル科学センターを設立しました 昨年12月につくられたばかりですが一つのゴールです

もう1つ 私たちができることについてお話します 患者をリスクに晒すこと無く 薬に効果があり 安全かどうかが 試せたら良いと思いませんか? 初めて試す時は 有効性と安全性が保証されないからです 例えば 人に投与する前に薬が安全かどうか どのようにすれば分かるでしょう?通常 動物実験を行いますが 全く信頼が置けるわけではありませんし 費用や時間もかかります 代わりにヒトの細胞で実験できるとしたらどうでしょう? 科学論文の動向に注意を払っている方なら 皮膚細胞を採取し それを 肝細胞 心筋細胞 腎細胞 脳細胞のいずれにも 変化させることができるとご存知でしょう 薬が有効であるか また安全であるかを テストするために それらを使ったらどうでしょう?

ここにチップ上につくられた肺の写真があります ボストンのヴィース研究所によりつくられました 簡単なビデオでご説明しましょう 個体から細胞を抽出し 肺に存在する細胞へと変えます その上で様々な新薬候補化合物を 投与し それが有害なのか安全なのか 確かめることができます チップ上で呼吸すらも見られます 血液循環も見ることができます その間に細胞が存在していて 化合物を投与したとき何が起こるか見ることができます 細胞は健康になるのか ならないのか? 腎臓や心臓 筋肉 肝臓などに対しても 薬が問題を引き起こすかどうか 見たいというときも 同じチップ技術を用いることができます

最終的には 個人で同じことができるようになり 医療の開発と治験が チップ上で できる方向に向かうでしょう ここで言いたいのは 薬の開発と 安全性評価のプロセスを 個別化することです

まとめです 私たちは現在 大きな変化の瞬間に立ち会っています ほぼ20年NIHにいますが 私にとって これほどまでに 将来の可能性を感じ 興奮する時代はありませんでした 世界中の研究室で これらの発見がなされてきました これを利用するためには何が必要でしょうか?まず 資源が必要です これはハイリスクで時にはハイコストな研究です その代わり 健康の面でも 経済成長の面でも 恩恵は測り知れませんサポートする必要があります 2つ目に 学術界と政府と民間企業 そして患者協会との間で 新たな協力関係が必要です私がご説明してきたような 新たな化合物の再利用を促すような関係です そして3つ目 恐らくこれが最も重要ですが才能が必要です 様々な分野の 最善かつ最優秀な人たちに この取り組みに参加してもらう必要があります 年齢 グループを問わずです なぜなら 今がそのときだからです これが待ち望んでいた21世紀の生物学です 私たちには これを実際に病気を無くすものへと 変えるチャンスがあるのです それが私の目標です 願わくば 皆さんの目標でもあって欲しいです 詩人やマペット サーファー 銀行員 そしてこの場にいる 全ての人の目標でもあると思います 私たちが何をしようとしているのかなぜ必要なのか考えてみてください 今 必要なんです可能な限り早く解決する必要があります 信じられないなら サムに聞いてみてください

ありがとうございました

(拍手)

So let me ask for a show of hands. How many people here are over the age of 48? Well, there do seem to be a few.

Well, congratulations, because if you look at this particular slide of U.S. life expectancy, you are now in excess of the average life span of somebody who was born in 1900.

But look what happened in the course of that century. If you follow that curve, you'll see that it starts way down there. There's that dip there for the 1918 flu. And here we are at 2010, average life expectancy of a child born today, age 79, and we are not done yet. Now, that's the good news. But there's still a lot of work to do.

So, for instance, if you ask, how many diseases do we now know the exact molecular basis? Turns out it's about 4,000, which is pretty amazing, because most of those molecular discoveries have just happened in the last little while. It's exciting to see that in terms of what we've learned, but how many of those 4,000 diseases now have treatments available? Only about 250. So we have this huge challenge, this huge gap.

You would think this wouldn't be too hard, that we would simply have the ability to take this fundamental information that we're learning about how it is that basic biology teaches us about the causes of disease and build a bridge across this yawning gap between what we've learned about basic science and its application, a bridge that would look maybe something like this, where you'd have to put together a nice shiny way to get from one side to the other.

Well, wouldn't it be nice if it was that easy? Unfortunately, it's not. In reality, trying to go from fundamental knowledge to its application is more like this. There are no shiny bridges. You sort of place your bets. Maybe you've got a swimmer and a rowboat and a sailboat and a tugboat and you set them off on their way, and the rains come and the lightning flashes, and oh my gosh, there are sharks in the water and the swimmer gets into trouble, and, uh oh, the swimmer drowned and the sailboat capsized, and that tugboat, well, it hit the rocks, and maybe if you're lucky, somebody gets across.

Well, what does this really look like? Well, what is it to make a therapeutic, anyway? What's a drug? A drug is made up of a small molecule of hydrogen, carbon, oxygen, nitrogen, and a few other atoms all cobbled together in a shape, and it's those shapes that determine whether, in fact, that particular drug is going to hit its target. Is it going to land where it's supposed to? So look at this picture here -- a lot of shapes dancing around for you. Now what you need to do, if you're trying to develop a new treatment for autism or Alzheimer's disease or cancer is to find the right shape in that mix that will ultimately provide benefit and will be safe. And when you look at what happens to that pipeline, you start out maybe with thousands, tens of thousands of compounds. You weed down through various steps that cause many of these to fail. Ultimately, maybe you can run a clinical trial with four or five of these, and if all goes well,14 years after you started, you will get one approval. And it will cost you upwards of a billion dollars for that one success.

So we have to look at this pipeline the way an engineer would, and say, "How can we do better?" And that's the main theme of what I want to say to you this morning. How can we make this go faster? How can we make it more successful?

Well, let me tell you about a few examples where this has actually worked. One that has just happened in the last few months is the successful approval of a drug for cystic fibrosis. But it's taken a long time to get there. Cystic fibrosis had its molecular cause discovered in 1989 by my group working with another group in Toronto, discovering what the mutation was in a particular gene on chromosome 7. That picture you see there? Here it is. That's the same kid. That's Danny Bessette,23 years later, because this is the year, and it's also the year where Danny got married, where we have, for the first time, the approval by the FDA of a drug that precisely targets the defect in cystic fibrosis based upon all this molecular understanding. That's the good news. The bad news is, this drug doesn't actually treat all cases of cystic fibrosis, and it won't work for Danny, and we're still waiting for that next generation to help him.

But it took 23 years to get this far. That's too long. How do we go faster?

Well,one way to go faster is to take advantage of technology, and a very important technology that we depend on for all of this is the human genome, the ability to be able to look at a chromosome, to unzip it, to pull out all the DNA, and to be able to then read out the letters in that DNA code, the A's, C's, G's and T's that are our instruction book and the instruction book for all living things, and the cost of doing this, which used to be in the hundreds of millions of dollars, has in the course of the last 10 years fallen faster than Moore's Law, down to the point where it is less than 10,000 dollars today to have your genome sequenced, or mine, and we're headed for the $ 1,000 genome fairly soon. Well, that's exciting. How does that play out in terms of application to a disease?

I want to tell you about another disorder. This one is a disorder which is quite rare. It's called Hutchinson-Gilford progeria, and it is the most dramatic form of premature aging. Only about one in every four million kids has this disease, and in a simple way, what happens is, because of a mutation in a particular gene, a protein is made that's toxic to the cell and it causes these individuals to age at about seven times the normal rate.

Let me show you a video of what that does to the cell. The normal cell, if you looked at it under the microscope, would have a nucleus sitting in the middle of the cell, which is nice and round and smooth in its boundaries and it looks kind of like that. A progeria cell, on the other hand, because of this toxic protein called progerin, has these lumps and bumps in it. So what we would like to do after discovering this back in 2003 is to come up with a way to try to correct that. Well again, by knowing something about the molecular pathways, it was possible to pick one of those many, many compounds that might have been useful and try it out. In an experiment done in cell culture and shown here in a cartoon, if you take that particular compound and you add it to that cell that has progeria, and you watch to see what happened, in just 72 hours, that cell becomes, for all purposes that we can determine, almost like a normal cell.

Well that was exciting, but would it actually work in a real human being? This has led, in the space of only four years from the time the gene was discovered to the start of a clinical trial, to a test of that very compound. And the kids that you see here all volunteered to be part of this,28 of them, and you can see as soon as the picture comes up that they are in fact a remarkable group of young people all afflicted by this disease, all looking quite similar to each other. And instead of telling you more about it, I'm going to invite one of them, Sam Berns from Boston, who's here this morning, to come up on the stage and tell us about his experience as a child affected with progeria. Sam is 15 years old. His parents, Scott Berns and Leslie Gordon, both physicians, are here with us this morning as well. Sam, please have a seat.

(Applause)

So Sam, why don't you tell these folks what it's like being affected with this condition called progeria?

Sam Burns: Well, progeria limits me in some ways. I can not play sports or do physical activities, but I have been able to take interest in things that progeria, luckily, does not limit. But when there is something that I really do want to do that progeria gets in the way of, like marching band or umpiring, we always find a way to do it, and that just shows that progeria isn't in control of my life.

(Applause)

Francis Collins: So what would you like to say to researchers here in the auditorium and others listening to this? What would you say to them both about research on progeria and maybe about other conditions as well?

SB: Well, research on progeria has come so far in less than 15 years, and that just shows the drive that researchers can have to get this far, and it really means a lot to myself and other kids with progeria, and it shows that if that drive exists, anybody can cure any disease, and hopefully progeria can be cured in the near future, and so we can eliminate those 4,000 diseases that Francis was talking about.

FC: Excellent. So Sam took the day off from school today to be here, and he is - (Applause) -- He is, by the way, a straight-A+ student in the ninth grade in his school in Boston. Please join me in thanking and welcoming Sam. SB: Thank you very much. FC: Well done. Well done, buddy. (Applause)

So I just want to say a couple more things about that particular story, and then try to generalize how could we have stories of success all over the place for these diseases, as Sam says, these 4,000 that are waiting for answers. You might have noticed that the drug that is now in clinical trial for progeria is not a drug that was designed for that. It's such a rare disease, it would be hard for a company to justify spending hundreds of millions of dollars to generate a drug. This is a drug that was developed for cancer. Turned out, it didn't work very well for cancer, but it has exactly the right properties, the right shape, to work for progeria, and that's what's happened. Wouldn't it be great if we could do that more systematically? Could we, in fact, encourage all the companies that are out there that have drugs in their freezers that are known to be safe in humans but have never actually succeeded in terms of being effective for the treatments they were tried for? Now we're learning about all these new molecular pathways -- some of those could be repositioned or repurposed, or whatever word you want to use, for new applications, basically teaching old drugs new tricks. That could be a phenomenal, valuable activity. We have many discussions now between NIH and companies about doing this that are looking very promising.

And you could expect quite a lot to come from this. There are quite a number of success stories one can point to about how this has led to major advances. The first drug for HIV/AIDS was not developed for HIV/AIDS. It was developed for cancer. It was AZT. It didn't work very well for cancer, but became the first successful antiretroviral, and you can see from the table there are others as well.

So how do we actually make that a more generalizable effort? Well, we have to come up with a partnership between academia, government, the private sector, and patient organizations to make that so. At NIH, we have started this new National Center for Advancing Translational Sciences. It just started last December, and this is one of its goals.

Let me tell you another thing we could do. Wouldn't it be nice to be able to a test a drug to see if it's effective and safe without having to put patients at risk, because that first time you're never quite sure? How do we know, for instance, whether drugs are safe before we give them to people? We test them on animals. And it's not all that reliable, and it's costly, and it's time-consuming. Suppose we could do this instead on human cells. You probably know, if you've been paying attention to some of the science literature that you can now take a skin cell and encourage it to become a liver cell or a heart cell or a kidney cell or a brain cell for any of us. So what if you used those cells as your test for whether a drug is going to work and whether it's going to be safe?

Here you see a picture of a lung on a chip. This is something created by the Wyss Institute in Boston, and what they have done here, if we can run the little video, is to take cells from an individual, turn them into the kinds of cells that are present in the lung, and determine what would happen if you added to this various drug compounds to see if they are toxic or safe. You can see this chip even breathes. It has an air channel. It has a blood channel. And it has cells in between that allow you to see what happens when you add a compound. Are those cells happy or not? You can do this same kind of chip technology for kidneys, for hearts, for muscles, all the places where you want to see whether a drug is going to be a problem, for the liver.

And ultimately, because you can do this for the individual, we could even see this moving to the point where the ability to develop and test medicines will be you on a chip, what we're trying to say here is the individualizing of the process of developing drugs and testing their safety.

So let me sum up. We are in a remarkable moment here. For me, at NIH now for almost 20 years, there has never been a time where there was more excitement about the potential that lies in front of us. We have made all these discoveries pouring out of laboratories across the world. What do we need to capitalize on this? First of all, we need resources. This is research that's high-risk, sometimes high-cost. The payoff is enormous, both in terms of health and in terms of economic growth. We need to support that. Second, we need new kinds of partnerships between academia and government and the private sector and patient organizations, just like the one I've been describing here, in terms of the way in which we could go after repurposing new compounds. And third, and maybe most important, we need talent. We need the best and the brightest from many different disciplines to come and join this effort -- all ages, all different groups -- because this is the time, folks. This is the 21st-century biology that you've been waiting for, and we have the chance to take that and turn it into something which will, in fact, knock out disease. That's my goal. I hope that's your goal. I think it'll be the goal of the poets and the muppets and the surfers and the bankers and all the other people who join this stage and think about what we're trying to do here and why it matters. It matters for now. It matters as soon as possible. If you don't believe me, just ask Sam.

Thank you all very much.

(Applause)

So let me/ ask for a show of hands.//

挙手をお願いしたいと思います

How many people here are over the age of 48?//

48歳以上の方は?

Well,/ there do seem to be a few.//

数人のようですね

Well,/ congratulations,/ because/ if you look at this particular slide of U.S. life expectancy,/ you are now in excess of the average life span of somebody/ who was born in 1900.//

おめでとうございます その方は アメリカの平均余命についてのこのスライドにあるように 1900年生まれの人の平均寿命よりも 長生きしていることになります

But look/ what happened in the course of that century.//

しかし 20世紀に起こったことを見てみてください

If you follow/ that curve,/ you'll see/ that it starts way down there.//

この曲線を辿っていくと 大きな下降があることが分かります

There's that dip there/ for the 1918 flu.//

そのくぼみは1918年のインフルエンザによるものです

And here/ we are at 2010,/ average life expectancy of a child born/ today,/ age 79,/ and we are not done yet.//

現在2010年では 新生児の平均余命は79歳であるので 我々は まだまだ生きられます

Now,/ that's the good news.//

これがグッドニュースです

But there's still/ a lot of work/ to do.//

しかし すべきことはたくさんあります

So,/ for instance,/ if you ask,/ how many diseases do we now know the exact molecular basis?//

例えば 病気のうち 分子的なメカニズムが 完全にわかっているものがいくつあるか?

Turns out/ it's about 4,000,/ which is pretty amazing,/ because most of those molecular discoveries have just happened in the last little/ while.//

約4000ですが これはすごいことです なぜならほとんどの分子学的発見は つい最近なされたものだからです

It's exciting/ to see/ that in terms of what we've learned,/ but how many of those 4,000 diseases now have treatments available?//

これは素晴らしいことなのですが しかし それら4000の病気のうち 治療法があるものはいくつでしょう?

Only about 250.//

たった250程度です

So we have this huge challenge,/ this huge gap.//

この大きなギャップは 重大な課題です

You would think/ this wouldn't be too hard,/ that we would simply have the ability/ to take this fundamental information/ that we're learning/ about how it is/ that basic biology teaches us/ about the causes of disease/ and build a bridge/ across this yawning gap/ between what we've learned about basic science and its application,/ a bridge/ that would look maybe/ something/ like this,/ where you'd have to put together/ a nice shiny way/ to get from one side/ to the other.//

皆さんはこう思われるかもしれません 「そんなに難しいことじゃない」 病気の原因に関して 生物学が解明した 基礎的な情報を 実用化に結びつけるための 大きなギャップを埋められる 橋を架ける能力が 私たちには備わっていると おそらくこんな橋を思い浮かべられていることでしょう 一方の端から他方へと渡る 光り輝く 素敵な道です

Well,/ wouldn't it be nice/ if it was that easy?//

こんなに簡単にできたら良いでしょう?

Unfortunately,/ it's not.//

残念ながら現実は違います

In reality,/ trying to go from fundamental knowledge/ to its application is more like this.//

基礎知識を実用化しようとする試みの 現実は こんな感じ

There are no shiny bridges.//

光り輝く橋などは

You/ sort of place/ your bets.//

夢のまた夢です

Maybe/ you've got a swimmer/ and a rowboat/ and a sailboat/ and a tugboat/ and you set them off/ on their way,/ and the rains come and the lightning flashes,/ and oh my gosh,/ there are sharks/ in the water/ and the swimmer gets into trouble,/ and,/ uh oh,/ the swimmer drowned/ and the sailboat capsized,/ and/ that tugboat,/ well,/ it hit the rocks,/ and maybe/ if you're lucky,/ somebody gets across.//

泳ぐ  船をこぐ ヨットやタグボートを使う人も さらに異変も起こります 雨が降り始め 雷鳴が轟き ひどいことには 水中にはサメもいて トラブルに巻き込まれます スイマーは溺れ ヨットは転覆し タグボートは岩にぶつかりました きっと運が良い人なら川を渡り切ります

Well,/ what does this really look like?//

さて どういうことでしょうか?

Well,/ what is it/ to make a therapeutic,/ anyway?//

治療法を開発するとは

What's a drug?// A drug is made up/ of a small molecule of hydrogen,/ carbon,/ oxygen,/ nitrogen,/ and a few other atoms all cobbled together/ in a shape,/ and it's those shapes/ that determine/ whether,/ in fact,/ that particular drug is going to hit/ its target.//

薬とは 何なのでしょうか? 薬は 水素 炭素 酸素 窒素や その他数種類の原子で構成される 1つの形になった 小さな分子です その形により その薬がターゲットに 実際に作用するかが決定されるのです

Is it going to land/ where it's supposed to?//

実際にそこまで辿り着けるのでしょうか?

So look at this picture here --/ a lot of shapes/ dancing around/ for you.//

この画像をご覧下さい様々な形のものが踊っています

Now/ what you need to do,/ if you're trying to develop/ a new treatment/ for autism/ or Alzheimer's disease/ or cancer is to find the right shape/ in that mix/ that will ultimately provide benefit/ and will be safe.//

自閉症やアルツハイマー病 ガンなどに対する 新たな治療法を開発しようとするなら このごちゃごちゃの中から 最終的に恩恵をもたらし かつ 安全であるような適切な形を見つける必要があります

And when you look at what happens to that pipeline,/ you start out/ maybe/ with thousands,/ tens of thousands of compounds.//

この工程で起こることに注目してみましょう おそらく 数千 数万もの 化合物から始めることになります

You weed down/ through various steps/ that cause many of these to fail.//

様々なステップを経て 効用のなさそうなものを除外していきます

Ultimately,/ maybe/ you can run a clinical trial/ with four or five of these,/ and/ if all goes well,/14 years/ after you started,/ you will get one approval.//

最終的に臨床試験を行う段階では4つか5つ程度に絞り込まれ 治験がうまくいけば開発を始めて14年も経った後に 1つの薬の承認がようやく得られます

And it will cost you upwards of a billion dollars/ for that one success.//

1つの薬の開発が成功するには 10億ドル以上が必要です

So we have to look/ at this pipeline/ the way/ an engineer would,/ and say,/ "How can we do better?"//

この工程を エンジニア的に見て 改善策を考える

And that's the main theme of what I want to say/ to you/ this morning.//

それが今日この場で皆さんにお伝えするメインテーマです

How can we make this go faster?//

開発期間を短縮するには?

How can we make it more successful?//

どうすれば成功率が上がるのか?

Well,/ let me/ tell you/ about a few examples/ where this has actually worked.//

まず うまくいった実例を お示ししましょう

One/ that has just happened in the last few months is the successful approval of a drug/ for cystic fibrosis.//

1つは つい数ヶ月前のことですが 嚢胞(のうほう)性線維症の薬が承認されました

But it's taken a long time/ to get there.//

しかし 長い時間がかかりました

Cystic fibrosis had/ its molecular cause discovered in 1989/ by my group/ working with another group/ in Toronto,/ discovering/ what the mutation was in a particular gene/ on chromosome 7.//

嚢胞性線維症の分子的な原因は1989年に 私の研究グループが トロントの別のチームと共同で発見しました 第7染色体の特定の遺伝子に存在する 変異を特定したのです

That picture/ you see there?//

この写真をご覧ください

Here/ it is.// That's the same kid.//

こちらも 同じ少年です

That's Danny Bessette,/23 years later,/ because this is the year,/ and it's also/ the year/ where Danny got married,/ where we have,/ for the first time,/ the approval/ by the FDA of a drug/ that precisely targets the defect/ in cystic fibrosis based upon all this molecular understanding.//

ダニー・ベゼットの23年後の姿です この年は ダニーが結婚した年であるとともに 分子的な理解に基づいて 嚢胞性線維症の欠損に働く薬が 初めて FDAの承認を受けた年でもあります

That's the good news.//

これが良いニュースです

The bad news is,/ this drug doesn't actually treat all cases of cystic fibrosis,/ and it won't work for Danny,/ and we're still waiting/ for that next generation/ to help him.//

悪いニュースは この薬は全ての嚢胞性線維症を治せるわけではないことです ダニーに対しても効果がありませんそのため私たちは今なお 次世代の薬が彼を救うのを待っています

But it took 23 years/ to get this far.// That's too long.//

しかしこれまでに23年もかかりました実に長い時間です

How do we go faster?//

どうすれば速くできるでしょう?

Well,/one way to go faster is to take advantage of technology,/ and a very important technology/ that we depend on for all of this is the human genome,/ the ability to be able to look at a chromosome,/ to unzip it,/ to pull out/ all the DNA,/ and to be able to then read out/ the letters/ in that DNA code,/ the A's,/ C's,/ G's/ and T's/ that are our instruction book and the instruction book/ for all living things,/ and the cost of doing this,/ which used to be in the hundreds of millions of dollars,/ has in the course of the last 10 years fallen faster/ than Moore's Law,/ down/ to the point/ where it is less than 10,000 dollars/ today to have your genome sequenced,/ or mine,/ and we're headed for the $ 1,000 genome fairly soon.//

期間短縮の1つの方法は 技術の活用です 頼りとなる重要な技術は ヒトゲノムに関するものです 染色体をひも解き DNA全体を抽出し 私たちや あらゆる生物の設計書である DNA塩基配列の文字 つまりATGCを 解読することができる技術です また 解読にかかる費用は 以前は数億ドルでしたが ここ10年の間に ムーアの法則を越える速さで下がり続け 今日では あなたや私のゲノムの解読にかかる費用は1万ドル以下となり 1000ドルにも まもなく到達しそうです

Well,/ that's exciting.//

ワクワクします

How does/ that play out/ in terms of application/ to a disease?//

それが 病気への応用に どのように役に立つか?

I want to tell/ you/ about another disorder.//

ここで 別の疾患についてお話しします

This one is a disorder/ which is quite rare.//

これは希少な疾患で

It's called Hutchinson-Gilford progeria,/ and it is the most dramatic form of premature aging.//

ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群と呼ばれています 早老の最も劇的な形です

Only about one in every four million kids has this disease,/ and in a simple way,/ what happens/ is,/ because of a mutation/ in a particular gene,/ a protein is made that's toxic/ to the cell/ and it causes these individuals/ to age/ at about seven times the normal rate.//

約400万人に1人の子供がこの病気にかかりますが 要は この病気にかかると 特定の遺伝子の変異のために 細胞に有害なタンパク質がつくられます そのせいで 通常の7倍の速さで 老化が進行します

Let me/ show you/ a video of what/ that does to the cell.//

この疾患が細胞に対して行うことのビデオをお見せします

The normal cell,/ if you looked at it/ under the microscope,/ would have a nucleus/ sitting in the middle of the cell,/ which is nice/ and round and smooth/ in its boundaries/ and it looks kind of like that.//

通常の細胞は 顕微鏡で見ると 中心に核を持っていますが 境界ははっきりとしており 丸く滑らかです

A progeria cell,/ on the other hand,/ because of this toxic protein called progerin,/ has these lumps and bumps/ in it.//

一方 プロジェリア細胞は プロジェリンという有害なタンパク質のせいで 塊やこぶがあります

So/ what we would like to do/ after discovering this back/ in 2003 is to come up/ with a way/ to try to correct/ that.//

2003年にこれを発見した後 私たちは治す方法を 見つけようと試み始めました

Well again,/ by knowing something/ about the molecular pathways,/ it was possible/ to pick one of those many, many compounds/ that might have been useful/ and try it out.//

繰り返しになりますが分子的な経路が分かれば 非常に多くの化合物の中から 有用と考えられるものを選び出し 試してみることができます

In an experiment done in cell culture/ and shown here/ in a cartoon,/ if you take that particular compound/ and you add it/ to that cell/ that has progeria,/ and you watch to see/ what happened,/ in just 72 hours,/ that cell becomes,/ for all purposes/ that we can determine,/ almost/ like a normal cell.//

培養細胞で行われた実験では この動画に示されるように プロジェリアを持つ細胞に対して 特定の化合物を加え 何が起こるか観察してみると ちょうど72時間後に その細胞は 私たちが知る限りにおいて 通常の細胞のようになります

Well/ that was exciting,/ but would it actually work in a real human being?//

面白い結果ですがヒトに対しても効くのでしょうか?

This has led,/ in the space of only four years/ from the time/ the gene was discovered to the start of a clinical trial,/ to a test of that very compound.//

原因遺伝子が発見されてから たった4年で この化合物の治験にまで こぎ着けました

And the kids/ that you see here/ all volunteered to be part of this,/28 of them,/ and you can see as soon/ as the picture comes up/ that they are in fact/ a remarkable group of young people all afflicted by this disease,/ all looking quite similar/ to each other.//

ご覧頂いている子どもたちは この治験に進んで参加してくれた 28人です この写真をご覧になれば 全員がこの病気に苦しむ人々であり 極めて似通った見た目を していることがわかるでしょう

And instead of telling you more/ about it,/ I'm going to invite/ one of them,/ Sam Berns/ from Boston,/ who's here/ this morning,/ to come up/ on the stage/ and tell us/ about his experience/ as a child affected with progeria.//

もっと詳しく説明する代わりに 治験参加者の1人 ボストン出身のサム・バーンズをお招きします 彼は この舞台で プロジェリア症候群の子どもとしての 経験を話すために来てくれました

Sam is 15 years old.// His parents,/ Scott Berns and Leslie Gordon,/ both physicians,/ are here with us/ this morning/ as well.//

サムは15歳です 彼の両親のスコット・バーンズとレスリー・ゴードンも 2人とも医者ですが ここへ来てくれています

Sam,/ please have a seat.//

サム どうぞ座って

(拍手)

So Sam,/ why don't you tell these folks/ what it's like being affected with this condition called progeria?//

サム こちらの皆さんに プロジェリア症候群という 病気にかかるとどうなるのか 話してくれないか?

Sam Burns:/ Well,/ progeria limits me/ in some ways.//

サム・バーンズ: プロジェリアのせいで僕はいくつかの制限を課せられました

I can not play sports/ or do physical activities,/ but I have been able to take interest/ in things/ that progeria,/ luckily,/ does not limit.//

スポーツや身体的運動はできませんが 幸運なことに 僕はそうした制限と 関係ないものに興味をもつことができました

But when there is/ something/ that I really do want to do/ that progeria gets in the way of,/ like marching band or umpiring,/ we always find a way/ to do it,/ and/ that just shows/ that progeria isn't in control of my life.//

しかし マーチングバンドや審判のように プロジェリアが障壁になるものを 本当にしたいと思ったらその方法を常に見つけています つまりプロジェリアは僕の人生を左右しているわけではないのです

(拍手)

Francis Collins:/ So/ what would you like to say/ to researchers here/ in the auditorium/ and others listening to this?//

フランシス・コリンズ: ではこの会場にいる研究者や これを聞いている他の研究者に何を伝えたい?

What would you say to them/ both about research/ on progeria/ and maybe/ about other conditions as well?//

プロジェリアに関する研究と 他の状況について 言いたいことは?

SB:/ Well,/ research/ on progeria has come so far/ in less than 15 years,/ and/ that just shows the drive/ that researchers can have to get/ this far,/ and it really means a lot/ to myself and other kids/ with progeria,/ and it shows/ that if that drive exists,/ anybody can cure any disease,/ and hopefully/ progeria can be cured in the near future,/ and/ so we can eliminate those 4,000 diseases/ that Francis was talking about.//

サム: プロジェリアに関する研究は 15年もしない内に格段に進歩しました これは研究者が ここまで来るための活力を持っていたことを示します それは僕自身にも 他のプロジェリア患者の 子どもたちにも大きな意味があります その活力があれば 誰でもどんな病気でも治すことができるんです 願わくばプロジェリアも近い未来に完治できるようになり フランシスが話していた 4000もの病気を なくすことができればと思います

FC:/ Excellent.// So Sam took the day off/ from school today/ to be here,/ and he is - (Applause) --/ He is,/ by the way,/ a straight-A+ student/ in the ninth grade/ in his school/ in Boston.//

フランシス: 素晴らしい       サムは今日 学校を休んで ここに来てくれましたそして彼は ? (拍手) ? 彼はボストンにある学校で9年生ですが 全教科A+の成績を修めています

Please join me/ in thanking and welcoming/ Sam.//

どうぞ一緒にサムに感謝し歓迎してください

SB:/ Thank you/ very much.// FC:/ Well done.// Well done,/ buddy.//

サム: ありがとうございますフランシス: よくやった 素晴らしかったよ

(拍手)

So I just want to say/ a couple/ more things/ about that particular story,/ and then try to generalize/ how could/ we have stories of success all/ over the place/ for these diseases,/ as Sam says,/ these 4,000/ that are waiting for answers.//

あと2つほどお話したいことがあります まず 特定の薬についてお話しし そして 既に解明された4000の病気に対して 成功例を どう一般化するかについて お話しようと思います

You might have noticed/ that the drug/ that is now in clinical trial/ for progeria is not a drug/ that was designed for that.//

お気付きかもしれませんが 現在 治験を行っている抗プロジェリア薬は もともとそのためにデザインされたものではありません

It's such a rare disease,/ it would be hard/ for a company/ to justify spending hundreds of millions of dollars/ to generate a drug.//

とても希少な疾患であるため薬を創るために 企業に対して 何百万ドルもの負担を求めるのは困難なのです

This is a drug/ that was developed for cancer.//

これはガンの薬として開発されましたが

Turned out,/ it didn't work very well/ for cancer,/ but it has exactly/ the right properties,/ the right shape,/ to work for progeria,/ and that's/ what's happened.//

ガンには あまり効果がありませんでした しかし偶然にも プロジェリアに対しては 適切な性質や形を持っていたのです

Wouldn't it be great/ if we could do that more systematically?//

そのようなことをもっと体系的に行えたら良いと思いませんか?

Could/ we,/ in fact,/ encourage all the companies/ that are out there/ that have drugs/ in their freezers/ that are known to be safe in humans/ but have never actually succeeded in terms of being effective for the treatments/ they were tried for?//

実際に ヒトに対する安全性は保証されているものの 元々 対象としていた病気の治療には 効果がなかったような薬を 冷蔵庫にしまったままにしている企業に対して このようなことを奨励できないでしょうか?

Now/ we're learning/ about all these new molecular pathways --/ some of those could be repositioned or repurposed,/ or whatever word/ you want to use,/ for new applications,/ basically/ teaching old drugs/ new tricks.//

現在 私たちは全く新しい分子経路について研究しています それらの中には 古い薬に対して 「再配置」や「再利用」のようなことを 可能にするものがあるかもしれません

That could be a phenomenal, valuable activity.//

これは 価値ある取り組みになりえます

We have many discussions now/ between NIH/ and companies/ about doing this/ that are looking very promising.//

現在 NIHや企業と この将来性のある取り組みについて 活発な議論を行っています

And you could expect quite a lot/ to come from this.//

多大なる恩恵が期待されます

There are quite a number of success stories/ one can point to/ about how this has led to major advances.//

これが大きな進歩につながることを示す 成功例は極めてたくさんあります

The first drug/ for HIV/AIDS was not developed for HIV/AIDS.//

最初につくられた抗HIV/エイズ薬は HIV/エイズに対してではなく

It was developed for cancer.// It was AZT.//

ガンに対してつくられたものでしたAZTと言います

It didn't work very well/ for cancer,/ but became the first successful antiretroviral,/ and you can see from the table/ there are others/ as well.//

AZTはガンに対してはあまり効きませんでしたが 初めて 抗レトロウィルス薬として有効性を示す薬となりました この表から分かるようにその他の例もあります

So/ how do we actually make/ that a more generalizable effort?//

では どのようにこの試みを一般化すれば良いでしょうか?

Well,/ we have to come up/ with a partnership/ between academia,/ government,/ the private sector,/ and patient organizations to make/ that so.//

実現のためには 学術界 政府 民間企業 そして患者協会とが 協力する必要があります

At NIH,/ we have started this new National Center/ for Advancing Translational Sciences.//

NIHでは国立先進トランスレーショナル科学センターを設立しました

It just started last December,/ and this is one of its goals.//

昨年12月につくられたばかりですが一つのゴールです

Let me/ tell you/ another thing/ we could do.//

もう1つ 私たちができることについてお話します

Wouldn't it be nice/ to be able to a test/ a drug/ to see/ if it's effective and safe/ without having to put/ patients/ at risk,/ because that first time/ you're never quite sure?//

患者をリスクに晒すこと無く 薬に効果があり 安全かどうかが 試せたら良いと思いませんか? 初めて試す時は 有効性と安全性が保証されないからです

How do we know,/ for instance,/ whether drugs are safe/ before we give them/ to people?// We test them/ on animals.//

例えば 人に投与する前に薬が安全かどうか どのようにすれば分かるでしょう?通常 動物実験を行いますが

And it's not all that reliable,/ and it's costly,/ and it's time-consuming.//

全く信頼が置けるわけではありませんし 費用や時間もかかります

Suppose/ we could do this instead/ on human cells.//

代わりにヒトの細胞で実験できるとしたらどうでしょう?

You probably know,/ if you've been paying attention/ to some of the science literature/ that you can now take a skin cell/ and encourage it/ to become a liver cell or a heart cell or a kidney cell or a brain cell/ for any of us.//

科学論文の動向に注意を払っている方なら 皮膚細胞を採取し それを 肝細胞 心筋細胞 腎細胞 脳細胞のいずれにも 変化させることができるとご存知でしょう

So what if you used those cells/ as your test/ for whether a drug is going to work/ and/ whether it's going to be safe?//

薬が有効であるか また安全であるかを テストするために それらを使ったらどうでしょう?

Here/ you see a picture of a lung/ on a chip.//

ここにチップ上につくられた肺の写真があります

This is something created by the Wyss Institute/ in Boston,/ and what they have done here,/ if we can run the little video,/ is to take cells/ from an individual,/ turn them/ into the kinds of cells/ that are present/ in the lung,/ and determine/ what would happen/ if you added to this various drug compounds/ to see/ if they are toxic or safe.//

ボストンのヴィース研究所によりつくられました 簡単なビデオでご説明しましょう 個体から細胞を抽出し 肺に存在する細胞へと変えます その上で様々な新薬候補化合物を 投与し それが有害なのか安全なのか 確かめることができます

You can see/ this chip even breathes.//

チップ上で呼吸すらも見られます

It has an air channel.// It has a blood channel.//

血液循環も見ることができます

And it has cells/ in between that allow you/ to see/ what happens/ when you add a compound.//

その間に細胞が存在していて 化合物を投与したとき何が起こるか見ることができます

Are those cells happy or not?//

細胞は健康になるのか ならないのか?

You can do this same kind of chip technology/ for kidneys,/ for hearts,/ for muscles,/ all the places/ where you want to see/ whether a drug is going to be a problem,/ for the liver.//

腎臓や心臓 筋肉 肝臓などに対しても 薬が問題を引き起こすかどうか 見たいというときも 同じチップ技術を用いることができます

And ultimately,/ because you can do this/ for the individual,/ we could even see this moving/ to the point/ where the ability/ to develop and test medicines will be you/ on a chip,/ what we're trying to say here is the individualizing of the process of developing drugs/ and testing their safety.//

最終的には 個人で同じことができるようになり 医療の開発と治験が チップ上で できる方向に向かうでしょう ここで言いたいのは 薬の開発と 安全性評価のプロセスを 個別化することです

So let me/ sum up.//

まとめです

We are in a remarkable moment here.//

私たちは現在 大きな変化の瞬間に立ち会っています

For me,/ at NIH now/ for almost 20 years,/ there has never been a time/ where there was more excitement/ about the potential/ that lies in front of us.//

ほぼ20年NIHにいますが 私にとって これほどまでに 将来の可能性を感じ 興奮する時代はありませんでした

We have made all these discoveries/ pouring out of laboratories/ across the world.//

世界中の研究室で これらの発見がなされてきました

What do we need to capitalize/ on this?// First of all,/ we need resources.//

これを利用するためには何が必要でしょうか?まず 資源が必要です

This is research/ that's high-risk,/ sometimes high-cost.//

これはハイリスクで時にはハイコストな研究です

The payoff is enormous,/ both/ in terms of health/ and/ in terms of economic growth.// We need to support/ that.//

その代わり 健康の面でも 経済成長の面でも 恩恵は測り知れませんサポートする必要があります

Second,/ we need new kinds of partnerships/ between academia and government and the private sector and patient organizations,/ just like the one/ I've been describing here,/ in terms of the way/ in which we could go after repurposing new compounds.//

2つ目に 学術界と政府と民間企業 そして患者協会との間で 新たな協力関係が必要です私がご説明してきたような 新たな化合物の再利用を促すような関係です

And third,/ and maybe most important,/ we need talent.//

そして3つ目 恐らくこれが最も重要ですが才能が必要です

We need the best/ and the brightest/ from many different disciplines/ to come and join this effort --/ all ages,/ all different groups --/ because this is the time,/ folks.//

様々な分野の 最善かつ最優秀な人たちに この取り組みに参加してもらう必要があります 年齢 グループを問わずです なぜなら 今がそのときだからです

This is the 21st-century biology/ that you've been waiting for,/ and we have the chance/ to take that/ and turn it/ into something/ which will,/ in fact,/ knock out/ disease.// That's my goal.//

これが待ち望んでいた21世紀の生物学です 私たちには これを実際に病気を無くすものへと 変えるチャンスがあるのです それが私の目標です

I hope/ that's your goal.//

願わくば 皆さんの目標でもあって欲しいです

I think/ it'll be the goal of the poets/ and the muppets/ and the surfers/ and the bankers/ and all the other people/ who join this stage/ and think about what we're trying to do here/ and why it matters.//

詩人やマペット サーファー 銀行員 そしてこの場にいる 全ての人の目標でもあると思います 私たちが何をしようとしているのかなぜ必要なのか考えてみてください

It matters for now.// It matters as soon/ as possible.//

今 必要なんです可能な限り早く解決する必要があります

If you don't believe me,/ just ask Sam.//

信じられないなら サムに聞いてみてください

Thank you all very much.//

ありがとうございました

(拍手)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

congratulation

《複数形で》(また『congrats』)(…に対する)『祝いの言葉』,祝辞《+『on』+『名』》

〈U〉『祝い』,祝賀

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

life expectancy

期待寿命[余命], 平均余命 (=expectation of life)

excess

〈U〉《時にan~》(…の…に対する)超過《+『of』+『名』+『over』+『名』》

〈U〉(…の)『不節制』《+『at』+『名,』+『in』 do『ing』》;《複数形で》度を超えた行為,不行跡;暴飲,暴食

超過の,余分の

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

dip

(水などに)…‘を'『ちょっと浸す』,さっとつける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(中の物を取り出すために)(…に)〈手・バケツ・ひしゃくなど〉‘を'入れる《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'浸して染める

(…から)…‘を'すくい出す,くみ出す,すくい上げる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈旗など〉‘を'ちょっと下げてまたすぐ上げる

(…に)『ちょっとつかる』,さっと潜る《+『into』+『名』》

下がる,沈む

〈土地・道路などが〉下に傾く

(液体や容器に)手(さじなど)を突っ込んで取り出す《+『into』+『名』》

(ある問題を)ちょっと調べる,のぞく;(本などを)拾い読みする《+『into』+『名』》

〈C〉《話》ちょっと浸す(浸る)こと,一溶び

〈C〉(スープなどの)一すくい;一くみ

〈U〉(クラッカーを浸す)味付けソース;(染色などの)浸液;(羊を洗う)消毒液

〈C〉(土地・道路の)傾斜,下り坂;沈下,くぼみ

〈C〉(値段の)下落

flu

インフルエンザ,流感

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

molecular

分子の,分子による

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

exciting

(物事が)『興奮させる』

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

biology

『生物学』

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

yawn

『あくびをする』

〈口・割れ目などが〉大きく開く

…‘と'あくびをしながら言う

『あくび』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

shiny

光る,輝く,光沢のある

(服が)着古して光る

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

swimmer

『泳ぐ人』,水泳者

rowboat

ボート,手こぎの舟

sailboat

(小型の)帆船,ヨット《英》sailing boat)

tugboat

タグボート,引き船(大型の船を引く強力なエンジンを備えた小型船)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

lightning

『いなずま』,雷光

いなずまのような,す早い

flash

(花・炎などの)『ひらめき』,ぴかっと(ぱっと,ちらっと)光ること;閃光(せんこう)《+『of』+『名』》

(機知などの)『ひらめき』;(喜びなどが)急にわいてくること《+『of』+『名』》

(写真の)フラッシュ

瞬間

ニュース速報,特報

『ぱっと光る』,(反射して)きらめく

〈目などが〉きらりと(ぎらっと)光る

(心に)〈言葉・考えなどが〉『ひらめく』《+『through』(『into, across』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人・車などが〉さっと通り過ぎる

…‘を'ぱっと照らす;〈火・光〉‘を'ぱっと発する

…‘を'ちらり(ぴかり,ぎらり)とさせる

(…に)〈サイン・視線など〉‘を'すばやく送る,さっと送る《+『名』+『at』+『名』》

(電信で)…‘を'急送する,速報する

急で短い,瞬間的な

《英話》(現代ふうで)気のきいた

gosh

えっ,おや(軽い喜び・驚きを表す)

shark

サメ,フカ

詐欺師,ぺてん師

《米俗》名人,達人

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

drown

…‘を'『溺死』(できし)『させる』

(…で)…‘を'水浸しにする,ずぶぬれにさせる《+『名』+『in』(『with』)+『名』》

〈大きな音が〉〈ほかの音〉‘を'かき消す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(仕事・研究などに)〈自分〉‘を'熱中させる,(酒などで)〈憂いなど〉‘を'晴らす,紛らす《+『名』+『in』+『名』》

『溺死』(できし)『する』

capsize

〈特にボート・船が〉転覆する

〈特にボート・船〉'を'転覆させる

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

therapeutic

治療[上]の

anyway

=anyhow

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

hydrogen

『水素』(化学記号は『H』)

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

nitrogen

『窒素』(気体元素;化学記号は『N』)

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

cobble

=cobblestone

〈道淡〉‘に'玉石を敷く,玉石で補装する

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

autism

(特に児童の)自閉性(症)

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

ultimately

最後に,ついに

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

pipeline

(石油・ガスなどの)輪送パイプ

《米》情報ルート

〈石油など〉‘を'パイプラインで運ぶ

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

weed

〈C〉『雑草』

《the Weed》(巻き)たばこ,葉巻き;マリファナ

〈C〉(特にひょろ長い)弱々しい人

〈庭など〉の『雑草を抜く』,草を取る

(…から)〈雑草〉を抜く《+名+out of(from)+名》

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

approval

(…に対する)『賛成』,是認《+『to』+『名』》

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

upwards

=upward

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

cystic

胞嚢(ほうのう)性の

fibrosis

線維症(線維性結合線維が増殖し過ぎる症状)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

Toronto

トロント(カナダのオンタリオ州の州都)

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

gene

遺伝子

chromosome

染色体

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

FDA

Food and Drug Administration(米国)食品医薬品局

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

defect

〈C〉『欠点』,弱点,欠陥

〈U〉〈C〉《古》不足,欠乏

(国・党・主義などから)離脱する,裏切って出る《+『from』+『名』》;離反して(…に)転向する《+『to』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

upon

『…の上に』

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

unzip

…‘の'チャック(ジッパー)を開ける

チャック(ジッパー)が開く

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

premature

時期尚早の,早すぎた

早計の,早まった

早産の

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

protein

蛋白(たんばく)質

toxic

毒性の,有毒な

毒による

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

microscope

『顕微鏡』

nucleus

中心,核

(生物の)細胞核

原子核

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

boundary

『境界線』,境(border)

限界

lump

(一定の形のない)『塊』

小さい立方体

『こぶ』,はれもの

《話》のろま,まぬけ,でくのぼう

《英話》《集合的に》飯場臨時作業員

塊になった

一まとめの,一括した

〈いくつかのもの〉‘を'一まとめにする,一様に扱う《+『together』+『名,』+『名』+『together』》

塊になる

bump

衝突;ごつんと当たること

ゴツン,ドスン[という音]

打ちこぶ

ばたんと,どしんと

…‘に'突き当たる,ぶち当たる;(…に)…'を'突き当てる《+『名』+『on(『against』)+『名』》

(…に)突き当たる《+『into』(『against』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈車が〉ガタガタ揺れて通る

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

pathway

道,小道(path)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

cartoon

(政治的な)風刺漫画・(モザイク・壁掛け・壁画などの)実物大の下絵・

(一続きの)漫画・…'を'漫画化する・(1 枚の時事)風刺漫画・アニメ映画,動画(animated cartoon)・(新聞などの)続き漫画・(壁画などの)実物大下絵・漫画を描く

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

afflict

(肉体的に,精神的に)(…で)…'を'『苦しめる』,悩ます(distress)《+『名』+『with』+『名』 (a person's do『ing』)》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

instead

『その代りとして』,それよりも

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

Scott

スコット(Sir Walter Scott;1771‐1832;スコットランド出身の小説家・詩人)

physician

『医者』;(特に)『内科医』

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

applause

『拍手かっさい』;称賛

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

luckily

『運よく』,幸運にも

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

collins

コリンズ(カクテルの一種;ウイスキー・ラム酒などにレモン水・砂糖などを加えたもの)

researcher

研究者,調査員

auditorium

(教会・劇場などの)聴衆席,観客席

(学校などの)講堂;(演劇などのための)公会堂

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

eliminate

(…から)…‘を'『取り除く』,削除する(get rid of)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'考慮に入れない,無視する(disregard)

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

ninth

《the~》『第9の』,9番目の

9分の1の

〈U〉《the~》『第9』・9番目[のもの];(月の)9日

〈C〉9分の1

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

buddy

《話》兄貴;仲間,相棒

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

justify

〈人の行為・話など〉‘を'『正当化する』,弁明する

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

property

動産

systematically

系統的に,体系的に,組織的に

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

freezer

冷凍器,フリーザー,冷凍室,冷凍庫

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

basically

基本的に,根本的に;元来は

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

phenomenal

自然現象の(に関する)

並みはずれた,驚異的な

知覚できる

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

promising

『前途有望な』,見込みのある,期待できる

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

partnership

〈U〉提携,協力

〈U〉組合契約;〈C〉合名会社

academia

=academe

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

December

『12月』({略}『Dec.』)

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

reliable

『信頼できる』,あてになる,確実な

costly

『高価な』;費用のかかる

損害(犠牲)の多い

probably

『たぶん』,『おそらく』

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

liver

(ある態度で)生活する人;居住者

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

kidney

腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓

《文》気質,性質,たち(nature)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

payoff

(給料,借金,掛け金などの)支払い;支払日

(悪事の)報酬,わいろ

(一連の行為などの)結末,(話の)やま

(悪事の)報い,罰

enormous

『巨大な』,ばく大な

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

economic

『経済の』

『経済学の』

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

surfer

波乗りをする人

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

関連動画