TED日本語 - パーディス・サベティ: 死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - パーディス・サベティ: 死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について

TED Talks

死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について
How we'll fight the next deadly virus
パーディス・サベティ
Pardis Sabeti

内容

エボラ熱が2014年3月に発生し、パーディス・サベティのチームはウイルスのジノム(genome、ゲノムとも表記)解析により、その変異の仕方や感染拡大の経緯を解明しました。世界中のウイルス追跡チームや科学者たちがこのウイルスとの喫緊の戦いに参加できるよう、パーディスは即座に彼女の研究をネットで公開しました。このトークで、彼女はオープンな共同研究がウイルスを食い止める為には必須であり、次に来るであろうウイルス感染症への対応に必要だと示しています。「私たちは透明性のあるオープンさを持って協業し、情報を共有し、共に戦わなければなりませんでした。」サベティは続けます「世界が一つのウイルスによる破壊に振り回されないよう、何十億もの暖かい心や思いやりの協力で 世界を照らして行きましょう。」

Script

You may never have heard of Kenema, Sierra Leone or Arua, Nigeria. But I know them as two of the most extraordinary places on earth.

In hospitals there, there's a community of nurses, physicians and scientists that have been quietly battling one of the deadliest threats to humanity for years: Lassa virus. Lassa virus is a lot like Ebola. It can cause a severe fever and can often be fatal. But these individuals, they risk their lives every day to protect the individuals in their communities, and by doing so, protect us all.

But one of the most extraordinary things I learned about them on one of my first visits out there many years ago was that they start each morning -- these challenging, extraordinary days on the front lines -- by singing. They gather together, and they show their joy. They show their spirit. And over the years, from year after year as I've visited them and they've visited me, I get to gather with them and I sing and we write and we love it, because it reminds us that we're not just there to pursue science together; we're bonded through a shared humanity.

And that of course, as you can imagine, becomes extremely important, even essential, as things begin to change. And that changed a great deal in March of 2014, when the Ebola outbreak was declared in Guinea. This is the first outbreak in West Africa, near the border of Sierra Leone and Liberia. And it was frightening, frightening for us all. We had actually suspected for some time that Lassa and Ebola were more widespread than thought, and we thought it could one day come to Kenema.

And so members of my team immediately went out and joined Dr. Humarr Khan and his team there, and we set up diagnostics to be able to have sensitive molecular tests to pick up Ebola if it came across the border and into Sierra Leone. We'd already set up this kind of capacity for Lassa virus, we knew how to do it, the team is outstanding. We just had to give them the tools and place to survey for Ebola.

And unfortunately, that day came. On May 23,2014, a woman checked into the maternity ward at the hospital, and the team ran those important molecular tests and they identified the first confirmed case of Ebola in Sierra Leone. This was an exceptional work that was done. They were able to diagnose the case immediately, to safely treat the patient and to begin to do contact tracing to follow what was going on. It could've stopped something. But by the time that day came, the outbreak had already been breeding for months. With hundreds of cases, it had already eclipsed all previous outbreaks. And it came into Sierra Leone not as that singular case, but as a tidal wave.

We had to work with the international community, with the Ministry of Health, with Kenema, to begin to deal with the cases, as the next week brought 31, then 92, then 147 cases -- all coming to Kenema,one of the only places in Sierra Leone that could deal with this.

And we worked around the clock trying to do everything we could, trying to help the individuals, trying to get attention, but we also did one other simple thing. From that specimen that we take from a patient's blood to detect Ebola, we can discard it, obviously. The other thing we can do is, actually, put in a chemical and deactivate it, so just place it into a box and ship it across the ocean, and that's what we did. We sent it to Boston, where my team works. And we also worked around the clock doing shift work, day after day, and we quickly generated 99 genomes of the Ebola virus. This is the blueprint -- the genome of a virus is the blueprint. We all have one. It says everything that makes up us, and it tells us so much information.

The results of this kind of work are simple and they're powerful. We could actually take these 99 different viruses, look at them and compare them, and we could see, actually, compared to three genomes that had been previously published from Guinea, we could show that the outbreak emerged in Guinea months before, once into the human population, and from there had been transmitting from human to human. Now, that's incredibly important when you're trying to figure out how to intervene, but the important thing is contact tracing. We also could see that as the virus was moving between humans, it was mutating. And each of those mutations are so important, because the diagnostics, the vaccines, the therapies that we're using, are all based on that genome sequence, fundamentally -- that's what drives it. And so global health experts would need to respond, would have to develop, to recalibrate everything that they were doing.

But the way that science works, the position I was in at that point is, I had the data, and I could have worked in a silo for many, many months, analyzed the data carefully, slowly, submitted the paper for publication, gone through a few back-and-forths, and then finally when the paper came out, might release that data. That's the way the status quo works.

Well, that was not going to work at this point, right? We had friends on the front lines and to us it was just obvious that what we needed is help, lots of help. So the first thing we did is, as soon as the sequences came off the machines, we published it to the web. We just released it to the whole world and said, "Help us." And help came.

Before we knew it, we were being contacted from people all over, surprised to see the data out there and released. Some of the greatest viral trackers in the world were suddenly part of our community. We were working together in this virtual way, sharing, regular calls, communications, trying to follow the virus minute by minute, to see ways that we could stop it.

And there are so many ways that we can form communities like that. Everybody, particularly when the outbreak started to expand globally, was reaching out to learn, to participate, to engage. Everybody wants to play a part. The amount of human capacity out there is just amazing, and the Internet connects us all. And could you imagine that instead of being frightened of each other, that we all just said, "Let's do this. Let's work together, and let's make this happen."

But the problem is that the data that all of us are using, Googling on the web, is just too limited to do what we need to do. And so many opportunities get missed when that happens. So in the early part of the epidemic from Kenema, we'd had 106 clinical records from patients, and we once again made that publicly available to the world. And in our own lab, we could show that you could take those 106 records, we could train computers to predict the prognosis for Ebola patients to near 100 percent accuracy. And we made an app that could release that, to make that available to health-care workers in the field.

But 106 is just not enough to make it powerful, to validate it. So we were waiting for more data to release that. and the data has still not come. We are still waiting, tweaking away, in silos rather than working together. And this just -- we can't accept that. Right? You, all of you, can not accept that. It's our lives on the line. And in fact, actually, many lives were lost, many health-care workers, including beloved colleagues of mine,five colleagues: Mbalu Fonnie, Alex Moigboi, Dr. Humarr Khan, Alice Kovoma and Mohamed Fullah. These are just five of many health-care workers at Kenema and beyond that died while the world waited and while we all worked, quietly and separately.

See, Ebola, like all threats to humanity, it's fueled by mistrust and distraction and division. When we build barriers amongst ourselves and we fight amongst ourselves, the virus thrives. But unlike all threats to humanity, Ebola is one where we're actually all the same. We're all in this fight together. Ebola on one person's doorstep could soon be on ours. And so in this place with the same vulnerabilities, the same strengths, the same fears, the same hopes, I hope that we work together with joy.

A graduate student of mine was reading a book about Sierra Leone, and she discovered that the word "Kenema," the hospital that we work at and the city where we work in Sierra Leone, is named after the Mende word for "clear like a river, translucent and open to the public gaze." That was really profound for us, because without knowing it, we'd always felt that in order to honor the individuals in Kenema where we worked, we had to work openly, we had to share and we had to work together. And we have to do that. We all have to demand that of ourselves and others -- to be open to each other when an outbreak happens, to fight in this fight together. Because this is not the first outbreak of Ebola, it will not be the last, and there are many other microbes out there that are lying in wait, like Lassa virus and others. And the next time this happens, it could happen in a city of millions, it could start there. It could be something that's transmitted through the air. It could even be disseminated intentionally. And I know that that is frightening, I understand that, but I know also, and this experience shows us, that we have the technology and we have the capacity to win this thing, to win this and have the upper hand over viruses. But we can only do it if we do it together and we do it with joy.

So for Dr. Khan and for all of those who sacrificed their lives on the front lines in this fight with us always, let us be in this fight with them always. And let us not let the world be defined by the destruction wrought by one virus, but illuminated by billions of hearts and minds working in unity.

Thank you.

(Applause)

シエラレオネのケネマ ナイジェリアのアルア そんな地名を聞いた事があるでしょうか そこは 私にとって 最も類い稀な場所です

その地にある病院では 看護師、医師、科学者たちが 静かに 最も恐ろしい人類の敵の一つと 何年にも渡り 戦って来ました ラッサウイルスです ラッサウイルスは エボラウイルスによく似ていて 高熱を引き起こし 時に命をも奪います でも 彼らが毎日 命を危険に晒されながら その地の コミュニティーの 人々を守っていることで 私たち全員を 守ってくれています

でも 私がそこを何年も前に訪れて 一番驚いたことは 彼らが毎朝 大変 過酷な第一線での毎日を 歌を歌って 始めることでした 皆が集まって 喜びを表し 活力を見せるんです 何年も通して 互いを訪ね合って みんなと集まって 歌い 歌を作って 本当に楽しいんです 私たちは科学の追求のためだけに そこにいるのではなくて 人間愛で通じ合っているから

それが 状況が変わるにつれて とても重要に 欠かせないものに なる事は 想像出来ると思います 2014年3月 それが大きく変わりました ギニアでエボラの大流行が 宣告された時です これは西アフリカ シエラレオネとリベリアの国境付近で起こった 西アフリカで最初の アウトブレイク(感染症大流行)でした 私たちは恐れて ― 実際にしばらくの間 ラッサとエボラは 考えられているよりも感染が拡大していて いつかケネマにも到達する かも知れないと思っていました

それで私のチームメンバーが すぐさま行動して フマー・カーン博士の チームに合流しました そこで高感度な ウィルスRNA検出装置を用意し エボラが国境を越え シエラレオネに到達したら 検知できるように備えました 既にこのような装置を ラッサウイルス対策に使っていたので 手法は分かっていたし チームはとても優秀でした 彼らにはエボラを検査するツールと 場所を提供すれば良いだけでした

しかし 不幸にも その日は来てしまいました 2014年5月23日 女性が 病院の産科病棟に入院し チームが ウィルスRNAの検査を行ったところ シエラレオネで最初の エボラ出血熱の症例を確認しました 彼らの仕事は極めて立派でした この症例を即座に判定し 患者を安全に扱い 状況を把握する為の 接触者追跡調査を始めたのです これで感染拡大を早期に くい止められたかも知れませんでした しかし その日までに アウトブレイクは既に 数ヶ月も続いていました 何百もの症例が発生し それ以前のアウトブレイクを凌駕して シエラレオネに到達した時は もう ある一人の症例ではなく 津波のように押し寄せて来たのです

私たちはこの感染症に 立ち向かうために 国際的なコミュニティや 健康省やケネマの役所と連携しました 次の週には31症例が そして92、それから147症例 ― 全ての患者がケネマへと流れ込みました シエラレオネで この病気を扱える 限られた施設があるからです

私たちは24時間 できる限りのことを 手を尽くして 患者たちを救い 注意を喚起し そしてもう一つ 単純なことを行いました エボラを検出する為に採取していた 患者の血液サンプルは もちろん廃棄して 良かったんですが その代わりに 薬品でウイルスを不活化し 血液サンプルを箱に詰め 海を越え 他の研究施設へ 送り出したのです 私のチームがいる ボストンへ送りました それから日夜働き続けました 毎日シフト勤務しながら そして迅速に99のエボラウイルスの ジノムを解析しました ウイルスのジノムは その青写真なのです ジノムは誰にでもあるもので 私たちを構成しているものすべての性質を表わし 膨大な情報を内包しています

このような作業の結果は 単純でも大変強力です この99のウイルスを 観察し 比べて 以前ギニアで発表された 3つのジノムと比べ 何ヶ月も前にアウトブレイクが ギニアで始まったことを解明できました まず人間に感染した後 それから人を媒介して感染が広がったのです これは どう介入すべきかを 解明するためにとても重要なことです しかしそれから重要なのは 接触者追跡調査です ウイルスがヒトの間で 感染するにつれ 変異していることを確認しました この一つ一つの変異を 観察することは大変重要です なぜなら診断機器やワクチン 治療 そういったものは 全て基本的に ジノム配列に基づいて つくられているのです 国際保健の専門家たちは これに対して 対策を展開し 今までの成果を全て 調整し直して行く必要があります

その時 私が科学者として どのように仕事をしていたかというと まず手元にデータを蓄積して 何ヶ月も何ヶ月も 研究室に篭って データを注意深く 丁寧に分析し 研究論文を発表するため 何度かのやり取りを繰り返し ついに論文が発表されたら データを公開するということでした これが科学者たちの研究の流れの 現状です

でも そんな事を やっていられなかったでしょう? 友人たちが前線にいる そしてとてもはっきりとしていたことは 助けが必要だった ということです しかも とても多くの助けが必要でした だから 最初にやったことは ジノム配列が読み取られた後 それをすぐにウェブサイトで 公表しました ただデータをそのまま世界へ発信し 「力を貸してください」と言ったんです そして 助けは来ました

あっという間に ― データが公表されて いるのを見て驚いた 世界中の人々から 連絡が届きました 世界でも屈指の ウイルス追跡チームが 突然私たちの仲間になり バーチャルに 協力し始めました 電話やメールのやり取りが続き 分刻みでウイルスを追跡調査して 感染拡大を食い止める 方法を考えました

そんな有事に際しコミュニティを作るには 色々な方法があります とりわけアウトブレイクが 世界的規模で広まり始めた時には誰もが 積極的に 調べ 関わり 力を貸そうとしました 皆が関与したいと願ったのです 世界中にいるそんな人々の能力は 本当に素晴らしくて インターネットが私たち 皆を繋いでくれます 想像してみてください お互いを脅威と見て避け合うより 皆が「これをやろうよ」 「一緒にやってこれを解決しよう」 と言うのです

問題は 私たち 皆が使っていたデータは ネットで検索したものだけだと とても限られ 不十分だった事でした そんな時は とても多くの可能性 ― 機会が失われてしまいます ケネマの感染症大流行の初期に 106件のカルテが集まっていました それも 世界中へ 公開することにしたのです そして 私たちの研究所では その106例から コンピューターに学習させることで エボラ患者の予後を ほぼ100%に近い精度で 予測できる事を証明できました それを現地で働く 医療関係者へ 提供するためのアプリを作りました

でもそのアプリが十分に効果を発揮し それを実証するためには 106件では まったく足りず リリースまでにもっと多くのデータが 来るのを待っていました でも なかなかデータは来ませんでした 皆がそれぞれに研究し考え 待ち続けていましたが でも 皆サイロに籠もって 協力の力を使っていなかったんです でもこんな ― こんな事ってありえないでしょう そう思いません? 皆さんもそう思うでしょう 私たちの命がかかっているんです 実際に 多くの命が失われました 医療関係者たち 私の大切な仕事仲間たちも 5名 バル・フォニー、アレックス・モグボイ フマー・カーン博士、アリス・コボマ そして モハメド・フラー 彼らはケネマとその周辺で 亡くなった 大勢の医療関係者たちの中の5人です そのとき世界が待つ中 私たちは黙ってバラバラに 取り組みをしてたのでした

エボラ出血熱も 他の人類への脅威と同じで 猜疑心や足の引っ張り合い 不和により増長します 私たちが互いの間に壁を作り 争い合うとき ウイルスは勢力を増します でも他の自然の脅威と違って エボラとの戦いは 私たち全員に等しく関わっていて 私たちは一緒に戦っているんです ある人がエボラにかかれば すぐに他の誰かに伝染するかも知れません いま 私たちの命は 同じように脆弱で 同じような生命力を持ち 同じ恐れや希望を持っている そんな状況で 共に喜びをもって 協力できればと願います

指導した大学院生の一人が シエラレオネについての本を読んで 私たちが働く病院がある 市の名前である 「ケネマ」という言葉が 実はシエラレオネのメンデ族の言葉で 「川のように澄み 誰の目にも透明に映る」 という意味だと知りました それにとても深い意味を感じました それを知る前から 私たちは 常にケネマの人々を尊重し オープンな環境で 情報を共有し 一緒に働こうと努めて来たからです それは大切なことなのです アウトブレイクが起こった時 共にそれと戦うために 自分たちにも周囲の皆にも 隠さず情報を共有することが 求められるからです これは決して最初の エボラ大流行などではなく 最後でもありません これ以外にも まだ多くの微生物が 例えばラッサウイルスのように 潜んでいます そして次に感染大流行が起こる時 何百万人もが住む大都市で 発生するかもしれない 空気感染するウイルスかもしれない 故意にウイルスがばら撒かれるかもしれないのです これはとても恐ろしいことです 当然ですよね でも 同時に 今回の経験が教えてくれたことは 私たちには それに打ち勝つための 技術も対応力もあるということです ウイルス感染との戦いに勝ち 優位に立てるということです でも それは私たちが力を合わせる 限りにおいて可能になります そして喜びをもって そうしましょう

感染症との戦いで 亡くなったカーン博士や 前線で命を落とした人々 彼らはずっと私たちと共に 戦っていました 私たちもこの戦いを ずっと彼らと一緒にやっていきましょう 世界が一つのウイルスによる破壊に 振り回されないよう 何十億もの暖かい心や思いやりの 協力で 世界を照らして行きましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画