TED日本語 - エド・ボイデン: ニューロンの光スイッチ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

感光性タンパク質の遺伝子を脳細胞に導入し、移植したファイバー光学系を用いて特定のニューロンを選択的にオンオフできることをエド・ボイデンが示します。この先例のない制御技術によって、PTSD やある種の失明のマウスモデルを治療することにも成功しました。神経補装具という新たな地平線が見えてきました。セッション司会のファン・エンリケズによる簡単な質疑応答も収録。

Script

皆さんの日常について考えてみてください 起床し 外に出て清々しい風を感じ 新しい同僚と良い議論をし 新しい発見に感動するでしょう でもたぶん気にも留めなかったことがあるはずです 実に当たり前すぎて 普段はまったく意識されないことです それは感覚や感情 決断や行動などは 頭の中にあって脳と呼ばれるコンピュータが 仕切っているということです

外見上 脳は大したものには見えません 1kg 程度のピンクがかった灰色の 不定形の肉なのですが 過去百年の神経科学の発展により 脳を詳細に観察できるようになり その複雑さを研究できるようになりました その結果 脳は 数千億のニューロンと呼ばれる細胞が織りなす 複雑な回路から成っていることが分かりました 人間が設計したコンピュータの 部品の種類は少ないのですが これは我々が設計したので仕組みは分かっていますが -- 脳は数千種類の多様な細胞から出来ています 数万種類かもしれません 形も違っていますし 構成する分子も違います それぞれが様々な脳部位へと繋がっています また様々な病気で 様々に変化します

具体的にお話ししましょう 近隣細胞を不活性化する 抑制細胞という比較的小さな細胞があります これは統合失調症などで萎縮が見られる細胞です 籠細胞と呼ばれます 我々が研究している数千種類の 細胞の内の一つです 新種の細胞が日々発見されています もう一つ 例として この大きな錐体細胞は 多くの脳部位に存在しています これは興奮性の細胞であり てんかんなどで 過剰活性していると思われる細胞の一つです これらの細胞一つ一つが 驚くべき電気装置なのです 数千個の上流の細胞から入力を受け取り 自身の電気出力を計算し それが一定の閾値を超えている場合 数千個の下流の細胞へ出力します 1ミリ秒ほどで起きるこのプロセスは 1千億個の細胞全てで 毎分何千回も繰り返されます 皆さんが生きていて 考え 感じている限りにおいて

どうしたらこの回路の働きを解明できるでしょう? 理想は 回路を構成している 全細胞をオンオフして どの種類の細胞が どの機能に寄与しているかとか どの病態でおかしくなるか 調べていくことです 細胞を活性化できれば それが何を引き起こし 何を維持するか 調べられます 不活性化できれば それが何に必要な細胞か分かります これが本日 私がお話しする内容です 我々はこれまでの 11 年間 脳の回路 細胞 組織 経路を オンオフする方法を 模索してきました 科学を理解するため また人間として我々が直面する 数々の問題に立ち向かうためにです

技術的なお話をする前に 残念なことに 長生きしていくと 我々はかなりの割合で 脳疾患に罹ります 既に十億人が 機能障害を及ぼす 脳疾患に罹っています この数字だけでは実態を伝えるには不十分です 統合失調症 アルツハイマー病 うつ病 依存症などの障害は 我々の寿命を削るだけでなく 我々自身を変容させます 自己同一性を奪い 感情を変え 人間としての我々を変えます 20 世紀には 脳障害を治療する 薬剤の開発がずいぶん期待されたものでした 脳障害の症状を緩和する たくさんの治療薬が開発される一方 実際に完治できる薬はできませんでした その理由の一つは脳が化学物質に浸かっているためです 数千種類の細胞からなる 脳の精巧な回路は 化学物質に浸っています 全てではないけれど 市販のほとんどの薬が 深刻な副作用を引き起こす理由でしょう

脳に埋め込んだ電気刺激器で ある程度助かっている人もいます パーキンソン病と 人工内耳に関しては この電気刺激機器が ある種の障害に対する 助けとなってきました しかし電流は全方向へ流れます 抵抗の低い部位を 経路として流れていきます 従って電気刺激は治したい異常回路と正常な回路 両方に影響します そうして再び我々は 超精密制御の考えに戻るのです 信号を思い通りに制御できるのか?

11 年前に神経科学を始めたとき 私は電気と物理が専門だったので 最初に考えたことは ニューロンが電気装置ならば その電気的変化を遠隔操作する方法を 見つければよいということでした もし隣接細胞は発火させずに 一つの細胞だけを発火させられたら 様々な細胞を活性および抑制するツールが得られ そして個々が何をし そのネットワーク上で どのように役割を果たしているかが分かります また同時に正常な計算ができなくなった回路を 元通りにするための 超精密制御が可能となります どうしたら実現できるでしょう? 自然界には光を電気へと変換できる分子が 多数存在しています 太陽電池のように働く 小さなタンパク質だと考えてください この分子をどうにかしてニューロンに導入できれば そのニューロンは光刺激で活性化させられます この分子を持たない隣接細胞は反応しません これを実際のものにするには 更に 脳内に光刺激を届けるための工夫が必要です そのために 痛覚のない脳に インターネットや通信技術などの 成果である光ファイバーを挿入します 光ファイバーにニューロンを 活性化させるためのレーザーを接続し 動物を使った前臨床実験で ニューロンの振る舞いを観察します

これはどうやるのでしょうか? 2004 年頃に ゲルハルト・ナゲルとカール・ダイセロスと共同して この構想は実現しました 野性の藻には 適切に光合成を行うために 光へ向かって移動するものが存在します 我々の目とは異なる仕組みの 小さな眼点で光を感知します その細胞膜には 光を電気へと変換できる 小さなタンパク質が含まれています これはチャネルロドプシンと呼ばれるものです このタンパク質は先ほど触れた太陽電池のように振る舞います 青い光で刺激されると小さな穴を開き 荷電粒子を眼点内へ取り込みます それによって太陽電池が充電するのと同様に 眼点は電気信号を溜めます

我々がしなければならなかったのは この分子を抽出しニューロンへ導入することでした それはタンパク質なので その藻の DNA 内にコードされています あとはその DNA を抽出し 遺伝子治療用ベクターというウィルスみたいなものに取り込み それをニューロンに導入すれば良いだけでした これは遺伝子治療が大いに進んだ時期で たくさんのウィルスが登場しており やってみると簡単なことでした 2004 年の夏のある朝に実験し 最初の試行で成功しました この DNA を抽出しニューロンに導入するのです ニューロン自身のタンパク質生成機能が あの感光タンパク質を組み立て ソーラーパネルを設置するが如く 全ての細胞に導入します そうすると 光刺激で活性化させられるニューロンの出来上がりです これは非常に強力です

工夫が必要なのは 隣接細胞ではなく目的の細胞だけに この遺伝子を導入する方法です これは可能です まずウィルスを 特定の細胞にだけ取り付くよう改造します 光で活性化する細胞を作るための 遺伝子の工夫はまだあります この分野は光遺伝学として知られるようになりました その一例として複雑なネットワークを 取り上げてみます 高密度なネットワークに存在する 一種類の細胞にだけ ウィルスを用いて遺伝子を導入できます そしてネットワーク全体に対して光を照らすと その種類の細胞だけが活性化します

例えば先ほどの籠細胞を取り上げてみましょう 統合失調症において萎縮してしまう 抑制系の細胞です この細胞の表現系を変化させずに 先の遺伝子を導入できれば 脳のネットワーク全体に青い光を照射して この細胞だけを活性化できます 照射を止めれば細胞は正常状態に戻るので 特に悪影響もないでしょう この技術を用いれば細胞の働きや 脳全体における役割だけでなく 籠細胞が本当に萎縮しているとしたら そのことを明らかにし 籠細胞の活動を活性化できます

では我々がこの技術を 科学 臨床 前臨床 それぞれの段階で どう利用しているかお話ししたいと思います 我々が取り組んだ問題の一つは 報酬という感覚を脳内で媒介する信号は何かというものです なぜならこれを発見できれば 学習を促進する信号に成り得るからです 脳は報酬を得たことを より実行します またその報酬信号は中毒などの障害では異常になります 従ってどの細胞かを解明できれば 薬の設計やスクリーニングに有効な 新たな創薬ターゲットの発見や 重症患者に対する適切な 電極刺激部位の同定に繋がるかもしれません そのために我々はフィオレッラグループと共同で ある単純なパラダイムを作りました この小さな箱の一方に 動物が移動すると 脳の感光性細胞を活性化する 光のパルスが照射されるようにしました 従って その細胞が報酬を媒介している場合 動物は光が照射される方へ行くようになるはずです そしてその通りの結果が出ました

この動物が右側の穴を鼻で突くと その度に青い光が照射されるようにしました 彼は何百回とこれを繰り返します これらはドーパミンニューロンによるものです 快楽に関わる物質としてご存じの方もいるでしょう 学習を促進するにはこれを少し 活性化すればよいことが分かりました 次に このアイデアを拡張し 脳の一点だけでなく 脳全体に対して立体的に光を照射できる 機器を用意します 独立した小型の光源に接続した 光ファイバーの束を用います これによってシャーレでしか 出来なかったことを生体で実験できます 例えば特定の現象を引き起こす信号の スクリーニングを脳全体に対して実施できます また 脳障害の治療ターゲットの 探索にも利用できます

制御不能な不安や恐怖を示す PTSD の治療ターゲットをどう探すかについて 一つお話ししたいと思います 我々が試したことの一つは 恐怖の古典的モデルを取り入れることでした それはパブロフの時代まで遡ります これはパブロフの条件付けと呼ばれ 音の呈示後に電気ショックをあたえるものでした 痛くはありませんが 少し不快なものでした こういった実験でよく用いられる マウスで繰り返し実験したところ 音を怖がるよう条件付けられました 動物は反射的にこわばります ヘッドライトに照らされたときのシカと同じです ここでの問題は この恐怖を克服するための何かは 脳のどこで見つけられるかということです 何をするかというと 恐怖と条件付けた音を鳴らします ただその時に 先ほどお見せした 光ファイバーを用いて別の脳部位を活性化させ 恐怖の記憶を克服するためには どの脳部位が働くのかを調べます

この簡単なビデオで 我々が取り組んでいるターゲットの一つをお見せします こちらが前頭前野 嫌感情を認知で克服しようとする時に活動する脳部位です 動物は音を聴き そこで光の照射を受けます 音声は入っていませんが動物が硬直しているのは確認できます 音は悪い知らせとして使われます 左下の時計を見ると 実験が始まって2分が過ぎたことが分かります 次のシーンは 8 分後のものです 同じ音刺激が呈示され 光が照射されます 光ります 今です ご覧の通り 10 分の実験で 我々はこの部位を光で 活性化させ 恐怖の記憶を 克服させることが出来ました

我々はこの数年間 生命の樹を振り返っていました 脳内の回路をオフにする方法を探していたのです 実現すれば 極めて有効な手段となります 数ミリ秒あるいは数秒でも細胞を 除けておくことができれば その回路における役割を解明できます 我々は生命の樹全体の生物を調べ 動物以外の界は若干異なることが分かりました また緑と黄色の光に反応するハロロドプシン または古細菌ロドプシンと呼ばれる分子を見つけました これらは先に述べた青い光に反応する チャネルロドプシンとは逆のことをします

これらを上手く利用できる例を挙げます 脳が過剰に活動している てんかんの症状を例に取ってみましょう てんかん治療で薬が有効でなかった場合 他には脳の一部を除去するという手段がありますが それは明らかに不可逆で 副作用も見込まれます もし一時的に発作が止まるまで 脳を停止できたとしたらどうでしょう 力学において動的な系を安定状態に移行させるように 脳を初期状態に戻すのです こちらのアニメーションは その概念の説明です 光刺激によってオフに出来る細胞を作り 光を照射し 発作を鎮めるのにかかる時間だけ 活動を停止させられたらと考えています この最新の研究についてお見せできるデータはありません 張り切って取り組んでいるところです

もう一つの展望として 注目したいのが 超精密制御でこの分子を 脳自体に用いることが出来れば 新たな光学式補装具が出来ると考えています 電気刺激機器が珍しくないことは既にお話ししました 7万5千人のパーキンソン病患者が電気刺激機器を移植しており 補聴器としておそらく 10 万人以上が 人工内耳を移植しています もう一つは遺伝子を細胞に導入する必要があるということです 遺伝子治療における新たな期待として この部屋にいる全員が保有しているであろう 何の症状ももたらさない アデノウィルスが開発され 脳や体に遺伝子を導入するために 百人以上の患者で用いられています これまでこのウィルスによる悪影響は 報告されていません

まだ誰も触れていない大問題として 藻 バクテリア 菌類など 系統樹のあちこちからのタンパク質が問題です 我々は通常脳に菌類や藻類を持っていませんが それを導入したらどうなるでしょう? 許容するでしょうか?排除するでしょうか? まだ人間では実験されていませんが 我々は数々の研究に着手しており これを検証しようとしています まだこれらの分子や 光刺激による脳活性について どのような悪影響も観察されていません 正直 まだ初期段階ですが 我々は興奮しています

最後に 臨床に活用できると思われる お話をして締めたいと思います 我々の目の奥にある 光受容体が無くなってしまう 失明にはいくつもの形態があります そして当然網膜は複雑な構造をしています 拡大してもっと細かく見てみましょう 光受容体細胞は一番上にあり 受け取った信号は細胞の層の 一番下にある神経節に至るまでに 様々な計算を経て変換され そこから脳へ情報が伝達され 我々は映像を知覚します 網膜色素変性や黄斑変性などの 盲目において 光受容体細胞は萎縮または破壊されています どうしたら治せるでしょう? 薬が結合する対象が存在しないため 薬による治療が可能かどうかすら不明です その一方で 光信号は変わらず目に入ってきているのです 光は変わらず素通りしてきています ではもしチャネルロドプシンなどの分子を 代替の細胞などに導入し カメラ代わりに使えたとしたらどうでしょう? 目には多数の細胞が存在するので 解像度の非常に高いカメラとなるはずです

我々はこのようなことをしています これは我々の共同研究者の一人 USC のアラン・ホーセイジャーが率い NIH の資金援助の下 Eos Neuroscience 社の立ち上げと共に 商業化をしようとしています これはマウスが迷路を解こうとしている場面です 6 方向放射状迷路です マウスの活動を促すため 水を少し入れています この迷路の目的は 水から上がって 小さな台へ移動することです マウスは賢いので最終的には迷路を解きますが 総当たりでやります 台にたどり着くまで全ての通路を泳ぎます つまり見通しを立ててはいないのです これらのマウスは遺伝子改変によって 人間の盲目をモデルした変異マウスです それぞれのモデルを慎重に観察し 一般化できる解決手法を模索します

どのようにしたらよいでしょう? 先のスライドで示した通り 我々は青い光センサーを 目の裏の網膜の 細胞層の真ん中に導入し カメラにします 太陽電池を導入し ニューロンを 感光性にしたときと同様です そこで光は電気に変換されます このマウスは実験の数週間前に失明させ 感光性分子を含んだウィルスを投与しました そしてご覧の通り マウスは壁を避け 小さな台へとたどり着きます 目の知覚機能が回復しています またこのラットの凄いところは 失明を経験していないラットと 同等の成績で台にたどり着いているということです この前臨床研究は 今後我々が実現したいことの 希望を示していると考えます

最後に我々はニューロテクノロジーの分野における 新たなビジネスモデルも模索していることをお伝えしておきます 我々はこういったものを開発し 皆が様々な障害の治療を研究できるよう 世界中で数百のグループに自由に共有しています 我々の望みは 修復および設計が出来る程度まで 脳の回路を解明し 先にお話しした不治の難病を 21 世紀で過去のものとすることです

ありがとうございました

(拍手)

ファン・エンリケズ: 少々 濃い内容でした (笑い) 薬の代わりに光で 発作やてんかんを抑え また治療ターゲットを 同定するという狙いが まず第一ですね 第二に 脳を二つの色でコントロールできるように なったとおっしゃっていたと思います スイッチのオンオフのように

エド・ボイデン: その通りです

JE: 脳内の全ての信号を二進数に置き換えられると

EB: そうですね 青い光では 1 として情報を促進させられます 光を弱めると大体 0 になります 障害者の機能を増強するために 我々は最終的に脳と作動する コプロセッサを作りたいと考えています

JE: つまり理論的には マウスが感じ 匂いをかぎ 聞き 触れるのを 1 と 0 の文字列でモデル化できるということですか?

EB: そうです 我々はこの技術を どの神経信号が特定の行動 考え 感情へと導くかの評価に用い 脳の解明に役立てたいと思います

JE: ではいつか記憶のダウンロードやアップロードが できるようになるということですか?

EB: ええ 我々はそれにも頑張って取り組み始めています 我々は現在 情報を外部記録し また取り入れられるように 記録素子を脳に敷き詰めようという研究も進めています 脳の情報処理を増強するのに必要なものを 計算しているといったところです

JE: それは色々変化をもたらすかもしれませんね ありがとうございました

(拍手)

Think about your day for a second. You woke up, felt fresh air on your face as you walked out the door, encountered new colleagues and had great discussions, and felt in awe when you found something new. But I bet there's something you didn't think about today -- something so close to home that you probably don't think about it very often at all. And that's that all the sensations, feelings, decisions and actions are mediated by the computer in your head called the brain.

Now the brain may not look like much from the outside -- a couple pounds of pinkish-gray flesh, amorphous -- but the last hundred years of neuroscience have allowed us to zoom in on the brain, and to see the intricacy of what lies within. And they've told us that this brain is an incredibly complicated circuit made out of hundreds of billions of cells called neurons. Now unlike a human-designed computer, where there's a fairly small number of different parts -- we know how they work, because we humans designed them -- the brain is made out of thousands of different kinds of cells, maybe tens of thousands. They come in different shapes; they're made out of different molecules. And they project and connect to different brain regions, and they also change different ways in different disease states.

Let's make it concrete. There's a class of cells, a fairly small cell, an inhibitory cell, that quiets its neighbors. It's one of the cells that seems to be atrophied in disorders like schizophrenia. It's called the basket cell. And this cell is one of the thousands of kinds of cell that we are learning about. New ones are being discovered everyday. As just a second example: these pyramidal cells, large cells, they can span a significant fraction of the brain. They're excitatory. And these are some of the cells that might be overactive in disorders such as epilepsy. Every one of these cells is an incredible electrical device. They receive input from thousands of upstream partners and compute their own electrical outputs, which then, if they pass a certain threshold, will go to thousands of downstream partners. And this process, which takes just a millisecond or so, happens thousands of times a minute in every one of your 100 billion cells, as long as you live and think and feel.

So how are we going to figure out what this circuit does? Ideally, we could go through the circuit and turn these different kinds of cell on and off and see whether we could figure out which ones contribute to certain functions and which ones go wrong in certain pathologies. If we could activate cells, we could see what powers they can unleash, what they can initiate and sustain. If we could turn them off, then we could try and figure out what they're necessary for. And that's a story I'm going to tell you about today. And honestly, where we've gone through over the last 11 years, through an attempt to find ways of turning circuits and cells and parts and pathways of the brain on and off, both to understand the science and also to confront some of the issues that face us all as humans.

Now before I tell you about the technology, the bad news is that a significant fraction of us in this room, if we live long enough, will encounter, perhaps, a brain disorder. Already, a billion people have had some kind of brain disorder that incapacitates them, and the numbers don't do it justice though. These disorders -- schizophrenia, Alzheimer's, depression, addiction -- they not only steal our time to live, they change who we are. They take our identity and change our emotions and change who we are as people. Now in the 20th century, there was some hope that was generated through the development of pharmaceuticals for treating brain disorders, and while many drugs have been developed that can alleviate symptoms of brain disorders, practically none of them can be considered to be cured. And part of that's because we're bathing the brain in the chemical. This elaborate circuit made out of thousands of different kinds of cell is being bathed in a substance. That's also why, perhaps, most of the drugs, and not all, on the market can present some kind of serious side effect too.

Now some people have gotten some solace from electrical stimulators that are implanted in the brain. And for Parkinson's disease, Cochlear implants, these have indeed been able to bring some kind of remedy to people with certain kinds of disorder. But electricity also will go in all directions -- the path of least resistance, which is where that phrase, in part, comes from. And it also will affect normal circuits as well as the abnormal ones that you want to fix. So again, we're sent back to the idea of ultra-precise control. Could we dial-in information precisely where we want it to go?

So when I started in neuroscience 11 years ago, I had trained as an electrical engineer and a physicist, and the first thing I thought about was, if these neurons are electrical devices, all we need to do is to find some way of driving those electrical changes at a distance. If we could turn on the electricity in one cell, but not its neighbors, that would give us the tool we need to activate and shut down these different cells, figure out what they do and how they contribute to the networks in which they're embedded. And also it would allow us to have the ultra-precise control we need in order to fix the circuit computations that have gone awry. Now how are we going to do that? Well there are many molecules that exist in nature, which are able to convert light into electricity. You can think of them as little proteins that are like solar cells. If we can install these molecules in neurons somehow, then these neurons would become electrically drivable with light. And their neighbors, which don't have the molecule, would not. There's one other magic trick you need to make this all happen, and that's the ability to get light into the brain. And to do that -- the brain doesn't feel pain -- you can put -- taking advantage of all the effort that's gone into the Internet and communications and so on -- optical fibers connected to lasers that you can use to activate, in animal models for example, in pre-clinical studies, these neurons and to see what they do.

So how do we do this? Around 2004, in collaboration with Gerhard Nagel and Karl Deisseroth, this vision came to fruition. There's a certain alga that swims in the wild, and it needs to navigate towards light in order to photosynthesize optimally. And it senses light with a little eye-spot, which works not unlike how our eye works. In its membrane, or its boundary, it contains little proteins that indeed can convert light into electricity. So these molecules are called channelrhodopsins. And each of these proteins acts just like that solar cell that I told you about. When blue light hits it, it opens up a little hole and allows charged particles to enter the eye-spot, and that allows this eye-spot to have an electrical signal just like a solar cell charging up a battery.

So what we need to do is to take these molecules and somehow install them in neurons. And because it's a protein, it's encoded for in the DNA of this organism. So all we've got to do is take that DNA, put it into a gene therapy vector, like a virus, and put it into neurons. So it turned out that this was a very productive time in gene therapy, and lots of viruses were coming along. So this turned out to be very simple to do. And early in the morning one day in the summer of 2004, we gave it a try, and it worked on the first try. You take this DNA and you put it into a neuron. The neuron uses its natural protein-making machinery to fabricate these little light-sensitive proteins and install them all over the cell, like putting solar panels on a roof, and the next thing you know, you have a neuron which can be activated with light. So this is very powerful.

One of the tricks you have to do is to figure out how to deliver these genes to the cells that you want and not all the other neighbors. And you can do that; you can tweak the viruses so they hit just some cells and not others. And there's other genetic tricks you can play in order to get light-activated cells. This field has now come to be known as optogenetics. And just as one example of the kind of thing you can do, you can take a complex network, use one of these viruses to deliver the gene just to one kind of cell in this dense network. And then when you shine light on the entire network, just that cell type will be activated.

So for example, lets sort of consider that basket cell I told you about earlier -- the one that's atrophied in schizophrenia and the one that is inhibitory. If we can deliver that gene to these cells -- and they're not going to be altered by the expression of the gene, of course -- and then flash blue light over the entire brain network, just these cells are going to be driven. And when the light turns off, these cells go back to normal, so they don't seem to be averse against that. Not only can you use this to study what these cells do, what their power is in computing in the brain, but you can also use this to try to figure out -- well maybe we could jazz up the activity of these cells, if indeed they're atrophied.

Now I want to tell you a couple of short stories about how we're using this, both at the scientific, clinical and pre-clinical levels. One of the questions we've confronted is, what are the signals in the brain that mediate the sensation of reward? Because if you could find those, those would be some of the signals that could drive learning. The brain will do more of whatever got that reward. And also these are signals that go awry in disorders such as addiction. So if we could figure out what cells they are, we could maybe find new targets for which drugs could be designed or screened against, or maybe places where electrodes could be put in for people who have very severe disability. So to do that, we came up with a very simple paradigm in collaboration with the Fiorella group, where one side of this little box, if the animal goes there, the animal gets a pulse of light in order to make different cells in the brain sensitive to light. So if these cells can mediate reward, the animal should go there more and more. And so that's what happens.

This animal's going to go to the right-hand side and poke his nose there, and he gets a flash of blue light every time he does that. And he'll do that hundreds and hundreds of times. These are the dopamine neurons, which some of you may have heard about, in some of the pleasure centers in the brain. Now we've shown that a brief activation of these is enough, indeed, to drive learning. Now we can generalize the idea. Instead of one point in the brain, we can devise devices that span the brain, that can deliver light into three-dimensional patterns -- arrays of optical fibers, each coupled to its own independent miniature light source. And then we can try to do things in vivo that have only been done to-date in a dish -- like high-throughput screening throughout the entire brain for the signals that can cause certain things to happen. Or that could be good clinical targets for treating brain disorders.

And one story I want to tell you about is how can we find targets for treating post-traumatic stress disorder -- a form of uncontrolled anxiety and fear. And one of the things that we did was to adopt a very classical model of fear. This goes back to the Pavlovian days. It's called Pavlovian fear conditioning -- where a tone ends with a brief shock. The shock isn't painful, but it's a little annoying. And over time -- in this case, a mouse, which is a good animal model, commonly used in such experiments -- the animal learns to fear the tone. The animal will react by freezing, sort of like a deer in the headlights. Now the question is, what targets in the brain can we find that allow us to overcome this fear? So what we do is we play that tone again after it's been associated with fear. But we activate targets in the brain, different ones, using that optical fiber array I told you about in the previous slide, in order to try and figure out which targets can cause the brain to overcome that memory of fear.

And so this brief video shows you one of these targets that we're working on now. This is an area in the prefrontal cortex, a region where we can use cognition to try to overcome aversive emotional states. And the animal's going to hear a tone -- and a flash of light occurred there. There's no audio on this, but you can see the animal's freezing. This tone used to mean bad news. And there's a little clock in the lower left-hand corner, so you can see the animal is about two minutes into this. And now this next clip is just eight minutes later. And the same tone is going to play, and the light is going to flash again. Okay, there it goes. Right now. And now you can see, just 10 minutes into the experiment, that we've equipped the brain by photoactivating this area to overcome the expression of this fear memory.

Now over the last couple of years, we've gone back to the tree of life because we wanted to find ways to turn circuits in the brain off. If we could do that, this could be extremely powerful. If you can delete cells just for a few milliseconds or seconds, you can figure out what necessary role they play in the circuits in which they're embedded. And we've now surveyed organisms from all over the tree of life -- every kingdom of life except for animals, we see slightly differently. And we found all sorts of molecules, they're called halorhodopsins or archaerhodopsins, that respond to green and yellow light. And they do the opposite thing of the molecule I told you about before with the blue light activator channelrhodopsin.

Let's give an example of where we think this is going to go. Consider, for example, a condition like epilepsy, where the brain is overactive. Now if drugs fail in epileptic treatment,one of the strategies is to remove part of the brain. But that's obviously irreversible, and there could be side effects. What if we could just turn off that brain for a brief amount of time, until the seizure dies away, and cause the brain to be restored to its initial state -- sort of like a dynamical system that's being coaxed down into a stable state. So this animation just tries to explain this concept where we made these cells sensitive to being turned off with light, and we beam light in, and just for the time it takes to shut down a seizure, we're hoping to be able to turn it off. And so we don't have data to show you on this front, but we're very excited about this.

Now I want to close on one story, which we think is another possibility -- which is that maybe these molecules, if you can do ultra-precise control, can be used in the brain itself to make a new kind of prosthetic, an optical prosthetic. I already told you that electrical stimulators are not uncommon. Seventy-five thousand people have Parkinson's deep-brain stimulators implanted. Maybe 100,000 people have Cochlear implants, which allow them to hear. There's another thing, which is you've got to get these genes into cells. And new hope in gene therapy has been developed because viruses like the adeno-associated virus, which probably most of us around this room have, and it doesn't have any symptoms, which have been used in hundreds of patients to deliver genes into the brain or the body. And so far, there have not been serious adverse events associated with the virus.

There's one last elephant in the room, the proteins themselves, which come from algae and bacteria and fungi, and all over the tree of life. Most of us don't have fungi or algae in our brains, so what is our brain going to do if we put that in? Are the cells going to tolerate it? Will the immune system react? In its early days -- these have not been done on humans yet -- but we're working on a variety of studies to try and examine this, and so far we haven't seen overt reactions of any severity to these molecules or to the illumination of the brain with light. So it's early days, to be upfront, but we're excited about it.

I wanted to close with one story, which we think could potentially be a clinical application. Now there are many forms of blindness where the photoreceptors, our light sensors that are in the back of our eye, are gone. And the retina, of course, is a complex structure. Now let's zoom in on it here, so we can see it in more detail. The photoreceptor cells are shown here at the top, and then the signals that are detected by the photoreceptors are transformed by various computations until finally that layer of cells at the bottom, the ganglion cells, relay the information to the brain, where we see that as perception. In many forms of blindness, like retinitis pigmentosa, or macular degeneration, the photoreceptor cells have atrophied or been destroyed. Now how could you repair this? It's not even clear that a drug could cause this to be restored, because there's nothing for the drug to bind to. On the other hand, light can still get into the eye. The eye is still transparent and you can get light in. So what if we could just take these channelrhodopsins and other molecules and install them on some of these other spare cells and convert them into little cameras. And because there's so many of these cells in the eye, potentially, they could be very high-resolution cameras.

So this is some work that we're doing. It's being led by one of our collaborators, Alan Horsager at USC, and being sought to be commercialized by a start-up company Eos Neuroscience, which is funded by the NIH. And what you see here is a mouse trying to solve a maze. It's a six-arm maze. And there's a bit of water in the maze to motivate the mouse to move, or he'll just sit there. And the goal, of course, of this maze is to get out of the water and go to a little platform that's under the lit top port. Now mice are smart, so this mouse solves the maze eventually, but he does a brute-force search. He's swimming down every avenue until he finally gets to the platform. So he's not using vision to do it. These different mice are different mutations that recapitulate different kinds of blindness that affect humans. And so we're being careful in trying to look at these different models so we come up with a generalized approach.

So how are we going to solve this? We're going to do exactly what we outlined in the previous slide. We're going to take these blue light photosensors and install them on a layer of cells in the middle of the retina in the back of the eye and convert them into a camera -- just like installing solar cells all over those neurons to make them light sensitive. Light is converted to electricity on them. So this mouse was blind a couple weeks before this experiment and received one dose of this photosensitive molecule in a virus. And now you can see, the animal can indeed avoid walls and go to this little platform and make cognitive use of its eyes again. And to point out the power of this: these animals are able to get to that platform just as fast as animals that have seen their entire lives. So this pre-clinical study, I think, bodes hope for the kinds of things we're hoping to do in the future.

To close, I want to point out that we're also exploring new business models for this new field of neurotechnology. We're developing these tools, but we share them freely with hundreds of groups all over the world, so people can study and try to treat different disorders. And our hope is that, by figuring out brain circuits at a level of abstraction that lets us repair them and engineer them, we can take some of these intractable disorders that I told you about earlier, practically none of which are cured, and in the 21st century make them history.

Thank you.

(Applause)

Juan Enriquez: So some of the stuff is a little dense. (Laughter) But the implications of being able to control seizures or epilepsy with light instead of drugs, and being able to target those specifically is a first step. The second thing that I think I heard you say is you can now control the brain in two colors, like an on/off switch.

Ed Boyden: That's right.

JE: Which makes every impulse going through the brain a binary code.

EB: Right, yeah. So with blue light, we can drive information, and it's in the form of a one. And by turning things off, it's more or less a zero. So our hope is to eventually build brain coprocessors that work with the brain so we can augment functions in people with disabilities.

JE: And in theory, that means that, as a mouse feels, smells, hears, touches, you can model it out as a string of ones and zeros.

EB: Sure, yeah. We're hoping to use this as a way of testing what neural codes can drive certain behaviors and certain thoughts and certain feelings, and use that to understand more about the brain.

JE: Does that mean that some day you could download memories and maybe upload them?

EB: Well that's something we're starting to work on very hard. We're now working on some work where we're trying to tile the brain with recording elements too. So we can record information and then drive information back in -- sort of computing what the brain needs in order to augment its information processing.

JE: Well, that might change a couple things. Thank you. (EB: Thank you.)

(Applause)

Think about your day/ for a second.//

皆さんの日常について考えてみてください

You woke up,/ felt fresh air/ on your face/ as you walked out/ the door,/ encountered new colleagues/ and had great discussions,/ and felt in awe/ when you found something new.//

起床し 外に出て清々しい風を感じ 新しい同僚と良い議論をし 新しい発見に感動するでしょう

But I bet/ there's something/ you didn't think about today --/ something so close/ to home/ that you probably don't think about it very often/ at all.//

でもたぶん気にも留めなかったことがあるはずです 実に当たり前すぎて 普段はまったく意識されないことです

And that's/ that all the sensations, feelings, decisions and actions are mediated by the computer/ in your head called the brain.//

それは感覚や感情 決断や行動などは 頭の中にあって脳と呼ばれるコンピュータが 仕切っているということです

Now/ the brain may not look like much/ from the outside --/ a couple pounds of pinkish-gray flesh,/ amorphous --/ but the last hundred years of neuroscience have allowed us/ to zoom in/ on the brain,/ and to see the intricacy of what lies within.//

外見上 脳は大したものには見えません 1kg 程度のピンクがかった灰色の 不定形の肉なのですが 過去百年の神経科学の発展により 脳を詳細に観察できるようになり その複雑さを研究できるようになりました

And they've told us/ that this brain is an incredibly complicated circuit made out of hundreds of billions of cells called neurons.//

その結果 脳は 数千億のニューロンと呼ばれる細胞が織りなす 複雑な回路から成っていることが分かりました

Now/ unlike a human-designed computer,/ where there's a fairly small number of different parts --/ we know/ how they work,/ because we humans designed them --/ the brain is made out of thousands of different kinds of cells,/ maybe/ tens of thousands.//

人間が設計したコンピュータの 部品の種類は少ないのですが これは我々が設計したので仕組みは分かっていますが -- 脳は数千種類の多様な細胞から出来ています 数万種類かもしれません

They come in different shapes;/ they're made out of different molecules.//

形も違っていますし 構成する分子も違います

And they project/ and connect to different brain regions,/ and they also change different ways/ in different disease states.//

それぞれが様々な脳部位へと繋がっています また様々な病気で 様々に変化します

Let's make it concrete.//

具体的にお話ししましょう

There's a class of cells,/ a fairly small cell,/ an inhibitory cell,/ that quiets its neighbors.//

近隣細胞を不活性化する 抑制細胞という比較的小さな細胞があります

It's one of the cells/ that seems to be atrophied in disorders/ like schizophrenia.//

これは統合失調症などで萎縮が見られる細胞です

It's called the basket cell.//

籠細胞と呼ばれます

And this cell is one of the thousands of kinds of cell/ that we are learning about.//

我々が研究している数千種類の 細胞の内の一つです

New ones are being discovered everyday.//

新種の細胞が日々発見されています

As just a second example:/ these pyramidal cells,/ large cells,/ they can span a significant fraction of the brain.//

もう一つ 例として この大きな錐体細胞は 多くの脳部位に存在しています

They're excitatory.//

これは興奮性の細胞であり

And these are some of the cells/ that might be overactive/ in disorders/ such as epilepsy.//

てんかんなどで 過剰活性していると思われる細胞の一つです

Every/ one of these cells is an incredible electrical device.//

これらの細胞一つ一つが 驚くべき電気装置なのです

They receive input/ from thousands of upstream partners/ and compute their own electrical outputs,/ which then,/ if they pass a certain threshold,/ will go to thousands of downstream partners.//

数千個の上流の細胞から入力を受け取り 自身の電気出力を計算し それが一定の閾値を超えている場合 数千個の下流の細胞へ出力します

And this process,/ which takes just a millisecond or so,/ happens thousands of times/ a minute/ in every one of your 100 billion cells,/ as long/ as you live and think/ and feel.//

1ミリ秒ほどで起きるこのプロセスは 1千億個の細胞全てで 毎分何千回も繰り返されます 皆さんが生きていて 考え 感じている限りにおいて

So/ how are we going to figure out/ what this circuit does?//

どうしたらこの回路の働きを解明できるでしょう?

Ideally,/ we could go through the circuit/ and turn these different kinds of cell/ on and off/ and see/ whether we could figure out/ which ones contribute to certain functions/ and which ones go wrong/ in certain pathologies.//

理想は 回路を構成している 全細胞をオンオフして どの種類の細胞が どの機能に寄与しているかとか どの病態でおかしくなるか 調べていくことです

If we could activate cells,/ we could see/ what powers/ they can unleash,/ what they can initiate/ and sustain.//

細胞を活性化できれば それが何を引き起こし 何を維持するか 調べられます

If we could turn them off,/ then/ we could try/ and figure out/ what they're necessary for.//

不活性化できれば それが何に必要な細胞か分かります

And that's a story/ I'm going to tell/ you/ about today.//

これが本日 私がお話しする内容です

And honestly,/ where we've gone through over the last 11 years,/ through an attempt to find ways of turning circuits and cells/ and parts and pathways of the brain on and off,/ both to understand the science/ and also to confront some of the issues/ that face us all/ as humans.//

我々はこれまでの 11 年間 脳の回路 細胞 組織 経路を オンオフする方法を 模索してきました 科学を理解するため また人間として我々が直面する 数々の問題に立ち向かうためにです

Now/ before I tell you/ about the technology,/ the bad news is/ that a significant fraction of us/ in this room,/ if we live long enough,/ will encounter,/ perhaps,/ a brain disorder.//

技術的なお話をする前に 残念なことに 長生きしていくと 我々はかなりの割合で 脳疾患に罹ります

Already,/ a billion people have had some kind of brain disorder/ that incapacitates them,/ and the numbers don't do it justice though.//

既に十億人が 機能障害を及ぼす 脳疾患に罹っています この数字だけでは実態を伝えるには不十分です

These disorders --/ schizophrenia,/ Alzheimer's,/ depression,/ addiction --/ they not only steal our time/ to live,/ they change/ who we are.//

統合失調症 アルツハイマー病 うつ病 依存症などの障害は 我々の寿命を削るだけでなく 我々自身を変容させます

They take our identity/ and change our emotions/ and change/ who we are as people.//

自己同一性を奪い 感情を変え 人間としての我々を変えます

Now/ in the 20th century,/ there was some hope/ that was generated through the development of pharmaceuticals/ for treating brain disorders,/ and/ while many drugs have been developed/ that can alleviate symptoms of brain disorders,/ practically none of them can be considered to be cured.//

20 世紀には 脳障害を治療する 薬剤の開発がずいぶん期待されたものでした 脳障害の症状を緩和する たくさんの治療薬が開発される一方 実際に完治できる薬はできませんでした

And part of that's/ because we're bathing/ the brain/ in the chemical.//

その理由の一つは脳が化学物質に浸かっているためです

This elaborate circuit made out of thousands of different kinds of cell is being bathed in a substance.//

数千種類の細胞からなる 脳の精巧な回路は 化学物質に浸っています

That's also/ why,/ perhaps,/ most of the drugs,/ and not all,/ on the market can present some kind of serious side effect too.//

全てではないけれど 市販のほとんどの薬が 深刻な副作用を引き起こす理由でしょう

Now/ some people have gotten some solace/ from electrical stimulators/ that are implanted in the brain.//

脳に埋め込んだ電気刺激器で ある程度助かっている人もいます

And/ for Parkinson's disease,/ Cochlear implants,/ these have indeed been able to bring some kind of remedy/ to people/ with certain kinds of disorder.//

パーキンソン病と 人工内耳に関しては この電気刺激機器が ある種の障害に対する 助けとなってきました

But electricity also will go in all directions --/ the path of least resistance,/ which is/ where that phrase,/ in part,/ comes from.//

しかし電流は全方向へ流れます 抵抗の低い部位を 経路として流れていきます

And it also will affect normal circuits/ as well as/ the abnormal ones/ that you want to fix.//

従って電気刺激は治したい異常回路と正常な回路 両方に影響します

So again,/ we're sent back/ to the idea of ultra-precise control.//

そうして再び我々は 超精密制御の考えに戻るのです

Could we/ dial-in information precisely/ where we want it/ to go?//

信号を思い通りに制御できるのか?

So/ when I started in neuroscience/ 11 years ago,/ I had trained as an electrical engineer and a physicist,/ and the first thing/ I thought about was,/ if these neurons are electrical devices,/ all we need to do/ is to find some way of driving those electrical changes/ at a distance.//

11 年前に神経科学を始めたとき 私は電気と物理が専門だったので 最初に考えたことは ニューロンが電気装置ならば その電気的変化を遠隔操作する方法を 見つければよいということでした

If we could turn on the electricity/ in one cell,/ but not its neighbors,/ that would give us/ the tool/ we need to activate/ and shut down/ these different cells,/ figure out/ what they do/ and how they contribute to the networks/ in which they're embedded.//

もし隣接細胞は発火させずに 一つの細胞だけを発火させられたら 様々な細胞を活性および抑制するツールが得られ そして個々が何をし そのネットワーク上で どのように役割を果たしているかが分かります

And also/ it would allow us/ to have the ultra-precise control/ we need/ in order to fix the circuit computations/ that have gone awry.//

また同時に正常な計算ができなくなった回路を 元通りにするための 超精密制御が可能となります

Now/ how are we going to do that?//

どうしたら実現できるでしょう?

Well/ there are many molecules/ that exist in nature,/ which are able to convert light/ into electricity.//

自然界には光を電気へと変換できる分子が 多数存在しています

You can think of them/ as little proteins/ that are like solar cells.//

太陽電池のように働く 小さなタンパク質だと考えてください

If we can install these molecules/ in neurons somehow,/ then/ these neurons would become electrically drivable/ with light.//

この分子をどうにかしてニューロンに導入できれば そのニューロンは光刺激で活性化させられます

And their neighbors,/ which don't have the molecule,/ would not.//

この分子を持たない隣接細胞は反応しません

There's one other magic trick/ you need to make/ this all happen,/ and that's the ability/ to get light/ into the brain.//

これを実際のものにするには 更に 脳内に光刺激を届けるための工夫が必要です

And to do that --/ the brain doesn't feel pain --/ you can put --/ taking advantage of all the effort/ that's gone into the Internet/ and communications/ and so on --/ optical fibers connected to lasers/ that you can use to activate,/ in animal models/ for example,/ in pre-clinical studies,/ these neurons/ and to see/ what they do.//

そのために 痛覚のない脳に インターネットや通信技術などの 成果である光ファイバーを挿入します 光ファイバーにニューロンを 活性化させるためのレーザーを接続し 動物を使った前臨床実験で ニューロンの振る舞いを観察します

So/ how do we do this?//

これはどうやるのでしょうか?

Around 2004,/ in collaboration/ with Gerhard Nagel and Karl Deisseroth,/ this vision came to fruition.//

2004 年頃に ゲルハルト・ナゲルとカール・ダイセロスと共同して この構想は実現しました

There's a certain alga/ that swims in the wild,/ and it needs to navigate/ towards light/ in order to photosynthesize optimally.//

野性の藻には 適切に光合成を行うために 光へ向かって移動するものが存在します

And it senses light/ with a little eye-spot,/ which works not unlike/ how our eye works.//

我々の目とは異なる仕組みの 小さな眼点で光を感知します

In its membrane,/ or its boundary,/ it contains little proteins/ that indeed can convert light/ into electricity.//

その細胞膜には 光を電気へと変換できる 小さなタンパク質が含まれています

So these molecules are called channelrhodopsins.//

これはチャネルロドプシンと呼ばれるものです

And each of these proteins acts just/ like that solar cell/ that I told you about.//

このタンパク質は先ほど触れた太陽電池のように振る舞います

When blue light hits it,/ it opens up/ a little hole/ and allows charged particles/ to enter the eye-spot,/ and that allows this eye-spot/ to have an electrical signal just/ like a solar cell/ charging up/ a battery.//

青い光で刺激されると小さな穴を開き 荷電粒子を眼点内へ取り込みます それによって太陽電池が充電するのと同様に 眼点は電気信号を溜めます

So/ what we need to do/ is to take these molecules/ and somehow install them/ in neurons.//

我々がしなければならなかったのは この分子を抽出しニューロンへ導入することでした

And/ because it's a protein,/ it's encoded for in the DNA of this organism.//

それはタンパク質なので その藻の DNA 内にコードされています

So all we've got to do/ is take that DNA,/ put it/ into a gene therapy vector,/ like a virus,/ and put it/ into neurons.//

あとはその DNA を抽出し 遺伝子治療用ベクターというウィルスみたいなものに取り込み それをニューロンに導入すれば良いだけでした

So it turned out/ that this was a very productive time/ in gene therapy,/ and lots of viruses were coming along.//

これは遺伝子治療が大いに進んだ時期で たくさんのウィルスが登場しており

So this turned out/ to be very simple/ to do.//

やってみると簡単なことでした

And early/ in the morning/ one day/ in the summer of 2004,/ we gave it/ a try,/ and it worked on the first try.//

2004 年の夏のある朝に実験し 最初の試行で成功しました

You take this DNA/ and you put it/ into a neuron.//

この DNA を抽出しニューロンに導入するのです

The neuron uses its natural protein-making machinery/ to fabricate these little light-sensitive proteins/ and install them all/ over the cell,/ like putting solar panels/ on a roof,/ and the next thing/ you know,/ you have a neuron/ which can be activated with light.//

ニューロン自身のタンパク質生成機能が あの感光タンパク質を組み立て ソーラーパネルを設置するが如く 全ての細胞に導入します そうすると 光刺激で活性化させられるニューロンの出来上がりです

So this is very powerful.//

これは非常に強力です

One of the tricks/ you have to do/ is to figure out/ how to deliver these genes/ to the cells/ that you want and not all the other neighbors.//

工夫が必要なのは 隣接細胞ではなく目的の細胞だけに この遺伝子を導入する方法です

And you can do that;/ you can tweak the viruses/ so they hit just some cells/ and not others.//

これは可能です まずウィルスを 特定の細胞にだけ取り付くよう改造します

And there's other genetic tricks/ you can play/ in order to get light-activated cells.//

光で活性化する細胞を作るための 遺伝子の工夫はまだあります

This field has now come to be known as optogenetics.//

この分野は光遺伝学として知られるようになりました

And just as one example of the kind of thing/ you can do,/ you can take a complex network,/ use one of these viruses/ to deliver the gene just/ to one kind of cell/ in this dense network.//

その一例として複雑なネットワークを 取り上げてみます 高密度なネットワークに存在する 一種類の細胞にだけ ウィルスを用いて遺伝子を導入できます

And then/ when you shine light/ on the entire network,/ just that cell type will be activated.//

そしてネットワーク全体に対して光を照らすと その種類の細胞だけが活性化します

So/ for example,/ lets sort of consider/ that basket cell/ I told you/ about earlier --/ the one/ that's atrophied in schizophrenia/ and the one/ that is inhibitory.//

例えば先ほどの籠細胞を取り上げてみましょう 統合失調症において萎縮してしまう 抑制系の細胞です

If we can deliver that gene/ to these cells --/ and they're not going to be altered by the expression of the gene,/ of course --/ and then/ flash blue light/ over the entire brain network,/ just these cells are going to be driven.//

この細胞の表現系を変化させずに 先の遺伝子を導入できれば 脳のネットワーク全体に青い光を照射して この細胞だけを活性化できます

And when the light turns off,/ these cells go back/ to normal,/ so they don't seem to be averse/ against that.//

照射を止めれば細胞は正常状態に戻るので 特に悪影響もないでしょう

Not only can/ you use this to study/ what these cells do,/ what their power is in computing in the brain,/ but you can also use this to try to figure out --/ well maybe/ we could jazz up/ the activity of these cells,/ if indeed/ they're atrophied.//

この技術を用いれば細胞の働きや 脳全体における役割だけでなく 籠細胞が本当に萎縮しているとしたら そのことを明らかにし 籠細胞の活動を活性化できます

Now/ I want to tell/ you/ a couple of short stories/ about how we're using/ this,/ both/ at the scientific, clinical and pre-clinical levels.//

では我々がこの技術を 科学 臨床 前臨床 それぞれの段階で どう利用しているかお話ししたいと思います

One of the questions/ we've confronted/ is,/ what are the signals in the brain/ that mediate the sensation of reward?//

我々が取り組んだ問題の一つは 報酬という感覚を脳内で媒介する信号は何かというものです

Because/ if you could find those,/ those would be some of the signals/ that could drive learning.//

なぜならこれを発見できれば 学習を促進する信号に成り得るからです

The brain will do more of whatever got/ that reward.//

脳は報酬を得たことを より実行します

And also/ these are signals/ that go awry/ in disorders/ such as addiction.//

またその報酬信号は中毒などの障害では異常になります

So/ if we could figure out/ what cells/ they are,/ we could maybe find new targets/ for which drugs could be designed or screened against,/ or maybe/ places/ where electrodes could be put in/ for people/ who have very severe disability.//

従ってどの細胞かを解明できれば 薬の設計やスクリーニングに有効な 新たな創薬ターゲットの発見や 重症患者に対する適切な 電極刺激部位の同定に繋がるかもしれません

So to do that,/ we came up/ with a very simple paradigm/ in collaboration/ with the Fiorella group,/ where one side of this little box,/ if the animal goes there,/ the animal gets a pulse of light/ in order to make different cells/ in the brain sensitive/ to light.//

そのために我々はフィオレッラグループと共同で ある単純なパラダイムを作りました この小さな箱の一方に 動物が移動すると 脳の感光性細胞を活性化する 光のパルスが照射されるようにしました

So/ if these cells can mediate reward,/ the animal should go there more and more.//

従って その細胞が報酬を媒介している場合 動物は光が照射される方へ行くようになるはずです

And/ so that's/ what happens.//

そしてその通りの結果が出ました

This animal's going to go to the right-hand side/ and poke his nose there,/ and he gets a flash of blue light/ every time/ he does that.//

この動物が右側の穴を鼻で突くと その度に青い光が照射されるようにしました

And he'll do/ that hundreds and hundreds of times.//

彼は何百回とこれを繰り返します

These are the dopamine neurons,/ which some of you may have heard about,/ in some of the pleasure centers/ in the brain.//

これらはドーパミンニューロンによるものです 快楽に関わる物質としてご存じの方もいるでしょう

Now/ we've shown/ that a brief activation of these is enough,/ indeed,/ to drive learning.//

学習を促進するにはこれを少し 活性化すればよいことが分かりました

Now/ we can generalize the idea.//

次に このアイデアを拡張し

Instead of one point/ in the brain,/ we can devise devices/ that span the brain,/ that can deliver light/ into three-dimensional patterns --/ arrays of optical fibers,/ each coupled to its own independent miniature light source.//

脳の一点だけでなく 脳全体に対して立体的に光を照射できる 機器を用意します 独立した小型の光源に接続した 光ファイバーの束を用います

And then/ we can try to do/ things in vivo/ that have only been done to-date/ in a dish --/ like high-throughput screening/ throughout the entire brain/ for the signals/ that can cause certain things/ to happen.//

これによってシャーレでしか 出来なかったことを生体で実験できます 例えば特定の現象を引き起こす信号の スクリーニングを脳全体に対して実施できます

Or/ that could be good clinical targets/ for treating brain disorders.//

また 脳障害の治療ターゲットの 探索にも利用できます

And one story/ I want to tell/ you about is/ how can/ we find targets/ for treating post-traumatic stress disorder --/ a form of uncontrolled anxiety and fear.//

制御不能な不安や恐怖を示す PTSD の治療ターゲットをどう探すかについて 一つお話ししたいと思います

And one of the things/ that we did was to adopt/ a very classical model of fear.//

我々が試したことの一つは 恐怖の古典的モデルを取り入れることでした

This goes back/ to the Pavlovian days.//

それはパブロフの時代まで遡ります

It's called Pavlovian fear conditioning --/ where a tone ends with a brief shock.//

これはパブロフの条件付けと呼ばれ 音の呈示後に電気ショックをあたえるものでした

The shock isn't painful,/ but it's a little annoying.//

痛くはありませんが 少し不快なものでした

And/ over time --/ in this case,/ a mouse,/ which is a good animal model,/ commonly used in such experiments --/ the animal learns to fear/ the tone.//

こういった実験でよく用いられる マウスで繰り返し実験したところ 音を怖がるよう条件付けられました

The animal will react by freezing,/ sort of like a deer/ in the headlights.//

動物は反射的にこわばります ヘッドライトに照らされたときのシカと同じです

Now/ the question is,/ what targets in the brain can we find/ that allow us/ to overcome this fear?//

ここでの問題は この恐怖を克服するための何かは 脳のどこで見つけられるかということです

So/ what we do/ is we play/ that tone again/ after it's been associated with fear.//

何をするかというと 恐怖と条件付けた音を鳴らします

But we activate targets/ in the brain,/ different ones,/ using/ that optical fiber array/ I told you/ about in the previous slide,/ in order to try/ and figure out/ which targets can cause the brain/ to overcome that memory of fear.//

ただその時に 先ほどお見せした 光ファイバーを用いて別の脳部位を活性化させ 恐怖の記憶を克服するためには どの脳部位が働くのかを調べます

And so/ this brief video shows you/ one of these targets/ that we're working/ on now.//

この簡単なビデオで 我々が取り組んでいるターゲットの一つをお見せします

This is an area/ in the prefrontal cortex,/ a region/ where we can use cognition/ to try to overcome/ aversive emotional states.//

こちらが前頭前野 嫌感情を認知で克服しようとする時に活動する脳部位です

And the animal's going to hear a tone --/ and a flash of light occurred there.//

動物は音を聴き そこで光の照射を受けます

There's no audio/ on this,/ but you can see the animal's freezing.//

音声は入っていませんが動物が硬直しているのは確認できます

This tone used to mean bad news.//

音は悪い知らせとして使われます

And there's a little clock/ in the lower left-hand corner,/ so you can see/ the animal is about two minutes/ into this.//

左下の時計を見ると 実験が始まって2分が過ぎたことが分かります

And now/ this next clip is just eight minutes later.//

次のシーンは 8 分後のものです

And the same tone is going to play,/ and the light is going to flash/ again.//

同じ音刺激が呈示され 光が照射されます

Okay,/ there/ it goes.// Right now.//

光ります 今です

And now/ you can see,/ just 10 minutes/ into the experiment,/ that we've equipped the brain/ by photoactivating this area/ to overcome the expression of this fear memory.//

ご覧の通り 10 分の実験で 我々はこの部位を光で 活性化させ 恐怖の記憶を 克服させることが出来ました

Now/ over the last couple of years,/ we've gone back/ to the tree of life/ because we wanted to find/ ways/ to turn circuits/ in the brain off.//

我々はこの数年間 生命の樹を振り返っていました 脳内の回路をオフにする方法を探していたのです

If we could do that,/ this could be extremely powerful.//

実現すれば 極めて有効な手段となります

If you can delete cells just/ for a few milliseconds or seconds,/ you can figure out/ what necessary role/ they play in the circuits/ in which they're embedded.//

数ミリ秒あるいは数秒でも細胞を 除けておくことができれば その回路における役割を解明できます

And we've now surveyed organisms/ from all/ over the tree of life --/ every kingdom of life/ except for animals,/ we see slightly differently.//

我々は生命の樹全体の生物を調べ 動物以外の界は若干異なることが分かりました

And we found all sorts of molecules,/ they're called halorhodopsins or archaerhodopsins,/ that respond to green and yellow light.//

また緑と黄色の光に反応するハロロドプシン または古細菌ロドプシンと呼ばれる分子を見つけました

And they do the opposite thing of the molecule/ I told you about before/ with the blue light activator channelrhodopsin.//

これらは先に述べた青い光に反応する チャネルロドプシンとは逆のことをします

Let's give an example of where we think this is going to go.//

これらを上手く利用できる例を挙げます

Consider,/ for example,/ a condition/ like epilepsy,/ where the brain is overactive.//

脳が過剰に活動している てんかんの症状を例に取ってみましょう

Now/ if drugs fail in epileptic treatment,/one of the strategies is to remove part of the brain.//

てんかん治療で薬が有効でなかった場合 他には脳の一部を除去するという手段がありますが

But that's obviously irreversible,/ and there could be side effects.//

それは明らかに不可逆で 副作用も見込まれます

What if we could just turn off/ that brain/ for a brief amount of time,/ until the seizure dies away,/ and cause the brain/ to be restored to its initial state --/ sort of like a dynamical system/ that's being coaxed down/ into a stable state.//

もし一時的に発作が止まるまで 脳を停止できたとしたらどうでしょう 力学において動的な系を安定状態に移行させるように 脳を初期状態に戻すのです

So this animation just tries to explain/ this concept/ where we made these cells sensitive/ to being turned off/ with light,/ and we beam light in,/ and just/ for the time/ it takes to shut down/ a seizure,/ we're hoping to be able to turn it off.//

こちらのアニメーションは その概念の説明です 光刺激によってオフに出来る細胞を作り 光を照射し 発作を鎮めるのにかかる時間だけ 活動を停止させられたらと考えています

And/ so we don't have data/ to show you/ on this front,/ but we're very excited/ about this.//

この最新の研究についてお見せできるデータはありません 張り切って取り組んでいるところです

Now/ I want to close/ on one story,/ which we think/ is another possibility --/ which is/ that maybe/ these molecules,/ if you can do ultra-precise control,/ can be used in the brain/ itself/ to make a new kind of prosthetic,/ an optical prosthetic.//

もう一つの展望として 注目したいのが 超精密制御でこの分子を 脳自体に用いることが出来れば 新たな光学式補装具が出来ると考えています

I already told you/ that electrical stimulators are not uncommon.//

電気刺激機器が珍しくないことは既にお話ししました

Seventy-five thousand people have Parkinson's deep-brain stimulators implanted.//

7万5千人のパーキンソン病患者が電気刺激機器を移植しており

Maybe 100,000 people have Cochlear implants,/ which allow them/ to hear.//

補聴器としておそらく 10 万人以上が 人工内耳を移植しています

There's another thing,/ which is you've got to get/ these genes/ into cells.//

もう一つは遺伝子を細胞に導入する必要があるということです

And new hope/ in gene therapy has been developed/ because viruses/ like the adeno-associated virus,/ which probably/ most of us/ around this room have,/ and it doesn't have any symptoms,/ which have been used in hundreds of patients/ to deliver genes/ into the brain or the body.//

遺伝子治療における新たな期待として この部屋にいる全員が保有しているであろう 何の症状ももたらさない アデノウィルスが開発され 脳や体に遺伝子を導入するために 百人以上の患者で用いられています

And so far,/ there have not been/ serious adverse events associated with the virus.//

これまでこのウィルスによる悪影響は 報告されていません

There's one last elephant/ in the room,/ the proteins/ themselves,/ which come from algae and bacteria and fungi,/ and all/ over the tree of life.//

まだ誰も触れていない大問題として 藻 バクテリア 菌類など 系統樹のあちこちからのタンパク質が問題です

Most of us don't have fungi or algae/ in our brains,/ so/ what is our brain going to do/ if we put that in?//

我々は通常脳に菌類や藻類を持っていませんが それを導入したらどうなるでしょう?

Are the cells going to tolerate it?// Will the immune system react?//

許容するでしょうか?排除するでしょうか?

In its early days --/ these have not been done on humans yet --/ but we're working/ on a variety of studies/ to try and examine this,/ and so far/ we haven't seen overt reactions of any severity/ to these molecules/ or/ to the illumination of the brain/ with light.//

まだ人間では実験されていませんが 我々は数々の研究に着手しており これを検証しようとしています まだこれらの分子や 光刺激による脳活性について どのような悪影響も観察されていません

So it's early days,/ to be upfront,/ but we're excited about it.//

正直 まだ初期段階ですが 我々は興奮しています

I wanted to close/ with one story,/ which we think/ could potentially be a clinical application.//

最後に 臨床に活用できると思われる お話をして締めたいと思います

Now/ there are many forms of blindness/ where the photoreceptors,/ our light sensors/ that are in the back of our eye,/ are gone.//

我々の目の奥にある 光受容体が無くなってしまう 失明にはいくつもの形態があります

And the retina,/ of course,/ is a complex structure.//

そして当然網膜は複雑な構造をしています

Now/ let's zoom/ in on it here,/ so we can see it/ in more detail.//

拡大してもっと細かく見てみましょう

The photoreceptor cells are shown here/ at the top,/ and then/ the signals/ that are detected by the photoreceptors are transformed by various computations/ until finally/ that layer of cells/ at the bottom,/ the ganglion cells,/ relay the information/ to the brain,/ where we see/ that as perception.//

光受容体細胞は一番上にあり 受け取った信号は細胞の層の 一番下にある神経節に至るまでに 様々な計算を経て変換され そこから脳へ情報が伝達され 我々は映像を知覚します

In many forms of blindness,/ like retinitis pigmentosa,/ or macular degeneration,/ the photoreceptor cells have atrophied or been destroyed.//

網膜色素変性や黄斑変性などの 盲目において 光受容体細胞は萎縮または破壊されています

Now/ how could you repair this?//

どうしたら治せるでしょう?

It's not even clear/ that a drug could cause this to be restored,/ because there's nothing/ for the drug/ to bind to.//

薬が結合する対象が存在しないため 薬による治療が可能かどうかすら不明です

On the other hand,/ light can still get into the eye.//

その一方で 光信号は変わらず目に入ってきているのです

The eye is still transparent/ and you can get light in.//

光は変わらず素通りしてきています

So/ what if we could just take these channelrhodopsins/ and other molecules/ and install them/ on some of these other spare cells/ and convert them/ into little cameras.//

ではもしチャネルロドプシンなどの分子を 代替の細胞などに導入し カメラ代わりに使えたとしたらどうでしょう?

And/ because there's so many of these cells/ in the eye,/ potentially,/ they could be very high-resolution cameras.//

目には多数の細胞が存在するので 解像度の非常に高いカメラとなるはずです

So this is some work/ that we're doing.//

我々はこのようなことをしています

It's being led by one of our collaborators,/ Alan Horsager/ at USC,/ and being sought to be commercialized by a start-up company Eos Neuroscience,/ which is funded by the NIH.//

これは我々の共同研究者の一人 USC のアラン・ホーセイジャーが率い NIH の資金援助の下 Eos Neuroscience 社の立ち上げと共に 商業化をしようとしています

And/ what you see/ here is a mouse/ trying to solve/ a maze.//

これはマウスが迷路を解こうとしている場面です

It's a six-arm maze.// And there's a bit of water/ in the maze/ to motivate the mouse/ to move,/ or he'll just sit there.//

6 方向放射状迷路です マウスの活動を促すため 水を少し入れています

And the goal,/ of course,/ of this maze is to get out of the water/ and go to a little platform/ that's under the lit top port.//

この迷路の目的は 水から上がって 小さな台へ移動することです

Now/ mice are smart,/ so/ this mouse solves the maze eventually,/ but he does a brute-force search.//

マウスは賢いので最終的には迷路を解きますが 総当たりでやります

He's swimming down/ every avenue/ until he finally gets to the platform.//

台にたどり着くまで全ての通路を泳ぎます

So he's not using/ vision/ to do it.//

つまり見通しを立ててはいないのです

These different mice are different mutations/ that recapitulate different kinds of blindness/ that affect humans.//

これらのマウスは遺伝子改変によって 人間の盲目をモデルした変異マウスです

And/ so we're being careful/ in trying to look/ at these different models so we come up/ with a generalized approach.//

それぞれのモデルを慎重に観察し 一般化できる解決手法を模索します

So/ how are we going to solve this?//

どのようにしたらよいでしょう?

We're going to do/ exactly what we outlined in the previous slide.//

先のスライドで示した通り

We're going to take/ these blue light photosensors/ and install them/ on a layer of cells/ in the middle of the retina/ in the back of the eye/ and convert them/ into a camera --/ just like installing solar cells all/ over those neurons to make them/ light sensitive.//

我々は青い光センサーを 目の裏の網膜の 細胞層の真ん中に導入し カメラにします 太陽電池を導入し ニューロンを 感光性にしたときと同様です

Light is converted to electricity/ on them.//

そこで光は電気に変換されます

So this mouse was blind/ a couple weeks/ before this experiment/ and received one dose of this photosensitive molecule/ in a virus.//

このマウスは実験の数週間前に失明させ 感光性分子を含んだウィルスを投与しました

And now/ you can see,/ the animal can indeed avoid walls/ and go to this little platform/ and make cognitive use of its eyes again.//

そしてご覧の通り マウスは壁を避け 小さな台へとたどり着きます 目の知覚機能が回復しています

And to point out/ the power of this:/ these animals are able to get to that platform just as fast/ as animals/ that have seen their entire lives.//

またこのラットの凄いところは 失明を経験していないラットと 同等の成績で台にたどり着いているということです

So this pre-clinical study,/ I think,/ bodes hope/ for the kinds of things/ we're hoping to do/ in the future.//

この前臨床研究は 今後我々が実現したいことの 希望を示していると考えます

To close,/ I want to point out/ that we're also exploring/ new business models/ for this new field of neurotechnology.//

最後に我々はニューロテクノロジーの分野における 新たなビジネスモデルも模索していることをお伝えしておきます

We're developing/ these tools,/ but we share them freely/ with hundreds of groups all/ over the world,/ so people can study/ and try to treat/ different disorders.//

我々はこういったものを開発し 皆が様々な障害の治療を研究できるよう 世界中で数百のグループに自由に共有しています

And our hope is/ that,/ by figuring out/ brain circuits/ at a level of abstraction/ that lets us/ repair them/ and engineer them,/ we can take some of these intractable disorders/ that I told you/ about earlier,/ practically none of which are cured,/ and in the 21st century make them/ history.//

我々の望みは 修復および設計が出来る程度まで 脳の回路を解明し 先にお話しした不治の難病を 21 世紀で過去のものとすることです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Juan Enriquez:/ So some of the stuff is a little dense.//

ファン・エンリケズ: 少々 濃い内容でした

(Laughter)/ But the implications of being able to control seizures or epilepsy/ with light/ instead of drugs,/ and being able to target those specifically is a first step.//

(笑い) 薬の代わりに光で 発作やてんかんを抑え また治療ターゲットを 同定するという狙いが まず第一ですね

The second thing/ that I think/ I heard you say is you can now control the brain/ in two colors,/ like an on/off switch.//

第二に 脳を二つの色でコントロールできるように なったとおっしゃっていたと思います スイッチのオンオフのように

Ed Boyden:/ That's right.//

エド・ボイデン: その通りです

JE:/ Which makes every impulse/ going through the brain/ a binary code.//

JE: 脳内の全ての信号を二進数に置き換えられると

EB:/ Right,/ yeah.//

EB: そうですね

So/ with blue light,/ we can drive information,/ and it's in the form of a one.//

青い光では 1 として情報を促進させられます

And by turning things off,/ it's more or less/ a zero.//

光を弱めると大体 0 になります

So our hope is to eventually build brain coprocessors/ that work with the brain/ so we can augment functions/ in people/ with disabilities.//

障害者の機能を増強するために 我々は最終的に脳と作動する コプロセッサを作りたいと考えています

JE:/ And in theory,/ that means/ that,/ as a mouse feels,/ smells,/ hears,/ touches,/ you can model it out/ as a string of ones and zeros.//

JE: つまり理論的には マウスが感じ 匂いをかぎ 聞き 触れるのを 1 と 0 の文字列でモデル化できるということですか?

EB:/ Sure,/ yeah.// We're hoping to use/ this/ as a way of testing/ what neural codes can drive certain behaviors and certain thoughts and certain feelings,/ and use that to understand more/ about the brain.//

EB: そうです 我々はこの技術を どの神経信号が特定の行動 考え 感情へと導くかの評価に用い 脳の解明に役立てたいと思います

JE:/ Does/ that mean/ that some day/ you could download memories/ and maybe upload them?//

JE: ではいつか記憶のダウンロードやアップロードが できるようになるということですか?

EB:/ Well/ that's something/ we're starting to work/ on very hard.//

EB: ええ 我々はそれにも頑張って取り組み始めています

We're now working/ on some work/ where we're trying to tile/ the brain/ with recording elements too.//

我々は現在 情報を外部記録し また取り入れられるように

So/ we can record information/ and then drive information back in --/ sort of computing/ what the brain needs/ in order to augment its information processing.//

記録素子を脳に敷き詰めようという研究も進めています 脳の情報処理を増強するのに必要なものを 計算しているといったところです

JE:/ Well,/ that might change a couple things.// Thank you.// (EB:/ Thank you.//)//

JE: それは色々変化をもたらすかもしれませんね ありがとうございました

(拍手)

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

awe

『畏敬』(いけい),畏怖

…‘に'畏敬の念を起こさせる

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

probably

『たぶん』,『おそらく』

sensation

〈U〉〈C〉(五感による)『感覚』,知覚

〈C〉(¨の)感じ,気持ち

〈C〉〈U〉大評判,センセーション;大評判になった人(物,事)

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

mediate

〈紛争・相違点など〉‘を'調停する,仲裁する

〈妥協・和解・同意など〉‘を'仲裁して成立させる

(両者の)調停をする《+『between』+『名』》

仲介者(媒介物)を通じての,間接の

computer

『計算機』;『電子計算機』

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

amorphous

形のない,無定形の

(鉱物・化合物が)非結晶の

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

intricacy

〈U〉(模様・構造などの)複雑さ

〈C〉《しばしば複数形で》複雑な事柄,こみ入った部分

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

incredibly

信じられないほど

complicate

…'を'複雑にする

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

atrophy

(栄養不良などによる)萎縮(いしゅく)

(一般的に)衰退,退化

萎縮する,衰退する

…'を'萎縮させる,衰退させる

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

schizophrenia

精神分裂症

basket

『かご』,『バスケット』

(…の)かご1杯(basketful)《+『of』+『名』》

(バスケットボールで)ゴールの網

得点

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

pyramidal

ピラミッド[状]の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

fraction

『破片』,断片;(…の)一部,わずか《+『of』+『名』》

『分数』

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

overactive

活動的過ぎる,活発過ぎる

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

epilepsy

てんかん

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

upstream

上流に,流れおさかのぼって

上流の

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

output

生産高

(コンピューターなどの)アウトプット,出力

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

downstream

流れを下って,下流に

下流の,川下の

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

millisecond

ミリセカンド(1秒の1000分の1)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

ideally

理想的に,申し分なく

観念的に

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

unleash

…‘の'皮ひもおはずす

…‘を'[どっと]解き放つ

initiate

…‘を'始める

《しばしば受動態で》(特に式を行って)(…に)〈人〉‘を'入会させる《+『名』〈人〉+『in』(『into』)+『名』》

〈人〉‘に'(…の)初歩を教える,秘伝(秘訣)を教える《+『名』〈人〉+『in』(『into』)+『名』》

新入りの,手ほどきを受けた

新入会者;手ほどきを受けた人

sustain

…‘を'『持続する』,続けてする

〈人〉‘を'『元気づける』

〈家族など〉‘を'『養う』

《文》(物が下から)…‘を'『支える』

〈損害・傷害など〉‘を'『受ける』,こうむる

〈苦難など〉‘に'耐える,耐え抜く

(法的に)…‘を'認める

…‘を'立証する,確証する

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

pathway

道,小道(path)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

incapacitate

〈物事が〉〈人〉‘を'無能力にする

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

addiction

(物事に)熱中すること《+『to』+『名』》

(麻薬などの)常用《+『to』+『名』》

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

alleviate

(一時的に)〈苦痛・苦悩など〉'を'軽減する,楽にする

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

practically

『実質的には』,『事実上』,ほとんど(almost)・『実際的に』,実用的に,実際的な方法で

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

bath

『入浴』;水浴び

(また《おもに米》『bathtub』,《話》『tub』)浴槽(よくそう),ふろ[がま]

『浴室』(bathroom);

《複数形で》(古代の)大浴場

(化学作用を与えるための)浴液;電解そう

‥'を'入浴させる

入浴する

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

elaborate

『入念な』,手の込んだ

…‘を'念入りに仕上げる,練り上げる

(…について)詳細に述べる《+『on』(『upon, about』)+『名』(do『ing』)》

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

side effect

(薬などの)副作用

solace

〈U〉(悲しみ・失望などに対する)慰め

〈C〉慰めとなる人(物,事)

…‘を'慰める

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

remedy

(…の)『治療薬』,『治療法』《+『for』+『名』》

(…を)矯正(救済)するもの,(…の)対策となるもの《+『for』+『名』》

〈病気など〉‘を'『治療する』

…‘を'矯正する,改善する

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

abnormal

『異常な』,普通でない,規準をはずれた

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

physicist

物理学者

first thing

まず最初に,朝一番に

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

computation

計算;〈C〉(その結果出た)算定額

awry

曲がって,ゆがんで,ねじれて

(目的・期待から)それて,まちがって

曲がった;それた

まちがった,誤った

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

protein

蛋白(たんばく)質

solar cell

太陽電池

install

〈装置など〉‘を'『取り付ける』,設備する

〈人〉‘を'『就任させる』,‘の'就任式を行う

《場所を表す副詞[句]を伴って》…‘を'落ち着かせる,席につける

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

optical

視覚の,視力の

光学用の

laser

レーザー(強力な可視光線を発生させる;医療,通信,軍事用)

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

fruition

(希望・目的などの)達成,実現

(植物が)実を結ぶこと

alga

藻(も);《複数形で》藻(そう)類(海草などの隠花植物)

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

towards

toward

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

membrane

(生物の)膜,皮膜

boundary

『境界線』,境(border)

限界

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

charged

強く気持ちを動かされた

人の気持ちを強く動かす,論争を巻き起こす

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

encode

…‘を'暗号化する

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

gene

遺伝子

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

vector

(数学で)ベクトル,方向量

(ハエ・カなどの)病原媒介昆虫

(飛行機,ミサイルなどの)脱路,軌道

virus

ビールス,ろ過性病原体

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

machinery

《集合的に》《単数扱い》『機械』

《集合的に》機械の部品;機械装置

(社会・政治などの)機構,組織《+『of』+『名』》

fabricate

…‘を'組み立てる,(組み立てて)…を制作(建造)する

〈うそなど〉‘を'作り上げる;〈文書など〉‘を'偽造する

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

tweak

〈耳・鼻〉‘を'つまむ,ひねる

(耳・鼻を)引っ張ること,ひねること

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

flash

(花・炎などの)『ひらめき』,ぴかっと(ぱっと,ちらっと)光ること;閃光(せんこう)《+『of』+『名』》

(機知などの)『ひらめき』;(喜びなどが)急にわいてくること《+『of』+『名』》

(写真の)フラッシュ

瞬間

ニュース速報,特報

『ぱっと光る』,(反射して)きらめく

〈目などが〉きらりと(ぎらっと)光る

(心に)〈言葉・考えなどが〉『ひらめく』《+『through』(『into, across』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人・車などが〉さっと通り過ぎる

…‘を'ぱっと照らす;〈火・光〉‘を'ぱっと発する

…‘を'ちらり(ぴかり,ぎらり)とさせる

(…に)〈サイン・視線など〉‘を'すばやく送る,さっと送る《+『名』+『at』+『名』》

(電信で)…‘を'急送する,速報する

急で短い,瞬間的な

《英話》(現代ふうで)気のきいた

driven

driveの過去分詞

averse

(…を)きらっている《+『to』(『from』)+『名』(do『ing』)》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

short story

短編小説

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

electrode

電極

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

disability

〈U〉無力,無能

〈C〉不具,欠陥

〈U〉(法律で)無能力,無資格

paradigm

範例,規範

語形変化表

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

poke

(とがったもので)…‘を'『突く』,つつく《+『名』+『名』+『with』+『名』》

(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'突き出す《+『名』+『out of』+『名』》

(…に)〈穴〉‘を'つついて作る《+『名』+『in(through)』+『名』》

《話》…‘を'こぶしでなぐる(打つ)

(…を)『突く』,つつく《+『at』+『名』》

(…から)突き出る《+『out of』+『名』》

(指ひじ・棒などで)突くこと

《話》(こぶしで)打つこと

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

times

…掛ける

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

activation

活動化

(物質の)活性化(化学反応を起こしやすくすること)

instead

『その代りとして』,それよりも

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

miniature

(…の)『模型』《+『of』+『名』》

小さな細密画,(特に)小さくて細密な肖像画

小型の,縮小した

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

screening

映写,上映

(志願者などを)選抜すること

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

uncontrolled

抑制されない,押さえられない,自由な

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

classical

古典の;古典時代の;古典様式の

(文学・芸術において)古典主義の(簡潔で調和を保ち洗練されているのが特徴)

(ジャズ・フォークなどに対して主として20世紀初頭までの)古典派の

(新奇な・実験的なものではなく)伝統的な,正統的な

(専門科目に対して)教養科目の

days

たいてい昼間は

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

annoying

迷惑な,うるさい

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

commonly

『一般に』,通例,普通

俗に,下品に

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

freezing

凍るように寒い,(雨などが)氷混じりの

冷凍する

冷淡な,よそよそしい

《副詞的に》凍るように

deer

『シカ』(鹿)

headlight

(自動車・機関車などの)前照灯,ヘッドライト

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

cognition

〈U〉認識[作用]

〈C〉認識(知覚)されたもの

aversive

(人間の心理が)不快な(苦しい)ことを避けようとする

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

left-hand

《名詩の前にのみ用いて》

左側の,左方の

左手による,左手の

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

okay

=OK,O.K.

goes

goの三人称単数現在

equip

(ある目的のために必要な装備などで)〈人〉‘に'『したくさせる』,〈船・軍隊など〉‘に'『装備する』《+『名』+『with』+『名』》,(…に備えて)…‘に'したくさせる,‘を'装備する《+『名』+『for』+『名』》

(必要な知識・能力などを)〈人〉‘に'身につけさせる:《『equip』+『名』〈人〉+『with』+『名』+『for』+『名』…に備えて…を人に身につけさせる》

extremely

『極端に』,非常に過度に

delete

(…から)〈語など〉'を'削除する,消す《+『名』+『from』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

kingdom

〈C〉『王国』

〈C〉(学問・芸術・活動などの独立した)分野,世界,領域

〈C〉(特に自然界を三大区分した)界

〈U〉神(キリスト)の国,御国(みくに)

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

epileptic

てんかん[性]の

てんかん患者

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

obviously

明らかに,明白に

irreversible

逆にできない,裏返しできない

(決定などが)取り消しできない,変更できない

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

seizure

〈U〉〈C〉つかむ(つかまれる)こと

〈U〉〈C〉強奪;差し押さえ;逮捕

〈C〉(病気・恐怖などが)襲うこと,発作

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

initial

『最初の』;語頭にある

(語の)最初の文字

《複数形で》(姓名の)『かしら文字』,イニシアル

…‘に'かしら文字で署名する(印をつける)

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

coax

(やさしい言葉・態度などで)〈人〉'を'『うまく説き伏せる』

(人から)''を'うまく手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

beam

〈C〉(建設の)『はり』,『けた』,横材

〈C〉(船の甲板を支える)横はり

〈C〉(はかりの)さお;(織機の)糸巻き

〈C〉『光線』,光束

〈C〉(顔などの)『輝き』,晴れやかさ

〈C〉(船舶・航空機用の)信号電波

〈U〉最大船幅

《副詞[句]を伴って》『輝く』,光を発する

(…に)顔を輝かせる《+『at』(『on, upon』)+『名』》

〈光・熱〉'を'出す,発散する

(…に向けて)〈放送・無線信号〉'を'送る《+『名』+『at』(『to』)+『名』》

…'を'顔を輝かせて言う

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

datum

dataの単数形

既知の事実

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

excited

興奮した

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

uncommon

『普通でない』,めったにない,並はずれた

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

adverse

反対の,逆の

逆方向の

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

elephant

『ゾウ』

(共和党の象徴としての)象

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

algae

藻類

bacteria

『バクテリア』,細菌

fungus

菌(葉緑素が無く,他の生物の有機物に依存しているキノコ,カビなど)

tolerate

…‘に'『寛大な態度をとる』,‘を'黙認する

…‘を'『がまんする』,耐える

〈薬品・毒物など〉‘に'耐性がある

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

overt

明白な,公然の

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

severity

〈U〉(人・法律などの)厳しさ,厳格さ

〈U〉(病気などの)重大性

〈U〉(様式・趣味などの)簡素,渋さ

〈U〉(痛みなどの)鋭さ;(天候などの)厳しさ

《複数形で》ひどい仕打ち(体験)

illumination

〈U〉照明

〈U〉照度

〈C〉《複数形で》《おもに英》電飾,イルミネーション

〈C〉《複数形で》(写本などの)彩飾

〈U〉解明,啓示

upfront

先行投資の;前もっての

人目をひく,顕著な

率直な

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

blindness

盲目

無知,盲信

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

retina

(目の)網膜

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

ganglion

神経節・ガングリオン,結節腫 《主に手首にできる良性の嚢腫(のうしゆ)》・〔知的・産業的活動の〕中心,中枢 〔of〕

relay

(駅馬車などの)替え馬,継ぎ馬

(仕事の)交代,交代班

《話》=relay race

(放送の)中継;(電気の)継電器

(…へ)〈伝言・放送など〉‘を'中継する,中継して伝える《+『名』+『to』+『名』》

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

degeneration

退歩,退化,墜落

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

spare

…‘を'『容赦する』,‘の'命を助ける

《『spare』+『名』〈人〉+『名』〈労苦〉》〈苦痛・苦労まど〉‘を'〈人〉‘に'させない

《通例否定文で》〈時間・労力など〉‘を'『惜しむ』,控える

〈労力・時間など〉‘を'『さく』,割愛する;…‘を'なしですませる

(ある日的のために)…‘を'取っておく,残しておく《+『名』+『for』+『名』》

(物が)『予備の』;(時間・金が)余分の

(食事などが)質素な;乏しい

やせた(lean)

{名}予備の品(部品),スペア

(ボウリングで)2回の投球でピンを全部倒すこと

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

maze

迷路

混乱,当惑,混迷

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

lit

lightの過去・過去分詞

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

recapitulate

…‘の'要点を繰り返す,‘を'要約する(summarize)

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

outline

(物の)『輪郭』,外形《+『of』+『名』》

(…の)輪郭図,線画,略図《+『of』+『名』》

(話・でき事などの)『概要』,あらまし;《複数形で》(…の)要点,眼目《+『of』+『名』》

…‘の'『輪郭を描く』,略図を描く

…‘の'概要を述へる,‘を'概説する

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

dose

(おもに飲み薬1回分の)『服用量』

(痛いこと・いやなことの)1回分,一定量

(人などが受ける放射線の)線量

性病

(…を)…‘に'投薬する,服用させる《+『名』+『with』+『名』》

photosensitive

感光性の

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

cognitive

認識の(に関する,を要する)

lives

lifeの複数形

bode

…‘の'前兆となる,'を'予言する

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

freely

『自由に』;かってに

『惜しげなく』,十分に

率直に;無遠虜に

自分から進んで

abstraction

〈U〉抽象[作用]

〈C〉抽象的概念

〈U〉(化学的な)抽出[作用]

〈U〉放心[状態]

〈C〉抽象美術の作品

intractable

(人・人の性質が)手に負えない,強情な

(物事が)処理しにくい,取り扱いにくい

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

applause

『拍手かっさい』;称賛

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

laughter

『笑い』,笑い声

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

impulse

〈U〉〈C〉(心の)『衝動』,一時の感情,でき心

〈C〉『衝撃』,推進力(push);刺激

〈C〉インパルス(短時間だけ続く電流)

〈C〉(神経細胞が起こす)衝動

binary

二つから成る,二つを含む;二元の,複の(dual)

二進法による

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

yeah

=yes

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

neural

神経[系統]の

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

doe

(シカ・カモシカ・ヤギ・ウサギなどの)雌

tile

(床・壁用の)『タイル』;屋根がわら;《集合的に》タイル,かわら

(ドミノなどゲームの)こま,(マージャンの)牌

(下水・煙突などの)土管,コンクリート管

…‘に'タイルを張る;〈屋根〉‘を'かわらでふく

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

関連動画