TED日本語 - R.A.マシェルカー: 革新的デザインで超低価格な製品を

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

工学者のR.A.マシェルカーが、インドで超低価格を実現した3つの事例を紹介します。ボトムアップの思考と巧みなモノづくりで、車や義足などの高価な製品を誰の手にも届くものに変えるのです。

Script

今日お話しするのは 金額に対する価値について です 我々はいつも値段に見合った価値を 得ようとしていますが その価値が多くの人に役立つかどうかは 気にかけていません 1日に2ドル未満の収入しかない 貧困層に属する40億の人々に 私たちは心配りをしているでしょうか どうすれば金額に対する価値と 大勢に対する価値を両立できるのでしょう 性能と価格という面から それを見ていくことに しましょう お金があれば価値あるものを得ることができます 非常に高額で性能も素晴らしい メルセデス・ベンツを 買うこともできます ではお金がなければどうなるでしょう? 自転車に乗って 重いものを運び 日々の糧を得なければなりません 貧者は貧者でありつづける訳ではなく 下位の中流層に移行します そうすると 状況が良くなって スクーターのバイクに乗るようになります でもスクーター以上のものは買えないので 十分な価値を手にしたとは言えません 問題なのは その値段で より多くの価値を与えることができるかということです 貧しい人たちが車に乗ったり 車が与える誇りや安全性を 手にしたりするのは 不可能に思えますね

インドの路上では いつもこんな光景が 繰り広げられています でも同じ光景を見ながら 別のことを考えている人も大勢います この人物 ラタン・タタもその一人です リーダーたちが偉大なのは 情熱的だからというだけではありません 情熱を持っているだけでなく 優れて革新的なのです イノベーターとは不可能を知らない人のことです 物事はなしとげられると信じています そしてラタンのような優れたリーダーは 思いやりの心を持っています 司会のラクシュミが言ったように ラタン・タタだけでなく タタ・グループは昔からそうしてきました そのことについてお話ししましょう 私は12歳になるまで 裸足で育ちました 日々の生活を送るのが 大きな問題でした 高校に進むための共通試験では 12万5千人の中で11番目の成績を収めました でも貧しい母は学費を払うことができず 私は退学しそうになっていました その時ドラブジー・タタ財団が毎月6ルピー つまり1ドルほどを6年間支給してくれました だから私はこの場にいられるのです タタ・グループとはそういうところです (拍手) イノベーションと思いやりと情熱を 併せ持っています

思いやりが関心を呼び起こします 8~9年ほど前 ラタン・タタにこんな話を聞きました 車を運転している時 - ラタンは自分で運転します - 雨の中 家族が乳児を連れて びしょ濡れになっていた それを見て「彼らでも買えるような 2,000ドルの車を作らねばならない」と思ったのだと もちろん そんなことを口にしたら 周りから不可能だと言われます スズキ(日本車メーカー)もそう言いました ラタンは それなら予備タイヤのついた 三輪車を作ると言いました そのマンガがこちらです でも実際に作ったのはちゃんとした車「ナノ」でした 私は身長が184センチあります ラタンは私よりも長身です 私たちが前に乗っても後ろに乗っても ナノは十分なスペースがあります 素晴らしい車です 一事成れば万事成る 否定的だった者たちも態度を変え 次から次に 「我々もナノのような車を作ろう」と 言い始めます

ナノはどのように 開発されたのでしょうか? 少しお話ししましょう まず どのように始まったのか ラタンは20代半ばの若い技術者 5人とプロジェクトを始めました 彼はこう言いました 「私が決めるのは 車の仕様ではなく価格だ 販売価格は10万ルピー(約20万円) それよりも安く作ってくれ」 そして技術者たちに伝えました 「常識を疑い 限界を押し広げるんだ」 やがてラタンは この挑戦に没頭するようになり 自らチームの一員となりました 信じられますか? 今でも 彼が開発に関わった 1本ワイパーのデザインについて話をされます 深夜まで彼は考えていました そして翌朝 解決策を携えて戻ってきたのです ところでチームのリーダーは誰だったのでしょう? ギリッシュ・ワフという 34歳の男性でした ナノ開発チームの平均年齢は たったの27歳です

設計面でもそれ以外でもイノベーションを起こしました 従来の規範を数多く打ち破ったのです 例えば 単一バランスシャフトを用いる車で 2気筒のエンジンを採用したのはナノが初めてです また 接着剤でリベットの代用をしています そして部品業者や商社との間で さまざまな共同開発を行いました あらゆるアイデアが歓迎されました 100もの部品業者が工場に隣接して設けられ 自動車販売における革新的なビジネスモデルが生まれました 洋服を売る店で ナノが売られているなんて想像できますか? 素晴らしいイノベーションです 自動車以外の業種に解決法を見出しました あらゆるアイデアが歓迎される オープンなイノベーションでもありました ナノにはヘリコプターの座席と窓で使われる仕組みや 二輪車にヒントを得たダッシュボードが 装備されています 燃料経路やライトも 二輪車と同じものです

もっとも重要な点は より少ないものからより多くを得ることです 状況は常に極限でした 10万ルピー、つまり2,000ドルという価格は 変えることができません だから全ての部品が 二重の機能を持つ必要がありました 座席を持ちあげる器具は 座席の土台にもなっていますし 剛性を持たせるための 構造部品としても使われています ナノに使われている 部品の数は 一般的な乗用車の半分です ところでナノの全長は 現在の最も安いモデルで 一般的な車より8%短いのですが 車内スペースは21%広くなっています

ここから どれほど少ないものからどれほど多くを 得ることができるのかがわかります 2007年時点の ドル価値に 換算すると フォードのモデルTの価格は19,700ドルでした ビートルは11,333ドルです ミニは約11,000ドル そしてナノはなんと2,000ドルです ここから 新しいパラダイムシフトが 始まります 車を持つことなど考えられず 家族全員を1台のスクーターに 乗せていたような人が 車に乗ることを夢見るようになりました そしてその夢が現実になりつつあるのです これは私の家のそばにある家と その家の運転手と車の 写真です 運転手の名はナラン 最近ナノを買いました 家の主人の車に加えて ナランがナノを停めるための 駐車スペースが設けられています 重要なのは 家の主人が 「ナランは自分の車で来てここに停めるんだ」 と考えるようになったことです 私はこれを「社会を変えるイノベーション」と呼んでいます 技術的なことだけでなく 社会的なイノベーションでもあるからです

その点において より少ないものからより多くを得る というテーマが 重要になるのです 1年半ほど前 オーストラリアで初めてこの話をしました 学会が私を名誉フェローにしてくれたのです 信じがたいことに この40年で インド人としては私が初めてでした 私は講演の題名を「インドのイノベーション ガンジーからガンジー流のモノづくりへ」 としました より少ないものからより多くを得るという考えを ガンジー流のモノづくりと名づけたのです 私が考えるガンジー流のモノづくりとは 世界を前進させ あらゆる人のために 変化を引き起こすものです 車での移動の話をしてきましたが ここからは不幸にも足を失った人の 移動について話をします このアメリカ人は 義足をつけています 価格は2万ドルです この義足は きちんと整備された道のみを歩くことを 念頭にデザインされています

でもインドではそんな道ばかりではありません この人は裸足で 足場の悪い道やぬかるんだ道を 歩いています より重要なことに インドでは長い距離を歩いたり 自転車に乗ったりして仕事に行くだけでなく 自転車に乗ることや 高所に登ることが仕事の場合もあるのです そういう場合でも使える義足が必要です 簡単なことではありません 世界では40億人が1日2ドル未満の収入しかありません 2万ドルの義足は 彼らの1万日分の収入です そんなものは買えません 他の方法が必要です

それでインドではジャイパーフットが設立されました 革命的な義足と配送システムを持ち 迅速な型取りとモジュール化された部品で オーダーメードの義足をその場で作ることができます 他の会社の義足は1日ぐらいはかかるのに ジャイパーフットの場合は 1時間でできます 外側のソケットは熱した薄板ではなく 高密度ポリエチレン管でできています くるぶしの高い独自デザインと人の足に似せた外見 屈曲性と機能を兼ね備えています この義足の見栄えや機能を お見せしましょう (音楽) 見てください ジャンプしています どれほどの力がかかっていることか

(膝下まで足がある人なら誰でもこうできます) (膝上までしかなければ難しいでしょう) ( 「痛みますか?」) ( 「いえ、全然平気です」 ) (彼は1キロを4分半で走ることができます)

1キロを4分半です (拍手) これがガンジー流のモノづくりです Time誌がこの28ドルの 義足に注目しました (拍手) 素晴らしいことです

では次の話をに移りましょう より少ないものからより多くを得るという話をしてきました 健康についてはどうでしょう これまでは移動の話でしたが ここからは健康についての話です 新しい薬を必要とする新たな病気が現れています 10年前と今で薬の開発を比べると どんなことがわかるでしょう? 10年前 新薬の開発は2.5億ドルかかりました 今では15億ドルかかります 動物や人体でのテストを経て 分子のレベルから市場に出すまでの期間は 10年から15年に伸びました より多くの時間と費用がかかるならより多くの薬ができるのでしょうか 残念ながら違います 以前は40ありましたが今では30に減りました より多くを費やしてもより少ないものしかできず それを使える人はさらに少なくなっています そうした薬は非常に高額なので ごく限られた人しか買うことができません

例を挙げると 乾癬は 恐ろしい皮膚病です 治療には2万ドルかかります 1,000ドルする抗毒素の皮下注射を 20回打ちます 開発には10年ほどの期間と 7億ドルの費用がかかりました より少ないものからより多くを得て より多くの人に届けるという心構えで 目標を決めましょう 2万ドルは出せません そんなお金はありません 100ドルならどうでしょう? 開発にかかる期間も10年ではダメです 急いでいるのですから5年です 開発費用は - 3億ドルでしょうか ダメです 1,000万ドル以上は出せません あまりにも大胆で 馬鹿げているように思えます

でもこれはインドで 実際に起きたことなのです どうやって実現したのか? フランシス・ベーコンは言いました 「誰も成し遂げたことのないことを 成し遂げたいと思うならば 従来の手法を使って 上手くいくと 考えてはならない」 つまり 分子を作って それをネズミや人間でテストする 従来の手法では 何十億ドルもかかってしまいます インド人が賢かったのは 伝統的な知識を科学的に立証して 分子からネズミを経て人間という順序ではなく 人間からネズミそしてまた人間という 順番で試験を進めたことです それが違いを生み出しました 伝統医薬に現代の薬と科学を ブレンドして 私は科学産業研究評議会(CSIR)という 巨大なプログラムを9年前に立ち上げました 乾癬だけでなく ガンや他の分野でもパラダイムを変えました インドにおける乾癬のイノベーションは 薬理学の知見を利用するという 通常と異なるアプローチで成し遂げられました 治療の前と後を比べています この治療は貧しい人でも手が届くものです より多くの人のために より少ないものからより多くを得ているのです

ガンジーの言葉を 紹介します 「地球は全ての人の必要を満たすことはできるが 全ての人の欲望を満たすことはできない」 ガンジーが言いたかったのは できるだけ少ないものからより多くを得て できるだけ多くの人と共有しなさいということです 今の世代だけでなく 将来の世代とも共有しなければなりません 「全ての人に恩恵をもたらす科学的発明は 全て賞賛する」ともガンジーは言いました 発明は少数の人ではなく できる限り多くの人のために行うべきです 皆さん これが より多くの人のために より少ないものから より多くを得るということなのです ちょっとだけ少ないものから ちょっとだけ多くを得るということではありません 私が話しているのは 低価格ではなく超低価格についてです 貧しい人のために1万ドルの治療を 9,000ドルで提供するという話ではありません 100ドルや200ドルで提供しなければなりません そんなことは可能なのでしょうか? それを可能にする理由があるのです ただの低価格ではなく超低価格の話をしましょう ただの手頃さではなく 徹底的な手頃さについて話をしましょう 1日2ドル未満で暮らす40億の人がいます 排他的なイノベーションではなく 包み込むようなイノベーションが必要です そのためには徐々に進むイノベーションではなく 破壊的なイノベーションを起こさねばなりません 従来とは全く異なる方法で 考えることになるでしょう より多くの人が より少ないものから より多くを得て より多くの人と分け合うだけでは ありません 全世界がそれに取り組むのです

先日そうしたイノベーションを目にして感動しました 乳児の保育器です まだアフリカやインドの村では そうしたものが利用できず 乳児が死んでいきます なぜなら保育器は2,000ドルします でも同等の機能を持つ 25ドルの保育器ができました 誰が手掛けたのか スタンフォード大学の学生です 徹底的な手頃さを掲げたプロジェクトで開発しました 彼らの心はラタン・タタと同じ方向を向いています これはただのイノベーションではありません 思いやりと情熱を持ったイノベーションです そういう世界を作りたいと思います それがガンジー流のモノづくりということです

制限時間よりも前に終わりたいと思います この18分間が不安でした あと1分半あります 最後にお伝えします インドは世界に大きな贈り物をしてきました それは何でしょう? 20世紀にはガンジーを輩出しました そして21世紀の贈り物は 世界全体にとって非常に重要なものです 世界経済の破綻や気候変動など 重要な問題は全て より多くの人のために より少ないものから より多くを得るということにつながります 今の世代だけでなく 将来の世代にも関わることです これはガンジー流のモノづくりを通してのみ実現できます 皆さん インドから世界に向けた 21世紀の贈り物は ガンジー流のモノづくりです

(拍手)

ラクシュミ・プラタリー:ありがとうございます マシェルカー博士

LP: ちょっと質問させてください あなたが学校に通う少年だった頃 自分は何になると思っていましたか? 何があなたを駆り立てたのでしょう? どんなビジョンをお持ちでしたか?

RAM: 私の人生を変えたものについて話しましょう 私は貧しい学校に通っていました 母親は期限内に21ルピー つまり0.5ドルを準備することが できませんでした ユニオン高校という学校で お金はありませんでしたが 教師には恵まれていました 物理を教えてくれたある先生がいました ある日私たちを外に連れ出し 凸レンズの焦点距離を どうやって測るのかを見せてくれました 紙切れを置いてレンズを上下に動かしました 明るい点が現れ 先生は「ここが焦点距離だ」と言いました そしてレンズをしばらくそのままにしていると 紙が燃えました その時先生は私の方を向いて言いました 「マシェルカー これと同じように エネルギーを拡散させずに 集中させれば 何でも実現できるんだ」 集中すれば実現できる その言葉に私は打たれました 「科学は何て素晴らしいんだ 科学者にならなくては」と思いました 重要なことは 集中すれば実現できるということです その言葉は 今日の我々にとって大切なものです

焦点距離とは何でしょう? 太陽光線は平行に差し込んできます 平行な線というのは 交わることがありません でも凸レンズは それを交わらせます 凸レンズ型リーダーシップです 今日のリーダーは凹レンズ型です 亀裂が拡大してしまいます そこから凸レンズの リーダーシップを思い立ちました 私が国立科学研究所や 科学産業研究評議会にいたとき 40の研究所のうち2つ仲が悪かったのですが うまくまとめました 今は私はグローバル・リサーチ・アライアンスの所長をしています インドからアメリカまで9カ国から6万人の科学者が参加しています 世界が直面する大問題に取り組む 地球規模のチームを作りたいと思っています これらの元になったのが 若き日の体験です

LP: ありがとうございます (RAM: ありがとう)

(拍手)

The big residual is always value for money. All the time we are trying to get value for money. What we don't look for is value for many, while we are generating value for money. Do we care about those four billion people whose income levels are less than two dollars a day, the so-called bottom of the pyramid? What are the challenges in getting value for money as well as value for many? We have described here in terms of the performance and the price. If you have money, of course, you can get the value. You can get a Mercedes for a very high price, very high performance. But if you don't have money, what happens? Well, you are to ride a bicycle, carrying your own weight and also some other weight, so that you can earn the bread for the day. Well, poor do not remain poor; they become lower-middle-class. And if they do so, then, of course, the conditions improve, and they start riding on scooters. But the challenge is, again, they don't get much value, because they can't afford anything more than the scooter. The issue is, at that price, can you give them some extra value? A super value, in terms of their ability to ride in a car, to get that dignity, to get that safety, looks practically impossible, isn't it.

Now, this is something that we see on Indian streets all the time. But many people see the same thing and think things differently, and one of them is here, Ratan Tata. The great thing about our leaders is that, should they not only have passion in their belly, which practically all of them have, they're also very innovative. An innovator is one who does not know it can not be done. They believe that things can be done. But great leaders like Ratan have compassion. And what you said, Lakshmi, is absolutely true: it's not just Ratan Tata, it's the house of Tatas over time. Let me confirm what she said. Yes, I went barefoot until I was 12. I struggled to [ unclear ] day was a huge issue. And when I finished my SSC, the eleventh standard, I stood eleventh among 125,000 students. But I was about to leave the school, because my poor mother couldn't afford schooling. And it was [ unclear ] Tata Trust, which gave me six rupees per month, almost a dollar per month for six years. That's how I'm standing before you. So that is the House of Tata. (Applause) Innovation, compassion and passion. They combine all that.

And it was that compassion which bothered them, because when he saw -- in fact, he told me about eight or nine years ago how he was driving his own car -- he drives his own car by the way -- and he saw in the rain, a family like the one that I showed to you getting drenched with an infant. And then he said, "Well, I must give them a car that they can afford,one lakh car, $ 2,000 car." Of course, as soon as you say something like this people say it is impossible, and that's what was said by Suzuki. He said, oh, probably he is going to build a three-wheeler with stepney. And you can see the cartoon here. Well they didn't build that. They built a proper car. Nano. And mind you, I'm six feet half an inch, Ratan is taller than me, and we have ample space in the front and ample space in the back in this particular car. And incredible car. And of course, nothing succeeds like success; the cynics then turned around, and one after the other they also started saying, "Yes, we also want to make a car in the Nano Segment. We'll manufacture a car in the Nano Segment."

How did this great story unfold, the making of Nano? Let me tell you a bit about it. For example, how we started: Ratan just began with a five-engineer team, young people in their mid-twenties. And he said, "Well, I won't define the vehicle for you, but I will define the cost for you. It is one lakh,100,000 rupees, and you are to make it within that." And he told them, "Question the unquestionable. Stretch the envelope." And at a point in time, he got so engrossed in the whole challenge, that he himself became a member of the team. Can you believe it? I still am told about this story of that single wiper design in which he participated. Until midnight, he'd be thinking. Early morning he'll be coming back with sort of solutions. But who was the team leader? The team leader was Girish Wagh, a 34 year-old boy in [ unclear ] . And the Nano team average age was just 27 years.

And they did innovation in design and beyond. Broke many norms of the standard conventions for the first time. For example, that a two-cylinder gas engine was used in a car with a single balancer shaft. Adhesives were replacing the rivets. There was a co-creation, a huge co-creation, with vendors and suppliers. All ideas on board were welcome. 100 vendors were co-located adjacent to the plant, and innovative business models for automobile dealerships were developed. Imagine that a fellow who sells cloth, for example, will be selling Nano. I mean, it was incredible innovation. Seeking solutions for non-auto sectors. It was an open innovation, ideas from all over were welcome. The mechanism of helicopters seats and windows was used, by the way, as well as a dashboard that was inspired by two-wheelers. The fuel lines and lamps were as in two-wheelers.

And the crux of the matter was, however, getting more from less. All the time, you have been given an envelope. You can't cross that envelope, which is 100,000 rupees,2,000 dollars. And therefore, each component had to have a dual functionality. And the seat riser, for example, serving as a mounting for the seat as well as a structural part of the functional rigidity. Half the number of parts are contained in Nano in comparison to a typical passenger car. The length is smaller by eight percent by the way. But the current entry-level cars in comparison to that is eight percent less, but 21 percent more inside space.

And what happened was that -- more from less -- you can see how much more for how much less. When the Model T was launched -- and this is, by the way, all the figures that are adjusted to 2007 dollar prices -- Model T was 19,700 by Ford. Volkswagon was 11,333. And British Motor was around 11,000. And Nano was, bang,2,000 dollars. This is why you started actually a new paradigm shift, where the same people who could not dream of sitting in a car, who were carrying their entire family in a scooter, started dreaming of being in a car. And those dreams are getting fulfilled. This is a photograph of a house and a driver and a car near my own home. The driver's name is Naran. He has bought his own Nano. And you can see, there is a physical space that has been created for him, parking that car, along with the owner's car, but more importantly, they've created a space in their mind that "Yes, my chauffeur is going to come in his own car and park it." And that's why I call it a transformational innovation. It is not just technological, it is social innovation that we talk about.

And that is where, ladies and gentlemen, this famous theme of getting more from less for more becomes important. I remember talking about this for the first time in Australia, about one and a half years ago, when their academy honored me with a fellowship. And unbelievably, in 40 years, I was the first Indian to be honored. And the title of my talk was therefore "Indian innovation from Gandhi to Gandhian engineering." And I titled this more from less for more and more people as Gandhian engineering. And Gandhian engineering, in my judgment, is the one which is going to take the world forward, is going to make a difference, not just for a few, but for everyone. Let me move from mobility in a car to individual mobility for those unfortunates who have lost their legs. Here is an American citizen and his son having an artificial foot. What is its price? 20,000 dollars. And of course, these feet are so designed that they can walk only on such perfect pavement or roads.

Unfortunately, that's not the case in India. You can see him walk barefoot on an awkward land, sometimes in a marshy land, and so on and so forth. More importantly, they not only walk far to work, and not only do they cycle to work, but they cycle for work, as you can see here. And they climb up for their work. You have to design an artificial foot for such conditions. A challenge, of course. Four billion people, their incomes are less then two dollars a day. And if you talk about a 20, 000-dollar shoe, you're talking about 10,000 days of income. You just don't have it. And therefore, you ought to look at alternatives.

And that is how Jaipur Foot was created in India. It had a revolutionary prosthetic fitment and delivery system, a quick molding and modular components, enabling custom-made, on-the-spot limb fitments. You could feel it actually in an hour, by the way, whereas the equivalent other feet took something like a day, as so on. Outer socket made by using heated high-density polyethylene pipes, rather than using heated sheets. And unique high-ankle design and human-like looks, [ unclear ] and functions. And I like to show how it looks and how it works. (Music) See, he jumps. You can see what stress it must have.

(Text: ... any person with a below the knee limb could do this. ... above the limb, yes, it would be difficult ... "Did it hurt?" "No ... not at all." ... he can run a kilometer in four minutes and 30 seconds ...)

One kilometer in four minutes and 30 seconds. (Applause) So that's what it is all about. And therefore Time took notice of this 28-dollar foot, basically. (Applause) An incredible story.

Let's move on to something else. I've been talking about getting more from less for more. Let's move to health. We've talked about mobility and the rest of it, let's talk about health. What's happening in the area of health? You know, you have new diseases that require new drugs. And if you look at the drug development 10 years ago and now, what has happened? 10 years ago, it used to cost about a quarter billion. Today it costs 1.5 billion dollars. Time taken for moving a molecule to marketplace, after all the human and animal testing, was 10 years, now it is 15 years. Are you getting more drugs because you are spending more time and more money? No, I'm sorry. We used to have 40, now they have come down to 30. So actually we are getting less from more for less and less people. Why less and less people? Because it is so expensive, so very few will be able to basically afford that.

Let us just take an example. Psoriasis is very dreadful disease of the skin. The cost of treatment,20,000 dollars. 1, 000-dollar antibody injections under the skin, by the way, and 20 of them. Time for development -- it took around 10 years and 700 million dollars. Let's start in the spirit of more from less and more for more and start putting some targets. For example, we don't want 20,000 dollars; we don't have it. Can we do it [ for ] 100 dollars? Time for development, not 10 years. We are in a hurry. Five years. Cost of development -- 300 million dollars. Sorry. I can't spend more than 10 million dollars. Looks absolutely audacious. Looks absolutely ridiculous.

You know something? This has been achieved in India. These targets have been achieved in India. And how they have been achieved ... Sir Francis Bacon once said, "When you wish to achieve results that have not been achieved before, it is an unwise fancy to think that they can be achieved by using methods that have been used before." And therefore, the standard process, where you develop a molecule, put it into mice, into men, are not yielding those results -- the billions of dollars that have been spent. The Indian cleverness was using its traditional knowledge, however, scientifically validating it and making that journey from men to mice to men, not molecule to mice to men, you know. And that is how this difference has come. And you can see this blending of traditional medicine, modern medicine, modern science. I launched a big program [ unclear ] CSIR about nine years ago. He is giving us not just for Psoriasis, for cancer and a whole range of things, changing the whole paradigm. And you can see this Indian Psoriasis breakthrough obtained by this reverse form of [ unclear ] by doing things differently. You can see before treatment and after treatment. This is really getting more from less for more and more people, because these are all affordable treatments now.

Let me just remind you of what Mahatma Gandhi had said. He had said, "Earth provides enough to satisfy every man's need, but not every man's greed." So the message he was giving us was you must get more from less and less and less so that you can share it for more and more people, not only the current generation, but the future generations. And he also said, "I would prize every invention of science made for the benefit for all." So he was giving you the message that you must have it for more and more people, not just a few people. And therefore, ladies and gentlemen, this is the theme, getting more from less for more. And mind you, it is not getting just a little more for just a little less. It's not about low cost. It's about ultra-low cost. You can not say it's a mere treatment 10,000 dollars, but because you are poor I'll give it for 9,000. Sorry, it doesn't work. You have to give it for 100 dollars,200 dollars. Is it possible? It has been made possible, by the way, for certain other different reasons. So you are not talking about low cost, you are talking about ultra-low cost. You are not talking about affordability, you are talking about extreme affordability. Because of the four billion people whose income is under two dollars a day. You're not talking exclusive innovation. You're talking about inclusive innovation. And therefore, you're not talking about incremental innovation, you're talking about disruptive innovation. The ideas have to be such that you think in completely different terms. And I would also add, it is not only getting more from less for more by more and more people, the whole world working for it.

I was very touched when I saw a breakthrough the other day. You know, incubators for infants, for example. They're not available in Africa. They're not available in Indian villages. And infants die. And incubator costs 2,000 dollars. And there's a 25-dollar incubator giving that performance that had been created. And by whom? By young students from Standford University on an extreme affordability project that they had, basically. Their heart is in the right place, like Ratan Tata. It's not just innovation, compassion and passion -- compassion in the heart and passion in the belly. That's the new world that we want to create. And that is why the message is that of Gandhian engineering.

Ladies and gentlemen, I'd like to end before time. I was also afraid of those 18 minutes. I've still one and a half to go. The message, the final message, is this: India gave a great gift to the world. What was that? [ In the ] 20th century, we gave Gandhi to the world. The 21st century gift, which is very, very important for the whole world, whether it is global economic meltdown, whether it is climate change -- any problem that you talk about is gaining more from less for more and more -- not only the current generations, for the future generations. And that can come only from Gandhian engineering. So ladies and gentlemen, I'm very happy to announce, this gift of the 21st century to the world from India, Gandhian engineering.

(Applause)

Lakshmi Pratury: Thank you, Dr. Mashelkar. (R.A. Mashelkar: Thank you very much.)

LP: A quick question for you. Now, when you were a young boy in this school, what were your thoughts, like what did you think you could become? What do you think that drove you? Was there a vision you had? What is it that drove you?

RAM: I'll tell you a story that drove me, that transformed my life. I remember, I went to a poor school, because my mother could not gather the 21 rupees, that half a dollar that was required within the stipulated time. It was [ unclear ] high school. But it was a poor school with rich teachers, honestly. And one of them was [ unclear ] who taught us physics. One day he took us out into the sun and tried to show us how to find the focal length of a convex lens. The lens was here. The piece of paper was there. He moved it up and down. And there was a bright spot up there. And then he said, "This is the focal length." But then he held it for a little while, Lakshmi. And then the paper burned. When the paper burned, for some reason he turned to me, and he said, "Mashelkar, like this, if you do not diffuse your energies, if you focus your energies, you can achieve anything in the world." That gave me a great message: focus and you can achieve. I said, "Whoa, science is so wonderful, I have to become a scientist." But more importantly, focus and you can achieve. And that message, very frankly, is valuable for society today.

What does that focal length do? It has parallel lines, which are sun rays. And the property of parallel lines is that they never meet. What does that convex lens do? It makes them meet. This is convex lens leadership. You know what today's leadership is doing? Concave length. They divide them farther. So I learned the lesson of convex lens leadership from that. And when I was at National Chemical Laboratory [ unclear ] . When I was at Council of Scientific Industry Research -- 40 laboratories -- when two laboratories were not talking to each other, I would [ unclear ] . And currently I'm president of Global Research Alliance,60,000 scientists in nine counties, right from India to the U.S. I'm trying to build a global team, which will look at the global grand challenges that the world is facing. That was the lesson. That was the inspirational moment.

LP: Thank you very much. (RAM: Thank you.)

(Applause)

The big residual is always value/ for money.//

今日お話しするのは 金額に対する価値について です

All the time/ we are trying to get/ value/ for money.//

我々はいつも値段に見合った価値を

What we don't look/ for is value/ for many,/ while we are generating value/ for money.//

得ようとしていますが その価値が多くの人に役立つかどうかは 気にかけていません

Do/ we care about those four billion people/ whose income levels are less than two dollars/ a day,/ the so-called bottom of the pyramid?//

1日に2ドル未満の収入しかない 貧困層に属する40億の人々に 私たちは心配りをしているでしょうか

What are the challenges in getting value/ for money/ as well as/ value/ for many?//

どうすれば金額に対する価値と 大勢に対する価値を両立できるのでしょう

We have described here/ in terms of the performance and the price.//

性能と価格という面から それを見ていくことに しましょう

If you have money,/ of course,/ you can get the value.//

お金があれば価値あるものを得ることができます

You can get a Mercedes/ for a very high price,/ very high performance.//

非常に高額で性能も素晴らしい メルセデス・ベンツを 買うこともできます

But/ if you don't have money,/ what happens?//

ではお金がなければどうなるでしょう?

Well,/ you are to ride/ a bicycle,/ carrying your own weight/ and also/ some other weight,/ so that you can earn the bread/ for the day.//

自転車に乗って 重いものを運び 日々の糧を得なければなりません

Well,/ poor do not remain poor;/ they become lower-middle-class.//

貧者は貧者でありつづける訳ではなく 下位の中流層に移行します

And/ if they do so,/ then,/ of course,/ the conditions improve,/ and they start riding/ on scooters.//

そうすると 状況が良くなって スクーターのバイクに乗るようになります

But the challenge is,/ again,/ they don't get much value,/ because they can't afford anything more/ than the scooter.//

でもスクーター以上のものは買えないので 十分な価値を手にしたとは言えません

The issue is,/ at that price,/ can you give them/ some extra value?//

問題なのは その値段で より多くの価値を与えることができるかということです

A super value,/ in terms of their ability to ride in a car,/ to get that dignity,/ to get that safety,/ looks practically impossible,/ isn't it.//

貧しい人たちが車に乗ったり 車が与える誇りや安全性を 手にしたりするのは 不可能に思えますね

Now,/ this is something/ that we see on Indian streets/ all the time.//

インドの路上では いつもこんな光景が 繰り広げられています

But many people see the same thing/ and think things differently,/ and one of them is here,/ Ratan Tata.//

でも同じ光景を見ながら 別のことを考えている人も大勢います この人物 ラタン・タタもその一人です

The great thing/ about our leaders is/ that,/ should/ they not only have passion/ in their belly,/ which practically all of them have,/ they're also/ very innovative.//

リーダーたちが偉大なのは 情熱的だからというだけではありません 情熱を持っているだけでなく 優れて革新的なのです

An innovator is/ one/ who does not know it can not be done.//

イノベーターとは不可能を知らない人のことです

They believe/ that things can be done.//

物事はなしとげられると信じています

But great leaders/ like Ratan have compassion.//

そしてラタンのような優れたリーダーは 思いやりの心を持っています

And what you said,/ Lakshmi,/ is absolutely true:/ it's not just Ratan Tata,/ it's the house of Tatas/ over time.//

司会のラクシュミが言ったように ラタン・タタだけでなく タタ・グループは昔からそうしてきました

Let/ me confirm/ what she said.//

そのことについてお話ししましょう

Yes, I went barefoot/ until I was 12.//

私は12歳になるまで 裸足で育ちました

I struggled to [ unclear ] day was a huge issue.//

日々の生活を送るのが 大きな問題でした

And when I finished my SSC,/ the eleventh standard,/ I stood eleventh/ among 125,000 students.//

高校に進むための共通試験では 12万5千人の中で11番目の成績を収めました

But I was/ about to leave the school,/ because my poor mother couldn't afford schooling.//

でも貧しい母は学費を払うことができず 私は退学しそうになっていました

And it was [ unclear ]/ Tata Trust,/ which gave me/ six rupees/ per month,/ almost a dollar/ per month/ for six years.//

その時ドラブジー・タタ財団が毎月6ルピー つまり1ドルほどを6年間支給してくれました

That's/ how I'm standing/ before you.//

だから私はこの場にいられるのです

So/ that is the House of Tata.//

タタ・グループとはそういうところです

(拍手) イノベーションと思いやりと情熱を

They combine/ all that.//

併せ持っています

And it was/ that compassion/ which bothered them,/ because/ when he saw --/ in fact,/ he told me/ about eight or nine years ago/ how he was driving his own car --/ he drives his own car/ by the way --/ and he saw in the rain,/ a family/ like the one/ that I showed to you/ getting drenched with an infant.//

思いやりが関心を呼び起こします 8~9年ほど前 ラタン・タタにこんな話を聞きました 車を運転している時 - ラタンは自分で運転します - 雨の中 家族が乳児を連れて びしょ濡れになっていた

And then/ he said,/ "Well,/ I must give them/ a car/ that they can afford,/one lakh car,/ $ 2,000 car."//

それを見て「彼らでも買えるような 2,000ドルの車を作らねばならない」と思ったのだと

Of course,/ as soon/ as you say something/ like this people say it is impossible,/ and that's/ what was said by Suzuki.//

もちろん そんなことを口にしたら 周りから不可能だと言われます スズキ(日本車メーカー)もそう言いました

He said,/ oh,/ probably/ he is going to build/ a three-wheeler/ with stepney.//

ラタンは それなら予備タイヤのついた 三輪車を作ると言いました

And you can see the cartoon here.//

そのマンガがこちらです

Well/ they didn't build that.// They built a proper car.// Nano.//

でも実際に作ったのはちゃんとした車「ナノ」でした

And mind you,/ I'm six feet/ half an inch,/ Ratan is taller/ than me,/ and we have ample space/ in the front and ample space/ in the back/ in this particular car.//

私は身長が184センチあります ラタンは私よりも長身です 私たちが前に乗っても後ろに乗っても ナノは十分なスペースがあります

And incredible car.//

素晴らしい車です

And of course,/ nothing succeeds like success;/ the cynics then turned around,/ and one/ after the other/ they also started saying,/ "Yes, we also want to make/ a car/ in the Nano Segment.//

一事成れば万事成る 否定的だった者たちも態度を変え 次から次に 「我々もナノのような車を作ろう」と

We'll manufacture a car/ in the Nano Segment."//

言い始めます

How did this great story unfold,/ the making of Nano?//

ナノはどのように 開発されたのでしょうか?

Let/ me tell you/ a bit/ about it.//

少しお話ししましょう

For example,/ how we started:/ Ratan just began with a five-engineer team,/ young people/ in their mid-twenties.//

まず どのように始まったのか ラタンは20代半ばの若い技術者 5人とプロジェクトを始めました

And he said,/ "Well,/ I won't define the vehicle/ for you,/ but I will define the cost/ for you.//

彼はこう言いました 「私が決めるのは 車の仕様ではなく価格だ

It is one lakh,/100,000 rupees,/ and you are to make/ it/ within that."//

販売価格は10万ルピー(約20万円) それよりも安く作ってくれ」

And he told them,/ "Question/ the unquestionable.//

そして技術者たちに伝えました 「常識を疑い

限界を押し広げるんだ」

And at a point/ in time,/ he got so engrossed/ in the whole challenge,/ that he/ himself became a member of the team.//

やがてラタンは この挑戦に没頭するようになり 自らチームの一員となりました

Can you believe it?//

信じられますか?

I still am told about this story of that single wiper design/ in which he participated.//

今でも 彼が開発に関わった 1本ワイパーのデザインについて話をされます

Until midnight,/ he'd be thinking.//

深夜まで彼は考えていました

Early morning/ he'll be coming back/ with sort of solutions.//

そして翌朝 解決策を携えて戻ってきたのです

But who was the team leader?//

ところでチームのリーダーは誰だったのでしょう?

The team leader was Girish Wagh,/ a 34 year-old boy/ in [ unclear ] .//

ギリッシュ・ワフという 34歳の男性でした

And the Nano team average age was just 27 years.//

ナノ開発チームの平均年齢は たったの27歳です

And they did innovation/ in design/ and beyond.//

設計面でもそれ以外でもイノベーションを起こしました

Broke many norms of the standard conventions/ for the first time.//

従来の規範を数多く打ち破ったのです

For example,/ that a two-cylinder gas engine was used in a car/ with a single balancer shaft.//

例えば 単一バランスシャフトを用いる車で 2気筒のエンジンを採用したのはナノが初めてです

また 接着剤でリベットの代用をしています

There was a co-creation,/ a huge co-creation,/ with vendors/ and suppliers.//

そして部品業者や商社との間で さまざまな共同開発を行いました

All ideas/ on board were welcome.//

あらゆるアイデアが歓迎されました

100 vendors were co-located adjacent/ to the plant,/ and innovative business models/ for automobile dealerships were developed.//

100もの部品業者が工場に隣接して設けられ 自動車販売における革新的なビジネスモデルが生まれました

Imagine/ that a fellow/ who sells cloth,/ for example,/ will be selling Nano.//

洋服を売る店で ナノが売られているなんて想像できますか?

I mean,/ it was incredible innovation.//

素晴らしいイノベーションです

Seeking solutions/ for non-auto sectors.//

自動車以外の業種に解決法を見出しました

It was an open innovation,/ ideas/ from all over were welcome.//

あらゆるアイデアが歓迎される オープンなイノベーションでもありました

The mechanism of helicopters seats and windows was used,/ by the way,/ as well as/ a dashboard/ that was inspired by two-wheelers.//

ナノにはヘリコプターの座席と窓で使われる仕組みや 二輪車にヒントを得たダッシュボードが 装備されています

The fuel lines and lamps were/ as in two-wheelers.//

燃料経路やライトも 二輪車と同じものです

And the crux of the matter was,/ however,/ getting more/ from less.//

もっとも重要な点は より少ないものからより多くを得ることです

All the time,/ you have been given an envelope.//

状況は常に極限でした

You can't cross that envelope,/ which is 100,000 rupees,/2,000 dollars.//

10万ルピー、つまり2,000ドルという価格は 変えることができません

And therefore,/ each component had to have/ a dual functionality.//

だから全ての部品が 二重の機能を持つ必要がありました

And the seat riser,/ for example,/ serving as a mounting/ for the seat/ as well as/ a structural part of the functional rigidity.//

座席を持ちあげる器具は 座席の土台にもなっていますし 剛性を持たせるための 構造部品としても使われています

Half/ the number of parts are contained in Nano/ in comparison/ to a typical passenger car.//

ナノに使われている 部品の数は 一般的な乗用車の半分です

The length is smaller/ by eight percent/ by the way.//

ところでナノの全長は

But the current entry-level cars/ in comparison/ to that is eight percent/ less,/ but 21 percent more/ inside space.//

現在の最も安いモデルで 一般的な車より8%短いのですが 車内スペースは21%広くなっています

And what happened/ was that --/ more/ from less --/ you can see/ how much more/ for how much less.//

ここから どれほど少ないものからどれほど多くを 得ることができるのかがわかります

When the Model T was launched --/ and this is,/ by the way,/ all the figures/ that are adjusted to 2007 dollar prices --/ Model T was 19,700/ by Ford.//

2007年時点の ドル価値に 換算すると フォードのモデルTの価格は19,700ドルでした

Volkswagon was 11,333.//

ビートルは11,333ドルです

And British Motor was around 11,000.//

ミニは約11,000ドル

And Nano was,/ bang,/2,000 dollars.//

そしてナノはなんと2,000ドルです

This is/ why you started actually/ a new paradigm shift,/ where the same people/ who could not dream of sitting in a car,/ who were carrying their entire family/ in a scooter,/ started dreaming/ of being in a car.//

ここから 新しいパラダイムシフトが 始まります 車を持つことなど考えられず 家族全員を1台のスクーターに 乗せていたような人が 車に乗ることを夢見るようになりました

And those dreams are getting fulfilled.//

そしてその夢が現実になりつつあるのです

This is a photograph of a house and a driver and a car/ near my own home.//

これは私の家のそばにある家と その家の運転手と車の 写真です

The driver's name is Naran.//

運転手の名はナラン

He has bought his own Nano.//

最近ナノを買いました

And you can see,/ there is a physical space/ that has been created for him,/ parking/ that car,/ along with the owner's car,/ but more importantly,/ they've created a space/ in their mind/ that "Yes, my chauffeur is going to come/ in his own car and park it."//

家の主人の車に加えて ナランがナノを停めるための 駐車スペースが設けられています 重要なのは 家の主人が 「ナランは自分の車で来てここに停めるんだ」 と考えるようになったことです

And that's/ why I call it/ a transformational innovation.//

私はこれを「社会を変えるイノベーション」と呼んでいます

It is not just technological,/ it is social innovation/ that we talk about.//

技術的なことだけでなく 社会的なイノベーションでもあるからです

And that is/ where,/ ladies and gentlemen,/ this famous theme of getting more/ from less/ for more becomes important.//

その点において より少ないものからより多くを得る というテーマが 重要になるのです

I remember talking/ about this/ for the first time/ in Australia,/ about one and a half years ago,/ when their academy honored me/ with a fellowship.//

1年半ほど前 オーストラリアで初めてこの話をしました 学会が私を名誉フェローにしてくれたのです

And unbelievably,/ in 40 years,/ I was the first Indian/ to be honored.//

信じがたいことに この40年で インド人としては私が初めてでした

And the title of my talk was therefore "Indian innovation/ from Gandhi/ to Gandhian engineering."//

私は講演の題名を「インドのイノベーション ガンジーからガンジー流のモノづくりへ」 としました

And I titled this more/ from less/ for more and more people/ as Gandhian engineering.//

より少ないものからより多くを得るという考えを ガンジー流のモノづくりと名づけたのです

And Gandhian engineering,/ in my judgment,/ is the one/ which is going to take/ the world forward,/ is going to make/ a difference,/ not just/ for a few,/ but for everyone.//

私が考えるガンジー流のモノづくりとは 世界を前進させ あらゆる人のために 変化を引き起こすものです

Let me/ move from mobility/ in a car/ to individual mobility/ for those unfortunates/ who have lost their legs.//

車での移動の話をしてきましたが ここからは不幸にも足を失った人の 移動について話をします

Here is an American citizen/ and his son/ having an artificial foot.//

このアメリカ人は 義足をつけています

What is its price?// 20,000 dollars.//

価格は2万ドルです

And of course,/ these feet are so designed/ that they can walk only/ on such perfect pavement or roads.//

この義足は きちんと整備された道のみを歩くことを 念頭にデザインされています

Unfortunately,/ that's not the case/ in India.//

でもインドではそんな道ばかりではありません

You can see him/ walk barefoot/ on an awkward land,/ sometimes/ in a marshy land,/ and so/ on and so forth.//

この人は裸足で 足場の悪い道やぬかるんだ道を 歩いています

More importantly,/ they not only walk far/ to work,/ and not only do they cycle to work,/ but they cycle for work,/ as you can see here.//

より重要なことに インドでは長い距離を歩いたり 自転車に乗ったりして仕事に行くだけでなく 自転車に乗ることや

And they climb up/ for their work.//

高所に登ることが仕事の場合もあるのです

You have to design/ an artificial foot/ for such conditions.//

そういう場合でも使える義足が必要です

A challenge,/ of course.//

簡単なことではありません

Four billion people,/ their incomes are less then/ two dollars/ a day.//

世界では40億人が1日2ドル未満の収入しかありません

And/ if you talk about a 20,/ 000-dollar shoe,/ you're talking/ about 10,000 days of income.//

2万ドルの義足は 彼らの1万日分の収入です

You just don't have it.//

そんなものは買えません

And therefore,/ you ought to look/ at alternatives.//

他の方法が必要です

And that is/ how Jaipur Foot was created in India.//

それでインドではジャイパーフットが設立されました

It had a revolutionary prosthetic fitment and delivery system,/ a quick molding and modular components,/ enabling custom-made, on-the-spot limb fitments.//

革命的な義足と配送システムを持ち 迅速な型取りとモジュール化された部品で オーダーメードの義足をその場で作ることができます

You could feel it actually/ in an hour,/ by the way,/ whereas the equivalent other feet took something/ like a day,/ as so on.//

他の会社の義足は1日ぐらいはかかるのに ジャイパーフットの場合は 1時間でできます

Outer socket made by using heated high-density polyethylene pipes,/ rather than using heated sheets.//

外側のソケットは熱した薄板ではなく 高密度ポリエチレン管でできています

And unique high-ankle design and human-like looks,/ [ unclear ]/ and functions.//

くるぶしの高い独自デザインと人の足に似せた外見 屈曲性と機能を兼ね備えています

And I like to show/ how it looks/ and how it/ works.//

この義足の見栄えや機能を お見せしましょう

(Music)/ See,/ he jumps.// You can see/ what stress/ it must have.//

(音楽) 見てください ジャンプしています どれほどの力がかかっていることか

(Text: ...// any person/ with a/ below the knee limb could do this.//

(膝下まで足がある人なら誰でもこうできます)

...// above the limb,/ yes,/ it would be difficult ...//

(膝上までしかなければ難しいでしょう)

"Did it hurt?"//

( 「痛みますか?」)

"No ...// not at all."//

( 「いえ、全然平気です」 )

...// he can run a kilometer/ in four minutes and 30 seconds ...//)//

(彼は1キロを4分半で走ることができます)

One kilometer/ in four minutes and 30 seconds.//

1キロを4分半です

(Applause)/ So/ that's/ what it is all about.//

(拍手) これがガンジー流のモノづくりです

And therefore/ Time took notice of this 28-dollar foot,/ basically.//

Time誌がこの28ドルの 義足に注目しました

(Applause)/ An incredible story.//

(拍手) 素晴らしいことです

Let's move/ on/ to something else.//

では次の話をに移りましょう

I've been talking about getting more/ from less/ for more.//

より少ないものからより多くを得るという話をしてきました

Let's move to health.//

健康についてはどうでしょう

We've talked about mobility and the rest of it,/ let's talk/ about health.//

これまでは移動の話でしたが

What's happening in the area of health?//

ここからは健康についての話です

You know,/ you have new diseases/ that require new drugs.//

新しい薬を必要とする新たな病気が現れています

And/ if you look at the drug development/ 10 years ago/ and now,/ what has happened?//

10年前と今で薬の開発を比べると どんなことがわかるでしょう?

10 years ago,/ it used to cost/ about a quarter billion.//

10年前 新薬の開発は2.5億ドルかかりました

Today/ it costs 1.5 billion dollars.//

今では15億ドルかかります

Time taken for moving a molecule/ to marketplace,/ after all the human and animal testing,/ was 10 years,/ now/ it is 15 years.//

動物や人体でのテストを経て 分子のレベルから市場に出すまでの期間は 10年から15年に伸びました

Are you getting more drugs/ because you are spending more time and more money?//

より多くの時間と費用がかかるならより多くの薬ができるのでしょうか

No, I'm sorry.//

残念ながら違います

We used to have/ 40,/ now/ they have come down/ to 30.//

以前は40ありましたが今では30に減りました

So actually/ we are getting less/ from more/ for less and less people.//

より多くを費やしてもより少ないものしかできず それを使える人はさらに少なくなっています

Why less and less people?// Because it is so expensive,/ so very few will be able to basically afford/ that.//

そうした薬は非常に高額なので ごく限られた人しか買うことができません

Let us just take an example.//

例を挙げると

Psoriasis is very dreadful disease of the skin.//

乾癬は 恐ろしい皮膚病です

The cost of treatment,/20,000 dollars.//

治療には2万ドルかかります

1,/ 000-dollar antibody injections/ under the skin,/ by the way,/ and 20 of them.//

1,000ドルする抗毒素の皮下注射を 20回打ちます

Time/ for development --/ it took around 10 years and 700 million dollars.//

開発には10年ほどの期間と 7億ドルの費用がかかりました

Let's start/ in the spirit of more/ from less and more/ for more/ and start putting/ some targets.//

より少ないものからより多くを得て より多くの人に届けるという心構えで 目標を決めましょう

For example,/ we don't want 20,000 dollars;/ we don't have it.//

2万ドルは出せません そんなお金はありません

Can we do it [ for ]/ 100 dollars?//

100ドルならどうでしょう?

Time/ for development,/ not 10 years.//

開発にかかる期間も10年ではダメです

We are in a hurry.// Five years.//

急いでいるのですから5年です

開発費用は - 3億ドルでしょうか

Sorry.// I can't spend more than 10 million dollars.//

ダメです 1,000万ドル以上は出せません

あまりにも大胆で

馬鹿げているように思えます

You know something?// This has been achieved in India.//

でもこれはインドで

These targets have been achieved in India.//

実際に起きたことなのです

And how they have been achieved ...//

どうやって実現したのか?

Sir Francis Bacon once said,/ "When you wish to achieve/ results/ that have not been achieved before,/ it is an unwise fancy/ to think/ that they can be achieved by using methods/ that have been used before."//

フランシス・ベーコンは言いました 「誰も成し遂げたことのないことを 成し遂げたいと思うならば 従来の手法を使って 上手くいくと 考えてはならない」

And therefore,/ the standard process,/ where you develop a molecule,/ put it/ into mice,/ into men,/ are not yielding those results --/ the billions of dollars/ that have been spent.//

つまり 分子を作って それをネズミや人間でテストする 従来の手法では 何十億ドルもかかってしまいます

The Indian cleverness was using its traditional knowledge,/ however,/ scientifically/ validating it/ and making that journey/ from men/ to mice/ to men,/ not molecule/ to mice/ to men,/ you know.//

インド人が賢かったのは 伝統的な知識を科学的に立証して 分子からネズミを経て人間という順序ではなく 人間からネズミそしてまた人間という 順番で試験を進めたことです

And that is/ how this difference has come.//

それが違いを生み出しました

And you can see this blending of traditional medicine,/ modern medicine,/ modern science.//

伝統医薬に現代の薬と科学を ブレンドして

I launched a big program [ unclear ]/ CSIR/ about nine years/ ago.//

私は科学産業研究評議会(CSIR)という 巨大なプログラムを9年前に立ち上げました

He is giving us not just/ for Psoriasis,/ for cancer and a whole range of things,/ changing the whole paradigm.//

乾癬だけでなく ガンや他の分野でもパラダイムを変えました

And you can see/ this Indian Psoriasis breakthrough obtained by this reverse form of [ unclear ]/ by doing things differently.//

インドにおける乾癬のイノベーションは 薬理学の知見を利用するという 通常と異なるアプローチで成し遂げられました

You can see before treatment/ and/ after treatment.//

治療の前と後を比べています

This is really getting more/ from less/ for more and more people,/ because these are all affordable treatments now.//

この治療は貧しい人でも手が届くものです より多くの人のために より少ないものからより多くを得ているのです

Let me just remind you of what Mahatma Gandhi had said.//

ガンジーの言葉を 紹介します

He had said,/ "Earth provides enough/ to satisfy every man's need, but not every man's greed."//

「地球は全ての人の必要を満たすことはできるが 全ての人の欲望を満たすことはできない」

So the message/ he was giving us was you must get more/ from less and less/ and less/ so that you can share it/ for more and more people,/ not only/ the current generation,/ but the future generations.//

ガンジーが言いたかったのは できるだけ少ないものからより多くを得て できるだけ多くの人と共有しなさいということです 今の世代だけでなく 将来の世代とも共有しなければなりません

And he also said,/ "I would prize every invention of science made for the benefit/ for all."//

「全ての人に恩恵をもたらす科学的発明は 全て賞賛する」ともガンジーは言いました

So he was giving you/ the message/ that you must have it/ for more and more people,/ not just a few people.//

発明は少数の人ではなく できる限り多くの人のために行うべきです

And therefore,/ ladies and gentlemen,/ this is the theme,/ getting more/ from less/ for more.//

皆さん これが より多くの人のために より少ないものから より多くを得るということなのです

And mind you,/ it is not getting just a little more/ for just a little less.//

ちょっとだけ少ないものから ちょっとだけ多くを得るということではありません

It's not about low cost.//

私が話しているのは

It's about ultra-low cost.//

低価格ではなく超低価格についてです

You can not say/ it's a mere treatment 10,000 dollars,/ but/ because you are poor/ I'll give it/ for 9,000.//

貧しい人のために1万ドルの治療を 9,000ドルで提供するという話ではありません

Sorry,/ it doesn't work.// You have to give/ it/ for 100 dollars,/200 dollars.//

100ドルや200ドルで提供しなければなりません

Is it possible?// It has been made possible,/ by the way,/ for certain other different reasons.//

そんなことは可能なのでしょうか? それを可能にする理由があるのです

So you are not talking about low cost,/ you are talking about ultra-low cost.//

ただの低価格ではなく超低価格の話をしましょう

You are not talking about affordability,/ you are talking about extreme affordability.//

ただの手頃さではなく 徹底的な手頃さについて話をしましょう

Because of the four billion people/ whose income is under two dollars/ a day.//

1日2ドル未満で暮らす40億の人がいます

You're not talking/ exclusive innovation.//

排他的なイノベーションではなく

You're talking/ about inclusive innovation.//

包み込むようなイノベーションが必要です

And therefore,/ you're not talking/ about incremental innovation,/ you're talking/ about disruptive innovation.//

そのためには徐々に進むイノベーションではなく 破壊的なイノベーションを起こさねばなりません

The ideas have to be such/ that you think in completely different terms.//

従来とは全く異なる方法で 考えることになるでしょう

And I would also add,/ it is not only getting more/ from less/ for more/ by more and more people,/ the whole world/ working for it.//

より多くの人が より少ないものから より多くを得て より多くの人と分け合うだけでは ありません 全世界がそれに取り組むのです

I was very touched/ when I saw a breakthrough/ the other day.//

先日そうしたイノベーションを目にして感動しました

You know,/ incubators/ for infants,/ for example.//

乳児の保育器です

They're not available/ in Africa.//

まだアフリカやインドの村では

They're not available/ in Indian villages.//

そうしたものが利用できず

乳児が死んでいきます

And incubator costs/ 2,000 dollars.//

なぜなら保育器は2,000ドルします

And there's a 25-dollar incubator/ giving/ that performance/ that had been created.//

でも同等の機能を持つ 25ドルの保育器ができました

And by whom?//

誰が手掛けたのか

By young students/ from Standford University/ on an extreme affordability project/ that they had,/ basically.//

スタンフォード大学の学生です 徹底的な手頃さを掲げたプロジェクトで開発しました

Their heart is in the right place,/ like Ratan Tata.//

彼らの心はラタン・タタと同じ方向を向いています

It's not just innovation, compassion and passion --/ compassion/ in the heart and passion/ in the belly.//

これはただのイノベーションではありません 思いやりと情熱を持ったイノベーションです

That's the new world/ that we want to create.//

そういう世界を作りたいと思います

And that is/ why the message is that of Gandhian engineering.//

それがガンジー流のモノづくりということです

Ladies and gentlemen,/ I'd like to end/ before time.//

制限時間よりも前に終わりたいと思います

I was also afraid of those 18 minutes.//

この18分間が不安でした

I've still/ one/ and a half/ to go.//

あと1分半あります

The message,/ the final message,/ is this:/ India gave a great gift/ to the world.//

最後にお伝えします インドは世界に大きな贈り物をしてきました

What was that?//

それは何でしょう?

[ In the ] 20th century,/ we gave Gandhi/ to the world.//

20世紀にはガンジーを輩出しました

The 21st century gift,/ which is very, very important/ for the whole world,/ whether it is global economic meltdown,/ whether it is climate change --/ any problem/ that you talk/ about is gaining more/ from less/ for more and more --/ not only/ the current generations,/ for the future generations.//

そして21世紀の贈り物は 世界全体にとって非常に重要なものです 世界経済の破綻や気候変動など 重要な問題は全て より多くの人のために より少ないものから より多くを得るということにつながります 今の世代だけでなく 将来の世代にも関わることです

And that can come only/ from Gandhian engineering.//

これはガンジー流のモノづくりを通してのみ実現できます

So ladies and gentlemen,/ I'm very happy/ to announce,/ this gift of the 21st century/ to the world/ from India,/ Gandhian engineering.//

皆さん インドから世界に向けた 21世紀の贈り物は ガンジー流のモノづくりです

(拍手)

Lakshmi Pratury:/ Thank you,/ Dr.// Mashelkar.// (R.A.// Mashelkar:/ Thank you very much.//)//

ラクシュミ・プラタリー:ありがとうございます マシェルカー博士

LP:/ A quick question/ for you.//

LP: ちょっと質問させてください

Now,/ when you were a young boy/ in this school,/ what were your thoughts,/ like what did you think you could become?//

あなたが学校に通う少年だった頃 自分は何になると思っていましたか?

What do you think that drove you?//

何があなたを駆り立てたのでしょう?

Was/ there/ a vision/ you had?// What is it/ that drove you?//

どんなビジョンをお持ちでしたか?

RAM:/ I'll tell you/ a story/ that drove me,/ that transformed my life.//

RAM: 私の人生を変えたものについて話しましょう

I remember,/ I went to a poor school,/ because my mother could not gather the 21 rupees,/ that half a dollar/ that was required within the stipulated time.//

私は貧しい学校に通っていました 母親は期限内に21ルピー つまり0.5ドルを準備することが できませんでした

It was [ unclear ]/ high school.//

ユニオン高校という学校で

But it was a poor school/ with rich teachers,/ honestly.//

お金はありませんでしたが 教師には恵まれていました

And one of them was [ unclear ]/ who taught us/ physics.//

物理を教えてくれたある先生がいました

One day/ he took us out/ into the sun/ and tried to show/ us/ how to find the focal length of a convex lens.//

ある日私たちを外に連れ出し 凸レンズの焦点距離を どうやって測るのかを見せてくれました

The lens was here.// The piece of paper was there.// He moved it up/ and down.//

紙切れを置いてレンズを上下に動かしました

And there was a bright spot up there.//

明るい点が現れ

And then/ he said,/ "This is the focal length."//

先生は「ここが焦点距離だ」と言いました

But then/ he held it/ for a little while,/ Lakshmi.//

そしてレンズをしばらくそのままにしていると

And then/ the paper burned.//

紙が燃えました

When the paper burned,/ for some reason/ he turned to me,/ and he said,/ "Mashelkar,/ like this,/ if you do not diffuse your energies,/ if you focus your energies,/ you can achieve anything/ in the world."//

その時先生は私の方を向いて言いました 「マシェルカー これと同じように エネルギーを拡散させずに 集中させれば 何でも実現できるんだ」

That gave me/ a great message:/ focus/ and you can achieve.//

集中すれば実現できる その言葉に私は打たれました

I said,/ "Whoa,/ science is so wonderful,/ I have to become/ a scientist."//

「科学は何て素晴らしいんだ 科学者にならなくては」と思いました

But more importantly,/ focus/ and you can achieve.//

重要なことは 集中すれば実現できるということです

And that message,/ very frankly,/ is valuable/ for society today.//

その言葉は 今日の我々にとって大切なものです

What does/ that focal length do?//

焦点距離とは何でしょう?

It has parallel lines,/ which are sun rays.//

太陽光線は平行に差し込んできます

And the property of parallel lines is/ that they never meet.//

平行な線というのは 交わることがありません

What does/ that convex lens do?//

でも凸レンズは

It makes them/ meet.//

それを交わらせます

凸レンズ型リーダーシップです

You know/ what today's leadership is doing?// Concave length.//

今日のリーダーは凹レンズ型です

They divide them farther.//

亀裂が拡大してしまいます

So/ I learned the lesson of convex lens leadership/ from that.//

そこから凸レンズの リーダーシップを思い立ちました

And when I was at National Chemical Laboratory [ unclear ] .//

私が国立科学研究所や

When I was at Council of Scientific Industry Research --/ 40 laboratories --/ when two laboratories were not talking to each other,/ I would [ unclear ] .//

科学産業研究評議会にいたとき 40の研究所のうち2つ仲が悪かったのですが うまくまとめました

And currently/ I'm president of Global Research Alliance,/60,000 scientists/ in nine counties,/ right/ from India/ to the U.S.//

今は私はグローバル・リサーチ・アライアンスの所長をしています インドからアメリカまで9カ国から6万人の科学者が参加しています

I'm trying to build/ a global team,/ which will look at the global grand challenges/ that the world is facing.//

世界が直面する大問題に取り組む 地球規模のチームを作りたいと思っています

That was the lesson.// That was the inspirational moment.//

これらの元になったのが 若き日の体験です

LP:/ Thank you very much.// (RAM:/ Thank you.//)//

LP: ありがとうございます (RAM: ありがとう)

(拍手)

residual

残りの,残留の

残余

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

income

(一定の)『収入』,所得

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

so-called

いわゆる,名ばかりの

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

pyramid

(エジプト・メキシコなどの)『ピラミッド』

ピラミッド形の物

(幾何の)角錐(かくすい)

ピラミッド形になる

〈物価などが〉上昇する,増加する

…‘を'ピラミッド形にする(積み上げる)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

bread

『パン』,食パン

(生名の糧(かて)として必要な)食物一般…生計・金・銭

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

scooter

スクーター(足板に片足を載せて走る前後2輪の子供用のハンドル付き車)

モータースクーター(=motor scooter)

ca

circa

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

practically

『実質的には』,『事実上』,ほとんど(almost)・『実際的に』,実用的に,実際的な方法で

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

Indian

インドの,インド人の

アメリカインディアンの

〈C〉インド人

(また『American Indian』)〈C〉『アメリカンインディアン』

〈U〉アメリカインディアンの言語

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

ratan

=rattan

tata

ばいばい,あばよ

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

belly

『腹』,腹部(abdomen)

(物の)内側,内部(inside)

ふくれた部分,胴

前面[部],下面[部]

…'を'ふくらませる ふくらむ

innovator

革新者

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

compassion

(…に対する)あわれみ,深い同情(sympathy)《+『on』(『for』)+『名』》

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

confirm

〈情報・所信など[の正しさ]〉'を'『覚証する』,立証する

〈約束など〉'を'『確認する』;〈条約など〉'を'承認する,批判する

〈決意など〉'を'『強める』

(…の点で)〈人〉‘に'確信を持たせる,‘の'気持ちを強くさせる《+『名』+『in』+『名』》

〈人〉‘に'堅信礼(confirmation)を行う

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

barefoot

はだしの,裸足の

はだしで素足で

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

unclear

はっきりしない

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

eleventh

〈U〉《通例the ~》『第11番目』;(月の)11日

〈C〉11分の1

〈U〉《通例the ~》『第11番』[『目』]『の』

11分の1の

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

schooling

学校教育;教育

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

rupee

ルピー(インド・パキスタンなどの貨幣単位)

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

applause

『拍手かっさい』;称賛

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

drench

(…で)〈人・衣服など〉‘を'『ずぶぬれにする』《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

infant

(1歳未満の)『乳児』,乳飲み子

《英》(普通7歳未満の)学童

未成年者

幼児の,幼児用の

始めたばかりの,初期の

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

probably

『たぶん』,『おそらく』

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

cartoon

(政治的な)風刺漫画・(モザイク・壁掛け・壁画などの)実物大の下絵・

(一続きの)漫画・…'を'漫画化する・(1 枚の時事)風刺漫画・アニメ映画,動画(animated cartoon)・(新聞などの)続き漫画・(壁画などの)実物大下絵・漫画を描く

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

ample

広い,広々とした

《数えられない名詞・複数名詞の前に用いて》『十分な』(enough),あり余るほどたくさんの(abundant)

ふくよかな,豊満な(full)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

cynic

(人間の善良さを信じない)皮肉屋,冷笑家

《C-》キニク(犬儒)学派の人

《the Cynics》キニク(犬儒)学派

=cynical

《C-》キニク(犬儒)学派の

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

unfold

〈折りたたまれたもの〉‘を'『広げる』,開く

〈計画など〉‘を'しだいに明らかにする(知らせていく)

〈花びらなどが〉『広がる』,開く

〈物事が〉(しだいに)はっきりしてくる,分かってくる;展開する

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

unquestionable

疑いのない,明白な;非の打ち所のない

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

envelope

『封筒』

包むもの

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

engross

〈人〉の注意をすっかり引き付ける,‘を'夢中にさせる(absorb)

〈文書など〉‘を'はっきりした大きな字で書く

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

wiper

ぬぐう人(物)

(車の)ワイパー(=windscreen wiper)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

midnight

『真夜中』,夜の12時

真夜中の,真夜中に起こる

真夜中のような,まっ暗の

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

broke

breakの過去形

ほとんど(全く)金を持たない,文なしの

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

shaft

『矢がら』,やりの柄;矢,やり,ゴルフ棒の柄,旗ざお

(車の)かじ棒

(機械の)『心棒』,軸,シャフト

(ハンマー・おのなどの)柄,取っ手

(建物の)柱体,柱身

一条の光線

(鉱山の)縦抗(エレベーターが上下する)シャフト・…‘を'あざむく

adhesive

付着力のある,粘着性の

粘着物,接着剤

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

rivet

リベット(重ねた金属板に差し込みその頭部をたたきつぶして固定するびょう)

(…に)…‘を'リベットで留める《+『名』+『down』(『together』)+『on』(『upon,to,into』)+『名』》

(…に)〈注意・視線など〉‘を'くぎ付けにする《+『名』+『on』(『upon, to』)+『名』》

vendor

(小さな品物を)売る人,行商人

(法律で)(土地・家などを)売りに出す人

supplier

(特に物資の)供給者,補充者

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

adjacent

《文》近接の,隣接している;(…に)すぐ近くの《+『to』+『名』》

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

automobile

《米》『自動車』

自動の;自動車の

dealership

(ある地域内の)商品販売権;その権利を持つ業者

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

cloth

〈U〉『布』,生地,織物

〈C〉(特定の用途に応じる大きさの)『布地』;(特に)テーブル掛け(table cloth),ふきん(dishcloth),ぞうきん(duster)

〈U〉布表紙,クロース

〈U〉ラシャ

〈C〉黒の聖服;《文》《the~》聖職

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

helicopter

『ヘリコプター』

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

dashboard

(自動車・飛行機の)計器盤

(車の)泥よけ,(船の)波よけ

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

lamp

(電気・ガス・石油などの)『ランプ』,灯火,明かり

(照明用以外の)『ランプ』

(知的・精神的な)光,光明

crux

最も重要な点

難問,なぞ

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

component

構成している,成分の

構成要素,成分

dual

二つの部分(2個)から成る

二重の性質がある

riser

《形容詞を伴って》起きるのが…の人

(階段の)け上げ,けこみ板(踏み板の間の縦の板)

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

mounting

〈U〉据えつけ,装着

〈C〉(書・画の)表装;(写真の)台紙,スライド枠;(宝石の)台

structural

構造[上]の,構成[上]の,組織[上]の

建築[用]の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

rigidity

三いこと,硬直

厳格;厳密,厳正

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

passenger

『乗客』,旅客;船客

《英話》足手まといな人

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

Ford

フォード(『Henry~』;1863‐1947;米国の自動車製造業者)

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

paradigm

範例,規範

語形変化表

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

owner

『持ち主』,所有者

importantly

重要性をもって;もったいぶって

chauffeur

自家用車の運転手

自家用車の運転手をする

(職業として)〈人〉'を'自家用で運ぶ

technological

科学技術の(に関する)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

fellowship

〈U〉仲間であること,親交,友情

〈C〉団体,協会,組合;〈U〉(団体の)会員の資格

〈C〉《米》(大学の)特別研究員の給費(身分)

〈C〉《英》(大学の)評議員の地位

unbelievably

信じられないほど

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

engineering

『工学』

土木工事

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

mobility

可動性,流動性,変わりやすさ;(軍隊の)機動力

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

unfortunate

『不運な』,不幸な

不適当な,不適切な

不運な人,不幸な人

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

pavement

〈U〉(道路などの)『舗装』《+『of』+『名』》

〈U〉舗装道路;《英》(舗装した)歩道(《米》sidewalk)

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

marshy

沼地の,湿地の;沼地のような

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

fitment

備えつけの家具,備品

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

modular

(建築材料が)規格部品でできている

測定基準の

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

custom-made

(服など)注文で作った,あつらえの

limb

(動物の)『手足』;(鳥の)翼

(木の)大枝

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

outer

外に,外側の,外部の

中心から遠い

socket

(物を差し込む)穴,受け口,ソケット

窩(か)(体の部分で落ちくぼんだ所)

heated

熱せられた

興奮した,怒った

polyethylene

ポリエチレン(《英》polythene)

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

basically

基本的に,根本的に;元来は

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

marketplace

市の開かれる広場(建物)

商業界,剤界

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

expensive

『費用のかかる』,高価な

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

psoriasis

乾癬(かんせん)(慢性の非伝染性皮膚病)

dreadful

『恐ろしい』,ものすごい

実に不快な,ひどく悪い

《話》ひどい,つまらない

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

antibody

抗体,免疫体,抗毒素

injection

〈U〉〈C〉注射,注入

〈C〉注射液

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

hurry

『急ぐ』,あわてて行く(する)

〈動作など〉‘を'『早める』,〈事〉‘を'『急いでする』,急がせる

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'急がせる,せき立てる

(…へ)…‘を'急いで動かす(送る,運ぶ)《+『名』+『to』+『名』》

急ぐこと,大急ぎ

《否定文・疑問文で》(…を)急ぐ必要《+『for』(『about』)+『名』》

《話》なかなか…する気にならない《+『to』 do》

audacious

(人・行為が)大胆な,勇敢な(bold)

(悪い意味で,人・行為が)大胆不敵な;厚かましい,ずうずうしい

ridiculous

『おかしな』・『ばかばかしい』,とんでもない

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

sir

《時にS-》《冠詞なしで》《男性の目上の人・見知らぬ人・店の客・上官・先生・議長などに対する敬った丁寧な呼び掛け語として》『あなた』,だんな,先生,(警官などが男性を呼び止めて)おい,君

《S-》〈U〉サー

《しばしばS-》〈C〉《手紙の書き出しのあいさつに用いて》『拝啓』

Bacon

ベーコン(『Francis』『~』;1561‐1626;英国の随筆家・哲学者・政治家)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

unwise

分別のない,思慮が足りない,ばかな

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

spent

spendの過去・過去分詞

彼れきった

使い尽くした

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

scientifically

科学的に,学術的に

validate

…‘を'法的に有効とする

…‘を'正当であると証明する

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

mahatma

マハトマ

(バラモン教の)大知識,大聖

《Mahatma》インドで高貴な人の名に添える敬称

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

greed

(…に対する)どん欲,強欲《+『for』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

mere

『ほんの』,単なる

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

exclusive

『除外する』,排他的な;相いれない;(人が)打ち解けない

入会に制限のある,選ばれた人のための

《名詞の前にのみ用いて》『独占的な』,専用の

完全な,全くの

《話》(商品・ホテルなどが)高級な,一流の

(新聞の)独占記事

(特定の品の)独占商品

inclusive

『全部を含んだ』,包括的な

《数詞などの後に用いて》(勘定などに)含めて,入れて(《略》『incl.』)

incremental

増加の

disruptive

混乱(分裂)を引き起こす

completely

『完全に』,全く,十分に

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

incubator

ふ卵器,早産児保育器;細菌培養器

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

economic

『経済の』

『経済学の』

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

drove

driveの過去形

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

ram

(去勢しない)雄羊

破城づち(先に鉄のつめのついたさおで,戸・城壁などを破るのに用いた)

くい打ち機

(…に)…‘を'激しく打ちつける(打ち込む)《+『名』+『against』(『into』)+『名』》

…‘に'激突する

(…に)…‘を'詰め込む,押し込む《+『名』+『into』(in, down』)+『名』》

(…に)激突する《+『against』(『into』)+『名』》

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

stipulate

(契約の条件として)…‘を'規定する,明記する

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

physics

『物理学』

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

focal

焦点の

convex

凸(とつ)状の凸面の

凸面[体]

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

diffuse

〈光・熱・液体など〉‘を'散らす,放散する,拡散させる

〈学問・知識など〉‘を'広める,普及させる

散る,放散する,拡散する

広まる,普及する

広く散った,広がった

〈文体などが〉締まりのない,散漫な

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

whoa

(特に馬に対して)どおどお,止まれ(stop)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

ray

『光線』;熱線;放射線

《a ~》(希望などの)一筋(ひとすじ),ごく少量《+『of』+『名』》

放射状に突き出たもの;(ヒトデなどの)腕

property

動産

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

concave

凹(おう)面の,くぼんだ

凹面

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

farther

(距離的に)『さらに遠く』,もっと先に

(程度が)さらに,それ以上に

(距離的に)『さらに遠い』,もっと先の

(程度が)その上の,それ以上の

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

council

諮問会,『協議会』,評議会・『会議』,協議

地方自治体の議会(州・市・町議会など)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

currently

現在は;広く,一般に

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

alliance

〈U〉〈C〉(国家間の)同盟,協定;〈C〉同盟国

〈U〉〈C〉(個人・組織間の)協力,提携

〈U〉〈C〉(…との)縁組み,姻戚関係;交友《+『with』+『名』》

county

《英》『州』

《米》『郡』

州民,郡民

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

facing

〈U〉(壁などの)表面仕上げ,化粧張り

〈U〉(着年の)へり取り,へり飾り

《複数形で》(軍服のえりやそで口につけ,兵種・職種を示す)縫い取り,定色

inspirational

霊感を与える;霊感を受けた

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

関連動画