TED日本語 - アンダース・インナーマン: 爆発的に増大する医療データの視覚化

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

現在では患者一人に対して、医療用撮影装置はわずかな時間のうちに大量の画像やテラバイト級のデータを生成します。では、医者はこれらの情報の中からどのようにして有用なデータを判断するのでしょうか?TEDxGoteborgでは、科学データの視覚化の専門家であるアンダース・インナーマンが、無数のデータの解析のため、バーチャル解剖などといった新しく高機能なツールの紹介や、現在開発中であるSFに近いような医療技術を少しだけ披露します。本トークには医療用画像が含まれます。

Script

まず始めに医療に関係する データを取り扱う 課題について ご説明します これは私たちにとって大きな課題です そんな私たちを助けるのがこの機械です これはコンピュータ断層撮影装置 通称 CTです 素晴らしい装置です 人体の周りに対して 高速で回転するX線が使われます 機械を端から端まで通り抜けるのに およそ30秒かかり そこから膨大な 情報が出力されます 健康管理の向上のために 使える 大変素晴らしい機械です しかし 私たちにとっての課題でもあるのです その課題はこちらの画像で見て取れます これは現在私たちが直面している 医療データの爆発的な増加問題です この問題に現在取り組んでいます 過去に遡りましょう

数年前に何が起こったかご説明します これらの機械は 1970年頃に導入され始め 人体をスキャンし 100枚程度の人体画像を 生成します 大変勝手ながら 明確化するために それらをデータをデジタル化すると 大体50MBの大きさになります 情報量自体は私たちが 現在扱っているデータに比べると小さいでしょう 通常のモバイル機器で扱えます 電話帳に例えると 1メートル分積み上げた電話帳の数に相当します 現在私たちが扱っている これらの機械は 数秒以内に 2万4千枚もの人体の画像を生成します これは20GBものデータ もしくは 電話帳800冊分の情報量です 重ねれば200メートルは行くでしょう 何が起きようとしているか 今まさに起き始めている 技術トレンドとは 測定時間中の人体の状態を見れるようになったことです つまり人体の挙動を解剖なしで確認できるのです それでは 5秒もの間 データを取得したとしましょう それは1テラバイトものデータになります これは 80万冊の本 あるいは 16km分重ねた電話帳に相当します これは患者一人分のデータです 私たちが取り組む対象です

実に途方もない仕事です これで 2万5千枚もあります これらを放射線専門医が 対応する姿を想像してみてください 2万5千枚もの画像を前に こう言うのです 「えっと 2万5千枚か ああ ここが問題の箇所だ」 もうそのようなことはできません 不可能です そうするよりももっと合理的な方法を行う必要があります まずこれらの画像を一つにまとめます 自分自身の体をあらゆる角度から薄切りにし それらを再度元のデータの塊に戻すことを 想像してみてください そういうことを私たちは行っているのです このギガ テラバイト級のデータを元の塊に戻します もちろん データの塊は 単に 人体のそれぞれの箇所において 吸収されたX線の総量のみを表します そこで まずは私たちが 注目していないものは透過し 確認したいもののみを 見れるようにする必要があります つまり このような形に データを変換したいのです この課題は 私たちにとって とてつもない難題でした

絶えず処理速度や性能が良くなるコンピュータでも ギガバイトや テラバイト級のデータを対象に 関連情報を抽出するのは困難な作業です 心臓であったり血管や肝臓を 見たい時があるかもしれません もしかしたら腫瘍を発見する こともあるかもしれません そこでこの可愛らしい子の出番です これは私の娘です 今朝の9時頃の彼女の様子です 彼女はゲームで遊んでいます まだ2歳児ですが とても楽しんでいます 彼女はGPU開発の 推進役といっていいでしょう 子供達がゲームを遊ぶ限り グラフィックは進化し続けるのです 帰ったら 是非ゲームを勧めてください それが私たちには必要だからです

この機械の中には 私が医療データに対して行っていることを 可能にしてくれるものが存在します 実はこのような小さな装置を使っています ご存知のように おそらく10年程前 私が 1台目の画像処理用のコンピュータを 買う予算を得た時代の頃は それはとても巨大なマシンでした プロセッサやらストレージなどあらゆるものが詰め込まれていました 私はそのマシンに100万ドル支払いました そんな機械も 今や私のiPhoneと同じくらいの性能です 毎月 新型のグラフィックカードが販売されますが これは NVDIA ATI Intelといったベンダーから頂いた 数少ない最新モデルです ご存知のように 数百ドルも払えば このようなグラフィックカードを購入し コンピュータに追加して様々なことが可能になります このように これらと共に 人々に研究されている アルゴリズム開発や データの圧縮方法 関連情報の抽出方法などによって 膨大な医療データを取り扱うことを可能にしています

それでは 私たちが出来るいくつかの例をご紹介します これはCTスキャナーによって取得されたデータです ご覧のようにこれは完全なデータです これは女性で 髪の毛が見えます 女性の身体の個別構成を確認することができます このように歯の金属部分に対して X線が拡散していることが見て取れます ノイズが発生しているのはそういう部分です でも 通常のコンピュータ内の 標準のグラフィックカードによって インタラクティブに 断面を作ることができます 全てのデータは格納されているので 回転させたり 別の異なるアングルから確認ができます この女性は問題を抱えていたようですね 脳内出血を起こしていたようですが 小さなステントと呼ばれる血管を狭める 金属製の留め具で治療されています そして機能を変えることで 何を透明にし何を見えるようにするか 決めることができます 骨格を見ることができます これが 女性の頭蓋骨を開けた部分で ここから中に入ったようです これらは素晴らしい画像です 非常に解像度が高く 現在の標準グラフィックカードを使って 何が出来るかをとても良く示しています

効果的な利用方法を編み出した私たちは 膨大なデータをシステム上に 圧縮することを試みました 私たちの取り組んでいるアプリのうちの 一つは 世界中で少しずつ話題になりつつある バーチャル解剖アプリです 同じように 全身スキャンの画像といった 非常に巨大なデータセットを使います CTスキャナーに全身を通し 数秒後に全身の画像データを得ることができます これがバーチャル解剖です こうやって徐々に剥ぎ取っていきます 始めに遺体袋が確認できます 次に皮を剥ぎ取り 筋肉が見えますね 最後にこの女性の骨格がご覧になれます

ここからは これからお見せする人々に 対し敬意を持って いくつかのバーチャル解剖をお見せします 凶悪な事件によって お亡くなりになられた方々に敬意を払いつつ これらの画像を 法医学的な事例としてお見せします これらは私の出身である スウェーデンだけで 過去4年間において およそ400件バーチャル解剖が 執り行われています これが通常のワークフローです 警察は 例えば夕方に 事件が起きたとして 解剖の必要があるかどうか判断します そして朝の6時から7時にかけて 袋に包まれた遺体が 私たちのセンターに移送され CTスキャナーの一つでスキャンされます 病理学者やたまに法医学の研究者を 伴った放射線科医が 出力されるデータを確認し 合同で会議を開きます そして本当の解剖をどのように行うか決めるのです

いくつかの事例のうち 私たちが担当した初期の事例を紹介します このようにデータを本当に詳細に確認できます とても高画質です さらに私たちが考案したアルゴリズムによって 詳細な部分を拡大をすることが可能です 繰り返しますが 完全にインタラクティブで このシステムによってリアルタイムで 画像を回転させて見ることが可能です こちらの事例の説明は不要かもしれませんが これは交通事故です 酔っぱらった運転手が女性をひきました 骨格の損傷を確認することがとても容易です 死因は首の損傷です さらに女性は車に下敷きになってしまったため その怪我によって体に 重度の損傷を負っています

別の事例を紹介します 刺殺事件です 私たちにできることを この例でも説明します 体内に存在する金属製品を 簡単に確認することができます 歯の中の加工物も確認できます これは歯の詰め物です 金属のみを表示し その他は透明にする機能を 設定しています 別の凶悪な事例を紹介します これは実際の致命傷ではありません この方は心臓に複数回刺され 死亡しました しかし犯人はさらにナイフを 片方の眼球に刺したままにしたのです 別の事例を紹介します ナイフによる刺殺の事例などを検証できることは 私たちにとって大変興味深いものです ここではナイフが心臓に突き刺さっているのが確認できます 空気が一方からもう一方へと 漏れだしている様子が簡単に確認できます 通常の解剖ではこのようなことを確認することは困難です このように 死因を判断する上で 犯罪捜査に大変有効です また 捜査を正しい方向へ導き 真の殺人犯を 突き止める場合もあります

これは 私が興味深いと感じた事例です 弾丸がこの方の脊椎の横に 留まっているのが見えます この弾丸を光源に変換することで 弾丸がこれらの破片を光らせて 見つけやすくしています 通常の解剖を行う際にこれらの破片を 体内から見つけだそうとする場合は 実際には大変困難です

今日 皆さんにお見せ出来ることを 嬉しく思っているものの一つが このバーチャル解剖テーブルです これは標準のGPUと今までのアルゴリズムを 元に私たちが開発したタッチデバイスです 実際には このような形となっています 巨大なiPhoneのように動作します テーブル上で 行える全てのジェスチャーを実装しています 巨大なタッチインターフェースと考えて頂ければと思います iPadを買おうと考えている方は 忘れてください これこそ皆さんが欲していたものです スティーブ あなたがこれを聞いてくれているといいんですが という訳で これはとても良いデバイスです もし機会があれば 是非使ってみてください 実体験して頂くことをお勧めします 注目も集めたことなので 私たちはこれの教育目的の 利用を想定して製品化を目指しており 将来的には 医療現場での利用も考えています バーチャル解剖について紹介したい場合は YouTubeに閲覧できる動画があるので 是非ご利用ください

「触れる」ことについてご紹介したので 次は本当にデータに触れることについてお話します 若干SFが入ってきますが 未来のことについてお話します 今は 医師がこれを利用している訳ではありませんが 将来は 使っていることに期待しています 左側に見えるのはタッチデバイスです 小さな機械式のペンで 高速のステッピング・モーターが内蔵されており フィードバックを生むことができます よって データに仮想的に触れると ペンに接触力が生まれ 感覚を得ることができるのです このように生きている方の スキャン画像に対して ペンを持って データを確認しながら 頭部に向けてペンを動かすと 突如 抵抗力を感じることができます このように皮膚を感じることができます もう少し強く押すと 皮膚を通り抜け 中の骨格を感じることができます さらに強く押せば 骨格を通り抜け 耳のすぐ近くの柔らかい骨を通り ぬるぬるしたような感じで 脳の部分を感じることができます

非常に有効な機能です さらに例を紹介します これが心臓です 新型のスキャナーのおかげで たった0.3秒で 心臓全体をスキャンすることができます さらに時間分解が行えるため 心臓を見ながら 動画を再生することが可能です 彼はこのプロジェクトに取り組んでいる 大学院生の一人でカーデュアンと言います フィードバックシステムである触覚装置の前に座りながら 心臓に向けてペンを動かすと 心臓が目の前で拍動しはじめます どのように心臓が拍動するのか確認できるのです ペンをとって 心臓に向けて動かし 心臓の上にペンを置くと 生きた患者の心臓の鼓動を感じることができるため 心臓の動作を確認することができます 心臓の中に移動し 内部を押して 心臓弁の動作を感じることができます これこそが 心臓外科医の将来の姿であると考えます 心臓外科医にとって 患者の心臓の中を 高解像度のデータを元に手術前に 確認するなんて夢のような話でしょう 非常に素晴らしい構想です

さらにSFに近いものをご紹介します 機能MRIについてご存知でしょうか これはとても興味深いプロジェクトです MRIは磁場と周波数を利用し 脳や体の あらゆる部分をスキャンすることができます これによって 脳の構造についての情報が得られます しかし 更にこれを使って 酸素を含む血液と そうでない血液の磁性の差を測定することが可能です これはつまり 脳の活動を映し出すことが可能なのです 私たちはこれにも取り組んでいます ちょうど研究技術者であるモッツが MRIにゴーグルを着用して 中に入る所をご覧頂いています これはゴーグルを通して 彼にスキャナーにいながら映像を見せることができるためです これは中々ビックリするかもしれません モッツが実際に見ている映像はこれです 彼は自分の脳を見ているのです モッツはここで何かしていますね 恐らく右手でこういう風にしています なぜなら左側は運動皮質によって 活性化されるからです 彼も同じくその様子を確認できます このような可視化は新しい取り組みであり 私たちが少し前から研究している分野です

これはモッツの脳の別の部分です 彼には 100から逆に計算するように頼みました 「100 97 94...」とった具合に 計算しています 彼の脳の小さな計算に関わる領域が活性化し 脳の全体を光らせているのがわかります 素晴らしい結果です リアルタイムで計測できます 彼に依頼して調査を行うことが可能です 更に彼の視覚野が 頭頂部の後ろ側で活性化しています なぜなら自分自身の脳を見ているからです また彼は 私たちが彼に何かをさせるための 命令を聞いています この信号は脳の奥深くで発せられていますが 中で光っているのが確認できます 全てのデータがここに含まれているからです ここでは以下のような光景をご覧頂けます モッツ 左足を動かしてください 彼はその通りにします 20秒間そのままの状態でいます するとここが急に光ります 運動皮質が活性化されたことが確認できます 非常に面白い結果です これはとても素晴らしいツールだと思います そして今までお話しした内容をまとめると ニューロンや脳がどのように 機能しているのかを理解する上で とても使えるツールであると考えます 何より非常に高画質かつ高分解能な上 高速に処理できます

さらにセンター内で少々面白いことも行っています これはCAT(コンピューター断層撮影)スキャンです これはノーショーピングのはずれにある コルマルデン動物園からのエルサというライオンです 彼女はセンターに来て 鎮静状態にされ そのままスキャナー内に運び込みました その後 ライオンの全データを取得しました このようなライオンの画像に対して レイヤーを剥ぎ取っていき 内部を確認していきます このようにして検証を行ってきました これは未来のテクノロジーにおける 大変優れたアプリだと思います なぜなら 動物解剖学については未知の部分も多く 獣医側で知られているのは基本的な知識に限られています あらゆる動物をはじめ あらゆるものをスキャンできます 唯一の問題は機械の中に入れることくらいです これは熊です 機械に入れるのに苦労しました 熊は非常にかわいらしい 友好的な動物です これは 熊の鼻の部分です 抱きしめたくなるでしょう 機能を変更してこれを見るまでは 熊には注意しましょう

以上をもって これらの画像の生成を手伝って頂いた 全ての方々に感謝したいと思います データの収集やアルゴリズムの開発 全てのソフトウェアを作り上げるまでに 非常に多くの労力がかかっています 非常に能力のある方々のおかげです 私のモットーは 私よりも頭の良い人達を雇うことです 多くは私より頭が良い方々ばかりです

ありがとうございました

(拍手)

I will start by posing a little bit of a challenge: the challenge of dealing with data, data that we have to deal with in medical situations. It's really a huge challenge for us. And this is our beast of burden -- this is a Computer Tomography machine, a CT machine. It's a fantastic device. It uses X-rays, X-ray beams, that are rotating very fast around the human body. It takes about 30 seconds to go through the whole machine and is generating enormous amounts of information that comes out of the machine. So this is a fantastic machine that we can use for improving health care, but as I said, it's also a challenge for us. And the challenge is really found in this picture here. It's the medical data explosion that we're having right now. We're facing this problem. And let me step back in time.

Let's go back a few years in time and see what happened back then. These machines that came out -- they started coming in the 1970s -- they would scan human bodies, and they would generate about 100 images of the human body. And I've taken the liberty, just for clarity, to translate that to data slices. That would correspond to about 50 megabytes of data, which is small when you think about the data we can handle today just on normal mobile devices. If you translate that to phone books, it's about one meter of phone books in the pile. Looking at what we're doing today with these machines that we have, we can, just in a few seconds, get 24,000 images out of a body, and that would correspond to about 20 gigabytes of data, or 800 phone books, and the pile would then be 200 meters of phone books. What's about to happen -- and we're seeing this; it's beginning -- a technology trend that's happening right now is that we're starting to look at time-resolved situations as well. So we're getting the dynamics out of the body as well. And just assume that we will be collecting data during five seconds, and that would correspond to one terabyte of data -- that's 800,000 books and 16 kilometers of phone books. That's one patient,one data set. And this is what we have to deal with.

So this is really the enormous challenge that we have. And already today -- this is 25,000 images. Imagine the days when we had radiologists doing this. They would put up 25,000 images, they would go like this, "25,0000, okay, okay. There is the problem." They can't do that anymore. That's impossible. So we have to do something that's a little bit more intelligent than doing this. So what we do is that we put all these slices together. Imagine that you slice your body in all these directions, and then you try to put the slices back together again into a pile of data, into a block of data. So this is really what we're doing. So this gigabyte or terabyte of data, we're putting it into this block. But of course, the block of data just contains the amount of X-ray that's been absorbed in each point in the human body. So what we need to do is to figure out a way of looking at the things we do want to look at and make things transparent that we don't want to look at. So transforming the data set into something that looks like this. And this is a challenge. This is a huge challenge for us to do that.

Using computers, even though they're getting faster and better all the time, it's a challenge to deal with gigabytes of data, terabytes of data and extracting the relevant information. I want to look at the heart. I want to look at the blood vessels. I want to look at the liver. Maybe even find a tumor, in some cases. So this is where this little dear comes into play. This is my daughter. This is as of 9 a.m. this morning. She's playing a computer game. She's only two years old, and she's having a blast. So she's really the driving force behind the development of graphics-processing units. As long as kids are playing computer games, graphics is getting better and better and better. So please go back home, tell your kids to play more games, because that's what I need.

So what's inside of this machine is what enables me to do the things that I'm doing with the medical data. So really what I'm doing is using these fantastic little devices. And you know, going back maybe 10 years in time when I got the funding to buy my first graphics computer -- it was a huge machine. It was cabinets of processors and storage and everything. I paid about one million dollars for that machine. That machine is, today, about as fast as my iPhone. So every month there are new graphics cards coming out, and here is a few of the latest ones from the vendors -- NVIDIA, ATI, Intel is out there as well. And you know, for a few hundred bucks you can get these things and put them into your computer, and you can do fantastic things with these graphics cards. So this is really what's enabling us to deal with the explosion of data in medicine, together with some really nifty work in terms of algorithms -- compressing data, extracting the relevant information that people are doing research on.

So I'm going to show you a few examples of what we can do. This is a data set that was captured using a CT scanner. You can see that this is a full data [ set ] . It's a woman. You can see the hair. You can see the individual structures of the woman. You can see that there is [ a ] scattering of X-rays on the teeth, the metal in the teeth. That's where those artifacts are coming from. But fully interactively on standard graphics cards on a normal computer, I can just put in a clip plane. And of course all the data is inside, so I can start rotating, I can look at it from different angles, and I can see that this woman had a problem. She had a bleeding up in the brain, and that's been fixed with a little stent, a metal clamp that's tightening up the vessel. And just by changing the functions, then I can decide what's going to be transparent and what's going to be visible. I can look at the skull structure, and I can see that, okay, this is where they opened up the skull on this woman, and that's where they went in. So these are fantastic images. They're really high resolution, and they're really showing us what we can do with standard graphics cards today.

Now we have really made use of this, and we have tried to squeeze a lot of data into the system. And one of the applications that we've been working on -- and this has gotten a little bit of traction worldwide -- is the application of virtual autopsies. So again, looking at very, very large data sets, and you saw those full-body scans that we can do. We're just pushing the body through the whole CT scanner, and just in a few seconds we can get a full-body data set. So this is from a virtual autopsy. And you can see how I'm gradually peeling off. First you saw the body bag that the body came in, then I'm peeling off the skin -- you can see the muscles -- and eventually you can see the bone structure of this woman.

Now at this point, I would also like to emphasize that, with the greatest respect for the people that I'm now going to show -- I'm going to show you a few cases of virtual autopsies -- so it's with great respect for the people that have died under violent circumstances that I'm showing these pictures to you. In the forensic case -- and this is something that ... there's been approximately 400 cases so far just in the part of Sweden that I come from that has been undergoing virtual autopsies in the past four years. So this will be the typical workflow situation. The police will decide -- in the evening, when there's a case coming in -- they will decide, okay, is this a case where we need to do an autopsy? So in the morning, in between six and seven in the morning, the body is then transported inside of the body bag to our center and is being scanned through one of the CT scanners. And then the radiologist, together with the pathologist and sometimes the forensic scientist, looks at the data that's coming out, and they have a joint session. And then they decide what to do in the real physical autopsy after that.

Now looking at a few cases, here's one of the first cases that we had. You can really see the details of the data set. It's very high-resolution, and it's our algorithms that allow us to zoom in on all the details. And again, it's fully interactive, so you can rotate and you can look at things in real time on these systems here. Without saying too much about this case, this is a traffic accident, a drunk driver hit a woman. And it's very, very easy to see the damages on the bone structure. And the cause of death is the broken neck. And this women also ended up under the car, so she's quite badly beaten up by this injury.

Here's another case, a knifing. And this is also again showing us what we can do. It's very easy to look at metal artifacts that we can show inside of the body. You can also see some of the artifacts from the teeth -- that's actually the filling of the teeth -- but because I've set the functions to show me metal and make everything else transparent. Here's another violent case. This really didn't kill the person. The person was killed by stabs in the heart, but they just deposited the knife by putting it through one of the eyeballs. Here's another case. It's very interesting for us to be able to look at things like knife stabbings. Here you can see that knife went through the heart. It's very easy to see how air has been leaking from one part to another part, which is difficult to do in a normal, standard, physical autopsy. So it really, really helps the criminal investigation to establish the cause of death, and in some cases also directing the investigation in the right direction to find out who the killer really was.

Here's another case that I think is interesting. Here you can see a bullet that has lodged just next to the spine on this person. And what we've done is that we've turned the bullet into a light source, so that bullet is actually shining, and it makes it really easy to find these fragments. During a physical autopsy, if you actually have to dig through the body to find these fragments, that's actually quite hard to do.

One of the things that I'm really, really happy to be able to show you here today is our virtual autopsy table. It's a touch device that we have developed based on these algorithms, using standard graphics GPUs. It actually looks like this, just to give you a feeling for what it looks like. It really just works like a huge iPhone. So we've implemented all the gestures you can do on the table, and you can think of it as an enormous touch interface. So if you were thinking of buying an iPad, forget about it. This is what you want instead. Steve, I hope you're listening to this, all right. So it's a very nice little device. So if you have the opportunity, please try it out. It's really a hands-on experience. So it gained some traction, and we're trying to roll this out and trying to use it for educational purposes, but also, perhaps in the future, in a more clinical situation. There's a YouTube video that you can download and look at this, if you want to convey the information to other people about virtual autopsies.

Okay, now that we're talking about touch, let me move on to really "touching" data. And this is a bit of science fiction now, so we're moving into really the future. This is not really what the medical doctors are using right now, but I hope they will in the future. So what you're seeing on the left is a touch device. It's a little mechanical pen that has very, very fast step motors inside of the pen. And so I can generate a force feedback. So when I virtually touch data, it will generate forces in the pen, so I get a feedback. So in this particular situation, it's a scan of a living person. I have this pen, and I look at the data, and I move the pen towards the head, and all of a sudden I feel resistance. So I can feel the skin. If I push a little bit harder, I'll go through the skin, and I can feel the bone structure inside. If I push even harder, I'll go through the bone structure, especially close to the ear where the bone is very soft. And then I can feel the brain inside, and this will be the slushy like this.

So this is really nice. And to take that even further, this is a heart. And this is also due to these fantastic new scanners, that just in 0.3 seconds, I can scan the whole heart, and I can do that with time resolution. So just looking at this heart, I can play back a video here. And this is Karljohan,one of my graduate students who's been working on this project. And he's sitting there in front of the Haptic device, the force feedback system, and he's moving his pen towards the heart, and the heart is now beating in front of him, so he can see how the heart is beating. He's taken the pen, and he's moving it towards the heart, and he's putting it on the heart, and then he feels the heartbeats from the real living patient. Then he can examine how the heart is moving. He can go inside, push inside of the heart, and really feel how the valves are moving. And this, I think, is really the future for heart surgeons. I mean it's probably the wet dream for a heart surgeon to be able to go inside of the patient's heart before you actually do surgery, and do that with high-quality resolution data. So this is really neat.

Now we're going even further into science fiction. And we heard a little bit about functional MRI. Now this is really an interesting project. MRI is using magnetic fields and radio frequencies to scan the brain, or any part of the body. So what we're really getting out of this is information of the structure of the brain, but we can also measure the difference in magnetic properties of blood that's oxygenated and blood that's depleted of oxygen. That means that it's possible to map out the activity of the brain. So this is something that we've been working on. And you just saw Motts the research engineer, there, going into the MRI system, and he was wearing goggles. So he could actually see things in the goggles. So I could present things to him while he's in the scanner. And this is a little bit freaky, because what Motts is seeing is actually this. He's seeing his own brain. So Motts is doing something here, and probably he is going like this with his right hand, because the left side is activated on the motor cortex. And then he can see that at the same time. These visualizations are brand new. And this is something that we've been researching for a little while.

This is another sequence of Motts' brain. And here we asked Motts to calculate backwards from 100. So he's going "100,97,94." And then he's going backwards. And you can see how the little math processor is working up here in his brain and is lighting up the whole brain. Well this is fantastic. We can do this in real time. We can investigate things. We can tell him to do things. You can also see that his visual cortex is activated in the back of the head, because that's where he's seeing, he's seeing his own brain. And he's also hearing our instructions when we tell him to do things. The signal is really deep inside of the brain as well, and it's shining through, because all of the data is inside this volume. And in just a second here you will see -- okay, here. Motts, now move your left foot. So he's going like this. For 20 seconds he's going like that, and all of a sudden it lights up up here. So we've got motor cortex activation up there. So this is really, really nice, and I think this is a great tool. And connecting also with the previous talk here, this is something that we could use as a tool to really understand how the neurons are working, how the brain is working, and we can do this with very, very high visual quality and very fast resolution.

Now we're also having a bit of fun at the center. So this is a CAT scan -- Computer Aided Tomography. So this is a lion from the local zoo outside of Norrkoping in Kolmarden, Elsa. So she came to the center, and they sedated her and then put her straight into the scanner. And then, of course, I get the whole data set from the lion. And I can do very nice images like this. I can peel off the layer of the lion. I can look inside of it. And we've been experimenting with this. And I think this is a great application for the future of this technology, because there's very little known about the animal anatomy. What's known out there for veterinarians is kind of basic information. We can scan all sorts of things, all sorts of animals. The only problem is to fit it into the machine. So here's a bear. It was kind of hard to get it in. And the bear is a cuddly, friendly animal. And here it is. Here is the nose of the bear. And you might want to cuddle this one, until you change the functions and look at this. So be aware of the bear.

So with that, I'd like to thank all the people who have helped me to generate these images. It's a huge effort that goes into doing this, gathering the data and developing the algorithms, writing all the software. So, some very talented people. My motto is always, I only hire people that are smarter than I am and most of these are smarter than I am.

So thank you very much.

(Applause)

I will start by posing a little bit of a challenge:/ the challenge of dealing with data,/ data/ that we have to deal/ with in medical situations.//

まず始めに医療に関係する データを取り扱う 課題について ご説明します

It's really/ a huge challenge/ for us.//

これは私たちにとって大きな課題です

And this is our beast of burden --/ this is a Computer Tomography machine,/ a CT machine.//

そんな私たちを助けるのがこの機械です これはコンピュータ断層撮影装置 通称 CTです

素晴らしい装置です

It uses X-rays,/ X-ray beams,/ that are rotating very fast/ around the human body.//

人体の周りに対して 高速で回転するX線が使われます

It takes about 30 seconds/ to go through the whole machine/ and is generating enormous amounts of information/ that comes out of the machine.//

機械を端から端まで通り抜けるのに およそ30秒かかり そこから膨大な 情報が出力されます

So this is a fantastic machine/ that we can use for improving health care,/ but/ as I said,/ it's also/ a challenge/ for us.//

健康管理の向上のために 使える 大変素晴らしい機械です しかし 私たちにとっての課題でもあるのです

And the challenge is really found in this picture here.//

その課題はこちらの画像で見て取れます

It's the medical data explosion/ that we're having/ right now.//

これは現在私たちが直面している 医療データの爆発的な増加問題です

We're facing/ this problem.//

この問題に現在取り組んでいます

And let me/ step back/ in time.//

過去に遡りましょう

Let's go back/ a few years/ in time/ and see/ what happened back then.//

数年前に何が起こったかご説明します

These machines/ that came out --/ they started coming/ in the 1970s --/ they would scan human bodies,/ and they would generate about 100 images of the human body.//

これらの機械は 1970年頃に導入され始め 人体をスキャンし 100枚程度の人体画像を 生成します

And I've taken the liberty,/ just/ for clarity,/ to translate/ that to data slices.//

大変勝手ながら 明確化するために それらをデータをデジタル化すると

That would correspond to about 50 megabytes of data,/ which is small/ when you think about the data/ we can handle today just/ on normal mobile devices.//

大体50MBの大きさになります 情報量自体は私たちが 現在扱っているデータに比べると小さいでしょう 通常のモバイル機器で扱えます

If you translate/ that to phone books,/ it's about one meter of phone books/ in the pile.//

電話帳に例えると 1メートル分積み上げた電話帳の数に相当します

Looking at what we're doing today/ with these machines/ that we have,/ we can,/ just/ in a few seconds,/ get 24,000 images/ out of a body,/ and that would correspond to about 20 gigabytes of data,/ or 800 phone books,/ and the pile would then be 200 meters of phone books.//

現在私たちが扱っている これらの機械は 数秒以内に 2万4千枚もの人体の画像を生成します これは20GBものデータ もしくは 電話帳800冊分の情報量です 重ねれば200メートルは行くでしょう

What's/ about to happen --/ and we're seeing/ this;/ it's beginning --/ a technology trend/ that's happening right now is/ that we're starting to look/ at time-resolved situations/ as well.//

何が起きようとしているか 今まさに起き始めている 技術トレンドとは 測定時間中の人体の状態を見れるようになったことです

So we're getting/ the dynamics/ out of the body/ as well.//

つまり人体の挙動を解剖なしで確認できるのです

And just assume/ that we will be collecting data/ during five seconds,/ and that would correspond to one terabyte of data --/ that's 800,000 books and 16 kilometers of phone books.//

それでは 5秒もの間 データを取得したとしましょう それは1テラバイトものデータになります これは 80万冊の本 あるいは 16km分重ねた電話帳に相当します

That's one patient,/one data set.//

これは患者一人分のデータです

And this is/ what we have to deal/ with.//

私たちが取り組む対象です

So this is really the enormous challenge/ that we have.//

実に途方もない仕事です

And already/ today --/ this is 25,000 images.//

これで 2万5千枚もあります

Imagine/ the days/ when we had radiologists/ doing this.//

これらを放射線専門医が 対応する姿を想像してみてください

They would put up/ 25,000 images,/ they would go like this,/ "25,0000,/ okay,/ okay.//

2万5千枚もの画像を前に こう言うのです 「えっと 2万5千枚か

There is the problem."//

ああ ここが問題の箇所だ」

They can't do that anymore.// That's impossible.//

もうそのようなことはできません 不可能です

So we have to do/ something/ that's a little bit more intelligent/ than doing this.//

そうするよりももっと合理的な方法を行う必要があります

So/ what we do/ is/ that we put all these slices together.//

まずこれらの画像を一つにまとめます

Imagine/ that you slice your body/ in all these directions,/ and then/ you try to put/ the slices back together again/ into a pile of data,/ into a block of data.//

自分自身の体をあらゆる角度から薄切りにし それらを再度元のデータの塊に戻すことを 想像してみてください

So this is really/ what we're doing.//

そういうことを私たちは行っているのです

So this gigabyte or terabyte of data,/ we're putting/ it/ into this block.//

このギガ テラバイト級のデータを元の塊に戻します

But of course,/ the block of data just contains the amount of X-ray/ that's been absorbed in each point/ in the human body.//

もちろん データの塊は 単に 人体のそれぞれの箇所において 吸収されたX線の総量のみを表します

So what we need to do/ is to figure out/ a way of looking at the things/ we do want to look/ at and make things/ transparent/ that we don't want to look/ at.//

そこで まずは私たちが 注目していないものは透過し 確認したいもののみを 見れるようにする必要があります

So transforming/ the data set into something/ that looks like this.//

つまり このような形に データを変換したいのです

And this is a challenge.//

この課題は

This is a huge challenge/ for us/ to do/ that.//

私たちにとって とてつもない難題でした

Using computers,/ even though they're getting/ faster and better/ all the time,/ it's a challenge/ to deal with gigabytes of data,/ terabytes of data/ and extracting the relevant information.//

絶えず処理速度や性能が良くなるコンピュータでも ギガバイトや テラバイト級のデータを対象に 関連情報を抽出するのは困難な作業です

I want to look/ at the heart.//

心臓であったり血管や肝臓を

I want to look/ at the blood vessels.// I want to look/ at the liver.//

見たい時があるかもしれません

Maybe even find a tumor,/ in some cases.//

もしかしたら腫瘍を発見する こともあるかもしれません

So this is/ where this little dear comes into play.//

そこでこの可愛らしい子の出番です

This is my daughter.//

これは私の娘です

This is as of 9 a.m./ this morning.//

今朝の9時頃の彼女の様子です

She's playing a computer game.//

彼女はゲームで遊んでいます

She's only two years old,/ and she's having a blast.//

まだ2歳児ですが とても楽しんでいます

So she's really/ the driving force/ behind the development of graphics-processing units.//

彼女はGPU開発の 推進役といっていいでしょう

As long/ as kids are playing computer games,/ graphics is getting better and better/ and better.//

子供達がゲームを遊ぶ限り グラフィックは進化し続けるのです

So please go back/ home,/ tell your kids/ to play more games,/ because that's/ what I need.//

帰ったら 是非ゲームを勧めてください それが私たちには必要だからです

So/ what's inside of this machine is/ what enables me/ to do the things/ that I'm doing/ with the medical data.//

この機械の中には 私が医療データに対して行っていることを 可能にしてくれるものが存在します

So really/ what I'm doing/ is using these fantastic little devices.//

実はこのような小さな装置を使っています

And you know,/ going back maybe/ 10 years/ in time/ when I got the funding/ to buy my first graphics computer --/ it was a huge machine.//

ご存知のように おそらく10年程前 私が 1台目の画像処理用のコンピュータを 買う予算を得た時代の頃は それはとても巨大なマシンでした

It was cabinets of processors and storage and everything.//

プロセッサやらストレージなどあらゆるものが詰め込まれていました

I paid about one million dollars/ for that machine.//

私はそのマシンに100万ドル支払いました

That machine is,/ today,/ about as fast/ as my iPhone.//

そんな機械も 今や私のiPhoneと同じくらいの性能です

So every month/ there are new graphics cards/ coming out,/ and here is a few of the latest ones/ from the vendors --/ NVIDIA,/ ATI,/ Intel is out there/ as well.//

毎月 新型のグラフィックカードが販売されますが これは NVDIA ATI Intelといったベンダーから頂いた 数少ない最新モデルです

And you know,/ for a few hundred bucks/ you can get these things/ and put them/ into your computer,/ and you can do fantastic things/ with these graphics cards.//

ご存知のように 数百ドルも払えば このようなグラフィックカードを購入し コンピュータに追加して様々なことが可能になります

So this is really/ what's enabling us/ to deal with the explosion of data/ in medicine,/ together/ with some really nifty work/ in terms of algorithms --/ compressing data,/ extracting the relevant information/ that people are doing research on.//

このように これらと共に 人々に研究されている アルゴリズム開発や データの圧縮方法 関連情報の抽出方法などによって 膨大な医療データを取り扱うことを可能にしています

So I'm going to show/ you/ a few examples of what we can do.//

それでは 私たちが出来るいくつかの例をご紹介します

This is a data set/ that was captured using a CT scanner.//

これはCTスキャナーによって取得されたデータです

You can see/ that this is a full data [ set ] .//

ご覧のようにこれは完全なデータです

It's a woman.// You can see the hair.//

これは女性で 髪の毛が見えます

You can see the individual structures of the woman.//

女性の身体の個別構成を確認することができます

You can see/ that there is [ a ]/ scattering of X-rays/ on the teeth,/ the metal/ in the teeth.//

このように歯の金属部分に対して X線が拡散していることが見て取れます

That's/ where those artifacts are coming from.//

ノイズが発生しているのはそういう部分です

But fully interactively/ on standard graphics cards/ on a normal computer,/ I can just put in a clip plane.//

でも 通常のコンピュータ内の 標準のグラフィックカードによって インタラクティブに 断面を作ることができます

And of course/ all the data is inside,/ so I can start rotating,/ I can look at it/ from different angles,/ and I can see/ that this woman had a problem.//

全てのデータは格納されているので 回転させたり 別の異なるアングルから確認ができます この女性は問題を抱えていたようですね

She had a bleeding up/ in the brain,/ and that's been fixed with a little stent,/ a metal clamp/ that's tightening up/ the vessel.//

脳内出血を起こしていたようですが 小さなステントと呼ばれる血管を狭める 金属製の留め具で治療されています

And just/ by changing the functions,/ then/ I can decide/ what's going to be transparent/ and what's going to be visible.//

そして機能を変えることで 何を透明にし何を見えるようにするか 決めることができます

I can look at the skull structure,/ and I can see/ that,/ okay,/ this is/ where they opened up/ the skull/ on this woman,/ and that's/ where they went in.//

骨格を見ることができます これが 女性の頭蓋骨を開けた部分で ここから中に入ったようです

So/ these are fantastic images.//

これらは素晴らしい画像です

They're really high resolution,/ and they're really showing/ us/ what we can do with standard graphics cards today.//

非常に解像度が高く 現在の標準グラフィックカードを使って 何が出来るかをとても良く示しています

Now/ we have really made use of this,/ and we have tried to squeeze/ a lot of data/ into the system.//

効果的な利用方法を編み出した私たちは 膨大なデータをシステム上に 圧縮することを試みました

And one of the applications/ that we've been working on --/ and this has gotten a little bit of traction worldwide --/ is the application of virtual autopsies.//

私たちの取り組んでいるアプリのうちの 一つは 世界中で少しずつ話題になりつつある バーチャル解剖アプリです

So again,/ looking at very,/ very large data sets,/ and you saw those full-body scans/ that we can do.//

同じように 全身スキャンの画像といった 非常に巨大なデータセットを使います

We're just pushing/ the body/ through the whole CT scanner,/ and just/ in a few seconds/ we can get/ a full-body data set.//

CTスキャナーに全身を通し 数秒後に全身の画像データを得ることができます

So this is from a virtual autopsy.//

これがバーチャル解剖です

And you can see/ how I'm gradually peeling/ off.//

こうやって徐々に剥ぎ取っていきます

First/ you saw the body bag/ that the body came in,/ then/ I'm peeling/ off the skin --/ you can see the muscles --/ and eventually/ you can see the bone structure of this woman.//

始めに遺体袋が確認できます 次に皮を剥ぎ取り 筋肉が見えますね 最後にこの女性の骨格がご覧になれます

Now/ at this point,/ I would also like to emphasize/ that,/ with the greatest respect/ for the people/ that I'm now going to show --/ I'm going to show/ you/ a few cases of virtual autopsies --/ so it's with great respect/ for the people/ that have died under violent circumstances/ that I'm showing/ these pictures/ to you.//

ここからは これからお見せする人々に 対し敬意を持って いくつかのバーチャル解剖をお見せします 凶悪な事件によって お亡くなりになられた方々に敬意を払いつつ これらの画像を

In the forensic case --/ and this is something/ that ...// there's been approximately 400 cases so far just/ in the part of Sweden/ that I come from that has been undergoing virtual autopsies/ in the past four years.//

法医学的な事例としてお見せします これらは私の出身である スウェーデンだけで 過去4年間において およそ400件バーチャル解剖が 執り行われています

So this will be the typical workflow situation.//

これが通常のワークフローです

The police will decide --/ in the evening,/ when there's a case/ coming in --/ they will decide,/ okay,/ is this a case/ where we need to do an autopsy?//

警察は 例えば夕方に 事件が起きたとして 解剖の必要があるかどうか判断します

So/ in the morning,/ in between six and seven/ in the morning,/ the body is then transported inside of the body bag/ to our center/ and is being scanned through one of the CT scanners.//

そして朝の6時から7時にかけて 袋に包まれた遺体が 私たちのセンターに移送され CTスキャナーの一つでスキャンされます

And then/ the radiologist,/ together/ with the pathologist/ and sometimes/ the forensic scientist,/ looks at the data/ that's coming out,/ and they have a joint session.//

病理学者やたまに法医学の研究者を 伴った放射線科医が 出力されるデータを確認し 合同で会議を開きます

And then/ they decide/ what to do in the real physical autopsy/ after/ that.//

そして本当の解剖をどのように行うか決めるのです

Now/ looking at a few cases,/ here's one of the first cases/ that we had.//

いくつかの事例のうち 私たちが担当した初期の事例を紹介します

You can really see the details of the data set.//

このようにデータを本当に詳細に確認できます

It's very high-resolution,/ and it's our algorithms/ that allow us/ to zoom in/ on all the details.//

とても高画質です さらに私たちが考案したアルゴリズムによって 詳細な部分を拡大をすることが可能です

And again,/ it's fully interactive,/ so you can rotate/ and you can look at things/ in real time/ on these systems here.//

繰り返しますが 完全にインタラクティブで このシステムによってリアルタイムで 画像を回転させて見ることが可能です

Without saying too much/ about this case,/ this is a traffic accident,/ a drunk driver hit a woman.//

こちらの事例の説明は不要かもしれませんが これは交通事故です 酔っぱらった運転手が女性をひきました

And it's very, very easy to see the damages/ on the bone structure.//

骨格の損傷を確認することがとても容易です

And the cause of death is the broken neck.//

死因は首の損傷です

And this women also ended up/ under the car,/ so she's quite badly beaten up/ by this injury.//

さらに女性は車に下敷きになってしまったため その怪我によって体に 重度の損傷を負っています

Here's another case,/ a knifing.//

別の事例を紹介します 刺殺事件です

And this is also again showing us/ what we can do.//

私たちにできることを この例でも説明します

It's very easy/ to look at metal artifacts/ that we can show inside of the body.//

体内に存在する金属製品を 簡単に確認することができます

You can also see some of the artifacts/ from the teeth --/ that's actually/ the filling of the teeth --/ but/ because I've set the functions/ to show me/ metal/ and make everything else transparent.//

歯の中の加工物も確認できます これは歯の詰め物です 金属のみを表示し その他は透明にする機能を 設定しています

Here's another violent case.// This really didn't kill the person.//

別の凶悪な事例を紹介します これは実際の致命傷ではありません

The person was killed by stabs/ in the heart,/ but they just deposited the knife/ by putting it/ through one of the eyeballs.//

この方は心臓に複数回刺され 死亡しました しかし犯人はさらにナイフを 片方の眼球に刺したままにしたのです

Here's another case.//

別の事例を紹介します

It's very interesting/ for us/ to be able to look at things/ like knife stabbings.//

ナイフによる刺殺の事例などを検証できることは 私たちにとって大変興味深いものです

Here/ you can see/ that knife went through the heart.//

ここではナイフが心臓に突き刺さっているのが確認できます

It's very easy/ to see/ how air has been leaking from one part/ to another part,/ which is difficult/ to do in a normal, standard, physical autopsy.//

空気が一方からもう一方へと 漏れだしている様子が簡単に確認できます 通常の解剖ではこのようなことを確認することは困難です

So it really,/ really helps the criminal investigation/ to establish the cause of death,/ and in some cases also/ directing the investigation/ in the right direction to find out/ who the killer really was.//

このように 死因を判断する上で 犯罪捜査に大変有効です また 捜査を正しい方向へ導き 真の殺人犯を 突き止める場合もあります

Here's another case/ that I think is interesting.//

これは 私が興味深いと感じた事例です

Here/ you can see a bullet/ that has lodged just next/ to the spine/ on this person.//

弾丸がこの方の脊椎の横に 留まっているのが見えます

And what we've done/ is/ that we've turned the bullet/ into a light source,/ so that bullet is actually shining,/ and it makes it really easy to find/ these fragments.//

この弾丸を光源に変換することで 弾丸がこれらの破片を光らせて 見つけやすくしています

During a physical autopsy,/ if you actually have to dig/ through the body/ to find these fragments,/ that's actually quite hard/ to do.//

通常の解剖を行う際にこれらの破片を 体内から見つけだそうとする場合は 実際には大変困難です

One of the things/ that I'm really,/ really happy to be able to show you here/ today is our virtual autopsy table.//

今日 皆さんにお見せ出来ることを 嬉しく思っているものの一つが このバーチャル解剖テーブルです

It's a touch device/ that we have developed based/ on these algorithms,/ using standard graphics GPUs.//

これは標準のGPUと今までのアルゴリズムを 元に私たちが開発したタッチデバイスです

It actually looks like this,/ just to give you/ a feeling/ for what it looks like.//

実際には このような形となっています

It really just works like a huge iPhone.//

巨大なiPhoneのように動作します

So we've implemented all the gestures/ you can do on the table,/ and you can think of it/ as an enormous touch interface.//

テーブル上で 行える全てのジェスチャーを実装しています 巨大なタッチインターフェースと考えて頂ければと思います

So/ if you were thinking of buying an iPad,/ forget about it.// This is/ what you want instead.//

iPadを買おうと考えている方は 忘れてください これこそ皆さんが欲していたものです

Steve,/ I hope/ you're listening/ to this,/ all right.//

スティーブ あなたがこれを聞いてくれているといいんですが

So it's a very nice little device.//

という訳で これはとても良いデバイスです

So/ if you have the opportunity,/ please try/ it out.//

もし機会があれば 是非使ってみてください

It's really/ a hands-on experience.//

実体験して頂くことをお勧めします

So it gained some traction,/ and we're trying to roll/ this out/ and trying to use/ it/ for educational purposes,/ but also,/ perhaps/ in the future,/ in a more clinical situation.//

注目も集めたことなので 私たちはこれの教育目的の 利用を想定して製品化を目指しており 将来的には 医療現場での利用も考えています

There's a YouTube video/ that you can download/ and look at this,/ if you want to convey/ the information/ to other people/ about virtual autopsies.//

バーチャル解剖について紹介したい場合は YouTubeに閲覧できる動画があるので 是非ご利用ください

Okay,/ now/ that we're talking/ about touch,/ let me/ move on/ to really "touching"/ data.//

「触れる」ことについてご紹介したので 次は本当にデータに触れることについてお話します

And this is a bit of science fiction now,/ so we're moving/ into really/ the future.//

若干SFが入ってきますが 未来のことについてお話します

This is not really/ what the medical doctors are using right now,/ but I hope/ they will in the future.//

今は 医師がこれを利用している訳ではありませんが 将来は 使っていることに期待しています

So/ what you're seeing/ on the left is a touch device.//

左側に見えるのはタッチデバイスです

It's a little mechanical pen/ that has very, very fast step motors/ inside of the pen.//

小さな機械式のペンで 高速のステッピング・モーターが内蔵されており

And so/ I can generate a force feedback.//

フィードバックを生むことができます

So/ when I/ virtually touch data,/ it will generate forces/ in the pen,/ so I get a feedback.//

よって データに仮想的に触れると ペンに接触力が生まれ 感覚を得ることができるのです

So/ in this particular situation,/ it's a scan of a living person.//

このように生きている方の スキャン画像に対して

I have this pen,/ and I look at the data,/ and I move the pen/ towards the head,/ and all of a sudden/ I feel resistance.//

ペンを持って データを確認しながら 頭部に向けてペンを動かすと 突如 抵抗力を感じることができます

So I can feel the skin.//

このように皮膚を感じることができます

If I push a little bit harder,/ I'll go through the skin,/ and I can feel the bone structure inside.//

もう少し強く押すと 皮膚を通り抜け 中の骨格を感じることができます

If I push even harder,/ I'll go through the bone structure,/ especially close/ to the ear/ where the bone is very soft.//

さらに強く押せば 骨格を通り抜け 耳のすぐ近くの柔らかい骨を通り

And then/ I can feel the brain inside,/ and this will be the slushy/ like this.//

ぬるぬるしたような感じで 脳の部分を感じることができます

So this is really nice.//

非常に有効な機能です

And to take that even further,/ this is a heart.//

さらに例を紹介します これが心臓です

And this is also due/ to these fantastic new scanners,/ that just/ in 0.3 seconds,/ I can scan the whole heart,/ and I can do that/ with time resolution.//

新型のスキャナーのおかげで たった0.3秒で 心臓全体をスキャンすることができます さらに時間分解が行えるため

So just looking/ at this heart,/ I can play back/ a video here.//

心臓を見ながら 動画を再生することが可能です

And this is Karljohan,/one of my graduate students/ who's been working on this project.//

彼はこのプロジェクトに取り組んでいる 大学院生の一人でカーデュアンと言います

And he's sitting there/ in front of the Haptic device,/ the force feedback system,/ and he's moving his pen/ towards the heart,/ and the heart is now beating in front of him,/ so he can see/ how the heart is beating.//

フィードバックシステムである触覚装置の前に座りながら 心臓に向けてペンを動かすと 心臓が目の前で拍動しはじめます どのように心臓が拍動するのか確認できるのです

He's taken the pen,/ and he's moving it/ towards the heart,/ and he's putting it/ on the heart,/ and then/ he feels the heartbeats/ from the real living patient.//

ペンをとって 心臓に向けて動かし 心臓の上にペンを置くと 生きた患者の心臓の鼓動を感じることができるため

Then/ he can examine/ how the heart is moving.//

心臓の動作を確認することができます

He can go inside,/ push inside of the heart,/ and really feel/ how the valves are moving.//

心臓の中に移動し 内部を押して 心臓弁の動作を感じることができます

And this,/ I think,/ is really the future/ for heart surgeons.//

これこそが 心臓外科医の将来の姿であると考えます

I mean/ it's probably/ the wet dream/ for a heart surgeon/ to be able to go inside of the patient's heart/ before you actually do surgery,/ and do that/ with high-quality resolution data.//

心臓外科医にとって 患者の心臓の中を 高解像度のデータを元に手術前に 確認するなんて夢のような話でしょう

So this is really neat.//

非常に素晴らしい構想です

Now/ we're going/ even further/ into science fiction.//

さらにSFに近いものをご紹介します

And we heard a little bit/ about functional MRI.//

機能MRIについてご存知でしょうか

Now/ this is really an interesting project.//

これはとても興味深いプロジェクトです

MRI is using magnetic fields and radio frequencies/ to scan the brain,/ or any part of the body.//

MRIは磁場と周波数を利用し 脳や体の あらゆる部分をスキャンすることができます

So/ what we're really getting/ out of this is information of the structure of the brain,/ but we can also measure the difference/ in magnetic properties of blood/ that's oxygenated/ and blood/ that's depleted of oxygen.//

これによって 脳の構造についての情報が得られます しかし 更にこれを使って 酸素を含む血液と そうでない血液の磁性の差を測定することが可能です

That means/ that it's possible/ to map out/ the activity of the brain.//

これはつまり 脳の活動を映し出すことが可能なのです

So this is something/ that we've been working on.//

私たちはこれにも取り組んでいます

And you just saw Motts/ the research engineer,/ there,/ going into the MRI system,/ and he was wearing goggles.//

ちょうど研究技術者であるモッツが MRIにゴーグルを着用して 中に入る所をご覧頂いています

So he could actually see things/ in the goggles.//

これはゴーグルを通して

So/ I could present things/ to him/ while he's in the scanner.//

彼にスキャナーにいながら映像を見せることができるためです

And this is a little bit freaky,/ because/ what Motts is seeing is actually this.//

これは中々ビックリするかもしれません モッツが実際に見ている映像はこれです

He's seeing his own brain.//

彼は自分の脳を見ているのです

So Motts is doing something here,/ and probably/ he is going like this/ with his right hand,/ because the left side is activated on the motor cortex.//

モッツはここで何かしていますね 恐らく右手でこういう風にしています なぜなら左側は運動皮質によって 活性化されるからです

And then/ he can see/ that at the same time.//

彼も同じくその様子を確認できます

These visualizations are brand new.//

このような可視化は新しい取り組みであり

And this is something/ that we've been researching for a little while.//

私たちが少し前から研究している分野です

This is another sequence of Motts/' brain.//

これはモッツの脳の別の部分です

And here/ we asked Motts/ to calculate backwards/ from 100.//

彼には 100から逆に計算するように頼みました

So he's going "100,97,94."//

「100 97 94...」とった具合に

And then/ he's going backwards.//

計算しています

And you can see/ how the little math processor is working up/ here/ in his brain/ and is lighting up/ the whole brain.//

彼の脳の小さな計算に関わる領域が活性化し 脳の全体を光らせているのがわかります

Well/ this is fantastic.// We can do this/ in real time.//

素晴らしい結果です リアルタイムで計測できます

We can investigate things.// We can tell him/ to do things.//

彼に依頼して調査を行うことが可能です

You can also see/ that his visual cortex is activated in the back of the head,/ because that's/ where he's seeing,/ he's seeing his own brain.//

更に彼の視覚野が 頭頂部の後ろ側で活性化しています なぜなら自分自身の脳を見ているからです

And he's also hearing/ our instructions/ when we tell him/ to do things.//

また彼は 私たちが彼に何かをさせるための 命令を聞いています

The signal is really deep inside of the brain as well,/ and it's shining through,/ because all of the data is inside this volume.//

この信号は脳の奥深くで発せられていますが 中で光っているのが確認できます 全てのデータがここに含まれているからです

And in just a second here/ you will see --/ okay,/ here.// Motts,/ now move your left foot.//

ここでは以下のような光景をご覧頂けます モッツ 左足を動かしてください

So he's going like this.//

彼はその通りにします

For 20 seconds/ he's going like that,/ and all of a sudden/ it lights up/ up here.//

20秒間そのままの状態でいます するとここが急に光ります

So/ we've got motor cortex activation up there.//

運動皮質が活性化されたことが確認できます

So this is really,/ really nice,/ and I think/ this is a great tool.//

非常に面白い結果です これはとても素晴らしいツールだと思います

And connecting also/ with the previous talk here,/ this is something/ that we could use as a tool/ to really understand/ how the neurons are working,/ how the brain is working,/ and we can do this/ with very, very high visual quality and very fast resolution.//

そして今までお話しした内容をまとめると ニューロンや脳がどのように 機能しているのかを理解する上で とても使えるツールであると考えます 何より非常に高画質かつ高分解能な上 高速に処理できます

Now/ we're also having/ a bit of fun/ at the center.//

さらにセンター内で少々面白いことも行っています

So this is a CAT scan --/ Computer Aided Tomography.//

これはCAT(コンピューター断層撮影)スキャンです

So/ this is a lion/ from the local zoo outside of Norrkoping/ in Kolmarden,/ Elsa.//

これはノーショーピングのはずれにある コルマルデン動物園からのエルサというライオンです

So/ she came to the center,/ and they sedated her/ and then put her straight/ into the scanner.//

彼女はセンターに来て 鎮静状態にされ そのままスキャナー内に運び込みました

And then,/ of course,/ I get/ the whole data set from the lion.//

その後 ライオンの全データを取得しました

And I can do very nice images/ like this.//

このようなライオンの画像に対して

I can peel off/ the layer of the lion.//

レイヤーを剥ぎ取っていき

I can look inside of it.//

内部を確認していきます

And we've been experimenting with this.//

このようにして検証を行ってきました

And I think/ this is a great application/ for the future of this technology,/ because there's very little known about the animal anatomy.//

これは未来のテクノロジーにおける 大変優れたアプリだと思います なぜなら 動物解剖学については未知の部分も多く

What's known out there/ for veterinarians is kind of basic information.//

獣医側で知られているのは基本的な知識に限られています

We can scan all sorts of things,/ all sorts of animals.//

あらゆる動物をはじめ あらゆるものをスキャンできます

The only problem is to fit it/ into the machine.//

唯一の問題は機械の中に入れることくらいです

So here's a bear.//

これは熊です

It was kind of hard/ to get it in.//

機械に入れるのに苦労しました

And the bear is a cuddly,/ friendly animal.//

熊は非常にかわいらしい 友好的な動物です

And here/ it is.// Here is the nose of the bear.//

これは 熊の鼻の部分です

And you might want to cuddle/ this one,/ until you change the functions/ and look at this.//

抱きしめたくなるでしょう 機能を変更してこれを見るまでは

So be aware of the bear.//

熊には注意しましょう

So/ with that,/ I'd like to thank/ all the people/ who have helped me/ to generate these images.//

以上をもって これらの画像の生成を手伝って頂いた 全ての方々に感謝したいと思います

It's a huge effort/ that goes into doing this,/ gathering the data/ and developing the algorithms,/ writing all the software.//

データの収集やアルゴリズムの開発 全てのソフトウェアを作り上げるまでに 非常に多くの労力がかかっています

So,/ some very talented people.//

非常に能力のある方々のおかげです

My motto is always,/ I only hire people/ that are smarter/ than I am/ and most of these are smarter/ than I am.//

私のモットーは 私よりも頭の良い人達を雇うことです 多くは私より頭が良い方々ばかりです

So thank you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

datum

dataの単数形

既知の事実

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

beast of burden

荷物運搬用の動物(牛・馬など)

computer

『計算機』;『電子計算機』

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

beam

〈C〉(建設の)『はり』,『けた』,横材

〈C〉(船の甲板を支える)横はり

〈C〉(はかりの)さお;(織機の)糸巻き

〈C〉『光線』,光束

〈C〉(顔などの)『輝き』,晴れやかさ

〈C〉(船舶・航空機用の)信号電波

〈U〉最大船幅

《副詞[句]を伴って》『輝く』,光を発する

(…に)顔を輝かせる《+『at』(『on, upon』)+『名』》

〈光・熱〉'を'出す,発散する

(…に向けて)〈放送・無線信号〉'を'送る《+『名』+『at』(『to』)+『名』》

…'を'顔を輝かせて言う

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

enormous

『巨大な』,ばく大な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

data

『資料』,事実;情報

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

liberty

〈U〉(圧政・支配・束縛などからの)『自由』,独立,解放;(自分の意志で行動・選択する)自由,権利

〈C〉『気まま』,かって;かって気ままな言動

《the ~》(ある場所に出入りする)『権利』,自由《+『of』+『名』》

〈U〉(海軍の)上陸許可(時間)

《複数形で》(王などから与えられた)権利,特権

clarity

(思想・文体などの)明快さ,明瞭

(音色の)清澄

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

radiologist

放射線学者(技師)・(特に)放射線医学者(技師)

okay

=OK,O.K.

ca

circa

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

blood vessel

血管

liver

(ある態度で)生活する人;居住者

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

cabinet

『キャビネット』(引出し・たな・仕切などのある箱・戸だな)

《しばしばCabinet》《集合的に》《単数・複数扱い》『内閣』,(内閣の)閣僚連

《英》閣議

《古》小さい個室

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

vendor

(小さな品物を)売る人,行商人

(法律で)(土地・家などを)売りに出す人

buck

(カモシカ・ウサギなどの)雄

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

nifty

しゃれた,いきな;うまくできた

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

scattering

〈U〉〈C〉まき散らすこと,散布

(また scatter)〈C〉《単数形で》分散した少数(少量)(の…)《+『of』+『名』》

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

teeth

tooth の複数形

artifact

(天然物と区別して)人工物,加工品;(特に)古代人が使った道具(武器,装飾品)

fully

『十分に』,完全に

まるまる

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

bleed

『出血する』,血を流す;血を流して死ぬ

(切り口などから)〈植物が〉樹液を出す

(…に)血の出るような思いをする《+『for』+『名』》

〈絵具・染料などが〉にじむ

(病気の治療として)〈患者〉‘から'血をとる,放血させる

(切口・開口部から)〈血・樹液など〉'を'出す

…‘から'液体(ガス)を抜きとる;(液体・ガスなどを)…‘から'抜きとる《+『名』+『of』+『名』》

《話》…‘から'金をしぼり取る

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

clamp

かすがい,締めくぎ,万力

{動}〈他〉

…'を'かすがい(万力など)で締めつける

tighten

…‘を'きつく締める《+名+up,+up+名》

締まる,きつくなる

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

skull

『頭がい骨』,しゃれこうべ

《話》おつむ,頭

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

squeeze

…‘を'『絞る』,圧搾する,押しつぶす

(…から)〈果汁・汁・水分など〉‘を'『絞り取る』,絞り出す《+『from』(『out of』)+『名』》

〈手など〉‘を'強く握る;〈人など〉‘を'きつく抱く

(…に)…‘を'押し込む,詰め込む《+『名』+『into』(『in, into』)+『名』》;(…を)押し分けて…‘を'進める《+『名』+『through』+『名』》

(…から)…‘を'むりに取りたてる,搾取する,強制する《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(特に手で)圧力を加える,絞る

絞れる

《副詞[句]を伴って》(人ごみなどを)押し分けて進む,(狭い場所などを)むりに通る;割り込む

〈C〉『絞ること』,圧搾

〈C〉少量の絞り汁

〈C〉『強く握ること』,きつく抱きしめること

〈U〉《しばしばa~》《話》雑踏,押し合い

〈U〉《米話》搾取;強要,ゆすり

〈U〉《しばしばa~》苦境,窮地

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

traction

けん引(道路などの表面に沿って乗り物などを引くこと)

けん引された状態,引っ張られた状態

けん引力

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

autopsy

検死,死体解剖

gradually

『だんだんに』,徐々に

peel

(果物・野菜などの)『皮』

〈果物・野菜など〉‘の'『皮をむく』

…‘を'取り去る《+『名』+『off』,+『off』+『off』+『名』》;(…から)…‘を'はぎとる《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

(…から)〈皮膚・ペンキなどが〉はげて落ちる《+『from』(『off』)+『名』》

bag

袋状の物

(女性の)ハンドバッグ;旅行かばん,スーツケース

(…の)1袋分の量《+『of』+『名』》

(野球の)走塁ベース

獲物入れ;(猟の)獲物

…'を'袋に入れる

《話》〈獲物〉'を'捕える

《話》'を'失敬する,こっそりもらう

(からの袋のように)だらりと下がる,だぶだぶする

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

forensic

法廷の,法廷で用いている

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

undergo

〈変化・検査など〉‘を'『受ける』,経験する(experience)

〈困難など〉‘に'耐える,あう

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

pathologist

病理学者

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

drunk

drinkの過去分詞

酒に酔って,酔っぱらって

(感動・喜びなどに)酔いしれて,夢中になって《+『with』+『名』》

酔っぱらい

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

beaten

beatの過去分詞

打たれた

打ち負かされた

(金属など)打ち延ばされた;踏み固められた

よく混ぜられた

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

filling

(歯の)詰め物,充填材

詰め物をした食物(パイ,サンドイッチなど)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

stab

(刃物・とがったものなどで)…‘を'『刺す』,突き刺す《+『名』+『with』+『名』〈刃物など〉》

(…に)〈刃物・とがったものなど〉‘を'突き刺す《+『名』〈刃物など〉+『into』+『名』》stab a fork into meatフォークを肉に突き刺す

(…まで)〈人・心など〉‘を'鋭く傷つける《+『名』〈人・心など〉+『to』+『名』》

(…に)刃物で突きかかる,(…に)突き刺さる《+『at』+『名』》

『突き刺すこと』

刺し傷

刺すような鋭い痛み

《話》(…に対する)試み,企て《+『at』+『名』(do『ing』)》

deposit

〈貴重品など〉‘を'『預ける』,〈金〉‘を'預金する

(注意深く,確実に)…‘を'置く,おろす

(自然の作用によって)〈泥・土など〉‘を'沈殿させる

(銀行への)『預金』,預け入れ

『担保』,手付け金

(自然の作用による)『堆積物』,沈殿物

(特に石油・鉱石の)鉱床,埋蔵物

knife

『ナイフ』,小刀;包丁;短刀

(機械などの)刃

…‘を'ナイフ(短刀)で切る(刺す)

(ナイフで)切るように進む

eyeball

眼球,目玉

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

stabbing

(痛みが)突き刺すような,鋭い

しんらつな,痛烈な

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

leak

〈U〉〈C〉(水・空気・ガス・光などが)漏れること

〈C〉『漏れ口』,漏れ穴

〈C〉(秘密などの)漏えい《+『of』+『名』》

〈船・屋根・容器などが〉漏る

(…から,…の中へ)〈水・空気・ガス・光など〉漏れる《+『from』(『into』)+『名』》

〈秘密などが〉漏えいする《+『out』》

〈水・空気・ガス・光など〉‘を'漏らす

(…に)〈秘密など〉‘を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

bullet

『弾丸』,銃弾,小銃弾

lodge

(特に狩猟・登山などで用いる)『小屋』,『ロッジ』

(公園・大きな建物などの入口にある守衛所),門衛所

(共済組合・秘密結社などの)支部,支部集会所

アメリカインディアンの小屋

(動物,特にビーバーの住む)穴

(一時的に,臨時に)〈人〉‘を'『泊める』

〈人〉‘を'『下宿させる』

(当局などに)〈苦情など〉‘を'正式に申し出る《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈弾丸など〉‘を'打ち込む《+『名』+『in』+『名』》

(一時的に,臨時に)『泊まる』

(…に)『下宿する』,間借りする《+『at』+『名』〈場所〉

『with』+『名』〈人〉》

(…に)〈弾丸などが〉入ってとどまる,〈矢などが〉突きささる《+『in』+『名』》

spine

(またspinal column,《話》backbone)せき柱,背骨

(書物などの)背

(ヤマアラシ・サボテンなどの)針,とげ

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

fragment

(…の)『破片』,断片《+『of』+『名』》

(特に詩文などの)未完の部分,断章《+『of』+『名』》

ばらばらになる,砕ける

…‘を'ばらばらに壊す

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

implement

(通例簡単な)『道具』,器具

…‘を'履行する,果たす(execute)

gesture

〈U〉〈C〉(気持ちや考えを表現するときの)『身ぶり』,手まね,しぐさ

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(うわべにせよ,心からにせよ,礼儀・尊敬・友情などを表す)行為,しぐさ,印

〈人が〉身ぶり(手ぶり)をする;(人が…するように)身ぶり(手ぶり)で示す《+『for』+『名』〈人〉+『to』 do》

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

instead

『その代りとして』,それよりも

opportunity

『機会』,好機

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

convey

(…に)…'を'『運ぶ』,運搬する《+『名』+『to』+『名』》

〈思想・意味など〉'を'伝達する

(…に)〈財産など〉'を'正式に譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

virtually

事実上,実質的には

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

towards

toward

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

especially

『特に』,特別に;きわだって

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

soft

(押されて形を変えるほど)『柔らかい』

(木材・金属などが,同種の中で比較的)『柔らかい』

(斤ざわりの)なめらかな,すべすべした

(声・音が)穏やかな,低い,静かな

(見た目に)どぎつくない,落ち着いた

(天候・気候が)穏やかな,温和な

(心・言動が)優しい,もの柔らかな

(体または精神などが)軟弱な,虚弱な

(市況・相場が)弱気の,下がり気味の

(水が)軟性の

(水音が)軟音の

アルコール分を含まない

柔らかに

静かに

slushy

雪解けの,ぬかるみの

くだらない;感傷的な

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

beating

〈C〉打つこと;(罰としての)むち打ち

〈C〉打ち負かすこと;敗北

〈U〉(心臓の)鼓動

heartbeat

心臓の鼓動

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

valve

(液体・ガスなどの流れを調節する)『バルブ』,弁

(血液の流れを調節する)弁,弁膜

(管楽器の)バルブ

(2枚貝の)から,貝がら

《英》真空管

surgeon

『外科医』

軍医

probably

『たぶん』,『おそらく』

wet dream

(夢精を伴う)性的な夢

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

neat

(見た目に)『きちんと整った』,小ぎれいな

(人などが)きれい好きな;(服装などが)さっぱりした

(やり方・話し方などが)手ぎわのよい

《米話;現在はまれ》すばらしい,すてきな

《話》(酒などが)水で割らない,ストレートの

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

magnetic field

磁場,磁界

radio frequency

無線周波数

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

magnetic

磁石の;磁気の(による,を帯びた)

人を引き付ける,魅力のある

property

動産

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

oxygenate

…‘に'酸素を与える,‘を'酸素で処理する

deplete

〈価値・分量・内容など〉‘を'激減させる,使い果たす

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

goggle

(…に)目をぎょろつかせる,(…を)目を丸くして見る《+『at』+『名』》

〈C〉(目を丸くした)凝視

《複数形で》ゴーグル(オートバイやスキーなどのときにかける防塵(ぼうじん)めがね

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

freaky

幻覚剤をのんでふらふらした

=freakish

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

right hand

右の,右側の

右手に関する;右手を用いる

片腕となる,たいへん頼りになる

右手 片腕となる人 有能な補佐役

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

backwards

=backward

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

activation

活動化

(物質の)活性化(化学反応を起こしやすくすること)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

lion

『ライオン』,しし

(ライオンのように)勇猛な人

名士,人気者,花形

(英国の象徴としての)ライオン;しし紋

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

zoo

『動物園』

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

sedate

落ち着いた,もの静かな,穏やかな

(鎮静剤で)〈人〉‘を'落ち着かせる,眠らせる

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

veterinarian

獣医(《英》veterinary surgeon)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

cuddly

抱き締めたいような

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

cuddle

〈人・物〉'を'抱きしめる,抱きしめてかわいがる

くっつき合う

寄り添うこと,抱擁

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

motto

『モットー』,教え(戒め)とする言葉,座右の銘

(器物・貨幣・記念碑などにしるす)題句,題銘 処世訓 金言 標語

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画