TED日本語 - アンドリュー・コノリー: 宇宙へ向けた次の窓は何か?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アンドリュー・コノリー: 宇宙へ向けた次の窓は何か?

TED Talks

宇宙へ向けた次の窓は何か?
What's the next window into our universe?
アンドリュー・コノリー
Andrew Connolly

内容

巨大データはどこにでもあります。空でさえもです。そんな情報を盛りだくさんに、天文学者のアンドリュー・コノリーが、空の絶え間なく変わる様相を記録した、宇宙に関する巨大データをどのように収集したのかを説明します。宇宙の大量の画像を、科学者はどのように捉えるのでしょうか?巨大望遠鏡がその糸口となります。

Script

So in 1781, an English composer, technologist and astronomer called William Herschel noticed an object on the sky that didn't quite move the way the rest of the stars did. And Herschel's recognition that something was different, that something wasn't quite right, was the discovery of a planet, the planet Uranus, a name that has entertained countless generations of children, but a planet that overnight doubled the size of our known solar system. Just last month, NASA announced the discovery of 517 new planets in orbit around nearby stars, almost doubling overnight the number of planets we know about within our galaxy. So astronomy is constantly being transformed by this capacity to collect data, and with data almost doubling every year, within the next two decades, me may even reach the point for the first time in history where we've discovered the majority of the galaxies within the universe.

But as we enter this era of big data, what we're beginning to find is there's a difference between more data being just better and more data being different, capable of changing the questions we want to ask, and this difference is not about how much data we collect, it's whether those data open new windows into our universe, whether they change the way we view the sky. So what is the next window into our universe? What is the next chapter for astronomy? Well, I'm going to show you some of the tools and the technologies that we're going to develop over the next decade, and how these technologies, together with the smart use of data, may once again transform astronomy by opening up a window into our universe, the window of time.

Why time? Well, time is about origins, and it's about evolution. The origins of our solar system, how our solar system came into being, is it unusual or special in any way? About the evolution of our universe. Why our universe is continuing to expand, and what is this mysterious dark energy that drives that expansion?

But first, I want to show you how technology is going to change the way we view the sky. So imagine if you were sitting in the mountains of northern Chile looking out to the west towards the Pacific Ocean a few hours before sunrise. This is the view of the night sky that you would see, and it's a beautiful view, with the Milky Way just peeking out over the horizon. but it's also a static view, and in many ways, this is the way we think of our universe: eternal and unchanging. But the universe is anything but static. It constantly changes on timescales of seconds to billions of years. Galaxies merge, they collide at hundreds of thousands of miles per hour. Stars are born, they die, they explode in these extravagant displays. In fact, if we could go back to our tranquil skies above Chile, and we allow time to move forward to see how the sky might change over the next year, the pulsations that you see are supernovae, the final remnants of a dying star exploding, brightening and then fading from view, each one of these supernovae five billion times the brightness of our sun, so we can see them to great distances but only for a short amount of time. Ten supernova per second explode somewhere in our universe. If we could hear it, it would be popping like a bag of popcorn. Now, if we fade out the supernovae, it's not just brightness that changes. Our sky is in constant motion. This swarm of objects you see streaming across the sky are asteroids as they orbit our sun, and it's these changes and the motion and it's the dynamics of the system that allow us to build our models for our universe, to predict its future and to explain its past.

But the telescopes we've used over the last decade are not designed to capture the data at this scale. The Hubble Space Telescope: for the last 25 years it's been producing some of the most detailed views of our distant universe, but if you tried to use the Hubble to create an image of the sky, it would take 13 million individual images, about 120 years to do this just once.

So this is driving us to new technologies and new telescopes, telescopes that can go faint to look at the distant universe but also telescopes that can go wide to capture the sky as rapidly as possible, telescopes like the Large Synoptic Survey Telescope, or the LSST, possibly the most boring name ever for one of the most fascinating experiments in the history of astronomy, in fact proof, if you should need it, that you should never allow a scientist or an engineer to name anything, not even your children. (Laughter) We're building the LSST. We expect it to start taking data by the end of this decade. I'm going to show you how we think it's going to transform our views of the universe, because one image from the LSST is equivalent to 3,000 images from the Hubble Space Telescope, each image three and a half degrees on the sky,seven times the width of the full moon. Well, how do you capture an image at this scale? Well, you build the largest digital camera in history, using the same technology you find in the cameras in your cell phone or in the digital cameras you can buy in the High Street, but now at a scale that is five and a half feet across, about the size of a Volkswagen Beetle, where one image is three billion pixels. So if you wanted to look at an image in its full resolution, just a single LSST image, it would take about 1,500 high-definition TV screens. And this camera will image the sky, taking a new picture every 20 seconds, constantly scanning the sky so every three nights, we'll get a completely new view of the skies above Chile. Over the mission lifetime of this telescope, it will detect 40 billion stars and galaxies, and that will be for the first time we'll have detected more objects in our universe than people on the Earth. Now, we can talk about this in terms of terabytes and petabytes and billions of objects, but a way to get a sense of the amount of data that will come off this camera is that it's like playing every TED Talk ever recorded simultaneously,24 hours a day,seven days a week, for 10 years. And to process this data means searching through all of those talks for every new idea and every new concept, looking at each part of the video to see how one frame may have changed from the next. And this is changing the way that we do science, changing the way that we do astronomy, to a place where software and algorithms have to mine through this data, where the software is as critical to the science as the telescopes and the cameras that we've built.

Now, thousands of discoveries will come from this project, but I'm just going to tell you about two of the ideas about origins and evolution that may be transformed by our access to data at this scale.

In the last five years, NASA has discovered over 1,000 planetary systems around nearby stars, but the systems we're finding aren't much like our own solar system, and one of the questions we face is is it just that we haven't been looking hard enough or is there something special or unusual about how our solar system formed? And if we want to answer that question, we have to know and understand the history of our solar system in detail, and it's the details that are crucial. So now, if we look back at the sky, at our asteroids that were streaming across the sky, these asteroids are like the debris of our solar system. The positions of the asteroids are like a fingerprint of an earlier time when the orbits of Neptune and Jupiter were much closer to the sun, and as these giant planets migrated through our solar system, they were scattering the asteroids in their wake. So studying the asteroids is like performing forensics, performing forensics on our solar system, but to do this, we need distance, and we get the distance from the motion, and we get the motion because of our access to time.

So what does this tell us? Well, if you look at the little yellow asteroids flitting across the screen, these are the asteroids that are moving fastest, because they're closest to us, closest to Earth. These are the asteroids we may one day send spacecraft to, to mine them for minerals, but they're also the asteroids that may one day impact the Earth, like happened 60 million years ago with the extinction of the dinosaurs, or just at the beginning of the last century, when an asteroid wiped out almost 1,000 square miles of Siberian forest, or even just last year, as one burnt up over Russia, releasing the energy of a small nuclear bomb. So studying the forensics of our solar system doesn't just tell us about the past, it can also predict the future, including our future.

Now when we get distance, we get to see the asteroids in their natural habitat, in orbit around the sun. So every point in this visualization that you can see is a real asteroid. Its orbit has been calculated from its motion across the sky. The colors reflect the composition of these asteroids, dry and stony in the center, water-rich and primitive towards the edge, water-rich asteroids which may have seeded the oceans and the seas that we find on our planet when they bombarded the Earth at an earlier time. Because the LSST will be able to go faint and not just wide, we will be able to see these asteroids far beyond the inner part of our solar system, to asteroids beyond the orbits of Neptune and Mars, to comets and asteroids that may exist almost a light year from our sun. And as we increase the detail of this picture, increasing the detail by factors of 10 to 100, we will be able to answer questions such as, is there evidence for planets outside the orbit of Neptune, to find Earth-impacting asteroids long before they're a danger, and to find out whether, maybe, our sun formed on its own or in a cluster of stars, and maybe it's this sun's stellar siblings that influenced the formation of our solar system, and maybe that's one of the reasons why solar systems like ours seem to be so rare.

Now, distance and changes in our universe -- distance equates to time, as well as changes on the sky. Every foot of distance you look away, or every foot of distance an object is away, you're looking back about a billionth of a second in time, and this idea or this notion of looking back in time has revolutionized our ideas about the universe, not once but multiple times.

The first time was in 1929, when an astronomer called Edwin Hubble showed that the universe was expanding, leading to the ideas of the Big Bang. And the observations were simple: just 24 galaxies and a hand-drawn picture. But just the idea that the more distant a galaxy, the faster it was receding, was enough to give rise to modern cosmology.

A second revolution happened 70 years later, when two groups of astronomers showed that the universe wasn't just expanding, it was accelerating, a surprise like throwing up a ball into the sky and finding out the higher that it gets, the faster it moves away. And they showed this by measuring the brightness of supernovae, and how the brightness of the supernovae got fainter with distance. And these observations were more complex. They required new technologies and new telescopes, because the supernovae were in galaxies that were 2,000 times more distant than the ones used by Hubble. And it took three years to find just 42 supernovae, because a supernova only explodes once every hundred years within a galaxy. Three years to find 42 supernovae by searching through tens of thousands of galaxies. And once they'd collected their data, this is what they found. Now, this may not look impressive, but this is what a revolution in physics looks like: a line predicting the brightness of a supernova 11 billion light years away, and a handful of points that don't quite fit that line.

Small changes give rise to big consequences. Small changes allow us to make discoveries, like the planet found by Herschel. Small changes turn our understanding of the universe on its head. So 42 supernovae, slightly too faint, meaning slightly further away, requiring that a universe must not just be expanding, but this expansion must be accelerating, revealing a component of our universe which we now call dark energy, a component that drives this expansion and makes up 68 percent of the energy budget of our universe today.

So what is the next revolution likely to be? Well, what is dark energy and why does it exist? Each of these lines shows a different model for what dark energy might be, showing the properties of dark energy. They all are consistent with the 42 points, but the ideas behind these lines are dramatically different. Some people think about a dark energy that changes with time, or whether the properties of the dark energy are different depending on where you look on the sky. Others make differences and changes to the physics at the sub-atomic level. Or, they look at large scales and change how gravity and general relativity work, or they say our universe is just one of many, part of this mysterious multiverse, but all of these ideas, all of these theories, amazing and admittedly some of them a little crazy, but all of them consistent with our 42 points.

So how can we hope to make sense of this over the next decade? Well, imagine if I gave you a pair of dice, and I said you wanted to see whether those dice were loaded or fair. One roll of the dice would tell you very little, but the more times you rolled them, the more data you collected, the more confident you would become, not just whether they're loaded or fair, but by how much, and in what way. It took three years to find just 42 supernovae because the telescopes that we built could only survey a small part of the sky. With the LSST, we get a completely new view of the skies above Chile every three nights. In its first night of operation, it will find 10 times the number of supernovae used in the discovery of dark energy. This will increase by 1,000 within the first four months: 1.5 million supernovae by the end of its survey, each supernova a roll of the dice, each supernova testing which theories of dark energy are consistent, and which ones are not. And so, by combining these supernova data with other measures of cosmology, we'll progressively rule out the different ideas and theories of dark energy until hopefully at the end of this survey around 2030, we would expect to hopefully see a theory for our universe, a fundamental theory for the physics of our universe, to gradually emerge.

Now, in many ways, the questions that I posed are in reality the simplest of questions. We may not know the answers, but we at least know how to ask the questions. But if looking through tens of thousands of galaxies revealed 42 supernovae that turned our understanding of the universe on its head, when we're working with billions of galaxies, how many more times are we going to find 42 points that don't quite match what we expect? Like the planet found by Herschel or dark energy or quantum mechanics or general relativity, all ideas that came because the data didn't quite match what we expected. What's so exciting about the next decade of data in astronomy is, we don't even know how many answers are out there waiting, answers about our origins and our evolution. How many answers are out there that we don't even know the questions that we want to ask?

Thank you.

(Applause)

1781年 英国の作曲家であり 科学技術者であり 天文学者であるウィリアム・ハーシェルは 空に他の星とは 動きが異なる天体が あることに気づきました 何かが異なり 何かがおかしいという ハーシェルの認識は 惑星の発見になったのです その惑星は 天王星です 天王星という名前は 何世代にもわたって 子どもたちを楽しませました その夜に発見された惑星によって それまでに知られていた 太陽系の大きさが2倍になりました ほんの先月のこと NASAは 近隣恒星の周りを回る軌道にある 517個の新惑星を発見したと 発表しました 我が銀河系で知られている惑星の数が 一夜でほぼ2倍になりました 天文学は データの収集能力が 毎年ほぼ2倍になることにより 絶えず変革を遂げてきています 今後20年以内には 宇宙にある主だった銀河系を 史上初めて 発見することになるかもしれません

しかし このビッグデータの時代に突入し データ量が多ければよいということと 異なる内容を含むデータを集めることの 違いを理解し始め 疑問の投げかけ方を 変えられるようになりました この違いはデータ収集量ではなく それらのデータが宇宙への新しい窓を 開くかどうかであり 天空の見方を 変えるかどうかなのです 宇宙への次なる窓とは何でしょうか? 天文学の次章とは何でしょうか? 今後20年間に開発する ツールや技術を紹介し このような技術が データを上手に扱うことによって 宇宙への窓 つまり 時間への窓を開くことで 今一度天文学を 変革させるかを説明します

なぜ時間なのでしょうか? 時間とは起源に関することで また 進化に関することなのです 太陽系の起源 ― 太陽系の形成過程は 特異であり 特別なのでしょうか? 宇宙の進化において なぜ宇宙は膨張し続けているのでしょうか? 宇宙を膨張させた 神秘的なダークエネルギーとは 何なのでしょうか?

まず最初に技術が いかに空への見方を 変えるのかについてお話します 想像してみてください あなたはチリ北部にある山脈で 座っていて 日が昇るの数時間前に 太平洋のある西側を 見ています これは 夜空の光景で 天の川が地平線にちょっと顔を 覗かせている美しい光景 を眺めています それは 静止した光景でもあります 多くの意味で これが私たちの 宇宙に対する考え方 ― 永遠と不変であるということです しかし 宇宙は静止しておらず 数秒から数十億年の時間的尺度で たえず変化しているのです 銀河同士は 融合したり 毎時数十万マイルの速さで 衝突します 星は生まれては 死にますが 華々しく爆発して散るのです 実際 チリの静かな空に戻り 時間を進めて その空が来年にかけて どう変化するのかをみてみましょう 目にしたパルスは 超新星 ― 死にゆく星の残像で 爆発して輝きを増し そして視界から消えていくのです それぞれの超新星は 太陽よりも 50億倍も明るいのです ですから遥か彼方にあっても ほんの短時間だけですが 見ることができます 1秒間に10個の超新星が 宇宙のどこかで 爆発しています 音を聞くことができたなら ポップコーンがはじける音のようかも しれません さて 超新星の話はここまでにしますが 変化するものは明るさだけではありません 天空は絶えず動いています 空を横切るように動いている一群は 太陽の周りを回る小惑星で 変化や動きが見られます 系の動力学により 宇宙のモデルを作り 未来を予測したり 過去を説明することができます

私たちが過去10年間 使っていた望遠鏡は この規模のデータを捉えるように 設計されていません ハッブル宇宙望遠鏡ですが 過去25年間に 宇宙遠方の 最も詳細な画像の多くを 記録してきました でも もし空全体の画像を ただ一度作成するのに ハッブル天体望遠鏡を使うとすると 1,300万枚の画像を 約120年かけて撮らなければなりません

そのことが 我々が新しい技術や新しい望遠鏡を 開発する動機となりました 信号が弱くなる 遠方の宇宙を捉える望遠鏡 しかも できるだけ素早く画像を撮って 広い範囲を撮影できる望遠鏡です 大型シノプティック・サーベイ望遠鏡 LSSTともいいますが ― 天文学史上 最も素晴らしい実験装置につけられた 最も平凡な名前なのかもしれません 実際 科学者やエンジニアに 我が子の名前であれ 何であれ 名前を付けさせるべきではないという 証明なのです (笑) 私たちはLSSTを作っています 10年以内にデータの取得を 開始する予定です 我々の考えを紹介します 宇宙に対する考えは 変わっていくでしょう それというのもLSSTによる1枚の画像は ハッブル宇宙望遠鏡の 3,000枚分の画像に相当し 3.5度分の空の画像で 満月の幅の7倍あります この規模の画像は どのように見るのでしょう? 携帯のカメラや 表通りで買ったデジカメのものと 同じ技術を使って 史上最大の望遠鏡を作るとします 直径約1.7m フォルクスワーゲン・ビートル くらいのサイズで 1枚の画像は30億ピクセルからなります 1枚のLSST画像を 最大解像度で見ようとすると 1,500台もの高解像度TVスクリーンが 必要です しかもこのカメラは 20秒ごとに新しい写真をとって 空をたえず走査していき 空の全体像を作りあげていきます 3晩ごとにチリ上空の 真新しい景色が 見られます この望遠鏡が役目を終えるまでに 400億個の星や銀河が見えることでしょう 地上の人々の数よりも多くの 宇宙に存在する天体が 史上初めて見えることになるでしょう このことを テラバイト ペタバイト 数十億個の物体という 言葉を使って語ったりしますが このカメラから送られてくる データ量を感覚的に ご理解いただくには 録画されたTEDTalksを 全て同時に 毎日24時間 週7日間 10年間再生し続けるようなものと お考えください そして このデータ処理量は すべてのTEDTalksの ビデオの各パートを見て コマから次のコマへの変化を調べて 全ての「新しいアイデア」や 「新しい概念」を 検索するようなものです そして このことが科学の有り様や 天文学の有り様を変えています つまりソフトウェアやアルゴリズムにより データから情報を見出すことであり 我々が作り上げた望遠鏡やカメラと同じくらい ソフトウェアが科学にとっての 生命線になっているのです

さて このプロジェクトで 数千もの発見がなされるでしょうが この規模のデータ・アクセスにより 変革が起こるかもしれない 起源と進化に関する2つのアイデアを お話ししたいと思います

過去5年間 NASAは 1,000個を超える 恒星の周囲を回る 惑星系を発見してきましたが 私たちが見つけた系は 太陽系とはあまり似ていませんでした 私たちの努力不足では? それとも 太陽系の形成が特別であり 特異なものではないか? などといった疑問に直面しました その疑問に答るのなら 太陽系の歴史を 詳細に理解する必要があります 詳細にというのがポイントです 空を見上げると 空を横切る小惑星があり まるで太陽系の破片のようです 小惑星の位置は 海王星や天王星の軌道が ずっと太陽に近かった初期の頃に 刻まれた記録のようなもので このような大型惑星が太陽系を 移動する時 その軌跡にあった小惑星を まき散らしたのでした 小惑星の研究は あたかも科学捜査を ― 太陽系の科学捜査を 行っているかのようです しかしこれを行うためには 距離を知らねばならず 距離を知るには 動きを測る必要がありますが 動きは時間を利用することによって 得られます

これはどういうことでしょう? 画面を動き回る 小さな黄色い小惑星を見ると 私たちに 地球に最も接近しているので 最も速く動いているように見えます いつの日か宇宙船を小惑星に送り 鉱物を採掘するかもしれませんし しかし 6,000万年前に 恐竜が絶滅したように あるいは 前世紀初頭には 小惑星が1,000平方メートルの シベリアの森林を 消滅させたように あるいは 去年 ロシア上空で 小型核爆弾級のエネルギーを放出したように いつの日にか また小惑星が 地球に衝突するかもしれません つまり 太陽系の科学捜査という 研究によって 過去だけではなく 私たちの未来をも予測できるのです

さて 遠く離れてみると 太陽の周りを回る小惑星の普段の姿は この様に見えるでしょう このように視覚化された すべての点が 本物の小惑星なのです 軌道は空を横切る動きから 計算されました 色は小惑星の成分を反映しています 中央部のものは水分を含まず かつ石質ですが 縁辺部にあるものは 水分を多く含み原始的です 太古に小惑星が地球に衝突した時 水を豊富に含む小惑星が 地球の海の形成に 一役買ったのかもしれません LSSTは広い範囲を撮れるだけでなく 弱い信号も検知できるので 私たちは太陽系の内側から 遥か離れたところにある ― 海王星や火星の軌道の彼方にある小惑星や 太陽から約1光年離れている 彗星や小惑星を 見ることができるのです この図の細部を見てみると ― 10倍から100倍に拡大してみると 次のような疑問に答えることが できるでしょう たとえば 海王星の軌道の 外側にある惑星が存在する証拠や 地球の衝突し得る小惑星を 危険となるかなり前に見つけたり おそらくは 太陽が独自に形成されたのか もしくは星の集団の中で 形成されたのか といったことや 太陽には兄弟星があって それが ― 太陽系の形成に影響を 与えたのではないかということや それが 我が太陽系の類が それほど稀である 理由かもしれない といったことです

さて 距離と宇宙の変化についてですが (地球からの)距離は 宇宙の時間と同等であり 宇宙の変化でもあります 1フィートずつ離れて見るごとに または 物体が1フィートずつ離れるごとに 10億分の1秒ほどの 過去の宇宙の姿が見られます この過去を見るという 発想や概念は 宇宙についての考え方に 1度ならずも 革命をもたらしました

最初は1929年で エドウィン・ハッブルという天文学者が 宇宙が膨張していることを証明し ビックバン理論へと発展しました 観測結果は 24個の銀河系と 手書きの図表という単純なものでした しかし 銀河系が遠ければ遠いほど より速いスピードで遠ざかる という考え方は それだけで 現代宇宙論を生みだすのに十分でした

その70年後に 2回目の革命がありました 天文学者の2つのグループが 宇宙は単に膨張しているのではなく 膨張速度が ― 加速していることを示しました 空に向かってボールを投げたとき 高く遠ざかるにつれて 速度を増していくことを見出すような そんな驚きでした 超新星の明るさと 超新星の明るさが 遠くなるにつれ どの程度弱くなるのかを 測定することで このことを証明したのでした これらの観察結果はより複雑です 超新星は ハッブルが観察した銀河より 2,000倍以上も 遠い銀河系にあるので 新技術や新しい望遠鏡が 必要となるのです 超新星の爆発は 1つの銀河系で 100年に1度しか起こらないので 3年間かけても 42個の超新星しか 発見していません 数万個の銀河系を探して 3年間で42個の超新星なのです データを収集し 発見したものがこの図面です これは印象的には見えないかもしれません しかし 110億光年離れている超新星の 明るさを予測した線があって その線上に当て嵌まらない 一握りの点が 物理学における革命なのです

小さな変化が大きな結果を もたらします 小さな変化は ハーシェルが惑星を見つけたように 発見の機会を与えてくれます 小さな変化は 宇宙に対する理解を 覆します 42個の超新星において光が 僅かながらも弱いなら 僅かながら距離が遠く 宇宙が単に膨張しているのではなく この膨張が加速していることを意味し 今やダークエネルギーと呼ばれている 宇宙の要素を存在を明らかにします これは今日の宇宙のエネルギーの 68%を占めており 膨張を加速させている要素です

次の起こりうる革命とは何なのでしょうか? ダークエネルギーとは何であり なぜ存在するのでしょう? これらの個々の線は それぞれ ダークエネルギーに関する 異なるモデルを示し ダークエネルギーの特性を表しています それらはいずれも42個の点と整合的です しかし これらの線の背後にある 考え方が抜本的に違うのです ダークエネルギーは 時間と共に変化すると 考える人たちもいれば 暗黒エネルギーの特性は どこで空を見るかで 異なると考える人たちもいます 亜原子レベルで 物理学に 変化や違いをもたらすと 考える人たちもいます あるいは 大きな規模で 重力や一般相対性理論の修正を考えたり 私たちの宇宙が数ある宇宙の一つ つまり この神秘的な多元宇宙の一部だ と言う人たちもいます これらの考え方や理論のすべてが 素晴らしく ― 幾分クレージーなものもありますが ― いずれも42個の点と 整合しています

次の10年でこのことを 理解するために どうすればいいのでしょうか? 私があなたに2つのサイコロ をあげたとします あなたはそのサイコロに 細工がしてあるのか 公正なのかを調べたいとします サイコロを一回振っただけでは ほとんど分かりませんが 何度もサイコロを振ると より多くのデータが収集されるので あなたはより確信をもって サイコロに細工がしてあるか どうかだけでなく 細工の程度や どういう細工なのかも分かるのです 3年間で42個の超新星しか 見つけられなかったのは 私たちが作った望遠鏡が 空の一部しか調査できないためです LSSTを使って3晩ごとに チリ上空の真新しい姿を 撮影します 観測を始める最初の夜には ダークエネルギーの発見に使われた数の 10倍の超新星を見つけるでしょう 最初の4か月で 1,000個に増え 調査の終わる頃には 150万個の超新星になります 各超新星がサイコロの一振りにあたり 各超新星は どのダークエネルギーの理論と整合し どの理論と合わないかという 検証に使われます それ故 これらの超新星のデータを 宇宙論の別の測定と 組み合わせることによって 願わくばこの調査の終わる 2030年頃までには ダークエネルギーの さまざま考え方や理論から 徐々に絞り込んで 願わくば 宇宙理論 ― 宇宙を司る物理学の基本定理が 徐々に解明されることを 期待しています

色々な意味で 私が提起した疑問は 実は最も単純なものなのです 答えは分からないかも しれませんが 少なくとも質問の仕方を 知っているのです 数万個の銀河系を調べることにより 発見した42個の超新星が 我々の頭上にある宇宙の理解を 覆したのならば 数十億の銀河系を調べることにより 42個の何倍ほどの超新星を得て 予測と全く一致しないようなものを 見出すことになるのでしょうか ハーシェルが発見した惑星や ダークエネルギーや 量子力学や一般相対性理論のように データが予測と違っていたために 様々な考え方ができました 今後10年で得られる 天文学のデータによって 我が宇宙の起源や進化といった 疑問に対する答えが どれだけ得られるのだろうかと思うと ワクワクします 質問することすら 思い浮かばないことに対する答えが そこに いくつあるのでしょうか?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画