TED日本語 - ジャック・チョイ: バーチャル解剖台

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TED2012のステージで、ジャック・チョイが医学生のための強力なツールのデモンストレーションをします。 解剖台と同じ大きさのマルチタッチスクリーンに映される検体を 開腹し 解剖することで人体の各部分と仕組みを理解することができるのです

Script

ご存じのように 死体解剖は 人間の生体構造を学ぶための伝統的な方法です 医学生にとっては非常に有意義な経験ですが 学校にとっては 死体解剖の実習を行うことは 非常に難しかったり 維持費が高すぎたりします そのため ほとんどの解剖学のクラスは座学で 解剖のためのラボを持っていません こうした理由のために もしくは国によっては 解剖を体験することは難しくなっています このため 私たちは スタンフォード大学の ブラウン博士と共に バーチャル解剖台を作りました 私たちはこれを「アナトメージ(解剖+イメージ) テーブル」と呼んでいます このアナトメージテーブルを使うことで 医学生は検体なしで 解剖を経験することができます そして この解剖台の形が重要です これはタッチパネル式で ラボでの解剖と全く同じ手順で さらには 外科医が患者に手術を行うのと全く同じように 文字通り この解剖台で解剖や手術を行うことができるのです 解剖に使うデジタル人体は実寸大なので これは 実際の解剖実習の際に 目にするものと全く同じです では少しデモンストレーションを お見せいたします ご覧のとおり 指を使ってデジタル人体を操作しています 何箇所か切ってみましょう このように どんな風にも切ることができます こうすると 内側を見ることができます 切り方を変えることで 見ることができる部分を変えることができます では ここを切ってみましょうか 脳の部分をご覧ください 切り口を変えると いくつかの臓器を見ることができます このモードを 輪切りモードと呼んでいます では 別の切り方をしてみましょう ここです たくさんの内部構造を見ることができます 後ろのほうを見たければ このように裏返して 後ろから見ることができます こんな感じです この画像をご覧になって 居心地が悪かったり 気持ち悪いと思われたとしたら これは成功だということです 医師にとっては 目の保養です では いたずらに人体を切り刻む代わりに 臨床的に有意義な解剖をしてみましょう これからやろうとしていることは 皮膚や筋肉 骨をすべて取り去って 内臓だけを見られるようにしてみます ここです たとえば ここにある 肝臓を切断してみましょう こうです 心臓を見てみたいと思ったら このあたりを切開します 静脈や動脈を切ってみましょうか しまった 実際の手術では聞きたくない言葉ですね (笑) 幸い デジタル人体には取り消し機能があるので (笑) はい いいでしょう ではズームしてみましょう ここの部分を切ってみます そうすると心臓の内側を見ることができます 心房と心室を見て どのように血液が動脈と静脈に流れるかを見ることができます こんな感じで 医学生は体のどの部分でも取り出すことができ 好きな方法で解剖することができるのです これは解剖以外にも使うことができます 電子化されているので 解剖を逆向きに行うこともできます お見せしましょう まず骨格構造から始めて 内臓を追加してみましょう うん こちらの方法のほうが早いかな そして筋肉をつけていきます 徐々に ちょうどこんな感じです 腱や筋肉が見えますね こんな簡単に筋肉隆々になれればいいんですけど (笑) これは解剖学を学ぶもう一つのやり方です もう一つお見せしましょう 少なからず 医師はX線写真で 患者を診察することがあります そのため アナトメージ・テーブルは 人体が X線ではどのように見えるのかを正確に示すことができます このX線写真を動かすこともできます もしやりたいと思えば X線写真と 解剖図を 重ねあわせて比較することもできます さて 解剖が終わったら こうして すぐ人体を元に戻して 次の解剖に入ることができます この解剖台では 性別も変えることができます 今度は女性になりました これがアナトメージ・テーブルです (拍手)

You know, cadaver dissection is the traditional way of learning human anatomy. For students, it's quite an experience, but for a school, it could be very difficult or expensive to maintain. So we learned the majority of anatomic classes taught, they do not have a cadaver dissection lab. Maybe those reasons, or depending on where you are, cadavers may not be easily available. So to address this, we developed with a Dr. Brown in Stanford: virtual dissection table. So we call this Anatomage Table. So with this Anatomage Table, students can experience the dissection without a human cadaver. And the table form is important, and since it's touch-interactive, just like the way they do dissections in the lab, or furthermore just the way a surgeon operates on a patient you can literally interact with your table. Our digital body is one-to-one life size, so this is exactly the way students will see the real anatomy. I'm going to do some demonstrations. As you can see, I use my finger to interact with my digital body. I'm going to do some cuts. I can cut any way I want to, so I cut right here. Then it's going to show inside. And I can change my cut to see different parts. Maybe I can cut there, see the brain, and I can change my cut. You can see some internal organs. So we call this the slicer mode. OK, I'm going to do another cut. Right there. This shows a lot of internal structures. So if I want to see the back side, I can flip and see from behind. Like this. So if these images are uncomfortable to you or disturbing to you, that means we did the right job. So our doctors said these are eye candies. So instead of just butchering the body, I'd like to do more clinically meaningful dissections. What I'm going to do is I'm going to peel off all the skin, muscles and bones, just to see a few internal organs. Right here. Let's say I'm going to cut the liver right here. OK. Let's say I'm interested in looking at the heart. I'm going to do some surgery here. I'm going to cut some veins, arteries. Oops! ... You don't want to hear "oops" in real surgery. (Laughter) But fortunately, our digital man has "undo." (Laughter) OK. All right then. Let me zoom in. I'm going to make a cut right there. And then you can see the inside of the heart. You can see the atrium and the ventricles, how blood flows to our arteries and veins. Just like this, students can isolate anybody and dissect any way you want to. It doesn't have to be always dissection. Since it's digital, we can do reverse dissection. So let me show you, I'm going to start with the skeletal structure, and I can add a few internal organs. Yep. Maybe I can add quickly this way. And I can build muscles gradually, just like that. We can see tendons and muscles. Wish I could build my muscle this fast. (Laughter) And this is another way to learn anatomy. Another thing I can show you is, more often than not, doctors get to meet patients in X-ray form. So, Anatomage Table shows exactly how the anatomy will appear in X-ray. You can also interact with your X-ray, and also if you want, you can compare with how anatomy would appear in X-ray, too. So when you are done, just bring back the body and then it's ready for another session. It looks like our table also can transform gender, too. It's a female now. So this is Anatomage Table. Thank you. (Applause)

You know,/ cadaver dissection is the traditional way of learning human anatomy.//

ご存じのように 死体解剖は 人間の生体構造を学ぶための伝統的な方法です

For students,/ it's quite an experience,/ but for a school,/ it could be very difficult or expensive/ to maintain.//

医学生にとっては非常に有意義な経験ですが 学校にとっては 死体解剖の実習を行うことは 非常に難しかったり 維持費が高すぎたりします

So/ we learned the majority of anatomic classes taught,/ they do not have a cadaver dissection lab.//

そのため ほとんどの解剖学のクラスは座学で 解剖のためのラボを持っていません

Maybe/ those reasons,/ or depending on where you are,/ cadavers may not be easily available.//

こうした理由のために もしくは国によっては 解剖を体験することは難しくなっています

So to address this,/ we developed with a Dr.// Brown/ in Stanford:/ virtual dissection table.//

このため 私たちは スタンフォード大学の ブラウン博士と共に バーチャル解剖台を作りました

So we call this Anatomage Table.//

私たちはこれを「アナトメージ(解剖+イメージ) テーブル」と呼んでいます

So/ with this Anatomage Table,/ students can experience the dissection/ without a human cadaver.//

このアナトメージテーブルを使うことで 医学生は検体なしで 解剖を経験することができます

And the table form is important,/ and/ since it's touch-interactive,/ just like the way/ they do dissections/ in the lab,/ or furthermore/ just the way/ a surgeon operates on a patient/ you can literally interact with your table.//

そして この解剖台の形が重要です これはタッチパネル式で ラボでの解剖と全く同じ手順で さらには 外科医が患者に手術を行うのと全く同じように 文字通り この解剖台で解剖や手術を行うことができるのです

Our digital body is one-to-one life size,/ so/ this is exactly the way/ students will see the real anatomy.//

解剖に使うデジタル人体は実寸大なので これは 実際の解剖実習の際に 目にするものと全く同じです

I'm going to do/ some demonstrations.//

では少しデモンストレーションを お見せいたします

As you can see,/ I use my finger/ to interact with my digital body.//

ご覧のとおり 指を使ってデジタル人体を操作しています

I'm going to do/ some cuts.//

何箇所か切ってみましょう

I can cut any way/ I want to,/ so I cut right here.//

このように どんな風にも切ることができます

Then/ it's going to show/ inside.//

こうすると 内側を見ることができます

And I can change my cut/ to see different parts.//

切り方を変えることで 見ることができる部分を変えることができます

Maybe/ I can cut there,/ see the brain,/ and I can change my cut.//

では ここを切ってみましょうか 脳の部分をご覧ください 切り口を変えると

You can see some internal organs.//

いくつかの臓器を見ることができます

So we call this the slicer mode.//

このモードを 輪切りモードと呼んでいます

OK,/ I'm going to do/ another cut.//

では 別の切り方をしてみましょう

Right/ there.//

ここです

This shows a lot of internal structures.//

たくさんの内部構造を見ることができます

So/ if I want to see/ the back side,/ I can flip/ and see from behind.//

後ろのほうを見たければ このように裏返して 後ろから見ることができます

Like this.//

こんな感じです

So/ if these images are uncomfortable/ to you/ or disturbing to you,/ that means/ we did the right job.//

この画像をご覧になって 居心地が悪かったり 気持ち悪いと思われたとしたら これは成功だということです

So our doctors said/ these are eye candies.//

医師にとっては 目の保養です

So instead of just butchering/ the body,/ I'd like to do more clinically/ meaningful dissections.//

では いたずらに人体を切り刻む代わりに 臨床的に有意義な解剖をしてみましょう

What I'm going to do/ is I'm going to peel off/ all the skin,/ muscles and bones,/ just to see a few internal organs.//

これからやろうとしていることは 皮膚や筋肉 骨をすべて取り去って 内臓だけを見られるようにしてみます

Right here.//

ここです

Let's say/ I'm going to cut/ the liver right here.//

たとえば ここにある 肝臓を切断してみましょう

OK.//

こうです

Let's say/ I'm interested/ in looking at the heart.//

心臓を見てみたいと思ったら

I'm going to do/ some surgery here.//

このあたりを切開します

I'm going to cut/ some veins,/ arteries.//

静脈や動脈を切ってみましょうか

Oops!// ...//

しまった

You don't want to hear/ "oops"/ in real surgery.//

実際の手術では聞きたくない言葉ですね

(Laughter)/ But fortunately,/ our digital man has "undo."//

(笑) 幸い デジタル人体には取り消し機能があるので

(笑) はい

All right then.//

いいでしょう

Let me zoom in.//

ではズームしてみましょう

I'm going to make/ a cut right there.//

ここの部分を切ってみます

And then/ you can see the inside of the heart.//

そうすると心臓の内側を見ることができます

You can see the atrium and the ventricles,/ how blood flows to our arteries and veins.//

心房と心室を見て どのように血液が動脈と静脈に流れるかを見ることができます

Just/ like this,/ students can isolate anybody/ and dissect any way/ you want to.//

こんな感じで 医学生は体のどの部分でも取り出すことができ 好きな方法で解剖することができるのです

It doesn't have to be always dissection.//

これは解剖以外にも使うことができます

Since it's digital,/ we can do reverse dissection.//

電子化されているので 解剖を逆向きに行うこともできます

So let me/ show you,/ I'm going to start/ with the skeletal structure,/ and I can add a few internal organs.//

お見せしましょう まず骨格構造から始めて 内臓を追加してみましょう

うん

Maybe/ I can add quickly/ this way.//

こちらの方法のほうが早いかな

And I can build muscles gradually,/ just/ like that.//

そして筋肉をつけていきます 徐々に ちょうどこんな感じです

We can see tendons and muscles.//

腱や筋肉が見えますね

Wish/ I could build my muscle/ this fast.//

こんな簡単に筋肉隆々になれればいいんですけど

(Laughter)/ And this is another way/ to learn anatomy.//

(笑) これは解剖学を学ぶもう一つのやり方です

Another thing/ I can show/ you is,/ more often/ than not,/ doctors get to meet/ patients/ in X-ray form.//

もう一つお見せしましょう 少なからず 医師はX線写真で 患者を診察することがあります

So,/ Anatomage Table shows exactly/ how the anatomy will appear in X-ray.//

そのため アナトメージ・テーブルは 人体が X線ではどのように見えるのかを正確に示すことができます

You can also interact with your X-ray,/ and also/ if you want,/ you can compare with how anatomy would appear in X-ray,/ too.//

このX線写真を動かすこともできます もしやりたいと思えば X線写真と 解剖図を 重ねあわせて比較することもできます

So/ when you are done,/ just bring back/ the body/ and then/ it's ready/ for another session.//

さて 解剖が終わったら こうして すぐ人体を元に戻して 次の解剖に入ることができます

It looks like our table also can transform gender,/ too.//

この解剖台では 性別も変えることができます

It's a female now.//

今度は女性になりました

So this is Anatomage Table.// Thank you.//

これがアナトメージ・テーブルです

(拍手)

cadaver

死体(特に解剖・研究用の人間の死体)

dissection

〈U〉〈C〉(実験・研究のための)解剖,解体

〈C〉実験用解剖体,解剖模型

〈U〉詳細な分析

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

expensive

『費用のかかる』,高価な

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

lab

実験室(laboratory)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

furthermore

なお,その上に(besides),さらに(moreover)

surgeon

『外科医』

軍医

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

one-to-one

一対一の

(数学で)一致する,対応する

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

slicer

薄く切る人

(パン・肉などを切る)薄切り機,スライサー

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

OK

Oklahoma

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

disturb

…‘を'『かき乱す』,騒がしくする

〈人〉‘を'『不安にする』,心配させる

〈人・行動・安眠など〉‘を'『邪魔をする』,妨害する(bother)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

instead

『その代りとして』,それよりも

butcher

家蓄屠殺(とさつ)業者

『肉屋』

虐殺者

《米》(列車内・観覧席の)売り子

〈動物〉'を'屠殺する

〈人〉'を'虐殺する

〈仕事など〉'を'だいなしにする

meaningful

有意義な,意義のある

peel

(果物・野菜などの)『皮』

〈果物・野菜など〉‘の'『皮をむく』

…‘を'取り去る《+『名』+『off』,+『off』+『off』+『名』》;(…から)…‘を'はぎとる《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

(…から)〈皮膚・ペンキなどが〉はげて落ちる《+『from』(『off』)+『名』》

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

liver

(ある態度で)生活する人;居住者

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

vein

〈C〉『静脈』

〈C〉(植物の)葉脈;(昆虫の)翅脈;(石の)石理;(木の)木目

〈C〉岩脈,鉱脈

〈U〉《しばしば a vein》(…の)傾向,性質《+of+名》

〈U〉《the vein》(…に対する)気分,気持ち《+for+名(doing)》

oops

おっとっと,しまった

laughter

『笑い』,笑い声

fortunately

『運よく』,幸いにも

undo

〈結び目など〉‘を'『開く』,ゆるめる,〈ボタンなど〉‘を'はずす

〈包みなど〉‘を'『開ける』;〈かんぬきなど〉‘を'はずす

〈一度やったこと〉‘を'『元どおりにする』,取り消す

《文》《しばしば受動態で》…‘を'破滅させる,だめにしてしまう

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

atrium

(古代ローマの住宅建築で)中央広間

(心臓の)心房

ventricle

(脳髄・喉頭などの)室,空洞,(心臓の)心室

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

artery

動脈

(道路・水路・鉄道などの)勘線,(通信の)主チャンネル

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

dissect

(実験・研究などで)〈人体・動植物など〉‘を'解剖する

…‘を'細かく調べる,分析する

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

skeletal

骨格に;がい骨の;がい骨のような

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

yep

うん(yes)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

gradually

『だんだんに』,徐々に

tendon

腱(けん)

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

gender

(名詞・代名詞の)性

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画