TED日本語 - ジェシカ・ジャクリー: 貧困、お金、そして愛

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

貧しい人のことをあなたはどう考えているでしょうか。かつてのジェシカ・ジャクリーと同じように、「彼ら」は「私たち」の助けを必要としていると考え、ボトルにコインを貯めたりしていませんか。Kiva.org の共同創立者のジェシカ・ジャクリーが、彼女の考え方がどう変わり、彼女が進めるマイクロファイナンスが一日数ドルで暮らす人たちにどんなに新しい力をもたらしているかを語ります。

Script

お互いを語り合う物語は 大切です 自分の人生を語ることも大切です そして何よりも お互いの物語にいかに関わって行くかが 非常に大切だと思います 6歳のときのこと 初めて 貧しい人の話を聞きました 貧しい人から直接聞いたのではなくて 日曜学校の先生を通じて キリストの話を聞いたのです 彼らは いろんな物を必要としていると 教わったことを覚えています 衣食住で困っているのです またそれと合わせて 日曜学校に通う5-6歳の自分たちの務めは 助けることだと教わりました これはキリストからのお願いなのです 「最も小さな者への行いは わたしへの行いである」 私はすごく楽しみだと思い 世界の役に立ちたいと思いました 誰もが感じたことのある あの感覚です 神が助けを求めているとは 初耳でしたが これに貢献することが 重要だと感じました

でも その後すぐにキリストが こんなことを言っていたと学びました 貧者は常に共にいるというのです このことには不満で困惑しました やるべき宿題が出されて わくわくする課題なのに どう頑張っても失敗すると言われては 混乱するし 不服で腹も立ちます 何か私が誤解しているように思えて 気後れしてしまいました このとき初めて 貧しい人たちに対する恐れと 不快感を感じるようになりました 脳裏に浮かんだのは一列に並んだ人々が いつも付きまとうイメージです 救いの手や物資をいつも求め 私の助けたいという気持ちも どう役に立つのかがわかりません 差し出すものも尽きたらどうなるのでしょう まして 永遠に続く問題だというのです 私は大人になるまで 貧困の話をいろいろ聞きましたが 暗い話ばかりでした 例えば 悲しみにくれて苦しんでいる人たちの 写真や映像を見たり 困難に陥る貧しい人たちの話や 病気や戦争の話を聞きました 互いにつながりがあるように見える それらの話から私は こんな状況であろうと理解しました 世界中の貧しい人たちは 苦しみや悲しみや破壊や絶望が つきまとう人生を送るのです

やがて 多くの人と同じように こんなふうに反応するようになりました 貧困の話を耳にするたびに可哀想に思い 相対的に豊かな自分に罪悪感を覚えるのです 十分な貢献をできていないからです そのために恥ずかしさも感じました そこで自然に 私は距離をおくようになり 貧しい人たちの話を 以前のように こと細かに聞かなくなりました 事態が改善するとも思えなくなりました でも 時間とお金を積極的に 割いているように見えたでしょう 買える解決策には お金を出していました コーヒー1杯分のお金で 子ども1人が救えるのは事実です 気持ちが追いつめられたら寄付しました 哀れみの感情が高まったときも寄付して 他の誰でもない自分の苦しみが 和らぐのです 本当はそんな理由で寄付していました 純粋に希望を抱いての行為ではなく 援助の心とか親切心でもないのです 私に取って単なる取引や 売買に成り下がりました 日々を過ごす権利のような物を 買っていたのです 悲しいニュースに悩まされない権利です 悩みを切り抜けようとするあまり なによりもまず 彼らの 人間性や個性のことを忘れて ある種の商品のように扱ってしまうのは 実に恐ろしい振る舞いです 私と同じように 対処した人も多いでしょう いわば距離を買うようなものです 日常の暮らしを続ける権利を買うのです この取引は 一番望んでいるはずの 意味ある形で誰かの人生に 役立ちたいという願いを妨げます つまり簡単に言えば愛の妨げになります

ありがたいことに 数年前に転機がありました 私はムハマド・ユヌス博士の講演を聞いたのです 多くの皆さんは彼のことをよくご存知でしょうが 知らない方のために ごく簡単に紹介します ユヌス博士はマイクロファイナンスを 確立した功績でノーベル平和賞を受賞しました 私が彼の話を聞いたのは受賞の3年前でした 簡単にマイクロファイナンスを説明します 貧しい人のための金融サービスです 銀行が提供するサービスを 一日数ドルで暮らす人に合わせて 提供する仕組みです ユヌス博士は彼の物語と グラミン銀行で成し遂げたことを 語りました 特に小額貸与について説明しました これは小額の融資で 起業と事業の成長を支援するものです 彼の話を聞いて いくつかの理由で興奮しました まず何より 世界を変える新しい方法を学んだのです 関わり合いを持ちながら 資金を貸与するのは 無理のない方法だと知りました 可哀想だからすることではありません これには わくわくしました さらに重要なことは 貧しい人についての話は これまで聞いたこともないような話でした たまたま貧しいけれども 力と知恵と熱意のある起業家が 自分と家族の生活を良くするために 努力しているという話だったのです それをもっと素早く 適切に実行するために 彼らに必要なのは少しの資金でした この見方には 驚かされました

大きく心を動かされました どれほど心を捉えられたのか言葉にできません とても感動したので 数週間後には仕事を辞めて 東アフリカに向かい 自分の眼で確かめることにしました 人生で初めて 一人ひとりの個人と 会いたいと思いました 起業家たちと会って その暮らしを 自分で確かめたかったのです ケニアとウガンダとタンザニアで3ヶ月を過ごし 100ドルで起業や事業拡大をした 起業家にインタビューしました そしてこれらの交流を通して 形の見えない 遠い存在だと ずっと思っていた人たちと 初めて友人になりました 友達になって一人ずつの話を知りました そしてインタビューを何度も 繰り返して 彼らと過ごす日々の中で 人生が変化した話を 細部にわたって聴きました

融資でヤギを数頭買ったという ヤギ飼いの話を聞くのです 商売を軌道に乗せて もう少しの収入を得ると 生活水準を高めて より良い暮らしを送れます 暮らしの中の小さな改善が興味深いのです 子どもを学校にやるとか 蚊帳を買えるようになるとか 扉の鍵を買って安心できるようになるとか 客をもてなすお茶をいれるときに 砂糖も入れられることが 誇らしいとか 20人のヤギ飼いに順番に話を聞いても 素敵なディテールがいろいろあるのです あるとき生じた素晴らしい人生の変化が どれだけ意味あるものなのかを知って 私は感動しました 魔法の杖があれば 全ての問題が解決するかのように 考えていた自分の思い違いに 初めて気がつきました 本人が最善だと思う方法こそが 人生を変える一番良い方法だからです こうして自分の思い込みに気づきました

向こうではさらに面白いことがありました 一度たりとも 寄付を求められなかったのです 貧困と援助を結びつけていた私は 寄付を求められるだろうと覚悟していました だれ一人として寄付を求めませんでした 可哀想と思ってほしい人などいなかったのです 強いて言えば すでに取り組んでいることを さらに進めて能力を高めたいというのです 時々私が耳にしたことは お金を借りたい人がいること 合理的で素晴らしいことだと思いました 私の専攻は哲学と詩学だったので 現地訪問の時には 利益と収入の区別もつかず ただお金が役に立つという印象を受けただけでした 私がビジネスに触れたのは わずか100ドルの資本提供からでした 利益と収入やレバレッジなどについては 農家や仕立て屋やヤギ飼いたちから学びました さて ビジネスと希望についての こんな新しい話を 友人や家族に伝えて 必要とするお金を集めて貸し出し ビジネスを続けられるようにできるはずです この小さなアイデアから Kiva が生まれました

数ヶ月後 デジカメを手に ウガンダに戻って 簡単なウェブサイトを パートナーのマシューと作ると 新しい友人たち 7 人の写真を載せて 彼らの起業家としてのエピソードを添えて 周囲に嘆願メールを送りました 「法律面もOK SECからの問い合わせも受けていません この人たちが必要なお金を 提供してもらえませんか?」 資金はほぼ一晩で集まりました ウガンダに送金して そのあと6ヶ月 素晴らしい展開です 起業家たちはお金を受け取り 受け取ったお金で事業を発展させて 自立を進めることができ 人生の軌道を変えることができました 2005年の10月には 最初の7件のローンは返済され ウェブサイトもベータ版ではなくなりました 「ささやかな実験は成功した ここからが本番だ」 公式なスタートでした 2005年10月から2006年までの初年度に Kiva は50万ドルの貸出を行い 2年目には1500万ドルになりました 3年目には4000万ドルでした 4年目は1億ドル弱 そして今日 まだ5年に満たないのですが 一口25ドルからの融資を Kiva は1億5千万ドル以上行いました 貸主と借主合わせて100万人以上が 200ヶ国に広がっています

Kiva の現状をご理解いただけたと思います これらの数字と統計についての 話も興味は尽きないのですが 私にとって エピソードこそがKivaなのです 貧しい人のエピソードを 伝え直すことです 私たちにとっても 貧しい人の尊厳を保ちながら 彼らと関わる機会をもたらし パートナーとしての関係を実証するものです 従来スタイルの施しを受けたときの 歪みがちな関係とは 別のものなのです 従来の関係ではなくて 敬意と希望を育む関係に 楽観主義を携えて 我々は前進していきます 私はこんなことを望んでいます お金の行き来は大事ですが それだけではなく これまで語られてきたような 金持ちと貧者 ―我々と彼ら― 持てるものと持たざるものとを 隔てる境界線を Kiva で消したいのです Kiva にできることだと期待しています なぜなら 実際に起きていることですが もっとオープンで公正で 創造的なやり取りが自由に行えるのです お互いに積極的に助け合えるのです

路上に物乞いがいたとします 助けを差し伸べようとするときに どんな気持ちがするか 考えてみて下さい 一方 働き者の起業家から 事業の話を聞くときには どんな気持ちがするでしょう これまでの成果を笑顔で語りたいという 人たちと話すことを考えてみてください 何かを育てて花咲かせている人や 才能を活かして 何かを創っている人や ゼロから自分の事業を興した人や 身の周りの豊かさに囲まれ 不足を訴えない人 自ら豊かさを作り出している人です からっぽの手を差し出して 何かを求めるのではなく 両手に山盛りで差し出せる人や 毎朝きちんと起きて より良い生活のために懸命に働く人たちは 予想もつかない話をしてくれます お互いの思い込みを砕くストーリーです そんな人たちを支援する コミュニティー作りを Kiva が助け 少額の融資によって 彼らの人生の一部となれば お互いの可能性に対する見方を 変えられると思います

私にとって Kiva は始まりにすぎません 将来の展開を考えるために 学んできたことを思い返してみると まず第一に 起業家精神は私にとって新しいものでした ここ何年か Kiva から借金する人たちと話してきて 起業家精神の何たるかを教えられました その中核にあるのは人生を良くしようという決意です 機会に気づき それを掴むために これをやろうと決めること つまり 明日は今日より良くなると信じて それに向かって進むのです 第二に 融資は人をつなげる面白い役割を果たします 寄付ではないのです 似たり寄ったりのようですが 実際は誰かに与えてしまったら 感謝されて その後は 結果を聞くだけです 貸し付けの場合には 時間をかけて少しずつ返済します そこに継続的な対話が生まれ 長期にわたって注目することが 本当に大事なのです お互いの間に生じる関係が別物になります 第三に 知り合いになった起業家たちから聞いたことですが 他の全ての条件が同じなら 必要な資金だけを提供されるのと 資金に加えて支援と応援を 世界のコミュニティーから受けられるのとでは コミュニティー付きの資金を選ぶというのです 意味と力のある組み合わせなのです

以上のことを心に留めたとき あるきっかけで 次の私の取り組みが決まりました 起業家は至る所で見つかります さらに世界中には 支援グループがたくさんあります 社会ネットワークの助けによって 身の回りで応援してくれる人たちが 驚くほど急速に増えるのです そこで こんな助け合いのネットワークを もっと多くの起業家精神の触媒として みんなに変化をもたらし より良い明日を作るための 方法はないかと考えていました アメリカ国内での現状調査から いくつかの面白い洞察が得られました 一つは予想どおり 世界中どこでも 小規模事業は 成長してより多くを行うための資金や 苦境を乗り切る資金が必要なのです いつでも身の周りに資金源が必要なのです もう一つ わかったことは その資金の出どころは銀行でも ベンチャーキャピタルや 各種組織や支援機構でもなく 友人や家族から得ているのです ある統計では小規模事業の資金の85%は 友人や家族から得ているといいます 年間にすると1300億ドルです 大量の資金です 第三に友人や家族から資金集めをするには 何をどう頼むべきかという問題があります どんなにやる気があっても 支援者たちに感謝したいと思っていても 結果として何を約束すべきかわからないのです

支援コミュニティーの力を新たな方法で引き出し 起業家たちの自らの決断を支援するために 金融取引はどうあるべきか 起業家たちに何が適するかを考えた末 まさに今週 プロファウンダーという プラットフォームを立ち上げました 小規模事業に必要な資金を友人や家族から 投資してもらう仕組みです これは寄付でも借金でもありません ダイナミックな見返りが望める投資です 関与という意味で捉えれば まさに山あり谷ありを共に歩むわけです 要するに 小規模事業が資金集めを セルフサービスで行うための仕組みです ウェブサイトではプロファイルや投資の条件を 手軽に作れるようにしました 私にも 利用者にとっても 本当に簡単なように作ってあります 起業家たちは収入からある割合を選ぶようにしました 無数のアマチュア投資家たち つまり普通の人たちから 100万ドルまで集めることができます そして時期が来たら 定めた条件に従って 収益を分配するのです これらの条件に従って 関わっている投資家は 投資成果を現金で受け取ったり 事前に決めたNPOに 寄付することができます 利益のためでも 社会貢献のためでも投資できます こんな仕組みによってアイデアのある人が誰でも やりたいことに取り組む方法を示し すでに自分の周りにいる人たちを集めて ―自分のことを最も知っていて 愛して応援しようと思ってくれる人たちの力で 実現できるようにしたいのです

こんなことに 私は今取り組んでいます そして最後にお願いです プロファウンダーは生まれたての仕組みで 見てのとおり ただの器や道具にすぎません 実際に利用する人の助けが必要なのです Kiva に多くの人が関与して 多くの繋がりが生じたのと同じことです 皆さんを説得するまでもなく 分かって頂けることでしょう 助けることは幸せをもたらすという 倫理とか道徳による理由づけや 宗教的な理由なども よく耳にするものですが 私が何か言うまでもなく 分かっていることでしょう 助けようと思いが 強すぎるとかえって 失敗を恐れてしまって 何もできなくなることもあります 助け合って共に意味ある人生を 送りたいと心底願っているからこそです

今日は私のエピソードを伝えることが 私にできる 一番のことだと考えました すでにお持ちの人助けの気持ちを 呼び起こせたでしょうか くじけることのない愛があれば 思い切ってやれるはずです ごめんなさい

(拍手)

ありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

私にとっては 挑戦する勇気を貰う一番の方法は 立ち止まって他の誰かの 話を聞くことです このTEDでそれができて感謝しています いつでも誰かから話を聴くと ありがたいことに 意欲が湧いてきます 話を聞くたびに人びとが 偉大なことを成し遂げる可能性と 私がそれを支援できる可能性を確信します ツールのことや お金のやりとりのことは忘れましょう そんなことは簡単なのです お互いを信じて 自信をもって いざとなったら一人ひとりが 素晴らしいことをできると信じましょう こうして 我々の物語は愛の物語となり それを集め続ける中から 永続する希望を生み出せば 誰にとっても素晴らしいことでしょう こうしてお互いを信頼して 疑うことなく毎日続けることで 今日よりも良い明日の世界に 変えて行けると信じています

ありがとう

(拍手)

The stories we tell about each other matter very much. The stories we tell ourselves about our own lives matter. And most of all, I think the way that we participate in each other's stories is of deep importance. I was six years old when I first heard stories about the poor. Now I didn't hear those stories from the poor themselves, I heard them from my Sunday school teacher and Jesus, kind of via my Sunday school teacher. I remember learning that people who were poor needed something material -- food, clothing, shelter -- that they didn't have. And I also was taught, coupled with that, that it was my job -- this classroom full of five and six year-old children -- it was our job, apparently, to help. This is what Jesus asked of us. And then he said, "What you do for the least of these, you do for me." Now I was pretty psyched. I was very eager to be useful in the world -- I think we all have that feeling. And also, it was kind of interesting that God needed help. That was news to me, and it felt like it was a very important thing to get to participate in.

But I also learned very soon thereafter that Jesus also said, and I'm paraphrasing, the poor would always be with us. This frustrated and confused me; I felt like I had been just given a homework assignment that I had to do, and I was excited to do, but no matter what I would do, I would fail. So I felt confused, a little bit frustrated and angry, like maybe I'd misunderstood something here. And I felt overwhelmed. And for the first time, I began to fear this group of people and to feel negative emotion towards a whole group of people. I imagined in my head, a kind of long line of individuals that were never going away, that would always be with us. They were always going to ask me to help them and give them things, which I was excited to do, but I didn't know how it was going to work. And I didn't know what would happen when I ran out of things to give, especially if the problem was never going away. In the years following, the other stories I heard about the poor growing up were no more positive. For example, I saw pictures and images frequently of sadness and suffering. I heard about things that were going wrong in the lives of the poor. I heard about disease, I heard about war -- they always seemed to be kind of related. And in general, I got this sort of idea that the poor in the world lived lives that were wrought with suffering and sadness, devastation, hopelessness.

And after a while, I developed what I think many of us do, is this predictable response, where I started to feel bad every time I heard about them. I started to feel guilty for my own relative wealth, because I wasn't doing more, apparently, to make things better. And I even felt a sense of shame because of that. And so naturally, I started to distance myself. I stopped listening to their stories quite as closely as I had before. And I stopped expecting things to really change. Now I still gave -- on the outside it looked like I was still quite involved. I gave of my time and my money, I gave when solutions were on sale. The cost of a cup of coffee can save a child's life, right. I mean who can argue with that? I gave when I was cornered, when it was difficult to avoid and I gave, in general, when the negative emotions built up enough that I gave to relieve my own suffering, not someone else's. The truth be told, I was giving out of that place, not out of a genuine place of hope and excitement to help and of generosity. It became a transaction for me, became sort of a trade. I was purchasing something -- I was buying my right to go on with my day and not necessarily be bothered by this bad news. And I think the way that we go through that sometimes can, first of all, disembody a group of people, individuals out there in the world. And it can also turn into a commodity, which is a very scary thing. So as I did this, and as I think many of us do this, we kind of buy our distance, we kind of buy our right to go on with our day. I think that exchange can actually get in the way of the very thing that we want most. It can get in the way of our desire to really be meaningful and useful in another person's life and, in short to love.

Thankfully, a few years ago, things shifted for me because I heard this gentleman speak, Dr. Muhammad Yunus. I know many in the room probably know exactly who he is, but to give the shorthand version for any who have not heard him speak, Dr. Yunus won the Nobel Peace Prize a few years ago for his work pioneering modern microfinance. When I heard him speak, it was three years before that. But basically, microfinance -- if this is new to you as well -- think of that as financial services for the poor. Think of all the things you get at your bank and imagine those products and services tailored to the needs of someone living on a few dollars a day. Dr. Yunus shared his story, explaining what that was, and what he had done with his Grameen Bank. He also talked about, in particular, microlending, which is a tiny loan that could help someone start or grow a business. Now, when I heard him speak, it was exciting for a number of reasons. First and foremost, I learned about this new method of change in the world that, for once, showed me, maybe, a way to interact with someone and to give, to share of a resource in a way that wasn't weird and didn't make me feel bad -- that was exciting. But more importantly, he told stories about the poor that were different than any stories I had heard before. In fact, those individuals he talked about who were poor was sort of a side note. He was talking about strong, smart, hardworking entrepreneurs who woke up every day and were doing things to make their lives and their family's lives better. All they needed to do that more quickly and to do it better was a little bit of capital. It was an amazing sort of insight for me.

And I, in fact, was so deeply moved by this -- it's hard to express now how much that affected me -- but I was so moved that I actually quit my job a few weeks later, and I moved to East Africa to try to see for myself what this was about. For the first time, actually, in a long time I wanted to meet those individuals, I wanted to meet these entrepreneurs, and see for myself what their lives were actually about. So I spent three months in Kenya, Uganda and Tanzania interviewing entrepreneurs that had received 100 dollars to start or grow a business. And in fact, through those interactions, for the first time, I was starting to get to be friends with some of those people in that big amorphous group out there that was supposed to be far away. I was starting to be friends and get to know their personal stories. And over and over again, as I interviewed them and spent my days with them, I did hear stories of life change and amazing little details of change.

So I would hear from goat herders who had used that money that they had received to buy a few more goats. Their business trajectory would change. They would make a little bit more money; their standard of living would shift and would get better. And they would make really interesting little adjustments in their lives, like they would start to send their children to school. They might be able to buy mosquito nets. Maybe they could afford a lock for the door and feel secure. Maybe it was just that they could put sugar in their tea and offer that to me when I came as their guest and that made them feel proud. But there were these beautiful details, even if I talked to 20 goat herders in a row, and some days that's what happened -- these beautiful details of life change that were meaningful to them. That was another thing that really touched me. It was really humbling to see for the first time, to really understand that even if I could have taken a magic wand and fixed everything, I probably would have gotten a lot wrong. Because the best way for people to change their lives is for them to have control and to do that in a way that they believe is best for them. So I saw that and it was very humbling.

Anyway, another interesting thing happened while I was there. I never once was asked for a donation, which had kind of been my mode, right. There's poverty, you give money to help -- no one asked me for a donation. In fact, no one wanted me to feel bad for them at all. If anything, they just wanted to be able to do more of what they were doing already and to build on their own capabilities. So what I did hear, once in a while, was that people wanted a loan -- I thought that sounded very reasonable and really exciting. And by the way, I was a philosophy and poetry major in school, so I didn't know the difference between profit and revenue when I went to East Africa. I just got this impression that the money would work. And my introduction to business was in these $ 100 little infuses of capital. And I learned about profit and revenue, about leverage, all sorts of things, from farmers, from seamstresses, from goat herders. So this idea that these new stories of business and hope might be shared with my friends and family, and through that, maybe we could get some of the money that they needed to be able to continue their businesses as loans, that's this little idea that turned into Kiva.

A few months later, I went back to Uganda with a digital camera and a basic website that my partner, Matthew, and I had kind of built, and took pictures of seven of my new friends, posted their stories, these stories of entrepreneurship, up on the website, spammed friends and family and said, "We think this is legal. Haven't heard back yet from SEC on all the details, but do you say, do you want to help participate in this, provide the money that they need?" The money came in basically overnight. We sent it over to Uganda. And over the next six months, a beautiful thing happened; the entrepreneurs received the money, they were paid, and their businesses, in fact, grew, and they were able to support themselves and change the trajectory of their lives. In October of '05, after those first seven loans were paid, Matt and I took the word beta off of the site. We said, "Our little experiment has been a success. Let's start for real." That was our official launch. And then that first year, October '05 through '06, Kiva facilitated $ 500,000 in loans. The second year, it was a total of 15 million. The third year, the total was up to around 40. The fourth year, we were just short of 100. And today, less than five years in, Kiva's facilitated more than 150 million dollars, in little 25-dollar bits, from lenders and entrepreneurs -- more than a million of those, collectively in 200 countries.

So that's where Kiva is today, just to bring you right up to the present. And while those numbers and those statistics are really fun to talk about and they're interesting, to me, Kiva's really about stories. It's about retelling the story of the poor, and it's about giving ourselves an opportunity to engage that validates their dignity, validates a partnership relationship, not a relationship that's based on the traditional sort of donor beneficiary weirdness that can happen. But instead a relationship that can promote respect and hope and this optimism that together we can move forward. So what I hope is that, not only can the money keep flowing forth through Kiva -- that's a very positive and meaningful thing -- but I hope Kiva can blur those lines, like I said, between the traditional rich and poor categories that we're taught to see in the world, this false dichotomy of us and them, have and have not. I hope that Kiva can blur those lines. Because as that happens, I think we can feel free to interact in a way that's more open, more just and more creative, to engage with each other and to help each other.

Imagine how you feel when you see somebody on street who is begging and you're about to approach them. Imagine how you feel; and then imagine the difference when you might see somebody who has a story of entrepreneurship and hard work who wants to tell you about their business. Maybe they're smiling, and they want to talk to you about what they've done. Imagine if you're speaking with somebody who's growing things and making them flourish, somebody who's using their talents to do something productive, somebody who's built their own business from scratch, someone who is surrounded by abundance, not scarcity, who's in fact creating abundance, somebody with full hands with something to offer, not empty hands asking for you to give them something. Imagine if you could hear a story you didn't expect of somebody who wakes up every day and works very, very hard to make their life better. These stories can really change the way that we think about each other. And if we can catalyze a supportive community to come around these individuals and to participate in their story by lending a little bit of money, I think that can change the way we believe in each other and each other's potential.

Now for me, Kiva is just the beginning. And as I look forward to what is next, it's been helpful to reflect on the things I've learned so far. The first one is, as I mentioned, entrepreneurship was a new idea to me. Kiva borrowers, as I interviewed them and got to know them over the last few years, have taught me what entrepreneurship is. And I think, at its core, it's deciding that you want your life to be better. You see an opportunity and you decide what you're going to do to try to seize that. In short, it's deciding that tomorrow can better than today and going after that. Second thing that I've learned is that loans are a very interesting tool for connectivity. So they're not a donation. Yeah, maybe it doesn't sound that much different. But in fact, when you give something to someone and they say, "Thanks," and let you know how things go, that's one thing. When you lend them money, and they slowly pay you back over time, you have this excuse to have an ongoing dialogue. This continued attention -- this ongoing attention -- is a really big deal to build different kinds of relationships among us. And then third, from what I've heard from the entrepreneurs I've gotten to know, when all else is equal, given the option to have just money to do what you need to do, or money plus the support and encouragement of a global community, people choose the community plus the money. That's a much more meaningful combination, a more powerful combination.

So with that in mind, this particular incident has led to the things that I'm working on now. I see entrepreneurs everywhere now, now that I'm tuned into this. And one thing that I've seen is there are a lot of supportive communities that already exist in the world. With social networks, it's an amazing way, growing the number of people that we all have around us in our own supportive communities, rapidly. And so, as I have been thinking about this, I've been wondering: how can we engage these supportive communities to catalyze even more entrepreneurial ideas and to catalyze all of us to make tomorrow better than today? As I've researched what's going on in the United States, a few interesting little insights have come up. So one is that, of course, as we all might expect, many small businesses in the U.S. and all over the world still need money to grow and to do more of what they want to do or they might need money during a hard month. But there's always a need for resources close by. Another thing is, it turns out, those resources don't usually come from the places you might expect -- banks, venture capitalists, other organizations and support structures -- they come from friends and family. Some statistics say 85 percent or more of funding for small businesses comes from friends and family. That's around 130 billion dollars a year -- it's a lot. And third, so as people are doing this friends and family fundraising process, it's very awkward, people don't know exactly what to ask for, how to ask, what to promise in return, even though they have the best of intentions and want to thank those people that are supporting them.

So to harness the power of these supportive communities in a new way and to allow entrepreneurs to decide for themselves exactly what that financial exchange should look like, exactly what fits them and the people around them, this week actually, we're quietly doing a launch of Profounder, which is a crowd funding platform for small businesses to raise what they need through investments from their friends and family. And it's investments, not donations, not loans, but investments that have a dynamic return. So the mapping of participating in the story, it actually flows with the up and down. So in short, it's a do-it-yourself tool for small businesses to raise these funds. And what you can do is go onto the site, create a profile, create investment terms in a really easy way. We make it really, really simple for me as well as anyone else who wants to use the site. And we allow entrepreneurs to share a percentage of their revenues. They can raise up to a million dollars from an unlimited number of unaccredited, unsophisticated investors -- everyday people, heaven forbid -- and they can share those returns over time -- again, whatever terms they set. As investors choose to become involved based on those terms, they can either take their rewards back as cash, or they can decide in advance to give those returns away to a non-profit. So they can be a cash, or a cause, investor. It's my hope that this kind of tool can show anybody who has an idea a path to go do what they want to do in the world and to gather the people around them that they already have, the people that know them best and that love them and want to support them, to gather them to make this happen.

So that's what I'm working on now. And to close, I just want to say, look these are tools. Right now, Profounder's right at the very beginning, and it's very palpable; it's very clear to me, that it's just a vessel, it's just a tool. What we need are for people to care, to actually go use it, just like they've cared enough to use Kiva to make those connections. But the good news is I don't think I need to stand here and convince you to care -- I'm not even going to try. I don't think, even though we often hear, you know, hear the ethical and moral reasons, the religious reasons, "Here's why caring and giving will make you happier." I don't think we need to be convinced of that. I think we know; in fact, I think we know so much, and it's such a reality that we care so deeply, that in fact, what usually stops us is that we're afraid to try and to mess up, because we care so very much about helping each other and being meaningful in each other's lives.

So what I think I can do today, that best thing I can give you -- I've given you my story, which is the best I can do. And I think I can remind us that we do care. I think we all already know that. And I think we know that love is resilient enough for us to get out there and try. Just a sec.

(Applause)

Thanks.

(Applause)

Thanks.

(Applause)

For me, the best way to be inspired to try is to stop and to listen to someone else's story. And I'm grateful that I've gotten to do that here at TED. And I'm grateful that whenever I do that, guaranteed, I am inspired -- I am inspired by the person I am listening to. And I believe more and more every time I listen in that that person's potential to do great things in the world and in my own potential to maybe help. And that -- forget the tools, forget the moving around of resources -- that stuff's easy. Believing in each other, really being sure when push comes to shove that each one of us can do amazing things in the world, that is what can make our stories into love stories and our collective story into one that continually perpetuates hope and good things for all of us. So that, this belief in each other, knowing that without a doubt and practicing that every day in whatever you do, that's what I believe will change the world and make tomorrow better than today.

Thank you.

(Applause)

The stories/ we tell about each other matter/ very much.//

お互いを語り合う物語は 大切です

The stories/ we tell ourselves/ about our own lives matter.//

自分の人生を語ることも大切です

And most of all,/ I think the way that/ we participate in each other's stories is of deep importance.//

そして何よりも お互いの物語にいかに関わって行くかが 非常に大切だと思います

I was six years old/ when I first heard stories/ about the poor.//

6歳のときのこと 初めて 貧しい人の話を聞きました

Now/ I didn't hear those stories/ from the poor/ themselves,/ I heard them/ from my Sunday school teacher and Jesus,/ kind of via my Sunday school teacher.//

貧しい人から直接聞いたのではなくて 日曜学校の先生を通じて キリストの話を聞いたのです

I remember learning/ that people/ who were poor needed something material --/ food,/ clothing,/ shelter --/ that they didn't have.//

彼らは いろんな物を必要としていると 教わったことを覚えています 衣食住で困っているのです

And I also was taught,/ coupled with that,/ that it was my job --/ this classroom full of five and six year-old children --/ it was our job,/ apparently,/ to help.//

またそれと合わせて 日曜学校に通う5-6歳の自分たちの務めは 助けることだと教わりました

This is/ what Jesus asked of us.//

これはキリストからのお願いなのです

And then/ he said,/ "What you do for the least of these,/ you do for me."//

「最も小さな者への行いは わたしへの行いである」

Now/ I was pretty psyched.//

私はすごく楽しみだと思い

I was very eager/ to be useful/ in the world --/ I think we/ all have/ that feeling.//

世界の役に立ちたいと思いました 誰もが感じたことのある あの感覚です

And also,/ it was kind of interesting/ that God needed help.//

神が助けを求めているとは

That was news/ to me,/ and it felt/ like it was a very important thing/ to get to participate/ in.//

初耳でしたが これに貢献することが 重要だと感じました

But I also learned very soon thereafter/ that Jesus also said,/ and I'm paraphrasing,/ the poor would always be with us.//

でも その後すぐにキリストが こんなことを言っていたと学びました 貧者は常に共にいるというのです

This frustrated and confused me;/ I felt/ like I had been just given a homework assignment/ that I had to do,/ and I was excited to do,/ but no matter/ what I would do,/ I would fail.//

このことには不満で困惑しました やるべき宿題が出されて わくわくする課題なのに どう頑張っても失敗すると言われては

So I felt confused,/ a little bit frustrated and angry,/ like maybe/ I'd misunderstood something here.//

混乱するし 不服で腹も立ちます 何か私が誤解しているように思えて

And I felt overwhelmed.//

気後れしてしまいました

And for the first time,/ I began to fear/ this group of people/ and to feel negative emotion/ towards a whole group of people.//

このとき初めて 貧しい人たちに対する恐れと 不快感を感じるようになりました

I imagined in my head,/ a kind of long line of individuals/ that were never going away,/ that would always be with us.//

脳裏に浮かんだのは一列に並んだ人々が いつも付きまとうイメージです

They were always going to ask/ me/ to help them/ and give them/ things,/ which I was excited to do,/ but I didn't know/ how it was going to work.//

救いの手や物資をいつも求め 私の助けたいという気持ちも どう役に立つのかがわかりません

And I didn't know/ what would happen/ when I ran out of things/ to give,/ especially/ if the problem was never going away.//

差し出すものも尽きたらどうなるのでしょう まして 永遠に続く問題だというのです

In the years/ following,/ the other stories/ I heard about the poor/ growing up/ were no more positive.//

私は大人になるまで 貧困の話をいろいろ聞きましたが 暗い話ばかりでした

For example,/ I saw pictures and images frequently of sadness and suffering.//

例えば 悲しみにくれて苦しんでいる人たちの 写真や映像を見たり

I heard about things/ that were going wrong/ in the lives of the poor.//

困難に陥る貧しい人たちの話や

I heard about disease,/ I heard about war --/ they always seemed to be kind of related.//

病気や戦争の話を聞きました 互いにつながりがあるように見える

And in general,/ I got this sort of idea/ that the poor/ in the world lived lives/ that were wrought with suffering and sadness,/ devastation,/ hopelessness.//

それらの話から私は こんな状況であろうと理解しました 世界中の貧しい人たちは 苦しみや悲しみや破壊や絶望が つきまとう人生を送るのです

And after a while,/ I developed/ what I think many of us do,/ is this predictable response,/ where I started to feel/ bad/ every time/ I heard about them.//

やがて 多くの人と同じように こんなふうに反応するようになりました 貧困の話を耳にするたびに可哀想に思い

I started to feel/ guilty/ for my own relative wealth,/ because I wasn't doing more,/ apparently,/ to make things better.//

相対的に豊かな自分に罪悪感を覚えるのです 十分な貢献をできていないからです

And I even felt a sense of shame/ because of that.//

そのために恥ずかしさも感じました

And so naturally,/ I started to distance/ myself.//

そこで自然に 私は距離をおくようになり

I stopped listening/ to their stories quite as closely/ as I had before.//

貧しい人たちの話を 以前のように こと細かに聞かなくなりました

And I stopped expecting/ things/ to really change.//

事態が改善するとも思えなくなりました

Now/ I still gave --/ on the outside/ it looked/ like I was still quite involved.//

でも 時間とお金を積極的に

I gave of my time and my money,/ I gave/ when solutions were on sale.//

割いているように見えたでしょう 買える解決策には お金を出していました

The cost of a cup of coffee can save a child's life,/ right.//

コーヒー1杯分のお金で

I mean/ who can argue with that?//

子ども1人が救えるのは事実です

I gave/ when I was cornered,/ when it was difficult/ to avoid/ and I gave,/ in general,/ when the negative emotions built up/ enough/ that I gave to relieve/ my own suffering, not someone else's.//

気持ちが追いつめられたら寄付しました 哀れみの感情が高まったときも寄付して 他の誰でもない自分の苦しみが 和らぐのです

The truth be told,/ I was giving out of that place, not out of a genuine place of hope and excitement to help and of generosity.//

本当はそんな理由で寄付していました 純粋に希望を抱いての行為ではなく 援助の心とか親切心でもないのです

It became a transaction/ for me,/ became sort of a trade.//

私に取って単なる取引や 売買に成り下がりました

I was purchasing something --/ I was buying my right/ to go on/ with my day/ and not necessarily be bothered by this bad news.//

日々を過ごす権利のような物を 買っていたのです 悲しいニュースに悩まされない権利です

And I think the way that/ we go through that sometimes can,/ first of all,/ disembody/ a group of people,/ individuals out there/ in the world.//

悩みを切り抜けようとするあまり なによりもまず 彼らの 人間性や個性のことを忘れて

And it can also turn into a commodity,/ which is a very scary thing.//

ある種の商品のように扱ってしまうのは 実に恐ろしい振る舞いです

So/ as I did this,/ and/ as I think many of us do this,/ we kind/ of buy our distance,/ we kind/ of buy our right/ to go on/ with our day.//

私と同じように 対処した人も多いでしょう いわば距離を買うようなものです 日常の暮らしを続ける権利を買うのです

I think/ that exchange can actually get in the way of the very thing/ that we want most.//

この取引は 一番望んでいるはずの

It can get in the way of our desire/ to really be meaningful and useful/ in another person's life and,/ in short to love.//

意味ある形で誰かの人生に 役立ちたいという願いを妨げます つまり簡単に言えば愛の妨げになります

Thankfully,/ a few years ago,/ things shifted for me/ because I heard this gentleman speak,/ Dr.// Muhammad Yunus.//

ありがたいことに 数年前に転機がありました 私はムハマド・ユヌス博士の講演を聞いたのです

I know many/ in the room probably know exactly/ who he is,/ but to give the shorthand version/ for any/ who have not heard him/ speak,/ Dr.// Yunus won the Nobel Peace Prize/ a few years ago/ for his work/ pioneering modern microfinance.//

多くの皆さんは彼のことをよくご存知でしょうが 知らない方のために ごく簡単に紹介します ユヌス博士はマイクロファイナンスを 確立した功績でノーベル平和賞を受賞しました

When I heard him/ speak,/ it was three years/ before that.//

私が彼の話を聞いたのは受賞の3年前でした

But basically,/ microfinance --/ if this is new/ to you as well --/ think of that/ as financial services/ for the poor.//

簡単にマイクロファイナンスを説明します 貧しい人のための金融サービスです

Think of all the things/ you get at your bank/ and imagine those products and services tailored to the needs of someone/ living on a few dollars/ a day.//

銀行が提供するサービスを 一日数ドルで暮らす人に合わせて 提供する仕組みです

Dr.// Yunus shared his story,/ explaining/ what that was,/ and what he had done with his Grameen Bank.//

ユヌス博士は彼の物語と グラミン銀行で成し遂げたことを 語りました

He also talked about,/ in particular, microlending,/ which is/ a tiny loan/ that could help someone start or grow a business.//

特に小額貸与について説明しました これは小額の融資で 起業と事業の成長を支援するものです

Now,/ when I heard him/ speak,/ it was exciting for a number of reasons.//

彼の話を聞いて いくつかの理由で興奮しました

First and foremost,/ I learned about this new method of change/ in the world/ that,/ for once,/ showed me,/ maybe,/ a way to interact with someone/ and to give,/ to share of a resource/ in a way/ that wasn't weird/ and didn't make me feel bad --/ that was exciting.//

まず何より 世界を変える新しい方法を学んだのです 関わり合いを持ちながら 資金を貸与するのは 無理のない方法だと知りました 可哀想だからすることではありません これには わくわくしました

But more importantly,/ he told stories/ about the poor/ that were different/ than any stories/ I had heard before.//

さらに重要なことは 貧しい人についての話は これまで聞いたこともないような話でした

In fact,/ those individuals/ he talked about who were poor was sort of a side note.//

たまたま貧しいけれども

He was talking about strong, smart, hardworking entrepreneurs/ who woke up/ every day/ and were doing things/ to make their lives/ and their family's lives better.//

力と知恵と熱意のある起業家が 自分と家族の生活を良くするために 努力しているという話だったのです

All they needed to do that more quickly/ and to do it better was a little bit of capital.//

それをもっと素早く 適切に実行するために 彼らに必要なのは少しの資金でした

It was an amazing sort of insight/ for me.//

この見方には 驚かされました

And I,/ in fact,/ was so deeply moved by this --/ it's hard/ to express now/ how much/ that affected me --/ but I was so moved/ that I actually quit my job/ a few weeks later,/ and I moved to East Africa/ to try to see/ for myself/ what this was about.//

大きく心を動かされました どれほど心を捉えられたのか言葉にできません とても感動したので 数週間後には仕事を辞めて 東アフリカに向かい 自分の眼で確かめることにしました

For the first time,/ actually,/ in a long time/ I wanted to meet/ those individuals,/ I wanted to meet/ these entrepreneurs,/ and see for myself/ what their lives were actually about.//

人生で初めて 一人ひとりの個人と 会いたいと思いました 起業家たちと会って その暮らしを 自分で確かめたかったのです

So I spent three months/ in Kenya, Uganda and Tanzania/ interviewing entrepreneurs/ that had received 100 dollars/ to start or grow a business.//

ケニアとウガンダとタンザニアで3ヶ月を過ごし 100ドルで起業や事業拡大をした 起業家にインタビューしました

And in fact,/ through those interactions,/ for the first time,/ I was starting to get to be friends/ with some of those people/ in that big amorphous group out there/ that was supposed to be far away.//

そしてこれらの交流を通して 形の見えない 遠い存在だと ずっと思っていた人たちと 初めて友人になりました

I was starting to be friends/ and get to know/ their personal stories.//

友達になって一人ずつの話を知りました

And over and over again,/ as I interviewed them/ and spent my days/ with them,/ I did hear stories of life change and amazing little details of change.//

そしてインタビューを何度も 繰り返して 彼らと過ごす日々の中で 人生が変化した話を 細部にわたって聴きました

So I would hear from goat herders/ who had used that money/ that they had received to buy/ a few more goats.//

融資でヤギを数頭買ったという ヤギ飼いの話を聞くのです

商売を軌道に乗せて

They would make a little bit more money;/ their standard of living would shift/ and would get better.//

もう少しの収入を得ると 生活水準を高めて より良い暮らしを送れます

And they would make really interesting little adjustments/ in their lives,/ like they would start to send/ their children/ to school.//

暮らしの中の小さな改善が興味深いのです 子どもを学校にやるとか

They might be able to buy mosquito nets.//

蚊帳を買えるようになるとか

Maybe/ they could afford a lock/ for the door/ and feel secure.//

扉の鍵を買って安心できるようになるとか

Maybe/ it was just/ that they could put sugar/ in their tea and offer/ that to me/ when I came/ as their guest/ and that made them feel proud.//

客をもてなすお茶をいれるときに 砂糖も入れられることが 誇らしいとか

But there were these beautiful details,/ even if I talked to 20 goat herders/ in a row,/ and some days/ that's/ what happened --/ these beautiful details of life change/ that were meaningful/ to them.//

20人のヤギ飼いに順番に話を聞いても 素敵なディテールがいろいろあるのです あるとき生じた素晴らしい人生の変化が どれだけ意味あるものなのかを知って

That was another thing/ that really touched me.//

私は感動しました

It was really humbling to see/ for the first time,/ to really understand/ that even if I could have taken a magic wand/ and fixed everything,/ I probably would have gotten a lot wrong.//

魔法の杖があれば 全ての問題が解決するかのように 考えていた自分の思い違いに 初めて気がつきました

Because the best way/ for people to change their lives is/ for them/ to have control/ and to do that in a way/ that they believe is best/ for them.//

本人が最善だと思う方法こそが 人生を変える一番良い方法だからです

So I saw/ that and it was very humbling.//

こうして自分の思い込みに気づきました

Anyway,/ another interesting thing happened/ while I was there.//

向こうではさらに面白いことがありました

I never once was asked for a donation,/ which had kind of been my mode,/ right.//

一度たりとも 寄付を求められなかったのです 貧困と援助を結びつけていた私は

There's poverty,/ you give money/ to help --/ no one asked me/ for a donation.//

寄付を求められるだろうと覚悟していました だれ一人として寄付を求めませんでした

In fact,/ no one wanted me/ to feel bad/ for them/ at all.//

可哀想と思ってほしい人などいなかったのです

If anything,/ they just wanted to be able to do more of what they were doing already/ and to build on their own capabilities.//

強いて言えば すでに取り組んでいることを さらに進めて能力を高めたいというのです

So/ what I did hear,/ once/ in a while,/ was/ that people wanted a loan --/ I thought/ that sounded very reasonable and really exciting.//

時々私が耳にしたことは お金を借りたい人がいること 合理的で素晴らしいことだと思いました

And by the way,/ I was a philosophy and poetry major/ in school,/ so I didn't know the difference/ between profit and revenue/ when I went to East Africa.//

私の専攻は哲学と詩学だったので 現地訪問の時には 利益と収入の区別もつかず

I just got this impression/ that the money would work.//

ただお金が役に立つという印象を受けただけでした

And my introduction/ to business was in these $ 100 little infuses of capital.//

私がビジネスに触れたのは わずか100ドルの資本提供からでした

And I learned about profit and revenue,/ about leverage,/ all sorts of things,/ from farmers,/ from seamstresses,/ from goat herders.//

利益と収入やレバレッジなどについては 農家や仕立て屋やヤギ飼いたちから学びました

So this idea/ that these new stories of business and hope might be shared with my friends and family,/ and through that,/ maybe/ we could get some of the money/ that they needed to be able to continue their businesses/ as loans,/ that's this little idea/ that turned into Kiva.//

さて ビジネスと希望についての こんな新しい話を 友人や家族に伝えて 必要とするお金を集めて貸し出し ビジネスを続けられるようにできるはずです この小さなアイデアから Kiva が生まれました

A few months later,/ I went back/ to Uganda/ with a digital camera and a basic website/ that my partner,/ Matthew,/ and I had kind of built,/ and took pictures of seven of my new friends,/ posted their stories,/ these stories of entrepreneurship,/ up/ on the website,/ spammed friends and family/ and said,/ "We think/ this is legal.//

数ヶ月後 デジカメを手に ウガンダに戻って 簡単なウェブサイトを パートナーのマシューと作ると 新しい友人たち 7 人の写真を載せて 彼らの起業家としてのエピソードを添えて 周囲に嘆願メールを送りました

Haven't heard back yet/ from SEC/ on all the details,/ but do/ you say,/ do/ you want to help participate in this,/ provide the money/ that they need?"//

「法律面もOK SECからの問い合わせも受けていません この人たちが必要なお金を 提供してもらえませんか?」

The money came in basically overnight.//

資金はほぼ一晩で集まりました

We sent it over/ to Uganda.//

ウガンダに送金して

And/ over the next six months,/ a beautiful thing happened;/ the entrepreneurs received the money,/ they were paid,/ and their businesses,/ in fact,/ grew,/ and they were able to support themselves/ and change the trajectory of their lives.//

そのあと6ヶ月 素晴らしい展開です 起業家たちはお金を受け取り 受け取ったお金で事業を発展させて 自立を進めることができ 人生の軌道を変えることができました

In October of '05,/ after those first seven loans were paid,/ Matt/ and I took the word beta/ off of the site.//

2005年の10月には 最初の7件のローンは返済され ウェブサイトもベータ版ではなくなりました

We said,/ "Our little experiment has been a success.//

「ささやかな実験は成功した

Let's start/ for real."// That was our official launch.//

ここからが本番だ」 公式なスタートでした

And then/ that first year,/ October '05/ through '06,/ Kiva facilitated $ 500,000/ in loans.//

2005年10月から2006年までの初年度に Kiva は50万ドルの貸出を行い

The second year,/ it was a total of 15 million.//

2年目には1500万ドルになりました

The third year,/ the total was up to/ around 40.//

3年目には4000万ドルでした

The fourth year,/ we were just short of 100.//

4年目は1億ドル弱

And today,/ less than five years in,/ Kiva's facilitated more than 150 million dollars,/ in little 25-dollar bits,/ from lenders and entrepreneurs --/ more than a million of those,/ collectively/ in 200 countries.//

そして今日 まだ5年に満たないのですが 一口25ドルからの融資を Kiva は1億5千万ドル以上行いました 貸主と借主合わせて100万人以上が 200ヶ国に広がっています

So that's/ where Kiva is today,/ just to bring you right/ up to the present.//

Kiva の現状をご理解いただけたと思います

And/ while those numbers/ and those statistics are really fun to talk/ about and they're interesting,/ to me,/ Kiva's really/ about stories.//

これらの数字と統計についての 話も興味は尽きないのですが 私にとって エピソードこそがKivaなのです

It's about retelling the story of the poor,/ and it's about giving ourselves/ an opportunity/ to engage that validates their dignity,/ validates a partnership relationship, not a relationship/ that's based on the traditional sort of donor beneficiary weirdness/ that can happen.//

貧しい人のエピソードを 伝え直すことです 私たちにとっても 貧しい人の尊厳を保ちながら 彼らと関わる機会をもたらし パートナーとしての関係を実証するものです 従来スタイルの施しを受けたときの 歪みがちな関係とは 別のものなのです

But instead/ a relationship/ that can promote respect and hope/ and this optimism/ that together/ we can move forward.//

従来の関係ではなくて 敬意と希望を育む関係に 楽観主義を携えて 我々は前進していきます

So/ what I hope/ is/ that,/ not only can/ the money keep/ flowing forth/ through Kiva --/ that's a very positive and meaningful thing --/ but I hope/ Kiva can blur those lines,/ like I said,/ between the traditional rich and poor categories/ that we're taught to see/ in the world,/ this false dichotomy of us and them,/ have and have not.//

私はこんなことを望んでいます お金の行き来は大事ですが それだけではなく これまで語られてきたような 金持ちと貧者 ―我々と彼ら― 持てるものと持たざるものとを 隔てる境界線を Kiva で消したいのです

I hope/ that Kiva can blur those lines.//

Kiva にできることだと期待しています

Because/ as that happens,/ I think/ we can feel free/ to interact in a way/ that's more open,/ more just and more creative,/ to engage with each other/ and to help each other.//

なぜなら 実際に起きていることですが もっとオープンで公正で 創造的なやり取りが自由に行えるのです お互いに積極的に助け合えるのです

Imagine/ how you feel/ when you see somebody/ on street/ who is begging/ and you're/ about to approach them.//

路上に物乞いがいたとします 助けを差し伸べようとするときに どんな気持ちがするか

Imagine/ how you feel;/ and then imagine the difference/ when you might see somebody/ who has a story of entrepreneurship/ and hard work/ who wants to tell/ you/ about their business.//

考えてみて下さい 一方 働き者の起業家から 事業の話を聞くときには どんな気持ちがするでしょう

Maybe/ they're smiling,/ and they want to talk/ to you/ about what they've done.//

これまでの成果を笑顔で語りたいという

Imagine/ if you're speaking/ with somebody/ who's growing things/ and making them flourish,/ somebody/ who's using their talents/ to do something productive,/ somebody/ who's built their own business/ from scratch,/ someone/ who is surrounded by abundance, not scarcity,/ who's in fact/ creating abundance,/ somebody/ with full hands/ with something to offer, not empty hands/ asking/ for you to give them something.//

人たちと話すことを考えてみてください 何かを育てて花咲かせている人や 才能を活かして 何かを創っている人や ゼロから自分の事業を興した人や 身の周りの豊かさに囲まれ 不足を訴えない人 自ら豊かさを作り出している人です からっぽの手を差し出して 何かを求めるのではなく 両手に山盛りで差し出せる人や

Imagine/ if you could hear a story/ you didn't expect of somebody/ who wakes up/ every day/ and works very, very hard to make their life better.//

毎朝きちんと起きて より良い生活のために懸命に働く人たちは 予想もつかない話をしてくれます

These stories can really change the way that/ we think about each other.//

お互いの思い込みを砕くストーリーです

And/ if we can catalyze a supportive community/ to come around/ these individuals/ and to participate in their story/ by lending a little bit of money,/ I think/ that can change the way/ we believe in each other and each other's potential.//

そんな人たちを支援する コミュニティー作りを Kiva が助け 少額の融資によって 彼らの人生の一部となれば お互いの可能性に対する見方を 変えられると思います

Now/ for me,/ Kiva is just the beginning.//

私にとって Kiva は始まりにすぎません

And/ as I look forward/ to/ what is next,/ it's been helpful/ to reflect on the things/ I've learned so far.//

将来の展開を考えるために 学んできたことを思い返してみると

The first one is,/ as I mentioned,/ entrepreneurship was a new idea/ to me.//

まず第一に 起業家精神は私にとって新しいものでした

Kiva borrowers,/ as I interviewed them/ and got to know/ them/ over the last few years,/ have taught me/ what entrepreneurship is.//

ここ何年か Kiva から借金する人たちと話してきて 起業家精神の何たるかを教えられました

And I think,/ at its core,/ it's deciding/ that you want your life/ to be better.//

その中核にあるのは人生を良くしようという決意です

You see an opportunity/ and you decide/ what you're going to do/ to try to seize that.//

機会に気づき それを掴むために これをやろうと決めること

In short,/ it's deciding that tomorrow can better/ than today/ and going/ after that.//

つまり 明日は今日より良くなると信じて それに向かって進むのです

Second thing/ that I've learned/ is/ that loans are a very interesting tool/ for connectivity.//

第二に 融資は人をつなげる面白い役割を果たします

So they're not a donation.//

寄付ではないのです

Yeah,/ maybe/ it doesn't sound/ that much different.//

似たり寄ったりのようですが

But in fact,/ when you give something/ to someone/ and they say,/ "Thanks,/"/ and let/ you know/ how things go,/ that's one thing.//

実際は誰かに与えてしまったら 感謝されて その後は 結果を聞くだけです

When you lend them/ money,/ and they slowly pay you back/ over time,/ you have this excuse/ to have an ongoing dialogue.//

貸し付けの場合には 時間をかけて少しずつ返済します そこに継続的な対話が生まれ

This continued attention --/ this ongoing attention --/ is a really big deal/ to build different kinds of relationships/ among us.//

長期にわたって注目することが 本当に大事なのです お互いの間に生じる関係が別物になります

And then third,/ from what I've heard from the entrepreneurs/ I've gotten to know,/ when all else is equal,/ given the option to have just money to do/ what you need to do,/ or money plus the support and encouragement of a global community,/ people choose the community plus the money.//

第三に 知り合いになった起業家たちから聞いたことですが 他の全ての条件が同じなら 必要な資金だけを提供されるのと 資金に加えて支援と応援を 世界のコミュニティーから受けられるのとでは コミュニティー付きの資金を選ぶというのです

That's a much more/ meaningful combination,/ a more powerful combination.//

意味と力のある組み合わせなのです

So/ with that/ in mind,/ this particular incident has led to the things/ that I'm working/ on now.//

以上のことを心に留めたとき あるきっかけで 次の私の取り組みが決まりました

I see entrepreneurs everywhere now,/ now/ that I'm tuned into this.//

起業家は至る所で見つかります

And one thing/ that I've seen/ is there are a lot of supportive communities/ that already exist in the world.//

さらに世界中には 支援グループがたくさんあります

With social networks,/ it's an amazing way,/ growing the number of people/ that we/ all have around us/ in our own supportive communities,/ rapidly.//

社会ネットワークの助けによって 身の回りで応援してくれる人たちが 驚くほど急速に増えるのです

And so,/ as I have been thinking about this,/ I've been wondering:/ how can we engage these supportive communities/ to catalyze even more entrepreneurial ideas/ and to catalyze all of us/ to make tomorrow better/ than today?//

そこで こんな助け合いのネットワークを もっと多くの起業家精神の触媒として みんなに変化をもたらし より良い明日を作るための 方法はないかと考えていました

As I've researched/ what's going on/ in the United States,/ a few interesting little insights have come up.//

アメリカ国内での現状調査から いくつかの面白い洞察が得られました

So one is/ that,/ of course,/ as we/ all might expect,/ many small businesses/ in the U.S./ and all/ over the world still need money/ to grow/ and to do more of what they want to do/ or they might need money/ during a hard month.//

一つは予想どおり 世界中どこでも 小規模事業は 成長してより多くを行うための資金や 苦境を乗り切る資金が必要なのです

But there's always/ a need/ for resources close by.//

いつでも身の周りに資金源が必要なのです

Another thing is,/ it turns out,/ those resources don't usually come from the places/ you might expect --/ banks,/ venture capitalists,/ other organizations and support structures --/ they come from friends/ and family.//

もう一つ わかったことは その資金の出どころは銀行でも ベンチャーキャピタルや 各種組織や支援機構でもなく 友人や家族から得ているのです

Some statistics say 85 percent or more of funding/ for small businesses comes from friends and family.//

ある統計では小規模事業の資金の85%は 友人や家族から得ているといいます

That's around 130 billion dollars/ a year --/ it's a lot.//

年間にすると1300億ドルです 大量の資金です

And third,/ so/ as people are doing this friends and family fundraising process,/ it's very awkward,/ people don't know exactly what to ask for,/ how to ask,/ what to promise in return,/ even though they have the best of intentions/ and want to thank/ those people/ that are supporting them.//

第三に友人や家族から資金集めをするには 何をどう頼むべきかという問題があります どんなにやる気があっても 支援者たちに感謝したいと思っていても 結果として何を約束すべきかわからないのです

So to harness the power of these supportive communities/ in a new way/ and to allow entrepreneurs to decide for themselves/ exactly what that financial exchange should look like,/ exactly/ what fits them and the people/ around them,/ this week actually,/ we're quietly doing/ a launch of Profounder,/ which is a crowd funding platform/ for small businesses/ to raise/ what they need through investments/ from their friends and family.//

支援コミュニティーの力を新たな方法で引き出し 起業家たちの自らの決断を支援するために 金融取引はどうあるべきか 起業家たちに何が適するかを考えた末 まさに今週 プロファウンダーという プラットフォームを立ち上げました 小規模事業に必要な資金を友人や家族から 投資してもらう仕組みです

And it's investments, not donations, not loans,/ but investments/ that have a dynamic return.//

これは寄付でも借金でもありません ダイナミックな見返りが望める投資です

So the mapping of participating in the story,/ it actually flows with the up and down.//

関与という意味で捉えれば まさに山あり谷ありを共に歩むわけです

So/ in short,/ it's a do-it-yourself tool/ for small businesses/ to raise these funds.//

要するに 小規模事業が資金集めを セルフサービスで行うための仕組みです

And what you can do/ is go onto the site,/ create a profile,/ create investment terms/ in a really easy way.//

ウェブサイトではプロファイルや投資の条件を 手軽に作れるようにしました

We make it really,/ really simple/ for me/ as well as/ anyone else/ who wants to use/ the site.//

私にも 利用者にとっても 本当に簡単なように作ってあります

And we allow entrepreneurs/ to share a percentage of their revenues.//

起業家たちは収入からある割合を選ぶようにしました

They can raise up/ to a million dollars/ from an unlimited number of unaccredited, unsophisticated investors --/ everyday people,/ heaven forbid --/ and they can share those returns/ over time --/ again,/ whatever terms/ they set.//

無数のアマチュア投資家たち つまり普通の人たちから 100万ドルまで集めることができます そして時期が来たら 定めた条件に従って 収益を分配するのです

As investors choose to become involved based/ on those terms,/ they can either take their rewards back/ as cash,/ or they can decide in advance/ to give those returns away/ to a non-profit.//

これらの条件に従って 関わっている投資家は 投資成果を現金で受け取ったり 事前に決めたNPOに 寄付することができます

So they can be a cash,/ or a cause,/ investor.//

利益のためでも 社会貢献のためでも投資できます

It's my hope/ that this kind of tool can show anybody/ who has an idea/ a path/ to go do/ what they want to do/ in the world/ and to gather the people/ around them/ that they already have,/ the people/ that know them best/ and that love them/ and want to support/ them,/ to gather them to make this happen.//

こんな仕組みによってアイデアのある人が誰でも やりたいことに取り組む方法を示し すでに自分の周りにいる人たちを集めて ―自分のことを最も知っていて 愛して応援しようと思ってくれる人たちの力で 実現できるようにしたいのです

So that's/ what I'm working/ on now.//

こんなことに 私は今取り組んでいます

And to close,/ I just want to say,/ look/ these are tools.//

そして最後にお願いです

Right now,/ Profounder's right/ at the very beginning,/ and it's very palpable;/ it's very clear/ to me,/ that it's just/ a vessel,/ it's just a tool.//

プロファウンダーは生まれたての仕組みで 見てのとおり ただの器や道具にすぎません

What we need/ are/ for people/ to care,/ to actually go use it,/ just/ like they've cared enough/ to use Kiva/ to make those connections.//

実際に利用する人の助けが必要なのです Kiva に多くの人が関与して 多くの繋がりが生じたのと同じことです

But the good news is/ I don't think I need to stand here/ and convince you/ to care --/ I'm not even going to try.//

皆さんを説得するまでもなく 分かって頂けることでしょう

I don't think,/ even though we often hear,/ you know,/ hear the ethical and moral reasons,/ the religious reasons,/ "Here's/ why caring and giving/ will make you happier."//

助けることは幸せをもたらすという 倫理とか道徳による理由づけや 宗教的な理由なども よく耳にするものですが

I don't think/ we need to be convinced of that.// I think/ we know;/ in fact,/ I think/ we know so much,/ and it's such a reality/ that we care so deeply,/ that in fact,/ what usually stops us/ is/ that we're afraid/ to try/ and to mess up,/ because we care so very much/ about helping each other/ and being meaningful/ in each other's lives.//

私が何か言うまでもなく 分かっていることでしょう 助けようと思いが 強すぎるとかえって 失敗を恐れてしまって 何もできなくなることもあります 助け合って共に意味ある人生を 送りたいと心底願っているからこそです

So/ what I think/ I can do today,/ that best thing/ I can give you --/ I've given you/ my story,/ which is the best/ I can do.//

今日は私のエピソードを伝えることが 私にできる 一番のことだと考えました

And I think/ I can remind us/ that we do care.//

すでにお持ちの人助けの気持ちを

I think we all already know that.//

呼び起こせたでしょうか

And I think/ we know/ that love is resilient enough/ for us/ to get out there/ and try.//

くじけることのない愛があれば 思い切ってやれるはずです

Just/ a sec.//

ごめんなさい

(拍手)

ありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

For me,/ the best way to be inspired to try is to stop/ and to listen to someone else's story.//

私にとっては 挑戦する勇気を貰う一番の方法は 立ち止まって他の誰かの 話を聞くことです

And I'm grateful/ that I've gotten to do/ that here/ at TED.//

このTEDでそれができて感謝しています

And I'm grateful/ that/ whenever I do that,/ guaranteed,/ I am inspired --/ I am inspired by the person/ I am listening to.//

いつでも誰かから話を聴くと ありがたいことに 意欲が湧いてきます

And I believe more and more/ every time/ I listen in that that person's potential/ to do great things/ in the world/ and/ in my own potential/ to maybe help.//

話を聞くたびに人びとが 偉大なことを成し遂げる可能性と 私がそれを支援できる可能性を確信します

And that --/ forget the tools,/ forget the moving around of resources --/ that stuff's easy.//

ツールのことや お金のやりとりのことは忘れましょう そんなことは簡単なのです

Believing/ in each other,/ really/ being sure/ when push comes to shove/ that each one of us can do amazing things/ in the world,/ that is/ what can make our stories/ into love stories/ and our collective story/ into one/ that continually perpetuates hope and good things/ for all of us.//

お互いを信じて 自信をもって いざとなったら一人ひとりが 素晴らしいことをできると信じましょう こうして 我々の物語は愛の物語となり それを集め続ける中から 永続する希望を生み出せば 誰にとっても素晴らしいことでしょう

So/ that,/ this belief/ in each other,/ knowing/ that without a doubt/ and practicing/ that every day/ in whatever you do,/ that's/ what I believe will change the world/ and make tomorrow better/ than today.//

こうしてお互いを信頼して 疑うことなく毎日続けることで 今日よりも良い明日の世界に 変えて行けると信じています

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

Sunday school

日曜学校(宗教教育のため日曜日に教会などで開かれる);《集合的に》その生徒と先生

Jesus

『イエス』(キリスト)

これは驚いた,ちくしょう

via

『…経由で』で,を経て

…によって

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

clothing

『衣類』,衣料品

shelter

〈U〉(雨・風,攻撃などからの)『保護』,避難

〈C〉(…からの)『避難所』,隠れ場所《+『from』+『名』》

(…から)…‘を'『おおい隠す』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'保護する,かばう《+『名』+『from』+『名』》

(…から)『避難する』,避ける,隠れる《+『from』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

classroom

『クラスルーム』,教室

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

eager

《補語にのみ用いて》『熱望している』,強く望んで

『熱心な』

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

thereafter

その後(after that)

paraphrase

(原文を)別の言葉で置き換えること,言い換え

(説明するために)〈文章・語句など〉‘を'言い換える,やさしい言葉に置き換える

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

homework

(生徒の)『宿題』,学庭学習

(教師の)授業準備,講義の下調べ

自宅でする仕事;内職

assignment

〈C〉割り当てられた仕事(持ち場,任務);《米》(学校の)宿題

〈U〉(仕事などに)任命する(される)こと,(日時などを)指定すること《+『to』+『名』》

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

confused

困惑した,まごついた

ごっちゃになった,混乱した;(思考・言葉など)支離滅裂の

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

misunderstand

…‘を'誤解する,思い違いをする

誤解する

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

towards

toward

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

especially

『特に』,特別に;きわだって

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

frequently

『しばしば』,たびたび

sadness

悲嘆(sorrow)

suffering

〈U〉(肉体的・精神的)『苦痛』

〈C〉《しばしば複数形で》苦悩している状態,苦難

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

wrought

work(特に「手を加える」「もたらす」などの意の場合)の過去・過去分詞

《古・文》作られた

(金属が)打って形作られた

devastation

荒らすこと,荒廃;荒廃した様子;惨状

hopelessness

望みのないこと(状態),絶望

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

involved

(思想・議論などが)複雑な,(文章・事態などが)込み入った

関係がある;(…と)かかわり合いがある,(性的に)関係している《+『with』+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

sale

〈U〉〈C〉(…の)『販売』,売却,売れ行き,需要《+『of』(『for』)+『名』》

〈C〉『特売』,安売り

《複数形で》販売[の仕事];売り上げ[高]

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

relieve

〈物事が〉〈苦通・悩みなど〉‘を'『和らげる』,『軽減する』

〈物事が〉〈人〉の苦痛(悩み)を軽くする,‘を'ほっとさせる,安心させる

〈困っている人〉‘を'『救済する』;〈被災地〉‘を'救援する

(職務などから)〈人〉‘を'交替させる,解雇する《+『名』+『of』+『名』》

(重い物・大変なものを)〈人〉‘から'取り除く,取り上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈単調なもの〉‘に'変化を与える

〈物事〉‘を'きわ立たせる,引立てせる

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

genuine

『本物の』,真の

(疫病が)『真性の』

『誠実な』,[真]心からの

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

generosity

〈U〉『寛大さ』,心の広さ;気前のよさ

〈C〉《複数形で》『寛大な』(『気前のよい』)『行為』

transaction

〈U〉《the ~》(業務などの)『処理』,処置《+of+名》

〈C〉業務,商取り引き

〈C〉《複数形で》(学術協会などの)報告書

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

necessarily

『必ず』,必然的に

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

disembody

〈霊魂・精神など〉‘を'肉体から分離(離脱)させる

commodity

『日用品』,必需品;商品

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

meaningful

有意義な,意義のある

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

Muhammad

マホメット(570?‐632;イスラム教の開祖)

probably

『たぶん』,『おそらく』

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

shorthand

速記,速記術

速記の

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

basically

基本的に,根本的に;元来は

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

tailor

(男子服の)『洋服屋』,仕立て屋

〈男子服〉‘を'『仕立てる』

(特定の目的に合うように)〈物・計画など〉‘を'『作る』《+名+to+名》

洋服屋(仕立て屋)をする

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

foremost

第一流の,主要な

第一番に,まっ先に

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

exciting

(物事が)『興奮させる』

importantly

重要性をもって;もったいぶって

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

Uganda

ウガンダ(アフリカ東部の独須国;首都 Kampala)

Tanzania

タンザニア(アフリカ東部の共和国;首都 Dares Salaam)

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

amorphous

形のない,無定形の

(鉱物・化合物が)非結晶の

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

herder

家畜の番人,枚夫,家畜の飼い主

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

standard of living

(社会・階級・個人の)生活水準

adjustment

〈U〉(…の)『調停』,調整,調節《+『of』+『名』》

〈C〉調整装置

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

mosquito

『カ』(蚊)

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

wand

棒,(特に奇術師の)つえ

(職権を表す)職杖

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

anyway

=anyhow

donation

寄贈,寄付

寄付金,寄贈品

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

no one

『だれも』…『ない』

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

philosophy

〈U〉『哲学』

〈C〉哲学体系

〈U〉(学問・知識などの)原理,理論《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉人生哲学,人生観;信条

〈U〉冷静,沈着;悟り,達観

poetry

《集合的に》(文学の一部門としての)『詩』,韻文

《集合的に》(ある詩人・国などの)詩集,詩歌

詩的なもの,詩情

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

seamstress

(女性の)仕立て屋,針子

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

Matthew

聖マタイ(『St.~』;4人の福音書の記者の一人)

新約聖書の「マタイによる福音書」;《略》『Matt.』

built

buildの過去・過去分詞

「(体が)…にできている,…造りの」の意を表す

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

SEC

Securities and Exchange Commission(米国)証券取引委員会

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

grew

growの過去形

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

lives

lifeの複数形

October

『10月』({略}『Oct.』)

beta

ベータ(ギリシア語アルファベットの第2文字;B,β;英語のB,b に遭当)

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

facilitate

…‘を'容易にする,楽にする,助ける,促進する

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

lender

貸す人

collectively

集合的に;集団的に

(文法で,名詞が)集合的に

statistic

統計値,統計量

retell

…‘を'再び語る;…‘を'言い替える

opportunity

『機会』,好機

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

validate

…‘を'法的に有効とする

…‘を'正当であると証明する

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

partnership

〈U〉提携,協力

〈U〉組合契約;〈C〉合名会社

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

donor

寄付者,寄贈者

(移植用の組織・器官の)提供者,献血者

beneficiary

利益(恩恵)を受ける人

年金(保険金などの)受取人

instead

『その代りとして』,それよりも

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

optimism

楽天主義

楽観,のんき

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

blur

にじみ;しみ,汚れ

不鮮明;かすみ,曇り

(…で)…'を'汚す《+『名』+『with』+『名』》

…'を'ぼんやりさせる,曇らす

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

dichotomy

〈C〉二分,両分

〈U〉(論理学で)二分法

〈U〉〈C〉(生物の)叉(さ)状分枝,両軸分枝

〈U〉半月,弦月

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

creative

『創造力のある』

『独創的な』

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

beg

(…に)〈食物・衣服・金銭など〉'を'『くださいと頼む』,〈恩恵・許しなど〉'を'懇願する(ask for)《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

〈人〉‘に'『懇願する』,熱心に頼む

『施しを請う』;こじきをする

(…を)『熱心に頼む』,懇願する

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

flourish

〈文化などが〉『栄える』;〈商売などが〉繁盛する(prosper);〈植物などが〉繁茂する(thrive)

〈人が〉元気である;〈人が〉(ある時代に)生きて活躍する

(…に向けて)…‘を'振る,振り回す《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'見せびらかす,誇示する;…‘を'飾りたてる

(…を)振り回すこと《+『of』+『名』》

見せびらかし

飾り書き,装飾文字

文飾,華麗な表現

(要人の入場などの際の)華やかな音楽;トランペットの華麗などの吹奏;装飾楽句(節)

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

abundance

(あり余るほど)『たくさん』,『豊富』;《an~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

scarcity

〈U〉〈C〉(…の)欠乏,不足(特に)食糧難,ききん《+『of』+『名』》

〈U〉まれなこと,珍しいこと

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

supportive

支える;維持する;扶養する

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

lend

〈金・金〉‘を'『貸す』

(…に)〈援助〉‘を'与える,〈魅力など〉‘を'添える《+『名』+『to』+『名』》

金を貸す,融資する

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

helpful

『助けになる』,役に伝つ

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

seize

(急に)…‘を'『ぐいとつかむ』,ひっつかむ

(力ずくで)…‘を'奪い取る;(合法的に)…‘を'押収する,差し押さえる,逮捕する

〈機会・申し出など〉‘を'とらえる,利用する

〈意味・要点など〉‘を'把握する,理解する(grasp)

《しばしば受動態で》〈痛み・恐怖などが〉〈人〉‘を'襲う

《通例受動態で》《文》〈人〉‘に'所有させる《+『名』+『of』+『名』》

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

yeah

=yes

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

ongoing

進行中の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

big deal

(相手の話を一笑して)なんだ,それだけのことか,ふん・たいしたことないじゃないか

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

encouragement

〈U〉激励,奨励

〈C〉励みになるもの,刺激

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

rapidly

『速く』,『すみやかに』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

capitalist

資本家

《まれ》資本主義者

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

intention

『意図』,考え,目的

《複数形で》(自分の行動の)心づもり,動機;《話》(…と)結婚する意志《+toward+名》

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

quietly

『静かに』

『穏やかに』

じみに

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

mapping

(数学で)関数

地図製作

(時間の)割当て

do-it-yourself

自分でやる;しろうと用の

しろうと仕事,日曜大工

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

unlimited

(空間的に)限りない,果てしない(boundless)

無制限の,無条件の

過度の,非常な(excessive)

unsophisticated

世慣れていない,人ずれしてない,素朴な,うぶな

investor

投資者

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

heaven

〈C〉《通例複数形で》『天』,『空』

〈U〉(神・天使などが住む)天国,極楽

〈U〉《H-》『神』(God)

〈C〉〈U〉《話》天国のような場所;非常な幸せ

forbid

〈人〉‘に'〈物事〉‘を'『禁じる』,禁示する

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

cash

『現金』,正金,銀行券,硬貨

〈小切手・為替など〉'を'『現金に換える』,現金化する

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

palpable

触ってみることができる

明白な

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

convince

〈人〉'を'『納得させる』

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

resilient

はね返る;弾性のある

すぐ元気を取りもどす

applause

『拍手かっさい』;称賛

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

shove

…‘を'強く(乱暴に)押す

ぐいと押す,突く

ぐいと押すこと,突くこと

love story

恋物語,恋愛小説

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

continually

『ひんぱんに』,たびたび(again and again);絶えず

perpetuate

…‘を'永続さらる;…‘を'不朽のものにする

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

関連動画