TED日本語 - セバスチャン・スン: 私はコネクトームである

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

セバスチャン・スンはニューロンの接合に注目して、とてつもなく野心的な新しい脳のモデルを作っています。彼がコネクトーム(神経回路マップ)と呼ぶ、このモデルはゲノム同様に個人を表すものであり、それを理解できれば脳と心についての新しい道が開けることでしょう。

Script

我々は驚くべき時代に生きています ゲノミクスの時代です ゲノムとは ヒトの DNA の全配列のこと あなたの配列は私のと 少し違っています だから 外見が違うのです 私の目は茶色ですが 青や灰色の目をした方もいます 外見だけのことではなくて 報道でみかけるように 遺伝子は 恐ろしい病気の原因になったり 個性を形づくったり 精神疾患の原因になったりします 遺伝子には 運命を左右する力があるようです しかし 私はこう考えたいのです 「私は 遺伝子を超える存在です」 みなさんはどうお考えですか? みなさんは遺伝子を超える存在ですか? (会場: そうだ) そうですか? 同じ意見の方もいたようです ではここではっきりさせておきましょう みんなで声を揃えて言いましょう 「私は遺伝子を超える存在です」 ― ご一緒に 「私は遺伝子を超える存在です」 (喝采) 私は何者でしょうか? (笑) 私はコネクトームです みなさん、本当に素敵な人たちなので これも私に合わせて言ってもらえますか? (笑) いいですか ご一緒に 「私はコネクトームです」 素晴らしかったです コネクトームが何か知らなくても 優しいみなさんは合わせてくれました 今日の話はお終いにしましょうか?

さて これまで確認できたコネクトームは1種です この小さな虫のものです 小さな神経系はたった300個の ニューロンでできています 70年代から80年代にかけて 科学者グループが ニューロンの間の全部で7000の 接合をマップにしました この図では全ての節点がニューロンで 全ての直線が接合です これがC.エレガンス線虫の コネクトームです みなさんのコネクトームはこれよりもはるかに複雑です 皆さんの脳には1000億個の ニューロンが含まれているからです そしてその1万倍の接合があります 皆さんの脳にもこういう構造がありますが 1枚の画面に収めることはできません コネクトームの接合の数は ゲノムの文字数の100万倍 すごい量の情報です

どんな情報なんでしょうか? 確かなことは不明ですが理論はあります 19世紀以来 神経科学者たちは あなたの記憶は― あなたであるための情報である 記憶は―ニューロン間の接合として 蓄積されると想定してきました さらにひとりのヒトとして別の切り口である 性格や知性もおそらく ニューロンの接合という形式で 符号化されているのでしょう ご提案した仮説の意味がわかりましたね 私は自分のコネクトームである 声にしてもらったのは 真理だからではなく 覚えておいて欲しかったからです 実際 この仮説が正しいかどうかはわかりません これを確かめるにはテクノロジーが 不足しているのです 線虫のコネクトームを解明するだけでも 10年以上かかる厄介な作業でした 我々の脳のようなコネクトームを解き明かすには 洗練された技術を自動化して コネクトームを特定する作業を高速化しなければなりません ではこれからの時間で そのための技術を紹介します 私の研究室と共同研究先とで 開発中の技術です

ニューロンの写真をご覧になったことはありますか? この素晴らしく特徴的な形で すぐにニューロンだとわかります 長く伸びて細かく枝分かれしています 簡単にいえば 樹木のように見えます そしてこれは単一のニューロンにすぎないのです コネクトームを見出すためには 一度に全てのニューロンを見なければなりません ボビー・カストリを紹介します ハーバード大学のジェフ・リヒトマン研究室の 研究者です ボビーは驚くほど薄切りにした マウスの脳の試料を手にしています 10万倍までズームインして 拡大すると ニューロンの枝分かれが全部見えるスケールになります まだそれが見えないのは 3次元の構造が相手だからです

そこで薄切りの写真をたくさん撮影して 積み重ねると 3次元のイメージを作れます でも枝分かれはわかりませんね そこで上から順に 断面図の中で1個のニューロンを赤く塗って 次も赤く塗って 次も同じように 一枚一枚について この作業を続けて 端から端まで終わったときに 三次元の形状を再構成できるのです ニューロンの枝分かれの一部分の形状です 同じ事を緑のニューロンについても行います 緑のニューロンが2箇所で赤に触れているのが わかります この接点をシナプスと呼びます

ひとつのシナプスに注目してみましょう 緑のニューロンの内側を見ると 小さな丸いものがありますね シナプス小胞というものです 中に神経伝達物質が入っていて 緑のニューロンが情報を伝えたいときに 赤のニューロンに伝えたいことがあるときに 神経伝達物質を放出します シナプスで ふたつのニューロンが 接合しているのです 電話で話している友達同士のようです

シナプスの探し方がわかりましたね コネクトームの全体像はどうやって調べましょうか このイメージを積み重ねた3次元ブロックは 巨大な塗り絵の本なのです ニューロンごとに違う色をつけたら イメージ全体を見渡すと シナプスを探し シナプスに関わる二つのニューロンの色をメモします この作業をイメージ全体で行えば コネクトームを明らかにできます

ここまでで ニューロンとシナプスの基礎がわかりました それでは神経科学における重要な問題を 考える準備が整いました 男性の脳と女性の脳はどう違うのでしょうか? (笑) この入門書に書いてあります 男性の脳はワッフルのように 小さな区画で人生が整理されています 女性の脳はスパゲッティのように あらゆる物事がお互いにつながっています (笑) みんな笑っていますけど この本は 私の人生を変えたんですよ (笑) まじめな話 どこが変ですか? お話ししたことからわかるはずです どこが間違いでしょう 男女の性別に関係なく ヒトの頭脳はスパゲッティみたいなのです もう少し言えば 枝分かれした極細のカペッリーニ麺です スパゲッティの一本が 皿の中の多くのスパゲッティと絡み合うように 一本のニューロンは多くのニューロンに触れて 枝はもつれ合っています ひとつのニューロンが非常に多くのニューロンと 接合できるのは 接点ごとに シナプスを作ることができるからです ここまで話してくると この脳細胞のブロックが どれほど小さいものか忘れてしまったかもしれません

比較してわかるようにしましょう このブロックは一辺6ミクロンと大変小さいものです ニューロン全体と比べてみましょう このブロックの中には枝分かれした一番細かい 構造の一部だけが入っています ニューロンはもちろん脳よりも小さく しかもこれはマウスの脳です ヒトの脳に比べるとはるかに小さいのです これを友人に見せると こんなことを言われます あきらめた方がいいんじゃない? 脳神経科学は手に負えない 脳を肉眼で眺めても どれほど複雑なのかもわかりません でも顕微鏡を使うことで とうとう隠された複雑さが明らかになりました

17世紀には 数学者で哲学者であったブレーズ・パスカルが 無限というものを恐ろしく感じると 記しています 果てしなく広がる外界について考えると無力感を覚えると そして科学者として 私は自分の気持ちは話さないことになっています そこには立ち入りません (笑) でもいいですか? (笑) (拍手) 気になるのです 不思議に思うのです 時に絶望的な気分になることもあります なぜ すさまじく複雑な 無限と言ってもよいようなこの器官を 研究することを選んだのでしょうか ばかげた話です 脳のことが理解できるなどと 考えることすらありえない

なのにドンキホーテのようにこだわり 最近は新たな望みを抱くようになりました いつの日か 顕微鏡をいくつもいくつも並べて 全てのニューロンとシナプスを捉えた 巨大なイメージデータベースを作り 人の手に頼らず画像解析するのです 人工知能のスーパーコンピューターが コネクトームの解析を行うのです 生きているうちにそれができたらいいと思っています ヒトのコネクトームを解き明かすことは これまでにない最大の挑戦です 何世代もの研究を継続しなければならないでしょう 目下 私のチームでは もっと控えめな目標として マウスやヒトの脳のごく一部から コネクトームの一部を解明しようとしています でもこれだけでも仮説検証の最初のステップです 私はコネクトームである という仮説です では これがどれほど妥当なのか説明しましょう 真剣に取り組む価値があるということを

子どもから成長して 大人として年を重ね みなさんの個性はゆっくりと変化します 同様にコネクトームもまた 時の経過とともに変化します どんな種類の変化が生じるのでしょうか ニューロンは樹木のように 新しい枝を伸ばしたり 古い枝を落としたりできます シナプスを形成することが可能で それを消去することもできます シナプスは成長させることも 縮小させることもできるのです 次の疑問です こんな変化の原因は何か? ある程度は遺伝子に プログラムされているものです でもそれだけが全てではありません そこに信号が―電気信号が ニューロンの枝に沿って流れ 化学的信号が 枝と枝とをつないでいるのです これらの信号のことを神経活動と呼びます 神経活動の中に我々の思考や感情や 認知や精神的な経験が 符号化されているという証拠が たくさんあります さらに 神経活動によって生じる 神経接続の変化についての証拠も多いので この二つの事実を合わせると 皆さんの経験がコネクトームを 変化させるということがわかります だからこそ 全てのコネクトームは独特です 遺伝的に同じ双子であっても独特です コネクトームは遺伝と環境との接点ともいえます 考えるという行為だけでも コネクトームを変えることができるというのは 本当でしょう 心強い話ではありませんか

さてこれは何の写真でしょう さわやかな清水の流れ ですね 他に何が写っていますか? 地球に刻まれた溝である 川底があるのです 川底がなければ 水の流れは定まりません この流れを使って よいたとえ話ができるのです 神経活動と神経の接続との関係を 説明するたとえ話です 常に変動する神経活動は 留まることのない水の流れのようです 脳の神経ネットワークの 接続は 神経活動の伝わっていく経路を 定めるものですから コネクトームはこの川底のようなもの このメタファーには続きがあります つまり 川底の溝が水の流れを 定めているだけでなく 長い時間スケールで見ると 流れる水が川底を作り変えます 先ほど述べたように 神経活動はコネクトームを変化させます メタファーのレベルでの お話をさせてもらうなら 神経活動が 思考や感情や認知の物理的本質であると― 神経科学者たちは考えていますので これを意識の流れと 呼ぶこともできるのです 神経活動は流れる水であり コネクトームはその流れの川底です

メタファーはここまでにして 科学のレベルに戻りましょう コネクトームを解析する技術が 機能するようになったとしたら 仮説を検証するにはどうすればいいでしょう 「私はコネクトームである」という仮説です 直接的な検証法を提案します コネクトームから 記憶を読み出すことを考えましょう 長い時系列の動作の記憶を 考えてください 例えばベートーベンのソナタを演奏するピアニストを 19世紀にさかのぼる理論によれば このような記憶は 脳内のシナプス接合の連鎖として蓄積されます なぜなら 連鎖の最初のニューロンが活性化すると シナプスを通して次のニューロンを刺激し これを活性化させて これを繰り返し ドミノ倒しのように進んでいきます ニューロンの活性化の連鎖が こんな連続動作の神経的基礎だという 仮説があるのです

この理論を検証する方法として この種の連鎖を コネクトームの中から探すのです 簡単なことではありません こんな形ではなくて たぶんこんなもつれた形です コンピュータを使って 鎖を解きほぐさなければならないでしょう これができれば 解読して得られた一連のニューロンから 神経活動のパターンを予測することができます 記憶を呼び起こすと そのパターンが再生されるはずです これがうまく行けば コネクトームから記憶を読み出した最初のケースとなるでしょう

(笑)

ごちゃごちゃです こんなふうに複雑なシステムの配線を したことはありますか? やりたくないですね 経験のある人にはわかりますが 間違えやすいものです ニューロンの枝分かれは脳の配線のようなものです 問題です 脳の配線の全長はどれほどでしょうか? ヒントです かなり長いです (笑) 推測ですが数100万マイルです 頭蓋の中に詰め込まれています この数字を考えると すぐわかることですが 脳の配線に間違いのある可能性は大きいのです 大衆雑誌が好む見出しは 「配線の間違いで拒食症に」とか 「配線の間違いで自閉症に」というものです もっともらしく聞こえますが ほんとうのところは まだ脳の配線はきちんと見えていないので 真偽のほどは定かではありません コネクトームを明らかにする技術ができれば 脳の配線間違いを読み取ったり コネクトームから精神疾患を見つけたり できるようになるかもしれません

仮説の検証に最も適した方法は そこから導かれるもっとも極端な結果を考えることです このやり方は哲学者がよく使います 「私はコネクトームである」と信じる人は 死とは自分のコネクトームの 崩壊であるという考えを 受け入れなければなりません こう申し上げた理由は 今日の予言の中には 技術が根本的なレベルでヒトを変化させ 人類そのものを変質させるという 予言があるからです そんな人たちの夢として 人体冷凍として知られる技術で 死を回避する試みがあります 10万ドルを支払うと 死後に死体を冷凍して アリゾナの倉庫にある 液体窒素タンクの中で保存してもらい 将来の文明が十分進んだら 復活させてもらおうというのです

現代的な方法で不死を求める人々を 愚か者とよぶべきでしょうか? あるいは彼らはいつの日か 我々の墓の上で笑うことになるでしょうか わかりません 彼らの信念について科学的な検証を試みたいと思います 冷凍した脳のコネクトームを見いだすよう 試みることを提案します 死後 冷凍している途中にも 脳にはダメージが加わることがわかっています 問題は このダメージでコネクトームが消えてしまうのかどうか 消えてしまうなら将来の文明をもってしても 凍った頭脳から記憶を回復することはできないでしょう 肉体の復活を遂げたとしても 心はよみがえりません 他方もし コネクトームが維持されていれば 人体冷凍は馬鹿にしたものでもありません

非常に小さい世界の探求からスタートして 遥か将来の世界につながる探求について 説明してきました コネクトームは人類の歴史上の転換点となることでしょう 我々がアフリカのサバンナで サルと似た祖先から進化したときに 特徴は大きな脳でした その脳を使って 素晴らしい技術を次々と作ってきました いずれは 技術が強力になって 自分達のことを知るために 脳を要素分解して再構成することが できるようになるでしょう この自己発見の旅路は 科学者だけのものではなく 人類皆のものであると信じます その旅について皆さんとお話できたことを感謝しています

ありがとう

(拍手)

We live in in a remarkable time, the age of genomics. Your genome is the entire sequence of your DNA. Your sequence and mine are slightly different. That's why we look different. I've got brown eyes; you might have blue or gray. But it's not just skin-deep. The headlines tell us that genes can give us scary diseases, maybe even shape our personality, or give us mental disorders. Our genes seem to have awesome power over our destinies. And yet, I would like to think that I am more than my genes. What do you guys think? Are you more than your genes? (Audience: Yes.) Yes? I think some people agree with me. I think we should make a statement. I think we should say it all together. All right: "I'm more than my genes" -- all together. Everybody: I am more than my genes. (Cheering) Sebastian Seung: What am I? (Laughter) I am my connectome. Now, since you guys are really great, maybe you can humor me and say this all together too. (Laughter) Right. All together now. Everybody: I am my connectome. SS: That sounded great. You know, you guys are so great, you don't even know what a connectome is, and you're willing to play along with me. I could just go home now.

Well, so far only one connectome is known, that of this tiny worm. Its modest nervous system consists of just 300 neurons. And in the 1970s and '80s, a team of scientists mapped all 7,000 connections between the neurons. In this diagram, every node is a neuron, and every line is a connection. This is the connectome of the worm C. elegans. Your connectome is far more complex than this because your brain contains 100 billion neurons and 10,000 times as many connections. There's a diagram like this for your brain, but there's no way it would fit on this slide. Your connectome contains one million times more connections than your genome has letters. That's a lot of information.

What's in that information? We don't know for sure, but there are theories. Since the 19th century, neuroscientists have speculated that maybe your memories -- the information that makes you, you -- maybe your memories are stored in the connections between your brain's neurons. And perhaps other aspects of your personal identity -- maybe your personality and your intellect -- maybe they're also encoded in the connections between your neurons. And so now you can see why I proposed this hypothesis: I am my connectome. I didn't ask you to chant it because it's true; I just want you to remember it. And in fact, we don't know if this hypothesis is correct, because we have never had technologies powerful enough to test it. Finding that worm connectome took over a dozen years of tedious labor. And to find the connectomes of brains more like our own, we need more sophisticated technologies, that are automated, that will speed up the process of finding connectomes. And in the next few minutes, I'll tell you about some of these technologies, which are currently under development in my lab and the labs of my collaborators.

Now you've probably seen pictures of neurons before. You can recognize them instantly by their fantastic shapes. They extend long and delicate branches, and in short, they look like trees. But this is just a single neuron. In order to find connectomes, we have to see all the neurons at the same time. So let's meet Bobby Kasthuri, who works in the laboratory of Jeff Lichtman at Harvard University. Bobby is holding fantastically thin slices of a mouse brain. And we're zooming in by a factor of 100,000 times to obtain the resolution, so that we can see the branches of neurons all at the same time. Except, you still may not really recognize them, and that's because we have to work in three dimensions.

If we take many images of many slices of the brain and stack them up, we get a three-dimensional image. And still, you may not see the branches. So we start at the top, and we color in the cross-section of one branch in red, and we do that for the next slice and for the next slice. And we keep on doing that, slice after slice. If we continue through the entire stack, we can reconstruct the three-dimensional shape of a small fragment of a branch of a neuron. And we can do that for another neuron in green. And you can see that the green neuron touches the red neuron at two locations, and these are what are called synapses.

Let's zoom in on one synapse, and keep your eyes on the interior of the green neuron. You should see small circles -- these are called vesicles. They contain a molecule know as a neurotransmitter. And so when the green neuron wants to communicate, it wants to send a message to the red neuron, it spits out neurotransmitter. At the synapse, the two neurons are said to be connected like two friends talking on the telephone.

So you see how to find a synapse. How can we find an entire connectome? Well, we take this three-dimensional stack of images and treat it as a gigantic three-dimensional coloring book. We color every neuron in, in a different color, and then we look through all of the images, find the synapses and note the colors of the two neurons involved in each synapse. If we can do that throughout all the images, we could find a connectome.

Now, at this point, you've learned the basics of neurons and synapses. And so I think we're ready to tackle one of the most important questions in neuroscience: how are the brains of men and women different? (Laughter) According to this self-help book, guys brains are like waffles; they keep their lives compartmentalized in boxes. Girls' brains are like spaghetti; everything in their life is connected to everything else. (Laughter) You guys are laughing, but you know, this book changed my life. (Laughter) But seriously, what's wrong with this? You already know enough to tell me -- what's wrong with this statement? It doesn't matter whether you're a guy or girl, everyone's brains are like spaghetti. Or maybe really, really fine capellini with branches. Just as one strand of spaghetti contacts many other strands on your plate,one neuron touches many other neurons through their entangled branches. One neuron can be connected to so many other neurons, because there can be synapses at these points of contact. By now, you might have sort of lost perspective on how large this cube of brain tissue actually is.

And so let's do a series of comparisons to show you. I assure you, this is very tiny. It's just six microns on a side. So, here's how it stacks up against an entire neuron. And you can tell that, really, only the smallest fragments of branches are contained inside this cube. And a neuron, well, that's smaller than brain. And that's just a mouse brain -- it's a lot smaller than a human brain. So when show my friends this, sometimes they've told me, "You know, Sebastian, you should just give up. Neuroscience is hopeless." Because if you look at a brain with your naked eye, you don't really see how complex it is, but when you use a microscope, finally the hidden complexity is revealed.

In the 17th century, the mathematician and philosopher, Blaise Pascal, wrote of his dread of the infinite, his feeling of insignificance at contemplating the vast reaches of outer space. And, as a scientist, I'm not supposed to talk about my feelings -- too much information, professor. (Laughter) But may I? (Laughter) (Applause) I feel curiosity, and I feel wonder, but at times I have also felt despair. Why did I choose to study this organ that is so awesome in its complexity that it might well be infinite? It's absurd. How could we even dare to think that we might ever understand this?

And yet, I persist in this quixotic endeavor. And indeed, these days I harbor new hopes. Someday, a fleet of microscopes will capture every neuron and every synapse in a vast database of images. And some day, artificially intelligent supercomputers will analyze the images without human assistance to summarize them in a connectome. I do not know, but I hope that I will live to see that day, because finding an entire human connectome is one of the greatest technological challenges of all time. It will take the work of generations to succeed. At the present time, my collaborators and I, what we're aiming for is much more modest -- just to find partial connectomes of tiny chunks of mouse and human brain. But even that will be enough for the first tests of this hypothesis that I am my connectome. For now, let me try to convince you of the plausibility of this hypothesis, that it's actually worth taking seriously.

As you grow during childhood and age during adulthood, your personal identity changes slowly. Likewise, every connectome changes over time. What kinds of changes happen? Well, neurons, like trees, can grow new branches, and they can lose old ones. Synapses can be created, and they can be eliminated. And synapses can grow larger, and they can grow smaller. Second question: what causes these changes? Well, it's true. To some extent, they are programmed by your genes. But that's not the whole story, because there are signals, electrical signals, that travel along the branches of neurons and chemical signals that jump across from branch to branch. These signals are called neural activity. And there's a lot of evidence that neural activity is encoding our thoughts, feelings and perceptions, our mental experiences. And there's a lot of evidence that neural activity can cause your connections to change. And if you put those two facts together, it means that your experiences can change your connectome. And that's why every connectome is unique, even those of genetically identical twins. The connectome is where nature meets nurture. And it might true that just the mere act of thinking can change your connectome -- an idea that you may find empowering.

What's in this picture? A cool and refreshing stream of water, you say. What else is in this picture? Do not forget that groove in the Earth called the stream bed. Without it, the water would not know in which direction to flow. And with the stream, I would like to propose a metaphor for the relationship between neural activity and connectivity. Neural activity is constantly changing. It's like the water of the stream; it never sits still. The connections of the brain's neural network determines the pathways along which neural activity flows. And so the connectome is like bed of the stream; but the metaphor is richer than that, because it's true that the stream bed guides the flow of the water, but over long timescales, the water also reshapes the bed of the stream. And as I told you just now, neural activity can change the connectome. And if you'll allow me to ascend to metaphorical heights, I will remind you that neural activity is the physical basis -- or so neuroscientists think -- of thoughts, feelings and perceptions. And so we might even speak of the stream of consciousness. Neural activity is its water, and the connectome is its bed.

So let's return from the heights of metaphor and return to science. Suppose our technologies for finding connectomes actually work. How will we go about testing the hypothesis "I am my connectome?" Well, I propose a direct test. Let us attempt to read out memories from connectomes. Consider the memory of long temporal sequences of movements, like a pianist playing a Beethoven sonata. According to a theory that dates back to the 19th century, such memories are stored as chains of synaptic connections inside your brain. Because, if the first neurons in the chain are activated, through their synapses they send messages to the second neurons, which are activated, and so on down the line, like a chain of falling dominoes. And this sequence of neural activation is hypothesized to be the neural basis of those sequence of movements.

So one way of trying to test the theory is to look for such chains inside connectomes. But it won't be easy, because they're not going to look like this. They're going to be scrambled up. So we'll have to use our computers to try to unscramble the chain. And if we can do that, the sequence of the neurons we recover from that unscrambling will be a prediction of the pattern of neural activity that is replayed in the brain during memory recall. And if that were successful, that would be the first example of reading a memory from a connectome.

(Laughter)

What a mess -- have you ever tried to wire up a system as complex as this? I hope not. But if you have, you know it's very easy to make a mistake. The branches of neurons are like the wires of the brain. Can anyone guess: what's the total length of wires in your brain? I'll give you a hint. It's a big number. (Laughter) I estimate, millions of miles, all packed in your skull. And if you appreciate that number, you can easily see there is huge potential for mis-wiring of the brain. And indeed, the popular press loves headlines like, "Anorexic brains are wired differently," or "Autistic brains are wired differently." These are plausible claims, but in truth, we can't see the brain's wiring clearly enough to tell if these are really true. And so the technologies for seeing connectomes will allow us to finally read mis-wiring of the brain, to see mental disorders in connectomes.

Sometimes the best way to test a hypothesis is to consider its most extreme implication. Philosophers know this game very well. If you believe that I am my connectome, I think you must also accept the idea that death is the destruction of your connectome. I mention this because there are prophets today who claim that technology will fundamentally alter the human condition and perhaps even transform the human species. One of their most cherished dreams is to cheat death by that practice known as cryonics. If you pay 100,000 dollars, you can arrange to have your body frozen after death and stored in liquid nitrogen in one of these tanks in an Arizona warehouse, awaiting a future civilization that is advanced to resurrect you.

Should we ridicule the modern seekers of immortality, calling them fools? Or will they someday chuckle over our graves? I don't know -- I prefer to test their beliefs, scientifically. I propose that we attempt to find a connectome of a frozen brain. We know that damage to the brain occurs after death and during freezing. The question is: has that damage erased the connectome? If it has, there is no way that any future civilization will be able to recover the memories of these frozen brains. Resurrection might succeed for the body, but not for the mind. On the other hand, if the connectome is still intact, we can not ridicule the claims of cryonics so easily.

I've described a quest that begins in the world of the very small, and propels us to the world of the far future. Connectomes will mark a turning point in human history. As we evolved from our ape-like ancestors on the African savanna, what distinguished us was our larger brains. We have used our brains to fashion ever more amazing technologies. Eventually, these technologies will become so powerful that we will use them to know ourselves by deconstructing and reconstructing our own brains. I believe that this voyage of self-discovery is not just for scientists, but for all of us. And I'm grateful for the opportunity to share this voyage with you today.

Thank you.

(Applause)

We live in in a remarkable time,/ the age of genomics.//

我々は驚くべき時代に生きています ゲノミクスの時代です

Your genome is the entire sequence of your DNA.//

ゲノムとは ヒトの DNA の全配列のこと

Your sequence and mine are slightly different.//

あなたの配列は私のと 少し違っています

That's/ why we look different.//

だから 外見が違うのです

I've got brown eyes;/ you might have blue or gray.//

私の目は茶色ですが 青や灰色の目をした方もいます

But it's not just skin-deep.//

外見だけのことではなくて

The headlines tell us/ that genes can give us/ scary diseases,/ maybe even shape our personality,/ or give us/ mental disorders.//

報道でみかけるように 遺伝子は 恐ろしい病気の原因になったり 個性を形づくったり 精神疾患の原因になったりします

Our genes seem to have/ awesome power/ over our destinies.//

遺伝子には 運命を左右する力があるようです

And yet,/ I would like to think/ that I am more/ than my genes.//

しかし 私はこう考えたいのです 「私は 遺伝子を超える存在です」

What do you guys think?//

みなさんはどうお考えですか?

Are you more/ than your genes?//

みなさんは遺伝子を超える存在ですか?

(Audience:/ Yes.//)/ Yes?//

(会場: そうだ) そうですか?

I think/ some people agree with me.//

同じ意見の方もいたようです

I think/ we should make a statement.//

ではここではっきりさせておきましょう

I think/ we should say it/ all together.//

みんなで声を揃えて言いましょう

All right:/ "I'm more/ than my genes" --/ all together.//

「私は遺伝子を超える存在です」 ― ご一緒に

Everybody:/ I am more/ than my genes.//

「私は遺伝子を超える存在です」

(Cheering)/ Sebastian Seung:/ What am I?//

(喝采) 私は何者でしょうか?

(Laughter)/ I am my connectome.//

(笑) 私はコネクトームです

Now,/ since you/ guys are really great,/ maybe/ you can humor me/ and say this all together too.//

みなさん、本当に素敵な人たちなので これも私に合わせて言ってもらえますか?

(Laughter)/ Right.// All together/ now.//

(笑) いいですか ご一緒に

Everybody:/ I am my connectome.//

「私はコネクトームです」

SS:/ That sounded great.//

素晴らしかったです

You know,/ you guys are so great,/ you don't even know/ what a connectome is,/ and you're willing/ to play along with me.//

コネクトームが何か知らなくても 優しいみなさんは合わせてくれました

I could just go home now.//

今日の話はお終いにしましょうか?

Well,/ so far/ only one connectome is known,/ that of this tiny worm.//

さて これまで確認できたコネクトームは1種です この小さな虫のものです

小さな神経系はたった300個の ニューロンでできています

And/ in the 1970s and '80s,/ a team of scientists mapped all 7,000 connections/ between the neurons.//

70年代から80年代にかけて 科学者グループが ニューロンの間の全部で7000の 接合をマップにしました

In this diagram,/ every node is a neuron,/ and every line is a connection.//

この図では全ての節点がニューロンで 全ての直線が接合です

This is the connectome of the worm C. elegans.//

これがC.エレガンス線虫の コネクトームです

Your connectome is far more complex/ than this/ because your brain contains 100 billion neurons and 10,000 times as many connections.//

みなさんのコネクトームはこれよりもはるかに複雑です 皆さんの脳には1000億個の ニューロンが含まれているからです そしてその1万倍の接合があります

There's a diagram/ like this/ for your brain,/ but there's no way/ it would fit on this slide.//

皆さんの脳にもこういう構造がありますが 1枚の画面に収めることはできません

Your connectome contains one million times more connections/ than your genome has letters.//

コネクトームの接合の数は ゲノムの文字数の100万倍

That's a lot of information.//

すごい量の情報です

What's in that information?//

どんな情報なんでしょうか?

We don't know for sure,/ but there are theories.//

確かなことは不明ですが理論はあります

Since the 19th century,/ neuroscientists have speculated/ that maybe/ your memories --/ the information/ that makes you,/ you --/ maybe/ your memories are stored in the connections/ between your brain's neurons.//

19世紀以来 神経科学者たちは あなたの記憶は― あなたであるための情報である 記憶は―ニューロン間の接合として 蓄積されると想定してきました

And perhaps/ other aspects of your personal identity --/ maybe/ your personality and your intellect --/ maybe/ they're also encoded in the connections/ between your neurons.//

さらにひとりのヒトとして別の切り口である 性格や知性もおそらく ニューロンの接合という形式で 符号化されているのでしょう

And so now/ you can see/ why I proposed this hypothesis:/ I am my connectome.//

ご提案した仮説の意味がわかりましたね 私は自分のコネクトームである

I didn't ask you/ to chant it/ because it's true;/ I just want you/ to remember it.//

声にしてもらったのは 真理だからではなく 覚えておいて欲しかったからです

And in fact,/ we don't know/ if this hypothesis is correct,/ because we have never had technologies powerful enough/ to test it.//

実際 この仮説が正しいかどうかはわかりません これを確かめるにはテクノロジーが 不足しているのです

Finding/ that worm connectome took over/ a dozen years of tedious labor.//

線虫のコネクトームを解明するだけでも 10年以上かかる厄介な作業でした

And to find the connectomes of brains more/ like our own,/ we need more sophisticated technologies,/ that are automated,/ that will speed up/ the process of finding connectomes.//

我々の脳のようなコネクトームを解き明かすには 洗練された技術を自動化して コネクトームを特定する作業を高速化しなければなりません

And/ in the next few minutes,/ I'll tell you/ about some of these technologies,/ which are currently under development/ in my lab and the labs of my collaborators.//

ではこれからの時間で そのための技術を紹介します 私の研究室と共同研究先とで 開発中の技術です

Now/ you've probably seen pictures of neurons/ before.//

ニューロンの写真をご覧になったことはありますか?

You can recognize them instantly/ by their fantastic shapes.//

この素晴らしく特徴的な形で すぐにニューロンだとわかります

They extend long and delicate branches,/ and in short,/ they look like trees.//

長く伸びて細かく枝分かれしています 簡単にいえば 樹木のように見えます

But this is just a single neuron.//

そしてこれは単一のニューロンにすぎないのです

In order to find connectomes,/ we have to see/ all the neurons/ at the same time.//

コネクトームを見出すためには 一度に全てのニューロンを見なければなりません

So let's meet Bobby Kasthuri,/ who works in the laboratory of Jeff Lichtman/ at Harvard University.//

ボビー・カストリを紹介します ハーバード大学のジェフ・リヒトマン研究室の 研究者です

ボビーは驚くほど薄切りにした マウスの脳の試料を手にしています

And we're zooming in/ by a factor of 100,000 times to obtain the resolution,/ so that we can see the branches of neurons/ all/ at the same time.//

10万倍までズームインして 拡大すると ニューロンの枝分かれが全部見えるスケールになります

Except,/ you still may not really recognize them,/ and that's/ because we have to work/ in three dimensions.//

まだそれが見えないのは 3次元の構造が相手だからです

If we take many images of many slices of the brain/ and stack them up,/ we get a three-dimensional image.//

そこで薄切りの写真をたくさん撮影して 積み重ねると 3次元のイメージを作れます

And still,/ you may not see the branches.//

でも枝分かれはわかりませんね

So we start at the top,/ and we color in the cross-section of one branch/ in red,/ and we do that/ for the next slice/ and/ for the next slice.//

そこで上から順に 断面図の中で1個のニューロンを赤く塗って 次も赤く塗って 次も同じように

And we keep on doing/ that,/ slice/ after slice.//

一枚一枚について この作業を続けて

If we continue through the entire stack,/ we can reconstruct the three-dimensional shape of a small fragment of a branch of a neuron.//

端から端まで終わったときに 三次元の形状を再構成できるのです ニューロンの枝分かれの一部分の形状です

And we can do that/ for another neuron/ in green.//

同じ事を緑のニューロンについても行います

And you can see/ that the green neuron touches the red neuron/ at two locations,/ and these are/ what are called synapses.//

緑のニューロンが2箇所で赤に触れているのが わかります この接点をシナプスと呼びます

Let's zoom/ in on one synapse,/ and keep your eyes/ on the interior of the green neuron.//

ひとつのシナプスに注目してみましょう 緑のニューロンの内側を見ると

You should see small circles --/ these are called vesicles.//

小さな丸いものがありますね シナプス小胞というものです

They contain/ a molecule know as a neurotransmitter.//

中に神経伝達物質が入っていて

And so/ when the green neuron wants to communicate,/ it wants to send/ a message/ to the red neuron,/ it spits out/ neurotransmitter.//

緑のニューロンが情報を伝えたいときに 赤のニューロンに伝えたいことがあるときに 神経伝達物質を放出します

At the synapse,/ the two neurons are said to be connected like two friends/ talking on the telephone.//

シナプスで ふたつのニューロンが 接合しているのです 電話で話している友達同士のようです

So you see/ how to find a synapse.//

シナプスの探し方がわかりましたね

How can we find an entire connectome?//

コネクトームの全体像はどうやって調べましょうか

Well,/ we take this three-dimensional stack of images/ and treat it/ as a gigantic three-dimensional coloring book.//

このイメージを積み重ねた3次元ブロックは 巨大な塗り絵の本なのです

We color every neuron in,/ in a different color,/ and then/ we look through all of the images,/ find the synapses/ and note the colors of the two neurons involved in each synapse.//

ニューロンごとに違う色をつけたら イメージ全体を見渡すと シナプスを探し シナプスに関わる二つのニューロンの色をメモします

If we can do that/ throughout all the images,/ we could find a connectome.//

この作業をイメージ全体で行えば コネクトームを明らかにできます

Now,/ at this point,/ you've learned the basics of neurons and synapses.//

ここまでで ニューロンとシナプスの基礎がわかりました

And so/ I think/ we're ready/ to tackle one of the most important questions/ in neuroscience:/ how are the brains of men and women different?//

それでは神経科学における重要な問題を 考える準備が整いました 男性の脳と女性の脳はどう違うのでしょうか?

(Laughter)/ According to this self-help book,/ guys brains are like waffles;/ they keep/ their lives compartmentalized in boxes.//

(笑) この入門書に書いてあります 男性の脳はワッフルのように 小さな区画で人生が整理されています

Girls/' brains are like spaghetti;/ everything/ in their life is connected to everything else.//

女性の脳はスパゲッティのように あらゆる物事がお互いにつながっています

(Laughter)/ You guys are laughing,/ but you know,/ this book changed my life.//

(笑) みんな笑っていますけど この本は 私の人生を変えたんですよ

(Laughter)/ But seriously,/ what's wrong/ with this?//

(笑) まじめな話 どこが変ですか?

You already know enough/ to tell me --/ what's wrong/ with this statement?//

お話ししたことからわかるはずです どこが間違いでしょう

It doesn't matter/ whether you're a guy or girl,/ everyone's brains are like spaghetti.//

男女の性別に関係なく ヒトの頭脳はスパゲッティみたいなのです

Or maybe really,/ really fine capellini/ with branches.//

もう少し言えば 枝分かれした極細のカペッリーニ麺です

Just/ as one strand of spaghetti contacts many other strands/ on your plate,/one neuron touches many other neurons/ through their entangled branches.//

スパゲッティの一本が 皿の中の多くのスパゲッティと絡み合うように 一本のニューロンは多くのニューロンに触れて 枝はもつれ合っています

One neuron can be connected to so many other neurons,/ because there can be synapses/ at these points of contact.//

ひとつのニューロンが非常に多くのニューロンと 接合できるのは 接点ごとに シナプスを作ることができるからです

By now,/ you might have sort of lost perspective/ on how large/ this cube of brain tissue actually is.//

ここまで話してくると この脳細胞のブロックが どれほど小さいものか忘れてしまったかもしれません

And so let's do a series of comparisons/ to show you.//

比較してわかるようにしましょう

I assure you,/ this is very tiny.// It's just six microns/ on a side.//

このブロックは一辺6ミクロンと大変小さいものです

So,/ here's/ how it stacks up/ against an entire neuron.//

ニューロン全体と比べてみましょう

And you can tell/ that,/ really,/ only the smallest fragments of branches are contained inside this cube.//

このブロックの中には枝分かれした一番細かい 構造の一部だけが入っています

And a neuron,/ well,/ that's smaller/ than brain.//

ニューロンはもちろん脳よりも小さく

And that's just a mouse brain --/ it's a lot smaller/ than a human brain.//

しかもこれはマウスの脳です ヒトの脳に比べるとはるかに小さいのです

So/ when show my friends/ this,/ sometimes/ they've told me,/ "You know,/ Sebastian,/ you should just give up.//

これを友人に見せると こんなことを言われます あきらめた方がいいんじゃない?

Neuroscience is hopeless."//

脳神経科学は手に負えない

Because/ if you look at a brain/ with your naked eye,/ you don't really see how complex/ it is,/ but when you use a microscope,/ finally/ the hidden complexity is revealed.//

脳を肉眼で眺めても どれほど複雑なのかもわかりません でも顕微鏡を使うことで とうとう隠された複雑さが明らかになりました

In the 17th century,/ the mathematician and philosopher,/ Blaise Pascal,/ wrote of his dread of the infinite,/ his feeling of insignificance/ at contemplating the vast reaches of outer space.//

17世紀には 数学者で哲学者であったブレーズ・パスカルが 無限というものを恐ろしく感じると 記しています 果てしなく広がる外界について考えると無力感を覚えると

And,/ as a scientist,/ I'm not supposed to talk/ about my feelings --/ too much information,/ professor.//

そして科学者として 私は自分の気持ちは話さないことになっています そこには立ち入りません

(Laughter)/ But may I?//

(笑) でもいいですか?

(Laughter) (Applause)/ I feel curiosity,/ and I feel wonder,/ but at times/ I have also felt despair.//

(笑) (拍手) 気になるのです 不思議に思うのです 時に絶望的な気分になることもあります

Why did I choose to study/ this organ/ that is so awesome in its complexity/ that it might well be infinite?//

なぜ すさまじく複雑な 無限と言ってもよいようなこの器官を 研究することを選んだのでしょうか

It's absurd.//

ばかげた話です

How could we even dare to think/ that we might ever understand this?//

脳のことが理解できるなどと 考えることすらありえない

And yet,/ I persist in this quixotic endeavor.//

なのにドンキホーテのようにこだわり

And indeed,/ these days/ I harbor new hopes.//

最近は新たな望みを抱くようになりました

Someday,/ a fleet of microscopes will capture every neuron and every synapse/ in a vast database of images.//

いつの日か 顕微鏡をいくつもいくつも並べて 全てのニューロンとシナプスを捉えた 巨大なイメージデータベースを作り

And some day,/ artificially intelligent supercomputers will analyze the images/ without human assistance/ to summarize them/ in a connectome.//

人の手に頼らず画像解析するのです 人工知能のスーパーコンピューターが コネクトームの解析を行うのです

I do not know,/ but I hope/ that I will live to see/ that day,/ because finding an entire human connectome is one of the greatest technological challenges of all time.//

生きているうちにそれができたらいいと思っています ヒトのコネクトームを解き明かすことは これまでにない最大の挑戦です

It will take the work of generations/ to succeed.//

何世代もの研究を継続しなければならないでしょう

At the present time,/ my collaborators and I,/ what we're aiming/ for is much more modest --/ just to find partial connectomes of tiny chunks of mouse and human brain.//

目下 私のチームでは もっと控えめな目標として マウスやヒトの脳のごく一部から コネクトームの一部を解明しようとしています

But even that will be enough for the first tests of this hypothesis/ that I am my connectome.//

でもこれだけでも仮説検証の最初のステップです 私はコネクトームである という仮説です

For now,/ let me/ try to convince/ you of the plausibility of this hypothesis,/ that it's actually worth/ taking seriously.//

では これがどれほど妥当なのか説明しましょう 真剣に取り組む価値があるということを

As you grow during childhood and age/ during adulthood,/ your personal identity changes slowly.//

子どもから成長して 大人として年を重ね みなさんの個性はゆっくりと変化します

Likewise,/ every connectome changes over time.//

同様にコネクトームもまた 時の経過とともに変化します

What kinds of changes happen?//

どんな種類の変化が生じるのでしょうか

Well,/ neurons,/ like trees,/ can grow new branches,/ and they can lose old ones.//

ニューロンは樹木のように 新しい枝を伸ばしたり 古い枝を落としたりできます

Synapses can be created,/ and they can be eliminated.//

シナプスを形成することが可能で それを消去することもできます

And synapses can grow larger,/ and they can grow smaller.//

シナプスは成長させることも 縮小させることもできるのです

Second question:/ what causes these changes?//

次の疑問です こんな変化の原因は何か?

Well,/ it's true.//

ある程度は遺伝子に

To some extent,/ they are programmed by your genes.//

プログラムされているものです

But that's not the whole story,/ because there are signals,/ electrical signals,/ that travel along the branches of neurons and chemical signals/ that jump across from branch/ to branch.//

でもそれだけが全てではありません そこに信号が―電気信号が ニューロンの枝に沿って流れ 化学的信号が 枝と枝とをつないでいるのです

These signals are called neural activity.//

これらの信号のことを神経活動と呼びます

And there's a lot of evidence/ that neural activity is encoding our thoughts, feelings and perceptions,/ our mental experiences.//

神経活動の中に我々の思考や感情や 認知や精神的な経験が 符号化されているという証拠が たくさんあります

And there's a lot of evidence/ that neural activity can cause your connections/ to change.//

さらに 神経活動によって生じる 神経接続の変化についての証拠も多いので

And/ if you put those two facts together,/ it means/ that your experiences can change your connectome.//

この二つの事実を合わせると 皆さんの経験がコネクトームを 変化させるということがわかります

And that's/ why every connectome is unique,/ even those of genetically identical twins.//

だからこそ 全てのコネクトームは独特です 遺伝的に同じ双子であっても独特です

The connectome is/ where nature meets nurture.//

コネクトームは遺伝と環境との接点ともいえます

And it might true/ that just the mere act of thinking can change your connectome --/ an idea/ that you may find empowering.//

考えるという行為だけでも コネクトームを変えることができるというのは 本当でしょう 心強い話ではありませんか

What's in this picture?//

さてこれは何の写真でしょう

A cool and refreshing stream of water,/ you say.//

さわやかな清水の流れ ですね

What else is in this picture?//

他に何が写っていますか?

Do not forget that groove/ in the Earth called the stream bed.//

地球に刻まれた溝である 川底があるのです

Without it,/ the water would not know in which direction/ to flow.//

川底がなければ 水の流れは定まりません

And with the stream,/ I would like to propose/ a metaphor/ for the relationship/ between neural activity and connectivity.//

この流れを使って よいたとえ話ができるのです 神経活動と神経の接続との関係を 説明するたとえ話です

Neural activity is constantly changing.//

常に変動する神経活動は

It's like the water of the stream;/ it never sits still.//

留まることのない水の流れのようです

The connections of the brain's neural network determines the pathways/ along which neural activity flows.//

脳の神経ネットワークの 接続は 神経活動の伝わっていく経路を 定めるものですから

And so/ the connectome is like bed of the stream;/ but the metaphor is richer/ than that,/ because it's true/ that the stream bed guides the flow of the water,/ but over long timescales,/ the water also reshapes the bed of the stream.//

コネクトームはこの川底のようなもの このメタファーには続きがあります つまり 川底の溝が水の流れを 定めているだけでなく 長い時間スケールで見ると 流れる水が川底を作り変えます

And/ as I told you just now,/ neural activity can change the connectome.//

先ほど述べたように 神経活動はコネクトームを変化させます

And/ if you'll allow me/ to ascend to metaphorical heights,/ I will remind you/ that neural activity is the physical basis --/ or so/ neuroscientists think --/ of thoughts,/ feelings and perceptions.//

メタファーのレベルでの お話をさせてもらうなら 神経活動が 思考や感情や認知の物理的本質であると― 神経科学者たちは考えていますので

And so/ we might even speak of the stream of consciousness.//

これを意識の流れと 呼ぶこともできるのです

Neural activity is its water,/ and the connectome is its bed.//

神経活動は流れる水であり コネクトームはその流れの川底です

So let's return/ from the heights of metaphor/ and return to science.//

メタファーはここまでにして 科学のレベルに戻りましょう

Suppose our technologies/ for finding connectomes actually work.//

コネクトームを解析する技術が 機能するようになったとしたら

How will we go about testing the hypothesis "I am my connectome?"//

仮説を検証するにはどうすればいいでしょう 「私はコネクトームである」という仮説です

Well,/ I propose a direct test.//

直接的な検証法を提案します

Let us/ attempt to read out/ memories/ from connectomes.//

コネクトームから 記憶を読み出すことを考えましょう

Consider the memory of long temporal sequences of movements,/ like a pianist/ playing a Beethoven sonata.//

長い時系列の動作の記憶を 考えてください 例えばベートーベンのソナタを演奏するピアニストを

According to a theory/ that dates back/ to the 19th century,/ such memories are stored as chains of synaptic connections/ inside your brain.//

19世紀にさかのぼる理論によれば このような記憶は 脳内のシナプス接合の連鎖として蓄積されます

Because,/ if the first neurons/ in the chain are activated,/ through their synapses/ they send messages/ to the second neurons,/ which are activated,/ and so/ on down the line,/ like a chain of falling dominoes.//

なぜなら 連鎖の最初のニューロンが活性化すると シナプスを通して次のニューロンを刺激し これを活性化させて これを繰り返し ドミノ倒しのように進んでいきます

And this sequence of neural activation is hypothesized to be the neural basis of those sequence of movements.//

ニューロンの活性化の連鎖が こんな連続動作の神経的基礎だという 仮説があるのです

So one way of trying to test the theory is to look for such chains/ inside connectomes.//

この理論を検証する方法として この種の連鎖を コネクトームの中から探すのです

But it won't be easy,/ because they're not going to look/ like this.//

簡単なことではありません こんな形ではなくて

They're going to be scrambled up.//

たぶんこんなもつれた形です

So/ we'll have to use/ our computers/ to try to unscramble/ the chain.//

コンピュータを使って 鎖を解きほぐさなければならないでしょう

And/ if we can do that,/ the sequence of the neurons/ we recover from that unscrambling will be a prediction of the pattern of neural activity/ that is replayed in the brain/ during memory recall.//

これができれば 解読して得られた一連のニューロンから 神経活動のパターンを予測することができます 記憶を呼び起こすと そのパターンが再生されるはずです

And/ if that were successful,/ that would be the first example of reading a memory/ from a connectome.//

これがうまく行けば コネクトームから記憶を読み出した最初のケースとなるでしょう

(笑)

What a mess --/ have you ever tried to wire up/ a system/ as complex/ as this?//

ごちゃごちゃです こんなふうに複雑なシステムの配線を したことはありますか?

I hope not.//

やりたくないですね

But/ if you have,/ you know/ it's very easy/ to make a mistake.//

経験のある人にはわかりますが 間違えやすいものです

The branches of neurons are like the wires of the brain.//

ニューロンの枝分かれは脳の配線のようなものです

Can anyone guess:/ what's the total length of wires/ in your brain?//

問題です 脳の配線の全長はどれほどでしょうか?

I'll give you/ a hint.// It's a big number.//

ヒントです かなり長いです

(Laughter)/ I estimate,/ millions of miles,/ all packed in your skull.//

(笑) 推測ですが数100万マイルです 頭蓋の中に詰め込まれています

And/ if you appreciate/ that number,/ you can easily see/ there is huge potential/ for mis-wiring of the brain.//

この数字を考えると すぐわかることですが 脳の配線に間違いのある可能性は大きいのです

And indeed,/ the popular press loves headlines like,/ "Anorexic brains are wired differently,/"/ or "Autistic brains are wired differently."//

大衆雑誌が好む見出しは 「配線の間違いで拒食症に」とか 「配線の間違いで自閉症に」というものです

These are plausible claims,/ but in truth,/ we can't see the brain's wiring clearly enough/ to tell/ if these are really true.//

もっともらしく聞こえますが ほんとうのところは まだ脳の配線はきちんと見えていないので 真偽のほどは定かではありません

And/ so the technologies/ for seeing connectomes will allow us/ to finally read mis-wiring of the brain,/ to see mental disorders/ in connectomes.//

コネクトームを明らかにする技術ができれば 脳の配線間違いを読み取ったり コネクトームから精神疾患を見つけたり できるようになるかもしれません

Sometimes/ the best way to test a hypothesis is to consider its most extreme implication.//

仮説の検証に最も適した方法は そこから導かれるもっとも極端な結果を考えることです

Philosophers know this game very well.//

このやり方は哲学者がよく使います

If you believe/ that I am my connectome,/ I think/ you must also accept the idea/ that death is the destruction of your connectome.//

「私はコネクトームである」と信じる人は 死とは自分のコネクトームの 崩壊であるという考えを 受け入れなければなりません

I mention this/ because there are prophets/ today/ who claim/ that technology will fundamentally alter the human condition/ and perhaps even transform the human species.//

こう申し上げた理由は 今日の予言の中には 技術が根本的なレベルでヒトを変化させ 人類そのものを変質させるという 予言があるからです

One of their most cherished dreams is to cheat death/ by that practice known as cryonics.//

そんな人たちの夢として 人体冷凍として知られる技術で 死を回避する試みがあります

If you pay 100,000 dollars,/ you can arrange to have/ your body frozen after death/ and stored in liquid nitrogen/ in one of these tanks/ in an Arizona warehouse,/ awaiting a future civilization/ that is advanced to resurrect you.//

10万ドルを支払うと 死後に死体を冷凍して アリゾナの倉庫にある 液体窒素タンクの中で保存してもらい 将来の文明が十分進んだら 復活させてもらおうというのです

Should/ we ridicule the modern seekers of immortality,/ calling them/ fools?//

現代的な方法で不死を求める人々を 愚か者とよぶべきでしょうか?

Or will they someday chuckle over our graves?//

あるいは彼らはいつの日か 我々の墓の上で笑うことになるでしょうか

I don't know --/ I prefer to test/ their beliefs,/ scientifically.//

わかりません 彼らの信念について科学的な検証を試みたいと思います

I propose/ that we attempt to find/ a connectome of a frozen brain.//

冷凍した脳のコネクトームを見いだすよう 試みることを提案します

We know that/ damage/ to the brain occurs after death/ and/ during freezing.//

死後 冷凍している途中にも 脳にはダメージが加わることがわかっています

The question is:/ has that damage erased the connectome?//

問題は このダメージでコネクトームが消えてしまうのかどうか

If it has,/ there is no way/ that any future civilization will be able to recover the memories of these frozen brains.//

消えてしまうなら将来の文明をもってしても 凍った頭脳から記憶を回復することはできないでしょう

Resurrection might succeed for the body,/ but not for the mind.//

肉体の復活を遂げたとしても 心はよみがえりません

On the other hand,/ if the connectome is still intact,/ we can not ridicule the claims of cryonics so easily.//

他方もし コネクトームが維持されていれば 人体冷凍は馬鹿にしたものでもありません

I've described a quest/ that begins in the world of the very small,/ and propels/ us/ to the world of the far future.//

非常に小さい世界の探求からスタートして 遥か将来の世界につながる探求について 説明してきました

Connectomes will mark a turning point/ in human history.//

コネクトームは人類の歴史上の転換点となることでしょう

As we evolved from our ape-like ancestors/ on the African savanna,/ what distinguished us/ was our larger brains.//

我々がアフリカのサバンナで サルと似た祖先から進化したときに 特徴は大きな脳でした

We have used our brains/ to fashion/ ever more amazing technologies.//

その脳を使って 素晴らしい技術を次々と作ってきました

Eventually,/ these technologies will become so powerful/ that we will use them/ to know ourselves/ by deconstructing and reconstructing/ our own brains.//

いずれは 技術が強力になって 自分達のことを知るために 脳を要素分解して再構成することが できるようになるでしょう

I believe/ that this voyage of self-discovery is not just/ for scientists, but/ for all of us.//

この自己発見の旅路は 科学者だけのものではなく 人類皆のものであると信じます

And I'm grateful/ for the opportunity/ to share this voyage/ with you/ today.//

その旅について皆さんとお話できたことを感謝しています

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

skin-deep

(傷などが)深くない;表面だけの,上っ面の;わずかな

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

gene

遺伝子

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

cheering

元気づけてくれる,喜ばせる

laughter

『笑い』,笑い声

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

worm

〈C〉(細長く柔らかい)『虫』(毛虫・うじ虫・ミミズ・回虫など)

〈C〉(形・動きが)ミミズなどに似たもの,(いも虫状の)ねじのらせん

〈C〉虫けらのような人間;哀れな(下劣な)人

《複数形で;単数扱い》寄生虫病

(虫のように)体をくねらせて進む

…から寄生虫を駆除する

modest

『謙そんした』,謙虚な;控え目な

(特に女性について)品のいい,しとやかな

じみな,質素な(simple)

(量・規模・程度が)中ぐらいの,並の(moderate)

nervous system

《the ~》神経系統

consist

《『consist of』+『名』》〈団体・物・事が〉(…から)『成る』,(…で)成り立っいる受動態にできない;

《『consist in』+『名』(do『ing』)》〈事の本質が〉(…に)ある,含まれている(受動態にできない)

《『consist with』+『名』》〈事柄が〉(…と)一致する,両立する

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

diagram

説明図,略図;図表,予定表,グラフ;図解

…‘を'図解する,図示する,‘の'図表を作る

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

speculate

(…について)『推測する』,思い巡らす《+『about』(『on, upon』)+『名』(do『ing』)》

(株・土地などに)『投機する』《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《『speculate』+『that節』》…と推測する

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

intellect

〈U〉〈C〉『知性』,知力

《複数形・単数形で;集合的に》《文》知識人

encode

…‘を'暗号化する

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

hypothesis

仮説,仮定,前提

chant

〈C〉(単調なリズムで繰り変される)歌

(一つの音で単調に歌われる)詠唱

(詠唱調で歌われる)聖歌

…'を'丹調に繰り返して歌う(叫ぶ)

…'を'詠唱する

(一般に)…'を'歌う

丹調に繰り返して歌う(叫ぶ)

詠唱する;聖歌を歌う

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

tedious

『退屈な』,飽き飽きする

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

automate

〈工場・機械〉‘に'自動装置をつける,'を'オートメーション化する

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

currently

現在は;広く,一般に

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

lab

実験室(laboratory)

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

probably

『たぶん』,『おそらく』

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

branch

『枝』

『支流』,支脈,支線;分家

『支店』,『支部』,支局

(学問の)『部門』,分科

枝を出す,枝を広げる

(川・道・鉄道などが)分岐する

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bobby

巡査

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

fantastically

異様に

空想的に

《話》とてもすばらしく

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

cross-section

横断面;[横]断面図

(全体の特徴・傾向を示す)代表的断面(側面)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

reconstruct

…‘を'再建する,改造(復興,復元)する

〈でき事〉‘を'再現する

fragment

(…の)『破片』,断片《+『of』+『名』》

(特に詩文などの)未完の部分,断章《+『of』+『名』》

ばらばらになる,砕ける

…‘を'ばらばらに壊す

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

synapse

シナプス(神経細胞の連接部)

interior

〈U〉(物の)『内部』,内側

〈C〉(海岸や国境から遠い)『浅地』,内陸部

〈U〉《the~》

『内部の』

『奥地の』,内陸部の

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

vesicle

小嚢,小胞,小水(気)胞,小空胞

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

spit

〈つば・食べ物など〉‘を'『吐く』,吐き出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…に)〈悪口など〉‘を'吐き出すように言う《+『out』+『名』+『at』+『名』》

(…に向かって)『つばを吐く』《+『at』(『in』,『into』,『on』,『upon』)+『名』》

つば(saliva)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

telephone

〈C〉『電話機』

〈U〉『電話』(《話》phone)

〈人〉‘に'『電話をかける』

〈場所〉‘に'電話をかける

電話をかける

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

gigantic

『巨大な』,ものすごく大きな(huge)

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

self-help

自助,自立

waffle

ワッフル(格子形の刻み目の付いた卵入り薄焼きのケーキ;おもに朝食用)

どっちつかずのことをする

spaghetti

スパゲッティ(マカロニより細く,中が空になっていない)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

strand

〈船〉‘を'座礁させる

《受動態で》〈人〉‘を'置き去りにする,困った状態におく

〈船が〉座礁する

〈人が〉途方に暮れる,立ち往生する

岸,浜

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

cube

〈C〉『立方体』;立方体の物(さいころ,敷石,木れんがなど)

〈U〉立方,3乗

〈数〉'を'3乗する

''を'立方体に切る

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

assure

〈人・自分〉‘に'『確信させる』,『保証する』,分からせて安心させる

〈事柄・地位など〉'を'『確実にする』(ensure)

《英》…に保険をかける(insure)

micron

ミクロン(100万分の1メートル;記号はμ)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

hopeless

『希望を失った』

(物事が)『望み(見込み)のない』,絶望的な

《話》どうしようもない,役に立たない

naked

(体の全部,または一部が)『裸の』

『はぎ取られた』,むき出しにされた

(目が)肉眼の,裸眼の

《名詞の前にのみ用いて》(事が)赤裸裸の,あからさまの

microscope

『顕微鏡』

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

hidden

隠された,隠れた,秘密の

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

mathematician

数学者

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

dread

…‘を'『非常にこわがる』(『心配する,いやがる』)

(何か起こりそうなものに対する)『恐れ』,心配,不安

非常に恐ろしい

おそれ多い

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

insignificance

無意味;重要でないこと,ささいなこと

contemplate

…'を'『よく考える』,熟考する

…'を'じっと見つめる

…'を'予想する,期待する

じっくり考える,熟考する

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

outer space

(地球の大気圏外の)宇宙,宇宙空間

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

applause

『拍手かっさい』;称賛

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

despair

〈U〉『絶望』,失望

〈C〉絶望のもと;見放されたもの

(…の)『望みを失う』,(…に)『絶望する』《+『of』+『名』(do『ing』)》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

absurd

『道理に合わない』(unreasonable);ばかばかしい(foolish)

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

persist

(困難・障害に屈せず)『あくまでも続ける』(『やり抜く』),がん張る,固執する

『存続する』,生き残る

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

fleet

『艦隊』

(車・飛行機などの)隊,団《+『of』+『名』》

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

assistance

『手伝い』,『助力』(help)

technological

科学技術の(に関する)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

partial

(また『part』)『一部分の』,部分的な;不完全な

不公平な,偏った

《補語にのみ用いて》(…が)特に好きで《+『to』+『名』》

chunk

(…の)厚切り,厚いかたまり《+『of』+『名』》

かなりの量(額,部分)

convince

〈人〉'を'『納得させる』

plausibility

もっともらしさ;口先じょうず

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

childhood

『幼時』,子供時代

adulthood

成人(おとな)であること,成年期

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

likewise

『同様に』(in the same way)

…もまた(also);さらに(moreover)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

neural

神経[系統]の

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

identical twins

一卵性双生児

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

mere

『ほんの』,単なる

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

refreshing

気分を一新させる,再び元気になる

ざん新な

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

groove

(石・木・金属などに刻んだ)みぞ

(レコード盤面の)みぞ

慣例,きまり

…‘に'みぞを掘る(刻む)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

pathway

道,小道(path)

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

ascend

『登る』,『上る』,上昇する

〈地位・声の調子などが〉高くなる,上がる

…‘に'『登る』,'を'『上る』

〈王位など〉‘に'つく,'を'継ぐ

metaphorical

隠喩の,暗喩を含む

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

stream of consciousness

《the stream of consciousness》(文学や心理学で)意識の流れ

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

temporal

時の,時間の

この世の,現世の;俗界の

一時的な,はかない

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

pianist

『ピアニスト』,ピアノをひく人

Beethoven

ベートーベン(Ludwig van~;1770‐1827;ドイツの作曲家)

sonata

ソナタ,秦鳴曲

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

activation

活動化

(物質の)活性化(化学反応を起こしやすくすること)

scramble

…‘を'『かきまぜる』

〈卵〉‘を'かきまぜて焼く(炒(い)る)

(盗聴防止のため)〈波長〉‘を'変炎る,スクランブルする

(敵機を迎撃するため)…‘を'緊急発進させる

《方向・様態を表す副詞[句]を伴って》『はうように進む』

『奪い合う』,取り合う,争奪する

(敵機を迎撃のため)緊急発進する

よじ(はい)登ること,はうように進むこと

(…の)奪い合い《+『for』+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

unscramble

〈混乱したもの〉‘を'元どおりにする,整頓する

〈混線した通信など〉‘を'分かるようにする,〈暗号〉

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

replay

〈レコード・テープ〉‘を'再びかける

〈試合〉‘を'再びする

再試合する

再試合

(テープ・レコードの)再生

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

hint

『暗示』,ほのめかし

《しばしば複数形で》(…に)役に立つ情報,(…に対する)心得,(…の)手がかり《+『for』(『on』,『to』)+『名』(do『ing』)》

(…の)微量,わずか《+『of』+『名』》

…‘を'『ほのめかす』

(…を)ほのめかす《+『at』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

skull

『頭がい骨』,しゃれこうべ

《話》おつむ,頭

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

autistic

自閉性(症)の

plausible

(話などが)もっともらしい;(人が)口先じょうずな

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

ca

circa

wiring

(電気の)配線[工事]

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

prophet

(霊感や神の力による)『預言者』

(将来のでき事を)予測する人,予言する人

(主義・運動などの)代弁者,唱道者;先覚者

《the P-》マホメット(Muhammad)

fundamentally

基本的に;本質的に

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

cheat

〈人〉'を'『だます』,欺く

《文》…'を'うまくのがれる

(…で)〈人が〉『不正をする』,カンニングする《+『at』(『on, in』)+『名』》

《話》(浮帰などで夫または妻を)裏切る《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉詐欺,ぺてん

〈C〉ずるいやつ,詐欺師,やま師

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

cryonics

低温学(生物を低温保在する技術,その科学)

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

nitrogen

『窒素』(気体元素;化学記号は『N』)

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

Arizona

アリゾナ州(米国南西部の州,州都はPhoenix;《略》Ariz,AZ)

warehouse

倉庫

〈商品など〉‘を'倉庫に入れる,貯蔵する

await

〈人が〉…'を'『待つ』

〈物・事が〉〈人〉'を'待ちうける,待ちかまえる

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

resurrect

〈古い習慣など〉‘を'復活させる,〈忘れられたもの〉‘を'再び世に出す,復興する

《まれ》〈死者〉‘を'よみがえらせる

ridicule

あざけり,あざ笑い

〈人・物事〉‘を'あざける,あざ笑う

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

seeker

(…の)追求者,探求者《+『for』(『after, of』)+『名』》

immortality

不死,不滅

不朽の名声

fool

〈C〉『ばか者』

〈C〉(昔,王候貴族に仕えた)道化師(jester)

〈U〉〈C〉フール(煮てつぶした果物にクリームをかけた食品)

〈人〉‘を'だます,かつぐ

〈人が〉ばかなまねをする,ふざける,冗談をいう

愚かな

chuckle

『くすくす笑い』,含み笑い

(満足して,おもしろがって)(…を)『くすくす笑う』,ひとり笑いをする《+『at(over)』+『名』》

grave

『墓穴』;(一般に)埋葬所,墓

《しばしばthe grave》死(death);滅亡

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

scientifically

科学的に,学術的に

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

freezing

凍るように寒い,(雨などが)氷混じりの

冷凍する

冷淡な,よそよそしい

《副詞的に》凍るように

erase

(…から)〈文字など〉‘を'『ふいて消す』,削除する,取り消す《+『名』+『from』+『名』》

…‘の'文字(絵など)を消す

(記憶などから)…‘を'消し去る,ぬぐい去る《+『名』+『from』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

frozen

freezeの過去分詞

凍った,凍結した

(態度などの)冷たい,冷淡な

(資産などが)凍結された

resurrection

〈U〉(生命・希望などの)回復,復活,再流行《+『of』+『名』》

《the R-》キリストの復活;(最後の審判の日の)万人の復活

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

intact

手をつけない,損なわれない

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

propel

…‘を'推し進める,前進させる

〈人〉‘を'かり立てる,促す

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

distinguish

…‘を'『区別する』,見分ける,識別する,(…と)…‘を'区別する《+『名』+『from』+『名』》

〈物事が〉…‘の'『特徴である』

《通例canと共に》…‘を'『はっきり見る』(『聞く』)

〈自分〉‘を'『目立たせる』,有名にする

(二つのものを)区別する,見分ける《+『between』+『名』》

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

voyage

(…への,を巡る)(遠距離の)『航海』,航行《+to(around)+名》

(…への,を巡る)(飛行機による長い)空の旅;宇宙旅行《+to(around)+名》

航海する;旅行する

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

opportunity

『機会』,好機

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

関連動画