TED日本語 - ケラー・リナウド: あなたの携帯をパーソナル・ロボットに変える発明

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

あなたのスマート・フォンは、お友だちのように感じられるかもしれないけど、本当の友だちなら、時々微笑みかけてくれなきゃ。TED 2013で、ケラー・リナウドがRomoというスマート・フォンで動くミニ・ロボットを披露します。そのロボットは、あなたが歩くと一緒に動き、コーヒーを取ってくれ、プログラムもできる表情で、あなたに応えてくれます。

Script

家にロボットがあるという人手をあげてください あまり多くはないですね では 手をあげた人のうち― ルンバ以外のロボットを持っている人は? わずかですね いいんです これこそ Romotive で私と20人のオタクが 解決しようと やっきになっている問題なんですから

私たちが本気で作りたいのは誰もが使えるロボット― 8歳でも80歳でも使えるロボットです 実際のところこれは 本当に難しい問題なんです というのも そのロボットは小さくて 持ち運びができて― 単に 手ごろな値段というだけではなく 皆が 実際に持ち帰って 子どものそばに置いておきたいようなものでないといけません このロボットは 気持ち悪くても 不気味であってもいけない 親しみやすくて かわいくあるべきなんです

では Romoをご紹介します Romoは 皆さんがご存知で 大好きな iPhoneを 頭脳として使います iPhoneのプロセッサの力を活用することで Wi-Fiが使えてコンピューター・ビジョンを備えた? ロボットを 150ドルで作れました これは 従来のこのようなロボットの約 1%の値段です

Romoは起きたら生き物モードに入ります 装着されたビデオカメラを使って私の顔を追います 私がしゃがめば Romoもついてきます Romoは注意深いですからずっと私から目を離しません 私が こちらに来れば―Romoもまた追ってきます こっちにきたら― (笑) 賢いんです そして もし近寄りすぎたら― 他の生き物と同じように 怖がります いろんな意味で Romoは自分の心を持ったペットのようです ありがとう Romo (ハクション) お大事に

世界を探検したければ―おや Romoが退屈しちゃったようですね もしRomoと世界を探検したければ― どのiOSデバイスからでもRomoに接続できるんです ここに iPadがありますが Romoが このiPadに映像を送ってきます Romoが見たものを見て ロボットの目を通じて世界を見られます これはApp Storeの無料アプリです このアプリを携帯に入れてる人がいたら 文字通り このロボットを一緒にコントロールして ゲームもできます

本当に簡単にやってみますね Romoが映像を送ってきています 私や 客席の皆さんが映っています Romoの正面に来ましょう コントロールしたければ運転もできます Romoを運転してまわれて 皆さんの写真を撮ることもできます TEDの千5百人の聴衆を撮ってみたかったので 1枚 撮影しますね iPadで ページをスクロールさせるようにして カメラの角度を調整できます ですから Romoの目にはみんなが映っています おまけに Romoは私の延長ですから Romoの表情で感情表現できます こうやると Romoが喜ぶんです

でも 最も大事なことは― 私たちは 文字通り まったく直感的に動かせるものを 作りたかったということです ひとに教わらなくてもRomoを操作できます 誰かロボットを動かしてみたい人いませんか? さあ 挑戦者です はい どうぞ ありがとう スコット

さらにクールなのはロボットを操縦するのに― 地理的に同じ場所にいる必要がないことです つまり Romoは どんなスマートデバイスとの間でも 双方向で音声とビデオを送れます ブラウザからログインできます 車輪付きのSkypeみたいなもので さきほど テレプレゼンスの話がありましたが これはその いかした例です 想像してみてくださいiPhoneを持った 8歳の女の子が お母さんにロボットを買ってもらい その子は iPhoneをロボットに装着して 遠くに住む おばあちゃんをメールで招待し おばあちゃんが ロボットにログインして孫娘と かくれんぼできます それも 毎晩15分でもです そうでなければ 孫娘には年に1回か2回しか会えないかもしれません

ありがとう スコット

(拍手)

Romoが今できるクールなことのうち2つを紹介しました 最後に 将来に向け私たちが取り組んでいることをお話しします 元々うちのエンジニアのドムがある週末に作ったツールなんですが BlocklyというGoogleのオープン・フレームワーク上に作られていて それぞれ意味を持ったコードのブロックをドラッグ ドロップして ロボットに 好きな行動をさせることができます Romoを動かすプログラムの書き方を知らなくても大丈夫 ブラウザ内で 行動をシミュレーションできます 左で Romoがやっていますね 気に入ったのがあれば 自分のロボットにダウンロードして プログラムを現実に実行できます そして 自慢できるものができたら― 世界中のRomo所有者と共有できます つまり これらのWi-Fiが使えるロボットは互いに学習し合えるというわけです

誰でも訓練できるロボットに私たちがそんなに熱を入れている理由は 個人に合ったものにできることこそパーソナル・ロボットの一番の魅力だからです 人によって 違っていないといけない ですから 皆さんの家にロボットがいるとしたら そのロボットは 皆さんの想像力を体現したものであるべきだと思います

パーソナル・ロボットの未来について話せたらと思いますが― 正直なところ わかりません ただ 分かっているのは それは10年先でも 千億ドルの投資の後でもなければ 大きな人間型ロボットでもないということです パーソナル・ロボットの未来はもう 現実に起こりつつあります そして それは Romoのような小さくて 機敏なロボットと 皆さんのような人たちの想像力にかかっているのです 皆さんがロボットを手にしそれで何を作るのか 見るのが 待ち遠しいです

ありがとうございました

(拍手)

So just by a show of hands, how many of you all have a robot at home? Not very many of you. Okay. And actually of those hands, if you don't include Roomba how many of you have a robot at home? So a couple. That's okay. That's the problem that we're trying to solve at Romotive -- that I and the other 20 nerds at Romotive are obsessed with solving.

So we really want to build a robot that anyone can use, whether you're eight or 80. And as it turns out, that's a really hard problem, because you have to build a small, portable robot that's not only really affordable, but it has to be something that people actually want to take home and have around their kids. This robot can't be creepy or uncanny. He should be friendly and cute.

So meet Romo. Romo's a robot that uses a device you already know and love -- your iPhone -- as his brain. And by leveraging the power of the iPhone's processor, we can create a robot that is wi-fi enabled and computer vision-capable for 150 bucks, which is about one percent of what these kinds of robots have cost in the past.

When Romo wakes up, he's in creature mode. So he's actually using the video camera on the device to follow my face. If I duck down, he'll follow me. He's wary, so he'll keep his eyes on me. If I come over here, he'll turn to follow me. If I come over here -- (Laughs) He's smart. And if I get too close to him, he gets scared just like any other creature. So in a lot of ways, Romo is like a pet that has a mind of his own. Thanks, little guy. (Sneezing sound) Bless you.

And if I want to explore the world -- uh-oh, Romo's tired -- if I want to explore the world with Romo, I can actually connect him from any other iOS device. So here's the iPad. And Romo will actually stream video to this device. So I can see everything that Romo sees, and I get a robot's-eye-view of the world. Now this is a free app on the App Store, so if any of you guys had this app on your phones, we could literally right now share control of the robot and play games together.

So I'll show you really quickly, Romo actually -- he's streaming video, so you can see me and the entire TED audience. If I get in front of Romo here. And if I want to control him, I can just drive. So I can drive him around, and I can take pictures of you. I've always wanted a picture of a 1, 500-person TED audience. So I'll snap a picture. And in the same way that you scroll through content on an iPad, I can actually adjust the angle of the camera on the device. So there are all of you through Romo's eyes. And finally, because Romo is an extension of me, I can express myself through his emotions. So I can go in and I can say let's make Romo excited.

But the most important thing about Romo is that we wanted to create something that was literally completely intuitive. You do not have to teach someone how to drive Romo. In fact, who would like to drive a robot? Okay. Awesome. Here you go. Thank you, Scott.

And even cooler, you actually don't have to be in the same geographic location as the robot to control him. So he actually streams two-way audio and video between any two smart devices. So you can log in through the browser, and it's kind of like Skype on wheels. So we were talking before about telepresence, and this is a really cool example. You can imagine an eight-year-old girl, for example, who has an iPhone, and her mom buys her a robot. That girl can take her iPhone, put it on the robot, send an email to Grandma, who lives on the other side of the country. Grandma can log into that robot and play hide-and-go-seek with her granddaughter for fifteen minutes every single night, when otherwise she might only be able to get to see her granddaughter once or twice a year.

Thanks, Scott.

(Applause)

So those are a couple of the really cool things that Romo can do today. But I just want to finish by talking about something that we're working on in the future. This is actually something that one of our engineers, Dom, built in a weekend. It's built on top of a Google open framework called Blockly. This allows you to drag and drop these blocks of semantic code and create any behavior for this robot you want. You do not have to know how to code to create a behavior for Romo. And you can actually simulate that behavior in the browser, which is what you see Romo doing on the left. And then if you have something you like, you can download it onto your robot and execute it in real life, run the program in real life. And then if you have something you're proud of, you can share it with every other person who owns a robot in the world. So all of these wi-fi窶兎nabled robots actually learn from each other.

The reason we're so focused on building robots that everyone can train is that we think the most compelling use cases in personal robotics are personal. They change from person to person. So we think that if you're going to have a robot in your home, that robot ought to be a manifestation of your own imagination.

So I wish that I could tell you what the future of personal robotics looks like. To be honest, I have no idea. But what we do know is that it isn't 10 years or 10 billion dollars or a large humanoid robot away. The future of personal robotics is happening today, and it's going to depend on small, agile robots like Romo and the creativity of people like yourselves. So we can't wait to get you all robots, and we can't wait to see what you build.

Thank you.

(Applause)

So just/ by a show of hands,/ how many of you/ all have a robot/ at home?//

家にロボットがあるという人手をあげてください

Not very/ many of you.//

あまり多くはないですね

Okay.// And actually of those hands,/ if you don't include Roomba/ how many of you have a robot/ at home?//

では 手をあげた人のうち― ルンバ以外のロボットを持っている人は?

So a couple.//

わずかですね

That's okay.//

いいんです

That's the problem/ that we're trying to solve/ at Romotive --/ that I/ and the other 20 nerds/ at Romotive are obsessed with solving.//

これこそ Romotive で私と20人のオタクが 解決しようと やっきになっている問題なんですから

So we really want to build/ a robot/ that anyone can use,/ whether you're eight or 80.//

私たちが本気で作りたいのは誰もが使えるロボット― 8歳でも80歳でも使えるロボットです

And/ as it turns out,/ that's a really hard problem,/ because you have to build/ a small, portable robot/ that's not only really affordable,/ but it has to be something/ that people actually want to take/ home/ and have around their kids.//

実際のところこれは 本当に難しい問題なんです というのも そのロボットは小さくて 持ち運びができて― 単に 手ごろな値段というだけではなく 皆が 実際に持ち帰って 子どものそばに置いておきたいようなものでないといけません

This robot can't be creepy or uncanny.//

このロボットは 気持ち悪くても 不気味であってもいけない

He should be friendly and cute.//

親しみやすくて かわいくあるべきなんです

So meet Romo.//

では Romoをご紹介します

Romo's a robot/ that uses a device/ you already know and love --/ your iPhone --/ as his brain.//

Romoは 皆さんがご存知で 大好きな iPhoneを 頭脳として使います

And by leveraging the power of the iPhone's processor,/ we can create a robot/ that is wi-fi enabled and computer vision-capable/ for 150 bucks,/ which is about one percent of what these kinds of robots have cost in the past.//

iPhoneのプロセッサの力を活用することで Wi-Fiが使えてコンピューター・ビジョンを備えた? ロボットを 150ドルで作れました これは 従来のこのようなロボットの約 1%の値段です

When Romo wakes up,/ he's in creature mode.//

Romoは起きたら生き物モードに入ります

So he's actually using/ the video camera/ on the device/ to follow my face.//

装着されたビデオカメラを使って私の顔を追います

If I duck down,/ he'll follow me.//

私がしゃがめば Romoもついてきます

He's wary,/ so he'll keep his eyes/ on me.//

Romoは注意深いですからずっと私から目を離しません

If I come over here,/ he'll turn to follow/ me.//

私が こちらに来れば―Romoもまた追ってきます

If I come over here --/ (Laughs)/ He's smart.//

こっちにきたら― (笑) 賢いんです

And/ if I get too close/ to him,/ he gets scared just/ like any other creature.//

そして もし近寄りすぎたら― 他の生き物と同じように 怖がります

So/ in a lot of ways,/ Romo is like a pet/ that has a mind of his own.//

いろんな意味で Romoは自分の心を持ったペットのようです

Thanks,/ little guy.//

ありがとう Romo

(Sneezing sound)/ Bless you.//

(ハクション) お大事に

And/ if I want to explore/ the world --/ uh-oh,/ Romo's tired --/ if I want to explore/ the world/ with Romo,/ I can actually connect him/ from any other iOS device.//

世界を探検したければ―おや Romoが退屈しちゃったようですね もしRomoと世界を探検したければ― どのiOSデバイスからでもRomoに接続できるんです

So here's the iPad.//

ここに iPadがありますが

And Romo will actually stream video/ to this device.//

Romoが このiPadに映像を送ってきます

So/ I can see everything/ that Romo sees,/ and I get a robot's-eye-view of the world.//

Romoが見たものを見て ロボットの目を通じて世界を見られます

Now/ this is a free app/ on the App Store,/ so if any of you guys had this app/ on your phones,/ we could literally/ right now share control of the robot and play games together.//

これはApp Storeの無料アプリです このアプリを携帯に入れてる人がいたら 文字通り このロボットを一緒にコントロールして ゲームもできます

So I'll show you really quickly,/ Romo actually --/ he's streaming video,/ so you can see me and the entire TED audience.//

本当に簡単にやってみますね Romoが映像を送ってきています 私や 客席の皆さんが映っています

If I get in front of Romo here.//

Romoの正面に来ましょう

And/ if I want to control/ him,/ I can just drive.//

コントロールしたければ運転もできます

So/ I can drive him around,/ and I can take pictures of you.//

Romoを運転してまわれて 皆さんの写真を撮ることもできます

I've always wanted a picture of a 1,/ 500-person TED audience.//

TEDの千5百人の聴衆を撮ってみたかったので

So/ I'll snap a picture.//

1枚 撮影しますね

And in the same way/ that you scroll through content/ on an iPad,/ I can actually adjust the angle of the camera/ on the device.//

iPadで ページをスクロールさせるようにして カメラの角度を調整できます

So/ there are all of you/ through Romo's eyes.//

ですから Romoの目にはみんなが映っています

And finally,/ because Romo is an extension of me,/ I can express myself/ through his emotions.//

おまけに Romoは私の延長ですから Romoの表情で感情表現できます

So I can go in and I can say let's make Romo excited.//

こうやると Romoが喜ぶんです

But the most important thing/ about Romo is/ that we wanted to create/ something/ that was literally completely intuitive.//

でも 最も大事なことは― 私たちは 文字通り まったく直感的に動かせるものを 作りたかったということです

You do not have to teach/ someone/ how to drive Romo.//

ひとに教わらなくてもRomoを操作できます

In fact,/ who would like to drive/ a robot?//

誰かロボットを動かしてみたい人いませんか?

さあ 挑戦者です

Here/ you go.//

はい どうぞ

Thank you,/ Scott.//

ありがとう スコット

And even cooler,/ you actually don't have to be in the same geographic location/ as the robot/ to control him.//

さらにクールなのはロボットを操縦するのに― 地理的に同じ場所にいる必要がないことです

So he actually streams two-way audio and video/ between any two smart devices.//

つまり Romoは どんなスマートデバイスとの間でも 双方向で音声とビデオを送れます

So you can log in through the browser,/ and it's kind of like Skype/ on wheels.//

ブラウザからログインできます 車輪付きのSkypeみたいなもので

So/ we were talking/ before about telepresence,/ and this is a really cool example.//

さきほど テレプレゼンスの話がありましたが これはその いかした例です

You can imagine an eight-year-old girl,/ for example,/ who has an iPhone,/ and her mom buys her/ a robot.//

想像してみてくださいiPhoneを持った 8歳の女の子が お母さんにロボットを買ってもらい

That girl can take her iPhone,/ put it/ on the robot,/ send an email/ to Grandma,/ who lives on the other side of the country.//

その子は iPhoneをロボットに装着して 遠くに住む おばあちゃんをメールで招待し

Grandma can log into that robot and play hide-and-go-seek/ with her granddaughter/ for fifteen minutes/ every single night,/ when otherwise/ she might only be able to get to see/ her granddaughter once or twice/ a year.//

おばあちゃんが ロボットにログインして孫娘と かくれんぼできます それも 毎晩15分でもです そうでなければ 孫娘には年に1回か2回しか会えないかもしれません

Thanks,/ Scott.//

ありがとう スコット

(拍手)

So those are a couple of the really cool things/ that Romo can do today.//

Romoが今できるクールなことのうち2つを紹介しました

But I just want to finish/ by talking about something/ that we're working/ on in the future.//

最後に 将来に向け私たちが取り組んでいることをお話しします

This is actually something/ that one of our engineers,/ Dom,/ built in a weekend.//

元々うちのエンジニアのドムがある週末に作ったツールなんですが

It's built on top of a Google open framework called Blockly.//

BlocklyというGoogleのオープン・フレームワーク上に作られていて

This allows you/ to drag and drop these blocks of semantic code/ and create any behavior/ for this robot/ you want.//

それぞれ意味を持ったコードのブロックをドラッグ ドロップして ロボットに 好きな行動をさせることができます

You do not have to know/ how to code to create a behavior/ for Romo.//

Romoを動かすプログラムの書き方を知らなくても大丈夫

And you can actually simulate that behavior/ in the browser,/ which is/ what you see Romo/ doing on the left.//

ブラウザ内で 行動をシミュレーションできます 左で Romoがやっていますね

And then/ if you have something/ you like,/ you can download it/ onto your robot/ and execute it/ in real life,/ run the program/ in real life.//

気に入ったのがあれば 自分のロボットにダウンロードして プログラムを現実に実行できます

And then/ if you have something/ you're proud of,/ you can share it/ with every other person/ who owns a robot/ in the world.//

そして 自慢できるものができたら― 世界中のRomo所有者と共有できます

So/ all of these wi-fi窶兎nabled robots actually learn from each other.//

つまり これらのWi-Fiが使えるロボットは互いに学習し合えるというわけです

The reason/ we're so focused on building robots/ that everyone can train is/ that we think the most compelling use cases/ in personal robotics are personal.//

誰でも訓練できるロボットに私たちがそんなに熱を入れている理由は 個人に合ったものにできることこそパーソナル・ロボットの一番の魅力だからです

They change from person/ to person.//

人によって 違っていないといけない

So we think/ that if you're going to have/ a robot/ in your home,/ that robot ought to be a manifestation of your own imagination.//

ですから 皆さんの家にロボットがいるとしたら そのロボットは 皆さんの想像力を体現したものであるべきだと思います

So I wish/ that I could tell you/ what the future of personal robotics looks like.//

パーソナル・ロボットの未来について話せたらと思いますが―

To be honest,/ I have no idea.//

正直なところ わかりません

But what we do know/ is/ that it isn't 10 years/ or 10 billion dollars/ or a large humanoid robot away.//

ただ 分かっているのは それは10年先でも 千億ドルの投資の後でもなければ 大きな人間型ロボットでもないということです

The future of personal robotics is happening today,/ and it's going to depend/ on small, agile robots/ like Romo and the creativity of people/ like yourselves.//

パーソナル・ロボットの未来はもう 現実に起こりつつあります そして それは Romoのような小さくて 機敏なロボットと 皆さんのような人たちの想像力にかかっているのです

So we can't wait to get/ you/ all robots,/ and we can't wait to see/ what you build.//

皆さんがロボットを手にしそれで何を作るのか 見るのが 待ち遠しいです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

okay

=OK,O.K.

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

portable

『持チ運びのできる』,携帯用の

携帯用器具,ポータブル(タイプ・ラジオなど)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

ca

circa

creepy

(恐れ・嫌悪などで)ぞくぞくする,気味の悪い

uncanny

不気味な,異様な

(直感力などが)並はずれてよい

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

computer

『計算機』;『電子計算機』

buck

(カモシカ・ウサギなどの)雄

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

duck

〈C〉『アヒル』,『カモ』

〈C〉雌のカモ,雌のアヒル

〈U〉(食用にする)カモ,アヒルの肉

〈C〉《おもに英話》かわいい人

wary

注意深い,用心深い

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

sneeze

くしゃみ

くしゃみをする

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

scroll

〈C〉(記録などを書きとめておくための羊皮紙,パピルス紙などの)巻物

〈U〉〈C〉(いすのひじかけ・バイオリンなどの)渦巻き形模様(装飾)

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

excited

興奮した

completely

『完全に』,全く,十分に

intuitive

直観の,直覚の

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

Scott

スコット(Sir Walter Scott;1771‐1832;スコットランド出身の小説家・詩人)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

two-way

両面交通の

(ラジオなど)(送信・受信)2方向の

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

wheels

自動車,運搬車

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

mom

=mother

grandma

おばあちゃん

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

granddaughter

孫娘

fifteen

〈C〉(数の)『15』;15記号(15,XVなど)

〈U〉(24時間制の)15時,15分;15歳

〈U〉《複数扱い》15人,15個

〈C〉15(15人,15個)一組のもの;ラグビーチームのメンバー

『15』の,15個の,15人の

《補語にのみ用いて》15歳の(で)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

applause

『拍手かっさい』;称賛

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

semantic

(言語の)意味に関する;意味論の

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

simulate

…‘の'ふりをする,‘を'装う;simulate death死を装う

…‘を'まねる,‘に'似せる(imitate)

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

execute

〈計画・任務など〉‘を'『実行する』,遂行する

(…の罪で,…犯として)…‘の'『死刑を執行する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)

+『名』+『as』+『名』》

〈芸術品〉‘を'制作する;〈曲〉‘を'演奏する

〈法律・契約など〉‘を'執行する;〈証書など〉‘を'署名することによって完成する

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

manifestation

〈U〉表明,明示;現れ,表現;〈C〉表明されたこと

〈C〉(霊魂などの)出現

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

humanoid

人間の特質を持った

人間に近い機能を持ったロボット

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

agile

(動作が)機敏な,すばやい

(頭脳の働きが)明敏な,回転の速い

creativity

独創性

yourselves

yourself の複数形

関連動画