TED日本語 - デイビッド・ハンソン: 「感情を表現する」ロボット

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

デイビッド・ハンソンのロボットは、あなたと似ていて、同じように表情を作ることができます。感情を理解してそれに応えたり、感情の表現もできます。アインシュタイン・ロボットを使ったライブでの「感情」のデモによって、ロボットが本当に人とそっくりになった未来の様子をうかがうことができます。

Script

デイビッド・ハンソンです 私は個性を持つロボットを開発しています つまり 個性のあるロボットを開発する事により 最終的には ロボットが人の気持ちに 応えられるようになる事を目指しています そして様々な技術を統合して 対話可能な個性のあるロボットを作り上げました 顔を見て アイコンタクトをし ありとあらゆる表情を示して 話す言葉を理解します そして 相手の感情や相手が誰なのかという事を認識して 相手となんらかの関係を築きます

一連の技術開発の中で ロボットの表情は以前よりさらに本物らしくなり 以前より 必要なエネルギーも低減したので 二足歩行が可能な最初の「アンドロイド」になりました 人間の顔にある主な筋肉をシミュレートすることにより ありとあらゆる表情をつくる事ができます 小さなバッテリーで動作して 非常に軽くできています

このフラバー(Frubber)という材料のおかげで バッテリー駆動で表情を示せるようになりました 三つの大きなイノベーションによって この材料が実現しました それは 細孔の階層構造や ナノスケールの高分子多孔質であることなどです

歩き始めるところですね これは 韓国科学技術院での模様です 私が頭部を 彼らが体を開発しました 研究の目的は 機械に感受性をもたせることです 単に感情を理解するだけでなく 感情に応えられるようにすることです

カリフォルニア大学サンディエゴ校の機械認知研究室と 共同で研究をしています 彼らの表情についての技術は実に優れていて 人間の表情から その意図を認識することができるのです また 人間の向きや頭の向きも認識します 人間の主な表情を模倣して ソフトウエアで制御できるようにしました これをキャラクター・エンジンと呼んでいます 技術の一部をご紹介します

さあそれでは ここで実際に動かしてみて 私の表情を読み取るところをお見せします そうです 私は笑っています (笑) 次はしかめ面です ここは照明が明るいですからね いいですね 次に移ります 悲しい表情です そう 笑って しかめ面して 人の感情を彼が知覚するということは 気持に応えるロボットを実現するために非常に重要なことなのです

ロボットは恐ろしいほど強力になって 人さえ殺しかねません そうでしょう? 恐ろしいロボットは 感情に応じるようなことはできませんが そんな研究に何十億ドルも費やされました キャラクター・ロボット工学で撒いた種から 感情に応えるロボットを目指せるかもしれません もしロボットが人間と同等の知能を持ったら あるいは 人間以上に優れた知能を持ったら 我々の未来に対する希望の種に成りえます

博士号を取るまでの8年間で20体のロボットを開発し その後 ハンソン・ロボティクスを創設しました 大量生産に向けた開発を行っています わが社のロボットの一例で 数年前のワイヤード・ネクストフェストに展示したものです 視界の中の複数の人物を区別して 一人一人がどこにいるかを記憶します 個人の識別を行い その人物を記憶します

我々は二つの要素を重視しています 一つ目は 人物を認識することです そして二つ目は 自然なインターフェイスです 人間と自然に接することができると もっと直感的にロボットを操作できるようになります 命を持ち 意識があるかのように思えるでしょう

このプロジェクトでは これらの要素を統合して アンドロイドを SF作家のフィリップ・K・ディックに似せて仕上げました 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」などで有名な作家です 映画「ブレードランナー」の原作ですね 小説の中では ロボットは 自らを人間であると考え ある種の意識をもっています そこで我々は 彼の文書 手紙 インタビュー そして通信記録などの 大量の情報を巨大なデータベースに入れて 自然言語処理を施しました 実際に会話ができるようにするためです 気味が悪いほどの仕上がりになりました なぜなら 彼は 人間を本当に理解しているかのように話すからです

これはもっともエキサイティングな開発中の製品です スポークスボット(spokesbot)というこの小さなロボットは フレンドリーな人工知能 機械知能を目指しました 現在は 大量生産にとりかかっています できるだけローコストの材料で 製造できる設計にしました 子供たちの良い友達にしたいのです インターネットに接続できるので 年々賢くなります 人工知能が進化すれば ロボットの知能も向上するのです

クリス:ありがとうございます すばらしいお話でした (拍手)

I'm Dr. David Hanson, and I build robots with character. And by that, I mean that I develop robots that are characters, but also robots that will eventually come to empathize with you. So we're starting with a variety of technologies that have converged into these conversational character robots that can see faces, make eye contact with you, make a full range of facial expressions, understand speech and begin to model how you're feeling and who you are, and build a relationship with you.

I developed a series of technologies that allowed the robots to make more realistic facial expressions than previously achieved, on lower power, which enabled the walking biped robots, the first androids. So, it's a full range of facial expressions simulating all the major muscles in the human face, running on very small batteries, extremely lightweight.

The materials that allowed the battery-operated facial expressions is a material that we call Frubber, and it actually has three major innovations in the material that allow this to happen. One is hierarchical pores, and the other is a macro-molecular nanoscale porosity in the material.

There he's starting to walk. This is at the Korean Advanced Institute of Science and Technology. I built the head. They built the body. So the goal here is to achieve sentience in machines, and not just sentience, but empathy.

We're working with the Machine Perception Laboratory at the U.C. San Diego. They have this really remarkable facial expression technology that recognizes facial expressions, what facial expressions you're making. It also recognizes where you're looking, your head orientation. We're emulating all the major facial expressions, and then controlling it with the software that we call the Character Engine. And here is a little bit of the technology that's involved in that.

In fact, right now -- plug it from here, and then plug it in here, and now let's see if it gets my facial expressions. Okay. So I'm smiling. (Laughter) Now I'm frowning. And this is really heavily backlit. Okay, here we go. Oh, it's so sad. Okay, so you smile, frowning. So his perception of your emotional states is very important for machines to effectively become empathetic.

Machines are becoming devastatingly capable of things like killing. Right? Those machines have no place for empathy. And there is billions of dollars being spent on that. Character robotics could plant the seed for robots that actually have empathy. So, if they achieve human level intelligence or, quite possibly, greater than human levels of intelligence, this could be the seeds of hope for our future.

So, we've made 20 robots in the last eight years, during the course of getting my Ph.D. And then I started Hanson Robotics, which has been developing these things for mass manufacturing. This is one of our robots that we showed at Wired NextFest a couple of years ago. And it sees multiple people in a scene, remembers where individual people are, and looks from person to person, remembering people.

So, we're involving two things. One, the perception of people, and two, the natural interface, the natural form of the interface, so that it's more intuitive for you to interact with the robot. You start to believe that it's alive and aware.

So one of my favorite projects was bringing all this stuff together in an artistic display of an android portrait of science-fiction writer Philip K. Dick, who wrote great works like, "Do Androids Dream of Electric Sheep?" which was the basis of the movie "Bladerunner." In these stories, robots often think that they're human, and they sort of come to life. So we put his writings, letters, his interviews, correspondences, into a huge database of thousands of pages, and then used some natural language processing to allow you to actually have a conversation with him. And it was kind of spooky, because he would say these things that just sounded like they really understood you.

And this is one of the most exciting projects that we're developing, which is a little character that's a spokesbot for friendly artificial intelligence, friendly machine intelligence. And we're getting this mass-manufactured. We specked it out to actually be doable with a very, very low-cost bill of materials, so that it can become a childhood companion for kids. Interfacing with the Internet, it gets smarter over the years. As artificial intelligence evolves, so does his intelligence.

Chris Anderson: Thank you so much. That's incredible. (Applause)

I'm Dr.// David Hanson,/ and I build robots/ with character.//

デイビッド・ハンソンです 私は個性を持つロボットを開発しています

And/ by that,/ I mean/ that I develop robots/ that are characters,/ but also/ robots/ that will eventually come to empathize/ with you.//

つまり 個性のあるロボットを開発する事により 最終的には ロボットが人の気持ちに 応えられるようになる事を目指しています

So we're starting/ with a variety of technologies/ that have converged into these conversational character robots/ that can see faces,/ make eye contact/ with you,/ make a full range of facial expressions,/ understand speech/ and begin to model/ how you're feeling/ and who you are,/ and build a relationship/ with you.//

そして様々な技術を統合して 対話可能な個性のあるロボットを作り上げました 顔を見て アイコンタクトをし ありとあらゆる表情を示して 話す言葉を理解します そして 相手の感情や相手が誰なのかという事を認識して 相手となんらかの関係を築きます

I developed a series of technologies/ that allowed the robots/ to make more realistic facial expressions/ than previously achieved,/ on lower power,/ which enabled the walking biped robots,/ the first androids.//

一連の技術開発の中で ロボットの表情は以前よりさらに本物らしくなり 以前より 必要なエネルギーも低減したので 二足歩行が可能な最初の「アンドロイド」になりました

So,/ it's a full range of facial expressions/ simulating all the major muscles/ in the human face,/ running on very small batteries,/ extremely lightweight.//

人間の顔にある主な筋肉をシミュレートすることにより ありとあらゆる表情をつくる事ができます 小さなバッテリーで動作して 非常に軽くできています

The materials/ that allowed/ the battery-operated facial expressions is a material/ that we call Frubber,/ and it actually has three major innovations/ in the material/ that allow this to happen.//

このフラバー(Frubber)という材料のおかげで バッテリー駆動で表情を示せるようになりました 三つの大きなイノベーションによって この材料が実現しました

One is hierarchical pores,/ and the other is a macro-molecular nanoscale porosity/ in the material.//

それは 細孔の階層構造や ナノスケールの高分子多孔質であることなどです

There/ he's starting to walk.//

歩き始めるところですね

This is at the Korean Advanced Institute of Science and Technology.//

これは 韓国科学技術院での模様です

I built the head.// They built the body.//

私が頭部を 彼らが体を開発しました

So the goal here is to achieve sentience/ in machines,/ and not just sentience,/ but empathy.//

研究の目的は 機械に感受性をもたせることです 単に感情を理解するだけでなく 感情に応えられるようにすることです

We're working/ with the Machine Perception Laboratory/ at the U.C.// San Diego.//

カリフォルニア大学サンディエゴ校の機械認知研究室と 共同で研究をしています

They have this really remarkable facial expression technology/ that recognizes facial expressions,/ what facial expressions/ you're making.//

彼らの表情についての技術は実に優れていて 人間の表情から その意図を認識することができるのです

It also recognizes/ where you're looking,/ your head/ orientation.//

また 人間の向きや頭の向きも認識します

We're emulating/ all the major facial expressions,/ and then/ controlling it/ with the software/ that we call the Character Engine.//

人間の主な表情を模倣して ソフトウエアで制御できるようにしました これをキャラクター・エンジンと呼んでいます

And here is a little bit of the technology/ that's involved in that.//

技術の一部をご紹介します

In fact,/ right now --/ plug it/ from here,/ and then plug it/ in here,/ and now let's see/ if it gets my facial expressions.//

さあそれでは ここで実際に動かしてみて 私の表情を読み取るところをお見せします

Okay.// So/ I'm smiling.//

そうです 私は笑っています

(Laughter) Now/ I'm frowning.//

(笑) 次はしかめ面です

And this is really heavily backlit.//

ここは照明が明るいですからね

Okay,/ here/ we go.//

いいですね 次に移ります

Oh,/ it's so sad.//

悲しい表情です

Okay,/ so you smile,/ frowning.//

そう 笑って しかめ面して

So his perception of your emotional states is very important/ for machines/ to effectively become empathetic.//

人の感情を彼が知覚するということは 気持に応えるロボットを実現するために非常に重要なことなのです

Machines are becoming devastatingly capable of things/ like killing.// Right?//

ロボットは恐ろしいほど強力になって 人さえ殺しかねません そうでしょう?

Those machines have no place/ for empathy.//

恐ろしいロボットは 感情に応じるようなことはできませんが

And there is billions of dollars/ being spent on that.//

そんな研究に何十億ドルも費やされました

Character robotics could plant the seed/ for robots/ that actually have empathy.//

キャラクター・ロボット工学で撒いた種から 感情に応えるロボットを目指せるかもしれません

So,/ if they achieve human level intelligence or,/ quite possibly,/ greater/ than human levels of intelligence,/ this could be the seeds of hope/ for our future.//

もしロボットが人間と同等の知能を持ったら あるいは 人間以上に優れた知能を持ったら 我々の未来に対する希望の種に成りえます

So,/ we've made 20 robots/ in the last eight years,/ during the course of getting my Ph.D.//

博士号を取るまでの8年間で20体のロボットを開発し

And then/ I started Hanson Robotics,/ which has been developing these things/ for mass manufacturing.//

その後 ハンソン・ロボティクスを創設しました 大量生産に向けた開発を行っています

This is one of our robots/ that we showed at Wired NextFest/ a couple of years ago.//

わが社のロボットの一例で 数年前のワイヤード・ネクストフェストに展示したものです

And it sees multiple people/ in a scene,/ remembers/ where individual people are,/ and looks from person/ to person,/ remembering people.//

視界の中の複数の人物を区別して 一人一人がどこにいるかを記憶します 個人の識別を行い その人物を記憶します

So,/ we're involving/ two things.//

我々は二つの要素を重視しています

One,/ the perception of people,/ and two,/ the natural interface,/ the natural form of the interface,/ so that it's more intuitive/ for you/ to interact with the robot.//

一つ目は 人物を認識することです そして二つ目は 自然なインターフェイスです 人間と自然に接することができると もっと直感的にロボットを操作できるようになります

You start to believe/ that it's alive and aware.//

命を持ち 意識があるかのように思えるでしょう

So one of my favorite projects was bringing all this stuff together/ in an artistic display of an android portrait of science-fiction writer Philip K.// Dick,/ who wrote great works like,/ "Do Androids Dream of Electric Sheep?"//

このプロジェクトでは これらの要素を統合して アンドロイドを SF作家のフィリップ・K・ディックに似せて仕上げました 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」などで有名な作家です

which was the basis of the movie "Bladerunner."//

映画「ブレードランナー」の原作ですね

In these stories,/ robots often think/ that they're human,/ and they sort of come to life.//

小説の中では ロボットは 自らを人間であると考え ある種の意識をもっています

So/ we put his writings,/ letters,/ his interviews,/ correspondences,/ into a huge database of thousands of pages,/ and then used some natural language processing/ to allow you/ to actually have a conversation/ with him.//

そこで我々は 彼の文書 手紙 インタビュー そして通信記録などの 大量の情報を巨大なデータベースに入れて 自然言語処理を施しました 実際に会話ができるようにするためです

And it was kind of spooky,/ because he would say these things/ that just sounded like they really understood you.//

気味が悪いほどの仕上がりになりました なぜなら 彼は 人間を本当に理解しているかのように話すからです

And this is one of the most exciting projects/ that we're developing,/ which is a little character/ that's a spokesbot/ for friendly artificial intelligence,/ friendly machine intelligence.//

これはもっともエキサイティングな開発中の製品です スポークスボット(spokesbot)というこの小さなロボットは フレンドリーな人工知能 機械知能を目指しました

And we're getting/ this mass-manufactured.//

現在は 大量生産にとりかかっています

We specked it out/ to actually be doable/ with a very, very low-cost bill of materials,/ so that it can become a childhood companion/ for kids.//

できるだけローコストの材料で 製造できる設計にしました 子供たちの良い友達にしたいのです

Interfacing with the Internet,/ it gets smarter/ over the years.//

インターネットに接続できるので 年々賢くなります

人工知能が進化すれば ロボットの知能も向上するのです

Chris Anderson:/ Thank you so much.// That's incredible.//

クリス:ありがとうございます すばらしいお話でした

(拍手)

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

empathize

(…に)感情移入する《+『with』+『名』》

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

converge

(同一点・同一場所に)集まる,集中する《+『on』+『名』》

(物理・数学で)収れんする

…'を'1点に集める

conversational

会話の,談話の

話好きな,話のうまい

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

previously

『以前に』,先に;前もって

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

biped

2足ある

二足動物

android

人造人間

simulate

…‘の'ふりをする,‘を'装う;simulate death死を装う

…‘を'まねる,‘に'似せる(imitate)

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

extremely

『極端に』,非常に過度に

lightweight

ボクシングの)ライト級の選手(130‐135ポンド(59‐61kg)級)

標準重量以下の人

(ボクサーが)ライト級の

重量の軽い

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

hierarchical

聖職階級組織の;階級組織の

pore

《pore over+名》(…を)熟読する,注意深く考える・没頭する, 熟考[熟視,熟読]する

porosity

〈U〉有孔性,通気性

〈C〉多孔率

Korean

韓国の,朝鮮の;韓国人(の),朝鮮 (人・語)の・韓国人,朝鮮人;〈U〉朝鮮語

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

empathy

(心理学で)感情移入,共感

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

San Diego

サンディエゴ(米国California州南部の港市)

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

orientation

〈U〉(新しい環境などに)適応させること(すること)

〈U〉方位測定

〈C〉〈U〉(新入生などへの)オリエンテーション

emulate

…‘と'張り合う,‘に'負けまいとする

…‘を'手本とする,見習う

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

okay

=OK,O.K.

smiling

にこにこした,微笑している

laughter

『笑い』,笑い声

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

killing

殺害;屠殺(とさつ)

《話》(特に商売での)大もうけ

(仕事などが)疲労こんぱいさせる,ひどく骨の折れる

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

intuitive

直観の,直覚の

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

portrait

(…の)『肖像画』,肖像(人物)写真《+『of』+『名』》

(人物などの)言葉による描写《+『of』+『名』》

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

Philip

ピリポ(キリストの12使徒のひとり)

dick

《米俗》デカ,刑事

《卑》陰茎

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

sheep

気の弱い人,人に引きずられやすい人

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

correspondence

(…の間の)『一致』,調和類似《+『between』+『名』》;(…との)一致《+『with』(『to』)+『名』》

(…との)『文通』,通信《+『with』+『名』》

《集合的に》(書かレタ・取り交わされた)手紙,書簡

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

spooky

幽霊の出るような,気味悪い

物おじする,おびえる

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

exciting

(物事が)『興奮させる』

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

speck

『しみ』汚点

《否定文で》(…の)小片,みじん《+『of』+『名』》

…‘に'しみをつける

doable

する(行う)ことができる,なされうる

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

childhood

『幼時』,子供時代

companion

『仲間』,友

(偶然の)連れ,相手

(…の)対の一方《+『to』+『名』》

《おもに書名として》(…の)手引き,必携《+『to』+『名』》

付添い(住み込みで雇われて主婦・子女・病人などの相手をつとめる婦人)

《英》《C-》最下位のナイト

(…と)親しくする《+『with』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画