TED日本語 - ノーマン・スパック: トランスジェンダーの10代達が「願う自分」になる手助けをする私の方法

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ノーマン・スパック: トランスジェンダーの10代達が「願う自分」になる手助けをする私の方法

TED Talks

トランスジェンダーの10代達が「願う自分」になる手助けをする私の方法
How I help transgender teens become who they want to be
ノーマン・スパック
Norman Spack

内容

思春期は誰にとっても戸惑いの時ですが、トランスジェンダーの10代の若者にとっては、夜ごと心地よく思えない身体に成長していく悪夢の時にもなり得るのです。心に沁みるこの講演では、内分泌科医のノーマン・スパックが、どうやってホルモン補充療法で未成年者を治療するアメリカの数少ない医者の一人となったのか、自身の経験を教えてくれます。思春期の影響を食い止めることで、スパックはトランスジェンダーの10代の若者に必要な時間を与えているのです。(TEDxBeaconStreetにて撮影)

Script

I want you all to think about the third word that was ever said about you, or if you were delivering, about the person you were delivering. And you can all mouth it if you want or say it out loud. It was, the first two were, "It's a ..."

Well, it shows you that I also deal with issues where there's not certainty of whether it's a girl or a boy, so the mixed answer was very appropriate.

Of course, now the answer often comes not at birth but at the ultrasound, unless the prospective parents choose to be surprised like we all were.

But I want you to think about what it is that leads to that statement on the third word, because the third word is a description of your sex, and by that I mean, made by a description of your genitals. Now, as a pediatric endocrinologist, I used to be very, very involved, and still somewhat am, in cases in which there are mismatches in the externals or between the externals and the internals, and we literally have to figure out what is the description of your sex. But there is nothing that is definable at the time of birth that would define you, and when I talk about definition, I'm talking about your sexual orientation. We don't say, "It's a gay boy." "A lesbian girl." Those situations don't really define themselves more until the second decade of life. Nor do they define your gender, which, as different from your anatomic sex, describes your self-concept. Do you see yourself as a male or female or somewhere in the spectrum in between? That sometimes shows up in the first decade of life, but it can be very confusing for parents because it is quite normative for children to act in a cross-gender play and way, and that in fact there are studies that show that even 80 percent of children who act in that fashion will not persist in wanting to be the opposite gender at the time when puberty begins. But at the time that puberty begins, that means between about age 10 to 12 in girls,12 to 14 in boys, with breast budding or two to three times increase in the gonads in the case of genetic males, by that particular point, the child who says they are in the absolute wrong body is almost certain to be transgender and is extremely unlikely to change those feelings, no matter how anybody tries reparative therapy or any other noxious things.

Now this is relatively rare, so I had relatively little personal experience with this, and my experience was more typical only because I had an adolescent practice. And I saw someone age 24, went through Harvard, genetically female, went through Harvard with three male roommates who knew the whole story, a registrar who always listed his name on course lists as a male name, and came to me after graduating saying, "Help me. I know you know a lot of endocrinology." And indeed I've treated a lot of people who were born without gonads. This wasn't rocket science. But I made a deal with him: I'll treat you if you teach me.

And so he did. And what an education I got from taking care of all the members of his support group. And then I got really confused, because I thought it was relatively easy at that age to just give people the hormones of the gender in which they were affirming, but then my patient married, and he married a woman who had been born as a male, had married as a male, had two children, then went through a transition into female, and now this delightful female was attached to my male patient, in fact got legally married because they showed up as a man and a woman, and who knew? Right? (Laughter)

And while I was confused about, does this make so-and-so gay? Does this make so-and-so straight? I was getting sexual orientation confused with gender identity. And my patient said to me, "Look, look, look. If you just think of the following, you'll get it right: Sexual orientation is who you go to bed with; gender identity is who you go to bed as."

And I subsequently learned from the many adults -- I took care of about 200 adults -- I learned from them that if I didn't look, peek as to who their partner was in the waiting room, I would never be able to guess better than chance whether they were gay, straight, bi, or asexual in their affirmed gender. In other words,one thing has absolutely nothing to do with the other. And the data show it.

Now, as I took care of the 200 adults, I found it extremely painful. These people were -- many of them had to give up so much of their lives. Sometimes their parents would reject them, siblings, their own children, and then their divorcing spouse would forbid them from seeing their children. It was so awful, but why did they do it at 40 and 50? Because they felt they had to affirm themselves before they would kill themselves. And indeed, the rate of suicide among untreated transgendered people is among the highest in the world.

So what to do? I was intrigued in going to a conference in Holland, where they are experts in this, and saw the most remarkable thing. They were treating young adolescents after giving them the most intense psychometric testing of gender, and they were treating them by blocking the puberty that they didn't want. Because basically, kids look about the same, each sex, until they go through puberty, at which point, if you feel you're in the wrong sex, you feel like Pinocchio becoming a donkey. The fantasy that you had that your body will change to be who you want it to be with puberty actually is nullified by the puberty you get. And they fall apart.

So that's why putting the puberty on hold -- Why on hold? You can't just give them the opposite hormones that young. They'll end up stunted in growth, and you think you can have a meaningful conversation about the fertility effects of such treatment with a 10-year-old girl, a 12-year-old boy? So this buys time in the diagnostic process for four or five years so that they can work it out, they can have more and more testing, they can live without feeling their bodies are running away from them. And then, in a program they call 12-16-18, around age 12 is when they give the blocking hormones, and then at age 16 with retesting, they requalify. Now remember, the blocking hormones are reversible, but when you give the hormones of the opposite sex, you now start spouting breasts and facial hair and voice, depending on what you're using, and those effects are permanent or require surgery to remove or electrolysis, and you can never really affect the voice. So this is serious, and this is 15-, 16-year-old stuff.

And then at 18, they're eligible for surgery, and while there's no good surgery for females to males genitally, the male-to-female surgery has fooled gynecologists. That's how good it can be. So I looked at how the patients were doing, and I looked at patients who just looked like everybody else, except they were pubertally delayed. But once they gave them the hormones consistent with the gender they affirm, they look beautiful. They look normal. They had normal heights. You would never be able to pick them out in a crowd.

So at that point, I decided I'm going to do this. This is really where the pediatric endocrine realm comes in, because in fact, if you're going to deal with it in kids age 10-12,10-14, that's pediatric endocrinology. So I brought some kids in, and this now became the standard of care, and Children's Hospital was behind it. By my showing them the kids before and after, people who never got treated and people who wished to be treated, and pictures of the Dutch, they came to me and said, "You've got to do something for these kids." Well, where were these kids before? They were out there suffering, is where they were.

So we started a program in 2007. It became the first program of its kind -- but it's really of the Dutch kind -- in North America. And since then, we have 160 patients. Did they come from Afghanistan? No. They came,75 percent of them came from within 150 miles of Boston.

And some came from England. Jackie had been abused in the Midlands, in England. She's 12 years old there, she was living as a girl but she was being beaten up. It was a horror show. They had to homeschool her. And the reason the British were coming was because they would not treat anybody with anything under age 16, which means they were consigning them to an adult body, no matter what happened, even if they tested them well. Jackie, on top of it, was, by virtue of skeletal markings, destined to be six feet five. And yet, she had just begun a male puberty.

Well, I did something a little bit innovative, because I do know hormones, and that estrogen is much more potent in closing epiphyses, the growth plates, and stopping growth, than testosterone is. So we blocked her testosterone with a blocking hormone, but we added estrogen, not at 16, but at 13. And so here she is at 16, on the left. And on her 16th birthday, she went to Thailand, where they would do a genital plastic surgery. They will do it at 18 now. And she ended up 5'11" but more than that, she has normal breast size, because by blocking testosterone, every one of our patients has normal breast size if they get to us at the appropriate age, not too late.

And on the far right, there she is. She went public, semifinalist in the Miss England competition. The judges debated as to, can they do this? Can they make her -- And one of them quipped, I'm told, "But she has more natural self than half the other contestants." (Laughter) And some of them have been rearranged a little bit, but it's all her DNA. And she's become a remarkable spokeswoman. And she was offered contracts as a model, at which point she teased me, where she said, "You know, I might have had a better chance as a model if you'd made me six feet one." Go figure. (Laughter)

So this picture, I think, says it all. It really says it all. These are Nicole and brother Jonas, identical twin boys, and proven to be identical, in which Nicole had affirmed herself as a girl as early as age three. At age seven, they changed her name, and came to me at the very beginnings of a male puberty. Now you can imagine looking at Jonas at only 14 that male puberty is early in this family, because he looks more like a 16-year-old, but it makes the point all the more why you have to be conscious of where the patient is. Nicole has done pubertal blockade in here, and Jonas is just going -- biologic control. This is what Nicole would look like if we weren't doing what we were doing. He's got a prominent Adam's apple. He's got angular bones to the face, a mustache, and you can see there's a height difference because he's gone through a growth spurt that she won't get. Now Nicole is on estrogen. She has a bit of a form to her.

This family went to the White House last spring because of their work in overturning an anti-discrimination, there was a bill that would block the right of transgender people in Maine to use public bathrooms, and it looked like the bill was going to pass, and that would have been a problem, but Nicole went personally to every legislator in Maine and said, "I can do this. If they see me, they'll understand why I'm no threat in the lady's room, but I can be threatened in the men's room." And then they finally got it.

So where do we go from here? Well, we still have a ways to go in terms of anti-discrimination. There are only 17 states that have an anti-discrimination law against discrimination in housing, employment, public accommodation, only 17 states, and five of them are in New England. We need less expensive drugs. They cost a fortune. And we need to get this condition out of the DSM. It is as much a psychiatric disease as being gay and lesbian, and that went out the window in 1973, and the whole world changed. And this isn't going to break anybody's budget. This is not that common. But the risks of not doing anything for them not only puts all of them at risk of losing their lives to suicide, but it also says something about whether we are a truly inclusive society.

Thank you.

(Applause)

皆さん全員に考えて欲しいのです あなたについて語るときの ― または もし妊娠中であれば あなたが身ごもっている人間について語るときの ― 3番目の単語についてです 口を動かすだけでも 声を出して言っても構いません その最初の2語は「その子の 性別は...」

さて 私もまた考えあぐねている問題は それが「女の子」か「男の子」か 定かでないということです ですので 曖昧な答えが適切でしょう

もちろん 今ではその答えは 誕生の時ではなく 超音波で得られます 将来のご両親が 我々の時代のような方法で 驚くことを選択しない限りは ですが

しかし 皆さんに考えて頂きたいのは 何をもって この3番目の単語は 決まるのか ということ 何故なら その3番目の単語は あなたの性別を示すものであり それはつまり 生殖器に基づき決まるのです 小児内分泌学者として 私はかつて そして今でも 外面的な もしくは内面と外面の間に ミスマッチのある症例に 深く携わってきました そして我々は文字通りその人の性別が 何であるかを 見つけなければならないのです しかし 生誕の時に その人を定義出来るような 確固としたものなどありません ところで私が定義と言う時 それはその人の性的指向を指しています 我々は 「ゲイの少年」 とか 「レズの少女」 とは言いません 生まれてから20年位は 彼らを正しくは定義できません その頃の姿はその人の 解剖学的な性別と違う 性的指向を定義したり その人の自己概念を表しては いないのです 皆さんは自分自身が 男性か女性か またはその間のどこにいるのか 分かりますか? 10歳までの間にも ときおり顔を出すことはあっても 両親にとっては わかりにくいものです 何故なら子供にとっては 性別を越えた遊びや振る舞いを行うのは きわめて一般的なことで 事実 研究では そんな振る舞いをする子供でも その80%は思春期が始まる頃には 異なった性の自分であろうと 固執しないことが 示されています しかし 思春期が始まる時 つまり 女の子なら10~12歳 男の子なら12~14歳の 胸が膨らみ始めたり 遺伝学的に男性の場合は 生殖腺が2、3倍に発達する その時期までに 「自分は 完全に間違った身体を持っている」 と言う子供は 自分自身をトランスジェンダーだと ほぼ確信しており どんなに修復治療しようとしたり 他のいかなる不快なことを試されても きわめてその感情を変えがたいのです

さて これは比較的 稀なことなので どちらかと言えば わずかな経験しかなく 未熟だったが故に 私の経験は 型にはまったものに すぎませんでした 私はある24歳の方に会いました この方は遺伝学的には女性で 事情を全部知っている 3人の男性ルームメイトと ハーバード大学に通いました 学籍係は彼の名前をいつも 講義登録リストに 男性として登録していました その方が卒業後に 私を訪ねて言いました 「助けて下さい あなたは内分泌学に詳しいんでしょう?」 事実私は 生まれつき生殖腺がない 多くの人を診てきました これはそう難しいことではありません しかし 彼と約束したのです もし私があなたから 教わることができるなら 診ましょうと

彼はそうしてくれました そして彼のサポートメンバー全員を 引き受けることで私が得た 学びが 何と重要なものだったことか 一方 私は本当に頭を抱えました この年齢なら その人が確信している性別の ホルモンを投与するのは 比較的簡単なことだと 私は思っていたからです しかし やがて患者は結婚します 彼は男性として 元男性の女性と結婚し 2人の子供に恵まれました その後 女性に移行し そして この輝かしい女性は 私の男性患者と親密になり 事実 法的に結婚しました 何故なら彼らはれっきとした 一組の男性と女性だからです 一体どういうことなんでしょう? (笑)

混乱しつつも私は思ったのです これは人をゲイにするものなのだろうか? ストレートにするものなのだろうか?と 私は性的指向を性同一性と 混同していたのです そして私の患者は言いました 「いいですか こう考えたら正しく理解できるでしょう 性的指向とは あなたがベッドを共にするのは誰か 性同一性とは あなたが誰としてベッドに入るかです」

そしてその後多くの成人から ― 約200人を診察したのですが ― 彼らから私は学んだのです もし私が待合室の患者のパートナーを ちらっと覗くだけで大して見もせずにいたら 私は彼らが 確信する性に基づいて ゲイ ストレート バイセクシャル それとも性別を持たない人なのか まともに解き当てることは 決して出来なかったでしょう 言い換えれば 一方の性別はパートナーの性別とは 全く何の関係もないのです 私の経験もそれを示しています

さて 私は200人もの成人を診察し それがとてつもなく 苦痛であることを知りました これらの人々は ― 彼らの多くは 人生で相当なものを 諦めなければなりませんでした 時には両親が彼らを拒絶し きょうだい 自らの子供たち そして離婚しようとする配偶者は 彼らが子供たちと会うことを 禁じたりするのです とてつもなく凄まじいのですが でも何故 40や50歳になって 治療を受けるのでしょうか? それは 自殺してしまう前に 自身を肯定する必要を 彼らは感じるからです そして事実 未治療のトランスジェンダーの自殺率は 世界で最も高いのです

では何をすべきでしょうか? 私はオランダのある学会に参加して 興味をそそられました この領域の専門家が集まるその場で 私は最も驚くべきものを見たのです 彼らは若い青年たちに 性別に関する 非常に綿密な心理検査を行った後 望まれない思春期の開始を阻止する 治療を行っていました 何故なら 子供は基本的に 思春期に入るまでは どちらの性別も同じと見なすものです 思春期の時点で もし自分が 誤った性別に属していると感じると まるでピノキオがロバになるのと 同じ感じを味わうわけです 自分の身体が思春期には 自分の望む姿に変化するという幻想は 実際の思春期の訪れによって 取り消されます そして彼らは打ち砕かれるのです

これが思春期を食い止めるべき理由です 何故食い止めるのか? 若い人達にはそう簡単に 異性のホルモンを投与できないのです 発育が妨げられるでしょうし 皆さんはその治療が 生殖能力に及ぼす影響について 10歳の少女や12歳の少年と 意味のある対話が出来ると思いますか? ですので治療の過程で 4、5年の間 時間を稼いで 彼らが事態に 対処できるようにするのです もっと多くの検査を受け 彼らの身体が自身から乖離していると 感じずに済むようにです それから 「12-16-18」と呼ばれる プログラムでは 12歳頃になると遮断ホルモンを投与し そして16歳では再検査を受け 再び治療の必要性を検討します さて 覚えていて下さい 遮断ホルモンは 止めれば身体を元に戻せますが 異性のホルモンを投与した場合は 胸やひげが育ち始め 声変わりします 投与中のホルモンにも依りますが そして これらの効果は永久的で 取り除くには手術か 電気分解療法が必要で 声はもう変えられません 15、6歳の年頃のことにしては これは大変なことです

そして18歳で 手術を受けるに 相応しいと判断されます 女性から男性への 性転換手術は困難ですが 男性から女性への手術は 婦人科医を手玉に取るくらいの出来栄えです それ位良く出来ているわけです 私はそうして 思春期が遅れている点以外は ごく普通の人と変わらない 患者たちの様子を 見せてもらいました でも 彼らが確信する性別と合致した ホルモンをひとたび投与するや 彼らは美しくなります 問題なく見えます 背の高さも普通です 人ごみの中で 彼らを見分けることは出来ないでしょう

この時点で 私はこれをしようと 決めたのです これはまさに小児科の 内分泌部門が関わってくるところです 何故なら実際 10-14歳の子供を扱うのは 小児内分泌学の範疇だからです 私は何人かの子供の治療を始めました これは今では標準の治療になったのですが 我々の小児病院も支援してくれました 彼らに治療前後の子供達や 未治療の人 治療を望んでいた人 それからオランダでの様子を 写真で見せると こう言いました 「この子たちに何かしてあげないと」 さて これらの子供たちは かつてどこにいたのでしょうか? 苦しみの中 そこが彼らがかつていたところです

ということで 我々はあるプログラムを 2007年に始めました それはオランダ式のそれを 北米で初めて行ったものでした その時から 我々は 160人の患者を診ています 彼らはアフガニスタンから 来たのでしょうか? いいえ 75%はボストンの 250キロ圏内から来ています

イングランドから来ていた人もいました イングランド中部地方で暮らすジャッキーは 虐待を受けていました これは彼女が12歳の時の写真です 少女として生活していましたが ゾッとするような暴力を受けており ホームスクーリングを余儀なくされました 彼女たちが来た理由は イングランドでは16歳未満の子には 一切治療が行われないからです つまり何が起きていようとも 成人した身体しか取り扱われないのです たとえ検査を十分にしたとしてもです ジャッキーは 更には 骨格的特徴のために 約200cmの身長になることが予測されました そして 彼女はちょうど 男性として思春期を迎えたところでした

私はここである革新的なことをしました 私はホルモンには詳しくて エストロゲンがテストステロンより 骨端の成長板を閉じ 成長を止めるうえで 強力に働きうることを知っていたからです ですので 我々はテストステロンを 遮断ホルモンでブロックし 16歳を待たず 13歳で エストロゲンを投与しました そして 左側が16歳のジャッキーです 16歳の誕生日に 彼女はタイに行き そこで性転換手術を受けました 現在では受けられるのは18歳からです 彼女は結局 155cmとなったのですが それよりも特筆すべきは 彼女が通常の大きさの胸をしていることです テストステロンの作用を阻害することで 我々のどの患者も 手遅れではない適切な年齢で治療すれば 通常の大きさの胸を手に入れられるのです

そして いちばん右が彼女です 彼女は公の場に出て ミスイングランドのコンテストで 準決勝に進みました 審査委員は議論しました これを認めても良いのか? ある人がこう皮肉ったと聞いています 「でも彼女は 競争相手の半分よりも 自然体じゃないか」 (笑) 候補者の中には少々手が加わった人もいましたが 彼女は全部DNAの設計図どおりです そして彼女は優れた スポークスウーマンになりました モデルとしての契約も打診され その点ではこう言って私を苛めました 「もし185cmにしてくれてたのなら モデルとしてもっとチャンスがあったのかもね」 どういうことなんでしょう?(笑)

さて この写真は全てを 本当に全てを語ってると思うのです ニコールと兄弟のジョナスは 一卵性双生児の男の子です 確かに一卵性のはずなのですが ニコールは早くも3歳で 自分は女の子だと主張したのです 7歳の時には名前を変え そして思春期を迎え男らしくなりかけるとすぐに 私のところに来たのです さて 14歳のジョナスを見ると この家族の早熟さを 想像できるでしょう 彼は16歳位に見えますからね それは患者の実情に 意識的であらねばならないという 主張をひとしお正しいものにします ここでのニコールは思春期の訪れを 阻止した状態です ジョナスの方は通常の 生物学的発達の下にあります もし我々が治療を施さなかったら ニコールはこのようになるはずです 突出した咽喉仏や 角ばった顔の輪郭 口ひげも生えたでしょう そして身長差も分かりますね 彼は彼女には生じ得ない 急速な成長を経ているからです ニコールの方はエストロゲンの影響で 女性らしい身体つきをしています

この家族は昨年の春に ホワイトハウスを訪問しました 反差別運動のためです メイン州ではトランスジェンダーの人々が 公衆トイレを使用する権利を 奪う法案がありました そしてそれが可決しそうであることが 問題視されていたのですが ニコールは個人的にメイン州の 議員全員を訪ね言ったのです 「私は女性用トイレを使えますよ 私を見れば危険人物でないと分かるわ でも男性用トイレを使用するなら 危険な目に遭うでしょうけどね」 そしてついに議員たちは理解したそうです

さて ここからどうしましょうか? 反差別という点では 我々はまだやるべきことがあります 住宅 雇用 公共施設において 差別禁止法があるのは たった17州で その内5つは ニューイングランドにあります それほど高価でない薬が必要です 薬には莫大な費用が掛かります そしてトランスジェンダーを DSM(精神障害診断)から除外すべきです ゲイやレズビアンであることが 精神疾患に相当するという考えは 1973年に消え失せ 全世界は変わりました トランスジェンダーは 誰の予算の足かせにもなりません そう一般的な存在ではありませんが 彼らのために何もしないというリスクは 自殺を企て命を失うという危機に 彼らを晒すだけでなく それはまた我々が真に差別のない 共同体なのであるかどうかといったことを もの語るのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画